HOME > BOOK >

risk|リスク


Tweet


Insurance|保険
the veil of ignorance|無知のヴェイル
Genetic Testing|遺伝子検査/遺伝子診断

◆立岩 真也 1997/09/05 『私的所有論』,勁草書房,445+66p. ISBN-10: 4326601175 ISBN-13: 978-4326601172 6300 [amazon][kinokuniya] ※
◆立岩 真也 2013/05/20 『私的所有論 第2版』,生活書院・文庫版,973p. ISBN-10: 4865000062 ISBN-13: 978-4865000061 1800+ [amazon][kinokuniya] ※
Tateiwa, Shinya(立岩 真也) 2016 On Private Property, English Version, Kyoto Books

 "The power related to the qualities of individuals could be distributed without having a particular or privileged starting point. In particular, I want to consider issues concerning the calculation of "risk" in connection with life insurance and health insurance (see Chapter 7 Section 2). It may be possible to determine the probably of an individual becoming ill or dying based on knowledge of their DNA. Without treatment, outcomes will differ depending on the person. If this becomes the case, those with higher probabilities of illness or death may pay more for their insurance or be denied insurance entirely. These sorts of problems have already started to appear. They can be considered unavoidable given a system in which consumers choose their insurance individually based on whichever provider offers them the best rates. Therefore, if this state of affairs is not to be accepted, insurance contracts cannot be left up to consumers and insurance providers. To address this kind of issue is to question the structure of the "system" as a whole."


 「人の質に関わる力は、特権的な起点をもたずに分散したかたちでも作用するだろう。特に考えたいのは、生命保険や健康保険における「リスク」の計算に関わってくるような場合である(第7章2節)。遺伝情報を知ることによって病▽264 気になったり死亡する確率がわかる。操作しないことによって結果が変わる。とすれば、確率の高い者に対して、保険金の掛け金を高くする。あるいは保険への加入を断ることになる。こうした問題は既に現実に現われている。そしてこのことは、消費者が有利な商品を選ぼうとする以上、避けられないことのように思われる。一人一人は安く入れる保険を選ぼうとしているだけである。だから、このことの帰結を認めないなら、契約の自由に委ねることはできない。「制度」のあり方がこのような場面で問われることになるだろう。」


UP: REV:20160626
TOP HOME (http://www.arsvi.com)