HOME >

「心神喪失者医療観察法」2005

精神障害/精神障害者 2005 



◆2005/02/20 心神喪失者等医療観察法を許すな ネットワーク第7回連続討論・学習会
 グランドデザインに見る 今後の「障害者」の置かれる状況――国は「障害者」をどうしようとしているのか
◆長野 英子 2005/03/14 「精神科外来公費負担制度32条撤廃と心神喪失者等医療観察法」
長野 英子 2005/03/25 「心神喪失者等医療観察法と障害者自立支援法案」
 『労働者住民医療』181(2005-3) 特集:障害者自立支援法案をめぐって
 http://popup.tok2.com/home2/nagano2/0503rouju.htm
◆2005/03/30 「心神喪失者医療観察法、施行前に法改正――既存病院代用、経過措置を検討。」
 『日本経済新聞』2005/03/30朝刊
◆愛知県〇(ゼロ)の会事務局会・笹島日雇労働組合 2005/03/28 「公開質問書」→独立行政法人 国立病院機構 東尾張病院医局員一同殿・職員一同殿
 http://popup.tok2.com/home2/nagano2/0503280nokai.htm
七瀬 タロウ 2005/03/30 「心神喪失者医療観察法 7月法律施行前に異例の法「改正」の事態!」
 http://www.janjan.jp/living/0503/0503295090/1.php
◆2005/04/16 国の障害者政策は どう変わろうとしているのか?ーグランドデザイン・「自立支援法」って何?−
◆2005/04/24 心神喪失者等医療観察法(予防拘禁法)を許すなネットワーク連続学習討論会第8回
◆山本 真理(ペンネーム長野 英子) 2005/04/28 「障害者自立支援法の問題点――精神障害者から見ると」
 http://popup.tok2.com/home2/nagano2/050428nekin.htm
◆2005/05/14 心神喪失者等医療観察法(予防拘禁法)を許すな!ネットワーク
 声明 心神喪失者等医療観察法の廃止を求める!+署名呼びかけ
日本弁護士連合会 2005/06/17 「心神喪失者等医療観察法の施行延期に関する意見書」
 http://nagano.dee.cc/0506JBA.htm
◆大野 萌子 2005/07 「「心神喪失等医療観察法」に異議あり」
 http://nagano.dee.cc/0507haishi.htm
◆2005/07/13 「医療観察法15日施行/施設整備遅れ、法改正も」
 『四国新聞』
 http://www.shikoku-np.co.jp/news/news.aspx?id=20050713000357
◆2005/07/22 心神喪失者等医療観察法(予防拘禁法)を許すな!ネットワーク
 「医療観察法初適用を弾劾する――全治1週間の障害で予防拘禁」
◆2005/07/27 「医療観察法審判 大阪地検が申請 放火で不起訴の女性」
 『朝日新聞』2005年7月27日朝刊
◆2005/07/30 「医療観察法:地検松戸支部が県内初の適用 逮捕の女性、地裁が鑑定入院命令/千葉」
 『毎日新聞』2005/07/30
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050730-00000314-mailo-l12

◆医療・福祉の戦争協力に反対する連絡会議 2005/08/01 「医療観察法の適用を弾劾する」
◆2005/08/05 「静岡・店主刺殺 医療観察の審判申し立て 地検、県内で初 「心神喪失」と容疑者不起訴」
 『静岡新聞』2005/08/05
 http://www.shizushin.com/local_social/20050805000000000010.htm
◆2005/10/06 医療観察法学習会(仮題)
◆2005/10/07〜08 第48回日本病院地域精神医学会総会
◆2005/11/19 心神喪失者等医療観察法(予防拘禁法)を許すな!ネットワーク全国交流会
◆2005/11/20 心神喪失者等医療観察法(予防拘禁法)を許すな!ネットワーク第2回総会



 
 
>TOP

◆2005/07/13 「医療観察法15日施行/施設整備遅れ、法改正も」
 『四国新聞』
 http://www.shikoku-np.co.jp/news/news.aspx?id=20050713000357

