HOME > euthanasia >

安楽死・尊厳死:イギリス



■新着

児玉 真美 2010/10/17 「ALSの英国人男性が19日のスイスでの幇助自殺を予告」
 http://blogs.yahoo.co.jp/spitzibara2/64869662.html

児玉 真美 2015/09/12 「英国のPAS合法化法案は、またも潰える」
 http://blogs.yahoo.co.jp/spitzibara2/64816017.html

児玉 真美 2015/08/18 「英国の生命倫理センターから報告書『PASと安楽死:エビデンスへのガイド』: PASはコントロール不能」
 http://blogs.yahoo.co.jp/spitzibara2/64787848.html

児玉 真美 2015/08/12 「Pharaoh事件から「“本当の私”を残したい」自殺幇助のナルシズム「自己教」の指摘」
 http://blogs.yahoo.co.jp/spitzibara2/64771510.html

児玉 真美 2015/08/02 「英国の健康な75歳の元看護師、家族にもNHSにも迷惑かけたくないとスイスで幇助自殺」
 http://blogs.yahoo.co.jp/spitzibara2/64757885.html

児玉 真美 2015/07/29 「コラムニスト「高齢者も移民も“安楽死デリバリー”で片付けよう」(英)」
 http://blogs.yahoo.co.jp/spitzibara2/64751705.html

児玉 真美 2015/07/18 「英国老年医学会からPAS合法化法案に関する声明」
 http://blogs.yahoo.co.jp/spitzibara2/64735442.html

児玉 真美 2015/07/16 「ALSの母親のディグニタス費用をパーティを開いて募る娘たち(英)」
 http://blogs.yahoo.co.jp/spitzibara2/64732471.html

児玉 真美 2015/05/29 「ディグニタスで死んでNHSの医療費を浮かせるから、みんなで費用を出して」と英国人男性
 http://blogs.yahoo.co.jp/spitzibara2/64660421.html

児玉 真美 2015/05/27 「脊椎ガンの英国人男性「麻痺して家族の負担になる前に」とディグニタスで自殺」
2015/06/20 http://blogs.yahoo.co.jp/spitzibara2/64657419.html

児玉 真美 2014/10/22 「豪のDr. DeathことNitschke医師、英国に自殺指南の拠点を開設」
 http://blogs.yahoo.co.jp/spitzibara2/64322127.html

児玉 真美 2014/10/22 「英国の86歳の女性がVSED(自発的飲食停止)で「死ぬ権利」行使」

児玉 真美 2014/10/14 「英国の自殺幇助起訴ガイドライン、緩和」
 http://blogs.yahoo.co.jp/spitzibara2/64314544.html

児玉 真美 2014/04/07 「IT時代の希薄な人間関係に絶望し、英国人女性がディグニタスで自殺」
 http://blogs.yahoo.co.jp/spitzibara2/63961109.html
 →安楽死・尊厳死:スイス

児玉 真美 2014/01/10 「「どうせ高齢者」意識が終末期ケアにもたらすもの――英国のLCP調査報告書を読む」
 『SYNODOS』http://synodos.jp/welfare/6606

……
的場 和子藤原 信行堀田 義太郎 2007/05/19 「英国における尊厳死法案をめぐる攻防1――2003−2006」
 日本保健医療社会学会第33回大会 於:新潟県医療福祉大学
安部 彰大谷 通高的場 和子 2007/05/19 「英国における尊厳死法案をめぐる攻防2――議会外キャンペーンの様相」
 日本保健医療社会学会第33回大会 於:新潟県医療福祉大学
堀田 義太郎的場 和子 2007/05/19  「英国における尊厳死法案をめぐる攻防3――英国Leslie Burke裁判Munby判決の再評価」
 日本保健医療社会学会第33回大会 於:新潟県医療福祉大学


