HOME >

英訳のための便利ツール&日英訳語集

Korean page


[第1部] 英訳のための便利ツール
[第2部] 生存学 日英訳語集
※このページに関するご意見・情報提供はwebmaster@arsvi.comまでお願いします。


[第1部] 英訳のための便利ツール

■生存学関係の用語
※生存学のパンフレットを日英比較すると、かなりの関連用語を抽出できます
 日本語 http://www.arsvi.com/a/pamphlet.htm
 英語  http://www.arsvi.com/a/pamphlete.htm

■法律関係・法律用語の英訳
※直接法文を引用しないときでも、関連用語を調べるときに便利です。
●役立ちサイト
・日本語法令外国語データーベースシステム
 http://www.japaneselawtranslation.go.jp/
 法令(日本語・英訳)や対訳辞書を検索できます。
 法令中の用語の文脈も検索可。
・法なび法令用語和英辞書/英訳法令集
 http://waei.hounavi.jp/
●全文英訳・和訳がある法律など(例)
・障害者自立支援法 / Services and Supports for Persons with Disabilities Act
 日英対訳 http://eiyaku.hounavi.jp/taiyaku/h17a12301.php
・介護保険法 / Long-Term Care Insurance Act
 日英対訳 http://eiyaku.hounavi.jp/taiyaku/h09a12301.php
・障害者の権利に関する条約 / Convention on the Rights of Persons with Disabilities
 和文 http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/treaty/shomei_32b.html
 英文 http://www.un.org/disabilities/convention/conventionfull.shtml
・ヘルシンキ宣言 / World Medical Association Declaration of Helsinki
 http://www.wma.net/en/30publications/10policies/b3/index.html (世界医師会サイト掲載)
 http://www.med.or.jp/wma/helsinki02_j.html (日本医師会 訳)

■大学・学会名の英語名称
※大学や学会のホームページには、ロゴ近くや著作権のところに英語名が記載されていることが多いので、各機関のホームページをチェックします。例えば:
 立命館大学 / Ritsumeikan University
 京都大学 / Kyoto University
 東京大学 / The University of Tokyo
 障害学会 / Japan Society for Disability Studies

■その分野の英語で書かれた論文、タイトルや要旨が英訳されているもの
 日本語のキーワードと英訳に含まれているであろう英単語をAND検索してみる (例:介護 care)。
 推測した英単語で検索して、その分野における用語や表現方法を調べる。
※執筆者の英語力によって必ずしも正しいとは言えないでしょうが、参考まで。
・Google Scholar
 http://scholar.google.co.jp/
・独立行政法人科学技術振興機構(JST)のアーカイブサイトJournal@rchive
 http://www.journalarchive.jst.go.jp/japanese/top_ja.php

■その他の役立ち(そうな)サイト
・アルクの「英辞郎」
 http://www.alc.co.jp/
 ※辞書にないような用語や、熟語での検索も可。ただ必ずしも正しい用法でないこともあるため、参考まで。
・医学翻訳実用情報
 http://homepage2.nifty.com/i-honyaku/term-top.htm
 医学翻訳リンク集
 http://homepage2.nifty.com/i-honyaku/link.htm
 ※医学翻訳データベース取扱企業のサイトから。参考まで。


>TOP

[第2部] 生存学 日英訳語集

※英訳作業時に調べた対訳語を列挙しています。
 アルファベット順、項目順など揃えるまでできてません。テキスト検索してご利用ください。
※対訳語に関するメモ
 (本): 本人・当該組織による英訳、(作): こちらが英訳した固有名詞、???: 訳者も自信のない英訳
 その他は辞書・インターネットなどで調べた語彙です。
※(本)印以外は、訳者が調べ、考え、作り出した訳語ですので、必ずしも正しい英訳ではありません。
 このページに関するご意見・情報提供はwebmaster@arsvi.comまでお願いします。


■障害学 日英訳語集 (2010年度コリン・バーンズ先生集中講義に向けて)
●障害学研究会(バーンズ読書会) 第1回4月23日(金) より
1)Qualitative Research: valuable or irrelevant?
1992 Disability & Society 7(2) 115-124.

qualitative research/ 質的研究
emancipatory research / (障害者)解放研究
participant observation / 参与観察
4つの立ち位置:
the complete participant, the participant as observer, the observer as participant, the complete observer
Goffman "Asylums" 1961 / アーヴィング・ゴッフマン 『アサイラム 施設被収容者の日常世界(石黒毅訳)』
structured, semi-structured, unstructured (interview) /
 semi-structured interview / 半構造的面接
 structured interviewing technique / 構造化インタビュー技法
 unstructured interview / 非構成的面接
hereditary visual impairment / 先天的(遺伝的)視覚障害
International Year of Disabled People (1981) / 国際障害者年
medical model of disability / 障害の医学モデル
'personal tragedy theory' / 個人の悲劇理論
(social model of disability) / 障害の社会モデル
'social oppression theory' / 社会の抑圧理論
paternalistic / (温情主義的)
 paternalism / パターナリズム

2)What a difference a decade makes: reflections on doing 'emancipatory' disability research (この10年を振り返って 障害者解放を目指す研究に関する反省的思考)
2003 Disability & Society 18(1). 3-17.

'emancipatory' disability research / 障害者解放に向けた研究
Mike Oliver / マイケル・オリバー
disability research / 障害研究
Talcott Parsons: doctor-patient interactions / パーソンズの「医者-患者」関係
Goffman et al.: stigma, institutional living / ゴフマンらの「スティグマ」「制度化された生活」
Ilich et al.: role of professionals / イリイチの「専門家役割」
Townsend: disability and poverty / タウンゼントの「障害と貧困」
Harris et al.: large-scale epidemiological surveys documenting the prevalence of 'disability' within the general population / ハリスら「障害という語の人口への膾炙に関する大規模な疫学的調査」
Union of the Physically Impaired Against Segregation (UPIAS) / 分離に反対する身体的損傷者のイギリス連合(イギリス)
Barnes: 'Cabbage Syndrome' /
British Council of Disabled People (BCODP) / 英国障害者協議会
'Researching Physical Disability' seminars / 1991年「身体障害研究」セミナー
解放研究モデルにおけるいくつかの重要概念:
 Problem of Accountability / 説明責任
 Social Model of Disability / 障害の社会モデル
 Choice of Methods / 方法の選択
 Empowerment, Dissemination and Outcomes / エンパワメント、普及、結果
direct payments / ダイレクト・ペイメント
personal assistance / パーソナル・アシスタンス
Community Care (Direct Payments) Act 1996 /

3)'Talking about us without us?'. a response to Neil Crowther.
2008 Disability & Society 23(4) 397-399

disabled people's movement / (バーンズ氏は「disability movement」より「disabled people's movement」と呼ぶ)
Disability Discrimination Act (DDA) 1995 /
CIL: centres for independent, integrated or inclusive living / 自立生活センター
Equality and Human Rights Commission /
Office of Disability Issues /

●Barnes, Colin他 『ディスアビリティ・スタディーズ イギリス障害学概論』より
訳者まえがき、障害にまつわる語句の意味と概念のとらえ直し
disablism / 障害者差別主義 5
disabling / 無力化する、ディアビリティをつくる 5
disablement / 無力化 5
disabled family / 無力化された家族、ディアビリティをもつ家族 5

