HOME > 事項 > 電子書籍 >

電子書籍 2012・ニュース

電子書籍 2012

last update:20130123

■紹介 

このページの本体はこちらです。 ここでは、立命館大学グローバル・イノベーション研究機構のプロジェクト「電子書籍普及に伴う読書バリアフリー化の総合的研究」の一環として研究員が情報を収集しています。

■目次

2012年1月 ・2012年2月 ・2012年3月 ・2012年4月 ・2012年5月 ・2012年6月 ・2012年7月 ・2012年8月 ・2012年9月 ・2012年10月 ・2012年11月 ・2012年12月



> TOP

□2012年12月

◇米OverDrive社、図書館・学校向けにストリーミング形式でのビデオとオーディオの提供サービスを発表
http://current.ndl.go.jp/node/22754
(2013年1月23日 カレントアウェアネス・ポータル)
 2013年1月22日、米OverDrive社は、図書館及び学校向けにストリーミングビデオとオーディオを提供する新サービスを発表しました。実際のサービス提供は2013年後半を予定しており、同社は1月25日から28日に開催される米国図書館協会の冬季会議の会場でデモを行うとしています。
◎OverDrive Announces Streaming Video and Audio Services for Libraries and Schools (OverDrive 2013/1/22付けの記事) http://www.overdrive.com/News/OverDrive-Announces-Streaming-Video-and-Audio-Services-for-Libraries-and-Schools


◇人文・社会科学系のオープンアクセスメガジャーナルを目指して “Open Library of Humanities”が正式発足
http://current.ndl.go.jp/node/22757
(2013年1月23日 カレントアウェアネス・ポータル)
 2013年1月18日、PLOSをモデルとした人文・社会科学系のオープンアクセスメガジャーナルを目指す“PLOHSS”が、“Open Library of Humanities”(OLH)の名前で正式にプロジェクトを立ち上げました。
 今後は組織体制の確立とウェブサイトの広報、PLOSのアドバイスを元に財政基盤の確立等を目指すとしています。
◎Launching the Project (Open Library of Humanities 2013/1/18付けの記事) http://www.openlibhums.org/2013/01/18/test-news-post/
◎Open Library of Humanitiesのプレスリリース http://www.openlibhums.org/media/press-release/


◇HathiTrust Riches Unlocked?
http://blogs.ifla.org/acd/2013/01/21/hathitrust-riches-unlocked/
(21 January 2013 ACD Blog, by IFLA Acquisition & Collection Development Section)
 It’s a whole new world for digital access, a round table of fair-use experts agree.
 The constitutionality of digital fair use was upheld this past October, when US District Court Judge Harold Baer summarily dismissed the Authors Guild’s year-old lawsuit against the HathiTrust library collaborative to block the use of its growing repository of millions of full-text book scans. Calling the project “the enduring work of libraries,” HathiTrust Executive Director John Wilkin told American Libraries the organization continues to plan “more and better” uses of its scanned content. An appeal is pending. Meantime, blogerati Karen Coyle, Barbara Fister, and James Grimmelmann shared with AL how they see this decision shaping the future of sharing digitally preserved print materials.


◇出版社の一般書店への売上依存率は2014年に15%程度に――英大手出版プロダクションCEO)
http://ebook.itmedia.co.jp/ebook/articles/1301/18/news056.html
(2013年01月18日 13時27分 ITmedia eBook USER)
 Frankfurt Book Fair事務局が運営する出版業界ニュースサイト「Publishing Perspectives」によると、米国ニューヨーク市内で今週開催された電子書籍業界カンファレンス「Digital Book World 2013」で出版社の直販戦略について熱い議論が交わされた。
 記事によると、公開議論に参加したのはHoughton Mifflin Harcourtなど大手3社の代表。その中で、英国の出版プロダクション大手Quarto Group CEOのマーカス・リーバー氏は出版社による電子書籍の台頭により、「出版社の一般書店への売上依存率は急速に減り、2014年に15%程度になるだろう」と予言。Amazonへの依存度を少しでも低めるため、今年は各出版社が電子書籍の直販戦略に着手する年になるだろうと予想している。


◇フランス国立図書館が民間企業2社と提携、15〜17世紀書籍7万冊とレコード20万枚のデジタル化を実施
http://current.ndl.go.jp/node/22725
(2013年1月17日 カレントアウェアネス・ポータル)
 フランス国立図書館(BNF)が所蔵資料のデジタル化に関して民間企業2社とパートナーシップを結んだと現地紙で報じられています。デジタル化対象資料と提携先企業は、1470年〜1700年に出版された7万冊のフランス語書籍をデジタル化するProQuest社および、20万枚のレコードをデジタル化するBelieve Digital and Memnon Archiving Services社ということです。
◎Deux nouveaux partenariats de numerisation des collections de la BNF(leParisien.fr 2013/1/15付け記事) http://www.leparisien.fr/flash-actualite-culture/deux-nouveaux-partenariats-de-numerisation-des-collections-de-la-bnf-15-01-2013-2483639.php
◎Numerisation a la BnF : Google et la British Library, plus respectueux(ActuaLitte 2013/1/16付け記事) http://www.actualitte.com/acteurs-numeriques/numerisation-a-la-bnf-google-et-la-british-library-plus-respectueux-39634.htm
◎French Government and National Library of France (BNF) Announce New Partnerships to Digitize Books and Recordings(LJ INFOdocket 2013/1/15付け記事) http://www.infodocket.com/2013/01/15/french-government-and-national-library-of-france-bnf-announce-new-partnerships-to-digitize-books-and-recordings/


◇Why Wool Author Hugh Howey Didn’t Sell His Ebook Rights
http://www.digitalbookworld.com/2013/why-wook-author-hugh-howey-didnt-sell-his-ebook-rights/
(January 17, 2013 Digital Book World)
 Wool author Hugh Howey struck it big in a deal with Simon & Schuster late last year that saw him collect a seven-figure advance for just the print publishing rights to his hit best-seller.
 As it turns out, well before his deal with a traditional publisher, he was raking in $150,000 a month in income for his self-published ebooks. It was a tough sell, given those numbers, for any publisher to be able to buy the rights to publish his book.
 According to Howey’s agent Kristin Nelson, the reason was the percentage of ebook royalties that publishers offer and the terms of the contract that determine when a book’s rights revert back to authors.
 In May of 2012, Nelson and Howey had conversations with publishers in which they brought up these sticking points. While the conversations were valuable, Nelson and Howey said at the Digital Book World Conference + Expo, they didn’t lead to a deal and, Nelson said, it didn’t seem like the publishers were really listening.
 In Oct., Wool was a Kindle Daily Deal and sold 20,000 copies in a day. Nelson brought this data to publishers who seemed, she said, to be listening a little more closely. A deal to acquire just the print rights to Wool from Simon & Schuster soon followed.
Howey an Altruist?
 An interesting anecdote from Howey: At some point on his road to success with Wool, Howey began to receive complaints from readers who had Nook and other non-Amazon devices that they couldn’t get his books. Howey had up until that point been part of the Kindle Select program, which meant that he received certain promotional considerations on the Kindle platform but was not allowed to offer his book on other platforms.
 Responding to these complaints, Howey opted out of the Kindle Select program even though it meant less revenue from book sales for him.
 At some point, he said, when you’re making enough money, you want to please your customers.


◇Baker & Taylor Adds Audiobook Capabilities to Axis 360 Library Platform
http://www.digitalbookworld.com/2013/baker-taylor-adds-audiobook-capabilities-to-axis-360-library-platform/
(January 17, 2013 Digital Book World)
 Baker & Taylor, the world’s largest distributor of digital and physical books and entertainment products, announced the launch of its innovative Acoustik audiobook service for the Axis 360 digital media platform, enabling library patrons to borrow and download digital audiobooks directly to their Apple and Android mobile devices. The free Acoustik audiobook app is powered by Findaway World, LLC, an innovative, industry leader in audiobook distribution.
 Acoustik audiobooks provide Axis 360-enabled libraries with instant access to more than 25,000 new release and best-selling backlist audiobook titles, offering a diverse and extensive collection, as well as a simple and convenient way for patrons to download and listen on the go.
 Baker & Taylor continues to innovate and broaden its digital services, enabling libraries to meet rising demand for electronic content in their communities, and to create easy-to-use systems for patrons who want to enjoy reading and listening on the devices that they carry with them every day.
 “The addition of Acoustik audiobooks to Axis 360 is another major step in Baker & Taylor’s ongoing mission to provide next-generation digital services to libraries, and to provide patrons with multiple formats on one user-friendly platform,” says George Coe, President of Library & Education at Baker & Taylor. “To help libraries serve all the interests of their communities, we continue to innovate and expand our offerings. Our partnership with Findaway World introduces a new audiobook service to the market and ensures patrons have access to the content they want ? whether they want to hear it or read it.”
 Acoustik audiobook titles are available now for Axis 360-enabled public, government and academic libraries to order and add to their existing digital collections on Axis 360.
 “We are proud to partner with Baker & Taylor to introduce our digital download technology into the library space,” said Mitch Kroll, co-founder and CEO of Findaway World. “We are energized that patrons can now access our comprehensive catalog of audiobooks on their own devices ? whenever and wherever they want to listen.”
 The Acoustik audiobook app is free to download and available for iPhones, iPads and iPod Touch through Apple’s App Store and for Android Smartphones and tablet devices through Google Play (formerly Android Market). Acoustik audiobook apps for additional operating systems will be announced later this year.


◇Ebook Market Maturing, Book Industry Study Group Says
http://www.digitalbookworld.com/2013/ebook-market-maturing-book-industry-study-group-says/
(January 17, 2013 Digital Book World)
 More ebook readers have kept their ebook buying behavior steady for some time as sales of print books have started to level off after years of decreases, according to new data from the Book Industry Study Group.
 “The ebook market is maturing and becoming more predictable,” said Len Vlahos, the executive director of BISG, speaking at the Digital Book World Conference + Expo.
 In 2012, growth in ebooks did not eclipse triple-digit percentages versus the previous year for the first time since 2008, according to the latest numbers from the Association of American Publishers.
 Others at the conference echoed Vlahos’ message.
 “We’re at the end of the first act” of the ebook revolution, said president of New York-based literary agency Writers House Simon Lipskar later in the conference.
 “Like any innovation cycle, you have the disruption, then some stability, then the second wave,” said Chantal Restivo-Alessi, chief digital officer of HarperCollins.


◇米Kickstarter.comを使って電子コミック作品をバンドル販売する“言い値”モデル出版社「The Whole Story」
http://hon.jp/news/1.0/0/4063/
(2013-01-17 13:00:48 hon.jp DayWatch)
 何かと話題の米国の大手クラウドファンディングサイト「Kickstarter.com」だが、同サイトを“言い値”モデル(Pay what you want、略称:PWYW Model)ECサイト代わりに活用する新興の電子書籍出版社が登場した。
 この出版社は韓国・釜山市在住のRyan Estrada氏が起したThe Whole Story社で、韓国を含む世界中のインディーズ系コミック作家と連携し、彼らの作品をKickstarter.com上で1ドルから販売。今月からバンドルキャンペーン第2弾をスタートし、本稿執筆時点ですでに18,110ドル(約160万円)を獲得成功している。
 電子書籍業界ではすでに昨年秋、Humble Bundle社の電子書籍バンドル商品第1号が発売2週間で売上100万ドル(約8,000万円)を突破したことが話題となっていたが、Kickstarter.comをECプラットフォーム代わりに積極活用した事例は珍しい。
告知※なお、弊社hon.jpのシステム部でも、2月にEPUB/.ibooks電子書籍「個人作家のためのPWYWモデル入門〜“電子”書籍という呼び方がなぜ本質的に正しいのか〜(仮)」を発行し、同様な実験を開始する予定です。
◎The Whole StoryのKickstarter.comページ( http://www.kickstarter.com/projects/ryanestrada/the-whole-story-winter-2013 )


◇“公共図書館はなぜ重要か?”変わりゆく出版と読書の世界における図書館の機会について、マーケティング専門家が論考(米国)<記事紹介>
http://current.ndl.go.jp/node/22720
(2013年1月17日 カレントアウェアネス・ポータル)
 Forbes誌に、図書館の電子書籍市場における役割についてのコラム(2回シリーズ)の第2回目として、“Why Public Libraries Matter: And How They Can Do More”と題するコラムが掲載されています。マーケティングにおいて経験を有するDavid Vinjamuri氏による論考です。
 出版者が図書館の役割を過小評価していること、公共図書館は将来本の発見のローカルセンターとなるであろうことなどを指摘した上で、電子書籍市場において、米国デジタル公共図書館(Digital Public Library of America)等に見られる協同購入等を特徴とするモデルの重要性や、インディーズ出版における本の発見において図書館の果たし得る役割について議論を展開しているようです。
◎Why Public Libraries Matter: And How They Can Do More(Forbes 2013/1/16付け) http://www.forbes.com/sites/davidvinjamuri/2013/01/16/why-public-libraries-matter-and-how-they-can-do-more/
◎Marketing Pro Discusses Public Libraries in New Forbes Blog Post(infoDOCKET 2013/1/16付け) http://www.infodocket.com/2013/01/16/marketing-pro-talks-public-libraries-in-new-forbes-blog-post/


◇Does Piracy Hurt Digital Content Sales? Yes
http://www.digitalbookworld.com/2013/does-piracy-hurt-digital-content-sales-yes/
(January 16, 2013 by Jeremy Greenfield Digital Book World)
 People who pirate digital content wouldn’t have bought it if it wasn’t available for free. Publishers can’t do anything about pirates anyway. And, besides, piracy doesn’t hurt ebook and other digital content sales.
 All myths, according to Michael D. Smith, professor of information technology and marketing at Carnegie Mellon University, speaking at the Digital Book World Conference + Expo.
 For the four oft-cited studies that have shown that piracy doesn’t hurt digital content sales, there are 25 that say that it does, for instance, said Smith.
 Further, publishers should adopt two major strategies in combating piracy: Make their content available online and use anti-piracy laws.
 Publishers can and do compete with pirated versions of their content available for free, said Smith, citing studies of major television networks adding content to legitimate distributors lowering demand for piracy of that material. When ABC added its content to Hulu, incidences of piracy of ABC content decreased 37%.
 In another example, Smith cited an anonymous publisher that selectively windowed its ebook and print book titles to see if releasing the digital version after the print version would result in increased sales for the print version. Sales of print copies increased by 0.4% ? but ebook sales decreased by 52% and overall sales dropped by 22%, presumably because of piracy.
 Anti-piracy efforts also reduce incidences of piracy. Smith studied the effects of anti-piracy laws in France and of the take-down of piracy site Megaupload. In the case of the anti-piracy laws in France, conversation about the laws and then their implementation helped boost digital content sales by anywhere between 5% and 30%, depending on the content. And the shutdown of Megaupload coincided with reduced instances of piracy across multiple countries.
 Not all stakeholders, however, care so much about ebook piracy.
 “I love pirates. I get money from them all the time,” said the best-selling author of Wool, Hugh Howey, who will be speaking later at the Digital Book World Conference + Expo on his success story. “They send me money thanking me because they loved my book. I sometimes go onto torrent sites and if I don’t see my book there I feel bad because it means I’m not in demand.”


◇Overdrive: Readers Turn to Libraries for Ebook Discovery
http://www.digitalbookworld.com/2013/overdrive-readers-turn-to-libraries-for-ebook-discovery/
(January 15, 2013 Digital Book World)
 Readers browsing eBook and audiobook collections at OverDrive-powered libraries and schools viewed 2.7 billion book and title catalog pages and generated 192 million registered visitor sessions last year. As more readers visit their library’s digital collection to find their next great read, the digital library has become a critical hub of book discovery. Across OverDrive’s network of 22,000 libraries and schools, browsing and sampling skyrocketed in 2012, giving fresh exposure to titles throughout OverDrive’s catalog of more than 1 million eBooks and audiobooks. To find a library near you, visit search.overdrive.com.
 “As a result of the continued expansion of OverDrive’s library service platform and the addition of over 300,000 titles, including Harry Potter and other bestsellers, digital libraries saw record traffic last year,”
said Shannon Lichty, OverDrive’s Manager of Library Partner Services. “For decades, readers have turned to the library to discover new books, and OverDrive’s new responsive library platform is based on web-centric open standards to carry that tradition to the next generation of readers.” For an example of OverDrive’s Next Generation services, visit Los Angeles Public Library’s e-Media site (http://lapl.lib.overdrive.com).
 Key statistics:
192 million registered visitor sessions, up 93 percent from 2011
2.7 billion book and title catalog pages viewed, up 65 percent
Sampling is up more than 500 percent, with a significant spike following the release of OverDrive Read samples in Sept. 2012
Discovery has increased by more than 60 percent, with more than 1 billion cover image impressions in Dec. 2012
OverDrive catalog now includes 1 million eBook, audiobook, music and video titles in 65 languages, including 300,000 titles added in 2012
Mobile visits increased to 47 percent of all visits
16 million downloads of the OverDrive Media Console app in 2012
70 million digital titles checked out in 2012
 At the American Library Association Midwinter Meeting (Washington State Convention Center, Booth 1115) in Seattle, Jan. 25 to 28, OverDrive will share additional eBook data and demonstrate how reader engagement is soaring at Next Generation libraries. The Cleveland-based digital distributor is pioneering a series of Next Generation enhancements that extend the value of its industry-leading eBook-lending platform.
 Currently in pilot at 35 public libraries, OverDrive’s Next Generation websites streamline the digital library experience with One-Step Checkout?, a powerful search engine, and the new HTML5-powered, instant-access eBook-reading technology OverDrive Read. In 2013, OverDrive will also implement streaming audio and video technology and release additional APIs that enable libraries to fully integrate digital and print catalogs.
 OverDrive offers a catalog of more than 1 million eBooks and audiobooks with support for all major computers and devices, including iPhoneR, iPadR, NookR, Android? phones and tablets, and KindleR (U.S. only). To find a library near you, visit search.overdrive.com.


◇National Federation of the Blind Comments on Belgian Euthanasia of Deaf Men Losing Sight
https://nfb.org/national-federation-blind-comments-belgian-euthanasia-deaf-men-losing-sight
(Tuesday, January 15, 2013 National Federation of the Blind)
 Dr. Marc Maurer, President of the National Federation of the Blind, said: “This disturbing news from Belgium is a stark example of the common, and in this case tragic, misunderstanding of disability and its consequences. Adjustment to any disability is difficult, and deaf-blind people face their own particular challenges, but from at least the time of Helen Keller it has been known that these challenges can be met, and the technology and services available today have vastly improved prospects for the deaf-blind and others with disabilities. That these men wanted to die is tragic; that the state sanctioned and aided their suicide is frightening.”
 The National Federation of the Blind needs your support to ensure that blind children get an equal education, to connect blind veterans with the training and services they need, and to help seniors who are losing vision continue to live independent and fulfilling lives. To make a donation, please go to www.nfb.org.


◇Audiobooks.com Switches to Audible’s Pay Model
http://goodereader.com/blog/e-book-news/audiobooks-com-switches-to-audibles-pay-model
(JAN 15, 2013 By Paul Biba Good E-Reader)
 We often forget that audiobooks are part of the ebook hierarchy. Amazon’s Audible is the biggest player in this market and has been around for years. Last year, however, Audiobooks.com started up with a new payment model. It charged $24.95 to listen to an unlimited number of audiobooks from the catalog. This was different from Audible’s “credit” model, which, generally, resulted in a payment of $14.95 per book. At that time, Audiobooks.com said that its plan was better because there was “… no need to return audiobooks, no long-term contracts, and no time constraints on audiobook use”.
 That has changed, however. Audiobooks.com has just changed its plan to match Audible: $14.95 for one audiobook per month and $22.95 for two audiobooks per month. According to paidContent, Audiobooks.com felt that it was alienating customers by only offering a high-end plan and, given the length of an audiobook, few customers can make use of an unlimited plan.
 So why bother with Audiobooks.com when Audible is so much bigger (100,000 titles at Audible vs. 25,000 titles at Audiobooks.com)? Good question. The main difference, now, seems to be that Audiobooks.com offers streaming and Audible does not. It doesn’t seem to me that this is much of a raison d’etre. Streaming will eat up a user’s data plan as audiobooks are hours long. Only a mobile user has much use for streaming, and streaming may not be completely reliable when the user is moving about. To remain competitive, Audiobooks.com will need to come up with a better distinction than this.


◇Is Open Access Finally on the Ascendancy?
http://blogs.ifla.org/acd/2013/01/15/is-open-access-finally-on-the-ascendancy/
(15 January 2013 ACD Blog, by IFLA Acquisition & Collection Development Section)
 This may be the year for reality to catch up with rhetoric. For more than a decade, advocates and some funding agencies have been proselytizing for open access, frequently pledging that all of their work is going to be rendered open to all. And yet, the beast remains untamed. Just try sitting at your home computer, shorn of your university’s online journal subscriptions, and attempt to access the literature on a problem of interest, and see how far you get.
 http://www.arl.org/sparc/bm~doc/final.pdf


◇オランダの出版大手AP/AWB社が販売する全ての電子書籍をDRMフリーに
http://current.ndl.go.jp/node/22705
(2013年1月15日 カレントアウェアネス・ポータル)
 オランダの大手出版社De Arbeiderspers/A. W. Bruna Uitgevers(AP/AWB)が、2013年1月18日より、販売する全ての電子書籍をDRMフリーにし、代わりに電子透かしを導入すると発表しました。ただし、AppleのiBookstoreで販売しているものを除くということです。同社は現在ポール・オースターの作品などを含む1,200タイトルの電子書籍を販売しており、2013年にはその数を拡大していく予定ということです。
◎Alle e-books van AP/AWB nu voor iedereen toegankelijk http://www.awbruna.nl/web/A.W.-Bruna/Nieuws/Artikel/Alle-ebooks-van-APAWB-nu-voor-iedereen-toegankelijk.htm
◎Major Dutch publisher abandons DRM(The Bookseller 2013/1/14付け記事) http://www.thebookseller.com/news/major-dutch-publisher-abandons-drm.html


◇hon.jp DayWatch - 有名オープンアクセス運動家のAaron Swartz氏が自殺、怒ったAnonymousがMITサイトをハッキング
http://hon.jp/news/1.0/0/4054/
(2013-01-15 08:57:21 hon.jp DayWatch)
 公文書・学術論文の一般市民へのネット公開を訴えるオープンアクセス運動家のAaron Swartz氏が先週自殺した件で、米国の学術ジャーナル界が大きく揺れている。
 故Aaron Swartz氏は、RSS考案者の1人としても有名な26歳のオープンアクセス運動家で、MIT構内のシステムを介して非営利団体ITHAKA(本部:米国ニューヨーク州)の学術ジャーナル・データベース「JSTOR」の有償コンテンツを自分のノートパソコンに不法ダウンロードしたという罪状で2年前に逮捕され、実刑35年の求刑を受けていた。
 Aaronの親族は、マサチューセッツ州の司法当局だけでなくMITも自殺に追い込んだ一員であると非難コメントを出しており、ハッカー集団Anonymousが同大学のサイトを一時ハッキングするなど大騒ぎになっている。【hon.jp】
◎The Vergeの記事( http://www.theverge.com/2013/1/14/3874486/anonymous-replaces-mit-websites-with-aaron-swartz-memorial )


◇Fighting Digital Piracy Means More ebook Sales
http://www.digitalbookworld.com/2013/fighting-digital-piracy-means-more-ebook-sales/
(January 14, 2013 by Arthur Klebanoff Digital Book World)
 All of us in the ebook community know intuitively that digital piracy is a large and growing problem. But how much do we actually know about it?
 If you search online for a popular title, you are likely to find several examples of unauthorized free downloads. If you send “takedown” notices to those sites, you may do reasonably well stopping the free download for the title ? at least for a while.
 Is this how to measure the extent of digital piracy and how to enforce against it? Unfortunately, the answer is an emphatic no.
 If someone adept at searching can find, say, ten unauthorized sites, a sophisticated Web based service might find hundreds of such sites. Even if you could locate the illegal sites (which you can’t), compliance with takedown notices will be limited. The cost of issuing a blizzard of takedown notices and the follow up will be prohibitive.
 Sooner rather than later the illegal practices will be back in full force. A core problem is ongoing enforcement.
 On one agent project, a prominent publisher spent over $100,000 with an excellent law firm trying to clean up extensive digital piracy. They were successful ? but only for a short period of time. Of course, the interest in spending the next $100,000 to protect one property just wasn’t there.
 So what do you as publisher, as agent or as author do?
 At RosettaBooks, we retained Attributor (Digimarc Attributor’s Guardian software) to protect our entire ebook catalog. In the early months, the number of successful takedowns was very large, particularly for bestselling titles, since this was the first enforcement. Even more interesting, the number of takedowns in later months was steady ? without the service the same level of piracy would have been back within a few months.
 Working with our colleagues at Digimarc Guardian, we wrote a case study which highlights how we track some of our bestselling titles against the takedown experience. Please click here to read it for yourself. What we found was that those titles grew in sales faster than our catalog as a whole and much faster than industry averages. Those readers who find the illegal sites downloading titles for free are also the best targeted readers to download the titles for money if the free experience is no longer available. If you’re interested in learning more, I will be presenting on this topic at this week’s Digital Book World event. The case study presentation is Thursday, January 17th at 10 AM. I would enjoy seeing you there!
 Early on RosettaBooks committed to full catalog protection. Agents and authors should be demanding of their publishers that they all commit to full catalog protection. It is a fiduciary responsibility to the author for all titles, print and digital. Enforcement will yield economic benefits to the publisher and the author.


◇Ophan Works: Library Copyrights Alliance Submits Comments to US Copyright Office
http://blogs.ifla.org/acd/2013/01/21/ophan-works-library-copyrights-alliance-submits-comments-to-us-copyright-office/
(January 14, 2012 ACD Blog, by IFLA Acquisition & Collection Development Section)
≪ Read about ACD’s Electronic resource guide in the Finnish press!Aaron Swartz Obituary ≫
 LCA Submits Comments to US Copyright Office Regarding Orphan Works NOI
 The Library Copyright Alliance (LCA) filed comments (PDF) with the US Copyright Office in response to their October 22, 2012, Notice of Inquiry (NOI) about the current state of play with orphan works and mass digitization. The Copyright Office is seeking comments on orphan works regarding “what has changed in the legal and business environments during the past few years that might be relevant to a resolution of the problem and what additional legislative, regulatory, or voluntary solutions deserve deliberation.”


◇「私たちはまだ図書館を必要としているのか?」 New York Timesによる問題提起とそれへの応答
http://current.ndl.go.jp/node/22686
(2013年1月11日 カレントアウェアネス・ポータル)
 2012年12月27日に米New York Timesが“Libraries See Opening as Bookstores Close”という記事を掲載しています。記事は、地域の書店が閉店するなかで、公共図書館がこれまで書店の担っていた役割を引き継ぐべく、以前よりも利用者中心のサービスを実施するようになったことを紹介したものです。
 そしてNew York Timesは、この記事に基づいて、このような方向性は正しいのか、図書館は何のためのもので、どのようにあるべきなのかと、図書館のあり方について問題提起をしています。同紙のウェブサイト“Room for Debate”には、これに寄せられた図書館員等からの議論が掲載されています。
◎Do We Still Need Libraries? (New York Timesの“Room for Debate”) http://www.nytimes.com/roomfordebate/2012/12/27/do-we-still-need-libraries
◎Libraries See Opening as Bookstores Close (New York Times 2012/12/27付けの記事) http://www.nytimes.com/2012/12/28/us/libraries-try-to-update-the-bookstore-model.html


◇英国の紙書籍市場、電子書籍台頭による価格低下で2012年度の市場規模は4.6%ダウン
http://ebook.itmedia.co.jp/ebook/articles/1301/10/news087.html
(2013年01月10日 16時29分 更新 ITmedia eBook USER)
 英BBCの報道によると、英国の書店業界における2012年度の紙書籍売上高が前年比で4.6%低下したことが、書店POSデータなどを集計している現地Nielsen Bookscanによって明らかにされたとのこと。
 報道によると、英国の主要出版社の売り上げにおける電子書籍の占める割合は、13〜14%に急増しているが、その多くが1英ポンド以下で販売されているため、結果としてそれらによる価格圧力でリアル書店が苦境に陥っている模様。
 なお、同報道では、関連話として『Fifty Shades of Grey』シリーズ第1作が、「Harry Potter」シリーズ第1作デビュー当時の売上記録を抜き、英国史上最も売れた作品となったことも明らかにしている。


◇Author Services Site Lulu Moves Toward DRM-Free; But Is It What Authors Want?
http://www.digitalbookworld.com/2013/author-services-site-lulu-moves-toward-drm-free-but-is-it-what-authors-want/
(January 9, 2013 by Jeremy Greenfield Digital Book World)
 Self-publishing site Lulu has announced that it will no longer offer digital rights management (DRM) as an option for its authors for books created and sold on Lulu (for books created on Lulu and sold elsewhere, they will still be subject to DRM; also, hat-tip to Laura Owen at paidContent).
 While well-informed readers and much of the digerati in the book publishing world are anti-DRM and may be lauding this move as another chink in the armor of DRM. Add it to other recent developments:
June: Macmillan announced it would sell DRM-free books directly to readers through its store at Tor.com
June: IPG-distributed publishers decide to sell DRM-free in the wake of an Amazon lockout
Oct.: HarperCollins dabbles in DRM-free ebooks through a social reading experiment
Oct.: A wave of anti-DRM sentiment briefly sweeps readers in the wake of a story (that turned out to be a bit overblown) about an Amazon customer who lost her library
Nov.: Wiley decides to sell 3,000 of its titles DRM-free through the O’Reilly DRM-free ebook store
 But what do authors ? Lulu’s customers ? think?
 According to a recent survey conducted by Digital Book World and Writer’s Digest (also owned by F+W Media) of nearly 5,000 authors, Lulu might have made a mistake. More than any other position, authors are generally in favor of DRM.
 We asked them the following question:
 What should be done about Digital Rights Management (DRM) software? [DRM is technology that limits access to files and is used by hardware manufacturers, publishers, and other copyright holders to limit the use of digital content. DRM prevents consumers from making as many copies of an ebook as they want and then giving them away.]
 And gave them the following choices (% for each answer in parentheses):
DRM should be strengthened ? ebook piracy is a problem that should be combated aggressively (32%)
DRM should be left alone ? it’s fine the way it is (11%)
DRM should be changed ? it needs to be more flexible to allow more readers to share ebooks (16%)
DRM should be abolished ? it prevents readers from sharing books and it doesn’t prevent piracy (11%)
No opinion (30%)
 About a third of authors are for actually strengthening DRM (red bar) and a total of 43% want it either strengthened or left alone. Only 11% want what Lulu has given them.
 When you look at which kinds of authors (aspiring, self-published, traditionally published, both self- and traditionally published and all published [meaning adding up the latter three categories]) have what position, “aspiring” authors (those who haven’t published a book in any form) are least in favor of strengthening DRM at 29%. Of all published authors, 35% want it strengthened, with 39% of traditionally published authors holding that view.
 That said, outside of the view that it should be strengthened (or no opinion at all), the second most-popular view was that it should be changed to be more flexible. Abolishing DRM was among the least popular views ? except, surprisingly, among authors who have been both self-published and traditionally published. Nearly a quarter of them wanted it abolished.
 At Digital Book World Conference + Expo next week, in a session entitled The Authors’ View of the Industry we will be presenting the findings of our author survey, including the answer to questions about how much authors blog and use social media, what their goals are in writing, what they think of agents, ebooks in libraries, publishers and more! Register here.


◇メルマガ第9号を発行しました!|メルマガ更新情報
http://accsell.net/m-magazine/9.html
(2013年1月 9日 AccSell)
こんにちは! 2013年最初の「AccSellメールマガジン」第9号が発行されました!
第9号の内容は
[連載] 中根雅文の「全盲のコンピューター利用に関する四方山話」
第9回:VDM100の読み上げ機能の進化とメモリー消費
[連載] 植木 真の「JIS X 8341-3:2010 『逆引き』徹底解説」
第9回:JIS X 8341-3:2010 実践 <その1> コーディング、言語、ページタイトル
[トピックス] スキップリンクは本当に必要なのか?
の3本です!
このメルマガの購読には「まぐまぐ」のAccSellメルマガのページからどうぞ
1ヶ月840円/月2回発行(登録申込当月分の1ヶ月は無料でお読みいただけます!)


◇国内電子書籍ストア利用率、Kindleストアが4割でトップに〜OnDeck調査
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20130109_581020.html
(2013/1/9 11:00 Internet Watch 工藤 ひろえ)
 株式会社インプレスR&Dは1月9日、電子書籍ストアの利用率に関する調査結果を発表した。調査は、インプレスR&Dが発行する電子出版専門誌「OnDeck weekly」の読者を対象に、昨年12月17日から12月20日までの4日間実施し、有効回答数は582 件。
 今回の調査から新たに2012年10月25日に国内でサービス開始したAmazon.co.jpの運営する「Kindleストア」が調査対象となり、利用率40.0%で他サービスを大きく引き離してトップとなった。2位はこれまで首位を守ってきた「紀伊國屋書店BookWebPlus」の13.4%。日本でサービスを開始して約2カ月後の調査となったKindleストアだが、短期間で多くのユーザーを獲得した形だ。
 2位以下の電子書籍ストアの利用率には大きな変動がなく、紀伊國屋書店BookWebPlus、Reader Store、BookLive!はそれぞれ利用率を上げており、調査報告では「Kindleストアの日本参入は、既存ストアのシェアを浸食せずに、新たな市場を作り上げた」と分析している。
 一方で、楽天kobo は前回調査時の8.5%から1.1 ポイント減の7.4%となった。調査では、「電子ペーパーを採用したkoboの専用リーダー中心であること、iPhoneやiPad、Androidといった端末向けのアプリ対応が遅れたこと」などが影響したと推測している。
 なお、調査結果の詳細は、同社が1月11日に発売する「電子書籍ストア利用動向調査.OnDeck 2012年12月調査版」(73ページ、冊子版4万5135円/PDF版3万9900円)に過去4回の調査結果との比較も含めてまとめられている。
◎「電子書籍ストア利用動向調査.OnDeck 2012年12月調査版」(インプレスR&D) http://r.impressRD.jp/iil/ondeck201212


◇「電子書籍が紙の本を殺す」というのは言い過ぎ?
http://it.slashdot.jp/story/13/01/08/133204/%E3%80%8C%E9%9B%BB%E5%AD%90%E6%9B%B8%E7%B1%8D%E3%81%8C%E7%B4%99%E3%81%AE%E6%9C%AC%E3%82%92%E6%AE%BA%E3%81%99%E3%80%8D%E3%81%A8%E3%81%84%E3%81%86%E3%81%AE%E3%81%AF%E8%A8%80%E3%81%84%E9%81%8E%E3%81%8E%EF%BC%9F
(2013年01月09日 6時00分 by hylom スラッシュドット・ジャパン IT)
 taraiok 曰く、
 これまで電子書籍は紙の本に取って代わるという論調が支配的であった。しかし、予想とは反対に電子書籍の売上成長率は急激に減っているようだ(Nicholas Carr's blog、PewInternet、Dead Tree Edition、本家/.)。
 PewInternetの調査によれば、過去12か月の調査で16歳以上のアメリカ人の23%は電子書籍を購入したことがあるという。一方、印刷された本を読んでいる16歳以上のアメリカ人は72%から67%に低下した。電子書籍市場は成長しているのだが、見方を変えると過半数をはまだ紙の本に依存しているということになる。米国の出版業界の分析サイトでも、電子書籍の売上高がここ数年の爆発的なレベルから劇的に鈍化しているという。
 作家のニコラス・カー氏は「Will Gutenberg laugh last?(最後に笑うのはグーテンベルクか?)」と題して、なぜ電子書籍は期待外れの結果になっているのかについていくつかの理由を挙げている。
 氏が挙げているのは、電子書籍に向いているフィクションのようなジャンルとノンフィクションや文芸小説などのように向いていないジャンルがあるのではないか、ということや、電子書籍のようなハイテク機器に興味のあるユーザーはすでに電子書籍に移行済みで、ほかのユーザーは電子書籍に全く関心を持っていない可能性がある、電子書籍は期待されているほど価格が安くはないことなどだ。
 氏は電子書籍は最終的には印刷された本を補完する存在に落ち着くのではないかとしている。


◇電子書籍革命から5年、根強い紙書籍の人気
http://jp.wsj.com/article/SB10001424127887324890804578229060733893492.html
(2013年 1月 08日 19:06 JST By NICHOLAS CARR WSJ.com)
 電子書籍は急成長を遂げたが、販売の勢いは減速している。製本されたパリッとした紙をめくる感覚に読者はまだ愛着があるようだ。
 2012年の調査で、実際に電子書籍を購入した米国人はわずか16%であることが明らかになった
 米ネット通販大手アマゾン・ドット・コムが人気の電子書籍端末「Kindle(キンドル)」を5年前に発売して以来、専門家らは書籍出版の未来はデジタル化だとみていた。どのくらいのスピードで紙離れが進むかについては意見は分かれていた。だが、デジタル化の波は音楽や写真、地図を経て、いずれ書籍の分野にまで訪れるだろう、という点に関しては意見は一致していた。2015年までには従来の書籍は消滅するだろうとの予想を数年前に示していたメディア通もいた。
 しかし、電子書籍革命から5年たち、従来の書籍の未来に突如明るい光が差し込み始めている。ハードカバー本が意外な回復力をみせている一方で、電子書籍の販売の伸びは著しく鈍化している。また、用途が多様なタブレット端末を選ぶ人が増えるに従って、電子書籍端末の販売台数も減っている。電子書籍は最終的に、紙の書籍に取って代わるのではなく、オーディオブックのように従来の書籍を補う役割を果たすようになるのもしれない。
 米国人が従来の書籍にどの程度愛着を持っているかは、米調査機関ピュー・リサーチ・センターが先月公表したデータを見れば分かる。それによると、電子書籍を読んでいる成人の割合は過去1年で16%から23%にやや増えた。しかし、本を習慣的に読む人の実に89%が過去1年に紙の書籍を少なくとも1冊は読んだと答えている。過去1年に電子書籍を1冊は読んだと回答した人はわずか30%だった。
 さらに、米出版社協会のデータによると、電子書籍売上高の伸び率は12年に突如34%前後にまで下がった。依然堅調なペースではあるものの、過去数年の3桁の伸びに比べると大きな落ち込みだ。
 電子書籍が当初爆発的に売れたのは例外的事象だったのかもしれない。その新技術をいち早く受け入れた人たちは、数は少ないが熱狂的だったため、電子書籍への移行は急速に短い期間で進んだ。しかし、さらなる移行は今後難しくなるだろう。米調査会社ボウカー・マーケットリサーチの12年の調査によると、電子書籍を実際に購入したと答えた米国人はわずか16%で、59%もの人が電子書籍の購入には「関心がない」と回答している。
 一方、電子書籍の売り上げを鈍化させている原因の1つに、電子書籍からタブレットへの移行が考えられる。米調査会社IHSアイサプライの推計によると、電子書籍端末の12年の売上高が36%減少する一方で、タブレット端末の売上高は急増した。米アップルの「iPad(アイパッド)」やアマゾンの「KindleFire(キンドル・ファイア)」といったタブレット端末でゲームや動画、フェイスブックなどの交流サイトが手軽に楽しめるようになったことで、電子書籍の魅力は大きく失われた。また、電子書籍は読み終わったあとに再販したり、誰かにあげることができないという事実も、読者にとって商品価値を損なうことになった。
 しかし、電子書籍の成長鈍化の裏にあるこれらの理由に加え、もっと根本的な原因が関係しているのではないか。つまり、われわれは電子書籍の性質を見誤っていた可能性がある。
 当初から電子書籍の売れ筋はフィクションに大きく偏っており、販売される電子書籍の3分の2が小説だ。電子書籍のベストセラーは特にスリラーや恋愛といったジャンル小説がほとんどを占めている。電子書籍端末での読書には、従来スーパーマーケットや空港で販売されてきた大衆市場向けペーパーバックのような軽い娯楽性の高い読み物がとりわけ向いているようだ。
 そのようなペーパーバックは最も読み捨てしやすく、当初からそれを想定して作られている。さっと読めて、読み終えたらもう手元に置いておく必要のない本だ。中には読んでいるのを見られると少し恥ずかしい内容のものもあり、そのような本は他人にタイトルが見られることのない電子書籍で読む方がなおさらいい。電子書籍が存在しなければ、官能小説『Fifty Shades of Grey』が爆発的にヒットすることも恐らくなかっただろう。
 文芸小説や事実を物語風にまとめたノンフィクションなどもう少し重い読み物の読者は、電子書籍にあまり移行したがらない。そうした読者には、依然われわれが「本物の本」と呼んでいる棚に並べられる書籍の、あの重さや耐久性、紙の感触が好まれているようだ。
 つまり、電子書籍は別の形態の、さらに軽くて読み捨て可能なペーパーバックとして利用される可能性があるということだ。これは、電子書籍を買い始めたからといって、必ずしも紙の書籍の購入をやめてしまうわけではないという調査結果とも一致する。実際、ピュー・リサーチ・センターによると、電子書籍の読者の約90%が依然紙の書籍を読んでいる。紙の書籍と電子書籍はそれぞれ異なる目的を果たしているようだ。
 グーテンベルクが活版印刷技術を発明して以来、500年にわたる技術的変化を生き延びてきた紙の書籍は、電子化の猛攻にも耐えるかもしれない。パリッと印刷され、きちんと製本された本には、われわれが簡単に手放すことのできない何かがある。


◇米公共図書館の電子書籍貸出サービスがクリスマスに見せた記録
http://current.ndl.go.jp/node/22657
(2013年1月7日 カレントアウェアネス・ポータル)
 OverDrive社の(次世代型)電子書籍サービスを導入している米国の公共図書館で、電子書籍の貸出回数がクリスマスの日に史上最多を記録したと同社が発表しています。特に、iPad、Kindle Fire、Android端末などによる利用が劇的な伸びを見せたということです。そのような図書館の例として、Cuyahoga County Public Library、Pioneer Library System、Hennepin County Library、Mid-Continent Public Libraryという4つの図書館(システム)の貸出回数グラフが紹介されています。例えば、Cuyahoga County Public Libraryについては、クリスマス・イヴには1,760回だったのが、クリスマス当日には2,810回になっています。The Digital Shift誌の記事では、クリスマスに電子書籍リーダーやタブレット端末を入手した利用者が多かったのではないかと推測が述べられています。
◎Next Generation Libraries Generate Record eBook Traffic on Christmas(OverDrive 2012/12/26付けブログ記事) http://overdriveblogs.com/library/2012/12/26/next-generation-libraries-generate-record-ebook-traffic-on-christmas/
◎OverDrive, 3M kick off 2013 with Promising Ebook Developments(The Digital Shift 2013/1/3付け記事) http://www.thedigitalshift.com/2013/01/ebooks/overdrive-3m-kick-off-2013-with-promising-ebook-developments/


◇出版業界ニュースフラッシュ 2012年12月第5週
http://ebook.itmedia.co.jp/ebook/articles/1301/07/news059.html
(2013年01月07日 ITmedia eBook USER)
◎フューチャー・ブックストア・フォーラム、書店での電子書籍販売検討へ
 日本出版インフラセンターが経産省から委託された第2期「フューチャー・ブックストア・ファーラム」で、書店での電子書籍販売を検討することになった。
 電子書籍を店頭で購入するメリット、書店が電子書籍を販売するためのビジネスモデルを探る。今年度中に方向性を見い出し、来年度に実証実験を行うという。
◎「緊デジ」、制作タイトル数は6万5000点規模に
 日本出版インフラセンター(JPO)はこのほど、経済産業省「コンテンツ緊急電子化事業」(緊デジ)の最終制作タイトル数が6万5000点規模になると発表した。当初の目標である「6万点の電子化」は実現する見通し。10億円の予算に対する達成率は85%程度。
 出版社からのタイトル申請締切日である12月20日直前に「駆け込み申請」が2万点弱あったという。現在、申請タイトルのデータチェックや内容確認を進めており、確定数は2013年1月中旬に発表予定。


◇オーディオブック出版社のAudioGO、Blackstone Audioを買収
http://current.ndl.go.jp/node/22652
(2013年1月7日 カレントアウェアネス・ポータル)
 オーディオブック出版を手がけるAudioGO(BBC Audiobooks)が、同じくオーディオブック出版を手がけているBlackstone Audioを買収したとのことです。Library Journal誌などが報じています。
 AudioGOは約1万件のオーディオブックを出版し、Blackstone Audioは約5,000件のオーディオブックを出版しています。なお、Library Journal誌の記事によると、AudioGOのタイトルのうち4,000件は図書館で利用可能となっているようです。
◎AudioGO Acquires Blackstone Audio(Library Journal 2013/1/3) http://lj.libraryjournal.com/2013/01/publishing/audiogo-acquires-blackstone-audio/
◎AudioGO acquires US rival Blackstone Audio(The Bookseller 2013/1/3) http://www.thebookseller.com/news/audiogo-acquires-us-rival-blackstone-audio.html
◎AudioGO Acquires Blackstone Audio(Publishers Weekly 2013/1/4) http://www.publishersweekly.com/pw/by-topic/industry-news/publisher-news/article/55354-audiogo-acquires-blackstone-audio.html?utm_source=Publishers+Weekly%27s+PW+Daily&utm_campaign=d941332ef6-UA-15906914-1&utm_medium=email
◎AudioGO http://www.audiogo.com/us/about
◎Blacksone Audio http://www.blackstoneaudio.com/aboutus.cfm


◇「今年こそ電子書籍」 端末とストアはどう選ぶ?
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK1901S_Z11C12A2000000/
(2013/1/4 7:00 日本経済新聞)
 「電子書籍を読む」といっても、今や、それができる機器は意外と多い。代表的なのは、スマートフォンやタブレット端末、電子書籍の専用端末だ。書籍や新書、コミック、雑誌と、電子書籍コンテンツの種類や数も昨年(2012年)後半から急速に増えつつある。どの電子書籍ストアを利用し、どの機器でどんな電子書籍を読むべきか。その選び方には本質的な法則がある。今年(2013年)こそ電子書籍デビューを飾りたいと考えている人に、本記事を贈る。(フリーランス・ジャーナリスト 西田宗千佳)
 一口に電子書籍を読むといっても、電子ペーパーを採用した電子書籍の専用端末、高精細なカラー液晶を積む汎用のタブレット端末、そして普段持ち歩くスマートフォンとさまざま。しかも、端末は次々に登場している。一体、何を基準に選べばよいのか。最もシンプルな解は「サイズ」「OS」「価格」による区分だ。
 そもそも、電話・メール・移動中の情報収集というニーズがある以上、スマートフォンはほとんどの人が持つ。タブレット的なものは「それらと一緒に持ち歩くもの」と想定するのが自然だ。
◎タブレットのOSはスマホとそろえる
 日本の都市部のように、電車で移動するのであれば軽い方がよい。この時点で、単純比較であれば7インチクラスのもの、ということになるだろう。OSについては、スマートフォンと同じものを選んでおくと、コンテンツやアプリの買い換えが少なくて済み、操作性統一の面でもプラスである。
 価格面では「あるサービスの専用である」ことが重要になる。グーグルは自社の多様なWebサービスを主軸に据え、量産することで、7インチタブレット端末「Nexus(ネクサス)7」を安価に販売している。日本での電子書籍サービス(電子書籍ストア)開始が2012年10月25日に始まり、自社の専用端末を11月19日に発売したアマゾンも、自社専用端末を用意することで低価格化を狙う。そもそも、ソニーや楽天が販売している電子書籍専用端末は「専用」であるから安い。
 それならば、「スマートフォン+自分が使いたい電子書籍ストアの専用機」か、「スマートフォン+低価格な7インチのタブレット」が本命となりそうだが、それほど単純ではない。


◇アップル、日本で電子書籍 出版大手と大筋合意
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDD31011_R31C12A2MM8000/
(2013/1/1 2:02 日本経済新聞)
 米アップルは日本で電子書籍販売に参入する。月内にも日本語書籍の販売を始め、自社のタブレット(多機能携帯端末)「iPad」などに配信する。講談社や小学館、角川グループホールディングスなど出版大手から書籍の提供を受けることで大筋合意した。タブレットやスマートフォンで人気商品を持つアップルのサービス開始で、電子書籍普及に弾みがつきそうだ。


◇Will Gutenberg laugh last?
http://www.roughtype.com/?p=2296&utm_source=WhatCountsEmail&utm_medium=Above%20the%20Fold&utm_campaign=Above%20the%20Fold
(JANUARY 1, 2013 ROUGH TYPE)
 It has been taken on faith by many, including your benighted scribe, that the future of book publishing is digital, that the e-book will displace the printed codex as the dominant form of the dominant artifact of modern culture. There have been differing views about how fast the shift will happen (quite a few people believe, mistakenly, that it has already happened), and thoughts have varied as well on the ultimate fate of printed books?whether they’ll disappear entirely or eke out a meager living in a mildewed market niche. But the consensus has been that digitization, having had its way with music and newspapers and magazines and photographs and etc., would in due course have its way with books as well.
 In my last post, on the triumph of the tablet over the e-reader, I noted the release of a new Pew study on Americans’ reading habits. The title of the report ? “E-book Reading Jumps; Print Book Reading Declines” ? nicely encapsulates, and reinforces, the common wisdom. But if you dig deeper into its pages, you find indications that the picture is not as clear-cut as that title suggests. For one thing, the printed book remains, by far, the preferred format for American book readers. Fully 89 percent of them report that they read at least one printed book over the preceding 12 months. Only 30 percent say they read at least one e-book ? a percentage that, perhaps tellingly, has increased by only a single point since last February, when the survey was last conducted. The study did find that the percentage of American adults who read e-books increased over the past year, while the percentage that read printed books fell, but the changes are modest. E-book readers rose from 16 percent to 23 percent, while printed book readers declined from 72 percent to 67 percent. (The survey’s margin of error is 2.3 percent.) Yes, there’s an ongoing change in reading habits, but it no longer looks like a sea change.
 A lot of other data came out during the course of 2012 that also suggests that (a) the growth in e-book sales has slowed substantially and (b) print sales are holding up pretty well. At a conference in March, Bowker released market research showing that, even though just 20 percent of American web users have actually purchased an e-book, e-book sales growth has already “slowed dramatically” from the explosive levels of the last few years and is now settling down at an “incremental” rate. There are, reports Bowker, signs of “some level of saturation” in the e-book market, and, strikingly, the heaviest buyers of e-books are now buying more, not fewer, printed books. The Association of American Publishers recently reported that annual growth in adult e-book sales dropped to 34 percent during the first half of 2012, a sharp falloff from the triple digit gains of the previous few years. As of August, e-book sales represented 21 percent of total sales of adult trade books. While e-book sales seem to be eating away at mass-market paperback sales, which have been falling at around a 20 percent annual clip, hardcover sales appear to be holding steady, increasing at about a 2 percent annual rate.
 Big publishers have also been reporting a sharp slowdown in e-book sales growth, with a Macmillan representative saying last month that “our e-book business has been softer of late, particularly for the last few weeks, even as the number of reading devices continues to grow.” It’s hardly a surprise that the growth rate of e-books is dropping as the sales base expands ? indeed, it’s inevitable ? but the recent decline seems considerably more abrupt than expected.
 Children’s e-books were growing at a strong 250 percent clip early last year (from a much lower base), but printed children’s books were also showing strong growth, with hardcover sales rising at an annual rate of nearly 40 percent. In fact, the total sales growth of printed children’s books exceeded that of electronic copies. Meanwhile, printed books showed strong sales over the holidays, with unit sales in the U.S. up 5 percent over 2011 levels. In the U.K., sales of printed books reached their highest level in three years during the week before Christmas. Combine all these numbers with the fact that sales of dedicated e-readers are falling sharply, and suddenly it seems possible that reports of the death of the codex may have been exaggerated.
 So why might e-books fall short of expectations? Here are some possibilities:
1. We may be discovering that e-books are well suited to some types of books (like genre fiction) but not well suited to other types (like nonfiction and literary fiction) and are well suited to certain reading situations (plane trips) but less well suited to others (lying on the couch at home). The e-book may turn out to be more a complement to the printed book, as audiobooks have long been, rather than an outright substitute.
2. The early adopters, who tend also to be the enthusiastic adopters, have already made their move to e-books. Further converts will be harder to come by, particularly given the fact that 59 percent of American book readers say they have “no interest” in e-books, according to the Bowker report.
3. The advantages of printed books have been underrated, while the advantages of e-books have been overrated.
4. The early buyers of e-readers quickly filled them with lots of books, most of which have not been read. The motivation to buy more e-books may be dissipating as a result. Novelty fades.
5. The shift from e-readers to tablets is putting a damper on e-book sales. With dedicated readers, pretty much the only thing you can do is buy and read books. With tablets, you have a whole lot of other options. (To put it another way: On an e-reader, the e-reading app is always running. On a tablet, it isn’t.)
6. E-book prices have not fallen the way many expected. There’s not a big price difference between an e-book and a paperback. (It’s possible, suggests one industry analyst, that Amazon is seeing a plateau in e-book sales and so is less motivated to take a loss on them for strategic reasons.)
 None of this means that, in the end, e-books won’t come to dominate book sales. My own sense is that they probably will. But, as we enter 2013, I’m considerably less confident in that prediction than I was a few years back, when, in the wake of the initial Kindle surge, e-book sales were growing at 200 or 300 percent annually. At the very least, it seems like the transition from print to electronic will take a lot longer than people expected. Don’t close that Gutenberg parenthesis just yet.
 UPDATE: A new version of this post was published as an article in the January 5 edition of the Wall Street Journal with the headline “Don’t Burn Your Books ? Print Is Here to Stay.” (The headline writer is a bit more definitive in his assessment than I am, but that’s not unusual.)


> TOP

□2012年12月

◇Pew: More Patrons Using Mobile Devices to Access Library Websites
http://www.thedigitalshift.com/2012/12/mobile/pew-more-patrons-using-mobile-devices-to-access-library-websites/
(December 31, 2012 By Matt Enis The Digital Shift)
 Thirteen percent of people aged 16 and older in the United States have used a mobile device to visit a library website or otherwise access library services, according to a national survey by the Pew Research Center’s Internet & American Life Project. This percentage has more than doubled since 2009 the report notes, citing an earlier survey conducted by researchers at the University of Washington.
 In response to the growing popularity of tablets and smartphones, libraries have been making an effort to ensure that the services they offer online will work on mobile devices, said Sarah Houghton, director of the San Rafael Public Library and advisor for this study.
 “In the past couple of years, more librarians have become vocal to vendors about services that don’t work on mobile or don’t work very well on mobile…saying, if you don’t have a version that works on tablets, we’re not going to subscribe next year,” she said.
 People most likely to have connected to a library website using a mobile device included parents of young children (19%), women (16%), and college graduates (21%).
 While 13 percent may sound low in communities with high levels of mobile adoption, Houghton said that the figure sounds about right for a national average.
 The survey also found that 39 percent of Americans ages 16 and older had visited a library’s website using either a desktop computer or mobile device at any point in the past. These website visits were also led by parents (46%), women (44%), and people with college educations (60%).
 And, one quarter of Americans 16 and older said that they had visited a library website at least once during the past year. Of that group, nine percent reported visiting the site at least once per week, 15 percent said they visited the site several times per month, and 27 percent said they went at least once per month.
 The most popular reasons for visiting the website, using any means of access, included searching the library’s catalog for books and other materials (82%), getting basic information such as branch locations an hours of operation (72%), reserving books and other materials (62%), renewing books (51%), using an online database (51%), looking for information about library programs or special events (48%), or getting research or homework help (44%).
 Check here for additional thoughts on this data from infoDOCKET’s Gary Price.


◇Apple iBooks Dominating eBook Market in Brazil
http://goodereader.com/blog/electronic-readers/apple-ibooks-dominating-ebook-market-in-brazil/?utm_source=rss&utm_medium=rss&utm_campaign=apple-ibooks-dominating-ebook-market-in-brazil
(DEC 30 2012 By Michael Kozlowski eBook USER)
 The Brazilian market has been a focal point of many companies that specialize in digital books. In recent months, Amazon, Kobo, and Google have jumped into the fray, hoping to capture a piece of one of the world’s largest markets. You may not hear a ton of news about the iBookstore in Brazil, but Apple is currently dominating the market.
 Many industry analysts are very surprised by Apple’s success in Brazil. It charges all ebooks in USA dollars and an extra 6% tax on all transactions. Part of the reason why the company sells so many books is because of the proliferation of the iPad and iPhone. The Kobo Touch sells for close to $250.00 via the retail partners. Amazon is seeing lackluster success because the Kindle is only available through third party resellers. The e-reader market is fairly underwhelming as a whole, because of the prohibitive costs. It is easier for the average customer to just buy an iPad.


◇2013年1月から改正著作権法が全面施行
http://current.ndl.go.jp/node/22629
(2012年12月28日 カレントアウェアネス・ポータル)
 2012年6月に可決された改正著作権法が2013年1月1日をもって全面的に施行となります。改正法の内容は以下の5つですが、そのうち(1)と(2)が同日で施行されます。なお、(3)から(5)については、2012年10月1日から既に施行されています。
(1)いわゆる「写り込み」等に係る規定の整備
(2)国立国会図書館(NDL)による図書館資料の自動公衆送信に係る規定の整備
(3)公文書館等の管理に関する法律等に基づく利用に係る規定の整備
(4)著作権等の技術的保護手段に係る規定の整備
(5)いわゆる「違法ダウンロードの刑罰化」
◎デジタル化資料の図書館送信に関する改正著作権法の施行について(付・プレスリリース)(国立国会図書館 2012/12/17付けニュース) http://www.ndl.go.jp/jp/news/fy2012/1198457_1827.html
◎改正著作権法が1月から全面施行、「写り込みOK」明確化(INTERNET Watch) http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20121227_580502.html


◇メルマガ第8号を発行しました!|メルマガ更新情報
http://accsell.net/m-magazine/8.html
(2012年12月28日 AccSell)
 こんにちは!「AccSellメールマガジン」第8号が発行されました!
 第8号の内容は
[連載] 中根雅文の「全盲のコンピューター利用に関する四方山話」
第8回: VDM100の基本機能
[連載] 植木 真の「JIS X 8341-3:2010 『逆引き』徹底解説」
第8回:JIS X 8341-3:2010 入門 <その8> 附属書
[レポート] 電子書籍プラットフォームのアクセシビリティの現状
Kindle (Amazon)/Nook (Barns And Noble)/iBooks (Apple)/Google Play Books (Google)などいろいろある電子書籍のレポート
の3本です!
このメルマガの購読には「まぐまぐ」のAccSellメルマガのページからどうぞ
1ヶ月840円/月2回発行(登録申込当月分の1ヶ月は無料でお読みいただけます!)


◇タブレット普及が電子書籍をけん引、紙の読書は減少、米調査
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20121228/447323/
(2012/12/28 小久保 重信=ニューズフロント ITpro)
 米国の調査機関Pew Research Centerが現地時間2012年12月27日に公表した調査結果によると、過去1年間に電子書籍を読んだことがある米国人の割合は23%となり、1年前に行った調査から7ポイント増えた。これに対し、同期間に印刷書籍を読んだという人の割合は67%で、1年前から5ポイント減った。
 電子書籍による読書が増えた時期と、その閲覧端末の普及が進んだ時期は一致するとPew Research Centerは指摘する。2012年10〜11月の調査結果では、米Amazon.comの「Kindle」や米Barnes & Nobleの「NOOK」といった書籍専用端末を所有している米国人の割合は19%で、1年前の10%からほぼ2倍に増えた。また、米Appleの「iPad」やAmazonの「Kindle Fire」などのタブレット端末を所有している人は25%で、同10%から2.5倍に増えた。
 電子書籍専用端末とタブレット端末の普及率は1年前は同じだった。だが、それより前の2011年5月の調査ではそれぞれ12%、8%、2010年5月の調査ではそれぞれ4%、3%。いずれも増加しているものの、タブレット端末の方が速いペースで伸びている。この調査結果から、ここ最近は専用端末よりもむしろタブレット端末の方が電子書籍の普及を後押しするようになってきたと言えそうだ。
 この調査は、2012年10月15日〜11月10日に16歳以上の米国人男女を対象に電話で実施され、2252人から回答を得た。


◇なぜ電子書籍リーダー/タブレット製造企業は失敗するのか――別の視点から
http://ebook.itmedia.co.jp/ebook/articles/1212/27/news056.html
(2012年12月27日 14時30分 更新 ITmedia eBook USER by Paul Biba,Good e-Reader Blog)
 先日、Good e-Readerのマイケルが『なぜ電子書籍リーダー/タブレット製造企業は失敗するのか』というコラムを書いた。内容をはしょると、企業の失敗は低品質デバイス、標準以下のハードウェア、専門的マーケティング、プレスリレーション、苛烈な競争の欠如、ほかの要因間によるとマイケルは結論づけた。これには完全に同意だが、最重要事項が抜けているように思う。エコシステムの欠如だ。
 マイケルは消費者が購入したいスタンドアロンガジェットとして、PandigitalのCool-ER、Entourgeなど幾つか例を挙げ、それらの製品について考察した。実際には、スタンドアロンの製品ではなく、電子読書エコシステムの一部である。平均的な消費者は製品の技術的仕様には関心がない可能性がある(あるいは仕様を読んでも理解すらできない可能性がある)が、その製品で何ができるか常に知りたがっている。『@bookofjoe』の最近のツイートによると「Apple以外のすべてのタブレット製造企業はタブレットを使ってどんな素晴らしいことができるかではなくデバイスがいかに優れているかを宣伝するのに莫大な金を使っている。致命的なエラーだ」という。
 平均的な消費者は書籍を読みたがっていて、一番シンプルかつ簡単な方法でそうしたがっている。Apple以外の企業は消費者に対して、その部分を成し遂げることができていない(筆者が『平均的な消費者』といっていることに注意してほしい。電子読書が主流になるまで、それはダウンロード、ネットサーフィン、デバイスとPCの接続、SDメモリーカードの利用などの方法を知っていた技術オタクに専有されていた。しかし、現在主流派の消費者は、現在、電子読書の技術的側面についてほとんど知識がなく、まったく興味がない可能性があるグループだ)。失敗しているすべての企業は技術オタクと読者の区別を付けることに失敗している。初期の読者は技術オタクだったが、現在はそうではない。
 Apple、Amazon、Kobo、Barnes & Nobleの成功に目を向けてほしい。共通しているのは何だろうか。
 良い製品は、書籍の購入時、「非」技術オタク的な読者にとってシンプルで簡単なエコシステムを開発している。読者は書籍を購入するのにPCすら必要ない。電子書籍リーダーを何度かタップしさえすれば、本は購入できる。
 この典型的な例が引退した化学技術者である筆者の友人だ。彼は自分のKindleをPCに接続したことがなく、その方法も知らない。写真を取るのにiPhoneを利用しているが、画像をiTunesにダウンロードできることは知らない。自分のiPhoneをアップデートしたこともない。技術に関する知識不足は筆者の友人のほとんどに当てはまるが、全員が大手企業の電子書籍リーダーを所有しており、書籍をむさぼるように購入している。すべて万能の電子書籍リーダー上で。
 電子書籍リーダー向けの主流市場は、簡便なエコシステムをただ求める、あるいはまったく技術的知識のない人々に支えられている。iPadが非常に人気がある一方でほかのタブレットが苦戦しているのはなぜだろうか。簡単に利用でき、豊かなエコシステムが存在しているからだ。もちろん、マイケルが記事の中で言っていることはすべて正しいが、彼自身が技術オタクなので、ほとんどの技術オタクと同様に、多くの人々は『技術オタク』的側面にまったく興味がなく、恐らくはそれを忌避していることを忘れている。
 エコシステムが重要なんだ、マイケル。


◇More Americans E-Reading, Increasingly on Tablets, Pew Says
http://www.digitalbookworld.com/2012/more-americans-e-reading-increasingly-on-tablets-pew-says/
(December 27, 2012 Digital Book World)
 More Americans are reading ebooks than ever before, according to a new study.
 Nearly a quarter of Americans read an ebook in the last year, up from 16% a year ago, according to a study released today by the Pew Internet and American Life project. The increase coincides with an increase of e-reading device ownership as illustrated in the chart below:
 Libraries have seen an increase in ebook borrowing, according to the study. Some 5% of Americans borrowed an ebook this year versus 3% last year.


◇婦人画報社、紙書籍の購入者へデジタル版の閲覧権を無料提供
http://ebook.itmedia.co.jp/ebook/articles/1212/27/news023.html
(2012年12月27日 08時32分 更新 ITmedia eBook USER)
 ハースト婦人画報社は、書店で紙の書籍を購入したユーザーに対し、デジタル版の閲覧権を無料提供する取り組みを12月27日から始める。
 全国208店舗の書店での購入が対象となる。デジタル版はタブレットやスマートフォン、PCなどのプラットフォームで閲覧可能。さらにフルテキスト検索にも対応している。
 対象書籍はムックを含む19点で、タイトルは以下の通りだ。
FG ブックス「名旅館」全国75 軒
FG ブックス きもの用語事典
FG ブックス 京都「味」土産
FG ブックス 日本の「ホテル」101 の愉しみ
25ans ウエディング ゲストスタイル
HAPPY TRAVEL BOOK
LIFE IS SWEET
The Loveliest Wedding 小川淳子のハッピーライフ
依田勉三の生涯
岡重コレクション 京都テキスタイル
高峰秀子 松山善三 旅は道づれ 雪月花
高峰秀子のレシピ
小笠原流 こども礼法
新装版 和の美をめぐる50の言葉
染付
続 江戸前鮨 仕入覚え書き
帯留 II
米澤に聞く、肌のホントのこと ウソのこと55
廣野朝美の幸福を呼ぶ手料理


◇WIPO、視覚障害者等による著作物利用に関する国際条約の制定に向けた外交会議を2013年に開催決定
http://current.ndl.go.jp/node/22596
(2012年12月26日 カレントアウェアネス・ポータル)
 世界知的所有権機関(WIPO)加盟国総会が、2013年に、モロッコで、視覚障害者やプリントディスアビリティによる著作物へのアクセスの改善に関する国際条約の制定に向けた外交会議を開催することを決定しました。WIPOによると、視覚障害者等によるアクセスについて権利制限などの法制化が行われている国はあるものの、国際的には手つかずの状態にあり、このような外交会議の開催は条約交渉が最終段階に突入することを示しているということです。
◎WIPO Advances Toward Treaty to Facilitate Access to Published Works by Persons with Print Disabilities(DAISY Consortium 2012/12/21付けニュース) http://www.daisy.org/node/18727
◎WIPO Advances Toward Treaty to Facilitate Access to Published Works by Persons with Print Disabilities, Morocco Offers to Host Diplomatic Conference(WIPO 2012/12/18付けプレスリリース) http://www.wipo.int/pressroom/en/articles/2012/article_0026.html
◎Landmark WIPO Decision: Will 2013 be the 'Year of the Treaty'?(DAISY Consortium) http://www.daisy.org/planet-2012-12#a1
◎出版物へのプリントディスアビリティのある人々によるアクセスを促進する条約に向けてWIPOが前進、モロッコが外交会議主催を申し出る(DINF 2012/12/28付け掲載情報) http://www.dinf.ne.jp/doc/japanese/access/copyright/wipo_121218.html


◇英国政府が著作権法の制限規定見直し案を示したレポートを公表、英国図書館が歓迎の意を表明
http://current.ndl.go.jp/node/22589
(2012年12月25日 カレントアウェアネス・ポータル)
 2012年12月20日、英国政府が、知的財産制度の見直しに関する“Moderninsing Copyright: A modern, robust and flexible framework”というレポートを公表しました。英国政府は、カーディフ大学のハーグリーブズ(Ian Hargreaves)教授が2011年5月に公表したレポートに対して、その回答となる文書を同年8月に発表していました(E1206参照)。今回のレポートもこの流れに位置づけられるものです。
 レポートでは、英国における著作物の利用をより自由なものとするために著作権の制限規定の拡大などを行うという案を示しており、主に次の10の領域について述べています。
・私的複製(Private copying)
・教育における利用(Education)
・引用(Quotation and news reporting)
・パロディ(Parody, caricature and pastiche)
・研究および私的学習(Research and private study)
・非商用目的の研究におけるデータ解析(Data analytics for non-commercial research)
・障害者のためのアクセス(Access for people with disabilities)
・アーカイビングおよび保存(Archiving and preservation)
・公共団体における利用(Public administration)
・著作権表示(Copyright notices)
 併せて、この変更が英国にもたらす経済効果は向こう10年間で5億ポンド以上であると見積もっています。政府は、2013年に法案の作成を行い、審議を経て、同年10月の施行を目指すとしています。
 一方、同じく12月20日に、英国図書館(BL)が、このレポートの内容に対する歓迎の意を表明しています。具体的には、レポート中で示された制限規定によって、同館で、コレクションのデジタル保存、非商用研究のための視聴覚資料の複製、非商用研究のためのテキストマイニングおよびデータマイニング、館内アクセスのためのデジタル複製の作成、が可能となるとしています。
◎Consumers given more copyright freedom(Intellectual Property Office 2012/12/20付けプレスリリース) http://www.ipo.gov.uk/about/press/press-release/press-release-2012/press-release-20121220.htm
◎Moderninsing Copyright: A modern, robust and flexible framework(PDF:56ページ) http://www.ipo.gov.uk/response-2011-copyright-final.pdf
◎British Library welcomes announcement on copyright exceptions(BL 2012/12/20付けプレスリリース) http://pressandpolicy.bl.uk/Press-Releases/British-Library-welcomes-announcement-on-copyright-exceptions-5e4.aspx
◎UK copyright laws to be freed up and parody laws relaxed(Guardian 2012/12/20付け記事) http://www.guardian.co.uk/media/2012/dec/20/uk-copyright-law-parody-relaxed
◎Government relaxes copyright framework to encourage innovation(Wired UK 2012/12/20付け記事) http://www.wired.co.uk/news/archive/2012-12/20/vince-cable-copyright-framework


◇米OverDrive社、“次世代”版電子書籍サービスを一部の図書館で試験導入中
http://current.ndl.go.jp/node/22587
(2012年12月25日 カレントアウェアネス・ポータル)
 米国のOverDrive社が、“次世代”へとリニューアルした同社の電子書籍サービスの試験的導入の状況についてブログで紹介しています。リニューアルの内容には、ブラウザ上で動作する電子書籍ビューワーの採用や、レスポンシブウェブデザインによるモバイル対応などが挙げられています。現在、この“次世代”バージョンはブルックリン公共図書館などの22の図書館(コンソーシアム)で導入されており、その一部についてアクセス数やサイト滞在時間の増加などの効果があったとブログで述べられています。2013年初めには全ての図書館へと提供範囲が拡大される予定です。
◎Reader Engagement Soaring at Next Gen Libraries(OverDrive Blog 2012/12/19付け記事) http://overdriveblogs.com/library/2012/12/19/reader-engagement-soaring-at-next-gen-libraries/
◎The Next Generation Digital Library Platform(OverDrive) http://www.overdrive.com/Next-Gen/


◇EPUB電子書籍制作者の必須ツール「EPUBCheck 3.0」が正式リリース
http://hon.jp/news/1.0/0/4021/
(2012-12-25 10:15:56 hon.jp Day Watch)
 オープンソース電子書籍ファイル形式「EPUB」制作者のための文法・書式チェックツールとして公開・開発されている「EPUBCheck」が12月21日、バージョン3.0になった。
 EPUBCheckは、もともと数年前にAdobe社(本社:米国カリフォルニア州)の電子書籍ビューワー部門がJavaで作ったEPUB専用構文・文法チェッカーで、その後すぐにオープンソース化。Apple社「iBookstore」など多くの電子書籍会社でこのEPUBCheckの使用が指定されているため、現在では電子書籍ファイル制作者たちにとっては欠かせない最終チェック工程ツールになっている。
 Version 3.0はここ1年間ほどEPUB 3.0形式対応にからみベータテストが続けられていたが、今回ようやく正式リリースとなった。【hon.jp】
◎EPUBCheckバイナリ配布サイト( https://code.google.com/p/epubcheck/ )


◇第10回前編: 「そもそも表を画像で作るなバカ!」 (公開録音@CSS Nite LP25)|ポッドキャスト
http://accsell.net/podcast/0010a.html
(2012年12月24日 AccSell)
 今回は、2012年12月15日に開催されたCSS Nite LP25 (Shift 6) で行った公開収録の模様をお送りします。前編では当日の模様を、後編では当日話しきれなかったことや感想などをお送りします。
 前編でお送りするCSS Nite当日は、こんなお話をしました。
2012年のアクセシビリティ関連トピックス10個
Webアクセシビリティの基本
変化し続けるユーザーを取り巻く環境
◎Podcast(約34分:約42MB)


◇Kindleストアにて電子書籍を自費出版:PC Online
http://pc.nikkeibp.co.jp/article/column/20121220/1074562/
(2012年12月21日 日経BP)
 みなさんモバイルしていますか? モバイル端末として、電子書籍リーダー端末が各社から発売されて、にわかに電子書籍が盛り上がっています。その中でも注目なのが、アマゾンによる「Kindleストア」です。Kindleストアで販売している電子書籍は、専用端末「Kindle」、またはスマートフォンやタブレット用の「Kindleアプリ」で読むことができます。特に、Kindleは、格安な値段で発売しており、人気が沸騰しています。購入された方も多いのではないでしょうか。
 そのKindleストアには、面白いシステムがあります。です。「Kindle ダイレクト・パブリッシング(KDP)」。このKDPを利用すると、出版社を通さなくても、直接、本の出版が可能です。つまり、個人ユーザーが自分で書いた本を出版できる仕組みになっています。
 試しに、本を1冊書き下ろして、出版してみました。タイトルは、「Windows Phone 8応援ブック」。日本で未発売のWindows Phone 8の魅力を書いた本です。発売されていない端末の本は、なかなか出版の機会がないと思われますので、「Kindleストア」を利用して、個人で出版してみることにしました。
 まず、KDPにて書籍を登録するには、決められたフォーマットで登録する必要があります。KDPのヘルプページによりますと、以下の通りです。


◇How Publishers Should Prepare for EPUB 3
http://www.digitalbookworld.com/2012/how-publishers-should-prepare-for-epub-3/
(January 18, 2012 by Jeremy Greenfield Digital Book World)
 The future of e-books is now.
 The approval of a new coding language for e-books, developed by the International Digital Publishing Forum (IDPF), a global trade and standards organization for the promotion of electronic publishing, means that soon it will be a relatively simple matter for e-books to contain video, audio, dynamic content and all sorts of interactive features.
 The catch? Many of the features of EPUB 3, as it’s called, can’t currently be rendered by most e-reading software. Meaning, if a book publisher created a new e-book using EPUB 3 to embed a Google map or a Twitter feed, the book wouldn’t work properly on most e-readers.
 But that’s all about to change.
 “2012 will be the year when retailers adopt EPUB 3,” said Bill McCoy, executive director of the IDPF.
 For instance, Ingram Content Group, the country’s largest distributor of digital and physical books, said that its e-textbook reader, VitalSource Bookshelf, which is available as an application for the iPad, iPhone, Mac Windows, browsers, iOS clients, and Android in the near term, will begin to support EPUB 3 in April.
 “VitalSource works with 200 education publishers, most of which are gearing up for EPUB 3,” said Rick Johnson, chief technology officer for VitalSource.
 As more e-reader software supports more of EPUB 3, publishers need to prepare for changes in creative capabilities, workflow, hiring and, maybe most important of all, their relationship with booksellers.

 Hear more about EPUB 3 and what publishers should do about it at the Digital Book World Conference + Expo in New York City from January 23 to 25.

◎The Coming Battle With Retailers
 First the tech jargon, then the plain speak: EPUB 3 is built on HTML 5, which means that publishers can build JavaScript into their books.
 This is significant, because JavaScript can theoretically be used to track e-book reader behavior, information publishers have coveted since the dawn of the Kindle age ? and that retailers have refused to share.
 “Retailers, like Amazon, are known for not disclosing certain information,” said McCoy. “Publishers would love to know that information.”
 With EPUB 3, publishers should be able to build software into their books that tells them how much a reader reads, when they read and for how long, for starters.
 While publishers should push hard to gather all the information retailers will allow, retailers may resist, citing security risks and privacy concerns, said McCoy.
 But the terms of the conflict might change when retailers allow books to fetch remote data, like a dynamic Google map or an ad that changes at the whim of the publisher.
 “Once you allow that, it’s very hard to limit,” said McCoy. “Some distribution channels will enable that kind of remote data access early in 2012. The question is when the top-end vendors do that. That will depend on competitive situations. Some may try to jump first. I don’t want to predict the moves in the game of Risk, but some of the vendors are more oriented at being open than others.”
 Publishers might have an unlikely ally on their side: the specter of piracy.
“As you move into the world of HTML 5, interactivity is becoming the new DRM [digital rights management],” said Johnson, who helped craft the EPUB 3 language as part of a working group at IDPF. “As you enable new interactivity, you are making it harder for people to share the content; you have to have the whole book in order to use those rich features.”
 As EPUB 3 is adopted, many of those “rich features” will require remote data calls.

◎New Paradigms in Sales and Marketing
 If allowed, remote data calls through JavaScript embedded in an EPUB 3 e-book will open up a whole new world of customer information and customer interaction for book publishers.
 Beyond being able to collect dynamic data from readers, publishers will be able to talk to readers, on the fly. The most obvious incarnation of this is advertising.
 “JavaScript support allows the same kind of ad ecosystem as exists on the Web,” said McCoy, meaning that publishers can theoretically advertise anything at any time using ad space they develop in their books sold with such capabilities.
 For instance, a book sold today might advertise a related book in the back-matter, plugs for new books that typically appear in the back of the book. If that ad were served through JavaScript, publishers would know just how readers responded to it, and if response wasn’t what was hoped for, they could change or adjust the ad for better results.

◎New Ways of Thinking About Content
 As tablet and smartphone adoption increases, readers will expect richer features from books.
 “Users want features. They want eye candy, they want sharing,” said Johnson.
 That doesn’t necessarily mean that publishers should seek to add features haphazardly to their current pipeline of e-books. Publishers should think more holistically about their content.
 “Publishers are going to need to think about their content as a more malleable asset,” said McCoy. “If you’re doing a novel, you don’t think of it as only a hardcover.”
 With the proliferation of devices and screen sizes, publishers need to consider all of the different kinds of places their content could appear ? and both compensate and take advantage of those different venues.
 “It’s not just about tablets. EPUB 3 is going to live in browsers, in native applications,” and publishers that try to get their content onto screens of all sizes ? and looking good ? will be ahead of the curve, said Johnson. Scripts, or bits of code that answer questions for a piece of software, that can be built within EPUB 3 will allow publishers to optimize one piece of content for multiple screens, he added.

◎New Workflows
 Publishers that want to build new kinds of reading experiences need to think about what new features they want to add to their books at the earliest possible stage.
 “They need to figure out how they want their books to sing and dance,” said Eric Freese, until recently a solutions architect at Aptara, a Falls Church, Va.-based e-book production house; he was also part of the working group at IDPF that developed EPUB 3 and is now an information architect at Amsterdam-based health publisher Elsevier. “Do they want audio and video added in? If so, they need to be thinking about that at creation time, not publication time. The earlier the better. By thinking about it early, you’re more nimble and flexible with what you can do at the end.”
 For those publishers that haven’t quite mastered the art of quality assurance (QA), EPUB 3 will bring fresh challenges, ones that should be addressed by changes in workflow.
 “With EPUB 3, you have the capability to style things differently and have things adjust to layout,” said Johnson. “You have to make sure you have all the basics down. I encourage publishers to have a good way to do QA work.”

◎Hiring New, Expensive Workers
 EPUB 3 is built on HTML 5. A relatively new coding language, HTML 5 isn’t yet a common skill for developers. And where there’s scarcity, there’s cost.
 “If you’re doing children’s books or cookery or anything that needs to take advantage of interactivity, HTML 5 is going to be the core building block and that’s the core skill that publishers need to make sure they have in house or an outsourced relationship that they can count on as a business partner,” said McCoy.
 Publishers will need to hire more in-house staff, said Johnson. They will either need to build their own HTML 5 development teams or at least hire a knowledgeable liaison for any vendors they work with.
 “With this enhanced digital content, they [publishers] will need to grow the skills and capabilities of their staff,” said Johnson. “They will also demand more from their vendors.”
 Building it or buying it, engaging an HTML 5 development team is a costly proposition.
 According to Salary.com, the median salary for a Web applications developer in New York is nearly $95,000. And that’s for people whose skills may not even reach the high level necessary for top HTML 5 development.
 And that doesn’t factor in the recruitment costs. Good developers are hard to come by, with the unemployment rate for technology workers under 4% for most of 2011 and companies like Google, Facebook and hot startups duking it out for top talent.

 As EPUB 3 gains support among reading platforms and devices, publishers will face a time of difficult change. But there is light at the end of the tunnel.
 “As the adoption of digital continues to accelerate, many of the problems that have emerged ? workflow for publishers, expectations of readers ? are addressed by EPUB 3,” said Johnson.


◇BookBoon’s Record-Breaking eBook Year
http://goodereader.com/blog/electronic-readers/bookboons-record-breaking-ebook-year
(DEC 19, 2012 By Mercy Pilkington, Good E-Reader)
 This coming weekend might signify the end of work until the holidays are over to some consumers, or last minute shopping for a few tardy individuals. But for Thomas Buus Madsen, chief operating officer and founder of the London-based BookBoon, it could actually mean a new record for his company. Over the weekend, BookBoon predicts its 40millionth ebook download will take place.
 “It is very likely that the 40 millionth book will be downloaded somewhere in the United States, where users are most active around those hours. Tuesday, we were merely lacking 250,000 downloads, so we are very excited at the Bookboon headquarters,” said Buus Madsen in a press release.
 It’s easy to see why the ebook publisher might have had such a record-breaking year: with a distribution that focuses primarily on textbooks, business books, and travel guides, BookBoon offers something that a lot of companies can’t…its books are free.
 With most of the titles written in-house or by freelancers, BookBoon is able to provide the titles free of charge by embedding advertising on various pages within the book. While many of these titles are not ones that students pay outrageous prices for at the campus bookstore, they do appear to be excellent reference guides and study aides that complement existing coursework. While it might seem aggravating to some readers to endure advertisements within the pages of their books, BookBoon users have spoken out in favor of the process to the tune of massive growth this year for the company, a trend that Buus Madsen plans to keep going in 2013.
 “In 2012 we published 200 new books ? we intend to double this next year. Furthermore, we collected over175.000 Facebook fans in 2012, and look forward to reaching half a million in 2013. The 40 million downloads was an increase of 400% compared to 2011. Growing by the same rate in 2013 sounds like a very big challenge but following our success in 2012, we have no doubt the new year will be full of surprises.”


◇パピレス、電子書籍販売ストア「TSUTAYA.com eBooks」にレンタル機能を供給へ
http://hon.jp/news/1.0/0/4000/
(2012-12-18 12:58:44 hon.jp DayWatch)
 株式会社パピレス(本社:東京都豊島区)は12月18日、株式会社TSUTAYA.com(本社:東京都渋谷区)と提携し、後者が運営する電子書籍販売ストア「TSUTAYA.com eBooks」に前者が運営する電子書籍レンタルサイト「電子貸本Renta!」の機能を供給開始した。
 「TSUTAYA.com eBooks」は、TSUTAYAグループの総合ポータル「TSUTAYA.com」のブランド下で昨年オープンした電子書籍販売ストアで、iOS/Android/PC向けに作品を販売中。今回、パピレス側のサイトをバックエンドシステムとして新しく電子書籍レンタルコーナー「TSUTAYA.com × 電子貸本Renta!」を新設オープンした。
 この新しい「TSUTAYA.com × 電子貸本Renta!」コーナーでは、読者はT-IDクレジットカードでレンタルチケットを購入し、Tポイントを獲得できるようになる。【hon.jp】
◎パピレスのプレスリリース( http://www.papy.co.jp/info/index.php?page=/release/121218.htm )


◇National Federation of the Blind Applauds U.S. Support for Legally Binding International Instrument to Put More Accessible Books in the Hands of the Blind Worldwide
https://nfb.org/national-federation-blind-applauds-us-support-legally-binding-international-instrument-put-more
(Monday, December 17, 2012 National Federation of the Blind)
 National Federation of the Blind Applauds U.S. Support for Legally Binding International Instrument to Put More Accessible Books in the Hands of the Blind Worldwide
 Baltimore, Maryland (December 17, 2012): The National Federation of the Blind applauds today’s announcement from the United States government supporting a legally binding international instrument which will allow many more books to be converted into accessible formats used by the blind and allow those accessible copies to be shared across international borders. The U.S. officially voiced its support earlier today at the Extraordinary General Assembly of the World Intellectual Property Organization (WIPO) taking place in Geneva, Switzerland. The U.S. also indicated its support for a diplomatic conference in June, 2013, which would have the aim of finalizing work on the international instrument.
 Dr. Marc Maurer, president of the National Federation of the Blind, said: “We have been calling upon the U.S. government and governments throughout the world to support this treaty proposal, which has been before WIPO since 2009. In developed nations, only up to seven percent of published works are available to the blind in accessible formats such as Braille, audio, and electronic versions and less than one percent of published works are available in the developing world. This has created a book famine for the blind across the globe.”
 “We appreciate the leadership exercised by the U.S. delegation to WIPO to keep this treaty proposal moving forward, and we expect the U.S. delegation to continue exercising such leadership to ensure that, at the Diplomatic Conference in June of 2013, the world will adopt and finalize a legally binding international instrument that is workable and achieves the overarching purpose of putting more books and information into the hands of the blind,” said Scott LaBarre, one of the National Federation of the Blind’s official delegates to WIPO.
 “Resolution of several important issues still lies ahead. Member states of WIPO have not achieved consensus on key language in the proposed instrument with respect to provisions addressing the needs of the blind while still protecting the intellectual property of publishers.”
 “Such differences remain a real threat to adoption of this desperately needed international agreement,” added Dr. Frederic K. Schroeder, first vice president of the National Federation of the Blind and also an official Federation delegate to WIPO.
 Approximately one-third of the world’s nations, including the U.S., have created exceptions and limitations in their copyright laws to allow for the reproduction of published works in accessible formats without first requiring the time-consuming and expensive step of acquiring the permission of the publisher for such reproduction. Unfortunately, two-thirds of the world’s countries have no such exceptions or limitations allowing for the production of accessible copies. Additionally, cross-border sharing of accessible copies is not permitted under international law. If adopted, the treaty proposal under the sponsorship of the World Blind Union, which was originally tabled and is now before the WIPO General Assembly, would harmonize copyright exceptions and limitations throughout the world, allowing for the conversion of published works into accessible formats used by the blind and permitting the sharing of accessible copies of works across international borders.


◇Baker & Taylor Launches Acoustik Audiobooks
http://goodereader.com/blog/weekly-top-news/baker-taylor-launches-acoustik-audiobooks
(DEC 17, 2012 By Paul Biba Good E-Reader)
 Baker & Taylor, a major distributor, has announced the launch of a new mobile platform that will sell audiobooks on the Android and Apple platforms. The new platform, called Acoustik, is now available on the App Store and on Google Play. It is powered by Findaway World’s platform and currently provides access to 40,000 titles. Baker & Taylor intends to launch Acoustik as part of the Axis 360 digital media platform for libraries. The Acoustik site has free samples to allow you to do a “test listen.”
 Interestingly, the platform will be available through other retailers, as well. For example, Michael’s Bookstore is offering a selection of Acoustik audio books. The consumer downloads the Apple or Android platform and can then download books from their Michael’s account. Go independent bookstores!


◇ロシアのWiMAX通信キャリアYota、背面に電子ペーパーディスプレイを搭載したAndroidスマートフォンを発表
http://hon.jp/news/1.0/0/3993/
(2012-12-17 11:34:48 hon.jp DayWatch)
 ロシア西域を中心にWiMAXデータ通信網を展開する中堅キャリアのYota社(本社:ロシア・サンクトペテルブルク市)は来年2月、スペインで開催される「Mobile World Congress 2013」カンファレンスで、背面に電子ペーパーディスプレイを搭載したAndroidスマートフォン「YotaPhone」を披露することを発表した。
 YotaPhoneは、ボディ形状は一般的なAndroid OS 4.2スマートフォンだが、背面に台湾E-Ink製の4.3型電子ペーパースクリーンを搭載。電子書籍や電子新聞などを省電力で閲覧できるように設計されているという。【hon.jp】
◎Yota社のサイト( http://www.yotadevices.com/ )


◇2012年のオープンアクセスの“劇的な成長”(資料紹介)
(2012年12月17日 カレントアウェアネス・ポータル)
http://current.ndl.go.jp/node/22535
 カナダのサイモンフレーザー大学の博士課程に在籍しているモリソン(Heather Morrison)氏が、2012年のオープンアクセスの“劇的な成長”を示した統計データをExcelファイルで公開するとともに、自身のブログでその内容の一部を紹介しています。例えば、オープンアクセスジャーナルのディレクトリとして有名な“Directory of Open Access Journals”には、2012年に1,133タイトルが登録され、1日につき約3タイトルが追加されていった計算になるとしています。
 なお、彼女は“Freedom for scholarship in the internet age”と題した博士論文の審査を11月に済ませたということです。
◎Dramatic Growth of Open Access December 11, 2012 Full Data Edition http://summit.sfu.ca/item/10990
◎Dramatic Growth of Open Access 2012: early year-end edition(The Imaginary Journal of Poetic Economics 2012/12/12付け記事) http://poeticeconomics.blogspot.ca/2012/12/dramatic-growth-of-open-access-2012.html
◎Freedom for scholarship in the internet age (doctoral dissertation)(The Imaginary Journal of Poetic Economics 2012/12/13付け記事) http://poeticeconomics.blogspot.ca/2012/12/freedom-for-scholarship-in-internet-age.html


◇新潮社、電子書籍配信を一時停止 キンドルストアに対し
http://www.asahi.com/business/update/1215/TKY201212150135.html
(2012年12月15日18時40分 朝日新聞 上原佳久)
 米アマゾン社の電子書籍販売サイト「キンドルストア」で、新潮社の電子書籍が一時、購入できない状態になっていたことがわかった。新潮社によると、13日夜に作品の配信を一時停止し、14日深夜に購入できる状態に戻したという。
 アマゾンとの間でサービスを巡る「見過ごせない」問題が見つかり、解決まで配信を一時停止したという。ネット上では、「事前に周知するべきだ」などと困惑の声が上がっていた。新潮社は「ごく短い時間停止したつもりだったが、反響の大きさに驚いています。ご迷惑をおかけしました」としている。


◇アップルと出版4社、電子書籍の独禁法問題で欧州委員会と合意
http://japan.cnet.com/news/business/35025750/
(2012/12/14 11:29 Zack Whittaker (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 福岡洋一)
 Appleと大手出版社4社が、欧州の独占禁止法規制当局との間で9月に開始した交渉を経て合意に達した。これにより、電子書籍の価格操作をめぐって進行中の論争が終わりを迎える。
 AppleとHarperCollins Publishers、Hachette Livre、Macmillan Publishersの親会社であるVerlagsgruppe Georg von Holtzbrinck、CBS傘下のSimon & Schuster(CBSは、米CNETおよび米ZDNetの親会社でもある)は、Amazonなどの電子書籍販売業者に対する価格制限を緩和することになる法的拘束力を持つ条件に合意した。
 5番目の出版社Penguin Group(英国のPearsonが所有)は、「約束を表明しないことを選んだ」ため、まだ調査中の段階だ。ただし欧州委員会は、現在も同社と交渉中だと述べている。
 欧州委員会は声明で、各社が「欧州連合(EU)による独占禁止法の規則に違反して、欧州経済領域(EEA)で電子書籍の小売価格競争を制限することを企てた可能性がある」と述べた。これらの懸念に対処するため、電子書籍の出版社各社は「現行のエージェンシー契約を打ち切り、今後5年以内にエージェンシー契約の特定条項を削除する」ことを提案した。
 欧州の独占禁止法規制当局がこの段階に達するまでには、最初に英国の取引規制当局が予告なく各社への立ち入り調査を行い、EUに代わって調査を開始してから1年が経っている。EUが調査に加わると、Appleおよびパートナーの出版社各社が共謀して電子書籍の価格を操作し、競争を制限するよう企てたとの疑惑が浮かんだ。
 出版社各社は「最恵国待遇」条項の削除にも合意した。ある小売業者が電子書籍の小売価格を他の小売業者より低く設定できるようにするもので、別の小売業者がどんなモデルを採用していようと関係がない。つまり、優遇措置を受ける小売業者は利益を確保できることになり、より小規模な書籍販売業者に連鎖的に影響が及ぶ可能性があった。


◇平成24年度バリアフリー・ユニバーサルデザイン推進功労者表彰が発表
http://current.ndl.go.jp/node/22522
(2012年12月14日 カレントアウェアネス・ポータル)
 内閣府主催の「平成24年度バリアフリー・ユニバーサルデザイン推進功労者表彰(第11回)」が発表され、その最高賞である「内閣総理大臣表彰」を、DAISY図書に対応したデジタル録音図書読書機を開発・販売しているシナノケンシ株式会社と、社会福祉法人全国手話研修センターが受賞しました。また、内閣府特命担当大臣表彰優良賞を、愛知県の日進市立図書館等が受賞しています。
 この表彰は、高齢者、障害者、妊婦や子ども連れの人を含むすべての人が安全で快適な社会生活を送ることができるよう、ハード、ソフト両面のバリアフリー・ユニバーサルデザインを効果的かつ総合的に推進する観点から、その推進について顕著な功績又は功労のあった個人又は団体を顕彰し、もって、バリアフリー・ユニバーサルデザインに関する優れた取組を広く普及させることを目的とするものです。
◎平成24年度バリアフリー・ユニバーサルデザイン推進功労者表彰式(第11回) (バリアフリー・ユニバーサルデザイン推進 2012/12/5付けの記事) http://www8.cao.go.jp/souki/barrier-free/h24hyoushou/index.html
◎シナノケンシ「内閣総理大臣表彰」を受賞 (シナノケンシ株式会社 2012/12/6付けの記事) http://www.skcj.co.jp/news/2012/press_121206.html
◎日進市立図書館 http://lib.city.nisshin.lg.jp/


◇Amazonが中国でも電子書籍を販売開始、まずはiOS/Android版ビューワを先行公開
http://ebook.itmedia.co.jp/ebook/articles/1212/14/news052.html
(2012年12月14日 12時30分  ITmedia eBook USER)
 米Amazon.comは12月13日(現地時間)、日本に続き中国国内のAmazon.cnサイトでも電子書籍を販売開始した。
 同日時点で公開されたのはKindleストアサイト、iOS版/Android版Kindleビューワアプリで、Kindle Paperwhiteなど電子書籍リーダー端末はまだ販売されていない模様。ただ、電子書籍端末4モデルはすでに中国当局の通信機器審査に手続き申請して認可が下りているため、近日中にも発売される可能性が高い。
 なお、今年のノーベル文学賞を受賞した莫言氏の作品も2作品が電子化されている模様で、さっそくセールストップ・ランキングに入っている。


◇A Different Model for e-Lending in Sweden
http://goodereader.com/blog/weekly-top-news/a-different-model-for-e-lending-in-sweden
(DEC 13, 2012 By Paul Biba Good E-Reader)
 The Literary Platform has an absolutely fascinating article about how ebook lending is taking place in Sweden. Given the problems American publishers have even admitting that libraries exist, it should be a must-read for anyone in the publishing industry. According to the article, a Swedish library treats ebooks as a “service” with all ebook titles available to all the libraries patrons at all times, for free. They do not use the “licensing” model that is prevalent elsewhere. In Sweden you can borrow as many ebooks as you want, simultaneously. The library, on the other hand, pays the publisher for every transaction.
 Evidently this model is making Swedish publishers nervous, though, and they are starting to “window” some books. This has caused a major outcry in the country. The Stockholm City Library is working with publishers, now, to set up a pilot project for a dual licensing mode based on the library helping the publishers digitize their backlist and, in return, getting decent lending terms. In the pilot, the library will pay for the digitization of 25 ebooks, which will be made available to the library for a fixed-price subscription for eleven years. The publishers, in turn, agree to make all new ebook titles available to the library on release.
 Much more worth reading in the article. It is a pity that there is no innovative thinking or experimentation in the American ebook/library market. The idea of libraries and publishers becoming partners, instead of adversaries, is one that desperately needs traction here. Let’s hope that someone in the industry reads this article and gives it a bit of thought.


