HOME > 事項 >

愛 love/帰属 belonging/承認 recognition, Anerkennung


last update:20130226

Tweet
□目次

■新着
主要な承認論者
承認に関する文献(海外)
承認に関する文献(国内)
引用・言及・紹介



■新着

◆一橋大学・大学院社会学研究科 先端課題研究12「社会科学の承認論的転回」
 http://www.soc.hit-u.ac.jp/~politics/sentan-index.html

◆2013/02/26 特別シンポジウム「生と性をめぐる承認」
 http://www.soc.hit-u.ac.jp/~politics/sentan-information.html
 一橋大学・大学院社会学研究科 先端課題研究12「社会科学の承認論的転回」,於:一橋大学

>TOP

■主要な承認論者

◆Jessica Benjamin
Benjamin, Jessica 1988 The Bonds of Love Random House.
Benjamin, Jessica 1995 Like Subjects, Love Objects: Essays on Recognition and Sexual Difference Yale University Press.

Judith Butler
Butler, Judith 1993 Bodies that Matter: On the Discursive Limits of "Sex", Routledge.
Butler, Judith 1998 "Merely Cultural",New Left Review 227:33-44.=1999 大脇 美智子訳,「単に文化的な」,『批評空間 2期』23: 227-240.[→Nancy Fraser を批判したもの。これに対するFraserの応答も、New Left Review, 批評空間の同じ号に収録]
Butler, Judith 2004 Undoing Gender Routlegde.[→chapter 6 Longing for Recognitionにベンジャミン論]
Butler, Judith 2009 Frames of War: When is Life Grievable? Verso.

Nancy Fraser
Fraser, Nancy 1990 Unruly Practices: Power, Discourse and Gender in Contemporary Social Theory, University of Minnesota Press and Polity Press.
Fraser, Nancy 1997a Justice Interruptus: Critical Reflections on the "Postsocialist" Condition, Routledge <295>
Fraser, Nancy 1997b "A Rejoinder to Iris Young",New Left Review 228:126-129 <295>
Fraser, Nancy 2000 "Rethinking Recognition", New Left Review 3:107-120
Fraser, Nancy, 2001 "Recognition without Ethics?", Theory, Culture & Society, 18(2-3), Sage(→参加の平等の原理について)
Fraser, Nancy, 2002a Adding Insult to Injury: Social Justice and the Politics of Recognition, ed. Kevin Olson, Introduced by Richard Rorty, Verso.
Fraser, Nancy 2002b (エリ・ザレツキーとの共著)(仲正 昌樹 訳)『九・一一とアメリカの知識人』御茶の水書房
Fraser, Nancy and Axel Honneth 2003 Redistribution or Recognition?: A Political-Philosophical Exchange, London: Verso.
Fraser, Nancy 2003 "Rethinking Recognition: Overcoming Displacement and Reification in Cultural Politics", Barbara Hobson ed. Recognition Struggles and Social Movemens: Contested Identities, Agency and Power pp.21-32 Cambridge University Press.
Fraser, Nancy, 2008, Scales of Justice: Reimagining Political Space in a Globalizing World, Polity Press.

Frantz Fanon

Anthony Giddens

Jurgen Habermas
Habermas Jurgen 1988 Nachmentaphysisches Denken, Philosophische AufsatzeSuhrkamp.=1990 藤沢 賢一郎・忽那 敬三訳,『ポスト形而上学の思想』』 未来社.

Axel Honneth

Michael Ignatieff

Will Kymlicka

Amartya Sen

Charles Taylor

Iris Marion Young
Young, Iris Marion 2006 Global Challenges: War, Self-Determination and Responsibility for Justice Polity Press
Ferguson, Ann and Mechtild Nagel ed 2009 Dancing With Iris: The Philosophy of Iris Marion Young Oxford Univ Press.

立命館大学 アイリス・ヤング集中講義に関するデータ(2003)
Justice and the Politics of Differenceの部分訳

Michael Walzer



>TOP

■承認に関する文献(海外)

◇A
Alcoff, Linda Martin and Mendieta Eduardo ed. 2003 Identities: Race, Class, Gender, and Nationality, Blackwell Publishing.(アイデンティティに関する著作の合集)
Alcoff, Linda Martin 2006 Visible Identities: Race, Gender and the Self, Oxford University Press.
Alcoff, Linda Martin ed. 2006 Identity Politics Reconsidered, palgrave macmillan.
Anderson,Elizabeth 1999 "What is the Point of Equality?" Ethics 109(2): 287-337.

◇B
Brown, Wendy, 1995, States of injury : power and freedom in late modernity Princeton University Press.
Brown, Wendy, 2006, Regulating Aversion: Tolerance in the Age of Identity and EmpirePrinceton Univ Press.
Brubaker, Rogers 2004 Ethnicity without Groups,Harvard University Press

◇C
Crossley,Nick 1996 Intersubjectivity : the Fabric of Social Becoming,Sage Publications =2003 西原和久訳,『間主観性と公共性――社会生成の現場』新泉社

◇D
Danermark, Berth and Lotta Coniavitis Gellerstedt 2004 "Social Justice: redistribution and recognition---a non-reductionist perspective on disability" Disability and Society 19(4): 339-353.

◇E
A. Eisenberg & J. Spinner-Halev  eds  Minorities within Minorities: Equality,Rights and Diversity,Cambridge University Press.
Eyal, Nir 2005 "Perhaps the Most Important Primary Good: Self-Respect and Rawls's Principles of Justice," Politics, Philosophy and Economics 4(2):195-219

◇H
Honig, Bonnie 1994 "Difference Dilenmmas and the Politics of Home" Social Research vol. 61 no 3.=1998 岡野八代訳「差異・ディレンマ、ホームの政治」『思想』886: 223-257.

