HOME > WORLD >

タイ


last update:20110504

◆石原さんより

「タイのお坊さんの会(公式名称:タイの仏教的瞑想の精神療法的位置付けに関 する研究会・ワークショップ」のお誘い

みなさま

4月に石原が訪問しましたタイのパ・スカトー寺の僧侶プラユキさん(坂本秀幸さ ん)をお招きしての研究会・ワークショップを行うことになりましたのでご連絡致し ます。気軽な会にしようと思っていますので、お誘いあわせのうえ、ふるってご参加 くださいませ。

●会の内容:今回、お招きするプラユキ・ナラテボー(坂本秀幸)さんは、上智大学 をご卒業後、院生時代に開発学を勉強するためにタイに留学したときに、26歳で3ヶ 月間という予定でお寺に入られ、その後13年間僧として生きてこられた方です。現 在、タイ東北部サーマファイワン村(バンコクから8時間以上かかる田舎)のパ・ス カトー寺で僧侶をされています。
 ビルマの竪琴の水島みたいな格好をして、227の戒律を守り、村人からの托鉢などに よるものを食して生活をされています。そのお寺には、これまで400人ほどの日本人 が訪ねてきており、プラユキさん(坂本さん)は、主に瞑想指導を通じて、現代日本 人の心の悩みの解決の援助に尽力されています(摂食障害や心身症的症例も含まれて います)。
 この研究会では、タイのお寺から見えてきた「現代日本人の心の闇」や、それに対し てプラユキさんが具体的にどのような援助を行っているのかを、実際の瞑想指導もし ていただきながら、お話いただこうと思っています。

●日時:2001年6月2日 午前10時から
(オフィシャルなプログラムは2時くらいまで。その後は残りたい方だけで夕方か夜 まで。
プログラムの都合、お昼休みは2時くらいに取りますので、朝ご飯を食べられて来ら れることをお勧めします。遅れての参加、早退OK)

●プログラム
10:00から11:00くらいまで:自己紹介やお話、質疑応答
11:00くらい〜:瞑想体験ワークショップ(質疑応答も含む。たたみに座るかもしれ ないので、ミニスカートはご遠慮ください)

●場所:国立精神・神経センター精神保健研究所(通称:国立精神保健研究所)の大 会議室(当日は時間帯により部屋を移動しますので、遅れて参加される方でわからな い場合は070-5505-5019(石原のPHS)にお電話ください)。

◎住所:市川市国府台1−7−3 連絡先070-5505-5019(石原のPHS)
 JR市川駅もしくは京成国府台駅から松戸駅(or松戸車庫)行きバスに乗って、バス 停「和洋女子大前」下車。信号を渡って道の反対側に行き、今乗ってきたバスの進行 方向に向かって30メートルくらい歩くと、右手に消防署を過ぎたあたりに「国立精神 保健研究所はここを右に曲がる」という大きな看板が見えるので、その看板の指示ど おりに右に曲がり、20〜30mほどで左手に研究所敷地への入り口がありますがそれを 通り過ぎて、次の入り口(テニスコートがすぐ見える入り口)を左に入って行ってす ぐ左手の建物の2階にある大会議室が午前中の会場です(午後は部屋を移動します)。
 JR市川駅は、御茶ノ水から20分くらい、東京駅から快速で15分くらい。市川駅から 研究所までは、10分弱(バスは5〜7分に一本くらい。タクシーもあります800円 強)。国府台駅からはバスでもいいですが歩いても15分くらいです。

●参加費:任意(講師交通費とお茶菓子代として1000円から3000円前後はらっていた だけると経営的には助かります)

●連絡先:石原明子
aishi@ncnp-k.go.jp
(6月1日 午前9時30分まで)
070-5505-5019(いつでもOK)

(以上)


 