◇メルマガ第7号を発行しました!
http://accsell.net/m-magazine/7.html
(2012年12月12日 AccSell)
 こんにちは!「AccSellメールマガジン」第7号が発行されました!
 第7号の内容は
[連載] 中根雅文の「全盲のコンピューター利用に関する四方山話」
第7回: MS-DOS環境で文書作成
[連載] 植木 真の「JIS X 8341-3:2010 『逆引き』徹底解説」
第7回:JIS X 8341-3:2010 入門 <その7> 試験の手順と試験結果の表示
[連載] 辻 勝利の「Life with 支援技術」
第5回:NVDAを使うための準備
の3本です!
このメルマガの購読には「まぐまぐ」のAccSellメルマガのページからどうぞ
1ヶ月840円/月2回発行(登録申込当月分の1ヶ月は無料でお読みいただけます!)


◇KindleやBlackberryのWebブラウザでもEPUB電子書籍が読める、無料Web本棚サイト「Enreader.com」
http://hon.jp/news/1.0/0/3973/
(2012-12-11 14:31:44 hon.jp DayWatch)
 「EPUB形式の電子書籍は、Kindle端末では読めない」と思われがちだが、そのような時代もいずれなくなりそうだ。技術的にそれを示唆するのが、ロシア在住プログラマーMikhail Trufanov氏がこつこつと開発を進めている無料Web本棚サイト「Enreader.com」だ。
 Enreader.comは、オープンソースCMS「Drupal」の上に制作されたWeb電子書籍ビューワ・本棚サイトで、Facebookアカウントでログインし、EPUB/FB2/MOBI/LIT/DJVU/RTF/DOC/TXT/PDF形式の電子書籍ファイルをアップロードすると、PC/Mac/iOS/Android/Amazon Kindle/Opera Mini/BlackberryのWebブラウザ上で閲覧できるようになる。
 電子書籍がデバイス無差別で読めるようになる時代がいずれ到来するのは、意外に近そうだ。【hon.jp】
◎Enreader.comのサイト( http://www.enreader.com/ )


◇Kindle Books
https://nfb.org/kindle-books
(National Federation of the Blind)
◎Make Kindle E-books Accessible
 Amazon.com is undertaking a massive effort to deploy its Kindle e-readers and Kindle e-books to K-12 schools across the United States. In some cases Kindle devices have been donated directly to schools, including schools that serve children who are blind or have other disabilities. More important, and more disturbing, is the fact that Amazon has also built a system called Whispercast that allows teachers and school administrators to distribute Kindle content to devices other than Kindles. The problem with all of these plans is that neither the Kindle devices nor the book files used in conjunction with them are accessible to students who are blind or who have other print disabilities. Since school districts have an obligation under federal law to purchase or deploy only accessible technology and content, Amazon must either make Kindle e-books accessible or cease and desist from its efforts to have them used in the classroom. For further illustration of this issue, please view the comparison of Kindle e-books to accessible e-books.
 Background and History
 Blind Americans have been asking Amazon to make its Kindle products accessible for several years now. In 2009, Amazon introduced the first Kindles with text-to-speech output, but blind users could not independently access this feature. Furthermore, under pressure from the Authors Guild, Amazon allowed authors and publishers to “turn off” text-to-speech for specific books. When Amazon began peddling Kindles to institutions of higher education, the NFB brought suit and filed complaints against several of these institutions. These claims prompted a June 29, 2010 Joint Dear Colleague Letter from the Department of Education and the Department of Justice warning educational institutions not to purchase inaccessible technology. A follow-up FAQ from the Department of Education made it clear that the prohibition against the purchase of inaccessible technology also applied to libraries and K-12 schools. Despite this, Amazon is now seeking to have Kindle e-books deployed in K-12 schools, and several school districts across the United States have already purchased Kindles and Kindle content or received donations from Amazon.
 Protest Action
 On Wednesday, December 12, 2012, we will be holding an informational protest, regarding the distribution of inaccessible Kindle e-books in K-12 schools, outside of Amazon Headquarters in Seattle, Washington. We will be delivering letters from blind students, parents, and friends to Mr. Bezos, the founder and CEO of Amazon, as part of the protest. You are urged to send these letters to Chris Danielsen (Cdanielsen@nfb.org) at the Jernigan Institute. You are also urged to send us a YouTube video of the student reading the letter. Template letters for this process are available in the section below. A flyer explaining our position will also be distributed at the protest. Feel free to share it with others, even if you will not be participating in the protest action. Further logistical details of the protest are below.
 Date: Wednesday, December 12
 Time: 11:00 AM to 1:00 PM Pacific Time
 Protest Location (Amazon Headquarters): 426 Terry Avenue North Seattle, WA 98109
 Pre-meeting: For those of you who can make it, we will have a final briefing the day of the protest at the Holiday Inn Seattle at 8:30 AM.
 For further details on the protest, please contact John Pare at (410) 659-9314, extension 2218, or by e-mail at jpare@nfb.org.
◎Template Letters to Jeff Bezos
 We are calling for parents of blind children/teens and blind children/teens themselves to write letters to Amazon’s founder and chief executive officer, Mr. Jeff Bezos, explaining the harmful impact that the use of inaccessible Kindle e-books in the classroom will have on blind students. Below are template letters available for your modification.
◎Template Letter for Blind Child/Teen https://nfb.org/images/nfb/documents/word/kids%20template%20letter.docx
◎Template Letter for Parent of Blind Child/Teen https://nfb.org/images/nfb/documents/word/parent%20letter%20template.docx
◎How You Can Help
 Even if you are unable to participate in our informational protest on December 12, you can still help make Amazon aware of the need to make its Kindle e-books accessible to blind K-12 students.


◇国立国会図書館、2013年7月開始のオンライン資料制度収集に関する説明会を実施
http://current.ndl.go.jp/node/22480
(2012年12月10日 カレントアウェアネス・ポータル)
 国立国会図書館が、2013年1月30日および4月17日に、オンライン資料制度収集に関する説明会を開催します。会場は東京本館及び関西館(TV中継)です。
 この制度収集は、2013年7月1日から開始されるもので、民間で出版されたオンライン資料(電子書籍、電子雑誌等)を国立国会図書館に納入することが義務付けられるという内容です。当面は、オンライン資料のうち、無料かつDRM(技術的制限手段)のないものが納入の対象となります。収集についての詳しい情報がウェブサイトに掲載されています。
◎オンライン資料制度収集説明会開催のお知らせ(国立国会図書館) http://www.ndl.go.jp/jp/event/events/online_seminar.html
◎オンライン資料の収集(国立国会図書館) http://www.ndl.go.jp/jp/aboutus/online_data.html
◎オンライン資料制度収集説明会開催のお知らせ(国立国会図書館 2012/12/10付けニュース) http://www.ndl.go.jp/jp/news/fy2012/1198395_1827.html


◇PC-Taker 8 を発売
http://www.aok-net.com/news/pctk8upnews.html
(2012年12月10日 高知システム開発)
 このたび、高知システム開発では最新のWindows 8に対応した PC-Talker 8を発売いたします。
 使いやすいスタートメニューやファイル管理ソフトを装備した、安心のスクリーンリーダーです。


◇[記事紹介] Five years at Mozilla (Marco's accessibility blog)|AccSellクリッピング
http://accsell.net/clipping/five-years-at-mozilla-marcos-accessibility-blog.html
(2012年12月 9日 AccSell 中根雅文)
 Mozillaのアクセシビリティー・チームで活動する全盲のQAエンジニア、Marco Zehe氏が、Mozillaに参画して丁度5年となった12月3日付けのブログで、過去5年間を振り返ると同時に、今後の展望を示す内容を投稿している。
 記事では、2007年12月にZehe氏がMozillaに参画してからの5年間の、Firefoxの開発について振り返っている。特に、モバイル版のFirefoxに関する記述が多く、視覚障碍者も使用できる形の現在のAndroid版Firefoxが実現するまでの経緯も記されている。
 2007年といえば初代のiPhoneが発売された年で、Androidを搭載した端末はまだ存在すらしていなかった時期だ。そして、iPhoneにVoiceOverが搭載されたのは2009年に発売されたiPhone 3GSからであるから、この5年間でアクセシビリティーの面でもそうでない面でも、モバイル・アクセスを取り巻く環境が大きく変化したということがよく分かるだろう。
 他にも、NVDAとの協調、GNOMEデスクトップにおけるアクセシビリティー・サポート、Mac OS X版におけるアクセシビリティー・サポートなどにも言及している。また、この5年間でMozillaプロジェクト全体のアクセシビリティーに対する意識が向上したことにも触れている。
 2013年の展望としてZehe氏は、Firefox OSについて記している。具体的なことには触れられていないが、アクセシビリティーが考慮されたOSであることが示唆されており、今後注目していく必要がありそうだ。
◎Five years at Mozilla | Marco's accessibility blog http://www.marcozehe.de/2012/12/03/five-years-at-mozilla/


◇Amazon, Why Do You Keep Burning Blind Readers?
https://nfb.org/blog/atblog/amazon-why-do-you-keep-burning-blind-readers
(Friday, December 7, 2012 By Amy Mason National Federation of the Blind)
 According to ZDNet and Engadget the Kindle Fire will be getting Explore by Touch and Voice Guide to provide accessibility features to blind and visually impaired customers.
 These features were first introduced in Google's Android, Ice Cream Sandwich operating system. (This is the basis of the OS for the Kindle Fire and Fire HD which has been heavily skinned by Amazon for the device.) Google has since released Jelly Bean which has improved markedly on accessibility. If this were Amazon's only weakness, an out-of-date OS, I would be disappointed, but I would understand. This is not, however, Amazon's only problem.
 Their weakness instead, appears to be a disregard for the wishes of its blind consumers. Blind people want Kindle books. We want them badly enough that I know several blind people who have chosen to buy the Kindle Keyboard, despite being unable to do anything more than start and stop text-to-speech on their books. The PC edition (with accessibility plug-in) is slightly better. If a user is willing to sit at a PC, they can read by navigational elements as small as a sentence at a time, and as large as a page (seriously, you have to sit at the computer and turn every page. What a thrilling way to read a book!)
 I hear a few of you saying, "Ok, Amy, so you are upset about the past, but now Amazon is offering this additional accessibility in the Fire". I am sorry to disappoint you, but for all intents and purposes it did not improve on their existing efforts. We purchased a Kindle Fire HD, and received it last Friday. We read on Amazon's website that there were accessibility features, so we felt that we had to do our due diligence and test their work. First of all, when you get the device, you have to have a sighted person turn on the accessibility features because there is no way for a blind person to turn them on independently. Secondly, access is limited to the device settings, the collection of books in a user's library, the primary navigation buttons (back, home, and more) and allowing you to start and stop text-to-speech on a book. A sighted reader on this tablet has the capability to browse the Web, play music, play audio books, download and read magazines and newspapers, buy Android apps, read e-mail, view documents (this may be accessible, I didn't get a chance to check), browse photos, voice chat, and read books. We are limited to access to the settings, navigating our library, and using the digitized speech equivalent of a cassette tape. We can play and pause speech, and it will read continuously, just like on the Kindle Keyboard, but we cannot navigate accessibly. No headings, paragraphs, pages, sentences, words or characters can be distinguished, nor can you go back accessibly. Tables of contents and social media integration are likewise unavailable to blind users.
 We were concerned by these conclusions, and decided that perhaps we were missing some details, so we called the company. (Accessibility was a very small part of the help page after all.) We spoke with two different customer service reps, and indeed, the reps verified that yes, this is the extent of the accessibility of the device.
 It is hard to see the accessibility features in the Kindle Fire as a gesture of goodwill. Amazon is familiar enough with what true accessibility looks like, both directly from us, from the work their competition has done, and even from the screen access packages it requires to allow a PC user to read with text to speech on a computer. It cannot claim ignorance when Google, Apple, and Microsoft all offer far more accessible devices (they all have their problems, but let's be honest, these guys are all making a legitimate effort.). Furthermore, both the iPad and the Nexus 7 are confirmed to offer accessible eReaders from other creators (several of which can be used with Braille) while no access to Kindle books is available on any of these platforms.
 Amazon needs to stop burning blind readers with these half-hearted attempts at accessibility in all versions of the Kindle, including the Fire. What is needed now is for it to implement real accessibility, rather than expecting blind readers to accept a cassette tape equivalent in an era of multi-purpose tablets.


◇Google and Amazon Launch New eBook Stores in Brazil
http://goodereader.com/blog/electronic-readers/google-and-amazon-launch-new-ebook-stores-in-brazil
(DEC 06, 2012 By Michael Kozlowski, Good E-Reader)
 Google and Amazon have both launched their new ebook stores in Brazil today! Both companies are selling a wide array of ebooks right now and customers can download thousands of titles in their native Portuguese.
 The Google launch gives Brazilian customers the ability to purchase ebooks, apps, games, and other paid content. The company is not making the new line of tablets available there yet, but Brazil should see the Nexus after the holidays. When new titles are announced, the ability to pre-order titles is firmly integrated and stored purchases are stored in the cloud. You can then use any Android or iOS device to run the official Google Books app to read all your stuff.
 Amazon has opened its store today in Brazil and seeks to compete against Kobo, in one of the world’s strongest emerging markets. There are a number of publishers attached to the ecosystem, but Amazon has not announced which ones are taking part yet, or if they have attained any retail partners. What we do know is that the store has over 1,500 free Portuguese-language books available to download and read on Kindle and free Kindle reading apps. The only e-reader the company is marketing is the Amazon Kindle 4th generation at R$299.
 Amazon.com.br also today announced that independent authors and publishers are now able to make their books available in the new Brazil Kindle Store using Kindle Direct Publishing (KDP) (http://kdp.amazon.com.br). Brazilian independent authors and publishers can utilize the new Portuguese-language KDP website to make their books available in Brazil, and more than 175 countries worldwide. They can also price their books and receive payments in Brazilian Reais for their sales in Brazil, all while retaining control of their content and copyrights.
 In the last few months, we now have Kobo, Google, and Amazon selling digital books directly in one of the world’s most populous markets. Although digital adopting is fairly low and 75% of the general public has never even heard of an e-reader or read a digital book, these companies have their work cut out for them on building awareness. Luckily they won’t have to go it alone, with more bookstores joining in to allow for impulse purchases.


◇文化庁月報No.531が改正著作権法特集
http://current.ndl.go.jp/node/22455
(2012年12月6日 カレントアウェアネス・ポータル)
 文化庁が『文化庁月報』No.531(2012年12月号)を刊行しました。特集「著作権法の一部を改正する法律について」として、以下の記事などを掲載しています。
・【解説】「著作権法の一部を改正する法律について」
・【寄稿】平成24年改正著作権法を振り返る
・【寄稿】国立国会図書館のデジタル化資料の図書館等への送信について
・【施策紹介】著作権分科会における審議状況について
・「視聴覚的実演に関する北京条約(仮称)」の採択について
◎文化庁月報平成24年12月号(No.531) http://www.bunka.go.jp/publish/bunkachou_geppou/2012_12/index.html


◇全米視覚障害者連合、米アマゾンの“Whispercast”の導入の動きに関し抗議
http://current.ndl.go.jp/node/22447
(2012年12月5日 カレントアウェアネス・ポータル)
 全米視覚障害者連合(NFB)が、Amazon.comがWhispercastを導入し、学校(K-12)へのKindleのコンテンツの普及を進めていることについて、抗議の意を表明しています。
 Whispercastは学校側がKindleコンテンツを生徒が持ち込んだデバイスにも配信できるものですが、それらのデバイス(PCやiPadなど)に視覚障害者が利用できるよう読み上げ機能などがあっても、Kindleコンテンツはそれらのデバイス上の読み上げ機能に対応していないため視覚障害者には利用可能できない、などの点が、抗議の理由として指摘がされています。
 iPad上に配信されたKindleコンテンツを利用できないことを説明する動画が、あわせて掲載されています。
◎National Federation of the Blind Condemns Amazon’s Push to Put Kindle E-books in Schools - Blind Americans Will Protest at Amazon Headquarters(NFB 2012/12/4) https://nfb.org/national-federation-blind-condemns-amazon%E2%80%99s-push-put-kindle-e-books-schools
◎Make Kindle E-books Accessible(この問題に関する詳細情報) https://nfb.org/kindle-books


◇IDPF EPUB 3 Awarded Best Technology Innovation at FutureBook
http://idpf.org/news/idpf-epub-3-awarded-best-technology-innovation-at-futurebook
(DECEMBER 5, 2012 International Digital Publishing Forum)
 At the FutureBook Innovation Awards, held as part of this week's FutureBook Conference in London, IDPF was the winner in the category of best technology innovation, for EPUB 3. Mark Bide, EDItEUR and newly elected IDPF Board member, accepted the award on behalf of IDPF. Mark Marjurey, commercial director, digital at Taylor & Francis said: “Over the last ten years publishers have been beset by the challenges of developing e-book content fragmented across various proprietary formats and devices. EPUB 3 finally delivers us an open standard with which we can foster interactivity, enhanced content, full accessibility for the visually impaired, and begin to tackle the vagaries of device incompatibility. From authors to publishers to readers, this is something we can all get behind." Full article on futurebook.net: http://bit.ly/XltngE .


◇Pottermore CEO Explains the DRM-Free Decision
(DEC 03, 2012 By Mercy Pilkington Good E-Reader)
 Charlie Redmayne spoke on two panels today in London at the FutureBook conference, the third annual conference put on by The Bookseller. Aside from the morning presentation in which he spoke on the importance of establishing a global brand for an author or a book series, Redmayne spoke quite vehemently in the later panel about how the practice of DRM-free ebooks can be better for publishing.
 According to Redmayne, the Harry Potter ebooks were published without the restrictions imposed by digital rights management, allowing readers to put them on any device and allowing the sharing of the ebooks, similar to their print counterparts.
 Despite some criticism about piracy concerns, Redmayne countered with evidence that piracy of the Harry Potter titles is actually 25% lower than when the titles were only available in print; additionally, he recounted incidences when the ebooks were actually placed on file sharing websites, but most were quickly removed when it became known that all of the ebooks are sold with an embedded digital watermark, essentially tracking the person who uploaded the pirated copy.
 This ability to track an ebook stands to be a potential deterrent to piracy, especially if publishers are actually able to hold offenders accountable without creating a bigger problem in trying to prosecute offenders.


◇Easy-to-Read on the Web Online Symposium
http://www.w3.org/WAI/RD/2012/easy-to-read/
(3 December 2012, W3C)
 This symposium brings together researchers, practitioners, content authors, designers, developers, and users with disabilities to share research-based experiences, including examples, tools, concepts, and ideas, on how to make information on the Web easier to understand by different audiences. The symposium aims to explore the user needs and state of the art in research, development, and practice to contribute to a common understanding of easy-to-read on the Web. It is intended to encourage the development of better guidance, support, and tools for developers, designers, and users, and to inform researchers, standards developers, and policy makers on how to better address easy-to-read on the Web. In particular, it is intended to analyze how to better connect, elaborate, and integrate the user needs in web accessibility guidelines and techniques.
 See Participating below for how you can register and contribute to the Symposium.


◇英国へ参入したばかりの米Barnes & Noble社の電子書籍子会社NOOK Media、次はロシア語圏に参入か
http://hon.jp/news/1.0/0/3942/
(2012-12-03 11:18:49 hon.jp DayWatch)
 米国のIT系ニュースサイト「The Next Web」によると、米書店チェーン最大手Barnes & Noble社(本社:米国ニューヨーク州)の電子書籍子会社NOOK Media(本社:同)がロシアへの参入準備を始めている模様。
 NOOK Media社は、株式の82.4%をBarnes & Noble側が保有し、残り17.6%をMicrosoft社(本社:米国ワシントン州)が3億ドル(約240億円)を出資して今年10月にスピンオフ設立された電子書籍端末「NOOK」担当子会社。記事によると、ロシアで「Nook」「NOOK Media」の商標登録がすでに行なわれ、年明けにも本格参入が見込まれるとのこと。
 NOOK Media社の電子書籍端末「NOOK」シリーズは今年英国に初上陸させており、欧州市場の次のターゲットとしてロシア語圏を選んだ模様だ。【hon.jp】
◎The Next Webの記事( http://thenextweb.com/eu/2012/11/30/barnes-noble-is-gearing-up-to-enter-russian-market-with-nook-tablets/ )


> TOP

□2012年11月

◇Windows 8のアクセシビリティ機能
http://kokucheese.com/event/index/66371/
(ウェブアクセシビリティ推進協会主催、情報通信政策フォーラム共催セミナー )
 今や、ネットなしでは、普通の社会生活が営めない時代になっています。高齢者・障害者を含め人々が情報社会の利便を享受できるためには、PCやタブレットといった、ネットと接続するデバイスのアクセシビリティが不可欠です。
 ウェブアクセシビリティ推進協会(JWAC)と情報通信政策フォーラム(ICPF)は協力してこの問題を取り上げることにしました。
 今回は、新発売されたOS Windows 8のアクセシビリティ機能について、日本マイクロソフト株式会社の加治佐俊一さんにご講演いただくことにしました。ふるってご参加ください。
月日:2013年1月16日(水曜日)
時刻:18時30分〜20時30分
場所:文京区白山 東洋大学白山キャンパス6号館3階6305教室
定員:70名
司会:山田肇(東洋大学経済学部教授)
講師:加治佐俊一(マイクロソフト ディベロップメント株式会社代表取締役社長 兼 日本マイクロソフト株式会社業務執行役員 最高技術責任者)
会費:無料


◇Pew Research Centerによる図書館関係調査レポートの結果をまとめたスライド
http://current.ndl.go.jp/node/22421
(2012年11月30日 カレントアウェアネス・ポータル)
 米調査機関Pew Research Centerが“The changing world of libraries”というスライド資料を公開しました。これは、同機関のInternet & American Life ProjectのディレクターLee Rainieの作成したもので、このプロジェクトによって2012年に公表されてきた図書館関係の調査レポートの結果がまとめられています(なお、3本のレポートのうち2本はカレントアウェアネス-Eでも紹介済み)。スライドの37枚目では、現在、“Library services”という調査が進行中とされています。
◎The changing world of libraries | Pew Research Center's Internet & American Life Project - http://www.pewinternet.org/Presentations/2012/Nov/The-changing-world-of-libraries.aspx


◇eBookJapan、JK Rowling氏の最新作「カジュアル・ベイカンシー 突然の空席」電子書籍版を明日発売
http://hon.jp/news/1.0/0/3935/
(2012-11-30 11:25:49 hon.jp DayWatch)
 株式会社イーブック イニシアティブ ジャパン(本社:東京都千代田)は12月1日、電子コミック・電子書籍販売サイト「eBookJapan」で、「Harry Potter」シリーズで有名な英作家JK Rowling氏の最新作「カジュアル・ベイカンシー 突然の空席(原題:The Casual Vacancy,)」(訳:亀井よし子、講談社)を発売する。
 本作品は、ある小さな町の選挙を前に起こるドタバタ劇を描いた大人向けブラックコメディ小説。Harry Potterシリーズで多くの子ども読者を獲得したRowling氏にとっては、まったく新しいジャンルへの挑戦で、英語圏ではすでに今年9月に発売されている。
 日本語版は紙書籍・電子書籍版が同時発売となっており、紙書籍版の2巻構成(合計3,150円、税込み)に対し、電子書籍版は1巻構成(2,400円)と約24%程度安く価格設定されている。【hon.jp】
◎eBookJapanの告知ページ( http://www.ebookjapan.jp/ebj/info/news/2012/11/26_casualvacancy.asp )


◇経済産業省「コンテンツ緊急電子化事業」、本日一杯で出版社登録の申請受付を締め切り
http://hon.jp/news/1.0/0/3936/
(2012-11-30 11:43:42 hon.jp DayWatch)
 日本出版インフラセンター(本部:東京都新宿区)は本日11月30日24時をもって、経産省「コンテンツ緊急電子化事業(略称:緊デジ)」の出版社登録の申請受付を締め切る。
 「コンテンツ緊急電子化事業」とは、東日本大震災からの復興の一環として、国が中小出版社の東北関連書籍をはじめとする書籍等の電子化費用の一部を負担するというもの。すでに「講談社ブルーバックス」シリーズなどがこの予算を活用して電子化され、主要な電子書籍販売サイトで発売されている。
 なお、作品登録の申請受付についても、12月20日で申請受付が締め切られるとのこと。【hon.jp】
◎「緊デジ.jp」サイト( http://www.kindigi.jp/ )


◇Txtr Launches Danish eBook Store
http://goodereader.com/blog/e-book-news/txtr-launches-danish-ebook-store
(NOV 30, 2012 By Michael Kozlowski Good E-Reader)
 Berlin Germany based Txtr operates 14 ebook stores worldwide and the company reported today that it has launched its new Danish store. It currently offers access to more than 2,000 localized ebooks by leading publishers Gyldendal and Lindhardt og Ringhof. It also stocks close to 500,000 English language titles from leading British and American publishers. One of the great things about this new store is the fact it has discarded cumbersome DRM formats and instead has gone in the Pottermore direction of digital watermarks.
 To celebrate the launch of the new Danish Txtr ebook store, Gyldendal is offering a 20% discount on twenty of its top titles. The promotion will include a number of bestselling titles by authors such as George R.R. Martin, Lotte og Soren Hammer, and Lars Kepler.
 Lindhardt og Ringhof is reducing the price of five top titles in the Txtr store including Pythias anvisninger, the most popular Swedish crime novel of the year, and Odins labrint, the most talked-about debut title of the moment by Mads Peder Nordbo. The three other bestselling books are Afrikas Horn by Wilbur Smith; En shopaholic i New York from popular chick lit author Sophie Kinsella; and Anden Verdenskrig, Antony Beevor’s book about the Second World War.
 If you buy Txtr ebooks from any of its online stores, you can use iOS or Android apps to read them while on the go. This ensures that all of your purchases will be stored in the cloud and easily be accessible on your entire range of e-readers, tablets, or phones.
 Anne-Sophie Lanier, VP of Content and Publisher Relations at txtr, says, “The Danish ebook market is still in the early stages of development and is open for a retailer bringing a fresh approach to ebooks and e-reading. We are very pleased to work with open-minded and innovative publishers, such as Gyldendal and Lindhardt og Ringhof, who are willing to experiment together with us to kick-start the market.”
 “We are very happy to work with txtr. txtr brings us closer to users we could not reach before, and this move will definitely introduce the ebook and our digital content to a much larger audience,” adds Digital Director Karen Westman Hertz from Gyldendal.
 “We are happy to welcome txtr onto the Danish ebook market, giving readers more opportunities to browse and buy our great books,” adds Gertrud Smith from Lindhart og Ringhof.


◇Amazon Publishing、欧州で立ち上げ
http://ebook.itmedia.co.jp/ebook/articles/1211/30/news077.html
(2012年11月30日 14時00分 ITmedia eBook USER)
 Amazon Publishingのジェフ・ベル副社長は、一部新刊タイトルの好調な売り上げに関する良いニュースに加え、文芸エージェントと出版業界人にとって興味深い幾つかの発表を行った。Amazon Publishingが大西洋を超えるというものだ。
 レターによると、2013年初頭にAmazonの従来モデルに基づく出版社が欧州に進出し、現在シアトルを拠点とするヴィクトリア・グリフィス氏がルクセンブルクオフィスから業務を統括する。米国の業務は、初期に同社に加わり、現在はニューヨークでAmazon Pubishingを率いるラリー・キルシュバウム氏が引き継ぐ。
 「われわれは読者がAmazon Publishingの著者と書籍を支持していることに引き続き勇気づけられています。そのような訳で幾つかエキサイティングなニュースを共有します。来年初頭、ルクセンブルクのEU本部で欧州のAmazon Publishingを立ち上げます。西海岸グループの編集長、ヴィッキー・グリフィス氏は米国でのビジネスを立ち上げる上で欠かせない存在であり続けていますが、この立ち上げをサポートするため欧州へ転勤します。編集者とマーケティング担当者の求人を開始予定で、amazon.co.uk、amazon.de、amazon.fr、amazon.it、amazon.esの英語向けブックストアに集中し、英語圏の読者を確実に拡大していく予定です」とベル氏。
 11月20日にリリースされたティム・フェリス氏の『The Four-Hour Chef』が発売後一週間で6万部を販売したというエキサイティングなニュースも発表された。発売が待望されているカート・ヴォネガット氏の『Sucker's Portfolio』など、Amazon Publishingから刊行予定のタイトルも発表された。


◇次は日本? 米Amazonが年明けから出版社事業を欧州圏でもスタート
http://hon.jp/news/1.0/0/3931/
(2012-11-29 13:38:53 hon.jp DayWatch)
 英国の出版業界ニュースサイト「The Bookseller」によると、Amazon社(本社:米国ワシントン州)は年明けにも欧州圏で出版社事業をスタートする模様。
 Amazon社は電子書籍端末「Kindle」シリーズの販売と並行して、2009年からニューヨーク本部を中心に独自の出版社事業部門「Amazon Publishing」をスタート。有名編集者やカリスマ図書館司書を多数リクルートし、複数の書籍レーベルを展開している。
 The Booksellerによると、Amazon Publishing欧州部門はまず英書を中心に、英国・フランス・ドイツ・イタリア・スペインの5カ国で事業を始める予定とのこと。【hon.jp】
◎英The Booksellerの記事( http://www.thebookseller.com/news/amazon-begin-european-publishing-push-2013.html )


◇ドイツにおけるデジタル化資料を一元的に提供する電子図書館ポータル“Deutsche Digitale Bibliothek”ベータ版公開
http://current.ndl.go.jp/node/22410
(2012年11月29日 カレントアウェアネス・ポータル)
 2012年11月28日、「ドイツ電子図書館(Deutsche Digitale Bibliothek)」のパブリックベータ版が公開されました。
 これは、ドイツにおける様々な文化・学術機関のデジタル化資料を一元的に提供するものポータルサイトであり、また、それらを欧州の文化遺産ポータル“Europeana”へと提供するアグリゲータとしても機能するものとのことです。
◎Deutsche Digitale Bibliothek http://beta.deutsche-digitale-bibliothek.de/
◎First public beta version of the Deutsche Digitale Bibliothek is launched (Deutsche Digitale Bibliothek 2012/11/28付けの記事) http://beta.deutsche-digitale-bibliothek.de/content/news/2012-11-28-000
◎First Public Beta Version of the Deutsche Digitale Bibliothek (DDB) Now Live (INFOdocket 2012/11/28付けの記事) http://www.infodocket.com/2012/11/28/first-public-beta-version-of-the-deutsche-digitale-bibliothek-now-live/


◇メルマガ第6号を発行しました!|メルマガ更新情報
http://accsell.net/m-magazine/6.html
(2012年11月28日 AccSell)
 こんにちは!「AccSellメールマガジン」第6号が発行されました!
 第6号の内容は
[連載] 中根雅文の「全盲のコンピューター利用に関する四方山話」
第6回:MS-DOS時代の幕開け
[連載] 植木 真の「JIS X 8341-3:2010 『逆引き』徹底解説」
第6回:JIS X 8341-3:2010 入門 <その6> 適合試験の要件
[レビュー] うっかり買ったNexus 7、ファースト・インプレッション
Androidタブレット、Nexus 7のアクセシビリティ機能を中心に紹介。また、現状におけるiOSとAndroidの簡単な比較も!
の3本です!

このメルマガの購読には「まぐまぐ」のAccSellメルマガのページからどうぞ
1ヶ月840円/月2回発行(登録申込当月分の1ヶ月は無料でお読みいただけます!)


◇著作権侵害を防ぐには裁判しかない、東野圭吾氏らが自炊代行業者を再び提訴
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20121128_575642.html
(2012/11/28 13:52 増田覚 INTERNET Watch)
 東野圭吾氏や弘兼憲史氏ら作家・漫画家7人は27日、裁断機やスキャナーを用いて書籍を電子化する、いわゆる“自炊”の代行業者7社を相手取り、自炊代行の差し止めと損害賠償を求める訴えを東京地方裁判所に提起した。
 訴えられたのは、「ブックコピー」(相模原市)、「Scan Agent」(大田区)、「00paper.com」(港区)、「PDFBOOKS」(新宿区)、「ヒルズスキャン 24」(港区)、「電子書籍化ドットコム」(江戸川区)、「スキャポン」(葛飾区)の7事業者とその代表者。原告は東野氏、弘兼氏のほか、浅田次郎氏、大沢在昌氏、永井豪氏、林真理子氏、武論尊氏。
 原告側は、不特定多数の利用者から注文を受け、多くの書籍をスキャンして電子ファイルを作成し、納品する行為について、書籍の著作権者の許諾なく行うことは、著作権法21条の複製権侵害に該当すると指摘。2011年9月には、スキャン事業者98社に対して、自らの作品をスキャンして電子化することは許諾しない旨を書面で通知するとともに、サービスの存続意志を質問書で確認していた。
 その結果、被告7社のうち4社は回答せず、1社は「今後も引き続き、原告らの作品について注文があった場合はスキャン及び電子ファイル化を行う」と回答、2社は「原告らの作品についてスキャンしない」と回答していた。実際には被告7社はその後も営業を継続し、原告作品の書籍も受注スキャンしていたことから、原告は著作権法112条1項に基づいて自炊代行の差し止めを請求し、損賠賠償を求めることとなった。
◎極めて悪質な業者も
 なお、2011年12月には今回と同じ原告7人が、質問状に対して「今後も引き続き、原告らの作品について注文があった場合は、スキャン及び電子ファイル化を行う」と回答した有限会社愛宕およびスキャン×BANK株式会社に対して、自炊代行の差し止めを求める訴えを提起。この裁判は2012年4月、被告会社の解散と請求の認諾により終結した。
 今回訴えた7社について原告側は、自炊代行の違法性を十分承知できる立場にもかかわらず、依然として広く顧客を募り、スキャン事業を継続していると指摘。うち2社は「原告らの作品についてスキャンしない」と回答しながら、実際には原告作品を受注スキャンするなど「極めて悪質」だとしている。
 「被告らによる著作権侵害のおそれを解消するには、裁判による判決を得る以外の方法がないとの結論に達した。」
 原告側は、スキャン事業者により大量に作成される電子ファイルは通常、複製防止処置等(DRM)が施されておらず、誰もが自由に複製できると指摘。そのため、電子ファイルは友人らに転々と複製され拡散されたり、違法なインターネット上へのアップロードやファイル交換ソフトなどにより一気に拡散する危険性があると見ている。
◎プレスリリース http://www.shueisha.co.jp/info/release121127.pdf


◇オランダ王立図書館が新聞デジタル化プロジェクトを完了 それらの資料を利用したiPhone用アプリもリリース
http://current.ndl.go.jp/node/22402
(2012年11月28日 カレントアウェアネス・ポータル)
 2012年11月22日、オランダ王立図書館が、2007年に開始した1618年から1995年までの新聞デジタル化プロジェクト完了したと発表しました。デジタル化した資料は、オランダ本国、オランダ領東インドおよび西インド諸島の新聞約800万ページ、8,500万件の記事となり、そのすべてを同館の“Historische Kranten”で提供するようです。
 また同日に同館は、“Hier was het nieuws”というiPhone用アプリをリリースしました。このアプリはGPS機能を利用して、利用者がいるその場所で過去に何があったのか、関連する新聞資料を検索、表示させるものとのことです。12月にはアンドロイド用アプリをリリースする予定とのことです。
◎Historische Kranten http://kranten.kb.nl/
◎Hier was het nieuws http://www.hierwashetnieuws.nl/
◎Acht miljoen krantenpagina’s 1618-1995 online doorzoekbaar (Koninklijke Bibliotheek 2012/11/22付けの記事) http://www.kb.nl/nieuws/nieuwsarchief-2012/acht-miljoen-krantenpaginas-1618-1995-online-doorzoekbaar
◎KB lanceert app ‘Hier was het nieuws’ (Koninklijke Bibliotheek 2012/11/22付けの記事) http://www.kb.nl/nieuws/nieuwsarchief-2012/kb-lanceert-app-hier-was-het-nieuws


◇After Successful 3-Year Pilot, JSTOR Launches New Alumni Access Program
http://www.infodocket.com/2012/11/28/after-successful-3-year-pilot-jstor-formally-launches-alumni-access-program/
(November 28, 2012 by Gary Price LJ INFOdocket)
 JSTOR is pleased to announce a new Alumni Access program, which enables participating higher education institutions to provide their alumni with access to their JSTOR archive collections. This is an important next step in our ongoing efforts to extend access to scholarship to individuals around the world, and we are delighted to have the opportunity to partner with our more than 3,000 university and college libraries in this effort.
 The launch of the Alumni Access program follows a successful 3-year pilot that was undertaken with nearly 50 institutions, including public and private institutions, US and overseas universities, and theological seminaries. This pilot helped JSTOR and our partner libraries understand the implementation issues and to develop an approach that we believe will be valuable and sustainable. The feedback from both pilot institutions and their alumni has been overwhelmingly positive.
 While the Alumni Access Program will officially launch in January 2013, JSTOR will turn on access and waive the Annual Access Fee (AAF) for the remainder of 2012. The Alumni Access participation fee is 10% of the institution’s total AAF. The program is open to eligible higher education institutions worldwide; please contact us for eligibility requirements. Participating schools must support the bifurcation of alumni usage from their main account.
 Last week, JSTOR announced that the Top 100 most active Wikipedia editors will be given free access to JSTOR collections.
 We also recently (about SAGE making a change to its license and allowing library’s who subscribe to their databases to opt-in and provide these resources to alumni at no extra fee.


◇The Future of E-Textbooks and Digital Education
http://www.digitalbookworld.com/2012/the-future-of-e-textbooks-and-digital-education/
(November 27, 2012 Jeremy Greenfield, Digital Book World)
 Gutenberg Technology, a French company, has launched a new piece of software that promises to help publishers accelerate their e-textbook creation process. It’s expensive to use (read more about the costs) but allows publishers to create hundreds of e-textbooks a month for multiple platforms and update them easily and remotely. (Read more about the details here.)
 The problem is, students don’t like e-textbooks yet. In several states, schools have engaged in pilots and surveyed students about how they liked the less expensive, lighter product. The results haven’t been encouraging for the publishing industry.
 Still, the industry presses ahead. Major educational publishers like Houghton Mifflin Harcourt and Macmillan are gearing up for the coming changes. Outside investors are spending big bucks trying to get into this market.
 How much will publishers spend, though, to create the products students don’t yet want but will someday?


◇安価なタブレットの急増で、米国の電子書籍ユーザーたちがよりクロスプラットフォーム志向に
http://hon.jp/news/1.0/0/3919/
(2012-11-26 12:54:34 hon.jp DayWatch)
 出版業界誌「Publishers Weekly」が、出版業界調査団体Book Industry Study Group(本部:米国ニューヨーク州、以後BISG)が今月発売した米国内の電子書籍ユーザー動向レポート「Consumer Attitudes Toward E-Book Reading VOLUME FOUR」の内容紹介を行なっている。
 記事の分析によると、レポートで鮮明となってきたのは、安価なタブレットの急増で米国の電子書籍ユーザーたちがよりクロスプラットフォーム志向になりつつあり、その傾向は今年のクリスマス商戦でより進行するだろうとのこと。さらに、販売シェア的にはAmazon社が相変わらず圧倒的なトップを走っているが、中小の電子書籍販売サイト各社も順調に売上を伸ばしており、一部で想像されていたAmazon社への一極集中ではなく、市場全体がまんべんなく拡大しつつある傾向にあるとのこと。【hon.jp】
◎米Publisher Weeklyの記事( http://www.publishersweekly.com/pw/by-topic/digital/retailing/article/54872-tablet-use-e-book-sales-grow-beyond-amazon-nook.html )


◇Open Knowledge Foundation等によるオープンソースプロジェクト“TEXTUS”の最終報告書が公開
http://current.ndl.go.jp/node/22377
(2012年11月26日 カレントアウェアネス・ポータル)
 Open Knowledge Foundation等によるオープンソースプロジェクト“TEXTUS”の最終報告書が公開されました。TEXTUSは、JISCの助成を受けて、Internet ArchiveやProject Gutenbergなどで公開されているデジタル化テキストを収集し、再利用するためのプラットフォームを開発するプロジェクトです。このプラットフォーム上では、テキストに対して一意なURLが与えられて引用が可能になり、また、コメントの付与やその共有等も行うことができるということです。
◎TEXTUS http://textusproject.org/
◎TEXTUS Final Report(JISC Repository) http://repository.jisc.ac.uk/4936/
◎TEXTUSベータ版サイト http://beta.openphilosophy.org/


◇A Shocking Message From Libraries
http://www.digitalbookworld.com/2012/a-shocking-message-from-libraries/
(November 16, 2012 Jeremy Greenfield Digital Book World)
 Libraries delivered a shocking message to publishers yesterday: Those who borrow ebooks from libraries also buy books ? about 3.2 books a month, a new study from the American Library Association and library ebook distributor OverDrive found.
 Rather than shocking, the message is one libraries have been screaming at publishers for a while now. The ALA has helped orchestrate several studies that suggest this is true and Pew conducted one that suggested it as well.
 The other thing libraries have been telling publishers is that readers discover new books to buy in libraries. This latest study finds that 57% of patrons use the library as their primary point of book discovery, for instance. (Read more findings here.)
 We have no direct knowledge of this that we can share, but it’s our guess that publishers have heard the message. So, here’s a message from DBW to libraries: Those publishers are our readers (along with many librarians) and they’re smart folks. They’ve heard your message and have evidently not yet done what you want them to do in regards to ebooks. So, try another strategy, a different message.
 Is wide-spread library ebook borrowing an inevitability? We don’t know. But it’s not happening any faster because of yesterday’s study.


◇電子書籍専門出版社のエレファントブックス、書籍第1弾を発表
http://ebook.itmedia.co.jp/ebook/articles/1211/22/news032.html
(2012年11月22日 08時00分 更新 エースラッシュ,ITmedia eBook USER)
 電子書籍専門出版社のエレファントブックスは11月20日、同社発の電子書籍の第1弾「できる人だけが知っている仕事のコツと法則51」(著:大関暁夫氏)をKindleストアおよびkoboイーブックストアで発売した。価格は450円。
 同書は「BLOGOS」「J-CAST ニュース」などのメディアで経済系の記事を執筆する大関氏による書き下ろし書籍。銀行勤務、新聞記者、上場企業顧問、企業コンサルタントなどさまざまな職を経験した著者が気づいた、「できる人」が共通して実践している仕事の「コツ」と「法則」を紹介する。
 エレファントブックスは、「Kindle Paperwhite」の発売に合わせて本格的に業務を開始した電子書籍専門出版社。編集担当者が企画・編集から電子書籍の制作・宣伝までを1人ですべてこなす業務スタイルが特長という。同社のfacebookページでは、「いいね!」を押したユーザー先着1000人への電子書籍無料クーポン配布を行っているほか、抽選で1人にKindle Paperwhiteと今後同社リリースする電子書籍を倒産するまでプレゼントし続けるという「kindle Paperwhite+”倒産までずーっと電子書籍プレゼント”」企画も実施している。


◇図書館のデジタル化を考える書籍『図書館と電子書籍』 教育出版センターから
http://ebook.itmedia.co.jp/ebook/articles/1211/22/news095.html
(2012年11月22日 17時09分 更新 ITmedia eBook USER)
 教育出版センターはこのほど、図書館と電子書籍をテーマにした新刊『図書館と電子書籍〜ハイブリッド図書館へ』を発売した。紙の書籍は書店で取り寄せられるほか、同社の電子書店「web DE book」では電子版を販売する。価格は、紙の書籍が2100円、電子版が1050円。
 同書では、電子書籍端末の動向、電子出版物制作における技術上の課題、出版業界の現状、デジタル化が進んでいる韓国の公共図書館の取り組みなどを紹介。技術用語など難解になりがちな内容が分かりやすくなるよう配慮した座談会記事なども収録しており、図書館職員にも読みやすいものになっているという。著者には、秋田県立図書館の山崎博樹氏、ECO代表取締役の李士永氏、電子出版制作・流通協議会公共ビジネス部会長の山崎榮三郎氏が名を連ねている。


◇文字編:こんなに違う――Nexus 7で主要電子書店のビューワを比較
http://ebook.itmedia.co.jp/ebook/articles/1211/21/news030_2.html
(2012年11月21日 08時00分 更新 ITmedia eBook USER)
◎Kindle
 Amazonの電子書店「Kindleストア」のAndroidアプリ「Kindle」。本稿執筆時点のバージョンは11月5日更新の3.7.1.8。電子書店の詳細なレビューは『電子書店完全ガイド――Kindleストア』で確認してほしい。
 Kindle for Androidでは、フォントサイズ、左右の余白サイズ、行間の調整と、画面色の変更が可能。上下の余白は調整できないので、横向きのレイアウトにするとかなり上下の空白が気になる。フォントの種類は、IPAex明朝をベースにしたと思われるオリジナルフォントで、変更はできない。
◎ソニーの電子書籍 Reader
ソニーの電子書店「ReaderStore」のAndroidアプリ「ソニーの電子書籍 Reader」。本稿執筆時点のバージョンは11月14日更新の3.1.0。電子書店の詳細なレビューは『電子書店完全ガイド――Reader Store』で確認してほしい。
 ソニーの電子書籍 Readerでは、文字サイズが調整できる。しかしそれ以外の、文字色・背景色、ルビ表示、段組表示のオン/オフ、縦書き/横書きの変更、行間、文字間、余白などの調整は一切できない。また、フォントは筑紫明朝のみで、変更できない。
◎BOOK☆WALKER for Android
 角川グループの電子書店「BOOK☆WALKER」のAndroidアプリ「BOOK☆WALKER for Android」。本稿執筆時点のバージョンは11月5日更新の2.3.5。電子書店の詳細なレビューは近日公開予定。
 BOOK☆WALKER for Androidでは、文字サイズの調整と縦書き/横書きの変更が可能。文字色・背景色、ルビ表示、段組表示のオン/オフ、行間、文字間、余白などの調整はできない。また、フォントは秀英明朝で変更できない。
◎GooglePlay ブックス
 Googleの電子書店「GooglePlay ブックス」のAndroidアプリ「GooglePlay ブックス」は、Nexus 7にプリインストールされている。本稿執筆時点のバージョンは11月14日更新の2.6.41。こちらで概要やレビューを参照できる。
 本稿で取り上げたもののうち、GooglePlay ブックスのみ、比較用に用いた書籍(『聖剣の刀鍛冶 1巻』MF文庫J)の取り扱いがなかったので、青空文庫の「坊ちゃん」でチェックしている。なお、GooglePlay ブックスの書籍には「フローテキスト」と「スキャンされたページ」の2種類が混在しており、文字中心の書籍でも後者の場合はリフローが効かない。
 GooglePlay ブックスでは、文字サイズと行間の調整、背景色の変更が可能。ルビ表示、段組表示のオン/オフ、文字間、余白などの調整は行えない。フォントはデフォルトとサンセリフから選択できる。
 文字サイズと行間隔の設定の変更は、処理に時間が掛かる。1タップ1ポイントづつ変更されるようなのだが、だんだん処理が重くなって長時間「読み込み中」になってしまう。可読性からいっても、変更はせいぜい上は20段階、下は5段階くらいで留めておいたほうがよさそうだ。特に行間隔を変更すると、処理に時間が掛かる。
◎まとめ
 ビューワの「読みやすさ」は個人差があるので、一概にどれが良いとはいいづらいが、例えばフォントの種類、大きさ、行間、文字間、余白、背景色、文字色などが、ユーザー側で任意で変更できれば、自分に合ったものにカスタマイズできる。それは、紙の書籍にはできないことだ。そういう意味では今回チェックをしたどのビューワも、もう少しさまざまな調整ができるようになるといいのに、という印象を受ける。次回はコミックの画質についてチェックしたい。


◇Library Journal Releases Public School eBook Report
http://goodereader.com/blog/electronic-readers/library-journal-releases-public-school-ebook-report
(NOV 21, 2012 By Mercy Pilkington Good E-Reader)
 Library Journal, sponsored in part by Follet Library Resources?the nation’s leading supplier of library materials to public schools?released the summary of its third annual survey which asked respondents to answer questions pertaining to ebook use in K through 12 schools. The results were both encouraging and disappointing, depending on the question.
 First, budget concerns kept a number of schools from fully integrating a digital collection for their students, with an alarming decrease in the amount of schools reporting they offer ebooks from the previous year. The report does indicate that this could reflect schools who had sample materials the previous year, but who could not afford to integrate a digital library for the survey year. Additionally, many of those surveyed demonstrated that ebooks were just as expensive as their print counterparts, and therefore had not embraced a digital collection.
 On a positive note, the size of the collection has grown exponentially since the first survey in 2010, with the mean number of ebooks offered being around fifty, increasing to well over 700 titles in 2012. Interestingly, the size of the digital collection of school libraries typically increases with the grade level, with high school libraries offering the most ebook content. This may be due to the often lower price of grade-level appropriate books for high schoolers versus more expensive, full-color books for young readers, but also may be due to the higher rates of digital device ownership among young adult readers. In the case of high schools, the patrons already owned the device, whereas fewer elementary school students already own compatible technology.
 The report went on the include an end section in which the sponsors published the comments from many of the survey respondents, and those comments reflect the sluggish adoption of ebooks across the board, pointing primarily at the discrepancies in pricing as the key culprit that prevents greater adoption.


◇Huge Microscope Comparison: iPad 3, Mini, PaperWhite, Fire HD, Nexus 7 and Galaxy Tab Plus
http://goodereader.com/blog/e-reader/huge-microscope-comparison-ipad-3-mini-paperwhite-fire-hd-nexus-4-and-galaxy-tab-plus
(NOV 21, 2012 By Paul Biba Good E-Reader)
 My new microscope arrived and here’s the shoot-out between the tablets. Clearly the Retina wins and then the Kindle Fire HD takes second place, followed by the Mini, Nexus 7 and Galaxy Tab 7 Plus, in that order. The PaperWhite also has a very good showing and, to my eyes, comes in second after the iPad, but it’s an apples to oranges comparison.


◇アクセシビリティ機能を強化した Android 版 Firefox を公開しました
http://www.mozilla.jp/blog/entry/10115/
(2012/11/20 Mozilla Japan ブログ)
Android 版 Firefox の最新版を公開しました。この最新版では、視覚障がいのあるユーザに対してブラウジングの操作を音声などで助けるアクセシビリティ機能をサポートしたほか、HTC Status および HTC ChaCha、Samsung Galaxy Ace、Motorola Fire XT、LG Optimus Q (これらの端末は日本では未発売) を含む数多くの端末に対応し、すべての人々がオープンな Web を利用できるようにする目標に向けて新たな一歩を進めることができました。
最新版の Android 版 Firefox では、視覚障がいのあるユーザのモバイル端末上の Web ブラウジングを助ける新しいアクセシビリティ機能を追加しました。Android 版 Firefox は、追加の設定やインストールを必要とせずに、Android のスクリーンリーダ機能である TalkBack とシームレスに統合されました。
また、Android 版 Firefox は、バージョン 4.1 以降の Android に搭載された 先進のアクセシビリティ機能である Explore by Touch と Gesture Navigation に対応しました。Explore by Touch 機能を有効にして画面を指でなぞると、端末に搭載された音声読み上げ、効果音、振動によるフィードバックで、視覚障がいのあるユーザの Web ブラウジングを助けます。
Android 版 Firefox は、Android バージョン 2.2 以降の端末に対応していますが、これまでは、その中でも ARMv7 プロセッサを搭載する端末にしか対応していませんでした。最新版の Android 版 Firefox では、ARMv6 プロセッサを搭載する数多くの携帯端末にも対応しています。
Mozilla における私たちのミッションは、できるだけ多くの人々に Web の恩恵をもたらすことです。今日使われている約 5 億台の Android 端末のうち、その半数が ARMv6 アーキテクチャを搭載しています。この新しい Android 版 Firefox は、すべての人々にオープン Web を解放するための重要なステップです。
さらに、Android 4.0 以降の端末では、HTML5 でこれまでサポートしてきた WebM や Ogg 動画に加え、H.264 動画のハードウェアおよびソフトウェアデコーダをサポートし、Flash のサポートされない環境でもさらに多くの動画を閲覧できるようになりました。
◎ダウンロードと詳しい情報
Android 版 Firefox をGoogle Play ストアからダウンロード https://play.google.com/store/apps/details?id=org.mozilla.firefox&referrer=utm_source%3DMozilla%26utm_medium%3DWebBlog%26utm_campaign%3Dblogpost-mobile-downloadlink-20121811
対応機種 http://www.mozilla.jp/firefox/android/devices/


◇パブー、電子書籍をKindleに送信できる「ファイル送信機能」を提供開始
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20121120_574255.html
(2012/11/20 18:09 INTERNET Watch 三柳 英樹)
 株式会社ブクログは20日、電子書籍作成・販売プラットフォーム「パブー」で、Kindle端末やKindleアプリに電子書籍を送信できる「ファイル送信機能」の提供を開始した。
 パブーは、個人でも電子書籍の作成・販売ができるプラットフォームで、現在約2万8000点の電子書籍作品が公開されている。
 パブーではEPUBおよびPDF形式に対応しているが、日本でのKindle端末の発売を受け、新たにKindleのMOBI形式に対応。ユーザーは、Kindle端末やアプリに電子書籍を送信するための「〜@kindle.com」形式のメールアドレスをパブーに登録することで、パブーで購入した電子書籍や無料電子書籍をMOBIファイルに自動変換して、Kindleに送ることができる。
◎ブクログのパブー http://p.booklog.jp/
◎プレスリリース http://www.paperboy.co.jp/news/201211201300


◇日本電子出版協会、アマゾン電子書籍担当者による「Kindleコンテンツ制作説明会」セミナーを12月18日に開催
http://hon.jp/news/1.0/0/3905/
(2012-11-20 14:27:03 hon.jp DayWatch)
 一般社団法人日本電子出版協会(本部:東京都千代田区、以後:JEPA)は12月18日午後、東京・飯田橋の研究社英語センターで「Kindleコンテンツ制作説明会」セミナーを開催する。
 本セミナーは、Amazonの電子書籍フォーマット「Kindle Format」に関するビギナー向けセミナーで、「Amazon Kindleの概要説明」「Amazon Kindleのコンテンツ制作について」などについて説明予定。登壇するのは橋本肇氏(Kindle Formatチーフエバンジェリスト)と加藤暢之氏(同エバンジェリスト)。
 定員は250名(先着)で一般の参加費は2,000円、JEPA会員社は無料。Webでの事前登録(下記URL参照)が必要となっている。【hon.jp】
◎「Kindleコンテンツ制作説明会」セミナー参加登録ページ( http://kokucheese.com/event/index/62885/ )


◇米国議会で著作権法の大改革の動き、驚いた映画・音楽業界のロビー団体がさっそく火消しに
http://hon.jp/news/1.0/0/3904/
(2012-11-20 11:23:33 hon.jp DayWatch)
 米国のITニュースサイト「Techdirt」によると現地時間11月17日、米国議会の中で著作権法の大改正案策定の動きが見られたとのこと。
 記事によると、著作権法の大改正案ドラフトを公開したのは共和党下院議員たちの勉強会で、デジタルコンテンツ時代の到来を睨み、現行の著作権法の大改革を求める骨子文章をネット上で公開。下院で過半数を占めている共和党だが、そもそも保守陣営からそのような議論が出ること自体が驚きで、さらに驚くのがその内容。「著作権法は、著者のために存在するのではなく、公共のためにある」という定義から始まっていたため、びっくりした映画・音楽業界のロビー団体がさっそく火消しに動き、週末中には非公開になった模様。
 ただ今回の件でわかったのは、ワシントンの中枢で、著作権法に対して何らかの大きな“方針シフト”が起こりつつあることだけは確かのようだ。【hon.jp】
◎Techdirt.comの記事( http://www.techdirt.com/articles/20121117/16492521084/hollywood-lobbyists-have-busy-saturday-convince-gop-to-retract-copyright-reform-brief.shtml )


◇大学図書館関係者は注目、米国の電子ジャーナルデータベースJSTORが電子書籍サービス「Books at JSTOR」をオープン
http://hon.jp/news/1.0/0/3897/
(2012-11-19 10:26:04 hon.jp DayWatch)
 米国の学術文献アーカイブ事業に従事する非営利団体ITHAKA(本部:米国・複数拠点)の電子ジャーナルデータベース部門「JSTOR」は現地時間11月12日、大学図書館関係者向けの電子書籍サービス「Books at JSTOR」を正式オープンした。
 Books at JSTORはITHAKAが昨年発表していたもので、同団体が許可を得た各大学出版局の学術文献を、DRMフリーの電子書籍ファイル形式で大学図書館ユーザーに有償ライセンス配信するというもの。まずはPrinceton University Press、Harvard University Press、Brookings Institution、RAND Publicationsなど著名研究機関の15,000作品からのスタートとなり、今後毎月作品を増やしていくとのこと。【hon.jp】
◎Book at JSTOR概要サイト( http://books.jstor.org/ )


◇視覚障害者向けテープの作製のために、宇都宮市立中央図書館の「図書館寄席」が30周年
http://current.ndl.go.jp/node/22348
(2012年11月19日 カレントアウェアネス・ポータル)
 栃木県の宇都宮市立中央図書館が、1982年から隔月で開催している落語会「図書館寄席」がこのたび30周年を迎えたと報じられています。この落語会は、視覚障害者向けの落語鑑賞用テープを作製することを目的としたもので、アマチュア落語家グループの宇都宮落語研究会がボランティアで出演し、2012年11月17日には第180回の寄席が開催されたということです。
◎宇都宮市中央図書館の「寄席」30周年(下野新聞「SOON」 2012/11/16付け記事) http://www.shimotsuke.co.jp/town/region/central/utsunomiya/news/20121116/923467
◎宇都宮市図書館 http://www.lib-utsunomiya.jp/


◇[セミナー情報] 「スマートデバイスのアクセシビリティ」入門セミナー|AccSellクリッピング
http://accsell.net/clipping/mitue-links-smart-device-accessibility.html
(2012年11月19日 AccSell 植木 真(インフォアクシア))
 企業や自治体のWeb担当者を対象に、Web担当者が知っておくべきiOSおよびAndroidのアクセシビリティ基本機能を紹介する無料セミナーが都内で開催される。主催するのは、株式会社ミツエーリンクス。iOSの「VoiceOver」、Androidの「Talkback」、それぞれの音声読み上げ機能の起動方法をデモンストレーションをまじえて紹介する。
 iOSとAndroidでは、アクセシビリティ機能がそれぞれのOSに標準搭載されている。このセミナーでは、最低限のアクセシビリティチェックを実施するために、Web担当者が知っておくべき利用方法を紹介するという。
 セミナー概要
日時 2012年12月11日(火)13:30〜15:00(受付開始13:00より)
会場 株式会社ミツエーリンクス セミナールーム
東京都新宿区西新宿8丁目17番1号 住友不動産新宿グランドタワー33階
料金 無料(事前申し込み制)
主催 株式会社ミツエーリンクス
定員 50名 ただし、対象は以下の通り:
スマートデバイス向けのWebサイトやアプリケーションをお持ちの企業/自治体の担当者
スマートデバイスのアクセシビリティ機能に興味をお持ちのWeb担当者
自社サイトのスマートデバイス向けのコンテンツをアクセシブルにしたい方
注意:株式会社ミツエーリンクスと同業の企業、および個人の方は参加不可。
申込み セミナー情報ページからリンクされているフォームより申し込み
◎「スマートデバイスのアクセシビリティ」入門セミナー|株式会社ミツエーリンクス


◇Penguin Working with Baker & Taylor to Expand Ebook Lending to Libraries, Audiobook Lending Also Coming
http://www.infodocket.com/2012/11/19/penguin-expanding-ebook-library-lending-to-libraries-via-new-partnership-with-baker-taylor-audiobook-lending-also-coming/
(by Gary Price on November 19, 2012 LJ INFOdocket)
 The Penguin Group plans to announce on Monday that it is expanding its e-book lending program to libraries in Los Angeles and Cleveland and surrounding areas though a new distribution partner. In a pilot program that will begin this year, Penguin has worked with Baker & Taylor, a distributor of print and digital books, to start e-book lending programs in the Los Angeles County library system, which will reach four million people, and the Cuyahoga County system in Ohio.
 The terms of lending will be the same as those they have been testing through 3M systems in New York public libraries since September: Penguin will sell any book to the libraries for lending six months after its release date, each book may be lent to only one patron at a time and at the end of a year the library must buy each book again or lose access to it.
 Through a third partner, OneClickdigital, Penguin will also begin lending digital audiobooks to any library that is interested.


◇EPUB書き出し機能(β)をリリース & 電子書籍の個人出版を応援するレビューサイト「キンドる速報」もスタート|
http://blog.livedoor.jp/staff/archives/51786675.html
(November 19, 2012 livedoor Blog 開発日誌)
 いつもlivedoor Blogをご利用いただきありがとうございます。
 この度、有料プランに加入されているブログを対象に、ブログをEPUB3形式で書き出せる機能をリリースいたしました。電子書籍に興味のある方、簡単に作ってみたいという方はこれを機にぜひlivedoor Blogをお試しください。
 (※現在ベータ版の機能です。画像の出力、縦書きには未対応です。)


◇価格破壊という「誤解」を解きたい アマゾンジャパン
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK1603C_W2A111C1000000/
(2012/11/19 7:00 日本経済新聞)
 アマゾン ジャパンは電子書籍配信サービス「Kindle(キンドル)ストア」を日本で2012年10月25日にオープンした。11月19日には電子ペーパーを使った電子書籍端末「Kindle Paperwhite」の出荷が始まった。日本での電子書籍サービスに関する最新事情と今後の展望をアマゾン ジャパン ディレクター Kindleコンテンツ事業部長の友田雄介氏に聞いた。(聞き手は、松元英樹=日経パソコン)
――2012年6月末に「Kindle 近日発売」と告知して以来、実際の発売までに時間がかかった理由は。
 発売までの時間が伸びたという認識はありません。4月にジェフ・ベゾスCEO(最高経営責任者)は報道機関に対し「年内に発表する」と発言しました。アマゾン ジャパンでも2012年内に開始しようと動いていました。ただ、6月末に近日発売と告知したからといって、1カ月以内に始めようと考えていたわけではありません。
 アマゾンは米国で2007年にKindleのサービスを立ち上げ、英国では2010年、2011年は欧州各国で次々にサービスを開始しました。日本でもできるだけ早く開始できるよう準備を整えてきたわけです。さまざまな憶測はありましたが、何か予定が狂ったというわけではありません。
◎日本にはアマゾンへの誤解が2つある
――出版社との交渉に時間がかかったと言われている。
 日本の出版社だから交渉に時間がかかったという事実はありません。アマゾン社内では、出版社との交渉は、日本でも海外でも同じだねと話しています。我々は日本で既に12年もの間、紙の書籍の販売を手がけてきました。それなりにユーザーの支持を得ていると自負しています。紙の書籍に加えて、電子書籍も取り扱いを開始しますということであり、今さら「黒船がやってきた」という捉え方は違うのではないでしょうか。
 日本では誤解が2つあると考えています。一つは「米国ではアマゾンが電子書籍を安売りして価格破壊を起こしている」というものです。例えば、米国では9.99ドルで電子書籍を販売していることが話題となりました。ただ、これは全ての書籍がそうなのではなく、一部の売れ筋タイトルだけなのです。また、9.99ドルがものすごく値下げをしているように感じるかもしれませんが、実は一般の書店でも平積みになっている人気のベストセラーは希望小売価格の半分程度となる12〜13ドルで売っているのです。それらと比べると、大幅な価格差があるわけではないのです。
 もう一つの誤解は「アマゾンが安売りをすることで出版社の収入が減る」ということです。アマゾンが販売価格を決める「卸売モデル」の場合、実際の販売価格にかかわらず、本来の定価に一定の率を掛けて、売れた数だけ出版社に支払うという形を取っています。だから、アマゾンが安く販売したからといって出版社の取り分が減るということはありません。


◇Hachette Announces Commitment to the EPUB 3 eBook Format
http://goodereader.com/blog/e-book-news/hachette-announces-commitment-to-the-epub-3-ebook-format
(NOV 17, 2012 By Michael Kozlowski Good E-Reader)
 Hachette Digital has announced that the company is deploying new initiatives with ePub3. This new format allows greater flexibility to authors producing enhanced content, including interactive covers, embedded multimedia and interactivity, pop-up screens for end-notes, and melded audio and text, as well as improved navigation of reference content, creating a high-quality digital reading experience.
 Hachette has publicly started that it will release twenty different ebooks in the next five months with the new ePub3 format. We will see titles by Po Bronson, Elton John, William Poundstone, and James Patterson. The real kicker is that these books are all a sign of what’s to come. Hachette intends on using the ePub3 format with ALL ebooks, starting March 2013.
 Hachette Book Group President and COO Ken Michaels said “HBG’s goal is to get our authors’ works out to consumers as broadly as possible, with the most engaging experience for readers regardless of device or platform, along with high quality aesthetics and entertainment. To do this in a world of rapid technological change, the industry needs standards like EPUB3 that enable a wider range of publishing creativity in handling complex layouts, rich media and interactivity capabilities. This EPUB3 release is an exciting step forward in our publishing program and will greatly benefit our readers as the industry fully recognizes the potential and fully adopts this important standard.”


◇IDEAL Group Reader Beta 最も進んだアクセシビリティの電子書籍リーダ
http://geocities.yahoo.co.jp/gl/jalpsjp/view/20121117/1353147092
(2012年11月17日(土) Yahoo!ジオシティーズ お道具箱日記)
 私はiBooks3が電子書籍リーダとして、最もアクセシビリティが進んでいると思っていたのですが、そうではないらしいですね。ただしこのアプリが対応しているOSであるAndroid自体のアクセシビリティは、iOS6に劣りますが。
 この電子書籍リーダは、オーディオや動画、数式は可能ですし、もちろんハイライトしながら日本語での読み上げも可能です。読み上げに関しては、iOSの日本語音声のようなひどい声ではなさそうです(SVOX MISAKI)。
 日本でよく使われている録音音声のDAISYのように、ハイライトしながらそれに対応した録音音声を再生することもできます。
 またノートを音声認識でとることもできるという機能もあります。まさに読み書きの困難な方に最適のアプリですね。
 アプリ自体は無料で、日本語合成音声は257円らしいです。
 私は、Androidを利用できる環境にいないので試してみることができませんが、以下のページで動画を見ることができます。現在のバージョンより古いバージョンです。この動画を見ると、振り仮名の表示がずれたり、日本語の読み上げのタイミングが合っていないようです。
◎IDEAL Reader (Previously IDEAL ePub3 Reader) Demo - YouTube http://www.youtube.com/watch?v=D35p33XLd2M&list=UUGqBL_JZvBVPbCkFJu4xLKQ&index=2&feature=plcp
対応している形式はEPUB 2 / 3 以外に、DAISY 2.02 / 3 という話もあります。
 Androidがあれば、このバージョンで縦書きや振り仮名、右開き、対応形式などを試してみたいのですが、残念!
 このアプリとともに、IDEAL Groupはワードの文書やPDFをePubに変換するアプリも出しています。1.000ページまで変換無料ということです。
◎IDEAL ePub Creator https://play.google.com/store/apps/details?id=in.co.accessiblenews.ideal&feature=search_result
なおこのグループの代表のSteve Jacobs氏は、この電子書籍リーダを用いた科学などの教育に貢献して、ホワイトハウスから「チェンジのチャンピョン」の1人に選ばれています。
Champions of Change for leading the fields of science, technology, engineering, and math for people with disabilities in education and employment
(Stem Equality For Americans With Disabilities | The White Houseより)
訳: 教育や就労において障がいのある人たちのために、科学や技術、工学や数学の分野で指導的な役割を果たした「チェンジのチャンピョン」。
参照:http://www.whitehouse.gov/blog/2012/05/07/stem-education-success-powered-ideal-s-epub3-reader


◇メルマガ第5号を発行しました!|メルマガ更新情報
http://accsell.net/m-magazine/5.html
(2012年11月16日 AccSell)
 こんにちは!「AccSellメールマガジン」第5号が発行されました!
 第5号の内容は
[連載] 中根雅文の「全盲のコンピューター利用に関する四方山話」
第5回:点字ワープロ
[連載] 植木 真の「JIS X 8341-3:2010 『逆引き』徹底解説」
第5回:JIS X 8341-3:2010 入門 <その5> 制作・開発から保守・運用まで
[連載] 辻 勝利の「Life with 支援技術」
第4回:多言語対応スクリーン・リーダーNVDA
の3本です!
このメルマガの購読には「まぐまぐ」のAccSellメルマガのページからどうぞ
1ヶ月840円/月2回発行(登録申込当月分の1ヶ月は無料でお読みいただけます!)


◇「図書館で電子書籍を借りるひとはよく買うひとでもある」 OverDrive社とALAによる大規模ユーザ調査の結果が公表
http://current.ndl.go.jp/node/22338
(2012年11月16日 カレントアウェアネス・ポータル)
 2012年11月15日、米国の電子書籍ベンダOverDrive社が、米国図書館協会(ALA)情報技術政策局(OITP)と共に行った、図書館の提供する電子書籍の利用者を対象とした調査の結果を発表しました。調査は、2012年6月13日から7月31日にかけてウェブ上で行われ、75,000人以上が回答しました。
 主な調査結果として、次が紹介されています。
・回答者は、平均で月に3.2冊の(紙、電子)書籍を購入する
・回答者の53%が、図書館のウェブサイトで知った書籍の購入を検討する
・回答者の53%が、図書館を物理的に利用し、電子書籍も借りている
・回答者の44%が、過去6か月で電子書籍の購入が増加した
・回答者の35%が、借りたあとでその(紙、電子)書籍を購入した
また、回答者の属性については以下のとおりでした。
・女性が78%
・40〜64歳が55%
・75,000ドル以上の世帯収入が48%
・大卒以上の学歴が74%
 この結果を受け、OverDrive社のマーケティング部長David Burleigh氏が、「公共図書館は出版社のマーケティング戦略において非常に重要な要素になってきている」と語っています。
◎New Findings Reaffirm Library Borrowers Are Also Buyers(OverDrive 2012/11/15付けニュース) http://overdrive.com/News/New-Findings-Reaffirm-Library-Borrowers-Are-Also-Buyers
◎Survey Says: Library Borrowers Also Buyers(OverDrive 2012/11/15付けブログ記事) http://overdriveblogs.com/library/2012/11/15/survey-says-library-borrowers-also-buyers/


◇科学技術政策研究所、「科学技術イノベーション政策のための科学」におけるデータ・情報基盤構築の推進に関する検討結果を公表
http://current.ndl.go.jp/node/22341
(2012年11月16日 カレントアウェアネス・ポータル)
 2012年11月16日、科学技術政策研究所が、「科学技術イノベーション政策のための科学」におけるデータ・情報基盤構築の推進に関する検討結果を公表しました。これは、文部科学省の科学技術イノベーション政策における「政策のための科学」推進事業の一環として同研究所が進めている、エビデンスに基づいた科学技術イノベーション政策の基礎となる、体系的なデータ・情報基盤の構築の方向性や今度の取り組みについて調査した結果とのことです。多くの専門家からは、ミクロデータの利用と複数データベースの接続が重要課題として挙げられ、また、データ・情報基盤構築が政策評価に役立つことの重要性、研究者と政策担当者の相互交流と国際的な交流が不可欠との指摘があったとのことです。
◎「科学技術イノベーション政策のための科学」におけるデータ・情報基盤構築の推進に関する検討 (PDF) http://www.nistep.go.jp/wp/wp-content/uploads/NISTEP-NOTE-No3.pdf
◎「『科学技術イノベーション政策のための科学』におけるデータ・情報基盤構築の推進に関する検討」[NISTEP NOTE(政策のための科学) No.3]の結果公表について (NISTEP 2012/11/16付けの記事) http://www.nistep.go.jp/archives/6595


◇文化庁、改正著作権法の「写り込み」等に係る規定についての解説ページを公開
http://current.ndl.go.jp/node/22343
(2012年11月16日 カレントアウェアネス・ポータル)
 文化庁が、2012年6月20日に成立した著作権法の一部を改正する法律のうち、いわゆる「写り込み」等に係る規定について、各条の解説や、具体的に対象/対象外となる行為の例などをまとめたページを公開しました。これらの規定は、2013年1月1日から施行されることになっています。
◎いわゆる「写り込み」等に係る規定の整備について(解説資料)(第30条の2,第30条の3,第30条の4及び第47条の9関係) http://www.bunka.go.jp/chosakuken/utsurikomi.html


◇Wiley & O’Reilly Sign eBook Distribution Deal ? DRM-Free!
http://goodereader.com/blog/e-book-news/wiley-oreilly-sign-ebook-distribution-deal-drm-free
(NOV 15, 2012 By Paul Biba Good E-Reader)
 There is an old Arabian proverb, “If the camel once gets his nose in the tent, his body will soon follow.” It may apply to Wiley & O’Reilly creating another important crack in the DRM wall. O’Reilly Media has always been a vocal supporter of DRM-free ebooks. The company is beginning to convince other important publishers that DRM-free is the way to go.
 Today O’Reilly and Wiley announced that O’Reilly will become an online distributor for Wiley’s technology ebook program. This includes famous brands like For Dummies, Wrox, and Sybex. All told, nine imprints are covered with over 3,000 individual items.
 “Partnering with another publisher, one that shares and embraces similar digital content ideals?where content is made available to customers in multiple digital formats, all without DRM?is particularly gratifying…”
 When something as big as the For Dummies series goes DRM-free, then it may become the proverbial camel’s nose.


◇National Federation of the Blind and Louisiana Tech Launch National Reading Media Assessment
https://nfb.org/national-federation-blind-and-louisiana-tech-launch-national-reading-media-assessment
(Thursday, November 15, 2012 National Federation of the Blind)
 National Federation of the Blind and Louisiana Tech Launch National Reading Media Assessment
 Assessment to Determine Best Reading Medium for Blind Students
 Baltimore, Maryland (November 15, 2012): The National Federation of the Blind, the oldest and largest organization of blind people in the United States and the leading advocate for Braille literacy, today announced that its National Reading Media Assessment (NRMA) is now available. Developed and tested over a three-year period in collaboration with the Professional Development and Research Institute on Blindness at Louisiana Tech University, the NRMA is the first nationally validated assessment of its kind for youth with low vision. The assessment was developed to determine the most appropriate reading medium for students who are blind or have low vision, to ensure that the reading medium is appropriately identified both for current and future need, and to ensure that student success is not hampered by incorrect identification of literacy needs.
 Dr. Marc Maurer, President of the National Federation of the Blind, said: “Many young students today with visual impairments are not classified as blind and as such do not receive training in the proper reading medium. For instance, far too many students with low vision are mistakenly taught to read large print instead of Braille and end up functionally illiterate. The NRMA aims to change this harmful trend and ensure that every student with a visual impairment receives training in the proper reading medium and is set on the path to future success.”
 Dr. Edward Bell, principal investigator of the research, said: “The primary findings from our assessment showed 14 percent more youth as needing Braille than prior assessments, and 36 percent more youth as needing Braille than who are actually getting it. Clearly this new approach is sorely needed in order to improve the education of blind children.”
 To learn more or participate in the National Reading Media Assessment, please visit www.nfbnrma.org.
 The National Federation of the Blind needs your support to ensure that blind children get an equal education, to connect blind veterans with the training and services they need, and to help seniors who are losing vision continue to live independent and fulfilling lives. To make a donation, please go to www.nfb.org.


◇自炊マニアは注目、米Googleが家庭用掃除機で作れる全自動書籍スキャナーを公開、特許もオープンソース化
http://hon.jp/news/1.0/0/3883/
(2012-11-14 10:42:47 hon.jp DayWatch)
 米国のIT系ニュースサイト「The Verge」によると、Google社(本社:米国カリフォルニア州)のエンジニアが、一般的なPC用スキャナー部品や家庭用掃除機を組み合わせて自作した書籍スキャナー「Linear Book Scanner」を公開し、特許もオープンソース化したとのこと。
 このLinear Book Scannerは、書籍を半開きで鉄板レール上にスライドさせつつ、掃除機の吸引で1ページずつめくり、見開きスキャンしていくという制作費1,500ドル程度(約11万円)の単純ロボット。ビデオを見ると一見複雑な装置にみえるが、実際の構造はきわめて単純で、最大のキーポイントは吸引口に付けられた“ページめくり刀”部品にある。1,000ページの書籍を90分で全スキャンできたとのこと。
 Google社では特許もオープンソース化し、誰でも類似装置を制作・販売できるようにしている。“非破壊”型の方法を模索している自炊マニアや電子工作マニアには、挑戦に値するとても面白いプロジェクトだろう。【hon.jp】
◎The Vergeの記事( http://www.theverge.com/2012/11/13/3639016/google-books-scanner-vacuum-diy )


◇All About、電子書籍に本格参入 価格決定権を書店にゆだねる「ホールセールモデル」で
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1211/13/news086.html
(2012年11月13日 16時11分 更新 ITmedia ニュース)
 オールアバウトは11月13日、All Aboutのガイドがまとめたコンテンツなどを電子書籍形式で販売するサイト「All About BOOKS」をオープンした。他の電子書店やWebサービス企業にも電子書籍を卸売りし、価格決定権を書店側にゆだねるホールセールモデルを採用する。
 All About Booksでは第1弾として、All Aboutで活躍する生活・家事ジャンルの人気ガイドの片付けハウツー本など10タイトルを発売、EPUB 3.0で配信する。電子書店の構築には、電子書籍ASPサービス「BCCKS」(ブックス)を活用した。
 他の電子書店への卸売り(ホールセール)も開始。年単位で契約し、期間中は販売価格や販売方法を卸売り先にゆだねる。卸売り先の電子書店は、電子書籍単体の販売だけでなく、定額制読み放題モデルや端末バンドル販売といったサービスにAll Aboutの書籍を活用できる。
 同社によると、日本の従来の商習慣は、あらかじめ指定された比率で出版社・取次店、書店が売り上げを分配するレベニューシェア(エージェンシー)モデルで、書店による柔軟な価格設定が難しかった。欧米では、卸売りした書店側に販売価格の決定権があるホールセールモデルが一般的という。


◇Googleブックス訴訟、原告側のクラスアクション(集合代表訴訟)を認めた判断に対してGoogleが異議申し立て
http://current.ndl.go.jp/node/22302
(2012年11月13日 カレントアウェアネス・ポータル)
 paidContentの記事によると、Googleブックス訴訟に関して2012年5月に地方裁判所から下された、原告側のクラスアクション(集合代表訴訟)を認めるという判断に対して、11月9日にGoogleが異議申し立てを行ったようです。
◎Google presses fair use case in book scanning appeal(paidContent 2012/11/12付け記事) http://paidcontent.org/2012/11/12/google-presses-fair-use-case-in-book-scanning-appeal/


◇OverDrive社のAPIを利用してOPACから電子書籍へのアクセス提供している事例
http://current.ndl.go.jp/node/22304
(2012年11月13日 カレントアウェアネス・ポータル)
 図書館向け電子書籍サービスを提供している米国のOverDrive社が、OverDrive社のAPIを利用して、OPACから電子書籍へのアクセスを提供している事例をブログで紹介しています。コロラドの州の2つの図書館ネットワーク、Marmot Library NetworkとRangeview Library Districtが挙げられています。前者ではオープンソースのVuFindを用いたOPACが構築されており、通常の書籍などと同様に、OverDrive社から提供される電子書籍を検索し、そこからサンプルを表示したり貸出へと進めるようになっています。
◎例:Marmot Library NetworkのOPACの検索結果一覧 http://opac.marmot.org/Search/Results?lookfor=&basicType=Keyword&filter[]=econtent_source:%22OverDrive%22&searchSource=econtent
◎例:Marmot Library NetworkのOPACの詳細画面 http://opac.marmot.org/EcontentRecord/4463/Home
◎Colorado Libraries Achieve Rich Integration With OverDrive APIs(OverDrive 2012/10/12付けブログ記事) http://overdriveblogs.com/library/2012/11/12/colorado-libraries-achieve-rich-integration-with-overdrive-apis/


◇NV Access、NVDA 2012.3をリリース|AccSellクリッピング
http://accsell.net/clipping/nvda-2012-3-released.html
(2012年11月12日 中根雅文)
 オープンソースのWindows用スクリーン・リーダー、NVDAを開発するNV Accessは、11月8日、NVDA 2012.3をリリースした。
 NVDA 2012.3の主な新機能は以下の通り。
東アジア言語の入力サポート
Windows 8のタッチスクリーンへの対応 (試験的対応)
Adobe Readerにおける読み上げの改善
Windowsのリストビューにおける読み上げの機能強化
点字出力でサポートする点字ディスプレイの追加 (ブレイルセンスなど)
Microsoft Excelの読み上げに関する機能強化
これらの多くの新機能については、Beta版が公開された際に配信されたポッドキャストの中でデモを聴くことができる。
◎NVDA 2012.3リリースのアナウンス (英語)
◎NVDA 2012.3の新機能 (英語)
◎Windows 8のタッチ・スクリーン・サポートのデモを含むポッドキャスト (英語)
◎NVDA 2012.3の新機能のデモを含むポッドキャスト (英語)


◇日本書籍出版協会、11月26日に東京・神保町で「著作隣接権」に関する一般向けシンポジウム開催、講談社・野間社長も
http://hon.jp/news/1.0/0/3877/
(2012-11-12 11:17:24 hon.jp DayWatch)
 社団法人日本書籍出版協会(本部:東京都新宿区、以後:書協)は11月26日午後、現在大手出版社が中心となって法制化を目指している「著作隣接権」に関する公開シンポジウム「出版物に関する権利」を、東京都・神保町で開催する。
 著作隣接権とは、出版社と出版契約を結ぶ場合に、作品の複製権・送信可能化権・譲渡・貸与権の4つの権利が出版社側に譲られるというもの。仮に法制化された場合、それ以後に締結される出版契約については、作家側の権利(財産)の一部が出版社側に自動移転されることになるため、両者の間で過去何十年も揉め続けているトピックの1つだ。
 司会は植村八潮氏(専修大学教授)で、石橋通宏氏(参議院議員)大沢在昌氏(作家)大渕哲也氏(東京大学)野間省伸氏(講談社社長)林真理子氏(作家) 弘兼憲史氏(漫画家)。参加は無料だが、定員は500名で、20日までにメール出席登録が必要となる。【hon.jp】
◎「出版物に関する権利」公開シンポジウムの概要PDF( http://www.jbpa.or.jp/pdf/documents/20121126symposium.pdf )


◇神田古本まつりで「電子書籍」体験を
(2012年11月9日 マガジン航 池田敬二(一般社団法人 電子出版制作・流通協議会))
http://www.dotbook.jp/magazine-k/2012/11/09/ebook_experience_with_the_book_festival/
 昭和35年から開催されている神田古本まつり。約100店舗が参加し、出品される本の数は100万冊以上だという。今年は10月27日(土)から11月3日(土)まで開催された。国内はもちろん、海外からも多くの「本好き」「活字中毒たち」が訪れた。
 古書探しはもちろんのこと、神保町の街情報もわずかなキーワードから「連想検索」によって探し出してくれる心強い存在が、2007年10月にオープンした「本と街の案内所」である。神田古本まつり開催期間中には多くの人々がこの案内所を訪れた。この「本と街の案内所」には、2011年9月から未来の読書環境の提案を行なう実験室として、電子書籍端末による読書体験ができる「e読書ラボ」が開設されている。市販の電子書籍端末を一堂に展示し、実際に手に取って比較できる。多くの古書や新刊書籍を買うために人が集まる神田神保町で、電子書籍が体験できる貴重な場所である。
◎「電子書籍体験コーナー」での貴重なヒアリング
 私が所属する一般社団法人 電子出版制作・流通協議会(通称、電流協)は、電子出版の制作・流通に関する市場とビジネスを成長拡大していくために、2010年に設立された。現在、約130社の会員で構成されている。
 今年の神田古本まつりの期間中、電流協は「e読書ラボ」の協力で「本と街の案内所」の奥のスペースに「電子書籍体験コーナー」を開設した。試用できる電子書籍端末およびコンテンツを増設、より多くの来場者にじっくり電子書籍での読書を体験してもらおうとテーブルと椅子も用意した。紙の本のヘビーユーザーに、電子書籍を紹介しようという試みである。
 事前には迷いもあった。古本まつりの来場者と電子書籍のユーザー層は属性がまるで違うので、無意味ではないか? という危惧である。いや、だからこそ意味があるはずだ! と、この企画を推進してきた電流協普及委員会や「e読書ラボ」を運営している国立情報学研究所 連想情報学研究開発センターのスタッフとも侃々諤々のディスカッションを繰り返した。結果、電子書籍や電子出版の普及活動の一環として、まずは実施してみようということになった。
 実際に私が立ち会った感触をお話しよう。会期直前の10月25日にアマゾンkindleの日本販売のニュースも飛び込み、この話題もあってか、想像以上に「電子書籍体験コーナー」に関心を持っていただいたようであった。
 蓋をあけてみれば、ほとんど電子書籍は初めてという方ばかり。残念ながらKindle Paperwhiteは展示できなかったが、ソニーリーダーやkobo Touchなどを並べたところ、「これなら紙に近い」「文字の大きさも変更できて便利だ」「家が本で溢れているので、一定量でも電子化できれば助かる」という好感触の初心者の声が聞かれた。天候によって増減はあったが1日平均約40人で期間中約300人の来場者がこの「電子書籍体験コーナー」を訪れた。
 特に印象的だったのは奥様が入院中の老紳士の話だ。寝たきりの奥様は大の読書好きだが、手が不自由になって本を持つことさえ難しい。耳で読むオーディオブックや朗読ボランティアなどを提案したが受け入れず、自分の目で活字を読みたいのだという。ここならいろいろな電子書籍端末が見られると娘さんがプリントアウトした地図を頼りに、電車を乗り継いでいらしたのだった。
 操作方法を確認すると「これなら妻も使えそうだ」と、一つ一つの端末について丁寧にメモを取る姿に胸を打たれた。大きさが比較できるようにペンと一緒に電子書籍端末をデジカメで撮影しながら、床ずれ防止のため体位交換する都合上「(左右、中央とベッドの)3ヶ所に順次固定する工夫がいるなぁ」とつぶやいていらした。電子書籍の役割は、読書形態がアナログからデジタルに移行するだけではなく、読みたくても読めない状態を解決できるという側面があることをあらためて実感したエピソードであった。
◎電子書籍とアクセシビリティーについて
 出版コンテンツをデジタル化することで、これまで読みたくても読めなかった高齢者や視覚障がい者などに、待望の読書の道を切り開くことも可能だ。アクセシビリティーといえば、スマートフォンや iPadなどタブレットのユーザーインターフェースでおなじみのピンチイン、ピンチアウト(タッチパネル上で2本の指で画面をつまむようにして操作すること)による文字の拡大縮小機能や、視覚障がい者が利用している音声読み上げ機能を思い浮かべる人が多い。
 デジタル化されたテキストデータは、音声に変換させるTTS(Text To Speech)の技術や音声合成エンジンも驚くほど進化している。ちなみに、電流協のニューズレターはアクセシビリティーの観点から、毎号PDF版、HTML版、EPUB版に加えて、音声合成された朗読が埋め込まれたTTS機能付EPUB版も発行している。関心のある方はその実力を試していただきたい。
 このTTSは視覚障がい者や高齢者だけでなく、いわゆる健常者にも聴覚で「読む」という行為が新しい読書スタイルとして定着する可能性がある。満員電車の中でいくら読みたくても物理的に本を開くことができないような状態でも、TTSであれば聴くことができる。出版物だけでなく、通勤電車の中などで新聞など速報性の高いコンテンツも適しているといえる。
 また出版物を朗読した音声コンテンツのオーディオブックは、かつてはカセットテープやCDといったパッケージメディアであったが、現在はインターネット上でダウンロードする形式が主流になっている。オーディオブックの市場規模は日本では10億円程度といわれているが、全米オーディオブック協会の発表によると米国では2010年のセルマーケットで1167億円、ダウンロードマーケット市場で692億円と大きな市場を形成している。セルマーケットとダウンロードマーケットの数値比率の逆転も、新しい統計で見られるはずだ。
 アメリカでオーディオブックが日本に比べてはるかに大きな市場を形成している要因として、国土が広大で車社会なので移動中に耳で「読む」習慣が浸透していることや、就労ビザで集まる多くの外国人たちが文字よりも音声で英語に親しんでいることも挙げられる。オーディオブックは声優らが朗読して録音するためコストも時間もかかるが、TTSは低価格、短時間での音声変換が可能である。電子出版以外でも文章の校正やレシピなど様々な応用が可能であると新たなサービスも登場している。
 こうした電子書籍をアクセシビリティーから捉えることは、社会的意義や福祉の側面で重要であるのと同時に新しい読書スタイルを生み出し、市場拡大につなげるという意味でも見逃せない視点である。新刊書籍や過去の膨大な出版コンテンツにもアクセスできる環境が整備され、誰もが読める電子出版が実現できれば、出版社をはじめとする出版業界にとっても、そして何よりも読者にとって理想的な姿といえるだろう。


◇Amazon、中国で電子書籍端末「Kindle」シリーズを今月中にも発売か
http://hon.jp/news/1.0/0/3872/
(2012-11-09 10:48:54 hon.jp DayWatch)
 米国のWeb業界ニュースサイト「The Next Web」によると、Amazon社(本社:米国ワシントン州)は日本に続き、中国でも電子書籍端末「Kindle」シリーズをまもなく発売する可能性が高いとのこと。
 記事によると、Amazon社はすでに今年に入ってから電子書籍端末4モデルを中国当局の通信機器審査に手続き申請して認可が降りており、最近アップデートされた「Kindle Paperwhite」向けファームウェアでも中国版Kindleストアへのリンクが入っているとのこと。早ければ、今月中にも発売される可能性があるとしている。【hon.jp】
◎The Next Web Asiaの記事( http://thenextweb.com/asia/2012/11/08/evidence-mounts-for-upcoming-amazon-kindle-launch-in-china/ )


◇Kindle Paperwhite
https://nfb.org/blog/atblog/kindle-paperwhite
(Wednesday, November 7, 2012 By Clara Van Gerven NFB)
 The Kindle Paperwhite arrived here today, and my review will be very, very brief. Unsurprisingly enough, it’s completely inaccessible. Other than having adjustable fonts in the books (not the menus), the device has nothing to offer a low vision or blind reader. It’s a shame, as, unlike the Nook Tablet reviewed earlier, the Kindle Paperwhite is a simple, seamless experience packaged in nice, simple hardware. A real shame.


