HOME >

脳神経倫理学・ニューロエシックス(neuroethics)


last update:20110209


■目次
・文献
・本
・引用

■文献

粥川準二, 200607, 「科学エッセイ脳神経科学とニューロエシックス」『バイオニクス』3(7)(20):52-59.
◆福士珠美・佐倉統, 200608, 「脳・倫理脳をめぐる倫理--脳神経倫理学を構成する事象」『科学』76(8)(888):778-782.
◆小泉英明, 20060925, 「脳科学研究における生命倫理の意味するところ(第17回日本生命倫理学会年次大会報告)」『生命倫理』16(1):12-28.
◆石井史比古, 20061112, 「「脳神経倫理」という問いの超越論的身振り(特集諸論理のポリティクス)」『情況』第三期7(6)(62):124-136.
香川知晶, 200610, 「ニューロエシックスの新しさ(特集=脳科学の未来)」『現代思想』34(11):188-196.
粥川準二, 200610, 「牢獄から解放---脳神経の科学、倫理、そして政治(特集=脳科学の未来)」『現代思想』34(11):174-187.
◆福士珠美, 2006, 「脳をめぐる倫理-脳神経倫理を構成する事象-」『科学』76:778-782.
佐倉統<・福士珠美, 20070920, 「脳神経倫理:脳科学と社会の健全な関係をめざして」『生命倫理』17(1):18-27.
◆福士珠美・佐倉統<, 20071010, 「脳-機械インターフェイス研究開発の倫理実装」『計測と制御』46(10):772-777.
◆福士珠美・佐倉統<, 20071011, 「Brain-MachineInterface(BMI)研究開発のための倫理とガバナンス:日米における取り組みの現状と将来展望(一般(高次機能):脳インタフェースの技術と応用,一般)」『電子情報通信学会技術研究報告』107(263):59-62.
◆林芳紀, 2007, 「脳倫理学のなかの倫理学者(<研究報告>倫理学者のためのニューロエシックス)」『実践哲学研究』30:69-94.
◆伊吹友秀, 2007, 「ニューロエシックスと生命倫理:いかなる意味でニューロエシックスはひとつの独立した学問領域でありうるか(<研究報告>倫理学者のためのニューロエシックス)」『実践哲学研究』30:95-116.
◆桑原卓志・山本圭一郎, 2007, 「脳科学技術の二重使用(<研究報告>倫理学者のためのニューロエシックス)」『実践哲学研究』30:117-134.
◆的場英彦, 2007, 「ヒト脳幹細胞の動物への移植実験(<研究報告>倫理学者のためのニューロエシックス)」『実践哲学研究』30:135-145.
◆永守伸年, 2007, 「脳科学と人格の概念(<研究報告>倫理学者のためのニューロエシックス)」『実践哲学研究』30:147-162.
◆太田徹・佐々木拓, 2007, 「依存症の脳科学(<研究報告>倫理学者のためのニューロエシックス)」『実践哲学研究』30:163-172.
◆2007, 「用語の補足説明(<研究報告>倫理学者のためのニューロエシックス)」『実践哲学研究』30:173-175.
◆近藤智彦, 2007, 「脳神経科学からの自由意志論--リベットの実験とその解釈を中心に(神経倫理)」『UTCP研究論集』8:99-108.
◆蟹池陽一, 2007, 「脳神経科学のメタ倫理学への含意(神経倫理)」『UTCP研究論集』8:125-135.
◆吉田めぐ美, 2007, 「精神疾患における倫理的問題の位置づけと脳神経科学の役割(神経倫理)」『UTCP研究論集』8:55-68.
◆原塑, 200801・02, 「脳神経倫理学の成立とその将来的課題(特集脳神経倫理学の誕生)」『創文』505:10-13.
◆中山剛史, 200801・02, 「「意志の自由」は幻想か-(特集脳神経倫理学の誕生)」『創文』505:14-17.
◆植原亮, 200801・02, 「認知能力の増強と本来性という理念(特集脳神経倫理学の誕生)」『創文』505:18-21.
松原洋子美馬達哉, 200806, 「討議ニューロエシックスの創生(特集=ニューロエシックス--脳改造の新時代)」『現代思想』36(7):50-68.
香川知晶, 200806, 「バイオエシックスのバルカン化批判とニューロエシックス(特集=ニューロエシックス--脳改造の新時代)」『現代思想』36(7):69-79.
小泉義之, 200806, 「魂を探して--バイタル・サインとメカニカル・シグナル(特集=ニューロエシックス--脳改造の新時代)」『現代思想』36(7):80-96.
川口有美子, 200806, 「ブレインマシンの人間的な利用--接続と継続に関する政治経済(特集=ニューロエシックス--脳改造の新時代)」『現代思想』36(7):98-111.
ニキリンコ, 200806, 「昨日の私、今日の私、明日の私--リタリンで垣間見た〈脈絡ある自分〉(特集=ニューロエシックス--脳改造の新時代)」『現代思想』36(7):112-123.
◆Malabou Catherine(西山達也 訳), 200806, 「アクシデントの主体--系譜学・脱構築・ニューロサイエンス(特集=ニューロエシックス--脳改造の新時代)」『現代思想』36(7):124-133.
◆的射場瑞樹, 200806, 「政治理論としてのニューロエシックス(特集=ニューロエシックス--脳改造の新時代)」『現代思想』36(7):134-144.
◆櫻井圭記, 200806, 「複合する私たち--四人称の未来へ(特集=ニューロエシックス--脳改造の新時代)」『現代思想』36(7):145-149.
◆高橋透, 200806, 「倫理の根底を揺さぶる--ニューロ・エシックスと再生医療(特集=ニューロエシックス--脳改造の新時代)」『現代思想』36(7):150-155.
ぬで島次郎, 200806, 「脳科学は「非侵襲的」たりうるか---精神外科と脳画像研究の遠くて近い関係(特集=ニューロエシックス--脳改造の新時代)」『現代思想』36(7):156-165.
◆戸田聡一郎, 200806, 「植物状態を構成するニヒリズムの相克--その変容がもたらす意味(特集=ニューロエシックス--脳改造の新時代)」『現代思想』36(7):166-177.
粥川準二, 200806, 「信頼か、それとも脳スキャンか(特集=ニューロエシックス--脳改造の新時代)」『現代思想』36(7):178-186.
空閑厚樹, 200806, 「〈人間となる〉ために--「エンハンスメント」はどのような意味で「問題」なのか(特集=ニューロエシックス--脳改造の新時代)」『現代思想』36(7):187-199.
◆Lazzarato Maurizio(中倉智徳 訳), 200806, 「世界を創造する--現代資本主義と「美的感性的」な戦争(特集=ニューロエシックス--脳改造の新時代)」『現代思想』36(7):200-207.
◆片山容一・小松美彦, 200806, 「インタヴュー脳はいかなる存在か--DBS・認知機能・植物状態・脳死状態「増補」(特集=ニューロエシックス--脳改造の新時代)」『現代思想』36(7):208-237.
◆福士珠美・佐倉統<, 200811, 「脳神経倫理への招待--ヒト脳研究における「脱医療化」と「超学術化」を手がかりに(第49回日本神経学会総会(2008年))--(シンポジウム神経学における倫理)」『臨床神経学』48(11):952-954.
川島孝一郎, 200811, 「終末期の決定プロセスのあり方とニューロエシックス(第49回日本神経学会総会(2008年))--(シンポジウム神経学における倫理)」『臨床神経学』48(11):955-957.
◆福士珠美・佐倉統<, 200901, 「日本の脳神経科学研究における倫理--現状と将来展望(特集脳神経理論)」『Brain and nerve』61(1):5-10.
香川知晶, 200901, 「脳神経倫理と生命倫理--生命倫理のバルカン化論争と応用倫理の収斂(特集脳神経理論)」『Brain and nerve』61(1):11-17.
◆片山容一・深谷親, 200901, 「脳深部刺激療法をめぐる脳神経倫理(特集脳神経理論)」『Brain and nerve』61(1):27-32.
◆高木美也子, 200901, 「脳深部刺激療法の精神疾患への適用に対する安全性と神経倫理的考察(特集脳神経理論)」『Brain and nerve』61(1):33-40.
◆田口周平, 20090300, 「ニューロ・エンハンスメントと自己に関連した三つの懸念」『先端倫理研究』(熊本大学倫理学研究室紀要)4:39-51.
◆川口浩一, 20090310, 「ニューロエシックス関連文献:(1)信原幸弘・原塑(編著)『脳神経倫理学の展望』(二〇〇八年・勁草書房)(2)河野哲也『暴走する脳科学-哲学・倫理学からの批判的検討』(二〇〇八年・光文社)」『關西大學法學論集』58(6):122-135.
◆立花幸司, 20090110, 「モラル・エンハンスメント(道徳能力の増強)は脳神経倫理学の議題となるか?:ニューロエシックスと脳科学ガバナンス」『哲学・科学史論叢』11:1-35.