Union of the Physically Impaired Against Segregation (UPIAS) / 隔離に反対する身体障害者連盟 14
British Council of Disabled People (BCODP) / イギリス障害者協議会 14
disabled / 無力化 15
American Independent Living Movement (ILM) / 1970年代アメリカにおける自立生活運動 16
※もともとの意味を失い、単に悪口として用いられる語
cripple / 肢体不自由者に対する蔑称 20
spastic / 麻痺に対する蔑称 20
mongol / ダウン症に対するかつての蔑称 20
the impaired / 損傷をおった人 20
the disabled / 障害をおった人 20
the deaf / 聞こえない人 20
the blind / 見えない人 20
※本書ではdisabled people (「社会によって無力化された人々」という含意)という語を使用 21
 people with disabilitiesはインペアメントの存在がその人のアイデンティティを決定するような印象を与える
mentally subnormal / 低知能(20世紀初期) 36
Office for National Statistics / イギリス国民統計局 39
Psychiatric Status Schedule / 精神科臨床一覧 39
International Classification of Disease (ICD) /国際疾病分類 (WHO1976) 39
International Classification of Impairments, Disabilities and Handicaps (ICIDH) /国際障害分類 (WHO1981) 39
International Classification of Functioning, Disability and Health (ICF) / 国際生活機能分類 (WHO2001) 45
Americans with Disabilities Act / 障害をもつアメリカ人法1990 41
Fundamental Principles of Disability / 『ディスアビリティの基本原理』UPIASの声明書 1976年 45
somatic society / 身体社会 89
social care staff / 社会福祉従事者 95
post primary production economy / ポスト第一次生産経済 102
social role valorization / ソーシャル・ロール・バロリゼーション (社会的役割価値付与) 103
learning difficulties / 学習困難(訳注:本書ではmental handicapと同義) 103
Spinal Injuries Association / 脊髄損傷者協会 120
Confederation of Indian Organizations / インド系イギリス人組織連盟 122
double discrimination / 二重の差別 122
simultaneous oppression / 複合抑圧 122
enfreakment / 奇形の見せ物化 128
Disabled Persons (Services, Consultation and Representation) Act, 1986 / 障害者(サービスに関する諮問と意見表明)法 136
National Health Service and Community Care Act, 1990 / 国民保険サービスおよびコミュニティ・ケア法 136
disabled family / 障害者のいる家族 140
1944 Education Act / イギリス1944年教育法 142
Department of Health and Social Security (DHSS) / 保険社会保障省 142
subnormal / 低知能、severely subnormal / 重度低知能、delicate / 虚弱、maladjusted / 不適応 143
special educational needs (SEN) / 教育上特別なニーズ 143
1981 Education Act / イギリス1981年教育法 143
Disability Discrimination Act / 1995年 障害者差別禁止法 143
1993 Education Reform Act / 1993年教育改革法 144
under-employment / 底辺雇用(アラン・ウォーカー) 149
Disabled Persons (Employment) Acts / 障害者(雇用)法 1944, 1958 152
Disablement Resettlement Services (DRS) / 障害再適応サービス 152
designated employment / 指定職種 152
supported placement / 助成金付き雇用 153
Placing, Assesment and Counselling Teams (PACTs) / 職業紹介・評価・カウンセリング・チーム 153
Focus on Ability / 障害よりも能力に注目 153
Two Ticks Symbol / 二重丸マーク 153
Job Introduction Scheme / 職場適応計画 153
Access to Work Programme / 職業アクセス計画 154
Disability Working Allowance (DWA) / 障害就労手当 154
contract compliance / 契約業者規制 154
Chronically Sick and Disabled Persons Act (CSDP) / 1970年 慢性病者および障害者法 158
Disabled Persons Transport Advisory Committee (DPTAC) / 障害者交通問題助言委員会 161
Dial a Ride / ダイヤル・ア・ライド(障害者用の乗り合いマイクロバス) 162
Taxicard / 利用補助タクシー券 162
residual model / 公的福祉施策を最低限の水準に制限(Titmuss) 167
industrial achievement model / 産業達成主義モデル 167
institutional redistribution model / 制度的再分配モデル 167
voluntary sector / 非営利の民間福祉部門 168
voluntary organizations / 民間福祉法人(有給職員を主体とした非営利の法人組織) 169
income support / 所得補助 173
National Insurance (Industry Injury) Act / 1946年国民保険(産業傷害)法 173
compensation for injury / 傷害に対する補償 173
(↓ニーズに対応するための補償へ)
attendance allowance / 介助手当 173
invalidity pension / 無拠出制の傷病年金 173
mobility allowance / 移動手当 173
invalid care allowance (ICA) / 傷病介護手当 173
carer's allowance / 介護者手当 179
severe disablement allowance (SDA) / 重度障害手当(1984年に変更) 180
supplementary benefit / (所得調査を伴う)補足給付 180
contributory / 拠出制(イギリス所得福祉制度の基本概念の1つ) 180
non-contributory / 無拠出制 180
means test / 所得調査 180
Disability Working Allowance (DWA) / 所得調査付きの傷害就労手当 183
Disability Living Allowance (DLA) / 無拠出制で所得調査のない傷害生活手当 183
incapacity benefit / 就労不能給付 183
表6-2 1990年代におけるイギリス所得補償給付の例(185p)より(太字が障害関連給付)
拠出制給付(保険料を支払った者だけが受給可):
 Statutory Maternity Benefit / 出産給付
 Retirement pension / 退職年金
 Unemployment Benefit / 失業給付
 Widow's pension / 寡婦年金
 Widowed Mothers' Allowance / 遺族母子手当
 Incapacity Benefit / 就労不能給付
無拠出制給付(かつ所得調査なし):
 Children's Allowance / 児童手当
 Mobility Allowance / 移動手当
 Attendance Allowance / 介助手当
 Disability Living Allowance / 障害生活手当
 Invalid Care Allowance / 傷病介護手当

 War pensions / 軍人恩給
所得調査付き給付(一定の所得以下の者のみが受給可):
 Income Support / 所得補助
 Income Maintenance / 所得扶助
 Social Fund / 社会基金
 Disability Working Allowance / 障害就労手当
 Supplementary pension / 補足年金
 Death Benefit / 死亡給付
 Family Credit / 家族クレジット
 Housing Benefit / 住宅給付
 Council Tax Benefit / 地方税給付金
表6-2ここまで
NHS and Community Care Act / 1990年 国民保険サービスおよびコミュニティ・ケア法 189
Derbyshire Coalition of Disabled People (DCDP) / ダービシャー障害者連合 193
Disablement Information and Advice Line (DIAL) / 障害情報助言電話サービス 193
National Information Forum / 全国情報フォーラム 193
National Disability Information Project (NDIP) / 全国障害情報プログラム 193
National Centre for Independent Living / 全国自立生活センター(イギリス) 194
self-empowerment / 自己エンパワメント 196
Community Care (Direct Payments) Act / コミュニティ・ケア(ダイレクト・ペイメント)法 1996年 199
ボックス7-1 障害者関係組織の類型(206p)より
1.協力/庇護型
 Royal Association for Disablement and Rehabilitation (RADAR) / イギリス障害・リハビリテーション協会
 Royal National Institute for the Blind (RNIB) / イギリス視覚障害者協会
 SCOPE / スコープ(脳性麻痺者協会)
 Rehabilitation International / リハビリテーション・インターナショナル
2.社会保障充実型
 Disablement Income Group (DIG) / 障害年金要求団体
 Disability Alliance (DA) / 障害連盟
 American Foundation for the Blind / アメリカ盲人財団
3.消費者運動型/セルフヘルプ型
 Spinal Injuries Association (SIA) / 脊椎損傷者協会
 Derbyshire Centre for Integrated Living / ダービシャー統合生活センター
 Berkeley Centre for Independent Living / バークリー自立生活センター
4.大衆運動/問題提起型
 Union of the Physically Impaired Against Segregation (UPIAS) / 隔離に反対する身体障害者連盟
 British Deaf Association / イギリスろう者協会
 Americans Disabled for Accessible Public Transport / 公共交通アクセスを求めるアメリカ人障害者。アダプト。(後にAmericans Disabled for Attendant Programs Today / 介助者プログラムを求めるアメリカ人障害者」と改名。
ボックス7-1ここまで
Blind Persons (Education, Employment, Maintenance) Act / 1920年 盲人(教育・雇用・扶助費)法 208
anti-discrimination legislation (ADL) / 差別禁止の法制化 208
Committee on Restrictions Against Disabled People (CORAD) / 障害者に対する不当な制約に関する委員会 211
Disability Discrimination Act / 1995年 障害者差別禁止法(イギリス) 211
Voluntary Organizations for Anti-Discrimination Legislation committee / 差別禁止法のための民間団体協議会 211
Disability Equality Training (DET) / 障害平等トレーニング 212
National Disability Council (NDC) / 全国障害者委員会 212
National Advisory Council on Employment of People with Disabilities / 障害者の雇用に関する諮問員会 212
Disability Task Force / 障害専門委員会 213
Disability Commission / 障害委員会 213
Campaign for Accessible Transport (CAT) / アクセス可能な交通機関を求めるキャンペーン 220
Campaign Against Patronage / ”庇護はいらない”キャンペーン 220
'Rights not Charity' march / ”慈善ではなく権利を!”行進 1988年 220
Disability Direct Action Network (DAN) / 障害者直接行動ネットワーク 1993年 220
Talking Newspaper Association / 声の新聞協会 241
Sports for Young Disabled Women / 若年女性障害者スポーツ協会 244
Riding for the Disabled / 障害者乗馬協会 244
Physically Handicapped and Able-Bodied (PHAB) / 身体障害者・健常者交流協会 244

