HOME > 事項 > 精神障害/精神医療 >

「精神科特例」関連


last update: 20110715

■目次

紹介
年表
国会・審議会等での議論,および報告書・意見書・関係団体の声明等
文献
関連ホームページ(外部リンク)


>TOP

■紹介

このページは、「精神科特例」に関連する様々な情報を集積しています.


>TOP

■年表

 1948年 医療法制定;第21条=病院の人員および施設整備規定⇒医療法施行令第4条6項=精神病院従業者の定員の特例規定.
 1950年05月19日  精神衛生法制定;厚生事務次官通達(発衛第118号)=定員50人に2人の専門医・患者5人に1人の看護婦(人)やむを得ない時その2分の1は補助者でも可とする.
 1958年10月02日  厚生事務次官通達がいわゆる精神科特例(発医第132号)=精神病院を特殊病院と規定・医師の数は一般病院の3分の1・看護婦数は3分2を可とし、上記の118号規定の条項は廃止
 1958年10月06日  厚生省医務局長通知(発医第809号)医師の確保が困難な場合暫定的にこれを考慮し運用することも可.
 1961年      精神衛生法一部改正;措置入院に対する国庫負担率が5割から8割に引き上げられる.
 1985年      第一次医療法改正;都道府県医療計画制度導入
 1992年      第二次医療法改正;療養型病床群制度の創設、特定機能病院制度の創設
 1997年      第三次医療法改正;地域医療支援病院制度の創設、医療計画制度の充実、診療所への療養型病床群の設置.
 2000年      第四次医療法改正成立;病床区分の見直し、臨床研修の必修化、医療情報提供の推進(広告規制緩和)
 1997年07月01日  医療審議会において「医療提供体制の改革について」(中間報告).
 1998年09月30日  人員配置基準など医療提供体制改革についての議論開始.
 1999年07月01日  中間報告案の提示;病床を急性期と慢性期に区分することを基本とし精神病床の詳細については別途検討.
 1999年11月16日  「精神病床のあり方や機能区分について等」に関して,公衆衛生審議会精神保健福祉部会で議論開始.
 2000年01月    公衆衛生審議会が精神病床の機能区分のあり方関する意見書をまとめる.
    02月10日  医療審議会への諮問(医療法改正要綱に対する)⇔同年2月21日答申.
    02月24日  社会保障審議会に諮問⇔同年3月3日答申.
    03月21日  医療法改正案、国会に提出されたが衆議院の解散に伴い6月2日廃案となる.
    06月22日  精神衛生審議会精神保健福祉部会の下に「精神病床の設備構造等の基準に関する専門委員会」(専門委員会)の設置.具体的な精神病床の設備構造等の基準に関する議論は,当該委員会で検討されることになった.       
    07月24日  第1回専門委員会;設備構造および人員配置基準の現状等について検討
    08月07日  第2回  〃  ;当事者からの意見聴取
    08月21日  第3回  〃  ;基準案の検討(議論のためのメモ)
    09月12日  第4回  〃  ;基準案の検討(報告書のたたき台)
    11月14日  第5回  〃  ;基準案の検討(報告書のたたき台)
    12月05日  第6回  〃  ;報告書案の検討
    12月06日  「医療法等の一部を改正する法律」(改正医療法)公布(法律第141号)
    12月11日  第6回専門委員会の報告及び公衆衛生審議会の意見の取りまとめ.
    12月13日  『精神病床の設備構造等の基準について』公衆衛生審議会意見書・「精神病床の設備構造の基準(案)に対する」の公衆衛生審議会の付帯意見
    12月26日  「改正医療法に係る政令、省令及び告示案について」医療審議会への諮問・答申.
 2001年01月31日  改正医療法関係の政省令・告示の公布
    03月01日  改正医療法施行(医師の臨床研修必修化については平成16年4月から、歯科医師は平成18年4月から)なお,精神病床のあり方については,「精神保健福祉法に関する専門委員会」でも1998年から3月23日から1999年10月6日まで審議されている.


山内豊徳(1948)『医療法・医師法(医師・歯科医師法)解』医学通信社 p48-50・128・639-640
末安民生(2003)「日本における精神病院(病床)に係る人員配置基準の差別」『精神神経学雑誌』105(7)p872
医療法制研究会監修(2002)『概説 第四次改正医療法――病床区分、人員、構造設備基準改正の概要』中央法規出版 p6・194-205・207-225
伊藤哲寛(2001)「精神科医療改革の行方――精神保健福祉法改正、移送制度、そして医療法改正」『季刊福祉労働』91号 p26
 を参考に作成



>TOP

■国会・審議会等での議論,および報告書・意見書・関係団体の声明等

◇1998年09月 精神保健福祉法に関する専門委員会報告書

◆精神病床の設備構造等の基準に関する専門委員会(2000年)
第1回 07月24日(月) 設備構造及び人員配置の現状等について検討
→cf. [外部リンク]第1回精神病床設備構造等の基準に関する専門委員会議事録(厚生労働省HP内・テキストファイル)
第2回 08月07日(月) 関係者(当事者)からの意見聴取
 第2回精神病床設備構造等の基準に関する専門委員会議事録
第3回 08月21日(月) 基準案の検討(議論のためのメモ)
 第3回精神病床設備構造等の基準に関する専門委員会議事録
第4回 09月12日(火) 基準案の検討(報告書のたたき台)
→cf. [外部リンク]第4回精神病床設備構造等の基準に関する専門委員会議事録(厚生労働省HP内・テキストファイル)
第5回 11月14日(火) 基準案の検討(報告書のたたき台)
→cf. [外部リンク]第5回精神病床設備構造等の基準に関する専門委員会議事録(厚生労働省HP内・テキストファイル)
第6回 12月05日(火) 報告書案の検討
→cf. [外部リンク]第6回精神病床設備構造等の基準に関する専門委員会議事録(厚生労働省HP内・テキストファイル)