◇EIFL、アクセシビリティ関係ツールの使い方に関する図書館向けガイドブックを作成
http://current.ndl.go.jp/node/22270?utm_source=twitterfeed&utm_medium=twitter
(2012年11月7日 カレントアウェアネス・ポータル)
 2012年11月6日、EIFL(Electronic Information for Libraries)が、障害者のコンピュータ利用を支援するフリーやオープンソースのソフトウェア(FOSS)の使い方をまとめたガイドブック“FOSS Accessibility Tools for Libraries Step-By-Step Guide Simon”を公表しました。ガイドブックでは、画面表示拡大、テキスト読み上げ、画面読み上げ、テキスト入力等のツールについて、豊富な画像を用いて使い方が解説されています。欧州に基盤を持つ国際NPO組織であるEIFLは、いくつかの活動を主要な取組として定めていますが、FOSSについての活動もそのひとつです。
◎FOSS Accessibility Tools for Libraries Step-By-Step Guide(PDF:40ページ) http://www.eifl.net/system/files/201211/eifl_accessibilitytoolsstepbystep_2012_normal.pdf
◎Disability Tools Step-By-Step Guide http://www.eifl.net/disability-tools-step-step-guide
◎EIFL FOSS Launches Disability Tools for Libraries Guide(EIFL 2012/11/6付けニュース) http://www.eifl.net/news/eifl-foss-launches-disability-tools-libraries
◎EIFL-FOSS: free and open source software http://www.eifl.net/foss


◇電子書籍、自分で出版するならどのプラットフォームか?
http://www.nordic-tech.net/archives/4259320.html
(November 07, 2012 北欧Tech)
電子書籍の普及で、「自分の本を出版したい」という夢へのハードルとコストは一気に下がった。
紙の本であれば何十万円とした自費出版であるが、電子書籍であれば非常に低いイニシャルコストでしかも利益すらあげることが可能になってきている。
このエントリーでは、日本で誰でも出版が可能な電子書籍プラットフォームについて、著者への料率にクローズアップして紹介していく。
◎Amazon KDP
日本語版のkindleストアオープンともに、KDP(kindle direct publishing)のサービスもスタートした。著者の取り分は基本的には35%とのこと。紙の本がだいたい10%であったことを考えると、画期的な数字とも言えるが、物理的なコストがほぼ0に近い電子書籍ストアならもっと著者の取り分があってもと思ってしまう。ただし、Amazonの膨大な既存ユーザー層にリーチできることを考えるとAmazonの取り分65%はそこへの出店料も込と考えるべきであろう。
著者の取り分が70%とするオプションが米国のkindleストアでは可能なようだが、日本ストアではまだ利用不可のようだ。この70%オプションを利用するための条件は以下のようである。

・Amazon Kindle Storeでの販売価格が2.99ドルから9.99ドル。
・電子書籍版の価格を、印刷版よりも20%以上安く設定する。
・著者または出版社が権利を保有するすべての地域で販売する。
・テキストの音声読み上げなどKindle Storeの機能セットを、今後Amazonが追加する機能を含めてサポートする。
・競合する電子書籍版および印刷版の書籍と同等以下の価格に設定する。
もともと安価に売り出す予定の作品であれば、こちらのオプションを利用したいところである。ただ、テキストの音声読上げ機能などの対応にどれだけコストがかかるかは不明である。いずれにしても、日本のストアが早く70%ロイヤリティオプションを導入することを期待したい。
実際にKDPで出版するにあたり、その原稿の準備だが、KDPのサポートページによると、以下のファイルの変換が可能になっているようである。ファイルの変換には、KindleGenというオフィシャルに提供されているツールを使用するよう。米国では、Microsoft Wordを使って変換前のファイルを作るユーザーが多いようだが、日本語版ではまだ正常に機能しないよう。

Word (docまたはdocx)(注: 日本語の本の変換は試験的に受け付けております)
HTML (圧縮されたHTMLのzip、.htmまたはhtml)
ePub (epub)
XMDF (圧縮されたXMDFのzip)
シャープが開発した日本語電子書籍フォーマットのXMDFにも対応しているところが、日本市場へのAmazonの本気を感じさせる。
ちなみに、Kindleストアを経由せずに電子書籍ファイルをメール経由でkindleデバイスやアプリに送ることが可能となっている。ただ、epubを直接kindleに送ることができないのが難点である。(iBookアプリは直接epubを開くことができる) 対応ファイルは、word、HTML、RTF、mobi(kindle書籍のフォーマット)などとのことである。
◎kobo ebook store (楽天)
kobo ebook storeもKDPのようなセルフパブリッシングの機能をそなえており、kobo writing lifeというサービス名で提供されている。日本語の書籍にも対応開始して、実際に販売開始した人のレポートもある、しかしKDPほど大きな話題にはなっていないよう。
日本語での情報が不足しているが、料率については、以下のような情報が海外メディアで報じられている。9月から11月末までは、さらに10%のロイヤリティアップのキャンペーンを行なっているようである。

$1.99 - $12.99の電子書籍 = 70%のロイヤリティ
$1.99以下または$12.99以上の電子書籍 = 45%のロイヤリティ
日本語のストアについて、同様のロイヤリティ設定がされているかは確認できていないが、これに準ずるものとすると、KDPと比較してかなり著者には優しいプラットフォームであると言える。ただし、これもAmazonと楽天koboの集客プラットフォームとしての強弱を反映しているのであろう。
対応ファイルであるが、.epub, .doc, .docx, .mobi, .odtに対応しているとのことである。ちなみに、ペパボの電子書籍パブリッシングプラットフォームであるパブーで出版された本をそのままkoboのebook storeでも出版できる連携が開始され、現在では、パブー経由でのkoboへの出版が7000作品を超えたとのことである。
◎パブー(paperboy&co.)
2010年からサービスを開始して、電子書籍出版を身近にしてきたパブー。料率はこちらのヘルプによると、30%がパブー側の手数料、70%が著者側の取り分となっている。佐々木俊尚氏に手数料が60%にするという通告があったようだが、現状、一般ユーザーの取り分が70%のところは変わっていないようである。ただ、外部ストア(現在はkobo ebook storeのみ)での売上には、追加で手数料が加算されるとのこと。
本の作成は、パブーのウェブ上の管理画面から作成することもできるし、PDFかePubのファイルをそのままアップロードすることもできるようだ。ただ、パブーのシステムとしては、PDFかePubのファイルをDLして各デバイスの任意のアプリ等で表示して読むという仕組みとなっており(Androidのみ専用アプリあり)、他の電子書籍プラットフォームのように、各デバイスごとに同期を図るような仕組みはない。パブーの電子書籍はDRM無しが原則のようであり、オープンなプラットフォームを目指すと宣言している。
ちなみに、同じペパボのブログサービスであるjugemのブログ記事をインポートして書籍化することも可能である。
また、パブーで出版するメリットとしては、2004年からサービスを提供しているブックレビューサイトのブクログと連携しており、レビューがつきやすいということがあげられる。(レビューがあるかということは、電子書籍のプロモーションの上で重要であり、Google play booksのストアでは日本語版の書籍に対して、ブクログのレビューが表示されるような連携がされている。)
◎Google Play book store
日本語の書籍についても、セルフパブリッシングに対応しているかは、まだ不明であり、このレポートでは、日本語書籍の申請をして、現在レビュー中ということのようである。
米国での事例によると、まず、Google books partner programへの登録が必要だが、その後、価格などの情報を入力後は、PDFかePubのファイルをアップロードするだけというシンプルなフローなようだ。逆に、ファイルの変換についてのサポートはないということである。
著者のロイヤリティであるが、こちらのサイトによると、52%ということで、やはり、kindleストアとくらべると悪くない取り分である。
◎iBook store(Apple)
iBook storeについては、日本語版は開店休業状態で、アップルはEPUB3の普及を待っているという憶測があったが、未だ、iBookのアプリだけがiOSデバイスにはあるだけで、日本語の書籍は買える状態にない。先日、夏目漱石の「坊ちゃん」がiOS book storeに登場、というニュースがあったが、これは、AppleがiBook storeに日本語書籍を投入する前兆なのだろうか。
セルフパブリッシングのためのMacのアプリ「iBook author」はすでに今年の1月にリリースされているものの、日本語版にストアがまだ対応していないため公開ができないという状態。ただ、このiBook author、動画やKeynoteのプレゼンテーションなどに対応しているため、動きのある電子書籍がつくれるとのこと。
===================
ざっと、代表的なeブックストアを概観したが、
・集客力を期待するならkindleストア
・高いロイヤリティを期待するならkoboやパブーのストア
というところであろうか。
ただ、集客力がないストアで高いロイヤリティをもらったところで、結局、著者のトータルの取り分は少ないというジレンマはある。
逆に、ストアに集客を期待しなくても、すでにブログなど自分のメディアにファンがついている著者はさくっとPDFやePubをパブーで売ってしまうというのも手であろう。


◇キンドル上陸、二刀流の切れ味
http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20121101/238911/?P=1
(2012年11月5日(月) 日経ビジネスオンライン 小板橋太郎・原隆)
米アマゾン・ドット・コムが4カ月の沈黙を破って「キンドル」日本上陸を発表した。地位を固めた電子書籍と、新規参入するタブレットの「二刀流」を日本で試す。ジェフ・ベゾスCEOは「我々が提供するのは端末ではなくサービスだ」と自信を見せる。
 「予約台数はすごい勢いです」
 10月24日午後3時半、米アマゾン・ドット・コムは電子書籍サービス「Kindle(キンドル)」の日本開始をウェブサイトで発表。事前予約を開始した。その日の夜、お忍びで日本を訪れ、東京都内でスタッフと夕食を囲んでいた同社のジェフ・ベゾスCEO(最高経営責任者)の元に興奮した声が届いた。
 同社がキンドルの日本上陸を告知したのは6月26日のことだ。それから約4カ月の沈黙。出版社との交渉不調が伝えられながらも、ようやくのお目見えとなった。発売日は11月以降で予約数は公表されていないが、ベゾスCEOの笑顔はキンドルの順調な滑り出しを暗示している(4ページからのインタビューを参照)。
 アマゾンが発売するキンドルは大きく2種類。11月19日に発売予定の電子書籍専用端末「Kindle Paperwhite(キンドルペーパーホワイト)」と、12月19日発売予定の汎用型タブレット端末「Kindle Fire(キンドルファイア)」だ。いずれも米国で9月6日に発表したばかりの新製品である。
 キンドルペーパーホワイトはフロントライト付きの電子書籍専用端末で、暗い場所でも読める点が受け、米国では品不足が起きているほど。日本で投入するモデルは2種類で、Wi-Fi専用モデルは8480円、NTTドコモの3G(第3世代)回線を無料で利用できるWi-Fi+3Gモデルは1万2980円で販売する。
 一方、キンドルファイアは2種類のモデルを投入する。通常のキンドルファイア、及び高精細ディスプレーを搭載したキンドルファイアHDだ。いずれも7インチモデルで、価格はキンドルファイアが1万2800円、キンドルファイアHDは16GB(ギガバイト=ギガは10億)モデルが1万5800円、32GBモデルは1万9800円だ。
◎楽天は新製品を投入して対抗
 アマゾンは日本で電子書籍とタブレットの2つの土俵に切り込む。
 「現時点で最も競争力のある製品だ」。日本のライバルメーカーもこう認めざるを得ないキンドルペーパーホワイトは、北米での圧倒的な人気と世界的なブランドで「先行者優位」を誇る。産声を上げたばかりの日本の電子書籍業界もにわかに動き始めた。
 7月に電子書籍端末に参入したばかりの楽天は、11月1日、「Kobo Glo(コボ・グロー)」などの新製品の日本投入を発表する。既に米市場では投入済みで、暗所でも読めるフロントライト付きと、キンドルを意識した新製品だ。9月に「Reader(リーダー)」の新製品を出したばかりの老舗、ソニーの出方も気になる。
 新興勢力も動き出した。凸版印刷グループで電子書籍ストア「BookLive!」を運営するブックライブもまた12月をメドにNECと組み、通信機能も含めた電子書籍専用端末を販売する計画を進めている。このほか電子書籍ストア「eBookJapan」を運営するイーブックイニシアティブジャパンも、12月中旬をメドに1万円程度のタブレット端末販売へ向け動き出した。
 いずれの企業も今年の年末商戦に焦点を当て発売の準備を進める。アマゾンは過去、クリスマス商戦で大幅にキンドルの売り上げを伸ばしてきた。それだけに「ここで独走を許せば取り返しがつかない」(国内メーカー)。
◎タブレットでは「新米」
 もう1つの土俵、タブレット市場ではキンドルは一転、新規参入者となる。
 日本でアマゾンがサービス開始発表をした13時間前、日本のユーザーは深夜のインターネット中継に釘づけになった。米アップルが発表した7.9インチの新タブレット端末「iPad mini(ミニ)」。言うまでもなくキンドルファイアHDの最大のライバルだ。
 「デッド・オン・アライバル(既に死んでいる商品だ)」。アップルの故スティーブ・ジョブズ前CEOは韓国サムスン電子など、ライバルが7インチ台のタブレットを発売した際にはこう評していた。だがアップルは前言を撤回し、iPadのすべてのノウハウと技術をiPadミニに投入してくる。
 アンドロイドOS(基本ソフト)でタブレット市場のもう一方の牽引役となった米グーグルも自ら開発した端末「Nexus(ネクサス) 7」で迎え撃つ。世界的には無名ながら、国内メーカーも、日本の利用者の趣向に合わせた製品開発では一日の長がある。「向こう半年間、ライバルは絶対に追いつけない」。NECが発売した「メディアスタブ UL N-08D」は徹底して軽さと操作のしやすさを追求した。前モデルより100gも軽い249gで、7インチの機種では世界で最も軽い。女性がバッグに入れて持ち歩くという使い方を想定し、コミック1冊とほぼ同じ重さを狙った。
 使いやすさでは、バイブレーション機能を改良した。米企業が開発した最新の振動デバイスを採用し、きめ細かく制御している。例えば鉄のボールとゴムのボールが壁に当たった時の振動の違いまで、再現可能だ。
 アマゾンのベゾスCEOは「本来、他社製品を論評したり、キンドルとの比較を言及しない孤高の姿勢を保ってきた」(アマゾン関係者)。だが今回はこうした姿勢を転換した。
 9月6日、米ロサンゼルスでのキンドル新製品発表の際には、ベゾスCEOが壇上にiPadとネクサス7を大写しにし、キンドルファイアHDの優位性を声を大にしてアピールする姿が話題になった。
 「iPadミニより安いのに機能は豊富」――。iPadミニの登場を受け、アマゾンは米国の販売サイト上でこんな比較プロモーションも始めた。iPadミニの「329ドル」とキンドルファイアHDの「199ドル」を併記したうえで、HD(高精細)画質や画素数、ステレオスピーカーなどiPadミニにはない優位性をアピールする比較広告だ。
 電子書籍端末では日本市場で本命参入と騒がれる一方で、タブレットではアップル、グーグルの2大巨頭、国内勢と戦わなければならないアマゾンの焦りが、こうしたあからさまな広告戦略に表れていると言えるだろう。
 調査会社の米IDCによると、2010年に世界で1900万台だったタブレット市場は今年1億1700万台に達し、2016年には2億6000万台を超える見通し。この流れは日本にも波及し、国内のタブレット販売台数は今年度495万台、2016年には1510万台に膨らむ見通し(モバイルコンピューティング推進コンソーシアム調べ)。
 タブレット市場の拡大を見込んで通信会社も動き出した。
 「ドコモの回線を選んでいただいて大変光栄に思っている」。NTTドコモの加藤薫社長は10月26日の記者会見でこう語った。キンドルペーパーホワイトには書籍をダウンロードするための通信回線として、ドコモの第3世代携帯電話回線が採用されている。
 ただドコモがユーザーから料金を徴収するのではなく、アマゾンが一括で回線用のSIMを買い上げるビジネスモデル。ドコモにしてみれば「SIMを下ろした段階で売り上げが立ち、純増数も増える」(加藤社長)のが利点だ。
 一方、アップルのiPadミニはソフトバンクに加え、新たにKDDIが回線を提供する。料金体系はまだ明らかでないが、映画や動画など大容量のコンテンツを鑑賞できるタブレットは「通信会社の次の大きな収入源になる」(KDDI幹部)と見ている。
 アマゾンが最終ランナーとして日本に降り立ち、役者は揃った。年末商戦は世界の大手と国内勢が入り乱れた電子書籍・タブレット戦争の序章となりそうだ。
◎幾度となく日本で発売報道があったKindle(キンドル)だが、ようやく発売に至った。
 このデバイスは私どもが作ってきた中で最高の製品だ。我々は時間をかけ、相当な努力を続けてきた。日本語のフォントを高い解像度の中で最も美しく表示するために、細かい調整を重ねてきた。
 端末の価格も低くするよう頑張った。価格は損益分岐点ぎりぎりの水準だ。ハードウエアの販売で利益を上げようとは考えていない。皆さんと非常に長く、継続的な関係を築いていく中で、電子書籍をはじめ、音楽、ゲーム、アプリなどを購入していただき、それによって事業が成り立てばいいと思っている。
◎消費者はディスプレーを重視
◎9月6日に米国で発表した際、米アップルのiPad、米グーグルのNexus(ネクサス)7と比較してキンドルファイアHDの優位性を強調した。奇しくも日本ではiPad mini(ミニ)と同じ日の発表になったが、優位性に変化はないか。
 iPadミニはまず価格が高い。さらに我々のようなHD(高精細)画質じゃなくSD(標準)画質で解像度も低い。キンドルは比較にならないほど多くの機能を盛り込んだ端末なんだ。iPadミニは単なるSDデバイスにすぎない。この一言に尽きる。それでいてiPadミニは米国で329ドル、我々は199ドルだ。日本でも大きな価格差がある。これだけでも説明は十分じゃないか?(笑)
 私が思うに消費者がタブレットを選ぶうえで重視するのはまずディスプレーの性能だ。もう1つが通信速度。ウェブサイトへのアクセスだけでなく、ストリーミングで動画を視聴したり、ファイルをダウンロードしたりというのが主な用途だ。Wi-Fiのスピードが速く、かつ帯域が広いことが重視される。
 最後がコンテンツとハードウエアをどれだけきれいに統合しているか、だ。購入者はハードウエアを買うのではなく、サービスを買う。優れたコンテンツがあり、さらにはハードウエアと統合されていなければならない。
◎出版社との交渉に苦労していたようだ。
 すべての日本の大手出版社との合意に至った。そして大手出版社が自社で持っているコンテンツを今後、我々のストアに出してくれることになっている。
 世界各地でキンドルストアをオープンさせてきたが、デビュー時点での本の品揃えで言えば、日本が最も素晴らしい。出版社側も非常に情熱を持って取り組んでくれている。こういった姿勢に対して逆に我々は勇気づけられている。


◇出版デジタル機構がKoboと合意、緊デジによる電子化コンテンツ(EPUB)を配信・販売へ
http://current.ndl.go.jp/node/22245
(2012年11月5日 カレントアウェアネス・ポータル)
 2012年11月2日、株式会社出版デジタル機構が、同社の提供する電子コンテンツを、楽天グループのKobo Inc.を通じて配信・販売することについて同書店と合意に至ったと発表しました。同社がパートナーを務めている経済産業省「コンテンツ緊急電子化事業(緊デジ)」でデジタル化されるコンテンツのうち、EPUBフォーマットのものが対象ということです。なお、同社は10月26日に紀伊國屋書店との合意を発表していました。
◎出版デジタル機構、Kobo 社(楽天グループ)と提携 <kobo イーブックストア>への電子書籍配信が決定(PDF:1ページ) http://www.pubridge.jp/wp/wp-content/uploads/2012/11/topic00301_20121102.pdf
◎出版デジタル機構、Kobo社(楽天グループ)と提携 <koboイーブックストア>への電子書籍配信が決定 http://www.pubridge.jp/topics003/


◇北米研究図書館協会(ARL)、視覚障害者等に対する研究図書館のサービスに関する報告書を公表
http://current.ndl.go.jp/node/22247
(2012年11月5日 カレントアウェアネス・ポータル)
 北米研究図書館協会(ARL)が、2012年11月2日付けで、報告書“Report of the ARL Joint Task Force on Services to Patrons with Print Disabilities”を公表しました。この報告書は、複数の大学の職員の参加するタスクフォースがまとめたもので、視覚障害者等のプリントディスアビリティ(印刷された文字を読むことに障害のある人)に対する研究図書館によるサービスをテーマとしています。米国・カナダの状況を中心に、技術的・法的課題等について述べられています。
◎Report of the ARL Joint Task Force on Services to Patrons with Print Disabilities(PDF:41ページ) http://www.arl.org/bm~doc/print-disabilities-tfreport02nov12.pdf
◎Accessibility for Patrons with Print Disabilities(ARL) http://www.arl.org/accessibility/


◇OECD、電子書籍に関する各国の動向や政策課題についてまとめた報告書を公表
http://current.ndl.go.jp/node/22236
(2012年11月2日 カレントアウェアネス・ポータル)
 経済協力開発機構(OECD)が、2012年10月29日付けで、電子書籍の政策課題についてまとめた報告書“E-books: Developments and Policy Considerations”(OECD Digital Economy Papers, No.208)を公開しました。報告書は“E-Book Ecosystem”“Trends”“Policy Issues”の3部に分かれています。電子書籍の生態系(エコシステム)を概観したうえで、統計データを用いつつ日本を含めた主要国の動向について整理し、最後の政策課題の部分では図書館における利用についても触れています。
◎E-books: Developments and Policy Considerations(OECD iLibrary) http://dx.doi.org/10.1787/5k912zxg5svh-en


◇ACD News : Open Access in Germany
http://blogs.ifla.org/acd/2012/11/02/acd-news-open-access-in-germany/
(2 November 2012 IFLA Acquisition & Collection Development Section Blog)
 Up to now 39 German repositories collaborate in the Open Access Network
 The 2012 Census of Open Access Repositories in Germany is a snapshot of the current state of open access repositories in Germany looking at different aspects such as the size, software, value-added services, etc. The charts and best practice examples shall help stakeholders to improve open access repositories on different levels in Germany. The poster presented at the Open Access Tage Wien 2012 will is published in an open access repository with a citable URN: http://nbn-resolving.de/urn:nbn:de:kobv:11-100204211
 German information platform open-access.net
 The open-access.net platform aims to meet the growing demand for information on the subject of Open Access (OA). The editorial team gathers information which is scattered across many sources and bundles it thematically for presentation to various target groups.The information platform has been extended and now also offers country-specific Swiss content. The platform will also integrate country-specific content for visitors from Austria in the near future.
 What exactly is Open Access? Open Access (OA) stands for unrestricted, toll-free online access to scientific and scholarly knowledge and information. On open-access.net you will find information about the key concepts and main forms of OA, for example on Open Access journals and repositories, the origins of the Open Access movement, business models and legal issues.
 The Fraunhofer-Gesellschaft, the Helmholtz Association, the Leibniz Association and the Max Planck Society have their own web pages on open-access.net where they provide information on their OA activities.
◎Read more: http://open-access.net/de_en/homepage/#ixzz2Amjv0QVr


◇Baker & Taylor社、視覚障害者の利用に対応した電子書籍プラットフォーム“Axis 360”のモバイル版をリリース
http://current.ndl.go.jp/node/22225
(2012年11月1日 カレントアウェアネス・ポータル)
 2012年10月31日、米国のBaker & Taylor社が、同社の図書館向けデジタルコンテンツプラットフォーム“Axis 360”のモバイル版のリリースを発表しました。Axis 360は音声読み上げ機能を備えるなど視覚障害者による電子書籍の利用にも対応しています。iOS、Android、BlackBerryを搭載したスマートフォンとタブレットで利用できるとされています。
◎Baker & Taylor Releases Mobile Version of the Axis 360 Digital Media Platform(Baker & Taylor 2012/10/31付けニュース) http://www.baker-taylor.com/viewnews.cfm?press_id=327&typ=c


> TOP

□2012年10月

◇“言い値”モデルの電子書籍販売サイトHumble Bundlesの有名SF作家が実績報告「2週間で約159万円稼いだ」
http://hon.jp/news/1.0/0/3842/
(2012-10-31 12:06:36 hon.jp DayWatch)
 次世代の電子書籍販売モデルとして米国の個人作家たちに注目されている「言い値販売モデル(Pay-what-you-want)」のHumble Bundle社について、参加作家の1人である有名SF作家John Scalzi氏がその収益結果をブログ上で公開した。
 「言い値販売モデル」とは、読者側が好きな値段で購入できる販売モデルのこと。米国ではHumble Bundle社を含め2〜3社のベンチャーが参入し始めたばかりだが、Humble Bundle社の電子書籍バンドル商品第1号が発売2週間で売上100万ドル(約8,000万円)を突破したことが先週関係者の間で話題となっていた。
 バンドル参加作家の1人だったScalzi氏によると、他作家との配分調整やサイト手数料、寄付金等を差し引き後、結果として2週間で2万ドル(約159万円)の報酬を得たとのこと。予想どおり“0ドル購入者”も多かったものの、42,110名もの新規読者を短期間で獲得したので、プロ作家のScalzi氏も大満足だったようだ。【hon.jp】
◎John Scalzi氏のブログ記事( http://whatever.scalzi.com/2012/10/24/the-humble-ebook-bundles-and-authors/ )


◇EPUB3サンプル電子書籍ビューワ「Readium」、複数Webブラウザに対応したクラウド版をベータテスト中
http://hon.jp/news/1.0/0/3829/
(2012-10-29 10:42:24 hon.jp DayWatch)
 米国の電子書籍ニュースサイト「The Digital Reader」によると、EPUB 3.0形式電子書籍ビューワ開発者のためのリファレンスビューワ開発プロジェクト「Readium」が、Firefoxなど非Webkit系ブラウザでも動作するクラウド版をベータテスト中とのこと。
 Readiumは、IDPFとビューワー開発系会員社(ACCESS/楽天/ソニー/Google/Samsung/イースト/ボイジャーなど含む)が今年2月から始めた開発者専用標準ビューワ開発プロジェクト。Readium自体は商用アプリではなく、EPUBビューワー開発者たちの間で一定の互換性を保持するためにオープンソースなリファレンスビューワの開発・公開を目的としたもの。
 日本語組版にほぼ完全対応しているReadiumではあるが、すでに公開されているアプリケーション版やChromeプラグイン版などとは異なり、クラウド版では複数のブラウザエンジンに対応させる必要があるため、まだまだ未対応機能が大半となっている。【hon.jp】
◎The Digital Readerの記事( http://www.the-digital-reader.com/2012/10/26/readium-epub3-reading-app-now-avaialble-in-most-browsers/ )


◇電子出版制作・流通協議会、明日から始まる東京・神田古本まつり で「電子書籍体験コーナー」を期間限定で開設
http://hon.jp/news/1.0/0/3826/
(2012-10-26 15:33:32 hon.jp DayWatch)
 一般社団法人電子出版制作・流通協議会(本部:東京都千代田区、以後:電流協)は10月27日から、東京都・神保町で開催される毎年恒例の「第53回 東京名物神田古本まつり」に合わせて「電子書籍体験コーナー」を期間限定で開設する。
 「電子書籍体験コーナー」は、神保町エリア内にある「本と街の案内所」(東京都千代田区神田神保町1-7-7)に設置される予定で、国立情報学研究所・連想情報学研究開発センターも協力。電子書籍・電子雑誌が試し読みできる端末を多数用意し、電子書籍は各端末に約100種類、電子雑誌は約600誌の試し読みができるようにする。
 コーナー開設日は10月27日(土)〜11月3日(土)の10:30〜19:00となっている。
◎電子出版制作・流通協議会 ( http://aebs.or.jp/ )


◇Free Library of Philadelphia Resolves NOOK Accessibility Lawsuit
http://www.thedigitalshift.com/2012/10/hardware-2/free-library-of-philadelphia-resolves-nook-accessibility-lawsuit/
(By Matt Enis and Meredith Schwartz on October 25, 2012 The Digital Shift)
 The Free Library of Philadelphia (FLP) this week settled the lawsuit filed against it in May by four blind patrons assisted by the National Federation of the Blind (NFB).
 The suit was filed over a pilot program that allowed patrons older than 50 to borrow pre-loaded NOOK Simple Touch e-readers. Since these devices lacked text-to-speech capability and had been purchased with the help of federal grants, the plaintiffs contended that the program violated both Section 504 of the Rehabilitation Act of 1973 and Title II of the Americans with Disabilities Act.
 Under the terms of the settlement, FLP has agreed to supplement its collection of more than 60 NOOKs with ten accessible devices, according to a press announcement from the NFB. Within four years, the library will transition to a collection of e-readers that are all accessible to the blind, and will begin incorporating an accessibility requirement into its technology procurement contracts. The case and the settlement were very similar to a separate lawsuit filed by NFB and the U.S. Justice Department against the Sacramento Public Library, which was resolved in August.
 NFB hopes that these settlements will encourage other institutions to adopt accessibility-compliant technology policies.
 “We’re trying hard. Not having equal access to information in the information age is a far bigger handicap than not being able to see,” Counsel for the NFB Daniel F. Goldstein of Brown, Goldstein, and Levy, told LJ. “And when the rest of the world can stay connected to a vast collection of ebooks for purchase that they can read 24/7 wherever they are and the blind can’t, that affects your ability to learn equally and compete equally.”
 Goldstein said that the current library e-reader landscape still poses significant accessibility problems.
 This is, in large part, due to vendors. Among e-readers and tablets available in the consumer marketplace, only the iPad?one of the most expensive solutions?is considered fully accessible by NFB. The NOOK and the Sony Reader are not. Amazon’s third-generation Kindle devices included text-to-speech features that could be turned on after navigating a couple of menu screens, which posed problems for blind users. But the company has dropped that feature entirely on more recent versions of its e-ink readers, including the new Paperwhite model. NFB heavily criticized the Kindle Fire when it launched in 2011 without built-in text to speech, but the latest models released last month now include that capability. NFB has not yet tested those.
 According to a prepared statement issued by NFB President Dr. Marc Maurer, the settlements could also help encourage vendors to include accessibility features in future models of their e-readers.
 “The library’s commitment to procure accessible technology means that vendors of e-reading technology and content will have to make their products accessible in order to sell them to the Free Library of Philadelphia,” Maurer said. “We hope that other libraries, educational institutions, and other entities with legal obligations to serve people with disabilities will emulate the approach being adopted by the Free Library of Philadelphia. If they do, we believe that all e-book content will ultimately be accessible to the blind, giving us equal access to the printed word.”


◇EPUB Reading System conformance test suite project kicks off
http://idpf.org/news/epub-reading-system-conformance-test-suite-project-kicks-off
(OCTOBER 25, 2012 International Digital Publishing Forum)
 The IDPF today makes an initial call for participation in a new EPUB conformance test suite project. This newly started open source project is developing materials and methods for the evaluation of feature coverage in EPUB Reading Systems. The goal is to develop a testing paradigm that is comprehensive, objective, and tests all the features in EPUB 3 and its dependent Web Standards that are relevant to content creators. A means to publicly communicate results is also envisioned.
 As EPUB 3 support rolls out in the industry, there is an increasing demand for this level of detailed Reading System conformance information to promote interoperability of EPUB content. Ultimately, the project intends to deliver
 a collection of EPUB documents that comprise an extensive set of tests for both required and optional Reading System functionality and features
 a documented process for executing the tests and compiling results
 a web service for the submission, storage and comparison of results
 At this inception stage, development of tests is the primary activity, and IDPF seeks contributors to work to extend the test coverage. Contributions from Reading System developers, service providers, content creators, and others are welcome.
 In developing the IDPF EPUB Reading System conformance test suite, we will apply a combination of testing methodologies to provide a solution that balances completeness, robustness, and practicality. The scope of conformance testing of even individual features of Web Standards is potentially unbounded, given the combinatorics of intersections among features (e.g. CSS multi-column layout intersects with CSS writing modes and CSS text). Therefore we will develop in an agile and incremental manner, aiming in the first instance for complete feature coverage in a testing methodology that requires no more than 2 to 3 hours of manual effort and inspection to test an individual reading system. Automated testing will be preferred but not at the expense of applicability to all reading systems. Reading Systems may not support JavaScript, and may be dedicated software or devices that do not have APIs or network connectivity. Since we know that every EPUB reading system can consume EPUB 3 files and render a representation, inspection of rendering results will be the baseline methodology, with automation as an accelerator where appropriate. Note that while testing of accessibility features is in scope for the test suite, the test suite itself will initially to a large extent be predicated on visual inspection of results, i.e. will not itself be full accessible.


◇W3C Announces Workshop on Electronic Books and the Open Web
http://idpf.org/news/w3c-announces-workshop-on-electronic-books-and-the-open-web
(OCTOBER 25, 2012 International Digital Publishing Forum)
 The W3C, in partnership with IDPF and BISG, is organizing a workshop on Electronic Books and the Open Web, to bring together major players of the eBooks market, including publishers, standardization organizations, booksellers, accessibility organizations, etc, in order to help bring eBook publishing to its full potential through standardization. Participants will have the opportunity to share their own perspectives, requirements, and ideas to ensure that emerging global technology standards meet the needs of the eBook industry The workshop will be held on February 11-12 2013 in New York City, co-located with the O'Reilly Tools of Change for Publishing Conference. The Program Committee is chaired by Angela Bole; BISG, Markus Gylling; IDPF and the Daisy Consortium and Thierry Michel; W3C. Organizations or individuals wishing to attend must submit a position paper explaining their perspectives on a workshop topic of their choice no later than 10 December 2012.


◇Amazon、電子書籍ファイル制作ツール「KindleGen」「Kindle Previewer」をアップデート
http://hon.jp/news/1.0/0/3818/
(2012-10-25 12:30:04 hon.jp DayWatch)
 Amazon社(本社:米国ワシントン州)は現地時間10月25日、日本国内での電子書籍販売ストア「Kindleストア」スタートに合わせて、Kindleシリーズ向け電子書籍ファイル制作ツール「KindleGen」「Kindle Previewer」をアップデートした。
 KindleGenは、HTML/XHTML/EPUB形式の電子書籍コンテンツを、Amazon独自のKF8形式ファイルに変換するための無料変換ソフトで、Windows/Mac/Linux版を提供。もう1つのKindle PreviewerはEPUB入力機能付きのKF8画面表示エミュレータで、Windows/Mac版のみ。
 今回、両ソフトともVersion 2.7にアップデートし、日本語縦組・左右ページ表示やiOS版アプリなど新プラットフォーム画面エミュレーションにも対応した。※編集注:なお、KF8形式の電子書籍で使われているDRMはすでにCalibre等の複数ツールを介してクラックできることで有名なので、出版社のライツ関係者は、その件について変換前に著者確認を取ることをお薦めします。【hon.jp】
◎「KindleGen」「Kindle Previewer」公開ページ( http://www.amazon.com/gp/feature.html/ref=amb_link_359603402_2?ie=UTF8&docId=1000765261 )


◇「Kindleストア」が日本でもオープン、日本語書籍5万冊以上をラインナップ
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20121025_568483.html
(2012/10/25 13:38 INTERNET Watch 三柳 英樹)
 Amazon.co.jpは25日、電子書籍ストア「Kindleストア」をオープンし、日本語電子書籍の販売を開始した。同日には日本語に対応したiPhone、iPad、Android向けの無料アプリも公開。購入した電子書籍をアプリで閲覧できるようになった。
 Amazon.co.jpでは、24日に電子書籍リーダー「Kindle Paperwhite」と、タブレット端末「Kindle Fire HD」「Kindle Fire」の予約販売を開始。端末は11月19日以降に出荷開始予定となっているが、これに先立つ形でKindleストアをオープン。iOS/Android端末向けに電子書籍コンテンツの販売を開始した。
 Kindleストアには、角川グループパブリッシング、幻冬舎、講談社、小学館、新潮社、文藝春秋などの出版社が電子書籍を提供。1万5000冊以上の漫画タイトルや、青空文庫など無料の日本語書籍1万冊以上を含む、計5万冊以上の日本語電子書籍を揃えている。ストア全体では、英語やその他言語を含む合計140万冊以上の品揃えとなっている。
 Kindleストアのトップページには、「新刊ピックアップ」「ジャンル別ベストセラー」などのコーナーが配置され、Kindle端末の案内や、Kindleアプリの案内が行われている。このほか、ジャンル別の各コーナーや、紙の書籍に比べて割引率の高い「Kindle本セール」、Kindleストアで先行配信される「Amazon先行配信」などのコーナーも設けられている。
 各電子書籍のページでは、「紙の本の価格」と「Kindle価格」を表示し、電子書籍で購入するとどれだけ安くなるのかを割引価格と割引率で示している。カスタマーレビューは紙の本と電子書籍で共通になっている。
 なお、アマゾン ジャパンに確認したところ、既に米国のAmazon.comから電子書籍コンテンツを購入しているユーザーに対しては、Amazon.comとAmazon.co.jpのアカウントを結合して、ライブラリを統合する仕組みを用意するとしている。Amazon.comの方では既に、Amazon.co.jpのアカウントを結合するためのページが用意されている。
 ただし、アカウント結合時には購入サイトを選択する必要があり、Amazon.co.jpを購入サイトとして選択すると、以降はAmazon.comではKindleコンテンツを購入できなくなる。Amazon.co.jpからもAmazon.comのKindleコンテンツを購入できるが、一部コンテンツについてはAmazon.co.jpでは販売されない。Amazon.co.jpでは、アカウントの結合に関するヘルプページを開設しており、結合を推奨または非推奨するユーザーについての案内を行なっている。
◎Kindleストア http://www.amazon.co.jp/kindlestore
◎Amazon.co.jp アカウントの結合に関するヘルプページ http://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html/ref=hp_rel_topic?ie=UTF8&nodeId=201049300


◇“Kindle本”自費出版「Kindleダイレクト・パブリッシング」日本版スタート
http://ebook.itmedia.co.jp/ebook/articles/1210/25/news065.html
(2012年10月25日 14時17分 更新 ITmedia eBook USER)
 Kindle用電子書籍を販売する「Kindleストア」日本版のオープンに合わせて10月25日、作家や出版社がKindle向け電子書籍を自費出版できる「Kindleダイレクト・パブリッシング」の日本版が、Amazon.co.jpでスタートした。世界のKindleストアに電子書籍を販売でき、基本的に、売り上げの35%が受け取れる。
 Amazon.co.jpのアカウントでログインし、会社(出版社)情報、ロイヤリティ支払い先の銀行口座などを登録すれば、自費出版が可能。出版したい本のタイトル、表紙画像、価格(円、米ドル、ポンド、ユーロで設定可能)、DRMの有無、販売地域などを設定し、電子書籍データをアップロードすると、Kindleのフォーマットに変換し、Kindleストアで販売できる。ファイルはHTML/ePub/XMDF形式に対応。Wordファイルも試験的にサポートしている。
 出版は無料。書籍が売れると、ロイヤリティとして売り上げの35%を受け取ることができる。ロイヤリティを70%に設定することも可能。その場合は販売地域が限定されたり、ファイルサイズごとに設定された「通信コスト」が売り上げから控除されるといった条件が付く。


◇Apple社、iPhone/iPad向け電子書籍アプリ「iBooks 3.0」を公開、EPUB3日本語縦組表示にようやく対応
http://hon.jp/news/1.0/0/3811/
(2012-10-24 11:33:33 hon.jp DayWatch)
 Apple社(本社:米国カリフォルニア州)は現地時間10月23日、タブレット機「iPad」シリーズの新モデル「iPad mini」発表会において、同社がiPhone/iPadに標準搭載する無料の電子書籍ビューワアプリ「iBooks」を大幅アップデートしたことを発表した。
 すでにiTunes App Store上で公開されているこの「iBooks 3.0」では、EPUB3へ正式対応(一部JavaScriptコードを除く)し、日本語の縦組・ルビ表示・左ページ方向にも正式対応。さらに、電子書籍販売ストア「iBookstore」(日本版ストアは未定)で購入した作品をiCloud上で保管し、ダウンロードできるようになっている。
 なお、面白い新機能として本文のコピー&ペースト機能があり、コピーテキストの最後に引用元の作品情報も自動追記されるようになっている。【hon.jp】
◎iBooksの入手リンク( https://itunes.apple.com/jp/app/id364709193?mt=8 ※要iTunes )


◇メルマガ第4号を発行しました!|メルマガ更新情報
http://accsell.net/m-magazine/4.html
(2012年10月24日 AccSell)
こんにちは! 「AccSellメールマガジン」第4号が発行されました!
第4号の内容は
[連載] 中根雅文の「全盲のコンピューター利用に関する四方山話」
第4回:点字を書く方法
[連載] 植木 真の「JIS X 8341-3:2010 『逆引き』徹底解説」
第4回:JIS X 8341-3:2010 入門 <その4> 企画・設計から運用まで
[連載] 辻 勝利の「Life with 支援技術」
第3回:より早く目的を達成するために
の3本です!
このメルマガの購読には「まぐまぐ」のAccSellメルマガのページからどうぞ
1ヶ月840円/月2回発行(登録申込当月分の1ヶ月は無料でお読みいただけます!)


◇ドイツの“Library of the Year 2012”が授与される
http://current.ndl.go.jp/node/22148
(2012年10月24日 カレントアウェアネス・ポータル)
 2012年10月24日にドイツ図書館協会(DBV)とツァイト財団(ZEIT-Stiftung Ebelin und Gerd Bucerius)から、ヴィルダウ工科大学(Technische Hochschule Wildau)図書館に対し、第13回目となる2012年のドイツ版“Library of the Year”が授与されました。同館のRFID技術や多言語マルチメディアガイドといった、利用者のための最新の技術が授賞の理由とされています。
◎Moderne Technik zum Vorteil der Besucher: "Bibliothek des Jahres 2012" in Wildau (ekz 2012/10/13付けの記事) http://www.ekz.de/index.php?id=5735
◎"Zukunftstechnologien fu"r die Nutzer“: Bibliothek der Technischen Hochschule Wildau (FH) ist "Bibliothek des Jahres 2012“(dbv 2012/6/19付けの記事) http://www.bibliotheksverband.de/dbv/presse/presse-details/article/zukunftstechnologien-fuer-die-nutzer-bibliothek-der-technischen-hochschule-wildau-fh-ist.html
◎Bibliothek der Technischen Hochschule Wildau(FH) ist "Bibliothek des Jahres 2012" (Bibliotheksportal 2012/6/20付けの記事) http://www.bibliotheksportal.de/service/nachrichten/einzelansicht/article/bibliothek-der-technischen-hochschule-wildau-fh-ist-bibliothek-des-jahres-2012.html


◇Amazonの利用者、電子書籍関連訴訟の和解により払い戻しを受ける
http://ebook.itmedia.co.jp/ebook/articles/1210/16/news051.html
(2012年10月16日 13時11分 更新 ITmedia eBook USER)
 電子書籍の価格操作の疑いで大手6大出版社の何社かに対して幾つかの州の司法長官が起こした訴訟の和解条件の一部として、Amazonの利用者は幾つかの歓迎すべき知らせ――条件に該当する書籍購入に対して払戻金を受けられる――を受け取った。
 Hachette Book Group、HarperCollins、Simon & Schusterの3社は結果的に起きてしまった訴訟に関して法廷での和解を選択し、和解金はこれらの出版社から刊行された電子書籍タイトルを購入した利用者への返金に充当される。
 Amazonの利用者は特に何かを行う必要はなく、2010年4月から2012年5月までに購入した該当タイトルごとに30セントから1ドル32セントが払い戻されることに気付くだろう。Amazonからのメールに記載されたガイドラインに従うことで、払戻金を小切手で受け取ることを選択する利用者も存在するのではないだろうか。
 Macmillan、Penguinとともに和解に応じた出版社はAppleと共謀し、エージェンシーモデルによって管理されているとする電子書籍価格を不自然に吊り上げたとして告訴された。反トラスト法に関する共謀の疑いをかけられていたタイミングで、Amazonは自社が常々電子書籍に対して適用していたホールセールモデルで営業を行なっていた。このモデルによりAmazonは大手出版社の電子書籍をそれまで提供してきた価格よりも安く販売し、そのころ新たにリリースしたKindleの販売に大きく寄与した。
 出版社とAmazonが結果的に電子書籍の価格を吊り上げることになる要件に基づく共謀の疑いにより、消費者は2億5千万ドルの損失を被ったとされている。Amazonの利用者への払戻しは利用者の損失を幾分でも埋め合わせることを意図するものだ。


◇電子機器業界団体Bitkomがアンケート調査、ドイツでも全人口における電子書籍ユーザー比率が11%に上昇
http://hon.jp/news/1.0/0/3777/
(2012-10-12 11:40:12 hon.jp Day Watch)
 ドイツのIT・電子機器の業界団体Bundesverband Informationswirtschaft, Telekommunikation und neue Medien(本部:ドイツ・ベルリン市、以後Bitkom)は現地時間10月9日、今週フランクフルト市内で開催されている「Frankfurt Bookfair」に合わせて同国の電子書籍市場に関するアンケート調査結果を発表した。
 アンケート調査は14歳以上のドイツ人1,000名に対して行なわれたもの。結果によると、現在ドイツ国内の電子書籍ユーザーは約800万人で、全人口の約11%。大半のユーザーはタブレット機やスマートフォンの普及によってもたらされたユーザーで、2年前の調査時の約290万人と比べて急増しているとのこと。
 Bitkomによると、もっとも注目されたのは地域別格差で、旧・西ドイツ側:東ドイツ側に分けると、12%:8%と大きな差があることが判明したという。【hon.jp】
◎独Bitkom社のプレスリリース( http://www.bitkom.org/73639_73632.aspx )


◇メルマガ第3号を発行しました!|メルマガ更新情報|
http://accsell.net/m-magazine/3.html
(2012年10月12日 AccSell)
こんにちは! 「AccSellメールマガジン」第3号が発行されました!
第3号の内容は
[連載] 中根雅文の「全盲のコンピューター利用に関する四方山話」 第3回: 点字と漢字
[連載] 植木 真の「JIS X 8341-3:2010 『逆引き』徹底解説」 第3回:JIS X 8341-3:2010 入門 <その3> 達成等級と一般的原則
[連載]辻 勝利の「Life with 支援技術」 第2回: 私の思い出の残し方
の3本です!
このメルマガの購読には「まぐまぐ」のAccSellメルマガのページからどうぞ http://www.mag2.com/m/0001573510.html
1ヶ月840円/月2回発行(登録申込当月分の1ヶ月は無料でお読みいただけます!)


◇米アイオワ大学図書館、17-20世紀の手書きレシピコレクションをクラウドソーシングでテキスト化するプロジェクトを開始
http://current.ndl.go.jp/node/22040
(2012年10月11日 カレントアウェアネス・ポータル)
 2012年10月9日、米国アイオワ大学図書館は、同館の所蔵するコレクション“Szathmary Culinary Manuscripts”のテキスト化をクラウドソーシングで行う新たなプロジェクトを開始しました。テキスト化される資料は、米国および欧州の、1600年代から1960年代までの手書きのレシピコレクションで、時代への変遷で味がどのように変わっていくかを伝えるものとのことです。なお、アイオワ大学図書館ではこれまでにも“Civil War Diaries and Letters Transcription Project”という、南北戦争期の日記や手紙のテキスト化を行うクラウドソーシングプロジェクトを実施しています。
◎Szathmary Culinary Manuscripts and Cookbooks http://digital.lib.uiowa.edu/cookbooks/
◎DIY History http://diyhistory.lib.uiowa.edu/
◎UI Libraries launches new crowdsourcing site with manuscript cookbooks and more (University of Iowa Libraries 2012/10/9付けの記事) http://blog.lib.uiowa.edu/drp/2012/10/09/diyhistory/


◇出版デジタル機構、電子書籍ファイル制作者向け資料「InDesignにおける「GSUBフィーチャ文字化け」の解明」を公開
http://hon.jp/news/1.0/0/3774/
(2012-10-11 14:28:33 hon.jp Day Watch)
 株式会社出版デジタル機構(本社:東京都千代田区)は10月10日、電子書籍ファイル制作者のための現場ノウハウ情報「技術部だより」を自社サイト上で更新し、InDesignにからむ文字化け対策資料を掲載した。
 同資料は「InDesignにおける「GSUBフィーチャ文字化け」の解明」で、同社が文字コード研究家の小形克宏氏に編纂を依頼。さらに直井靖氏・丸山邦朋氏の協力により解説・データリスト合計1,500ページ相当の資料をPDF形式で公開している。
 同社では、電子書籍の制作会社や、フォントベンダー・オーサリングツール開発社などに活用してほしいとしている。【hon.jp】
◎出版デジタル機構「InDesignにおける「GSUBフィーチャ文字化け」の解明」( http://www.pubridge.jp/info/20121005t/ )


◇National Federation of the Blind Applauds Landmark Court Ruling
http://www.nfb.org/national-federation-blind-applauds-landmark-court-ruling
(Thursday, October 11, 2012 National Federation of the Blind)
 Decision Will Revolutionize Blind People’s Access to Books
 Baltimore, Maryland (October 11, 2012): The National Federation of the Blind today applauded a decision issued on October 10, 2012, by the U.S. District Court for the Southern District of New York, which permits the distribution of millions of books to blind and print-disabled people. The ruling in Authors Guild, Inc., et al., v. HathiTrust, et al. (Case number: No. 11-cv-6351-HB) held that providing access for students with print disabilities constitutes a “transformative use” under the fair use provision of the Copyright Act and the Americans with Disabilities Act and that Section 121 of the Copyright Act (the “Chafee Amendment”) permits university libraries to digitize their collections for distribution and use by the blind. As a result, the University of Michigan will now be permitted to make its entire 10 million volume digital collection available to all blind Americans, revolutionizing access to digital books by the blind and print disabled.
 The ruling is part of the court’s decision to grant the NFB’s and HathiTrust’s motions for summary judgment in a lawsuit brought by the Authors Guild against the HathiTrust, a repository of several university library collections scanned by Google, and participating universities. The Authors Guild alleged the HathiTrust and universities violated the Copyright Act by engaging in mass digitization of their collections. Because these works represent the largest collection of works accessible to the blind and print disabled, the NFB intervened in the lawsuit.
 Dr. Marc Maurer, President of the National Federation of the Blind, said: “Access to the printed word has historically been one of the greatest challenges faced by the blind. The landmark decision by the United States District Court for the Southern District of New York will revolutionize access to books for the blind. For the first time ever, blind students and scholars will have the opportunity to participate equally in library research. The blind, just like the sighted, will have a world of education and information at their fingertips. The National Federation of the Blind commends the court’s decision, which constitutes a significant step toward full and equal access to information by the blind.”


◇Kindleが抱える3つの不安
http://japan.cnet.com/sp/ebook/35022809/4/
(2012/10/11 11:00 朝日新聞社デジタル事業本部 林智彦)
 日本進出が間近と報じられているAmazonの電子書籍サービス「Kindle」。報道が現実になれば、2010年12月のSonyの「Reader」、2012年7月の楽天「kobo」とあわせて、電子書籍のグローバルなプレイヤーが、ようやく日本に出そろうことになる(8月英国に進出したBarnes & Nobleを除く)。米国民が当たり前に享受している電子読書環境が、やっと日本でも手に入るわけで、「電子書籍元年」と言われた2010年から、いやそれ以前から、この日を待ち望んでいた人は少なくないだろう。筆者もその一人である。
 その一方、様々な報道やAmazon自身の動きから、いくつかの不安要素が感じられることも事実。Kindleが日本で発売される「Xデイ」を前に、心配される要素をまとめてみた。
◎Kindleとは?
 本論に入る前に、「Kindleとは何か」を簡単にまとめておこう。
 英語の「e-book」が「本」としての電子書籍だけでなく、「電子書籍端末」や「電子書籍ビジネス」全体を指す言葉としても使われることがあるのと同じように、「Kindle」にも、大きく分けると、「端末」「ビューワ(閲覧環境)」「サービス(エコシステム)」の3つの意味がある。
 まずは、「端末」としての「Kindle」。2007年11月、Amazonは初代「Kindle」を発売した。ディスプレイに電子ペーパーを使った専用端末であり、現在でも後継機(最新モデルは通称第五世代=写真1=)が販売されている。Kindleといえば、狭義にはこの「無印」の専用端末を指す。
 端末としてのKindleにはその後、画面サイズの大きな「DX」、液晶画面の「Kindle Fire」など、仲間が増えた。9月6日、Amazonはカリフォルニア州サンタモニカで開いたメディアイベントで新しい「Kindle」ファミリを発表した。下記は最新モデルの一覧である(表1)。
表1
 ビューワとしてのKindle。Amazonは専用端末の他に、PC、Mac、スマートフォンおよびタブレット(iOS/Android)、ブラウザなど、考えられるあらゆる環境(端末)用にビューワを用意しており、使い勝手や機能もほぼ統一されている。これらも「Kindle」と呼ばれる。
 「サービス」としてのKindleは、上記の二要素(「端末」と「ビューワ」)にAmazonの高度なクラウド基盤を組み合わせて、電子書籍ならではの「読書体験」をユーザーに提供する仕組みを指す。Kindleのユーザーは、しおりやメモ、アンダーラインや「最後に読んだ場所(last page read)」をデバイス間で同期する「Whispersync」により、朝はスマホ、昼はPC、夜は専用端末で--とデバイスをまたいだシームレスな読書体験を、特別な操作なしに楽しむことができる。
 3つの要素をまとめてみたのが図1だ。Kindle事業において、こうした「体験」こそが最も重視されていることは、専用端末内に収録されているジェフ・ベゾスCEOの手紙(ウェルカムレター)で知ることができる。この手紙は、Kindleが目指すサービスのあり方を端的に述べたもので、「Dear, Tomohiko(ユーザーの名前)」という呼びかけで始まる。
図1

◎ベゾスCEO「本読みが愛する、あの精神の王国へ」
 「キンドルは革命的な読書端末です……(中略)キンドルをデザインするにあたって最も重視したのは、キンドルがあなたの手の中で消え去り(disappear)、あなたの邪魔をしないこと、その結果あなたに読書を楽しんでもらうことです。私たちはあなたに、先進的な無線端末で読書をしていることを速やかに忘れ、本読みが愛する、あの精神の王国(mental realm)に飛び込んでいってほしいと願っています。そこでは外界は消え去り、著者の語る物語、言葉、思いだけが残るのです。ありがとう、そしてどうか楽しい読書を!……ジェフ・ベゾス Amazon.com 創設者&CEO」
 「電子書籍」の話題になると、どうしても個々の端末、個々の機能に注目が集まりがちだが、ベゾスの関心はそこにないことは明らかだ(9/6のイベントでも「人々はもうガジェットを求めていない。求めているのはよいサービスだ」と述べている)。
 「端末」「機能」ではなく「体験」の革新を目指したサービス、それがKindleという電子書籍サービスの特徴だ。となると、日本に住む我々として気になるのは、日本でのサービスがどれだけよい「体験」をもたらしてくれるのか、という点。実はこれまで得られた情報から判断すると、いくつかの不安材料が浮上する。以下、そのうち3つについて見てみよう。

◎不安その1 日本向けに販売されるのはどの機種?
 第一の不安は「どの機種が日本向けに販売されるのか」という点。Kindleの現時点でのラインアップは前ページ表1のとおり。このうち、どれが日本市場向けに提供されるのかが気になる。
 想定されるシナリオは2つある。1つはこれまでにKindleのサービスが展開された、英・仏・独・伊と同様に、米国市場で提供されているのと同じ機種が販売される、という可能性。もう1つは、日本語という(欧米諸国に比べれば)特殊な言語を扱う必要上、販売する機種を絞ってくる、という可能性だ。
 全機種を投入するならばいいが、絞ってくる場合は「どれに絞るのか」が課題となる。書籍の市場というのは各国の文化を反映して国によってそれぞれに特色を持つが、日本の場合、他国との違いが特に際立っている。コミックの存在だ。
 日本で刊行される出版物(書籍+雑誌)のうち、販売額で21.6%、部数では35.8%がコミックである(「2012年出版指標年報」)。 そのコミックを快適に読む端末としては、電子ペーパーのKindle端末はどれもやや力不足に思える。電子ペーパーはこの数年間少しずつ進化してきたが、それでも画像からなるページを、テンポよくめくって読むコミックの読書に適しているとまでは言えない。この点は液晶ディスプレイのKindle Fireに分がある。
 課題はディスプレイだけではない。Kindleの他の電子書籍サービスと比べた特徴として、「エンド・トゥー・エンド・サービス」志向であることが挙げられる。
 これは自らのサービスを、個々の機能の組み合わせではなく、できる限り1つにまとめて提供しようとするポリシーを指す。たとえば、電子書籍を買うときに、IDはAという事業者、課金はBという事業者、ビューワはCという事業者、コンテンツはDという事業者から提供を受けなければ買えないとしたら、それは利用者にとって煩雑に過ぎるだろう。
 PCの時代には、このようなコンテンツや利用の仕方が一般的だったが、PCと比べて入力や操作に制限のあるモバイルデバイスにおいては、複雑な入力や設定が必要なサービスは利用者に支持されない。そのためモバイルサービスおよび端末の提供事業者(プラットフォーマー)は、登録や認証、設定などをなるべく簡単にするため、これらをまとめて、一貫した形で(エンド・トゥー・エンドで)提供するようになる。
 エンド・トゥー・エンド・サービスは、これまで個々の機能を提供していた事業者から見ればプラットフォーマーが外部のプレイヤーを排除したクローズドなシステムを作ろうとしているように見えるし、コンテンツやサービスのサプライチェーンの上流や下流に土足で踏み入ろうとしているように見える。だが、プラットフォーマーによる統一的なサービス体験の提供が、利用者の利益にもなっていることも否定できない。
 ともあれ、AmazonのKindleは「書籍のiPod」を目指したと言われる通り、AppleのiOSエコシステムと同様、この意味で極めてクローズドなシステムになっている。
 その一つの表れが外部ストレージだ。「Kindle」シリーズは初代を除いて、外部ストレージに対応していない。一方、KoboのKobo TouchやSony ReaderはmicroSDスロットが用意されており、DRM(著作権管理)の施されていないファイルを自由に出し入れしたりすることもできる。
 Kindleはユーザー体験をAmazonの厳密なコントロールのもとに置くため、外部の事業者のコンテンツやサービスが、基本的に介在できない仕組みになっているのだ。
 FictionWiseなど、Kindleのドキュメントメール送信機能を使ってKindleエコシステムの外からKindle端末を利用するサービスもあるが、ごく一部である。

◎外部メモリカードが使えないことが足かせに?
 ともあれ、Kindleは外部メモリカードが使えない。このことが、日本市場では大きな足かせとなる可能性がある。コミックのコンテンツファイルは、文字のものと比べるとデータ量が膨大だからだ。
 ソニーの資料によると、2GBの内部ストレージを備える「Reader(PRS-T2)」には、文字ものの書籍だと最大約1300冊保存できるが、コミックだと約33冊しか入らないという。
 電子ペーパー版Kindleの内蔵ストレージは、Readerと同じく2GBだ。ということは、記憶できる書籍も同程度だと推察できる。外部ストレージに対応しているReaderやKobo Touchなら、足りなければmicroSDカードを差せばいい。だが、Kindleではそうはいかない。「書棚を持ち歩ける」ことが売りである電子書籍端末で、30冊そこそこというのは十分な容量とは言えない。

◎不安その2 ビューワはどうなるのか?
 内部ストレージの次に心配なのが表示品質だ。縦書き、ルビ、禁則など、日本語の文章のレイアウト(組版)は、欧米から見れば特異な部類に属する。
写真2
 日本国内でこれまでリリースされてきた電子書籍のビューワも、品質は様々。特に文字ものに関しては、最大手のシャープやボイジャーのビューワも、10年以上の長期間にわたって改善を重ねてきて、やっと今日のレベルに到達した、というのが実情だ。それでも、紙の書籍で実現されている組版がそのままデバイス上で再現できている、という水準にまでは至っていない。それほど日本の書籍の組版は複雑なことをやっている、ということでもある。
 Kindleは文字ものコンテンツに対してはAZWという専用のフォーマットを採用している(他にMOBI、TOPAZなどがある)。ビューワの開発をすべて自社で手がけているのか、それとも一部でも外部に発注しているのかは明らかではないが、もし全部自社開発だとすると、日本の出版事情をすべて勘案して、ある水準以上の組版品質を達成するのは、かなり難易度の高いタスクだと考えられる。逆に言えば、ビューワの出来は、Amazonがどれだけ日本市場を真剣にとらえているかを判断する試金石でもあるだろう。
写真3(デバイス選択)
 Amazonは7月、Kindle上での組版・表示をパソコン上でシミュレーションできるアプリ「Kindle Previewer」を日本語に対応させた(写真2)。Kindle Previewerは、EPUBのほか、MOBI、HTMLなどからファイルを変換することもできる。ファイルを読み込み、「デバイス」メニューから機器名を選択すると、選択したデバイス上での表示がエミュレートされる(写真3)。また「フォントフェース」メニューからフォントを「ゴシック」か「明朝」に変更することもできる。
 Kindleの自己出版プラットフォーム「Kindle Digital Publishing」とKoboの「Writing Life」でデビュー作を自己出版、Koboでは複数ジャンルの売り上げ1位になった藤井太洋氏の「Gene Mapper」を読み込み、変換させてみた。
 現在のところ、日本語の縦書きに対応しているのは「Kindle Touch」だけのようだ。写真4のように、パッと見では、まあままのレベルに達しているように見えるが、よく見るといくつかの問題点がある。
写真4
 まず、文字の縦横がそろっていない。「く」「り」は中心線から左にずれているし、「ら」「し」「で」などもよく見ると不自然だ。半角1字分開けることが一般的な行頭の「」(カギカッコ)が、空白なしで詰められている。
 デバイスを「Touch」同様日本市場への投入が予想されている「Kindle Fire」に切り替えると、さらに不自然さは増す(写真5)。
写真5
 縦書きにならないのは前述の通り。さらに行の終わりがそろっておらず、禁則もおかしい。「、」「。」だけでなく、「っ」「ょ」などの「小字」までもが禁則の対象になっているようだ。
 Kindle for Mac、Kindle Cloud Reader(ブラウザーベースのビューワ)でも試してみたが、いずれも同じような表示だった(写真6、写真7)。
写真6
写真7
 このように、現状手に入る材料で判断する限り、Kindleの日本語表示は日本で一般的に売られている紙の書籍にはもちろん、電子書籍にも及ばない品質であると予想されるのだ。
 なお、筆者は10月8日、Kindle Paperwhiteを入手した。セットアップで「日本語」が選択できるようになっており、「日本語」を選ぶと、UIやメッセージなどがすべて日本語になった。ここから考えると、日本で提供する機種のうちにKindle Paperwhiteが含まれていることは間違いないと思われる(写真は、Kindle PaperwhiteでGene Mapperを表示したところ)。

◎不安その3 品ぞろえはどうなるのか?
 不安のその3は、「品ぞろえ」だ。「Kindle Previewer」から見られる「Kindle出版ガイドライン」を読むと、推奨フォーマットとしてEPUB、HTMLなどが挙げられている。HTMLで電子書籍をハンドリングしている出版社は少ないと思われるので、入稿のためのフォーマットは、事実上EPUBということだろう。
 しかし、縦書き、ルビ、禁則など日本語独特の組版に対応したEPUB3(2011年10月に策定・発表)で作られた電子書籍は、.book、XMDFなど、それまで標準的に使われていたフォーマットのコンテンツと比べて数が少ない。
 7月2日、日本市場に進出したKoboは、アグリゲーションに際して、EPUBファイルのみというポリシーを採用したため、コンテンツの少なさに悩まされている。オープン当初は無料コンテンツを除くと実質1万点弱だった。
 その後、親会社である楽天の三木谷浩史社長は、『東洋経済』のインタビューに対して、7月中には3万点、8月中には6万点、年末までに20万点をそろえると明言したが、10月現在で無料の青空文庫1万点、ギターのタブ譜やウィキペディアの著者情報など、本とは呼びにくいもの約2万点を含めて、ようやく6万点に到達したところだ。
 ネット上では楽天の「公約違反」を非難する声がよく聞かれる。確かに「約束を違えた」という点ではその通りだが、日本語によるEPUB3書籍の制作は、楽天(Kobo)がアグリゲーションを始めるまで事実上されていなかったこと、またEPUB3の制作ワークフローについては、いまだにベストプラクティスが確立されておらず、手探りで作っている面も大きいことを考えると、「よくここまでこぎつけた」と評することも可能だ。
 さて、Kindleが入稿フォーマットとしてEPUBを採用しているということは、KoboによるEPUBアグリゲーションの苦戦が、そのままKindleでも再現される、ということを意味する。既存フォーマットからの一括自動変換など、何らかの特殊な手段を講じない限り、日本版Kindle StoreもKoboと同じく、数万点程度でスタートする可能性が高い。
 Amazon Kindleの米国向けサービスは2007年の第一世代Kindleの時でさえ約9万点、その後急速に増えて、現在は137万点を超える品ぞろえとなっている。リアル書店では、一般的な100坪程度の店でも5、6万点を並べて売っていると言われる。だとすると日本版Kindleは、Kobo同様、「市中の中規模本屋さん」レベルでスタートすることになる。
 もしそうなった場合、長年待ち望まれてきたサービスの日本上陸のあり方としては、ややさみしい情景となりそうだ。

◎まとめ
 以上、Kindle日本上陸を間近に控えて、日本の電子書籍市場発展の見地から、懸念される3点をまとめてみた。
 もう一度繰り返すと、(1)端末の内部ストレージ容量の少なさ、(2)ビューワの表示品質、(3)品ぞろえ、の3つだ。どれも高品質の電子書籍サービスにとっては重要な要素であり、Amazonは米国でのサービスにおいてはすべてクリアした状態でサービスを展開している。
 (1)についていえば、テキストが主体の米国の電子書籍は、Kindle内蔵ストレージだけでも、十分多数の本を持って歩ける。Kindleには「アーカイブ」機能があることも大きい。「アーカイブ」機能により、しばらく読まなかった本はKindle本体からは削除され、書名だけが「アーカイブ」フォルダ内で確認できる状態になる。
 読みたいときに「アーカイブ」フォルダ内の書名をクリックすればダウンロードされ、再度読書できる仕組みだ。つまり「書棚の整理整頓」が自動的に実行されるので、「書棚がいっぱいで本が入らない」という状態は事実上ない。「アーカイブ」機能はテキスト主体でデータ量の少ない英語の書籍では極めてうまくワークしている。しかしこの機能が、データ量の大きいコミックでうまく働くかは今のところ不明だ。
 (2)についていえば、ビューワの表示がエミュレーターと同じと仮定すると、かなり手を入れないと水準に達することができない、と思われる。
 ましてや米国でKindleの熱烈なファンとなっている「熱心な読者(avid readers)」に相当する、日本の本好きの支持を得ることはできないだろう。
 日本の出版物の品質は、世界的に見ても非常に高い。そうした印刷物に慣れた本好きの心をつかめなければ、日本市場での成功の前途に暗雲が立ち込めることともなろう。
 (3)については早期に10万点を超えないと、わざわざ専用端末を買ってまで電子書籍を利用するメリットが出ない。早い時期に点数を増やすためには、出版社との強固な協力体制を構築するとともに、自己出版プラットフォーム「Kindle Digital Publishing」の日本での展開を早めることも一法だろう。実際、Koboも、日本の自己出版プラットフォーム「パブー」のコンテンツを取り込み、提供書籍点数を増やした。
 AmazonのKindleは、既存の出版システムへの脅威であり「黒船」とみなす声も聞かれることも多かった。しかしここまで触れてきたように、革新的なアイデアを採用することで、米国においても何度も失敗してきた電子書籍ビジネスを離陸させた功績は大きい。日本への上陸により、Kobo、Sony Readerなどのライバルとの間にサービス競争が起きれば、電子書籍サービスの水準は全体として上がり、それは消費者(読者)の利益になる。
 最悪のシナリオは、米国よりはるかに低い水準でのサービスを展開し、「なんだ電子書籍とはこんなものか」というイメージが定着してしまうパターンだ。
 そうしたシナリオが実現しないことを望みたい。


◇Amazon Kindle Lending Library Hitting UK, Germany and France this Month
http://goodereader.com/blog/e-book-news/amazon-kindle-lending-library-hitting-uk-germany-and-france-this-month
(OCT 11, 2012 By Michael Kozlowski Good E-Reader)
 Amazon has announced today that the Kindle Owners Lending Library is hitting the United Kingdom, Germany and France later this month. With the launch of these new lending libraries later this month, the KDP Select fund has been increased by $100,000 to $700,000 in October, with a larger increase anticipated in November.
 If you have an Amazon Prime membership, you have the ability to borrow one free eBook a month. There are over 200,000 eBooks currently available and when you borrow a digital version, the author actually gets paid for it. Authors can now opt into these new countries when the service goes live, to insure they are appealing to the new markets.
 “The Kindle Owners’ Lending Library was launched less than a year ago in the US and customers are loving it,” said Russ Grandinetti, Vice President of Kindle Content. “It’s also been great for independent authors, who get to reach a whole new audience and make money in a new way, and now they’ll be able to reach even more readers around the world. We’re excited to bring the lending library to the UK, Germany and France.”
 The Lending Library originally launched in the USA in 2011 and no one knew how successful the program would be. Harry Potter, Hunger Games and many other popular books are available to be borrowed out. You can get eBooks for free directly on your Kindle e-Reader or Kindle Fire tablet.


◇E-Readers Push Toward the $0.00 Price Point
http://www.digitalbookworld.com/2012/e-readers-push-toward-the-0-00-price-point/
(October 10, 2012 Jeremy Greenfield, Digital Book World)
 We’re not there yet, but getting closer.
 German-based txtr has launched a tiny, stripped-down e-ink e-reader for ?9.90 ($12.82), subsidized by mobile carriers in the U.S., Europe and Asia that want to get into the e-book business. The price point smashes through the current low in the U.S., which is for the most basic Kindle reader: $69.
 With no wires, cables or WiFi, it runs on AAA batteries and readers put books on the txtr beagle using an Android (and soon iOS) app and a Bluetooth connection.
 Who might buy such a reader? Perhaps someone who is offered it with their new phone and contract and wants to use it at the beach, in the tub or by the pool without worrying about breaking it.
 If consumers are given free e-readers, then e-book prices ? low but still the target of consumer complaints ? may seem more attractive. So, when will we see a free e-reader? Best answer we’ve heard so far: soon.


◇National Federation of the Blind Sends Message to America’s Teachers
http://www.nfb.org/national-federation-blind-sends-message-america%E2%80%99s-teachers
(Wednesday, October 10, 2012 National Federation of the Blind)
NOOKs in the Classroom Discriminate Against Blind Students
 Baltimore, Maryland (October 10, 2012): The National Federation of the Blind, the oldest and largest nationwide organization of blind people and the leading advocate for equal access to education and technology, commented today on Barnes & Noble’s recently announced “Fall Educator Appreciation Week” promotion, which is designed to promote the use of the company’s NOOK e-readers in the classroom.
 Dr. Marc Maurer, President of the National Federation of the Blind, said: “We have a critically important message for America’s teachers and school administrators. We know that you are deeply committed to the full and equal education of all of your students, including those who are blind, as evidenced by your support of educational concepts like Universal Design for Learning. For this reason, we ask that you heavily consider the accessibility of technology when making decisions about whether to incorporate it into the classroom. Technologies that are fully accessible to the blind will also benefit other students who cannot read print or have difficulty doing so, including students with certain learning disabilities and those whose native language is not English. Federal law requires, and blind students and their parents demand, that the technology that is used in the classroom provide the same content and the same benefits to blind students as to all other students. The Barnes & Noble NOOK e-readers available to date do not currently meet this standard, nor do we have evidence as to whether the newest product line, which begins shipping this fall, will do so. Please stand up for your students and join us in demanding that Barnes & Noble make the necessary changes to its e-reading devices so that they can be used by all students. Until it does so, please tell Barnes & Noble that these devices are not appropriate educational tools.”


◇スタジオジブリ - STUDIO GHIBLI - ジブリの小冊子『熱風2012年10月号 電子版』インターネット配信のお知らせ
http://www.ghibli.jp/10info/007788.html
(2012年10月10日 『熱風』編集部)
 『熱風』10月号は、今号に限り筆者の了解を得たコンテンツを電子配信します。
以下の注意事項をお読みの上、ダウンロード下さい。
『熱風2012年10月号電子版』(PDF) http://www.ghibli.jp/docs/neppu.pdf(5.9MB)
『熱風2012年10月号電子版』(EPUB) http://www.ghibli.jp/neppu02.epub(6.9MB)
◎配信期間は2012年10月10日10時ごろより2012年11月9日18時までです。
◎コンテンツ内容の無断転載、リンク等を禁じます。
◎編集部ではダウンロード方法等のテクニカルな内容に関しての質問にはお答えできません。
◎『熱風電子版』は『熱風』の一部コンテンツを配信したものです。電子版だけのオリジナルコンテンツは含まれておりません。
◎ 御使用の端末、ビュアー、表示設定によっては、特殊文字や改行が正しく表示されない場合がございます、御了承下さい。


◇個人作家向けの電子書籍決済代行ベンチャーにまたまた新顔、米Ganxy.comがオープン
http://hon.jp/news/1.0/0/3765/
(2012-10-10 10:57:54 hon.jp Day Watch)
 GumroadやPayhipなど、活気が帯びて来た個人作家向け電子書籍決済サービスに、またまた新顔「Ganxy.com」が登場した。
 Ganxy.com(本社:米国ニューヨーク州)は、Paypalやクレジットカード決済に対応した個人作家向けの決済代行インフラで、作家は自身のブログやFacebookページ上で直接電子書籍ファイルが販売可能になる。さらに大手電子書籍販売サイトへのリンクも自由に設置でき、ネットプロモーション機能に重点に置いているのが特長となっている。【hon.jp】
◎米Ganxy.comのサイト( http://get.ganxy.com/ )


◇個人作家は注目、ポストAmazon・Apple時代の最有力候補「言い値で買っていいよ」電子書籍販売モデル
http://hon.jp/news/1.0/0/3768/
(2012-10-10 12:43:31 hon.jp Day Watch)
 ここ数ヶ月、Apple社やAmazon社のタブレット合戦が電子書籍業界を賑わせているなか、米国の一部関係者の間で“ポストApple・Amazon時代”の最有力候補としてPay-what-you-want(言い値で買っていいよ)電子書籍販売モデルへの注目度が急上昇している。
 今年に入り、米国ではさまざまな小売業界でこの“言い値”販売モデルを使ったベンチャーが登場している。電子書籍業界に絞れば、たとえば米paidContent.orgサイトでも昨日、この“言い値”販売モデルに着目した新興ベンチャーHumble Bundle社(本社:米国カリフォルニア州)とStoryBundle社(同)のサービス開始を紹介している。
 “言い値”販売モデルは、一般常識からすると赤字必至のビジネスモデルだと思われるが、実際には売り手が、ある一定の制限条件さえ設ければ、価格交渉権を放棄することで均衡価格の混合状態(もしくは確率的プリズム効果)を引き起こし、利益率が高くなるという報告も出始めている。
 個人作家にとっては、エンドレスな価格競争から解放されるという他のコストメリットもあるので、Gumroad等で試してみると面白いかもしれない。【hon.jp】
◎paidContent.orgの記事( http://www.mediabistro.com/appnewser/humble-bundle-offers-pay-what-you-want-ebooks-from-cory-doctorow-paolo-bacigalupi-more_b27391 )


◇「出版という名の宇宙は拡大し続けている」 フランクフルト・ブックフェア2012開幕
http://current.ndl.go.jp/node/22030
(2012年10月10日 カレントアウェアネス・ポータル)
 2012年10月10〜14日にドイツのフランクフルトにおいて、出版界最大のイベントである“フランクフルト・ブックフェア2012”が開催されます。10月9日に開かれたプレスカンファレンスの場で、フランクフルト・ブックフェアの責任者Juergen Boos氏は「出版業界には日々新たなプレイヤーが参加し、新たな関係・アイディア・ビジネスモデルが生まれ続けている」と述べ、これを出版界の“ビッグ・バン”と形容しています。また、出版界の変化が特に顕著なのが児童とヤングアダルト向けのメディア部門であるとし、今年のブックフェアではこの領域がトピックとされています。
◎The publishing universe is expanding (Frankfurt Book Fair 2012/10/9付けの記事) https://en.book-fair.com/fbf/journalists/press_releases/fbf/detail.aspx?PageRequestId=d779bca3-ace2-47c8-8a49-03e7ec63fff2&c20f0587-85d5-44d3-a9a4-eb75d0c6143b=e15ae150-d3f5-406e-bd95-b4a5d2e016fb
◎Frankfurter Buchmesse (Frankfurt Book Fair) http://www.book-fair.com/en/


◇米3M社がReadersFirst運動への支持を表明、電子書籍サービスのAPI提供や契約終了時のコンテンツ移行への協力により
http://current.ndl.go.jp/node/22036
(2012年10月10日 カレントアウェアネス・ポータル)
 米国の3M社が、公共図書館における電子書籍サービスの改善を呼びかける運動“ReadersFirst”を支持するという姿勢を打ち出しました。具体的には、同社の電子書籍サービス“3M Cloudl Library”について、(1)既に提供しているAPIによって紙書籍と電子書籍の統合検索などが実現できること、(2)3M社から他の電子書籍ベンダのサービスに移行する際には(出版社の了解が得られれば)コンテンツの移行に協力すること、を紹介しています。
◎3M Announces Support for ReadersFirst Initiative(3M 2012/10/9付けプレスリリース) http://news.3m.com/press-release/company/3m-announces-support-readersfirst-initiative
◎ReadersFirst http://readersfirst.org/


◇米Aptara社が電子書籍市場レポート「出版社が保有するコンテンツの半数以上がまだ電子化されていない」
http://hon.jp/news/1.0/0/3761/
(2012-10-09 14:57:11 hon.jp Day Watch)
 電子教科書制作ソリューション企業Aptra社(本社:米国ヴァージニア州)は現地時間9月19日、3年ほど前から業界誌「Publishers Weekly」と毎年共同実施している、米国内の出版社を対象とした電子書籍市場アンケートの概要を発表した。
 Aptra社は、McGraw-Hill社やPearson社など、大学・大手メディア・出版・情報サービスなど向けにコンテンツ制作ソリューションを提供している出版業界専門の中堅システムサービス会社。今回公開されたのは「4th Annual eBook Production Survey」というアンケート調査レポートで、メールアドレス登録したらPDF形式でダウンロード可能となっている。
 内容によると、従来どおりAmazon Kindle経由での売上が圧倒的に大きいものの、多くの出版社がApple社への作品供給を急速に増やしているなど、最近の現地事情がよくわかるようになっている。しかし、中でももっとも興味深いのは「出版社が保有する過去作品群の半数以上がまだ電子化されていない」という部分で、日本国内同様、絶版書の多くがまだ棚の奥で眠ったままの状態であることがよくわかる。【hon.jp】
◎Aptara社のプレスリリース( http://www.aptaracorp.com/news/article/survey-documents-growth-of-ebook-publishing-business/ )


◇Map of the Publishing World Favors U.S., China, Germany, Japan
http://www.digitalbookworld.com/2012/map-of-the-publishing-world-favors-u-s-china-germany-japan/
(October 8, 2012 Digital Book World)
 A new report ranking countries by annual publishing market value has the U.S., China, Germany and Japan in the top four spots out of 20 that were tracked.
 The report, published by the International Publishers Association and compiled by Rudiger Wischenbart Content and Consulting, a book publishing industry consulting firm, pegs publishing market value for those 20 countries at an annual total of about ?106 billion ($138 billion).
 The U.S. is estimated in the report to represent about 30% of that market with the next highest country, China, representing about 10%.(Chart below.)
 If the world map was based on the sizes of publishing markets (and not geography), it would look a little something like this:


◇StoryBundle Posts Second Series of DRM-Free Titles
http://goodereader.com/blog/electronic-readers/storybundle-posts-second-series-of-drm-free-titles
(OCT 06, 2012 By Mercy Pilkington Good E-Reader)
 StoryBundle, the program that launched earlier this year that lets readers pay whatever they think is fair for a group of five to seven indie ebook titles, has now (its second bundle. This series of five books, plus two bonus books to readers who pay seven dollars or more, is a grouping of thriller titles under the name “The Second Degree Bundle.”
 As DRM-free books, consumers can read the titles on any portable device that supports digital reading by paying through a variety of platforms, including PayPal, Google, and Amazon. For a minimum of one dollar, readers receive five titles which include Black Bird by by Greg Ensien, Blood Red Turns Dollar Green by Paul O’Brien, Diary of a Small Fish by Pete Morin, The Marinara Murders by Erik Hanberg, and Dire Means by Geoffry Neil. For a minimum of seven dollars, consumers receive the five bundled titles along with two extras, Project Moses by Robert Lowe and The Saints Go Dying by Erik Hanberg.
 Fans of the StoryBundle site can opt to receive updates when new bundles become available, but one of the most interesting features of the site is a small check box at the bottom that allows readers to donate to charity while making their bundle purchases. This act of doing financial good seems to be in alignment with the concept behind StoryBundle, which is essentially trusting the consumer to recognize that artists are deserving of consumer support for their craft.



◇大学図書館のユニバーサルデザインについての書籍を刊行
http://current.ndl.go.jp/node/22007
(2012年10月5日 カレントアウェアネス・ポータル)
 米国図書館協会(ALA)が、利用者志向の図書館デザインに関する大学図書館向けの書籍“Universal Design: A Practical Guide to Creating and Re-creating Interiors of Academic Libraries for Teaching, Learning, and Research”が刊行されたことについて、プレスリリースをだしています。
 ALAのプレスリリース及び公開されている序文等の情報によると、この書籍は、ユニバーサルデザインのベストプラクティスやガイドラインを示しつつ、現在・未来の利用ニーズに合ったラーニングスペースのデザインの在り方等について実践に役立つ内容になっているとのことです。
 著者はミズーリ州のセントルイス大学図書館の副館長であり、2004年のLibrary Journal Mover & Shakerにも選ばれたことのあるGail M. Staines氏です。
◎Universal design for academic libraries(2012/10/3) http://www.ala.org/news/pr?id=11568
◎Universal Design(目次・序文掲載) http://www.neal-schuman.com/universal-design


◇Microsoftが3億ドル出資する電子書籍企業NOOK Media誕生 Barnes & Nobleの子会社として
http://ebook.itmedia.co.jp/ebook/articles/1210/05/news031.html
(2012年10月05日 11時42分 更新 eBook USER 佐藤由紀子,ITmedia) 
 米大手書店Barnes & Nobleは10月4日(現地時間)、4月に発表した米Microsoftとの戦略的提携により、新子会社NOOK Mediaの設立を発表した。
 NOOK Mediaは、Barnes & Nobleの電子書籍リーダー「NOOK」関連事業と大学事業をスピンアウトさせた子会社。Microsoftが3億ドル出資し、NOOK Mediaの持ち株比率はBarnes & Nobleが約82.4%、Microsoftが約17.6%となる。
 4月の発表時に、この提携でWindows 8向けNOOKアプリを提供する計画も明らかになっているが、今回の発表ではそれ以上の具体的な取り組みについては言及されなかった。
 Barnes & Nobleのウィリアム・リンチCEOは発表文で、「われわれは、新たなパートナーであるMicrosoftと密に協力し、数百万人のWindows 8のユーザーに素晴らしい読書体験と傑出した電子書籍ストアを提供することを楽しみにしている」と語った。
 NOOKは、Barnes & Nobleが米Amazon.comの「Kindle」に対抗すべく2009年に立ち上げた電子書籍事業。電子書籍リーダーやタブレットなどのハードウェア、モバイル端末向けリーダーアプリ、電子書籍ストアNOOK Bookstoreを扱う。NOOK Bookstoreでは現在、300万タイトル以上の電子書籍を提供している。


◇EPUB 3の国際標準化に向けた日本側の活動が資金難、日本電子出版協会が募金を呼びかけ
http://current.ndl.go.jp/node/22013
(2012年10月5日 カレントアウェアネス・ポータル)
 日本電子出版協会(JEPA)が、電子書籍フォーマット“EPUB 3”のISO/IECでの国際標準化活動に対する資金援助を呼びかけています。理由として、韓国が“fast-track submission”による迅速な手続きでの標準化を国家提案したために、日本側は政府の支援がすぐには受けられず、国際会議出張や仕様策定作業の資金が不足しておりこのままでは撤退するしかない状態にあると説明されています。
◎EPUB国際標準化支援募金(JEPA) https://sites.google.com/site/jepasite/epub/iso-iec
◎EPUB 3のISO国際標準化作業で、日本が資金難による離脱の可能性。JEPAが支援募金を呼びかけ(Publickey 2012/10/5付け記事) http://www.publickey1.jp/blog/12/epub_3isojepa.html


◇米グーグル、電子書籍化めぐる訴訟で大手出版社と和解
http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPJT821259620121004
(2012年 10月 5日 ロイター)
 電子書籍化をめぐる著作権侵害訴訟で、米インターネット検索大手グーグル(GOOG.O: 株価, 企業情報, レポート)と大手出版社が和解し、7年越しの裁判に決着がついた。
 それによると、グーグルが推進する「図書館プロジェクト」における書籍電子化をめぐり、米出版社らは参加を選択することが可能との見解で一致した。
 和解の詳細については明らかにされていない。
 AAPの社長兼最高経営責任者(CEO)を務めるトム・アレン氏は声明で「これにより、デジタルサービスによるコンテンツ検索の革新的な手段の提供が可能になると同時に、著作権者の権利も尊重される」と述べた。
 裁判をめぐっては、AAPに加盟するマグロウヒル・カンパニーズ(MHP.N: 株価, 企業情報, レポート)、ピアソン・エデュケーション(PSON.L: 株価, 企業情報, レポート)、米ペンギン・グループ、ジョン・ワイリー・アンド・サンズ、サイモン・アンド・シュスターがグーグルを相手取り、訴えを起こしていた。
 今回の和解は、グーグルと米作家協会との裁判には影響しない。


◇Amazon.co.jp、日本国内向けKindle Fireアプリ開発者ポータルを公開、電子書籍端末の発売前の最終準備
http://hon.jp/news/1.0/0/3752/
(2012-10-04 14:15:30 hon.jp Day Watch)
 Amazon社(本社:米国ワシントン州)は日本時間10月4日、電子書籍タブレット「Kindle Fire」シリーズ日本国内版の発売に向け、アプリ開発者向けポータルをオープンした。
 Amazon社の電子書籍端末には、大きく分けて電子ペーパー型「Kindle」と液晶タブレット型「Kindle Fire」の2シリーズがあるが、今回公開されたのは後者向けの日本人アプリ開発者向けポータル。Kindle Fireシリーズは、Android OSを独自改造したOSを搭載しているため、独自APIやエミュレータ環境なども用意される。
 Amazon.co.jpによると、年内にもアプリ販売が可能になるとのこと。英語版のアプリ開発者ポータルは、すでに昨年1月にオープンしている。【hon.jp】
◎Amazon.co.jpのプレスリリース( http://www.amazon.co.jp/gp/press/pr/20121004 )


◇ロンドンの女性図書館がLSEで存続決定 2013年に一般公開
http://current.ndl.go.jp/node/21988
(2012年10月3日 カレントアウェアネス・ポータル)
 予算削減の影響で維持が困難になったとしてその蔵書等の引き取り先を検討していた、ロンドン・メトロポリタン大学の女性図書館(Women's Library)が、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE)へ場を移し、存続することになりました。1926年に女性サービスのためのロンドン協会(London Society for Women’s Service)の図書館として開設された女性図書館は、女性史等に関する資料を多数所蔵する図書館として知られています。LSEは今後、女性図書館の資料の更なる充実化と資料のデジタル化公開等に取り組むとし、2013年に同館を一般に公開するとしています。
◎The Women's Library @ LSE http://www2.lse.ac.uk/library/news/Womens-Library.aspx
◎The Women's Library http://www.londonmet.ac.uk/thewomenslibrary/
◎LSE to be new home for the Women's Library (London Metropolitan University) http://www.londonmet.ac.uk/news/news-releases/2012-press-releases/new-home-for-the-womens-library.cfm


◇富士フイルム、固定レイアウト専用のEPUB3電子書籍オーサリングソフト「GT-EpubAuthor for Fixed Layout」を発売
http://hon.jp/news/1.0/0/3745/
(2012-10-02 12:03:49 hon.jp Day Watch)
 富士フイルム株式会社(本社:東京都港区)は10月1日、コミック作品など固定レイアウト型のEPUB電子書籍を制作するためのWindowsソフト「GT-EpubAuthor for Fixed Layout」を発売した。
 本ソフトは、同社が販売する法人向け電子書籍・コミック制作ソリューション「GT」シリーズの最新商品で、コミックや電子雑誌など固定レイアウト型のEPUB3電子書籍ファイルを制作する必要があるユーザーに特化したオーサリングソフト。海外プロダクションへの配備などを考え、英語メニュー表示にも対応し、左右ページ進行方向、画像内リンク設定、目次設定機能などを搭載する。
 価格はオープンプライスで、動作にはWindows 7 Professional SP1(64bit)以降が必要(USBドングル付き)。【hon.jp】
◎富士フイルムのプレスリリース( http://www.fujifilm.co.jp/corporate/news/articleffnr_0697.html )


◇インプレスR&D調べ:電子書籍ストア、業界人には「紀伊國屋書店BookWebPlus」が人気
http://ebook.itmedia.co.jp/ebook/articles/1210/02/news056.html
(2012年10月02日 14時20分 更新 eBook USER)
 インプレスR&Dが、電子書籍ストアの利用率調査を、電子出版業界向けEPUBマガジン「OnDeck weekly」の読者に対して実施。最も利用されていたのは「紀伊國屋書店BookWebPlus」。一方で、日本未上陸の「Kindle」への期待も相当に高い。
◎電子書籍ストアの利用状況
 インプレスR&Dは、電子書籍ストアの利用率に関する調査結果を10月1日に発表した。同社が発行するEPUBマガジン「OnDeck weekly」の読者を対象にした調査で、購読層は電子出版産業に携わるユーザーだ。実施期間は9月18〜20日で、有効回答数は661件。
 電子書籍ストアの利用状況について「現在、利用している」と回答した人が最も多かったのは、全体の13.0%を占めた「紀伊國屋書店BookWebPlus」だった。2位は7月にサービスを開始した「楽天kobo」で8.6%、3位はソニーが運営する「Reader Store」で7.1%。koboは国内サービス開始から2カ月程度しか経っていないが、早くも上位にランクインした。
 koboとReader Storeは電子ペーパーを採用した専用端末でのサービスを提供。紀伊國屋書店BookWebPlusも電子書籍専用端末「Reader」に対応している。このように、専用端末でサービスを使えるストアが上位を占めていた。
◎「Kindle」の電子書籍ストアに対する関心度合い
 また、外資系電子書籍ストアへの関心度合いも調査。Amazonが運営する「Kindle」への関心が非常に高いことが分かった。日本でサービスを開始した場合「すぐに利用する」と回答した人は30.4%で、紀伊國屋書店BookWebPlusの利用率を大幅に上回っていた。
 なお、この調査結果は10月1日に発行した「OnDeck monthly 2012年10月号」に掲載している。また、今回の調査を含め過去3回実施した電子書籍ストアの利用率調査結果をまとめた「OnDeck電子書籍ストア利用率調査レポート(仮)」を10月に発売する予定だ。


◇E-Books in Libraries: Ownership Versus Access
http://www.digitalbookworld.com/2012/e-books-in-libraries-ownership-versus-access/
(October 2, 2012 Jeremy Greenfield, Digital Book World)
 Simmering all last year, the disagreements between libraries and publishers have broken into a rolling boil. After trading angry letters, associations representing publishers and librarians had a face-to-face tete-a-tete which I don’t think did too much to repair relations. (Although the library delegation feels more positively about it, which I think is a good thing.)
 While it’s an issue that librarians say is of crucial importance to them, it’s not one that’s of great economic importance to publishers at this point. (That’s not to say it’s of no economic importance or that it couldn’t become an issue of great economic importance down the road; it’s just to say that right now, publishers are able to survive in the marketplace without selling e-books to libraries.)
 Still, I believe publishers want to develop libraries as a viable sales (and marketing) channel for their e-books. They just want to do it in a way that’s most profitable to them while serving the marketplace.
 Publishers, by their actions, seem to be demonstrating this by steady, albeit too slow for some, movement toward more e-book access for libraries. For instance, it just came out that by year’s end Penguin will extend its e-book lending pilot through 3M to all of the vendor’s clients (about 70 in all). It’s a small step but, like all steps in this market, symbolic.
 That said, I think some aspects of the discussion around libraries and e-books aren’t being fully explored or looked at in all possible useful ways. For instance, take this really interesting comment on this post about the ALA/AAP meeting, which brings up for me a way of thinking about it that I hadn’t considered before.
 From Diane Bronson, collection development coordinator at Live Oak Public Libraries:
 Why are librarians so hung up on ownership when we will never own digital media anyway? What we should be concerned with (and I cannot understand why ALA can’t see this) is ACCESS.
 We have never whimpered and whined about owing the databases to which we all so readily subscribe. That model of digital access has been in front of our noses for the last 30 years and yet we are busily trying to stuff the square peg of ownership into the round hole of librarie’s historical access to printed materials! Well, folks, these are NOT physical objects and its time we stopped trying fit our models for accessing physical objects into the reality of digital.
 The only reason libraries ever needed to own books was so we could provide ACCESS to them! Ownership was simply the only way to provide access to physical objects like books, DVDs, cassettes, etc. Now we don’t need to own them anymore ? we just need to provide access at a fair and reasonable cost, one which will compensate authors and publishers for their work and allow libraries to provide access to digital books in an affordable manner.
 Subscription access is a model that has worked for decades for libraries. Why is ALA (and the rest of the world, for that matter) ignoring this option? Freading is the only model out there for ebooks (that I’ve found) giving libraries and their patrons the best of both worlds. Easy access to thousands of ebooks at a reasonable cost PER USE. Our library subscribes and I can’t think of a more economical model for libraries or publishers.
 Publishers provide a list of all of their digital materials. They range from bestsellers to years-old backlist titles. Library users browse the contents and download whatever they find interesting. The library pays a small charge (ranging from $0.50 to $2.00 depending on the title) for each use.