『障害の政治―イギリス障害学の原点(The Politics of Disablement)』より(行末数字は掲載ページ)
the politics of disablement / 無力化の政治 15
people with disabilities / 障害をもつ人 16
disabled people / 障害者←本書ではこちらを優先使用 16
personal tragedy theory of disability / 障害の個人的悲劇理論 20
impairment - disability - handicap / インペアメント・障害・ハンディキャップ 20
Office of Population Censuses and Surveys / 国勢調査局 23
disease - disability - handicap / 病気・障害・ハンディキャップ 24
Disabled People's International / 障害者インターナショナル 27
The British Council of Organizations of Disabled People / イギリス障害者団体協議会 27
rock-bottom / 最低 32
WHO発表
The International Classification of Disease / 国際疾病分類 1980年
The International Classification of Impairment, Disabilities and Handicap (ICIDH) / 国際障害分類
 機能・形態損傷(impairment)--能力障害(disability)--社会的不利(handicap)という3区分
The International Classification of Functioning, Disability and Health (ICF) / 国際生活機能分類 2001年
 身体機能・構造(body function & structure)←→活動(activity)←→参加(participation)という3次元
an essentially accommodative cultural response / 基本的に適切な文化的対応 44
essentially accommodative adjustment to blindness / 目が見えないことへの基本的に適切な適応 44
the deaf community / ろう者集団 45
social disabilities / 社会的障壁 47
issue of randomness / 誰もが障害者になりえるという問題 49
liminality / 境界性という概念 51
economical survival / 経済的な過当競争 53
economic surplus / 経済的余剰 57
consciousness of the world / 世界認識 58
intermediary developed / 中位開発国 65
human intellectual process / 人間の知的過程 66
industrial schools / 授産学校 70
specialist asylums / 専門的な保護施設 72
domestic relief / 家庭での救済 72
the Poor Law Amendment Act / 1834年 改正救貧法 73
paupers / 貧民(子ども、病人、精神異常、障害者、高齢で虚弱な人々の5つのカテゴリー) 73
decarceration / 解放(運動) 76
the enlightment theory of social welfare / 社会福祉の啓蒙理論(Abrams, 1982) 78
the necessity theory of social welfare / 社会福祉の必要理論(Abrams, 1982) 79
action theory of welfare / 福祉の活動理論 80
children's home / 養護施設 80
Chehire Foundation / チェシャー財団 81
distributive principle / 分配原理 83
economic and political versions of contradiction theory / 経済的、政治的バージョンの矛盾理論(Stone 1985) 84
the sheer taken-for-grantedness / (ヘゲモニーの)自明性 88
able-bodies / 健全な身体 92
able-minded / 健全な精神 92
able-bodiedness / 健常性 94
the germ theory of illness and disease / 病気と疾病の細菌理論 94
the necessity theory of medicalisation / 医療化の必要理論 98
well being / 健全さ 99
the action theory of medicalisation / 医療化の活動理論 99
medical imperialism / 医学帝国主義 99
the power theory of medicalisation / 医療化の権力理論 99
American Medical Association / アメリカ医師会 101
alms house / 救貧院 102
charitable homes / 慈善ホーム 102
degenerative disease / 変性病 103
conductive education / 集団指導療法 107
self-supporting / 自活 108
able-bodied and able-mindedness / 健常者性 108
disability arts movement / 障害者の芸術運動 119
the politics of disability / 障害者運動 119
a way of life / ライフスタイル 119
an emotional slap in the face / 精神的な暴力 124
social adjustment / 社会的調整 129
built environment / 物理的環境 130
the Union of Physically Impairment Against Segregation / 身体障害者連盟 130
the Spinal Injuries Association / 脊髄損傷者協会 133
management of bladder incontinence / 尿管理 136
the Greater London Association of Disabled People / 大ロンドン障害者協会 139(修正訳)
4 race-sex groups / 人種と性別によってわけられた4つの集団 141
multiple minority statuses / 複合的なマイノリティの地位 142
multiple minority groups / 複合的なマイノリティ集団 142
handicapped identity / 障害者アイデンティティ 143
Chronically Sick and Disabled Person's Act / 慢性病者及び障害者法(イギリス1970年) 149
Disabled Person's Act / 障害者(サービス、協議及び代理)法(イギリス1986年) 149
social creationist / 社会生成主義者 152
(disablism / 障害者差別主義) 153
(disablist / 障害者差別主義者) 153
National Asistance Act / 国民扶助法 1948年 161
Disabled Person's Act / 障害者(雇用)法 1944年 162
further education college / (義務教育を終えたあとに入学できる)専門学校 168
Manpower Services Commission / 人的サービス委員会(障害者雇用促進官が所属) 170
Spastics Society / 痙性脳性麻痺者協会 177
Disablement Income Group / 障害者年金要求団体 178
normalising / 標準化する(社会) 191
disablement costs allowance / 障害手当 193
Disability Alliance / 障害連盟 193
social administration approach / 社会行政的アプローチ 195
The social administrator / 社会福祉の行政官 197
Royal National Institute for the Blind / 王立盲人国民協会(1868年設立) 204
Charter on Disability / 障害に関する宣言書 207
national disability income / 国民障害年金 208
Joint Committee on Mobility / 移動に関する両院合同委員会 209
poverty lobby / 貧困についての圧力団体 209
Derbyshire Center for Integrated Living / ダービーシャー統合生活センター 210
Sisters against Disablement / 障害に反対する姉妹 210
British Deaf Association / イギリスろう協会 210
Greenwich Association of Disabled People / 障害者グリニッジ協会 211
consultation procedures / 相談手続き 212
Centres for Independent and Integrated Living / 自立統合生活センター 214
state service / 公的サービス 215
gadgets and prostheses / 福祉器機や義肢装具 223
the over-technologicalization of care / ケアの過剰なテクノロジー化 223
technological rationality / 技術的合理主義 232
competitive individualism / 競争的個人主義 232
(訳者あとがきに「disability」訳出に関しての詳細 240)

●石川 准・倉本 智明 編 『障害学の主張』より(行末数字は掲載ページ)
disabling society / できなくさせる社会 26
genuine benefits / 真の利益 50
求職者の分類(米国職業紹介所) 238:
 unemployed / 失業者
 odd jobs / 日雇労働者
 casuals / 不定労働者
 unemployables / 無能者
disability culture / 障害の文化(Morris) 261
Disabled People's International / 障害者インターナショナル 
Union of the Physically Impaired Against Segregation / 隔離に反対する身体障害者連盟 262
Disability Income Group / 障害年金要求団体 263
Disability Alliance / 障害連盟 263
Voluntary Organisation / 民間福祉法人 263
professional dominance / 専門家支配 264
Rehabilitation International / リハビリテーション・インターナショナル(1980年カナダ開催) 265
British Council of Organisation of Disabled People (BCODP) / 英国障害者団体協議会 265
organisation FOR the disabled / 障害者のための組織 265
organisation OF the disabled / 障害者による組織 265
Disability Business / 障害関連産業(Albrecht) 268
Political Economy of Disability / 障害の政治経済学 268

●田中 耕一郎『障害者運動と価値形成ー日英の比較から』より(行末数字は掲載ページ)
略号一覧(p9-10) 
ADA (Americans with Disabilities Act) / 障害を持つアメリカ国民法
ADL (Anti-Discrimination Legislation) / 反差別法制
BCODP (British Council of Disabled People) / 英国障害者団体協議会
CIL (Centre for Independent Living, Centre for Integrated Living) / 自立生活センター
CORAD (Committee on Restrictions Against Disabled People) / 障害者対策委員会
DA (Disability Alliance) / 障害者連合
DAN (Direct Action Network) / 障害者直接行動連合
DCDP (Derbyshire Coalition Disabled People) / ダービーシャー障害者連合
DCIL (Dervyshire Centre / Coalition for Independent / Inclusive Living) / ダービーシャー自立生活センター(その他の訳語は記載漏れ?)
DDA (Disability Discrimination Act) / 障害者差別禁止法
DES (Department of Education and Science) / 教育科学省
DIAL (Disablement Information and Advice Line) / 障害者情報相談サービス
DIG (Disablement Income Group) / 障害者年金運動団体
DPRFB (Disabled People's Rights and Freedoms Bill) / 障害者の権利と自由のための法案
DPI (Disabled People's International) / 障害者インターナショナル
GLAD (Greater London Association for Disabled People) / 障害者の大ロンドン市連盟
HCDP (Hampshire Coalition Disabled People) / ハンプシャー障害者連合
HCIL (Hampshire Centre for Independent Living) / ハンプシャー自立生活センター
IL (Independent Living) / 自立生活
ILF (Independent Living Fund) / 自立生活基金
IYDP (International Year of Disabled People) / 国際障害者年
JIL (Japan Council on Independent Living Centre) / 全国自立生活センター協議会
NCIL (National Centre for Independent Living) / 自立生活全国センター
NFB (National Federation of the Blind) / 視覚障害者連盟
NLB (National League of the Blind) / 視覚障害者連盟
PA (Personal Assistance) / (自己管理型)介助
RADAR (Royal Association for Disability and Rehabilitation) / 王立障害者リハビリテーション協会
RI (Rehabilitation International) / 国際リハビリテーション協会
SIA (Spinal Injuries Association) / 脊髄損傷者協会
SSD (Social Service Department) / 社会サービス局
UPIAS (Union of the Physically Impaired Against Segregation) / 隔離に反対する身体障害者連盟
VOADL (Voluntary Organization for Anti-Discrimination Legislation) / 反差別法規のためのボランティア団体連合(現在、Rights Nowと改称)

<当事者性>という概念 18-19
 Independent Living / 自立生活
 self-determination / 自己決定
 self-management / 自己管理
 consumerism / 消費者主義
 self-advocacy / セルフ・アドボカシー
significant others / 重要な他者 37
ADL (Activity of Daily Living) / 日常生活動作 47
QOL (Quality of Life) / 生活内容の質 47
福祉サービスの受給者(recipient)→消費者(consumer) →供給主体(provider) 47
ACCD (American Coalition of Citizens with Disabilities) / アメリカ障害者市民連合 48
a voice of our own / 「われら自身の声」(DPIスローガン) 49
イギリス障害者運動の軌跡
Royal National Institute for Blind / 王立視覚障害者協会 57
British Deaf Association / 英国ろう者協会 57
National League of the Blind / 視覚障害者連盟 57
Disabled Driver's Association / 障害を持つ運転手協会 57
Rights not Charity / 慈善ではなく権利 57
Blind walk / 貧困と低賃金に反対する視覚障害者のデモ行進 58
direct action / 直接行動 58
Disabled Persons (Employment) Act / 障害者雇用法1944年 58
Education Act / 教育法1944年 58
National Health Service Act / 国民保険サービス法1946年 58
National Assistance Act / 国民扶助法1948年 58
Chronically Sick and Disabled Person's Act / 慢性疾患患者及び障害者法1970年 61
personal tragedy theory / 個人悲劇理論 63
incomes approach / (障害者運動による)所得アプローチ 63
oppression approach / 抑圧アプローチ 63
personal assistant / 介助者 64
community-based resource / 地域を基盤とした社会資源 64
independent living / 自立生活 70
integrated living / (地域に)統合された生活 70
medicalisation / (障害者問題の)医療化 71
consumer sovereignty / (アメリカIL運動の哲学である)消費者主権 73
DDA (Disability Discrimination Act) / 障害者差別禁止法1995年 73
Sex Discrimination Act / 性差別禁止法1975年 74
Race Relations Act / 人種関係法1976年 74
organisations of disabled people / 障害者自身による組織 74
organisations for disabled people / 障害者のための組織 74
Spastics Society / 脳性マヒ者協会(現SCOPE) 74
Disability & Society / 『障害者と社会』(発刊当時はDisability, Handicap and Society) 75
Community Care (direct payment) Act / コミュニティケア法1996年 77
social death model / 社会的な死のモデル(Finkelstein: 1997) 86
individual deficit model / 個人欠損モデル(Finkelstein: 1997) 86
Disability Living Allowance / 障害者生活手当 91
Disability Working Allowance / 障害者労働手当 91
Living Independently / 依存しない生活 vs Independent Living / 自立生活 92
Fundamental Principles of Disability / 『障害の基本原理』UPIASとDAの議論を1976年に発行 98
self-enforced category / 自己執行 101
self acceptance / 自己受容 101
human commonality / 共世界 102
qualified individual with disability / (ADAにおける)有資格障害者 104
user-led service / 消費者主導的サービス 109
self-controlled rehabilitation / 自己統制によるリハビリテーション 109
self-organization / 障害者自らによる障害者運動の組織化 125
personal attendant : PA / 個人介助者 141
Social Service Department : SSD / 社会サービス局 141
supportive family / 世話人の家族 143
Independent Living Skill Training / 自立生活技能訓練 146
integrated living / 統合された生活 147
felt need / (当事者の)直感的必要 150
mixed economy of welfare / 福祉の混合経済 154
quasi-market / 競争原理 154
consumer control / 消費者としての統制権 155
buying power / サービスを買う権限 160
needs-based system / 自らのニーズを基盤とした福祉システム 160
rights-based framework / 市民権を基盤とした枠組み 160
rights to difference / 異なることの権利 175
social death / 社会的な死 175
Crow:1996 impairmentへの対応
 avoidance / 回避、management / 管理、cure / 治療、prevention / 予防 178
Abortion Act / 堕胎法 1967 178
Human Scrap-Heaps / 捨てられた人間の集積場 180
total institution / 全制的施設 180
mobility allowance / 移動手当 185
Housing (Homeless Persons) Act 1977 / 住宅法 185
enabling technology / できるようにする技術 209
self-enforced category / 自己執行カテゴリー 224
self-depreciation / 自己の価値の低落 226
internal oppression / 内なる抑圧 226
human commonality / 人間の共世界 227
celebrate the difference / 「異なることを賛美せよ」BCODPスローガン 227
(p304〜「日英障害者運動比較史年表」英語名称付き)

