HOME >

哲学/政治哲学(political philosophy)/倫理学


last update: 20130923

■目次
関連項目
関連人物
関連ホームページ
個人ホームページ
研究会等
Marx(ism)
倫理学
『実践哲学研究』17号・18号
情報倫理
文献
文献表と引用(安部彰)




■関連項目

  ◆生命倫理学
  ◆共同体主義
  ◆リバータリアン libertarian/リバタリアニズム libertarianism
  ◆臨床哲学

  ◆現代倫理学研究会

公共哲学ネットワーク 2001〜
 http://homepage2.nifty.com/public-philosophy/network.htm
◆2001-02-27(金)〜28(土)
 「情報倫理の構築」第2回国際ワークショップ
 (於・リーガロイヤルホテル広島)
 http://www.fine.lett.hiroshima-u.ac.jp/fine2001/indexj.html
◆20001006(金)
 13th FINE-ChibaForum「情報倫理の展開に向けて(仮題)」(於・千葉大学)
 http://www.fine.chiba-u.ac.jp/forum/13th/


>TOP



■関連人物

稲葉 振一郎
井上 達夫
大庭 健
加藤 尚武
川本 隆史
蔵田 伸雄
小泉 義之
清水 哲郎
竹内 章郎
土屋 貴志
永井 均
◆石川県西田幾多郎記念哲学館
 http://www.town.unoke.ishikawa.jp/nishida-museum/
◆長谷川 晃
 19870920 「法と道徳の間」 森際・桂木編[1987:227-289]  ※
 19910220 『権利・価値・共同体』 弘文堂,法哲学叢書2,231+4p. 3800 ※
 http://www.juris.hokudai.ac.jp/~hasegawa/works.htm
廣松 渉
森岡 正博
森村 進(法哲学)
八幡 英幸(哲学・倫理学,熊本大学)
 http://www.educ.kumamoto-u.ac.jp/~shakai/ethics/yahata.html
鷲田 清一

外国在住?の人(故人含む)

Andrews, Lori B.[ロリー・アンドリュース]
Annas, George J.[ジョージ・アナス]
Brody, Howard
Capron, Alexander M.[アレクサンダー・ケイプロン]
Cavell, Stanley[スタンリー・カヴェル(カベル)]
Deleuze, Gilles[ジル・ドゥルーズ]
Derrida, Jacques[ジャック・デリダ]
◆「デリダの部屋」(未來社)
 http://www.miraisha.co.jp/derrida/
Dworkin, Andrea[アンドレア・ドゥオーキン]
Dworkin, Ronald[ロナルド・ドゥオーキン]
Engelhardt Jr., H. Tristram
Fletcher, Joseph[ジョゼフ・フレッチャー]
Foucault, Michel[ミシェル・フーコー]
Glover, Jonathan[ジョナサン・グラバー]
Habermas, Jurgen[ユルゲン・ハーバーマス]
Harris, John[ジョン・ハリス]
Hayek, F. A.[ハイエク]
Hegel, Friedrich[フリードリッヒ・ヘーゲル]
Kant, Immanuel[イマニュエル・カント]
Levinas, Emmanuel[エマニュエル・レヴィナス]
Locke, John[ジョン・ロック]
Mill, John Stewart[J.S.ミル]
Nietzsche, Friedlich[フリードリッヒ・ニーチェ]
Nozick, Robert[ロバート・ノージック]
Pogge, Thomas W.[トマス・ポッゲ]
Rachels, James[ジェイムス・レイチェルズ]
Rawls, John[ジョン・ロールズ]
Sen, Amartya K.[アマルティア・セン]
Singer, Peter[ピーター・シンガー]
Walzer, Michael[マイケル・ウォルツァー]



>TOP

■関連ホームページ

◆哲学関係テキストリンク(ミラー)
 http://www.socio.kyoto-u.ac.jp/~ethics/mirror/t/
 (世界中のテキスト資源を網羅)
◆アリアドネ・サーチインデックス 人文社会科学の各分野の資源を分類。
 http://www.NetLaputa.or.jp/~ariadne/search.html
◆哲・倫・宗(ミラー)
 http://www.socio.kyoto-u.ac.jp/~ethics/mirror/p/index.html
 (哲学・倫理学・宗教学の国内資源を分類)
◆哲学/倫理学/宗教学関係国内リンク集 (筑波大学哲学・思想研究科、永崎研宣さん)
 http://www.asahi-net.or.jp/~IS8K-NGSK/
 http://www.asahi-net.or.jp/~IS8K-ngsk/#modoru
 (国内の学会や研究機関、オンライン雑誌などにアクセスできます)
◆哲学関係テキストリンク
 http://www2.isnet.or.jp/isn00140/index.html
 (早稲田大学大学院文学研究科哲学専攻の涌井史明さんによる、哲学関係の電子テキストのリンク集。アルファベット順に分類。)
◆国内人文系研究機関WWWホームページリスト
 http://www.sal.tohoku.ac.jp/~gothit/zinbun.html
 (東北大学文学部言語学研究室、後藤斉さん)

◆東北大学文学部哲学・倫理学合同研究室
 http://www.sal.tohoku.ac.jp/phil/index-j.html
 (教官紹介、哲学関係リンクほか)
◆京都大学倫理学研究室
 http://www.socio.kyoto-u.ac.jp/~ethics/
 (非公式のページ。教官・学生紹介、授業紹介、オンライン雑誌『実践哲学研究』、哲学・倫理学関連リンク、など)

◆公開データベース(滋賀大学教育学部倫理学・哲学研究室・安彦一恵)
 http://www.sue.shiga-u.ac.jp/WWW/prof/abiko/data.html
 (現代倫理学関連書籍のデーターベース)
◆フーコーサイト(中山元さん)
 http://www.yk.rim.or.jp/~genna/foucault.html
 cf.Foucault, Michel

◆滋賀大学環境教育センター
 http://www.sue.shiga-u.ac.jp/WWW/kosyo/kosyo.html
 (環境教育, 琵琶湖問題, 公開講座)
◆京都大学文学部科学哲学・科学史研究室
 http://www.bun.kyoto-u.ac.jp/~phisci/index.html
 (科学哲学Newsletter。研究室案内等)
◆鳴門教育大学環境のページ 環境教育の実践例。関係リンク。
 http://www.naruto-u.ac.jp/kankyou/kankyou.html
◆広島大学文学部倫理学研究室 雑誌『倫理学研究』
 http://www.ipc.hiroshima-u.ac.jp/~ethica/


>TOP



■個人ホームページ

◆安彦一恵さん(滋賀大学教育学部)
 http://www.sue.shiga-u.ac.jp/WWW/prof/abiko/abiko.html
 (ネット上での学術誌『DIALOGICA』ページ等)
◆内井惣七さん(科学哲学科学史,京都大学文学研究科)
 http://www.bun.kyoto-u.ac.jp/~suchii/SUhome.html
 (シジウィック、ヘア、進化論、確率論…)
◆清水哲郎さん(哲学,東北大学文学部)
 http://www.sal.tohoku.ac.jp/~shimizu/index-j.html
 (生命倫理(QOLの基礎理論, 安楽死問題,…)
◆林泰成さん(上越教育大学)
 http://home.interlink.or.jp/~yasunari/moral.html
 (道徳教育, ディベート, 宗教教育)
◆山口和宏さん(近畿大学教職教育部)
 http://ha3.seikyou.ne.jp/home/Kazuhiro.Yamaguchi/
 (授業内容と自己紹介。学生のレポート)


