HOME >

殺すこと食べること|killing and eating


Tweet


◆立岩 真也 1997/09/05 『私的所有論』,勁草書房,445+66p. ISBN-10: 4326601175 ISBN-13: 978-4326601172 6300 [amazon][kinokuniya] ※
◆立岩 真也 2013/05/20 『私的所有論 第2版』,生活書院・文庫版,973p. ISBN-10: 4865000062 ISBN-13: 978-4865000061 1800+ [amazon][kinokuniya] ※
Tateiwa, Shinya(立岩 真也) 2016 On Private Property, English Version, Kyoto Books

 chap.5 note 3
 In the present circumstances, however, there is a separation between those who kill (and raise) the animals and those who eat them. As a result, what is stated in this section may sound like the pastoral assertions of an earlier era. Since we cannot return to total self sufficiency, all that seems possible is a kind of "second-hand experience" (for example, knowing how what we eat is raised and how it is killed). But to what extent are these seemingly hypocritical acts or postures really false or self-contradicting? For example, Dagognet introduces various techniques used in livestock engineering, such as the "systematic elimination of the claws and beaks of young chickens," and states that while we find these techniques quite revolting "nonetheless we take a favorable stance towards livestock engineering" and "what is important to us is not the humanization of animals but rather the post-animalization of humanity" (Dagognet [1988]), but is this too not a substantial betrayal of his own sentiments?
 For other discussions of the killing and eating of animals see also Toriyama [1985], Morioka [1994:106-111] and Tsuchiya [1996].

◆03 しかし今現実には(育てて)殺す人と食べる人とは分れている。だから、本文に述べたことも随分と前時代的で牧歌的な主張に聞こえるのである。今さら自給自足に戻れないなら、「疑似体験」する(例えば、食べているものがどのように育ち、殺されるのかを知る)といったぐらいのことしか考えつかない。しかし、このいかにも偽善的あるいは偽悪的なことは、それほど本当に偽善的あるいは偽悪的なことだろうか。例えばダゴニュは、「畜産工学」について「若鶏の爪やくちばしまでを系統的に削除する」といった飼育法をいくつも紹介し、十分に気味悪がりながら、「それでもわれわれは、畜産工学に好意的な立場を取る」とし、「われわれにとって大事なのは動物を人間化することではなく、むしろ人間を脱動物化することである」(Dagognet[1988=1992:196])とするのだが、これもまた十分に自らの感覚を裏切ってはいないだろうか。
 殺して食べることについて鳥山敏子[1985]があり、森岡正博[1994:106-111]、土屋貴志[1996]で取り上げられている。【その後も殺して食べる体験をする授業は続いているようで、書籍も刊行されている。実際、殺して食べて生きているのだから、それを経験することはわるいことではないにちがいない。そして「生命のリレー」は事実だが、そのことと生命・人命の個別性や、それへの(それ自体そうほめられたものではない)執着とは併存していて、そのことに慎重でない「教育」がなされるなら、それはよいことではないと思う。第2版補章1で少し関連したことを記した。「生死の教育」について大谷いづみ[2005]他。】


UP: REV:20160629
人間|Human 
TOP HOME (http://www.arsvi.com)