●19990927・障害学のMLより

「中途障害者」という言葉の英訳

the disabled で人(障害者)を表すのは避けるようになっているので、
people who acquired disabilities または、acquired disabilities
として者、人を出さない手もあるのでは。

●0927 →
翻訳→訳語

長瀬です。

> >the disabled で人(障害者)を表すのは避けるようになっているので、
>>
>> 自分のこと言うときは、別にかまわないですか?


について
英語圏の人が自分は障害者ですという時、使わないと思います。
英国の社会モデルだと disabled people/person,
米加の people first 型だと person/people with disabilities
が一般的でしょう。

●0927 →翻訳→訳語

>前から自己紹介などで迷っていましたが、「私は中途失聴者です」というのは、
>I am acquired hearing disability. 
>あるいは
>I am a person with acquired hearing disability.
>なのでしょうか。

中途失聴の場合は、
I lost my hearing when I was ... years old.
I was deafened in my 20's. (例えば20代で)
と具体的に言った方が伝わりやすいのでは。


■国際カンファレンス「絆と境目――正義と文化に関する新しいパースペクティブ――」
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/2009/20100318-j.htm
(カンファレンス発表原稿の日英要旨から抽出したもの)

●グルプリート・マハジャン氏
Cultural Boundaries / 文化的境界
Reasonable Accommodation / 妥当な調停
Secularism / 世俗主義
accommodation of differences / 差異の調停
Theorists of multiculturalism / 多文化主義の理論家たち
product of political construction / 政治的構築物
western liberal democracies / 西洋自由主義国家
marginalized minorities / 周縁化されたマイノリティ
religious freedom or freedom of conscience / 信教の自由や良心の自由
prevailing customs and social norms / 支配的な習慣や社会の規範
a sign of women’s subordination and lack of personal autonomy / 女性の従属と人格の自律の欠如の象徴
polygamy / 一夫多妻制
female circumcision / 女子割礼
moral equality / 道徳的平等
care, family honour, security and cohesiveness / ケアや家庭内の儀礼、安全や集団の結束力を生み出す絆
liberal democracies / 自由民主主義国家
cultural community membership / 文化的コミュニティの構成員の資格
separate prayer rooms / 祈祷用の個室
blasphemy / 冒涜

●ヴォルフガング・パラヴァー氏
Parochial Altruism / 偏狭(へんきょう)的利他主義
Christian Universalism / キリスト教的普遍主義
Emile Durkheim / エミール・デュルケム
Rene Girard / ルネ・ジラール
Henri Bergson's description of closed societies
アンリ・ベルクソンが描いた閉鎖的な社会集団
Carl Schmitt's characterization of the political as depending on the distinction between friend and enemies
カール・シュミットが特徴づけた友/敵の区別によって成立する政治的なもの
the political / 政治的なもの
love our enemies / 「汝の敵を愛せよ」
Sermon on the Mount / 山上の垂訓
parable of the Good Samaritan / 善きサマリア人の比喩
mystic traditions / 秘儀的伝統
universal solidarity / 普遍的連帯
apocalyptic age / 世界崩壊の時
a transcendent God / 超越的な神
humanity’s openness / 開放的な人間性
Reinhold Niebuhr / ラインホルド・ニーバー
collective pride / 共同体的自尊心
divorcing God from the nation / 民族から神を分離する
a matter of both spiritual insight and actual experience / 内省と実経験の問題
Amos / アモス書
second Isaiah / 第二イザヤ書
the vicissitudes of a nation / 民族の変遷
pious / 信心深い, 敬虔な
the Gospel of Luke / ルカ伝
friend-enemy patterns / 友/敵関係の様式
Elijah Benamozegh, the Orthodox rabbi of Leghorn (Livomo) / レグホーン正教会のラビ、エリ・ベナモゼフ
pagan thinking / 異教的思想
static religion / 静的な宗教,
dynamic religion / 動的な宗教
mixed religion / 混成的な宗教
mysticism / 神秘主義
偏狭(parochialism)←ラテン語の教区(parish)に由来
Islamophobia / イスラーム嫌悪
Populist xenophobia / 大衆的な外国人嫌悪
collective pride / 集合的自尊心
Constantinianism / コンスタンティン主義
Mennonite / メノナイト, メノー (Menno) 派教徒
John Howard Yoder / ジョン・ハーワード・ヨーダー
interfaith dialogue / 異宗教間対話
repentance / 後悔, 悔恨; 悔い改め
meekness, humility and non-violence of Jesus Christ / 柔和、謙遜、非暴力
the Suffering Servant / 艱難(かんなん)の僕
alternatives / 二者択一的
pluralistic world / 多元的な世界
humility / 謙遜さ
Imperialistic universalism / 帝国主義的普遍主義
a social morality and a human morality / 社会的道徳と人間的道徳
the Second Vatican Council / 第二バチカン公会議
John Paul II / ヨハネ・パウロ2世
Christian dimension of total gratuity, forgiveness and reconciliation / キリスト教の特質である心づけ、寛大さ、調和
the permanent action of the Holy Spirit / 聖霊の永久のおこない

●ジェフリー・ブラーム・レヴィ氏
Pluralistic Concept / 多元主義的な概念
individual autonomy / 個人の自律性
liberal political morality / リベラルな政治道徳
liberal notions of justice / リベラルな正義概念
liberal toleration / リベラルな寛容
sectarian / 党派的
more ‘open’, democratic, and accommodating value /
「オープン」で民主的で融通性のある価値
‘comprehensive liberals’ / 包括的[全体主義的]リベラルたち
ubiquity / 遍在
valorization / 価値を維持する
public policy / 公共政策
normative force and appeal / 規範的な影響力や訴求力
drawing an ‘ought’ from an ‘is’ / 「である」から「あるべし」を引き出す
a particular value on the individual / 個人にとっての個別的な価値
world historical transformations / 世界規模の歴史的転換
scrutinize / 精査する
blunt instrument and argument-stopper / なまくらな道具や論争を停止させるもの
democratic contestation and intercultural dialogue / 民主的論争や文化間対話
autonomy credentials / 自律性資格証明書
3つの次元「適用可能性」「優位性」「比較可能性」
applicability, prioritization, comparability
5つ分類「意志」「批判的反省」「正統性」「社会的妥当性」「譲渡不可能性」
5 dimensions: (agency )volition, critical reflection, authenticity,
(internal limits) social reasonableness, inalienability
個人主義、共同体主義、構築主義(反本質主義)、本質主義
individualism, communitarianism, the anti-essentialism, the essentialism

●サスキア・サッセン氏
incompleteness / 不完全性
possibility of making / 作りだすことの可能性
denationalized citizenship / 脱国民化された市民権
imperial logics / 帝国の論理
social dynamics / 社会的な力学
an incompletely theorized contract / 不完全に理論化された契約
the historically conditioned meaning of citizenship / 歴史的に条件づけられた市民権の意義
the work of making / 作りだすはたらき
the excluded / 排除された者たち
non-property owners / 無資産者
the making of the political / 政治を作りだす者
the incompleteness of a formalized institution and the formal exclusions it contains
形式化された制度の不完全性とその制度がうちに含む形式的な排除
denationalization / 脱国民化
the subject of the citizen / 市民の主体性
citizenship / 市民権
heuristic / 自己発見的解決方法(生徒が自分で解法を発見する方法の)
new spatialities for politics / 新たな政治空間
nationalizing of the institution / 制度の国民化
the "competitiveness" of states / 国家の「競争力」
entitlements / 受給権
the reciprocal relationship between the citizen and the state / 市民と国家の互恵的な関係
the impoverishment of the old traditional middle classes / 伝統的中産階級の貧窮
intergenerational effects / 世代間効果
disproportionate unemployment among the young / 若者の間の不釣合いな失業状態
sense of reciprocity / 互恵意識
empirical conditions / 経験的状況
conceptual elaborations / 概念的取組
analytic terrain / 分析領域
institution of citizenship / 市民権制度
rights-bearing subject / 権利を保有する主体
formal inclusions / 形式的な包摂
quasi-privatized executive / 半民営化した行政部
cosmopolitanism / コスモポリタニズム
transnationalisms / トランス・ナショナリズム
collective identities / 集合的アイデンティティ
dual nationality / 二重国籍
human rights regime / 人権レジーム
non-national sites / 非国家領域
"national grip" / 国家統制
the history of claim making / 要求を作りだす歴史