◎Who wins? EVERYONE.
 Publishers get to chance to promote and profit from their entire list ? not just the few titles libraries can afford to buy at inflated prices. Publishers and authors get paid, often for titles they wouldn’t have a hope of selling to libraries under current models.
 Library users get a large choice of titles, not just the limited number that libraries can afford to make available under current models.
 And libraries get instant access to large collections of ebooks ? without having to reinvent their entire library collections, selecting every title individually, spending precious library staff time and tax dollars at a rate of 2 or 3 times the list price of a print book, and taking the chance that no one will want it after all that. Access fees are paid only when a book is actually downloaded. No platform charges, no set-up fees, just the cost per download.
 Can cash-strapped libraries ask for a better deal that this? Can publishers? Why are we both ignoring a successful business model that’s been satisfactorily in use for years? Can someone explain this?
 I feel as if the entire library world has just discovered audio CDs, and is trying to figure out how to make them work on a cassette player.
 I love this idea for a model and especially the kicker. You go, Diane!
 What do you all think? Is this a good idea? Is there a good reason why it wouldn’t work?


◇10月1日、改正著作権法が一部施行
http://current.ndl.go.jp/node/21954
(2012年10月1日 カレントアウェアネス・ポータル)
2012年6月に可決された改正著作権法の内容は以下の5つから構成されていますが、そのうち(3)から(5)の規定が10月1日より施行されます。
(1)いわゆる「写り込み」等に係る規定の整備
(2)国立国会図書館(NDL)による図書館資料の自動公衆送信に係る規定の整備
(3)公文書館等の管理に関する法律等に基づく利用に係る規定の整備
(4)著作権等の技術的保護手段に係る規定の整備
(5)いわゆる「違法ダウンロードの刑罰化」
(1)および(2)については2013年1月1日施行です。
◎今日からDVDリッピング禁止、違法DLに刑罰も〜改正著作権法が一部施行(INTERNET Watch 2012/10/1付け記事) http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20121001_561966.html
◎文化庁、「改正法Q&A」など2012年著作権法改正についての解説ページを公開 http://current.ndl.go.jp/node/21360
◎E1303 - 2012年著作権法改正:図書館・公文書館の関係規定について http://current.ndl.go.jp/e1303
◎国立国会図書館による絶版資料の図書館等への自動公衆送信等を含んだ改正著作権法が成立 http://current.ndl.go.jp/node/21166


◇札幌市中央図書館、地元出版社と共同で電子書籍作成講座を実施へ
http://current.ndl.go.jp/node/21956
(2012年10月1日 カレントアウェアネス・ポータル)
 2012年9月28日に、札幌市中央図書館は、電子書籍への理解を深めることを目的として、札幌の出版社である株式会社柏艪舎とともに「電子書籍作成講座」を開催すると発表しています。講座は2012年11月17日から2013年1月26日まで三回にわたって開催され、作成された電子書籍は図書館内での閲覧およびインターネット上の電子図書館システムで貸出や閲覧に活用されるとのことです。現在、参加者の募集が行われています。
◎電子書籍作成講座参加者募集のお知らせ(平成24年10月11日〜10月30日) (札幌市の図書館 2012/9/28付けの記事) http://www.city.sapporo.jp/toshokan/elib/kouza_120926.html


◇Amazon・米国ソニー・Googleも電子書籍ビューワーへの採用を検討、読字障碍者向け無料フォント「OpenDyslexic」
http://hon.jp/news/1.0/0/3743/
(2012-10-01 15:16:30 hon.jp DayWatch)
 英国の通信関連ニュースサイト「total」によると、米Amazon、Sony、Googleなどの電子書籍ベンダー大手が、読字障碍(ディスレクシア)ユーザー向けの無料フォント「OpenDyslexic」の採用を検討しているとのこと。
 ディスレクシアとは、脳内で起こる学習障碍の1つで、印刷文字の識別がうまくできないという症状を引き起こす。とくに西洋圏では全人口におけるディスレクシア人口の比率が高いとされており、電子書籍端末の使用では、人工音声朗読(Text-to-Speech)にたよるユーザーも多いとされている。
 9月にAbelardo Gonzalez氏によってCreative Commonsライセンス下でオープン公開されたOpenDyslexic-boldフォントは、アルファベット文字を下層に行くほど太字にすることで、識字負荷を減らすデザインとなっており、多くの教育機関が採用を始めているとのこと。【hon.jp】
◎英totalの記事( http://www.total-ltd.co.uk/blog/opendyslexic-font-helps-users-to-read-online-content/ )


◇NYPL, BPL, 3M Officially Launch Penguin Ebook Pilot Test
http://www.thedigitalshift.com/2012/10/ebooks/nypl-bpl-3m-officially-launch-penguin-pilot-test/
(October 1, 2012, By Matt Enis, The Digital Shift)
 The 3M Cloud Library, the New York Public Library (NYPL), the Brooklyn Public Library (BPL), and publisher Penguin Books have officially launched a pilot program that will allow patrons of the two systems to check out a selection of Penguin ebook titles six months after initial publication. NYPL will also offer additional titles from the 3M cloud library, the company said in an announcement today.
The pilot was first announced in June, four months after Penguin terminated its contract with OverDrive and, as a result, effectively stopped selling new ebook content to libraries.
 In a recent interview, Christopher Platt, NYPL director of collections and circulation operations, said that the initial launch of the test would be relatively quiet on NYPL’s end.
 “As we would with any new distributor, we’ll start kind of small and make sure it’s working the way we want it to, and developing in the direction that we want it to develop…we don’t want to do a huge marketing push, only because we’d get 50,000 people interested in a few hundred titles, and we would have holds lists a mile long,” he explained.
 The details remain the same: Penguin will make ebooks available for the libraries to purchase six months after initial publication on an annually renewable basis. Patrons will be able to access and check out these ebooks offsite using a 3M Cloud Library app on devices including iPhones, iPads, Nooks, and Android devices.
 After the initial announcement, Anthony Marx, NYPL president, called the partnership “a powerful first step toward libraries and publishers working together to build a model that meets the needs of our ever-changing society. As ebooks grow in popularity, libraries nationwide have faced diminishing access to that content. As such, the library is determined to work together with publishers and authors to craft a fair way to ensure ebooks are available to libraries and their users.”
 After the initial June announcement, then-president of the American Library Association Molly Raphael also praised the plan, saying “I applaud Penguin’s decision today to re-start e-book sales to libraries so that we may again meet our mutual goals of connecting authors and readers. This has been at the core of ALA’s outreach to Penguin and other major publishers over the past six months, and I am thrilled they are willing to try new business models in collaboration with libraries. This is an important development in our evolving relationship with publishers and intermediaries… I hope we’ll be hearing more announcements like this very soon.”
 If not precisely ‘very soon’ thereafter, Macmillan did confirm in September that the company is also working on a pilot project that will test lending of its ebook titles at libraries.


◇IDPF to Create EPUB3 Test Suite for E-Readers
http://www.digitalbookworld.com/2012/idpf-to-create-epub3-test-suite-for-readers/
(October 1, 2012 Digital Book World)
 The International Digital Publishing Forum, a standards organization for the digital book publishing industry and champion for the EPUB3 e-book format, will be releasing a test suite for e-readers to determine how EPUB3 compliant they are.
 The move is part of a larger campaign by the IDPF to make EPUB3, an e-book format built on the ubiquitous website coding language HTML-5, the standard format for e-books. While many publishers have come out in support of standardization and of the EPUB3 format in particular, popular retailers that have to build their e-readers to support functionality that EPUB3 allows have yet to universally adopt both the concept of standardization and any particular format.
 When loaded onto a particular e-reader, say iBooks, which supports much of EPUB3 functionality, the test suite will tell the user what EPUB3 functionality the e-reader supports, what functionality it doesn’t and to what degree.
 While the iBooks platform supports much of EPUB3, said IDPF executive director Bill McCoy, it doesn’t support some parts of Javascript and other EPUB3 features, for instance. The new test suite, if used on iBooks, would reveal that.
 “EPUB3 adoption will evolve based on the business constraints of the retailers and publishers,” he said, adding that the test suite is only one of the initiatives that the IDPF is working on.
 In addition to iBooks, both Google and Kobo e-readers support some parts of EPUB3.



> TOP
◇Freedom Scientific、JAWS 14の新機能Flexible Webのデモを公開
http://accsell.net/clipping/freedom-scientificjaws-14flexible-web.html
(2012年9月30日 AccSell 中根雅文)
 Windows用スクリーン・リーダーのJAWSを開発する米国Freedom Scientific者は、JAWSの次期バージョン14で搭載する新機能、Flexible Webについて、先頃配信されたポッドキャストの中で紹介した。Flexible Webは、Webページを開いた際により簡単にメインのコンテンツに到達し、また不要な情報を読み飛ばすことを可能にするためのカスタマイズ機能だ。
 ポッドキャストの中で紹介されていたデモによると、ユーザーによって以下のようなカスタマイズを行うことができるようになるという。
 ページ中の特定の要素を無視する。
 ページを開いた直後、特定の要素から読み上げを開始する。
 こういったルールを特定のページに対して、特定のサイト中の全てのページに対して、あるいは全てのサイトの全てのページに対していくつでも設定することができるようになっている。
 ルール設定には専用のウィザード式のインターフェースが用意されており、ウィザードを開いた時に仮想PCカーソル*がある位置に応じた選択肢が提示されるようになっている。例えば、仮想PCカーソルがframe要素の上にあれば、特定のIDのframeだけを無視するか、全てのframeを無視するかなどの選択肢が提示されるといった具合だ。
 また、例えばh1要素の上に仮想PCカーソルがある時にウィザードを実行し、読み上げ位置の指定を選んだ場合には、最初のh1要素、h1要素でないようのテキストが特定のもの、h1要素でclass属性が特定のもの、などを含むいくつかの選択肢が提供されるようになっているという。
 この設定を行い、有効になっているページにアクセスした場合、アクセス直後に指定の位置からの読み上げが自動的に始まり、無視するように設定された要素についてはその存在そのものがユーザーには伝わらなくなるようだ。 (ただし、一時的に設定をオフにすることなどは可能のようである。) デモを含めた説明を聴く限りでは、ページ上部のナビゲーションのようなリンク、広告、各種ソーシャル・メディアへの共有のためのボタンなどを容易に読み飛ばし、そのページが提供している情報をより効率的に得られるようにする機能という位置づけであるようだ。
 今後他のスクリーン・リーダーが同様の機能を実装するかどうかという点が注目されると同時に、このような機能がなくとも効率的な情報アクセスを実現できるようなWebページの製作手法についての検討が進められることにも期待したい。
 なお、デモにおいてはInternet Explorerが用いられていたが、他のブラウザーでも同様に利用できる機能かどうかという点については言及がなかった。
注:
仮想PCカーソル
JAWSで用いられる用語で、Webページなどを読む際に、読み上げに用いるためのカーソル (ポインター) を指す。仮想PCカーソルは、キャレットやマウスカーソルとは独立した存在で、これらの位置には関係なく、ユーザーがその時読んでいる箇所を指している。
◎当該のポッドキャスト: FSCast Episode 70, September 2012 http://www.freedomscientific.com/FSCast/episodes/fscast070-september2012.asp


◇経済産業省「コンテンツ緊急電子化事業」、現在の電子書籍ファイル制作達成状況をサイト上でグラフ表示
http://hon.jp/news/1.0/0/3737/
(2012-09-28 11:10:44 hon.jp DayWatch)
 日本出版インフラセンター(本部:東京都新宿区)は9月27日、経産省「コンテンツ緊急電子化事業」を活用した紙書籍の電子化費用の一部負担について、現在のプロジェクト進行状況をサイトトップでグラフ表示した。
 「コンテンツ緊急電子化事業」とは、東日本大震災からの復興の一環として、国が中小出版社の東北関連書籍をはじめとする書籍等の電子化費用の一部を負担するというもの。公式サイトは4月からオープンし、作品の申請受付や制作会社の公募等を行なっている。
 9月27日付けのグラフによると、想定申請タイトル数は現在41,549点で、補助金達成率は3.94%とのこと。【hon.jp】
◎緊デジ.jpのトップページ( http://www.kindigi.jp/ )


◇日本語EPUB 3にも本格対応:Adobe、電子書籍ビューワ「Adobe Digital Editions 2.0」を公開
http://ebook.itmedia.co.jp/ebook/articles/1209/27/news060.html
(2012年09月27日 13時50分 更新 eBook USER)
 米Adobe Systemsは9月21日(現地時間)、同社の電子書籍ビューワソフト「Adobe Digital Editions」の最新版となるバージョン2.0を正式公開した。対応OSはWindowsとMac OS X。
 Adobe Digital Editionsは2007年から開発が続けられている無料の電子書籍ビューワで、IDPFの重鎮メンバーとして電子書籍ファイルフォーマット「EPUB 3」の規格策定を見ながら、バージョン1.7以降はβアップデートを繰り返し続けていた。
 今回リリースされたバージョンでは、日本語の縦組み組版にも対応し、左右ページ方向、ルビ、縦中横、圏点(けんてん)もサポート。中国語や韓国語や主要欧州言語にも対応している。
 なお、過去にはAdobe Digital Editions 1.8 Previewという派生バージョンがリリースされているが、今回のバージョン2.0に統合されたとのこと。


◇音声合成ソフトウェア「VoiceText」、科学雑誌「Newton」iPad 版に採用
http://japan.internet.com/busnews/20120927/19.html
(2012年9月27日 / 14:00 japan.internet.com 編集部)
 HOYA サービスは2012年9月26日、科学雑誌「Newton」の iPad 版デジタルマガジン「Newton International Edition」2012年9月号から、同社の音声合成エンジン「VoiceText」が採用された、と発表した。
 Newton International Edition は、2012年5月16日に創刊された月刊のデジタルサイエンスマガジン。同誌2012年9月号より、音声ナレーションの音源として VoiceText の日本語女性音声「SAYAKA」が利用されている。
 VoiceText によるナレーションは音声の質が高く、また科学用語であってもイントネーションなどの調整が簡単にできることから採用となった。


◇EU、電子書籍のエージェンシープライシングモデルを解体開始
http://ebook.itmedia.co.jp/ebook/articles/1209/26/news049.html
(2012年09月26日 11時30分 更新 eBook USER Michael Kozlowski,Good e-Reader Blog)
 欧州委員会は、Appleと大手6大出版社が数年前に導入したエージェンシーモデルの解体を開始した。EUはHarperCollins、Simon & Schuster、Macmillan、Hachette Livre、Appleが電子書籍の価格を上昇させ、あるいは欧州全体でより低価格の電子書籍が出てくるのを阻止するのに『共同して当たった』ことを見出した。出版社は契約を解除し、エージェンシープライシングモデルを廃して電子書籍を提供する新たな契約を結んでいる。
 出版社とAppleは今後2年間、小売企業が電子書籍の値引きを『制限したり、限定したり、妨害したり』しないことに同意した。最恵国待遇条項を含む電子書籍の契約に5年間は同意しないことにも同意した。これにより、契約が有効であれば、欧州で電子書籍小売各社は再び電子書籍の値引きを開始し、顧客は国境に関係なく安価で電子書籍を購入することができる。
 Penguinは欧州と米国での和解に公然と反対する唯一の企業だ。EUはPenguinが和解に応じなければ、Appleなどの企業は同社と関係を断ち切らなければならないと規定している。
 HarperCollinsは『解決策を見出すべくEUと作業中』だという。Macmillanの親会社、Holtzbrinckは「当初から、Holtzbrinckグループは電子書籍ビジネス関連の談合について、すべての罪状を強く否定してきました。ただし、和解を進めることが欧州での当社ビジネスにとって最善の利益に叶うと信じており、この一連の草案に同意し、市場に信を問う準備は整っています」という。Hachette Livreは「当社は反トラスト法に抵触しておらず、法律上の瑕疵がないことを確信しています」というが、加えて「欧州委員会よりも訴訟によるコスト、時間、混乱による当社ビジネスと電子書籍市場一般への破壊的影響があまりにも大きすぎるのではないか」という。
 この画期的訴訟がEUと米国で表面上は終結したことで、出版社は電子書籍の希望小売価格を提示し、企業は市場に適合すると見た価格まで割引することができる。Amazon、Sony、Barnes & Nobleと英国、米国の企業各社の電子書籍価格は劇的な下げを見せ始めている。最安価格の電子書籍を求め、それぞれの本につき数ドルを節約できる顧客にとっては有益だ。米国では間もなく各企業がエージェンシープライシングに基づき過去に購入された本へのリファンドを受け付けるが、EUで同様の措置が適用されるかは不明だ。


◇Readium Launched on Chrome Web Store
http://idpf.org/news/readium-launched-on-chrome-web-store
(SEPTEMBER 26, 2012 International Digital Publishing Forum)
 The Readium open source project to develop an EPUB 3 reference implementation, sponsored by IDPF and other supporters, continues to rapidly evolve. The Chrome web app configuration of Readium was recently launched on the Chrome Web Store, and can be installed via https://chrome.google.com/webstore/detail/fepbnnnkkadjhjahcafoaglimekefifl .
 Recently added Readium features include an implementation of the Canonical Fragment Identifier (CFI) specification, rate and volume controls for Media Overlays, UI enhancements including the ability to drag-and-drop EPUB files into the Readium library, and support for the EPUB reading system JavaScript object. Other recent under-the-hood work includes faster zip unpacking and other performance improvements, internationalization framework with several localizations, cross-browser support elements, and many bug fixes.
 As Readium converges towards 100% EPUB 3 conformance, some supporters would like to utilize Readium in production-level solutions. IDPF is presently working with Readium contributors to establish a longer-term Readium roadmap. We encourage additional supporters and contributors to get involved, see the Readium Dev Blog for more information.


◇DAISY and NFB Ask U.S. State Dept. for EPUB Support
http://idpf.org/news/daisy-and-nfb-ask-us-state-dept-for-epub-support
(SEPTEMBER 26, 2012 International Digital Publishing Forum)
 DAISY Consortium and the National Federation for the Blind (NFB) recently submitted a response to a Request for Information (RFI) from the U.S. State Department regarding its planned e-reader initiative, expressing concern about accessibility and requesting support for the EPUB open standard format. The DAISY/NFB full response is available at: https://www.nfb.org/images/nfb/documents/word/nfb_daisy_rfi_comments%20_9-7-12.docx .


◇オープンアクセスの定義は?―多様な“オープンさ”を6つの観点で整理した文書のドラフト版をSPARCらが公開
http://current.ndl.go.jp/node/21919
(2012年9月26日 カレントアウェアネス・ポータル)
 米国のSPARC、PLOS、オープンアクセス学術出版社協会(OASPA)の三者が共同で“HowOpenIsIt?”という資料を作成し、そのドラフト版を公表しました。2012年10月8日までパブリックコメントを募っています。最終版は今年のオープンアクセスウィーク(10月22日〜28日)に公開される予定です。
 この短い文書ではオープンアクセスの定義がテーマになっています。オープンアクセスと一口に言っても、刊行後すぐに論文が公開されるものや、6か月間や12か月間の禁止期間(エンバーゴ)を経て公開が許可されるものなど、その“オープンさ”は様々です。ここでは、そういった多様な“オープンさ”を、「読者の権利」「再利用に係る権利」「著作権」「投稿に係る著者の権利」「自動的な投稿」「機械可読性」という6つの観点から、その強弱を各5段階に分けて整理しています。
◎HowOpenIsIt?(PDF:2ページ) http://www.arl.org/sparc/bm~doc/howopenisit_open-review.pdf
◎How Open Is It? - Request for Public Comment(SPARC 2012/9/25付け情報) http://www.arl.org/sparc/publications/papers/HowOpenIsIt.shtml


◇Google Playに書籍ストア、日本でも電子書籍販売スタート
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20120925_562039.html
(2012/9/25 12:32 INTERNET Watch 増田 覚)
 「Google Play」において、電子書籍を販売する「Google Play ブックス」が日本向けにもサービスを開始した。
 書籍ストアでは人気(有料・無料)のランキングを紹介するほか、「コミック」「コンピュータ/IT/技術/工学」「ビジネス/経営/経済」「文芸」といったカテゴリーごとに書籍を分類している。新刊やベストセラーなどの新しいタイトルが日々追加されるという。
 購入した電子書籍は好きなデバイスからアクセスして閲覧できる。ブラウザー経由のほか、AndroidおよびiOS向けの専用アプリも提供する。Android向けビューアーアプリ「Google Play ブックス」は日本向けサービス開始に合わせてアップデートし、縦書きレイアウトと日本語フォントの書籍に対応した。iOS向けビューワーアプリは近日中に提供する予定。
 Sony ReaderやKobo Touch、Nookなど、Adobe eBook Platformに対応する85種類以上の電子書籍リーダーもサポート。現時点でAmazon Kindleとの互換性はないが、将来サポートを検討する可能性があるとしている。
 なお、Google Play ブックスで提供されている日本語書籍のタイトル数や参加出版社数については、グーグルでは公表していない。
◎Google Playの書籍ストア https://play.google.com/store/books


◇米OverDrive社、2012年1月〜8月における電子書籍サービスへのアクセス統計を公表
http://current.ndl.go.jp/node/21907
(2012年9月25日 カレントアウェアネス・ポータル)
 世界中の19,000館の公共・学校図書館等に電子書籍サービスを提供している米国のOverDrive社が、そのオンラインカタログについて2012年1月〜8月の期間における統計を公表しました。
・訪問者数:3,480万人
・ページビュー:18.2億回
・訪問者あたりの平均ページビュー:13.82回
・訪問者あたりの平均滞在時間:9分46秒
・ブックカバー画像表示回数:54億回(推定)
◎Browsing eBooks Grows Exponentially in Libraries and Schools(OverDrive 2012/9/24付けプレスリリース) http://www.overdrive.com/News/Browsing-eBooks-Grows-Exponentially-in-Libraries-and-Schools
◎米OverDrive社による公共・学校図書館での電子書籍の貸出が劇的に増加 http://current.ndl.go.jp/node/19305


◇MacMillan to Pilot E-Book Library Lending Program
http://www.digitalbookworld.com/2012/macmillan-to-pilot-e-book-library-lending-program/
(September 24, 2012 Digital Book World)
 Major publisher Macmillan is reportedly going to engage in a pilot program to test e-book library lending, according to Publishers Weekly.
 Macmillan confirmed the news in a statement to Publishers Weekly:
“We have been working hard to develop an e-book lending model that works for all parties, as we value the libraries and the role they play in the reading community. We are currently finalizing the details of our pilot program and will be announcing it when we are ready, and not in reaction to a demand.”
 Macmillan is one of two major book publishers that does not currently sell e-books to libraries for lending. Simon & Schuster is the other publisher.
 Random House and HarperCollins sell e-books to libraries, but with caveats: Random House e-books cost much more for libraries to purchase them than consumers; HarperCollins e-books may only be lent out 26 times before they need to be purchased again.
 Penguin and Hachette are currently engaging in pilot library e-book lending programs. It recently came to light that Hachette raised the prices it charges libraries for its back-list of e-books by an average of 104%.


◇個人作家注目、手数料ゼロの電子書籍専門の決済代行プラットフォーム「Payhip」がオープン
http://hon.jp/news/1.0/0/3721/
(2012-09-24 12:33:30 hon.jp DayWatch)
 「Gumroad」「Ameroad」などPayPalベースの個人向けデジタルコンテンツ決済仲介サービスが台頭する中、ついに手数料フリーでなおかつ電子書籍専門の決済プラットフォームがオープンした。
 今月オープンした「Payhip.com」(本社:英国ロンドン市)は、PayPal決済サービス上に作られた個人作家向けの電子書籍決済プラットフォームで、ストレージ、自動決済処理、ソーシャルPR、立ち読みビューワ機能などを無料で提供。作家側はPayPal側への決済手数料を負担する必要はあるが、Payhip側への手数料支払いは一切なし。
 Payhip側では、決済仲介ではなく、今後インフラに有料オプション機能を追加していくことで、ビジネスモデルを構築していく予定だ。【hon.jp】
◎Payhipサイト( https://payhip.com/ )


◇号外: iOS 6のアクセシビリティー機能 -- 漢字詳細読み|ポッドキャスト
http://accsell.net/podcast/sp1-ios6.html
(2012年9月22日 AccSell)
日本時間9月20日未明にリリースされたiOS 6、そのアクセシビリティー関連機能についてお伝えします。
iOSの主なアクセシビリティー機能について
VoiceOverに漢字詳細読みが追加されたよ!!
通常配信とは異なり、中根が一人でむさ苦しくお送りします。
Podcast 約15分:約18MB ポッドキャスト号外(2012/09/22配信)をダウンロードする http://accsell.net/podcast/mp3/accsell-sp-1-ios6.mp3
収録後記
本当はVoiceOver以外のアクセシビリティー機能についてももっとお伝えしたいのですが、やはり音声媒体ではなかなか難しいですね。VoiceOverにしても、ある程度iPhoneのVoiceOverに触れたことがある視覚障碍者ならともかく、そうでないとなかなかイメージができないのかもしれないと思いつつデモをしました。もっといろいろな機能がありますし、そもそも基本操作についての説明なども省略していますので分かりづらいと感じる方が少なくないのかもしれません。いずれもっと時間をかけて、他の機能も合わせて紹介するようなコンテンツを作れたらとぼんやり考えています。 (中根 雅文)


◇Apple社や米・独・仏出版社、欧州委員会と和解しEU圏での電子書籍エージェンシー・モデル販売を断念
http://hon.jp/news/1.0/0/3718/
(2012-09-21 15:06:41 hon.jp DayWatch)
 欧州委員会(European Commision)は現地時間9月19日、電子書籍の“エージェンシー・モデル”販売にからみ、独占禁止法違反の疑いなどで告発準備していた米Apple社・米Simon & Schuster社・米Harper Collins社・仏Hachette Livre社、独Verlagsgruppe Georg von Holtzbrinck社の5社からの和解仲介案を一旦受け入れ、2年間の監視処分とすることを発表した。
 「エージェンシー・モデル」とは、小売価格を書店ではなく出版社が設定するビジネス方式。EU圏では昨年あたりから、電子書籍価格の再販制度適用を維持するドイツ・フランス陣営と自由価格を尊重する英国陣営の間で政治的な駆け引きが激しくなっており、この抗争にApple社の電子書籍販売ストア「iBookstore」(注:ルクセンブルクが欧州拠点)が板挟みになっていた。
 なお、米国でも司法省が同様に独禁法違反の可能性があるとして、Apple社は頑として全面対決しているが、なぜか欧州委員会に対してはあっさりと降参。この結果、ドイツ・フランス陣営が固辞する電子書籍価格の再販制に周辺国から今後大きな市場圧力がかかるのは必至となりそうだ。【hon.jp】
◎欧州委員会のプレスリリース( http://europa.eu/rapid/pressReleasesAction.do?reference=IP/12/986&format=HTML&aged=0&language=EN&guiLanguage=en )


◇Apple社がiPhone・iPad向け最新OS「iOS 6」と最新版「iBooks」を正式リリース、日本語EPUB3への対応はまだ
http://hon.jp/news/1.0/0/3713/
(2012-09-20 12:42:28 hon.jp DayWatch)
 Apple社(本社:米国カリフォルニア州)は現地時間の9月19日、同社のiPhone・iPad・iPod Touch向けに提供しているオペレーティングシステムの最新版「iOS 6」を正式にリリースした。
 既存ユーザーは無償アップグレードとなる今回のOSアップデートでは、最新iPhone機種「iPhone 5」への対応など多くの新機能を提供。電子書籍関連では、内蔵のWebエンジンであるWebKitもアップデートされ、同社の電子書籍ビューワーアプリ「iBooks」も同時にVersion 2.2にマイナーアップデートされた。しかし、日本語EPUB3電子書籍への対応については、引き続き縦組・ルビ表示について部分対応しているものの、レイアウト・ページ送り機能などは未対応のため、まだ読書には使えない。
 なお、iOS 6へのアップデート作業では、従来と異なりパソコン・iTunesアプリケーションとの接続が必要なくなった。【hon.jp】
◎iBooks最新版の入手リンク( http://itunes.apple.com/jp/app/ibooks/id364709193?mt=8 ※要iOS端末 )


◇Harvard Business Review Offering DRM-Free eBooks
http://goodereader.com/blog/e-book-news/harvard-business-review-offering-drm-free-ebooks
(SEP 19, 2012 By Michael Kozlowski Good E-Reader)
 Digital Rights Management is a hot button issue and many companies employ it to discourage illegal file sharing on the internet. It also ensures that people are not taking the books and reselling them to other people. There are plenty of reasons why DRM is adopted by the big six publishers, but others see it as hindering the ebook experience. When you buy a book it is often complicated to transfer it to your other devices and sometimes you are locked into a particular ecosystem. The Harvard Business Review joins the ranks of TOR by announcing today that they are offering digital content without encryption.
 The Harvard Business Review recently launched its own online bookstore and is now offering books with no DRM. “We make our ebooks available to you DRM-free so you can read them on the device of your choice,” the digital publishing house said in a statement. “We trust that our customers will abide by copyright law and refrain from distributing ebook files illegally.”
 It is important to note that the non-encrypted books come at a higher cost. One book, for example, currently costs $17.99 when purchased directly from the Harvard Business Reviews website, but costs only $10 on Amazon. Keep in mind, however, the books that cost more are able to be read on any e-reader or tablet, while Amazon books are only available on the Kindle or Kindle supported apps.


◇【イベント】第5回SPARC Japan セミナー2012「Open Access Week − 日本におけるオープンアクセス,この10年これからの10年」(10/26・東京)
http://current.ndl.go.jp/node/21867
(2012年9月19日 カレントアウェアネス・ポータル)
 2012年10月26日に国立情報学研究所(NII)で第5回SPARC Japan セミナー2012「Open Access Week − 日本におけるオープンアクセス,この10年これからの10年」が開催されます。今年のオープンアクセスウィークである10月22日から28日の期間中の一イベントとして位置づけられています。日本におけるオープンアクセスの全体像を俯瞰し、将来を展望することを目的として、海外事例の紹介や国内の活動報告、パネルディスカッションが行われます。
◎第5回 SPARC Japan セミナー2012「Open Access Week − 日本におけるオープンアクセス,この10年これからの10年」(NII) http://www.nii.ac.jp/sparc/event/2012/20121026.html


◇Wikipedia英語版、PDFに続きEPUB電子書籍が自作できる機能を無償公開
http://ebook.itmedia.co.jp/ebook/articles/1209/19/news099.html
(2012年09月19日 18時45分 更新 eBook USER)
 フリー百科辞典サイト「Wikipedia」を運営する非営利団体Wikimedia Foundationは9月17日(現地時間)、英語版Wikipedia.orgサイト上でEPUB書籍の作成機能を追加した。
 英語版Wikipediaでは2010年5月から「create a book」機能を提供しており、ユーザーはページ内のcreate a bookリンクで機能をオンにすれば、指定された記事をPDF形式で出力可能だった。今回、出力メニューに新しくEPUB形式が追加されたことで、自分専用の旅行ガイドブックや電子教科書が簡単に作成できるようになった。
 なお、create a book機能そのものは、現時点でも日本語版Wikipediaでは公開されていないようだ。


◇American Library Association Statement on Hachette Library E-Book Price Increase
http://www.digitalbookworld.com/2012/american-library-association-statement-on-hachette-library-e-book-price-increase/
(September 14, 2012 Digital Book World)
 ALA decries Hachette’s 220% library ebook price increase
 The American Library Association (ALA) denounces Hachette Book Group’s reported decision to raise the price of ebooks to the library market starting October 1. ALA President Maureen Sullivan issued the following statement:
 “When Hachette announced it was stepping back into the library ebook market this past May with pilots that would bring a selection of its recent bestsellers to millions of library patrons, the ALA welcomed this news. Leaving our meeting with them, we were pleased that they recognized libraries as strong partners?as direct customers and marketers of their titles, as well as integral community institutions that must be supported as a fundamental cornerstone of literacy.
 “After these tentative steps forward, we were stunned to learn that Hachette plans to more than triple its prices for ebook sales to libraries starting October 1. Now we must ask, ‘With friends like these…?’
 “We are weary of faltering half steps and even more so of publishers that refuse to sell ebook titles to libraries at all. Today I have asked the ALA’s Digital Content & Libraries Working Group to develop more aggressive strategies and approaches for the nation’s library community to meet these challenges.
 “Libraries must have the ability to purchase a wide range of digital content at a fair price so that all readers have full access to our world’s creative and cultural resources, especially the many millions who depend on libraries as their only source of reading material.”


◇図書館と出版社の共存共栄の関係構築を目指す「電子書籍図書館推進協議会」が発足
http://current.ndl.go.jp/node/21826
(2012年9月13日 カレントアウェアネス・ポータル)
 2012年09月11日に、電子書籍を中心とした図書館と出版社(者)との共存共栄の関係を築くために、具体的な方策を提言することを目的として「電子書籍図書館推進協議会(Ebook Library Promotion Council)」が発足しました。現在、主要メンバーとして、秋田県立図書館、愛知県田原市立図書館、株式会社新人物往来社等の出版社数社が名を連ねています。
◎電子書籍図書館推進協議会 http://www.bmehw.org/elpc/index.html
◎『電子書籍図書館推進協議会』発足のお知らせ〜図書館と出版社(者)の共存共栄の関係構築を目指す〜(SankeiBiz 2012/9/13付け情報) http://www.sankeibiz.jp/business/news/120913/prl1209131308023-n1.htm


◇Update on EPUB Lightweight Copy Protection Activity
http://idpf.org/news/update-on-epub-lightweight-copy-protection-activity
(SEPTEMBER 13, 2012 International Digital Publishing Forum)
 IDPF received 8 responses to its recent request for proposals for solutions to potential requirements for standardizing a lightweight copy protection technology for EPUB. Specific proposals were received from DRMinside, FileOpen Systems, Kobo, Marlin Developer Community, RHK, and Sony DADC. As well two additional respondents, Barnes & Noble and Sony Digital Reading Business Division, provided feedback and indicated potential interest in contributing to standardized technology in this area, without making specific solution proposals. IDPF and its expert consultant are following up with respondents to help us evaluate proposals received to date and determine specific steps relative to potentially extending EPUB in this area. The IDPF expects to consider during this phase of the evaluation process any additional responses received; i.e., the original RFP deadline can be considered extended until September 27, 2012.


◇米Amazon、Mac OS X版「Kindle」電子書籍ビューワーをアップデート、日本語にも正式対応
http://hon.jp/news/1.0/0/3690/
(2012-09-11 10:59:55 hon.jp DayWatch)
 Amazon社(本社:米国ワシントン州)は現地時間9月10日、Mac OS X版「Kindle」電子書籍ビューワーをVersion 1.10.3にアップデートし、日本語にも正式対応した。
 この新バージョンでは、最新Kindle端末などでサポートされているHTML/CSS系電子書籍フォーマット「KF8」に初対応し、日本語も正式サポートされた。ただ、日本のAmazon.co.jpでは日本版Kindle Storeがまだオープンしておらず、KF8形式フォーマットの現仕様では使えるタグがかなり制限されているため、EPUB3レベルの日本語組版表示はまだ無理の模様。Mac OS X 10.6以降の「Mac AppStore」を介して無料ダウンロードできる。
 あくまでもMac版だが、日本国内でのKindleシリーズ発売に向けた最終準備がついに始まったといえる。【hon.jp】
◎Mac AppStoreの配信リンク( http://itunes.apple.com/jp/app/kindle/id405399194?mt=12 ※要:Mac OS X 10.6以降)


◇日本電子書籍出版社協会が「電書協EPUB 3 制作ガイド ver.1.0」を公開
http://current.ndl.go.jp/node/21802
(2012年9月11日 カレントアウェアネス・ポータル)
 2012年9月11日、日本電子書籍出版社協会が「電書協EPUB 3 制作ガイド ver.1.0」を公開しました。これは、EPUB 3の表示がビューワによって異なることや、EPUB 3を制作する方法が複数あるといった問題に対応するため、加盟出版社に対して、一般書の電子書籍をEPUB 3フォーマットで制作する際の指針を示すものです。
◎日本電子書籍出版社協会(略称:電書協)「電書協EPUB 3 制作ガイド ver.1.0」を公開(PDF形式:2ページ) http://www.ebpaj.jp/images/press_guide.pdf
◎電書協EPUB 3 制作ガイド ver.1.0(Zip形式) http://www.ebpaj.jp/images/ebpaj_epub3guide_ver1.0.zip


◇Amazon、「Kindle Paperwhite」「Kindle Fire HD」を発表
http://ebook.itmedia.co.jp/ebook/articles/1209/07/news028.html
(2012年09月07日 03時30分 更新 eBook USER 西尾泰三,ITmedia)
 米Amazon.comは9月6日(現地時間)、同社の電子書籍リーダー「Kindle」の最新モデル「Kindle Paperwhite」、タブレット製品「Kindle Fire HD」を発表した。
 Kindle Paperwhiteは、6インチの電子ペーパーディスプレイを搭載する点は従来モデルと変わらない。ただし、そのディスプレイはE Inkではなく、製品名にも付けられている「Paperwhite」という新開発のディスプレイのようだ。コントラストは25%UP、62%のピクセル数増により、212ppiの解像度を持つという。本体の厚さは9.1ミリ、重さは7.5オンス(約212グラム)。価格は3G搭載モデルが179ドル、Wi-Fiモデルが119ドルで(いずれも広告付き、広告なしモデルはそれぞれ20ドル高)、10月1日から出荷される。タッチ操作に非対応の従来モデル(Kindle 4)は新しいフォントなどを追加し、69ドルで販売される。
 ここ1年ほどで電子ペーパーベースの電子書籍リーダーに搭載され始めたフロントライトを新たに追加したのも特徴の1つ。電子ペーパーはその特性上、暗いところでは読めないという特徴があった。それ故、場所を選ばず読めるようフロントライトを搭載するのがトレンドになりつつある。その先鞭(せんべん)を付けたのは米国内最大の書店チェーンBarnes & Nobleの「NOOK Simple Touch with GlowLight」だが、同製品は供給体制が計画通りでなかったことなどが影響し、売り上げを伸ばすのに苦労していた。
 Amazonが発表するKindleの最新モデルに、E Ink Pearlより新しい世代のパネルが搭載されるかは注目とされていた。ソニーが9月21日から国内販売を開始するPRS-T2は表示制御の技術面でE Ink Pearlのポテンシャルをかなり引き出したが、パネル自体の世代が変わるとしたら、製品としてはタイミングが悪いと言わざるを得ないからだ。しかしAmazonは今回、Paperwhiteという新開発のディスプレイを採用した。これがどの程度の性能なのかは追ってレビューをお届けしたい
◎8.9インチタブレット「Kindle Fire HD」
 一方、2011年11月に同社が市場に送り出した最初の7インチタブレットの後継製品にも注目が集まっていたが、既存モデルをCPUやメモリのアップグレードで40%のパフォーマンス向上を果たしたものを159ドルに値下げして販売、さらに、新たに「Kindle Fire HD」を発表した。従来のKindle Fireと同じ7インチモデルのほか、8.9インチモデルの「Kindle Fire HD 8.9"」がラインアップされている。
 Kindle Fire HDは7インチ(1280×800ピクセル)または8.9インチ(1920×1200ピクセル、254ppi)の液晶ディスプレイを備える。後者はSoCにはTIのOMAP 4470 1.5GHzを採用、厚さ8.8ミリ、重さ20オンス(約567グラム)。いずれも2.4GHz帯と5GHz帯の2つの周波数帯域を利用してネットワークを高速化するMIMO通信をサポートしている。スピーカーはデュアルステレオスピーカー。HDMI出力やBluetoothといったKindle Fireには非搭載だったものが搭載されている。
 ラインアップは16Gバイトモデルからで、価格は7インチのKindle Fire HDが199ドルから、Kindle Fire HD 8.9"が299ドルから。Kindle Fire HD 8.9"は4G LTEを搭載したモデル(32Gバイト)も用意され、こちらは499ドル。出荷は11月20日からとなっている。
 発表を整理すると、今回Amazon.comが発表した新製品は以下の4つだ。
Kindle Paperwhite(新製品、119ドル、10月1日出荷開始)
Kindle Paperwhite 3G(新製品、179ドル、10月1日出荷開始)
Kindle Fire HD(新製品、7インチ、199ドル〜、9月14日出荷開始)
Kindle Fire HD 8.9"(新製品、8.9インチ、299ドル〜、11月20日出荷開始)

◎Appleの発表前に熾烈な動き、勝者は誰か
 Amazonの発表の直前には、7月に国内でのサービスを開始した楽天グループのKoboが電子書籍リーダー2機種、タブレット1機種を突如として発表した。Amazonへの注目が大きかったこともあるが、この新製品は発表までその存在をほとんど知られることなく、登場した。
 こちらの電子書籍リーダー2機種は、「Kobo Glo」「Kobo Mini」。前者は、フロントライト搭載の6インチE Inkディスプレイ搭載モデル。重さは185グラム。後者は、5インチのE Inkディスプレイ搭載モデルだ。同社によると、「世界最小かつ最軽量」のボディは、101.6×133.1×10.3ミリ、重さは134グラムとある。
 そしてタブレット製品が「Kobo Arc」。7インチの液晶を備え、Android 4.0を搭載したこの製品は、Amazon.comのkindle Fireと直接競合する製品だ。特徴としては、kindle Fireのように独自アプリストアではなく、Google Playを採用している点だ。
 9月12日(現地時間)のAppleの発表を前に、各社の新モデルが出そろってきた。消費者の心をつかむのはどのデバイスだろうか。


◇Peter Suber氏による、欧州のオープンアクセスに関するここ数か月の動向まとめ(記事紹介)
http://current.ndl.go.jp/node/21783
(2012年9月7日 カレントアウェアネス・ポータル)
 Peter Suber氏が刊行している“SPARC Open Access Newsletter”の第165号(2012年9月2日付け)に、英国を中心とした欧州におけるここ数か月間のオープンアクセスに関する動きを整理した記事が掲載されています。「オープンアクセスに向かう英国及び欧州の地殻変動(Tectonic movements toward OA in the UK and Europe)」と題されたもので、2012年7月16日に英国で公表された3種類の文書や通称「Finchレポート」に端を発する動きについてその背景や文書の基本的事項からまとめています。その目次は以下のとおりです。
1. Three major OA announcements from the UK on the same day
2. Some recent history as context for these announcements
3. Basics of the new RCUK policy
4. Basics of the Finch recommendations
5. General agreement between the RCUK policy and Finch recommendations
6. Appreciation of the large-scale shift to OA in the UK
7. Some consequences for journals and authors
8. Responding to publisher fears of green OA
9. Objections and recommendations
10. Announcements from Europe the day after the UK announcements


◇Korean E-Book Market to Boom? Google Thinks So
http://www.digitalbookworld.com/2012/korean-e-book-market-to-boom-google-thinks-so/
(September 6, 2012 Digital Book World)
 Google chose Korea as the first Asian country in which to launch its e-book business, reports the Korea Herald.
 Google is partnering with local publishers to offer Korean readers books on Android smartphones. Google Books will be available on iPhones and iPads soon, the company said.
 Google chose Korea as its first Asian market for e-books because of the country’s high adoption rate for smartphones, a Google spokesperson told the Korea Herald.
 The Korean e-book market was about 289.1 billion won (about $255 million) last year, according to the Korea Electric Publishing association, which also predicted that the market would double in size in 2013 and comprise 20% of the total publishing market at that point. If that’s the case, it would put the U.S. e-book market about a year ahead of the Korean market in terms of e-book adoption.


◇National Federation of the Blind Comments on New Kindles
http://www.nfb.org/national-federation-blind-comments-new-kindles
(Thursday, September 6, 2012 National Federation of the Blind)
 Baltimore, Maryland (September 6, 2012): The National Federation of the Blind, the nation’s leading advocate for accessible technology and content, commented today on Amazon’s press conference announcing new Kindle e-readers and tablets.
 Dr. Marc Maurer, President of the National Federation of the Blind, said: “The U.S. Department of State has just withdrawn a single-source contract proposal involving the Kindle family of devices, possibly due to our concerns about the lack of accessibility in virtually all iterations of the Kindle. Despite the State Department action, our repeated encouragement of Amazon to incorporate accessibility, and the fact that companies like Apple and Google are actively engaged in the incorporation of accessibility features into their devices, there is no evidence that these new Kindles are accessible. It seems abundantly clear where Amazon stands. The National Federation of the Blind will continue to fight for access to all manner of devices and content and to oppose the deployment of inaccessible devices and content by entities that are covered by our nation’s disability laws.”


◇米国で沸騰しつつある「電子書籍の正当な価格とは?」議論、あなたは“グロス試算の罠”に陥っていませんか?
http://hon.jp/news/1.0/0/3676/
(2012-09-05 17:29:42 hon.jp DayWatch)
 電子書籍の作家・読者が急増する米国では今年に入り、個人作家たちや読者たちを中心に「電子書籍の正当な価格とは?」議論が沸騰しつつある。
 たとえば米国の電子書籍ニュースサイト「Digital Book World」の最新記事では、読者側の「電子書籍は紙書籍の1割程度でいいはずだ」という主張に対し、出版社側が「電子書籍の制作コストは意外に高い。9割程度が適正」と反論している様子を載せている。
 結論からいうと、両者とも身勝手な“グロス試算”をベースに主張しているだけで議論自体に意味がない。たとえば出版社側の主張を例に取ると、1部あたり平均制作コストは1部売れるごとに下がっていくので、「変数」を勝手に「定数」化した詭弁に過ぎない。
 電子書籍業界の関係者はすべて、このようなグロス試算の罠に陥らず、“1部売れる毎に全数値を再計算”する習慣を付けていくべきだろう(その計算をするためにコンピュータはあるのだから)。【hon.jp】
◎Digital Book Worldの記事( http://www.digitalbookworld.com/2012/consumers-upset-and-confused-over-e-book-pricing/ )


◇【イベント】書籍とデジタル化〜日仏の経験を交差する(12/1・京都)
http://current.ndl.go.jp/node/21737
(2012年9月3日 カレントアウェアネス・ポータル)
2012年12月1日、京都市のアンスティチュ・フランセ関西(旧名:関西日仏会館)で、フランス国立図書館(BnF)のブリュノ・ラシーヌ館長を招いた講演会「書籍とデジタル化〜日仏の経験を交差する」が開催されます。国立国会図書館(NDL)との共催で、石川武敏関西館長との意見交換も行われるそうです。逐次通訳付き、入場無料です。
なお、9月1日付けで、関西日仏学館、東京日仏学院、横浜日仏学院、九州日仏学館とフランス大使館文化部が統合され、「アンスティチュ・フランセ日本」と名称変更されたそうです。
◎書籍とデジタル化〜日仏の経験を交差する―ブリュノ・ラシーヌ(アンスティチュ・フランセ関西) http://ifjk.jp/ja/events/event-detail/316
◎関西日仏学館からアンスティチュ・フランセ関西へ(アンスティチュ・フランセ関西 2012/9/1付けニュース) http://ifjk.jp/ja/events/event-detail/318


◇イタリアの図書館の将来は?イタリア図書館協会長のインタビュー記事
http://current.ndl.go.jp/node/21739
(2012年9月3日 カレントアウェアネス・ポータル)
TeleReadに、イタリア図書館協会(AIB)会長のStefano Parise氏のインタビュー記事(英語)が掲載されています。図書館の民営化に対する否定的な見解等が示されています。
◎The Future of Italian Libraries: A conversation with Stefano Parise of AIB ? Italian Library Association(TeleRead 2012/9/1付け記事) http://www.teleread.com/library/the-future-of-italian-libraries-a-conversation-with-stefano-parise-president-of-aib/


◇Apple社、iPhone/iPadアプリにおける著作権侵害のクレーム受付けページを公開
(2012-09-03 11:31:37 hon.jp DayWatch)
http://hon.jp/news/1.0/0/3662/
 米Apple社(本社:米国カリフォルニア州)は先月、iPhone/iPadアプリにおける著作権侵害が発見された場合のクレーム受付けページを公開した。
 同社はもともとiTunesの音楽・ビデオ等での著作権クレーム受け付けページは公開していたが、今回からiOSアプリについては別途専用ページを用意。クレームの受け付け対象となるのは、コンテンツ内容や商標の侵害だけでなく、類似アイコンデザインやアプリ名なども含まれる模様。【hon.jp】
◎Apple社のiOSアプリ著作権侵害クレーム受付ページ( http://www.apple.com/legal/itunes/appstorenotices/ )


◇経済産業省「コンテンツ緊急電子化事業」、コミック/EPUB3形式での制作料を含めた新・料金表を発表
(2012-09-03 11:42:58 hon.jp DayWatch)
http://hon.jp/news/1.0/0/3663/
 日本出版インフラセンター(本部:東京都新宿区)は8月31日、経産省「コンテンツ緊急電子化事業」を活用した紙書籍の電子化費用の一部負担について、コミック/EPUB3形式での制作料金を含めた新料金表を発表した。
 「コンテンツ緊急電子化事業」とは、東日本大震災からの復興の一環として、国が中小出版社の東北関連書籍をはじめとする書籍等の電子化費用の一部を負担するというもの。公式サイトは4月からオープンし、作品の申請受付や制作会社の公募等を行なっている。9月1日から、当初対応していなかった「EPUB3形式ファイルでの制作」「制作会社の指定」なども受付可能となったため、今回、制作料金表の改訂版を公開した。【hon.jp】
◎「緊デジ.jp」の「出版社向け電子書籍制作料金表[改訂版]」( http://www.kindigi.jp/info/20120831a/ )


◇10月のWindows 8発表を前に、Microsoft/Barnes & Noble提携話にようやく動きが
http://hon.jp/news/1.0/0/3664/
(2012-09-03 12:22:25 hon.jp DayWatch)
 今年4月30日に、米書店チェーン最大手のBarnes & Noble社(本社:米国ニューヨーク州)の電子書籍端末「Nook」部門の別会社化(仮称:“NewCo”)に、Microsoft社(本社:米国ワシントン州)が株式17.6%相当を引き換えに3億ドル(約240億円)が出資することを発表したが、ようやくその後初めてとなる動きがあった模様。
 米ZDnet等によると、Microsoft社のMicrosoft Office部門が8月22日に電子書籍関連プロジェクトのマネジャーを募集(すでに終了)、10月に予定されていたNewCoへの出資が実施されるとのこと。
 Microsoft社は10月26日、次期Windows OS「Windows 8」を発売する予定で、それに向けてOfficeチーム下で電子書籍プロジェクトを早急に進めていくことにしたようだ。【hon.jp】
◎米ZDnet.comの記事( http://www.zdnet.com/microsofts-office-team-pushes-ahead-with-active-reading-products-services-7000003319/ )


> TOP

□2012年8月

◇Digital Book World 2013 の申し込みが開始
http://hon.jp/news/1.0/0/3658/
(2012-08-31 15:53:06 hon.jp DayWatch)
電子書籍のカンファレンスとしては世界最大規模となる「Digital Book World 2013」への参加申し込みがおととい29日から始まった。同カンファレンスは来年2013年の1月15〜17日に、ニューヨークのヒルトンホテルで開催される。10月5日までは早期申し込み割引で200ドル安い、1395ドルで申し込める。(全てのイベントに参加する場合。)
カンファレンスには1700人近い業界人ー編者や著者や図書館員、事業者やデジタル知識人などーが一堂に会す。
参加者は、電子書籍の出版全般に関わるノウハウや技術を習得することができるようであり、最新の電子書籍出版に関わる技術の利用法についても学べるようだ。
また、同じ時期に開催されている関連するイベントにも同じチケットで参加できる。(※チケットの種類によっては不可)【hon.jp】
◎Digital Book Worldの記事 (http://www.digitalbookworld.com/2012/registration-open-for-digital-book-world-2013/)


◇北京で電子書籍に関するフォーラムが開催、Amazonの副社長も講演
http://ebook.itmedia.co.jp/ebook/articles/1208/31/news117.html
(2012年08月31日 eBook USER)
 8月28日、年に一度の北京国際出版フォーラムが開催された。Amazonの副社長、ジョン・ファイン氏が講演者の一人として名を連ねており、同氏は中国の電子書籍市場について、その潜在的な可能性はAmazonとしても重要視していると述べた。
 CHINADAILYが伝えるところによると、中国における“電子出版”全体の市場規模は2011年に1377億人民元(約1.7兆円、編注:この数字はオンラインゲーム市場やネット広告市場の売上も含む。実際に電子書籍単体が占める比率はこの約10%以下と思われる)に上っており、中国人口の18歳から70歳のうちの38.6%が何らかの形で電子書籍の購読者であり、非常に注目を集めているビジネスの分野であるという。
 中国での電子書籍事業は、電子書籍そのものが注目されてからすぐに興ったが、米英のように老舗の出版社や書店が主導したわけではなく、技術を持っている会社が主導しており、出版業界とそれら技術系企業との間のギャップが埋まらぬままになっている現状だという。
 中国政府からの期待も高いようで、このギャップが解消されれば、市場の拡大は目覚ましいものになっていくだろう。


◇Barnes & Noble Lands Three More UK Partnerships
http://www.digitalbookworld.com/2012/barnes-noble-lands-three-more-uk-partnerships/
(August 30, 2012 Jeremy Greenfield, Digital Book World)
Building on the momentum from this week’s announcement of a partnership with UK electronics retailer John Lewis, Barnes & Noble has secured three more retail partners to sell its Nook devices in the country starting this fall.
Argos, Blackwell’s and Foyles will all begin selling Nook products over the next several months, in time for the holiday shopping season, Barnes & Noble said in a statement this morning. The partners will start by selling the Nook e-ink devices.
Argos is a Target-like retailer with about 700 stores across the UK. Barnes & Noble said that 90% of the population lives within 10 miles of an Argos location. Like John Lewis, Barnes & Noble’s first partner, Argos also sells Kindle and Kobo devices.
Blackwell’s is an academic bookstore with 55 locations at universities around the country. Blackwell’s has told Digital Book World that it will not be seeking out additional partnerships like the one it has formed with Barnes & Noble (read: it won’t be selling the Kindle any time soon).
“We carried out a large amount of research on e-reader devices before deciding to partner with Barnes & Noble. The Nook devices offer the best solution for our customers who are typically students and those from an academic background. We only want to offer our customers a product which we feel meets their needs. Blackwell’s are not looking for any new partners in addition to Barnes & Noble,” said a Blackwell’s spokesperson in a statement.
Foyles, an independent bookshop chain with six locations in London and Bristol, UK. Foyles does not sell Kindle or Kobo devices at the moment, a company spokesperson told Digital Book World, but is open to “new ways in which to deliver books to its customers.” Its agreement with Barnes & Noble to sell the Nook is not exclusive, the spokesperson added.
“Foyles is committed to offering a range of reading options for our customers,” said Foyles CEO Sam Husain. “Although we are free to sell other e-readers we recommend the Nook as the leading e-reading device.”
Foyles has its own e-bookstore with partner Txtr.
In addition to the partnership with John Lewis, these new deals bring the number of stores selling Nook devices in the UK to nearly 800. Considering their respective partnerships with Waterstones (296 locations) and WHSmith, in addition to being sold in Argos and John Lewis, Amazon and Kobo still seem to have more significant retail presences in the country.


◇National Federation of the Blind Settles Complaint Against Sacramento Public Library
http://www.nfb.org/national-federation-blind-settles-complaint-against-sacramento-public-library
(August 30, 2012, National Federation of the Blind)
Library Will Deploy Accessible E-readers to Blind and Print-disabled Patrons
Baltimore, Maryland (August 30, 2012): The National Federation of the Blind (NFB), the nation’s leading advocate for access to information by the blind and other people with print disabilities, announced today that a complaint filed by the NFB with the United States Department of Justice, Office of Civil Rights, against the Sacramento Public Library Authority has been resolved. The NFB filed the complaint last fall because the library was lending NOOK e-readers preloaded with e-books to its patrons. Unlike some other e-reading devices, the NOOK, which is manufactured and sold by Barnes & Noble, cannot be used by blind and print-disabled readers because it does not have text-to-speech capability or the ability to send content to a Braille display.
The goal of the agreement is “to provide a library e-reader circulation program where library patrons, with and without vision disabilities, are able to access and use the same technology to the maximum extent possible.” Under the agreement, the library will “acquire only technology that does not exclude persons who are blind or others” who need accessibility features such as text-to-speech or Braille output and the ability to access the device’s menus and controls independently. The library’s commitment is also in line with a resolution passed in 2009 by the American Library Association entitled Purchasing of Accessible Electronic Resources, which urged “all libraries purchasing, procuring, using, maintaining and contracting for electronic resources and services” to “require vendors to guarantee that products and services comply with Section 508 regulations, Web Content Accessibility Guidelines 2.0, or other applicable accessibility standards and guidelines.”
Dr. Marc Maurer, President of the National Federation of the Blind, said: “We are pleased that the Sacramento Public Library Authority is showing leadership by ensuring that the e-books that it lends will be accessible to all of its patrons, including those who are blind or have print disabilities. E-books represent an opportunity for the blind to have access to the same books at the same time as our sighted friends, family, and colleagues, but sadly most e-book vendors have not designed their technology so that it can be used by the blind, despite the fact that it is not difficult or costly to do so. Libraries, schools, and other institutions have a legal and moral obligation to make sure that the content they deploy is accessible to the blind and print-disabled. If they meet these obligations by demanding accessibility from their e-book vendors, then accessibility will happen.”


◇米国のプロ作家が個人作家を「wannabe(なりたがり屋)」呼ばわり、批判殺到で炎上、発言を撤回
http://hon.jp/news/1.0/0/3654/
(2012-08-30 19:53:46 hon.jp DayWatch)
 英The guardian紙によると、米国の有名作家が電子出版について地元新聞紙に投稿した内容が、物議を呼んでいるとのこと。
 問題のコラムを投稿したのは、米国のベストセラー小説家のSue Grafton氏。Grafton氏は、編集・マーケティングなど膨大な仕事まで作家自身でこなす、もしくはまるごと省こうとする個人作家たちについて、作家の本質的な仕事である「物語を作る」ことに対しての怠慢であると主張し、彼らを「wannabe(なりたがり屋)」と記載。しかし、この発言に対してネット上の個人作家たちから批難を受け、Grafton氏もこの発言を撤回したようだ。
 Sue Grafton氏は批難にあった後、個人出版という新形態の出版方法がどう機能しているのかということがよく理解できていなかったとした上で、よくよく学んで行きたいとしている。個人による電子書籍出版の浸透で出版という形態が多様になってきたことで、作家自身、いかに本を著すかという大きな問題に直面しているのかもしれない。【hon.jp】
◎The guardian紙の記事( http://www.guardian.co.uk/books/2012/aug/29/self-published-laziness-charge-sue-grafton?cat=books&type=article )


◇Amazon Launches App Store in Five Countries in Europe
http://www.digitalbookworld.com/2012/amazon-launches-app-store-in-five-countries-in-europe/
(August 30, 2012, Digital Book World)
Amazon Appstore Launches in Europe; Now Available in the U.K., Germany, France, Italy and Spain
Amazon Appstore rollout across the EU is the latest in a series of additions that make Amazon the most complete end-to-end platform for developers looking to build, market and monetize their apps and games
SEATTLE & LUXEMBOURG?(BUSINESS WIRE)?Aug. 30, 2012? (NASDAQ: AMZN) ? Amazon.com, Inc. today announced the launch of its Amazon Appstore in the U.K., Germany, France, Italy and Spain, giving European customers access to Amazon’s broad selection of quality Android apps with the convenience of shopping on Amazon from their Android phones and tablets. Customers can get the Amazon Appstore for their Android phones and tablets by visiting www.amazon.com/getappstore.
Amazon’s Appstore offers a great selection of games and apps, including local favorites like “Jamie Oliver’s 20 Minute Meals” and “Skyscanner,” established bestsellers like “Fruit Ninja” and “Cut the Rope,” and new apps from top-tier brands like Rovio and Glu Mobile. In addition to localized content and a localized mobile store for each specific country, European customers will have access to popular Amazon Appstore features like the “Free App of the Day,” which offers a paid app for free every day. Today’s Free App of the Day is the ad-free version of “Angry Birds.” All Free Apps of the Day are specially-selected for the Free App of the Day program. Apps and games purchased from Amazon can be used across a customer’s Android devices, enabling them to buy an app or game once and enjoy it everywhere.
The Amazon Appstore also includes popular Amazon features like personalized recommendations, Customer Reviews and 1-Click payments. In order to ensure that customers have the best possible experience with the apps they purchase, apps are Amazon-tested and backed by Amazon’s world-class customer support.
“Customers in the U.S. have purchased millions of apps, games, in-app items and subscriptions since the store launched last year, and we’ve received great feedback about discovery features like Free App of the Day. We evaluate and test games and apps before making them available in the Appstore so we ensure customers have a great experience with the games and apps they purchase,” said Jim Adkins, Vice President of Amazon Appstore. “Amazon has spent years developing innovative features that help customers find and discover the products that are right for them and have applied that know-how to the Amazon Appstore. We’re delighted to extend that experience to our European customers.”
Amazon continues to roll out services and features that make it the most complete end-to-end solution for developers wanting to build, market and monetize their apps and games. Developers can build their apps and games using Amazon Web Service’s industry-leading infrastructure platform. For important audience engagement features like Leaderboards, Achievements and Syncing game state between devices, developers can use Amazon’s new GameCircle services. To gain exposure to tens of millions of customers, developers can list their apps in the Amazon Appstore and take advantage of awareness-building programs like Free App of the Day. And, to monetize their apps and games, developers can use Amazon’s industry-leading e-commerce and payment capabilities like In-App Purchasing and Subscriptions.
“Amazon’s Free App of the Day program is really unique,” said Peter Vesterbacka, Rovio Mighty Eagle and CMO. “Over the past year we have offered Amazon customers some of our best-selling premium games like “Angry Birds Rio” and “Angry Birds Seasons” for free, and the response has been truly overwhelming. We are pleased to offer Amazon customers another one of our most popular premium titles, “Angry Birds,” for free today.”
“Amazon customers are very important to us, and “Cut the Rope” and “Cut the Rope: Experiments” have been in the top of the charts on Amazon Appstore in the U.S. We are focused on delivering great gaming experiences to our users all over the world, and are looking forward to reaching more “Cut the Rope” fans as Amazon launches its store in Europe,” said Misha Lyalin, CEO, ZeptoLab.
“At Glu we’ve always been an early adopter of Amazon services for both building and selling our mobile games. For example, “Frontline Commando” was one of the first games on the Amazon Appstore to offer IAP and subscriptions. This game also leverages Amazon’s S3 and Sync services,” said Niccolo de Masi, Chief Executive Officer of Glu Mobile. “Amazon offers us exposure to its large customer base and we will continue to use the Amazon platform in our efforts to grow our business.”
“We are big fans of Amazon Appstore and have seen tremendous growth in our business since we started releasing our apps on the Amazon platform,” said Suli Ali, CEO of TinyCo. “We have been extremely successful with Amazon’s In-App Purchasing. It was easy to implement, and we have generated significantly more revenue per customer than with any other platform. Since we have had such success with Amazon, when GameCircle was introduced, it was a no-brainer, we added it to our apps right away.”
In Germany, France and Italy, customers will find “App-Shop” available today; in Spain, customers will find “Tienda Apps;” and U.K. customers will find the “Amazon Appstore for Android.”


◇米Amazon、Kindle専用電子書籍の購入・貸出回数が合計1億回を突破と発表
http://current.ndl.go.jp/node/21708
(2012年8月29日 カレントアウェアネス・ポータル)
米Amazon.comが、Kindle専用電子書籍の購入・貸出を含めた利用回数が合計1億回を突破したと発表しました。貸出については、同社が2011年11月に開始した有料会員向けサービス“Kindle Owner's Lending Library”によるものです。Kindle用電子書籍は現在18万タイトルを数えるということです。人気タイトルには、27万回以上利用されたHelen Bryanの“War Brides”や、合わせて50万回以上となるKaren McQuestionの“A Scattered Life”“Easily Amused”“The Long Way Home”などがあるそうです。
◎Kindle-Exclusive Books Have Been Downloaded Over 100 Million Times(Amazon.com 2012/8/28付けプレスリリース) http://phx.corporate-ir.net/phoenix.zhtml?c=176060&p=irol-newsArticle&ID=1729200&highlight=


◇数日限定での書籍無料化のインパクトとは
http://hon.jp/news/1.0/0/3647/
(2012-08-29 20:18:00 hon.jp DayWatch)
デジタルの時代、自分の書いた本を世に知らしめることは昔に比べて大変容易になった。そのせいもあってか、書籍を無料でダウンロードして読めるようにしている人も多い。
それは、自分の作品を宣伝するための武器として利用されることが多く、むろん売れるはずのものを手放してしまうというリスクはあれども、それを布石としてさらに他の多くの自分の作品を購読してくれる読者を獲得するという利益も図れるのである。
ひとつ例をとると、Tim Hawkenというまだ2つの作品しか世に出していない作家が、2作目の作品を売る為に1作目(2作目の前編)を5日間無料でダウンロードできるようにしたところ、前年の1作目の売り上げを上回る数のダウンロードがあった。さらに、無料ダウンロードの期間を終えた後も、前月よりも4倍近い売り上げを記録した。
2作目の売り上げも好調なようで、売り上げは前作の倍を記録しそうだということだ。
本のセールスと宣伝の関係は非常に不透明なもので、この一例だけを挙げて結論づけるのは難しいが、新進気鋭の作家や新作が控えている作家には、売り上げを伸ばすという意味では効果的な方法である可能性があるかもしれない。【hon.jp】
◎THE NEXT WEB(http://thenextweb.com/)


◇What’s the Point of Publishers in a Digital Age?
http://www.digitalbookworld.com/2012/whats-the-point-of-publishers-in-a-digital-age/
(August 29, 2012 Digital Book World)
As e-books grow and bookstores close, there’s a growing murmur that publishers are no longer relevant in the digital age. Authors now have the ability to self-publish their books and get electronic distribution on their own. So, who needs a big legacy publisher to get their work to the masses? This sentiment is magnified as some frustrated authors leave their legacy publishers to chart their own path. A greater sense of freedom and control is offered in this brave new world where the author becomes the new publisher.
However, this utopian perspective forgets one major point ? human nature. All authors come standard with a healthy dose of ego. It takes cojones to tell the world, “I’ve written a book and you should read it.” And, the ego will never disappear, no matter what social media or digital technology might bring. The inner influence of ego makes a critical impact upon the way an author chooses to make his or her work public. That’s why the author ego may be the single biggest reason that publishers will continue to survive.
As a marketing consultant who’s coached over 400 authors, and an author myself, I’ve seen one desire remain constant. Authors want someone else to value their work. Writers light up when other people are willing to pay money up-front, dote upon, handle boring details, and sing the praises of their books. The ability to provide this type of assistance and stroke the author ego gives publishers legitimate power. When the average writer hears, “You’re special and we’ll help you,” how can they resist?
The more success an author achieves, the stronger the ego’s influence. For example, many of the recent successful self-published authors, such as Amanda Hocking, Paul Young, and Darcie Chan, didn’t stick with self-publishing. They jumped ship to lucrative contracts and a team of helpers at a legacy publishing house. Even Amazon, the company responsible for making self-publishing popular, has created their own legacy publisher imprints. Why? Authors generally make publishing decisions according to their egos. If you’re skeptical, let me be more specific. Here’s how the author / publisher dance works:
1. Authors want to get paid for their work. Publishers act like big literary banks, paying out advance money to purchase a manuscript. Most authors can’t resist someone offering a check for $15,000, 25,000, $100,000, or more. In addition, most authors have no desire to become a business-person or a full-time entrepreneur. Self-publishing poster boys, such as John Locke and J.A. Konrath, represent a small minority of serious writers. The typical author simply wants to write and enjoy the accolades. Why self-publish a book and try to sell each copy yourself, when you can get paid up-front with a fat check?
2. Authors hate dealing with the details. Publishers will do the dirty work. Creating a book involves boring stuff, such as editing, page layout, cover design, converting the manuscript to e-book format, sending sales information to retailers, setting up distribution accounts, managing payments, handling returns, etc. Plus, these steps don’t include the all-important need for consistent marketing. How can the author ego rebuff a team of people who say they’re willing to handle those aggravating details? You can argue that publishers tend to fail in the marketing department. But, if that’s the case, why do most authors keep coming back for more?
3. Authors want everyone to read their books. Publishers hold keys to access the masses. They can provide the inside track to national bookstore distribution or a coveted appearance on Good Morning America. While this aspect of publishing has largely become an empty promise, authors will still take the bait. A writer’s ego can’t resist telling friends, “Look at these great promotional activities my publisher is doing for my new book.” If those activities fail to occur, authors get mad and breakup with their publishers like pouty teenagers. But, the ego cannot survive alone, and before long they’re flirting with each other again.
The love/hate relationship between authors and publishers has endured for over a century. Digital self-publishing and e-books represent wonderful new opportunities. But, the power of new technology is no match against the power of human nature. Therefore, publishers need not fear extinction. The literary ecosystem is bound by an unseen force that affects every author. What’s the point of publishers? To exist and thrive by keeping the author ego healthy and alive.


◇What’s The Point of Publishers in a Digital Age: Response
http://www.digitalbookworld.com/2012/whats-the-point-of-publishers-in-a-digital-age-response/
(August 29, 2012 Bob Mayer, Digital Book World)
This blog post is a response to Rob Eagar’s post here at Digital Book World: What’s The Point of Publishers in a Digital Age. I was going to just make it a comment, but then it grew too big. I recommend you read his post first, and then mine, and the reality probably lies somewhere in the middle.
While human nature must certainly be factored in, and emotion does usually trump logic, when running a business, one must focus on logic. Publishers do indeed help the author ego, if that author happens to be in the top 5% of the ranks at their publisher. Below that, the experience is often the opposite. The midlist is usually the living hell of getting blown off by harried editors, being promised promotion just so you don’t call or email any more and when the book actually arrives, there is no promotion, and the reality is that when you don’t earn out, you are in essence going to get ‘fired’ by not getting renewed.
This was my experience over 42 titles with 4 of the Big 6. Even when I sold over a million books for Random House, they could have cared less. I didn’t see much ego stroking going on for most authors. But if you are in the elite 5%, certainly.
Actually, the more I think about it, publishers are running a business, not a therapy center. The bottom line rules for them and it needs to rule for authors. Publishers might stroke your ego if you’re earning big bucks for them, but like in professional sports, stop producing and bye-bye.
An author who makes business decisions based on their ego is an author who won’t be an author for long and I’ve watched those types of authors fall by the wayside since my first book came out in 1991.
You bring up some valid points, but also some questionable ones.
I very much agree the concept of “self-publishing” is an oxymoron. More than one or two titles and doing it alone is overwhelming. Authors do need publishers in one form or another. When you say that Hocking and others “jumped ship” you seem to indicate the indie ship is sinking. I’m not sure we ever had much of a ship to start with, but there are still quite a few of us out there making very good money. I’ve noticed a strong backlash against indies lately, but that’s for another day.
1. “Authors want to get paid for their work.” Yes, but fairly.
Advances? Dangerous and a way of doing business rooted in the past that I believe is now outdated. Profit sharing is the way of the future. At my publishing company there are no advances, but authors make just about 50% of cover price on their eBooks. The level of motivation for the author to participate in promoting and marketing is much higher when their share is higher. I can resist an advance when I’m earning on the back end. In fact, I just did?more on that later.
Enjoy the accolades? I really could care less. What I love about being an indie author are the multiple checks arriving ever month from all the platforms equaling from a “Very nice deal” to a “good deal” in Publishers Lunch parlance. Every month. I know exactly how much money is coming in at the end of September. I have a very good idea already how much at the end of October (both “very nice deal” months). How many traditionally published authors are earning and paid a very nice deal every single month? Few and far between. But the same is true for indies? a handful of us, and mostly because we owe a debt of gratitude to traditional publishers who published us in the first place. Although they did divorce us too.
I’ve enjoyed my checking account balance a lot more this year than the years I was a NY Times Bestselling Author. In all fairness, though, if I could not say I was a NY Times bestseller, that would certainly hold an appeal.
2. “Authors hate dealing with detail.” I do hate dealing with details. Why I started my own publishing company. Again, I think the life span of a true indie author who wants a career is a limited one without help. But that doesn’t necessarily have to be legacy publishers rooted in the old way of doing things. There are the Amazon imprints and smaller agile publishers, like Cool Gus, who understand the digital age and are committed to change and being ahead of the curve, instead of reacting to it. If a Big 6 is really on the ball with the digital age and offered an attractive deal, certainly I’d go for it. Some already have as you indicated. They know the details of their contracts and what’s been promised, so they obviously see a great appeal because they signed. But they usually sign at a level that gets them into that 5% club from the start.
3. “Authors want everyone to read their books.” I want people who pay to read my books at a royalty rate that is fair. With diminishing rack space, point three really applies to a small percentage of authors. Good Morning America? Come on. Top 5% again. Publishing is perfect for them, no doubt about it. Although, to be fair, those top tier authors bashing Amazon, really need to put up and have their publishers pull all their titles from Amazon. Can’t bash your cake and eat it too. I’m a publishing whore. I’d sign with Beelzebub Press if the deal made business sense. Right now, most traditional deals don’t.
Here’s what publishers and Amazon can bring to the table. Even having my own company, I just signed a three-book deal with 47North. For zero advance. In return for higher royalty rates and the promise of promotion (we’ll find out how that works starting 11 December). The reason I signed primarily is the ONE thing every author must have now: Discoverability. Some indies have it: Bella Andre. Barbara Freethy. I’ve got a very broad base across multiple genres, which isn’t the smartest business plan but the hand I dealt myself over 20 years. Frankly, I need Amazon’s marketing push to help the books they bought, but also to build my brand and sell my indie books.
I respectfully disagree with the last line of the post regarding the point of publishers: “To exist and thrive by keeping the author ego healthy and alive.”
Ego doesn’t pay the mortgage. An author more concerned with ego than business is looking for a job. I submit that the point of publishers in a digital age is to partner with authors in a fair royalty scheme so that all the players in the business are committed to getting books from the content creators, Authors, to the content consumers, readers. All must bring value to the table in one form or another.


◇Ebook Lending an International Problem
http://goodereader.com/blog/electronic-readers/ebook-lending-an-international-problem
(AUG 28, 2012 By Mercy Pilkington)
In the US, libraries and their patrons have felt the frustration stemming from the artificial barriers to ebook lending that some publishers have put in place. While those barriers are meant to protect the interests of the authors and publishers until a better solution presents itself, it is the budget-constricted libraries and readers who are feeling the sting.
Platforms like OverDrive, 3M, Smashwords, and Bilbary are working diligently to provide digital content for libraries until the publishers’concerns?namely pricing, number of patron checkouts per ebook purchase, and piracy?are addressed.
But the problem is far from isolated to the US libraries. A document by New Zealand’s Association of Public Library Managers pinpoints the libraries’ main obstacle, namely the DRM status the limits how many times a book can be borrowed, breaks down the compatibility across different devices, and forces a waiting period on ebooks, therefore treating them like their print counterparts.
“We can understand where the publishers are coming from, but we want to make e-books available to the maximum number of people,” said Ian Littleworth, chair of the association, in an article for ComputerWorld. “A popular view among libraries, based on the strength of evidence from the world of printed books, is that lending can stimulate bookshop purchases. Many people on reading a good book from the library, will want to own it. We’ve been through this phase with printed books, and it’s just a question of e-books not having the same maturity.”
While there is no clear answer yet, opponents of Digital Rights Management have demonstrated that stripping away the “protection” on ebooks has actually led to an increase in book sales and a decrease in piracy, as consumers are often willing to pay for access to a book. Additionally, libraries have given evidence that patron borrowing often leads to book sales, especially in the case of sequels and book series. However the outcome that best suits all parties is reached, it is clear that libraries and publishers are in talks about how to best meet their needs.


◇Baker & Taylor Expands Digital Library Services
http://www.digitalbookworld.com/2012/baker-taylor-expands-digital-library-services/
(August 28, 2012 Digital Book World)
Baker & Taylor Expands Collection Development Services for Libraries with FirstLook Digital for Electronic Content
Baker & Taylor Inc., the world’s largest distributor of digital and physical books, announced today that it is extending its popular FirstLook title notification service to include digital content. The first in a series of feature enhancements for libraries using Axis 360 that will be released over the coming months, FirstLook Digital enables librarians to identify and purchase important new digital and printed materials at the same time in one seamlessly integrated workflow.
Leveraging the Title Source 3 collection development tool suite, FirstLook Digital provides libraries with valuable and timely information on new titles that merit consideration for their collections. Libraries can customize FirstLook Digital to their interests and reduce the time they spend on manual searches. The FirstLook Digital service is free to Axis 360 customers.
“By reducing the time involved in identifying and ordering new digital titles, FirstLook Digital helps save librarians time, freeing them to spend more time helping their patrons or addressing other responsibilities,” said Martin Warzala, Baker & Taylor’s Director of Collection Development. “It allows libraries to have digital collections that are current and available to patrons as soon as the titles are published. With Baker & Taylor, librarians now have all the tools they need in one place, so they can get reliable guidance on and access to new titles across all formats of materials.”
The new service draws on Baker & Taylor’s extensive title database and is backed by the company’s experienced staff of collection development librarians. FirstLook Digital allows customers to receive scheduled Title Source 3 carts, which are organized in children’s, teen and adult categories. Baker & Taylor’s collection development team can also provide start-up Axis 360 collections tailored to the library’s needs and budget.
“We are thrilled to offer the full family of Baker & Taylor’s collection development services for our library customers and ultimately for their patrons,” Warzala said.
FirstLook Digital brings Baker & Taylor’s highly-regarded collection development services into the digital realm, employing the same processes that libraries are already using on Title Source 3 for printed books, books on CD, DVDs and CDs.


◇Google Nexus 7 Reaches France, Germany, and Spain
http://goodereader.com/blog/tablet-slates/google-nexus-7-reaches-france-germany-and-spain
(AUG 27, 2012, By Sovan Mandal, Good E-Reader)
Nexus 7 is slowly opening up to more international markets and the latest countries where the Google tablet is available right now include France, Germany, and Spain. Prices mentioned are ?199 and ?249 for the 8 and 16 GB versions of the 7 inch tablet, which means buyers in the above mentioned countries are actually having to pay more than their US counterparts after the conversion rates are taken into consideration.
However, the consumers in the above European countries aren’t the only ones that would be counting losses, as Google will also have less to add to its coffers, since its Play Magazines and Play Music service still continue to be US only. Since the ultra low cost tablets are sold to make money by selling content via the official store (a strategy perfected by Amazon), Google will lose out on that with its content not available in those countries.


◇出版業界ニュースフラッシュ 2012年8月第4週
http://ebook.itmedia.co.jp/ebook/articles/1208/27/news101.html
(2012年08月27日 eBook USER)
新潮社、自費・カスタム出版事業を開始
 8月20日、個人向けの自費出版と、団体向けのカスタム出版事業を同社図書編集室で開始した。同日からホームページで告知、8月22日発売の「週刊新潮」同30日号でも広告掲載する。自費出版は200頁・四六判上製、500部で195万円程度となる見込み。著者の希望に応じてISBNを付し、34の主要書店にも流通する


◇Kindle Owners’ Lending Library Now Has 180,000 Titles
http://www.digitalbookworld.com/2012/kindle-owners-lending-library-now-has-180000-titles/
(August 27, 2012 Digital Book World)
Amazon Prime Crosses Big Milestone: More Items Are Now Shipped with Prime Free Two-Day Shipping Than with Free Super Saver Shipping
Over seven years, Amazon has grown Prime selection by 15 times from one million to 15 million; added Kindle Owners’ Lending Library with over 180,000 books available to borrow for free; and introduced Prime Instant Video with over 22,000 movies and TV episodes available for instant unlimited streaming ? all without changing the price ? still only $79 per year
Kindle Fire owners receive one free month of Prime with the purchase of their device
SEATTLE?(BUSINESS WIRE)?Aug. 27, 2012? (NASDAQ:AMZN) ? In 2005, Amazon launched Amazon Prime, offering customers all-you-can-eat Free Two-Day Shipping on one million items for only $79 per year. Since that time, Amazon has significantly increased the benefits of Prime ? adding over 14 million eligible items to reach over 15 million; introducing Prime Instant Video, growing the number of movies and TV episodes from 5,000 at launch to over 22,000; and adding the Kindle Owners’ Lending Library, which started with 5,000 books to borrow for free with no due dates and now includes over 180,000 books. With all these new benefits, the price of Prime remains just $79. Today, Amazon announced that it now ships more items with Prime Free Two-Day Shipping than with Free Super Saver Shipping ? the program Amazon launched in 2002 that offers free shipping on orders over $25.
“Since Amazon launched in 1995, we’ve been focused on growing selection for our customers. Following the introduction of Amazon Prime in 2005, we’ve worked hard to grow Prime selection as well. We’re incredibly proud to be able to offer more than 15 million Prime items today. We’ve also grown the Prime Instant Video library to more than 22,000 movies and TV episodes, all with unlimited streaming, and Prime members can borrow more than 180,000 books for free, with no due dates, using the Kindle Owners’ Lending Library ? that’s up from roughly 5,000 when the program launched less than a year ago,” said Jeff Bezos, founder and CEO of Amazon. “Even seven years later, the price of Prime remains unchanged at $79 a year. Amazon Prime is the best bargain in the history of shopping, and it’s going to keep getting better.”
Amazon Prime Facts:
The top two items purchased with Prime Free Two-Day Shipping this year so far are the Kindle Fire and the $79 Kindle. Kindle Touch is number three and “Fifty Shades of Gray: Book One” is number four.
Amazon Prime now features more than 15 million unique items, all with Prime Free Two-Day Shipping.
Amazon Prime members could order 500 different items with Prime Free Two-Day Shipping every day of their lives and still not order every Prime item.
In a given week, 96.4 percent of the Prime Instant Video catalog is viewed.
The number of titles available for unlimited streaming through Prime Instant Video has increased from roughly 5,000 titles at launch to over 22,000 today. Just this year alone, the title count has grown from 13,000 to over 22,000, an increase of 70 percent.
In addition to hundreds of compatible TVs and Blu-ray players, you can now watch Prime Instant Video on Kindle Fire, PlayStation 3, Xbox 360, and iPad.
The number of titles available through the Kindle Owners’ Lending Library has increased from roughly 5,000 at launch, less than one year ago, to over 180,000 today.
The most watched TV show available through Prime Instant Video is Downton Abbey Season 1.
The most watched movie available through Prime Instant Video is The Girl With the Dragon Tattoo (English Subtitled).
All seven Harry Potter titles are now available to check out, for free, with no due dates through the Kindle Owners’ Lending Library.
The most borrowed title in the history of Kindle Owners’ Lending Library is The Hunger Games.
“I’m a long-time Amazon customer and when they came up with Prime a few years ago I jumped on it! With Amazon Prime, in many cases I can have something delivered to my doorstep faster than I can find time to go shopping for it. Now with all the other benefits, such as free borrowing of Kindle books and watching instant videos, it has become an even better value.” ? Bill Ebersohl, Amazon Prime Member since 2005
“I’ve been a member of the Amazon Prime program since it launched and I find it a valuable savings for my purchases through Amazon. It especially pays for itself during my holiday shopping…It is a great value for your money to have a membership and I recommend it to everyone!” ? John Kelch, Amazon Prime Member since 2005
“We signed up for Prime as soon as it became available, because we immediately saw the value and convenience we would get from it. The fact that the yearly fee for Prime has not increased in seven years is even better, especially when members now get more perks with instant streaming of movies and TV programs and the ebook lending library.” ? Mollie Mondoux, Amazon Prime Member since 2005


◇Publishers Breaking Down Print, Digital Barriers
http://goodereader.com/blog/e-book-news/publishers-breaking-down-print-digital-barriers
(AUG 26, 2012 By Mercy Pilkington Good E-Reader)
Random House Canada, a division of the major print publisher, has launched an online magazine and an ebook platform that is blurring the lines between the expected roles of the publisher and the current popularity of digital publishing. Named after a 19th century essayist, the online magazine, Hazlitt, will feature new content and short form reading. The ebook platform, Hazlitt Originals, will give voice to content that may not have been right for Random House in the world of print-only traditional publishing, but that can now be published digitally.
“No one can predict where things are going, but hopefully this will give great writers a place to tell great stories,” says Hazlitt editor-in-chief Christopher Frey in an interview with Tony Wong for The Star. “We hope to be quite writer-centric with established and emerging writers.”
As more and more magazines and newspapers take to the digital space in order to reach readers and save on printing and delivery costs, the world of long form journalism is opening up as well. No longer held to the constraints of print, more in-depth content is available to digital readers. Additionally, sites like Random House’s online venue do more than just sell titles and promote authors, they connect the readers with information while keeping that relationship ongoing.


◇米Microsoft、Windows 8公式プログラミング書を11月にEPUB/MOBI/PDF電子書籍で無料公開へ
http://hon.jp/news/1.0/0/3635/
(2012-08-24 10:19:12)
 米Microsoft社は現地時間8月20日、10月26日に発売予定の次期Windows OS「Windows 8」の公式プログラミング書を、発売直後あたりにEPUB/MOBI/PDF形式の電子書籍で無料公開する。
 無料公開されるのは「Programming Windows 8 Apps with HTML, CSS, and JavaScript」(著:Kraig Brockschmidt)で、試読版はPDF形式ファイルですでに公開されている。Windows 8では、新しくARM製プロセッサに対応した「Windows RT」というバージョンも追加される関係上、HTML5/JavaScriptベースでのアプリ開発が一般的になると予想されており、本書の無料公開を通じてWebデベロッパーたちの積極的な参加を促したい模様だ。【hon.jp】
◎Microsoft Pressブログ告知( http://bit.ly/Pz1B94 )


◇米国務省、政府機関向け電子書籍端末の仕様・要件について意見を募集中
http://hon.jp/news/1.0/0/3638/
(2012-08-24 11:22:52 hon.jp DayWatch)
 米国の国務省(本部:米国ワシントンD.C.)は現地時間8月17日、政府機関向けの電子書籍端末の仕様・要件に関する意見を募集開始した。
 米国の公的機関は過去数年間、何度か電子書籍端末を導入しようと試みたことがあったが、身体障碍者への対応やセキュリティなど合衆国憲法にからむさまざまな制約のため、民間メーカーへ発注できずにいた。つい最近も、Amazon Kindleシリーズの導入を断念したばかり。
 国務省では、まず電子書籍端末の仕様・要件に関する意見を業界各社から広く募集することで、納品メーカー公募のステップに進んでいくことにしたようだ。【hon.jp】
◎米国務省の電子書籍端末の意見募集ページ( http://1.usa.gov/MPGCkY )


◇Borrowing eBooks from Canadian Libraries Is on the Rise
http://goodereader.com/blog/electronic-readers/borrowing-ebooks-from-canadian-libraries-is-on-the-rise/
(AUG 23, 2012, By Michael Kozlowski, Good E-Reader)
Canadian libraries are experiencing a boom period in lending out digital books. This is partly due to the presence of Overdrive and EBSCO in Canada, these two companies facilitates the entire infrastructure for libraries to easily offer books to patrons. Every month new branches are buying into the system and roughly 21% of the entire country has a digital lending strategy. This is stimulating record growth in this sector and customers are ultimately benefiting from free content.
In the first quarter of 2012, eBooks accounted for 28% of circulated loans, across the entire country. Also, 59.43% of book buyers claim to have visited the library within the last 12 months. Of those respondents, 19.4% visit the library, either in person or online, 2 to 3 times a month and 16.3% visited once a month. On an average week in Canada over 63,196 e-books are loaned out from the libraries. The entire industry in Canada saw a 50% increase in digital circulation from 2011 to 2012.
In 2011 Lumos Research for the Canadian Urban Libraries Council released a report that was very encouraging to the sustainability of the public library system in Canada. Across the country, library usage is up 45% over the past decade. It seems Canadians are not just borrowing eBooks from the library, but they are actively engaging in the culture. This is partly due to reading groups, bookclubs and places for young moms to grow their children’s minds.
Many large libraries in Canada are adopting an extensive digital strategy at the behest of tech savvy patrons. e-Readers, Tablets and Smartphones now allow patrons to easily borrow books with dedicated apps to borrow and read. The growth of this tech sector is partly due to the success of Kobo, which controls 47% of the entire Canadian market. In January 2011, the Canadian e-reader scene was controlled by Amazon and Sony, who each had 28% of the entire market. The big shift this year comes at the expense of Sony’s e-reader, which saw market penetration drop from a category leading penetration in January 2011 to a distant third at 18% in January 2012.
One of the most well known success stories in very traditional library adapting to the digital age is the The Grande Bibliotheque in Montreal Quebec. Membership has grown 17% over five years. The $142-million library, which opened in 2005, now has 286,000 active members and 3 million visits annually. The key to a library’s success, said Guy Berthiaume, director of the Grande Bibliotheque, is to adapt with the times. The Montreal library now has 200,000 ebook titles available with plans for more on the way. The library cites e-readers and tablets are being the primarily vehicle for patrons to read eBooks and not PC’s.
In essence, Canadian libraries only started seriously marketing eBooks in early 2010, when the EPUB standard was adopted. Before this standardized electronic format, many libraries only offered PDF books and did not have a digital infrastructure setup to loan them out online. You had to basically visit the library in person and access a computer to read them. The recent statistics included in this story are quite telling. In only a few short years the eBook segment is undergoing a period of sustained growth. One of the factors that hinders the entire industry is the “old guard.” This is a term coined by the younger librarians are are open to the idea of electronic content. The ‘Old Guard’ are mainly the bulk of current library administrators in Canada that have been running the show for the last four or five decades. They just don’t ‘get’ eBooks or see a need to change the status quo. This is especially prevalent in rural Canada, where the bulk of public libraries reside.


