HOME > BOOK >

自然|nature / 自然な|natural


Tweet


人工物|artifact / 人工|nartificial
サイボーグ|cyborg

◆立岩 真也 1997/09/05 『私的所有論』,勁草書房,445+66p. ISBN-10: 4326601175 ISBN-13: 978-4326601172 6300 [amazon][kinokuniya] ※
◆立岩 真也 2013/05/20 『私的所有論 第2版』,生活書院・文庫版,973p. ISBN-10: 4865000062 ISBN-13: 978-4865000061 1800+ [amazon][kinokuniya] ※
Tateiwa, Shinya(立岩 真也) 2016 On Private Property, English Version, Kyoto Books

4.1.4 "Nature"

The assertion that "one should not control or manipulate" is also sometimes expressed as fear or awe of the act of manipulation. There is the claim that if, as seems to have been demonstrated many times in the past, human beings have a tendency to act based on short-term or incomplete calculations of the results of their actions, cannot determine what is truly in their own best interests, and ultimately come to the wrong decision regarding what should be done, then they (we) should leave well enough alone.

But this position is developed in relation to the extent to which it is possible to control events and to predict their outcome in practice. If by some method accurate predictions could be made and effective manipulation carried out, the problem would disappear. Of course this is an optimistic way of looking at things, and it may indeed be wiser to take the view that such predictions are impossible. But even if we take this approach, we are left with trying to cope with our limitations; the problem is a practical one involving the limits of human ability4. As a result the question becomes to what extent we are able to successfully predict and manipulate in practice, and in principle the problem would be solved if humans were cleverer and more able. Also, it is clear that most issues that arise in relation to nature involve problems of survival and living comfortably. But while these considerations are important, this perspective is not the only fundamental approach that can be taken in arguing for the protection of "nature."

What must be protected is not nature as a set of "laws;" we are not compelled to protect nature because to fail to do so would violate the "laws" of nature. Our doubts and concerns about changing nature using technology do not arise because to do so would violate its laws. For one thing, it is in fact impossible for us to violate these laws. Whatever we do, our actions conform to the mechanical laws of nature. Everything that occurs falls within these laws. Human beings acquiring a greater ability to control the natural world than other species is itself a part of the history of nature, as is our control and subjugation of the natural world around us. for another thing, we cannot say that because of such and such a natural phenomenon human beings must behave in a certain way. In practice these kinds of arguments lead nowhere. To cite an example from quite a long time ago, proponents of the Imanishi Kinji school of evolution cited various natural phenomena in their opposition to various claims of Darwinian evolution. Which view provides a more accurate awareness of nature is not what is given greatest importance here. Proponents of these theories first pick the view they like best and then use "nature" and "natural science" to support their chosen beliefs. There are also those who claim that since "nature" has particular features it is correct or incorrect for us to do certain things. It is no doubt true that in some respects humans must follow certain rules laid down by nature in order to survive. But apart from such cases, these arguments - I will touch on some of them in detail, including "social Darwinism" and "eugenics," in Chapter 6 - use a dependence on nature to bolster assertions that are already held by their proponents; they are nothing more than the results of a religious-like faith in "nature (natural science)"5.

Unrelated to what is discussed above, there are some things that I think should not be done or interfered with. This is not because human beings may make mistakes or wrong decisions (which implies that there must be some kind of "right" way of doing things) but rather because of a sense that certain things should not be controlled. More specifically, I have the sense that when we make such decisions, the values we have, which at any rate are the values we live by regardless of how well-founded they are, seem unlikely to amount to much on closer examination. This means we should restrict the range of our own control over others and refrain from imposing our own values on them. I do not think that this way of thinking is possible given a worldview of simple ignorance or conservative opposition to the appearance of the new. It does not stem from doubts about our inability to make accurate long-term or all-encompassing predictions, but rather from a more fundamental skepticism about human values, a kind of pessimism mixed with hope regarding what might exist and awareness of what does in fact exist beyond the range of my own views and beliefs.

In other words, we act on our desires for control and subjugation in practice, but when we are asked whether this sort of world is a good world, I think we have the feeling that in some sense it is not. Our desires are in some sense being rejected. In our relationships with others our desire to possess them encounters opposition and is frustrated, while nonetheless continuing to exist as a desire within us. But this frustration need not necessarily be accepted as our failure. On the contrary, I think that it is because of our inability to exert control that we are able to take pleasure in the world and other people. I qualify this assertion with "I think," but here there are some things that can only be thought of in this way. For example, we do not want to cause a species to become extinct. This disinclination does not come from a "law" of nature. Nature does not provide us with such rules or norms. And if a minimum standard of environmental management is maintained and appropriate limits are set, it seems likely that the extinction of one, two, or even perhaps a great many species should not pose a threat to our survival. We live, and can only live, by modifying and interfering with nature, and yet we nonetheless have feelings of fear and sadness towards the extinction of other species. If this is the case, we can only think in this way. There is no need to struggle to link our feelings to a "threat to humanity" or our own "ruin." Of course, there are in fact genuine problems related to threats to our survival and our potential destruction, and these problems must be taken seriously. But it is also the case that this is not all there is to the issue, and we need not always speak in such serious terms as "ruin" and "flourishing"

Let me confirm here a few things that should go without saying. The above is an anthropocentric view, and may also be considered a form of ethics. The world is the world that appears to us, this is the only world there is, and we address this world as described above. There is no other way to deal with the world. It is therefore impossible and meaningless to criticize this view as being incomplete or an impure approach to the protection of nature because it is "anthropocentric." The world that appears to me as a world that exists apart from me appears as a world that I neither can nor should control6.