 ◆タイ国障害児のための財団横浜連絡事務所 FHCY Home Page
  http://www.pp.iij4u.or.jp/~omata/→変更↓
  http://www2u.biglobe.ne.jp/~fhcy/
 ◆Foundation for Handicapped Children
  href="http://user.school.net.th/thaischool/fhc546/
  (要タイ語フォント・英語ページなし FHCYのパートナー)
 ◆The Pattaya Complex
  http://ptty.loxinfo.co.th/~small/#top
  (パタヤの障害者施設 英語ページあり・タイ語フォントあればなお可)
 ◆日本民際交流センター(のダルニー奨学金制度)
  http://tanaka-www.cs.titech.ac.jp/~ota/Minsai/darunee.html
  http://www.amy.hi-ho.ne.jp/minsai
 「ダルニー奨学金制度は、タイで一番貧しいといわれている東北地方の子供の、中学進学を支援する国際教育里親援助です。一人の子供が中学を卒業するのに3年間で3万円が必要です。皆さんの年1万円が、一人の子供の人生を変えることができるのです。」(ホームページより)
 ◆女性と開発オンライン情報プロジェクト
  http://www.sfc.keio.ac.jp/~thiesmey/wdmokuji.html
 ◆ABCキルトJAPAN
  http://www.med.kyushu-u.ac.jp/FAIDS/ABCQ/
  (タイ,チェンマイのスタデーツア報告)
 ◆Sawadee-The Thailand Information
  http://www.bekkoame.or.jp/ro/sawadee/
  (リンク集,カラバオ情報,タイ語講座)
 ◆渡邊和宏さん
 ×http://ux01.so-net.or.jp./~watathai/index.html
 ◆バンコク週報 Bangkok Shuho
  http://www.bangkokshuho.com/index.htm
 ◆アジアの開発途上国における当事者の運動
 ◆タイ関係の総合ホームページ
  http://www.nectec.or.th/
  (タイの新聞・ラジオなど各種の情報にアクセスできる。タイ字フォントも入手できる。英語。)
 ◆チャンネル9
  http://203.155.14.251/
  (文字ニュースに関してはかなり充実している。タイ語。)
 ◆チャンネル9TV
  http://www.mcot.or.th/TV_live/tv9.ram
  (チャンネル9のテレビニュースが、Real Player 5.0で視聴できる。タイ語。)
 ◆チャンネル9Radio
  http://203.155.14.251/
  (チャンネル9のラジオニュースが、Real Player 5.0で視聴できる。タイ語。)
 ◆チャンネル3
  http://www.mcot.or.th/fm100_5.ram
  (娯楽に関しては充実している。流行歌も聴ける。英語・タイ語。)
 ◆タイ王国政府のページ
  http://WWW.THAIGOV.GO.TH/
  (タイ政府の公式ページ。英語。)
 ◆チュラロンコン大学
  http://www.chula.ac.th/
  (OPACにも接続できる。英語・タイ語。)
 ◆チェンマイ大学
  http://www.cmu.ac.th/
  (英語・タイ語。)
 ◆MACでタイ語
  http://www.geocities.com/Tokyo/Temple/1316/thai.html
  (マック用のタイ語ツール、フォントが入手できる。日本語。)
 ◆日本語Windows95でタイ語を使う
  http://www.inet.co.th/cyberclub/shuji/Win95/Win95thai.htm
  (ウインドウズ95用のタイ語ツール、フォントが入手できる。日本語。)
 ◆タイ・ソングでタイ語を学ぼう
  http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Kouen/1760/
  (タイの流行歌の歌詞の日本語訳が読める。歌手のサイトへのリンク集もある。日本語。)
 ◆radiovote
  http://www.intercast.loxinfo.co.th/main.asp
  (タイの歌謡曲が、Real Playerできける。タイ語。)
 ◆Grammy Entertainment
  http://www.grammy.co.th/
  (最大のレコード会社のひとつ。タイ語。)


■アジアの開発途上国における当事者の運動の実例:タイ

尾中文哉「アジアの開発途上国における障害者運動と自立生活」
(安積・岡原・尾中・立岩『生の技法 ─家と施設を出て暮らす障害者の社会学─ 増補・改訂版』
19950515,藤原書店)より

 タイでは,一九九四年末で一三〇万人が障害者として登録をしている。タイ視覚 障害者協会,タイ聴覚障害者協会,タイ・キリスト教視覚障害者協会,タイ身体障 害者協会,タイ知的障害者協会,タイ脳性マヒ者協会など障害の種類別に当事者団 体が組織され,障害者のための情報をニュースレターの形で発信する,点字文書な ど障害者のための資料を作成する,地方に出張して障害者のクラブを組織化するな どの活動を行っている。
 障害者は,家の中に閉じこもっているばかりではなく,車椅子,三輪の自転車, バイクなどを使って外出し,それぞれの障害の種別と関連した仕事を行ってきた。 つまり,例えば視覚障害者の場合には宝くじ売り,マッサージや音楽演奏であった り,身体障害者の場合には洋裁やテレビ・ラジオの修理,バイクの修理であったり, 聴覚障害者の場合は露店の経営であったりする。そして「乞食」ですからも,いま だに廃れてはいない。しかし最近では,障害者の仕事にも,電話交換手やコンピュ ータのオペレータ,教師(障害者向けの学校など),公務員など新しい職種が出て きている。一九九二年には,リハビリテーション法が施行され,民間企業の従業員 二百人あたり一人の雇用の義務づけ,建物・乗物・公共施設等での障害者の便宜を はかることの義務づけなどを行っているが,この制定と施行にあたっても,障害を もつ指導者たちの要求が影響を与えている。★02

REV: 20110504
世界 
TOP HOME (http://www.arsvi.com)