HOME >

障害学会・2005

障害学会
http://www.jsds.org/



◆2005/09/17土〜18日
 http://www2.ipcku.kansai-u.ac.jp/~suginoa/jsds/index.htm

障害学会第2回大会 参加申込み案内

開催日程 2005年9月17日(土)、18日(日)
開催校 関西大学

1、大会日程

9月17日(土)

12:15 受け付け開始

13:15-13:55  
特別報告 障害学のアクセス可能性:知的障害を題材に
杉野昭博(関西大学)
 
14:00-16:30  
自由報告1
司会:草山太郎(大阪体育大学短期大学部)・コメント:中根成寿(立命館大学)
 1「障害」の傍らで ――「障害の親をもつ子ども」の経験を中心に 
  土屋 葉(日本学術振興会)
 2 文化的自己観の形成要因と障がい者の在宅および施設入所 −きょうだいの相互独立・相互協調的自己観に影響する障がい者との関係−
  河村真千子(日本大学)
 3 自立生活障害者とヘルパーの関係性についての考察 −反転し続ける関係性をめぐって−
  橋本真奈美(熊本学園大学大学院生)
 4 障害児(者)家族へのレスパイトケアサービスの有用性に関する研究――サービス提供事業所への調査結果から見えるもの
  佐藤友子(福島大学大学院生)

16:30-16:45 休憩
16:45-17:45 総会
18:00-20:00 懇親会

9月18日(日)

10:30-12:15  
自由報告2
司会:長瀬修(東京大学)・コメント:倉本智明(関西大学) 
 1 1960-70年代の「安楽死」論と反対論が示唆するもの ――「しののめ」誌と「青い芝の会」による障害者からの異議申し立てを中心に 
   大谷いづみ(立命館大学大学院生) 
 2 障害者問題と表現の課題 ――「差異」と表現の多様性を考える
   古賀文子(奈良女子大学大学院生)
 3 「ある聾学校教員の1ヶ月 :手話バイリンガル教育を可能とする労働力
についての試算」
   加藤晃生(障害学会会員)

12:15-13:15 昼食

13:15-16:15  
学会シンポジウム
障害者運動と障害学の接点――障害者自立支援法をめぐって
司  会:横須賀俊司 (県立広島大学)
パネラー:岡部耕典氏(都立大学大学院生)
     姜博久氏(全障連)
     立岩真也氏(立命館大学)
  趣旨(↓)


2、大会参加申し込み要領

(1) 大会参加費
事前納入  会員 3500円  非会員 5000円
当日参加  会員 4500円  非会員 6000円

(2) 懇親会参加費 
事前納入 1500円
当日参加 2500円

(3)報告資料 1000円
報告資料は原則として参加者各自が学会HP
http://www2.ipcku.kansai-u.ac.jp/~suginoa/jsds/index.htmから9月7日以降にプリ
ントアウトして持参いただくことになっていますが、資料をご希望の方には有料で予
約販売いたします。
資料の形態は、点字、拡大(A3)、普通(A4)の3種類で、一部1000円です。
お渡しは、当日の受付時となります。事前の郵送などはおこないません。
なお、資料は、当日販売もいたしますが部数には限りがありますので、必要な方は参
加申込みの際に必ず資料形態を明記して1000円事前納入してください。

(4) 事前申し込み・事前払い込み方法

以下の(A)と(B)両方が必要です。

(A) 8月末日まで(厳守)にメール(t922473@ipcku.kansai-u.ac.jp)もしくはファク
ス(06-6368-0082)で以下をご連絡ください。
氏名
参加費(会員・非会員)の該当金額
懇親会の参加の有無(参加の場合は該当金額)
報告資料の要・不要(必要な場合は点字・拡大・普通の別とその該当金額)
誘導サービス(下記4参照)希望の有無
住所
電話
ファクス
メールアドレス(ある場合)

