HOME >

関西インクルーシブ教育研究会



■宣伝文(関西インクルーシブ教育研究会の概要)

 この度、障害学やインクルーシブ教育に関心をもつ関西在住の研究者が集まり 、「関西インクルーシブ教育研究会」という研究会を立ち上げました。既に 何度か研究会も実施しています。

 この研究会では、障害者に関わる教育現象・教育現実についての社会科学的な 研究の発展と振興を目指しています。ここで「障害者に関わる教育現象・教育現 実についての社会科学的な研究」というとき、そこには主として二つの方 向をもつ研究が含まれます。

 一つめは、障害者の教育に関わる直接的利害関係者(親や教師や障害児当人 など)の実践的な関心に応答すべく、彼(女)らが直面する〈教育問題〉の解 決を目的として課題設定を行い、社会科学的な知見や技法の応用により、そう した問いへの回答を模索するという方向です。

 もうひとつは、教育学や社会学、人類学、経済学、政治学、歴史学など社会 科学諸分野に固有の概念や方法を用いて、障害者をめぐる教育現象・教育現実 の構造や機能、意味やメカニズムを明らかにするという方向です。私たちの研 究会では、社会科学的な視座とアプローチに基づいて、この二つの方向での経 験的で理論的な研究の蓄積と発展を目指します。ついては、学問的な垣根や専 門領域の違いにこだわることなく、障害学やインクルーシブ教育に関心をおも ちの多くの皆様にご参集いただき、議論を深めてまいりたいと考えています。

 具体的な内容ですが、当面はイギリスで発刊されている障害学の学術誌"Dis ability & Society"に掲載されている教育関連の論文や、未邦訳のインクルー シブ教育に関わる文献を参加者で講読し議論していく予定です。日本では、こ れまで、ニューカマーや被差別部落、在日コリアンなどのマイノリティグルー プに関わる教育問題を対象として、良質な研究が多く蓄積されてきています。 その一方で、障害者に関わる教育現象を社会科学的な視点から扱った文献はそ れほど多くありません。

 他方、イギリスでは80年代前半ごろから障害学に関わる研究者を中心として 障害者に関わる教育問題をトピックとする理論的で経験的な研究の蓄積が多く なされてきています。私たちがこれらの研究業績から学びうることは決して少 なくないと思います。障害者のみならず、様々なマイノリティグループに関わ る教育問題に関心をおもちの方の参加も歓迎致します。どうかお気軽にご参加 ください。

 なお、私たちの研究会の基本的な活動はイギリス障害学界隈で発表されてき た教育関係の文献講読ではありますが、参加者と協議のうえ、個人の研究報告 や日本語文献の講読も適宜行って参ります。

 研究会は、茨木市内の施設で一ヶ月一回のペースで行います。

 この研究会では講読文献を参加者で決定し、それを次回の研究会までに各自 が読んできて、それに基づいて参加者で議論するという形をとっています。そ の際、通常の研究会で行われるように、誰かがレジュメを作ってきて、それに 基づき全体で議論するというスタイルはとりません。各自が講読範囲を事前に 読み、自分なりの論点をざっくばらんに提出しあうというやり方でテクストの 理解を深めてまいります。そのような次第で、参加していただける方におかれ ましては事前に講読予定論文を読み込み、疑問なてんや興味深い点などをチェ ックしてきていただくことをお願いしています。

 参加を希望される方、関心をおもちの方はお気軽に以下まで連絡してくださ
い。
rinokata@s9.dion.ne.jp(佐藤貴宣)(@→@)

皆様の参加を心よりお待ちしています。
 
>TOP

第37回関西インクルーシブ教育研究会

日時:2013年8月17日 15:15〜18:15
場所:茨木市立男女共生センター(ローズWAM)・402会議室
(会場地図:http://www.rosewam.city.ibaraki.osaka.jp/04Shisetsu/00-map.html)

講読文献:
堀正嗣 編,2012,『共生の障害学――排除と隔離を超えて』
明石書店

*なお、参加を希望される方で講読文献をお持ちでない方は事前に以下までご
一報ください。
rinokata@s9.dion.ne.jp (佐藤貴宣)(@→@)
 
>TOP

第36回関西インクルーシブ教育研究会

日時:2013年5月18日 15:15〜18:15
場所:茨木市立男女共生センター(ローズWAM)402会議室
(会場地図:http://www.rosewam.city.ibaraki.osaka.jp/04Shisetsu/00-map.html)

講読文献:
倉石一郎,2009,『包摂と排除の教育学―戦後日本社会とマイノリティへの視座』
生活書院

*なお、参加を希望される方で講読文献をお持ちでない方は事前に以下までご
一報ください。
rinokata@s9.dion.ne.jp (佐藤貴宣)(@→@)
 
>TOP

第35回関西インクルーシブ教育研究会

日時:2013年4月20日 15:15〜18:15

場所:茨木市立男女共生センター(ローズWAM)402会議室
(会場地図:http://www.city.ibaraki.osaka.jp/kikou/wam/wam_map.html)

講読文献:
津田英二,2012,『物語としての発達/文化を介した教育』生活書院.