◇J
Jeanne S. Zaino  1998  "Self-Respect and Rawlsian Justice " The Journal of Politics  60(3).

◇K
Kelly Oliver, 2001, Witnessing : beyond recognition, University of Minnesota Press.

◇L
Lovell, Terry ed. 2007, (Mis)recognition, Social Inequality and Social Justice: Nancy Fraser and Pierre Bourdieu,Routledge.

◇M
McNay, Lois 2008 "The Trouble with Recognition: Subjectivity, Suffering, and Agency," Sociological Theory, 26(3): 271-296
McNay, Lois 2008 Against Recognition, Polity Press.

◇S
Seel,Maritin,2003,藤野寛訳「承認する認識――概念使用の規範的理論」『思想』985: 114-132.

◇T
Thompson, Simon 2005  "Is Redistribution a Form of Recognition? Comments on the Fraser-Honneth Debate," Critical Review of International Social and Political Philosophy  8(1): 85-102.
Thompson,Simon 2006 The Political Theory of Recognition: A Critical Introduction,Polity Press.

◇Y
Young,Jock 2007 The Vertigo of Late Modernity,Sage Publication=2008 木下ちがや・中村好孝・丸山真央訳,『後期近代の眩暈――排除から過剰包摂へ』,青土社
Young, Iris Marion

◇V
Villa, Dana, 2008, Public FreedomPrinceton University Press.

◇W
Wieviorka, Michel, 2004 La Violence=2007 田川 光照訳『暴力』新評論 Wieviorka, Michel,2001 La difference : identites culturelles: enjeux, debats et politiques=2009 宮島 喬,森 千香子訳 『差異―アイデンティティと文化の政治学』法政大学出版局.

◇Z
Zurn, Christopher F 2003 "Identity or Status? Struggles over 'Recognition' in Fraser, Honneth, and Taylor, Constellations, 10(4): 519-537.


>TOP

■承認に関する文献(国内)

◇A
安部 彰 2006 「社会的連帯論の現在/課題」 第79回日本社会学会大会報告.
安部 彰 2007 「社会的連帯・再考―他者の存在の〈保障〉と〈承認〉をめぐる/のための試論」『現代社会学理論研究』1: 70-83.
安部 彰・堀田 義太郎 編 20100226 『ケアと/の倫理』, 立命館大学生存学研究センター, 生存学研究センター報告11.
天田城介 2004『老い衰えゆく自己の/と自由――高齢者ケアの社会学的実践論・当事者論』,ハーベスト社,394頁,ISBN:4-938551-68-3.\3,990円.
天田 城介 20041231 「抗うことはいかにして可能か?――構築主義の困難の只中で」,『社会学評論』55-3(219):223-243

◇B
挽地 康彦 2002 「ウェルフェア・レイシズム批判のために――福祉公共圏における「承認」と「再分配」の力学」『現代思想』30(6): 182-197.

◇F
福島 智・星加 良司 2006 「〈存在の肯定〉を支える二つの〈基本ニーズ〉――障害の視点で考える現代社会の『不安』の構造」『思想』983: 117-134.
藤野 寛 1998 「帰属について」『倫理学研究』28: 123-129.
藤野 寛 2010 「自由と暴力、あるいは〈関係の暴力性〉をめぐって」加藤秀一編 『自由への問い 生――生存・生き方・生命』岩波書店.

◇G
郡司 ペギオ-幸夫 2004 『原生計算と存在論的観測――生命と時間、そして原生』, 東京大学出版会.(→特に「第3章 行為者または存在論的観測者」p51-117)

◇H
日暮雅夫 2008 『討議と承認の社会理論――ハーバーマスとホネット』勁草書房.

◇I
石井洋二郎 1993 『差異と欲望――ブルデュー「ディスタンクシオン」を読む』藤原書店.

◇K
加藤泰史 2009 「現代社会における『尊厳の毀損』としての貧困」『哲学』60: 9-31.
片山善博 2007 『差異と承認――共生理念の構築を目指して』創風社.
北田 暁大 2003 責任と正義――リベラリズムの居場所』,勁草書房,398+36p. ISBN:4326601604 4900 [boople]/[amazon] 
小泉義之 1998 「言葉の停止の問題――アウグスティヌス『告白』第十巻をめぐって」『批評空間』
草柳千早 2004 『「曖昧な生きづらさ」と社会――クレイム申し立ての社会学』世界思想社.
栗原彬 200101 「表象の政治――非決定の存在を救い出す」『思想』907: 5-17.

◇M
松本雅和 2007 『リベラルな多文化主義』,慶應義塾大学出版局.
ウィンチェスター・マーク 2010 「新アイヌ政策の夜明け――今日の〈アイヌ〉なる状況」『現代思想』.
三崎和志 2009 「正義・痛み・連帯――ハーバーマス、アドルノにおける《正義の他者》」『哲学』60: 263-277.

◇N
中山竜一 2009 「リスク社会における公共性」『社会/公共性の哲学』
新田啓子 2005 「遠いものを愛すること――親密圏とその外部」『現代思想』33(10): 92-106.
宮本太郎 2009 『生活保障――排除しない社会へ』岩波書店.