(B) 8月末日まで(厳守)に該当金額を下記に払い込んでください。郵便振込み票は
郵便局備え付けの「払込取扱票」(紺色で通信欄のあるもの)を利用し、通信欄に
「大会参加費」と明記し、送金金額の明細(大会参加費、懇親会費、資料代)を記入
してください。
記入例 
http://www2.ipcku.kansai-u.ac.jp/~suginoa/jsds/furikomi.jpg

口座番号 00980-3-79631 加入者名 杉野昭博

3、会場

関西大学 社会学部 (千里山キャンパス) 大阪府吹田市千里山3-3-35
最寄り駅は阪急千里線「関大前駅」
http://www.kansai-u.ac.jp/Guide-j/access.html

4、アクセス・配慮

〇阪急千里線「関大前」駅の下りホームは階段のみです。車イスの方は次の千里山駅
で下車するか、終点の北千里まで行ってそのもまま上り電車で関大前駅まで戻るとい
う方法があります。千里山駅から関大までは1kmほどです。なお「関大前」駅の上り
ホームはホーム前方の特設入り口からスロープで出入りできます。
○ 手話通訳・要約筆記は懇親会を含む全てのプログラムにつきます。
○ 磁気ループを大会会場に設置します。
○ 体調の悪い方などのために、ゆったりしたイスなどで休憩しながらTVモニター
で報告を聞ける「モニター会場」を設置します。
○ 視覚障害等で最寄り駅から会場までの誘導を希望する方に誘導サービスを提供し
ます。
 なお、「誘導サービス」ご希望の方は、上記の「事前申込み方法」で説明した参加
申込みメール(8月末日締め切り)にその旨明記してください。

5、レジュメ

報告およびシンポジウムのレジュメは9月7日(水)に大会webページ
(http://www2.ipcku.kansai-u.ac.jp/~suginoa/jsds/index.htm)に掲載予定です。参
加者は各自ダウンロードし、ご持参ください。


6、ホテル情報:ご参考までに3つのホテルを紹介します。御予約は各自でお願いし
ます。

A、ホテルマーレ南千里(「関西大学の学会に参加」と言えば素泊まりS6872円)
http://www.nitto-cs.co.jp/ TEL 06−6872−1911 FAX 06−
6872−0062
「バリアフリー」に関しては頼りない感じでしたが、「車イスのお客様もお泊りいた
だいている」とのことでした。

以下は、JTBのろう社員相良啓子さまよりいただいた情報です。
B、ハートンホテル西梅田
http://www.hearton.co.jp/johall/nis.php3 TEL 06-6342-1111  FAX
06-6342-1122
大阪駅より徒歩4分に位置し、地下鉄(四ツ橋・御堂筋・谷町・堺筋の各線)
に徒歩3〜6分で行けます。
阪神電車梅田駅は目と鼻の先です。空港行バス乗り場はすぐそこ。
全館バリアフリー、全室セミダブルサイズのベッドを使用。
館内の水は高度浄水処理を施し、おいしく安全。
全室よりインターネットに無料接続可能(LAN方式)
料金 1泊朝食付(税込)
9,870円(シングル) 9,450円(ツイン)お一人様料金

C、プラザオーサカ
http://www.plazaosaka.com/ TEL:06-6303-1000 FAX:06-6303-0550
JR大阪より車で5分、私鉄阪急電鉄全線(京都・神戸宝塚線)停車の十三駅徒歩5

に立地し市内観光はもちろん京都・神戸に1時間以内のフットワークの良さが自慢。
関大前駅までは、30分程度です。
料金 1泊朝食付(税込)
8,400円(シングル) 7,350円(ツイン)お一人様料金

バリアフリーに関しましては、両方とも
・車椅子用洋式トイレがパブリックスペースにあり
・玄関前のスロープ有り
・客室内のトイレ・浴槽の手すりあり
・筆談での対応ok
ですが、ハートンホテルの方は、全館バリアフリー対応とのことで、
様々な障害をお持ちの方に対するサポートOKという回答を得ています。