(とりわけ薬について言及したもの)
◆Bender,K.J.,2000,FDA Advisory Committee recommends Prozac for PMDD, Psychiatric Times,XVII,1.
◆Brock,D.W.,1998,Enhancement of human function:Some distinctions for policymakers, Parens,E.,ed.,Enhancing Human Traits,Georgetown University Press.
◆Butcher,J.,2003,Cognitive enhancement raises ethical concerns.The Lancet,362,132-3.
◆Clark,A.,2007,Re-inventing ourselves:the plasticity of embodiment,sensing,and mind,Journal of Medicine and Philosophy,32(3),263-82.
◆Cole-Turner,R.,1998,Do means matter?,Parens,E.,ed.,Enhancing Human Traits,Georgetown University Press.
◆DeGrazia,David,2000,Prozac, enhancement and self-creation,The Hastings Center Report, 80(2), 34-40.
◆Edward,James C.,2000,Passion, activity and “the care of the self”,The Hastings Center Report, 80(2), 31-4.
◆Elliott,Carl,1998,Tyranny of hapiness.Ethics and cosmetic psycopharmacology.Erik Parens ed.,Enhancing Human Traits.,Georgetown University Press ,Washington, 177-88.
◆――――,2000,Pursued by happiness and beaten senseless. Prozac and the American dream,The Hastings Center Report, 80(2),7-12.
◆Freedman,Carol,1998,Aspirin for the mind? Some ethical worries about psycopharmacology. Erik Parens ed.,Enhancing Human Traits.Georgetown University Press,Washington, 135-50.
◆Farah,M.J.,Illes,J.,et al.,2004,Neurocognitive enhancement:what can we do and what should we do?,Nature Reviews Neuroscience,5,421-5.
◆Farah,M.J.,2005,Neuroehics:the practical and philosophical,Trends in Cognitive Science,9(1),34-40.
◆Fukuyama, Francis,2002,OUR POSTHUMAN FUTURE : CONSEQUENCES OF THE BIOTECHNOLOGY REVOLUTION, Farrar. Straus and Giroux, New York. =20020927 鈴木 淑美 訳 『人間の終わり――バイオテクノロジーはなぜ危険か』,ダイヤモンド社,286p.
◆Garber,S.W., Garber,M.D.,and Spizman,R.F.,1996,Beyond Ritalin,Harper Perennial.=2004 原仁・篁倫子訳 『リタリンをこえて――その効用と限界』文教資料協会.
◆Gazzaniga, Michael S., 2005, The Ethical Brain, Dana Press. =20060202 梶山あゆみ 訳 『脳のなかの倫理――脳倫理学序説』,紀伊國屋書店,262p.
◆Glannon,W.,2008,Psychopharmacological enhancement.Neuroehics,1(1):45-54.
◆Greely,H.T.,2006,The social effects of advances in neuroscience:legal problem,legal perspectives, Illes,J.ed.,2006,Neuroethics,Oxford University Press.
◆Hall,S.S.,2003,The quest for a smart pill.Scientific American,September ,289(3),54-7,60-5.=2003 石浦章一訳「頭の良くなる薬をつくる」『日経サイエンス』2003年12月号,30-40.
◆Healy,David,2000,Good science or good business?,The Hastings Center Report, 80(2), 19-22.
◆伊吹友秀,2010「ニューロエンハンスメントが医療として行われることの倫理的問題――医療化の問題を中心として」UTCP「脳科学と倫理」プログラム編『脳科学時代の倫理と社会』111‐35.
◆Illes,J.ed.,2006,Neuroethics,Oxford University Press.
◆金森修,2007,「装甲するビオス」石川准編著『身体をめぐるレッスン 3:脈打つ身体』岩波書店,3-26.
◆Kass, Leon R, ed., 2003, Beyond Therapy: Biotechnology and the Pursuit of Happiness: A Report of The President's Council on Bioethics, New York: Dana Press =2005,倉持武監訳『治療を超えて――バイオテクノロジーと幸福の追求:大統領生命倫理評議会報告書』青木書店.
◆Kennedy,D.,2006,Neuroehics:mapping a new interdiscipline, in Illes,J.ed.,Neuroethics,Oxford University Press.
◆Kramer,Peter D., 1993,Listening to Prozac.Viking Penguin Inc.=1997,渋谷直樹監修,掘たほ子訳『驚異の脳内薬品――鬱に勝つ「超」特効薬』同朋舎.
◆――――,2000,The valorization of sadness.Alienation and the melancholic temperament,The Hastings Center Report, 80(2),13-8.
◆LeDoux,J.E.,1996,The Emotional Brain: The Mysterious Underpinnings of Emotional Life. Simon & Schuster.J=2003 松本元・川村光毅ほか訳、『エモーショナルブレインー――情動の脳科学』東京大学出版会.
◆Levy,N.,2007, Neuroethics, Cambridge University Press.
◆町田宗鳳・島薗進編, 2007, 『人間改造論――生命操作は幸福をもたらすのか?』,新曜社.
◆Mckenny,G.P.,1998,Enhancements and the ethical significance of vulnerability,Parens,E.,ed.,Enhancing Human Traits,Georgetown University Press.
◆美馬達哉,2007,「リスク社会と偽装」『現代思想』35(14):71‐83.
◆Naam,R.,2005,More Than Human,Broadway Books.
◆中尾麻伊香・住田朋久,2010,「近代日本の脳病薬広告にみる脳」UTCP「脳科学と倫理」プログラム編『脳科学時代の倫理と社会』239‐60.
◆中澤栄輔,2008,「第八章 記憶の消去と人格の同一性の危機」信原幸弘・原塑 編 『脳神経倫理学の展望』,勁草書房, 201-226.
◆信原幸弘・原塑 編,2008,『脳神経倫理学の展望』,勁草書房, 357p.
◆Parens,E.,ed.,1998a,Enhancing Human Traits,Georgetown University Press.
◆Parens,E.,1998b,Is better always good? The enhancement project,Parens,E.,ed.,1998a,Enhancing Human Traits,Georgetown University Press.
◆Parens,E.,2006,Creativity,gratitude,and the enhancement debate,Illes,J.ed.,2006,Neuroethics,Oxford University Press.
島薗進,2005,「増進的介入と生命の価値――気分操作を例として」『生命倫理』15(1):19-27.
◆The President’s Council on Bioethics,2002,Human Flourishing,Performance Enhancement,and Ritalin,Staff Background Paper. ◆Ravelingien,A.,J.Braeckman,L.Grevits,D.De Ridder,and E.Mortier,2009,Cosmetic neurology and the moral complicity argument, Neuroehics2(3):151-62.
◆Repantis,D.,P.Schlattmann,O.Laisney,and I.Heuser,2009,Antidepressants for neuroenhancement in healthy individuals:A systematic review.Poiesis Prax, 6:139-74.
◆Roskies,A.,2002,Neuroethics for the New Millenium,Neuron,35,21-3.
◆Schermer,M.,I.Bolt,R.de Jongh,and B.Olivier,2009,The future of psychopharmacological enhancements:Expectations and policies. Neuroehics,2(2),75-87.
◆Schwartz,P.M.,2005,Defending the distinction between treatment and enhancement,American journal of Bioethics,5(3),17-9.
◆Shatzberg,A.F.,2000,Pros and concs of Prozac and its relatives;editorial,The American Journal of Psychiatry,153(3), ,323-325
◆Singh,I.,2005,Will the ‘real boy’please behave:dosing dilemmas for parents of boys with ADHD.American journal of Bioethics,5(3),34-47.
◆Synofzik,M.2009.Ethically justified,clinically applicable criteria for physician decision-making in psychopharmacological enhancement. Neuroehics,2(2),89-102.
◆上田昌文・渡部麻衣子編,2008,『エンハンスメント論争――身体・精神の増強と先端科学技術』社会評論社.
◆植原亮,2008,「第七章 薬で頭をよくする社会――スマートドラッグにみる自由と公平性、そして人間性」信原幸弘・原塑 編『脳神経倫理学の展望』勁草書房,173-200.
◆植原亮,2008,「脳神経科学を用いた能力の増強は自己を破壊するか」『科学基礎論研究』109号.
UTCP「脳科学と倫理」プログラム編,2010,『脳科学時代の倫理と社会』東京大学グローバルCOE「共生のための国際哲学教育研究センター」.
◆Valenstein,Elliot S., 1998, Blaming the Brain:The Truth About Drugs and Mental Health,a division of Simon & Schuster.=2008,功刀浩監訳,中塚公子訳『精神疾患は脳の病気か?――向精神薬の科学と虚構』みすず書房.
◆Winkler,M.G.,1998,Devices and desires of our own hearts,Parens,E.,ed.,Enhancing Human Traits,Georgetown University Press. ◆Wolpe,P.R.,2002,Treatment,enhancement,and the ethics of neurothrapeutics,Brain and Cognition,50(3),387-95.
◆Wissenschaftliche Abteilung des DRZE,2002,drze-Sachstandsbericht.Nr.1. Enhancement. Die ethische Diskussion uber biomedizinische Verbesserungen des Menschen,New York: Dana Press=2007, 松田純・小椋宗一郎訳『エンハンスメント――バイオテクノロジーによる人間改造と倫理』知泉書館.
◆Wurtzel,Elizabeth,1994,Prozac Nation,Houghton Mifflin.=2001,滝沢千陽訳『私は「うつ依存症」の女――プロザック・コンプレックス』同朋舎.