>TOP



■研究会等

◆関西倫理学会
 http://www.bun.kyoto-u.ac.jp/~ethics/kanrin/index.html
 (規約、発表者募集要項、お知らせ等)
◆カント研究会
 http://www.asahi-net.or.jp/~js8t-stu/kant-hpj.html
 (研究会情報および会員情報)
◆ヘーゲル研究会
 http://www.bun.kyoto-u.ac.jp/~ethics/hegel/
 (研究会情報。雑誌『ヘーゲル哲学研究』)
◆Kant und der deutsche Idealismus(ドイツ観念論)
 http://analogon.com/philo/
◆Polylogos
 http://www.nakayama.org/polylogos/
 (フーコー、レビナス、アーレント…)
◆Spinoza: the first modern pantheist.
 http://members.aol.com/Heraklit1/spinoza.htm
◆Spinoza: Introduction
 http://www.dircon.co.uk/meta4/spinoza/index.html
◆Sigmund Freud and the Freud Archives(フロイト)
 http://plaza.interport.net/nypsan/freudarc.html
◆jacques lacan/lacan dot com(ラカン)
 http://www.lacan.com/
◆哲学情報センター
 http://www.sal.tohoku.ac.jp/phil/PHILOSOPHY/index-j.html
 (東北大学文学部哲学倫理学研究室がサポートする哲学関係のリンク集)
◆Philosophcal WWW in Japan
 http://www.vacia.is.tohoku.ac.jp/mirror/ngsk/
 (宗教学・哲学リンク集)
◆哲学・思想・文学関連のデーターベース
 http://www.kochi-u.ac.jp/~ozawa/Phil-data.html
◆Yahoo! - Arts:Humanities:Philosophy
 http://dir.yahoo.com/Arts/Humanities/Philosophy
◆Yahoo! Social Science:Political Science:Political Theory
http://dir.yahoo.com/Social_Science/Political_Science/Political_Theory/
 (Yahoo USの政治哲学ディレクトリ)
◆Yahoo! Geisteswissenschaften:Philosophie
 http://dir.yahoo.com/Arts/Humanities/Philosophy/Ethics/
 (Yahoo USの倫理学ディレクトリ)
◆Blackwell Publishers - Philosophy Resource Center
 http://www.blackwellpublishers.co.uk/philos/
◆Academic Society HomeVillage NACSIS提供の学会リスト。
 http://wwwsoc.nacsis.ac.jp/index.html#s
◆河合塾作成の学問分野別研究者インフォメーション  http://www.kawai-juku.ac.jp/prof's_office_Index.html
 (分野別、大学別のリストを提供)
◆参加組織・雑誌・記事リスト
 http://www.nacsis.ac.jp/sokuho/menu.html
 (文部省学術情報センターが提供している学術雑誌目次一覧)
◆The Internet Encyclopedia of Philosophy(オンラインの哲学百科事典)
 http://www.utm.edu/research/iep/
◆Philosophie und Logik
 http://www.chemnitz-online.de/wiedemann/phillex/
◆THE PHILOSOPHICAL LEXICON(ダニエル・ダネット編纂『哲学辞典』オンライン版)
 http://www.blackwellpublishers.co.uk/lexicon/


>TOP



■Marx(ism)

◆Ultimate Marxism Link
 http://www.hongo.ecc.u-tokyo.ac.jp/~ee77030/marxism.html
◆ACTUEL MARX(フランスのマルクス主義雑誌)
 http://www.u-paris10.fr/ActuelMarx/index.html
◆アナリティカル・マルクシズム研究会
 http://www.toyama-u.ac.jp/~matsui/am/am.html
 (事務局:富山大学経済学部の松井暁さん→立命館大学?)
◆imprints(分析派マルクス主義系の雑誌)
 http://info.bris.ac.uk/~plcdib/imprints.html
◆Rethinking Marxism: A Journal of Economics, Culture, and Society
 http://www.nd.edu/~remarx/RM/rm.html
◆New Left Review(最近号の目次と要旨が読める)
 http://www.versobooks.com/nlr/nlr.html
◆CU Poli Sci--Jon Elster
 http://www.columbia.edu/cu/polisci/faculty/c0665320.html
◆The Jon Elster Page
 http://home.sol.no/~hmelberg/elster.htm
◆Resources on Antonio Gramsci
 http://www.soc.qc.edu/gramsci/index.html
◆Marx and Engels' Writings
 http://english-www.hss.cmu.edu/marx/

◆哲学関係テキストリンク(Philosophical E-Text Link)
 http://www2.isnet.or.jp/isn00140/
◆Hegel by HyperText Home Page
 http://werple.net.au/~andy/index.htm


>TOP



■倫理学

◆ETHICS ON THE WORLD WIDE WEB
 http://commfaculty.fullerton.edu/lester/ethics/ethics_list.html
◆Applied Ethics Resources on WWW
 http://www.ethics.ubc.ca/resources/
◆Ethics 雑誌“Ethics”
 http://www.journals.uchicago.edu/Ethics/

生命倫理/生命倫理学
環境倫理/環境思想
倫理規約(Code of Ethics)
ケア倫理/ケアの倫理学

>TOP



■『実践哲学研究』17号(1994)

◆「研究報告:医療の倫理学」  http://www.ethics.bun.kyoto-u.ac.jp/jk17/medicine.html
◆「パターナリズムとインフォームド・コンセント」
 http://www.ethics.bun.kyoto-u.ac.jp/jk17/okuno.html
◆「脳死臨調答申から「臓器移植法案」へ」
 http://www.ethics.bun.kyoto-u.ac.jp/jk17/iseda.html
◆「安楽死問題」
 http://www.ethics.bun.kyoto-u.ac.jp/jk17/eguchi.html
◆土屋 貴志 1994 「医療資源の配分の倫理」
 http://www.ethics.bun.kyoto-u.ac.jp/jk17/tuchiya.txt
 『実践哲学研究』17

 『実践哲学研究』18号(1995)

◆蔵田伸雄 1995 「定言命法と規則功利主義」
 『実践哲学研究』18
 http://www.ethics.bun.kyoto-u.ac.jp/jk/jk18/kurata.html
◆奥野満里子 パーフィットの人格および人格同一性の議論について
 『実践哲学研究』18
 http://www.ethics.bun.kyoto-u.ac.jp/jk18/okuno.html