7、学会期間の一時保育のご案内:
利用される方は、いずれも事前に、各自で直接交渉してください。
なお、学会会場では体調が悪い方などのために報告をTVで見れる「モニター会場」
を準備する予定です。
無認可
わいわいランド淡路駅前園 06−6815−7532 (阪急淡路・土曜のみ)
http://waiwailand.hp.infoseek.co.jp/
認可
路交館 06-6321-3955 (阪急淡路・土日あり)
http://www.rokoukan.or.jp/
徳蔵寺保育園 06-6323-0640 (新大阪・土曜のみ)
http://www2.osk.3web.ne.jp/~tokuzoji/hoikuen.htm

8、大会に関するお問い合わせ先

関西大学社会学部 杉野研究室 suginoa@ipcku.kansai-u.ac.jp
06-6368-0727 Fax(共同)06-6368-0082


 学会シンポジウム
 障害者運動と障害学の接点−障害者自立支援法をめぐって
 趣旨

  郵政民営化関連6法案が8月8日午後の参議院本会議で否決されたのを受けて、小泉総理大臣は衆議院を解散した。これに伴い衆議院を通過した後に参議院で審議されていた障害者自立支援法案は廃案となった。しかし、細田官房長官や尾辻厚生労働大臣は早々に、障害者自立支援法案を再提出するという意向を表明したのである。このため、選挙後に自民党中心の政権ができあがれば、再提出されることは確実となった。もしも、民主党中心の政権が成立すれば、障害者自立支援法案が再提出されることはない。しかし、介護保険に障害者を組み込むという動きが始まることになる。介護保険と統合されたとしても、障害者自立支援法案で指摘された問題が生じてしまう。したがって、どのような選挙結果になろうとも、障害当時者運動はまだまだ激しい展開を余儀なくされるのである。   今回の障害者自立支援法案に対する反対運動は、これまでの障害当時者運動とは異なる様相を呈していた。それは国会議員に対して大規模にロビー活動を展開した点にある。抗議活動を展開するというのが障害者運動の定番であったといえるが、今回はそれだけではではなく、議員に対して法案のどの点が問題なのかをレクチャーして回ったところに新たな展開をみることができる。もう一つあげられるのは、ロビー活動を下支えするために障害者自立支援法案の問題性を伝えるべく、全国各地の障害者団体のもとに足を運んだことである。
  しかし、これまでとは違う展開であったために、課題も目についたことは事実である。例えば、議員がもつ「文化」(慣例やしきたりといった方がいいのかもしれない)がわからない、というか理解しがたいために、有効な戦略を立てにくかったことは否めない。また、マスコミ対応についても、障害当時者運動の主張を明確にすることを躊躇したために、その真意が伝わらないといった事態も引き起こしてしまった。さらに、実働する障害者が限られていたためにバタバタと入院してしまい、中には生命の危機にまで及んだ障害者もいたほどである。これらのことについては、今後考えていく必要があるが、ともかくも障害当時者運動は新たなステージに踏み出したということができる。
  このような動きがある中で、障害学あるいはそれに携わる研究者はどのようなスタンスをとっていたのであろうか。それほどコミットしてはいなかったのではないかというのが私の印象である。このことと対応するかのように、障害当時者運動も障害学に対する関心をあまり持っていないように見受けられる。もちろん、関心を持ち合わなければならないということはない。しかし、イギリスでは障害当時者運動と障害学の主要なメンバーが重なり合っており、そのために、両者が連動しながら展開されているという。また、アメリカではADAが制定されていく過程を契機として、障害学と障害当時者運動の距離が縮まったということも伝え聞く。障害学と障害当事者運動の接点は制度や政策にあると思われるので、両者が連動しながらそれぞれ展開していくほうが、お互いにとって大きなメリットが生まれるのではないのだろうか。
  今後も、障害者自立支援法案の再提出や介護保険との統合といった政策的課題が控えている。この大きな課題を乗り越えていくためにも、障害学と障害当事者運動がいかにすれば関わりを持ち合っていけるのかを考えていくことは重要なことだといえる。したがって、今回のシンポでは、障害者自立支援法をめぐる動きを素材として、もちろん、それ以外のことでもかまわないが、障害当時者運動と障害学のかかわりの可能性を探ってみたい。