  「重大事件を起こしながら心神喪失などを理由に刑罰を科されなかった精神障害者について、地裁の判断で入院・通院による治療を強制的に受けさせ、再発を防止することを目的とした心神喪失者医療観察法が15日、施行される。
  2003年7月の成立から既に2年。入院施設の整備が大幅に遅れており、法が定める施行期限ぎりぎりのスタートとなった。入院施設確保のため、施設の要件を一時的に緩和する法改正が早くも取りざたされ、関係者には「制度は十分機能するのか」との危機感が強い。
  心神喪失・耗弱状態で殺人、強盗などの事件を起こし不起訴とされたり、起訴されたものの無罪や執行猶予判決を受けた精神障害者が対象。検察官の申し立てを受け、地裁(裁判官と精神科医各1人による合議)が精神鑑定を実施した上で審判を開き、入院・通院などを決定する。審判は非公開だが、事件の被害者や遺族は地裁の許可を得て傍聴することが可能だ。」


 
 
>TOP

医療観察法初適用を弾劾する
全治1週間の障害で予防拘禁

 報道によると、6月28日東北新幹線乗客の男性に消火器で殴りかかり、傷害
の疑いで逮捕された東京都の男性について、福島地検は19日に初の心神喪失者
等医療観察法の申し立てを行った。福島地裁は鑑定入院命令を出したとのことで
ある。福島地検は「傷害の程度は1週間で重大とは言えないが、無関係の人を殴
打している」などと適用理由を説明している。通常であれば、微罪につきそもそ
も逮捕もないか、もしくは起訴猶予ということで直ちに釈放される事例である。

 今回はこの男性が「統合失調症であり、責任能力が低い」ということで起訴猶
予となり、心神喪失者等医療観察法の申し立てが行われた。この男性は鑑定入院
命令により、強制的に精神病院に監禁された。鑑定入院ということは、本来必要
な医療が優先され保障されず、あくまで鑑定が優先されるということだ。さらに
鑑定という行為自体が、本人にとっては病状に悪影響をおよぼす行為である。

 仮にこの事件が病状悪化によるものであるとするなら、本来速やかな医療保障
がなされるべきであるし、その上で慎重な司法手続きが行われるべきものであ
る。心神喪失者等医療観察法の適用により、この男性は医療保障どころか、病状
を悪化させる鑑定入院を強いられている。心神喪失者等医療観察法の国会審議の
際に、この法の致命的欠点として指摘された、医療保障の遅れがいま現実化した。

 通常であれば即釈放されるほどの微罪にもかかわらず、医療観察法の申し立て
がされ、2ヶ月から3ヶ月の鑑定入院による身柄拘束がなされる。仮に医療観察
法対象者となれば、強制的に不定期に予防拘禁される。施設から出られたとして
も地域で強制通院監視の下に置かれることになる。地検自身が事件は「重大とは
言えない」としており、これでは犯罪を犯したものすべてが心神喪失者等医療観
察法のルートに乗せられることになる。

 精神障害者というだけでこれほどの差別的な拘禁と監視を押し付けられる、今
回の初適用こそが、心神喪失者等医療観察法の矛盾と差別性を明らかにしている
と断じざるを得ない。

 医療観察法のもとでの拘禁施設数も、そこで働く精神科医はじめスタッフも不
足したままで強引に施行した上に、今回の微罪での初適用を私たちは弾劾する。

 私たちは福島地検に対し直ちに申し立てを撤回することを求める。さらに福島
地裁が本人の利益と医療保障のために直ちに鑑定命令を撤回し本人を釈放するよ
う要請する。

2005年7月22日

心神喪失者等医療観察法(予防拘禁法)を許すな! ネットワーク
連絡先:目黒郵便局留 電話 090-8432-1091
Email:kyodou-owner@egroups.co.jp


 
 