◇CourseSmart and STEPP Conduct a Study on the Accessibility of eTextbooks
http://goodereader.com/blog/electronic-readers/coursesmart-and-stepp-conduct-a-study-on-the-accessibility-of-etextbooks/
(AUG 23, 2012, By Mercy Pilkington, Good E-Reader)
GoodeReader reported on digital textbook publisher CourseSmart’s involvement in a multi-year study by STEPP (STudent Erent Pilot Project) on how the rental of digital textbooks are affecting learning outcomes at the higher education level, with a special focus on providing easier and more cost effective accessibility for students with special needs. This week, Cindy Clarke, CourseSmart’s Vice President of Marketing, spoke with GoodeReader about the recent study and this need for a broader adoption of the existing technology.
“CourseSmart’s viewpoint on accessibility is that all students deserve to be treated equally and have equal access to course materials at an affordable price. It’s imperative that those who select course materials keep in mind the cost and accessibility.”
Studies have shown that those students who have early access to their materials are less likely to drop their classes and are more likely to do well, so the same accessibility is a concern for students have special considerations when relating to their texts, like a print-specific disability. For users with printer related disabilities, a browser based site is important. The browsing and purchasing capabilities are just as important as the reading experience for independent users.
“First time students were able to enjoy the benefits of etextbooks, like a savings of 50% over print, along with instant, anytime-anywhere access to their course materials on a web-enabled device so they don’t have to buy a specific device. Our reader enables all users to take notes, highlight, and to compile those notes and highlights in one easy to use tab. Very important for those with print related disabilities. It’s very easy for students using a e-textbooks to find what the professor is referring to since the pages in the digital textbook match the pages in the print textbook.”
STEPP began its study in 2010 using CourseSmart content, along with help from Alternative Media Access Center (AMAC) and Access Text Network (ATN), and is concerned with coming up with affordable texts for all students. Those consumers with print related disabilities are a subset of that group, which is important considering CourseSmart already has over three million student and faculty users in the US, UK, and Europe.
“One of the great things about the STEP program is it has great intentions and a great goal, but most important, the organization has been very focused on making sure we are achieving those goals. The good news is the initiative is performing against the goals, with 77% of students saying they did save money by renting etexts. 80% of students who needed an accessible textbook were satisfied with the quality, and nearly 80% of students said they accessible electronic text provided them with what they needed for class.”


◇ほぼ全文書き起こし:電子書籍時代に出版社は必要か――創造のサイクルと出版者の権利をめぐって (6/7)
http://ebook.itmedia.co.jp/ebook/articles/1208/23/news061_6.html
(2012年08月23日 14時30分 eBook USER)
◎はじめに
 7月上旬――「東京国際ブックフェア」「国際電子出版EXPO」など、国内の出版、電子書籍市場が活況になるこの時期。今年は楽天グループのKoboやAmazon.comのKindleがいよいよ国内でのサービスインかといった話題で持ちきりだったが、この時期、ある重要な議論の場が設けられた。
 それは、東京国際ブックフェアの最終日、急きょ追加されたシンポジウムだ。「電子書籍時代に出版社は必要か? −『創造のサイクル』と『出版者の権利』をめぐって」というこのシンポジウムは、当初の予定になかったこと、また、上述のkoboなどの話題にかき消される形で、あまり大きな話題にならなかった。
 しかし、このシンポジウムは、5人の識者――しかも、登壇した5人すべてが業界のキープレイヤーといってよい面々――が、出版業界の今後を議論した希有な場だった。彼らが論理的、分析的に激論を交わしたことで、現在の出版業界がどういった問題に直面しているのか、そして今後はどうなるのかという大局を示唆したという点で、非常に重要な内容だった。
 そこでeBook USERでは、シンポジウムを聴講した鷹野凌氏協力の下、その内容をここに書き起こし、広く一読いただきたいと思う。
 最初にお伝えしておくと、この記事はとても長い。90分の濃密な議論を書き起こしているからだ。読みやすいよう文意を損なわずに文字量を減らすなどの校正を加えたが、それでも数万文字レベルだ。ひいき目にもWeb向きではないし、分割しての掲載も考えたが、出版業界の抱える課題が凝縮されたいわば「パンドラの箱」のようなこのシンポは、かなり踏み込んだ発言が部分部分で登場するので、分割してしまうと前後関係を見失って読者をミスリードさせてしまうかもしれない。そのため、あえて1つの記事としてお届けする。
 この記事を読み終えたとき、そこに残っているのは出版業界にとっての「希望」なのか、それとも……。では、ご覧頂きたい。

◎同シンポジウム登壇者
【パネラー】赤松健氏(漫画家・株式会社Jコミ代表取締役社長)
【パネラー】植村八潮氏(専修大学教授・株式会社出版デジタル機構会長)
【パネラー】岡田斗司夫氏(著述家・FREEex代表)
【パネラー】三田誠広氏(作家・日本文藝家協会副理事長)
【コーディネーター】福井健策氏(弁護士・ニューヨーク州弁護士・日本大学藝術学部客員教授)

◎電子書籍と権利問題について、これまでの歴史
福井 おはようございます。皆さん、業界的には朝早くから、大変ご苦労さまでございます。
(場内笑い)
福井 本日はですね、これは急きょ加えましたシンポジウムで、国際ブックフェアのチラシには載っていないんですけども、「電子書籍時代に出版社は必要か? 『創造のサイクル』と『出版者の権利』をめぐって」という、タイトル自体が何か論点になりそうなシンポジウムを行いたいと思います。私、司会を務めさせて頂きます弁護士の福井でございます。よろしくお願いいたします(パネラー紹介は中略)。
 それではね、時間が90分しかございません。先ほども打ち合わせでね「どう考えても1人90分要るだろう」と言われていて(笑)、時間が押すのは必至ですのでさっそく内容の方に入らせて頂きます。
 まず私から冒頭の状況説明ということで。最初に電子書籍と権利問題について、これまでの歴史を簡単に見てもらいたいと思うんです。(中略・下記表参照)……一言で言うならば、日本でも官民、あるいは国内外、あるいはハード・ソフト、さまざまな分野で、電子書籍化あるいは電子出版化に向けた動きが急だと言えようかと思います。
時期 出来事
太古 著作権審議会 第8小委員会報告書公表
2000年 「電子文庫パブリ」サービスイン
2002年 シャープ「XMDF」発表
日本書籍出版協会著作・出版権委員会報告書公表
2009年 国内電子書籍市場500億円突破
国立国会図書館の資料デジタル化予算に127億円を計上
著作権法改正、国会図書館での資料デジタル化が可能に
2010年 日本電子書籍出版社協会(電書協)発足
Apple「iPad」国内販売開始
電子出版制作・流通協議会(電流協)発足
ソニー「Reader」国内販売開始
「TSUTAYA GALAPAGOS」サービスイン
2011年 楽天、Kobo社の買収を発表
2012年1月 文部科学省「電子書籍の流通と利用の円滑化に関する検討会議」報告書公表
2012年4月 株式会社出版デジタル機構設立
2012年6月 著作権法改正、国会図書館は公共図書館等に対し絶版資料の配信可能に
「印刷・電子文化の基盤整備に関する勉強会」中間報告書(案)公表
Amazon「Kindle」、日本での近日発売を発表
2012年7月 Koboイーブックストア、国内サービス開始

◎電子書籍と権利問題、国内小史
 こうした中で、「出版社中抜き論」というものが出てきました。表にはありませんが、2008年にGoogleBooksの和解が公表されました。これはかいつまんで言うと、「世の中のあらゆる書籍をデジタル化して、これをネットを通じて人々がアクセスできるようにしよう」というもので、そのときに、権利者がNoと言ったらそれはリストから落としますよと、でも権利者がNoと言わない限りは、それは配信しますよと。こういう和解案、裁判所お墨付きのビジネス案がアメリカ発で出てきたわけです。
 そのことの是非で国内が非常に揺れたのも記憶に新しいわけですが、もう1つ、出版社あるいは日本の出版界がハタと困ったことがあります。というのは、「権利者がNoと言ったらとあるが、じゃあ出版社は電子出版についてどんな権利を持っているの?」ということが改めて疑問として浮上したわけです。
 ちょっとこれは曖昧なところがある。というのは、日本の著作権法には「出版権」という言葉がありますが、この出版権はほぼ紙にしか及ばない。少なくとも配信型の電子出版には及ばない権利と理解されているわけです。電子出版について出版社には何の権利もないように見える。
 つまり、作家が、実名挙げて申し訳ないですけど例えばAmazonと話をつけてしまえば、例えばまだ新刊本であれ、同じ書籍について作家とAmazon間で電子出版できちゃうのかと。出版社要らなくなるの? という議論ですね。これがいわゆる「出版社中抜き論」です。
 この「出版社中抜き論」、いろいろな意味で理解されるんですけども、これが当初の意味の「中抜き論」です。出版社を抜いちゃう。飛ばしちゃえ、と。で、そりゃ困るだろうと。「それをされたら出版社は収入源が奪われるわけだから、疲弊してしまうじゃないか」という意見と、「いや疲弊してもいいじゃないか、出版社要らないんじゃない?」という意見と、両方出てきたわけです。そこで問われたのが、「出版社って不要になっちゃうの?」ということです。
 なぜ出版社の疲弊が心配されるかというと、コンテンツ産業はこの10年以上、ほぼ一貫して縮小を続けているんですね(中略・下表参照)。出版・雑誌も落ちている。2兆5000億円から20%以上、もう20数パーセントのシュリンクです。1兆9000億円切りました。落ち幅が大きいのは雑誌です。
産業界 市場推移
出版・雑誌 1998年:2兆5415億円 2010年:1兆8748億円
新聞 2000年:2兆1851億円 2009年:1兆6605億円
音楽レコード 1998年:6075億円 2010年:1976億円
有料音楽配信 2005年:342.8億円 2010年:860億円
TV放送・関連サービス 2004年:3兆5171億円 2009年:3兆3473億円
(内、民放地上波 2004年:2兆2092億円 2009年:1兆8311億円
映像ソフト 2004年:3754億円 2009年:2740億円
ライブイベント 2001年:9220億円 2008年:9693億円

◎縮小を続けるコンテンツ産業(デジタルコンテンツ白書、ぴあエンタテインメント白書による)
 でこれ、デジタル・ネット化の中で起こったことだという指摘がやはり強い。いわゆる海賊版に(市場を)食われたということだけじゃなく、フリーの情報がネット・デジタル化の中で非常に増えているからですよね。無料で見られる情報が非常に増えている、ということの影響があるかなと。

◎出版社の隣接権要望
福井 こうした中で、出版社はこのまま中抜されてしまったら困る、あるいは、まん延している海賊版に対して出版社が対応できないのは困る、ということから、隣接権の要望が出てきました。
 中川勉強会(編注:元・文部科学大臣である中川正春氏の『印刷文化・電子文化の基盤整備に関する勉強会』)の最新版の中間報告書案を中心に、それ以前のリリースなども参考にしてまとめてみると、こういう権利を求めているわけです。
 まず対象は「出版物」で、書籍・雑誌および電子書籍・電子雑誌も含むと。で、何に対して権利が及ぶのかというと、「出版物原版」という言葉が登場して、これに対して権利が及ぶと。出版物原版は要するに、「印刷用の版とかフォーマット済みのデータファイル」と説明されています。あとは印刷するだけになったいわゆる「下版」やフォーマット済みのKindleフォーマットやEPUB、そういうデータファイルの段階。これが、権利の対象だよと。そして、誰に対して権利を与えるのかというと、出版“者”だよ、と。
 ここで、出版者の“者”の字、“者”という字が書かれているけども、これは誤植じゃないんですね。それは、今のいわゆる出版“社”とは必ずしも限りませんよということです。想定はしているんだろうけど、必ずしもそうだとは限りません。それは、「出版物原版の制作に発意と責任を有する者」という固い言葉が出てくる。
 これが何かというと、一般には先ほどの“印刷用の版”とか“フォーマット済みのデータファイル”、要するに「版面」ですよね。はんめん・はんづら。これを作るために、イニシアチブを取って、経済リスクを負担した者と理解されています。それに対して隣接権というモノを与えるよと。
 隣接権って何なんだっていうと、与えられる権利として「複製権」「送信可能化権」「譲渡権」「貸与権」があり、このうち電子出版に関わるのは複製権と送信可能化権です。
 複製権とは要するに「無断で版面コピーするな」という権利です。版面をコピーするなというのは、版面のコピーのそのまたコピーも含みますから、例えば発行された雑誌をスキャンするとこれで版面コピーです。こういうことを無断でするなという権利ですね。
 それからもう1つの送信可能化権。これは要するに「ネットにアップするな」という権利です。データ配信などはすべてこの権利が関わってくるわけで、電子出版はだいたいこの2つの権利のどちらか、あるいは両方に関わります。つまり、版面――既存のはんづら・はんめん――を利用して電子出版するときには、出版社はNoと言える権利をくださいよと、こういう要望だということになります。

◎著作権と隣接権
福井 それって著作権なの? というと、著作権ではありません。著作権とは、クリエイターに与えられる権利で、出版社が持つケースもまれにありますが、しばしば作家が持ちます。で、作家の持つ著作権と、出版社が要望しているこの隣接権がどう関連するかというと、「お互いがNoと言える権利を持つ」わけです。版面が利用される場合には、お互いがNoと言える権利を持っているから、例えば、作家がどこかの事業者と相談して版面を使った電子出版をやろうとしても、出版社が「版面使うのならやめてください」と言える、こういう権利ですね。
 ちなみに、版面を使わないなら出版社の権利は及びませんから、著作物をどう使うかは作家の自由だといえます。これも論点にはなるんですが、ま、そうだよと。期間は出版の翌年から25年間。合わせて、悪用されないような運用のガイドラインを作ろうとか、作家との間で意見の相違が出たときに紛争処理機関を作ろうとか、権利そのものをどこかで集中管理した方がいいんじゃないか、という提案もありますが、これは、後でもしそういう論点になったら触れることにします。
 ここで批判が巻き起こります。1つには、出版者って“者”っていう字を書いているとはいえ、ほとんどの出版社に一律でそんな権利与えちゃってもいいの? 出版社っていってもいろいろなんだけど? と。凄くたくさん貢献している出版社もいれば、そうじゃない出版社もいるんじゃないの? という批判も出てきた。あるいは、それは契約で対応すればいいんじゃない? 作家と出版社が契約で、電子について取り決めればそれでいいんじゃないの。で、そもそもそういうことをすると、権利が分散してしまって、作品が死蔵されるんじゃないの? という懸念が表明されたこともあります。
 これらは時系列を追ってずっと動いてきた論争を部分部分で取り上げて紹介していますから、ひょっとしたら論争の中で、既に半ば解決済みの問題もあるかもしれません。しかし、論争の状況としてはこんなことがあったわけです。
 出版社が権利付与を求める目的としてはまず「海賊版対策」。確かにこの権利があれば、出版社は版面を利用した海賊版に対して、自ら原告として訴えを起こすことができる。確かにそうです。これがないと、日本では自ら原告として裁判を起こすのは難しい。あるいは、さっきの「中抜き」に対する危機意識も根底にはあるかもしれない。というような現状です。
 えーすいません、私もっと早くこのパート終わらせなきゃいけなかったんですが、ちょっと時間をとってしまいました。ご勘弁ください。これが現状の、ごくかいつまんだ理解になろうかと思います。

◎出版社は電子書籍の時代に必要か――パネリストはこう考える
 福井 さて、ここで、パネリストの皆さんに、オープニングのコメントを頂きたいと思うんですね。まさに本日のテーマ、タイトルである「出版社は電子書籍の時代にあって、必要でしょうか?」について、お座りの順番で宜しいですかね? では、赤松さんからお1人5分ということで、これに関連して「今日はこれを伝えておきたい」といったことがあれば、一緒にお話頂ければと思います。よろしくお願いいたします。

◎「直し能力」「新人育成能力」の2点だけとっても、出版社は必要――赤松健
赤松 赤松です。よろしくお願いいたします。漫画の場合は、ちょっと特殊な気がするんですよね。「バクマン」あの、終わりましたけど、漫画家が絵コンテ描いて、それを、編集者が直すじゃないですか、これつまんないとか、ここんとこ切ってとか、この女の子もう少しでかくしてとか、もしくは、これ裸にしちゃおうとか。漫画家がパッと書いた思いついたものを、読者のために、読みやすいように、いろいろ変形させるんですよね。これが“直し”。
 出版社はこういう直しの能力を持った編集者をいっぱい持ってる。いまはね。そういう直しという能力がある以上は、基本、漫画家あるいは作家としては、編集者・出版社はなくては困るものなんです。
 で、もう1つね、新人さんなんですけど、新人さんをもう心構えの段階からこう育てていく、みたいなのもやっぱり編集者の力なんですよね。浦沢直樹先生が長崎(尚志)さんというブレーン持ってますけど、元編集者ですよね。フリーでも、まあ、問題は無いんですけど、もしちょっと対立しちゃったりすると他の人に変えることもできるし、出版社の中にそういう優秀な直し能力を持つ編集者がいるんだったら、漫画家としては出版社はなくてはならないものなのかな、と考えています。Amazonがもし出版社になりたいと思ってるんだったら、編集者、直し能力を持った編集者が必須ですよね。それを集めてるっていううわさ、実際にありますよ。
 私は作家としては、「直し能力」「新人育成能力」の2点だけとっても、出版社は必要じゃないか、という意見ではあります。
福井 ……。
赤松 早いですか?
 (会場笑い)
赤松 だって、20分くらいとっちゃったから福井先生が。5分で済ますって言ってたでしょ?
 (会場笑い)
福井 私ですね。私ですよね。すいません。えーーーもう、ご協力に大変感謝しつつ、それでは、植村さんお願いいたします。

◎中抜きなんか起こってなくて、むしろ独占が起こっている――植村八潮
植村 はい、植村です。ご存知の方も多いと思いますけど、実は3月まで出版社に務めてましてね、だからここでもバリバリの出版擁護論を喋るって、出版社の皆さん期待しないでくださいね。
 まずね、「出版社って何なんだろう」っていうことを確認しておくと、さっき福井さんが人としての“者”って意味での出版者って、これ凄く大事なポイントだと思っています。僕流の言い方にすると、既存の出版“社”を意識しないってことで今日議論していると思うんです。だからやっぱり、今ある出版社、ね、経営厳しいからうちを何とかしろよってことに関して僕は全然興味がない。そうではなくて、「出版“者”という役割は必要」だっていう絶対的な立場に立ちます。純粋に、誰の手も借りずに、作品を作って、それが売れる仕組みができるわけがないと思っているので。
 作家とかクリエイターを手助けする編集に加えて、もう1つ「セールスプロモーション」ってのが絶対必要だと思ってるの。この組み合わせがなければ、人々にいい作品が届かない。あるいは、いい作品を生み出すメカニズムはない。そして、それについて、汗をかいた人たちは、その汗をかいたことで食えなきゃいけないって思ってるんですよ。
 「いや、中抜き論ってあったじゃないか」ってことを言われたら、特にインターネットが登場したときの、要するに「インターネット市民論」みたいなね、ネットさえあれば、誰でもが発言して人々に届けられるってあったけど、そんなの起こってないでしょ? いや、起こってるって思ってる人は、牧歌的なイメージの中にとどまっているだけで、今、起こってるのはお世話になってるAmazonとか、検索でお世話になってるGoogleとか、音楽で僕もお世話になるけど、Appleとか。確かにそういうのがあって、これ全然ですね、プラットフォーマーによってしかコンテンツは流通していないんですよ。ネットの上に流通しているのって、確かにチャネルとしてはあるかもしれないけど、その上にプラットフォーマーの存在があるから、膨大なコンテンツが流通しているんだという立場に立てば、「中抜きなんか起こってなくて、むしろ独占が起こっている」と捉えた方がいいと僕は思ってます。
 だから、素晴らしいサービスが実現できるわけですよ やっぱりAmazon、本当に多くの本を、早く探せて届けてくれるっていういいサービスをしてる。でも、僕はチャネルの独占は凄く暗い未来が待っていると思う人間だから。
 僕は、誰もが発言して誰もがコンテンツが売れて、誰もが自由に参入できる環境の方がとっても好きなのね。小さな出版社とかが、群雄割拠というかいろんな人が「俺もやるよ」っていうような、日本的な出版システムの方が好きなんです。そして、出版社っていうのは、それはもうさっき赤松さんが言ったとおり。締め切りも何もなくて誰もお尻も叩いてくれなくてね、書けるっていう確信ある人って、いやほとんどいないだろうな。
 あと実用書に関して言えば、実用書って本当に出版社によって作られると思ってます。そういう意味でも出版社は必要で、もう1つポイントとして(出版社の)セールスプロモーションも必要だろうなと思ってます。というところでいいでしょうか。
福井 あれ、植村さんももう……よろしいんですか。
植村 もう充分です。はい。今日は時間厳守ですから。福井さん除いて。
赤松 そうそう。誰かがとっちゃったから。
 (会場笑い)
福井 あれ、私これちょっと、大変な司会引き受けちゃったとか、最初思ったんですけれども。ひょっとして、私の方が大変な人?
 (会場笑い)
福井 はい、ありがとうございます。今のだけでも非常に多くの論点を出して頂いて、この先が楽しみになってきましたけれども、岡田さん、よろしくお願いします。

◎守ってあげたい――岡田斗司夫
岡田 はい。僕は赤松先生、植村先生のどうあるべきか、というよりは僕の今の気持ちです。多分ここにあるフリップは、こういうことを書くためにあるんだと思います。
(笑い)
岡田 「守ってあげたい」出版社に関しては、基本的に僕は撤退戦だと思ってます。これから先すごく厳しくなると思うんですけども、今の気持ちとしてはですね、出版社と書店、そういうようなものが、すっごい厳しくなると思いますので、守ってあげたいと僕は思うし、あとですね、出版に関わる人ではなくて、読者とか。
 あと日本で本が好きな人たちは、どちらかというと、「どうやれば安くなるのか」とか「どういうふうにすれば自分たちが有利なのか」ではなくて、長期的な視点で、今の本を読むという文化を守ってあげるには、どうすればいいのか、という方向で考えた方が、多分100年200年のレベルで、僕らに有利になると思うんですね。
 なので、今の僕の意見は、「守ってあげたい」です。ただこれは、このシンポジウム開始時の意見ですから、ここから先、話してると、守ってあげたくなくなるかもしれませんので、そこはちょっとお含みください。以上です。
福井 ありがとうございました。えーーーっとね、何か皆さんどんどん短くなってますけれども。そう、フリップはどうぞ自由にお使いください。途中で1回、全員にお書きくださいとお願いするところがあるかもしれませんので、1面だけ空けておいて頂ければ、あとはもう自由にお使い頂ければと思います。それでは、三田さん、よろしくお願いします。

◎出版社が紙の本を作ってくれなければ、作家が持続的に仕事できなくなる――三田誠広
三田 はい。福井先生の最初の説明に出てきました、文化庁の審議会であるとか、中川勉強会という怪しいものがありますけれども、それにも私は参加しておりまして、出版社に隣接権を与えようということをずっと言い続けてきました。
 それは何のために言っているのかというと、文芸家協会副理事長として言ってるわけです。三田個人がどう思ってるのかを普段あまり深く考えたことはないんですけれども、皆さんの意見を聞きながらずっと考えてきたんですが、やっぱり出版社は要るだろうと思います。
 なぜ要るのかというのをものすごく個人的なことから言います。先月出た私の本であります。『新釈悪霊」という本でありますけれども、作品社というところから出たもので、これはドストエフスキーの『悪霊』を書き直したものというか、原典の前編に当たる部分を書いて、それから、原典そのものを書き直して、結末をちょっと書き換えたものであります。『悪霊」はドストエフスキーの作品の中で一番難解なもので、多くの人が途中で読むのをやめてしまうんですが、これ読むと全部きれいに分かるという凄いものであります。
 (会場笑い)
三田 ただ、前編を書いて、後編も書き直したんで、原典の2倍くらいの長さになってしまってるんですね。小説の形なんだけど、私は評論、まあ、あの、謎解きだと思ってます。でも、これ、分厚いんですね。で、4800円です。まあ、5000円近くするわけですね。今大きな本屋さんに行きますと、平積みで置いてもらってます。3冊しか配本されてないと思うんですけれども、3冊でも隣の本より高くなってるんですね。
 (会場笑い)
三田 それで、これ5000円の本です。この5000円という定価は、私の印税と出版社の取り分と全部入れて定価をつけておりますので、まあ、5000円の価値があるものであります。これ2冊で1万円ですね。で、初版何冊刷ったか知らないんですが、2000冊刷ったとしても1000万円掛かるわけであります。でこれ、全然売れなかったら誰が責任を取るのかというと、私は責任取りません。印税も貰うわけですね。この1000万円を誰が出してるかというと、出版社が出しております。本屋さんに平積みになっておりますけれども、誰も買わなかったら返本すればいいんですね。本屋さんはただ本を置いているだけでありますから、責任を取りません。
 結局ですね、本を出版するということは、出版社がお金を出して、紙の本に印刷して出してくれるということであります。もし、出版社がなくて、私がワープロで書いたものをネット上にPDFファイルか何かで出すというのは寂しいことであります。
 私、原稿を出す段階よりも前、企画の段階で、「ドストエフスキーの主要な作品を解明する評論なんだけれども小説の形になっている」というプランを言いましたら、担当編集者が「そりゃあ面白い。ぜひ出しましょう」と言ってくれるわけですね。この、言ってくれることがモチベーションになります。
 口で言うだけではないんです。本を出すということはですね、1000万くらい投資をしなければいけないわけであります。だから、その担当編集者及び出版社が、私の作品これ凄いよと認めてくれてお金を出してくれて本屋さんに平積みで置くだけの部数を刷ってくれていることが私の励みになってますし、原稿を見せた段階でね、担当編集者が、「これは私が今まで読んだ本の中で一番面白い」とか嘘でも励ますようなことを言ってくれるわけですね。そういうふうに、経済的にもギャンブルなのを承知の上で投資をしてくれ、なおかつこれは凄い本だと言って励ましてくれる出版社がなければ、本を書くというような面倒くさいことを持続的にやるのは難しいかな、というふうに思ってます。
 世の中に出ている多くの本がですね、そういう出版社の編集者に励まされながら作家が書き、同時に、売れる本でしたら、初版何万部で刷ることによって、出版社が投資することで本が世に出てくるわけであります。テレビやラジオで本を宣伝することはほとんどありません。本屋さんに行ったら、平積みになっているのが何よりの宣伝ですし、これまでも、本というものはそういうことで売れてきたわけであります。
 それから、出版社は初版を多めに刷ります。平積みに置かないと売れないからです。だから、書き下ろしで書いても作家は初版部数のお金を頂けるということであります。電子書籍はですね、ネット上に置いても、1つも売れないかもしれないわけですね。初版部数の印税を貰えるというのが一種の契約金に当たりますが、電子書籍の場合は、1冊売れたらいくらあげますよーということだと、売れなかったら作家にまったくお金が入ってこないことになります。そういう意味でも、出版社というものは、身銭を切って作家の書く作品に賭けてくれているわけで、出版社が紙の本を作ってくれるということがなければ、作家が持続的に仕事をすることができなくなるだろうなと思います。
 その意味で、紙の本が売れて元をとった後で電子書籍にするのはよいと思いますけれども、紙の本そのものがなくなってしまうことは、日本の文芸文化がそこで終わってしまうことではないかなと考えてます。以上です。

◎必要なのは「編集の機能」か「出版社という組織体の機能」か
福井 ありがとうございました。何かこーね。いい話満載っていう感じでね。今日はほんとに皆さん冒頭からいい感じで始まってるんですけども、ちょっと困っちゃったのがですね、対立軸無いんじゃないかっていう。
(会場笑い)
福井 え? これだと出版社要らないっていう人が、いないことになりますか? 赤松さんも漫画に限ると言ったけどあった方がいい、植村さんもそう。で、頼みの綱の岡田さんは、守ってあげたいだし。
岡田 いや、僕は、守ってあげたいのは、守ってあげないと絶滅するくらい無理だと思ってるからです。
福井 あ、無理論ね。
赤松 それはでも、みんなそうですよね。今、あの……
(会場笑い)
福井 2人いましたね。やっぱりこの2人かな? と思ったら2人。はい。
赤松 さっき「バクマン」がどうとか直しがどうって言いましたけど、「バクマン」とかさっき三田先生もおっしゃってたその形は、作家としてわりと古い価値観なんですよ。今若い人たちは、pixivで、無料で描いて、褒めてもらえるだけで十分、もしくは、同人で、編集者の直し無しで、自由に書ける作品をね。しかも、自分プロデュースだから凄い儲かると。こういうので、客が5000人並んでるのを見て、ああ、励みになるなというのが今の若い作家です。
岡田 赤松先生の、「編集者が必要」というのは分かるんですよ。つまり、出版社が必要と言いながら、実は編集者が必要っておっしゃってるだけですよね。
赤松 そう!(笑)
岡田 そこのごまかしが1点と、あともう1つ編集者いなくても、コミケってあるじゃないですか。
赤松 ある。
岡田 ということは、コミケであんなに本出てるんだから、実は編集者いなくてもかなり出るし、編集者がいなかったら書かないようなクズは、もう作家やるなっていうのもアリですよね。
赤松 確かにコミケは、日にちが決まってるじゃないですか。お盆と年末。だから、そこが締め切りだから、あーやらなくちゃ! ってなるから締め切りあるんですよ。
岡田 じゃあAmazonが、毎月1日じゃないと発売しませんって言ったらもうそれになっちゃいますよね?
赤松 そうそうそうそう。
福井 はいはい、ここに司会いまーす、はい。
岡田 いやいや(笑)。もう1つ。いしかわじゅんという漫画家がいて、あいつ無茶言うなーって常々俺思ってるんですよ。彼は、編集者要らないっていうんですよ。「俺ね、1回も編集者の言うことなんか聞いたことないよ」と。「大学出た若造が、何で俺の漫画直せるんだ」と凄いこと言うわけですよ。で、編集者が打ち合わせしようっていうと、打ち合わせなんかしても無駄だし、やっても聞かないと。こういう漫画家もいると。
赤松 はい。
岡田 以上3点、どないなもんでしょうか?
福井 赤松さん、お答え頂きたいことの中にちょっと加えたいのがね、まさにさっきの「守ってあげたい」も含めて、「編集の機能」なのか「出版社という組織体の機能」なのかが、論点でやはり出たと思うんですよね。じゃあ、編集も要らないという意見の方もいるのか、編集も今後は淘汰されていくだろうという意見の方もいるのか、あるいは、編集はいるけども組織体としての出版社ってのは今の形ではもう淘汰されたり要らなくなったりするんじゃないか、あるいは三田さんは明らかに、投資ということをおっしゃったんで、これは大きな要素だと思うんですけど、組織体としての出版社をかなり重視されてらっしゃると思うんですね。それについてはどう……
三田 私が言ってるのはね、要するに“太鼓持ち”みたいな人がいてね、「あなたは凄い」といってくれないとモチベーションが上がらないということであります。
(会場笑い)
赤松 これはその通りです。
福井 これは編集者の機能ですね。どちらかというとね。
赤松 でも漫画の場合はそんなこと言いませんよ。これつまんねーよつまんねーよってって、面白いってことは、客が判断するわけだから、あんまりモチベーションがどうこうってのは……。
植村 それは作家のキャラクターの違いなんじゃないですか?
赤松 そうですかね?
岡田 それは赤松さんが言ってもらえないタイプの作家だからかもしれない。
赤松 そうかもしれない(笑)。
福井 そうすると、どうですか赤松さん、さっきの岡田さんの質問も含めて、編集者っていうのはやっぱりあった方がいいんですか?
赤松 えっとですね……編集。
福井 まず漫画に絞るんでいいですけど。
赤松 編集者……私が冒頭に言ったパターンでは直しのためには絶対必要だって言いましたけど、その後、さっき私は、直さないで自由に書くっていうのがね、楽しいっていうのをね、若い人たちが凄い感じてるんですよね。そこんところはね、今まで編集者の直しを受けた漫画がいっぱい出てきてるので、それを読んだ少年少女たちは、それに沿った形で漫画を書くもんだから、あんまり直すところがなくなりつつあると。
福井 ほうほうほうほう。
赤松 いや……すべてが面白いわけじゃないんだけど、本当にね。
福井 あ、面白くないんだそれ。
赤松 面白くない、と、面白いのもあるんですけど、昔よりかはね、上がってるんです。絵もそうです。絵柄に関しても、凄いこうみんな研究して練習するもんだから、昔よりは上手いです。そこんところがあって……
岡田 じゃああれですよね、編集のルールというか、売れる漫画のルールというのが何か知ってる漫画家と、大学を出て一応出版社に入って編集部に所属されたんだけどよく分かんない編集者だったら、明らかに前者の方がいいわけですよね。
赤松 まあそうです。
植村 ただそのときに、そういった、楽しみのために書いてる人たちは食えるんですか?
赤松 仕事は別に持ってます。
植村 でしょ? 僕はやっぱり、ちゃんとその……
赤松 いや、それがね、「プロになんなきゃいけない」っていう概念がもう古いんです。
植村 うーん……。じゃあ逆にね、その別に持っている仕事ではプロじゃないですか。
赤松 そう。
植村 僕は、自分の汗をかいたことに対して対価を得るのをプロって呼ぶんだと思うの。
岡田 いや、植村さん、汗かいた人が報われるべきだってのは僕も思うんですけども、電子出版の時代になっちゃうと、作家や漫画家は書くために汗かきますけども、それを版面整えたりすることに関しての汗かき量って激減しますよね?
植村 激減するでしょうね。
岡田 じゃあ、出版社の人たちの収入も激減して当然ですよね。その汗かいた分だけ報われればいいのであれば。
植村 うん、いやだから、ビジネスのメカニズムが変わるのは当たり前で、よく言われるけど、ブリタニカが全盛のときに、営業マンが世界中で2万人だっけ? で、Wikipediaはボランティアを除けば、今30人か40人でやってるよね。メカニズムが変わるのは当たり前だと思うんです。そのときに役割分担によって、新たなビジネスが生まれたり新たな役割ができるから、もしかすると働く人はGoogleとか別のところに移ってるだけだから。それは全然いいと思ってるの。ただ、やっぱそこにおける役割で、汗かいた対価が得るっていうメカニズムが働いてかないと、社会って成立しないじゃん。
 例えばフリーソフトってあるでしょ。俺は凄いプログラム作ったからフリーでばら撒くっていうけど、それは、見方を変えればプログラムっていうビジネスモデルを壊してますよね? で、その人たちは何で食ってるんだって、いや俺は実家のさ、例えば何かラーメン屋継いでっから俺はそれでいいんだって言うとしたら、じゃあ隣で僕がタダでラーメン屋やっていいのかって。僕がプログラム売って儲けて、それでラーメン屋の隣でタダで開くよって。それ社会システムが崩れていっちゃうと思うの。
 僕、一番いいのはやっぱり、汗かいたことでお金を得るっていうのは、今後とも続くだろうなって立場だから(植村注:もちろんフリーソフトウェアの運動は尊敬していますし、ボランティアは人として必須だと思っていますよ、念のため)。
福井 もう、議論がいきなりボトムのところまで下がったというね。
植村 あ、すいません(笑)。
福井 いやいや、それでいいんですよ。恐らく、これを解決しないで、本当は出版社の要否の話をしてもしょうがないんだろうなと思う。悩ましいのは、この議論だけ90分やっちゃうと、出版社の要否に話がいかないで終わっちゃう気がするんですよね。まさに岡田さんとの対談でさせて頂いた、コンテンツでのマネタイズは可能なのか、あるいは、望ましいのかという話に関わるんでね。
 いかがですか? それを踏まえながら、さっき編集の要否に行って、それ自体賛否があったけど、そうすると、組織体としての、投資を行う主体としての出版社は、要らない論のほうがむしろ強いんですか?
岡田 あと三田先生がおっしゃったような、紙という媒体を残すべきであると、で、電子出版というものがあっても紙の本を先に売ってから、それが終わってから電子出版だったらありだけどっていうふうに三田先生おっしゃいましたよね。つまり、「紙が主で電子は従である」と。出版文化というのはあくまで紙を主体にして考えたい、だからこそ出版社というもの、っていう論だったと思うんですよ。電子出版の時代ってのはその認識でまだOKなのかどうかっていうのが僕よく分からないんですけれども。
植村 後ろから言っちゃいますけど、僕は当面それでOKだと思います。
岡田 はい、はい。
植村 だから、出版デジタル機構の当面の仕事は、100万冊ってのは、既に紙の本として出たものの電子化。そしてほとんど今、マスコミとか皆さん方が、この電子出版……あ、昨日までやってたっけ? 電子出版EXPOで言っている電子書籍って、全部紙の本で出たものの電子化。で、なんで日本で電子出版ダメなんだってよくのたまうITジャーナリストってこの会場にはいないと思うけど、で、その人たちはね、まだ……
福井 どうしてそういう不規則発言を(笑)。
植村 ごめんなさい(笑)。
福井 不規則発言するときにはこう何か……
岡田 多分いま、ニコ生で、おもしろーいコメントかなり流れてると思いますよ(笑)。
福井 あああの白い感じのね(笑)。
植村 あの、盛り上げなきゃいけないかな、と(笑)。
(会場笑い)
植村 例えば有名な作家の作品を電子書籍にしなきゃいけないんだという言い方をしている前提としては、紙の本があるっていう議論ですよね。だから、当面は続く。ただし、そこから先は、僕はボーンデジタル派だからさ。だって、新しい表現を手にしたのに、1回紙にするっていうメカニズムを通る必要はないよね。
 ただし、今、編集っていうシステム、セールスプロモーションっていうシステムも、あるいは作家とのやり取りも、1回紙の本を作るとこで、しっかり凄くいいものができてると思うんです。それは当面続くだろうな、って。これが急に衰えることは、僕は困る。やっぱこれはしっかり維持したい。当面守ってあげたい。
福井 つまり、急激な変化に対する異論であって、それが次第にボーンデジタル化していくとか、電子が大きな流れになっていくことに対する異論じゃないってことですね。
植村 逆に言うとそれはウェルカムで、そのことでもっと面白いビジネスが生まれるだろうなって期待はしている。
福井 うん、うん。岡田さんのさっきのご質問は、電子が主体になっていけば、投資ってあんまり要らないんじゃないのって点に繋がるんでしょ?
岡田 そうです。汗を流した人間が報われるべきだってのは僕もそうだと思うんですけども、出版社がこれから先、汗をかく要素がどんどん電子化されればされるほど無くなってしまう。ということは、出版社に対しての報われ方ってのは、これまでの100分の1、1000分の1で当然であると。
赤松 それ、給料?人数?
岡田 給料と人数、両方です。
赤松 うわあ(笑)。
岡田 はい。なので僕の「守ってあげたい」は、これから出版社は、100人を超える出版社なんていうくだらない馬鹿げたものはなくなっていくだろうと。
福井 それ、何年くらいで起こるんですか?
岡田 5年。
福井 ……短かったぁ。5年だ……。
岡田 だって、今のkobo Touchの7000円も、高すぎますよ。あれは多分、本が1000冊くらい入って1000円くらいになるべきだと思うし、ディアゴスティーニみたいに本屋さんで、もう中に1000冊分本入って1000円ですよ言ってる、タダみたいな状態で売られるものが3年以内だと僕は思ってるんですね。
植村 でもそれはね、やっぱ、紙の本で1回対価を回収した本の二次利用だから、いいんだっていうことですよ。
岡田 そんなのできるのは100年前とかの本じゃないですか。それを紙の本だから対価の二次利用っていうふうに、紙の本に恩返ししなきゃいけないっていうふうなものを言うのはちょっとフェアではないと思う。
植村 というか、1回紙の本で、逆に言うとモトとってるから、後は100円でも10円でもいいんです、っていうふうに思ってるだけです。
福井 植村さんがおっしゃってるのは多分、そういうもう1回生まれちゃった本の二次利用はいくらでも価格破壊ができるだろうけど、人が読んで楽しい本をゼロから作るのに、そんなに安い投資でできますか? っていうさっきの議論に……
岡田 いや、それで流通が1度起きてしまったら、じゃあ、僕が18歳の高校生だったとします。で、自分が小説家になりたいと思います。で、今日の議論みたいなものを聞いて、紙の本で出したいかっていったら、微妙だと思うんですよ。初っぱなからデジタルでやった方が、いろんな権利盗られなくてすむし、編集者にあれこれ言われなくてすむし、売れるか売れないかは自己責任なんだな、ということは、俺が1晩か2晩もしくは10日間とか1カ月徹夜して書きさえすれば、あと全部俺の好きにできる方がいいじゃんっていうふうに、多分こっから先の中学生高校生、かなり思うと思うんですね。
赤松 そうですよね。
福井 やっぱりその「中抜き論」ですね。まさにね。出版社なしで、新しく、植村さんがおっしゃった書籍の二次利用じゃなくて、ボーンデジタルなものでもゼロから作っていく動きが増えていくだろうと。
岡田 僕らみたいに家に本棚があって、本が並んでいて、それを見て快感だったり、買えなかった思い出があったり、バイトして一生懸命買った人たちってのは、ファーストクラスの上客だと思うんですよ。いわゆる出版界の。ファーストクラスでアメリカまで旅行するのに50万円も払う人は、その快適さを知っているからですよね。でもそれを知らない人はどんどんどんどんローコスト航空でいいというのと同じように。
福井 三田さん、いかがですかね。いま、言ってみればすごく低コストで、ボーンデジタルな作品を生めちゃうんじゃないかっていう指摘が出ましたけども、それについて。5年という期間とも非常に関わると思うんですよね。5年なのか50年なのかで大違いだから。いかがですかね?
三田 いまね、あらゆるジャンルで素人の作品が流通するということがあります。音楽だって、自分でギター弾いて歌ってるのをビデオに撮ってネットに上げればいいわけですね。それはヒットすることもあるわけです。多くの人がネット上で素人の作品を見て、そこから面白いものが出てくる可能性はあると思います。でもね、例えばケータイ小説というモノの中のいくつかですね、それを読んだ人たちが、これを紙の本にしてくれと。主に女子中学生であります。で、そういう要望があまりに強いので出版したらベストセラーになると、いうこともあるわけですね。紙の本というのは実はステータスなんです。飛行機のファーストクラスに乗るのがステータスであるとするとですね、お金が無いからビジネスに乗ってる人がですね、もう飛行機は全部ビジネスでいいやと言ってるのと同じでですね、紙の本を出せない人が、これからはネットだけでいいんじゃないかと、いう議論だろうと思います。
 私は必ずしもすべての本が紙でなければいけないと言うつもりはありませんが、ネット上で先に出たものでも、それが本当に優れたものであれば、紙の本で持っていたいというのはですね、中学生でもそう思っているだろうと思います。
 もう1つ言えば、五木寛之さんの「親鸞」という本の前巻をネットでタダで配布して、下巻を売ろうというコンセプトなのかな、ということをやってみたら、上巻も売れたという話があります。下巻だけ紙の本を買って自分の本棚に置いておく馬鹿はいないんですね。やっぱりね、上下並んでないと紙の本は価値がないんですね。私はネット上に出すものってのは、一種のプロモーションビデオみたいなね、本のプロモーションのためにネット上に短期間載せておいて、読んで良かったら紙の本を買ってくださいというような形もこれからも起こってくるだろうなと思います。
 今、実は文芸誌がですね長編小説を連載しておいて、完成したら紙の本を買うと、いうのと同じようにですね、雑誌がやっているようなことがこれから電子書籍という形で発展していくかなと。でも最後はね、やっぱり紙の本に、これにすると。で、読者もね、やっぱりこれを買うと。これを買ってですね、本棚に置いてあることがですね、読まなくていいんですよ、買うだけでいいんです。
(会場笑い)
三田 この凄い本を、俺は買ったんだという、何か凄い人になったような気分になる。

◎海賊版、価格破壊、フリー化をどう評価し、収益モデルはどう変わるか
福井 今の話はさっきの岡田さんとの対談の話にも繋がる非常に面白い論点で、紙の役割は終わらないかという議論、もっと続けていたいんですけども、ちょっとここで目先を変えてみたいと思うんですね。ただし、今の話に繋がります。
 デジタルでの流通が増えていって、そこで掛かるコストは低下していくっていう議論が出てきた。そうなれば回収すべきコストも少ないはず、そうすると出版社の役割も変わってくるんじゃないですか、という議論が出てきました。
 その中にあって、海賊版が、今よく問題視されます。海賊版流通、増えてるか減ってるか、かなり議論はあるんだけども、まだまだ音楽だけでも十億ファイル単位で流通していることは指摘されている。また、他方では価格破壊がだいぶ起こってきてますよね。物の値段、確かに、どんどん下がってきているという傾向がある。こういうことに対して、どう評価しますか? なぜかというと、それが、書籍なりあるいは電子であれ、本の収益モデルに影響するでしょ? で、収益モデルが変われば、当然必要・不要論って変わってくると思うんです。それをお伺いしたい。
 で、話題提供でご覧いただくとね、音楽CDではデジタルの登場で価格破壊が相当起こったと言われてるんですよね。ご覧いただいてるのはレディー・ガガの最新アルバムがいま、国内外で幾らくらいで売られてるかっていう数字なんですけども、今ご覧いただいているのは日本のアマゾンです。一番下に出てるのが国内盤の「Born This Way」ですね。この価格が、定価2500円だけども2170円と。2000円強で売られてるんです。
 アマゾンジャパンでレディー・ガガの最新アルバム『Born This Way』は定価2500円のものが2170円で販売されている(国内盤、以下、価格はすべてシンポジウム時点のもの)
 で、海外のAmazonでどのくらいで売られてるかというと、まずそもそもオーディオCD自体が11ドル88セントで、今の為替だと1000円を切ります。900円台ですよね。だからこれでもう半額以下なんだけど、検索すると必ずデジタルが同時にヒットして表示されるんですよ。すぐ下をご覧頂くと、MP3版のダウンロード、要するに電子配信が出てきて、7ドル99セントなんですよね。もう600円台です。国内外で言うと、4分の1くらい、3.5分の1くらいかな? 価格が低いことになります。
 電子書籍だと、ペーパーバックや文庫の存在とか、まあいろいろあるので簡単には言えないですが、電子書籍でもこういう価格破壊はデジタル化の中でどんどん起こっていくかもしれませんね。究極の価格破壊と言えるのは、海賊版が無料で流通してる状況なんですけども、この海賊版や、あるいは価格破壊、フリー化をどう評価し、収益モデルはどう変わっていくでしょうか? どなたか。はい、植村さん。
植村 まず海賊版について言えば、それは絶対に認めない。僕は模倣は凄く認めるし、そもそも私たちの文化発展って模倣の連続だから、素晴らしい作品を一生懸命真似るってのはもう絶対認めるから、個人がやっても凄くいいと思うんですけど、海賊版を認めないのはフリーライドしてそれで食ってるから。他人の作品をタダで利用して、それで食うってことを絶対に許さないっていうことです。だから海賊版と、例えば模倣とか、あと価格破壊の話はまた別で、価格破壊ってのは売り手が決めた値段が下がってくんだったらそれは合意だもん。
福井 そう、別の問題ですよね。
植村 別の問題だと思いますよ。でも海賊版は許さない。ただ歴史的にずっと海賊版ってのが、まるでずーっと続いててまるで無くならないってことも認めるから、今後ともあるだろうなってとは思います。
福井 はい。いかがでしょう、どちらの論点でも構いません。
岡田 海賊版ってヒトコトで言うとですね、混乱しちゃうんですけど、2種類あると思います。1つは「安い海賊版」、もう1つは「タダの海賊版」。で、安い、というのは、誰かが儲けようとしているわけですね。だから今、植村先生がおっしゃってたように、不当な利益を得ようと安く売ってる問題があると。
 これは考え方があって、不当な利益だからけしからんという考え方と、正当な価格が間違ってる場合、ですね。つまり、海賊版の料金が本来正しいのに、無茶な価格をメーカーが付けてるから、あるべき価格に落ちつつあるんじゃないかと。「だって海賊版見てみろよ、その価格でできてるじゃねーか」って考え方もあります。でもそれは、「正規版がちゃんと流通して、正規版をちゃんと作ってくれてそこで資金出してるからだ」という言い方もあると思うんですけども、でも海賊版が出るほど売れてるものなら、資金のリクープ、実はほぼ終わってますよね、と言えなくもない。
 映画業界は例外だと思うんですよ。映画業界って、作るのに100億円くらい掛かるから、海賊版とか認めちゃったらなかなか資金のリクープができないと思うんですけども。海賊版の悩ましいのは、この、安いというのに関して、いつも消費者の視点で言われるのが、じゃあその価格が正当なものなのか。何で日本でアニメがあんなに高くて、僕あのー好きなアニメとかが、あと怪獣映画とかがですね、東宝とかバンダイとかが出してるのが、メーカー名、言っちゃいましたけども……しまったぁ。
福井 いやNHKじゃないから(笑)。
岡田 あーそうですか。いえ、いえいえ、もうあそことは仕事がなくなるな、と。
福井 いやいや、もう、どこに引っかかってるんですか(笑)。
赤松 これから批判しようとしてたのね(笑)。
岡田 で……ああいうところから出してるのってですね、マニアの足元見るような高い値段で出してるのに、海外のクライテリオンとかで出してるの見たらですね、画質それよりいいのに値段が半分とか3分の1くらいなんですね。てことは正規版の値段自体に対する批判的な力を持ってるんじゃないかと、というのが海賊版について1つ。
 で、もう1つ、タダのもの。これに関しては誰も儲けようとしてないから、さっき植村先生がおっしゃった、不当な利益を得ようとしてない。
赤松 ちょ、ちょっと待ってください。それ全然、ネットで違います。タダで音楽とか漫画とかアニメやってるところは、人のものをタダで流しといて、隣にあるアフィリエイトで儲けるっていうシステムです。だから、儲けようとしてます。
福井 あとまあ、ちょっと補足。MegauploadっていうFBIが全世界同時逮捕した、あれ、日本の漫画を手に入れたかったらここに行けっていうほどのアップロードサイトだったけど、誰でも無料でダウンロードできるんだけど、有料会員登録しないと、まともなスピードにならないんですよね。だから、たくさん観たい人は有料会員登録するんです。
赤松 その手ですよね。
福井 で、ぱーっと押収したら、米国の本拠地だけでサーバ1000台あったらしいですけども、現金や高級車で40億円超えてたのかな、そのとき押収されたのが(注:起訴状によれば50億円超)。まあかなりやっぱり、ビジネスとしては美味しかったらしいですよ(笑)。
植村 確認なんだけど、海賊版と言った場合は、他人の著作物なりを断りなく不正に利用しているものをここでは海賊版って言ってるんだよね?
福井 そうです。それに値段付ける付けないは、岡田さんがおっしゃる通りあり得ると思う。
植村 それだったら、悪いことやった奴はダメだよって僕は思います。
岡田 あともう1つ、何でそんな海賊版が起こるのかというと、著作権による許諾が必要だからですよね。これ別に、幾らで売ろうと、その10%を権利者に払えばよい、というような法律が全世界統一でできてしまえば、海賊版問題ってのは自動的に無くなると。
福井 許諾権を報酬請求権にしちゃって、海賊版問題を解消しようと。
岡田 はい。そういう考え方もあるので、すべてのものが、今ある法律に縛られたり、それぞれのお国事情で縛られてるから一斉に出ている問題……
植村 でも、いま海賊版をやってる人たちは、そのシステムに移ってもやっぱり報酬払わないですよ。だって払いたくないからやってるわけで。報酬請求権っていう仕組みができあがったときに、その外にまた海賊版が生まれるんだから。
岡田 じゃあ多分その海賊版と同じ価格で正規版を出して「こちらが正規版です」と言えば多分正規版の方が売れますよね。
植村 だから、価格破壊ってね、例えばAmazonとかいろんなところがやって、ガンガン下げるメカニズム、僕は凄く素晴らしいと思うんですよ。それによって逆に言うと、僅かなお金をうんと売るっていうのが別にできあがるかもしれないから。
福井 ロングテールですね。
植村 ええ、それは別にいいと思います。ちゃんとした約束の中でやってんだから。おおいに価格破壊してほしい。ユーザーとしてはね。
赤松 ちょっと、さっきの表の質問なんですけど、CDとか新聞とかって、日本全部で同じ値段で売らなくちゃいけないっていうシステムあったじゃないですか。
福井 再販制度(再販売価格維持制度)ですね。
赤松 あれはどうなったんですか? これ。安くしていいんですか? CDとかモノですよね。電子データは再販制度に含まれませんけど、これっていいんですか?
福井 まあAmazonの個別事情の話はやめておくとしても、1つには、ほら上を見ると、輸入盤が入ってくるわけですよ。輸入盤との価格競争って問題が既にあるんですよね。
赤松 輸入盤……。
福井 これ面白いでしょ。輸入盤が2000円くらいなんですよ。本国では1000円以下で売ってるんだけど、輸入盤はまだ2000円に保たれてて。
赤松 あーそっかそっか。
福井 ある種の価格競争は既に起こっていると。だから……
植村 あと、再販制度というのはメーカーが設定した価格を小売に守らせるっていうだけだから、メーカーが「これ値引いていいよ」って言ったら……
福井 それはその通りです。だから、再販制度があっても、ある種の価格競争圧力を受ければ、値段は多少動きます。ただ、再販制度が取っ払われると、もっと大きく動きます。そういう話かと。
赤松 なるほど。
福井 はい。今ね、海賊版の是非っていうところで出た収益モデルについては、正規版ならいいよと。正規版の価格はどんどん破壊されてもいいよと。そうするとやっぱり、正規版のコンテンツから得られるお金はどんどん下がっていくっていう岡田理論にだいたい皆さん同意ってことになるんですかね? で、それは、今後の作品作りにとっては特に問題ではないっていうことになるんですかね。
岡田 電子出版に関しては、です。僕が言ってるのは。紙出版に関してはちょっと違います。
福井 うんうん、で、三田さんさっきおっしゃった、電子があっても紙も生き残るだろうと、その紙には投資が要るじゃないかというところは……
三田 うん、だから電子はまあ、あの、どうでもいいっちゃーどうでもいい。
福井 どうでもよくなっちゃった(笑)。
(会場笑い)
三田 うん。
福井 シンポのタイトルが(笑)。
赤松 いや、あのね、漫画に関してですけど、電子でますます盛んになったジャンルがあります。エロです。紙の本だと、本棚に飾れないんです、家では。
福井 はい。
赤松 あとね女性がね、男性向けのエロを結構買ってる。ボーイズラブだけじゃなくて。これは新しい客層ですよ。
福井 ちょっと、活き活きしてきましたね! 赤松さん(笑)。
赤松 二次創作なんかもそうですけど、新しい仕組みがもしかして作られるかもしれない。その場合はですね、驚いたことに、電子書籍のエロ、1000円とかで売ってるんですね。凄い。で、紙の本がね1000円なんです。普通はちょっと下げるじゃないですか、電子を。自信とか実績の現れなんですけど、そういうやり方もあるんですよね。
福井 価格破壊とは限らない、と。
赤松 そうなんです!
植村 現実にね、電子でうまくやって、むしろ高く売ってるっていう例の方が多くて。学術情報の世界だとElsevierとかSpringerはそうですけど、今まで学術情報の貴重なものって、マンスリー、つまり月に1回しかこなかったんですよ。でも必ず、来月号のネイチャーにこんな凄い論文が載るよっていうアナウンスがあって。僕が学生の時代だと日本はまだシッピング(船便)で届いてたから、読むのが遅れちゃうんで、すごく有名な大先生が、自分の研究テーマでどうしても読みたい論文があるからといって、ハワイ大学まで見に行った話がある。
 だけど今どうなっているかというと、さあ、来月号に載るぞ、だけど、電子ジャーナルだったら今日読めるよ、っていって高く売ってるわけです。研究者たちは凄い論文読みたいから、もう毎日のように新しい情報が来るなら高く買うっていうメカニズムですごくうまくいってる。だから、電子ジャーナルは、紙から電子になって、値段がどんどん上がったんですよ。これはビジネスのやり方ですよね。金融などでも凄く早く情報知りたくてお金出すっていう世界あるじゃないですか。
岡田 じゃあ、例えば、三田先生が小説書かれるときに、編集者がちゃんとチェックしたもの、出版の版面を与えたものというのは遅い本で、もっと早いものは、三田先生の個人的なファンクラブで例えば有料メールマガジンに入っていれば、生原稿のデータが読める。こっちの方が高くなる可能性があるわけですよね。
植村 新しいモデルとして、面白いですよね、それね。
福井 今ね、デジタルシュリンクは必ずしも今後も続くとは限らないっていう視点だと思うんですけど、そうすると、ここまでずっと10年以上落ち続けてきた産業規模ですがこのあとひょっとしたら、下げ止まる、あるいは回復するかもしれないっていうことになりますかね? デジタルシュリンクは止まるかもしれない、と。
赤松 いや、あのね、エロがですね……えーっと
福井 うんうんうんうん
赤松 あははは、エロばっかですいませんけど。去年から今年で、(成長が)止まりました。
岡田 止まった。
赤松 下げてます、もう。これは、今までガラケーでエロ読んでたんですけど、ガラケーがなくなっちゃったんで、下げてるんです。スマートフォンではエロ読めないんですよ。それAppleと、Androidも実は規制はしてます。
植村 でもそれ、寂しい世界ですよね。
福井 ぶっ何が?!
植村 スマートフォンで見た方がぜんぜん、豊かな文化が、ねえ。
赤松 いやあ、体面が……あのね、ドコモもauも全部、ガラケー時代と同じ、その、コードで規制しますよって言ってるんだけど、昔より厳しくなってます。エロ漫画でエロシーンの行為は3割ぐらいに留めてくれ、というようなことを口頭で言ってる。
植村 だとしたら多分そのエロは、次の(新しい)チャネルを見つけて、販売が始まるから、それを考えた人が僕は勝ちだと思ってる。
赤松 あーでも普通エロ漫画って言ったら8割か9割エロシーンですよ(笑)。
植村 でもね、うん……
(会場笑い)
赤松 じゃないと読まないですよ(笑)。

◎出版社への隣接権付与には賛成? 反対?
福井 深まってますよね議論。すごい深まってますね。ちょっと1回止めましょうか。1回みなさんクールダウンです。
 ここでね、そういうマネタイズのあり方とか、もう議論が散らかったのは充分承知です。でも今後の収益モデルのさまざまなヒントが出ました。それらは散らかったままでお伺いします。その中で、海賊版対策とか、あるいは収益の確保のために、出版社は隣接権を今求めています。出版社に隣接権、権利を与える、版面の利用に対してNoと言える権利を与えることに対して、賛成か、反対かをここでは1回お伺いしたいと思います。
 ここでフリップ皆さん使ってください。賛成反対他何を書いて頂いても結構ですけども、どうしてそう思うのか、権利の内容がどうだったら、その結論は変わるのか、例えば賛成だけどこの結論だったら反対に回るよ、反対だけどこの結論だったら賛成してもいいよ、というものがあれば、それは口頭で補足しください。はい、では三田さんから。
三田 賛成です。
福井 賛成、はい、賛成1票。
植村 じゃあ次に続いて、賛成。
福井 賛成2票。
植村 それだけしか言わなくていい?
福井 いえいえ理由を補足してください(笑)。
植村 さっき言ったように、僕は制度設計によって、ビジネスとかは守られたり、成長するってのは絶対あると思ってる。歴史を振り返っても。例えば、いろいろ言われるかもしれないけど、日本の取次って機能がもたらした結果によって、僕は世界で最も多くね、人口、国民人口当たりの書店があったり、小さな出版社がある日本の出版文化システムって凄くいいと思ってるの。文化産業システムって。ただそれが、いまいろいろなところで問題があってほころび出ているかもしれないけど、かつて果たしてきた役割はあって、実は極めて意図的にGHQによって制度が作られたところってありますよね。
 僕は、ある種の社会制度ってのは、それは行政がやるか誰がやるか分からないけど必要だと思っていて、当面、そしてさっきも言ったように汗かいたことに対価を得るっていう枠組みを維持するには、やっぱり隣接権って方法がいま一番いい方法だろうなって思ってるってこと。
三田 私はね、出版社に何か権利をあげるということではないと思うんです。何か問題が生じたときに出版社が責任をもって対応をするということなんで、責任だけ負ってもらうということであります。
福井 あらー(笑)。
三田 米国などでは著作権を出版社に預けてしまうんですね。出版社が著作権を持っていますから例えば出版社がApp Storeにアップできるわけですね。日本の出版社が同じことをしようとしたら、「あなた著作権持ってますか? 持ってませーん」ということでアップできないということがあります。
 でも作家としてはね、何か怪しいから、著作権は出したくないんですね。だから、隣の権利をあげましょうと。その代わり、ものすごい大きな責任を負ってくださいと。何か権利を出版社にあげるのではなくて、もしも何か、海賊版が違法に流通するとか、問題が起こったときに、出版社が責任をもってそれに対応してくれるということなんで、われわれは、何かを切り取られて(出版社に)あげるという感じはまったく持ってないんですね。
福井 なるほど、シビアなバーター取引ということですね。要するに、じゃあちょっと隣の権利をあげるから、その分、出版社の責任増やしますよっていうことですか。はい。あ、きましたね、じゃあ岡田さん。
岡田 はい。僕は与えません。これは賛成か反対かってことではなくて、僕はしませんっていうことです。でもしそんな法律が法制化されたら、それ以降、出版社から本は出しません。
 というか、こんな権利を要求してそれが成功するってことは、出版社が保護産業になった証だと思います。つまり、歌舞伎や文楽と同じく、保護してあげなければ存在できない存在にまで成り下がってしまった状態っていうのがコレだと思うんです。これが必要になるんだったら、もうこの産業は国家の保護なり何なりを受けてください。僕はそこに対して、何か助けたりはしようと思いませんから、そこから本は出しません。
福井 歌舞伎・文楽的なものに対してコミットする気はないと。
岡田 はい。で、三田先生がおっしゃった、“巨大な責任”というのを出版社がかぶってくれないのも僕知ってます。僕、今まで2件訴訟がありましたけども、光文社も新潮社も途中で逃げました。
(会場笑い)
岡田 ということは恐らく、その作家から得られる売上と、その作家から得られる評価とを加味した上で、出版協会とかペンクラブとかの偉い人だから三田先生には手厚く、偉くないから岡田斗司夫には薄くということをやるのは、ビジネスとして当たり前だと思うんですね。だから、超メジャーじゃない人が、こういうものを与えても何のメリットもないと僕は思います。
福井 岡田さん、アニメと違ってここは、実名ありなんですか(笑)。
岡田 ここは、ありです。ここはありにしないと、僕が言ってることがただ単に、空虚な話になっちゃう。やっぱここは、実体験で語らないと。あーあーあーあーやだ、さっき新潮社の社長から名刺貰ったのに(笑)。
福井 ……もう手遅れですかね(笑)。 はい、ありがとございました。赤松さん、もうご用意できてますかね。じゃあ赤松さんからどうぞ。
赤松 本当は反対なんです。でもまあ少しなら、っていうツンデレですけど(笑)。
福井 ツンデレなんだ(笑)。あ、ほんとだ、小さく書いてありますね。でもまあ少しなら、と。
赤松 あのねー、プロセスがちょっと気に入らないんですよ。だいたいいいんですけど。今回、三田先生と植村先生、中川勉強会に出てらっしゃったんですよね。(勉強会に)漫画家呼ばなかったのは何でですか?(笑)
岡田 偉くないからですよ。
植村 いや、そんなことはないですよ。そんなことはなくて、わりとこう、ほら、えーっと、最初っからガチっとみんなでやるんじゃなくて、どんどん声かけをね、っていうところで、あったはずですよ、すっと。
赤松 それで4回までずっとやられて、最後、最終回の5回目だけ里中先生(編注:里中満智子さん)1人呼んだ(笑)。あのプロセスが気に入らない。それでいて議員立法でやっちゃおうとか、漫画家の稼ぎって出版社にとって大きいのに何で無視するってのがチョー気に入らなかったってのがあるんです。内容に関してはね、そこそこいいとこもあるのでいいですけど、そういうことやってると反対ですよっていうのが漫画家の意見ですよね。
福井 プロセスを、ちゃんと改善してくださいと。
赤松 そうです。違法ダウンロードに刑事罰を導入したのもそうですけど、プロセスが酷いと、賛成の人も反対しますよそれは。
福井 ダウンロード刑罰化はプロセスが大間違いでしたね、あれはね。うん。なるほど。今後、それは気をつけなきゃいかん。
植村 だからプロセスに関しては、例えば中川勉強会はすぐに、何だっけな、記者会見だけじゃなくて資料上げるとか、わりとQ&Aも一生懸命書くとかですね、あるいは、その前段としてヒアリングはさせて頂いたと思うんですよ。で、ヒアリングに関して資料を上げたりとか……
赤松 呼べばいいんでしょ? あのね、出版社の人がね、「呼ばなくていいよ」って言ったていう噂はあるんです。
植村 それ僕は関与してませんよー(笑)。いちおう言うけど。
(会場笑い)
赤松 個人名出しませんけど(笑)。
福井 えー(笑)。
岡田 そういう時個人名出さないと俺信用しないもん。俺みたいにリスク負って言ってよ。はい。卑怯だなー。
赤松 私ちょっとリスク負うの嫌いなんで。嫌いなんです、リスク負うの(笑)。
福井 今のやり取りのところ、カットでお願いしますね、カットで。
(会場笑い)
福井 冗談はともかく。分かりました。赤松さんは以前かなり危惧を抱いてたと思うんですけども、プロセスを除けはまあいいかという考えになった決め手は何ですか?
赤松 あのですね、私が知ってるやつはですね、2002年当時の出版社の権利について書かれたものなんですけど、これを見るとね、凄いんですよ。出版社はアイデアとかね、そういうのも全部権利も欲しいし、期間もあと50年欲しいし、など作者と同じ力が欲しいんだよってことを10年前は言ってたんですけど、その後いろいろ叩かれたりして、今の形になったんですが、その凋落ぶりがかなり凄いんですよ。
福井 うはははは(笑)。
赤松 ちょっと可哀想な感じがするくらい落ちちゃってて、で、運用ガイドラインとか、紛争処理機関ってのがちゃんとできてれば、まあ、いいんじゃないの? って里中先生もおっしゃってるし……。ちょっとプロセスが気に入らないけど、中身はまあまあかな、という感じがしますよね。
福井 確かに植村さんがさっきおっしゃったのは事実で、中川勉強会は確かに情報公開はしてきてますよね。事後ではあるけども、情報公開は早かった。で、だんだん縮小してきたのは事実ですよね。
赤松 だって、50年だったんですよ? 本当は。
福井 そうね。
植村 1つ言っておくと、何か縮小してきた議論っていうか、中川勉強会の中では、むしろなるたけフラットで始めようよっていうんで、前々(2002年)のでかいとことから縮めたっていうプロセスは全然とってないですよ。
福井 ああ、勉強会の中で言うとそうかもしれませんね。
植村 ええ、それで僕もちょっと参加してたってのはあるし。あと、そのときの問題はむしろ海賊版。僕はさっきから言うように、海賊版は許さないから。海賊版に対して、すぐ、それを止めるってことにおいては、やっぱり(出版社への権利付与が)必要だよねってのが1つと、もう1つすごくこれは出版社の人に強く言うけど、そもそも出版社ちゃんとやってきたか? ということに関して僕はやっぱ疑問があって。
 だってそれこそ赤松さんとか、作家の不満を聞いてくとさ、出版社ってやっぱりちょっと問題あったんじゃないの? いや、3月までなら(僕は出版社の人間でしたから)俺達って言ってもいいんだけど、それは凄く認めるの。そのときに、そういう出版社と作家の関係のすごく不透明な慣行みたいなものを全部はっきりさせようって。出版社が権利を得たらはるかに強い義務をちゃーんとこれからやらなきゃいけないんだから。で、この義務は、結構しんどいですよ、皆さん。本当に権利が手に入ったら。これからはむしろ作家から「お前らなんだ」って言えるようにしっかり作ろうよっていうことをしなければ、それができない出版社辞めなさいって。
福井 さっきの三田さんの議論に繋がりますね。
植村 ええ。
福井 なるほど。分かりました。恐らくまだまだ皆さんお話しされたいことがあろうと思うんですよ。ただね、今日はこれだけの方が会場にいらっしゃってますから、会場とのやり取りも、ちょっといきたいなと思うんですね。
岡田 ちょっといいですか、まとめだけいいですか。
福井 どうぞ。
岡田 はい、すいません。僕、出版社を守りたい、で、今日のシンポジウムで話、考え方変わるかも判んないって言ったんですけど、だいたい結論出まして……。
福井 あ、最後にはもう1回結論は言ってもらいますよ。
岡田 はい。今、小さな政府ってみんな言ってると思うんですよ、つまり、政府が巨大になり過ぎて税金が多すぎて、何やってるか分からない。だから政府を小さくしようと。で、これは、個人責任が逆にどんどん増える。そういう悪いこともある。その結果、市民ボランティアがだんだん増えてきた、政府に頼れないから。同じことだと思います。
 基本的にこれからは、小さな出版社になるべきであろう、それしかない。ということは、作家責任が自動的に増えてくる。つまり、出版社が、もうすべての責任とか、催促とか、助言とかをしてくれる時代はほぼ終わりに近づきつつある、イコール、読者による、読書ボランティアとか読者ボランティアですね、そういうようなサポートが必要になってくると。
 例えば、タダで読めるからといって、図書館を全部利用しないとかですね、ちゃんと紙の本、余裕ある奴は出して買えっていうような形に、この、小さな政府だったら個人責任と市民ボランティアが出る。同じように、ボランティアまったくやらない人いますよね。それと同じように、小さな出版社にこれからなっていくんだったら、こういう潮流になっていくんじゃないかなと僕は思いました。
福井 なるほど。これは機能するかどうか……
三田 いまのね、ちょっと待ってくださいね。いまの考えだとね、作家が1人1人がね、弁護士雇わないといけなくなるんですね。弁護士が儲かってしょうがない。で、私は出版社にお世話になってるんで……
(会場笑い)
福井 ちょーーーっと待ってください。ちょっと論理がおかしくありませんか? だって、さっき、コンテンツ産業にはお金流れなくなるって言ったでしょ? お金あんまり儲かんないんでしょ? 弁護士がその儲かんない人から、稼げますか?
三田 だから、出版社に1人弁護士がいれば、すべての問題は解決できるんでね。作家1人1人が責任を持たされたら、やってけないな、と。
岡田 でも同人作家1人1人責任持ってますよ。
福井 確かに、出版社中抜き論には、その裏の形として、じゃあ、作家やそれを支える制度はちゃんと別にあるんだね、自律してそれを支えていけるんだねってことは問われますよね。それがうまく機能するかってのは、議論としてはあるんだと思う。
植村 でも、そんなに人って自律的に、自分を律して仕事できてますか? さっき岡田さんはね、「僕が子どものころだったらこれは俺のチャンスだって思う」って言ったかもしれないけど、僕は親に怒られたり尻叩かれしながら、やっとここまでやってきたタイプだから、やっぱり、誰かのサポートとか、そういうのが必要だと思うんですよ。
 だけど、時にはね、「このやろー」ってムッとして反逆起こすとか、若い人間が謀反を起こすってのと、何となくそれなりに、世の枠組みの中から、新人育成って言ってもいいけど、っていうようなやりとりがずっとあったと思うの。僕の最近の不満は、いまの若い人がはるかにパワーがないっていうかさ。やっぱ、70年闘争とかちょっと上の方見てきた人間からするとさ、若い連中革命起こして欲しいよなって。年取りゃ保守になるんだから。
福井 革命ね。
植村 だから、そういう意味において、いま、こうドラスティックに社会がこうぐるぐる回るんだとしたらさ、やっぱもちろんそれはITを使った革命を起こしてもらっていいと思うから。もうウェルカムだし。こないだ、ボイジャーの萩野さんと話したんだけど、そもそも電子書籍って、俺達こんな年になってずっとやってちゃいけないよねって。やっぱりそこは、こんなに面白い電子書籍が出たんなら、チャンスだと思って若い人どんどん来て革命起こしてよって思いますよね。

◎会場との質疑――メディアミックス機能における出版の役割
福井 分かりました。じゃあ、名残りは尽きませんけれども、残り15分ですから、会場との質疑をさせていただいて、最後にみなさん一言ずつ、クロージングコメントを頂きたいと思います。
 そのときに、改めて、出版社は必要だと思いますか? ってさっき岡田さんにも答えて頂いたから、もう1回、お伺いしたいと思ってます。じゃあ、会場、質疑、いかがでしょうか? はい、じゃあ1番最初に手を上げた、中ほどの黒いシャツの方。出版社の方はね、自主的に、どの出版社か、名乗っていただいても結構ですよ。はい、自主的にね。
(会場笑い)
来場者(1) 興味深い話どうもありがとうございました。今回出なかった視点の1つだと思うんですが、出版社の役割として、メディアミックスというものがあると思うんです。1980年代の角川グループ以降、特にそういう役割が与えられてたと思うんです。
 しかし、赤松さんのお話でも、岡田さんのお話でも、今から出てくる新人の作家は、出版社に魅力を感じないだろうという前提があったと思いますが、一方で、自分の作品がアニメになるとか、映画になるってのは多分出版社を介在しないと難しいような気もしまして、その辺りに魅力を感じる要素というのを、可能性として、ちょっとお聞きしたいな、と感じました。
福井 ありがとうございます。凄くいい質問ですね。一応話の種に表示しておきますね(フリップ)。出版社の機能論として、出版社って、本当にやってるかは別問題として、少なくとも理念上は、こういう役割って果たせるんじゃないのってよく、私なんかも使うし議論してる問題ですよね。

出版社の機能論
作家を発掘し育成する「発掘・育成機能」
作品の創作をサポートし、時にリードする「企画・編集機能」
文学賞や雑誌媒体に代表される信用により世に紹介・推奨する「ブランド機能」
宣伝し、各種販路を通じて展開する「プロモーション・マーケティング機能」
作品の二次展開において窓口や代理を務める「マネジメント・窓口機能」
上記の初期コストと失敗リスクを負担する「投資・金融機能」

 赤松さんのさっきのお話とか、今日の中でもずいぶん出てきましたけど、作家を発掘し育成する「発掘育成機能」、作品の創作をサポートし、時にリードする「企画・編集機能」とかね。これがいくとこまでいくと、代わりに書いてやるってのが出てくるんだけれども。
 で、文学賞や雑誌媒体に代表される信頼により世に紹介・推奨する「ブランド機能」、それから4番目として、赤松さんもおっしゃった「プロモーション・マーケティング機能」、で、5番ですよね、作品の二次展開を進めていく、そこにおいて窓口や代理を務める「マネジメント・窓口機能」、まあ広い意味でのメディアミックスなんかこことも関わってくる。あるいは最初の企画・編集のときにも、メディアミックスを企画するんだけども、これが関わってくる。
 で最後に、三田さんもおっしゃった、初期コストと失敗リスクを負担する「投資・金融機能」ですよね、なぜなら今のすべてはコストがかかるからです。で、必ずしも回収は、保証されないお金だからですよね。でも、これはあくまで理念上のものです。今のメディアミックス機能における出版の役割をどう評価するか、っていうのをどなたかお答え頂けないでしょうか。
植村 じゃあすいません。最初の指摘凄くいいと思って、魅力を感じないってのは、「出版社に魅力を感じない」んじゃなくて、「魅力を感じる出版社がない」っていう意味だと思うんですよ。だとしたらまさにメディアミックスとか、さまざまな手法でさらに魅力あるものを考えていくのは、出版社側の役割かなって思うんで。それが今のところ不況だとかいろんなことによって停滞感があるのかなって。方法はいっぱいあって、紙と電子はどんな組み合わせがあり得るのかを当面は考えようよ、ってのが僕の持論です。
赤松 メディアミックスの件ですけど、最新の若い作家さんは、別にそれを望んでない場合が出てきてます。つまり、どんどんメディアミックスでアニメ化したりとか映画化したらいいなっていうのはわれわれの世代の夢なんで。「売れたくない」って考えてる作家が凄く増えてる。
福井 あ、そうですか。
赤松 意味分からないですよ、私はね。ただ、事実です。
福井 へーーーーーっ。
岡田 露出コストが掛かっちゃうってことですよね。自分の作品とか自分のモノに関して、露出したらそれだけのコスト掛かっちゃうし、あと、自分の思い通りにならない。コントロール権を奪われるってのも。
赤松 恐らくそんな感じだと思います。もう1つはね、自分の中からその作品を出したくないっていうこの、じゃあ書くなよ! とか思うんだけど。
(会場笑い)
赤松 自分の領域の中でこういろいろやりたい、みたいな。他の人が関わると嫌だし、あと、自分はこんなに売れていいはずがないとかっていう自分をこう信じてないとか、いろんなものが混じり合って……。
福井 そんな要素が(笑)。
植村 つまんなくない? そういう連中。
赤松 いや、結構面白いんですよ。
植村 いや、何か人間としてつまんないような気がするんだけど。
赤松 それはそうかもしんないけど(笑)。
福井 そうかもしれないんだ(笑)。
赤松 とにかく、メディアミックスで売れたいってのが、今後もいいとは限らないです。
岡田 それはね、大衆っていうか、マスに対する不信だから、僕らが持ってるものと実は共通してるんですよ。そんなに分からないものでもないから赤松先生がこんなに面白がってるんだと思いますよ。
赤松 そうなると、かなり減っちゃうんですよ。
福井 なるほどね、うん。元々この機能をちゃんと果たせよって話も出たけれども、それだけじゃなくて、この機能を求めてないクリエイターも増えてきてるんじゃないかと。
赤松 今後は相当増えると思います。
福井 うん、全部とは言わないけど、幾つかについては。
植村 そういう意味では、出版社を通して、社会に働きかけようってのが本来だと思うんですよ。だから、社会に働きかけるための機能として、今の出版社、というか出版社的なものが、役立ってないんだってのがむしろいまの若い人たちの捉え方だと僕は取ってるんだけども。僕はやっぱり若い人たちは、社会に直に働きかけられるんだって、それだったら、今のそういう組織は要らねーって思ったら、そりゃ組織はやっぱ無くなるよね。
福井 これね、レコード産業などでも言えそうですけどね、メジャーからインディーズ回帰が起こるだろうって言われたんですよ。だって、メジャーレーベルはもっと要らないんです。初期コストも下がってるし。でもレコード産業自体は落ちているけれど、メジャー離れはそこまで急速には進まなかった。ただ確かに二極化はしてるかもしれず、インディーズでいいですって言ってインディーズであり続けている存在もいるし、一方でやっぱり、メジャーにこだわり、そこで戦おうとする人たちも残り続けてる。
岡田 面白いことに中間層が一番被害受けるんですよね。例えば出版とか漫画とかコンテンツ産業は全部そうだと思うんですけども、弱者にとって海賊版ってのは何ら脅威になり得ない。自分たちの作品は、海賊版として流通してもらえるほどには売れてないから。なので、海賊版で他の人の作品見れる方が得だから、弱者にとって、インディーズにとって、海賊版っていうのは何ら問題がない、それどころか自分にとっては有利。
福井 ビジネスモデルが違いますよね。
岡田 中間は違うんですよ。ところが、強者にとって海賊版はさほど不利にならない。海賊版でどんどんどんどん見てもらえる方が、最終的に自分の知名度とか評価が上がってきて、他の収益方法とか収益モデルを考えられるわけですよね。なので、強者と弱者に分かれやすいんですよ、このIT時代ってのは。中間者がいなくなっていまう、いわゆる、本当に中抜きですよね。クリエイターの中抜きで、強者は海賊版別にあってもいいし、隣接権なんか別に要らないし、俺電子出版だけでも食っていけるし、とか、俺は紙の本でもちゃんと刷ってもらえるし、って言えるんですよ。で、インディーズにしてみたら、そんなの俺関係ないよ、だって俺、自分の作品を理解してくれる人だけ相手してればいいしって。赤松さんが言ったようなことですね。で、中間層の人たちが困る。その人たちが、多分どんどんいなくなっていくという、そういう流れだと思います。
福井 強者・赤松健、どうですか。
(会場笑い)
赤松 漫画なんかだと、新人さんが、すっごい不利になってますね。雑誌が売れなくなると、宣伝媒体としての雑誌が機能しなくなりますし。それと、単行本が売れない。だから、単行本の部数的に言うとマガジンの中でも、メジャー誌内メジャー作家と、メジャー誌内マイナー作家に完全に別れてしまった。上の人たちはだんだんこうちょっとマンネリ化してくるし、下は出てこないしで業界全体のパワーは下がると見てます。
植村 だから、結局コミケのようなシステムが機能してないっていうか、出版社っていう組織体じゃないところからどんどんどんどん若い人が入ってきて、しかも、何度も言うけどその人たちが「食える」って……
赤松 彼らが食えなくていいって言ってたらどうします?
植村 だから、食えなくていいならどうやって食っていくんだろうって。
赤松 いや、本職があって。
植村 うん、だからさ、そこがさっきの……
赤松 ニコ動でミクの動画、流してる人たちってのは、編集者とかこの、ディレクターの直し入ってないんですよ。漫画もそうなんですけど。
植村 むしろそれで凄くいいコンテンツがどんどん出るっていうんだったら、そのシステムが素晴らしいと思いますけどね。
福井 ボカロのシステムは確かに、非常に面白いんだけれども、もう少し質問もとってみましょうね。ほか、いかがですか。別なことで結構です。はい、じゃあこちらの中ほどの方。
来場者(2) よろしくお願いいたします。先ほどからやり玉に上げられていた、若い、アマチュアの制作者の一人として、ちょっと一言言わせて頂ければと思います。確かに、僕らがアマチュアでやっていて、本職があるし、それで食えているんで、わざわざ出版社を通して何かをしたいという思いもないですし、一定の人たちが読んでくれて支持してくれてればいいな、と。
 そういう思いもありますけども、ただ実際に、本を出してもっとメジャーになりたいと思ったときに、電子書籍が、今の出版社のような役割をしてくれるとは思えないんですね。
 例えば、コミケに本を出すと、それと同じレベルで、電子書籍の中の一部に僕の本が入ったとして、そこから僕の作品がメジャーになる可能性って皆無だと思うんですね。ですからやっぱり、出版社の力は必ず必要だと思います。ただ、Webで有名になった人が、出版社を通して漫画が出ると何か面白くなくなってるのを最近感じたりとか、そういう意見がネットで見られていたりして、非常に物悲しいものがありますので、僕は出版社として魅力ある人たちが、もっと前面に出てきてほしいと思いますし、とある出版社の編集者なんか、わりと顔を前に出されてですね、去年か一昨年か、このブックフェアでも講演されてたと思いますけど、そういう方たちがもっと出てきて、「この出版社と、この編集者と組んでみたい」って、そういう人たちが出てきてくれると、嬉しいなと思います。
赤松 質問じゃねぇ(笑)。
来場者(2) じゃないですね。すいません。
岡田 前半に関して答えます。無理。無理です。何で無理かっていうと、あなたが考えてるのは、出版社が限定された本を出してるということが前提です。今日本では、多分1日100冊くらい、100種類くらい新しい単行本が出てるんですけど……。
植村 2〜300くらいありますよ。
岡田 あ、で、これでも多すぎるって言われてるんですけども、この状態でもやっぱ目立たないわけですね。これが電子出版時代になるとどうなっちゃうのかっていうと、極端な数値を代入すると、1日に1万種類とか、5万種類の新刊書が出るわけですね。そうなるとあなたの本が目立つことはできない。
 コミケだったらまだブースの数が有限で、歩いて回れるから、まだ、自分の本が目立たないってことはないんですけども、こっから先、どんどん電子出版が盛んになって、参入しやすくなってくると、編集者がいようがいまいが、1日5万冊、10万冊っていう新刊書が出る世界の中で目立つことなんか到底不可能だと思います。
 だから、おっしゃってることは、そうやって編集者の人が頑張って、とかいう感じで、才能ある作家を見つけて育成するシステムを残してくれというのは、かなり難しいんじゃないかなと僕は思っています。
植村 その文脈でとらせて頂いて、ある種の反論なんだけど、だからこそ、電子書籍における、セールスプロモーションとか、やっぱり良質な、オススメしたい、高く売れるな、これだったらっていうメカニズムが、やっぱり生まれちゃうと思うんですよ。だからやっぱり中抜きは僕は起こらないって。

◎30年後の未来――クロージングコメント
福井 分かりました。赤松さん、巻いた方がいいっていう今、メッセージ出てましたね。そろそろみなさんフリップに書く準備してくださいね。ご質問、2人じゃさすがにあんまりか。もう1人だけとりましょうかね? じゃあ、朝日の赤田さんに、ああ、言っちゃいましたー(棒)カットしてくださーい(笑)。
赤田 朝日新聞の赤田でございます。今日、私ですね、電子出版EXPOの取材をずっとしていてですね、未来の電子……、未来の本の形、未来の出版界がどうなるんだろうってことをずっと考えながら取材してたんですけど、今日もまあそういうことを考えながらお話伺っていて、出版社が必要だと概ね3人がおっしゃっていて、岡田先生も、まあ守ってあげたいっていうことでした。あえて伺いたいのが、そういう必要かどうかではなく、予想、予想というか予測をしていただいて、30年後の未来を。
福井 30年でいい?
赤田 はい。出版社がどうなっているか。必要だと思った方も、必要だと思っているけれどなくなってしまっているとかですね、その辺で1つ具体的な事例として、最近で言うと、某大手印刷会社系列の電子書店が、端末も出しますっていう発表をしました。まあ、あの、凸版系ですけれども。
福井 いいんですいいんですいいんです。
赤田 凸版さんは、端末の発売、それからその電子書籍のデータを作るところ、それから端末経由でそれを売るっていう、つまり、一気通貫で電子書籍のビジネスをやるっていうことを言ってらっしゃる。その中で、「本を作る」という出版社の機能は、まだ完全には入ってきてないんですけど、凸版の子会社がやってる電子書店で、実はオリジナルの本も実際でていると。それは漫画ですが、要するに、電子で出たものが、何と某朝日出版から紙の本で出たりしていて、つまり、オリジナル企画が電子で、出版社以外から出ているっていうことですよね。だから、そういう事例も当然出てくるし、当然ネット時代に非常に大規模な資本でなければ逆に生き残れないということも出てくると思います。だから、Amazonや、Appleや、米国資本との関係も含めて、日本の出版社がどうなっているのか。
福井 かえって大資本が必要かもしれない、っていう視点も面白いですね。じゃあね、クロージングコメントの中で、その視点が入れられるようなら入れていただくということでよろしいですか? で、クロージングコメントの質問は、「出版社はやはり必要だと思いますか?」で、赤田さんからの「30年後にどうなっていると予測しますか?」ってことも出るなら。あるいは、今日最後これを言いたいということ。すいません時間限られてます。おひとり1分、そのくらいでお願いできればと。
岡田 1分!?
福井 はい、分かりました、じゃあね……
岡田 や、1分でいいです。
福井 え、これ、延長大丈夫なのかな? 中継は。
岡田 大丈夫です。
福井 ああ、そう。じゃあ、おひとり2分ね。
植村 大丈夫って、主催者みたいですね(笑)。
岡田 いま、放送から○サイン出ました。大丈夫です。
福井 大丈夫ですね。はい、じゃあ、みなさん拍手で。
(拍手)
福井 用事のある方は、こっそり出てってくださいね、はい。じゃあ、赤田さんよろしいですか?
赤松 赤田さんって誰?(笑)
福井 間違えた、赤松さん宜しいですか?
(場内笑い)
赤松 赤田さん、いつから登壇してんの(笑)。
岡田 後で朝日の赤田さんにもコメントさせましょう(笑)。
福井 えーーーーー……
赤松 赤松でいいのかな?
福井 やるんじゃなかったこんな司会ね。
(場内笑い)
福井 はい、じゃあお願いします、赤松さんどうぞっ。
赤松 残念ながら要らないような……要らないって言っても私は欲しいんですけど、若手が徐々に欲しくなくなってしまうから、30年後って、それはもちろん要らないですよ。3年後に要らなくなってしまう可能性が、いまのところ高いのではないかと。私は要ります。私の代とかバクマンの奴らは要りますけど、要らない感じ? 多分そうなってしまうと思う。
福井 お、短かった。じゃあ植村さん。
植村 まず30年後に答えるかっていう意味においては僕は、電子書籍で食える時代っていうか、ボーンデジタルっていうのかね? だからさっきの方が言ったけど、むしろ電子書籍でちゃんと食えるように、ってこれはでもね、意図的に誰かが、みんながっていうのかな、汗かいてそういう時代を作るんだと思うの。
 それは誰が作るのかって言うと、やっぱ、革命じゃないけど、僕、上から巨大な資本が作るのは嫌なの。だから別にいま動いてるIT企業が凄い仕組み作って「ほらお前らやれるよ」って仕組みを僕はそれ受け入れたくなくて、やっぱそれは、下から革命起こそうよっていう方が好きだからさ。何しろ70年闘争を見ながら生きてきた世代だから。電子書籍で食える、生活できる時代は、必ずくるっていうか、必ずこさせようっていうのがどっちかっていうと僕の考え。で、それは下から作ってこうよ。どっかの巨大な資本が作ったものに乗るんじゃなくて、という。そのプロセスとして、出版社に隣接権だとしたら、それも1つのアイデアだなと思ってます、ってことです。いまいまでは。
福井 はい、ありがとうございました。じゃあ、岡田さん。
岡田 はい、僕は「守ってあげたい」というのがシンポジウムの最初の意見でしたけど、いまは、出版社を小さく「する」手伝いをしたい」です。このままでは小さくなります。つまり、事情によってとかお金によって売上によって小さくなっていったら、必ず辛いこととか悲しいことがいっぱい起こるので、そうじゃなくて、自分たちで出版社が小さくする、ことの手伝いをしてあげたい。
 そのためには、さっきの質問と込みですけども、こう考えます。これからの読者はこうなるであろうっていうやつです。1万人はタダで読まれる。つまり、読者全体が1万人いるとしたら、母集団として、この人たちは、タダじゃないと読まない人たちだ。で、その中の5%、500人は電子出版を買ってくれる人たち、その中のさらに5%、25人は紙の本を買う人たちです。多分この5%・5%というのは僕自身、あるいはだいたい同じような業界の人が痛感しているものだと思います。
 ということは、この母数を多くするしかないんですね。タダでないと読まない人、つまり、今の読者人口自体が減ってることの方が問題であって、そのためには、タダで本をいっぱい読ませた方が、結局いいと思います。タダで本をどんどんどんどん読ませたり、どんどんどんどん安くすると、結果的に電子出版を買う人がその中の5%で増えていって、その中で紙の本をあえて買おうという25人も増える。で、この、5%の5%の25人っていうのは、時代によって移り変わるんですよ。そのときの経済状況とかですね、たまたま親が紙の本が好きだったとか。でも、ここを増やそうとするよりは、ここ、電子出版とか紙の本を守ろうとするよりは、読者人口自体をいかに増やすかを考えた方がいいので、できるだけ無料に近い形で、どんどん本が読めるような仕組みを作るために、出版社を小さくする方法ってのを一緒に考えたいと思います。
福井 前向きな縮小って感じですね。
岡田 はい。その方がマシ。
福井 フリーミアムモデルですね、基本的にはね、うん。ありがとうございました。三田さんいかがでしょうか。
三田 私は、出版社はなくならないと思います。なぜかというと、やはり紙の本がいいんですね。これは例えば、演劇とかオペラとか、それがたとえテレビで観ることができたとしても、やはりそこに行って観れば楽しいわけですね。紙の本も、持って「重いな」と思いながら読むのが、読む醍醐味であります。だから、紙の本はなくならないんですが、ちょっと危ないかなというふうに思っております。
 なぜ危ないかというと、米国でKindleというものが大変に売れて、電子書籍が非常に売れておりますが、Amazonは紙の本も売って儲けようとしております。何が起こっているかというと、紙の本と電子書籍同時に出版するとですね、Amazonは、思いっきり電子書籍の値段を下げるんですね。駅前とか商店街の中にあるような現実の本屋さんに本が平積みになっているときにですね、電子書籍をダンピングします。で、売れねーなーということでですね、本屋さんの店頭から本がなくなったときに、電子書籍の値段を上げてね、で、Amazonの通信販売で紙の本を売るということをやってます。で、これが実際にそういうことになってしまいますと、街角の本屋さんが消えていくんじゃないかなという危機感を持っています。
 最初に言ったように、本を平積みに置いてもらうというのは作家の命なんですね。現実の本屋さんがなくなってしまいますと、フラーッと本屋さんに入ったら平積みで置いてあって、これ、面白そうだなーと手に取るという、そういう形で本と出会うということがなくなってしまって、全部端末で、情報だけで見るということになってしまいますと、文芸文化そのものに大きな危機がやってくるかなと思います。
 でも、文芸文化そのものが絶えてしまったら、電子書籍も意味のないものになってしまうんですね。だから、なるべく本屋さんで、現実の本屋さんで、本を買おうということを、ここにいる皆さん、そしてネットで見ている皆さんに訴えたいと思いますね。そうじゃないと、例えば文庫本みたいなモノは危ないわけですね。電子書籍と競合します。だからなるべく文庫本を買ってですね、自分で所有すると。できたら2冊か3冊かね、たくさん文庫本を買ってですね……
福井 同じ本を?
三田 紙の本屋さんとそれからあの紙の出版社と、紙の本を現実の店で売ってる本屋さんを、われわれで守っていかなければならないというふうに思ってます。
福井 ありがとうございました。本日は、最初から申し上げていた通り、90分で論点を出す、そういう場だったと思っております。
 出版社のこれまで果たしてきた、あるいは、果たすことが期待されていたいろいろな機能。この機能そのものが、いま、必要とされてるのか、あるいは、必要とされているものがあるとすれば、それを十全に果たしていくためには、いったいどんな仕組みがあり得るのか。それを担うのは、出版社なのか、あるいは形を変えた事業体なのか。そうしたことを考えていく上で、非常にたくさんの、豊富な問題提起・材料をいただけたように思います。
 これは皆さんにそのまま、問題意識としてお渡しします。皆さんが、この先、ぜひ議論をしていただいて、面白い作品が生まれ続ける仕組み、それにわれわれが自由にアクセスし、豊かな文化を享受できる仕組みを、一緒に考えていければ幸いに存じます。お忙しい中ご登壇いただきました、登壇者の皆さんにぜひ大きな拍手をお願いします。
(拍手)
 また本日はお忙しい中、出版界で言えば早朝にですね、お集まり頂きました皆さん、本当にありがとうございました。御礼申し上げます。終わりです。
岡田 福井先生、パート2やりましょうね。今度。
(場内笑い)
福井 有料でしょ?
岡田 有料で。
福井 はい。
岡田 でもやるとしたら、出版社が必要かじゃなくてもっと恐ろしい問題で、「書店がこれから必要か」っていうね。
福井 そう、本屋ね。うん。
岡田 もっと怖い話。
赤松 著作隣接権に関しては、10日の23時半からニコ生をやる予定です(リンク参照)。中川勉強会の方と、作家と、出版社の取締役級が参加する。森川ジョージ先生と、ネームが間に合えば、井上雄彦先生をお呼びしてあります。あと私も出ます。
福井 それは無料ですか?
赤松 ニコ生だから無料……
岡田 あーそれは実質、有料ですね。プレミアム会員じゃなきゃ追い出されちゃうから。
(一同笑い)
福井 はい、本日はありがとうございました。


◇カリフォルニア大学ら米5大学によるデジタル教科書試行プロジェクトの報告書が公表
http://current.ndl.go.jp/node/21679
(2012年8月23日 カレントアウェアネス・ポータル)
米国のカリフォルニア大学バークレー校、コーネル大学、ミネソタ大学、バージニア大学、ウィスコンシン大学が、2012年春学期に共同で実施していたデジタル教科書試行プロジェクトの最終報告書(2012年8月1日付け)が公開されています。主な結果として以下のようなことが紹介されています。
・デジタル教科書とは別に紙書籍版を購入したのは12%だけだった。
・学生たちが今後デジタル教科書を購入するようになるには、その価格を下げることが最大の要因であると考えられる。また、デジタル教科書の持ち運びのしやすさも非常に大きな要因だった。その他、インターネット接続がなくても閲覧できることや、一学期だけではなく学生生活全体を通して利用できることが挙げられた。
・ズームのしづらさなどデジタル教科書の文章の読みにくさは学生から何度も指摘された。
・多くの場合、教員らは、メモの共有や学生の行動把握のようなデジタル教科書の高機能を使っているとは報告せず、さらなる講習の必要性を指摘していた。そして、教員が使っていないため、学生らも、他の学生や教員と協働作業ができる点についてほとんど利点を感じていなかった。
◎Internet2 eTextbook Spring 2012 Pilot Final Project Report(PDF:40ページ) http://www.internet2.edu/netplus/etext/docs/eText-Spring-2012-Pilot-Report.pdf
◎Students Find E-Textbooks 'Clumsy' and Don't Use Their Interactive Features(The Chronicle of Higher Education 2012/8/22付け記事) http://chronicle.com/blogs/wiredcampus/students-find-e-textbooks-clumsy-and-dont-use-their-interactive-features


◇米国情報標準化機構、雑誌記事をXML形式で記述する“Journal Article Tag Suite”(ANSI/NISO Z39.96)バージョン1.0を公表
http://current.ndl.go.jp/node/21668
(2012年8月23日 カレントアウェアネス・ポータル)
2012年8月22日、米国情報標準化機構(NISO)が、新しい標準規格“Journal Article Tag Suite(JATS)”(ANSI/NISO Z39.96-2012)のバージョン1.0を公表しました。これは、学術論文などの雑誌記事をXML形式で記述するための共通規格で、米国国立医学図書館(NLM)の“NLM Journal Archiving and Interchange Tag Suite”(通称NLM DTDとして知られる)バージョン3.0が基になっています。JATSには、Archiving and Interchange Tag Set、Journal Publishing Tag Set、Article Authoring Tag Setという3種類のタグ集合も含まれています。
◎JATS: Journal Article Tag Suite http://jats.niso.org/
◎Standardized Markup for Journal Articles: Journal Article Tag Suite (JATS) http://www.niso.org/workrooms/journalmarkup
◎NISO Publishes Journal Article Tag Suite (JATS) Standard - National Information Standards Organization(NISO 2012/8/22付けプレスリリース) http://www.niso.org/news/pr/view?item_key=d92a2bc93b43db6831e68914e134c731d83cbdd1
◎Journal Archiving and Interchange Tag Suite(NLM) http://dtd.nlm.nih.gov/
◎J-STAGE、JATS-DTD 準拠のXML形式で論文全文搭載開始 http://current.ndl.go.jp/node/21438


◇CourseSmart and STEPP Conduct a Study on the Accessibility of eTextbooks
http://goodereader.com/blog/electronic-readers/coursesmart-and-stepp-conduct-a-study-on-the-accessibility-of-etextbooks
(AUG 23, 2012 By Mercy Pilkington Good E-Reader)
GoodeReader reported on digital textbook publisher CourseSmart’s involvement in a multi-year study by STEPP (STudent Erent Pilot Project) on how the rental of digital textbooks are affecting learning outcomes at the higher education level, with a special focus on providing easier and more cost effective accessibility for students with special needs. This week, Cindy Clarke, CourseSmart’s Vice President of Marketing, spoke with GoodeReader about the recent study and this need for a broader adoption of the existing technology.
“CourseSmart’s viewpoint on accessibility is that all students deserve to be treated equally and have equal access to course materials at an affordable price. It’s imperative that those who select course materials keep in mind the cost and accessibility.”
Studies have shown that those students who have early access to their materials are less likely to drop their classes and are more likely to do well, so the same accessibility is a concern for students have special considerations when relating to their texts, like a print-specific disability. For users with printer related disabilities, a browser based site is important. The browsing and purchasing capabilities are just as important as the reading experience for independent users.
“First time students were able to enjoy the benefits of etextbooks, like a savings of 50% over print, along with instant, anytime-anywhere access to their course materials on a web-enabled device so they don’t have to buy a specific device. Our reader enables all users to take notes, highlight, and to compile those notes and highlights in one easy to use tab. Very important for those with print related disabilities. It’s very easy for students using a e-textbooks to find what the professor is referring to since the pages in the digital textbook match the pages in the print textbook.”
STEPP began its study in 2010 using CourseSmart content, along with help from Alternative Media Access Center (AMAC) and Access Text Network (ATN), and is concerned with coming up with affordable texts for all students. Those consumers with print related disabilities are a subset of that group, which is important considering CourseSmart already has over three million student and faculty users in the US, UK, and Europe.
“One of the great things about the STEP program is it has great intentions and a great goal, but most important, the organization has been very focused on making sure we are achieving those goals. The good news is the initiative is performing against the goals, with 77% of students saying they did save money by renting etexts. 80% of students who needed an accessible textbook were satisfied with the quality, and nearly 80% of students said they accessible electronic text provided them with what they needed for class.”