 →障害者自立支援法

 
>TOP

 *上に掲載したものがより新しい案内ですので、そちらをご覧ください。

■2005年度 障害学会大会のご案内

障害学会会員各位

2005年度 障害学会大会のご案内

下記の要領で、大会を開催します。是非、日程をカレンダーに記入してください。

○日時 2005年9月17日(土)、18日(日)

○会場 関西大学千里山キャンパス第三学舎(社会学部)
大阪府吹田市山手町3−3−35・最寄り駅は阪急千里線、関大前駅
http://www.kansai-u.ac.jp/Guide-j/access.html

○プログラム

第1日目・9月17日(土)

9:00 受け付け開始
9:30-12:30自由報告1 
12:30-13:30 昼休み 
13:30-16:30 自由報告2
16:45-17:45 総会  
18:00-20:00 懇親会 


第2日目・9月18日(日)

9:30--12:30自由報告3
12:30-13:30 昼休み 
13:30-16:20 大会シンポジウム
   「障害者運動と障害学の接点−障害者自立支援法をめぐって」
パネラー:岡部耕典(都立大学大学院)・姜博久(全障連)・立岩真也(立命館大)
司会:横須賀俊司(県立広島大)


○ 情報アクセス(要約筆記と手話通訳)を予定しています。

★なお、台風等で開催できなかった場合、自由報告予定者のうち希望者のみ、9月19
日(月・祝)の9時30分より118教室にて報告会をおこないます。この場合、手話通訳
・要約筆記はありません。読み上げ原稿が提出された報告については、字幕情報の提
供をします。
シンポジウムは中止となります。


○ 参加費、懇親会費を含む大会の詳細および、参加申し込みの詳細は後日(8月1日
ころ)ML, 学会ウェブサイト(http://www.jsds.org/)で発表します。


■2005年度障害学会大会自由報告募集

 上記の大会での自由報告の募集を開始します。
 自由報告は、各報告者持ち時間35分とし、20分間の報告と10分間の質疑と5
分間の座長コメントとします。
 報告希望者は以下の要領で、お申し込みください。

★提出物:報告レジュメ(3000字、A4サイズで2枚以内)

★提出方法:以下のいずれかでお願いします。
1.ワードもしくはテキストファイルをメールに添付し、下記まで送付。
suginoa@ipcku.kansai-u.ac.jp (受付を折り返しのメールで確認します)
2.フロッピーディスクを下記に郵送。
〒564-8680 大阪府吹田市山手町3−3−35 関西大学社会学部杉野昭博
(受領確認希望者は、官製葉書に氏名、住所を記入して同封してください)

★記入事項:1.2.いずれの場合も、名前、所属、住所、電話番号、ファクス番
号、メールアドレスを忘れずにメール本文または別紙に記入してください。
 また、大会一週間前に「読み上げ原稿」(報告で話すことをすべて書いた原稿)を
提出できるか否かも書いてください。(その趣旨については下記「情報保障への協力
依頼」参照)

★募集締め切り 2005年6月30日(木)午後5時厳守
 (郵送の場合は6月28日の消印まで有効)
 ただし、報告定員15名を越えた場合は、「テーマの適否」と「申し込み受付順」お
よび「読み上げ原稿を用意できるか否か」によって選考し、15件のみを採用といたし
ます。