◆脳神経倫理ポータルサイト
(脳神経倫理に関する学会・研究会・著作などの情報を集めたサイトです)
http://hps.c.u-tokyo.ac.jp/a_portal_site_for_neuroethics_in_japan/index.php

■本

◆安芸 都司雄 199805 『脳を診る 命に出会う』,集英社,219p, ISBN-10: 4087831221 ISBN-13: 9784087831221 \1470 [amazon][kinokuniya]
内容(「BOOK」データベースより)
一人の脳外科医が立ち会った心の深淵、命の輝き。脳と心の時代を問う医療ドキュメント。
内容(「MARC」データベースより)
一人の脳外科医が立ち会った心の深淵、命の輝き。済生会中央病院脳神経外科医長として著者が立ち会ってきた様々な病と、患者や家族が抱える心の問題を綴った医療ドキュメント。


◆マイケル・S. ガザニガ 著 田中 孝顕 訳 199108 『マインド・マターズ―心と脳の最新科学』,騎虎書房,312p, ISBN-10: 4886932290 ISBN-13: 9784886932297 [amazon][kinokuniya]
内容(「BOOK」データベースより)
左脳の「解釈機能」で人は正常にも異常にもなる!人間の行動様式を探る心理学者と、脳の物理的特徴を定義する脳神経学者との間に架橋的な役目を果たした斬界の第一人者による興味深い入門書!
内容(「MARC」データベースより)
人間を本質的に理解するには、脳と心が相互に影響しあっていることを認識しなければならない。脳と心のつながりを、一般読者に提供しつつ、その謎をわかりやすく説き明かす、斯界の第一人者による興味深い入門書。


◆柳田 邦男 200202 『脳治療革命の朝(あした)』,文藝春秋,479p, ISBN-10: 416724019X ISBN-13: 9784167240196 \620 [amazon][kinokuniya]
出版社/著者からの内容紹介
脳低温療法が生み出す劇的な生還のドキュメント
事故で脳が頭蓋から飛び出した青年が歩けるようになった。いのちの凄さを見つめてきた著者が描く、先端医学・脳低温療法の全貌
内容(「BOOK」データベースより)
脳が頭蓋から飛び出した青年が、歩けるようになった。海に落ちて一時間も心臓が止まった少年が野球を楽しむまで回復した―。人間の命の凄さとすばらしさを見つめてきた著者が描き出した、先端医学・脳低温療法による画期的な救急救命の全貌と、脳死寸前からの奇跡の生還者たちの感動のドキュメント。97年「文芸春秋」誌連載時に第59回文芸春秋読者賞を受賞。
著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
柳田 邦男
1936年栃木県生まれ。NHK記者を経て作家活動に入る。72年「マッハの恐怖」で第3回大宅壮一ノンフィクション賞、79年「ガン回廊の朝」で第1回講談社ノンフィクション賞、85年「撃墜」他でボーン・上田記念国際記者賞、95年「犠牲(サクリファイス)」などで第43回菊池寛賞を受賞。「脳治療革命の朝」で第59回文芸春秋読者賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