◇O
荻野達史 2006 「新たな社会問題群と社会運動――不登校 ひきこもり ニートをめぐる民間活動」『社会学評論』57(2): 311-329.
岡崎晴輝 2004 『与えあいのデモクラシー――ホネットからフロムへ』勁草書房.
岡本裕一郎 2009 『ヘーゲルと現代思想の臨界』
大谷いづみ 2008a 「安楽な死、尊厳ある死――の遥か手前で」『現代思想』36(2): 174-183.
大谷いづみ 2008b 「生きる権利・死ぬ権利――だけでなく」上野千鶴子他編『ケアという思想』 岩波書店 195-210.

◇R
立命館大学グローバルCOEプログラム「生存学」創成拠点 20081015 『多文化主義と社会的正義におけるアイデンティティと異なり――コンフリクト/アイデンティティ/異なり/解決?』,立命館大学生存学研究センター,生存学研究センター報告4,350p. ISSN: 1882-6539 ※

◇S
齋藤純一 20000519 『公共性』岩波書店.ISBN4-00-026429-X
齋藤純一・竹村和子 2001 「親密圏と公共圏の〈あいだ〉――孤独と正義をめぐって」『思想』925: 7-26.
齋藤純一編著 20030815 『親密圏のポリティクス』ナカニシヤ出版.ISBN4-88848-725-1
齋藤純一編著 20040330 『福祉国家/社会的連帯の理由』ミネルヴァ書房.ISBN4-623-03975-7
齋藤純一 2008 『政治と複数性』岩波書店.
齋藤純一 2009 「感情と規範的期待――もう一つの公私区分の脱構築」『社会/公共性の哲学』
杉田俊介 2008 『無能力批評――労働と生存のエチカ』大月書店.

◇T
立岩真也 1991「愛について――近代家族論・1」※『ソシオロゴス』15:35-52. 立岩真也 1992「近代家族の境界――合意は私達の知っている家族を導かない」※『社会学評論』42(2): 30-44.
立岩真也 1996「「愛の神話」について――フェミニズムの主張を移調する」『信州大学医療技術短期大学部紀要』21:115-126
立岩真也 1997 『私的所有論』勁草書房.
立岩真也 2004 『自由の平等――簡単で別な姿の世界』岩波書店.
武川 正吾 20071120 『連帯と承認――グローバル化と個人化のなかの福祉国家』 東京大学出版会 262p. ISBN-10:4130501690  ISBN-13: 978-4130501699 3990 [amazon] ※ r05.
竹村和子 2002 『愛について――アイデンティティと欲望の政治学』岩波書店.
田村哲樹 2009 『政治理論とフェミニズムの間――国家・社会・家族』昭和堂.

◇Y
山森亮 1998 「福祉国家の規範理論に向けて──再分配と承認」『大原社会問題研究所雑誌』473.


> TOP

■引用・言及・紹介

Michael Ignatieff

 「政治におけるユートピア的伝統は、諸々のニーズは相互に矛盾し合うものではないと主張するだけではなく、おそらく、社会的な集合財によって充足されえないような人間のニーズなどおよそ存在しないとも主張するだろう。本書の目的のひとつは、このことが原理上、真であるかどうかを探究することなのだ。たとえば愛情は、人間のあらゆるニーズのなかでも最もやみがたく執拗なニーズである。けれどもわたしたちは、誰かを強制して無理やりに自分を愛させることなどできはしない。要するに、わたしたちは愛情を人権として要求することなどできないのだ。」(Ignatieff[1984=1999:29])

Nancy Fraser
Fraser, Nancy 1990 Unruly Practices: Power, Discourse and Gender in Contemporary Social Theory, University of Minnesota Press and Polity Press.
Fraser, Nancy. 1993 "Recognition or Redistribution ? : A Critical Reading of Iris Young's Justice and the Politics of Difference," Jounal of Political Philosophy, Vol.3, no.2, pp.166-180. cf.Iris Young
1995 "From Redistribution to Recognition ? Dilemmas of Justice in a 'Postsocialist' Age", New Left Review 212 (July/August 1995):68-93
=200101 原田真美訳,「再分配から承認まで?――ポスト社会主義時代における公正のジレンマ」,『アソシエ』5:103-135(特集 グロ-バリゼーションとジェンダ-――承認・「公正」・資本主義,御茶の水書房)
 http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/db1990/9500fn.htm
Fraser, Nancy 1997a Justice Interruptus: Critical Reflections on the "Postsocialist" Condition, Routledge <295>
Fraser, Nancy 1997b "A Rejoinder to Iris Young",New Left Review 228:126-129 <295>
Fraser, Nancy 2000 "Rethinking Recognition", New Left Review 3:107-120
Fraser, Nancy, 2001 "Recognition without Ethics?", Theory, Culture & Society, 18(2-3), Sage(→参加の平等の原理について)
Fraser, Nancy, 2002a Adding Insult to Injury: Social Justice and the Politics of Recognition, ed. Kevin Olson, Introduced by Richard Rorty, Verso.
Fraser, Nancy 2002b (エリ・ザレツキーとの共著)(仲正 昌樹 訳)『九・一一とアメリカの知識人』御茶の水書房
Fraser, Nancy and Axel Honneth 2003 Redistribution or Recognition?: A Political-Philosophical Exchange, London: Verso.
Fraser, Nancy 2003 "Rethinking Recognition: Overcoming Displacement and Reification in Cultural Politics", Barbara Hobson ed. Recognition Struggles and Social Movemens: Contested Identities, Agency and Power pp.21-32 Cambridge University Press.
Fraser, Nancy, 2008, Scales of Justice: Reimagining Political Space in a Globalizing World, Polity Press.