>TOP

◆2005/07/27 「医療観察法審判 大阪地検が申請 放火で不起訴の女性」
 『朝日新聞』2005年7月27日朝刊

  「自宅に放火したとして現住建造物等放火容疑で送検されていた大阪市の無職女性(54)について、大阪地検は26日、犯行時は心神喪失状態だったとして不起訴処分にするとともに、心神喪失者医療観察法に基づいて治療の措置を決めるための審判を大阪地裁に申し立てた。同地裁は同日、鑑定のための入院命令を出し、女性は大阪府内の医療機関に移された。同法に基づく審判の申し立ては、福島、さいたま地検に続いて全国3例目。
 女性は今月5日、大阪市内の自宅1階で、座布団などに灯油をまいて火を付け、自宅や隣家計4棟を燃やしたとされる。

◇2005/07/27
「医療観察法適用 審判を申し立て 大阪地検、放火事件で」
 『日本経済新聞』2005年7月27日朝刊

 大阪地検は二十六日、自宅への放火容疑で逮捕された大阪市の無職女性(54)を「責任能力がない」として不起訴処分にした上で、心神喪失者医療観察法に基づき、女性の処遇決定を求める審判を大阪地裁に申し立てた。地裁は同日、女性を鑑定入院させることを決めた。今月十五日に施行された同法に基づく審判の申し立ては全国で三例目。
 同地検によると、女性は五日、大阪市内の木造二階建ての自宅に放火。隣接する民家を含め四棟を全半焼させた。同地検は女性に対する簡易精神鑑定を実施、心神喪失との診断結果が出たため不起訴処分にした。


 
 
>TOP

◆2005/07/30 「医療観察法:地検松戸支部が県内初の適用 逮捕の女性、地裁が鑑定入院命令/千葉」
 『毎日新聞』2005/07/30
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050730-00000314-mailo-l12

 「千葉地検松戸支部は29日、殺人未遂容疑で逮捕された野田市の無職の女性(61)を不起訴処分(起訴猶予)とした上で、心神喪失者医療観察法に基づき、千葉地裁松戸支部に審判を申し立てた。同日、同支部は鑑定入院命令を出した。同法の適用は県内で初めて。
 地検などによると、女性は7月10日午前、自宅で夫(66)の首などを果物ナイフ(刃渡り12センチ)で突き刺し、2週間の重傷を負わせたとして殺人未遂容疑で逮捕された。地検は捜査段階で傷害事件と認定したものの、簡易精神診断を行った結果「心神耗弱」と認められたため、不起訴処分とする一方、同法の適用を決めた。今後、精神科医と裁判官の合議制で審判を行う。
 同法では殺人などの重大事件を起こしながら心神喪失などを理由に刑事責任が問えなかった容疑者・被告に対し、再犯を防ぐため検察官から審判申し立てを受けた裁判官が入院・通院を命じることができる。
 01年6月の大阪教育大付属池田小学校の乱入殺傷事件を契機に法整備され、今月15日に施行された。【神澤龍二】」


 
 
