HOME >

ジョンズ・ホプキンス大学のケース|Johns Hopkins Hospital case


Tweet


http://www.ninsin-news.com/news_UPa2bCkd0.html

 「今から50年前の1963年の秋、アメリカ、バージニア州のある病院で男の子が生まれました。しかし早産で生まれたその赤ちゃんは未熟児で消化器官の異常が疑われました。そこで病院は診断を確定し適切な治療をうけるために男児をジョンズ・ホプキンス大学の付属病院に転院させることにしました。ジョンズ・ホプキンス大学の医学部はアメリカでも最も古い歴史を誇る名門病院で、難しい問題を抱えた新生児の治療を一手に引き受けていました。
 診察の結果、赤ちゃんの異常は腸閉塞で手術が必要だと診断。しかし、同時に新生児はダウン症の疑いがあることも確認されました。
 腸閉塞の手術自体は難しいものではなく助かる見込みは十分ありました。
 しかし、両親は手術を拒否。同意のない手術は違法行為となるため病院側は説得を試みました。
 ダウン症は障害があるとはいってもその程度には個人差があることや障害児を育てていくための環境や制度などを丁寧に説明。粘り強く説得を続けましたが、両親の考えは変わりませんでした。結局手術は行われず、新生児は生後11日目に病院で餓死してしまいました。[…]」

◆立岩 真也 1997/09/05 『私的所有論』,勁草書房,445+66p. ISBN-10: 4326601175 ISBN-13: 978-4326601172 6300 [amazon][kinokuniya] ※
◆立岩 真也 2013/05/20 『私的所有論 第2版』,生活書院・文庫版,973p. ISBN-10: 4865000062 ISBN-13: 978-4865000061 1800+ [amazon][kinokuniya] ※
Tateiwa, Shinya(立岩 真也) 2016 On Private Property, English Version, Kyoto Books

 chap. 5 note 6
 Other texts such as Masia [1985a:59-] [1985b:163-167] [1987:61] refer to the "Johns Hopkins Hospital case" in which the parents of a baby born with Down's syndrome and a closed duodenum did not agree to surgery and the child died 15 days after being born (see also Weir [1984] and Kawai [1989:242]). Masia asserts that there were errors in the assessment of "quality of life" in this case, and that "labeling this child's quality of life as 'low' and allowing him to die can only be viewed as weeding out the weak." Regarding the Howl case, on the other hand, in which a child with a deformed left side, abnormal trachea/esophagus, and other health issues died after surgery was performed by court order (in opposition to the parents and at the recommendation of a group of doctors), Masia states that it "is a case in which it would be better to allow the child to die naturally rather than engage in futile efforts to prolong his life" and "the idea of the 'sanctity of life' has been misapplied" (Masia [1985b:164-166]). In response to this, Inoue writes, "There are unavoidable questions about his [Masia's] views in relation to the distinction between these two cases" (Inoue [1987:48-49]).

 「他に、マシア[1985a:59-][1985b:163-167][1987:61]等でジョンス・ホプキンス病院のケースダウン症、十二指腸閉鎖、両親が手術に同意せず生後一五日で死亡)等に言及されている(他にWeir[1984=1991:61-62]、河合徳治[1989:242-242])。マシアはこのケースについて、「生命の質」に関する誤った捉え方があ▽352 り、「この子供の「生命の質」が低いと決めつけ、この子を死なせるのは、弱者切り捨てに他ならないのではないかと思う」とする一方、裁判所の決定(親は反対、医師団は手術を主張)で手術が行われたハウルのケース(左半身奇形、気管・食道異常、等、手術後死亡)については「「無理に延命せずに、自然に死ぬのに任せた方が良い」というケース」「「生命の尊厳」に関して間違ったとらえ方をしている」(マシア[1985b:164-166])とし、これに対して井上達夫[1987:48-49]が「二つのケースの区別に関する氏の見解には、疑問を拭いきれない」としている。」


UP: REV:20160629
euthanasia / death with dignity|安楽死・尊厳死 ◇euthanasia / death with dignity in USA 
TOP HOME (http://www.arsvi.com)