*なお、参加を希望される方で講読文献をお持ちでない方は事前に以下までご
一報ください。
rinokata@s9.dion.ne.jp (佐藤貴宣)(@→@)
 
>TOP

第34回関西インクルーシブ教育研究会

日時:2012年11月03日 15:15〜18:00

場所:茨木市立男女共生センター(ローズWAM)402会議室
(会場地図:http://www.city.ibaraki.osaka.jp/kikou/wam/wam_map.html)

講読文献:
土井隆義,2008,『友だち地獄―「空気を読む」世代のサバイバル』筑摩書房
*なお、参加を希望される方で講読文献をお持ちでない方は事前に以下までご
一報ください。
rinokata@s9.dion.ne.jp (佐藤貴宣)(@→@)
 
>TOP

第33回関西インクルーシブ教育研究会

日時:2012年9月15日 15:15〜18:00

場所:茨木市立男女共生センター(ローズWAM)503会議室
(会場地図:http://www.city.ibaraki.osaka.jp/kikou/wam/wam_map.html)

講読文献:
内田樹,2008,『街場の教育論』ミシマ社.
*なお、参加を希望される方で講読文献をお持ちでない方は事前に以下までご
一報ください。
rinokata@s9.dion.ne.jp (佐藤貴宣)(@→@)

 
>TOP

第32回関西インクルーシブ教育研究会

日時:2012年7月28日 15:15〜18:00

場所:茨木市立男女共生センター(ローズWAM)401会議室
(会場地図:http://www.city.ibaraki.osaka.jp/kikou/wam/wam_map.html)

講読文献:
ロバート・マーフィー(辻信一訳),2006,『ボディ・サイレント』平凡社.

*なお、参加を希望される方で講読文献をお持ちでない方は事前に以下までご 一報ください。
rinokata@s9.dion.ne.jp (佐藤貴宣)(@→@)

 
>TOP

第31回関西インクルーシブ教育研究会

日時:2012年5月26日 15:15〜18:00

場所:茨木市立男女共生センター(ローズWAM)404会議室
(会場地図:http://www.city.ibaraki.osaka.jp/kikou/wam/wam_map.html)

講読文献:
ロバート・F・マーフィー(辻信一訳),2006,『ボディ・サイレント』平凡社.
*なお、参加を希望される方で講読文献をお持ちでない方は事前に以下までご
一報ください。
rinokata@s9.dion.ne.jp (佐藤貴宣)(@→@)


>TOP

第30回関西インクルーシブ教育研究会

日時:2012年4月28日 15:15〜18:00

場所:茨木市立男女共生センター(ローズWAM)404会議室
(会場地図:http://www.city.ibaraki.osaka.jp/kikou/wam/wam_map.html)

講読文献:
『障害とは何か―ディスアビリティの社会理論に向けて』(星加良司,2007,
生活書院)の第2章&第3章

*なお、参加を希望される方で講読文献をお持ちでない方は事前に以下までご
一報ください。
rinokata@s9.dion.ne.jp (佐藤貴宣)(@→@)

 
>TOP

第29回関西インクルーシブ教育研究会

日時:2012年3月24日 15:15〜18:00

場所:茨木市立男女共生センター(ローズWAM)402会議室
(会場地図:http://www.city.ibaraki.osaka.jp/kikou/wam/wam_map.html)

講読文献:
マイケル・オリバー(三島亜紀子ほか訳),2006,『障害の政治―イギリ
ス障害学の原点』明石書店.

*なお、参加を希望される方で講読文献をお持ちでない方は事前に以下までご 一報ください。
rinokata@s9.dion.ne.jp (佐藤貴宣)(@→@)
 
>TOP

第28回関西インクルーシブ教育研究会

日時:2012年2月25日 15:15〜18:00

場所:茨木市立男女共生センター(ローズWAM)402会議室
(会場地図:http://www.city.ibaraki.osaka.jp/kikou/wam/wam_map.html)

講読文献:
ジーン・レィヴ、エティエンヌ・ウェンガー(佐伯胖訳,1993)『状況に埋め 込まれた学習―正統的周辺参加』産業図書.

*なお、参加を希望される方で講読文献をお持ちでない方は事前に以下までご 一報ください。
rinokata@s9.dion.ne.jp (佐藤貴宣)(@→@)
 
>TOP

第27回関西インクルーシブ教育研究会

日時:2012年1月21日 15:15〜18:00

場所:茨木市立男女共生センター(ローズWAM)402会議室
(会場地図:http://www.city.ibaraki.osaka.jp/kikou/wam/wam_map.html)

講読文献:
古賀正義,2002,『〈教えること〉のエスノグラフィー―「教育困難校」の構築過程』金子書房.