■1993 Anthony Bland:
 本人の医師の確認のできないPVSの栄養・水分補給の中止例→司法が肯定

◆三木 妙子 19950215 「イギリスの植物状態患者トニー・ブランド事件」,『ジュリスト』1061:050-060 ※COPY

■1997 Miss D:PVSに厳密にあてはまらない患者からの栄養/水分の供給停止

ダイアン・プリティ事件(Diane Pretty)(2002年判決)

■2003- Leslie Burke裁判
 自然に死を迎えるまで、水分と栄養分の供給の保証をもとめて訴え

■2003- Joffe Bill (作成:的場和子)

◆2005/04/01 HOUSE OF LOADS Assited Dying for the Terminally Ill Bill vol.1 Report 2005, April 4
◆2005/10/10 2005.10.10英国上院議事録(特別委員会報告書をめぐる討論)
Joffe Bill関連新聞記事:Guardian・Observer(2005)
◆2006/05/12 Joffe Bill:Friday, 12 May 2006.
Joffe Bill関連新聞記事:Guardian・Observer(2006)

■2005 Dr Turner もとGP:
 英国で死ぬ権利が認められないならと、スイスの自殺クリニックへ行ってPAS

 ●関連団体

◆BMA(British Medical Association)→BMA:End of Life Issues

◆GMC:General Medical Council

◆Death with Dignity(=Voluntary Euthanesia Society:06年1月に改称)

◆Care Not Killing


 
>TOP

■年表(作成:的場和子)

1907   Goddard医学総会で安楽死を提唱 最初(阿南[1977:44-45])
1928   E.A.Gisforne 不治の病に苦しむ患者には致死量の麻薬を与えてもよく,
     そのさい患者に相談する必要はないという提案(阿南[1977:45])
1931   英保健医学会でのミラード会長のあいさつ
     のちに任意的安楽死合法化法案を付した小冊子として出版(阿南[1977:45])
1935   英国安楽死協会設立(世界最初)(阿南[1977:45])
1936   ポンソビー卿により任意的安楽死法案がイギリス上院に提出される
     第二議会で14対35で否決(Sarda[1975=88:217])
1936   英国任意的安楽死協会と改称(阿南[1977:45])
1969   安楽死法案提出 40対161で否決
1970   イギリス医学協会「安楽死の問題」というパンフレットを発行
1973   王立保健協会 安楽死を主題とする会議を開く
     (日本安楽死協会[197704])
……
1983 バーク氏確定診断
 グリフィスレポート
1987 緩和医学が新しい独立した診療科として認可
1989 白書 Working for patient(NHSサッチャー改革の青写真)発表
 ヒルズバラの悲劇(4月15日)
1990 DISC旗揚げ(Lancaster)
1991 NHS改革順次実行に移される〜97年まで段階的に
1993 Bland裁判貴族院判決(2月4日) 
   Anthony Bland死亡(3月3日)
1995 Calman-Hineレポート(緩和医療の標準化)
1996 NCHSPC、APM共同で終末期患者水分補給のガイドラインの発表
(翌97年日本に紹介)
1997 12月NCHSPC:Changing Gear発表
1998 BMA治療の中止/差し控え指針の草案検討 
 人権法の制定(施行は2000年から)
1999 Ken Taylorケース(GP;高齢老婦人への栄養補給の中止指示→餓死;刑事責任追及なし、6ヶ月間の医業停止) 
 David Moor(モルヒネ過量投与でがん患者死亡:裁判で無罪)ケース
 BMA治療の中止/差しひかえ指針第1版の発行

2000 人権法の施行

2001 BMA治療の中止/差し控え指針第2版の発行(人権法によって更新)
 英国Diane Pretty裁判判決

2002  Diane Pretty事件高等法院判決
200204 Pretty事件 ヨーロッパ人権裁判所判決
200208 GMC治療の中止/差し控え指針の発行 

20030220 Joffe卿、Patient (Assisted Dying)Billを議会に初提出
200306 Mental Incapasity Bill(後のMCA)の草稿議会提出。
20030819 バーク氏訴状を提出
20031023 訴状の受理