●倉沢冬樹氏
humanitarian / 人道主義
universalism / 普遍主義
particularism / 特殊主義
impartiality / 公平性
Battle of Solferino, 1859 / ソルフェリーノの戦い
public discourse / 公共的な言説
normative substance of humankind in toto / 人類全体の規範的本質
the Enlightenment / 《18 世紀の》 啓蒙思潮[運動, 主義]
Romantic expressivism / ロマン主義的な表象
Humanitarian Sentimentalism / 人道主義的なセンチメンタリズム
civilizational chauvinism / 文明化主義
moral superiority / 道徳的優越性
civilizing mission / 文明化の使命
asymmetrical roles / 非対称的な役割
victims vs. rescuers, or recipients vs. providers of aid
犠牲者と救済者、援助の受給者と供給者
Charity or philanthropy / チャリティや慈善事業
philosophical sources and moral grammars / 哲学的な源泉や道徳的な基本原理
Red Crescent / 赤新月社
Red Crystal / 赤いひし形
solidarity, equality and justice (vs. charity and benevolence)
連帯意識、平等と正義(vs. チャリティと慈善事業)
phenomenological reconstruction / 現象学的な再構築
iconographic strategy / 映像戦略
relations of asymmetrical inter-subjectivity / 非対称な間主観性の関係
perfect 'transposability': ability of Euro-American viewers to exchange places with such victims
「転移可能性(欧米の視聴者がそうした犠牲者の立場に自分を置き換える可能性)」
'distant suffering' / 「遠くの苦難」

●マウロ・マガッティ氏
TNC: Techno-Nihilist Capitalism / テクノ・ニヒリスト資本主義 
MTS: Macro technical system /
FIS: Functionalized institutional spheres /
SED: De-territorialized aesthetic space /
self-referential power systems / 自己言及的な権力制度
speculative reason / 理論的な理性 (speculative: 思索的な, 純理論的な; 推論的な.)
Modernity / 近代
hierarchical cosmologies / 階級的宇宙論
general-order principles / 一般的秩序の原理
Corporate Capitalism / 法人資本主義
civil rights / 市民権
United Nation’s 1948 Universal Declaration of Human Rights / 世界人権宣言1948年
Deliberative Rationality / 熟慮にもとづいた理性
axiological /【哲】 価値論, 価値学
procedural / 手続き的なもの
institutional and/or territorial order / 制度的そして/あるいは領土的な秩序
institutionalized social space / 制度化された社会的空間
“society of the spectacle” / スペクタクルの社会
the multiplication of broadcasters / 放送装置の多様性
the speed of circulation / 循環の速度
the spatial extension of communicative fluxes / 通信の流れの空間的な拡張
the permeability of communication tools / コミュニケーション手段の浸透性
symbolic production / 象徴的な生産
the public sphere / 公共空間
social disparity indicator / 社会格差指標
procedural law / 手続き的な法律

●アン・フィリップ氏
Cosmopolitanism / コスモポリタニズム
nationalism and cultural nationalism / ナショナリズムと文化的ナショナリズム
civic over a cultural nationalism
ある文化的ナショナリズムを超えて一人の市民であろうとすること
transformations / 変化
colonial administrator / 植民地の支配者たち
tools of colonial rule / 植民地支配の道具
phenomenology / 現象学
‘tragic predicaments’ / 「悲惨な苦境」
cultivation / 修練
their common capacity for reason / 共通にもつ理性の能力
Shared bodily vulnerability / 身体的な弱さを共有すること
universality and generality / 普遍性と一般性
particularity and difference / 特異性と差異
bonds of attachment / 特定の結びつきの絆
nepotism / 身びいき
bonds of emotional connection / 情緒的なつながりの絆
all inclusions are necessarily also exclusions / すべての包摂は必然的に排除
exclusionary notion / 排除的な概念
speciesism / 人間優位主義

●アクセル・ホネット氏
communitarism / コミュニタリアリズム
disconnection between political philosophy and political action, between theory and praxis
政治哲学と政治的行動、理論と実践の間の断絶
external perspective / 外的な観点
basic procedurilist schema / 基本的な手続き主義者の図式
notion of just distribution / 公平な分配という概念
fixation on(upon) the state / 国家への執着
theoretical complexes理論的な基礎
inter-subjective cooperation / 相互主観的な協調
“material” component / 「物質的な」基盤
decentering of the concept of power / 権力概念の脱中心化(ミシェル・フーコー)
fictitious procedure / 仮想的な手続き
agent-relation [Akteursbezug] / 主体の関係性
normative reconstruction / 規範的な再構築
equity of needs [Bedurfnisgerechtigkeit] / ニーズの衡平性
performance fairness [Leistungsgerechtigkeit] / 行動の公正さ
pluralistic theory of justice / 多元的な正義論

●ローラン・テヴノー氏
Bounded Justifiability / 制約された正当性
commonality / 共通性
commonality in the plural / 多様性における共通性
後藤先生コメントから
regimes of engagements / 契約に関する3つの形態 (共通性に対する人々の関与のあり様を分析するための概念)
1 the regime of publicly justifiable engagement / 公共的に正当化される契約
2 the regime of engagement in a plan / 個人のプランとしての契約
3 the regime of familiar engagement / 親しい契約
three types of grammars in the plural / 文法に関する3つの型 (正当性のあり様を分析するための概念)
1 orders of worth for the common good / 共通善のための価値順序
2 individuals opting in the liberal public / リベラルな公共における個人の選択
3 affinities to commonplaces / 共通の親和性


臓器移植・脳死
臓器移植・脳死 / organ tranpslantation / brain death
臓器移植法 / the Organ Transplantation Law
生命倫理会議 / Bioethics Conference (作)
人工透析 / artificial dialysis
生体移植 / live organ transplantation
本人同意 / the patient's own consent, consent of the person
生着率・生存率 / acceptance and survival rate ???
延命効果 / life-extending effect ???
多臓器移植 / multi-organs transplantation
体外腫瘍切除 / outside surgery ???
拡張型心筋症 / dilative cardiomyopathy
ラザロ徴候 / Lazarus phenomenon
筋弛緩剤 / muscle relaxant
臓器摘出 / taking out organs (一部メディアではharvesting organsも)
臓器提供 / provide organs, donate organs
有機的統合性 / organic synthesis idea ???
脳死判定 / determine brain death, brain dead determination
長期脳死者 / long-term brain dead patient
人工呼吸器をつけた子の親の会<バクバクの会> / "Bakubaku no kai" The Parents' Group of Children with Artificial Ventilators (作)
人工呼吸器 / artificial ventilator
選択的医療 / selective treatment ???
被虐待児 / abused children
難病をもつ人の地域自立生活を確立する会 / The Group to Establish Independent Living of Incurable Diseases in Their Community (作)
難病 / incurable disease, intractable disease ???
無理心中 / forced double suicide
国連・障害者権利条約 / the Convention on the Rights of Persons with Disabilities (本)
「私たち抜きに、私たちのことを決めないで!」/ Nothing About Us, Without Us! (本)
再生医療 / regenerative medicine
意思表示 / declare will ???
DPI(障害者インターナショナル)/Disabled Peoples' International (本)
「われら自身の声」/ "A Voice Of Our Own" (本)
DPI日本会議 / Japan National Assembly of Disabled Peoples' International (DPI-Japan) (本)
障害者自立支援法 / the Services and Supports for Persons with Disabilities Act
バリアフリー法 / barrier-free law (作)
脳性マヒ / cerebral palsy
全身性障害 / disability which makes whole bodies immobile
優生思想 / eugenics concept
優生保護法 / Eugenics Protction Law
ALS/MNDサポートセンターさくら会 / ALS/MND Support Center Sakura-kai (作)
命の選別 / sorting of lives ???
自立生活センターくれぱす / Independent Living Center Kurepasu (作)
自立生活センター/ Independent Living Center
自由権規約 / The International Covenant on Civil and Political Rights
全国「精神病」者集団 / Japan National Group of Mentally Disabled People (本)
尊厳死、安楽死 / dignified death or euthanasia
日本移植学会 / Japan Society for Transplantation (本)
日本移植者協議会 / Japan Transplant Recipients Organization (本)
代替医療 / alternative medical treatment
「命の線引き」 / sorting of life ???
植物状態 / comatose (vegetative stateの訳語もよく見ますが、当事者にとってどうか?)
末期医療 / terminal phase,
脳卒中 / cerebral embolism
認知症 / dementia people
「臨床的脳死診断」 / "clinical brain death diagnosis" (作)
「法的脳死判定」 / "legal brain death determination" (作)
新生児死亡率 / neonatal mortality rate
日本臓器移植ネットワーク / the Japan Organ Transplant Network (本)
日本臨床腎移植学会 / Japanese Society for Clinical Renal Transplantation (本)
ザック・ダンラップさん / Zack Dunlap
大統領生命倫理評議会報告「死亡判定論争」/ the President's Bioethics Committee "Controversy on Definition of Death" (作)
脳死臨調 / Brain Death Study Group (作)
自発呼吸 / voluntary breathing (作)
脳波 / electroencephalogram
無呼吸テスト / non-breathing test (作)
人身売買 / human trafficking
臓器売買 / organ trade
商業的な移植ツーリズム / commercial transplant tourism
日本宗教連盟 / Japanese Association of Religious Organizations (本)
産科医療補償制度 / Maternity Medical Supplement System (作)
人工的心停止後移植(人工的に引き起こされた心臓死後の臓器提供) / controlled DCD
ピッツバーグ方式 / Pittsburgh method
全米臓器分配ネットワーク / UNOS, the United Network for Organ Sharing (本)
全国障害者解放運動連絡会議(全障連) / The National Alliance of Disabled People Liberation Movement (作)
終末期医療の決定プロセスに関するガイドライン / The Guidelines for the Determination Process on Terminal Phase Medical Treatment (作)
尊厳死法制化を考える議員連盟 / The Group of Lawmakers who Promote Legalization of Dignified Death (作)
後期高齢者医療制度 / Old-old health care system (作)
良識の府 (参議院) / "Chamber of Wisdom"
死の三徴候 / Three signs of death (作)
日本医師会 / Japan Medical Association (本)
「小児における脳死判定基準」/ "Standard of brain death determination for children" (作)
日本救急医学会 / Japanese Association for Acute Medicine (本)