*なお、参加を希望される方で講読文献をお持ちでない方は事前に以下までご一報ください。
rinokata@s9.dion.ne.jp (佐藤貴宣)(@→@)

 
>TOP

第26回関西インクルーシブ教育研究会

日時:2011年11月26日 15:15〜18:00

場所:茨木市立男女共生センター(ローズWAM)402会議室
(会場地図:http://www.city.ibaraki.osaka.jp/kikou/wam/wam_map.html)

講読文献:
福島智,2011,『盲ろう者として生きて―指点字によるコミュニケーションの 復活と再生』明石書店.

*なお、この研究会の主たる内容は(今のところ)講読文献に基づきざっくばらんに議論することですので、参加希望の方におかれましては、講読文献を入手し、事前にお読みになった上で参加していただきますようにお願いします。

 
>TOP

第25回関西インクルーシブ教育研究会

日時:2011年10月15日 14:00〜17:00

場所:茨木市民会館、4階和室
(会場地図:http://www.ibabun.jp/sub/sub03.htm)

講読文献:
サンドラ・ウォルマン(福井正子訳),1996,『家庭の三つの資源―時間・情報・アイデンティティ』河出書房新社

*参加を希望される方は以下までご一報ください。
rinokata@s9.dion.ne.jp (佐藤貴宣)(@→@)
 
>TOP

第24回関西インクルーシブ教育研究会

日時:2011年8月20日 15:15〜18:00

場所:茨木市立男女共生センター(ローズWAM)402会議室
(会場地図:http://www.city.ibaraki.osaka.jp/kikou/wam/wam_map.html)

講読文献:
上農正剛,2003,『たったひとりのクレオール―聴覚障害児教育における言語論と障害認識』ポット出版

*参加を希望される方は以下までご一報ください。講読文献をお送り致します。
rinokata@s9.dion.ne.jp (佐藤貴宣)(@→@)

 
>TOP

第23回関西インクルーシブ教育研究会

日時:2011年7月16日 15:15〜18:00

場所:茨木市立男女共生センター(ローズWAM)402会議室
(会場地図:http://www.city.ibaraki.osaka.jp/kikou/wam/wam_map.html)

講読文献:
Randall Collins,1979,“Credential Society:A Historical Sociology of Education and Stratification”(大野雅敏,/波平勇夫共訳(監訳:新堀通 也)『資格社会:教育と階層の歴史社会学』有信堂高文社1984年→東信堂)

*参加を希望される方におかれましては、当該書籍を入手の上、事前に目を通 しておいていただきますよう、お願い申し上げます。

 
>TOP

第22回関西インクルーシブ教育研究会

日時:2011年6月25日 15:15〜18:00

場所:茨木市立男女共生センター(ローズWAM)402会議室
(会場地図:http://www.city.ibaraki.osaka.jp/kikou/wam/wam_map.html)

講読文献:
Spector, Malcolm and John l. Kitsuse, 1977, Constructing Social Proble ms, Cummings. (=1990,村上直之ほか訳『社会問題の構築』マルジュ社.)

*なお、参加を規模される方で上記書籍をお持ちでない方にはテキストデータ
をお送りしますので、その節はご用命ください。

 
>TOP

第21回関西インクルーシブ教育研究会

日時:2011年5月21日 14:00〜17:30

場所:茨木市立男女共生センター(ローズWAM)404会議室
(会場地図:http://www.city.ibaraki.osaka.jp/kikou/wam/wam_map.html)

講読文献:
Sally Tomlinson, 1982, "A sociology of special education" chappter3.

*なお、参加希望の方はご一報ください。講読範囲のテキストをお送り致します。

 
>TOP

第19回関西インクルーシブ教育研究会

日時:2011年3月19日 14:00〜17:30

場所:茨木市立男女共生センター(ローズWAM)402会議室
会場地図:http://www.city.ibaraki.osaka.jp/kikou/wam/wam_map.html

講読文献:
S. トムリンソン(後洋一訳),2005,『ポスト福祉社会の教育―学校選択、 生涯教育、階級・ジェンダー』学文社

 
>TOP

第18回関西インクルーシブ教育研究会

日時:2011年2月26日 14:00〜17:30

場所:茨木市立男女共生センター(ローズWAM)501会議室
会場地図:http://www.city.ibaraki.osaka.jp/kikou/wam/wam_map.html

講読文献:
山下恒男,2002,『新装版 反発達論―抑圧の人間学からの解放』, 現代書館.