>TOP

医療観察法の適用を弾劾する

 平和を求め、戦争に反対する全ての医療・福祉の従事者、病者、障碍者、学生、市民の皆さん。
 政府は、一昨年7月に強行的に成立した「医療観察法」について、理念的には破綻し、十分な整備が伴わないにもかかわらずこの7月15日に施行を強行した。私たち、医療、福祉に関わる労働者、市民、障碍当事者はこの施行を満腔の怒りをもって弾劾する。
 この法律は、2001年の池田小学校事件を契機に、あらゆる理性的な議論を封殺し、政治的に強行されたものである。法律は殺人(未遂も含む)、放火(未遂)、強姦、強制わいせつ(未遂)、傷害を行ない、心神喪失や心神耗弱により不起訴等の処分を受けた精神障碍者に対して、再び対象行為を行う恐れ(実質的な再犯の恐れ)を根拠に特別施設に不定期に拘束し、強制的な治療を施す予防拘禁法そのものである。政府はこの法律の対象者を年間300人と見積もっているにもかかわらず、各地で地元住民による建設反対の声にあって、施行当日までに施設が完成したのは国立精神・神経センター武蔵病院(33床)だけである。そればかりではない。「手厚い医療」を施すとは名ばかりで、精神科医を初め、十分な治療スタッフの確保も出来ないまま、施行の既成事実を作らんとして踏み切ったわけである。
 現在施行からまだ2週間しかたたないが、新聞報道によると8名が対象者と認定されている。最初に適用された男性は傷害の疑いで逮捕されており、障碍の程度は一週間にもかかわらず、「重大とは言えないが、無関係の人を殴打している」などと適用理由を説明している。通常であれば、微罪につき直ちに釈放される事例である。又、東京、千葉の2名の対象者は、施行期日をさかのぼって適用されている。彼らは、検察庁により医療観察法の申し立てが行われ、鑑定入院命令が出され、拘禁を強いられている。いずれも医療観察法の適用により、医療保障は十分にされないまま、病状を悪化させる鑑定入院を命じられている。審判の結果医療観察法の対象者となれば、更に不定期に拘禁施設に拘束され、施設から出られたとしても、最高5年にわたり地域において監視下に置かれた状態での強制通院が待っているわけである。
 このように政府は何が何でも制度をスタートさせ、精神障碍者と認定されれば、誰もがどんな些細な事件であっても、差別的な拘禁と監視下に置かれることを余儀なくされるわけである。
 今日障碍者の自立と社会参加の促進が図られるべき時に、障碍者が抹殺されようとしている。そればかりではない。一昨年の自衛隊の海外派兵が強行されて以来、立川での自衛隊官舎へのビラ入れや葛飾のマンションへのビラ入れ弾圧に見られるように治安弾圧が横行している。今こそ戦争協力を許さない闘いが求められている。
 私たちは各地方検察庁が直ちに医療観察法の申し立てを撤回し、本人を釈放するように要求する。また、各地方裁判所が鑑定入院命令を撤回し、速やかに本人の利益のために医療保障を行うことを要請する。
 私たち医療・福祉に関わる労働者、市民、障碍当事者は、このような障碍者を抹殺する医療観察法の廃止に向けて、多くの学生、失業者、障碍者、住民とともに連帯して闘い続ける決意である。
2005年 8月 1日

 医療・福祉の戦争協力に反対する連絡会議
http://mwhansen.hp.infoseek.co.jp/


 
 
>TOP

◆2005/08/05 「静岡・店主刺殺 医療観察の審判申し立て 地検、県内で初 「心神喪失」と容疑者不起訴」
 『静岡新聞』2005/08/05
 http://www.shizushin.com/local_social/20050805000000000010.htm

 「昨年11月、静岡市内のうなぎ店主が突然、店に入ってきた男に刺殺された事件で、静岡地検は4日、店主を殺害したとして殺人容疑で逮捕された菊川市の無職の男性(47)を「犯行時、心神喪失状態にあった」として不起訴処分とした上で、心神喪失者医療観察法に基づく審判を静岡地裁に申し立てた。静岡地裁は同日、鑑定入院の措置を取った。7月15日に施行された同法に基づく申し立ては県内で初めて。
 地検によると、男性は昨年11月13日夜、営業中のうなぎ店に押し入り、調理場の包丁を奪って、店前の路上で面識のない店主=当時(81)=を数回刺し、殺害したとされる。地検は約8カ月間の精神鑑定の結果、「男性は犯行当時、アルコール幻覚症で、刑事責任は問えない」と判断した。
 今後は約2カ月間の鑑定を経て、裁判官と精神科医の精神保健審判員の合議による審判で、強制的な入院や通院をさせるか、同法による医療を行わない決定をするか、男性の処遇を決める。」


 
 
>TOP

◆2005/10/06 医療観察法学習会(仮題)

10月6日(木)午後1時から4時
問題提起 八尋光秀弁護士 山本真理
会場 あいれふ7階研修室(福岡市中央区舞鶴)
主催 精神保健福祉ウォッチング
共催 福岡市精神保健福祉センター
お問い合わせ
和田智子 (医療観察法学習会準備会)


UP:20050726 REV:0802,04
精神障害/精神障害者
TOP HOME (http://www.arsvi.com)