 「承認に対する要求がしばしばどのような形態を取るかというと、まず、ある集団のものとされている特異性に注意を喚起する。たとえそうすることによってその特異性自体を創り出さないまでも。そしてその特異性の価値を肯定する。こうして、承認に対する要求は集団の分化を促す傾向にある。対照的に、再分配に対する要求は、しばしば集団の特異性を補強している経済上の取り決めの廃止を求める(一例としては労働におけるジェンダー区分の廃止を求めるフェミニストの主張があげられるだろう)。このように、再分配に対する要求は集団の脱分化を促す傾向にある。したがって二種類の主張は互いに緊張関係にある。両者は互いに干渉し合い、悪影響を与え合う可能性すらある。
 という訳で、ここにジレンマが生じる。今後このジレンマを、再分配と承認のジレンマと呼ぶことにしよう。」(Fraser[1995=2001:108])

 「ジェンダーの二価的特徴はジレンマの源である。[…]二つの救済策はそれぞれ反対の方向に引き合っている。この二つを同時に追求するのはそうたやすいことではない。再分配の論理がジェンダーそのものを廃止しようとするのに対し、承認の論理は、ジェンダーの特異性の価値を設定しようとするからだ(22)。そこでフェミニスト版の再分配と承認のジレンマが生じる。どうしたらフェミニストは、ジェンダー区分を廃止するために闘うのと同時に、ジェンダーの特異性を評価するためにも闘うことができるだろうか。」(Fraser[1995=2001:113])

 「ジェンダーと同様に、「人種」の二価的特徴はジレンマの源である。有色人種が少なくとも二つの分析的に異なる不公平を(p.114)被っている限り、少なくとも二つの分析的に異なる救済策が必要な筈であるが、この二つを同時に追求するのはたやすいことではない。再分配の論理が「人種」そのものを廃止しようとするのに対し、承認の論理は集団の特異性の価値を設定しようとするからだ(26)。そこで反人種差別主義者版の再分配と承認のジレンマが生じる。どうしたら反人種差別主義者は、「人種」を廃止するために闘うのと同時に、「人種」としての集団の特異性を評価するためにも闘うことができるだろうか。」(Fraser[1995=2001:114-115])

 「不公平に対する肯定的救済策とは、不公平を生じさせる基礎構造を乱すことな(p.115)く、社会的取り決めによる不公平な結果を修正することを意図した救済策のことである。対照的に、変容的救済策とは、不公平を生み出す基礎構造をまさしく再構築することによって、不公平な結果の修正を狙う救済策である。」(Fraser[1995=2001:115-116])

◆Young[1997]

 「フェミスニトや反人種主義の運動が自己敗北的なジレンマに陥ると彼女は示唆しているけれども、私にはこのジレンマは政治戦略の具体的な問題であるというより、彼女の抽象的な枠組による構築物であると思われる。……フレイザーによる再分配と承認の二項対立は、さらに、ニューレフトの理論活動からの後退をかたちづくる」(Young[1997:148],大川正彦による引用・訳,大川[1997-1998:18])

◆大川正彦[1997]

 「わたしは、フレイザーが指摘する政治的ジレンマとは、フレイザー自身による「抽象的な枠組みによる構築物」、さらに言えば、J・ロールズの主張をその代表とするような福祉国家擁護のリベラリズムと、それへの批判を企てるC・テイラー流の「承認の政治」との理論上の対立を、現実の複雑性のうちに無造作に投げ入れたことの結果ではないか、という疑念をヤングと共有している。こう言ってもいい。彼女のいうジレンマとは、「差異のジレンマ」[Minow 1990]というべきものである、と。「差異のジレンマ」とは、マイノリティが現状批判を企てるさいに追い込まれがちな「平等か、それとも差異か?」という二者択一(し(p.18)かもその「平等」は「同じ」であることを前提としたものであり、マイノリティによる平等の要求には、マイノリティ自身の側の「同じであること」の挙証責任が課されもする)をあらわしている。しかし、これはそもそも、そうしたマイノリティが生きている現実を構成している(とその都度受け入れられ再生産される)関係の凝縮物、磁場の効果にほかならないのではないか。」(大川[1997:18])

Axel Honneth[2000=2005:105-106]

 「社会的日常の中で道徳的不正であると感じられる出来事について次のように指摘することもできる。つまり、このような出来事が当事者たちにとって生じているのは、つねに、当然のことと見なされる承認が彼(女)らの期待に反して行われないときなのである。人間の主体がこうした状況において典型的に持つことになる道徳に関係する経験を、私は、〈社会的に存在を否認されているような感じ〉をいだく場面として捉えたい。」(Honneth[2000=2005:105-106](「〈存在を否認されること〉が持つ社会的な力」,『正義の他者』所収)

立岩真也

*以下しばらくの立岩の文章からの引用は、「承認の政治」とか「承認と再分配のパラドックス」といった議論において語られる「承認」の語られ方とは異なります。ただ、その違いのようなことも含めて考えてみるのもよいかもしれません(立岩)。

◇立岩 真也 2000 『弱くある自由へ』,青土社

・第1章「空虚な〜堅い〜緩い・自己決定」の最後の部分

 「もっと積極的には、その人が条件をつけずに肯定されること、少なくとも許容されること、ということになるだろうか。けれど、それがどのような意味で可能なのか、私にはよくわからない。少なくとも、肯定し続けることができるようには思えない。ただ、肯定されることへの欲望もまた一つの症状であると言えるかもしれない。否定が肯定への衝動を形作っているのだとすれば、ともかく肯定される時、肯定への衝動もまた終わっている。その意味で、肯定の過程とは、構築されるとともに解体されていくような過程であるのかもしれない。☆23」
 「☆23 芹沢[1994]に書かれていることについて考えてみたいと思う。〔本書第7章5節に述べることが関わる。〕」