◆リチャード・E. シトーウィック(Richard E. Cytowic)著 山下 篤子 訳 200204 『共感覚者の驚くべき日常――形を味わう人、色を聴く人』,草思社,334p, ISBN-10: 4794211279 ISBN-13: 9784794211279 \1995 [amazon][kinokuniya]
商品の説明
Amazon.co.jp
感覚というのは主観的なもので、同じものを見たり聴いたり味わったりするときに、誰もが同じように感じている、ということを確かめるのは難しい。たとえば、ミントの味といっても、自分が感じるミント味と、ほかの誰かが認識しているミント味とは違うかもしれない。その最たる例が、五感が入り混じった「共感覚者」と呼ばれる人たちである。ミントを味わうと、「指先にすべすべした円柱を感じる」などといった人のことを言う。出現のパターンはさまざまで、音に色を感じる人、味で触覚が喚起される人などがいる。
本書は神経科医の著者が、共感覚者との偶然の出会いから研究を開始し、共感覚をきっかけに、脳のしくみや感覚認知、理性と情動の関係、ひいては医療のありかたにまで切り込んでいくさまを、ミステリー仕立てに描いた1冊である。
共感覚者は、外見的にはまったく普通で、神経医学的な検査を行っても異常は見つからない。しかも、共感覚は本人以外には確認のしようがない感覚であるため、他人から変だと思われるのを嫌がって、自らそのことを告白する人は少ない。医学的な関心を持たれることもほとんどなく、その研究と実験はゼロからのスタートだった。
著者は随所で、医療のあり方に対し、鋭い批判を繰り返している。現代医療の現場においては、患者側にも「機械にまちがいを立証されるのではないかという不安、何が正しいか何が現実かを自分自身より機械のほうが知っているという暗黙の思い込み」が浸透しているという。機械による検査に引っかからなければ、すべて患者の気のせいだと切り捨てるのではなく、主観的な体験も重視すべきだという主張には説得力がある。
「共感覚は、実際は私たちがだれでももっている正常な脳機能なのだが、その働きが意識にのぼる人が一握りしかいない」というのが著者の仮説である。日々人の脳の中で起こっている情報処理の過程を通し、人間の心の正体について思いを巡らせることのできる1冊である。(朝倉真弓)
出版社/著者からの内容紹介
味にさわる、音を見る・・・。五感が入り交じって知覚される「共感覚」を持つ人々がいる。彼らの脳のなかではいったい何が起きているのだろうか?神経科学者が、共感覚の謎に迫る。
五感が入り混じる特異な人たちの脳のミステリー
ものを食べると、指先に形を感じる。音を聴くと、色が見える――。
10万人に1人という、この共感覚をもつ人たちは、まったく正常に暮らしており、本人が告白しない限り共感覚者かどうか見分ける方法はない。それどころか、共感覚者は特異な記憶能力を発揮することさえある。また、カンディンスキーやナボコフなど、共感覚のある芸術家も多く、その作品に影響をおよぼしているという。
共感覚者の脳のなかでは、いったい何が起きているのだろうか。
本書は、共感覚者の脳を研究しはじめた神経科学者が、やがて脳科学最大の謎である「意識」の正体へと迫っていく、たぐいまれな探究の書である。
内容(「BOOK」データベースより)
ものを食べると、指先に形を感じる。音を聴くと、色が見える―。一〇万人に一人という、この共感覚をもつ人たちは、まったく正常に暮らしており、本人が告白しない限り共感覚者かどうか見分ける方法はない。それどころか、共感覚者は特異な記憶能力を発揮することさえある。また、カンディンスキーやナボコフなど、共感覚のある芸術家も多く、その作品に影響をおよぼしているという。共感覚者の脳のなかでは、いったい何が起きているのだろうか。本書は、共感覚者の脳を研究しはじめた神経科学者が、やがて脳科学最大の謎である「意識」の正体へと迫っていく、たぐいまれな探究の書である。
内容(「MARC」データベースより)
ものを食べると指先に形を感じる、音を聴くと色が見える等、五感が入り交じる「共感覚」を持つ人がいる。カンディンスキーやナボコフ等、共感覚者は特異な能力を発揮することさえある。彼らの脳内を探り「意識」の正体へ迫る。
Book Description
"Space constraints prevent me from giving more than a mere flavour of the richness of Cytowic's thinking. With broad sweeps, he outlines a new landscape. . . . Read this book--and the more objective you think you are, the more open-minded you will need to be to appreciate it." -- The New Scientist In 1980, Richard Cytowic was having dinner at a friend's house, when his host exclaimed, "Oh, dear, there aren't enough points on the chicken." With that casual comment began Cytowic's journey into the condition known as synesthesia. The ten people in one million who are synesthetes are born into a world where one sensation (such as sound) conjures up one or more others (such as taste or color). Although scientists have known about synesthesia for two hundred years, until now the condition has remained a mystery. Extensive experiments with more than forty synesthetes led Richard Cytowic to an explanation of synesthesia--and to a new conception of the organization of the mind, one that emphasized the primacy of emotion over reason. Because there were not enough points on chicken served at a dinner almost two decades ago, Cytowic came to explore a deeper reality that he believes exists in all individuals, but usually below the surface of awareness. In this medical detective adventure, he reveals the brain to be an active explorer, not just a passive receiver, and offers a new view of what it means to be human--a view that turns upside down conventional ideas about reason, emotion, and who we are. * Not for sale in the United Kingdom and Eire
--このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。
About the Author
Richard E. Cytowic, M.D., is the founder of Capitol Neurology, a private clinic in Washington, D.C., and the author of several books. He was nominated for the 1982 Pulitzer Prize for his New York Times Magazine cover story on former White House Press Secretary James Brady.
--このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。
著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
シトーウィック,リチャード・E.
米国ニュージャージー州生まれ。医学博士・神経科医師。ロンドン大学付属国立神経科病院で眼科学、神経科学を修め、ジョージ・ワシントン大学神経科の研修医長を経て開業。ワシントンDC在住。共感覚研究の第一人者として知られ、その研究業績が新聞・雑誌で全米に報道されるなど、ひろく一般の興味を引いている。共感覚研究や神経科学の教科書・専門書の著作もある
山下 篤子
北海道大学歯学部卒業。翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


◆養老 孟司・森岡 正博 200302 『対論 脳と生命』,筑摩書房,286p, ISBN-10: 4480087451 ISBN-13: 9784480087454 \945 [amazon][kinokuniya]
内容(「BOOK」データベースより)
とめどなく科学技術が発達していく現代社会において、人間の「生」と「死」が持つ意味とは何なのか?快適さを追求してきたはずの都市のなかに、人間はみずから囲い込まれてしまったのではないか?そこで、はたして、人間はほんとうに幸福になったのか?日本人の死生観から、医療、宗教、超能力、教育問題、ヒューマニズムの本質まで。オウム事件直前の1994年末、脳科学者と生命哲学者が、生命と科学、そして人間社会の未来について、くまなく踏み込んでいく白熱の対論。
著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
養老 孟司
1937年、神奈川県生まれ。現在、東京大学名誉教授、北里大学基礎教育センター教授
森岡 正博
1958年、高知県生まれ。現在、大阪府立大学総合科学部教授。哲学・生命学・科学論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


◆ベンジャミン・リベット 著 下條 信輔 訳 20050728 『マインド・タイム 脳と意識の時間』,岩波書店,282p, ISBN-10: 400002163X ISBN-13: 9784000021630 \2835 [amazon][kinokuniya]
内容(「MARC」データベースより)
脳だけが知る真実! ヒトは実は「遅れて」生きている! 自由意志、心脳問題、無意識と意識など人間をめぐる究極の謎が明かされる。40年に及ぶ研究による驚くべき発見の経緯と脳や意識をめぐるあらゆる仮説への明解な論評。


◆アントニオ・R・ダマシオ 著 田中 三彦 著 20051028 『感じる脳 情動と感情の脳科学 よみがえるスピノザ』,ダイヤモンド社,413p, ISBN-10: 4478860513 ISBN-13: 9784478860519 \2940 [amazon][kinokuniya]
出版社 / 著者からの内容紹介
米国の著名な脳科学者である著者が、多くの脳障害・損傷患者の研究から導き出したのが、身体反応(=情動)を脳が受け取り感情を生みだすという考えです。これとほぼ同じ考えを持っていたのが、哲学者・スピノザでした。本書は最新の脳研究とスピノザの哲学的思考がどのようにリンクし、同一の考え方に至ったのかを説いた一冊です。
内容(「BOOK」データベースより)
脳科学が哲学と融合した。心を生み出す身体と脳の関係。
内容(「MARC」データベースより)
世界的に著名な脳科学界の奇才が、「欲求と情動について」「感情のメカニズムと意義」「感情の存在理由」「心を形成するもの」「スピノザ思想の源」等をテーマに、心を生み出す身体と脳の関係について語る、脳科学の哲学書。
著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ダマシオ,アントニオ・R.
ポルトガル生まれ。1969年リスボン大学で医学博士、1974年に理学博士の学位を得た後、渡米。ハーバード大学で認知神経科学の研究を行い、その後アイオワ大学の神経学部長と、ソーク研究所の非常勤教授。2005年より南カリフォルニア大学(USC)脳と創造性の研究所教授。アメリカ芸術科学アカデミーおよびアメリカ科学アカデミー医学協会会員。神経学者であり、神経科医。特に、現代神経科学では国際舞台で活躍する第一人者である
田中 三彦
1943年栃木県生まれ。翻訳家であり、科学評論家でもある。東京工業大学生産機械工学科を卒業後、企業のエンジニアを経てサイエンスライターになる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