 [4]「自然」
 「操作しない」という主張は、操作することに対する恐れ、畏れのようなものとして表出されることもある。これまで幾度もそうであったように、短期的・部分的な予測によって動きがちな人間は、結局選択を間違える、人は自己にとって本当によいことを時に判断することができない、ならば、そこには手を触れるべきではないと言う。
 だがまずその立場は、(どの程度)制御可能か制御可能でないか、そして予測可能か可能でないかという事実に関わって成立する。もし、なんらかの手立てを使って、予測可能になり制御可能になるなら、問題はなくなる。もちろんこれは楽観的な見方であり、予測不可能性を考えに入れる方がより賢明なのかもしれない。しかしやはりそれでも、不可能性を考えた上で対処せよということなのだから、これは事実としての人間の能力の問題である◆04。ゆえにこれは、実際にどこまで可能かどうかという問題はあるにせよ、原理的には、もっと人間が賢くなればよいということである。そして、自然を巡る多くの問題が、生存、快適な生存を巡る問題であることは明らかである。だが、それは▽200 重要ではあるが、「自然」を擁護する時の基本的な論点では、少なくとも唯一の論点ではない。
 次に、守るべきものは「法則」としての自然ではなく、守るべきなのは、守らないことがその「掟」に反するからではない。技術が自然を改変することに疑問を持つのは、それが自然の法則を逸脱するからではない。第一に、そもそも私達が自然の法則に違反することは不可能である。どんなことをしても、少なくとも私達は力学の法則には従っている。すべてが法則の内部で行われている。そして、人間が他の種に優越する制御能力を獲得したこともまた自然史の一部であり、自然を制御し支配することもまた自然の一部である。第二に、自然がしかじかであることから、私達がこうでなければならないということを言えない。実際にはその類いの議論が横行している。例えば、だいぶ昔に流行ったものでは、ダーウィン流の進化論はしかじかであるのに対して今西(錦司)流の進化論はしかじかといったものがあった。どちらがより自然認識として妥当であるかはここではどうでもよい。こちらの見方が私は好きだという選好がまずあって、それを支えてくれるものとして「自然」そして「自然科学」が持ち出される。あるいは、「自然」はこうだから、私達はこうであるべきである、私達がしていることは正しい、あるいは正しくないとする。人間が「生存」していくためには掟に従わなければならないと▽201 いうことはあるだろう。だがこのことを除けば、これら――第6章で少し触れる「社会ダーウィニズム」や「優生学」もその一種である――はみな、自らの主張の根拠、主張の補強として、自然に依拠している、自然を持ち出しているのであり、ただ単に「自然(科学)」信仰のもとにあるというだけである。◆05
 こうしたことと関係なく、私が手を触れようと思わないことがある。人間はとかく選択を誤る(と言うからにはどこかに正しいことがある)という理由によってではなく、制御すべきではないという感覚があると思う。すなわち、決定する側にあるもの、私達の有する価値が、どれほどのものか、とりあえずこういう価値観で生きてはいるが、つきつめてみればそれは何程のものでもないはずだという感覚である。このことは、他者に対して、自己の制御の及ぶ範囲を限定するということ、他者に対して自らの価値の適用を断念するということである。これを単に無知、あるいは新しいものが出現することに対する保守的な観念によると考えることはできないと思う。単に長期的・総合的な予測ができないなどというのでない、もっと基本的な人間の価値に対する懐疑、ある種の悲観があり、また私の範囲にないものがあることに対する希望、あるいはそれらが実際にあるという感覚がある。
 つまり、制御し支配したいと思い、実際そのために行動する私達は、他方で、そのよ▽202 うな世界は良い世界かと問われる時に、どこかで、そうではないだろうと考えていると思う。私達の欲望はどこかで否定される。他者との関係の中で、自己による他者の領有という観念が抵抗に会い、挫折する。私達の欲望は欲望として残りながら。しかし、その挫折を私達は失敗とだけ受け取るのではない。むしろ自己によって制御不可能であるゆえに、私達は世界、他者を享受するのだと思う。思う、と述べた。だが、それはそのようにしか考えることができないということでもある。例えばある生物の種を絶滅させたくはないと思う。これは、自然が「掟」としてあるからではない。自然は規範を示さない。また、適切な自然の管理さえ怠らなければ、一定の限界を設けその基準を遵守することさえできれば、一つや二つのまたもっと多くの種の絶滅は、私達の生存を危うくすることにならないだろう。そして私達は確かに自然に介入し、改変しながら生きているし、生きているしかない。しかしにもかかわらず、絶滅を恐れる、あるいは悲しむ感覚がある。とすると、このように考えるしかない。それを、無理に「人類の危機」や「滅亡」に結びつける必要はないのだ。もちろん、危機や滅亡にかかわる問題は現実にあるのだし、それはそれで深刻で重要なことではあろう。ただ、それだけではないことも確かなことであり、いつも「滅亡」や「繁栄」といった真面目なことだけを言わなければならないのではない。
 ▽203 言うまでもないことを確認しよう。以上は、人間中心主義的な感覚、倫理と言えるなら倫理、である。世界は私に現れた世界であり、私に現れた世界でしかなく、その世界を私達は以上のように受け取るのである。だがこれ以外に世界の受け取りようはない。だから、このことが何か「人間中心的」であるがゆえに、自然を擁護する思想として不純であり、不徹底だと批判することは不可能であり、無意味である。私に現れるものとしての世界が、私ではない世界として、私にとって制御できるものでなく、制御されるべきものでない世界として現れるのである◆06。


UP: REV:20160626
人工物|artifact /人工|artificial 
TOP HOME (http://www.arsvi.com)