 
>TOP

第17回関西インクルーシブ教育研究会

日時:2011年1月15日14:00〜17:30

場所:茨木市立男女共生センター(ローズWAM)404会議室 (会場地図:http://www.city.ibaraki.osaka.jp/kikou/wam/wam_map.html

講読文献:
篠原睦治,1986,『「障害児の教育権」思想批判―関係の創造か、発達の保障か―』現代書館.

*今回の講読範囲は基本的に書籍全体ですが、通読するのが難しいという方は全体の半分にあたる4つの章を任意に選択し、それらを読んできてください。

*なお、参加を希望される方は以下のアドレスまで、ご一報ください。講読文 献をお送り致します。また、会場変更などの必要が生じる場合に備えるためで もありますのでご協力、どうぞ宜しくお願いします。
MAIL:rinokata@s9.dion.ne.jp(佐藤貴宣)(@→@)

 
>TOP

第13回関西インクルーシブ教育研究会

日時:2010年9月15日18:30〜21:30

場所:茨木市立男女共生センター(ローズWAM)402会議室
 (会場地図:http://www.city.ibaraki.osaka.jp/kikou/wam/wam_map.html)

研究報告:
報告タイトル:《能力の共同性》の視座から労働における「障害」者排除を問う
報告者:渡邊充佳(大阪市立大学生活科学研究科博士後期課程)

講読文献:
Adams, J; Swain, J; Clark, M, 2000, "What's so special? Teachers' mode ls and their realisation in practice in segregated schools"『Disability & Society』15(2): 233-245.
(The concept of 'special' has played a crucial role in the development of educational policy and practice, and the meaning of the term has been the subject of far-reaching debates and controversy. This paper is based on research which explored the meaning of 'specialness' in theory and practice from the point of view of practitioners working in segregated schools, providing education for young people designated as having moderate and severe learning difficulties. The research demonstrates the articulation of the individual model of special in teachers' thinking about pupils, themselves and their relationships with pupils, and also in the learning environment provided for different categories of young people. We argue that the dominant discursive practices of practitioners construct and maintain 'otherness' in special education, and pre-empt alternative discourses.)

*なお、参加を希望される方は以下のアドレスまで、ご一報ください。講読文献をお送り致します。
 MAIL:rinokata@s9.dion.ne.jp(@→@)(佐藤貴宣)

 
>TOP

第10回関西インクルーシブ教育研究会

日時:2010年6月19日14:00〜17:30

場所:茨木市立男女共生センター(ローズWAM)402会議室
(会場地図:http://www.city.ibaraki.osaka.jp/kikou/wam/wam_map.html)

DSからの講読文献:
Alderson, P; Goodey, C,1999,"Autism in Special and Inclusive Schools"『Disability & Society』14(2): 249-261.
(Abstract:What kind of schools are most suitable for pupils affected by autism? This article reviews meanings of autism and autistic spectrum disorders (ASD). We report evidence from observations in schools and interviews with pupils and adults, drawing on a qualitative study of special education in two contrasting education authorities one with special autistic schools, the other with inclusive schools. Current the ory, policy and practice in the education of pupils with autistic tend encies are discussed in relation to the data.)

日本語講読文献:
猪瀬浩平,2006,「直線の時間、ジグザクの現在ーー『自閉症』をめぐる考察」『社会臨床雑誌』14(1): 14-19.

連絡先:rinokata@s9.dion.ne.jp(@→@)(佐藤貴宣)

 
>TOP

第9回関西インクルーシブ教育研究会
 
日時:2010年5月15日14:00〜17:30

場所:茨木市立男女共生センター(ローズWAM)402会議室
(会場地図:http://www.city.ibaraki.osaka.jp/kikou/wam/wam_map.html)

この度、障害学やインクルーシブ教育に関心をもつ関西在住の研究者が集まり、「関西インクルーシブ教育研究会」という研究会を立ち上げました。当面はイギ リスで発刊されている障害学の学術誌"Disability & Society"に掲載されている教育関連の論文や、邦訳のないインクルーシブ教育に関わる文献を参加者で講読し議論していく予定です。障害児のみなら ず、様々なマイノリティーに関わる教育問題に関心をおもちの方の参加も歓迎致します。

この研究会では通常の研究会と異なり、各自が講読範囲を事前に読み、自分なりの論点をざっくばらんに提出しあうというやり方でテクストの理解を深めてまい ります。ですので、参加していただける方におかれましては事前に講読予定論文を読み込み、疑問点や興味深い点などをチェックしてきていただくことをお願い 致します。

参加を希望される方、関心をお持ちの方はお気軽に以下まで連絡してください。
rinokata@s9.dion.ne.jp 

皆様の参加を心よりお待ちしています。宜しくお願い致します。


REV:......20110603, 0625, 20120106
障害学  ◇障害者と教育・学校 
HOME (http://www.arsvi.com)