◆マイケル・S. ガザニガ(Michael S. Gazzaniga)著 梶山あゆみ訳 200602 『脳のなかの倫理――脳倫理学序説』,紀伊國屋書店,262p,ISBN-10: 4314009993 ISBN-13: 9784314009997 \1890 [amazon][kinokuniya]
内容(「BOOK」データベースより)
脳科学の未来は人間に何をもたらすか?記憶を良くし、「賢い」脳を創り、脳のなかの思想や信条が覗かれる時代が間近に迫る、その是非を問う脳倫理学遂に日本上陸。
内容(「MARC」データベースより)
脳科学の未来は人間に何をもたらすか? 記憶を良くし、「賢い」脳を創り、脳の中の思想や信条が覗かれる時代が間近に迫る。傑出した実験神経科学者がその是非を問う、刺激に満ちた脳倫理学の本。
出版社からのコメント
生命倫理より派生した分野として、脳(神経)倫理(Neuroethics)がいま世界の注目を集めている。記憶力を高めたり、「賢い」脳をつくること、あるいは他人の脳の中を覗くことなど、脳科学の進歩がもたらすであろう新しい倫理・道徳の問題を考えようとするもの。2003年に命名された用語で、本書は世界で最初のこの分野の本である。著者は、スペリーと並んで左脳・右脳の研究で有名な神経科学者、ガザニガで、彼自身2001年より「大統領生命倫理評議会」にこの分野の研究者として初めて参加することで、この本は誕生した。
すぐに「どちらかに軍配が上がる」といったものではなく、ガザニガも悩みつつ率直に意見を述べ読者に判断をゆだねている点が、ホットなテーマたるところ。各章の最後に必ず「今後の展望」が述べられており、脳科学が将来なにを可能にしようとしていて、そこでどのような倫理・道徳と直面するかまとめられているところが、特に読みごたえがある。
ある意味では、このテーマはかつてはSFのテーマだったのだが、それが現実の問題となってきたということ。哲学・心理、倫理・法学などの人に読んでほしい。
著者について
ダートマス大学教授。同大学認知神経科学センター長。2001年より大統領生命倫理評議会のメンバー。米国心理学会次期会長。左脳と右脳の研究で世界的に知られる。著書に『社会的脳』『二つの脳と一つの心』など。
著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ガザニガ,マイケル・S.
ダートマス大学卒業(1961年)、カリフォルニア工科大学心理生物学でPh.D(1964年)。現在、ダートマス大学のデイヴィッド・T・マクラフリン特別教授で、同大学認知神経科学センター長。2001年より大統領生命倫理評議会のメンバーを務める。米国芸術科学アカデミー会員。米国心理学会の次期会長。左脳と右脳の研究で世界的に知られる
梶山 あゆみ
東京都立大学人文学部卒業。翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


◆水野 昭夫 200705 『脳電気ショックの恐怖再び』,現代書館,187p, ISBN-10: 4768469507 ISBN-13: 9784768469507 \2415 [amazon][kinokuniya]
内容(「BOOK」データベースより)
電気ショックは管理の道具。医療費節約という旗印の下に、この悪魔の行為が日本中で進行中である。
内容(「MARC」データベースより)
電気ショック発祥地イタリアでは禁止。仏・独では裁判所の許可が要る。医師だけで自由にできるのは日・米・英。この3国は国民をどこへ導くのか。精神科医療で行われている脳電気ショックの廃止を訴える。
著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
水野 昭夫
1943年、宮崎県都城市に生まれる。1968年、鹿児島大学医学部卒業。1975年、宮崎市内で開業。現在、医療法人如月会理事長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


◆櫻井 芳雄・小池 康晴・鈴木 隆文・八木 透 200706 『ブレイン‐マシン・インタフェース最前線――脳と機械をむすぶ革新技術』,工業調査会,204p,ISBN-10: 4769351348 ISBN-13: 9784769351344 \2310 [amazon][kinokuniya]

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
櫻井 芳雄
1981年、京都大学文学研究科博士課程(心理学専攻)中退。医学博士。広島大学総合科学部人間行動研究講座助手、富山医科薬科大学医学部心理学研究室助教授、米国Johns Hopkins大学心理学部客員助教授、科学技術振興機構さきがけ研究21研究員(兼任)、京都大学霊長類研究所行動神経研究部門助教授、岡崎国立共同研究機構生理学研究所客員助教授(併任)を経て、1999年、京都大学大学院文学研究科心理学研究室教授となり、現在に至る。専門は神経科学と実験心理学。脳の情報表現を神経細胞の活動から調べている。2003年より総務省特定領域重点型研究開発(SCOPE)と科学技術振興機構戦略的創造研究推進事業(CREST)の研究代表者となり、ブレイン‐マシン・インタフェースの基礎研究を進めている
八木 透
1996年、名古屋大学大学院工学研究科博士後期課程(電子機械工学専攻)修了。工学博士。理化学研究所基礎特別研究員、名古屋大学大学院工学研究科助手、株式会社ニデック人工視覚研究所所長、独立行政法人理化学研究所研究員を経て、2005年、東京工業大学大学院情報理工学研究科助教授、2007年同大学大学院准教授。視覚を中心とした医用生体工学、生体情報工学、ロボット・システム工学に関する基礎・応用研究に従事している。2001年よりNEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)の国家プロジェクトに従事し、人工視覚システムを開発
小池 康晴
1989年、東京工業大学物理情報工学専攻修士修了。工学博士。同年トヨタ自動車(株)入社。1991年、ATR視聴覚機構研究所・1992年、ATR人間情報通信研究所出向。1995年、トヨタ自動車(株)復帰。1998年、東京工業大学精密工学研究所助教授、2007年同准教授となり、現在に至る。専門は計算論的神経科学と生体信号を用いたヒューマンインタフェース。脳の運動に関する情報処理機構をモデルを使って解析している。2000年より科学技術振興機構さきがけの研究代表になり、生体信号を用いたヒューマンインタフェースの研究を、2003年より戦略的創造研究推進事業(CREST)の研究分担者となり、ブレイン‐マシン・インタフェースの基礎研究を進めている
鈴木 隆文
1998年、東京大学大学院工学系研究科博士課程修了。工学博士。東京大学国際・産学共同研究センター助手、東京大学情報理工学系研究科特任講師を経て、2007年、東京大学大学院情報理工学系研究科講師となり、現在に至る。専門は神経工学。感覚神経刺激による人工触圧覚生成、運動神経情報による義手制御、神経系情報による人工心臓制御などの応用的課題に取り組む一方で、神経プローブ開発や神経信号処理などの基礎的課題にも取り組んでいる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


◆ブレント・ガーランド(Brent Garland) 著 古谷 和仁・久村 典子 訳 200707 『脳科学と倫理と法――神経倫理学入門』,みすず書房,239p, ISBN-10: 4622073153 ISBN-13: 9784622073154 \3570 [amazon][kinokuniya]
内容(「BOOK」データベースより)
本書は、神経科学の発展が倫理および法の枠組みに及ぼしうる影響について複数分野の専門家を集めて議論した、米国科学振興協会(AAAS)主催の研究会をもとに編まれた。神経倫理学という新しい分野の最初期の議論を跡付ける報告書として、今後の研究に多くの糸口を提供するものである。
著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ガーランド,ブレント
M.S.,J.D.米国科学振興協会(AAAS)の「科学における自由、責任、法律に関する行動計画」(科学、倫理、法律に関係する諸計画の推進および管理を担当する部門)で次席責任者。弁護士でもあり、ヴァージニア州弁護士協会において積極的に活動している。生体臨床医学、生命倫理学、生物工学といった分野を守備範囲とし、科学と法律との交点において生じる問題も多く扱う
古谷 和仁
翻訳家。東京大学工学部建築学科卒。東京大学大学院修士課程修了・博士課程単位取得退学
久村 典子
翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


◆池上 高志 200709 『動きが生命をつくる――生命と意識への構成論的アプローチ』,青土社,240p,ISBN-10: 4791763513 ISBN-13: 9784791763511 \2520 [amazon][kinokuniya]
内容(「BOOK」データベースより)
生命とは何か。意識とは、言語とは、音楽とは…。「諸科学の王」物理学を出自とする著者が、科学による還元論では解きえない根源的問題に挑むため選んだのが、コンピュータ・シミュレーションを駆使する「構成論的アプローチ」すなわち複雑系の科学。科学界のみならず芸術の世界でも注目を浴びはじめた、この方法と最新成果を、初めて一般に向け紹介する。
著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
池上 高志
複雑系研究者。1961年、長野県生まれ。1984年、東京大学理学部物理学科卒業。1989年、東京大学大学院理学系研究科博士課程修了。東京大学大学院総合文化研究科広域科学専攻広域システム科学系准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


◆「脳を活かす」研究会 200710 『ブレイン・デコーディング――脳情報を読む』,オーム社,194p,ISBN-10: 4274501418 ISBN-13: 9784274501418 \5250 [amazon][kinokuniya]
内容(「MARC」データベースより)
脳・心を読む技術から脳情報と性格、脳と芸術、ニューロマーケティングまで、広範な領域におけるブレイン・デコーディングの論文の数々を収録。2006年12月に大阪大学で開催されたシンポジウムの成果をまとめる。


◆「脳を活かす」研究会 200709 『ブレイン・マシン・インタフェース――脳と機械をつなぐ』,オーム社,204p,ISBN-10: 427450140X ISBN-13: 9784274501401 \5250 [amazon][kinokuniya]
内容(「BOOK」データベースより)
脳科学の新潮流。損傷脳回復、脳機能再建、行動研究、人工感覚器官、ロボット制御への応用。