◆「研究報告:共同体主義とはなにか」
 http://www.ethics.bun.kyoto-u.ac.jp/jk18/comm.html
 「ここにお届けするのは、今日幅広く自由主義を再検討する気運の中で、英米圏を中心にその批判の旗印ともなった「共同体主義 Communitarianism」についての、紹介を兼ねた研究報告です。共同体主義の代表的な論者と目される人々は、以下の各稿に見ていただける通り 自由主義に対する広範かつラジカル な批判を提起し続けてきています。その批判は、狭い意味での政治哲学を越えて、人間や社会の在り方についての根本的な再検討を促しています。日本にいる私 たちも、自由主義と共同体主義の間に交わされた活発な論争から多くを学ぶことができるでしょう。
 この研究報告は、京都大学倫理学科の大学院生を中心に足掛け2年ほど続けてきた研究会を土台にしています。まだまだ基礎文献の収集と読解という段階で研 究不足の感は否めませんが、日本では紹介と議論がまだ不十分であることを考えて、ここにとりあえずの成果を発表することにしました。
 したがってまず以下の報告では共同体主義の基本的な主張を紹介することが主たる目的となります。原稿の作成に当たっては、テーマをいくつかに絞ってそれ ぞれについて担当者を決め、各担当者はそのテーマに関する基本文献に当たって議論の分析・整理を行い、最後に相互の読み合わせにより原稿に修正を加える、 という過程を取りました。
 今後の議論の活性化に、この報告がいくばくかでも貢献できれば幸いです。」
◆白水士郎・伊勢田哲治 1995 「総論:共同体主義とリベラリズムの論争」
 『実践哲学研究』18
 http://www.ethics.bun.kyoto-u.ac.jp/jk18/souron.html
◆板井孝一郎 1995 「アトミズム」
 『実践哲学研究』18
 http://www.ethics.bun.kyoto-u.ac.jp/jk18/atomism.html
◆江口聡 1995 「徳と共同体」
 『実践哲学研究』18
 http://www.ethics.bun.kyoto-u.ac.jp/jk18/virtue.html
◆蔵田伸雄 1995 「正と善」
 『実践哲学研究』18
 http://www.ethics.bun.kyoto-u.ac.jp/jk/jk18/right.html
◆馬嶋裕 1995 「フェミニズム」
 『実践哲学研究』18
 http://www.ethics.bun.kyoto-u.ac.jp/jk18/feminism.html
◆奥野満里子 1995 「共同体主義と医療倫理」
 『実践哲学研究』18
 http://www.ethics.bun.kyoto-u.ac.jp/jk18/medicine.html


>TOP



■情報倫理

◆20001006(金)
 13th FINE-ChibaForum「情報倫理の展開に向けて(仮題)」(於・千葉大学)
 http://www.fine.chiba-u.ac.jp/forum/13th/