芹沢 俊介  1994 『現代<子ども>暴力論 新版』,春秋社

・第7章5節「口を挟むこと、迎えること、他」の2「承認」

 「手段でよいものは手段でよいのだと言った。しかしこのことはそれだけがあればよいことを意味しない。求められるものはほかにもあって、しかもそれは受け取ることも与えることもそう簡単でなさそうなのだ。
 そのある部分が承認といった言葉で呼ばれるのだろうか。この言葉は、近ごろ「属性」や「帰属」に関わって使われることが多いかもしれない。様々な人にある様々な属性をどう捉えるか、帰属という事態をどう考えるか、またそれと存在との関わりをどう考えるかという重要な主題は別の機会に残す☆63。ただ、属性を承認してほしいという時にも、その属性を有している私を認めてほしい、あるいはそれが私にとって大切であるということを大切にしてほしいと言い換えられることはあるだろう。介助を要する私を認めてほしいという時にも、そう捉えることはできると思う。ここではまずこの水準、存在の承認という水準を考える。
 一方に、ただ単にこれからはそういうことが大切ですとか、「キュア」から「ケア」への時代なのですといったことを言う人がいる。もう一方、もう少し普通に考える人は、そのことの困難を考えてしまう。それはたしかに大切なものではあるのだろう。だが問題はその先にある。それは困難なことではないか。とくに福祉国家においては、政策の中では、それは困難ではないか。

 「政治におけるユートピア的伝統は、諸々のニーズは相互に矛盾し合うものではないと主張するだけではなく、おそらく、社会的な集合財によって充足されえないような人間のニーズなどおよそ存在しないとも主張するだろう。本書の目的のひとつは、このことが原理上、真であるかどうかを探究することなのだ。たとえば愛情は、人間のあらゆるニーズのなかでも最もやみがたく執拗なニーズである。けれどもわたしたちは、誰かを強制して無理やりに自分を愛させることなどできはしない。要するに、わたしたちは愛情を人権として要求することなどできないのだ。」(Ignatieff[1984=1999:29])

 誰だって考えつきそうなことではある。というより実は多くの人が日頃思っていることなのだと思う。しかしそんなことがなかなか論じられない☆64。それを「リア王」だとか(たしかに言われてみれば、あれはそういう物語ではある)を持ち出して真面目に、いくらかはおおぎょうに論じられると、少し驚く。
 このような問いを出した時には問いは既に行き詰まっているとも言える。少しまじめな人は不可能だと思う。誰もが確実に受け入れられることが可能だという答えはなんだか調子がよすぎるように思える。だが、ただ不可能であると言ってすますこともない。単純な悲観もまた少し安直であるように思う。
 たしかにいつも、基底的なところから、人を承認し、肯定すること、肯定し続けることなどできるようには思われない。だがまず、一方での承認が求められるその強度について。肯定とは、そうたくさん常に供給されていないとならないというものでもないのではないか。肯定されるとかされないとか考えたことのない人もいくらもいる。こう言うと、その人たちはすでに与えられた幸福な人たちだから気がつかないのだと返されるかもしれないのだが、だとしても、その肯定は気づかれないほどのものであったのだとは言えよう。
 そして否定がある時に肯定されることへの希求は強くなると考えることができる。その否定はその人の存在の絶対的な拒絶・否定であることもあるだろうし、また、なにかしらの尺度によって評価される時に現われるものであることもあるだろうし、また、そのような尺度によってしか評価されないこと自体によることもあるだろう。このような時に、無根拠に肯定されること、承認されることが望まれる。そしてともかく肯定された時には、肯定への衝動もまた終わっている。だから、肯定とは構築されるとともに解体されていく過程であるのかもしれず、常に供給されていなければならないというようなものではないらしい。
 そしてこのことは、存在を肯定することというより、何が存在を否定しているのかが重要であることを示している。肯定はいつも要請されているのではなく、否定されるその度合いに応じて求められるものなのだろう。だから肯定は否定を否定することであり、肯定は引き算の過程である☆65。
 次にもう一方の側、承認する側について。誰かを気にいることや他の誰かは気にいらないことはなくならないだろう。ただ、それと少し異なる位置にある肯定、具体的でありながら、しかし、好悪といったものとは異なる承認の位相もまたあるのだろうと思う。無規定な存在としての他者、属性をもたない他者、そんな幽霊のようなものが肯定されると言いたのではない。もちろん他者は常に、いつまでも具体的な存在であるのだが、しかし、私の側の恣意に関わらないような承認、そういうことがあるだろうと言うのである。他人はまずは好悪の対象であって、それが他人と生きていることのほとんどすべてであったりするのではあるが、しかしそうした好悪を含めた具体的な接触を通して、その人は私とは別の存在であることを知っており、そのことが肯定されるべきことであると思い、そして好悪は私の側にあるものであって、その人が私と別の存在であることはそれとはまた違うところにあると思い、その時にはその一人一人の、その時々の好悪を控えることがよいのだと思うことはある。好きではないあるいは憎悪したり軽蔑しているけれども認めてしまうといった位相、水準があるだろうということである。本当にそう思っているのか、わからないといえばわからないのだが、しかしどこかでそうであったらよいとは思ってはいて、そのように思うことの中に既に承認は訪れている。そのような、作為と非作為との間に現われるようなものとしてあるのだと思う。
 おそらく権利は、このように具体的・個別的でありながら、その具体性のうちに普遍性へと向かう契機を含んでいる。[…]
 恣意はなくならない。個別性もなくならない。しかしそれに近いがそれと同じではないものとしてここに述べた承認はある。普遍は予め与えられていないが、しかしその方向に行こうとする契機はある。例えば「距離」について。ある人との距離の近さは、その人の存在を感じる時の大きな要因ではあるだろう。しかし、近いところにいる人を知っている時に、すでに、遠くにいる人たちもまた一人一人いることを知っており、その一人一人に関係する一人一人がいることをまったく現実的に想起することは可能なのである。
 少なくとも基底的なものとしての承認は、このように普遍性に向かう。そしてそれは、その人の個々のあり方や行為の全部を認めるものではない。肯定や承認といった言葉がいかにもあやしいのはそこに無理があるからだ。例えばある種のカウンセリングはなにもかも受け入れるという。あるいは聴くことに徹するという。しかしすべてを肯定すること、受け入れることなどできないし、するべきでもない。むしろ抗弁したり、批判したり、軽蔑したりすればよいのだし、それを控えるのは礼を失しているのかもしれない。あらかじめその場が区画され他から隔離された特別な場があって、あらかじめの了解と規則があるから、その特別な関係が成立しうる。存在が傷んだ時に、肯定されることが求められ、その人にある様々なものをそのまま受け止めたりすることが求められたりしてしまう。そこでは肯定が、それだけ強い全面的なものとして求められることにもなる。そういう場があってならないと言うのではない。たしかに求められ需要があるからそれは存在している。ただ、そうした場は、存在の承認の失敗を繕うものとして必要とされるのではないか。そして、特別の場にあるから機能し、局所にあるから存在しうるものをそのまま社会の全域にもってくるなら、それは不当な拡張である。そこでは、かつて、例えば子どもの時にあったとされる(あるべきだったとされる)包容、肯定が祀り上げられることにもなる。「私」が探し求められたことがしばらく前の時代にあったとして、今度は私を承認してくれる「他者」が探し求められ、例えばその役を十分に果たさなかったと名指される親がその責を負うことになる。それは、有責者として名指される側に、自然に湧出するとされるものを、求め、意志させ、さらにその不自然さを感じさせるという事態をもたらすものでもある。繰り返すが、存在の承認が位置する位置が持ち上げられすぎていないかと考えてみる必要がある☆67。
 さて、今記したこと、それはそれとしても、求められているものは、こんな一般的なものではなくて、中身のないものではなくて、もっと具体的で個別的なもの、手ごたえのあるものだと言われるだろう。「たとえば愛情は」と語る先の引用もそのような場面を見ているだろう。それで次項で考える。ただここで述べたことにしても、まず個別の人の個別の生活においてはまったく具体的なこととして実現されるほかなく、その限りでは今述べたこともまったく抽象的なことではない。社会は存在を否定することがあるのだが、その否定とは、例えば、必要な量の介助を供給しないこと、善意や人間関係が絡む不安定で恣意的な関係の中におくこと、これら自体のことであり、存在を承認するとはまずそれらのことをしないことである。」