■生命倫理用語(櫻井さんが各種文献から収集したもの)
agreed definition of death / 死に関する合意された定義
now disunified organism / 今や統一を失った有機体
persistent or chronic vegetative state / 遷延性ないし慢性の植物状態
reasonable hope of the patient / 患者に対する利益の合理的な期待
right decision / 正しい決断
serious right to life / 生存する重大な権利
social concept or social role of person / 人格の社会的概念ないし社会的役割
ability / 能力
abortion / 妊娠中絶
absolute right / 絶対権
active euthanasia / 積極的安楽死
actual persons / 現実に人格をもっているひと
Advance directive / 事前指示(書)
age-specific value / 年齢特異的な価値観
aggressive / 攻撃的な
allow to die / 死が許容される
allowing / まかせる
allowing to die / 死の許容
ambiguous cases / あいまいなケース
ambivalence / 両価的状態
amicus curiae / 法廷助言者
an individual's right to die with dignity / 尊厳をもって死ぬ個人の権利
an irreversible coma / 不可逆的昏睡
an open secret / 公然の秘密
anger / 怒り
applied ethics / 応用倫理
arbitrariness / 恣意性
argument / 理論
as if / 見立て
aspiretional / 鼓舞的
assent / 承諾
attachment / 愛着
autonomy / 自律主義、自律性
balia / 乳母
bed-side rationing / ベッドサイドでの治療制限
beneficence / 恩恵
benefit of linen / リンネルの恩恵
benefits analysis / 便益解析
benefits and burdens / 便益と負担
bereavement / 喪失感
biological life / 生物学的生命
bodily integrity / 身体的な統一性
call the shots / 命令する権利
causal agency / 因果的行為者性
child abuse amendments of 1984 / 1984年児童虐待改正法
chronic sorrow / 慢性的な悲しみ
clearly beneficial therapies / 明らかに利益となる治療
clearly futile therapies / 明らかに無益な治療
clinical critera / 臨床基準
clinical syndrome / 臨床的症候群
closed awareness / 閉ざされた状況下での事情通
cognitive / 認知の
community / 共同体
competent / 権能
conceiving / 妊娠する
conceptual truth / 真理
conceptus / 胎児
conscience / 良心
continuant / 連続体
contraindications to active therapy / 積極的治に対する禁忌
cost / 費用
critical care committee / 救急救命委員会
cut off point / 区切り点
death with dignity / 尊厳死
decision / 決断、決心
decision-making / 意思決定
declaratory judgment / 宣言的判断
declaratory relief / 宣言的救済
denial / 拒否
designer child / デザイナー・チャイルド
designer therapy / 容姿についての治療
desire / 欲求
destroy / 破壊する
dignity / 人格の尊厳
direct killing / 直接的な殺人
directives / 指針
discipline / 学問
discontinuation of treatment by choice / 選択的治療停止
dissatisfied life / 不満足な生存
dissent / 不承諾
divine laws / 神の法
do not resuscite / 蘇生の拒否
dobule effect / 二重結果
doing no harm / 無害
duable power of attorney for health care / 代理人による事前決定権
due process / 正当な法の手続き、適正手続(条項)、デュープロセス
dying / 死が必発
effective people / 有能な人間
egoistically / 自己中心的
embryo / 初期胚
ends in themselves / 目的自体
equality of life / 生きることの平等性
erlenborn bill / アーレンボーン法案
essential equality / 基本的平等
ethical criteria / 倫理基準
ethnomethodology / 社会学から生まれた研究方法。会話分析
eugenics / 優生学
excessive treatment / やりすぎの医療
existence / 生存すること
exposure / 遺棄
external observer / 外部観察者
extraordinary / 通常以上、通常でない
extraordinary means / 特殊の方法
extraordinary nature / 通常ならざる性格
extraordinary relief / 通常以上の請求
feeling of guilt / 罪障感
feeling of inadequacy / 無力感
feeling of shame / 羞恥心
fellow human being / 人間の仲間
futile / 無益
futile treatment / 無益な治療
futile use / 無益に使用して
general surgeon / 一般外科医
genetic health / 遺伝的健康
genetically modified crops / 遺伝子組み換え作物
good medicine / 正しい医療
gradual and continuous / 漸進的かつ連続的
happiness of society / 社会の幸福
healthy tissue / 組織の鮮度
helping / 手助けする
homicide / 一般の殺人
homicide laws / 殺人法
hopelessness / 望みのなさ
human / 人間
human being / 人間
humanhood / 人間らしさ
humble / 謙虚な
ideal moral legislator / 理想的な倫理上の立法者
impartiality / 公正さ
in dubio abstine / 疑わしきは治療中止
incident / 付随する
indicators of humanhood / 人間性の指標
indicators of personhood / 人格性に関する指標
indubitable / 疑う余地のない
infant with poor prognosis / 予後不良児
infanticide / 幼児殺し
informed / 情報を与えられた
informed consent / インフォームド・コンセント
inhumane / 非人間的
initiation / 開始
injurious existence / 屈辱的な存在として生きること
innovative therapy / 革新的な治療
intensivist / 専門医
intentional actions / 意図的行為
intentional killing / 意図的な殺人
intentional omissions / 意図的な不作為
interim rule / 暫定規則
invasion / 侵襲、侵入
involuntary / 本人の希望にもとづかない
irreversible / 不可逆的
justice and fairness / 正義と公正
killing / 殺人
letting die / 死なせる
liberal new eugenics / リベラル新優生学
liberal position / リベラルな立場
life is sacred / 生命は尊い
life saving therapy / 生命救助治療
life-sustaining / 延命
life-sustaining treatment / 延命治療
living wills / リビングウィル
malformation / 先天異常
man / 人類特権主義
management decision / 治療方針の決定
maturity / 成熟度
medical abuse / 医療虐待
medical decision / 医療内容の決定
medical indications policy / 治療適用方針
medical neglect / 医療ネグレクト
medical resources / 医学的資源
medical standard / 医学の基準
medical supervision / 医学的管理
medicalizing / 医学化していた
mercy-killing / 心やさしい殺人
mercy-neglecting / 心やさしい放置
mere life / 単に生きること
model penal code / 模範刑法法典
moral status / 倫理的地位
mutilation / 切除
national research act / 国家研究法
nature and the right of generation / 自然と生みの権利
negative eugenics / 否定的優生学
neonatal intensive care units / 新生児集中治療室(NICU)
neonatal medicine / 新生児医療
never / まったくない
new rule / 新規則
no chance / 見込みのない
no purpose / 目的のない
nondying / 死が必発でない
nonexistence / 生存しないこと
non-identity problem / 非同一性問題
nonpersons / 人格をもたないひと
nontreatment / 治療停止
nonvoluntary euthanasia / 本人の希望にもとづかない安楽死
normaleficence / 侵害回避
notice / 通達
operational / 実行基準
opinion / 判決
opportunity / 機会
optimum care committee / 最適医療委員会
optional / 選択の余地がある
ordering up / 要求の撤回
ordinary / 通常の
ordinary / 通常
ordinary care / 通常の治療
ordinary means / 通常の方法
organism / 有機体
over the couter / 処方なしで購入できる薬
paramount consideration / 至高の考慮事項
parental authority / 両親の権限
parental autonomy / 親の自律権
parental power / 親権
parental refusal of medically indicated treatment to the child / 親による治療拒否
parental responsibility / 親責任
participatory democracy / 参加民主主義
paternalism / 父権主義
perfect baby / パーフェクト・ベビー
permanent / 永久的
permission / 許諾
person / 人格をもつひと
personhood / 人格性
physician of record / 登録医
plastic / 可塑性
poor ethical example / 不幸な倫理的手本
poor prognosis / 予後不良
positive eugenics / 肯定的優生学
positively indecent / 明らかな不適切
possible person / 人格をもつひとにもなりうるもの
potential persons / 人格への可能性をもつひと
potentiality principle / 可能性の原理
principle / 生命の原理
principle of autonomy / 自立的な生存欲求の原理
principle of totality / 全体性の原則
pro-life / 妊娠中絶合法化に反対する
prolonged / 長引いた
property / 資質
proportionate good / バランスのとれた善
protectable humanity / 保護されるべき人間性
protection / 保身
protectionism / 保護主義
proxy consent / 代理決定
public health / 公衆衛生学
qualitative research / 質的調査
quality of life / 生きることの質
quantitative research / 量的調査
raggy fact-value distinction / もし使い古された事実と価値の二分法
reasonable / 理にかなった
reasonable person standard / 理論的人間
reasoned recomendation / 道理にかなった助言
recover damage / 損害の回復
relational potential / 人間関係を結ぶ能力
replaceable / 交換可能
resourse / 高価な資源
respomsible physician / 責任医
right of be alive / 生きている権利
right to be informed / 情報を得る権利
right to die with dignity / 尊厳を持って死ぬ権利
right to life / 生きることへの権利
risks and analysis / リスクと便益
sanctity of life / 生きることの神聖さ
selective nontreatment / 選択的治療停止
selectivity / 選択性
self consciousness requirement / 自己意識要件
self determination / 自己決定
self-determining / 自己決定的
slippery slope / 滑りやすい坂
social practice / 社会的な実践
sovereign / 至上
special-care nursery / 特別ケア保育室
species principle / 種の原理
speciesism / 人類特権主義
standard therapy / 標準的な治療
statement / 言明
substituted judgement / 身代わり判断
tailoring / 仕立てた
teaching material / 教材
terminal medical care / 看取りの医療
tertiary care / 専門的ケア
thanatology / 死生学
the best interest / 最大の利益
the child's good / 子どもにとっての善
the conservative / 保守的な立場の人々
the court of law / 法による裁きの場
the end justifies the means / 結果が手段を正当化する
the horror of continued pseudo-life / 擬似的な生命を維持される恐怖
the infant's best interests / 子どもの最善の利益
the integrity of a practice / 誠実な実践
the latey committee / 成人年齢委員会
the least detrimental choice / 最も害の少ない選択肢
the permanent vegetative state / 永久的植物状態
the person-affecting view / 人格影響説
the principke of the double effect / 二重結果の原則
the right to a natural death / 自然な死の権利
the right to privacy / プライバシーの権利
the spiritual best interests / 霊的な最善の利益
the strict sense / 厳格な意味
the usual and ordinary person / ありふれた普通の人々
the value of life / 生命の価値
therapeutic research / 治療研究
too little treatment / やらなすぎの医療
unbearable / 耐えがたい
understanding / 理解力
unreasonable / 理にあわない
utilarianism / 功利主義
utility / 功利性
value / 価値
valuing lives / 人生の評価
vegetative / 植物的
veil of ignorance / 無関心の帳(とばり)
venevolent deception / 善意の欺瞞
viability / 生育能力
virtually futile / 事実上無益
virtue / 徳
vitalism / 生命至上主義
voluntarism / 主意主義
voluntary / 自由意志
ward of court / 非後見人
wedge argument / くさび理論
welfare rights / 福祉権
withdrawing / 停止・中止
withholding / 差し控え
withholding treatment / 治療を差し控える
wrongful birth / 不当な出産
wrongful conception / 不当な受胎
wrongful life / 不当な生存
wrongful pregnancy / 不当な妊娠
zygote / 接合子
Retinopathy of prematurity / 未熟児網膜症