◆理化学研究所脳科学総合研究センター 20071019 『脳研究の最前線(上巻)』(ブルーバックス),講談社,347p,ISBN-10: 4062575701 ISBN-13: 9784062575706 \1197 [amazon][kinokuniya]
◆理化学研究所脳科学総合研究センター 20071019 『脳研究の最前線(下巻)』(ブルーバックス),講談社,384p,ISBN-10: 406257571X ISBN-13: 9784062575713 \1197 [amazon][kinokuniya]

◆フェリペ フェルナンデス=アルメスト(Felipe Fern´andez‐Armesto) 著 長谷川 眞理子 訳 200808 『人間の境界はどこにあるのだろう?』,岩波書店,208p,ISBN-10: 4000242571 ISBN-13: 9784000242578 \2100 [amazon][kinokuniya]
内容(「BOOK」データベースより)
「人間であるとはどういうことか?」道具の使用、言語能力、芸術活動、道徳的行動―人間のみに具わるとされた優越性は、霊長類学や進化学などによって、人間以外の動物にも見られることが分かってきた。他民族や被征服者を人間以下の存在とみなしてきた例は、文化人類学や歴史学において事欠かない。人工知能や遺伝子工学の進展は「人間後(ポスト・ヒューマン)」の未来を暗示させている。人間と動物の間のグレーゾーンに分け入り、人間という概念の軌跡をたどる旅に出よう。「では、誰が人間なのだろうか」。
著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
フェルナンデス=アルメスト,フェリペ
雑誌編集者、オックスフォード大学研究員、ロンドン大学教授を経てタフツ大学教授。地球環境史・比較植民史・文明史
長谷川 眞理子
東京大学大学院理学系研究科博士課程単位取得退学。理学博士。東京大学理学部助手、専修大学法学部教授、早稲田大学政治経済学術院教授を経て、総合研究大学院大学葉山高等研究センター教授。行動生態学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


◆河野 哲也 20081114 『暴走する脳科学』,光文社,216p, ISBN-10: 4334034802 ISBN-13: 9784334034801 \777 [amazon][kinokuniya]
内容(「BOOK」データベースより)
脳研究によって、心の動きがわかるようになるのか。そもそも脳イコール心と言えるのか。脳を調べることで心の状態を読むことは可能か。人間の行動は脳によって決定され、自由などは幻想に過ぎないのか。脳研究が医療や教育、犯罪捜査、裁判などに応用されることは、どのような社会的インパクトを持ち、どのような倫理的問題が生じるだろうか。―“脳の時代”を生きる我々誰しもが持つ疑問に、気鋭の哲学者が明快に答える。現代人必読の“脳科学リテラシー”入門
出版社からのコメント
"脳トレ"は本当に効くのか?
"脳の時代"を生きる現代人必読の
"脳科学リテラシー"入門書!
●脳研究によって、心の動きがわかるようになるのか。
●そもそも脳イコール心と言えるのか。
●脳を調べることで心の状態を読むことは可能か。
●人間の行動は脳によって決定され、自由などは幻想に過ぎないのか。
●脳研究が医療や教育、犯罪捜査、裁判などに応用されることは、どのような社会的インパクトを持ち、どのような倫理的問題が生じるだろうか。
----"脳の時代"を生きる我々誰しもが持つ疑問に、気鋭の哲学者が明快に答える。現代人必読の書。
脳科学の知見に基づいているかのような誤解を与える「脳科学商品」や「脳トレーニング法」がすでに商品化されているが、こうした安易というだけでなく、道徳的・倫理的に問題のある「応用」は、この分野への不信感を不必要に増大させてしまうだろう。(中略)
科学者は、疑似科学や似非科学への注意の喚起を行う社会的義務があるはずである。(本文より)
【著者紹介】
河野哲也(こうのてつや)
一九六三年生まれ。慶應義塾大学大学院文学研究科博士課程修了。博士(哲学)。現在、立教大学文学部教育学科教授。専攻は哲学・倫理学。著書に『エコロジカルな心の哲学』『環境に拡がる心』(ともに勁草書房)、『メルロ=ポンティの意味論』(創文社)、『<心>はからだの外にある』(NHKブックス)、『善悪は実在するか』(講談社選書メチエ)などがある。


◆榊原 洋一 20090121 『「脳科学」の壁――脳機能イメージングで何が分かったのか』,講談社,190p,ISBN-10: 4062725509 ISBN-13: 9784062725507 \880 [amazon][kinokuniya]
内容紹介
脳科学で脳疾患はどこまで解明されてきたかDSなどで広く知られている「ゲーム脳」や前頭葉を鍛えるという「学習療法」の科学的根拠はいかにいい加減なものだったか。臨床医が喝破する「脳科学」の限界!
内容(「BOOK」データベースより)
脳科学の最難関「自己意識」の謎に多くのノーベル賞受賞者も挑戦してきたが…。音読や単純な計算ではなく、会話と散歩が脳を活性化。
著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
榊原 洋一
1951年、東京都に生まれる。医学博士。東京大学医学部を卒業。東京大学医学部講師、東京大学医学部附属病院小児科医長を経て、お茶の水女子大学教授。発達神経学、神経生化学を専門とし、小児科医として発達障害児の医療に長年携わっている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


美馬 達哉 20101220 『脳のエシックス――脳神経倫理学入門』,人文書院,251p. ISBN-10: 4409041010 ISBN-13: 978-4409041017 \2730 [amazon][kinokuniya] ※ be d07d2 en ne
内容紹介(同書の帯より)
脳科学をめぐる倫理は可能か
進展がめざましい脳科学の分野では現在,脳と医療科学技術をめぐる倫理のあり方が問われている.歴史の浅い議論ながら,急速な技術発展とともに,その問いの圏域は拡大し,世界的に緊急のテーマとなっている.本書は,多様なトピックから脳神経倫理学(ニューロエシックス)の輪郭を描き出す入門書であると同時に,ラディカルな批判書である.


■引用

◆Wissenschaftliche Abteilung des DRZE,2002,drze-Sachstandsbericht.Nr.1. Enhancement. Die ethische Diskussion uber biomedizinische Verbesserungen des Menschen,New York: Dana Press(=2007, 松田純・小椋宗一郎訳『エンハンスメント――バイオテクノロジーによる人間改造と倫理』知泉書館).

W 向精神薬によるこころの改良 行動分野3
「(…)そのため向精神薬の使用は精神医学の内部だけでなく、社会的にも議論を呼び、どのような場合にこの系統の医薬品を用いるべきか、また向精神薬がもつ人格変容作用を治療としてどう評価し、倫理的・社会的にどう評価すべきかが論じられるようになった。その際、生命倫理学の議論においては、「人格のエンハンスメント(改良)」の是非が問われることが多くなった。そうした議論の中心にあるのは、心理状態が病気かどうかの評価が必ずしも十分に解明されていない場合には、ある種の抗うつ薬の服用が〔その人の〕本当(Authenzitat)〔の人格性〕(T章三(4))を損なうことを意味しないかということである。」(Wissenschaftliche Abteilung des DRZE〔2002=2007:58-59〕)

「(…)ガーミエは、「日常的うつの病理化(Pathologisierung von Alltagsdepressionen)」を警告している。なぜなら、「薬によるこころの美容整形(kosmetische Pharmakologie)」による「クスリ中心主義の世界観(Pharmdkonzentrische Weltsicht)」に直面すると、われわれの人格性の一部を変更するために、あるいは自分や他者にとって社会的ないし道徳的に望ましくないとみなされるようなあり方を変更するために、医薬品が用いられる危険性が出てくるからだ。
(…)
クレイマーによって名づけられた「薬によるこころの美容整形」に対する決定的かつ根本的な反論は、〔医の〕介入目的に関わるというより、むしろ人格を変容させる方法すなわち投薬に関わる方法であるはずだ、とクレイマーは言う。
(…)
(…)というのも、よくよく考えてみると、練習や訓練、教育や修養による自己改良は自然であり、高度で驚嘆に値するものと捉えられるからだ。これに対し、作為的で有害ないしは堕落的な医術とみなされる手段は、しばしば道徳的に疑わしい形態と見なされる。(…)」(Wissenschaftliche Abteilung des DRZE〔2002=2007:66-9〕)