◇立岩 真也 2003/12/** 「書評:芹沢俊介『「新しい家族」のつくりかた』」
 『東京新聞』2003-12-

 「ただその反対側に「私は子どもを愛せない親だ」と自らを責める人がいる。追い込まれかえって子どもへの攻撃に向かう人がいる。その人には受け止めるのはそう難しいことでないと言いたいのだが、どう言えばよいだろう。否定しないことと別のこと、それ以上のものとしての肯定は必要か。母でなく<母>のであれともかく誰かの強い肯定がないとやっていけない現実が肯定を必要とさせていないか。」

◇立岩 真也 2004 『自由の平等』,岩波書店

 「[…]これは「承認の政治」(Taylor[1994=1998]等)、「差異の政治」(Young[1990]等)と呼ばれたりもする事態に関わり、フェミニストによっても多く論じられている。集団としての規定・同一性の肯定性が主張されるとともに、それが他の範疇の人々の排除やそこで規定される属性に回収されるものでない個人の抑圧につながりうることが問題にもされる。そしてそれに分配の問題が重ねられるという具合になっていて事態はなお複雑なのだが、しかしそれでも私は議論がおおまかすぎると感じる。例えばテイラーが持ち出すケベック州でのフランス語の問題についてどこまでのことが言えるのか、言語は他のものとどこが共通しておりどこが異なるのかを考えるといった仕事を一つずつ積んでいくことが必要だと思う。文献だけいくつかあげる。バトラーとその関連まで含めると膨大だから省く。それでも一部にすぎず、より詳しい情報はHP。Young[1989=1996][1990][1997]、Fraser[1993][1995][1997a][1997b][1998=2001]、Olson ed.[2002]。これらの論、論争に言及する文献に千葉[1995:130ff.]、山森[1998][2000a]、大川[1997-1998][1999:1-7]、Rorty[1999=2002:291-296]、金田[2000:155ff.]、向山[2001:129-143]、挽地[2001][2002]、竹村[2002:288ff.]、等々。またKelly[1998=2002:259-265]、Benhabib[1999=2000]、竹村[2000a]、等々。二〇〇四年にヤングが私の勤務する大学院で集中講義を行うこともあって、いくつかを大学院生と読んだ。何本かの論文の翻訳に論点の解説と考察を付して出版するとよいかもしれない。多文化主義、マイノリティ文化の権利についてはKymlicka[1995=1998]、Kymlicka ed.[1995]、工藤[2000]、西川[2002]、等々。また井上[2003a:171-211]では多文化主義とリベラリズムとの関係が検討されている。[…]」 (立岩[2004:294-295])

◇立岩『私的所有論』第8章から(pp.355-356)

