HOME >

障害学研究会関東部会・2006

問い合わせ先 長瀬修
障害学  障害学研究会関東部会



◆20060204土
 障害学研究会関東部会 第51回研究会
 クァク・ジョンナン:アファーマティブアクションとしての障害学生特例入学制度(韓国)
◆20060325土
 障害学研究会関東部会 第52回研究会
 山下幸子:「障害者と健常者、その関係性をめぐる模索―1970年代関西における障害者/健全者運動の軌跡から」
◆20060812土
 障害学研究会関東部会 第53回研究会
 小川喜道:「イギリスの障害学とダイレクト・ペイメント制度」
◆20061111土
 障害学研究会関東部会 第54回研究会
 岡部耕典:『障害者自立支援法とケアの自律』、その後のことなど
◆20061216土
 障害学研究会関東部会 第55回研究会
 田島明子:障害受容――リハビリテーションにおける使用法



 
 
>TOP

*長瀬さんより

障害学研究会関東部会 第51回研究会

*日時 2006年2月4日(土)午後6時-8時45分

*場所 東京都障害者福祉会館「教室」
(最寄り駅 地下鉄三田・JR田町駅)
地図 http://homepage2.nifty.com/pps/dd-3.html
電話 03ー3455ー6321 ファクス 03ー3454ー8166

*テーマ: アファーマティブアクションとしての障害学生特例入学制度(韓国)

*発表者 クァク・ジョンナン
      (テグ大学大学院生・東京大学先端科学技術研究センター外国人協力研究員)

*会費 1500円、学生 1000円

*情報・アクセス 要約筆記、手話通訳、点字レジュメがあります。
           視覚障害で誘導が必要な方は、1月30日までに
           下記まで、ご連絡ください。

*参加自由です。事前の申し込みは不要です。

*問い合わせ先 長瀬修[略]


 
 
>TOP

*土屋葉さんより。

障害学研究会関東部会 第52回研究会

*日時 2006年3月25日(土)午後1時30分〜4時30分

*場所 東京都障害者福祉会館「児童室B」
(最寄り駅 地下鉄三田・JR田町駅)
地図 http://homepage2.nifty.com/pps/dd-3.html
電話 03ー3455ー6321 ファクス 03ー3454ー8166

*テーマ:「障害者と健常者、その関係性をめぐる模索―1970年代関西における障害者/健全者運動の軌跡から」

*発表者 山下幸子(淑徳大学)

*司会者 田中恵美子(日本女子大学大学院)

*会費 1500円、学生 1000円

*情報・アクセス 要約筆記、手話通訳、点字レジュメがあります。

*参加自由です。事前の申し込みは不要です。

*山下幸子さんの論文「障害者と健常者、その関係性をめぐる模索―1970年代関西における障害者/健全者運動の軌跡から」⇒『障害学研究』1(pp.213-238)を読んでご参加ください。

*問い合わせ先 土屋葉[略]


 
 
>TOP

*田中恵美子さんより

障害学研究会関東部会 第53回研究会

*日時 2006年8月12日(土)午後1時30分〜4時30分

*場所 東京都障害者福祉会館 2階「洋室」
(最寄り駅 地下鉄三田・JR田町駅)
地図 http://homepage2.nifty.com/pps/dd-3.html
電話 03ー3455ー6321 ファクス 03ー3454ー8166

*テーマ:「イギリスの障害学とダイレクト・ペイメント制度」
−障害者自立支援法のもつ問題検討のために−

*発表者 小川喜道(神奈川工科大学) 

*司会者 山下幸子(淑徳大学)

*会費 1500円、学生 1000円

*情報・アクセス 要約筆記、手話通訳(現在手配中)、点字レジュメがあります。
           
*参加自由です。事前の申し込みは不要です。

*参考図書 小川喜道「障害者の自立支援とパーソナル・アシスタンス、ダイレクト・ペイメント−英国障害者福祉の変革」(明石書店)

*問い合わせ先 田中恵美子 [略]


 
 
>TOP

*山下幸子さんより

障害学研究会関東部会 第54回研究会

*日時 2006年11月11日(土)午後1時30分〜4時30分

*場所 東京都障害者福祉会館 1階「集会室A2」
(最寄り駅 地下鉄三田・JR田町駅)
地図 http://homepage2.nifty.com/pps/dd-3.html
電話 03ー3455ー6321 ファクス 03ー3454ー8166

*テーマ:『障害者自立支援法とケアの自律』、その後のことなど

*発表者 岡部耕典さん(リソースセンターいなっふ) 

*会費 1500円、学生 1000円

*情報・アクセス 要約筆記、手話通訳、点字レジュメを予定しています。

*参加自由です。事前の申し込みは不要です。

*参考図書 岡部耕典(2006)『障害者自立支援法とケアの自律―パーソナルアシスタンスとダイレクトペイメント』(明石書店)

*問い合わせ先 山下幸子


 
 
>TOP

*つるたさんより

障害学研究会関東部会 第55回研究会

*日時 2006年12月16日(土)午後1時30分〜4時30分

*場所 東京都障害者福祉会館 2階「洋室」
(最寄り駅 地下鉄三田・JR田町駅)
地図 http://homepage2.nifty.com/pps/dd-3.html
電話 03ー3455ー6321 ファクス 03ー3454ー8166

*タイトル:障害受容――リハビリテーションにおける使用法

*発表者 田島明子さん(東京都板橋ナーシングホーム 作業療法士/立命館大学大学院先端総合学術研究科院生)

*司会者 未定

*会費 1500円、学生 1000円

*情報・アクセス 要約筆記、手話通訳、点字レジュメ(すべて現在手配中)
           