「アフター・メタヒストリー:ヘイドン・ホワイト教授のポストモダニズム講義」
「物語と歴史研究会 」作成。参考文献から抜粋したもの。
●「物語」
narrative / 物語
narrative form / 物語の形式
narrativity / 物語性
narrativize / 物語化
narrate / 物語る
narration / 語り
nonnarrative / 非物語的
antinarrative / 反物語的
●(歴史)叙述に関わる用語
fact, factual / 事実ー事実に基づく、事実に関する 
truth / 真実
story / ストーリー
event / できごと、事件
discourse / 言説、言述
emplot / プロットを与える、プロット化する
(historical) emplotment / (歴史の)プロット化
muthos / ミュトス(「神話:や「語り話」とも訳されることもある)
poetics / 詩学
“poetics of knowledge” / 知の詩学
Formalist / 形式論的
antinarrative, antimimetic, antiliteralism / 反物語的、反模倣的、反直写主義的
literal / 直写的
figurative / 比喩的
farce / 笑劇(茶番劇) *訳文では「ファルス」とルビがふってあります
tragic / 悲劇的
epic / 叙事詩的
comic / 喜劇的
pastoral / 牧歌的
farcical / 笑劇的
aesthetic / 美的な、美学の、審美的な
genre / ジャンル(歴史、小説、コミックなどの書きもののジャンル)
realism / リアリズム
“realistic” narratives / 「現実的な」語り、「リアリズム的な」語り
real / 現実の、リアルな
historism / 歴史主義
the Hitorical School / 歴史学派
historical discourse / 歴史的言説
historiography / 歴史記述、歴史叙述
historical consciousness / 歴史意識
universal history / 世界史
Critical history / 批判としての歴史
meta.... eg. metahistory, metalanguage / メタ・・・(メタヒストリー、メタ言語など)
paradigm / パラダイム
superhistorical, unhistorical / 超歴史的、非歴史的
empiricismーempirical / 経験主義ー経験的な
positivismーpositivist / 実証主義ー実証主義的な
symbolist / 象徴主義
Idealism / 観念論、観念主義
RomanceーRomanticismーthe Romantic / ロマン主義者ーロマン主義ーロマンス
Hegelianism, Darwinism / ヘーゲル主義、ダーウィニズム
●研究報告に関わる用語
the people / 民衆
subject of history / 歴史の主体
place of speech / 発語の場所
illumination / 啓蒙
the Third Reich / (ドイツ)第三帝国
remembering, forgetting, oblivion / 「想起」 / 「忘却」 / 「忘失」
●人物、書籍名
Jacques Ranciere / ジャック・ランシエール
Walter Benjamin / ヴァルター・ベンヤミン
Lucien Febvre / リュシアン・フェーブル
Jules Michelet / ジュール・ミシュレ
Alfred Cobban / アルフレッド・コバン
Francois Furet / フランソワ・フュレ
Pierre Chaunu / ピエール・ショーニュ
Victor Cousin / ヴィクトル・クーザン
Guizot / ギゾー
Fueerbach / フォイエルバッハ
D.F.Strauss / D.F.シュトラウス
Quinet / キネ
Mickiewicz / ミキエーヴィチ
Heine / ハイネ
Ibsen / イプセン
Gide / ジッド
Mann / マン
Valery / ヴァレリー
Proust / プルースト
Joyce / ジョイス
D.H.Lawrence / D.H.ロレンス
Wilhelm von Humboldt / ヴィルヘルム・フォン・フンボルト
Droysen / ドロイセン
Leopold von Ranke / レオポルド・フォン・ランケ
Alexis de Tocqueville / アレクシス・ド・トクヴィル
Emile Durkheim / エミール・デュルケム
Max Weber / マックス・ウェーバー
Jacob Burckhardt / ヤーコブ・ブルクハルト
Grote / グローテ
Droysen / ドロイゼン
Mommsen / モムゼン
Fustel de Coulanges / フステル・ド・クーランジュ
Maitland / メイトランド
Stubbs / スタッブズ
Sybel / ジーベル
Treitschke / トライチュケ
Thierry / ティエリー
Comte / コント
Spencer / スペンサー
Buckle / バックル
Gobineau / ゴビノー
Engels / エンゲルス
Taine / テーヌ
Carlyle / カーライル
Constant / コンスタン
Novalis / ノヴァーリス
Herder / ヘルダー
G.B.Niebuhr / G.B.ニーバー
Vico / ヴィーコ
Rousseau / ルソー
Gilbert / ジルベール
Cagliostro / カリオストロ
Mesmer / メスメル
Hume / ヒューム
Kant / カント
Goethe / ゲーテ
Saul Freidlander / ソール・フリードランダー
"The Genealogy of Morals" (1887) / 『道徳の系譜学』(ニーチェ)
"Use and Abuse of History" (1874) / 「歴史の善用と悪用」(ニーチェ)
"The Birth of Tragedy" / 『悲劇の誕生』(ニーチェ)
"Essay in Self-criticism" / 「自己批判の試み」(ニーチェ)
Lo*with *→o+ウムラウト / ラーヴィス(人名)
The Joyful Wisdom / 『悦ばしき知識』(ニーチェ)
Thus Spoke Zarathutra / 『ツァラトゥストラかく語りき』(ニーチェ)
The Birth of Tragedy out of the Spirit of Music / 『音楽の精神からの悲劇の誕生』(ニーチェ)
Hegel's "Philosophy of History" / ヘーゲルの『歴史哲学』
Shopenhauer / ショーペンハウアー
Socrates. Euripides / ソクラテス, エウリピデス
Plato / プラトン
"Thus Spoke Zarathustra" / 『ツァラトゥストラかく語りき』(ニーチェ)
"Beyond Good and Evil" / 『善悪の彼岸』
Sartre's "Nausea" / サルトルの『嘔吐』
Grillparzer / グリルパルツァ(人名)
Eduard von Hartmann / エドゥアルト・フォン・ハルトマン

■院生の英語論文指導時に調べたもの
作業療法 / occupational therapy《医》
作業療法士 / occupational therapist〔【略】OT〕
世界作業療法士連盟【組織】 / World Federation of Occupational Therapists〔【略】WFOT〕
米国作業療法学会【組織】 / American Occupational Therapy Association〔【略】AOTA◆URLhttp://www.aota.org/〕
精神科作業療法協会【組織】 / Psychiatric Occupational Therapy Association〔【略】POTA◆URLhttp://www.ne.jp/asahi/pota/1999/〕
理学療法士及び作業療法士法 / Physical Therapists and Occupational Therapists Act
『理学療法と作業療法』 / "Physical Therapy and Occupational Therapy" (作)
認知症高齢者 / elderly with dementia
リハビリテーション / rehabilitation〔【注意】この単語だけでは、日本語の「リハビリ」(社会復帰するための訓練)の意味はない。〕

家庭奉仕員制度 / the home helper system
ホームヘルプ制度 / the Home-Help System
社会福祉 / social welfare
老人の生活問題 / the livelihood issues of the old/elder people
老人の生活問題 / the problem on elderly in their living
国家システム / a National System
公的な介護福祉 / the public care service
介護福祉の機能的な側面 / care giving function
被保護老人世帯,独居老人等 / the elders who lived solitary and used the public assistance
社会問題 / the social issues
経済的保障 / income (収入) security
地方自治体 / local government
(国からの)補助金 / government subsidy
国家政策 / national policy
在宅介護福祉労働 / home care welfare labor
実施要綱 / implementation guideline
民生委員 / case worker, local welfare officer

代理母 / surrogate mother
代理母制度, 代理母として子を産む慣行 / surrogacy
代理懐胎 / surrogate conception (妊娠, 受胎)
生殖医療技術 / reproductive (medicine) technology
適格性 / 適格な suitability, qualified; competent; eligible capable,
里親 / foster parent
日本学術会議 / Science Council of Japan (本)
生殖補助医療 / assisted reproduction technologies
母子保健 / maternal and child health
離婚裁判 / divorce court
親権者 / person with parental authority
資格要件 the necessary qualifications
欠格事由 / disqualification causes, reasons for disqualification

厚生労働省 / Ministry of Health, Labour and Welfare
日本精神保健福祉連盟 / Japanese Federation of Mental Health and Welfare convention
精神保健福祉全国大会 / National Convention for Mental Health and Welfare (作)

老人保健法 Health and Medical Service Act for the Aged, Health and Medical Services Law
老人保健制度 / health and medical service system for the elderly (作)
退職者医療制度 / Retiree Health Care System
後期高齢者医療制度 / medical care system for the latter-stage elderly
前期高齢者 / early-stage elderly people
国庫負担 / state contribution
財政調整 / financial adjustment
課税所得 / taxable income
現役並み所得者 / people whose income level is not lower than active workers ○