 「例えば、贈与とは、自らによる相手の制御不可能性において初めて成立する行為である。反応は基本的に相手に委ねられている。しかもその他者の反応は、他者自身にとっても操作可能なものでないとされる。それがこの関係の条件になっている。それは最初から、他者による拒否の可能性を孕んでおり、そのことなしには成立しえないような行為である。この関係は、相手を、そして相手の私への関わりを私が制御しないことによって、初めて私の相手に対するあり方が成立しうるような関係である(もちろん私はいくらでもその者を制御したいのだが、それが可能になったとたんその関係の意味は失われる)。ゆえに、この場面で相手に拒絶されたとしても、その拒絶を拒絶することはことの本性上できない。この関係において、その相手のあり方、その相手のあり方の一部をなす相手における私への個別的なあり方を認めないということはありえないのである。
 ここでもAは、ゆえなく、Aの側になんらとがめられるべきことがないのに、Bに受け入れられない可能性がある。例えば理不尽にもAはBに愛されない。これはAにとって十分に不幸なことだ。これは世界に十分な量の不幸を生じさせる。そしてこれも差別だと言いうる。これは悪いことではないか。そう考えたってよい。ではそれは除去されなければならないのか。しかしこれはよい悪いの問題ではない。それが十分な、何によっても正当化されない(AがBに気にいられないことについてAは何の責任もない)不幸を生じさせる、だから悪い、だからそういうことを生じさせないようにしようと思い、そのような恣意的なAのあり方を禁じようとした瞬間に、BのAに対するあり方が消滅してしまうからである。他者がそのような存在であることを認めることは、自らの欲求・利害と離れて他者があることを承認することである。これは基本的な価値としたものである。ゆえに、このような関係の場面において(のみ)、Bに対するAの、Bの個別的なあり方に対する恣意が認められる、というより認めざるをえないことになる。
 だがここに、むしろこういう場所でこそ、排除は起こる。……」

◇2006/08/30『所有と国家のゆくえ』
 稲葉 振一郎・立岩 真也(対談) 日本放送出版協会,NHKブックス1064,ISBN:414091064X 1176 [boople][amazon] ※,

 「補足になりますけれども、最近の、間近の関係性から何かを立てていくとか、親密圏といったことを一生懸命言ってみるとか、あるいは承認っていうことをポジティヴに出していくっていう話はたいへんよくわかる部分がありながら、しかしそういったものと別にあるべきだろう、あることを欲しているという別の側面を見ていないんじゃないか、と思うところがある、というのが補足です*。

* 『自由の平等』の第三章三節1「普遍性・距離」でもそんなことを述べている。また『希望について』に収録された「信について争えることを信じる」に新たに付した註(二五四〜二五五頁)でも、関連する文献をいくつか挙げている。そこに挙げた文章の一つの見出しでもあるが、私たちは、「思いを超えてあるとよいという思いの実在」という位相を忘れたり、軽く見たりすべきでない。なにか具体的なものを共有したりしていることによって仲良くなれることは確かにあるだろう。しかし、そんなことが多々あることとまったく同時に、自分がどのような自分であれ、認められたらよいという感覚もまた、現に、具体的に、存在する。であるのに前者だけを強調するのは間違っている。私がこれまで、「他者」と「私」について述べてきたことは、基本的に、普遍性につながっていく。
 個別の特性や関係を越えてあろうとする思いは、自分がしかじかの特性を有することを認めてほしいとか、あるいは他人がしかじかであるがゆえに好きであったり嫌いであったりすることと同時に存在する。ただ、しばしば人生にとって大切であることは後者の契機であるから、前者において、抽象的・普遍的に私が認められたとしても、ふられた私は少しもうれしくない、なんのなぐさめにもならないというのはその通りである。だから世界から悲しみは決してなくならない。また、二つがあることを言ったとして、両者が並存・両立することを言えるとして、それは普遍的な権利が優先されることを意味しない。
 しかし、これらをみな認めた上でも、やはり依然として、どのようにであっても大丈夫な方がよい、とは言える。それは世の不幸を取り去ることはないが(それが取り去られるのなら、そのときには幸福の相当の部分もまた取り去られることになるだろう)、しかし、なくすことができ、なくすべきでもある不幸は減る。だから、どのようにあっても、という欲望の現実性、強さを知り、それを言うことは意味のないことではない。
 以上は、私の私についての欲望の側から言えることだった。このことを『自由の平等』の第三章二節1「私のために、から届く」で述べた。このことと、他者が自分の範囲にないことの袂とは、どのように同じなのか、あるいは違うのか。このことについては次の補記で。」

