>HOME >事項 >優生 2018 ニュース(日本)

優生 2018(日本)

以下では、学問的・社会的意義に鑑みて、集会案内等の全文を収録しています。

優生 2018 ニュース(日本)

Tweet

last update:20180310

■目次

学会声明 ◇公開質問状
公開シンポジウム「戦後優生保護法下で何が行われたのか」
居場所づくり勉強会第51弾 優生思想問題「障害者の強制不妊手術」
関連事項


■学会声明

◆障害学会理事会 2018/03/07 「旧優生保護法に関する障害学会理事会声明」


TOP

■公開質問状

◆立岩 真也(障害学会会長)→小川恭一(兵庫県立こども病院名誉院長) 2017/12/31 「公開質問状」

◆小川 恭一 2018/01/19 回答

◆立岩 真也 2018/02/03 「02/03尾上浩二土曜講座講義の前に」
 立命館大学土曜講座,於:立命館大学衣笠キャンパス

◆立岩 真也 2018/02/10 「02/10松波めぐみ土曜講座講義の前に」
 立命館大学土曜講座,於:立命館大学衣笠キャンパス

◆立岩 真也 2018/02/17 02/17河口尚子土曜講座講義の前に
 立命館大学土曜講座,於:立命館大学衣笠キャンパス

◆小川 恭一(兵庫県立こども病院名誉院長) 2016/03/** 「兵庫県立こども病院誕生当時のこと」,『兵庫県立こども病院移転記念誌』,兵庫県立こども病院,p.17 [PDF]

 *以上について→優生:2017(日本)

TOP

■公開シンポジウム「戦後優生保護法下で何が行われたのか」

日時:2018年3月26日(月)13時30分〜17時30分
場所:西南学院大学大学院棟1階 大ホール(東キャンパス)
参加申し込み不要・入場無料

シンポジスト
利光 惠子(立命館大学生存学研究センター)
「戦後日本における障害者への強制的な不妊手術をめぐって」
◇久保井 摂(福岡合同法律事務所弁護士)
(仮題)「優生保護裁判と国家賠償への展望」
◇中馬 充子(西南学院大学)
「優生思想を支えた戦後の保健科教育」

コメンテーター
◇波多江 忠彦 (日本薬科大学元教授)
◇横山 尊(日本学術振興会)

司会
◇北垣 徹(西南学院大学)

問い合わせ先:西南学院大学/教育・研究推進課(092-823-3604)
北垣:kitagaki(at)seinan-gu.ac.jp
主催:西南学院大学/生命倫理研究会
本シンポジウムは科学研究費基盤研究(B)「優生学の歴史と新優生学の展開」(課題番号17H02603)の助成を受けたものです。

◇2017/02/17 立岩真也に北海道新聞の取材

TOP

■居場所づくり勉強会第51弾 優生思想問題「障害者の強制不妊手術」

居場所づくり勉強会 第51弾 優生思想問題「障害者の強制不妊手術」
 日時:1月17日(水)17:30〜19:30
 場所:京都市地域・多文化交流ネットワークセンター 参加費:無料

◇利光恵子さんより

 みなさま 利光惠子(客員研究員)です。

 既に御存知かと思いますが、1月30日に、旧優生保護法下で不妊手術を強制された宮城県の女性が、国に補償を求める全国初の訴訟を行うことになりました。
 当日は10時30分に訴状を提出し、10時45分から弁護士会館で記者会見、13時30分から会場を仙台市生涯学習支援センターに移して「優生手術について考える集まり」を開催します。
 記者会見も広い会場ですので、メディア関係者の方に限らずどなたでも参加できます。
 お近くの方は、平日の日中という忙しい時間ですが、記者会見および「優生手術について考える集まり」にご参集下さいますようお願いします。

◆訴状の提出
日時:2018年1月30日(火)10:30 仙台地裁

◆記者会見(メディア関係者の方に限らず、関心をお持ちの方はどうぞご参加ください)
・日時:1月30日10:45〜11:45(開場10:00)
・会場:仙台弁護士会館 4階大会議室
〒980-0811宮城県仙台市青葉区一番町2丁目9−18
(地下鉄東西線「青葉通一番町駅」から徒歩5分 市バス「晩翠草堂前」から徒歩1分)
・ 呼びかけ:CILたすけっと/優生手術に対する謝罪を求める会/旧優生保護法弁護団

◆優生手術について今後どうするかを考える集まり
・日時:1月30日13:30〜15:30
・会場:仙台市生涯学習支援センター5階 第一セミナー室C
(仙台市営地下鉄東西線「宮城野通駅」から徒歩3分、地下鉄南北線「仙台駅」から徒歩10分)
http://www.hm-sendai.jp/siminc/sisetu/miyagino01.html
・参加費:無料
・呼びかけ:優生手術に対する謝罪を求める会/CILたすけっと

*この裁判をとおして、今後どのように活動を展開していくかを話し合う機会を設けました。
また、優生保護法や優生手術についての疑問を受け付けたり、意見交換をしたりすることで、この問題に関心をもっている方とより広くつながりを持ちたいと考えています。
優生手術被害者の裁判を応援したい方々、活動に賛同する方々にぜひご参加いただきたいです。

・上記記者会見および「集まり」の連絡先:CILたすけっと
  〒982-0011 宮城県仙台市太白区長町1丁目6−1
  〔電話〕022-248-6054 〔FAX〕022-738-9501
  〔Mail〕cil-tasuketto@k6.dion.ne.jp

 次のことも、併せてお知らせします。

◆仙台弁護士会が、2月2日(金)に、優生手術等に関する電話とFAXで相談を受け付けます。(午前10時〜午後4時予定)
被害者本人、家族、友人からの相談はもちろん、優生手術の実態を知る方、医療職・施設の方からの情報提供もお待ちします。
電話 022−721−7093
旧優生保護法弁護団事務局:宇都・山田法律事務所(TEL:022-397-7960,FAX:022-397-7961)

詳しくは、下記をご覧下さい。
http://senben.org/wp-content/uploads/2017/12/ryo_300202.pdf

◎「優生手術に対する謝罪を求める会」が2003年に現代書館から発行しました『優生保護法が犯した罪』は、品切れになっておりましたが、近年の資料を加えた増補版を近日刊行します。
◎「優生手術に対する謝罪を求める会」のフェイスブックに新しい情報を載せていきますので、ご覧ください。
https://www.facebook.com/motomerukai2017/

TOP

■関連事項

優生:2017(日本)
強制不妊手術で人権救済申し立て(2015)
不妊手術/断種(Sterilization)
人工妊娠中絶・優生保護法


*収録:立岩 真也北村 健太郎
UP:20180101 REV:20180126, 20180131, 0201, 14, 17, 0305(ファイル分離),0307,0310
優生  ◇優生:2017(日本)  ◇出生前診断  ◇病者障害者運動史研究  ◇障害学 
TOP HOME (http://www.arsvi.com)