>>HOME >HIV

HIV/AIDS 2015〜



Tweet


HIV/AIDS 2006HIV/AIDS 2007HIV/AIDS 2008HIV/AIDS 2009HIV/AIDS 2010HIV/AIDS 2011HIV/AIDS 2012HIV/AIDS 2013HIV/AIDS 2014

おかねおくれ


作成:斉藤龍一郎
 *(特活)アフリカ日本協議会理事、生存学研究センター運営委員

アフリカ
マラリア
グローバル・エイズ・アップデイト
貧困、ストリートチルドレンとエイズ -アビジャンとアクラの事例- モマール・クンバ ディオップ編 翻訳・AJF

○外務省 世界エイズ・結核・マラリア対策基金


◆2015/08/29 New Zimbabwe.com HIV-positive man jailed for 12 years for attempting to rape disabled woman in her home
◆2015/10/16 nikkei.com エイズ全感染者に抗ウイルス薬治療を WHOが新勧告
◆2015/11/25 nikkei.com 世界のエイズ死者、最低レベル更新 ピーク時から42%減
◆2016/02/03 グローバルファンド日本委員会 グローバルファンド ボツワナに新たな支援
◆2016/02/18 日経ウーマンオンライン  日本の貢献で死者減少 途上国の感染症対策を知る
◆2016/11/22 This Is Africa “Women need options when a man says no to a condom”: An interview with Kenyan HIV activist Jacque Wambui
◆2017/03/14 This is Africa South Africa: Young HIV positive woman reveals her status via Twitter to fight stigma
◆2017/03/22 cnn.co.jp 赤いiPhone登場、エイズ対策基金との提携10周年で
◆2017/05/12 nikkei.com エアロセンス、アフリカで検体のドローン配送
◆2017/06/12 The Star Mother-to-child HIV infection in Kenya reduces by 58.67%
◆2017/06/29 AFP BB News 最先端のHIV治療薬、ケニアで後発品が使用可能に アフリカ初
◆2017/07/21 nikkei.com エイズ死者、推計100万人 国連、ピークから半減
◆2017/07/28 AFP BB News HIV感染の最新予防法、国際エイズ学会
◆2017/08/01 cri 南アフリカでエイズ感染者700万人を超える
◆2017/08/27 Zimbabwe Standard (Harare) Zimbabwe: Harare's Grannies Turn to Sex Work
◆2017/09/14 New Telegraph Advocates target reduction of HIV infections in PWDs
◆2017/11/14 国境なき医師団 コンゴ民主共和国:13歳の少女は強姦され、HIVに感染した......−−MSFができることは?
◆2018/01/05 AFP BB News HIV感染治る「奇跡ビジネス」 ナイジェリアで横行
◆2018/02/02 Key Correspondents Criminalisation objectifies Sex Workers
◆2018/02/25 cnn.co.jp 母親がHIVを秘密に、全家族感染 一変した少女の人生を追う ウガンダ
◆2018/03/01 South China Morning Post Chinese-made condoms too small, Zimbabwe’s health minister complains
◆2018/03/29 New Zimbabwe (London) Zimbabwe: Soldiers Demand Free Sex As Reward for Removing Mugabe
◆2018/06/08 ひみつ基地 【支える人】南アフリカのキャンプに参加する唯一の日本人女性(前編)〜子どもが生きるために必要な知識や力を身につける場
◆2018/06/13 ひみつ基地 【支える人】南アフリカのキャンプに参加する唯一の日本人女性(中編)〜世界のキャンプを見るために国分寺から飛び立つ
◆2018/06/16 This Is Africa Day of the African Child: Meet 10 Inspirational Young Africans making waves
◆2018/07/26 AFP BB News 10代少女のHIV感染、世界では3分に1人 国連
◆2018/10/05 AFP BB News 「世界初」HIV陽性の母から子に肝移植、経過良好 南ア
◆2018/10/14 AFP BB News リベリアで開校の学校で組織的レイプ発覚、米慈善団体が過ち認める
◆2019/02/08 The Herald NAC appeals for foreign currency

【参考】
○小山えり子 ニバルレキレ
25年目の検証『飢え』『援助』『エイズ』 エチオピア・ケニア調査 http://www.arsvi.com/2000/1001ht.htm

甦る女たち: アフリカの女たちの闘い― HIVエイズと財産喪失からの再生に向けて
泉かおり著 定価1500円 よろず医療会ラダック基金 2010年5月8日

購入ご希望の方は、北海道赤いりぼんアフリカ支援の会へメールで直接ご連絡の上、1500円を北海道赤いリボンアフリカ支援の会の口座に振込んでください。

メールアドレス:hokkaido.red.ribbon@gmail.com
振込み先: 郵貯銀行 口座番号 02730-1-076864
北海道赤いリボンアフリカ支援の会

※ 北海道赤いりぼんアフリカ支援の会からアナウンスによれば、本屋さんには並ばないそうなので、内容など詳しくは、下記の赤いリボンのブログをご覧ください。
http://hokkaidoredribbon.blog106.fc2.com/