「五 向精神薬によって本物の人格は損なわれるか、それとも可能になるか?
(…)特定の人格の性格特性が誰かにとって変えようがなく本質的であるかどうかは、その当人がそれらの特性を自らのものとみなすかどうか、すなわち当人が自ら進んで(自律的に)それらの特性を保持するかどうか、それらの特性が本当に自分のものであるかどうかに大いに依存している。こうした諸事情のもとで、精神療法をプロザックの服用よりも「より本物(authentischer)」と捉えるべきかが議論されうる。かくしてドゥグラツィアは、〔人格の〕諸価値と自己理解が医学的治療の基礎として不変であるならば、プロザックを用いたいわゆる「不自然な」生化学的処置と、「間接的な」精神療法的処置との間にはもはやまったく違いがないという見解に達した。そうだとすれば、〔プロザックの使用を〕パターナリスティックに規制することを根拠づけることはまずできない。このかぎりで、プロザックの使用は、人間にとって本質的な「自己創発的プロジェクト」の本物の一部でありうる。それがエンハンスメントの諸形態を含んでいる場合であっても、このことは妥当するとドゥグラツィアは考える。」(Wissenschaftliche Abteilung des DRZE〔2002=2007:71〕)

◆Fukuyama, Francis 2002 OUR POSTHUMAN FUTURE : CONSEQUENCES OF THE BIOTECHNOLOGY REVOLUTION, Farrar. Straus and Giroux, New York. =20020927 鈴木 淑美 訳 『人間の終わり――バイオテクノロジーはなぜ危険か』,ダイヤモンド社,286p. 

第3章 行動を支配する薬
「自尊心の欠如を克服するための、まともで、道徳的に受け入れられる方法は、自分と闘い、他人と闘い、仕事を頑張り、時にはつらい犠牲に耐えた末に階段を上って、業績を認めてもらう、というものだ。(…)
 しかし今や、アメリカの製薬業界の登場である。ゾロフトやプロザックのような薬は、脳内のセロトニンレヴェルを高め、“壜入りの自尊心”を供給してくれる。」(Fukuyama〔2002=2002:54〕)

「合衆国における向精神薬の広がりは、三つの政治的流行を示している。(…)第一の流行は、一般の人たちの側に、自分の行動をできるだけ病気として捉えたい、それによって自分の責任を軽くしてもらいたい、という欲求があること。第二は、このプロセスに協力しよう、という経済的利益から団体が強く圧力をかけてくること。これには教師や医師のような社会的サーヴィスの提供者も含む。製薬会社同様、彼らも面倒な子どもの行動に介入するよりも、手っ取り早い生物学的方法を好むものだ。あらゆるものを医学の立場で扱おうとする試みから生まれる第三の流行とは、さらに多くの精神状態が治療の対象となっていく傾向である。(…)

(…)このような薬の撤廃を求めたり、治療に役立つのが明らかだとしてもその使用を切り詰めたいと望んだりする人は、ほとんどいないだろう。我々の頭痛の種になりそうなのは、これらの薬物が「美容薬理学」として、そもそも正常なふるまいをよりよくするために用いられることであり、あるいは社会的に有利だからといって、本来の正常な行動を変えるのに使われることである。」(Fukuyama〔2002=2002:62-4〕)

◆町田宗鳳・島薗進編著 20070920 『人間改造論――生命操作は幸福をもたらすのか?』 新曜社,205p. 

4 心のエンハンスメント 
「 エンハンスメントは自然の時間の流れのなかで起きているときはあまり不気味なものとは思われない。そして、本人の主体的な体験として連続性があるときは問題がないように感じられる。
 ところが、何ものか外側のものが瞬時に「注入」されたとなると、一気に不気味になってくる。ある集会で何らかの「心」が劇的に注入された、となるとわれわれは「洗脳」を疑い、それが連続した本人の主体的体験ではなく、人為的に断絶された人工的かつ不自然な体験であるかのように感知されるのである。」(町田・島薗編著〔2007:92〕)

◆上田 昌文・渡部 麻衣子 編 20080731 『エンハンスメント論争――身体・精神の増強と先端科学技術』,社会評論社, 288p.

教室の中のスマート・ドラッグ
「 なにをもって「正常」と言うかには、たくさんの問題点がある。教養のある人々の期待もあるため、近代医療には微妙な側面がうまれ、つまり治療と改善の境界がときに曖昧になるのだ。
(…)
 問題は他にもある。それは、子供や生徒に対してスマート・ドラッグが持ちうるかなり漠然としたものだ。すなわち、これらの薬を使うことで社会の不平等や不公平を本当に少なくすることができるのだろうか。それよりも、薬を手に入れられるかどうかによって、さらなる不平等を生み出す可能性も十分にあるのではないだろうか。認知改善薬を利用することで、人は自分で何かを成し遂げることによる達成感を失い、思いもよらない社会的な影響がもたらされるかもしれない。これらの薬が広く使われることで、人は薬を使うという以外の選択肢が考えられなくなるのではないだろうか。」(上田・渡部 編〔2008:78-81〕)

エンハンスメント論争をめぐる見取り図
「 エンハンスメントは、特定の医療技術や症状の診断結果を受けた措置というよりむしろ、「正常」の範囲を超えて「より優れた」能力向上のために向けられた、技術利用の「ベクトル(方向性)」のあり方であると考えた方が適切かもしれない。エンハンスメント論に共通して見出されるのは、我々が今後どのような社会で生活し、我々の身体や精神に対するいかなる技術介入が選択可能になるべきなのか/べきでないのか。また、先端生命科学技術のエンハンスメント的利用によって変容する可能性のある「人間のあり方」の揺らぎをどのようなかたちで受けとめればよいのか、といった主題群をめぐる論考である。」(上田・渡部 編〔2008:151〕)

「精神的逸脱傾向」への対処とエンハンスメント、そしてそれに対する社会的意味づけの変遷に関しては、特に医療社会学・医療人類学における「医療化論」の枠組みの中で、その多くが語られてきた(…)医療化とは、従来「非医療的問題」とみなされていた比較的微細な逸脱状態が、「病気あるいは障害という観点から医療問題として定義され処理されるようになる過程についての記述」である。そこでは、従来微細な精神的失調としか見なされなかった状態が、「精神障害」として把握されることに対する「「精神障害」カテゴリーの拡大」や、そこに生じうる「社会統制水準の向上」などの主題が指摘される場合も多い。(…)精神(疾患)領域におけるエンハンスメント問題は、この「医療化過程」や「「精神障害」カテゴリーの拡大」過程の中で生み出された産物である、という側面が強い。(上田・渡部 編〔2008:162〕)

 「また、エンハンスメント論自体が、社会の中で「医療的な介入が必要とされる位相」の拡大や「正常性概念」「障害概念」自体の拡張の延長に成立した問題群を対象としている、という認識自体もこの問題を論じる上では必要な視点だろう。
(…)
 エンハンスメント論を論じる際には、(…)そこで想定されている「エンハンスメントの結果到達されるべき人間の理想像」自体がいかなる「女性像」「男性像」「子ども像」「障がい者像」などを「理想像」として指定しているのかを問い直す作業が必要であるはずである。また同時にそうした「理想像」を想定し、そこに向けてあらゆる技術を利用することに伴うあり方自体を問い直す作業が求められる。」(上田・渡部 編〔2008:169〕)

◆信原 幸弘・原 塑 編 20080825 『脳神経倫理学の展望』,勁草書房, 357p.