◇米Amazon、インド国内で電子書籍端末「Kindle」シリーズを販売開始、個人出版サービスも同時スタート
http://hon.jp/news/1.0/0/3631/
(2012-08-23 10:47:00 hon.jp DayWatch)
 現地報道によると、Amazon社(本社:米国ワシントン州)は8月22日、インド国内で電子書籍端末「Kindle」シリーズを販売開始した模様。
 記事によると、ハードウェア自体は現地の家電量販チェーン大手「Croma」の店頭でも販売され、インド版Kindle Storeサイトもすでにオープンしている。スタート当初の作品の大半は英語作品となっているが、個人電子書籍出版サービス「Kindle Direct Publishing」も同時スタートしており、ヒンディ語・デーヴァナーガリー語・ベンガル語などの表示にもある程度対応しているため、個人作家作費を中心に現地作品を今後増やしていきたい模様だ。
 なお、インドでの英語書籍出版はもともと、英・米両国の大手出版社で現在も慣習として残っているカルテル協定(The British Publishers' Traditional Market Agreement)により、英国資本が牛耳っていたが、そこに米国資本のAmazon社が突然参入したことで、様相が一変しそうだ。【hon.jp】
◎現地The Hindu紙の記事( http://www.thehindu.com/business/companies/article3808410.ece )


◇電子書籍が再販制のドイツ、出版社団体がiTunesカードの割引販売を巡りApple社に抗議
http://hon.jp/news/1.0/0/3626/
(2012-08-21 16:22:31 hon.jp DayWatch)
 米国の電子書籍ニュースサイト「The Digital Reader」によると、電子書籍の価格を巡りドイツの出版社団体Borsenvereins der Deutschen Buchhandler(本部:ドイツ・フランクフルト市)とApple社(本社:米国カリフォルニア州)でちょっとした紛争が起きている模様。
 ドイツやフランスでは、米・英・日などと異なり電子書籍は再販制度の対象となっているため、読者は出版社側が決めた価格で購入しなければならない。記事によると、ドイツ国内ではApple社はドイツ版iBookstoreを開業しているが、その一方で20〜30%引きのiTunesカードも街頭で売られているため、出版団体側が再販制違反としてApple側に抗議している模様。
 ドイツ国内に限定される法律であるため、Apple側がどのように対応するか注目される。【hon.jp】
◎The Digital Readerの記事( http://www.the-digital-reader.com/2012/08/20/apple-spanked-for-selling-discounted-ebooks-in-germany/ )


◇Texas AT Specialist Champions Large Scale District Accessible Book Initiative
http://blog.bookshare.org/2012/08/21/texas-at-specialist-champions-large-scale-district-accessible-book-initiative/
(AUGUST 21, 2012 by Valerie Chernek, Bookshare Blog)
You’ve heard it before… all it takes is one person to start a ball rolling. For equal access to reading and educational books for students with print disabilities, that person is Jessica McKay, an AT Specialist in Ysleta ISD, Texas.
Jessica McKay (in red) and Leslie Armbruster (in blue)
The Ysleta district will roll out their widespread initiative this fall (2012) across 60 campuses, to hundreds of K to 12th graders who are blind, have low vision, a physical disability, such as cerebral palsy or a severe reading disability, like dyslexia.
Jessica, with the support of her supervisor, Leslie Armbruster, championed the initial cause. “Jessica has this amazing ability to take an idea and bring it to new heights,” said Leslie. “I did it for the kids,” adds Jessica.
Through their efforts, and the support of Deenie Gross, a Texas program coordinator from Benetech, (Bookshare’s parent organization), the trio encouraged over 110 educators and administrators to become Bookshare sponsors who download accessible books and K-12 textbooks on behalf of students who qualify, and to work toward a common goal of equal access. Participating in the initiative are Assistant Principals who lead the charge at local schools, Special Education Teachers, Reading and Dyslexia Specialists, Librarians, and the Special Education Assessment team who work on IEPs (Individual Education Plans).
Going above and beyond daily responsibilities
The IEP team is responsible for making accessible instruction materials (AIM) available for students who need the curricular materials in a digital format. “I heard about Bookshare and wanted to check it out,” said McKay. “If it saves us time and money, it would benefit our students and schools.”
In years past, AT specialists would sift through boxes of audio tapes-maybe 80 or 90 tapes-looking for one textbook. They would spend hours scanning books on ‘not-so-sophisticated’ optical scanning equipment, only to have the format be less than adequate for students with print disabilities.
They would also spend time searching the web and other resources to find literature titles, only to be confused with copyright restrictions. They would place many calls and emails to K-12 publishers to request textbooks on CD-ROMs. On the flip side, students who needed the accessible formats had to wait weeks or months to receive large print books. “I knew there had to be a better process,” said McKay.
Large District Implementation Roll-Out ? Bookshare and AIM
As she began to use Bookshare, she found that requests for books for students who qualified exceeded her capacity to download the books. With her supervisor’s assistance, she arranged an informational session with the Texas district leadership to describe the use of Bookshare and discuss ideas to develop a large-scale implementation process. Executive Directors for Special Education, Elementary Education, and Instructional Technology quickly saw the benefit and pledged their full support. Here are some of the key points to their large district implementation roll out:
Texas Education Agency (TEA) funded two Benetech program coordinators to support the roll-out with training, hands-on use and information.
Assistant Principals took the responsibility to be primary contacts for their campuses and assigned key teachers to be Bookshare Sponsors at each school.
Training was given to the Special Education Assessment staff and teachers on how to document the “need” for digital accessible books in IEPs and 504 plans.
Sponsor teachers received training on strategies to “build-in” accessible instruction to the teaching process and written information about the benefits of AIM. They were also taught how to download books and monitor student progress.
A Bookshare “Getting Started Guide” outlined step-by-step instructions on how to sign up students for memberships and to use the free reading software with text-to-speech.
Summer trainings were held at schools with teachers and homebound instructors.
Technology support came from campus technicians, librarians and media specialists.
On an ongoing basis, annual district technology fairs will give educators opportunities for hands-on practice and to see demonstrations of Bookshare to broaden awareness about the initiative.
“I didn’t realize how fast this initiative would catch on,” said McKay. “Now others are talking about the benefits of Bookshare and AIM. Our advice to other school districts is to remember that any systemic program takes time. Start small ? maybe one class ? for one child ? or get one teacher to download digital books on behalf of students who qualify. Make a difference to a few students; see it on their faces and in their abilities, it will be well worth your effort!”
We will check back with the Ysleta ISD team in October 2012 to write about their progress.
Special thanks to Deenie Gross, Benetech/Bookshare Outreach Coordinators who works with this Texas District.


◇米国の学校図書館向けの電子書籍貸出サービス“Brain Hive”、本格的にサービス開始
http://current.ndl.go.jp/node/21646
(2012年8月20日 カレントアウェアネス・ポータル)
米国の幼稚園から高校まで(K-12)の学校図書館向けに、電子書籍を貸し出すサービス“Brain Hive”は、一部の機関を対象にベータテストを実施してきましたが、この度、広く公開されたとのことで、登録受付が開始しています。
◎Brain Hive Goes Live: On-Demand Ebook Service Rolls Out to K?12 Schools(2012/8/16) http://www.thedigitalshift.com/2012/08/ebooks/brain-hive-goes-live-on-demand-ebook-service-rolls-out-to-k-12-schools/


◇0号(創刊準備号)発行しました!|メルマガ更新情報
http://accsell.net/m-magazine/start.html
(2012年8月16日 AccSell)
こんにちは!「AccSellメールマガジン」0号(創刊準備号)が発行されました!
気になる内容は・・・
連載1:全盲のコンピューター利用に関する四方山話 (中根雅文)
第0回 -- 連載趣旨
連載2:JIS X 8341-3:2010 『逆引き』徹底解説 (植木真)
第0回 -- 連載趣旨
の2本立てです!
詳しくは「まぐまぐ」のAccSellメルマガのページからどうぞ
創刊準備号なので現在は無料で公開しています!
このサンプルで気に入っていただけたらぜひ購読していただけるとうれしいです!


◇Google、検索エンジンの大規模刷新で海賊版電子書籍と戦う
http://ebook.itmedia.co.jp/ebook/articles/1208/16/news014.html
(2012年08月16日 06時30分 更新 eBook USER Michael Kozlowski,Good e-Reader Blog)
 Googleは何気なくインターネットサーフィンをしていると出くわす海賊版コンテンツを劇的に減少させる検索エンジンの更新を予定している。
 私たちが電子書籍や音楽の新譜を購入しようとGoogleで検索したとき、検索結果に海賊版サイトがなだれ込んでくることがままある。GoogleはDMCA(デジタルミレニアム著作権法)関連の苦情が盛んに申し立てされていたり、海賊版の配布で知られているWebサイトをフィルターするよう自社の検索エンジンを修正している。GoogleはDCMA関連を含む通報を毎月500万件以上受け取っているという。この変更はユーザーがApple、Amazon、Spotify、Google Booksといった合法的なコンテンツ配信システムを探す手助けをしようとするものだ。
 Googleは、この新たな変更について公式声明を発表しており、同社のエンジニアリング担当上級副社長、アミット・シンガル氏は次のように述べている。
 コンテンツが正式に許可されているかどうかを知っているのは著作権者だけで、著作権違反を判断できるのは裁判所だけです。Googleはある特定のWebページが著作権法に抵触しているかどうかを決定できません。
 今回の修正で検索結果のランクに影響は出ますが、著作権所有者から有効な著作権削除通報を受け取らない限り検索結果からWebページを除外することはありません。また、われわれは引き続き『反通報』ツールを提供する予定で、コンテンツが間違って除去された場合は回復手続きを取ることができます。著作権削除についても引き続き透明性を保つ予定です
 多くの企業と消費者グループはこの変更を支持しており、さらなる売り上げにつながることを望んでいる。海賊版をダウンロードするよりも購入する方が簡単になっていけば、売り上げは伸びるはずだ。また、人気のTorrentサイト、ファイル共有サイト、有名な海賊版サイトは一般ユーザーを獲得するのが難しくなっていくだろう。
 この変更は海賊版を撲滅するため音楽および出版業界によってもたらされたと主張する一部の強硬な少数派ユーザーも存在する。大企業による海賊版撲滅の試みにより、プライバシーに関する懸念も生じている。Googleが海賊版電子書籍などのコンテンツをフィルターするべきか。これは今話題の問題で今後数週間以内により大きな関心を集めることになるだろう。


◇Discoverability Without Spreadability is a Marketing Disability
http://www.digitalbookworld.com/2012/discoverability-without-spreadability-is-a-marketing-disability/
(August 15, 2012, Digital Book World)
Discoverability is the seven-syllable, tongue-twisting term bantered about publishing circles that supposedly represents the future of the industry. For books to survive, especially in a digital environment, new approaches must be developed to help shoppers who no longer browse bookstore shelves discover new titles. In essence, publishers must make it easier for consumers to discover their books.
On the surface, I agree that discoverability is an important issue. And, I hope you’ll join me at the upcoming DBW Discoverability and Marketing Conference on September 24-25th. However, I would suggest that the current definition of discoverability represents a limiting point of view that can cause trouble for publishers. Here’s two reasons why:
1. Simply telling people that a book exists doesn’t move them towards a purchase. Consumers buy books according to the principle of self-interest. They need to know what’s in it for them. Therefore, discoverability shouldn’t be limited to just making people aware of new books. Our goal should be to make readers aware of a book’s value. It’s more important to make sure readers discover the potential results offered by a book. The result could be any number of benefits, such as pure entertainment, personal inspiration, or fascinating information. It’s the perceived value that drives a book sale, and that must be what we help readers discover.
2. When discoverability focuses on making people aware of new titles without highlighting the value, then word of mouth is hindered ? which is the ultimate driver of book sales. For example, last week I discovered a new book by seeing a highly-produced video trailer posted on a popular blog. According to the current definition of discoverability, this modern promotional channel worked like a charm. But, as I watched the video, I couldn’t tell why the book was worth reading. All I saw was just a bunch of fancy graphics with no substance and no compelling reason to buy. Not only was I de-motivated to make a purchase, I felt no reason to tell friends, spread word of mouth, and help generate multiple purchases.
To sum up, discoverability is ineffective if it doesn’t generate spreadability (yes, I’m suggesting we add another crazy term to the marketing lexicon). The goal of marketing shouldn’t be to merely help readers discover new books. The goal should be to tell readers what’s in it for them, fuel the desire to purchase, and encourage them to spread word of mouth. Discoverability without spreadability creates a marketing disability.


◇東京大学大学院人文社会系研究科次世代人文学開発センター萌芽部門、デジタル人文学講演資料の邦訳2編を公開
http://current.ndl.go.jp/node/21615
(2012年8月15日 カレントアウェアネス・ポータル)
東京大学大学院人文社会系研究科次世代人文学開発センター萌芽部門データベース拠点・大蔵経のウェブサイトで、2011年11月に開催された国際シンポジウム「デジタル化時代における知識基盤の構築と人文学の役割」での、John Unsworthイリノイ大学教授の講演“Digitization and Humanities Scholarship”の日本語訳「デジタル化と人文学研究」が公開されています。
また、同じウェブサイトでは、2012年7月16日から22日にドイツのハンブルク大学で開催されたDigital Humanities 2012国際会議における、下田正弘東京大学教授による基調講演“Embracing a Distant View of the Digital Humanities”の日本語訳「人文情報学を遠望する」も公開されています。
◎デジタル化と人文学研究 (東京大学大学院人文社会系研究科次世代人文学開発センター萌芽部門データベース拠点・大蔵経) http://21dzk.l.u-tokyo.ac.jp/CEH/index.php?Unsworth
◎人文情報学を遠望する (東京大学大学院人文社会系研究科次世代人文学開発センター萌芽部門データベース拠点・大蔵経) http://21dzk.l.u-tokyo.ac.jp/CEH/index.php?DH2012%20keynote%20address
◎Embracing a Distant View of the Digital Humanities (上記リンク先の英語原文ページ)(東京大学大学院人文社会系研究科次世代人文学開発センター萌芽部門データベース拠点・大蔵経) http://21dzk.l.u-tokyo.ac.jp/CEH/index.php?English%20DH2012%20Keynote
◎【イベント】「デジタル化時代における知識基盤の構築と人文学の役割」(11/29・東京) http://current.ndl.go.jp/node/19525
◎ドイツで開催中のデジタル人文学国際学会“Digital Humanities 2012”の講演・発表動画が公開 http://current.ndl.go.jp/node/21410


◇Hachette Draws Author’s Ire on DRM Mentality
http://goodereader.com/blog/e-book-news/hachette-draws-authors-ire-on-drm-mentality
(AUG 15, 2012 By Sherry Snider Good E-Reader)
Hachette UK drew a few double-takes and even more responses this week as the publisher stated that its current model of selling ebooks with DRM (Digital Rights Management) and fair prices was “working very well.” Specifically, the statement drew a “chastising response” from author Cory Doctorow on Publishers Weekly’s Columns and Blogs post.
To be fair, the statement from Hachette UK was made in a letter sent to an author whose published books (some through Hachette’s imprints and some with Tor Books) were recently acquired. The statement warned that Tor’s no-DRM policy “will make it difficult for the rights granted to us to be properly protected.” Hachette also suggested that the author insist that Tor use DRM on the titles in question.
Doctorow, a firm advocate of DRM-free eBooks, read the letter released by Little, Brown U.K. CEO Ursula Mackenzie and had no problem responding. “Let’s just say that Hachette has balls the size of Mars if it thinks it can dictate what other publishers do with titles in territories where it has no rights.”
In addition to Doctorow’s striking metaphor, his response also attacked the logic of DRM as effective protection for the publisher and author. His key points are that DRM or no, pirated ebooks are still easily found and DRM does nothing to stop pirates from scanning or retyping books. He also mentioned that Cracks are widely available on the internet to remove DRM. His final key point was that honest people BUY ebooks, but may experience problems accessing the purchased book on multiple devices.
And here’s the big kicker: “DRM is not a selling point. There’s no one who’s ever bought a book because it had DRM. People buy DRM e-books because they have no choice, or because they don’t care about it, or because they don’t know it’s there. But DRM never leads to a sale.”
This all leads right back to Doctorow’s outrage at Hachette’s play to push authors into accepting DRM, and he closed with a very relevant caution about platform switching and potential issues with DRM. “The phone is fast becoming an e-reader of choice, and readers usually cycle out phones with their cellular contracts every 12?18 months. This is going to be a hell of a ride.”


◇DRM, Compatibility, and Myth
http://goodereader.com/blog/electronic-readers/drm-compatibility-and-myth
(AUG 15, 2012 By Mercy Pilkington Good E-Reader)
To the average reader who owns a brand-specific device and only shops for books through the device’s parent company, concerns about things like cross-platform compatibility and DRM status might not really be on the radar. And for a large portion of the reading population, that may be the case; browse for a book on your favorite retailer’s site, click the Buy button, and wait for your book to appear on your small screen.
But for many other readers, a growing number, if the traffic on this issue is an indicator, the discoverability of new books by indie authors and the court-protected right to share a good ebook with a friend without worrying about different devices are a growing concern. Factor in the ever-increasing numbers of authors?both indie and traditional?who simply believe that books are meant to be read by as wide an audience as possible, and concerns over the artificial limitations of ebooks seem very, very real.
Cory Doctorow made this point both quite effectively yesterday in a blog post on Publisher’s Weekly’s website. The full text of his post can be found HERE. Doctorow, a champion for removing the restrictions that limit the potential of books, makes a very clear case for the belief that DRM, or the “locking” of a book to one platform and the limitations that are supposed to protect the author and publisher from piracy and illegal file sharing, actually leads to piracy and loss of books sales for the author. He even points to well-known authors and books like JK Rowling’s Harry Potter series that have thrived due to their DRM-free status.
While piracy and protection are only one half of the equation in the debate over these restrictions, compatibility is the other half; with the sheer volume of choices in the digital reading market, it’s also a concern that authors, publishers, and self-publishers need to address. In marginally related news, digital publishing solutions mainstay Aptara will be hosting a webinar today on “eBook and App Device Compatibility: Separating Fact From Fiction.” The event will feature moderator Scott Abel and speakers Jean Kaplansky, a Solutions Architect with Aptara, and Joshua Tallent, CEO and founder of eBook Architects. The free event begins today 1:30pm Eastern time, 10:30am Pacific and registration can be found HERE.


◇IFLA、印刷物を読むことに障害がある人々に対する図書館サービスについてのマニフェスト最終草案を公表
http://current.ndl.go.jp/node/21608
(2012年8月14日 カレントアウェアネス・ポータル)
国際図書館連盟(IFLA)の「印刷物を読むことに障害がある人々のための図書館分科会 (Libraries Serving Persons with Print Disabilities Section : LPD)が、視覚障害者等の印刷物を読むことに障害がある人々(Print Disabilities)に対する図書館サービスについてのマニフェストの最終草案を公表しています。
◎Manifesto for libraries serving persons with a print disability(IFLA 2012/8/11) http://www.ifla.org/en/news/manifesto-for-libraries-serving-persons-with-a-print-disability
◎Manifesto for libraries serving persons with a print disability: final draft http://www.ifla.org/en/publications/manifesto-for-libraries-serving-persons-with-a-print-disability-final-draft


◇The DAISY Consortium Announces the Latest Release of the Save as DAISY for Office 2010 add-in
http://www.nfb.org/blog/atblog/daisy-consortium-announces-latest-release-save-daisy-office-2010-add
(08/14/2012  National Federation of the Blind)
Zurich, Switzerland and Missoula, MT, USA - December 15, 2011 - Building on DAISY Consortium’s collaboration with Microsoft, Save as DAISY for Office 2010 helps Microsoft Word users convert Word Open XML files to the Digital Accessible Information System (DAISY) format. This version supports Office 2003, 2007 and 2010.
“We want to provide people with print disabilities equal access to the same information,” says George Kerscher, Secretary General of the DAISY Consortium. “The blind person needs a mechanism to navigate the page as quickly as a sighted person.”
With the validation tools incorporated into Save as DAISY for Office 2010, users can convert a well-structured Word file into a DAISY file set that automatically conforms to DAISY standards. DAISY files aid readers with print disabilities, as the text in DAISY XML is synchronized with synthetic-speech audio MP3 files that are generated by a speech application programming interface available in the Windows operating system.
Save as DAISY for Office 2010 incorporates a "Lite" version of the DAISY Pipeline. Users can select to generate the DAISY XML for further processing, or they can generate a fully conforming DAISY file set with full navigation and full text synchronized with audio. The audio is generated by the default text-to-speech (TTS) engine on users’ Windows computer. The DAISY Pipeline maintenance release accompanies the current Save as DAISY add-in release.
Save as DAISY add-in is a tool that document creators can use to easily convert their documents into multimedia publications for people who are blind or have a print disability. The add-in is available at no cost to users, helping to meet the DAISY Consortium’s commitment to provide equal access to information for all members of society.
“Our work with the DAISY Consortium and Save as DAISY for Office 2010 are key elements of Microsoft’s ongoing investment in accessibility” said Rob Sinclair, chief accessibility officer, Microsoft. “Talking documents open up a world of words for people with print disabilities at home, work and in the classroom.”
E-Learning Consultant Norm Coombs (EASI) shared: "In 1972 I published a history book, "Black Experience in America". I wrote it on a typewriter, and being blind, made lots of typos. I had it edited and exchanged emails with the editor till she was happy with the manuscript. But, being in print, I couldn't read it myself!
In the late 1980s, I used a scanner and got an electronic version as a plain text file. But 200 pages with no chapters or headers was long and tedious. Eventually, I gave it away to Project Gutenberg which eventually had someone put out a Web version including some chapters and headers.
With the arrival of the Save as DAISY add-in for Word, I had an inspiration. I used the 'cut and save' feature in Internet Explorer and pasted it into Word, now I had a document with paragraphs, headers, and chapters providing basic navigation. The add-in let me save a DAISY version which I now have on my pocket-sized DAISY reader. The document may not be 'publisher perfect', but I now can read my book in a format with chapters, headers and the ability to both skim and move around as easily as if it were a print book!"
By being able to navigate content in the same way a sighted reader can, people with print disabilities can consume information at the same speed as other people, making them more competitive in school and in business.
The DAISY Consortium embraces the principles of global collaboration and transparency which define open standards development. Collaboration results in open international standards, and accessible digital content and reading systems which meet the needs of readers with a print disability, while providing a rich user experience for all.


◇JAWS 13
http://www.nfb.org/blog/atblog/jaws-13
(08/14/2012 National Federation of the Blind)
After letting the dust settle, and now that Freedom Scientific has released two updates to the latest release of JAWS, it seemed a reasonable time to give a quick overview of what the new version has to offer blind users.
OCR
Freedom Scientific has implemented an Optical Character Recognition system in JAWS 13 that will recognize the text of controls and documents that are otherwise inaccessible. Using the layered keystroke model, introduced a couple versions back, INSERT+SPACE followed by O will activate OCR. You can then choose to OCR the current window (W), current control (C), or entire screen (S). When the OCR has completed, you will have the JAWS cursor activated and be able to move through the recognized text. Using the mouse emulation commands will correctly perform a right or left click.
This should not be used as the only access solution for inaccessible PDFs, but it does work well enough to get an initial impression of the document’s contents. One other caveat I have found, if you use Windows Media Center (WMC) and try to OCR a DVD menu, or one of the text-only screens, OCR will fail if you are in full screen mode. I assume this has to do with how the full screen overlay is sent to the display. Pressing ALT+ENTER will put the WMC into windowed mode and you can then OCR the contents.
Table Navigation
In the context of layered keystrokes, it is now possible to enter a table navigation mode where your arrow keys will move you among table cells instead of within their contents. This mode essentially “locks” the table modifiers CTRL+ALT. Once active, table commands are locked until you press a key that is not used for table navigation (such as SPACE). Additional navigation includes commands for going to the beginning and end of a row or column. I find this mode helpful when I want to quickly move through data tables and often times it is more convenient to not use three fingers to do so.
Improved Access to Top Windows
If you’ve ever experienced the scenario where you know there is a program window on screen, but you can’t find it in the ALT+TAB order, you can breathe a little easier. JAWS 13 will now locate these windows, often found in antivirus and other security programs, through the INSERT+F10 dialog and allow focus to be moved to them. In the dialog’s listbox, these windows are indicated with a parenthetical notation that they are a “top” window.
Outlook Command to Open HTML Messages in the Browser
Outlook 2007 and 2010 present a challenge to blind users when reading HTML messages. Often, these messages appear to be constructed of nested tables and navigating them in Outlook is cumbersome at best. The solution has always been to use the Outlook “open in browser” command and read the message in Internet Explorer. Until now, that command was difficult to locate, or, if you placed its icon on the quick access toolbar, required two keystrokes to activate. Now, simply hold the JAWS key and SHIFT+W to accomplish this task.
Many other additional enhancements have been added to JAWS, including better support for Microsoft Word, but these are my top highlights.


◇国際図書館連盟(IFLA)、「図書館員と情報労働者の倫理綱領」を公表
http://current.ndl.go.jp/node/21600
(2012年8月13日 カレントアウェアネス・ポータル)
2012年8月12日、国際図書館連盟(IFLA)が、「図書館員と情報労働者の倫理綱領」(IFLA Code of Ethics for Librarians and other Information Workers)を公表しました。このような倫理綱領は、世界60か国以上の図書館協会や、国際公文書館会議(ICA)、国際博物館会議(ICOM)などで策定されているものの、IFLAでは定めていなかったため、2011年以降検討を続けてきたということです。
◎IFLA Code of Ethics for Librarians and other Information Workers(PDF:5ページ) http://www.ifla.org/files/faife/publications/IFLA%20Code%20of%20Ethics%20-%20Long_0.pdf
◎IFLA Code of Ethics for Librarians and other Information Workers “Short-version”(PDF:2ページ) http://www.ifla.org/files/faife/news/IFLA%20Code%20of%20Ethics%20-%20Short.pdf
◎IFLA Code of Ethics for Librarians and other Information Workers(IFLA 2012/8/12付けニュース) http://www.ifla.org/en/news/ifla-code-of-ethics-for-librarians-and-other-information-workers


◇出版業界ニュースフラッシュ 2012年8月第2週
http://ebook.itmedia.co.jp/ebook/articles/1208/13/news038.html
(2012年08月13日 eBook USER)
JPO・出版5団体など、「緊デジ」条件緩和に関する説明会
 日本出版インフラセンター(JPO)と人文・社会科学系の出版5団体、デジタルパブリッシングサービスは8月6日、東京・神楽坂の日本出版会館で、先ごろ発表した経済産業省「コンテンツ緊急電子化事業」の申請条件緩和に関する説明会を行った。変更点は、申請上限の撤廃、EPUB 3の採用、PDFフォーマットへの対応など6項目。
 歴史書懇話会の代表幹事・横井真木雄氏(吉川弘文館)は、事前に提出した要望書について「専門書出版社の参加をいかにしやすくするか」が目的だったとし、「少しでもデジタル化が進めば」と語った。また、JPOの永井祥一専務理事は、緊デジが「出版者への権利付与」とも密接に関わる重要な案件であることを伝えた。


◇EU MS support for WIPO "books for blind people" treaty spring 2012
http://www.ifla.org/en/news/eu-ms-support-for-wipo-books-for-blind-people-treaty-spring-2012
(10 August 2012 By Christopher Friend, IFLA)
EBU has been asking EU governments for their position on a binding WIPO treaty.
EBU: As a result of our petition to Parliament and Commissioner Barnier's appearance in front of Parliament, the Commissioner is expected to ask EU Member States for a mandate to negotiate and agree a binding WIPO "books for blind people" treaty. EBU urges them to give Barnier such a mandate.


◇無知が原因? Kindle個人作家たちが電子書籍レンタル・ポータルサイトを閉鎖に追い込み、ユーザーたちが逆襲中
http://hon.jp/news/1.0/0/3605/
(2012-08-09 10:54:19 hon.jp DayWatch)
 米techdirt.comによると、Kindle上の一部の個人電子書籍作家たちが電子書籍レンタル・スワップサイト「LendInk」を違法コピー配布サイトと勘違いし、閉鎖に追い込んだ模様。
 記事によると、Lendlnkサイトはレンタル対応Kindle電子書籍作品を読み終えたユーザー同士で閲覧権を交換するための単なるポータルサイトだったが、一部の個人作家たちがそれを違法コピー配布サイトと勘違いしTwitter上で抗議キャンペーンを実施。結果、Lendlnkサイトはホスティング会社によって閉鎖された模様。
 しかし、その後Lendlnkサイト自体は合法で、Amazon社の個人作家サービス規約ではレンタル化が強制加入される旨がはっきりと明記されているため、今度は騒ぎを起こした作家たちに他のTwitterユーザーたちが「利用規約も読めないバカ作家ども」など報復攻撃を開始。さらに大きな騒ぎとなっている模様。【hon.jp】
◎techdirt.comの記事( http://www.techdirt.com/articles/20120807/21080519958/legit-ebook-lending-site-taken-down-angry-twitmob-writers.shtml )


◇Smashwords Unveils Library Direct Catalog
http://goodereader.com/blog/electronic-readers/smashwords-unveils-library-direct-catalog
(AUG 09, 2012 By Mercy Pilkington Good E-Reader)
Ebook distribution platform Smashwords, one of the top retailers for self-published and digitally published works, unveiled a new program today that will make it even easier and more lucrative for libraries to put indie authors’ titles in the devices of digital reading patrons. Library Directwill allow libraries to bundle books in Smashwords’ catalog and select the books based on sales ranking; partnered with the new Pricing Manager which allows authors and publishers to set the prices that libraries will pay, even opting to make their titles free to libraries, the amount of ebook titles that libraries can offer to patrons will increase.
“We’re always looking for opportunities to expand the distribution into new markets, and I think libraries are a really important piece of that,” said Smashwords’ founder Mark Coker in an interview with GoodeReader. “Libraries are standing there with fistfuls of cash in their hands and saying to the big publishers, ‘We want to buy your ebooks,’ and the publishers are saying no or they’re charging way too much for their books. This is a perfect opportunity for indie authors to come in and serve library patrons.”
Library Direct will send its first bundle of ebook titles to Douglas County Library System in Colorado next week, drawing from books in the top 10,000. As libraries are responsible for their own check-out systems for digital copies, libraries have the power to purchase and own as little as a single copy of a title, while having the option to decide to purchase additional copies if the demand is greater.
“Libraries play a really important role in book discovery and author discovery. If we can get our books into the major libraries around the world, it’ll give out authors a long term advantage over authors who aren’t in libraries. Library Direct is a piece of that.”
Interestingly, authors and publishers will have the option to decline participation in the Library Direct program, as Smashwords’ fundamental business model is to put the control back in the hands of those who create the books. But in light of the direction library ebook lending is currently taking, authors and patrons who wish to work within a literary community based on shared content and discovery would be wise to embrace their local libraries.


◇次世代DAISY規格(ANSI/NISO Z39.98-2012)が公表
http://current.ndl.go.jp/node/21561
(2012年8月8日 カレントアウェアネス・ポータル)
2012年8月7日、米国情報標準化機構(NISO)とDAISYコンソーシアムが、新しい標準規格“Authoring and Interchange Framework for Adaptive XML Publishing Specification”(ANSI/NISO Z39.98-2012)を公表しました。その管理はDAISYコンソーシアムによって行われます。
この規格は、デジタル情報を、様々なアクセシブルなフォーマット(配布フォーマット)へ変換できるようなかたちでXML形式によって記述する枠組みを定めたものです。いわゆる交換(中間)フォーマットに関する規格といえます。交換フォーマットから生成される配布フォーマットについては特に制限を課さず、点字や大活字版、EPUBなどを含めた様々な形式が使用できるようになっています。
Z39.98は、元々、デジタル録音図書に関するDAISY 3(ANSI/NISO Z39.86)の後継として策定が進められていたものです。ただし、ドラフト版へのコメントを受けて、Z39.86とは異なる番号を取得し、Z39.86も今後5年間使用を続けることになったそうです。
◎ANSI/NISO Z39.98-2012 http://www.daisy.org/z3998/2012/z3998-2012.html
◎NISO and DAISY Consortium Publish Authoring and Interchange Framework Standard(NISO 2012/8/7付けプレスリリース) http://www.niso.org/news/pr/view?item_key=47de4fe39e4ee2256ce26f1438daebb19d394258
◎NISO and DAISY Consortium Publish Authoring and Interchange Framework Standard(DAISY Consortium 2012/8/7付けニュース) http://www.daisy.org/daisy-news#newsitem1151
◎DAISY - National Information Standards Organization http://daisy.niso.org/


◇米BISG、EPUB 3を標準の電子書籍ファイルフォーマットとして公式推奨へ
http://ebook.itmedia.co.jp/ebook/articles/1208/08/news062.html
(2012年08月08日 14時11分 更新 eBook USER)
 米国の出版業界調査団体Book Industry Study Group(BISG)は8月6日(現地時間)、米国の出版業界向けに電子書籍ファイルフォーマットとしてEPUB 3を今後推奨していくことを発表した。
 米国では現在、Amazon.comのKindle独自形式やPDF形式、iOSアプリ形式などさまざまな電子書籍ファイルフォーマットが混在しているが、出版業界団体のAAPとも関係が深いBISGがEPUB 3側に一票を投じたことで、統一化への流れが早まりそうだ。


◇Google Now Accessible On Some Rooted ICS Devices
http://goodereader.com/blog/tablet-slates/google-now-accessible-on-some-rooted-ics-devices
(AUG 08, 2012 By Sovan Mandal Good E-Reader)
Google’s Google Now is perhaps making as much noise as the Jelly Bean update that it is part of. What this means is that you need to have Jelly Bean on your device first to have a taste of Google Now. However, that is the ideal case and there always are ways to get around such scenarios. As the folks at XDA Developers forum have hit upon, having Google Now up and running on your device is perfectly possible even if it is not running the latest Android version. However as a pre-requisite, you need to root the device and install some codes which makes it possible to have Google’s take on personal assistance on a mobile device even if it is running Ice Cream Sandwich.
To be more precise, the requirements to have on board Google Now include an ARMv7 device, it should be rooted, and should be running ClockWorkMod Recovery and have Ice Cream Sandwich.
Head over to the XDA site for more on this.


◇図書館界に激震、元Google担当者が裁判で証言「Google Book Searchの本当の目的は、Amazonつぶしだった」
http://hon.jp/news/1.0/0/3600/
(2012-08-07 11:41:09 hon.jp DayWatch)
 現地報道によると、2005年から延々と続いている「Google Book Search訴訟」について現地時間8月3日、元Google側の担当者だったDan Clancy氏が「Google Book Searchの本当の目的は、Amazonつぶしだった」と証言した模様。
 Dan Clancy氏といえば、出版関係者なら誰でも知っているまさにGoogle Book Searchサービスの“スポークスマン”とも呼べる人物だったが、長期化する裁判に疲れ、その後はGoogle社を退社。報道等によると、Clancy氏は証言台に立ち、2003年のサービス開始以前から同サービスが社会貢献が目的ではなく、当初からAmazon社へのトラフィック集中を阻止するための営利目的事業であった事を明らかにした模様。
 米スタンフォード大図書館や大英図書館、日本では慶応大学などGoogle Book Searchに協力的だった図書館機関が存在するため、世界中の図書館関係者にとってこれはかなりショッキングな展開に発展していきそうな気配だ。【hon.jp】
◎bizjournal.comの記事( http://www.bizjournals.com/sanjose/news/2012/08/06/google-books-aimed-at-amazon.html )


◇SnugNugget Makes DRM-free eBooks Charitable Giving
http://goodereader.com/blog/electronic-readers/snugnugget-makes-drm-free-ebooks-charitable-giving
(AUG 07, By Mercy Pilkington, Good E-Reader)
With an ever-growing catalog of ebook titles available to digital readers from major distribution platforms, readers have more choices than ever for browsing and purchasing ebooks. But one distributor is determined to help readers make their book purchases count for more than just entertainment.
Recent startup SnugNugget allows consumers the option to purchase DRM-free bundles of ebooks to be read on any compatible device, while also letting them set the price they are willing to pay for the bundle. A portion of the purchase price of each bundle goes to Book Aid International, which makes books and literacy education available to communities in Africa.
“I have to admit that this was not an original idea on my part. I am something of an avid PC gamer as well book reader,” said founder Mitch Pagden. “Last year, I heard of an American company called Humble Bundle (www.humblebundle.com) who were selling a bunch of indie pc games for whatever price I wanted. They included two charities as well. Being a book lover my immediate thought was, ‘Hey, this could work for eBooks as well!’
So over the past 14 months or so I’ve been doing a lot of research into the various book related charities and I found that Book Aid International were the strongest in terms of effective operations and transparency, and actually they have been incredibly supportive and helpful in this venture.”
The DRM-free status of the ebooks in SnugNugget’s catalog was important to Pagden, himself a writer.
“Owners of E-Readers and consumers of eBooks in general are becoming increasingly angry at the needless prices that publishers and retailers are setting for their digital books with many consumers turning to piracy as a result. Millions of eBooks, videos, music, and games are pirated every single year. With eBooks, those that don’t pirate feel forced to shop at an ever shrinking selection of online stores that sell eBooks with many of these stores limiting their customers to their own custom E-Reader. Whilst piracy is on the rise the traditional advice, the knee-jerk reaction by publishers is to increase DRM in order to protect the interests of the content creator. Yet the only effective method to combat piracy is simply to offer a more effective service.”
The ability to purchase these titles while supporting the authors and a worthy charity is only the beginning for the site.
“I would very much like to develop the site and Snug Nugget to the point where a customer can come along and select one book from a selection of books in a single genre and they can choose a book like this for all the main genres, essentially making their own custom bundle. This would require a lot more work and is probably six to eight months down the road. My first and main priority is to introduce sliders to the payment section so a customer can choose where they want their money to go, the authors, the charity, and Snug Nugget.”


◇OverDrive社が電子書籍サービスのAPIに関する情報を提供するウェブサイト“OverDrive Developer Portal”を公開
http://current.ndl.go.jp/node/21550
(2012年8月7日 カレントアウェアネス・ポータル)
図書館向けの電子書籍サービスを提供している米国のOverDrive社が、同社のサービスのAPIに関するドキュメントなどをまとめたウェブサイト“OverDrive Developer Portal”を公開しました。
◎OverDrive Developer Portal https://developer.overdrive.com/
◎eBooks: OverDrive’s API Developer Portal Goes Live(INFOdocket 2012/8/2付け記事) http://www.infodocket.com/2012/08/02/ebooks-overdrives-api-developer-portal-goes-live/


◇米Amazon、紙媒体の教科書を1セメスターの間貸し出すサービス“Textbook Rental”を開始
http://current.ndl.go.jp/node/21552
(2012年8月7日 カレントアウェアネス・ポータル)
米Amazonが、紙媒体の教科書のレンタルサービス“Textbook Rental”を開始しました。貸出期間は1セメスター(130日間)で、返送料はAmazonが負担するそうです。米国内(アラスカ、ハワイ含む)が対象とされています。
◎Textbook Rental http://www.amazon.com/b?ie=UTF8&node=5657188011
◎Textbook Rental Terms and Conditions http://www.amazon.com/gp/help/customer/display.html?nodeId=200974590
例:A Guide to the Project Management Body of Knowledge(右側に“Rent”というブロックがあります) http://www.amazon.com/gp/product/1933890517/
◎Amazon adds print textbook rental(paidContent 2012/8/6付け記事) http://paidcontent.org/2012/08/06/amazon-adds-print-textbook-rental/


◇米国に1年遅れ:英Amazon.co.ukでもついにKindle電子書籍の販売部数が紙書籍を上回る
http://ebook.itmedia.co.jp/ebook/articles/1208/06/news058.html
(2012年08月06日 eBook USER)
 英The Guardian紙によると、米Amazon.comは、英国でもKindle電子書籍の販売数が紙書籍版を上回ったことを発表した。
 米国では昨年5月、Amazon.com上の紙書籍と電子書籍の販売部数の比率が100:105と紙書籍版の販売数を抜いたことが発表されているが、今回の発表では英国内でも100:114と逆転したとのこと。
 なお、売上高ベースの数値については単価の安さもありまだ紙書籍の方が比率が高いと予想されるが、米国ではすでに米AAPが電子書籍の売上高がハードカバー書を突破し、ペーパーバックにも肉薄していることを今年6月に明らかにしている。


◇Bristol’s Literacy Academy Bridges Digital Divide
http://www.thedigitalshift.com/2012/08/digital-divide/bristols-literacy-academy-bridges-digital-divide/
(August 6, 2012, By Matt Enis, The Digital Shift)
Just a few short years ago, basic familiarity with computers was an asset that might give a candidate an edge in finding a job. Now, as newspaper classifieds have dwindled and migrated online, that basic familiarity is needed just to find an ad for a job. State and local governments, too, are looking to streamline services by pushing everything from vehicle registration to unemployment insurance applications online. Digital literacy is fast becoming essential.
In Bristol, a city straddling the border of Tennessee and Virginia, the Bristol Public Library (BPL) is taking digital literacy training a step further. The library employs a small staff of full-time teachers, who have made computer training a key component of BPL’s 25 year-old Patricia Freedman Literacy Academy (PFLA).
The academy launched as a GED prep program in the late 1980s, and even then, it offered a small computer component for students who wanted to learn keyboarding, said BPL Executive Director Jud Barry. Computers have since become ubiquitous, and five years ago, BPL opened a new main library with a computer lab, where the teachers are available for one-on-one instruction five days per week.
“There’s a skill gap for a lot of folks that we as a society haven’t addressed very effectively,” Barry said. “The digital divide isn’t only about hardware.”
New students can enter the program at any time. BPL begins by assigning them an Individualized Educational Program (IEP) tailored to their specific educational needs, which might range from adult literacy to GED prep, to filling out online job applications, to more advanced work on business software like Microsoft Office. This IEP establishes a basic framework that helps measure the student’s progress.
“What we find in working with people through the literacy academy is that oftentimes, they have many different kinds of needs for different kinds of services. … If an individual comes up and says ‘I need some help with these [online] job applications,’ it goes beyond being a reference transaction,” Barry said.
Barry described himself as disappointed that libraries were “relegated to the second tier” when the U.S. Department of Labor and Connect2Compete (C2C), a nonprofit supported in part by the U.S. Federal Communications Commission, recently announced their plan to provide digital literacy training at nearly 2,800 American Job Centers operated by C2C.
“As a public library, we understand that people’s digital literacy needs are complex,” Barry said. “They don’t only have to do with job-hunting. They have to do with housing, health, transportation, and education, not to mention that little thing called personal fulfillment. We can work with people wherever they are, across the entire spectrum of needs. Can a job center do that? People know where we are; do they know where the job center is?”
The C2C program will address a clear need?about 66 million Americans have no computer skills, U.S. Labor Secretary Hilda Solis said in the C2C announcement?but why create a new network of training centers, when libraries could invest that money to build up their already-established training programs?
For example, in a city of 45,000, PFLA already serves between 1,500 and 2,000 students per year, and Barry said that it could help even more, if the library had more funding.
By contrast, C2C is “creating, essentially, a whole new layer of service providers,” Barry said. “Why couldn’t libraries be that service provider? Libraries want to move in that direction, but one thing that’s holding them back is that they don’t have teachers on staff.”
The result is that most libraries generally offer a variety of classes or courses to help patrons learn to use computers or specific software packages, he noted. But, those classes might not address all of a student’s adult education needs, and they are likely to conflict with the schedules of many patrons.
The strength of the PFLA model, Barry said, “is the fact that it’s so flexible. And it’s one-on-one, which is a typical library model for service, but it goes beyond that initial session, and involves instruction beyond that point.”
Funding for PFLA fluctuates, but the budget averages $100,000 annually, with almost all of those funds going directly to salary and benefits for the 2.5 full-time equivalent (FTE) teaching positions. One-third of revenue is drawn from local funds, one-third from federal Community Development Block Grants, and one third from local private sector donations.
For other libraries, another potential source of funding for a digital literacy program might be the Workforce Investment Act (WIA), which uses federal monies for state and local workforce education and training programs. It is up for renewal this year, and groups including the American Library Association had been hoping for the passage of the Workforce Investment through Local Libraries (WILL) Act.
The WILL Act (H.R. 1616) would require state and local workforce investment boards using WIA funds to include representatives from libraries, and for states to integrate the training and literacy services available at public libraries into workforce investment plans, but the bill has been in committee since April 2011.
A Republican-sponsored package of amendments, the Workforce Investment Improvement Act of 2012 (H.R. 4297), passed committee in June, and is more likely to come to a vote. That bill does authorize public libraries as “one-stop partners” for employment, training, and literacy services, and it contains provisions that would require states to ensure that their plans for WIA money include descriptions of how programs will coordinate with existing literacy, employment, and training services carried out by non-profit groups, including libraries. But an amendment that would have specifically designated library employment resource centers as targets for WIA funding was defeated.
And groups including ALA, Adult Education and Literacy, the Council for Advancement of Adult Literacy, the National Coalition for Literacy, and the National Council for Family Literacy have written letters to congress expressing concerns about portions of H.R. 4297, in part arguing that making for-profit companies eligible for funding could increase costs and threaten training quality, and that allowing states to consolidate funding streams into unified plans could result in funding being slashed for programs directed at adults with low levels of literacy.
Regardless, with many libraries transitioning from being collection-driven organizations to service-driven organizations, Barry believes that the PFLA model could be an excellent fit for the computer training needs of other communities as well.
“We are far from ‘nirvana’ with this program,” he later added. “It would be ideal if we had a teacher in the lab all seven days/63 hours that the library is open. Even though we are flexible and can schedule sessions with students on evenings/weekends, drop-in hours are five days a week, Monday through Friday, 10-6. If funding were to increase, our first priority would be to expand those drop-in hours to approach the ideal. Still, even with its limitations, I think this is a good service model for other libraries to consider.”


> TOP

□2012年7月

◇生放送を見た方も見ていない方も:電子書籍の情報番組、始まっちゃいました――第1回eBook TVアーカイブ
http://ebook.itmedia.co.jp/ebook/articles/1207/19/news032.html
(2012年07月19日 10時30分 更新 eBook USER ITmedia)
 ITmedia eBook USERがUSTREAMとニコニコ生放送で電子書籍のホットな話題をお届けする情報番組「eBook TV」。記念すべき第1回目の放送が7月13日21時から放送されました。
 出演者は、メインMCにアプリソムリエとしても人気急上昇中のTOMOさん。そして大手電子書店「BookLive!」の古橋広子さん、ITmedia eBook USER編集部の西尾泰三。女性を中心に構成された出演者というのは、実はITmediaから提供している動画番組の中でも珍しく(記憶では初)、また、前日の突然告知だったこともあって、制作側もスリリングな感覚でしたが、多くの方にご覧いただけたこと、スタッフ一同喜んでいます。ありがとうございます。 
 ではここで、放送内容を簡単に振り返ってみます。動画アーカイブまたは関連記事なども参照ください。
◎注目ニュース(21時5分ごろ〜)
 現在電子書籍の世界で大きな話題となっている2つの動きについてeBook USERの編集を手掛ける西尾が解説します。2つの動きとは、楽天が7月19日から端末の発売とサービスを開始する電子書籍ビジネスと、今欧州で起こっている電子書籍の付加価値税に関する話題です。これらがなぜ今注目なのかを分かりやすく解説します。
◎書籍・コミックランキング(21時25分ごろ〜)
 前段で小難しい話が長引いてしまいましたが、こちらのコーナーではがらっと変わって「現在どんな電子書籍が売れているのか」が分かるランキング情報を古橋さんが紹介します。今回は6月の書籍・コミックのランキングを紹介しましたが、ここが一番盛り上がったんじゃないかとすらうわさされる古橋さんのキュートな数々のポージング((」・ω・)」うー!(/・ω・)/にゃーなども!)を添えた紹介にもぜひ注目いただきたいコーナーです。
◎注目情報:講談社「夏☆電書」キャンペーン
 こちらのコーナーでは、講談社が実施している大型キャンペーン「夏☆電書2012」に着目しています。
 夏☆電書は、電子書籍の楽しみをアピールする目的で講談社が昨年から開始しているキャンペーンですが、今年は、プレゼントをはじめ、テーマごとの特集、作家や声優の作品朗読など、さまざまな企画が盛り込まれています。この中から今回eBook TVでは作家や声優が作品を朗読する「おさわり朗読」に注目しました。作家が自分の作品を朗読する取り組みはそれ自体珍しいことですが、ここでは、ベストセラー「タニタとつくる美人の習慣」の著者である細川モモさんが朗読を収録する現場にお邪魔し、どんな気持ちで臨んでいるのかをお聞きした様子などをお届けしています。
 細川さんはミス・ユニバース・ジャパンのビューティキャンプ講師なども務めていますが、番組のメインMCであるTOMOさんも2011年のミス・インターナショナル、そして2012年のミス・ユニバースでファイナリストで面識があったことから、美についての話題で盛り上がったインタビューとなっています。
◎国際電子出版EXPOレポート(21時45分ごろ〜)
 そして最後のコーナーでは、7月上旬に東京ビッグサイトで開催された「国際電子出版EXPO」について、何が見どころだったのか、そして今後注目すべき展示などを紹介しています。


◇イーブックが目指す電子書籍のジュンク堂 :記者の目 :企業 :マーケット
http://www.nikkei.com/markets/kigyo/editors.aspx?g=DGXNMSGD1805RN18072012000000&n_cid=DSTPCS007
(2012/7/19 6:00 日本経済新聞 大酒丈典)
 19日、楽天が電子書籍端末「kobo Touch」を発売、その専用書店となる「楽天koboイーブックストア」を開店した。電子書店にはソニーの「リーダーストア」など、大手企業の参入が急ピッチで進んでいる。中小の電子書店は駆逐されてしまいそうな印象もあるが、実はそうでもない。昨年10月に上場した、電子書籍販売のイーブックイニシアティブジャパンが小粒ながら存在感を放っている。目指すのは電子書籍の「ジュンク堂」だ。
 東京・豊島区のジュンク堂池袋本店は日本一の蔵書数を誇るという。80万タイトル、150万冊の汗牛充棟だ。ひるがえって電子書店。リーダーストアが5万タイトル、koboイーブックストアが3万タイトル。イーブックにしても6万タイトルと、若干他社より多いものの、とても満足のいく本屋さんとは言えない。どの店舗もまだスタート地点に立ったばかりだ。
 電子書店に「ジュンク堂」は現れるのか。大企業が並み居るなか、イーブックにも十分に大型店に育つチャンスはある。
 電子化が進まない理由としてよく挙げられるのが、出版社の理解が得られないことだ。海賊版、不正コピー、値崩れ。出版社は電子化に様々な懸念を持つ。これらの懸念を乗り越えるノウハウには、イーブックに一日の長がある。
 イーブックは、マンガのコンテンツ数が5万タイトルと電子書店で圧倒的最大手。「天才バカボン」など他の書店にはない往年の名作も多い。豊富なコンテンツを楽天にも提供しているくらいだ。
 実はこのマンガ電子化で得たノウハウが、小説でも役立つのだ。
 イーブックは、出版社や作家側の意向を徹底的に重視した戦略でコンテンツを拡充してきた。例えば価格。ライバルのパピレスはレンタル方式を導入し、1冊100円からと破格だ。一方でイーブックは紙のマンガと価格はほとんど変わらない。平均でも紙の価格の8割と、電子書籍だからと言って格段に安いわけではない。「コンテンツ拡充のため、値下げを嫌う出版社やマンガ家の意向を尊重した」(小出斉社長)
 また、スマホやパソコンなど、場面に応じて別の端末でマンガが読めるサービスでは、一つの端末で読んでいるときは別の端末で読めないようにしている。不正コピーを懸念する出版社の意向を尊重した独自のシステムだ。
 性描写の多いマンガの扱いも慎重だ。同業他社はアダルトコンテンツや「ボーイズラブ」と呼ぶ男性同士の過激な恋愛マンガの広告で読者を集めているケースが多い。イーブックはそう言った路線と一線を画し、取り扱い書籍に占めるアダルトコンテンツの割合も少ない。「これが大手出版社の印象をよくしている」(国内証券)。出版社側の機微を理解した小学館出身の鈴木雄介会長ならではの戦略が奏功していると言える。
 そんなイーブックも、小説のコンテンツ数は5000〜6000タイトルにとどまる。今年から小説コンテンツ強化に本腰をあげており、12月までに1万タイトルに増やす計画だ。マンガ、小説ともにそろえる総合書店を目指す。
 ただ、小出社長もコンテンツ増加がどれほどのペースになるかは「見通せない」とする。それほど出版社との交渉は複雑だ。楽天は150万タイトルをそろえることを目標にするなど、他社とのコンテンツ拡充競争も激しくなっていくことが予想される。
 一部報道で6月21日、電子書籍端末が楽天から7月に発売されることが伝わってからイーブック株は上昇。楽天による正式発表のあった翌日の7月3日の株価は一時2290円を付け、6月20日終値から3割近い上昇となった。その後は下げに転じ、足元は1800円前後を推移している。「電子書籍市場の盛り上がりに期待はしたものの、やはり業界がこれからどう変化するのか見通しづらい」(国内証券)。そんな市場の心理が表れている。
 大都市に巨大な書店が開店し、家の近くから小さな本屋さんが消え始めて久しい。電子書店でも、いずれはコンテンツ豊富な少数の電子書店が残るのかもしれない。そのとき大手が必ずしも電子書籍の「ジュンク堂」に育つとは限らない。イーブックの2013年1月期の単独営業利益は前期比13%増の3億5000万円。09年1月期に黒字転換して以来4期連続の増益とマンガの品ぞろえとともに成長してきた。電子書店の「ジュンク堂」となるための次のハードルは小説の充実と言えそうだ。


◇電子書籍の"普及"元年に? : 今を読む:経済 : Biz活 : ジョブサーチ
http://www.yomiuri.co.jp/job/biz/columneconomy/20120719-OYT8T00314.htm
(2012年7月19日 読売新聞 調査研究本部主任研究員 稲沢裕子)
 今、電子書籍が熱い。
 19日、楽天が電子書籍端末「kobo Touch」を7980円と従来の端末に比べて低価格で発売する。さらに、年内には、アメリカで電子書籍市場をリードするアマゾンから電子書籍端末「kindle」、電子書籍ストア「BookLive!」を展開する凸版印刷からも電子書籍リーダーが発売される見込みで、電子書籍端末の品ぞろえがぐっと充実する。
 アップルの「iPad」、ソニーの電子書籍端末「Reader」などが登場、電子書籍元年と呼ばれたのは2010年。ネット情報会社のインプレスR&Dによると、この10年度650億円だった電子書籍市場は、11年度629億円とわずかながら落ち込んだ。これまでの電子書籍は、旧来型のケータイ向けが4分の3を占め、スマートフォンの普及による落ち込みをカバーできないためという。
 それが、12年から「本格的な普及期」を迎えると期待される理由は、端末の充実だけではない。ここにきて電子書籍の品ぞろえと、デジタル化規格についても環境が整ってきた。
 紙の書籍の国内出版点数は年間8万点にのぼる。電子書籍の品ぞろえは、「BookLive!」が現在6万点、「Readerストア」が約6万点で、「koboブックストア」は日本語3万点(他言語含め240万点)でスタートする。
 今年4月、国内主要出版社や官民ファンドの産業革新機構が出資して、出版物のデジタル化を支援する「出版デジタル機構」(野副正行社長)が設立された。5年後に100万点、出版市場全体の1割にあたる2000億円市場創出を目指している。
 同社はすべての規格に対応する方針だが、ここにきて、書籍デジタル化の世界標準規格「EPUB」(イーパブ)最新バージョン3に、縦書きやルビなど日本語特有の組み版仕様が盛り込まれた。ソニー、楽天、アップル、Yahoo!ブックストアなど端末や電子書店でのEPUB3対応も広がっており、今後は出版側にとって統一規格でのデジタル化を進めやすくなる。
 このEPUB3は、インターネットの技術標準を制定するW3Cと連携しながらインターネット表示と連動するよう開発されている。インターネットで障害の有無にかかわらずだれもが等しく情報に接することができる対応が進んだように、EPUBも障害者向けデジタル録音図書の国際標準規格「DAISY」と連携して音声読み上げなどの機能を盛り込み、世界的に急増している中高年にも優しい読書環境開発が進んでいる。
 インターネットは、ホームページ中心の時代から、ブログの登場で個人が情報発信する「ウェブ2.0」時代を経て、ソーシャルメディアの登場で個人が発した情報の伝達する広さと速さがけた違いに大きくなってきた。
 電子書籍の世界で、だれでも簡単に「本」を出版できるようになったり、「ソーシャル」な新しい読書の楽しみが生まれたり、老眼が進んでも読書の楽しみを得られたり、これまでの紙の本では実現しなかった出版や読書体験が生まれてくることを期待したい。


◇欧州研究評議会(ERC)が助成した研究成果のオープンアクセス率を調査したレポートを公表
http://current.ndl.go.jp/node/21390
(2012年7月18日 カレントアウェアネス・ポータル)
 欧州研究評議会(European Research Council:ERC)が2012年6月付けのレポート“Open Access Status of Journal Articles from ERC Funded Projects”を公開しました。ERCの助成を受けて発表された学術雑誌論文がどのくらいオープンアクセス(OA)で公開されているかを調査した結果をまとめたもので、サマリーによると630本の論文のうち62%がOAとなっていたそうです。また、その割合は分野によって異なり、生命科学では70%、物理学や工学では65%、人文・社会科学では50%だったということです。
◎Open Access Status of Journal Articles from ERC Funded Projects(PDF:15ページ) http://erc.europa.eu/sites/default/files/document/file/open_access_study_status_journal_articles_ERC_funded_projects.pdf
◎Open Access Status of Journal Articles from ERC-Funded Projects(DigitalKoans 2012/7/17付け記事) http://digital-scholarship.org/digitalkoans/2012/07/17/open-access-status-of-journal-articles-from-erc-funded-projects/


◇German eBook Distributor XinXii Expands to Other Catalogs
http://goodereader.com/blog/electronic-readers/german-ebook-distributor-xinxii-expands-to-other-catalogs
(JUL 18, 2102 By Mercy Pilkington Good E-Reader)
 German ebook distribution platform XinXii has announced its partnership with Mondia Media Group, the exclusive digital content provider to several different platforms. This partnership will allow XinXii’s self-published authors to put their titles into the hands of more readers internationally than before.
 In international markets, authors can now distribute their books through SonyEricsson’s PlayNow, Vodafone , Medion (a consumer electronics company) , Telefonica, T-Mobile, and America Movil, the largest mobile operator in Latin America. While the royalty rate for digital authors may vary from 20% to 40% depending on the platform, authors who are interested in enrolling their titles through this partnership should email XinXii with the title name, author’s name, and ISBN of the book. If the author retains an ePub format copy of the book, that should be uploaded as well. Of course, authors may choose to opt out of these channels and still have their books available through XinXii.
 While international markets are still an emerging consumership for digital reading, initiatives like Kobo’s and Amazon’s expansion into Japan and the upcoming Kindle stores in several European reading markets have brought new attention to ebooks abroad. Once the readership adopts digital reading on a more popular scale, self-publishing platforms for ebook distribution are a natural progression.


◇Google Play Books Now Available in France
http://goodereader.com/blog/e-book-news/google-play-books-now-available-in-france
(JUL 18, 2012 By Michael Kozlowski Good E-Reader)
 Google Play Books is now available in France! Google said its selection includes hundreds of thousands of French titles ? everything from new releases to classics to bestsellers. You can easily get access to Antonin Varenne, Eric-Emmanuel Schmitt, Fred Vargas, and Dominique Sylvain, plus new international bestsellers.
 This is the 5th European market that Google has entered with its digital ebook store. The European market is a growing sector for Google and they have opened up other stores in Germany, Spain, Italy, and the U.K. earlier this year. Customers can access their content on any Android or iOS device.
 In a recent blog post Google said, “Books on Google Play is all about choice: we’re offering many titles and many ways to access and read them, so that your library is literally at your fingertips no matter where you are. You can choose from great titles from hundreds of award-winning and diverse publishing houses at launch, not to mention the telethousands of international publishers Google works with around the world.”


◇佐賀県武雄市図書館の指定管理者にカルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社を指定する議案が可決
http://current.ndl.go.jp/node/21397
(2012年7月19日 カレントアウェアネス・ポータル)
 2012年7月18日に開かれた佐賀県の武雄市議会臨時議会で、武雄市図書館の指定管理者としてカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)株式会社を指定する議案等が可決されたと報じられています。契約期間は5年、委託料は年間1億1千万円で、8月上旬に同市とCCCの間で協定を締結する予定ということです。
◎武雄市図書館、ツタヤ委託を可決 管理料5億5千万円(佐賀新聞 2012/7/19付け記事) http://www.saga-s.co.jp/news/saga.0.2249578.article.html
◎CCCに図書館管理委託 武雄市議会、関連議案を可決(西日本新聞 2012/7/19付け記事) http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/313550


◇NDL『レファレンス』誌に「我が国の電子書籍流通における出版界の動向と政府の役割―現状と今後の課題―」が掲載
http://current.ndl.go.jp/node/21401
(2012年7月19日 カレントアウェアネス・ポータル)
 国立国会図書館(NDL)調査及び立法考査局が刊行している『レファレンス』のNo.738(2012年7月号)に、柳与志夫氏による「我が国の電子書籍流通における出版界の動向と政府の役割―現状と今後の課題―」という記事が掲載されています。
◎我が国の電子書籍流通における出版界の動向と政府の役割―現状と今後の課題― http://dl.ndl.go.jp/view/download/digidepo_3509071_po_073802.pdf?contentNo=1
◎レファレンスNo.738(2012年7月) http://www.ndl.go.jp/jp/data/publication/refer/index.html#no738


◇米Barnes & Noble社、Webブラウザ版の電子書籍ビューワ「NOOK for Web」を公開
http://hon.jp/news/modules/rsnavi/showarticle.php?id=3535
(2012-07-18 10:13:59 hon.jp Day Watch)
 米書店チェーン最大手のBarnes & Noble社(本社:米国ニューヨーク州)は現地時間の7月17日、同社が電子書籍端末「Nook」向けに販売している作品を直接パソコン上のWebブラウザ上で閲覧できる「NOOK for Web」ビューワを公開した。
 NOOK for Webは、Windows/Macの主要Webブラウザ(Internet Explorer/Chrome/Firefox/ Safari)上で直接作品が読めるJavaScript製ビューワ。同社はもともとWindows版・Mac版の専用アプリも提供しているが、このWeb版を提供することで、出張先のパソコン等でも読書中の作品が続けて読めるようになる。
 なお、現時点ではまだiPadなどタブレット機には対応していないとのこと。公開キャンペーンとして、新規NOOK会員には6作品の無料提供される。【hon.jp】
◎NOOK for Webサイト( http://www.nook.com/NOOKforWeb )


◇More Publishers Experiment with eBook-Only, eBook-First
http://goodereader.com/blog/electronic-readers/more-publishers-experiment-with-ebook-only-ebook-first
(JUL 16, 2012, By Mercy Pilkington Good E-Reader)
 An original piece in Publisher’s Weekly revealed that more and more traditional publishers are trying out the ever-growing publishing tactic of digital only books, or at least digital first. Over a year ago, traditional publishers like Harlequin made headlines and raised eyebrows by announcing the formation of imprints within their publishing houses that were dedicated to ebook-only works; the benefit to these imprints was twofold. Readers got access to new content immediately, and authors didn’t have the year-long or more wait to see their works hit the market. To take it a step further, publishers like Harlequin’s Carina Press began offering unheard of royalties to authors who opted to forgo the advance in return for as much as 70% royalties on their ebooks.
 Now, more publishers are throwing their hats in the digital ring. Penguin, Kennsington, Random House, F+W Media, and HarperCollins are all working on the full launch or the focused revival of digital imprints, as well as incorporating other imprints into their brand. Short-form fiction publication is also growing in popularity, and again those are strictly digital works.
 “While the publishers see the digital imprints as a way to publish new authors as well as to bring back once popular titles that have gone out of print, they insisted that they are publishing titles in the digital imprints with the same energy as titles in traditional imprints. ‘This is not a junior imprint,’ said Lucia Macro, who manages Impulse at HC, to the PW staffers. ‘The same teams that work on print titles work on Impulse.’ That includes the rights department; Avon has sold print and digital rights for He Kills Me, He Kills Me Not, plus a second title by Impulse debut author Lena Diaz to Germany. Approximately 80% of Impulse’s titles are original e-books, and the goal, as the imprint moves to embrace Voyager science fiction/fantasy and a variety of Morrow areas, is to keep the majority of titles e-originals, Macro said. The first Voyager title, The Asylum Interviews: Bronx, has just been released.”
 The writers at PW made the point that these initiatives in no way diminish the focus on print publishing from any of the imprints, but as more and more publishers work in prioritizing ebooks, the volume of content available to readers in a more timely way will increase.


◇WIPO Copyright Committee: 24th meeting opens with discussions on copyright flexibilities
http://www.ifla.org/en/news/wipo-copyright-committee-24th-meeting-opens-with-discussions-on-copyright-flexibilities
(16 July 2012 IFLA)
 WIPO Copyright Committee: 24th meeting opens with discussions on copyright flexibilities
 On Monday, 16th July, the 24rd meeting of the World Intellectual Property Organisation (WIPO) Standing Committee on Copyright and Related Rights (SCCR) opened in Geneva. During the next ten day, the 185 WIPO Member States will discuss copyright flexibilities for visually impaired and print disabled people, for libraries and archives and for education and research.
 The first day started discussing copyright flexibilities for education. Winston Tabb, Head of the IFLA and library delegation, stressed in his statement to the committee that “education and libraries go hand in hand. An excellent education service depends on good libraries.”
 IFLA believes that education and lifelong learning are key public policy issues which can only properly be addressed through international norms.
 With regard to the discussions on the visually impaired and print disabled people and on libraries and archives, Winston Tabb urged the committee “to move forward expeditiously to recommend a diplomatic conference on the treaty for visually impaired and print disabled people, as well as on the proposals made by Member States concerning libraries and archives and education in the order of their maturity”.
 Since 2008, IFLA is working with WIPO Member States to gain support for a binding international instrument on copyright flexibilities to enable libraries to preserve their collections, support education and research, and lend materials.
 Read the joint statements made by IFLA, EIFL and CLA:
◎Opening Statement (submitted to the WIPO Secretariat for inclusion in the final report) [PDF] http://www.ifla.org/files/hq/topics/exceptions-limitations/documents/IFLA_SSCR24_Opening%20statement_0.pdf
◎Education statement (orally presented at the SCCR/24) [PDF] http://www.ifla.org/files/hq/topics/exceptions-limitations/documents/IFLA_SCCR24_Education%20statement_Fin.pdf


◇ドイツ研究振興協会(DFG)、今後の戦略を記した“Taking Digital Transformation to the Next Level”を公表
http://current.ndl.go.jp/node/21383
(2012年7月18日 カレントアウェアネス・ポータル)
 ドイツ研究振興協会(DFG)が2012年7月3日にその戦略を記した“Taking Digital Transformation to the Next Level”という文書を公表しています。これは、DFGによって2006年に発表された“Scientific Library Services and Information Systems: Funding Priorities through 2015”に続くもので、以下の4項目について、2007年〜2011年における発展を踏まえて、今後の取組や課題に関して述べています。
・全国的な図書館サービス(Nationwide Library Services)
・目録とデジタル化(Cataloguing and Digitisation)
・電子出版(Electronic Publications)
・情報管理(Information Management)
◎Taking Digital Transformation to the Next Level(PDF:16ページ) http://www.dfg.de/download/pdf/foerderung/programme/lis/strategy_paper_digital_transformation.pdf
◎Taking Digital Transformation to the Next Level(DFG 2012/7/3付けプレスリリース) http://www.dfg.de/en/service/press/press_releases/2012/press_release_no_29/index.html
◎DFG-ドイツ研究振興協会 - DFG日本代表部 http://www.dfg.de/jp/dfg_buero_japan/index.html


◇国内タブレット端末出荷数は2016年度に800万台に、MM総研調べ
http://pc.nikkeibp.co.jp/article/news/20120714/1055963/?rt=nocnt
(2012年7月14日 日経BP PC Online 鴨沢 浅葱=Infostand)
 MM総研は、国内のタブレット端末出荷台数が2016年度に798万台となり、2011年度の約2.9倍に達するとの予測を2012年7月12日発表した。特に7型以下の「モバイルタブレット」がけん引し、全体の53%を占めるとみる。また、電子書籍端末は2016年度で306万台となり、2011年度の9.3倍の市場に成長すると予測する。
 2011年度のタブレット出荷台数は前年度の2.3倍に当たる278万台だった。メーカー別では、アップルのiPadが171万台(シェア61.5%)でトップ。2位はサムスンのGalaxy Tabシリーズが21万台(同7.6%)。国内メーカーは富士通のARROWS Tabシリーズが20万台(同7.2%)でようやく3位になった。
 画面サイズ別では、10型の「ホームタブレット」が主流で、出荷台数はタブレット端末全体の82.4%を占める229万台。一方、7型以下のモバイルタブレットは49万台にとどまる。しかし、ユーザーには軽量化を求める意見が強く、購入意向調査などからも、今後はモバイルタブレットがけん引すると予測する。
 2012年度のタブレットの総出荷台数は374万台に拡大する見通し。マイクロソフトのWindows 8とARM版のWindows RTのリリースが予定されており、法人などを含めて、さらに普及拡大が見込まれる。OSではiOS、Android、Windowsの三つどもえの戦いとなり、メーカー各社も搭載OS戦略の練り直しが必要になるという。
 また、2011年度の電子書籍専用端末出荷台数は前年度の2.1倍の33万台だった。2012年度は、楽天の「kobotouch」や、アマゾンの「Kindle」シリーズが国内市場に投入される見込みで、3倍近い93万台に急拡大すると予想する。
◎MM総研のWebサイト http://www.m2ri.jp/


◇国内市場の変化を予感させるデータか?―定期調査「電子書籍」(4) - インターネットコム
http://japan.internet.com/research/20120713/1.html
(2012年7月13日 09:00 japan.internet.com)
 このレポートは、インターネットコムと goo リサーチが携帯電話やインターネットを活用したアンケート調査を定期的に行い、その結果を発表するものである。今回は「電子書籍」について調査した第4回である。
 調査対象は全国10代〜50代以上のインターネット ユーザー1,078人。男女比は男性52.8%、女性47.2%。年代比は10代16.7%、20代17.4%、30代21.6%、40代16.1%、50代以上28.1%。
 まず、「電子書籍/雑誌を読んだことがありますか」と尋ねたところ、「はい」は35.1%、「いいえ」は64.9%となった。読んだ経験のない700人に読みたいかどうか質問したら「はい」と答えたのは42.9%。電子書籍の経験率および希望率とも、これまでの調査から大きく変わっていない。
 ところが、日本の電子書籍市場は大きな変化を迎えようとしている。
 まず、電子書籍リーダー端末「Kindle」が好調な米国 Amazon.com も、ついに日本で Kindle の販売を始めると公表した。また、カナダ Kobo を傘下に収めて電子書籍事業の強化を図った楽天が、電子書籍リーダー端末「kobo Touch(コボ タッチ)」を7月19日に7,980円という戦略的な価格で発売すると発表した。
 本来なら調査にこのような新しい情報を反映させるべきだが、タイミングが悪く前回までと同じ内容となってしまった。
 しかし、市場の動きに先行したのか、大きな変化の見られるデータもあった。それは、使いたい電子書籍リーダー端末の種類である。
 「電子書籍を読んだことがある」または「読んだことはないが読みたいと思う」という人678人のうち、「電子書籍を専用リーダー端末で読みたい」と答えた65人に「使いたい専用リーダーを選んでください」と質問してみた。すると、前回まで5割前後で1位を維持していた「Reader(ソニー)」が36.9%で2位に落ち、代わって「Kindle(米国Amazon.com)」が41.5%で1位になった。Kindle の日本発売というニュースを受けての反応だろうか。
 一方、楽天の kobo Touch は回答の選択肢に用意していなかったが、「その他」を選んだ人の1人が挙げていた。楽天の kobo Touch 発表は7月3日であり、今回の調査を実施した時点(7月2日から5日)で kobo Touch の知名度はそれほど高くなかったはずだ。それにもかかわらず名前が出たということは、期待の表れなのかもしれない。
Q:使いたい専用リーダーを選んでください。
(2012/7/2〜7/5 10代〜50代以上のインターネットユーザー1,078人中、電子書籍リーダー端末の使用希望者65人)
 日本では2010年から毎年のように「電子書籍元年」などと呼ばれていたが、楽天の kobo Touch 投入、Amazon.com の日本市場参入でいよいよ本格的な電子書籍の普及時期に入る可能性が高まった。
 そこで、約3か月後に実施予定の次回調査は、新しい端末を回答項目に加え、市場の変化に応じた調整を施すなど内容を全面的に見直し、時流に合わせた調査を行っていきたい。(調査協力:goo リサーチ)


◇文化庁、「改正法Q&A」など2012年著作権法改正についての解説ページを公開
http://current.ndl.go.jp/node/21360
(2012年7月13日 カレントアウェアネス・ポータル)
 2012年7月12日、文化庁が6月に改正された著作権法の内容について解説するページを公開しました。改正の主旨や概要を説明しているほか、「改正法Q&A」として「違法に配信されている音楽や映像を視聴するだけで,違法となるのでしょうか。」などの質問に回答しています。
◎平成24年通常国会 著作権法改正等について(文化庁) http://www.bunka.go.jp/chosakuken/24_houkaisei.html


◇オーストラリア国立図書館の評議会新議長、デジタル化事業の継続に言及
http://current.ndl.go.jp/node/21354
(2012年7月12日 カレントアウェアネス・ポータル)
 2012年7月1日から3年の任期でオーストラリア国立図書館の評議会議長に着任したライアン・ストークス氏が7月10日、初登庁し、デジタル化事業の継続等について発言しています。
 なお、ストークス氏は、テレビ、新聞等のメディアを傘下に収めるセブン・ウェスト・メディア社の会長の子息であり、36才です。
◎National Library boss hails NBN (NBN 2012/7/10付け) http://news.ninemsn.com.au/article.aspx?id=8497057
◎Library will thrive in a digital world: Stokes(canberatimes.com 2012/7/11付け) http://www.canberratimes.com.au/act-news/library-will-thrive-in-a-digital-world-stokes-20120710-21u73.html
◎Library Council Chair Mr Ryan Stokes http://www.nla.gov.au/library-council/stokes
◎"the council of the National Library of Australia"について http://www.nla.gov.au/library-council


◇A New Form of DRM: A Legal and Pragmatic Solution for Protection of E-Books
http://www.digitalbookworld.com/2012/a-new-form-of-drm-a-legal-and-pragmatic-solution-for-protection-of-e-books/
(July 12, 2012 Digital Book World Dana Robinson)
 For those in publishing, the current big issue in digital rights managements is pretty simple: How can we protect our ebooks with effective DRM while freeing them from being trapped in the closed ecosystems of specific reading devices?
 The first obvious question is, would publishers see major losses due to copying and distributing of ebooks that do not have DRM?
 Many would argue no. First, DRM is easily cracked. Anyone bent on making a copy and sending it to a third-party will do so regardless of DRM. Second, Apple has demonstrated that publishers don’t need DRM. When iTunes first launched, all files contained DRM. Sometime in the past few years Apple quietly dropped DRM. Rather than diminishing, the market for music through legitimate channels continues to climb.
 Thus, there is a good argument that the ebook publishing world can go “non-DRM” without suffering any major losses. Pottormore is famously doing so. In January of this year, Anobii CEO Matteo Berlucchi gave a speech at Digital Book World suggesting that major book publishers should abandon the use DRM.
 On the other hand, publishers have a legitimate concern for how they might protect works from copying en masse by counterfeiters or distribution through resale, rental or other aftermarkets. In order to protect their works in this class of infringement, publishers will need to rely on the Digital Millennium Copyright Act (“DMCA”). In order to rely on the DMCA, the publisher must have either technology that is circumvented or copyright management information that is removed. And therein lies my solution.
  Legal Solution
 What ebook publishers really want to prevent is large-scale file sharing. This is not stopped by DRM. In fact, DRM is futile against large scale file sharing. So, ebook publishers should look for enforcement mechanisms against the intermediaries of large scale file sharing.
 There are legal mechanisms for permitting enforcement against used ebook stores, as well as other forms of sharing, renting and reselling of ebooks. The solution that I propose is to use a combination of the existing DMCA rules in order to give a level of protection that is minimally necessary to enforce against used ebook stores, resellers and rental markets.
 Publishers need not be afraid of stepping outside of book reader software and devices. In fact, the insistence on heavy DRM by publishers has unwittingly given Amazon power over the ebook market that publishers now regret. Customized DRM on Kindle devices creates a closed system that locks readers in to one retailer, which is potentially far more dangerous to the ebook publishing industry than the threat of piracy, in my opinion. We can free ebooks from DRM software and corresponding hardware and use existing legal mechanisms for enforcement against the worst copyright breakers.
 The solution proposed is to create ebooks (in ePub or even PDF) with a watermark randomly placed throughout the book (visible and invisible). The watermark would contain the personal information of the customer who purchased the ebook and a warning not to resell, or distribute the book in any way. The user who purchases such a book will agree to terms and conditions (i.e. a “clickwrap”) that prohibit copying and distribution, as well as a statement that the consumer’s personal information will be prominently displayed on the book as a deterrent from distributing or copying in violation of the agreement.
 The point of making a watermark that shows the user’s personal information is to create a disincentive for the user to pass the book along to unknown third parties, deputizing the user to act as a gatekeeper, protecting the book from wrongful distribution. If a file-sharing service or ebook reseller removed the watermark, it could be a violation of the DMCA Section 1201.
 The watermark of the personal information could also have the publisher’s serial number embedded. Doing this creates an additional remedy under the DMCA Section 1202, which prohibits the removal of “publisher information” such as serial numbers. (Hat-tip to Cory Verner, who came up with this part of the mechanism. Verner is president of eChristian, Inc., an Escondido, Calif.-based Christian audio-book retailer. He has filed a patent application for the idea.)
 The DMCA provides a variety of protections for digital works, such as Section 1201, which prohibits the “circumvention” of “a technological measure that effectively controls access to a work protected under this title.” The DMCA also prohibits the removal of copyright management information (“CMI”) under Section 1202, which includes the work’s title, author, and the copyright owner, as well as certain other “publisher information.”
 What makes this “DRM” unique is that the removal of the watermark would likely violate the DMCA’s prohibition on circumventing a technological measure as well as the removal of “publisher information.” While the case law is not clear that this would be considered a circumvention, I present a novel rationale for applying Section 1201 of the DMCA to removal of a watermark.
 In previous cases, technologies that are “passive” are generally not considered to “prevent access” under Section 1201. However, I believe that making the user an active participant in the protection of the book, the technology does not operate as a “pass through” the way a username and password would. But, the technology deputizes the user as the means of preventing access to the work by unauthorized third-parties.
 This solution will not prevent a user from sharing a book with the user’s family or close friends. But publishers probably don’t want to sue their customers for sharing ebooks with their aunt or sister. Traditional printed books are often shared with family and friends. What ebook publishers need is a way to distribute ebooks with as little hassle as possible, while ensuring that the publisher can sue pirates and stop ebook resale, rental and large scale sharing.
 To accomplish this, we don’t need heavy DRM, but something lighter. Why not use a form of DRM that lets the market grow, and reap the rewards of the next technological revolution as the ebook wave brings a massive new volume of sales and sweeps printed books to the side?
 Thus, I propose using personal information as a deterrent against wrongful distribution of the book. We can deputize our customers to prevent wrongful distribution. The customer agrees not to distribute the book. If they do, the next reader will see the personal information of the original owner placed throughout the book, both visibly and invisibly. As such, not many users will violate their agreement because they will not want to have their personal information shared with unknown third-parties. Further, if they strip the information, they’re in clear violation of the DMCA.
 Readers might “share” book with family and friends who already have their personal information; but they would have been free to do that with a non-digital book in the printed book business. The watermark is likely to confine file sharing to the close family; those with whom the original purchaser has a personal relationship, which is the very type of person with whom paper books are typically shared.
 These are the abridged version of my conclusions. I will be publishing a much longer, more detailed piece on the topic titled Digital Rights Management Lite: Freeing ebooks from Reader Devices and Software. Can Digital Visible Watermarks in ebooks Qualify for Anti-circumvention Protection under the Digital Millennium Copyright Act? (Virginia Journal of Law & Technology, volume 17, Issue 2 (Summer 2012, forthcoming).


◇Call for Applications: Bill & Melinda Gates Foundation 2013 Access to Learning Award
http://www.ifla.org/en/news/call-for-applications-bill-melinda-gates-foundation-2013-access-to-learning-award
(12 July 2012 IFLA)
 Call for Applications: Bill & Melinda Gates Foundation 2013 Access to Learning Award
 The Bill & Melinda Gates Foundation is currently soliciting applications for its 2013 Access to Learning Award (ATLA), which recognizes the innovative efforts of public libraries and similar institutions outside the United States to connect people to information and opportunities through free access to computers and the Internet. The award is given by Global Libraries, an initiative of the foundation's Global Development Program. The recipient of the Access to Learning Award will receive $1 million (U.S.).
 Applications for the 2013 Access to Learning Award must be submitted via an online submission process no later than September 30, 2012. The application form is available only in English and must be completed in English to be eligible for consideration. However, while applications must be submitted in English, the foundation does offer informational brochures in Arabic, Chinese, English, French, Russian, and Spanish. You may find these and additional information on eligibility requirements and the process of selection on the ATLA website.
 All applications must be submitted electronically through the foundation's online application system. The system will be open for submissions by July 31, 2012. In the meantime, we encourage interested parties to review the program guidelines and to begin filling out the application, downloadable as a Word document from the foundation's website.
 Applications for the 2013 Access to Learning Award must be submitted via an online submission process no later than September 30, 2012.


◇電子書籍コンテンツ市場は2011年度671億円、5年後に1840億円〜ICT総研が推計
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20120711_546030.html
(2012/7/11 06:00 INTERNET Watch 永沢 茂)
 株式会社ICT総研は10日、電子書籍コンテンツの需要予測に関する調査結果を発表した。2011年度の電子書籍コンテンツ市場規模は671億円で、1年前に同社が予測した700億円を下回ったが、2016年度には1840億円(2011年度比2.7倍)に拡大すると見込んでいる。
 この調査結果は、ICT総研による取材やアンケート調査、各種文献などをもとに同社アナリストが推計したもの。これによると、2011年度の電子書籍コンテンツ市場671億円の内訳は、従来型携帯電話向けが575億円、スマートフォン/タブレット端末/電子書籍専用端末向けが96億円。それが2013年には、従来型携帯電話向けが380億円、スマートフォン/タブレット端末/電子書籍専用端末向けが670億円と規模が逆転するという。
 また、先日発表された楽天の電子書籍専用端末「Kobo Touch」のほか、日本での近日発売が予告されたAmazonの「Kindle」など、端末ラインナップの充実に合わせてコンテンツも本格的な拡大局面に入ってくるはずだと指摘。従来型携帯電話向け市場の減少を、スマートフォン/タブレット/電子書籍専用端末向け市場が補完するだけでなく、市場全体をけん引するとしている。
 2016年度予測1840億円の内訳は、従来型携帯電話向け市場が190億円、スマートフォン/タブレット端末/電子書籍専用端末向け市場が1650億円。
 2011年度の電子書籍端末の出荷台数規模は、タブレット端末が276万台、電子書籍専用端末が26万台の合計302万台。2016年度には、タブレット端末が920万台、電子書籍専用端末が200万台の合計1120万台(2011年度比3.7倍)になると予測している。
◎プレスリリース http://ictr.co.jp/topics_20120710.html


◇フランスとルクセンブルク、電子書籍の付加価値税をめぐり窮地に
http://ebook.itmedia.co.jp/ebook/articles/1207/11/news010.html
(2012年07月11日 07時00分 更新 eBook USER Michael Kozlowski,Good e-Reader Blog)
 日本でも海外からの電子配信に消費税を課税しようとする動きが起こっているが、欧州では付加価値税を低く設定しているフランスとルクセンブルクに対して欧州委員会が侵害訴訟手続きに入ろうとしている。
 欧州委員会はフランスとルクセンブルクが故意に電子書籍の付加価値税を低率に設定していることに対して公式に侵害訴訟手続きに入った。同委員会は両国が競争行為を大きく歪曲させているという疑惑への対応に1カ月の猶予を設けた。この動きは、付加価値税率を下げて電子書籍を販売する企業が有利であり、現在の両国のやり方は反競争的だとする著者や中小出版社から派生してきたものだ。
 Amazonは欧州本社をルクセンブルクに置いており、電子書籍を欧州全体に販売する際に同国の低付加価値税率を利用している。このため英国の消費者は電子書籍に対して通常の20%ではなく、たった3%の付加価値税を支払えばよい。一方、フランスには多くの大手出版社が本社を構えており、欧州電子書籍市場での競争力維持を目的として付加価値税率を7%と低く設定している。
 フランスとルクセンブルクは2012年1月1日に付加価値税率を引き下げた。欧州委員会がまさに欧州全体で成し遂げたいと願っていることを両国がやってのけたのは非常に面白い。レポートによると「2013年に欧州委員会は現在の状況が異常との一般認識に沿って、紙書籍と電子書籍に適用する付加価値税率の均一化を目的として議案提出を予定している。現在の法律で、電子書籍は電子的に提供されるサービスと認識されており、その議案には含まれておらず、よって低税率での課税対象からは外れている。さらなる変更が2015年に予定されており、そのころには電子書籍の付加価値税は、電子書籍を販売する企業がどこを拠点としているかではなく、購入者がどこに居住しているかに基いて決定される」という。


◇総務省、2012年度「デジタル・ディバイド解消に向けた技術等研究開発」に採択された5件の事業を発表
http://current.ndl.go.jp/node/21330
(2012年7月11日 カレントアウェアネス・ポータル)
 2012年7月10日、総務省が2012年度の「デジタル・ディバイド解消に向けた技術等研究開発」対象事業として採択された事業を発表しました。これは1997年度から実施されている事業で、高齢者・障害者のための通信・放送役務の高度化や研究開発を行う民間企業等に対して資金補助を行うものです。今回採択された5件は以下のとおりで、そのうち(3)と(4)は視覚障害者向け録音図書やマルチメディアDAISYに関する研究開発です。
(1)複数の視覚障害者によるリアルタイム要約筆記作業支援技術の研究開発(NECシステムテクノロジー株式会社)
(2)認知能力評価・支援クラウドサービスの研究開発(株式会社エデュアス)
(3)視覚障害者向け音声情報スキミングのための高速再生技術の高度化および受聴支援装置に関する研究開発(財団法人NHKエンジニアリングサービス)
(4)マルチメディアDAISYの自動制作・利用システムの障害者支援研究開発(シナノケンシ株式会社)
(5)高齢者住民が主体的に地域内コミュニティを醸成し、住民同士で地域内見守りを行う体制の構築を支援するコミュニケーションサポートツールの研究開発(株式会社デンソー)
◎対象事業の概要(PDF:3ページ) http://www.soumu.go.jp/main_content/000166938.pdf
◎平成24年度「デジタル・ディバイド解消に向けた技術等研究開発」の交付決定(総務省 2012/7/10付け報道資料) http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu05_02000026.html


◇E-Book Market Ready to Turn Corner in Germany?
http://www.digitalbookworld.com/2012/e-book-market-ready-to-turn-corner-in-germany/
(July 11, 2012 Digital Book World)
 Though e-books only represent a sliver of the overall German book market, which is the third-largest in the world, there are signs that publishers and readers are ready to embrace e-books as the future in the Central European country.
 From Publishing Perspectives:
 Germany’s book market is among the three largest in the world, but e-books still represent a very small percentage of overall sales. End-of-year sales in 2011, however, offered signs that the land of Goethe might be slowly making a shift toward a digital future. With overall book sales in Germany experiencing their first minor dip in years (1.4%), more and more publishers are investing in their e-book business, despite the current lack of overwhelming demand from readers.
 A broad study released last month reveals that e-books are now seen as an inevitable part of the German book market ? and a source of hope. The study ? the second of its kind ? was conducted by the Borsenverein and GfK Panel Services at the beginning of this year. “The e-book market looks promising in Germany,” said Steffen Meier, spokesman for the Arbeitskreis Elektronisches Publizieren, part of the Borsenverein des Deutschen Buchhandels. “[It] is currently only profitable for a small minority of market players, but publishers and book retailers still have to invest in the first place. However, the outlook for 2015 is good,” he added. In 2011, e-books represented just a 1% share of the overall book market (excluding professional books and textbooks), and only 1.2% of Germans over the age of 10 bought an e-book last year.