★採否の結果は、7月15日(金)までに連絡します。

★情報保障への協力依頼
 本学会は「情報保障」を重視しています。
 採用された自由報告者には、8月末日までに「報告資料最終版」を提出していただ
きます。当日会場で資料配布をする場合は、点字・拡大文字の資料も必ず用意してく
ださい。視覚障害者のための配慮のない資料を会場で配布することはできません。
 また、報告にあたっては、手話通訳と要約筆記がおこなわれますが、より正確な通
訳と筆記をおこなうために、報告者はできるだけ「読み上げ原稿」をワードまたはテ
キストファイルで9月12日までに提出してください。


 
>TOP

■『障害学研究』2号・自由投稿論文の募集について

 下記の要領で、学会誌『障害学研究』2号(明石書店刊)の自由投稿論文を募集し
ます。本文末に掲げます投稿規定と執筆要綱をよくお読みの上、ふるってご投稿くだ
さい。

 分 量:20,000字以内(詳しくは執筆要綱を参照)
 締 切:2005年10月31日
 送り先:kurat@spa.nifty.com
 備 考:送付にあたっては、1)原稿は添付ファイルとし、2)メール本文には
     投稿者の氏名と所属、論文タイトルを記し、3)メールの subject を
     「投稿論文」としてください。受領しましたら、こちらから確認のメール
をお
     送りいたします。万が一、送信後3日を経ても確認メールが届かない場合
は、
     事故の可能性がありますので、恐れ入りますが、その旨を記した上、再度
原稿
     をお送りください。

 [問い合わせ先] kurat@spa.nifty.com (倉本)

  障害学会・編集委員会
   石川准
   金澤貴之
   倉本智明(委員長)
   杉野昭博
   瀬山紀子
   土屋貴志
   森壮也

  ----

『障害学研究』自由投稿論文・投稿規程

1.本誌自由投稿欄に投稿される論文は、障害をめぐる既存の知の問い直しをめざす
という障害学の目標に合致するものである必要がある。
2.投稿者は障害学会の会員に限る。ただし、著者が複数の場合、ファーストオー
サーは会員でなくてはならないが、それ以外は非会員でも可とする。
3.投稿論文は、日本語で書かれた未発表のものとする。
4.投稿者は、別途定める執筆要項にしたがいエディタ/ワープロで原稿を作成し、
そのファイルを提出するものとする。
5.掲載の可否については、2名のレフェリーによる査読結果を受けて編集委員会が
決定する。
6.掲載が決定した場合は、投稿者は,必要な修正を行ったうえで完成稿を上記同様
ファイルで提出することとする。
7.著者校正は、特別な事情がある場合を除き初校のみとし、原則として誤字・誤
植・脱字の訂正以外はこれを認めない。


