HOME > 全文掲載 >

障害学会第7回総会(2009年)議事次第および資料

2009年9月26日/立命館大学 障害学会第6回大会
MS Word版


【0】開会          18:00-18:05
[1]会長挨拶(旭洋一郎)
[2]議長選出

報告・審議事項

【1】号議案 「2008年度事業報告および会計報告」     18:05-18:15
[1]08年度事業報告
1.第7回理事会の開催(08年4月12日、於東京大学教養学部)
2.学会ニュース発行(08年06月16日号)
3.第5回大会(第6回総会、第8回理事会を含む)の開催(08年10月25日・26日、於立命館大学)
4.学会誌『障害学研究』第3号(08年5月)と第4号(08月10月)の刊行 その他
[2]08年度会計報告
1.07年度「学会」会計報告 ※表記「(予算額→)決算額」
【収入】
■学会費 (1,886,000円→)2,346,000円
■一般繰越金 (1,685,066円→)1,685,066円
■学会誌繰越金 (1,300,000円→)1,300,000円
■大会補助費繰越金 (400,000円→)400,000円
■大会参加費(事前納付) (0円→)347,000円
■大会補助費返金 (0円→)159,160円
■利息 (0円→)688円
合計:(5,271,066円→)6,237,914円[うち繰越金総額3,385,066円]
【支出】
■事務局経費 (450,000円→)444,137円
■理事会経費 (300,000円→)129,298円
■大会補助費 (500,000円→)360,840円
■大会参加費(事前納付)転納 (0円→)375,000円
■学会誌(第3号+第4号+第5号) (2,227,844円→)1,273,358円
■理事選挙費 (110,000円→)0円
■予備費(繰越金) (1,683,222円→)3,656,281円
合計:(5,271,066円→)6,237,914円[うち繰越金総額3,656,281円]
以上の08年度学会会計報告については、2009年9月18日付で学会会計監査の星加良司会員より、承認を受けました。
2.第5回「大会」(熊本)会計報告
【収入】
■大会参加費・懇親会費(事前・当日) 742,000円
■雑収入(カンパ) 10,000円
■資料代金 63,000円
■熊本学園大学補助金 515,370円
■障害学会からの補助金 200,000円
合計:1,530,370円
【支出】
■各種謝金(合計) 561,215円
■弁当代(お茶・水を含む) 57,193円
■情報保障費 541,000円
■非学会員報告者旅費 88,500円
■懇親会費 210,000円
■諸経費(事務用品、コピー、製本等) 72,462円
合計:1,530,370円
以上の第5回大会(熊本)会計報告については、2009年4月3日付で同大会会計監査の新開貴夫会員より、承認を受けました。

【2】号議案 「2009年度事業計画案および予算案」     18:15-18:25
[1]09年度事業計画案
1.理事会開催 第9回(09年4月・東京)、第10回(09年9月・京都)の2回
2.理事選挙の実施(09年4月〜6月)と新理事会準備会の開催(09年8月・東京)
3.学会誌『障害学研究』の発行 第5号(09年5月)と第6号(10年春)
4.第6回大会の開催(09年9月26日・27日、於立命館大学)
[2]09年度予算案
・2009年9月10日現在で、会員総数516名(一般338名、割引178名)。
【収入】( )内は09年9月10日現在の収入額
■学会費 2,184,000円(1,731,000円)
■一般繰越金 2,403,475円(同左)
■学会誌繰越金 1,300,000円(同左)
■大会補助費繰越金 400,000円(同左)
■利息 0円(77円)
合計:5,840,281円(5,387,358円)
【支出】( )内は09年9月10日現在の支出額
■事務局 450,000円(286,231円)
■理事会 300,000円(298,222円)
■大会補助費 200,000円(0円)
■学会誌「第5号」 710,600円(786,240円[=2,016円×390名])
■学会誌「第6号」 782,800円[=1,900円×412名](0円)
■学会誌全般(校正謝金等) 200,000円(0円)
■理事選挙費 100,000円(88,532円)
■予備費(繰越予定金) 3,096,881円(0円)
合計:5,840,281円(1,459,225円)

【3】号議案 「学会誌『障害学研究』について」      18:25-18:35
[1]刊行状況
1.第5号(09年7月刊行)
2.第6号(10年春刊行予定)
[2]各種規定について
1.「エッセイ審査規定」として、以下を新設した。
「1.「選者」については、編集委員会で推挙し、理事会が承認するものとする。
2.エッセイの募集に際しては「選者」をあらかじめ発表する。
3.「選者」は分量等の要項を含めて「求めるエッセイとはどんなものであるのか」ということを一応定義したうえで、募集を編集委員会経由で行う。
4.採否や訂正あるいは訂正要望など、すべてこの「選者」に一任する」。
2.「自由投稿論文・投稿規程」の「3.」を以下のように改正した。
「3.自由投稿論文は、日本語で書かれた他で未発表のものに限る。投稿論文と、内容が重複・類似した、既発表論文または他誌に投稿中の論文がある時は、投稿者は、必ず当該論文のコピーを3部添付することとする。編集委員会で協議し、受理の諾否を決定する」。
■参考: 『障害学研究』編集規程附則(2) 「本規程に関わる投稿規程、執筆要項等は、編集委員会が別途定め、理事会の承認を得るものとする」。

【4】号議案 「新役員体制について」       18:35-18:40
[1]障害学会第4期理事会(2009年9月〜2011年秋)
旭洋一郎(会長)、石川准、市野川容孝(※)、岡部耕典(※)、河口尚子(※)、桐原尚之、杉野昭博(事務局長)、立岩真也(※)、土屋葉(※)、中根成寿(※)、堀正嗣(※)、森壮也(編集委員長)、安原荘一、山田裕一、横須賀俊司 (以上15名)
(※は、障害学会理事選出規定第1条2項によって補充された理事)
[2]会計監査
星加良司、天田城介、松岡克尚 (以上3名)
■参考:
・障害学会会則第18条 「本会に次の役員をおく。1.理事 15名以内。 2.会長 1名。3.事務局長 1名。 4.各種委員会の長ならびに委員 若干名。 5.会計監査 3名以内」。
・障害学会理事選出規定第1条2項 「選挙によって選出された理事の合議によって、理事を補充することができる。ただし、補充する理事の数は、選挙によって選出された理事の数をこえてはならない」。

【5】号議案 「その他」        18:40-18:45
[1]第7回大会
・2010年秋に、東京大学駒場Tキャンパスで開催の予定。
[2]その他

以 上


UP:20070923 REV:
障害学会第6回大会  ◇障害学会
TOP HOME (http://www.arsvi.com)