◇2000年08月29日 精神医療をよくするための合同記者会見のご案内
◇2000年09月01日 精神医療をよくするための合同記者会見

◇2000年09月21日 第四次医療法改正に関する日本精神神経学会の見解

◇2000年09月22日 「医療法における精神科特例の廃止を求める要望書」
全国精神障害者団体連合会DPI日本会議・東京精神医療人権センター・大阪精神医療人権センター
→cf. [外部リンク]上記要望書完成稿(DPI日本会議公式ブログ内・HTMLファイル)

◇2000年10月25日 第150回国会 衆議院厚生委員会(第6号)(山井和則議員の「精神科特例廃止」にかんする質問含)
→cf. [外部リンク]会議録(衆議院HP内・テキストファイル)

◇2000年12月13日 「精神病床の設備構造等の基準について」の〈公衆衛生審議会意見書〉

◇2010年03月30 障がい者制度改革推進会議(第6回)
→cf. [外部リンク]議事録(内閣府HP内・PDFファイル)
→cf. [外部リンク]医療に関する意見一覧(内閣府HP内・PDFファイル)

◇2010年12月25日 「障害者制度改革の推進のための基本的な方向について」に対する意見――精神科医療に関する分野を中心に(日本精神神経学会)
→cf. [外部リンク]意見書(日本精神神経学会公式HP内・PDFファイル)


>TOP

■文献

◆津久 江一郎 200102** 「21世紀の精神科病床のあり方――これからの精神科病院(特集 21世紀の精神科病床のあり方)」,『日本精神科病院協会雑誌』20(2): 6-11
◆横川 弘明 200102** 「21世紀の精神科病床のあり方――当院のあゆみから考える(特集 21世紀の精神科病床のあり方)」,『日本精神科病院協会雑誌』20(2): 38-42
◆澤 温 200102** 「これからの精神科病院(特集 21世紀の精神科病床のあり方)」,『日本精神科病院協会雑誌』20(2): 61-65
◆斎藤 章二 200102** 「精神科病床の今後――東京都の問題を含めて(特集 21世紀の精神科病床のあり方)」,『日本精神科病院協会雑誌』20(2): 70-74
◆浅井 邦彦 20010315 「医療の立場から」,『病院・地域精神医学』44(1): 16-24
末安 民生 20030725 「日本における精神病院(病床)に係る人員配置基準の差別」,『精神神経学雑誌』105(7): 872-875
◆藤野 ヤヨイ 200311** 「精神科病院の特質と入院患者の人権」,『現代社会文化研究(新潟大学)』28: 171-188 ([外部リンク]機関リポジトリで全文閲覧可.PDFファイル)
◆斉藤 卓弥・守屋 裕文 20040328 「児童・思春期精神科病棟の構造と人員配置について――アメリカの実績からの日本の児童・思春期病棟への提言(海外だより)」,『臨床精神医学』33(3): 323-330
◆小松 正泰 20070228 「当事者および家族に求められる精神科医療における機能と役割」,『臨床精神医学』36(2): 175-181
仲 アサヨ 20100226 「精神病院不祥事件が語る入院医療の背景と実態――大和川病院事件を通して考える」安部 彰堀田 義太郎 編 『ケアと/の倫理』(生存学研究センター報告11): 167-195
仲 アサヨ 20100331 「精神科特例をめぐる歴史的背景と問題点――精神科特例の成立および改正の議論から」,『Core Ethics』6: 277-286
→cf. 鈴木晃仁さん(慶應義塾大学・医学史)のブログで紹介されています.
  [外部リンク]鈴木さんブログ「身体・病気・医療の社会史の研究者による研究日誌」の紹介記事
◆本多 義治 201011** 「コメディカルスタッフを含めた精神科版新看護基準についての提案――チーム医療の必要性」,『日本精神科病院協会雑誌』29(11): 1030-1033



>TOP

■関連ホームページ(外部リンク)

全国精神障害者団体連合会  [外部リンク]団体公式HP
大阪精神医療人権センター  [外部リンク]団体公式HP
DPI日本会議  [外部リンク]団体公式HP 団体公式ブログ「DPI Vooo」
◆医療改善ネットワーク(MIネット) [外部リンク]団体公式HP
◆精神障害者ピアサポートセンター こらーる・たいとう [外部リンク]団体公式HP
(精神科特例廃止を訴えています)



*作成:仲 アサヨ
UP: 20091213(小林勇人) REV: 20091214, 16, 20100114, 0204, 20110715(藤原信行)
精神障害/精神医療  ◇精神障害者の権利/権利擁護  ◇精神病院不祥事件  ◇障害学 
TOP HOME (http://www.arsvi.com)