◇米OverDrive社、メルボルンにオフィス開設
http://current.ndl.go.jp/node/21321
(2012年7月10日 カレントアウェアネス・ポータル)
 公共・学校図書館向けに電子書籍を提供している米OverDrive社が、オーストラリア、ニュージーランド、及びアジア太平洋地域でのサービスを強化するため、オーストラリアのメルボルンにオフィスを開設するとのプレスリリースがでています。OverDrive社は現在、オーストラリア、ニュージーランドにおいて、図書館や学校など100機関にサービスを提供しており、研修や技術支援などを強化していくとのことです。
◎OverDrive Establishes Australia Office To Propel International Growth (OverDrive2012/7/9付け) http://www.overdrive.com/News/OverDrive-Establishes-Australia-Office-To-Propel-International-Growth


◇文部科学省、「ビッグデータ時代におけるアカデミアの挑戦〜アカデミッククラウドに関する検討会 提言〜」を公表
http://current.ndl.go.jp/node/21326
(2012年7月10日 カレントアウェアネス・ポータル)
 2012年7月4日付けで、文部科学省は、アカデミッククラウドに関する検討会がこれまで続けてきた検討内容をまとめ「ビッグデータ時代におけるアカデミアの挑戦〜アカデミッククラウドに関する検討会 提言〜」として公表しました。
◎「ビッグデータ時代におけるアカデミアの挑戦〜アカデミッククラウドに関する検討会 提言〜」(PDF) http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shinkou/027/gaiyou/__icsFiles/afieldfile/2012/07/10/1323376_1.pdf
◎アカデミッククラウドに関する検討会 提言 (PDF)(文部科学省 2012/7/4付けの記事) http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shinkou/027/gaiyou/1323376.htm


◇グーテンベルクプロジェクトの提供電子書籍数が4万点を突破 電子書籍公開用ポータルサイトも公開
http://current.ndl.go.jp/node/21315
(2012年7月9日 カレントアウェアネス・ポータル)
 2012年7月8日、グーテンベルクプロジェクトが、提供している電子書籍の点数が4万点に達したと発表しました。また、7月4日刊行のニュースレターで、“Project Gutenberg Self Publishing Portal”の公開も発表しています。
 “Project Gutenberg Self Publishing Portal”は、著作者が自身の作品を利用者と共有するためのクラウドベースのプラットフォームです。読者も作品に対してコメントを付けてレビューすることが可能となっており、著作者へのフィードバックも行えるようになっています。セルフパブリッシングポータルの利用は無料で、作品の閲覧やダウンロードには特に利用登録は不要とのことですが、作品のアップロードやコメントを付ける際には登録が必要とのことです。
◎Project Gutenberg Self Publishing Portal http://self.gutenberg.org/
◎Project Gutenberg 40,000th eBook Milestone! (Project Gutenberg News 2012/7/8付けの記事) http://www.gutenbergnews.org/20120708/project-gutenberg-40000th-ebook-milestone/
◎PG Monthly Newsletter (2012-07-04) (Project Gutenberg News 2012/7/4付けの記事) http://www.gutenbergnews.org/20120704/pg-monthly-newsletter-2012-07-04/
◎Project Gutenberg Hits Major Milestone: 40,000 Titles! + Launch of Gutenberg Self-Publishing Portal (INFOdocket 2012/7/9付けの記事) http://www.infodocket.com/2012/07/08/project-gutenberg-hits-major-milestone-40000-titles-launch-of-gutenberg-self-publishing-portal/


◇国立国会図書館、2011年度の「重点目標と評価」および2012年度の「重点目標」を公表
http://current.ndl.go.jp/node/21318
(2012年7月9日 カレントアウェアネス・ポータル)
 2012年7月9日、国立国会図書館は、2011年度の重点目標と評価、および2012年度の重点目標を公表しました。
 それぞれの重点目標は、「国立国会図書館60周年を迎えるに当たってのビジョン」で掲げられた7つのビジョンに基づいて作成され、有識者会議や統計・サンプル調査・利用者アンケートをもとに毎年度評価が行われます。
 例えば、当サイト「カレントアウェアネス・ポータル」については、「公共図書館をはじめとする国内の各種図書館とより密接な連携・協力を進めます。」というビジョンのもとで定められた「日本国内の各種図書館をバックアップするとともに、連携・協力を強化します。」という重点目標に含まれており、サイトの新規データ数やアクセス数が評価指標となっています。
◎平成23年度 重点目標と評価(国立国会図書館) http://www.ndl.go.jp/jp/aboutus/vision_h23_emphasis.html
◎平成23年度重点目標6「日本国内の各種図書館をバックアップするとともに、連携・協力を強化します。」に関する評価(PDF:1ページ) http://www.ndl.go.jp/jp/aboutus/pdf/vision_h23_emphasis_06.pdf
◎平成24年度 重点目標(国立国会図書館) http://www.ndl.go.jp/jp/aboutus/vision_h24_emphasis.html
◎活動実績評価(国立国会図書館) http://www.ndl.go.jp/jp/aboutus/vision.html


◇Amazon to open Dutch eBook Store this Fall
http://goodereader.com/blog/e-book-news/amazon-to-open-dutch-ebook-store-this-fall
(JUL 08, By Michael Kozlowski Good E-Reader)
 Amazon plans on opening a new Dutch eBook store this Fall to fall inline with the companies quest of European expansion. The book content will be coming from either the United Kingdom or German distribution centers.
 The Seattle based online juggernaut has been milling around the idea to break open its .NL domain name for the last year The logistics of the penetration of the market has taken the last six months to plan out. Customers living in there will be able to circumvent the higher VAT fees because Amazon runs all of their European operations out of Luxemburg.
 The Dutch launch it poised to offer customers in the Netherlands and surrounding areas that speak the language a viable way to purchase eBooks. Right now the Amazon.nl domain name currently redirects people to the United Kingdom based store. It is unknown at this time what local publishers Amazon has wooed to contribute content to their launch of the new website.


◇The Great Publishing Wars of 2012
http://www.digitalbookworld.com/2012/the-great-publishing-wars-of-2012/
(July 7, 2012, by Bob Mayer Digital Book World)
 In a decade, after the zombies have taken over the world and are hunting down the last of the vampire empire, they will look back at the great publishing wars of 2012 and go: huh?
 I’ve retreated on the tactical front in the war for the past month as I am under deadline and writing a book I’m excited to share with my readers. It’s really hard to pull myself out of the snark and action in my current WIP, Area 51: Nightstalkers, and go back to social media.
 I’ve been thinking a lot about publishing and have changed my views in a number of ways.
 I think there is a tipping point in social media for authors. Where it begins to detract rather than attract. Where you are turning more people off than you are being of interest to. Especially if you are on one side or the other in the indie vs. trad vs. small publisher vs. print vs. eBook vs. the Martians vs. the indie bookstore vs. the chain vs. Amazon vs. Barnes & Noble vs. Kobo, vs. well, whatever the hell one wants to be versus. When one is versus, then one has alienated a segment of the population. I had an agent who ran a conference I taught at a couple of times email me and say I wouldn’t be invited to the conference because she was an agent, and I was like, huh? What did I do to agents? I guess saying that traditional publishing died in March 2012 didn’t go over well.
 I also think the whole author/social media thing has become a little too incestuous. It’s authors talking to authors. Yes, I know, there are readers out there, but when we take a close look at who is talking to us on most social media sites, it’s other writers. I look at a lot of the really successful authors and their focus first is on content AND getting that content to readers. They aren’t too concerned with the publishing wars, except in terms of how to run their own business. Key words in that sentence are how to run their OWN business. In fact, to be frank, the really successful people in publishing right now are the ones who make the most money off of any war: the ones who work behind the scenes and supply both sides with needed supplies. The most critical supply needed in publishing is content. One can have the best whiz-bang device, app, brand, hat, distribution, yada, yada, but it still comes back to content. We got Cool Gus Publishing running two years ago and it took a lot to build it into a seven-figure business in less than 18 months after a whopping total of 3 eBook sales our first month. Now we’re shifting from focusing on the actual business structure to increasing our content.
 For me, I’ve thrown out a flag of truce in the publishing wars. I don’t have the time or energy or really the inclination to take one side over the other. My focus is on content and running my publishing company. I’ve got a conference call next week with a non-fiction writer I’ve known for a long time and we’re hoping to put out some of her old backlist that pre-dates eBooks and we’re really excited about it. We just put out Your Brain on a Bike by John Brent Pye and have other titles in the pipeline, including those from Colin Falconer and Shannon Donnelly that we’re focusing on.
 One thing we’ve learned during our time in the publishing wars is that one is just as likely to be wrong as right. And even if one is correct for now, if one’s situation changes, they might be singing a different tune in just six months. That’s how fast things are changing. There are two key factors in determining a course of action: the overall situation and one’s personal situation. That means every single person in the wars is in a different situation. Thus there is no one ‘right’ position. As often noted during wars, when each side claims God is on their side, both sides cannot be right. If they are, then it is a God with a very nasty sense of humor.
 Fear. Every war brings fear. And I still see fear ruling too many players in this game. The successful people are the ones who, as my book titles says: Who Dares Wins: The Green Beret Way to Conquer Fear & Succeed. There are still too many people looking over their shoulders, wishing for the old days to come back. In fact, I’ve literally heard people say: watch, eBooks will die out and print will come storming back.
 Uh, no. That’s like saying that tank fad thing will go away since they use gas and mechanics and are noisy and expensive to make; and the horse, which lives off the land and are easy to reproduce and cheap to maintain, will make a comeback. The biggest argument for the return of the cavalry was the nobility of it. A dashing man on horseback with a saber looks a lot better than some grunt inside a tank with his main cannon. Yep, lots of people arguing that in the 20s and 30s. Tell it to Poland and France after Blitzkrieg.
 In essence, my position now is that I’m focusing on doing what I’m supposed to be doing: producing content and running a business. I’ll keep track of how the wars are going, but the nature of a war is, once people choose sides, they very rarely are willing to surrender and switch sides. So it will be interesting to watch.


◇ドイツの出版大手Georg von Holtzbrinckグループが組織改革、“脱・出版社”を目指しITベンチャー投資を積極化
http://hon.jp/news/1.0/0/3501/
(2012-07-06 15:20:55 hon.jp Day Watch)
 MacMillan系など多数の出版社を傘下に置くドイツの大手出版グループGeorg von Holtzbrinck(本社:独バーデンヴュルテンベルク州)は先月、グループ全体の組織改革を実施した。
 今回の組織改革は大規模なもので、体制が国単位からコンテンツカテゴリ単位に切り替えられ、“脱・出版社”を目指すことが最大の目標となっている模様。米ITベンチャー業界ニュースブログ「Pando Daily」によると、新体制の先鋒役となるのがベンチャーファンド子会社の米Macmillan New Ventures社(本社:米国ニューヨーク州)。本業である科学系・教育出版業が倒れる前に、有望なITベンチャー企業を次々と買い付けるのがミッションで、数億ドル(数百億円)規模の予算を与えられている模様。
 Pando Daily記者の取材に対し、Macmillan New Ventures社のTroy Williams副社長は「本社幹部たちは自分たちが退職金をもらえるまでの間、つまりあと15〜20年くらいは大丈夫と思っているらしいが...現実には、あと7〜10年くらいが限界だと思う」と本音を漏らしている。【hon.jp】
◎Pando Dailyの記事( http://pandodaily.com/2012/07/05/macmillian-knows-publishing-is-doomed-so-its-funding-the-future/ )


◇電子書籍版ハリー・ポッターの日本語版が2012年夏に販売開始
http://current.ndl.go.jp/node/21309
(2012年7月6日 カレントアウェアネス・ポータル)
 2012年夏にJ・K・ローリング氏の『ハリー・ポッター』シリーズの日本語版電子書籍が販売されると発表されています。他言語版を販売しているウェブサイト“Pottermore”上で提供され、フォーマットはEPUB3が採用されるとのことです。
◎Coming soon - Pottermore Shop(「ハリー・ポッターの電子書籍が買えるただ一つの場所です。日本語版も間もなく発売予定です。」とあります) http://shop.pottermore.com/ja_JP
◎Pottermore http://www.pottermore.com/
◎ハリー・ポッターの日本語版電子書籍、Pottermoreでこの夏に発売決定(eBook USER 2012/7/4付け記事) http://ebook.itmedia.co.jp/ebook/articles/1207/04/news080.html


◇欧州委員会「電子書籍は書籍ではない」と結論、フランス・ルクセンブルクに制裁検討
http://ebook.itmedia.co.jp/ebook/articles/1207/06/news091.html
(2012年07月06日 17時10分 更新 eBook USER)
 米paidContent.orgの記事によると、欧州委員会(European Commission:EC)は今週、昨年から欧州圏で問題となっている電子書籍への付加価値税(VAT、日本でいう消費税)論争について、「電子書籍は書籍に該当しない」と結論付けた。
 EU加盟国では原則として、紙書籍の付加価値税は平均5.5%前後と低いが、電子書籍は欧州委員会(EC)の取り決めにより「文化財」とみなされないため、付加価値税は20%前後と高い。しかし、フランス、ルクセンブルクの2国はこれを不服として、今年1月からそれぞれ7%、3%に下げていた。
 なお、Apple、Amazon.com、Sonyなど電子書籍大手グループは欧州向け電子書籍販売サイトの登記をルクセンブルクに置いている。欧州委員会は来年にも制度そのもの見直しを検討するが、それまでの間は、2国に対し何らかの制裁処置を発動する模様。


◇ビル・ゲイツ氏が語る「高等教育の未来」(記事紹介)
http://current.ndl.go.jp/node/21310
(2012年7月6日 カレントアウェアネス・ポータル)
 2012年6月25日付けのChronicle of Higher Educationに、“A Conversation With Bill Gates About the Future of Higher Education”という記事が掲載されています。技術によって大学はいかに変わるかについて、ビル・ゲイツ氏がそのビジョンを語るインタビュー記録となっています。
◎A Conversation With Bill Gates About the Future of Higher Education (Chronicle of Higher Education 2012/6/25付けの記事) http://chronicle.com/article/A-Conversation-With-Bill-Gates/132591/


◇e-Book Expo Tokyo 2012 Report:BookLiveの電子書籍リーダー、EXPOに通い続けて3日目でついに触れた
http://ebook.itmedia.co.jp/ebook/articles/1207/06/news103.html
(2012年07月06日 19時00分 更新 eBook USER 西尾泰三,ITmedia)
 東京ビッグサイトで7月4日から6日まで開催された「第16回 国際電子出版EXPO」。今回のEXPOは事前に楽天がKoboの買収で得た電子書籍リーダー端末「Kobo Touch」と、電子書店サービスを7月19日から提供開始すると発表し、国際電子出版EXPOと同時開催の東京国際ブックフェアの楽天ブースはにぎわいを見せていた。
 一方、トッパングループのBookLiveも電子ペーパーを採用した6インチの専用端末を今秋に発売すると発表、実際に国際電子出版EXPOのトッパンブースで展示されていた様子はすでにお届けした。ガラスケースで覆われていたため来場者は手に取ることはできず、記者もまたガラスケース越しに撮影した写真を用いてこれを紹介した。
 しかし、どうせなら手に取ってみたい――記者なら誰もが抱くそんな習性に基づき幾度となくお願いするも丁寧にお断りされ続けて3日。さすがにふびんに思われたのか、ガラスケースに遮られていないこの端末を撮影する機会をごく短時間ながら得た。それが以下の写真だ。
◎BookLiveから今秋リリース予定の電子書籍リーダー。正面下部に物理ボタン、底面にmicroUSBコネクタ、電源ボタンが確認できる
 筆者は2010年以降に国内外で発売されたさまざまな端末を少なくとも一度は手に取っている。電子ペーパーベースの端末で思いつくままに列挙すれば、Kindle、Reader、biblio Leaf SP02、Story HD、BookPlace DB50、そして楽天のKobo Touchなどがあるが、端末ごとの特徴やスペック、クセも概ね把握している。
 それを踏まえて言えば、BookLiveが参考展示していたこの端末は、やはりソニーのReader、それもReader Touch Edition(PRS-650)に近いデザインだ。NEC製だという報道もあるが、これはBookLiveが3月に第三者割当増資を実施した際、日本政策投資銀行や三井物産、東芝のほか、NECが引受先となっていることから導かれる内容だ(東芝はすでにBookPlace DB50をリリースしている)。同端末に関するBookLiveのリリースには、「独自開発、国内生産」がうたわれており(余談だが、端末にはMADE IN JAPANの文字が確認できた)、BookLiveブランドでの販売となるだろう。
 搭載されている電子ペーパーについては、マイクロカプセル型電気泳動方式の電子ペーパーであることは間違いない。NECもNEC液晶テクノロジーやNECディスプレイ ソリューションズと共同開発したマイクロカプセル型電気泳動方式の電子ペーパーを持っているし、凸版印刷も米E Inkと提携しているので、どちらが供給していても不思議はない。
 端末をくまなく見たが、上面および両側面にボタンなどは配置されておらず、本体底面にmicroUSBコネクタと電源ボタンがまとめられたシンプルな構造だった。microSDカードスロットは搭載されておらず、重量は肌感覚で200グラムを下回る程度、約185グラムのKobo Touchとだいたい同じくらい、といった印象だった。
 スクリーンセーバーのように見えていたのは、どうやらPDFを自動めくりしていたようで、各機能などにアクセスすることはできなかった。また、3G通信機能が搭載されるかどうかは確証を得なかった。


◇Wiley Extends Open Access Option to 81% of Journals
http://www.thedigitalshift.com/2012/07/publishing/wiley-extends-open-access-option-to-81-of-journals/
(July 6, 2012, By Matt Enis The Digital Shift)
 John Wiley & Sons has announced that OnlineOpen, Wiley’s hybrid open access model for subscription journals that allows authors to publish an open access paper in their journal of choice, is now available in over 1,200 of the journals that Wiley publishes.
“Wiley is committed to expanding its range of publishing options for authors,” Rachel Burley, Wiley’s new vice president and director of Open Access, said in a release. “With this significant expansion of OnlineOpen we are enabling authors who choose to publish under the open access model to select from a much broader range of publications which are well established and highly valued in their field.”
 OnlineOpen was launched in 2004 for authors “who wish to make their article available to non-subscribers on publication, or whose funding agency requires grantees to archive the final version of their article,” the release explains.
 In addition to OnlineOpen for its existing peer reviewed journals, a separate open access journal program called Wiley Open Access was launched in early 2011 with an initial portfolio of eleven journals.
“We seek to develop open access policies which deliver innovative choices in journal publishing, meeting the needs of authors, funders, and institutions who wish to publish in the open access environment,” Steve Miron, senior vice president and managing director, Scientific, Technical, Medical, and Scholarly, Wiley, said in the release. “By significantly increasing the number of journals we publish which are able to offer OnlineOpen, we are quickly moving towards that goal.”


◇【イベント】公開学習会「DAISY4とEPUB3が実現する電子書籍のアクセシビリティー 誰もが使える電子書籍を日本に」(7/17・埼玉)
http://current.ndl.go.jp/node/21305
(2012年7月6日 カレントアウェアネス・ポータル)
 2012年7月17日に、埼玉県の川口市メディアセブンで、日本図書館協会(JLA)障害者サービス委員会による公開学習会「DAISY4とEPUB3が実現する電子書籍のアクセシビリティー 誰もが使える電子書籍を日本に」が開催されます。講師はDAISYコンソーシアム前代表の河村宏氏です。申込締切は7月13日までとのことです。
◎募集のお知らせ:公開学習会「DAISY4とEPUB3が実現する電子書籍のアクセシビリティー」(日本図書館協会企画調査部からのお知らせ 2012/7/3付け記事)
http://jlakc.seesaa.net/article/278720994.html


◇【電子書籍の(なかなか)明けない夜明け】 第10回 電子書籍の組版を妨げるもの/おもてなしの技術としての組版
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/column/yoake/20120706_545049.html
(2012/7/6 11:00 INTERNET Watch)
◎ 「電子書籍の組版を妨げるもの」(高瀬拓史氏)
 前回に続き、「文字の学校」主催シンポジウム「電子書籍の組版を考える」での発表を報告する。なお、ここで電子書籍というのはEPUBをはじめとするリフロー型の電子書籍フォーマットを指す。また、ここでの掲載順は当日の登壇順(第9回参照)とは異なることをお断わりしておく。
 最初に紹介するのはイースト株式会社の高瀬拓史氏(写真1)の発表。EPUBエバンジェリストとして知られている現在からは想像しにくいが、数年前まで出版とは無関係な金融系SEをしていた経歴を持つ。つまり、電子書籍の組版を考える際には旧来に囚われないフレッシュな視点を期待できる。そんな高瀬氏の発表タイトルは『形のない本をデザインする』。発表の全文は主催者サイトの記事を参照してもらうとして[*1]、ここでは電子書籍と組版に関するものに絞って紹介することにする。あえてタイトルを付ければ「電子書籍の組版を妨げるもの」となろうか。
 まず発表の中で高瀬氏が指摘したのは「紙と電子書籍における見栄えの違い」だった。紙の本の場合は、制作者が意図した見栄え(レイアウト)を、ほぼそのままの形で読者が目にすることができる。ところが電子書籍、特にEPUBのようにリフロー表示がメインとなるフォーマットでは、大きく事情が異なる。
 「EPUBのようなオープンフォーマットの場合、読む環境によってディスプレイのサイズがバラバラでしょうし、そこでサポートされるフォントも異なるでしょう。それだけでなく環境によってスタイルシート(CSS)のサポートが全く違ったりもする。あるビューアーだとフォントの指定ができるけど、このビューアーでは指定できない、あるいは文字が太くできない、そういった環境による違いが出てくる。」(高瀬氏)
 つまり、制作者が体裁すべてをコントロールできないことこそが、リフロー型電子書籍の特徴なのだ。だからこそ……と高瀬氏は言葉を続ける。
 「制作者が意図した形で読ませるだけならPDFでいいじゃん、EPUBを推進しているにもかかわらず、そう言っちゃうことがあります。」(高瀬氏)
 とはいえ、この問題が電子書籍を制作する上で難しい問題をもたらすのも確かだ。例えば紙の書籍では、版面を設計する際、たいていの場合は文字サイズや行長、1ページの行数を決めて、版面を確定するところから始める。ところがリフロー型の電子書籍の制作では異なる。文字サイズ・行長は可変だし、1ページの行数は環境に依存する。そもそもページの概念がないから、最初の一歩となる足場がない。
◎紙では当然の手法が通用しない電子書籍の制作
 紙の書籍では、できて当然なのに……という問題は他にもある。特に文字に関する実装の問題。例えば紙では制作者が指定したフォントがそのまま印刷されるが、リフロー型ではこれができない。閲覧環境によってインストールされているフォントが異なるからだ。
 「欧文フォントだったら、WindowsとMacである程度共通のフォントがインストールされています。だからOSの違いをあまり気にしなくて済みますが、日本語フォントでは違う。例えばウェブサイトでMacに入っているヒラギノを表示させようとすると、画像にするしかないんですね。Windowsには入っていないからです。WindowsでもMacでもAndroidでも、なんでも共通で使える日本語フォントが欲しいなと、個人的に思っています。」(高瀬氏)
 つまり日本語フォントに関して大きな問題なのは、実装されている文字セットがバラバラということ。特にAndroidスマートフォンに標準でインストールされているフォントでは、第3・第4水準の漢字が満足に使えない[*2]。
 「常用漢字を全部表示するにはJIS X 0213:2004の第2水準だけではなく第3水準まで必要です。仕事によってはこの字体でないと意味がないということもあるでしょうから、こういう状況では困ります。もっともEPUB3ではフォントの埋め込みが可能になりますので対応は可能ですが、せめて第3、第4水準までは、何もしなくても表示できる環境が整って欲しいなと思っています。」(高瀬氏)
 他にEPUBで体裁を指定するスタイルシート(CSS)が、基本的に英語圏の人達を前提とした仕様で、日本人が指定しやすいものにはなっていない問題がある。これも紙の書籍では当然のことが、電子書籍を作ろうとした途端難しくなる例の1つだ。例えば、紙の書籍では一般的な「字取り行取り」[*3]と同じことを、ウェブのレイアウト手法の1つであるエラスティックレイアウト[*4]で実現しようとすると、大変な手間が必要になってしまう(図5)。
 上図のように、字取り行取りでは簡潔に「本文9pt、行頭1字下げ、行間8pt。見出し12pt、2行取り、本文手前1行空き」と自然数で記述できるものが、CSSで実現しようとすると、小数点以下3桁を使わないと指定できない。これではとても実用にはならない[*5]。

◎ 紙の組版ルールを捨てるのももったいない
 このように、紙の組版ルールをそのまま電子書籍に持ち込もうとしても、現実には手間がかかることが多い。こうした高瀬氏の指摘は、夢や憧れではない、実際に電子書籍を制作する上での現実を踏まえたものと言える。高瀬氏の指摘するとおり、電子書籍に紙の組版ルールを、そのまま取り入れようとしても、現状ではまだ相性の悪さが目立つ。その高瀬氏が、ここまでのまとめとして掲げたのが以下のスライドだ。
 紙の組版ルールに囚われるべきではないけれども、完全に捨てるのももったいない。優れた過去の蓄積はなるべく取り込んでいくのが効率的という、これまた現実的な判断と言える。さて、そこで問題になるのは、どのようにして、電子書籍は紙の組版ルールを取り入れるべきかということだ。次に紹介する本間淳氏の発表では、その問題に踏み込む。

◎ 「おもてなしの技術としての組版」(本間淳氏)
 次の本間氏(写真2)の発表タイトルは、『電子書籍における組版の何を考えるべきか』。彼はAndroid用閲覧ソフト「縦書きビューワ」[*6]の作者でもある。
 自己紹介代わりに、まず本間氏は「縦書きビューワ」の画面を示した(図7)。見ると分かるように、行頭行末揃えや、追出し・追込みによる行末禁則だけでなく、連続する約物を詰める処理までサポートしている。これは同種の閲覧ソフトの中ではかなりハイレベルな実装と言える。
 本間氏は聴衆に、自分は組版の素人だがと断わった上で「組版とはなんだろう」と問いかけた。彼は「縦書きビューワ」の開発経験から、次のようにまとめる。
「組版というのはおもてなし、もしくは気遣いの技術なんだなあと思ったんですね。事前にどうやれば読みやすくなるだろうかとか、どうやったら分かりやすくなるだろうかとか、さまざまな気遣いをした上で、かつ美しく見えるようにする。そういうことのバランスをとる作業ということですね。」(本間氏)
 ところが2010年の「電子書籍元年」では、本棚風の操作画面や、本が飛んできてページをめくったり開いたりするようなアニメーションなどが紹介されるばかりだった。それらは紙の模倣であっても、気遣いやおもてなしとは全く関係ない。
「そういうところではないところで組版としてできる気遣い、読みやすさを高めるような気遣いというものがあるんじゃないか、それが素人の素朴な疑問でした。紙の書籍の単なる模倣から電子書籍の特質を生かした組版の探求へと向かう、今日はそのことを考えてみたいと思います。」(本間氏)
 そこで本間氏が基本方針として提示したのが「解決したい課題」を明確にすることだ。
「解決したい課題を、紙の上でどう解決するかということをいろいろ考えた末に紙の組版ルールは生まれているので、同じ課題に立ち戻って、それが電子書籍の特質を生かした環境ではどう解決されうるのかを考えると、電子書籍の組版ルールというものが導けるんじゃないかと思います。」(図8)
 その上で本間氏は組版へのさまざまな考察を展開する。以下ではそのうち禁則処理に絞って紹介しよう。それは「禁則処理の脱構築」とも言うべきものだった。

◎ 意味のまとまりによる区切り
「禁則処理というものがなぜ発生したか、それは何を解決したかったのかを考えると、意味としてひとまとまりのものが離れて置かれると分かりにくくなる。それで、これを解決したいというのが元々の起こりだと思います。この課題に対して他にも解決策がないだろうかと考えてみます。」(本間氏)
 一般に書き言葉は文字→単語→文節→文のような階層に分かれる。一方で、従来行われてきた禁則処理は、そのうち最下層の「文字」だけを対象にしたものと言える(禁則の詳細は第9回参照)。これをもっと上の階層、例えば「単語以上の意味のまとまり」に対して禁則をしてもよいのではないか(図9)。
 上図では実際にある「畜産物価格安定法」という法律名を取り上げている。このように漢字が連続すると、意味の区切りが分かりづらくなる。上段では〈ちくさん・ぶっか・かくやす・じょうほう〉(畜産・物価・格安・定法)と読めてしまい、意味が通らなくなる。しかし次の行に「価」を回しただけで(下段)〈ちくさんぶつ・かかく・あんていほう〉(畜産物・価格・安定法)と素直に読める。つまり、語のつながりを正しく把握するために、「畜産物」と「価格」の間で改行したわけだ。
「意味としてひとまとまりの部分は、なるべく離さず、意味の切れ目で改行されるようにできないか。電子書籍になって禁則処理は緩くなる方向性もありますが、ここでは、こういった、むしろ逆に禁則処理を今まで以上にやるんだという方向性について考えてみたいと思います。」(本間氏)
 このように考えていくと、意味のまとまりとしては単語よりも上の階層、つまり文節を対象とした禁則処理も考えられる(図10)。
「一番上の段、〈〜〜と話をしていた〉という部分、ぼくは〈を〉という助詞が行頭にあるのは、なんかこう、すんなり読めないなあという気がするんですね。で、次の行、〈を〉をぶら下げても、〈話を〉どうしたんだ、という気がしてしまいます。それで、三つ目のこの行、〈話を〉までを行頭に回してしまえば、ああすんなり読めるなあと思えます。これはもう非常に些細な話なんですが、こういう文の構造に基づく改行位置決定も自動処理できるんだったら、やってもいいんじゃないかと思います。」(本間氏)
 ここまでは「行」を単位としているが、その延長線上に「ページ」を単位としても禁則処理が考えられる。
「ページが変わるというのは、行が変わるだけよりも強い分断が発生するものなので、これをどう扱うかという課題が含まれています。例えば作家の京極夏彦さんは、文の途中でページをまたがないように自分で手を入れているそうです。ここには文がページをまたがないという彼なりの“禁則”ルールがあるわけですが、こういうものも電子書籍の中に組み込もうと思えば組み込んでいくことができるでしょう[*7]。」(本間氏)
 そのほかに電子書籍特有の処理として、視覚上の見づらさを自動的に回避する処理が考えられる(図11)。
「例えば上図のように句読点が並んでしまったりすると、意図しない視覚上のリズムが発生してしまって、別に詩として表現したいわけじゃないのに、なんかこれいやだなあと[*8]。そういうものも、これはこの文字を次行に送ってしまえばズレるわけで、解消できる。こういうことも、まあやろうと思えば、自動的に解消できます。」(本間氏)

◎「意味のまとまり」による改行と行末不揃え
 以上、本間氏の発表の中で禁則処理にかかわる部分を抜粋してお送りした。いずれも従来からの流儀に囚われず、禁則処理という調整を根底から考え直そうとしたものだ。
 中でも注目したいのが「意味のまとまり」による改行だ。この方法は今までも見出しやリードでは使われてはきたが、長い本文ではまず使われてこなかった。しかし人が文章を読む際は、個々の文字よりもその連なりである文脈を認識しているとはよく指摘されることだ[*9]。だとすれば、この「意味のまとまり」を改行の単位にすることにはメリットがある。電子書籍という新しい技術でこれをどう使うのか、考えてみるのも面白そうだ。
 ただし、この種の改行をした際に気になるのは、行末が揃わなくなることだ。無理に揃えようとすれば字間が割れ、行長が短ければひどく見づらくなってしまう。本間氏の発表でも図9を見る限り行末が不揃えになっている。もっとも、本間氏自身の意図としては、すぐに「この画面ではラグ組み(不揃え)になっていますが、ラグ組みにするのがよいとかジャスティファイ(行末揃え)にするのがよいとかを主張したものではありません」と言い添えており、眼目は「意味のまとまり」で改行することによる禁則処理の機能向上だけで、行末を不揃えにしてよいとする意図はなかったようだ。
 とはいえ、この種の改行に言及するなら、できれば行末の問題とセットで論じてもらいたかった。なぜなら行末の処理によって組みの体裁が急変し、読みやすさも大きく変動するからだ。興味深いことに、次回紹介する村上真雄氏も「意味のまとまり」による改行に言及するが、読みやすさの問題にも立ち入って検討することになる。そしていよいよ真打ち、前田年昭氏も登場する。どうかお楽しみに。
 なお、今回紹介した本間氏の発表では、他にもルビの積極利用や3Dディスプレイの強調表示、組版によるアクセシビリティ向上なども提起された興味深いものだった。関心のある向きは、ぜひ公開されている発表全文をお読みいただきたい[*10]。

◎ 追記
 シンポジウムでの発表や討議を発展させた例として、最近「縦書きビューワ」(Ver.0.9.6.6)で実装された、本文を長押しするとルビを含んだ親文字がポップアップする機能を紹介したい。本稿では取り上げる余裕がなかったが、本間氏の発表ではルビについても多くの考察が展開されていた。
 これは長いルビ文字列が読みづらくなる対策として考えられた機能。一般にルビ文字列が長い場合、親文字の字間を空けて、語長をルビに合わせる。しかし「縦書きビューワ」ではベタ組みを優先するためにこの方式をとらないので、長いルビが連続した場合にルビ同士が重なってしまう欠点があった。それを解決するのがこの機能だ。
 本間氏の説明によると、この機能の背後にはシンポジウムでの討論や、前田氏とのブログのコメント欄での会話があったとのことだ[*11]。長いルビ文字列が続く場合の読みづらさは、紙でも電子書籍でも同じだが、これはベタ組みを維持したまま電子デバイスならではの特徴も生かせる解決方法だ。電子書籍の可能性を開くものとして、もっと広く知られてもいいように思った。

◎ 注釈
[*1]……文字の学校シンポジウム「形のない本をデザインする 高瀬拓史さん」(http://moji.gr.jp/gakkou/kouza/ebook-typo/takase.html)なお、本稿の掲載にあたっては発表者による修整が入っており、必ずしも主催者サイトの記事と同一ではないことをお断りする。これは本間氏の発言も同様だ。
[*2]……詳細は以下の拙稿を参照。ありがたいことに、高瀬氏の発表でも引用していただいた。『Androidは電子書籍端末として使えるのか?』(http://internet.watch.impress.co.jp/docs/column/yoake/20110722_462158.html)
[*3]……最初に基本版面を設定し、その中で文字数や行数を単位にレイアウトする手法。活字組版に端を発する、書籍の伝統的な指定方法。
[*4]……閲覧環境の違いに対し柔軟に対応できる手法。具体的には指定の単位として、pxや%ではなくemを使用するのが特徴。これにより全体のレイアウトをあまり崩さず文字サイズの変更に追従できる。
[*5]……この問題を解決するために現在審議中なのが「CSS3 Values and Units Module」(http://www.w3.org/TR/css3-values/)と、「CSS3 Line Grid Module」(http://dev.w3.org/csswg/css-line-grid/)だ。ただし、前者はWorking Draft、後者は初期段階のEditor's Draftであり、まだ先は長そうだ。
[*6]……『縦書きビューワ』(https://play.google.com/store/apps/details?id=org.example.android.npn2SC1815J.VerticalTextViewer)。なお、同アプリの使い方は「窓の杜」の次の記事が分かりやすいだろう。「「縦書きビューワ」を使ってAndroid端末をどこでも読める“文庫本”に」長谷川正太郎、2010年5月12日(http://www.forest.impress.co.jp/docs/serial/androidlab/20100512_366281.html)
[*7]……京極夏彦氏の「ページを単位として禁則処理」については、自身がその意図を語っている次のインタビューを参照。「ほぼ日刊イトイ新聞 京極夏彦はいつ眠るのか。第6回 こだわらない主義。」(http://www.1101.com/suimin/kyogoku/2007-12-24.html)
[*8]……欧文組版における「river」「street」などと呼ばれる現象と似ている。これは語間の空白が行をわたって連続してしまい、まるで川や道のような余白を生むことを指す。高岡昌生『欧文組版』(美術出版社、2010年、P.94)などを参照。
[*9]……例えば『不実な美女か貞淑な醜女か』米原万里(1997年、新潮文庫、P.204)
[*10]……『「電子書籍における組版の何を考えるべきか」本間淳さん』(http://moji.gr.jp/gakkou/kouza/ebook-typo/honma.html)
[*11]……「縦書きビューワ Ver.0.9.5.15を公開しました(印刷字体置換)」『2sc1815jの日記』2010年8月18日(http://d.hatena.ne.jp/npn2sc1815j/20100818/1282077031)2011年1月29日付コメント欄を参照。


◇e-Book Expo Tokyo 2012 Report:第16回国際電子出版EXPO、こんな展示もありました
http://ebook.itmedia.co.jp/ebook/articles/1207/06/news052.html
(2012年07月06日 12時00分 更新 eBook USER 前島梓,ITmedia)
 電子書籍サービスやソリューションの展示会「第16回国際電子出版EXPO」。楽天のKoboやAmazon.comのKindleなどの本格参入で注目が集まる電子書籍市場の最新動向が詰まった展示会には、各社どんなソリューションを展示しているのだろうか。すでに幾つか紹介しているが、ここでは筆者が気になった展示を3つほど紹介したい。
◎EPUB3へのコミットを強めるモリサワ
 モリサワのブースでは、先日発表された電子コミックソリューション「MCComic」などが参考出展されている。
 楽天が発売するKobo Touchにモリサワフォントが搭載されるなど、電子書籍市場でもひんぱんにその名を目にする同社。電子書籍関連のソリューションは、書籍、雑誌、コミックを1つのソリューションでまとめるのではなく、それぞれの日本語組版事情なども踏まえた上で制作から閲覧までをカバーするソリューションを用意している。電子書籍は「MCBook」、電子雑誌は「MCMagazine」、そして電子コミック向けが「MCComic」だ。
 MCComicは、PDFやJPEGデータなどから固定レイアウト型のEPUBを作成できるオーサリングツール「MCComic Maker」と、閲覧のためのビューワライブラリ「MCComic ビューワライブラリ」で構成される。後者は組み込み用のライブラリとして提供され、iOSやAndroidにも対応している。
 ブースではMCComic Makerのデモも見ることができるが、画像データを取り込み、綴じ方向やページだてなどを設定するだけでEPUB3ファイルを作成できた。富士フイルムが同EXPOで展示している「GT-MangaAuthor」と同じジャンルといえるが、モリサワは制作から閲覧までをカバーする考え。なお、MCComicのリリースは今秋を予定している。
 MCMagazineやMCBookのソリューションも、世界的に広く用いられている標準として国内での普及も進むEPUBへのサポートを強化している。また、電子雑誌のソリューションであるMCMagazineは、AppleがiOS5から追加した電子雑誌の定期購読・管理が行える「Newsstand」に対応している。
◎富士通はBooksVのノウハウを「電子書籍ストア運営支援サービス」として提供
 富士通のブースでは、同社の電子書店である「BooksV」関連の展示が多い。利用できるプラットフォームの拡大を進め、Windows 8向けのアプリなども参考展示されていた。iOSにも近々対応予定としている。このほか、本との出会いを楽しむ「つながりブックガイド」というアプリも展示されていた。
 同社ブースで注目は、BooksVの運営ノウハウを「電子書籍ストア運営支援サービス」として提供することが示されていることだろう。シャープも先日「book-in-the-box」を発表しているが、運営に必要なソリューションをまとめて提供する動きが大手ベンダーから相次いでいる。
◎ヤフーはアプリからの脱却を図るサービス作りへ舵を切る
 巨大な黒船のオブジェが目を引くヤフーのブースでは、電子書籍サービスのプラットフォーム依存を減らす取り組みが紹介されている。
 同社は今回のEXPOに先立ち、自社の電子書籍サービス「Yahoo!ブックストア」でボイジャーの「BinB」をベースにした新しい閲覧環境の提供を開始している。BinBはWebブラウザで本を読む(Books in Browsers)という考え方に基づいて開発されたHTML5ベースのビューワで、特別なアプリなどがなくてもWebブラウザがあればコンテンツを読むことができるのが特徴。デバイスやOSを問わずにサービスを提供していこうとする同社の考えが黒船というイメージで表現されているのだろう。なお、既存のアプリも平行して提供され、オフライン環境での閲覧などで使い分けを推奨している。


◇欧州委員会が「電子書籍は書籍ではない」と結論、付加価値税を勝手に下げたフランス・ルクセンブルク等に制裁
http://hon.jp/news/1.0/0/3499/
(2012-07-06 12:36:15 hon.jp DayWatch)
 米paidContent.orgの記事によると、欧州委員会(EC)は今週、昨年から欧州圏で問題となっている電子書籍への付加価値税(VAT、日本でいう消費税)論争について、「電子書籍は書籍に該当しない」と結論付けた模様。
 EU加盟国では原則として、紙書籍の付加価値税は平均5.5%前後と低いが、電子書籍は欧州委員会(EC)の取り決めにより「文化財」とみなされないため、付加価値税は20%前後と高い。しかし、フランス/ルクセンブルクの2国はこれを不服として、今年1月からそれぞれ7%/3%に下げていた。
 なお、Apple・Amazon・Sonyなど電子書籍大手グループは欧州向け電子書籍販売サイトの登記をルクセンブルクに置いている。欧州委員会は来年にも制度そのもの見直しを検討するが、それまでの間は、とりあえず2国に対し何らかの制裁処置を発動する模様。【hon.jp】
◎paidContent.orgの記事( http://paidcontent.org/2012/07/05/europe-sues-to-continue-taxing-digital-content-higher-than-physical/ )


◇日本電子出版協会、「電子出版関連サービス&アクセシビリティ技術展」を7月25日に東京・飯田橋で開催
http://hon.jp/news/1.0/0/3500/
(2012-07-06 12:57:00 hon.jp DayWatch)
 一般社団法人日本電子出版協会(本部:東京都千代田区、以後:JEPA)は7月25日午後、東京・飯田橋の研究社英語センターで「電子出版関連サービス&アクセシビリティ技術展」を開催する。
 本展示会は、EPUB3電子書籍などの注目機能の1つであるアクセシビリティ機能に関連するソリューション展示会で、HOYAサービス/日立ビジネスソリューション/シナノケンシ/エーアイなど複数ベンダーがTTS・DAISYなどに特化した独自製品を解説。
 参加費は無料だが、Webでの事前登録(下記URL参照)が必要となっている。【hon.jp】
◎「電子出版関連サービス&アクセシビリティ技術展」参加登録ページ( http://kokucheese.com/event/index/30822/ )


◇紀伊國屋書店の電子書籍ストア“BookWebPlus”がEPUB3に対応、アプリ“Kinoppy”で閲覧が可能に
http://current.ndl.go.jp/node/21302
(2012年7月5日 カレントアウェアネス・ポータル)
 2012年7月4日、株式会社紀伊國屋書店が、同社の電子書籍ストア「紀伊國屋書店BookWebPlus」において電子書籍フォーマットEPUB3に正式に対応すると発表しました。8月中にはEPUB3フォーマットの電子書籍の販売を開始する予定で、同社のiOS・Android・Windowsに対応したアプリ“Kinoppy”で閲覧することが可能です。これにより、Kinoppyの対応フォーマットは、.book、XMDF、HyComic、EPUB3となり、近日中にPDFが加わるとのことです。
◎紀伊國屋書店、電子書籍アプリKinoppyでEPUB3に正式対応(紀伊國屋書店 2012/7/4付け記事) http://www.kinokuniya.co.jp/company/pressrelease/20120704120058.html
◎紀伊國屋書店BookWebPlus http://bookwebplus.jp/


◇IFLA、TPP協定交渉に懸念を示す声明を公表
http://current.ndl.go.jp/node/21303
(2012年7月5日 カレントアウェアネス・ポータル)
 国際図書館連盟(IFLA)が、環太平洋戦略的経済連携(TPP)協定に関し、TPP交渉に参加する国の図書館関連団体とともに懸念を示す声明を出しています。現在進行しているTPP交渉において知的財産についての広範囲な記述を含んでいるにもかかわらず、交渉が世界知的所有権機関(WIPO)の外側で不透明な形で進められていることなどに対する懸念が示されています。
 声明に署名している組織は以下の通りです。
国際図書館連盟 (IFLA)
米国図書館協会 (ALA)
大学・研究図書館協会 (ACRL)
北米研究図書館協会 (ARL)
オーストラリア図書館著作権委員会(Australian Libraries Copyright Committee:ALCC)
カナダ図書館協会 (CLA)
ニュージーランド・アオテアロア図書館情報協会 (LIANZA)
チリ図書館協会 (CBC)
ペルー図書館員協会(Peruvian College of Librarians:CBP)
ベトナム図書館協会 (VLA)
◎IFLA and other library organisations express concern about the Trans-Pacific Partnership Agreement (TPPA)(IFLA 2012/7/4付け) http://www.ifla.org/en/news/ifla-and-other-library-organisations-express-concern-about-the-trans-pacific-partnership-agreem
◎声明全文 http://www.ifla.org/en/publications/library-statement-on-trans-pacific-partnership-agreement-negotiations
◎Australian Digital Alliance "How access to knowledge may be restricted under the TPP" http://www.digital.org.au/our-work/publication/how-access-knowledge-may-be-restricted-under-tpp


◇紀伊國屋書店の電子書籍アプリ「Kinoppy」、EPUB3に正式対応
http://ebook.itmedia.co.jp/ebook/articles/1207/05/news027.html
(2012年07月05日 11時03分 更新 eBook USER)
 紀伊國屋書店は、電子書籍ストア「紀伊國屋書店BookWebPlus」の取り扱い電子書籍フォーマットとして、EPUB3に正式対応すると発表した。7月下旬からコンテンツの受け入れを開始し、8月中には順次発売を開始する。
 同社はすでに開発パートナーのインフォシティとともに「HyBook Systems EPUB Edition」のβ版をKinoppyのiOS版/Android版に試験的に組み込むことで、EPUB3の検証を行ってきた。今回、これを正式版にアップデートする。
 正式な販売開始後は、各OS向けのKinoppyでEPUB3コンテンツが閲覧可能になる。また、近日中にPDFへの対応も予定している。


◇ロシア国内の2011年の電子書籍売上高は約3.3億円、しかし違法コピーの規模はその9倍
http://hon.jp/news/1.0/0/3496/
(2012-07-05 13:34:49 hon.jp DayWatch)
 英Telegraph紙によると、ロシアでも電子書籍ユーザーが急増しつつあるが、その9割が違法コピーであるとのこと。
 記事によると、ロシアの2011年の電子書籍売上高は約1.35億ロシアルーブル(約3.3億円)だが、その数値は全体ダウンロード数の1割程度しか占めておらず、残り9割は違法コピーによるものとのこと。英国でも違法コピー比率は全体ダウンロード数のわずか3割程度と推計されているため、ロシア固有の事情が浮き彫りとなっている。
 現地の電子書籍販売サイト「LitRes」関係者によると、それでも2015年には同国における電子書籍売上高は現在の30倍近くになるだろうが、違法コピーサイトの多くが国外サーバーで運営されているため、損失分の回収はロシア政府の力をもってしても難しいかもしれないと推測している。【hon.jp】
◎英Telegraph紙の記事( http://www.telegraph.co.uk/sponsored/russianow/business/9375763/russia-ebook-market-pirates.html )


◇e-Book Expo Tokyo 2012 Report:国内の電子書籍市場の「今と未来」を楽天と講談社の社長が語る
http://ebook.itmedia.co.jp/ebook/articles/1207/05/news073.html
(2012年07月05日 16時28分 更新 eBook USER 西尾泰三,ITmedia)
 東京ビッグサイトで7月4日から6日まで開催されている「第16回 国際電子出版EXPO」。基調講演に当たる国際講演が4日に行われた。
 「人々が求める書籍/出版に私たちはどう応えていくのか」というテーマが掲げられた同講演は、7月2日に電子書籍リーダー「kobo Touch」を発表、国内サービスを19日から開始する楽天の三木谷浩史代表取締役会長兼社長のほか、国内大手出版社の講談社から野間省伸代表取締役社長、電子書籍の国際標準フォーマット「EPUB」を推進する国際電子出版フォーラム(IDPF)からビル・マッコイ事務局長が登壇、電子書籍市場のキープレイヤーが今何を考えているのかを語った。モデレーターは丸善CHIホールディングスの小城武彦代表取締役社長。
◎楽天三木谷氏「出版社、書店とのWIN-WINな関係を構築していく」
 冒頭、話題に上がったのは楽天の電子書籍事業について。楽天は昨年買収を発表したカナダのKoboが持つサービスと端末を国内でも展開することを7月2日に発表している。グローバルでのビジネスを想定したKoboのプラットフォームを使うことで、海外のコンテンツを日本からも入手しやすくし、一方で国内のコンテンツを海外に輸出する「場」になることで市場を広げようとするものだ。
 小城氏が「流通業からすると外資の参入は手強く、『まいったな』と思う部分もあるが、楽天もそう(外資としてみるべき)なのか」と、楽天がKoboを軸に進める電子書籍事業のスタンスを三木谷氏に尋ねると、「音楽産業で起こった電子化の流れはいいケーススタディ。これをよく学習した上で発展したのが米国を中心とする電子書籍市場だと思う」とし、書店で電子書籍端末を販売している海外の状況を紹介。「われわれは既存の枠組みを壊さず、それをうまく活用することで伸びていきたい」と話し、書店との提携関係を強化するなどして出版社、書店とのWIN-WINな関係を構築していく方針を語った。
◎講談社野間氏「紙と電子を同時にやるマイナスは感じない」
 講談社の野間氏は出版社の観点から、「出口が少なすぎると独占化し、出したい本が出せなくなる懸念がある」とした上で、電子書籍市場の健全な発展には競争環境が必要でアリ、強固な会員基盤を持つ楽天の本格参入で専用端末の普及にも貢献するのではと期待を寄せる。なお、野間氏は将来的に電子書籍普及のトリガになりそうな次のポイントとして“教科書の電子化”を挙げた。
 電子書籍に関しては出版社ごとに温度差があるのではないかという小城氏からの問いかけに野間氏は、国レベルでいえば経済産業省の「緊デジ」事業が、業界としては出版デジタル機構の設立や電書協で進めているフォーマットなどルール面の整備、そしてインフラ面ではスマートフォンやタブレットの普及が進み、全体として電子書籍は本格的な普及期に入ってきており、それぞれ取り組んでいると説明。「電子書籍の市場は歩みが遅いといった批判もあるが、今回の緊デジやパブリッジが失敗したらだめでしょうね。国も電子書籍の発展を支援するために支援しているのだから、これでうまくいかなければ国も見捨てる」と冗談めいた発言もあったが、そこにある業界の覚悟を語った。
 また、電子書籍を語る上でときおり耳にする「電子書籍ならではの商品開発の必要性」や「(電子書籍の)採算性」にも言及があった。講談社は6月からほぼすべてのタイトルについて電子と紙の同時刊行ができる体制を整えたが、電子書籍ならではの商品開発といった部分はまだこれからと説明。しかし、「プロジェクト・アマテラス」のような取り組みを開始し、さまざまな才能を加工して世に送り出す取り組みを進めているという。
 採算性について野間氏は、iPadが国内販売された当時、紙の半額で電子版を刊行した京極夏彦氏の「死ねばいいのに」、そして昨年、紙販と価格をそろえて同時刊行したベストセラー「スティーブ・ジョブズ」などこれまでの取り組みを振り返りつつ、「何をやっても批判されるが」と笑いながらも、「紙と電子を同時にやるマイナスは感じない」と強調。講談社としては電子書籍だけの採算性を見るのではなく、トータルで見ていく方向性だとする方針を語った。なお、講談社におけるフィーチャーフォン向けとスマートフォン・タブレット向けの電子書籍コンテンツの売り上げはすでに後者が前者を上回っているという。
 「電子書籍の売り上げは紙の(書籍の)売り上げにプラスオンしており、両立している。相乗効果が作り出せるさまざまな施策を打てればと思う」(野間氏)
 ただし、複数のフォーマットを制作するのは非効率なため、EPUBのような国際標準のフォーマットに対する期待値は大きいと野間氏。一方でEPUB3ビューワのリファレンス実装などがまだ整備されておらず、細かな部分で解決していくことは多いという考えを示すと、IDPFのビル・マッコイ氏からはEPUB3ビューワのリファレンス実装を開発するReadiumの取り組みなどが紹介され、三木谷氏も「規格のところはEPUBに統一して別の部分で競争したい」と楽天がIDPFに参加する理由を述べた。
◎海外の出版社が気にする「GAFMA」とは?
 野間氏は海外の動向について、先日IPA(International Publishers Association:国際出版連合)の会議に出席した際のエピソードも披露。そこでのホットな話題は「電子書籍」「著作権」だったと紹介した。その中で野間氏が幾度となく耳にした言葉が“GAFMA(ガフマ)”。これはGoogle、Amazon.com、Facebook、Microsoft、Appleの頭文字を並べたもので、巨大なプラットフォームを持つこうした企業とどう付き合っていけばいいのかが先進国の出版社で経営判断を行う人間の大きな関心事になっていると述べた。
 「先進国の出版社の経営幹部と話をすると、そうしたプレイヤーはもちろんパートナーだが、競合する部分もあるという。どう付き合い、どう競争するのかが大きなテーマ」と述べ、一方で日本では楽天やソニーといった企業も含めた多様性が健全な競争環境を創り上げていくことを期待したいと述べた。
 三木谷氏は最後に、「今年はある意味で(真の)電子書籍“元年”になる。これは出版業界のピンチではなくチャンス。中途半端に終わらないよう楽天グループとして社運をかけてコミットしていく」と強調。野間氏は「国内の紙市場で勝ち抜いていかない限り、デジタルも海外もない。それが最優先課題だが、紙とデジタル、そして国内、海外で私どもの創り上げたコンテンツを届けていく」とした。


◇e-Book Expo Tokyo 2012 Report:「編集部でも使える」――手軽なEPUB3コミック制作ツール「GT-MangaAuthor」を見る
http://ebook.itmedia.co.jp/ebook/articles/1207/05/news077.html
(2012年07月05日 16時45分 更新 eBook USER 山田祐介,ITmedia)
 7月4日に開幕した「第16回国際電子出版EXPO」で、富士フイルムは新開発の電子コミック制作・編集ツール「GT-MangaAuthor」を展示している。複数の画像をまとめてEPUB3ファイルとして出力できるもので、GUIによる分かりやすい操作性や、容量を指定したファイル出力ができることなどが特長。同社独自の画像技術「GT-Quality」とも連携し、画像の美しさを保ちながらファイル容量を簡単に小さくできるのも魅力だ。GT-MangaAuthorの販売は秋を予定しており、価格は未定。
 GT-MangaAuthorはTIFFおよびJPEGの画像ファイルを、フィックス型のEPUB3ファイルとして出力できるオーサリングツールだ。作成したコンテンツは、iBooksをはじめとするEPUB3対応ビューワで閲覧できる。主な機能として、書誌データ入力、綴じ方向の指定、見開き指定などに加え、目次設定(ナブゲーション方式、クリッカブルマップ方式)やWebページへのリンクを画像内に指定する機能を搭載。ドラッグ操作で画像上にリンクのエリアを指定すれば、簡単にリンクが設定できる。
 アイコンを多用したGUIで、操作を簡単で分かりやすくしているのが特長の1つ。「制作会社のみならず出版社の編集部でも使えるような分かりやすいUIを目指した」(説明員)。操作画面上部には「プロジェクト」「ページ編集」「出力」などのアイコンが並び、それらを順々に操作していけば、ファイルが完成するようになっている。画像のプレビューやサムネイルの表示機能により、画像の順番や編集の結果が見た目で分かりやすいようにした。また、出力作業の効率化を図るため、出力画像サイズをあらかじめ複数登録する機能も備えている。
 オプション機能として「出力時容量指定」機能を持っているのも同ツールの強みだ。ファイルの総容量を「◯MB以下」といった形で指定すれば、自動的に最適な圧縮がかかってファイルが出力される。画像品質を保ちながら画像サイズやコンテンツ容量を減らせるGT-Qualityの技術により、「Photoshopの熟練者が手作業で調整した」ような軽量化が自動で行えると説明員はアピールする。
 このほか、コマ自動検出ソフトウエア「GT-Scan」との組み合わせによりコマの順番を自動登録することも可能だ。登録結果の手動調整にも対応する。GT-MangaAuthorと同時発表の電子書籍ビューワエンジン「GT-MangaViewerEngine」に対応するビューワでは、GT-MangaAuthorで指定したコマ割りに合わせて画面が移動する「トレース表示」が利用できる。画面の小ささがネックになるスマートフォンなどで、こうした機能は便利に活用できるだろう。


◇ラジオサービス「radiko.jp」が視覚障害者向けモバイル端末でも聴取可能に―静岡県立大学などが専用アプリを開発
http://japan.internet.com/allnet/20120705/8.html?rss
(2012年7月5日 18:50 japan.internet.com 編集部)
 静岡県立大学 国際関係学部と radiko は2012年7月4日、視覚障害者向けモバイル端末「ブレイルセンス」シリーズ専用の IP サイマル ラジオ放送ストリーミング配信サービス「radiko.jp」聴取アプリケーション「radiko.jp アプリ」を共同で開発した、と発表した。
 ブレイルセンス シリーズは、点字キーボードによる文字入力や各種操作、点字ディスプレイ表示、音声の読み上げ、文書作成、電子メール、Web ブラウザ、DAISY 図書や音楽の再生、電子辞書、GPS ナビ、FM ラジオなどの機能を搭載したモバイル端末。「ブレイルセンス U2」(58万円)と「ブレイルセンスオンハンド」(38万3,500円)の2種類がある。
 これまでの ブレイルセンス シリーズでも FM ラジオ放送の受信は行えたが、電波受信状況によっては良質な音が提供できないという問題があった。他方で、地上波ラジオ放送をインターネット ストリーミング配信する radiko.jp は電波状況に左右されず、クリアな音質を届けることができる。そこでブレイルセンスで radiko.jp を聴きたいという視覚障害者からの要望があり、radiko.jp アプリの共同開発に至った。
 同アプリは、点字キーボードで起動や選局などが操作でき、視覚障害者がより手軽にラジオを聴取できるよう設計したという。通常の Web 版やスマートフォン向けアプリ版の radiko.jp とは異なり、各種テキスト情報は音声読み上げもしくは点字で伝達する。


◇東京国際ブックフェア Report:東京国際ブックフェアを練り歩いた――2012年度版
http://ebook.itmedia.co.jp/ebook/articles/1207/05/news102.html
(2012年07月05日 20時20分 更新 eBook USER 田中宏昌,ITmedia)
 7月5日から、東京ビッグサイトで「第19回 東京国際ブックフェア」がスタートした。前日には「第16回 国際電子出版EXPO」が始まっており、会場は多くの人でにぎわいを見せている。日本最大規模の「本」に関する見本市である東京国際ブックフェアは、日本国内だけでなく世界各地の出版社が出展し、商談や宣伝、販売活動を行っている。
 一部では電子書籍のアピールや希少本の展示を行っているブースもあるが、そのほとんどで新刊書籍の即売が行われ、各所で人だかりができていた。すべての書籍に当てはまるわけではないが、多くの新刊書が20%オフで販売され、洋書バーゲンコーナーなどでは半額から85%オフで購入できるコーナーも見られた。なお、会場で目に付いたブースを下記にまとめた。いずれも7月5日時点での情報で、割引率などを保証するものではない点に注意してほしい。
 ちなみに、東京国際ブックフェアは7月8日(日)まで開かれており(国際電子出版EXPOは6日まで)、一般公開日は7月7日と8日だ。連日さまざまなイベントやセミナーが行われているので、1度足を運んでみてはいかがだろうか。


◇【イベント】大学図書館問題研究会第43回全国大会(8/4-6・京都)
http://current.ndl.go.jp/node/21284
(2012年7月4日 カレントアウェアネス・ポータル)
 2012年8月4日から6日に、京都市のコミュニティ嵯峨野において、大学図書館問題研究会第43回全国大会(京都)が開催されます。第1日目は3本の研究発表および国際日本文化研究センターの小松和彦所長による記念講演「妖怪画の伝統と創造」が、第2日目は計12の分科会が、第3日目はオープンシンポジウム「大学図書館のアドボカシーとは?:存在意義を伝え,共感を得るためには」が行われます。7月27日まで申込を受け付けています。なお、第2日目の分科会のテーマは以下のようになっています。
・第1分科会:利用者支援A
・第2分科会:ディスカバリーサービス
・第3分科会:図書館経営
・第4分科会:リカレント教育
・第5分科会:類縁機関との連携
・第6分科会:大学図書館史
・第7分科会:利用者支援B
・第8分科会:学習のハブとしての図書館
・第9分科会:出版・流通
・第10分科会:研究支援・文献管理ツール
・第11分科会:オープンアクセス&機関リポジトリ
・第12分科会:危機管理・施設
◎大学図書館問題研究会第43回全国大会(京都) https://sites.google.com/site/dtk2012kyoto/
◎プログラム https://sites.google.com/site/dtk2012kyoto/home/program


◇出版デジタル機構、ビットウェイ社と電子書籍の取次・配信システムを共同構築へ
http://hon.jp/news/1.0/0/3489/
(2012-07-04 13:57:16 hon.jp DayWatch)
 株式会社出版デジタル機構(本社:東京都千代田区)は7月4日、凸版印刷グループの電子書籍取次会社である株式会社ビットウェイ(本社:東京都台東区)と共同で、電子書籍の取次・配信システムを共同構築する計画を明らかにした。
 出版デジタル機構では、プロセスの簡素化・シンプルなサービス・信頼性・安全性・多様な要求に対応しうる取次・配信システムの構築、さらに経済産業省「コンテンツ緊急電子化事業(通称:緊デジ)」事業を円滑に推進するため、関係会社等と協議・検討を重ねてきた。ビットウェイ社をパートナーとして選択したとのこと。システム稼働については今秋以降を目指す。
 なお、出版デジタル機構はもともと電子書籍の取次業には参入しない旨を表明しており、本件についても「あらゆる電子取次と等しくお取り引きさせていただくこととしており、この大原則は自社システムの開発後もなんら変わるものではありません」としている。【hon.jp】
◎出版デジタル機構サイト上の案内( http://www.pubridge.jp/info/20120704-2/ )


◇東京ビックサイトで「IDPF EPUB3 CONFERENCE」が開幕、日本語組版への対応は予想以上の出来
http://hon.jp/news/1.0/0/3490/
(2012-07-04 18:32:45 hon.jp DayWatch)
 東京都・東京ビックサイトで、7月4日から「第16回国際電子出版EXPO」が開催されたことに併せて、次世代の電子書籍ファイルフォーマット「EPUB3」に関する公式カンファレンス「IDPF TOKYO CONFERENCE」も開幕した。
 基調講演では講談社・野間省伸社長、楽天・三木谷浩史会長、丸善CHIホールディングス・小城武彦社長、IDPF・Bill McCoy事務局長が講演を行なったが、電子書籍の制作現場関係者にもっとも注目される午後の実務者向け有料セミナーもやはり満杯状態。
 まずはIDPFがビューワー開発者向けオープンソースプロジェクト「Readium」の概要を説明し、ボイジャー社が日本語組版、ACCESS社がWebKit側、NPO法人支援技術開発機構がアクセシビリティに関して対応状況をデモ。
 なお、「百聞は一見に如かず」なので、実際に最新状況を確認したい制作関係者は下記手順で確認できる:
ステップ1)Mac OS Xマシンを用意
ステップ2)最新の「Readium Custom Chromium」ブラウザをダウンロード
ステップ3)ステップ2でダウンロードした「Chromium」ブラウザを起動
ステップ4)「 http://readium.org/ 」サイトへ行き、ページ左の「+ADD TO CHROME」ボタンでReadiumビューワをインストール
ステップ5)Readiumビューワを起動し、制作中の日本語EPUB3ファイルを表示確認
 編集者がとくに気にしている字下げ・縦中横・ルビ補正・禁則・約物処理・和欧混植などが、想像以上に完成度が高いことに気がつくだろう。
 なお、後で行なわれた座談会で、IDPF・CTOのMakus Gylling氏は、EPUB3における日本語対応の効用について、「たとえば、ルビが存在しない西洋言語でも、言語翻訳などといった現場で、意外な活用方法が生み出されるかもしれない」とデジタルリテラシー文化創造に日本文化が貢献する可能性を示唆していた。【hon.jp】
◎IDPF TOKYO CONFERENCEサイト( http://idpf.org/tibf-2012/ )


◇BookLive、今秋発売予定の国産・電子書籍端末を「国際電子出版EXPO」ブースで展示中
http://hon.jp/news/1.0/0/3491/
(2012-07-04 19:30:44 hon.jp DayWatch)
 株式会社BookLive(本社:東京都台東区)は、7月4日から東京都・東京ビックサイトで開催された「第16回国際電子出版EXPO」の自社ブースで、今秋発売予定の自社ブランドの電子書籍端末(名称未定)をデモ展示している。
 今回デモ展示されたのは6インチ型モノクロ電子ペーパーを採用した日本語対応の電子書籍端末で、複数台がガラスケース内で動作デモ展示されている。
 外見的には、ライバル各社の電子書籍端末とボディ形状がほとんど似ているが、独自開発および国内での生産を進めているとのこと。詳細が確定次第、具体的な価格や発売日を発表する予定だ。【hon.jp】
◎BookLiveのプレスリリース( http://booklive.co.jp/release/2012/07/041056.html )


◇ReadiumにACCESS「NetFront BookReader EPUB Edition」の技術が搭載
http://ebook.itmedia.co.jp/ebook/articles/1207/04/news098.html
(2012年07月04日 19時13分 更新 eBook USER 西尾泰三,ITmedia)
 ACCESSは7月4日、同社のEPUB3対応電子書籍ビューワ「NetFront BookReader EPUB Edition」の技術が、EPUB 3ビューワのリファレンス実装を開発することを目的とした「Readium」プロジェクトに取り込まれたことを明らかにした。同日、Readiumプロジェクトからは初となるChromiumのカスタムバイナリ(Readium-Chromium)が公開された。
 Readiumプロジェクトは、EPUBの仕様を策定する国際的な電子書籍標準化団体IDPF(International Digital Publishing Forum)が支援しているプロジェクトで、日本企業としてACCESS、イースト、ボイジャー、楽天/KOBOなどが参画している。
 ACCESSはこのプロジェクトへ積極的に関与することで、EPUB3ビューワのリファレンス実装に日本語組版の事情をしっかりと反映させようとしている。先日、日本電子書籍出版社協会(電書協)が、EPUBビューワ上で出版社が必要とする日本語組版の要素項目をまとめた要望表を公開しているが、EPUB3の日本語組版はまだこなれたものではなく、それを検証するための標準的な環境も十分にそろっているとはいえない状況にある。EPUB3ビューワのリファレンス実装を進めるReadiumが注目されるのはこのためだ。
 Readium-Chromiumは、Google Chromeのオープンソースプロジェクトである「Chromium」のレンダリングエンジンに、Readium-WebKitと呼ばれるReadiumプロジェクトの成果物を載せたChromiumのカスタムバイナリ。Mac OS X向けのバイナリのほか、ソースコードも公開されている。
 このReadium-WebKitにACCESSがNetFront BookReader EPUB Editionのコアエンジンの一部を改変・供与したことで、EPUBでの複雑な日本語組版表現を検証する際のツールとして役立てることができ、NetFront BookReader EPUB Editionで意図通りの表示も担保できるといえる。なお、NetFront BookReaderは楽天が7月19日から発売する電子書籍リーダー「Kobo Touch」のビューワエンジンに採用されたほか、イーストもACCESSから開発ライセンスを取得し、カスタマイズの受託開発を行う旨を発表している。
 ACCESSは今後、Readium-WebKitの成果をWebKitのメインストリームに協調させていく考え。


◇「電子出版EXPO」が開幕、BookLiveが電子書籍端末の試作機を展示
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/event/ebooks12/20120704_544804.html
(2012年7月4日 INTERNET Watch)
 電子出版に関する専門展「第16回国際電子出版EXPO」が4日、東京・有明の東京ビッグサイトで開幕した。会期は7月6日まで。
 国際電子出版EXPOは、出版社などのコンテンツホルダーに対して、書籍や雑誌などのデジタル化技術・サービスをアピールし、商談を行うための展示会。ビジネス向けの商談展のため、一般の入場は受け付けていない。同時開催の「第19回国際ブックフェア」は7月5日〜8日の開催で、7月7日〜8日は一般の入場も可能。
◎ BookLiveが電子書籍専用端末の試作機を展示、今秋発売予定
 展示会場の凸版印刷のブースでは、グループ企業の株式会社BookLiveが展開する電子書籍ストア「BookLive!」のコーナーで、今秋発売予定の電子書籍専用端末の試作機を展示している。
 BookLiveの専用端末は、独自開発で国内での生産を進めており、従来提供してきた「BookLive!」のサービスをそのまま利用できる端末の提供を目指している。画面は6インチの電子ペーパーを採用。国内のほぼすべての電子書籍フォーマットに対応し、約8万冊以上の書籍を有する「BookLive!」で取り扱う多くの作品が購入可能となる予定。
 トッパングループでは、書籍データの制作(凸版印刷)、電子書籍取次(ビットウェイ)、電子書籍販売(BookLive)に加えて、電子書籍専用端末も提供することで、電子書籍の制作から流通・販売、端末まで一気通貫で提供することが可能になると説明。国内において電子書籍を迅速に提供できる体制を構築することで、日本のより多くの読者に「最も使いやすい」電子書籍サービスを確立し、利用者の獲得を目指してくとしている。
 会場に展示されていた試作機は、電子書籍の閲覧画面や電子書籍ストアの購入画面などをイメージとして表示しているもので、現時点では実際の操作はできなかった。端末の仕様や価格、サービス、販売方法などについては、今後順次発表する予定としている。会場での説明によると、端末には無線LANや3G回線など何らかの通信機能が搭載され、端末から直接、電子書籍の購入が可能になる予定だという。
◎ PCやスマホのブラウザーからの閲覧に対応した「Yahoo!ブックストア」
 ヤフーのブースでは、電子書籍サービス「Yahoo!ブックストア」で開始した、PCやスマートフォンのブラウザーから電子書籍を閲覧できるサービスを、実際の端末を展示して紹介している。
 Yahoo!ブックストアは、コミックや文芸書など約5万点のEPUB形式の電子書籍を提供するサービス。これまでは専用アプリのインストールが必要だったが、7月2日にウェブブラウザーから閲覧できるサービスを開始。WindowsやMacのウェブブラウザー(Internet Explorer 9以降、Google Chrome、Safari、Firefox)や、iOSのMobile Safari、Androidの標準ブラウザーからの閲覧に対応した。EPUB3にも対応し、テキストの縦書き表示も可能となった。
 ブラウザーからの閲覧のためオンラインでの利用が前提となるが、PCやスマートフォンなど幅広い環境からの閲覧に対応。購入した商品はクラウド書庫として整理・管理され、複数の端末から閲覧できる。従来から提供している専用アプリ(Windows/Mac/Android向け)を利用すれば、オフラインでの閲覧にも対応する。
 既に多くの会員を持つYahoo! JAPANのIDと決済システム(Yahoo!ウォレット)を利用しており、専用アプリのインストールなしにブラウザーだけで利用可能になったことで、さらに利用者の拡大が期待でき、Yahoo! JAPANの他のサービスと連動したプロモーションも展開できるとして、コンテンツホルダーにアピールしている。


◇米国図書館協会、Pew Research Centerの電子書籍レポート“Libraries, Patrons, and E-books”の要約版を作成
http://current.ndl.go.jp/node/21288
(2012年7月4日 カレントアウェアネス・ポータル)
 Pew Research Centerが発表した米国の公共図書館および電子書籍に関する調査結果レポート“Libraries, Patrons, and E-books”の内容を4ページに要約したペーパーが米国図書館協会(ALA)情報技術政策局(OITP)によって作成されました。各地の図書館が地元メディアや意思決定者に対してこのレポートの結果を活用することを目的としているということです。
◎Backgrounder: Pew Research Center’s “Libraries, Patrons, and E-books”(PDF:4ページ) http://www.districtdispatch.org/wp-content/uploads/2012/07/pew_7.3.12.pdf
◎OITP releases backgrounder on “Libraries, Patrons, and E-books”(District Dispatch 2012/7/3付け記事) http://www.districtdispatch.org/2012/07/oitp-releases-backgrounder-on-libraries-patrons-and-e-books/


◇ALA 2012 Overshadowed by Concerns about eBook Lending
http://goodereader.com/blog/electronic-readers/ala-2012-overshadowed-by-concerns-about-ebook-lending
(JUL 03, 2012, By Mercy Pilkington Good E-Reader)
 At the recent American Library Association conference in the Anaheim, California, the current state of ebook lending for public and academic libraries was a dark undercurrent throughout the multi-day event. Various panelists and keynote speakers urged librarians to be patient with the publishers who as of yet have not made much headway with the ALA on how to deliver bestselling titles for digital lending. Currently, most of the Big Six publishers place severe restrictions or outright embargoes on their titles, a fact that has many librarians up in arms over what they feel should be a simple issue of lending.
 Last month, Penguin announced its plans to work with the New York Public Library on an extremely limited basis, unveiling a plan that will actually restrict access to some of its digital titles for as much as six months. The very idea of releasing a book but not letting libraries have access to it was unnerving to a number of ALA attendees, as they made clear in several sessions on digital reading.
 On the brighter side, the data from the recent Pew Research Center’s Internet and American Life report was highly received, as Lee Rainie spoke at length on the concrete data that showed how readers actually consumer books.
“The new report underscores that libraries continue to be a vital part of people’s lives in the digital age,” said ALA president Molly Raphael, as reported by Publisher’s Weekly. “The double and triple-digit growth libraries have reported in demand for e-books, desire for access to e-book readers, and requests for e-book reader assistance and classes clearly express a hunger for these services.”
 Also, the tone of the event came around to a greater appreciation of libraries working directly with authors to acquire digital content for lending, making the public libraries quite possibly the next sector?after the self-publishing industry?that begins to realize that working within the confines of the publishing industry may be a thing of the past.


◇ハリー・ポッター日本語版電子書籍、ソニーから独占販売で静山社は蚊帳の外
http://ebook.itmedia.co.jp/ebook/articles/1207/03/news016.html
(2012年07月03日 10時00分 更新 eBook USER 山崎潤一郎,ITmedia)
 関係者によると、ソニーは、世界的、歴史的ベストセラー『ハリー・ポッター』の日本語版電子書籍を、同社が発売する電子書籍端末「Reader(リーダー)」の目玉コンテンツとして位置づけ、電子書籍の売り上げのみならず、端末の販売にも弾みをつけようと目論んでいるようだ。
「中抜き」モデルで作家が読者に直販
 ハリー・ポッターシリーズの電子版については、英語版がこの3月から販売が開始されている(現在は、仏語、独語なども追加されている)。このときは、作者のJ.K.ローリング氏自身が運営するWebサイト「Pottermore」で独占的に販売が始まったことが話題になった。世界的な人気作家が電子版の出版権を出版社やネット書店に渡さず、読者に直販する「中抜き」モデルを始めたことで、「抜かれた」側の出版社や書店関係者に激震が走ったのだ。Pottermoreのトップページにソニーのロゴがあることからも分かるように、ソニーとPottermoreは戦略的に提携している。
 実際、米Amazon.comの電子書籍販売サイト「Kindle Store」や米大手書店Barnes & Nobleの電子書店にも、ハリー・ポッターシリーズの電子版が商品として並んでいる。しかし、例えばAmazonで同シリーズのKindle Editionを購入しようとすると、Pottermoreへのリンクになっていることが分かる。つまり、Amazonが顧客を自社のサイト外に誘導しているのだ。電子書籍の時代になると、作家が読者に直販することが可能、とかねてから言われていただけに、「背筋が凍る思いがした」(出版流通関係者)と心中おだやかではないようだ。なお、AmazonはPottermoreから独占的なライセンスを取得し、ハリーポッターシリーズ全7巻をAmazon Primeに加入しているKindleユーザー向けの電子書籍レンタルサービス「Kindle Owners’ Lending Library」に追加すると5月に発表。6月19日からレンタルも開始している。
 こうした状況の中、日本での「ハリー・ポッター」電子版の発売が待たれていた。紙の書籍の日本語版を翻訳・販売しているのは静山社(せいざんしゃ)だが、この件について同社は「現時点でそうした話はないが、Pottermoreは各国で出版されているハリー・ポッターを電子版で届ける考えを示しており、現在Pottermoreで販売されている各言語版は紙で出版されたものが使われていると認識している」と話している。しかし、関係者は「今回の電子版では、静山社は一切絡んでいない。ソニー側が新たに翻訳を行った」と話している。
 静山社の翻訳版については、かねてより「表現が古い」「誤用がある」といった指摘も少なからずあった。このため、ソニーとしては、「新訳」として提供することでフレッシュ感を大々的にアピールするものと思われる。あるハリー・ポッターファンは、「新訳が出るなら、たとえ電子書籍でも買いたい」というだけに、ソニーが独占的に販売することで、同社の電子書籍ビジネスには強い援軍になるだろう。
 今回、日本において紙の翻訳版の版元である静山社が電子版に絡んでいないという話を聞いた大手出版社幹部は「かなりショック。紙の本を出しているからといって安心していられない時代になった」と肩を落とす。また、ある中堅版元の幹部は「ハリー・ポッターの翻訳権は、静山社の松岡佑子氏が地道な努力と熱意で獲得したものだけに、今回の電子版で蚊帳の外にされたことをどのように感じているのだろうか」と顔を曇らせる。そういえば、J・K・ローリングの新作『The Casual Vacancy』の独占翻訳権は、静山社ではなく、講談社が獲得している。原書は、9月に発売される予定だ。
◎電子書籍フォーマットの勢力図を塗り替えるか!?
 ハリー・ポッターの日本語電子版は、電子書籍フォーマットの勢力図にも強いインパクトを与えるかもしれない。現在、「Pottermore」で発売されている英語の電子版は、DRMなしのEPUBフォーマットが採用されている(ただし、電子透かし入り)。ソニーの「Reader」は端末としてEPUBをサポートしているが、「EPUBフォーマットのコンテンツは、まだ少ない」とネット書店運営者が明かすように、日本国内ではまだEPUB形式のコンテンツ流通が十分な量に達していない。そのため、仮に今回の日本語版がEPUBで発売されることになると、「日本において初の大型EPUB案件になり、関係者の期待も膨らむのではないか」という。
 現状、日本では、シャープが提唱する「XMDF」と、ボイジャーが開発した「.Book(ドットブック)」の2フォーマットが2大勢力としてデファクトスタンダード化しつつあるが、オープンフォーマットのEPUBとは異なり、規格使用に対するロイヤリティーが発生する。
 経産省が東北支援を掲げて実施している「コンテンツ緊急電子化事業」(緊デジ事業)でも、「当初はXMDFと.bookを優先して制作を進め、環境が整った時点でEPUB3への変換を予定」(サイトのQ&Aより)としているが、「事実上、XMDFと.bookに絞られた状態」(出版流通幹部)で、「税金を投入している事業で、特定の企業に利するフォーマットを推すのはいかがなものか」という声も聞こえてくる。
 また、日本版におけるDRMの行方も気になる。前述のように、現在Pottermoreで販売されている海外版にはDRMはかけられていない。しかし、日本の出版関係者の間では、「不正コピー防止のDRMは必須」とされている。ソニー「Reader」の場合、アドビが開発したADEPT(Adobe Digital Editions Protection Technology)とEPUBを組み合わせているが、果たして同様の仕様で登場することになるのだろうか。
 仮に、このような人気作品がPottermore同様、DRMなしで発売されることになると、出版関係者の意識に影響をおよぼす可能性もある。ある電子書籍専門の版元幹部は、「DRMフリーの人気作品が、いろいろな環境で読まれることで、EPUBの問題点が洗い出され、EPUB制作のガイドライン整備が進み、普及にはずみがつく可能性もある」と期待を寄せる。
 こうした状況だけに、「出版界のビートルズ」などと表現される「ハリー・ポッター」シリーズが、どのフォーマットを採用し、DRMがどうなるのかという部分に注目が集まるのだ。
 ちなみに、ソニーは「ハリー・ポッター」日本語版の発売について「ノーコメント」としているが、大ベストセラー作品の電子化案件だけに、「起ち上がりそうで起ち上がらない」と言われる日本の電子書籍ビジネスにどのような影響を与えるのか大いに注目したい。


◇インプレスR&Dが「電子書籍ビジネス調査報告書」を26日発売、昨年の国内電子書籍市場規模は前年比-3.2%減の約629億円
http://hon.jp/news/1.0/0/3482/
(2012-07-03 12:15:55 hon.jp Day Watch)
 株式会社インプレスR&D(本社:東京都千代田区)は7月26日、毎年恒例の電子書籍市場調査レポート「電子書籍ビジネス調査報告書2012」を発売する。
 これに合わせ、同社では日本国内の2011年度の電子書籍市場規模を発表。それによると、ガラケーユーザーの大幅減少の影響を受けトータルの市場規模は629億円と前年比-3.2%減となったものの、内訳を見ると、スマートフォンなど新種ハードウェア部門は前年比363%増の112億円へと急成長中。このハードウェア移行期が一段落するとの前提で、4年後の2016年には2011年度比約3.1倍の2,000億円程度になると予測している。
 なお、本データなどが掲載された調査報告書は、PDF版が60,900円、PDF+紙冊子版が71,400円の2形態で発売される予定だ。
◎「電子書籍ビジネス調査報告書2012」予約ページ( http://r.impressrd.jp/iil/h_ebook2012/ )


◇米ハーバード大学のNeiman Journalism Labs研究所、注目の研究記事をEPUB電子書籍で無料公開
http://hon.jp/news/1.0/0/3485/
(2012-07-03 15:53:30 hon.jp Day Watch)
 米Harvard大学(本部:米国マサチューセッツ州)のジャーナリズム研究所であるNeiman Journalism Labsは現地時間7月2日、関係者がブログ等で掲載した注目記事を集め、EPUB電子書籍として無料公開した。
 今回公開されたのは「The Future of News As We Know It (*as of June 2012)」という大ボリュームの電子書籍で、WordPress上の記事を試行錯誤しながらEPUB化し、iPhone/iPadの電子書籍ビューワーアプリ「iBooks」での閲覧を想定してレイアウト調整されたとのこと。閲覧自体は、EPUB対応ビューワーであれば、電子書籍端末でも読める。
 Neiman Journalism Labsは、電子出版に関する斬新な提言を発信している研究所で、たとえば「ページレイアウトの都合や文字数制限を、作家たちに押し付けないほうが良策」であるとも論じている。【hon.jp】
◎Nieman Labsの電子書籍案内ページ( http://www.niemanlab.org/2012/07/now-available-for-download-nieman-lab-in-ebook-form/ )


◇出版業界ニュースフラッシュ 2012年6月第5週
http://ebook.itmedia.co.jp/ebook/articles/1207/03/news090.html
(2012年07月03日 16時45分 更新 eBook USER 新文化通信社)
出版者への著作隣接権付与、次期通常国会に上程へ
 「第5回印刷文化・電子文化の基盤整備に関する勉強会」(座長・中川正春衆議院議員)は、これまでの議論の中間まとめを発表、著作隣接権として位置付ける「出版者への権利付与」の国会への法案提出を決めた。遅くとも、来年の通常国会に法案を提出する。
 7月以降、権利付与に関する公開討論会を行う予定。勉強会に参加する肥田美代子氏は「作家や国民の理解を深めたい」と話している。


◇2011年度の電子書籍市場は629億円――マイナス成長は危険なシグナルか?
http://ebook.itmedia.co.jp/ebook/articles/1207/03/news104.html
(2012年07月03日 17時30分 更新 eBook USER 西尾泰三,ITmedia)
 インターネットメディア総合研究所は7月3日、電子書籍の市場規模に関する調査報告書をまとめた。この調査はインプレスR&Dのシンクタンク部門である同社が主要な電子書籍関連事業者へのヒアリング調査やアンケート、ユーザーへのアンケートなどを基に分析したもので、詳細は『電子書籍ビジネス調査報告書2012』として発行予定。
◎電子書籍市場規模の推移(出典:インプレスR&D)
 レポートによると、2011年度の電子書籍市場規模は629億円と推計。同社がまとめた2010年度の同市場規模は650億円だったため、3.2%のマイナス成長となる。この理由について同社はフィーチャーフォンからスマートフォンへのデジタルコンテンツのシフトがスムースに進んでいないことを挙げている。
 実際、ケータイ向け電子書籍市場、いわゆる“ケータイコミック”は現在も全体の約76%を占める480億円市場。ただし、前年度比で16%マイナスとなっており、2012年度以降も減少傾向が見込まれている。
 一方、スマートフォンやタブレット向けの電子書籍市場は2010年度の24億円から363%増となる112億円へと急速に拡大した。しかし、ケータイ向け電子書籍市場の受け皿としてはまだ十分に機能しておらず、予想されていた海外事業者の参入が遅れたことなども影響し、ケータイ向け電子書籍市場の落ち込みを補完できなかったといえる。なお、2012年度の市場規模を713億円と予想、ケータイ向け電子書籍市場とスマートフォンやタブレット向けの電子書籍市場が逆転するのは2013年と予測している。
 同社はこれらのデータを基に2016年の市場規模も推計。これによると2011年度比で3.1倍となる2000億円と予測している。ちなみに同社が昨年発表した「電子書籍ビジネス調査報告書2011」では、2015年に2000億円程度と予測しており、失われた1年が発生しているかのようだ。
 また、電子雑誌市場についても言及があり、2011年度は前年度比267%増の22億円。2016年度には350億円程度になると予想している。