第7章 薬で頭をよくする社会――スマートドラッグにみる自由と公平性、そして人間性
「 だがそのとき、様々な倫理的問題が浮上してくる。はたして、そうした薬(引用者――集中力・注意力・記憶力といった認知機能を増強させる効果をもつ薬物、つまり頭のよくなる薬をスマートドラッグ、SDと略記)を飲んで試験に臨むことは正しいことだろうか。あるいは、仕事の効率向上のためとはいえ、こうした薬物が世の中に出回ってよいものだろうか。そもそも何かを成し遂げたとしても、その達成がSDを用いてなされたものだとしたら、あまり価値ある達成とはいえないのではないか。SD反対派はこのような疑義を提出するだろう。しかし一方で、SD容認派も存在している。彼らは、薬理的な認知増強には何の倫理的問題もないというだろう。利用できるものを利用するのは、他人に迷惑をかけない限り本人の自由だというわけである。
(…)
格差拡大
 SD服用の容認派は、自由という理念に訴えて、このように議論する。特に他人に迷惑をかけるわけではないのだから、自分の判断で服用することに何の問題もない。それを規制するということは、個人の自由を侵害するということにほかならない。したがって、SDの服用は、個人の自主的な決定に委ねるべきだ、というのである。
(…)
(…)容認派はSDが美容整形と同様に受容されるとしているが、その根拠はまったく不明確である。ただたんに、そのように受容される可能性があるということを表明しているにすぎないように思われる。そして逆の可能性として、きわめて効果の高いSDが開発され、しかも富裕層にしか利用できないとなった場合は、やはりそこには懸念どおりの不正義が発生するのではなかろうか。容認派の主張を支えるためには、新技術がどのように社会的に受容されるのかということにかんする経験的な知見が不足しているのである。

競争社会の激化――結局は自由を損なう。
(…)競争社会の激化という事態が出来すると、簡単に「SD服用は個人の自由」と言って済ますことはできなくなる。SDの普及に伴って周囲の状況が服用を当然視するので、服用せずに勉強や仕事をしたいと望む人に対して、暗黙的な強制力が作用するようになってくるからである。すると当初は服用にかんして自由な判断が下されていたとしても、そうした自由によってやがて服用が強制される社会が出来上がってしまう。」(信原・原 編〔2008:175-9〕)

「人間性をめぐる対立へ
【人間性論法】(…)SDは(…)人間性を破壊する可能性がある。したがって、SDを容認することはできない。
(…)
人間性論法は以下のような要素からなる。
@努力・達成などの価値の低下
(…)
A古典的主体概念の凋落と機械的人間観の伸長
(…)
B人格・自己の同一性
(…)それは、SD服用の前後で「人格の同一性」を問うのが難しくなるからである。(…)認知能力の全面的な改善は、われわれ自身が誰であるかにとって根本的であること、すなわちアイデンティティの変容を意味する。(…)SDの服用はまさに本人そのものを変化させるのである。このように薬学の進歩は、人格や自己の従来のありようを変化させ、そうした概念や枠組みを不用のものとする可能性があるのだ。
C感情的拒否
D自己破壊」(信原・原 編〔2008:184-7〕)

「積極的容認派からの反論――人間性は変動的である
@価値の相対性
(…)
A感情
(…)抵抗や嫌悪感、あるいは忌避感情などに訴える反論も伝統的価値と同じく文化依存的な仕方でしか力を発揮せず、そのため、特定の文化圏においては自然だとみなされる感情的反応によっては、SD拒絶が決定的に根拠づけられはしないのである。
B介入的技術もまた自然である
(…)
C自己・人格
(…)
さて、このプロセスをSDによって加速させたところで、何の問題があるのだろう。(…)そもそも固定的な自己観・人格観を前提にしているがゆえに、自己変容への恐怖が生じるのであり、自己にかんして適切な見方、すなわち動態的な自己観を取れるようになれば問題は生じないのである。
(…)
いずれにせよ、責任のある行為主体としての個人という現在の枠組みは、いずれ脳神経科学にもとづく別の枠組みに取って代わられる可能性がある。
(…)
D自己破壊的?
容認派にとっては、現在の自己・人格ひいては人間性といったものは、積極的な改変によって常に乗り越えられるべき対象として存在しているのだ。」(信原・原 編〔2008:187-91〕)

第8章 記憶の消去と人格の同一性の危機
「本論は以上のような立場から、脳神経科学の発展に伴って問い直される人格の同一性の問題を考察する。記憶の継続性こそが人格の同一性にとって重要であるならば、記憶を人為的に消去したり変更したりすることは人格の同一性への人為的な介入となるのではないか。人格の同一性を脅かす可能性がある記憶の操作は倫理的に許されるのだろうか。こうした問いを念頭に置きつつ、具体的に本論ではPTSD(心的外傷後ストレス障害)の治療薬としても用いられるプロプラノロールの薬効に焦点を当て、プロプラノロールの服用がもたらす記憶の消去あるいは変更と人格の同一性の問題、なかでもその倫理的な側面を考察したい。」(信原・原 編〔2008:203-4〕)

「現在のところ、PTSDを引き起こすようなマイナスの価値を含む記憶を選択的に消去することができる薬物はない。プロプラノロールの服用によってもたらされるのは記憶の消去ではなく、記憶の部分的な変更である。記憶を部分的に変更したとしても、R関係(引用者―人格の同一性の基準をR関係の成立と考える。R関係とは記憶が部分的にであれ継続していること)は成り立ち、人格の同一性が損なわれることはない。だからこそ、プロプラノロールを服用することでPTSD患者の心理的・肉体的苦痛が和らぐのであれば、他の薬物療法や心理療法と組み合わせながら、プロプラノロールを有効に利用するのは極めて自然である。
また、プロプラノロールをエンハンスメント目的に使用する場合であっても、プロプラノロールの薬効が記憶の部分的な変更にとどまるのであれば、人格の同一性の観点から、積極的に反対する理由はないと思われる。」(信原・原 編〔2008:221-2〕)

◆UTCP「脳科学と倫理」プログラム編20100312 『脳科学時代の倫理と社会』,東京大学グローバルCOE「共生のための国際哲学教育研究センター」

「(…)医療化批判、特に「社会の医療化」と呼ばれるものを批判的に論じる文脈において、どのような不正さが懸念されてきたのかを規範倫理学的な観点から再度掘り起こして、概観していく。このような観点から見た場合、社会の医療化は、主に以下の三つぐらいの観点から批判されていることになる。

(イ)ヘルスケアにかかるコストや医療費を増大させるがゆえに不正であるという論点
(ロ)健康や普通さに関する各人の自律的な判断や考え方を損なうがゆえに不正であるという論点
(ハ)本来社会的・政治的な取り組みによって解決されるべき問題が一個人の問題として解決が図られるべきとされるがゆえに不正であるという論点」(UTCP「脳科学と倫理」プログラム編〔2010:117〕)

「 このように何が重要なのか、あるいは、何が普通なのかについての自己決定の領域が狭められ、その規範が他人から押し付けられるようになることは、自律尊重原則が重視される昨今の生命倫理においてはとりわけ真剣に懸念される必要があるかもしれない。」(UTCP「脳科学と倫理」プログラム編〔2010:119-20〕)

「従って、気分を操作、改良するニューロエンハンスメントによって医療化されるものは、気分の変動に対処する自己の知恵や忍耐と、家族や社会における共感や連帯の感覚であると言える。」(UTCP「脳科学と倫理」プログラム編〔2010:122〕)

「つまり、このようなニューロエンハンスメントを医療の枠内で提供していけば、「気分の落ち込みは(うつ病とは言えない程度のものであろうとも)、薬によって改善されるべきある」という規範的判断が広まり、各人の健康に関する自律的な判断が損なわれる可能性がある。」(UTCP「脳科学と倫理」プログラム編〔2010:123〕)

「このようなエンハンスメントによる責任の拡大は、医療の枠内において行われる場合に限定される話ではない。しかしながら、とりわけ医療が関与して行われる場合には、責任の拡大の傾向は強くなる。なぜならば、医療の扱うべき対象とされる病気や疾患という概念自体に、治療されるべき対象という規範的判断が含まれうるからである(…)」(UTCP「脳科学と倫理」プログラム編〔2010:129〕)



*作成:植村 要,松枝亜希子
UP:20090731 REV:20091229 20100108, 20110209
エンハンスメント  ◇抗うつ剤関連
TOP HOME (http://www.arsvi.com)