HOME > Index >

胃ろう(胃瘻)


Tweet


■新着

◆神経難病団体ネットワーク→厚生労働大臣 20151203 「医療保健制度改革関連法及び平成28年度診療報酬改定に関する要望」 [PDF]

 「2.胃瘻増設術の減額要件から筋萎縮性側索硬化症(ALS)等の難病は除外してください。
 平成26年度の診療報酬改定において、胃瘻造設術50件以上の施設は頭頚部の悪性腫瘍患者を除外して経口摂取回復率が35%以上でなければ更に20%減額とする扱いになりました。[…]」



http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%83%83%E7%98%BB

◆(NPO)PEGドクターズネットワーク
http://www.peg.or.jp/eiyou/peg/about.html

◆オリンパスPEG(胃ろう)情報サイト
 http://www.pegnet.jp/

◆早川 幸子 20130704 「尊厳死、自然死ブームの裏側にあるもの――胃ろうは本当にムダな医療なのか?」
 DIAMOND online http://diamond.jp/articles/-/38385

◆川嶋 朗 20120325 『医師が教える幸福な死に方』,角川SSC新書,182p. ISBN-10: 4047315737 ISBN-13: 978-4047315730 760+ [amazon][kinokuniya] ※ d01.

■報道

◆2013/12/11 「「胃ろう」抑制実現に診療報酬増」
 NHKニュース 12月11日 15時0分
 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131211/k10013746531000.html

 「中医協=中央社会保険医療協議会の総会が開かれ、患者の生活の質を損なわない観点から、胃に穴を開けチューブで栄養や水分を送る、「胃ろう」の取り外しに積極的に取り組んでいる医療機関には、診療報酬を引き上げる方向で検討していくことになりました。
 「胃ろう」は、口から食べることができなくなった患者の胃に穴を開け、チューブで栄養や水分を送るもので、必要性を指摘する意見の一方、患者や家族の納得が得られない場合は導入を控えるべきだという意見も出ています。
 11日開かれた中医協=中央社会保険医療協議会の総会では、医療機関に支払われる診療報酬の来年度=平成26年度の改定に向けて、「胃ろう」の取り扱いを巡って意見が交わされました。
 そして総会では、患者の生活の質を損なわない観点から、不必要な「胃ろう」の導入を控える取り組みを医療機関に促していくことで一致しました。具体的には、「胃ろう」に対する診療報酬の支払いにあたって、口から食べることができないかどうかを事前に十分検証することを要件とする案を検討する一方、「胃ろう」の取り外しに積極的に取り組んでいる医療機関には診療報酬を引き上げる方向で検討していくことになりました。」

◆2013/12/11 「胃ろう患者回復に診療報酬を加算 積極的なリハビリ促す」
 西日本新聞 2013年12月11日(最終更新 2013年12月11日 18時34分)
 http://www.nishinippon.co.jp/nnp/science/article/57590

 「厚生労働省は11日、腹部に開けた穴から管で胃に栄養を送り込む「胃ろう」の処置を受けた患者にリハビリを施し、口からの食事ができるまで回復させた医療機関に対し、診療報酬を上乗せする方針を示した。2014年度の診療報酬改定に盛り込む。中央社会保険医療協議会(厚労相の諮問機関)に提示した。
 厚労省は積極的なリハビリを促し、食べ物や水分を飲み込む機能を取り戻した患者をできるだけ増やし、患者の生活の質を向上させたい考えだ。」

◆「胃ろうの6割、回復見込みないまま装着 漫然とした実態」
 http://www.asahi.com/national/update/0912/TKY201309120238.htm
 朝日新聞DIGITAL 2013年9月16日9時10分

 「【辻外記子】口から食べられなくなったお年寄りらの胃に直接栄養を送る胃ろう。本来、回復する見込みのある人への一時的な栄養補給手段だが、実際には約6割で回復の可能性がない人につけられていることが、医療経済研究機構の調査でわかった。
 厚生労働省の補助金を受けて、昨年12月〜今年1月、全国約800の病院、約1360の介護施設から回答を得て分析した。胃ろうにした1467人の患者情報が集まった。約2千人の家族
 →会員登録のご案内:記事全文をご覧いただくには、朝日新聞デジタルへのログインが必要です。会員の方は下記のボタンからログインページへお進みください。会員登録がまだお済みでない方は、登録申し込みページにてお手続きください。」


UP:20131212 REV:20131214, 20140625, 20151204
安楽死・尊厳死 
TOP HOME (http://www.arsvi.com)