20040108 Joffe 卿P(AD)法案を修正してADTI 法案として提出
20040226,27 バーク裁判ヒアリング
20040309 ECHR Glass事件(重度障害者に母の同意なしにリスクの高い鎮痛剤投与)で英国政府に賠償命令
20040310 ADTI法案 特別委員会に付託 
20040617 MCA下院提出(第一読会)
20040731 バーク裁判高等裁判院判決(Munby 裁判官)
200408 Munby 判決に対しGMC控訴 
200411 ADTI法案継続して議会審議を確認

20050404 ADTI法案特別委員会報告書発行
20050407 MCA成立(2007年4月1日施行)
20050516,17,18 バーク裁判控訴審ヒアリング
20050728 バーク裁判控訴審判決(Phillip裁判官)Munby判決の廃棄
200510 貴族院 バーク氏の控訴を棄却(英国での司法判断の決定)
20051010 貴族院でADTI法案報告書に関する討議
20051109 Joffe卿、修正ADTI法案再提出

200601 CNK結成/VES名称をDeath with Dignity に変更
200605 バーク氏ECHRへ訴状を提出
20060512 Joffe Bill 上院で討論の末、採決されず審議延期。(Joffe卿は再提出を示唆)
200608   ECHR バーク氏の訴えの棄却の決定
20061116 Palliatine Care 法案 Finlayによって提出

20070227 Palliatine Care 法案 第二読会
20070301 貴族院で慈悲殺人について討議(殺人法の改正論議で)
 Hansard: http://www.guardian.co.uk/medicine/story/0,,1112515,00.html

◆20040227
Clare Dyer, legal correspondent
Patient disputes doctors' right to end his life
医師の彼の命の終わりを決める権利に患者が論争を持ちかける
http://www.guardian.co.uk/medicine/story/0,,1157323,00.html

◆20040730
Press Association
Terminally ill man in right to life court victory
終末期患者が生きる権利裁判に勝訴
http://www.guardian.co.uk/uk_news/story/0,,1272914,00.html

◆20040731
James Meikle, health correspondent
Patient wins 'right to life' ruling Judge criticises GMC guidance on withholding treatment
患者が"生きる権利"裁定に勝訴 判事はGMC治療差し控えガイダンスを批判
http://www.guardian.co.uk/medicine/story/0,,1273293,00.html

◇20041008
Laura Elston, Press Association
Judge who had to make the final decision
最期の決断をする裁判官(=Sir Mark Hedley)
http://www. guardian.co.uk/uk_news/story/0,,1322788,00.html

*◇20041009
'This is a slippery slope' The judge made a tough decision on her future, but was it correct?
"これはすべり坂だ。" 判事は彼女の未来に厳しい選択をした。が、それは正しかったか?
http://www.guardian.co.uk/editor/story/0,,1323301,00.html
(Charlotte Wyatt ケース)

◆20050516
Staff and agencies
Right to life ruling 'puts doctors in impossible position'
A legal ruling that terminally-ill people should ultimately decide whether they receive life-prolonging treatment could put doctors in "an impossibly difficult position", the court of appeal heard today.
生きる権利裁定は医師を不可能な立場に追いやる終嚏ウ者が延命治療を受けるかどうかの最終決定権を持つという法的規制は、医師を不可能な立ち居地においやる、と控訴審で主張。
http://www.guardian.co.uk/medicine/story/0,,1485148,00.html


◆20050516
Clare Dyer, legal editor
Court to rule on power to decide right to life
Who has the right to decide whether a patient's quality of life is too poor to warrant life-prolonging treatment?
生きる権利を決めるのはだれか:裁判所が判定延命治療の正当な権利がないほど、患者の生命の質が乏しいかどうか誰が決定権を持つのか?
http://www.guardian.co.uk/medicine/story/0,,1484672,00.html