『障害学研究』自由投稿論文・執筆要綱

1.論文の分量は、20,000字以内とする。註、引用文献、図表もこれに含まれる。図
表は、A6版サイズを400字、A5版サイズを800字と換算する。
2.論文は、エディタ/ワープロで作成し、可能な限りテキストファイルで提出す
る。テキストファイルへの保存が困難な場合のみ、ハイパーテキスト、Word形式の
ファイルも認める。論文本文については、これ以外の形式での提出は受けつけない。
3.図表は本文には組み込まず、1点ごとに別ファイルとし、本文中には挿入箇所の
み記入する。表に関しては、上記の形式に加えてExcel形式のファイルも受けつける。
なお、これらの形式での保存が困難な図版のみ、TIFF、GIF、JPEGでも可とする。
4.文体等は、次のとおりとする。
 (1)「である調」の文体とする。
 (2)現代かなづかいで常用漢字を使用、句読点は「。」と「、」を用いる。
 (3)文中の敬称はすべて省略する。
5.投稿論文には、邦文の要旨(600字以内)と邦文キーワード(5語以内)、英文要
旨(300語以内)と英文キーワード(5語以内)を付すものとする。これらは、1に記
した論文の分量には含まない。
6.投稿論文は、以下の構成・順序で記述するものとする。
 (1)邦文題目
 (2)執筆者名、所属(日本語表記)
 (3)邦文要旨
 (4)邦文キーワード
 (5)本文
 (6)注
 (7)文献リスト
 (8)英文題目
 (9)執筆者名、所属(英文表記)
 (10)英文要旨
 (11)英文キーワード
7.注は、本文中の該当箇所に「1)」「2」「3)」…と半角文字で記した上で、注本体
は本文の後に一括して記載する。
8.参考文献は、本文の該当箇所に「(著者の姓,発行年,該当ページ<複数ページにま
たがる場合は最初のページのみ記載>)」の形式で記した上で(例:(長
瀬,1999,p12))、文献リストとして注の後に著者名のアルファベット順で一括して記
載する。書籍は、著者名、発行年(西暦)、書名、出版元の順に(例:Oliver, M.,
1990, The Politics of Disablement, London: Macmillan)、論文は、著者名、発行
年、論文名、掲載誌名と巻号(または、編者名、収録書名)、出版元の順に記載し
(例:石川准,2000,,「ディスアビリティの政治学−障害者運動から障害学へ−」,
『社会学評論』五〇巻4号,日本社会学会)、欧文については論文タイトルを「"」でく
くることとする(例:Crow, L. 1996 "Including All of Our Lives: Renewing the
Social Model of Disability", Morris, J. ed., Encounters with Strangers:
Feminism and Disability, The Women's Press)。なお,ウェブからの引用の際に
は,URLとともに引用日を掲載することとする(例:日本社会学会編集委員会,「社
会学評論スタイルガイ
ド」,http://wwwsoc.nii.ac.jp/jss/JSRstyle/JSRstyle.html,2004年5月5日現在)。
9.図表には、「図1」「図2」…、「表1」「表2」…といったように通し番号を
付した上でそれぞれにタイトルをつける。図表が出版物・ウェブからの引用の場合は
出典を明記し、必要に応じて著作権者の許可を得なくてはならない。

 
>TOP

■『障害学研究』2号・エッセイの募集について

 下記の要領で、学会誌『障害学研究』2号(明石書店刊)のエッセイ欄に掲載する
原稿を募集します。ふるってご投稿ください。

1.募集する原稿は、ルポルタージュ、評論、実践報告、自分史などを含む広い意味
でのエッセイのうち、障害/障害者を主題に据えたものであり、障害学の主旨を踏ま
えたものとします。
2.障害学会の会員であることを投稿資格とします。
3.投稿原稿は、日本語で書かれた未発表のものに限ります。
4.掲載の可否については、編集委員会で決定します。
5.原稿の長さは、1,200字以上、10,000字以内とします。
6.原稿は、エディタ/ワープロで作成し、可能な限りテキストファイルで提出して
ください。テキストファイルへの保存が困難な場合のみ、ハイパーテキスト、Word形
式のファイルでも可とします。これ以外の形での投稿は受けつけませんので、ご注意
ください。
7.文体は自由ですが、現代かなづかいで常用漢字を使用し、句読点は「。」と
「、」を用いるものとします。
8.原稿は、1)タイトル、2)氏名と所属(肩書き)、3)本文、の順で記してくださ
い。

締  切:2005年10月31日
応募方法:Eメール
送 り 先:kurat@spa.nifty.com
備  考:送付にあたっては、1)原稿は添付ファイルとし、2)メール本文には
     投稿者の氏名と所属(肩書き)、タイトルを記し、3)メールの
     subject を「エッセイ」としてください。受領しましたら、こちら
     から確認のメールをお送りいたします。万が一、送信後3日を経ても確認
メー
     ルが届かない場合は、事故の可能性がありますので、恐れ入りますが、そ
の旨
     を記した上、再度原稿をお送りください。

 [問い合わせ先] kurat@spa.nifty.com (倉本)


  障害学会・編集委員会
   石川准
   金澤貴之
   倉本智明(委員長)
   杉野昭博
   瀬山紀子
   土屋貴志
   森壮也



UP:20050601 REV:0711, 20100820
障害学
TOP HOME (http://www.arsvi.com)