>TOP



■文献

Saussure, Ferdinand de. Constantin, d'Emile 1910, 3 eme Cours de Linguistique Generale.=20070327 影浦 峡・田中 久美子 訳 『ソシュール 一般言語学講義 コンスタンタンのノート』, 東京大学出版会, 210p. ISBN-10: 413080250X ISBN-13: 978-4130802505 \3150 [amazon][kinokuniya]
Levinas, Emmanuel 1961 Totalite et Infini: Essai sur l'exteriorite, The Hague: Martinus Nijhoff, 284p. =198903 合田 正人 訳 『全体性と無限――外部性についての試論』(ポリロゴス叢書),国文社,544p. ISBN-10: 4772001018 ISBN-13: 978-4772001014 5040 [amazon] ※ 0e/1
◆Merleau-Ppnty, Maurice 1964 Eloge de la Philosophie L'oeil et L'esprit,Gallimard,
=19661130 木田 元・滝浦 静雄 訳 『眼と精神』 みすず書房,360pISBN-10:4622019329  \4800 [amazon][kinokuniya]
◆Canguilhem, Georges 1965 La Connaissance de la vie,J.Vrin.=20020410 杉山 吉宏訳,『生命の認識』法政大学出版局,284+40p ISBN-10:4588007351  \3570 [amazon][kinokuniya] ※
Sontag, Susan 1966 in AgainstInterpretation and Otheri Essays,New York: Farrar, Straus & Giroux=199603 高橋 康也・由良 君美・河村 錠一郎・出淵 博・海老根 宏・喜志 哲雄 訳 『反解釈』,ちくま学芸文庫,501p. ISBN-10: 4480082522ISBN-13: 978-4480082527 1575 [amazon]
◆Searle, John R. 1969 Speech Acts: An Essay in the Philosophy of Language, Cambridge University Press=19860420 坂本 百大・土屋 俊訳,『言語行為――言語哲学への試論』,勁草書房, 397p. 4620 ISBN-10: 4326198753 ISBN-13: 978-4326198757 [amazon] p.,
Foucault,Michel 1969 L'Archeologie du Savoir,Editions Gallimard.
=1970 中村 雄二郎 訳 『知の考古学』,河出書房新社,401p. ASIN: B000J9BR22→19810210 中村 雄二郎 訳 『知の考古学』,改訳新版,現代思想選10,河出書房新社,367p. ISBN-10:4309707106 ISBN-13:978-4309707105  \3567 [amazon][kinokuniya]→19950825 中村 雄二郎 訳 『知の考古学』,改訳新版,河出・現代の名著,河出書房新社,372p. ISBN-10:4309706118 ISBN-13:978-4309706115  \3675 [amazon][kinokuniya]→20060221 中村 雄二郎 訳 『知の考古学』,新装版,河出書房新社,372p. ISBN-10:430924369X ISBN-13:978-4309243696  \3675 [amazon][kinokuniya] (ファイル移動)
◆Austin, J.L. 1970 Philosophical Papers, 2nd ed., Oxford Univ. Press =19911125 坂本 百大監訳(J.O.アームソン、G.J.ウォーノック編),『オースティン哲学論文集』,勁草書房, 474p. 4095 ISBN-10: 4326198850 ISBN-13: 978-4326198856 [amazon] p.,
Levinas, Emmanuel 1974 Autrement quetre ou au-dela de l/essence, The Hage: Martinus Nijihoff.=199007 合田 正人 訳  『存在するとは別の仕方であるいは存在することの彼方へ』,朝日出版社,480p. ISBN-10: 4255900310 ISBN-13: 978-4255900315 [amazon] ※ 0e/1
Levinas, Emmanuel 1974 Autrement quetre ou au-dela de l/essence, The Hage: Martinus Nijihoff.=199907 合田 正人 訳 『存在の彼方へ』,講談社学術文庫,477p. ISBN-10: 4061593838 ISBN-13: 978-4061593831 1470 [amazon] ※ 0e/1
◆Brody, Baruch A. 1988 Moral Theory and Moral Judgements in Medical Ethics, Kluwer Academic Publishers B.V.
=19970401 長島 隆・尾崎 恭一・北沢 恒人・日暮 雅夫・黒須 三恵 訳,『生命倫理と道徳理論――医療倫理における道徳理論と道徳判断』,梓出版社,278p. ISBN-10: 487262002X ISBN-13: 978-4872620023 \3045 [amazon] ※ b be p
◆Mackie, J.L. 1977 Ethics- Inventing Right and Wrong, Penguin Books=19901007 加藤 尚武監訳, 高知 健太郎・三嶋 輝夫・古賀 祥二郎・森村 進・桑田 禮彰訳,『倫理学』, 哲書房, 399p. 3450 ISBN-10: 4879507717 ISBN-13: 978-4879507716 [amazon] p.,
Sontag, Susan 1977 Onphotography=197901 近藤 耕人 訳 『写真論』,晶文社,221p. ISBN-10: 4794958668ISBN-13: 978-4794958662 1680[amazon]
◆Goodman, Nelson 1978 Ways of Worldmaking, Hassocks: The Harvester Press.=19871030 菅野 盾樹・中村 雅之 訳 『世界制作の方法』,みすず書房, 283. 4900  ISBN-10: 4622006235 ISBN-13: 978-4622006237 [amazon]→20080210 菅野 盾樹 訳 『世界制作の方法』,ちくま学芸文庫, 296p+9. 1300  ISBN-10: 4480091254 ISBN-13: 978-4480091253 [amazon][kinokuniya] n08 (『世界制作の方法』[19871030 みすず書房]の改訂版)
Agamen,Giorgio 〔ジョルジョ・アガンベン〕 1978Infanzia e storia Giulio Einaudi editore=20070126 上村 忠男 訳,1『幼児期と歴史――経験の破壊と歴史の起源』 岩波書店,262p ISBN-10:400025457X ISBN-13:9784000254571 \3360 [amazon][kinokuniya] ※ lc01
◆丸山 圭三郎 19810715 『ソシュールの思想』,岩波書店,384p. ISBN:4000012207ISBN-13: 978-4000012201 4200 [amazon][kinokuniya]
◆MacIntyre, Alasdair 1984 After Virtue: A Study in Moral Theory, University of Notre Dame Press, 2nd ed.=19930806 篠崎 榮訳,『美徳なき時代』, みすず書房, 400p. 8370 ISBN-10: 4622037920 ISBN-13: 978-4622037927 [amazon] p01.,
◆Williams, Bernard. 1985 Ethics and the Limits of Philosophy, Harvard University Press=19930831 森脇 康友・下川 潔訳,『生き方について哲学は何が言えるか』, 産業図書, 402p. 6000 ISBN-10: 4782800835 ISBN-13: 978-4782800836 [amazon] p01.,
井上 達夫 19860630 『共生の作法――会話としての正義』,創文社 284p ISBN-10: 4423730332 3800 [amazon] ※ p.,
◆市村 弘正 19870200=19960615 『増補「名づけ」の精神史』,平凡社ライブラリー,185p. ISBN-10: 4582761526 ISBN-13: 978-4582761528 854+税 [amazon]
Young, Iris Marion  1990 Justice and the politics of difference,Princeton University Press,286p. ISBN-10: 0691078327 $39,50 [amazon][kinokuniya] ※
◆鈴木 二郎・中村 元・藤田 真一 19900820 『脳とこころをさぐる』,朝日新聞社,220p. ISBN-10: 4022595086 ISBN-13: 978-4022595089 \1050 [amazon][kinokuniya] ※ (新規)
Levinas, Emmanuel 1991 Entre nous : essais sur le penser-・l'autr,B. Grasset,268p.=19931220 合田 正人・谷口 博史 訳  『われわれのあいだで――「他者に向けて思考すること」をめぐる試論』(叢書・ウニベルシタス),法政大学出版局,365p. ISBN-10: 4588004158 ISBN-13: 978-4588004155 4200 [amazon] ※ 0e/1
◆Shumaker, Millard. Sharing Without Reckoning. Canadian Corpolation for Studies in Religion, 1992.=20010430 加藤 尚武・松川 俊夫訳,『愛と正義の構造――倫理の人間学的基礎』, 晃洋書房, 230p. ISBN-10:4771012393
◆八戸ノ里クリニック 19910225 『精神医療を考える――現場からの報告』,NGS,350p. ISBN-10: 4915112357 ISBN-13: 978-4915112355 3150 [amazon] ※ b p ms
粉川 哲夫  19921030 『批評の機械T――政治の挑発』,未来社,281p. ISBN-10:4624011112 ISBN-13:978-4624011116 \2,500 [amazon][kinokuniya] ※
◆加藤 尚武 19930320 『倫理学の基礎』,放送大学教育振興会,155p.ISBN:4595111916  ISBN-13:978-4595111914 [amazon] ※ p.,
◆Smith, Michael 1994 The Moral Problem, Oxford: Blackwell=20061026 樫 憲章監訳, 林 芳紀・江口 聡・成田 和信・伊勢田 哲治訳,『道徳の中心問題』, ナカニシヤ出版, 330p.ISBN-10: 477950077X
◆Flusser, Vilém. Vom Subjekt zum Projekt, Bollmann Verlag, 1994=19960215 村上 淳一訳 『サブジェクトからプロジェクトへ』,東京大学出版局,224p. \2940 ISBN-10: 4130100769 ISBN-13: 978-4130100762 [amazon][kinokuniya] 
Levinas, Emmanuel 1995 Alterite et Transcendance, Montpellier: Fata Morgana, 183p. =200105 合田 正人・松丸 和弘 訳  『他性と超越』(叢書・ウニベルシタス),法政大学出版局, 194p. ISBN-10: 4588007114 ISBN-13: 978-4588007118 2415 [amazon] ※ 0e/1
◆Christine M. Korsgaard, with G. A. Cohen, Raymond Guess, Thomas Nagel,Bernard Williams, edited by Onora O'Neill 1996 The Sources of Normativity, Cambridge University Press =20050323 寺田 俊郎・三谷 尚澄・後藤 正英・竹山 重光訳,『義務とアイデンティティの倫理学――規範性の源泉』, 岩波書店,404p. ISBN-10: 4000225391
◆Jonas, Hans. Das Prinzip Verantwortung: Versuch einer Ethik fürdie technologische Zivilisation, Insel Verlag Frankfurt am Main, 1979.