◇立岩 真也 2013/02/01 「制度と人間のこと・8――連載 86」,『現代思想』41-2(2013-2):8-17 cf.前の本

◇立岩 真也 2013/03/01 「制度と人間のこと・9――連載 87」
 『現代思想』41-(2013-3):- cf.前の本



・生存学での議論(八木要約)
雑誌『生存学』創刊号
「生存の臨界T」(立岩真也、大谷いづみ、天田城介+小泉義之、堀田義太郎)
立岩への質問を中心に行われる。水俣病の訴訟における内部分裂という事態を受けて。(以下、立岩の論旨)
「端的に言えば、一つに、加害に対して謝罪を求める、責任を認め謝罪を求めるという、そういうモチベーションというか願いと、一つに、加害の結果被害を受け、生活が成り立たず、医療が必要で、所得が必要で、そういった中で、補償を求める、賠償を求める。この二つは明らかに当人たちにおいて連続しているんだけれども、しかし裁判の戦いで、あるいは国家との関係で、その二つがときに相伴わないということがある。」pp10-11 「それはまさに、病であるという状態にあるということを認めるとか認めないとか、名づけるとか語るとかということを一体われわれはどこに、どのように位置づけるのかという、極めて基本的な問いに直結する問題である」 「被害者であるということで告発するんだけれども、しかしそこの中で、障害者が否定されるということにそれはなりはしないか、そういうことでいいんだろうか、では翻ってそういったものを肯定し、すなわち「加害者は実はいない」みたいな話になるかというと、それはそうではない。そういうところで、少なくともちょっとした矛盾というか、そういったものがあるような気もしないではない。」p11
→『良い死』第二章「自然な死」の註、『みすず』の連載、『不和に就て』の文章に続きがある。
→身体への危害、被害を、回復すること、それを承認を求めている、と言っていいのかどうか。最初の引用、権利や資源は欲しいけど、病人としてのアイデンティティをもちたくない、そこでの葛藤。
 →天田の応答。分配と承認がセットになってしまっている事態を問題視する。「被害を被害として、加害を加害として認めさせることができるような、生活と生存を可能にする徹底した分配のありようがあることの主張」ではないか。p13心理的なものには、本人の受け取り方によって変わってくる。それを飛ばして、承認や尊厳という言葉で一気に議論していくのはおかしい。

・上記以外で立岩が承認について言及しているものは以下。
 ・立岩 真也 1999「他者がいることについての本」『デジタル月刊百科』

◆天田 城介

「以前、私も『老い衰えゆくことの自己の/と自由』の第五章にて「差異の通約・抹消か差異の承認か」「経済的正義か文化的正義か」「再分配の政治かアイデンティティの政治か」という問いそれ自体がこの社会における問題構成において現れている「罠」のような「問い」ではないかと論じたことがあります。」p12
→それらのことを議論する前に、歴史的に起こったことを調べて書くようにする。

◆武川 正吾(2007)

 「承認は、ヘーゲル哲学に起源をもつが、20世紀末のアイデンティティをめぐる政治闘争における諸要求を概念化するものとして、多文化主義やフェミニズムにおける論争のなかで再発見された概念である。その意味では非常に新しい。しかしよく考えてみると、社会政策はジェンダーやエスニシティをめぐる問題が尖鋭化される以前から、クラスとの関係では承認の問題を扱ってきたのである。日本の労働基準法のなかで「人たるに値する生活」や「労働者と使用者の対等性」が強調されるのものそのためであろう。承認をめぐる近年の議論のなかで、両者は「再分配と承認のジレンマという形で対立的に把握されることが多い。再分配と承認がジレンマの関係にあるか否かということについて今ここでは問わない。しかし再分配と承認を同格のものとして並列的に論じることは適切ではないと私は考えている。というのは承認が社会政策を正当化する価値であるのに対して、再分配の方は連帯をはじめとする諸価値を実現するための手段に過ぎないからである。」

 「連帯と承認が現実に存在する福祉国家を支える価値であるとして、これらの2つはどちらの方がより本質的であろうか。承認や相互承認が確立されないと、おそらく人びとは連帯のしようがないから、論理的には承認の方が連帯に先立っていると思われる。」pA

◆松元 雅和 20071225 『リベラルな多文化主義』,慶応義塾大学出版会,209p. ISBN: 4766414519 ISBN-13: 978-4766414516 3360 [amazon][kinokuniya] ※ p l03 r05

 「リベラリズムと多文化主義を「再分配」と「承認」の区別で対比させることは論争の過度の単純化であり、また誤りであるとも思われる。……一般に文化保護政策は再分配のカテゴリーも承認のカテゴリーも含んだ重層的な政治的要求である」(松元[2007:36])

 「運の平等主義にたいする近年の批判が示しているとおり、リベラルが掲げる「平等な尊重」の原理は、「公正」の達成ではなくむしろ「自尊心」の確保を必要課題としている」(松元[2007:154])

◆野崎 泰伸 20090203 「「最低限のニーズ」は存在するか――とくに〈承認〉に焦点化して」,研究会 於:大阪府立大学

田島明子

200407- 「「障害受容」に関するファイル」
http://www5.ocn.ne.jp/~tjmkk/syougaizyuyou.htm
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/g/ta01.htm
cf.障害についての言説

大谷いづみ

「respect――それは、神々しく重々しいあまりに、時にうわすべりにさえ感じられる「尊厳」なる言葉よりも、より直截でより平易でありながら、人がその存在を条件付きでなく承認されるにあたって核心となる言葉ではないか――と、私には思われる。」(大谷 2008a: 180)

「「自然」や「天命」という言説が延命批判に基づく治療中断やその政策化と結合するとき、キャラハンが批判するような個別的で自律的な「死ぬ権利」の実行による死のコントロールどころか、それが集団的で他律的な死のコントロールと表裏の関係になりうることには、なお敏感であってよいであろう。しかし、だからこそ、その錯綜のなかにさえ、人を死に誘うことによる自他の承認ではなく、ただ生きて在ることを自他に承認する、すなわち、条件つきではない、存在そのものをrespectする思想と実践を紡ぎ出していくことへの希望を見いだしうると、私には思える。」(大谷 2008b: 208)


>TOP

■関連項目

正義
  ◆ケア
  ◆構築/構築主義
  ◆多文化主義/多言語主義
  ◆共同体主義 communitarianism
  ◆選別主義・普遍主義


REV:...20031220,29 20041202 20071229 20080403 20090429 20100805(八木慎一), 20130108, 0226
TOP HOME (http://www.arsvi.com)