合理的配慮 / Reasonable accommodation (本)
障害者権利条約 / the Convention on the Rights of Persons with Disabilities (本)
リハビリテーション法 / Rehabilitation Act〈米〉
是正措置 / corrective action, remedial action
差別是正措置 / affirmative action〈米〉
適格障害者 / qualified individual with a disability
能力主義 / merit system〈米〉
連邦最高裁判所 / US Supreme Court《米》
米国障害者法、障害を持つアメリカ人法 / Americans with Disabilities Act
規定 / provide

2005年の介護保険法改正 / Long-Term Care Insurance Act Revision of 2005
予防重視型システム / Pro-Prevention System
寝たきり予防 / Prevention of Bedridden
介護予防 / Preventive Long-Term Care, Prevention of Long-Term Care

■表現に議論あった英訳用語
婚外子
<ロブさん>
私もよくわかりませんがネットで調べてみてillegitimateは微妙にPCではないみたいです(例えばhttp: //www.encarta.msn.co.uk/encyclopedia_781531163/Illegitimacy_%28in_society %29.html)。それでも最近の論文でもよく使われていますので完全に使ってはいけない単語ではないと思います。他の場合に「違法」や「正しくない」 等悪い意味で使われているので確かにちょっと嫌な感じがします。love childはすごくカジュアルなので使わない方がいいと思います。"Children born out of wedlock"は一番安全かもしれません。
<森岡さん>
BBCサイトは、以下の二つを使っています。
Births out of wedlock
children born outside marriage (正式?)
http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/4733330.stm
Eurostatという欧州統計では以下の表現がありました。
Proportion of live births outside marriage (婚外子率)
http://epp.eurostat.ec.europa.eu/cache/ITY_SDDS/FR/demo_fer_sm1.htm
<天田先生>
"children born out of wedlock"
http://www.journals.uchicago.edu/doi/abs/10.1086/250103
といったところではないでしょうか。
なお、『福祉社会事典』
の「婚外氏」(穂積京子氏執筆)
http://www.otemon.ac.jp/kenkyusha/yoshizumi_kyoko.htm
の訳は"children born outside marriage"となっています。


※以下は川口さん・堀田さんから情報提供された、以前の「翻訳→訳語」ページ掲載情報です。
◆自立支援法 Services and supports for persons with disabilities
◆難病居宅支援事業 Nanbyo home care support services ( home hearth care and medical equipment)
◆難病ホームヘルプ Nanbyo home care
◆介護保険 Long Term Care Insurance
◆訪問看護 visiting nurse
◆障害者手当て disability allowances

◆bulbar paralysis 球麻痺
◆endotracheal intubetion 気管内挿管
◆tracheostomy 気管切開
◆Tracheostomy Positive Pressure Ventilator 気管切開陽圧人工呼吸
◆Noninvasive Positive Pressure Ventilation (NPPV)非侵襲的陽圧人工呼吸
◆Nasal Intermittent Positive Pressure Ventilation(NIPPV)
◆Nasal bilevel Positive Pressure Ventilation (BiPAP)
◆HMV Home Mechanical Ventilation 在宅人工呼吸療法
◆Gastorostomy 胃ろう
◆Percutaneous Endoscopic Gastorostomy 経皮内視鏡的胃瘻造設術(PEG)
 *NPPVとNIPPVは実質的にはほとんど同じだが、非侵襲的のほうが、経鼻よりも範囲は広い

難病 nanbyo
筋萎縮性側索硬化症 Amyotrophic Lateral Sclerosis (ALS)
◆多発性硬化症 Multiple Sclerosis Foundation (MS)
◆筋ジストロフィー muscular dystrophy
脳性麻痺 Cerebral Palsy (CP)
ハンチントン病 Huntington Disease



◆健常者 辞書では:able-bodied person / a person in normal health)
盲ろう(者) deaf-blind individuals ?
◆資格のある障害者 qualified individual with disabiity
手話 sign language
障害学 Disability Studies
人工内耳 artificial cochlea
知的障害/知的障害者 intellectual disabilities / people with intellectula disabilities
早期発見 early detection
早期治療 early treatment / early intervention

■薬物関連

◆感情安定剤 mood stabilizer
◆降圧剤 antihypertensive
◆抗うつ薬 antidepressant (medication)
◆抗けいれん薬 anticonvulsant (medication)
◆抗精神病薬 antipsychotic (medication)
◆抗てんかん薬 anti-epileptic (medication)
◆抗不安薬 anxiolytic drugs
◆三環系抗うつ薬 tricyclic antidepressants
◆中枢刺激薬 stimulant
◆アミトリプチリン(抗うつ薬)Amitriptyline
◆アンフェタミン Amphetamine(s)
◆イミプラミン(三環系抗うつ薬)Imipramine
◆カルバマゼピン(感情安定剤)Carbamazepine
◆グアンファシン(降圧剤)Guanfacine
◆クロニジン(降圧剤)Clonidine
◆クロルプロマジン(抗精神病薬)Chlorpromazine
◆サルブタモール(喘息治療薬)Salbutamol
◆炭酸リチウム(感情安定剤)Lithium Carbonate
◆チオリダジン(抗精神病薬)Thioridazine
◆デキサアンフェタミン(中枢刺激薬)Dexamphetamine
◆デキサドリン(商品名)(中枢刺激薬)Dexadrine
◆デシプラミン(三環系抗うつ薬)Desipramine
◆バルプロ酸ナトリウム sodium Valproate
◆ハロペリドール(抗精神病薬)Haloperidol
◆フェノバルビタール(抗けいれん薬)Phenobarbitone
◆ブスピロン(抗うつ薬)Buspirone
◆フルオキセチン(←プロザック SSRI抗うつ薬)Fluoxetine
◆プロプラノロール(降圧剤)Propranolol
◆メチルフェニデート(中枢刺激薬)methylphenidate
◆リスペリドン(深刻な副作用が少ない新しい抗精神病薬)Risperidone
◆リタリン(商品名)Ritalin(→メチルフェニデート 中枢刺激薬)



◆中途障害者 *長瀬さんより

>前から自己紹介などで迷っていましたが、「私は中途失聴者です」というのは、
>I am acquired hearing disability. 
>あるいは
>I am a person with acquired hearing disability.
>なのでしょうか。

the disabled で人(障害者)を表すのは避けるようになっているので、
people who acquired disabilities または、acquired disabilities
として者、人を出さない手もあるのでは。

中途失聴の場合は、
I lost my hearing when I was ... years old.
I was deafened in my 20's. (例えば20代で)
と具体的に言った方が伝わりやすいのでは。

◆障害者 *長瀬さんより

> >the disabled で人(障害者)を表すのは避けるようになっているので、
>>
>> 自分のこと言うときは、別にかまわないですか?

について
英語圏の人が自分は障害者ですという時、使わないと思います。
英国の社会モデルだと disabled people/person,
米加の people first 型だと person/people with disabilities
が一般的でしょう。

■法律

優生保護法 (Eugenics Protction Law, Japan 1948)

■英語名称がわかった組織 →障害者団体

障害者の生活保障を要求する連絡会議(障害連)
 (Liaison Council for Guaranteed Livelihood of Disabled People)
全国自立生活センター協議会(JIL)
 (Japan Council on Independen Living Centers)
(社)日本てんかん協会(Japaneses Epilepsy Association)
 http://www5d.biglobe.ne.jp/~jea/index.htm
ユニークフェイス(Unique Faces)
 http://www.geocities.co.jp/Colosseum-Athene/3085/
◆(財)日本障害者リハビリテーション協会(The Japanese Society for Rehabilitation of Persons with Disabilities (JSRPD))
 http://www.jsrd.or.jp/

■NGO/NPO (in Japan)

* Akebonokai
http://www2.gol.com/users/watinter/akebonk.htm
* Association of Medical Doctors of Asia
http://www.amda.or.jp/index_e.html
* Center for Multicultural Information and Assistance
http://www.jca.ax.apc.org/cmia/english1.htm
* earth day 2000 Japan
http://www.earthday-j.org/english/
The Nippon Foundation (Japanese only)
http://www.nippon-foundation.or.jp/index.html
* Japan Down Syndrome Network
http://infofarm.cc.affrc.go.jp/~momotani/dowj1-e.html
* Japan International Volunteer Center (JVC)
http://wnsv.iuj.ac.jp/students/mitsu/homepage.html
* Medical Internet Resources in JAPAN
http://www.med.nihon-u.ac.jp/JMwww.html
* Japan National Assembly of DPI (Disables Peoples' International)
http://www.dpi-japan.org/english/english.htm
* The Nature Conservation Society of Japan (NACS-J)
http://www.nacsj.or.jp/introduction-e/1-profile.html
Nippon International Cooperation for Community Development (Japanese only)
http://www.zen.or.jp/~nicco/index.html
* Pacific-Asia Resource Center
http://www.jca.ax.apc.org/parc/
* peshawar
http://www.union.rpi.edu/~ansars/paksa_locker/pak_mosaic/peshawar.html
* Tokyo English Life Line (03)3968-4099
http://www.majic.co.jp/TELLnet/tellj_tellpage.html

* Action for Mangrove Reforestation (Japanese only)
http://www3.big.or.jp/~actmang/



◆◆2009/09/21 19:07
   [mlst-ars-vive 6399] 和英の件
◆◆2009/07/25 09:56
   [mlst-ars-vive 5279] 訂正・追加(Re: [mlst-ars-vive 5278] 法令用語和英辞書/英訳法令集
◆◆2009/07/25 09:52
   [mlst-ars-vive 5278] 法令用語和英辞書/英訳法令集
◆◆2009/07/23 14:20
   [mlst-ars-vive 5233] 訳語のこと
◆◆2008/10/29 12:58
   [mlst-ars-vive 1959] 御礼(→川口様)/訳語
◆◆2007/07/26 19:12
  [ml-prosemip 4975] 訳語集


UP:20070725 REV:...20090221/1030/1111/1124/1215/20100326/0506/0519/0602/1025