=20000531 加藤 尚武監訳, 山本 達・盛永 審一郎・鈴木 崇夫・藤野 寛・三富 明・古田 裕清・森本 浩一訳, 『責任という原理‐科学技術文明のための倫理学の試み』, 東信堂, ISBN 4887133545
Cornell, Drucilla 1998 At the Heart of Freedom: Feminism, Sex, and Equality, Princeton UP
=20010322 石岡 良治・久保田 淳・郷原 佳以・南野 佳代・佐藤朋子・澤 敬子・仲正 昌樹 共訳,『自由のハートで』,情況出版,本体3200円,ISBN4915252523
 ※ *
ISBN-10:4812293081 [amazon][kinokuniya] ※ **
◆木村 周市朗 20000331 『ドイツ福祉国家思想史』,未来社,505 + xxix p. ISBN-10: 4624321626 ISBN-13: 978-4624321628 [amazon] ※
Cornell, Drucilla 20000926 Just Cause: Freedom, Identity, and Rights, Rowman & Littlefield Pub, 224p. =20020720 仲正 昌樹 監訳,『正義の根源』,御茶ノ水書房,328p. ISBN-10: 4275019318 ISBN-13: 9784275019318 \3200 [amazon][kinokuniya] ※ p
森村 進 20010220 『自由はどこまで可能か――リバタリアニズム入門』,講談社,216p,ISBN-10: 4061495429 ISBN-13: 978-4061495425, 660 [amazon] 0e/l02
◆奥雅博 20010510『ウィトゲンシュタインと奥雅博の三十五年』,勁草書房 , 219p, \2940 ISBN-10: 4326153539 ISBN-13: 978-4326153534 [amazon][kinokuniya] ※p
◆Jameson, Fredric 2002 A Singular Modernity, Essay on the Ontology of the Present, Verso.=20051130 久我 和巳・齋藤 悦子・滝沢 正彦 訳『近代という不思議――現在の存在論についての試論』,こぶし書房, 284+6p. 3800 ISBN-10: 4875592019 ISBN-13: 978-4875592013 [amazon][kinokuniya] b
伊藤 恭彦 20021220 『多元的世界の政治哲学──ジョン・ロールズと政治哲学の現代的復権』,有斐閣,300p.ISBN-10:4641076634 ISBN13:978-4641076631 \4960 [amazon][kinokuniya]※ p
エティエンヌ・バリバール〔Balibar,Etienne〕 2003 L’Europe,L'Amerique,La guerra: Reflexions sur la mediation europeenne,Edition la Decouverte=20061215 大中 一彌 訳,『ヨーロッパ、アメリカ、戦争』,平凡社,320p ISBN-10:4582702600  \2800 [amazon][kinokuniya] ※ (新規)
◆石塚 正英・柴田 隆行 監修 20030120 『哲学・思想翻訳語辞典』 論創社 菊判 / 333p. ISBN:4-8460-0300-0  \9,500
◆半澤 孝麿 200310 『ヨーロッパ思想史における〈政治〉の位相』,岩波書店,382+xip. ISBN-10: 4000023977 ISBN-13: 978-4000023979 \7200 [amazon][kinokuniya] ※ p
◆Baird, Davis 2004 Thing Knowledge: A Philosophy of Scientific Instruments, University of California Press =20050825 松浦 俊輔 訳,『物のかたちをした知識 実験機器の哲学』,青土社,400p. ISBN-10: 4791762061 ISBN-13: 978-4791762064 2940 [amazon] ※ b p ss
◆Sampedro,Ramon 2004 Cartas desde el infierno,Editorial Planeta
=20050423 轟 志津香・宮崎 真紀・中川 紀子 訳 『海を飛ぶ夢』,アーティストハウス,207p. ISBN-10:4902088738 ISBN-13:978-4902088731 \1238 [amazon][kinokuniya] ※
Sontag, Susan 20040330 木幡 和枝 訳 『良心の領界』(The Territory ofConscience),NTT出版,293p. ISBN-10: 475714069X ISBN-13:978-4757140691 2310 [amazon]
◆香山 リカ 20040810  『〈私〉の愛国心』,筑摩書房,216p. ISBN: 4480061851 ISBN-13: 9784480061850 735 [amazon] ※  d/l03 d/p
Rawls, John 2000 Lectures on the History of Moral Philosophy, Harvard University Press.
= 20050223 / 20050325 坂部 恵監訳 『ロールズ哲学史講義』, みすず書房, 318+319p.  ISBN-10: 4622071118(上); 4622071126(下)  4830円(上); 4620円(下)  [amazon](上); [amazon](下)
ジョルジョ アガンベン著・上村 忠男・堤 康徳 訳 20050930 『涜神』,月曜社,139p. ISBN-10:4901477196 ISBN-13:9784901477192 \1800 [amazon][kinokuniya] ※ p
Kymlicka, Will 2002 Contemporary Political Philosophy: An Introduction, 2nd ed., Oxford University Press.
= 20051110 千葉 眞・岡崎 晴輝訳 『新版 現代政治理論』, 日本経済評論社, 715p.  ISBN-10: 4818817708 ISBN-13: 978-4818817708 \4725 [amazon]
◆Putnam, Hilary. Ethics Without Ontology, Harvard University Press, 2004=20070410 関口 浩喜・渡辺 大地・岩沢 宏和・入江 さつき訳, 『存在論抜きの倫理』, 法政大学出版局, ISBN-10 458800865X ISBN-13 978-458800865 ISBN-10: 4326153539 ISBN-13: 978-4326153534 [amazon][kinokuniya] p
◆池上 善彦 編 20040915 『現代思想9月臨時増刊 ブックガイド60』,青土社,254p. ISBN-10:4791711262 ISBN-13:9784791711260 \1300 [amazon][kinokuniya] ※
◆浅野 俊哉 20060310 『スピノザ――共同性のポリティクス』,洛北出版,302p. ISBN-10: 4903127036 ISBN-13: 978-4903127033 2600+税[amazon]
◆井上 達夫 編 20061220 『公共性の法哲学』,ナカニシヤ出版,396p. ASIN: 4779501148 3675 [amazon][boople] ※ p
◆Hallward, Peter 2006 Out of the World: Deleuze and the Philosophy of Creation=20100303 松本 潤一郎 『ドゥルーズと創造の哲学――この世界を抜け出て』,青土社,429p. ISBN-10:4791765354 ISBN-13:978-4791765355 \3570 [amazon][kinokuniya] ※ p nf01 fm05 dg01
渡辺 幹雄 20070525 『ロールズ正義論とその周辺――コミュニタリアニズム、共和主義、ポストモダニズム』,春秋社,312p. ISBN-10: 4393621816 4200 [amazon]
村上 陽一郎 編 20070905 『近代化と寛容』,風行社,170p. ISBN-10: 4862580068 ISBN-13: 978-4862580061 2100 [amazon] ※
大屋 雄裕 20070910 『自由とは何か――監視社会と「個人」の消滅』,筑摩書房(ちくま新書),214p. ISBN-10:4480063803 ISBN-13:9784480063809 \735 [amazon][kinokuniya] ※ nr03
永井 均 20071106 『なぜ意識は実在しないのか (双書 哲学塾)』,岩波書店,157p. ISBN-10: 4000281577 ISBN-13: 978-4000281577 \1470  [amazon][kinokuniya] ※ p
◆高橋 昌一郎 20071130 『哲学ディベート――〈倫理〉を〈論理〉する』,日本放送出版協会,302p. ISBN-10: 4140910976 ISBN-13: 978-4140910979 1218 [amazon] ※
◆山内 友三郎・浅井 篤 編 20080229 『シンガーの実践倫理を読み解く――地球時代の生き方』,昭和堂,246p. ISBN: 4812207738 ISBN-13: 978-4812207734 2415 [amazon][kinokuniya] ※ p.ee.et.g03.
稲葉 振一郎 20080318 『「公共性」論』,NTT出版,404p. ISBN:4757141807 ISBN-13:9784757141803 \2940 [amazon] ※
◆鈴木 邦男 20080321 『失敗の愛国心』,理論社,230p. ISBN: 465207834X ISBN-13: 9784652078341 1260 [amazon] ※ d/p
◆Rawls, John; ed. by Freeman, Samuel 200703 Lectures on the History of Political Philosophy, Harvard University Press, 476p. ISBN-10: 0674024923 ISBN-13: 978-0674024922 US$ 35.00 [amazon]
◆Fleurbaey, Marc; Salles, Maurice; Weymark, John A. [eds.] 20080415 『Justice, Political Liberalism, and Utilitarianism: Themes from Harsanyi and Rawls』,Cambridge University Press,448p.  ISBN-10:0521640938 ISBN-13: 978-0521640930 8894 [amazon]
Cavell, Stanley, 1992, The Senses of Walden, University of Chicago Press.
=20080525 斉藤 直子訳『センス・オブ・ウォールデン』,法政大学出版局,  244p.ISBN-10: 4588008331ISBN-13: 978-4588008337 \2800 [amazon]/[kinokuniya]
◆中山 康雄 20081020 『科学哲学入門――知の形而上学』,勁草書房,278p. ISBN-10: 4326153989 ISBN-13: 978-4326153985 \3000 [amazon][kinokuniya] ※ p
金森 修 編  20081110 『エピステモロジーの現在』,慶応義塾大学出版会,500p. ISBN-10:4766415523 \5600 [amazon][kinokuniya] ※
◆瀬名 秀明 20081212 『瀬名秀明ロボット学論集』,勁草書房,528p. ISBN-10:4326101857 ISBN-13: 978-4326101856 3150 [amazon] ※ b p
森岡 正博 20090220 『33個めの石――傷ついた現代のための哲学』,春秋社,200p. ISBN-10: 4393332911 ISBN-13: 978-4393332917 1575 [amazon][kinokuniya][JUNKUDO] ※
Pogge, Thomas W. 2008 World Poverty and Human Rights: Cosmopolitan Responsibilities and Reforms, second expanded edition, Cambridge, Polity Press.=2010,立岩 真也 監訳/安部 彰・池田 浩章・石田 知恵・岩間 優希・齊藤 拓・原 佑介・的場 和子・村上 慎司 訳,『なぜ遠くの貧しい人への義務があるのか――世界的貧困と人権』,生活書院
Nietzsche, Friedlich(白取 春彦 編訳) 20100115 『超訳 ニーチェの言葉』,ディスカヴァー・トゥエンティワン,272p. ISBN-10: 488759786X  ISBN-13 :978-4887597860 \1700 [amazon][kinokuniya] ※


