HOME > HIV >

HIV/AIDS 1990年代




◆1990
 1990 0216  キース・へリングがエイズで死亡
 1990 0408  ライアン・ホワイトがエイズで死亡
 1990 0600  第6回国際エイズ会議(サンフランシスコ)
       米入国規制への抗議で大荒れ
 1990 0726  全米障害者法(ADA)にブッシュ大統領が署名
 1990 1110  メモリアル・キルト・ジャパン発足
 1990 1124  エイズ&ソサエティ研究会議発足
 1990 1201  ビジュアル・エイズ・TOKYOの初会合

◆1991
 1991 0000  ビジュアル・エイズがレッドリボン運動
 1991 0402  京都市美術館でエイズ・メモリアル・キルトの全国巡回展示開始
 1991 0600  第6回国際エイズ会議(フィレンツェ)
 1991 0617  HIV訴訟で実名を公表していた赤瀬範保さんが死去
 1991 0925  米国家エイズ委員会のベリンダ・メーソン委員がエイズで死亡
 1991 0925  米国家エイズ委員会報告書「アメリカン・リビング・ウィズ・エイズ」
 1991 0925  歯科医からHIVに感染したと主張する女性が米議会公聴会で証言
 1991 1107  マジック・ジョンソンがHIV感染を公表してNBA引退
 1991 1124  フレディ・マーキュリーがエイズで死亡

◆1992
 1992 0319  5年ぶりエイズ対策関係閣僚会議でエイズ問題総合対策大綱改定
 1992 0500  東京商工会議所がエイズ問題懇談会
 1992 0517  新宿でエイズ・キャンドル・ライト・メモリアル
 1992 0714  大統領候補指名のための米民主党大会でエイズ患者のエリザベス・グレイサーとボブ・ハットイが演説
 1992 0720  第8回国際エイズ会議(アムステルダム)で米国エイズ研究財団のエリザベス・テーラーがブッシュ米大統領批判演説
 1992 0819  大統領候補指名のための米共和党大会でエイズ患者のマリー・フィッシャーが演説
 1992 1023  東京都が著名人を起用してエイズ対策キャンペーンのテレビCM放送
 1992 1028  エイズ患者の平田豊さんが都内のホテルで記者会見
 1992 1201  文部省「エイズに関する指導の手引き」を全面改訂、全国小中高校に配布会社員がHIV感染を理由にした解雇は不当として東京地裁に提訴

◆1993
 1993 0106  ルドルフ・ヌレーエフがエイズで死亡
 1993 0206  アーサー・アッシュがエイズで死亡
 1993 0226  第1回PWA賞受賞式(東京)
 1993 0419  エイズ予防財団のエイズ・ストップ基金発足
 1993 0600  第9回国際エイズ会議(ベルリン)
 1993 0628  米国家エイズ委員会最終報告書「エイズ・拡大する悲劇」
 1993 0701  厚生省が「エイズ治療の拠点病院の整備について」を通知
 1993 1201  アクト・アゲインスト・エイズ(AAA)が全国6会場でコンサート

◆1994
 1994 0216  ランディ・シュルツ、エイズで死亡
 1994 0220  デレク・ジャーマンがエイズで死亡
       映画「フィラデルフィア」でエイズ患者役を演じたトム・ハンクスにアカデミー賞主演男優賞
 1994 04115 HAINプロジェクト発足
       ぷれいす東京発足
 1994 0529  平田豊さんがエイズで死亡
 1994 0626  ニューヨークでストーンウォール暴動25周年大行進
 1994 0725  エイズ&ソサイエティ研究会議がエイズ対策提言発表
 1994 0726  国連経済社会理事会で国連エイズ共同プログラム推進決議採択
 1994 0700  第10回国際エイズ会議(横浜)
 1994 0901  エイズ対策企業懇話会発足
 1994 0912  全米科学アカデミー医学研究所の「血液製剤によるHIV感染調査委員会」がワシントンで公聴会
 1994 1003  池袋に「AIDSを知ろう館」開設
 1994 1201  パリ・エイズサミット、GIPA原則打ち出す

◆1995
 1995 0300  HIV感染を理由にした東京地裁の解雇不当訴訟で原告の元会社員勝訴
 1995 0306  東京HIV訴訟原告の川田龍平さんが記者会見して実名を公表
 1995 0700  全米科学アカデミー医学研究所が報告書「HIVと血液供給・危機における方針決定の分析」を公表

◆1996
 1996 0100  米国エイズ会議でカクテル療法話題に
       国連エイズ計画(UNAIDS)発足
 1996 0130  マジック・ジョンソンがNBA現場復帰
 1996 0216  菅直人厚相が東京。大阪HIV訴訟原告らに国の責任を認め謝罪
 1996 0329  東京、大阪HIV訴訟和解成立
 1996 0514  マジック・ジョンソンが再びNBA引退
 1996 0602  ブロードウェイ・ミュージカル「レント」トニー賞受賞
 1996 0607  ニューヨークのタウンホールでエイズ対策への理解を呼びかけ
       JAWSジャズ・コンサート
 1996 0707  第11回国際エイズ会議(バンクーバー)「一つの世界、一つの希望」
 1996 0800  47都道府県の239医療機関をエイズ拠点病院に選定
       東京地検が安部英・帝京大学副学長を逮捕

◆1997
 1997 0401  HIV訴訟和解を踏まえ、国立国際医療センターに「エイズ治療・研究開発       センター」
 1997 1101  エイズサーベイランス委員会がエイズ動向委員会に改称

◆1998
 1998 0200  国立感染症研究所とタイ国立衛生研究所がエイズ・ワクチン開発の共同研       究開始
 1998 0401  HIV感染者の身体障害者認定制度スタート
 1998 0628  第12回国際エイズ会議(ジュネーブ)「ギャップを埋めよう」
 1998 0901  ジョナサン・マン博士が飛行機事故で死亡
 1998 0925  感染症法成立

◆1999
 1999 夏   ニューヨークで西ナイルウイルス感染広がる
 1999 1200  「国境なき医師団」ノーベル平和賞受賞


  →HIV/AIDS・年表

 

■厚生省発

96/07/23 HIV感染者情報
96/05/28 HIV感染者情報
96/03/28 HIV感染者情報
96/01/30 HIV感染者情報

96/04/19 血液凝固因子製剤の製造・輸入販売業者

95/12/25 遺伝子治療臨床研究中央評価会議・HIV作業部会の設置

●催し

◆1996/06/26 目からウロコが落ちるエイズ・セミナー〜日本とアメリカの現状と課題〜
 大阪市


*作成:三浦藍立岩真也
UP:1996 REV:20040416(ファイル構成変更)
HIV/AIDS
TOP HOME