これは本当のアフリカのお話です―大好きで、いとおしいあなたへ
徳永瑞子著 青海社 1470円(税込み) B6判 170p 2009年4月 [amazon]

中央アフリカ共和国でエイズ診療所を開くまでの歩みを振り返った『「アフリカ病」にかかる』で始まるこの本は、診療所の活動の中で出会った子どもたち、母親たち、青年たちのことを書いたものです。記述を読んでいると、一人一人の姿が浮かび上がってくるように感じます。長年の友であり同志であったシスター・クララふくめ、多くは亡くなった人たちの思い出が積み重なるなか、徳永さんが活動を続けていることがよくわかります。
2003年のクーデターがきっかけとなって徳永さんが日本へ帰った後、「私は日本で不安を募らせたが、すべては杞憂であった。・・職員の成長と自立は、活動10年の大きな成果であった」と言える状態になっているそうです。

【参考資料】


 
 
>TOP

エイズ全感染者に抗ウイルス薬治療を WHOが新勧告

nikkei.com
2015/10/16 12:09

 【ジュネーブ=共同】世界保健機関(WHO)は16日までに、全てのエイズウイルス(HIV)感染者に抗ウイルス薬による治療を行うよう求める新たな勧告を発表した。国連が9月、2030年までにエイズの流行を終わらせる目標を設定したことを受け、対策強化に乗り出した。

 エイズ治療は現在、複数の抗ウイルス薬を服用する多剤併用療法が一般的。13年に出された従来の勧告は、免疫力の目安となる「CD4」と呼ばれる細胞の数が、血液1立方ミリメートル中500以下になった時点での投薬治療開始を勧めていた。

 新勧告は、エイズ感染が判明すればCD4の値に関係なく直ちに治療を開始すべきだとした。WHOは、早期の治療で感染者が健康に長く生きることができ、他人に感染させるリスクも軽減できると強調している。

 国連が9月に採択した30年までの新たな開発目標「持続可能な開発目標(SDGs)」は、同年までにエイズの流行を終わらせることを目標の一つに掲げている。

 国連合同エイズ計画(UNAIDS)の推計によると、勧告通り実現すれば30年までに2100万人のエイズ関連死を防ぐことができるという。



 
 
>TOP

世界のエイズ死者、最低レベル更新 ピーク時から42%減

nikkei.com
2015/11/25 10:25

 【パリ=共同】来月1日の世界エイズデーを前に、国連合同エイズ計画(UNAIDS)は24日、2015年版の報告書を発表した。14年のエイズに関連した死者は推計120万人で、ピークだった04年に比べ42%減少。1995年ごろに感染がピークに達して以来、最低レベルを更新した。

 啓発活動や抗ウイルス薬の普及が世界的に広まったためで、UNAIDSは「過去15年間でエイズ対策は驚くべき前進を遂げた」と指摘した。

 世界のエイズ感染者の総数は14年末時点で推計3690万人。同年の新たな感染者は200万人となり、00年の310万人に比べ約35%減少した。

 エイズ治療を必要とする患者のうち、抗ウイルス薬による治療を受けている人は今年6月現在で約1580万人に達し、05年の220万人に比べ7倍以上に増えた。

 国連は9月、30年までにエイズの流行を終わらせる目標を設定。それを受け世界保健機関(WHO)は全てのエイズウイルス(HIV)感染者に抗ウイルス薬による治療を行うよう求める新たな勧告を発表した。



 
 
>TOP

赤いiPhone登場、エイズ対策基金との提携10周年で

cnn.co.jp
2017.03.22 Wed posted at 09:36 JST

ニューヨーク(CNNMoney) 米アップルは21日、期間限定の特別版として、赤いiPhone(アイフォーン)7と7プラスを発表した。店頭とオンラインで24日に発売される。

どちらも真っ赤なアルミ素材のボディで、容量128ギガバイトと256ギガバイトのモデルがある。価格は749ドルから。販売終了の日程は発表されていない。

同社は「世界エイズ・結核・マラリア対策基金(グローバルファンド)」のパートナー企業として、特別版の商品を通した支援活動に取り組んできた。赤いiPhoneはこの活動に参加してから10周年を迎えるのに合わせた企画で、売り上げの一部は同基金に寄付される。

アップルはさらに同日、iPad(アイパッド)の新モデルを発表した。9.7インチのRetinaディスプレイを搭載するが、価格は329ドルからと、これまでのiPadで最も安く設定されている。

また合わせて、フェイスブックやインスタグラムなどのSNS向けに動画を作成できるアプリ「Clips」も発表した。

アップルの主力商品であるiPhoneは昨年、売上高が3四半期連続で減少していたが、10〜12月期決算では過去最高の販売台数を記録。同社の株価も今年、上場来の最高値を更新している。



UP:2015 REV:20180105, 06, 0226, 0329, 31, 0407, 0616, 17, 0727, 1011, 15, 20190225
HIV/AIDS  ◇科学技術/所有・国際競争・国家戦略・… 
TOP HOME (http://www.arsvi.com)