>TOP



■文献表と引用(安部彰

■内田樹
◆20070130 『下流志向──学ばない子どもたち、働かない若者たち』,講 談社,231p. ISBN-10: 4062138271 ISBN-13: 978-4062138277 1470 [amazon]

◆2004,『死と身体―コミュニケーションの磁場』医学書院.

■大庭健
◆1989,『他者とは誰のことか―自己組織システムの倫理学』勁草書房.
◆1991,『権力とはどんな力か―続・自己組織システムの倫理学』勁草書房.
◆19971220 『自分であるとはどんなことか――完・自己組織システムの倫理学』,勁草書房,307p. ISBN-10:4326153288 ISBN-13: 978-4326153282 2940 [amazon]
◆2005,『「責任」ってなに?』講談社(講談社現代新書).
◆2006,『善と悪―倫理学への招待』岩波書店(岩波新書).

■中島義道
◆20061215 『醜い日本の私』,新潮社,205p. ISBN-10: 4106035731 ISBN-13: 978-4106035739 1050 [amazon]
◆20070727 『「人間嫌い」のルール』,PHP研究所,200p.ISBN-10: 4106035731 ISBN-13: 978-4106035739 1050 [amazon]

■河野哲也
◆20060225 『「心」はからだの外にある――「エコロジカルな私」の哲学』,日本放送出版協会,269p. ISBN-10: 4140910534 ISBN-13: 978-4140910535 1071 [amazon]
◆2007,『善悪は実在するか――アフォーダンスの倫理学』講談社(講談社選書メチエ).

■熊野純彦
◆2007,「〈権利〉と〈平等〉をめぐる断章――欠如とともにある生の視点から」,野家啓一編,20070627,『ヒトと人のあいだ』(シリーズ ヒトの科学6)岩波書店.
*原著における強調(傍点)は、表記の都合上下線に変更した。