*参加自由です。事前の申し込みは不要です。

*参考図書 『障害受容――リハビリテーションにおける使用法』
http://www.arsvi.com/b2000/0608ta.htm で購入可能)

*発表者から

できましたら、うえの冊子を事前にご購入いただき
お読みいただいたうえで、ご参加いただけますと
ありがたかったりします。
(当日も何冊か冊子持ってゆきますので、
研究会の際ご購入いただくことも可能です。)

皆様から様々ご意見賜れますことを
楽しみにしております。

以下、冊子の内容を再掲いたします。

第1章……「リハビリテーションの内在価値」について見た。具体的には、「能力主義」と「障害価値」の関係軸上における「リハビリテーションの位置」を確認し、現行の作業療法に内在する価値についての問題点を指摘した。つまり、作業療法の至上目標は「適応」に置かれるが、「適応」概念は、「能力主義」を肯定し、「できない」ことの劣位を正当化しやすい概念であり、「できること」に向かう支援は、「ひとの価値」を否定するという1点を根拠に否定されることを指摘した。そして、第1章における批判的観点は、本論文を通底する問題意識であり、重要な視座となることを「はじめに」において述べ、第2章から第4章における実証研究につなげた。

第2章……障害を有する人たちの「障害受容」に関する言説を収集し、分析を行った。その結果、「障害受容」について違和を感じている障害当事者が少なくないこと、障害観は多様であること、また、肯定的な障害像・アイデンティティが形成された背景には、働く場、生活と権利が平等に保障された環境のなかで、他覚(他者の評価)の提供や支え、対等な関係であれる他者の存在、社会的認知や評価があること等がわかった。

第3章……リハビリテーション領域における「障害受容」に関する公式な言説の生成と展開をたどることを目的とし、作業療法・理学療法を中心とした学術誌8冊を選定し、障害を有する人の受障後の心理過程に注目した論文を探し、1970年代、1980年代、1990年代以降に分類し、年代ごとの論文内容の諸特徴を明らかにした。明らかになったことは、1970年代、1980年代はほぼ同一の路線を踏んできたと見てよく、結論だけ言ってしまえば、この時期に、「障害受容」が支援の対象である(すべき)、「障害受容」は支援できる、という2つの確証が成立したのではないかと考えた。しかし、1990年代以降は、これまでの「障害受容」言説に対する異議申し立てが多く見られるようになった。そして、それら批判的言説の共通性は、「訓練の流れ図」のなかで用いられる「障害受容」に関するものであり、対象者の固有性に接触できないことへの批判ではないかと考察した。

第4章……臨床の作業療法士7名に対し、「障害受容」の職場での使用について、半構造的なインタビュー調査を行った。インタビュー内容は逐語録を作成し、それをもとに分析を行った。結果を大雑把にまとめるなら、まず「障害受容」の使用状況が明らかになった。その使用法を分析すると、セラピスト側にa「目的遂行の阻害感」と対象者とのb「能力認識のズレ感」があり、bがaを誘導したときに「障害受容」が用いられていることがわかった。そして、そうした使用は、専門性に肯定感を与え、専門性の予定調和的遂行への期待感が含まれていること、対象者にとっては「身体価値の転換」が軽視され、専門職が有する能力主義的障害観を内在化させようとする圧力が含まれていることを指摘し、第1章における批判的観点との連関が見いだされた。一方、「障害受容」を、少なからぬセラピストが意識的に使用していないことも明らかとなった。その理由を大まかに言うなら、セラピスト自身に既述の使用に対する違和や不快があったということだ。そして代わりにセラピストから支持されたのが「障害にとらわれず楽にいること」であった。筆者はそれを「障害と/の自由」と表記し、それは、セラピストの「他性の否定」を不快と思う「私」の感覚から支持されていると述べた。他には、「障害受容」の理論として有名な上田の理論の問題性の指摘等もしている。

第5章……第1章から第4章までを融合させた考察を行った。@「障害受容」そのものについて、A「障害受容」の使い方、B「障害受容」の方法論・支援論、の3つの視点から論点整理を行った。第4章における指摘は主にAについてであったが、その他、@については、これまでの障害受容論に見られる「個人の変容にのみが期待される」ことの問題性(人を無力化する)、「他性の否定」を不快と思うセラピストの「私」の感覚が「障害受容」を不快と思うこと等、Bについては、「障害受容」の支援法の不明性、リハビリテーションのアプローチ法と障害受容の支援法との関係性についての不明性等が指摘された。最後に、第4章にて提起された「障害受容」に代わる「障害と/の自由」概念について、既述から関連が見出された、@できないことの表象、A個人の変容の閉塞感、B他なるもの、について論考を加え、それら接線の接点から素描を行った。そして最後に、「障害受容」のなかには再生のエネルギーの根源が見出せないこと、「他なるもの」こそがすべてのエネルギーの根源であり、エネルギーは、内在的障害観(別様の世界の感受の様式)、内在的障害観ー外在的障害観の交通可能性のなかにあること、「障害と/の自由」は、「他性の肯定の感覚」をその根本において支持していることから、私(あなた)の生のエネルギーの生起を支持しており、それは、内在的障害観、別様の世界の感受の様式を肯定していることになり、それゆえに、対象者の便利さや快を優先させた視点が成立するのだろうと述べた。「おわりに」において、「障害受容」は、(少なくとも)リハビリテーションの全過程において廃棄されてよい、すべき概念である、と結論づけた。

*問い合わせ先 つるたまさひで [略]


UP:2005.12.30 REV:随時
障害学
TOP HOME (http://www.arsvi.com)