◆20050517
Clare Dyer, legal editor
GMC casts doubt on 'right to life' ruling
A high court judge's ruling last year which was hailed as a breakthrough for the rights of vulnerable patients could put doctors in "an impossibly difficult position", the court of appeal was told yesterday.
GMCは生きる権利裁定に疑問を投げかけた傷つきやすい患者の権利に、大躍進を遂げたと賞賛された、昨年の高等裁判院判決は医師たちを不可能なほど困難な状況においやると控訴審で主張。
http://www.guardian.co.uk/medicine/story/0,,1486864,00.html
SocietyGuardian.co.uk

◆20050519
Colin Blackstock
Judges told of 'right to life' NHS implications Patients who demand the right to life-prolonging treatment will have "very serious implications" for the national health service, appeal judges were told yesterday.
判事たちは、生きる権利のNHS解釈を聞いた。生きる権利-延命治療の要求を患者たちがすることは、NHSに深刻な影響を及ぼすー控訴審判事へ示唆
http://www.guardian.co.uk/medicine/story/0,,1487305,00.html


◆20050519
Staff and agencies
Hewitt condemned over right to life case
The health secretary, Patricia Hewitt, today faced condemnation from disability rights campaigners for suggesting terminally ill people should not be able to insist on life-prolonging treatment.
ヒューウィット保険相、生きる権利で糾弾される
保健大臣パトリシア・ヒューウィットは終末期にある人々は、延命治療を主張すべきでないと示唆したとして、障害者権利団体の糾弾に直面した。
http://www.guardian.co.uk/medicine/story/0,,1487305,00.html

◆20050520
Joan Bakewell
Just 70(意見?エッセイ?)
It's best to sort out your death in plenty of time. That way, you could exit in the way you want
死について整頓するには充分な時間があるときが一番良い。
http://www.guardian.co.uk/g2/story/0,,1488123,00.html

◆20050522 Carol Sarler
The Observer
Trust my doctor? I hardly know him : Leslie Burke, a terminally ill man of 45, is waiting anxiously upon the Court of Appeal to discover whether he will, after all, be allowed to die with a full stomach
医師を信じろって?ほとんど彼のこと知らないのに。終末期患者レスリーバーク45歳、彼の満腹のままで死にたいという彼の意思が控訴審でも許されるか不安げに裁定を待っている。
http://www.guardian.co.uk/medicine/story/0,,1489558,00.html

◆20050523
Leslie Burke Case 'Care from the cradle to the grave is a myth' 'Right to live' case goes to the court of appeal
バークケース:ゆりかごから墓場まではおとぎ話:生きる権利事例控訴審へ
The Guardian (各誌社説コレクション)
http://www.guardian.co.uk/editor/story/0,,1489851,00.html

◆20050728
David Batty
Man loses 'right to life' court battle
SocietyGuardian.co.uk
http://www.guardian.co.uk/uk_news/story/0,,1537877,00.html




◇渡辺 保夫(イギリス法研究会) 19930201 「安楽死と陪審裁判(上)」(ろーあんぐる・イギリス法幻視考),『法学セミナー』38-02(458):016-017 ※COPY
◇三木 妙子 19950215 「イギリスの植物状態患者トニー・ブランド事件」,『ジュリスト』1061:050-060 ※COPY

◆西村 秀二 19970420 「医療の打ち切り――イギリスの場合 資料解説」,町野朔他編[1997 :201]
◆貴族院 19930204 「貴族院1993年2月4日判決(トニー・ブランド事件)」,町野朔他編[1997:202-209]
◆医倫理特別委員会 19940131 「医倫理特別委員会報告」(抄),町野朔他編[1997:209-215]
◆(イギリス) 199403 「医療打ち切り法案」
町野朔他編[1997:215-217]

◆阿南 成一 19770930 『安楽死』,弘文堂,185p. 980 三鷹490
◆日本安楽死協会 編 19770430 『安楽死とは何か――安楽死国際会議の記録』,三一書房, 209 p. 950


REV:...20050114 20060530 1001 1222 20070417,23(年表追加等), 20140112, 1024
安楽死・尊厳死  ◇イギリス 
TOP HOME (http://www.arsvi.com)