  現在われわれは、われわれ人間の、あるいはわれわれ人間ならざる存在(者)の生/あることを肯定し、保障しようとするとき、「権利」という語を用いる ことをならいとしている。そしてじっさい「権利」は、いや「権利」という語を用いてなされるそのような試みは、これまで一定度、成功裡にあったし、その将 来も明るいようにみえる。
  「こんにち私たちは、たとえば「動物の権利 animal rights」について口にし、また「自然の権利 right of nature」といった表現を耳にする。いま現在はなおやや新奇に響くそうしたことばたちにも、やがて耳なれる日がくることだろう。それほど遙かなものと はいえない過去に、ある種のひとびとは「子供の権利」や「女性の権利」といった表現に対しても違和感を抱いていたことを想起しておこう。現在そうした切実 な背景を疑うひとはすくない。おなじように、遠くはない将来、多くのひとびとがあたりまえのように、動物や自然そのものに「権利」を認める日が到来するよ うにも思われる」(熊野 2007: 87)。
  このように述べる熊野はしかし、「権利」という語とともに現実のものとなるだろうそのような事態の「てまえにある問題」こそが肝要であるとする。そこ で、まずもって、「そもそも「権利」ということばそれ自体は、どのようななりたちをしている」かが考究されることになる(熊野 2007:88)。このように、あらためて「権利」のなりたちが再審に付されるのはほかでもない。「権利」という言葉にたいする、その語がわれわれにもた らす違和感に、それは発している。「「権利」ということばは、ときに、ひとを落ちつかない気分にさせる。じぶんの権利を主張することも、他者からその権利 を主張される場合も、他者たちが権利をとなえるのに立ちあうことさえ、ひとをどこか居心地悪くさせることがあるように思われる」(熊野 2007: 88)。
  しかし、では、この「落ちつかない気分」「居心地の悪さ」の原因は奈辺にあるのだろうか。「ライトright」の翻訳語としての「権利」の成立事情を あとづけたうえで、熊野によってそれはひとまず、この国においては「権利」は「権力」同様「日常のことば」ではないこと、「権利という語を口にする者たち は、だから日常のことばのやりとりを中断し、そのことでまた、日常の生を切断することになる」ことに求められるだろう(熊野 2007:90)。そのうえでさらに、会話が切断されることそれ自体が問題とされるのではなく、「不当な状況が覆され、「正しさ」が実現されるために は、……日常が問いかえされ、ひとびとのあいだの隔たりが明示化されること」の必要性を認めつつも、しかしなおそのように「権利を力と理解する」ことに問 題の根本はみてとられる(熊野 2007:91)。すなわち、そのような理解に立つならば、つまり「権利が力であるなら、権利の主張は、力に対する力の主張、じぶんを抑圧している、それ じたい一箇の力であるものに対する、それを凌駕する(べき)もうひとつの力の主張であることになる。」とすれば、「権利の実現は、こうして、それまでは支 配的であったひとつの力の敗北であり、他方の力の勝利であることになるはずである」が、果たしてそれでよいのだろうか(熊野 2007: 91)。
  よくないはずだ、とされる。そのようにいわれる理由はふたつある。ひとつに、「そのような権利概念には、ある欠落がある。能動性によって権利をことあ げする主張からはこぼれ落ちることがらが存在する」からである(熊野 2007:91-92)。そしてまたひとつに、その裏面が、すなわち「権利という語そのものにまとわりつく酷薄さ」が指摘される。すなわち「なにかに対し て権利があるとされる場合、その権利はなんらかの資格とむすびあっている」ことが看破される。「権利の裏面にはなんらかの資格が貼りついており、資格は資 格であるかぎりでは、平等なものではありえない。つまり、平等に所有され、共有されることがらではありえない。……権利は排除を前提とするのである」(熊 野2007: 92)。
  そしてそうだとすれば、権利がそのように所有されるものであるとするならば、「それはまた剥奪されうるものにほかならない」と考えられるが、それはし かし本当だろうか。それを確かめるにはなお、「権利をめぐって、平等と所有という論点をむすびあわせて考えておく必要がある」(熊野 2007: 92)。
  「人間が人間であるかぎり、いわばあらかじめ獲得されている権利」である「自然権」。それを明確に定義し宣言したのは、周知のようにホッブズである。 しかし『リヴァイアサン』においてそう考えられたように、「人間はほんとうに平等につくられているのだろうか。あるいは、ひとびとのあいだの差異は、ホッ ブズがそう見つもっているほど、微小なものと考えることができるだろうか」(熊野 2007: 93-94)。
  「人間はそれぞれにちがう個体として誕生する。ひととひとのあいだには、つねに差異がある。差異が存在するかぎり、人間はひとしくない。差異のうちに は、身体的、精神的能力と呼ばれるものにかかわるちがいがふくまれる。そのちがいは、ホッブズが思考実験においてそう測定しているほどに、ちいさなもので はないだろう。……可能性において平等であると語ることは、けれども、現実に存在する、ちいさくはない隔たりをかえって見えないものとするはずである。」 (熊野 2007: 94)
  つまり、「ひとは、けっしてひとしくつくられてはおらず、平等に育てられることもなく、たがいにひとしい個体として成熟することもない。人間はじじ つ、平等ではない」(熊野 2007:94)。そして、事柄はそれに尽きない。そのようなひととひとのあいだの差異は、「差異自体を利用して、価値を増殖させる。能力や資源は、それ が能動的にはたらくことで、積極的な価値を生みだすものと考えられる。……能力であれ、資産であれ、所有されるものは、絶えず差異を生産し、さらなる差異 を不断に再生産することだろう。」畢竟、「人間は、みずから動いて生み出すもの、つくりだすことについては、ひとしくはない」(熊野 2007: 95)。
  だが、そのように述べられ、かかる認識に立つからといって、「平等(性)」をめぐる思考が放擲されるのではない。熊野は、身体という、我々の生の基底 にまで降下して、あるいは定位してそれを剔抉しようとする。「ひとは、けれども、その存在にあらかじめ欠落していることがらについては、ひとしくつくられ ていると思われる」(熊野 2007: 95)なぜか。 
  「人間はじじつ、身体として生きているかぎりでは、だれもみな、さまざまな欠如をかかえているからである。人間の生身の身体は傷つきやすい皮膚によっ て覆われ、現にほんのすこしのことで傷を負ってしまう。……人間の身体そのものは、それ自体として一箇の欠乏であり、欠落である。……ひとは現に、飢え、 渇き、飢えと渇きは、つねになんらかのしかたで充足される必要があるからだ。積極的で能動的な能力―権利もまた、ときにそうした力の一部であるとみなされ る―において差異のなかにあり、差異をつくりだす人間は、世界に最低限つなぎとめられているための最下の条件、動かしがたく、とりあえずは欠落的な諸条件 においては、平等である」(熊野 2007: 95-96)。
  そして、このような事実から次のことが帰結するはずだとされる。すなわち、ひとがこの世界につなぎとめられ、「ひとの生が世界のうちで紡がれてゆくた めには……最低限の生の機能が充足される必要がある。このことは必要(necessities)であり、生の必然性(necessities)であって、 それ自体としてはいまだ所有ではなく、権利でもなく、また権利の所有でもない。この必要と必然性は、かくして、法以前のできごと、かくてまた、ときに法の 外部のことがらにほかならない」ということが(熊野 2007: 96)。
  だから、ホッブズが「能力の平等」から「希望の平等」が生じると考えたのは誤りであった。「希望の平等が生じるのは……むしろ欠落と欲求(必要)のひ としさからである」(熊野 2007:96)。またそこにはたしかに、「法以前、法以外の領域」、「自然権」の領域、ホッブズが「あらゆることをおこなう自由」の領域と呼んだ当のも のがあるようにおもわれるが、しかし「自然権が法の外部にあるならば、それはもはや積極的な権利と呼ばれるべきではない。」「生の必然性(必要)はむし ろ、身体として生きる人間存在の、その欠落と欠如である」(熊野 2007: 97)。
  レヴィナスが「始原的なもの」と呼んだ、大気や水のような「それを欠いては生それ自体がありえないもの」「生そのものの条件」であるものは、「そのも のとしては本来所有の対象ではありえない」(熊野 2007:97)。かくて、そうした「とりわけて貴重なものが、元来は所有の対象とはなりえないものであるという論点は、所有一般を考えるうえで注意して おくべきことがらであると思われる。生をその最下の次元で下支えするものたちは、第一義的にはつねに「共有材」なのである」から。たとえば、「法の外部、 ある種の極限的な状況」「飢えと渇きが日常となるとき」、「食物は共有材という性格を顕にすることだろう。」すなわち「飢え、渇く身体が問題となるとき、 その欠如を充たすものは所有を前提としない。生の原初的な欠如はむしろ、ときに所有と権利を解除する」と考えることができよう(熊野 2007: 97)。
  「ひとびとは現にさまざまな側面で、事実としては平等ではないとしても、その権利において平等である」(熊野 2007:98)。たしかにそのように考えることはできよう。この場合、平等は「事実の地平をはなれ、一箇の規範的な要求となる。」だが、「現に平等では ない諸個人が、どのような点ではなおひとしいものと見なされ、どのような根拠からそれでも平等な存在と考えられるのか」との問いについての回答は留保され ることにな るだろう。また、この場合には、「「ひとしい者をひとしく」取りあつかうことが第一に問題となるのであって、人間が端的に平等である次元はむしろあらかじ め消去されている。」つまり、「規範的で制度的な権利が承認されるものであるならば、それはまた否定の対象ともなるはずである。」だが、ひとは、ひとの身 体は「否認も抹消も不可能な必要(必然性)をもつ」(熊野 2007:98)。このきわめて単純にもおもわれる事実がときに覆い隠れていることが、縷々述べられてきたのであった。だがそれは、人間はみな動物的な生 において平等である」との主張とは異なっている。
  「端的な生それ自体においてひとしく欠落を抱えていることで、ひとはだれでもひとしい。そのことを知っていることで、ひとの生はかえって動物的なから 画定され、区別されることだろう。生にもともとまとわりついている欠如の平等に根づいた、生への権利だけは、世界のなかで生き、ともに生きることの、否定 されることの不可能な、おそらくは条件である」(熊野 2007: 98)。
  しかしなお、不平等は、それも究極的な不平等が存在しているように、「生それ自体にかんするひとしさが現に否認されているようにも思われる」(熊野 2007: 98)。「なお、べつのしかたで考えておく必要がある。」まずは、フォイエルバッハの言が手がかりとなるだろう。
  「限界もなく時間もなく、窮迫もないところには、また質もなくエネルギーもなく、生気もなく、情熱も愛もない。窮迫した存在だけが必然的な存在であ る。欲求のない生存はただの余剰の生存である。欲求一般のないものには、また生存の欲求もない。〔中略〕窮迫のない存在は根拠のない存在である。受苦する ことの可能なものだけが生存にあたいする。苦痛に充ちた存在だけが神的な存在である。受苦のない存在は、存在を欠いた存在なのである。」(『哲学改革のた めの暫定的諸命題』)
  ここに示されていること、それは「欲求という欠落、受苦あるいは受動においてのみ、つまり欠如にあってだけ、ひとはひとしく人間的存在」であるとの認 識である。そして「平等な生の次元は、もはや資格によって分類されない(non-qualified)生の水準である」(熊野 2007:100)。とはいえ、そのように「ひとしさを刻まれた生」は、それぞれに異なっているのであった。「人間はおのおの個体として生まれ、ひととひ とのあいだにはつねに差異がある。差異のうちのあるものは、それぞれの生がどのように紡がれるかにかんして重大な相違を生むことがあり、他方また、差異は 一般に固定化され、さらに拡大することもありうる」(熊野 2007:100)。だが、このことはそれ自体として「ひとびとのあいだに端的な差別が、資格や権利にかかわる不平等が現実に存在することとひとしくはな い。差異の設定は、ただちに差別と不平等を生産するわけではない」(熊野 2007: 100)。
  事柄はさしあたり、むしろ逆であろう。「私」が他者ではなく、他者は「私」ではないということ、両者が差異において隔てられているということ、ひとは それぞれに異なる個体であるということは、「ほかのなにものでもない(nichts anders)その個体として(als)存在している」ということである。だから、「取り換えがきかず、置き換えることのできない個体であることの承認こ そが、かえって、ひとびとが平等であることを語りだす前提となるとも考えられよう」(熊野 2007:100)。とはいえ、差異が差別に転じ、不平等を固定化することがありうる。「差異がそれじたい正負の価値と関係づけられ、境界線をはさんで対 応するふたつの対立項の一方がマイナス価値とみなされて、その存在それ自身に負の刻印が刻まれる」(熊野 2007:100)。そしてそのような境界線のうち、もっとも重大なものは、生それ自体をめぐって引かれる「価値ある生/価値なき生」という差異にほかな らない。
この差異が重大であるのは、そこでは「生それ自体にかんするひとしさ」が否認されることになるからである。すなわち「価値をもつ生と価値をもたない生を区 別することは、生を超える価値の存在を前提する」(熊野 2007:101)。だが、「なんについてであれ「よりよい生」という次元をみとめることと、人間の生をめぐって「価値ある生」と「価値ない生」という差 異を設定することは、一見したところ地つづきに見えて、ほんとうはまったく異なる」(熊野 2007:101-102)。というのも、たしかに「よりよい生」といったとき、そこでは「なんらかの生のかたち(たとえば苦痛に充ちた生)が下位に置か れていることについては疑いがないにせよ、生そのものはあらかじめ肯定されている」からである。だから、「よりよい生」の画定から死の肯定が帰結すること など本来ありえない。「比較されることが可能なのは生のかたち同士であり、比較にあって生そのものはあらかじめ肯定されているからである」(熊野 2007:102)。
  とはいえ、生は、それを可能にするものをつくりだすこと、つまり生産によって支えされているといわれるかもしれない。とすれば、「生産は、そのかぎり で、生それ自体よりも先行し、優越する価値を有するのでないか。」すなわち、「生産を生の上位に置くことで、もっともひろい意味での能力主義をみちびき入 れること、生それ自体に決定的な差異を導入して、価値ある生と価値を欠いた生との差別を正当化することが可能だろうか」(熊野 2007:102)。できないだろう。生がたんに大気と水だけでなく、植物を育て収穫すること、他の生物を殺し調理することによっても可能であるように、 「広義の生産活動はたしかに、現にある生の条件をかたちづくる。」「条件づけは、けれどもこの場合、たんに手段的なものの目的への関係にひとしいのであっ て、生産そのものが目的となることはありえない」(熊野 2007:102)。なるほど、生産とそれを可能にする能力はたしかに有用だけれども、立岩真也も述べるように、それらはただ「それだけ」のものであるに すぎない。生への権利が生産への関与を要件としないことは、ここまで繰りかえしみてきたとおりである。
  「それだけのものに決定的な価値をみとめ、生を二分しようとするものは、古典的な意味でも、すこしくまた現代的な意味でも一箇の〈政治〉であり、とり わけ〈生政治〉であるように思われる。政治がエコノミーの原理を補完しながら、価値ある生と価値なき生とを二分する。また権力に関与し、権力がおよぶビオ ス(bios)と、ゾーエ(z??)とを、つまりそれぞれの共同体に特有の生の形式と、剥き出しのたんなる生とのあいだに境界線を引く。権利ということば が政治的な能力(ポリティケー・アレテー)とあらかじめむすびあっているならば、権利のてまえから、欠如の平等をめぐって思考しなければならない。生の権 利を承認し、否定する「社会的威力 soziale Macht」のかなた、あるいはいっさいの〈政治〉のてまえで、生それ自体を肯定し、擁護する思考が可能でなければならないように思われる」(熊野 2007: 102-103)。

◆金森修,2007,「人とヒト――パーソン論の視座を通して」,野家啓一編,20070627,『ヒトと人のあいだ』(シリーズ ヒトの科学6)岩波書店.
◆加藤秀一,20070930,『〈個〉からはじめる生命論』日本放送出版協会(NHKブックス).
◆Bauman, Zygmunt 1989 Modernity and Holocaust, Polity Press.
=20060920 森田典正訳『近代とホロコースト』,大月書店,296+20p. ISBN-10: 4272430696  ISBN-13: 978-4272430697 3885 [amazon]
◆Hirschman, Albert O. 1977 The Passions and The Interests: Political Arguments for Capitalism before Its Triumph, Princeton University Press.
=1985,佐々木毅・旦祐介訳『情念の政治経済学』,法政大学出版局(叢書ウニベルシタス165),168p. ISBN-10: 4588001655 ISBN-13: 978-4588001659 2100 [amazon]
◆山本 史華 20060501 『無私と人称――二人称生成の倫理へ』,(仙台)東北大学出版会 ,292p. ISBN-10:4861630231 ISBN-13: 978-4861630231 3150 [amazon]
稲葉 振一郎 20080318 『「公共性」論』,NTT出版,404p. ISBN:4757141807 ISBN-13:9784757141803 2940 [amazon] b ※

■医関係
◆福島 幸治 20011031 『神経症・パニック障害の実態――仕事が続けられない心の病気』,星雲社,197p. ISBN: 4434015133 ISBN-13: 9784434015137 1365 [amazon] ※
◆渡部 芳徳 20051020 『パニック障害は治る――認知行動療法から食事法、薬の上手な飲み方まで』,主婦の友社,191p. ISBN: 4072476633 ISBN-13: 9784072476635 1365 [amazon] ※ d/l03 d/p
◆将守 七十六 20060300 『血にまつわる病から生まれたメトセトラ――薬害エイズ訴訟和解から十年、僕らはこんなカンジで生きています』文芸社,245p. ISBN:4286005232 ISBN-13:9784286005232 1365 [amazon] ※ d/l03 d/p
◆NLA全国高校生の主張・音楽祭実行委員会 20061020 『高校生がみつけた13のほんとうのこと――ニュ−ライフ・アドベンチャ−第28回全国高校生の主』,NLA全国高校生の主張・音楽祭実行委員会,167p. ISBN:4990251911 ISBN-13:9784990251918 1365 [amazon] ※  d/l03 d/p
◆伊藤 晴夫 20061110 『生殖医療の何が問題か』,緑風出版,208p. ISBN: 4846106209 ISBN-13: 9784846106201 1785 [amazon] ※ d/p
◆戸田山 和久・出口 康夫 編 20110520 『応用哲学を学ぶ人のために』,世界思想社,380p. ISBN-10: 4790715272 ISBN-13: 978-4790715276 2940 [amazon][kinokuniya] ※ p.


REV:20080621, 0702, 0712, 1107, 1204, 20090423,0425,0506(近藤 宏), 0711, 0727,0729,0730,0804,0816,0822,1207,1225(金城 美幸), 20100122, 0217,0707,0710,0717,0921,0922,0928, 20110410, 0627, 20120402, 20130923
生存・生活
TOPHOME(http://www.arsvi.com)