◇楽天、185gの電子書籍端末「kobo」を7980円で7月19日発売
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20120702_544263.html
(2012/7/2 16:25 INTERNET Watch 工藤ひろえ/増田 覚)
 楽天は7月2日、電子書籍事業に関する記者発表会を開催。昨年11月に236億円で買収を発表したカナダの電子書籍事業者Koboのサービスを日本国内でも展開すると発表した。電子ブックリーダー「Kobo Touch」は日本語対応し、7980円で7月19日に発売。7月2日17時よりKoboの特設サイトで「Kobo Touch」の予約受付を開始する。
 カナダのKobo社は世界190カ国、900万人が利用する電子書籍サービスを運営しており、カナダ、米国、英国、フランスなどグローバルに事業を展開。配信する電子書籍コンテンツは、Kobo社の電子ブックリーダーのほか、アプリケーションでiOS、Android OS、Windows OS、Mac OSを搭載したスマートフォンやタブレット、パソコンなどマルチプラットフォームで読むことができる。
 「Kobo Touch」向けコンテンツは、小説、エッセイ、ビジネス書、コミックなど幅広いジャンルを取り揃え、日本語以外のコンテンツを含めて約240万冊。言語は英語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、イタリア後、オランダ語、フレンチカナディアン、日本語に対応。今後も対応言語は増やしていくという。
 ただし、日本でのサービス開始時点では、日本語対応のEPUBリーダーがKobo本体のみの対応で、パソコンでは購入や管理機能のみが利用できる。英語版はすでにパソコンやAndroid、iOSでの電子書籍閲覧に対応しているが、日本語の電子書籍を閲覧するには日本語のEPUBリーダーが必要なため、サービス開始後の順次提供となる。
 また、日本でのサービス開始時点での日本語コンテンツ数は約3万点となる。
 日本市場に投入する端末「Kobo Touch」は、重量は185g、サイズは165×114×10(縦×横×厚)mm。カラーバリエーションは、ブラック、ブルー、ライラック、シルバーの4色。ブルー、ライラック、シルバーは液晶側はホワイト、背面が各色となる。
 CPUにはFreescale i.MX507を搭載。ディスプレイは、E Ink社16階調グレースケール表示の6インチタッチスクリーン電子ペーパー「Pearl ディスプレイ」を採用した。内蔵メモリは約2GB、うち1GBが使用可能領域となる。無線Lanに対応しており、IEEE 802.11b/g/nに準拠。インターフェイスはmicroUSB、microSDカードスロットを装備する。バッテリー連続駆動時間は約1カ月。フォントはモリサワの日本語フォント2種を含む11種のフォントを搭載、フォントサイズは17段階。
 Koboの利用には、USBポートを備え、インターネットに接続可能で、1024×768以上のディスプレイ解像度を持つパソコンが必要となる。Windows 7/Vista/XP、Mac OS X 10.5以降を搭載したパソコンに対応する。
 また純正オプションのカバー類も用意。ブックカバーは価格2980円。人工皮革クラリーノ素材で重量約120g、レッド、ホワイト、ブラックの3色をラインナップする。専用ケースも価格2980円で、ポリウレタン素材を採用し、重量は約120g。ホワイト、ブラックの2色を用意する。クリップ型リーディングライトは価格2480円でアルミとABS樹脂製。重量約96g。
◎三木谷氏「Koboを通じて、読書革命を起こしたい」
 発表会で楽天の三木谷氏は、「日本では、読書習慣が少しずつ薄れつつある。とくに若い人は携帯やゲームなどに使って、読書の時間が減っている。わたしも、事業を行うにあたってもいろいろな本を参考にしたり、さまざまな本の出会いがあって、自分の人格が形成されてきたと思う。読書離れは国家的な危機ではないか」と読書離れへの危惧を表明。
 合わせて「日本には非常に多くの優れたコンテンツがあるが、ほとんど日本国内に収まっている。韓国では、国家と企業が一致協力してコンテンツの国外売り込みを推進している。日本では(韓国より)さらに深く幅広くコンテンツがあるが、さまざまな物理的制約などで海外市場に到達することができなかった」と日本のコンテンツが海外進出できていない点を指摘した。
 また、欧米における電子書籍の普及について「最初はデジタルがアナログを駆逐するのではないかと言われたが、実際にはより多くの人がより多くの本を読むようになり、マーケットが成長した。日本がこのままでは取り残されてしまう、日本の出版文化が衰退してしまうのではないかと考えた」と楽天の本格市場参入の背景を説明した。
 三木谷氏は、これまでの電子書籍市場について、「今までも、いろいろなメーカーが電子書籍にチャレンジしてきたが、残念ながらあまりうまくいっていない。楽天市場もこれまで電子書籍ビジネスに取り組んできて、最後にいきついたのは、オープンな、グローバルなプラットフォームが必要であるという結論だ。そのためのグローバルデバイスがKobo。Koboを通じて、読書革命を起こしたい」と述べた。
 また、「KoboはFacebookと連携している唯一の電子ブックリーダー。感想などを共有することができ、新しいソーシャルな楽しみを加え、新しい読書の楽しみが提供できる」とSNSによる広がりについても説明。
◎KoboはFacebookと連携している唯一の電子ブックリーダーだという
 書籍のタイトル数については、「150万冊を提供できるようがんばっていきたい。Kobo専用の独占先行コンテンツも提供していく」、「ほぼすべての出版社が協力的。手続きやフォーマットの変換などで、時期がずれる出版社もあるが、ほぼすべての出版社といいお話をさせていただいており、契約も終わっているところがほとんどであると考えていただいていい」とコメント、書籍の品揃え強化への自信を見せた。
 価格については、「端末自体で大幅な利益を上げるということではなく、まずはマーケットを拡大したいと考えている。損失を被ってまで販売するというわけではないが、市場拡大を目指して、端末自体でというよりコンテンツ販売を含めた市場拡大を狙う“挑戦価格”とさせていただいた。楽天もKoboもベンチャーなので、大手メーカーさんに比べると、販管費などのコストが低いのでないか」とコメント。1台あたり損失が出るほどではないが、マーケット拡大を重視した、端末自体では比較的薄利販売となる価格付けであることを示唆した。
 三木谷氏は、「日本の読書の習慣が、電子書籍によってさらに広まり、日本の文化的・経済的発展に貢献できればと考えている」。という点を何度も繰り返して述べ、「いい読書は人間を変える。人間が変われば社会も変わる。Koboを通じて、よりよい社会を作っていけるよう、読書革命を起こしていきたい」として、日本の文化へ寄与するサービスに育てたいとの意気込みを述べた。
【追記 19:05】
◎7980円の値段設定は「是が非でも成功させたい」という思い
以下、会見終了後に開催された三木谷氏の囲み会見のやりとり。
――7980円に値付けした理由は。
 Kobo Touchは日本で第1号機。是が非でも成功させたいと思っていて、お客様目線でどれくらいの価格であればお気軽に試していただけるかと言う観点で決めた。
――Amazonが参入を発表しているが、それを意識した価格設定にしたのか。
 あまりそういうのは考えていない。我々の方がたぶん少し先行していると思っているので、我々が考えた中で広く消費者に受け入れられるような値段設定にした。あまり競合のことを考えても仕方ないので。
――ネット通販分野でライバル関係にあるAmazonと、電子書籍市場でも争うことになる。
意識しても仕方がない。野球の試合ではないので、我々はお客さんの方を向いて仕事をするということ。
――端末をAmazonで販売することはないのか。
 どこかの業者が売りたいと言うことであれば我々も応じる。
――(カナダに本社があるKoboが日本向けに電子書籍を販売するという形をとることで)楽天は電子書籍に消費税を上乗せしないという話だが、他の国内事業者からすると楽天がアンフェアのように映るのではないか。
 楽天が海外に出るのではなく、元々海外で展開している事業者を我々が買収したということ。我々が消費税をけちっているわけではない。納税義務のないものに対して我々が集めるわけにはいかないので、法律に則ってやるだけ。消費者の反発もないと思う。
――サービス開始当初の日本語コンテンツ数は3万冊ということだが、大手出版社も入っているのか。
 期待しておいてください。コンテンツ数は順次、ファイルをコンバージョンしている段階なので、日に日にどんどん増えていく。年末までには桁が違う数字になっている。
――iPadなどのタブレット端末への優位点は。
 自分で読んでいてもタブレットは非常に重く、飛行機やベッドで読むのにはあまり向いていない。欧米のトレンドを見ても、専用のEリーダーは多くの需要がある。事実として軽い、反射しない、安いということで、専用端末へのニーズは思ったよりも根強いと実感している。
◎楽天ニュースリリース  http://corp.rakuten.co.jp/newsrelease/2012/index_2q.html
◎楽天Kobo  http://kobo.rakuten.co.jp/


◇「Koboを通じて読書革命を」――楽天の電子書籍事業第2幕の幕開け
http://ebook.itmedia.co.jp/ebook/articles/1207/02/news118.html
(2012年07月02日 21時00分 更新 eBook USER 西尾泰三,ITmedia)
 楽天は7月2日、電子書籍事業に関する記者発表会を開催し、昨年買収を発表したカナダの電子書籍事業者Koboが手掛けるサービスを国内でも展開することを正式に発表した。発表会に先立ってお伝えしたとおり、7月19日から端末の販売とストアサービス「Kobo イーブックストア」を同時に開始し、端末である「Kobo Touch」の価格は7980円。特設サイトでは予約受付が始まっている。
 koboは現在、世界190カ国、900万人が利用する電子書籍サービスを運営。Kobo Touchなどの自社製品だけでなく、iOS、Android OS、Windows OS、Mac OS向けにもアプリを用意している。日本ではまずKobo Touchの提供から開始し、ほかのプラットフォーム向けのアプリも今後提供予定となっている。
 日本市場に投入するKobo Touchは、グローバルモデルと比べハードウェアレベルでの違いは見られない。Amazon.comのKindleなどと同様、モノクロ16階調の電子ペーパー(E Ink)ベースの端末で6インチの画面サイズは600×800ドットの解像度。サイズは114(幅)×166(奥行き)×10(高さ)ミリ、重量は185グラム。内蔵メモリは2Gバイトで、ユーザー利用可能領域は1Gバイトほど。通信機能はWi-Fi(IEEE 802.11b/g/n)のみで3Gモデルは非搭載。インタフェースとしてmicroUSBおよびmicroSDカードスロットを装備し、バッテリー持続時間は約1カ月。本体カラーはブラック、シルバー、ブルー、ライラックの4色。追ってフォトレビューもお届けする予定だが、これらハードウェア的なスペックは以前紹介したレビュー記事などを参照してほしい。
◎カナダ発の“日本語表示可能な”電子書籍リーダー――Kobo eReader Touchレビュー
 ただし、ソフトウェアレベルでは若干変更点がある。まずは日本語フォント。国内向けに販売されるKobo Touchはフォントにモリサワの日本語フォント2種を含む11種類のフォントを搭載(フォントサイズは17段階に変更可能)する。また、ビューワエンジンはACCESSが「NetFront BookReader v1.0 EPUB Edition」をKoboにライセンス供与しており、実際に端末上でもそれが確認できた。ACCESSやKoboはEPUB 3ビューワのリファレンス実装を開発することを目的とした「Readium」プロジェクトに参画しており、比較的“クセの少ない”EPUB3ビューワといえそうだ。
 Kobo Touchの価格は7980円。楽天会員だと予約特典として楽天スーパーポイントが最大3000ポイント付与されることを考えると、現在日本で販売されているE Inkベースの端末としては非常に安価な価格設定といえる。楽天はこれを“挑戦価格”とし、加えて家電量販店などでも販売することで市場の拡大を狙う考え。ただし、端末を逆ざやで販売する考えではなく、端末でも薄利が見込める価格だという。
 そのほか、Koboに特徴的なソーシャルリーディング機能も「新しい読書の楽しみが提供できる」(三木谷氏)として紹介された。「KoboはFacebookと連携している唯一の電子ブックリーダー。感想などを共有でき、新しいソーシャルな楽しみを加え、新しい読書の楽しみが提供できる」とし、同社が5月に出資した画像ソーシャルサービスの米Pinterestとの連携も進めていく考えも示された。
◎評価の高いKoboのソーシャルリーディング機能により「新しい読書の楽しみが提供できる」と三木谷氏
 Kobo イーブックストアはコンテンツのファイルフォーマットにオープンな国際標準である「EPUB3」を全面採用。日本語コンテンツは3万点ほどのラインアップからスタートするが、Koboがグローバルで販売しているコンテンツも含めるとラインアップは約240万点となる。
 日本語コンテンツのラインアップは「有り体に言うとほぼすべての出版社が協力的。ストアに並ぶ時期が多少ずれる程度」(三木谷氏)としており、Kobo専用の独占先行コンテンツの提供なども行いながら将来的には150万点のラインアップを目指したいとしている。なお、現時点ではEPUB3の取り扱いが出版社ごとに異なるのが現状であり、EPUB3で納品するところもあれば、楽天側(正確には制作会社だが)でフォーマットの変換を掛けているものもあるようだ。現在はまだ具体的な動きはないが、出版デジタル機構との連携も視野に入っていることもうかがえる。また、楽天がKoboの買収前から展開している電子書店「Raboo」については、今後何らかの形で統合予定とした。
◎Koboを通じた教育面での貢献についても言及した三木谷氏。電子教科書への展開も期待される
 発表会で楽天の三木谷氏は、「私自身、人生の中でさまざまな本との出会いがあり、人格が形成されていった」と本への思いを吐露。しかし、日本では読書離れが進んでいるとも話し、ある意味「国家的な危機」だと危機感をあらわにした。
 また、日本には非常に多くの優れたコンテンツがあるが、それらは日本に閉じていると指摘。国家と企業が協力してコンテンツの国外売り込みを推進している韓国の例を挙げ、日本のコンテンツが海外進出する手助けをすることで、日本の文化的・経済的発展に貢献したいと話した。
 質疑応答では国内で電子書籍の普及を阻む阻害要因は何だと考えているかを問われた三木谷氏。さまざまな要因があるとしながらも、フォーマット含めた“規格”が統一されていないため複雑化、コスト高になっていたこと、端末の価格が比較的高かったこと、さらに前述のとおりコンテンツが国内に閉じていたことなどを挙げたが、いったんハードルを越えてしまえば拡大するだけと事業展望を語った。
 三木谷氏は、日本の電子書籍市場について、「これまでもいろいろなメーカーが電子書籍にチャレンジしてきたが、残念ながらあまりうまくいっていない。楽天が行き着いたのはオープンでグローバルなプラットフォームの必要性だった」と話し、そのためのグローバルデバイスがKoboであり、「日本で、世界で、読書革命を起こしたい」(三木谷氏)とした。
 また、Koboは海外で個人出版サービス「Kobo Writenig Life」も展開しているが、国内での展開は未定。三木谷氏によると、「将来的にはサポートしていくことになるだろうが、現時点で具体的な日程は決まっていない。それよりも既存のコンテンツを集めていくことに注力したい」という。Amazonが自社で出版レーベルを立ち上げていることについては、「Koboは出版社を作る気はない」とし、出版社や作家とのWIN-WINの関係を築きたいとしている。
◎海外からの電子配信に消費税課税「フェアであればよいと考えている」
 Koboの国内展開が正式にアナウンスされ、またAmazonもそれに続くことから活況の兆しが見える日本の電子書籍市場。しかし、その中で新たな火種も抱えつつある。端的に言えば、海外からの電子配信に消費税の課税を検討する財務省の動きに象徴される動きだが、これについて三木谷氏は、「フェアであればよいと考えている。ルールに従ってやるのみだが、海外でプラットフォームを整備し事業を展開しているKoboがこの事業の主体であり、日本での業態はその延長線上にある」と説明。基本的には消費者が収める消費税をいただく筋道が立たないし、法律上、徴収する義務がないものを徴収するのは逆に問題があるとした。
 また、欧州では教育・文化的な配慮から出版事業、あるいは電子書籍への消費税(付加価値税)が低く抑えられており、ブラジルでは本そのものに対する消費税は例外的に免除されていると説明。「国の発展という意味でさまざまな角度から検討してもらいたいし、関税との整合性を取っていく必要があるだろう」(三木谷氏)とも述べた。
 最後に三木谷氏は、「いい読書は人間を変える。人間が変われば社会も変わる。Koboを通じて、よりよい社会を作っていけるよう、読書革命を起こしていきたい」と繰り返し“読書革命”への強い意気込みを語った。


◇シャープ、「book-in-the-box」を発表――複数の電子書店を1つのアプリで
http://ebook.itmedia.co.jp/ebook/articles/1207/02/news020.html
(2012年07月02日 09時00分 更新 eBook USER 西尾泰三,ITmedia)
 シャープは6月29日、電子書籍配信ソリューション「book-in-the-box」を発表した。エンドユーザー向けのAndroidアプリはGoogle Playで7月4日から提供開始予定。
 book-in-the-boxは、電子書籍を取り扱う電子書店事業者向けのソリューション。.bookやXMDF、EPUB(Open Manga Format)といった主要な電子書籍フォーマットに対応するビューワ(本棚管理含む)と、シャープ提供のDRM(著作権保護機能)を組み合わせたもの。ユーザー視点での一番のメリットは、同ソリューションを採用した電子書店のコンテンツであればどの電子書店で購入したコンテンツであっても同アプリで一元的に管理・閲覧できること。
 book-in-the-boxアプリはシャープの電子書店「GALAPAGOS STORE」が用意している「GALAPAGOS App」をベースにしている。GALAPAGOS Appと大きく違うのは、上述したように同ソリューションを採用する書店のコンテンツであればどこで購入したものでも読めることだ。アプリ内からコンテンツを直接購入することはできないが、コンテンツを購入した各電子書店サイトへアクセスできるショートカットが用意される。まずはAndroid版がリリースされるが、iOSやWindows Phoneなどのプラットフォームへの対応も検討しているという。
 シャープ通信システム事業本部 ネットワークサービス事業推進センター所長の辰巳剛司氏は発表会で、国内の携帯電話市場はフィーチャーフォンからスマートフォンへ急速に移行しており、電子書籍についても、いわゆる“ケータイコミック”などフィーチャーフォン向けの電子書籍とは異なる状況が生まれていると説明する。
 特に顕著なのは、昨今スマートフォン向けに各社が提供している電子書籍サービスは、それぞれ異なる閲覧環境を用意しており、しかも基本的に互換性がない点。サービス事業者はビューワの開発やDRMの導入・運用、そしてそれらのメンテナンスを行う必要が生じ、ユーザーからするとそれぞれのビューワアプリを用意しなければならず手間が大きい。「大手事業者はともかく中小規模の事業者にとっては参入障壁になっている」と辰巳氏は述べ、book-in-the-boxがそれらを解決し、電子書籍市場の発展に寄与するのだという。
 分かりやすく言えば、book-in-the-boxは、自社で電子書店を展開している、またはこれから展開しようと考えている出版社などに向けたソリューションといえる。特に、フィーチャーフォン向けにケータイコミックを展開していたが、スマートフォン向けの電子書籍サービスをどう展開するか検討している出版社などに向けたものといえる。細かな開発は発生するだろうが、それでもビューワアプリの開発、DRMの導入などを1から行う場合に比べればサービスインまでの期間と手間は大幅に短縮できる。なお、同ソリューションの具体的な料金についてはコメントを避けた。
 すでに電子書籍の取次業務を行うモバイルブック・ジェーピーがDRMを採用したことが告げられたほか、7月初旬には白泉社のケータイコミックサイト「白泉社e-コミックス」が同ソリューションを採用予定。7月下旬にはもう1社、8月〜9月にかけて計4書店、年内には計10書店が採用予定。シャープが展開する総合系の電子書店「GALAPAGOS STORE」も7月4日のアプリリリース時点から対応する。
 ただし、同ソリューションを採用するということは、自社サイトを販路の起点にすることが想定される。このためGALAPAGOS STOREのような総合系の電子書店と食い合う可能性があるためか、発表会ではこの部分はあまり強調されなかった。また、book-in-the-boxの開発にはインフォシティが協力しているが、これは「GALAPAGOS Appで使っている.bookモジュールとbook-in-the-boxで使っているそれはバージョンが異なる(後者が最新版)」ためだという。「GALAPAGOS STOREはGALAPAGOS STOREで独自の進化を遂げながら」という説明があったことからも、book-in-the-boxはGALAPAGOS STOREで培われたノウハウを活用しながらも、一定の距離を置いた中立的な位置づけになっている様子がうかがえる。
 大手電子書店はこうしたストア間の“共有本棚”の構想をそれぞれ進めている。例えば大日本印刷(DNP)とインプレスR&Dが進める「オープン本棚」、角川グループのBOOK☆WALKERとKDDIの「LISMO Book Store」の連携などもそうした取り組みの一環といえる。こうした連携が行われることで、互換性がある程度解消されることになるが、全体として俯瞰してみるとそれらも単に連携する範囲が拡がっただけだともいえる。実際、book-in-the-boxにGALAPAGOS STORE以外の総合系電子書店がこの座組に参加するかはまだ不明だ。なお、同ソリューションには集英社、小学館、新潮社、ボイジャー、そして出版デジタル機構が賛同を表明している。


◇米O'Reilly Media、購入した電子書籍ファイルをDropboxフォルダに落としてくれるサービスを追加
http://hon.jp/news/1.0/0/3478/
(2012-07-02 12:46:30 hon.jp Day Watch)
 米IT書籍出版大手のO'Reilly Media社(本社:米カリフォルニア州)は先週、同社サイトで販売する自社のDRM無し電子書籍ファイルをユーザーのDropboxフォルダに直接転送するサービスをベータ版として開始した。
 Dropboxは、米国の無料クラウドストレージサービスで、日本国内でもユーザーは多い。すでに一部の電子書籍出版社では会員ユーザーのDropboxアカウントに直接ファイル転送するサービスを始めており、O'Reilly Media社もその流れに乗った模様だ。
 これにより、米国O'Reilly Mediaの電子書籍直販サイトユーザーは、EPUB/PDF/MOBIなどユーザー指定形式で自分のDropboxアカウントから、スマートフォンやPCを問わず、好みの電子書籍ビューワで作品を楽しめるようになった。【hon.jp】
◎米O'Reilly MediaのDropboxシンク機能解説ページ( http://shop.oreilly.com/category/customer-service/dropbox.do )


◇「Yahoo!ブックストア」がHTML5ブラウザービューアー追加、EPUB3対応も
(2012/7/2 17:12 INTERNET Watch 永沢 茂)
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20120702_544282.html
 ヤフー株式会社は2日、EPUBを採用した電子書籍サービス「Yahoo!ブックストア」において、HTML5対応ウェブブラウザーをベースとしたビューアーシステムを追加したと発表した。これにより、デバイスやOSを問わずに電子書籍を横断的に利用できる環境を提供できるとしている。また、EPUB 3も対応し、小説などのテキストデータの縦書き表示が可能になったという。
 ユーザーは、iPhone/iPad、Android、PCなどの各種デバイスにおいて、ウェブブラウザーの標準環境だけで電子書籍を楽しめるという。ストリーミング方式のため、オンラインで利用する必要があるが、スマートフォンなどデバイスの容量も気にする必要がないとしている。また、電子書籍専用端末でも、ブラウザー環境が合致すれば利用できるとしている。
 あわせてYahoo!ブックストアでは、購入した商品をクラウド書庫として整理・管理できる「私の本棚」機能を追加した。
 ブラウザービューアーのコアエンジンには、株式会社ボイジャーの「BinB」のライブラリを導入。今後も連携を強化し、「.book」フォーマットなどからのスピーディなEPUB3変換環境を整える予定。
 なお、従来から提供しているアプリ形式のビューアーについてもこれまで通り使用可能で、長時間オフラインで利用する場合や、購入したファイルを保存したい場合など、ビューアーを使い分けられる。
◎プレスリリース http://blogs.yahoo.co.jp/yj_pr_blog/23042117.html
◎Yahoo!ブックストア http://bookstore.yahoo.co.jp/


□2012年6月

◇【電子書籍の(なかなか)明けない夜明け】 第9回 電子書籍で組版の何が問題になるのか?
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/column/yoake/20120629_543477.html
(2012/6/29 11:00 小形 克宏 INTERNET Watch)
シンポジウム「電子書籍の組版を考える」報告(1)
◎リフローは電子書籍の「夢」である
 電子書籍にはどんなメリットがあるのだろう? その答えとしてよく言われるのが「リフロー」だ。これは画面表示の方法の1つ。旧来の紙の書籍は1冊を通じて1ページの行数と1行の文字数を揃えるのが普通だ(厳密には文字サイズや字送り、行送りも。以下、これらを一括して「基本レイアウト」)。ちなみに、こうした紙の書籍のやり方を電子的にシミュレートしたのが固定レイアウト型であり、PDFはその代表例だ[*1]。
 他方で電子書籍の次世代フォーマットであるEPUB3はリフロー型だ。紙の書籍やPDFのように基本レイアウトが固定されておらず、デバイスの画面サイズが変わるのに従って基本レイアウトを変更してくれたり、自分の好みに合わせてフォントや文字サイズを自在に変更できる[*2]。
 そんなリフローの威力が発揮されるのが、スマートフォンなど比較的小さな画面のデバイスだ。リフロー型では、画面サイズに合わせて自動的に基本レイアウトを変更してくれるから、固定レイアウト型のように自分で左右にスクロールさせたり、画面をズームさせる煩わしさから解放される。リフローこそが電子書籍の夢なのだ。
◎自動組版によってリフローは実現される
 そんなリフローを考える上で、見落とされがちなポイントが2点ある。まずリフローはソフトウェアの自動処理による組版、つまり自動組版で実現されるということ。自動組版というと、XML(XSL-FO)技術を使い、データベースと連動してカタログなどを制作する大規模な自動組版システムを思い出す人も多いだろう。電子書籍とは無関係と思うかもしれないが、XML組版も電子書籍リーダーも出力先が紙かスクリーンかという違いだけで、自動処理による組版という意味では一緒なのだ。
 もっとも自動組版が一般化しているとは言えないのが現状だ。普段目にする紙の書籍、雑誌、新聞は、DTPソフトを使って制作されるのが一般的で、多かれ少なかれ人手を介したやり方で制作されている。自動化すればコストも削減できるのになぜ? それは組版作業にはうんざりするほど多くの例外処理がともなうからだ。
 例えば文字のオーバーフロー(規定部分から文章があふれる)や図版の配置のずれ(ページや段をまたいでしまう)への対処、ルビの調整(行をまたいでしまう)、欧文が多い場合に和文と調和するよう和欧間隔や欧語間隔、字送り等を調整すること、あるいは禁則文字(後に詳述)の出現による字間割れへの対処等々。こうした例外処理は、そのまま自動組版の難しさにつながっている。
 リフローが自動組版を前提とする以上、DTPで人手により解決しているこうした例外処理も自動的に解決できる必要がある。そのために以下のようなアプローチが考えられるだろう。
・ソフトウェアを改良して例外処理に対処できるようにする
・スクリーン上の組版では不要な例外処理がないかを洗い直す
 前者は電子書籍リーダーに関わり、後者は組版ルールに関わる問題だ。両者は密接不可分に関係し合っているが、特に後者を考えるにあたって問題になるのが、紙とスクリーンとでどのように特性が異なるのか、そうした違いがどのように組版ルールに影響するのかという点だ。これはリフローをめぐるもう1つのポイントとも関係する。
◎リフローとは、基本レイアウトを自動組版によって可変にすること
 そのポイントとは、リフローで可変となるのは、基本レイアウトであることだ。ときおりリフローを複数の画面(ページ)サイズに対応した表示方法と解説しているのを見かける。リフローがPCやスマートフォンなどで複数の画面で快適な読み心地をもたらすことを考えれば、これは決して間違いとは言えない。しかし本質でもない。
 リフローにおける核心部分は、基本レイアウトが可変となることだ。例えばスマートフォン向けに最適化されたPDFファイルを、パソコンのモニターで閲覧する場合を考えてみよう。固定レイアウト型のPDFは、大きな画面に合わせてリサイズすることができる。しかし基本レイアウト(フォントの種別や字詰め、行数)は変更できず、そのまま拡大するしかできない。一方でEPUBのようなリフロー型は、基本レイアウトを画面に合わせて変更することができる(図1)[*3]。
 リフローの本質が基本レイアウトにあるとするならば、次に必要とされるのが組版ルールの洗い直しだ。リフローでは基本レイアウトの変更が頻繁に発生する。それなのに紙の組版ルールを墨守していてよいのか? 紙とスクリーンの違いを整理し、もしもスクリーンでは不要な処理があるなら廃止する必要がある。これほど差し迫った課題も珍しいと思えるが、現実には議論されることはごく稀だ。
◎珍しい「電子書籍の組版を考える」シンポジウム
 そんな中、電子書籍と組版をテーマとするシンポジウムが開催された。昨年8月6日の「文字の学校」主催シンポジウム「電子書籍の組版を考える」だ[*4]。今回はこのシンポジウムの内容をお伝えしよう。筆者の怠惰により1年近くも報告が遅れてしまったが、(幸か不幸か)現在に至るまでこの時ほど深く電子書籍の組版について討議されたことはないように思う(写真1)。
 この日のパネリストは村上真雄、本間淳、前田年昭、高瀬拓史の各氏(登壇順)。このうち、村上真雄氏(写真2)はXML自動組版システム『Antenna House Formatter』[*5]の、本間淳氏(写真3)はAndroid端末用の電子書籍閲覧ソフト『縦書きビューワ』[*6]の開発者だ。どちらも同種アプリケーションの中では老舗といえる存在であり、実際に電子書籍の組版ルールを実装してきた人達でもある(繰り返しになるが、彼等が実装した自動組版技術は、リフローのキーテクノロジーだ)。
 高瀬拓史氏(写真4)は村上氏とともに電子書籍の次世代標準として期待されるEPUB3[*7]の規格開発に携わってきた。ブログやTwitter上で高瀬氏のEPUBエバンジェリストとしての発言に触れた人も多いだろう。
 前田年昭氏(写真5)は活版・写植の時代から印刷物の編集/制作に携わる中で、組版を見つめ続けてきた人だ。写植からDTPへの交代期であった1990年代後半、「日本語の文字と組版を考える会」[*8]の世話人の一人だった経歴も持つ。現在盛んに喧伝されている出版における紙から電子への交代劇も、この人にとっては何度か繰り返されてきた入れ替わりに過ぎないのではないか。そうした前田氏の目に、現在の電子書籍はどのように映っているのだろう。
 シリーズの構成として全体を5回に分けることとする。まず1回目の今回は、議論の前提として代表的な組版ルールを1つ取り上げ、その解説を通して電子書籍の組版で何が問題になるかを説明したい。その後、シンポジウムでの発表を2回に分けて紹介した後、4回目として全体討議の様子をお伝えする。そして最後に、シンポジウムでの議論を踏まえて、私なりに電子書籍の組版についていくつかの選択肢を示そう。続き物といっても、それぞれ一応独立したものとして書くつもりなので、興味のある回をお読みいただければと思う。
◎日本語組版で最も頻繁な調整――行頭禁則
 まず、電子書籍で問題になる組版ルールの例として「行頭禁則」を取り上げる。電子書籍の組版というと、とかく縦組みが話題になる。しかし行頭禁則は縦組み・横組みに関係なく最も頻度の高い調整の1つであり、そこには組版の本質が現われる。では、この行頭禁則とはなんのことだろう? 下図を見ていただきたい。これは日常よく目にする、ありふれた日本語組版の例だ(図2)。
 ここでは水色の枠に1文字ずつ収まっており、不自然なところはない。この隙間なく並べられた仮想的な枠に文字が収まった状態を「ベタ組み」と呼ぶ。漢字や仮名など日本語のほとんどの文字は正方形に収まる。もしも日本語がこうした正方形の文字だけなら、日本語組版はすごく単純なもので済む。正方形の倍数だけで処理ができるからだ。しかし、いつもこのように安定しているわけではない。1行の文字数(字詰め)を1文字減らしただけで、正方形でない文字が、悪さを始める(図3)。
 2行目と最終行の冒頭に句点が来てしまった。おそらく大半の人はこの状態を不自然と感じるはずだ。このように多くの人が一致した反応を示すところに、組版ルールの持つ影響力が確認できる。さておき、このままでは読みづらいので調整が必要だ。ここで注意してほしいのは、きっかけとなった句点は正方形ではないこと。こうした文字も、行の中程にある限りはまるで正方形の文字のように振る舞うが、特定の場所(上図では行頭)や特定の組み合せで正方形でない本来の性質があらわになる。じつは日本語組版の多くは、こうして出た半端を自然に見せる調整が占めている。
 行頭に特定の文字が来ないようにする調整を「行頭禁則処理」と呼ぶ。具体的な方法は数種類あるが、最も手っ取り早いのが句点とその前の1文字をそっくり次の行に送り出すことで[訂正]、これを「追出し」と呼ぶ(図4)。この調整ではベタ組みが保たれるので都合よい。ただ1つ、非常に気になるところが出てしまう。行末を注目してほしい。
 1行目と2行目の行末が揃わず、デコボコになってしまった。行頭と行末が一直線に揃うことを「行頭行末揃え」と呼ぶが、これができていない。この状態を多くの紙の組版ルールは嫌う(出版社や印刷会社ごとに組版ルールは細かく異なる)。ここで注意してほしいのは、それにもかかわらず現在のウェブブラウザー(一部のテキストエディターも)のデフォルト動作としてこのレベルの行頭禁則、つまり「行頭行末揃えをしない追出し」が採用されているということだ(図5)[訂正]。
 実際のところ行頭行末揃えをしなくてよいなら、行頭禁則の種類は上記の追出し1つでよい。しかしそうはいかない。前述のように多くの紙の組版ルールは行頭行末揃えにこだわる。そこで行末を揃えたまま行頭禁則をするため、3種類の調整が考え出された。
 まず図4と同じ追出しだが、1行あたりの文字数が足りなくなった分を、文字と文字の間隔(字間)を少しずつ空け、行長を延ばして行末を揃える方法(図6)。あえて図4と区別すれば「行頭行末揃えをする追出し」だろうか。
 2つめは図6とは逆の考え方だ。2行目にはみ出してしまった句点を前行に詰め込み、文字数が増えた分は字間を詰めることで行末を揃える方法。これを「追込み」と呼ぶ(図7)。ここでは読点の後の空きを詰めている[*11]。
 最後は、句点だけを行末からはみ出させる方法だ。これを「ぶら下げ」と呼ぶ(図8)。この調整方法では行末が少しだけデコボコになるのと引き換えに、ベタ組みが維持されやすい。それに句読点がはみ出したとしても、遠目には揃って見えるだろう。紙の書籍の多くもこの方法を採用している[*12]。
 以上、行末の句点の調整を通して行頭禁則と行頭行末揃えを簡単に説明した。これらの処理は日本語組版でも最も頻度が高いものだ。逆に言えばこの辺りさえ分かっていれば、組版の大筋はつかめる[*13]。
◎なぜ行頭禁則は必要か
 「行頭禁則」とは改行に関わる処理だ。前述したとおり、整然としたベタ組みを乱す最大の要因は半端の調整だ。そして改行は、半端を出現させる最大の動機でもある。だから正しい改行位置の発見こそが組版の核心ということになる。これは日本語に関わらず、どの言語、どの文字体系の組版でも同様だ。
 話を戻そう。同じく改行に関わる処理として、他に「行末禁則」(行末に〈「〉等が来ることを許さない)があるし、他に「分離禁止」(改行時に〈――〉や〈……〉等が分離することを許さない)もある。その中でも特に行頭禁則に焦点をあてた理由は、リフロー表示では行頭禁則の影響が大きくなるからだ。
 前の方でも述べたが、漢字や仮名をはじめ日本語のほとんどの文字は、ベタで組まれた場合に一番読みやすくなるように作られている。多くの場合、日本語組版はレンガ積みのように、正方形の同じ大きさの文字を隙間なく並べることで成り立っている。ところが、禁則文字が出現することで均質なレンガ積みが崩れて半端が生まれ、それでも行頭行末揃えを維持しようとするために調整が必要になる。
 ここでいう禁則文字とは禁則処理の対象となる文字のこと。上では行頭禁則の例として句点〈。〉を使ったが、当然読点〈、〉も同じ禁則文字だし、横組みの場合はカンマ〈,〉やピリオド〈.〉も行頭に来てはいけない。加えて終り括弧類〈』)]}〉》】”’〉も同様だ。
 行頭禁則とは、これらの文字が行頭に来るのを禁じることだが、これは黎明期のワープロソフトでも最初に実装された日本語組版処理の1つだった。このことからも分かるように、多くの人はこれらの文字が行頭に来ることに強い違和感を抱く。ここでは、これらの禁則文字を仮にAグループと呼んでおこう。
 しかし行頭禁則の対象となる文字はこれだけではない。例えば拗促音などに使われる〈ぁぃぅぇぉゃゅょっァィゥェォャュョッヵヶ〉等の小書きの仮名、長音記号(音引き)の〈ー〉、〈ヽヾゝゞ々〉などの繰り返し記号、〈・:;〉の中点類、〈‐ 〜〉などのハイフン類、そして〈!?〉などの区切り約物も対象となることがある。以上の禁則文字を仮にBグループと呼んでおこう(なお、ここでの文字の分類は、基本的に『日本語組版処理の要件』での文字クラス[*14]に従う)。
 ところで、なぜこれらの文字は行頭に来てはいけないのだろう? これらは前の文字と一緒でないと発音できなかったり(小書きの仮名、長音記号、繰り返し記号)、前の文字と一緒に使われることで特定の役割を果たす(句点類、読点類、中点類、ハイフン類、区切り約物)という性質を持つ。ところが改行によって禁則文字が直前の文字と切断されると、その役割を果たせなくなる。行頭禁則の目的はこれらの文字を切断されないようにして、読みやすさを確保するところにある。
 ただし、これらが常に行頭禁則になるわけではない。どれを禁則とするかは組版ルールごとに異なる(繰り返すが組版ルールは出版社や印刷会社ごとに異なる)が、前述Bグループの扱い、特に小書きの仮名と長音記号を入れるか否かに大別される[*15]。小書きの仮名は主として拗促音に、長音記号は外来語によく使われ、どちらも使用頻度がとても高い。だからこれらを行頭禁則にするか否かは組版にとって大問題だ。
◎行頭禁則と行長の深い関係
 禁則文字の多少により組版がどのように影響を受けるか、実際の例を見てみよう。禁則文字(ピンク)をなるべく多く含むような文章を作成し組んでみた(図9)。ここでポイントになるのは、禁則文字が2文字以上続いた場合の調整だ。
 (1)は一切禁則処理をしていない。だから水色の枠に1字ずつきれいに収まっている。2行目でピンクの感嘆符「!」が行頭にあることを覚えておいてほしい。
 (2)は禁則文字のうち、長音記号と小書きの仮名を除外した組版例。(1)では2行目の行頭にあった「!」が禁則になって2文字目に送り出されている。しかし禁則文字から除外された長音記号「ー」が行頭に来てしまっている。具体的な調整としては「!」が行頭に来ないように1行目から「ー」を持ってきて、減った分は少しずつ字間を空ける調整をして目立たないようにしている(枠線を見ると文字がずれているのが分かる)。
 その左、(3)は小書きの仮名と長音記号を禁則文字に加えた組版例。(2)では2行目行頭にあった「ー」が禁則になったので、1行目からさらに「ロ」を持ってきている。その影響で1行目の字間はもっと空くことになり、1行目は通常35字詰めのところ2文字も少ない33字詰めとなった。最後に(4)は、(3)の水色の枠を取り去ったものだ。1行目が通常より2字も少ないことに気付く人は、ほとんどいないのではないか。
 あれ? ちょっと待って。気付く人が少ない程度の影響なら、「小書きの仮名と長音記号を行頭禁則にするか否かは組版にとって大問題」と書いたのと矛盾するのでは?
 そのとおり。正確に言うと、行長によって影響の度合いが変わる。図9のように比較的行長が長い場合、禁則文字の多少による影響は少ない。ところが行長が短くなるにつれ、目に見える形で影響は大きくなる。ここで注意してほしいのは、この行長の問題こそが電子書籍のリフローに大きく関わるということだ。次の図を見てほしい(図10)。
 これは図9と同じ文章を、うんと短い1行9字に変えて組んだもの。並び方も同様で、(1)は全く禁則処理をしていない例。水色の枠に1文字ずつ収まってはいるが、行頭に〈?っ々〉が来ている。次の(2)は禁則文字から小書きの仮名と長音記号を除外して行頭禁則をした例。図9より行長が短くなった分だけ1行あたりの禁則文字の数も増えたので、1文字くらい禁則せずに済んでも、続く文字が禁則対象になってしまう。まるでモグラ叩きのようだ。
 こうした過酷な状況において、(3)では行頭禁則の対象に小書きの仮名と長音記号を加えてみた。(2)では1行8字になったのは3行で済んだが、小書きの仮名と長音記号を加えたことで5行に増えてしまった。(4)は、(3)から水色の枠を取り去ったものだが、字間が割れてパラパラして読みづらい。図9の(4)と比べると、行長が短い方が禁則文字が多い影響をより強く受けることが分かるだろう。
◎では、リフローに対応した組版ルールとは?
 思い出してほしい、電子書籍におけるリフローとは、基本レイアウトを自動組版により可変にした表示方法であったことを。これを組版から見ると、画面サイズの変更に従って行長が可変となる組版にほかならない。つまり、リフローに対応した組版とは、禁則文字をなるべく減らし、行長が変わっても字間があまり割れないようにする組版、例えばグループBの小書きの仮名や長音は行頭禁則にしない等が考えられる。
 付け加えると、これは人間の手を介さない自動組版では、より切実な要求となる。ただし禁則文字を少なくしても読みやすさは確保できるのか、よく検討する必要はあるだろう。前述したように、禁則文字にするにはそれなりの理由があるのだから。
 ところでリフローを容易にするには、禁則文字を少なくする以外、もう1つ別の方法がある。それは行頭行末揃えをスッパリあきらめることだ。図10で字間が割れてしまったのは、いずれも禁則文字を追い出したにも関わらず、行頭行末揃えを維持しようとしたからだった。揃えるのを行頭だけにすれば調整の量も減って組版処理の負荷が減り、字間も割れない(図11)。ちなみに、これは図5で紹介した大半のウェブブラウザーの組版と同一方式だ。ただし、このように改行位置がバラバラだと、リズムが崩れて読みづらくて仕方ない。つまり、調整を減らすといっても読みづらくなっては元も子もない。
 以上をまとめると、リフローに適した電子書籍の組版とは、以下の2つの課題をクリアしたものとなる。
(a)調整量が少ない組版
(b)自然な読みを妨げない組版
 このうち(a)は、デバイスの処理能力が向上することにより数年後には問題とならなくなるはずであり、つまり相対的な問題と言える。それでも「今」読みやすい環境を提供できなければ、電子書籍はいつまでも市場の信頼を得られないだろう。その反面、(b)はどんなに時代が変わっても議論が尽きない永遠の課題だ。100人いれば100通りの答が返って来るだろう。しかし基準がバラバラでは実装はできない。「今」合意が必要なのだ。この問題を考えるにあたっては、こうした課題の質の違いも考慮に入れるべきだろう。
 次回以降に語られるパネリストの発表は、まさに上記2点を実現するためのヒントとなるもののはずだ。以上、いささか先走った解説を試みた。次回は、高瀬氏と本間氏の発表を報告する。

◎注釈
[*1]……なお、PDFは字詰めを可変にすることも可能であり、これによってPDFファイルがリフローに対応しているという声も聞く。しかしフォントや行送り、文字サイズを変えることはできず、そうした主張は少し無理があるように思える。
[*2]……ただしEPUB3においても、固定レイアウトの規定が追加されようとしている。“EPUB 3 Fixed-Layout Documents”(http://idpf.org/epub/fxl/)
[*3]……リフロー型と固定レイアウト型の本質的な違いが基本レイアウトにあることは、前田年昭氏のご教示による。記して感謝します。
[*4]……文字の学校シンポジウム「電子書籍の組版を考える〜新たな組版ルールを求めて」(http://moji.gr.jp/gakkou/kouza/ebook-typo/index.html)
[*5]……『Antenna House Formatter V6』アンテナハウス(http://www.antenna.co.jp/AHF/)
[*6]……『縦書きビューワ』(https://play.google.com/store/apps/details?id=org.example.android.npn2SC1815J.VerticalTextViewer)
[*7]……International Digital Publishing Forum, “EPUB 3” (http://idpf.org/epub/30)
[*8]……1996〜1999年、DTPにかかわる様々な立場の人々が集まってできた団体。単なる勉強会にとどまらない深みのあるセミナーを、安価な会費で開催した。全17回のセミナーの概略は以下を参照。「公開セミナー各回のテーマ」(http://www.pot.co.jp/moji/semikore.html)
[*9]……芥川龍之介『蜘蛛の糸』(http://www.aozora.gr.jp/cards/000879/files/92_14545.html)
[*10]……使用したXHTMLとCSSの内容は以下のとおり。

◆XHTMLファイル




蜘蛛の糸



こら、罪人ども。この蜘蛛の糸は己のものだぞ。




◆test2.css
@charset "UTF-8";
body {
font-family:"@IPAMincho","IPAMincho";
font-size: 500%;
line-height: 175%;
letter-spacing: 0px;
}

[*11]……字間を空けて追出すにしても、詰めて追込むにしても、1行あたりの文字数(行長)がある程度長さが確保されていることが前提となる。行長が短いのに追出し処理をすれば、延ばし量が多くなり字間が割れてしまうし、同様に追込み処理をすれば字間がくっついてしまう。つまり、行長があまりに短い場合は調整そのものができない。余談ながら、そうした短い行長に特化したのが新聞の組版だ。
[*12]……ちなみに組版の規格であるJIS X 4051では、ぶら下げを規定していない。これについては「解説」に次のような記述がある。〈(前略)処理系がオプションでぶら下げ処理を採用することは、行の調整方法の一つで、許容範囲と考えられる。〉(P.200)他にもぶら下げは欧文組版ではない考え方(正確には、欧文にもハイフンをぶら下げる組み方がある)なので和欧混植に馴染みづらいこと、および往時の活字組版での処理である点が挙げられている。つまり、正式に規格として採用するほどの処理ではないということのようだ。
[*13]……無用の誤解を避けるために書いておくと、図6〜8で述べた3つの調整方法は、あくまで図3の状況に対応して生じた選択肢にすぎない。通常は追出し処理、追込み処理それぞれの中でぶら下げをする・しないが選択される。また追出し処理、追込み処理は二者択一ではなく、一方を優先として両者を組み合わせて使う方が、良い結果が得られる。
[*14]……『日本語組版処理の要件(日本語版)』(W3C技術ノート、2012年4月3日)「3.9 文字クラスについて」(http://www.w3.org/TR/2012/NOTE-jlreq-20120403/ja/#about_character_classes)を参照。ただし、これは日本語版の名称。文書として正式なのは英語版で、名称を“Requirements for Japanese Text Layout”という(http://www.w3.org/TR/jlreq/ja/#notes_a3)。
[*15]……正確にはもう少し複雑だ。組版ルールごとの行頭禁則の違いについては以下の拙稿を参照。「1975年以降に出された15冊の組版規則書における行頭禁則の違い(追記あり)」『もじのなまえ』2012年3月11日(http://d.hatena.ne.jp/ogwata/20120311/p1)
◎修正履歴
[訂正]……記事初出時、以下の部分に誤りがありました。お詫びして訂正します。(2012/7/2)
誤:最も手っ取り早いのが読点とその前の1文字をそっくり次の行に送り出すことで、
正:最も手っ取り早いのが句点とその前の1文字をそっくり次の行に送り出すことで、
誤:それにもかかわらず現在のウェブブラウザー(一部のテキストエディターも)は、このレベルの行頭禁則、つまり「行頭行末揃えをしない追出し」を採用しているということだ(図5)。
正:それにもかかわらず現在のウェブブラウザー(一部のテキストエディターも)のデフォルト動作としてこのレベルの行頭禁則、つまり「行頭行末揃えをしない追出し」が採用されているということだ(図5)。


◇海外からの電子書籍等配信に対する消費税課税の検討へ、財務省が研究会を設置
http://current.ndl.go.jp/node/21252
(2012年6月29日 カレントアウェアネス・ポータル)
 財務省が、日本国外からの電子書籍や音楽等のコンテンツ配信に対する消費税課税に関する検討を行うための研究会を立ち上げると新聞各紙で報じられています。現在は国内に拠点を持つ事業者からの配信には課税されており、そういった国内事業者と海外事業者の公平性を確保することが目的とされています。
◎海外からのコンテンツ配信にも消費税を 財務省が研究会(MSN産経ニュース 2012/6/29付け記事) http://sankei.jp.msn.com/economy/news/120629/fnc12062911220011-n1.htm
◎海外電子書籍に消費税=14年の増税時−財務省(時事ドットコム 2012/6/29付け記事) http://www.jiji.com/jc/c?g=eco_30&k=2012062900498
◎海外からの配信に消費税、財務省検討(TBS News i 2012/6/29付け記事) http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye5067951.html
◎海外からの配信サービスに消費税、検討開始(NNNニュース 2012/6/29付け記事) http://news24.jp/nnn/news89038940.html


◇WSJ Reports on Tracking Consumers’ e-Reading Habits
http://goodereader.com/blog/electronic-readers/wsj-reports-on-tracking-consumers-e-reading-habits/?utm_source=rss&utm_medium=rss&utm_campaign=wsj-reports-on-tracking-consumers-e-reading-habits
(JUN 29 By Mercy Pilkington, Good E-Reader)
 According to an article in today’s Wall Street Journal, e-reading is providing valuable but intrusive information to publishers. While the television and film industries have long relied on screenings and focus groups to provide feedback about the likes and dislikes in those forms of entertainment, participants are generally aware that they are taking part in a study. Tablet e-reading apps and dedicated e-reader devices are able to track the amount of time individual consumers spend reading throughout a given title without requiring the user to be aware.
 Interestingly, this data is being shared with publishers in order to help them make decisions about the types of books readers actually purchase and interact with. Whether this will shape the form of the books that actually make their way to market remains to be seen. According to WSJ, Barnes and Noble is already sharing data from Nook users with several publishers and the data has helped them understand how readers interact with books based on genre and category; similarly, Amazon is both a retailer and a publisher and is therefore theoretically already able to benefit from the data collection.
 While it may seem that tracking consumers’ digital reading habits is harmless business information, there is currently no method in place to opt out of having your reading history collected. One state has already passed a privacy act of sorts for readers that prevents ebook retailers from turning over information on reading data to law enforcement agencies. California passed the law that requires law enforcement to get a warrant before gathering e-reading information and the ACLU is working on similar legislation around the country.


◇EPUB3縦書き対応の電子書籍ストア 「ConTenDo」、Android版ビューワアプリをGoogle Play上でベータ公開
http://hon.jp/news/1.0/0/3468/
(2012-06-27 11:55:49 hon.jp Day Watch)
 アイプレスジャパン株式会社(本社:千葉県流山市)は6月26日、EPUB3縦書き作品に対応した電子書籍ストア 「コンテン堂(ConTenDo)」のAndroidビューワアプリ「ConTenDoビューア」をGoogle Play上でベータ公開した。
 ConTenDoは「読みたい本を読みたい時に読める」を実現するためにさまざまな最新ネット技術を導入した電子書籍ストアで、今月正式オープンした。端末認証を一切必要とせず、オフライン読書にも対応、最大のウリはEPUB3縦書き作品にも対応していること。
 なお、今回公開されたAndroid版ビューワはVersion 0.9.2で、まず横組EPUB2/3およびPDF形式の作品のみの対応となっており、EPUB3縦組作品については、Android ver 4.0.3以降で対応する予定とのこと。【hon.jp】
◎Android版「ConTenDoビューア」の配布URL( http://goo.gl/Exp3G ※要Android端末)


◇フランスの電子書籍価格規制法の概要とその背景に関する解説(記事紹介)
http://current.ndl.go.jp/node/21212
(2012年6月27日 カレントアウェアネス・ポータル)
 国立国会図書館(NDL)の調査及び立法考査局が刊行している『外国の立法』のNo.252(2012年6月)に、「フランスにおける電子書籍の価格規制―電子書籍と再販制度について―」という記事が掲載されています。文末に「電子書籍の価格に関する2011年5月26日の法律第2011-590号」の抄訳も掲載されています。
◎フランスにおける電子書籍の価格規制―電子書籍と再販制度について―(PDF:11ページ) http://dl.ndl.go.jp/view/download/digidepo_3497224_po_02520011.pdf?contentNo=1
◎2012年刊行分 No.250-1〜(国立国会図書館) http://www.ndl.go.jp/jp/data/publication/legis/2012/index.html


◇National Federation of the Blind Files Complaint Against State Department; Seeks to Stop Distribution of Inaccessible Kindles Abroad
http://www.nfb.org/national-federation-blind-files-complaint-against-state-department
(Wednesday, June 27, 2012 National Federation of the Blind)
 Baltimore, Maryland (June 27, 2012): The National Federation of the Blind, the oldest and largest organization of the blind in the United States and a leader in the struggle for civil and human rights for blind people all over the world, today filed a complaint with the Office of Civil Rights for the United States Department of State, alleging that the State Department’s plan to purchase and deploy 35,000 Amazon Kindles throughout the world violates federal law because blind people cannot independently access and use the devices or their content. Four international organizations representing the blind and dedicated to equal access to books and digital information?the World Blind Union, the South African National Council for the Blind, the DAISY Consortium, and the DAISY Forum of India?are also named complainants. The State Department has announced plans to purchase 35,000 of Amazon’s dedicated e-reading devices under a sole-source contract, at a cost of $16.5 million, as part of an international learning program being referred to as the Kindle Mobile Learning Initiative. The aim of this program is to create a global e-reader program that introduces aspects of U.S. society and culture directly to young people, students, and international audiences and to expand English- language learning opportunities abroad. The plan will involve deploying the Kindles to embassies, libraries, and other entities around the world. The complaint also alleges that a previous deployment of six thousand Kindles to State Department facilities throughout the world violates the law.
 Of the Kindles currently available, not all are capable of speaking the content of books. While the State Department proposal specifically calls for the inclusion of this feature, the contract makes no reference to the department’s obligation to purchase accessible technology under Section 508 of the Rehabilitation Act or otherwise require that the devices procured be accessible to the blind. Blind readers cannot independently access the text-to-speech reading and voice-guided menu features of the Kindle, and cannot independently navigate within a book once it is opened, meaning that they must simply read it from beginning to end.
 Dr. Marc Maurer, President of the National Federation of the Blind, said: “Access to information is a fundamental human right, and blind Americans, as well as our brothers and sisters throughout the world, insist that this right be upheld. The State Department wants the international community to learn about United States society and culture; people with disabilities are a part of that society and culture, and the protection of our rights is a national priority as clearly expressed in the Rehabilitation Act and other laws. All federal agencies, including the State Department, are bound by these laws. We intend to see that the State Department meets its legal and moral obligations to the blind people of this country and the world.”
 Marianne Diamond, president of the World Blind Union (WBU), said: “The WBU represents over 285 million blind people throughout the world and believes strongly that the blind and others who cannot read print must have access to published materials on the same terms as the sighted. It is critical that the United States demonstrate leadership in this area by procuring and providing reading technology that everyone can use independently.”
 The complainants are represented in this matter by Scott C. LaBarre of the Denver firm LaBarre Law Offices.


◇Internet Archive’s Peter Brantley Urges Librarians to More Actively Reshape the Digital Landscape
http://www.thedigitalshift.com/2012/06/ala/internet-archives-peter-brantley-urges-librarians-to-more-actively-reshape-the-digital-landscape-ala-annual-2012/
(By Michael Kelley on June 27, 2012 The Digital Shift)
 The Internet Archive’s Peter Brantley made a cogent and precise presentation at the American Library Association conference this week that urged the librarian community to do a better job of shaping the multitude of conversations that ultimately affect how and what libraries can do with digital content.
 Brantley, the director of the Bookserver Project at IA, said librarians, rather than just saying yes or no to various business models put forth by the Big Six publishers, need to be much more active.
“I think it is really, really, really important for us not to be passive in those conversations,” Brantley said. “And we have probably not done as good a job there as we could.”
 The conversations also need to move beyond the Big Six, particularly as the publishing landscape rapidly flattens, Brantley said.
“It’s not just the Big Six and it’s not even just the small and independent publisher, but there’s this huge universe of truly independently published material that’s very, very difficult for libraries to get a hold of,” said Brantley, who added that in recent conversations he had with the Library of Congress the staff there expressed great concern about the inability to acquire much of this material.
“This is material, for example, that an author might publish into Kindle’s Direct program only. So there’s no way for us, in the public library context, to get a hold of it,” Brantley said. “We have to think, as a broad community, how do we touch that kind of material. We really might not like to see a world in which access to books ends up getting fractionated across vendors.”
 Brantley gave a nod to the joint effort under way in Canada, under the direction of the Canadian Urban Libraries Council and eBOUND Canada that is seeking, as LJ reported, to build a national public library infrastructure for the storage and distribution of digital content that would also manage lending agreements with publishers as well as transactions between libraries and patrons.
 In a June 5 request for information (RFI), the Canadian groups hit on many of the principles that were enunciated in the joint Canadian-U.S. Readers First initiative, but the Urban Libraries Council effort is in some ways more tangible and advanced. For example, in the RFI they are specifically requesting vendors to ensure that the storage location “must allow for the portability of material at the libraries’ discretion.”
“We have at least something to watch and learn from as the Canadian effort moves along,” Brantley said.
 Librarians need also to be aware and participating in more technical conversations that could have a significant impact on their operations, Brantley said, such as the Independent Digital Publishing Forum’s request for comments on a plan for alternative DRM schemes. Such alternatives could move the library lending mechanism beyond its present reliance on the Adobe Content Server (IDPF recently extended the comment period until June 29).
“Adobe Content Server is a very poorly supported software that has seen better days,” Brantley said. “It is not well loved by anyone who uses it, and it also imposes a lot of technical and organizational burdens on libraries.”
 IDPF’s exploration of a standard “lightweight” DRM for EPUB is generally seen as more useful in non-retail business models, such as library e-lending, and a broadly adopted, standard method of protecting ebook content could, according to IDPF, “materially increase interoperability, ameliorate some of the ease-of-use limitations in current DRMs, and may promote broader adoption of digital reading.”
 A number of publishers are recognizing that in some ways DRM can work against their interests, including its lack of user-friendliness and the way ebook distributors can use it to “lock in” consumers, according to IDPF.
 Brantley said this sentiment was in evidence in conversations he had with publishers at the recent BookExpo conference, some of whom expressed a willingness to explore alternative DRM schemes with libraries. Regardless of the ultimate merits of lightweight DRM, librarians need to be part of the conversation.
“These kind of things would help to relocate where we are having the conversation,” Brantley said. “It shifts the variables a little bit about what we need to talk about and what kind of principles we have about the content we are making available and on what terms, and I think that kind of fundamental questioning is really important for us to have.”
(The Canadian company Enthrill is also doing work on alternative DRM schemes.)
 A more active attitude also extends to book rights, and the gamut of nascent models that are rethinking how libraries might gain access to books for lending. Brantley pointed to the Unglue.It project from GlueJar under Eric Hellman, which recently “unglued” its first title, or the Library License project being run by the Harvard Library Innovation Laboratory.
 In the latter project, authors are encouraged to be more mindful in their negotiations with publishers about ensuring that once sales of their books fall below a certain threshold that a license will take effect that gives full digital rights to libraries.
“It’s really important for libraries to think about how we engage with authors in shaping contracts with publishers,” Brantley said. “That might end up liberating us in the long run by breaking open the rights package and allowing us to do things that we might not otherwise be able to do because all we’ve been thinking about is the rights given to us by publishers ? and that is not all the world.”
 Brantley reminded the audience that major players in the publishing industry, the people really selling books, are the West Coast technology titans like Amazon, Apple, Google, and Microsoft.
“This is the marketplace where people buy books, and they buy them as part of comprehensive media platforms that are intended to be proprietary and siloized by those vendors … and books in many ways are an afterthought for them,” Brantley said. “We need to realize that we are an interesting alternative that publishers ought to really care about.”


◇米Amazonが日本での電子書籍端末「Kindle」の近日発売を予告、Amazon.co.jpサイトの回転バナー上で
http://hon.jp/news/1.0/0/3466/
(2012-06-26 15:49:12 hon.jp Day Watch)
 Amazon社(本社:米国ワシントン州)は日本時間6月26日、同社が欧米で販売中の電子書籍端末「Kindle」シリーズを日本国内でも近日発売することを予告スタートした。
 同社のAmazon.co.jpサイト上中央の告知バナーエリアで表示される告知文には「Kindle〜世界で最も売れている電子書籍リーダー、近日発売」としており、連絡メール配信の受付リンクが付いている。
 具体的なモデル名や価格等についてはまだ明らかにされていないが、来週にも楽天のKobo電子書籍ビューワがプレオーダー開始されたり、東京で「電子出版EXPO」が開催されることなどから、かなり近いタイミングでの発売となるものと予想される。【hon.jp】
◎Amazon.co.jpサイト( http://amazon.co.jp/ ※回転バナーのため表示されるまで待つ場合があります)


◇モリサワ、電子コミックをEPUB3形式で制作できる「MCComic」を来週の「電子出版EXPO」会場でデモ披露へ
http://hon.jp/news/1.0/0/3461/
(2012-06-25 16:23:36 hon.jp Day Watch)
 株式会社モリサワ(本社:大阪府大阪市)は6月19日、来週7月4日から開催される「第16回 国際電子出版EXPO」展示会で、現在開発中の電子コミック制作ソリューション「MCComic」をデモ披露する。
 MCComicは、現在もベンダー系フォーマットで提供されている電子コミックを、EPUB3.0形式で広く流通・販売させるためのソリューション。モリサワがすでに販売している電子書籍ソリューション「MCBook」や電子雑誌ソリューション「MCMagazine」も、それぞれ最新版がデモ披露される模様だ。
 なお、モリサワでは同日、現行のMCBookビューワをEPUB3対応に拡張する「MCBook EPUBビューアライブラリ」も提供開始したことを発表している。【hon.jp】
◎モリサワのプレスリリース( http://www.morisawa.co.jp/corp/news/News20120619_03.html )


◇Report from the 101st German Librarians Congress in Hamburg : Libraries ? Gateways to Knowledge
http://blogs.ifla.org/acd/2012/06/14/report-from-the-101st-german-librarians-congress-in-hamburg-libraries-gateways-to-knowledge/
(14 June 2012 IFLA Acquisition & Collection Development Section Blog)
 22nd to 25th May, 4700 German speaking librarians and international guests (see overview of English presentations) met in Hamburg. (see published articles)
Topics on Acquisition and Collection Development:
A panel on “Patron Driven Acquisition” discussed best practices of the PDA model for ebooks (A. Klein, Mannheim and E. Gobel, Graz, AT) and came to similar conclusions as experts in David A. Swords’ Patron-Driven-Acquisitions Handbook (see Schmolling, Review). Annette Klein analysed the degree of utilisation of books purchased via subscription and those of the PDA model (automated purchase after 10 minutes of usage, or books triggered as short loans). Subscription models and big deals of consortia acquisitions tend to be in the end more cost effective but the utilisation ratio in that case is 71% after 3 years whereas PDA books of course have a usage ratio of 100% at the beginning and about 70% user ratio after purchasing. Draw backs might be DRM and the lack of time between publication of books and their listing in the aggregator’s bibliographic database. E. Gobel from Austria reported from a one year’s PDA project with about 11.000 ebook titles (purchase with the second usage of a title) from the Aggregator Missing Link/ MyILibrary offered via online catalogue. Up to now there is no automated way of checking duplicates between print and ebook copies.
P. Mayr and A. Lopez from Cologne and Duisburg-Essen presented EVA (ErwerbungsVorschlags-Assistant), a methodology of patron driven acquisition in regard to printed material, specifically interlibrary loan requests. The requests are automatically compared to specific criteria in regard to their suitability as an acquisition, enriched with external data and presented to the appropriate subject librarian. Since October 2011, EVA is in production with several German university libraries. The model will be presented on the WLIC in Helsinki on the ACD Open Session in August this year. J. Lazarus (University Library of Leipzig) presented a project of the library: User oriented acquisition in the print sector: does PDA work with print publications? with aggregator Missing Link. 100.000 print titles of specialised research literature from Nielsen Book Data are included into the online catalogue, using a purchase profile. Users trigger a purchase and will be informed to get the book within two weeks time. 48000 ? of the budget will be spent for the project.
 Two German models of budget calculation and distribution in the digital age were discussed at the open session of the DBV section on acquisitions (Chair: Franziska Wein, Erfurt). Stating the increasing need for e-media and the stagnation of library budgets, existing models of acquisition (the “Bavarian Model” and the Model from Konstanz University Library, Humboldt University Library Berlin) do not include adequate parameters for the acquisition of digital media. The German library statistic does not offer data information needed for a revision of budget distribution models. Financing Open Access publications will have to be part of the library’s acquisition models. A questionnaire on budget distribution models in the digital age will be sent to German university libraries to give a state of the art-report next year.
 The golden and the green way of open access (Frank Scholze , Karlsruhe, K. Pappenberger, University. Library of Konstanz) were the subject of several sessions stating that university libraries turn out to be increasingly service and consulting centres for the electronic publication of faculty, managing university repositories, university publishers (I. Meinecke, J.F. Maas, Univ. Library Hamburg) as well as publication funds (e.g. Biomed Central). (A. Kellersohn, University Library Freiburg): Open Access ? Actors, Financing, Effects Costs are transferred from consumer (library, user) to the producer (author) and costs (about 3400 ? per article) are considerable. The German Research Foundation (DFG) will support open access subject repositories and the development of search enginges (e.g. D. Pieper, University Library Bielefeld, BASE, University Library of Bielefeld, B.-Ch. Kamper, University Library Stuttgart on OPUS, Univ. of Stuttgart) to enable a better integration of open access publications in subject databases like ECON BIZ.
 A concept has been published on the infrastructure of information in Germany, coordinated by the Leibniz Association. The role of the University Libraries was discussed in a panel of the German Library Association (DBV).There will be 8 fields of action: 1. Licensing, 2. Hosting/Long Term Archiving, 3. non textual materials, 4. Retro Digitisation, 5. Virtual Research Environment, 6. Open Access, 7. Research Data, 8. Information Literacy. The aim is to establish a national concept of information infrastructure for the future within the frame of the German federal structure.(Regine Schmolling, State and University Library Bremen, Germany)


◇ALA Contemplating a Seal of Approval for Ebook Business Models
http://www.thedigitalshift.com/2012/06/ala/ala-contemplating-a-seal-of-approval-for-ebook-business-models-ala-annual-2012/
(June 24, 2012 By Michael Kelley The Digital Shift)
 The American Library Association’s Digital Content & Libraries Working Group has had a busy year, and it is now halfway through its two-year mission to help guide ALA in its response to all the challenges and difficulties that ebooks are presenting to the librarian community, with a particular focus on public librarians and the Big Six trade publishers.
 Robert Wolven, co-chair of the working group and the associate university librarian for bibliographic services at Columbia University, said the series of meetings held over the past year between the Big Six and ALA’s leadership have been fruitful and are ongoing.
“It hasn’t ended with the meetings we had with each publisher,” Wolven said at a meeting of the working group Saturday evening in Anaheim where the ALA annual conference is being held. “The contacts in most cases are ongoing. When publishers are contemplating something they will come and test it out with the understanding that we are not going to make public pronouncements about what they are going to do.”
 ALA representatives, including outgoing President Molly Raphael and Executive Director Keith Fiels, have made three multi-day trips to New York to meet with publishers since the Midwinter conference in Dallas.
 Wolven also co-chairs a subcommittee of the working group (the other chair is Erika Linke, the associate dean of libraries at Carnegie Mellon University) that is dealing specifically with business models and licensing agreements and is also trying to develop negotiating positions to be used in these publisher discussions.
 One idea discussed Saturday was a “consumers report” approach to various ebook business models, which will likely be part of a report that the committee will circulate to the broader membership sometime in the next few weeks.
“We want to shape the report into a hierarchy of desirable characteristics in business models ? and undesirable characteristics,” Wolven said.
 The consumers report concept would provide a kind of seal of approval on a business model (or a publisher) and provide a set of criteria for evaluation.
“That might be an interesting way of putting this forward,” Wolven said.
 Ownership of ebooks and the ability to move them from platform to platform were “very high in the hierarchy of desirable features,” Wolven said.
 Some members wondered whether this applied to Random House books.
“When Random House said libraries own their ebooks they really were not clear about what they meant by own,” said Christopher Harris, the coordinator for school library systems at Genesee Valley BOCES in Le Roy, NY. “But what they seemed to be suggesting is that we would be free to take the ebooks out of one vendor platform and place them in another platform. That is a very desirable feature and I hope that they feel that we applauded them for that even if we moaned and groaned about the price increases.”
“I was also very heartened by that suggestion that you own an ebook and an implied notion that you can reformat it onto various kinds of platforms,” said Clifford Lynch, the executive director of the Coalition for Networked Information (CNI), which is based in Washington D.C. “That also starts giving you very important traction on the preservation side of this.”
 Harris and Lynch were referring to Random House’s use of the term “unrestricted and perpetual availability,” which it pointed to as a counterbalance to the steep price increases it instituted in March. 3M does allow the transfer of titles from its platform to another, a feature that was announced during the dispute between Jo Budler, the Kansas state librarian, and OverDrive over the right to do such a thing. However, the contract signed with the distributor could take precedence in such situations. Random House could not be reached for comment.
 The working group is also looking at how best to communicate about these issues not only within ALA but also to the public, and how libraries might better position themselves in the self-publishing space. Lynch, of CNI, also urged the group to move past the Big Six focus.
“You’ve mostly dealt with the Big Six players here, but I think it’s very important in this next year to bring in a couple of players beyond the Big Six, because this is actually an opportunity to get some leverage on the Big Six by saying here are other up and coming publishers that are actually well behaved,” Lynch said.
 Harris said there were numerous examples of publishers that have “gotten it right” and can be held up as models worth emulating.
“Baen Publishers has been publishing sci-fi and fantasy ebooks for 13 years now DRM-free and making a huge business of it with documented sales records that show when they release their ebooks into their free library sales of paperbacks go up,” Harris said.
 Canada might also provide some guidance, according to Holly Yu, the electronic resources coordinator at California State University in Los Angeles. Yu pointed to the “request for information” (RFI) issued June 5 by the Canadian Urban Libraries Council that is seeking vendors who could build a nationwide ebook infrastructure.
 The council said that the purpose of the RFI “is to identify potential partners who would be interested in providing a Canadian-controlled infrastructure for the storage and distribution of digital content as well as for the management of lending agreements and transactions between public libraries, publishers and library patrons.”
 Yu said Canada was ahead of the U.S. and said the working group might want to think about advocating for a similar type infrastructure, which at the very least might help alleviate some of the frustration that librarians are feeling about the variety of interfaces they have to deal with ? something that Nina McHale, the assistant systems administrator for the Arapahoe Library District in Colorado, expressed clearly to the group.
“Even if we have three platforms we’re going to want to present one to the end user and I’m tired of being left holding the bag as the technical person in my library to try to come up with a solution,” McHale said. “I would like to push back a little back on the vendors … it is up to us to deliver our services to our users, but we shouldn’t have to spend tens of thousands of dollars in products that don’t work to provide a unified interface.”


◇Bibliotheca Says Solution to Library Ebook Frustrations Has to Be National
http://www.thedigitalshift.com/2012/06/ebooks/bibliotheca-says-solution-to-library-ebook-frustrations-has-to-be-national-ala-annual-2012/
(June 23, 2012 By Michael Kelley The Digital Shift)
 Jordana Vincent was one of the librarians honored Friday in Anaheim at Library Journal’s Movers & Shakers banquet. Her work in developing the innovative ebook lending model at Douglas County Libraries spurred the recognition. But later Friday, when the exhibit hall opened at the Anaheim Convention Center for the ALA annual convention, Vincent, like Monique Sendze, DCL’s former associate director of information technology, was wearing a black shirt emblazoned with the logo of Bibliotheca, her new employer.
 Both Sendze and Vincent said they decided to join the fledgling ebook division launched this week by Bibliotheca, the giant international provider of library self-service technology, because they wanted to see the DCL model spread in a way that was not possible at just one library.
“I really felt strongly about supporting this model because we have been working so hard on this for over a year now, and this was a way to get it out to all the libraries that really need a solution,” Vincent said in the exhibition hall.
 Just as Sendze provided the technical expertise to build the infrastructure that enabled many of the innovations at DCL, it was Vincent, nicknamed the Bulldog, who negotiated directly with publishers to obtain ebooks that DCL could own and house on the library’s servers.
“When you hire people with get up and go, don’t be surprised that they got up and went,” joked Jamie LaRue, the DCL director who was outside the convention hall.
 Sendze said Bibliotheca’s still very amorphous ebook division will ultimately empower libraries.
“Basically, it’s to build on the concepts we started at DCL which gives purchasing power back to the libraries and to allow libraries to actually determine what ebook distribution models work for them,” Sendze said.
 Bibliotheca’s ebook division, under Sendze’s direction, aspires to build an open-source, national, cooperative buying platform, with Bibliotheca providing technical support and hosting services. Bibliotheca said that it will debut the platform in early 2013 in North America, though some elements built on the DCL-developed model may be available earlier.
“What we realized is that many libraries came to us wanting to be able to do what DCL did, but many libraries cannot do it by themselves,” Sendze said. “And on the other side publishers will not work with libraries individually. Publishers were like ‘we love what you are doing but we don’t have the bandwidth to work with every individual library one at a time.’ ”
 The project has a lot of details to work out yet, but Shai Robkin, the president and CEO for Bibliotheca in the America likened it to a food cooperative.
 At times, with its national aspiration, it appears to have overlapping ambitions with the Digital Public Library of America but with the technology organization already on board. At other times, it harkens back to a proposal for a national buying pool first proposed by COSLA in 2010, or to the $1 million buying pool that the Wisconsin Public Library Consortium recently established in order to expand its OverDrive-run Digital Download Center and, perhaps, gain some leverage in pricing.
 Bibliotheca similarly hopes to lower acquisition costs by collective ebook purchases and passing along any discounts that may result to libraries.
“No one provides discounts and libraries are used to getting discounts on materials, that’s how we put our budgets to the best use and we’re not getting that from anybody,” Vincent said. “Having the ability to offer discounts to libraries is I think a huge factor in what would make this a positive alternative.”
 Robkin described the venture as a public-private partnership with his company’s technological prowess not only making the platform doable but also serving as a reassurance to jittery publishers.
“Let’s not make any mistake about this. We are a for-profit institution but we believe that we can do real good for ourselves by doing real good for the library community,” Robkin said. “And we can bring these two parties ?- publishers and libraries ? together who really should be aligned, but somebody has to put it together.”
 It wasn’t clear why publishers would feel more comfortable with Bibliotheca aggregating content and administering a platform over other companies, such as 3M, with similar expertise which, nonetheless, cannot get all the big publishers to sign on. There also is the potential that many publishers and distributors would resist selling to a consortial buying group because they fear the impact collective buying would have on duplicate sales.
LaRue said Bibliotheca’s approach would come down to a cooperative purchasing agreement and collective bargaining with the publishers. “If we aggregate all these dollars that we spend on materials can they drive the price down? I think the answer should be yes.”
In any case, the project also envisions enabling librarians to negotiate directly with publishers for content (“sweat equity” Robkin called it), which Robkin and LaRue said would be more practical and attractive if they have a platform administered by Bibliotheca at their back. It also would enable libraries to tap more easily into works by local or self-published authors.
“There are principles that we have to figure out, how do we negotiate with publishers,” said LaRue, “and then there’s the platform and that’s the huge barrier for most of the libraries. They can’t get there. They don’t have the technical expertise. And I think if Bibliotheca steps in and says ‘we have all this stuff worked out, here’s how we deliver content, we have relationships with publishers,’ it’s turn key.”
 Robkin said the company can also leverage its long-standing relationships with ILS companies to integrate the platform with library OPACs. The number one reason he was at ALA was to start a conversation about the project and to get ideas.
“We want librarians to shoot holes in our model, tell us what’s wrong with this idea, and tell us, as importantly, where you might want to join us,” he said. “One thing is clear: there needs to be a single, national solution to this. Publishers don’t want to deal with individual libraries.”


◇Overdrive Celebrates 100 Million eBook Checkouts
http://goodereader.com/blog/electronic-readers/overdrive-celebrates-100-million-ebook-checkouts
(JUN 23, By Michael Kozlowski)
 Ovedrive, the premier content distribution system for schools and libraries, has a reason to celebrate. The company today has just hit a milestone, with 100 million ebook and audiobooks checkouts.
 This milestone is the result of years of library innovations. In April 2003, starting with a modest collection of popular materials, Cleveland Public Library opened the first OverDrive “virtual branch” and pioneered ebook checkout. Every month since, dozens of new library partners in the United States and around the world have joined their network for their library solutions.


◇米国人は図書館を、その電子書籍サービスをどのように利用しているか? Pew Research Centerが調査レポートを公表
http://current.ndl.go.jp/node/21176
(2012年6月22日 カレントアウェアネス・ポータル)
 米国の非営利団体Pew Research Centerが、2012年6月22日付けで、米国における人々の図書館やその電子書籍サービスの利用をテーマとした調査レポート“Libraries, patrons, and e-books”を公表しました。冒頭の要約部分に続いて、以下のような構成になっています。
・第1章:図書館と電子書籍を取り巻く問題について
・第2章:人々はどこで本を探すか
・第3章:図書館利用者
・第4章:人々は昨年どのように図書館を利用したか
・第5章:過渡期にある図書館
・第6章:電子書籍の貸出について詳しく見てみる
・第7章:電子書籍を借りない人々
・第8章:考察
 なお、Pew Research Centerは2012年4月に米国における電子書籍の利用実態と読書習慣についてのレポート“The rise of e-reading”を公表しましたが、こちらは図書館を正面から取り上げたものではありませんでした。
◎Libraries, patrons, and e-books(PDF:80ページ) http://libraries.pewinternet.org/files/legacy-pdf/PIP_Libraries_and_Ebook_Patrons%206.22.12.pdf
◎Libraries, patrons, and e-books http://libraries.pewinternet.org/2012/06/22/libraries-patrons-and-e-books/
◎Pew Internet Releases New Report: “Libraries, Patrons, and E-books” (LJ INFOdocket 2012/6/22付け記事) http://www.infodocket.com/2012/06/22/pew-internet-releases-new-report-libraries-patrons-and-e-books/


◇米Penguinグループ、ニューヨーク及びブルックリン公共図書館に電子書籍を提供する実験プロジェクトを開始
http://current.ndl.go.jp/node/21177
(2012年6月22日 カレントアウェアネス・ポータル)
 2012年6月21日、米国のPenguinグループ、ニューヨーク公共図書館、ブルックリン公共図書館、3M社が協力して電子書籍サービスに関する実験プロジェクトを行うことが発表 されました。これにより、2012年8月から、Penguinグループの電子書籍(出版から半年経過したもの)が3M社の図書館向け電子書籍サービス3M Cloud Libraryを通じて両館の利用者に対して提供されます。プロジェクト期間は当初1年間と予定されており、うまくいけば、同様のサービスが全米へと拡大される可能性があります。
 Penguinグループは公共・学校図書館向け電子書籍サービスを提供するOverDrive社との契約を2012年2月に打ち切っていました。今回のプロジェクトに対して米国図書館協会(ALA)が歓迎の意を表明しています。
◎Penguin Group (USA) Launches Library Lending Pilot Program(ニューヨーク公共図書館 2012/6/21付けプレスリリース) http://www.nypl.org/press/press-release/2012/06/21/penguin-group-usa-launches-library-lending-pilot-program
◎ALA welcomes new Penguin pilot library lending program(ALA 2012/6/21付けプレスリリース) http://www.ala.org/news/pr?id=10836
◎Pilot Project: 3M Cloud Library Will Provide Two New York Libraries Access to Penguin Ebooks(INFOdocket 2012/6/21付け記事) http://www.infodocket.com/2012/06/21/pilot-project-3m-cloud-library-will-provide-two-new-york-libraries-access-to-penguin-titles/


◇立命館大学図書館、EBSCO社のディスカバリサービス“EBSCO Discovery Service”を日本初導入
http://current.ndl.go.jp/node/21178
(2012年6月22日 カレントアウェアネス・ポータル)
 立命館大学図書館がEBSCO社のディスカバリサービス“EBSCO Discovery Service”を導入し、運用を開始しました。同サービスの導入は日本で初めての事例です。
◎立命館大学図書館のTOPページにディスカバリーが登場(立命館大学図書館 2012/6/22付けニュース) http://www.ritsumei.ac.jp/acd/mr/lib/news/20120622_2.html
◎立命館大学様/立命館アジア太平洋大学様において、弊社EBSCO Discovery Serviceの導入が決定いたしました!(EBSCO 2011/10付け) http://www.ebsco.co.jp/e-solution/eds_news/ritsumeikan.html


◇dbsv-direkt Nr. 35-12 Unterstutzen Sie den "WIPO-Blindenvertrag"!
http://www.dbsv.org/dbsv/aktuelles/alias/article/1629/
(22.06.12 DBSV)
 Das Ringen um den "Blindenvertrag", der den Zugang blinder Menschen zu Informationen wesentlich verbessern wurde, geht weiter. Am 16. Februar dieses Jahres nahm das Europaische Parlament einstimmig einen Resolutionsantrag an, der die Europaische Kommission und den Rat aufforderte, sich bei der Weltorganisation fur geistiges Eigentum (WIPO) in Genf fur einen "Blindenvertrag" einzusetzen. Seither ist nicht viel geschehen. "Rund vier Wochen vor Beginn der nachsten Verhandlungsrunde in Genf darf die EU nicht mehr zogern und zaudern und sich hinter dem kollektiven Willensbildungsmechanismus verstecken", sagt der Prasident der Europaischen Blindenunion, Wolfgang Angermann. "Die Mitgliedsstaaten sollten stattdessen jetzt endlich den Willen der blinden Menschen und des Europaischen Parlamentes akzeptieren, den WIPO-Vertrag aktiv unterstutzen und damit den rechtlichen Verpflichtungen nachkommen, die ihnen die Behindertenrechtskonvention auferlegt hat."
 Die Weltblindenunion, die Europaische Blindenunion und der DBSV bitten Sie, die Leiterin der deutschen WIPO-Delegation anzuschreiben und diese aufzufordern, sich fur einen verbindlichen WIPO-Vertrag einzusetzen. Ein Musterschreiben zum Download sowie den offenen Brief des DBSV und vier weiterer Verbande vom Mai 2011 finden Sie unter:
www.buechernot.dbsv.org
 Welche Position Deutschland und die anderen EU-Mitgliedslander zum "WIPO-Blindenvertrag" haben, erfahren Sie auf der "WIPO-Vertragskarte" der Europaischen Blindenunion unter:
www.euroblind.org/wipo (leider nur in Englisch)
 Hintergrund:
 Weniger als 5 Prozent aller in Europa veroffentlichten Bucher sind barrierefrei, liegen also in einem Format vor, das blinden Menschen zuganglich ist, beispielsweise in Blindenschrift. In der ubrigen Welt trifft dies sogar auf weniger als 1 Prozent zu. Die Weltblindenunion und die Europaische Blindenunion bezeichnen diesen Zustand treffend als "Buchernot". Eigentlich musste es die "Buchernot" gar nicht geben, denn modernste Technik konnte im digitalen Zeitalter den Zugang zu Informationen fur Millionen blinde Menschen inner- und auserhalb der EU wesentlich verbessern.
 Zur Beseitigung der "Buchernot" haben die Weltblindenunion und die Europaische Blindenunion einen internationalen Vertrag vorgeschlagen, uber den seit mehr als drei Jahren bei der WIPO verhandelt wird. Dieser Vertrag wurde Ausnahmen und Beschrankungen im internationalen Urheberrecht vorsehen und den schnellen und einfachen grenzuberschreitenden Austausch von speziell fur blinde und sehbehinderte Menschen aufbereitetem Lesematerial erlauben. Viele WIPO-Mitgliedsstaaten, u.a. die USA, unterstutzen diesen vor uber drei Jahren von der Weltblindenunion bei der WIPO eingebrachten Vorschlag fur die Ausarbeitung eines Vertrages, doch die EU ist, wie die "WIPO-Vertragskarte" zeigt, uneins.


◇佐賀県武雄市図書館に指定管理者制度を導入する条例改正案が可決
http://current.ndl.go.jp/node/21183
(2012年6月22日 カレントアウェアネス・ポータル)
 2012年6月21日の佐賀県武雄市議会で、武雄市図書館に指定管理者制度を導入する条例改正案が可決しました。7月の臨時議会でカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)株式会社を指定管理者に選定する議案が提出される予定と報じられています。同館の構想については、樋渡啓祐市長から、利用者は従来の図書館カードと「Tカード」を選択できること、Tカードを選択した場合でも利用者が借りた本のタイトル等の貸出履歴はCCC側に提供されないことが示されています。
◎条例改正案を可決 武雄市図書館ツタヤ委託計画(佐賀新聞 2012/6/21付け記事) http://www.saga-s.co.jp/news/saga.0.2231397.article.html
◎貸し出し履歴提供せず 武雄市図書館、ツタヤ委託(佐賀新聞 2012/6/12付け記事) http://www.saga-s.co.jp/news/saga.0.2222748.article.html
◎図書館論争終わった感じ(武雄市長物語 2012/6/12付け記事) http://hiwa1118.exblog.jp/16040067/


◇Pew: Patrons Still Don’t Know Libraries Have Ebooks
http://www.thedigitalshift.com/2012/06/ebooks/pew-patrons-still-dont-know-libraries-have-ebooks-ala-annual-2012/
(June 22, 2012 By Meredith Schwartz The Digital Shift)
 Of Americans aged 16 and over, only 2 percent have borrowed an ebook from a library in the past year, The Pew Internet Project announced today at the American Library Association conference in Anaheim, CA. Although the numbers are higher for ebook readers, they’re still small: only 12 percent have borrowed an ebook from the library.
 Though given the attention paid to the lack of availability of ebooks for libraries it would be natural to assume that was a major reason more patrons don’t borrow ebooks, it doesn’t appear to be the case. The biggest challenge to library ebook lending may be simply letting patrons know they have any at all. Of the general population, the Pew study found 62 percent don’t even know whether they’re local library loans ebooks (75 percent of them do), and the picture doesn’t get much better for library card holders: 58 percent still don’t know whether their library lends ebooks or not. Device ownership improves the picture but only slightly: 53 percent of tablet owners don’t know, and 48 percent of dedicated ereader owners (such as Nook or Kindle.) Some 47 percent of those who have read an ebook in the last year have no idea if they can do so from the library.
“It was a genuine surprise to see these data,” Lee Rainie, director of the Pew Internet Project, said.
 Of those who do know whether their library lends ebooks, 22 percent knew that it did, and 14 percent, that it didn’t. Those who do know found out primarily either at the local branch or via direct online communication with the library, on the library website, catalog, or social media presence. As a result, libraries are much more effectively communicating their ebook offerings to those who already use the library regularly than they are to the larger population of ebook readers in the areas they serve.
◎SELECTION SATISFACTORY?
 Patrons are more forgiving of libraries’ selection difficulties than some may have thought: Among those who do borrow ebooks, about one third, or 32 percent, say the selection is good; 18 percent said it is very good, and 16 percent, excellent. Only 23 percent say it is fair, 4 percent poor, and 8 percent don’t know. This is in spite of the fact that more than half, or 56 percent, have tried to borrow an ebook and found the library doesn’t have it. (52 percent have been put on a waiting list and 18 percent tried to borrow an ebook only to find it was not compatible with their device.)
 Of those who don’t already borrow ebooks, nearly half, or 46 percent, would be interested in borrowing devices with preloaded content, and about a third said they would be interested in library-led classes on device use or specifically how to download content.
◎BOOK BORROWERS ARE EBOOK BUYERS
 The Pew survey also confirmed what LJ’s Patron Profiles found ? ebook borrowers are ebook buyers, too. Some 41 percent of those who borrow ebooks from libraries had purchased the most recent ebook they’d read. In fact, 55 percent of ebook readers with library cards preferred to buy their ebooks, compared to 36 percent who preferred to borrow them, whether from the library or from friends. (Those proportions are roughly reversed for library ebook borrowers: 33 percent still prefer to buy, and 57 percent, to borrow.) When looking for a new ebook, only 12 percent look at the library first.
 The Pew study also confirmed that libraries act as discovery zones, not only for authors whose subsequent books the patron will buy, but sometimes even for particular books, especially ones the patron wants to reread or share with others. One respondent said of the Hunger Games books, “We got the books from the library after waiting a long time for reserved copies. We loved them so much that we are going to purchase the whole series tomorrow from the school Scholastic book order form. Also I have them all on my new iPad Kindle app, and my son is now able to start reading them.” As the quote demonstrates, library ebook readers not only buy books, they buy and read across multiple platforms.
 Not surprisingly, readers of ebooks in households making at least $50,000 are more likely to want to purchase ebooks than those who make less. Device owners are also more likely to want to buy their books.
◎BOOK READERS AT THE LIBRARY
 Patrons who borrow ebooks often reported more checkouts but fewer physical library visits. This was particularly helpful to those with disabilities or in rural locations where getting to the branch could pose a challenge. However others responded that their e-borrowing supplemented rather than replaced their print borrowing, and one patrons even said it had increased print borrowing, because books found during e-browsing turned out to be available only in print.
 Things ebook borrowers liked about the experience included instant access, lack of fines and eliminating the hassle of physically returning books. They were generally satisfied with the length of checkout periods (usually 203 weeks), but said they would like the ability to renew, as well as to return books early if finished. What they didn’t like included the difficulty of search and browsing, especially compared to the commercial experience at sites like Amazon.com, and the hassle of the checkout process, especially if it involves third parties.
◎HOW LIBRARIES HANDLE EBOOKS
 About half of the libraries surveyed pay for ebook acquisitions out of their collection budgets; the next more common response is participation in a consortium that provides access to ebooks.
 Since library staff are educating patrons on how to download ebooks and sometimes how to use their own devices, staff training is crucial. Those who reported positive training experiences were primarily librarians who had extensive hands-on training with the devices, including being able to take them home and practice on their own. Theoretical training received bad marks, as did out of date training. (Keeping up with the pace of technological change was a commonly reported challenge.


◇Many E-Book Borrowers Buy, Too, Says Pew Study
http://www.digitalbookworld.com/2012/many-e-book-borrowers-buy-too-says-pew-study/
(June 22, 2012 by Jeremy Greenfield Digital Book World)
 Publishers worried that readers who borrow e-books from libraries don’t buy books can put those worries to rest.
 According to a new study from the Pew Internet and American Life project, those who borrow e-books from libraries also purchase e-books. When e-book borrowers were asked by Pew how they acquired the last e-book they read, 41% said they bought it.
“E-book borrowers are book lovers,” said Lee Rainie, director of the Pew Internet project. “They the heaviest book-reading cohort of the ones we measured. They are more into books than even e-book readers, the larger group they fall into.”
 E-book borrowers represent about 12% of e-book readers, according to the study. Among e-book readers, about 21% of the population per a Pew study from earlier in the year, the buy rate is a slightly higher 55%.
 For Rainie, the takeaway is that e-book borrowers are slightly more likely to borrow an e-book than e-book readers, but are still heavy book buyers.
“E-book borrowers being buyers is a phenomenon that’s true in the print world as well,” said Molly Raphael, president of the American Library Association. “We know this anecdotally and this data that shows it is an important finding for us.”
 Raphael said that e-book borrowers will discover a book they want to borrow and then see that they have to wait for it to become available and will get impatient and buy it. E-book borrowers also sometimes sample e-books by borrowing them and then buy them.
“Sampling is part of the discovery process in digital media environments,” said Rainie, citing samples of music, articles and movies online.
 When you break it down, e-book borrowers only represent 2% of the overall population, according to the study, but are among the most avid readers and buyers of books. To Rainie, that means we’re at the early part of the adoption cycle for an emerging technology. At this point, few people even know that one can borrow e-books from libraries.
 Only 58% of library patrons knew their public libraries offered e-books for borrowing, according to the study.
“That number was a genuine surprise,” said Rainie. “Even people that are pretty connected to the e-book world or the library world are also not aware. There are early adopters that are immersed in this world and care about it and there are later adopters and laggards who are not paying attention. That’s playing out here.”
 There are programs at libraries designed to educate patrons on e-reading and e-book borrowing, said Raphael, but librarians are not yet aware at how widespread ignorance of e-book lending is. At the ALA meeting in Anaheim, Calif. this week, Pew will be delivering the results of this study.
“One of the points that participants will take away from this conference is that we need to get the word out better that we have e-books,” said Raphael.
 The Pew study was conducted by telephone among a nationally representative group of 2,986 people aged 16 and older in the U.S. during November and December 2011.


◇Europeanaへのテキストコンテンツの提供数、スペインが1位に
http://current.ndl.go.jp/node/21155
(2012年6月21日 カレントアウェアネス・ポータル)
 2012年6月18日に、スペイン・マドリードで開催されたEuropeana普及会議において、スペイン文化省は、同国からEuropeanaへのテキストコンテンツの提供数が約172万点で全体の21%を占めているとし、現在1位になっていると発表しました(フランスが2位で13%、ポーランドとスイスがそれぞれ12%)。また、全コンテンツタイプでは、スペインからの提供割合は9%で4位とのことです(1位はフランスの16%、2位はドイツで15%)。スペイン文化省は、2015年にはEuropeanaに対し270万点のコンテンツの提供を目指すとしています。
◎Espana es el primer proveedor de contenidos textuales de la biblioteca digital europea EUROPEANA (Ministerio de Cultura 2012/6/19付けの記事) http://www.mcu.es/gabineteprensa/mostrarDetalleGabinetePrensaAction.do?prev_layout=notas&layout=notas&html=31692012nota.txt&showBack=false&cache=init&language=es


◇日本電子書籍出版社協会が会員企業へのアンケート結果をまとめた「EPUB3.0日本語組版要望表」を公開
http://current.ndl.go.jp/node/21159
(2012年6月21日 カレントアウェアネス・ポータル)
 2012年6月21日、日本電子書籍出版社協会(EBPAJ)が「EPUB3.0日本語組版要望表」を公開しました。これは、同協会が会員企業に対して行ったEPUBビューア上で出版社が必要とする日本語組版の要素項目を調査するためのアンケート「EPUBビューア組版項目の優先順位」の結果をまとめたものです。要望表で登場する項目などについての「組版表現説明書」も併せて公表されています。
◎EPUB3.0日本語組版要望表(PDF:4ページ) http://www.ebpaj.jp/images/youbou.pdf
◎組版表現説明書(PDF:28ページ) http://www.ebpaj.jp/images/kumihan.pdf
◎日本電子書籍出版社協会(略称:電書協)「EPUB3.0日本語組版要望表」を公開(PDF:2ページ) http://www.ebpaj.jp/images/epub_press.pdf
◎日本電子書籍出版社協会(EBPAJ) http://www.ebpaj.jp/


◇国立国会図書館による絶版資料の図書館等への自動公衆送信等を含んだ改正著作権法が成立
http://current.ndl.go.jp/node/21166
(2012年6月21日 カレントアウェアネス・ポータル)
 2012年6月20日午後に開かれた参議院本会議で「著作権法の一部を改正する法律」が賛成多数で可決され、成立しました。3月9日に第180回通常国会に提出、6月15日に衆議院で可決されていたものです。
 今回の改正内容には、(1)写り込み等の利用行為に関する権利制限、(2)国立公文書館や地方公文書館における著作物の利用に関する権利制限、(3)国立国会図書館(NDL)による絶版資料の図書館等への自動公衆送信、(4)DVD等で用いられている暗号型技術の回避に対する規制(いわゆる「DVDリッピング違法化」、罰則規定はなし)、等についての規定が含まれています。また、衆議院で提出された修正案によって(5)いわゆる「私的違法ダウンロード刑事罰化」に関する規定も加えられています。
 これらのうち(4)と(5)については2012年10月1日から、それ以外については2013年1月1日から施行されます。
◎著作権法の一部を改正する法律案(内閣提出時) http://www.shugiin.go.jp/itdb_gian.nsf/html/gian/honbun/houan/g18005064.htm
◎著作権法の一部を改正する法律案に対する修正案 http://www.shugiin.go.jp/itdb_gian.nsf/html/gian/honbun/syuuseian/6_529E.htm
◎著作権法の一部を改正する法律案:議案審議経過情報 http://www.shugiin.go.jp/itdb_gian.nsf/html/gian/keika/1DB0916.htm
◎著作権法 http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S45/S45HO048.html
◎10月1日からDVDリッピング違法化&違法DL刑罰化、改正著作権法が可決・成立(INTERNET Watch 2012/6/20付け記事) http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20120620_541251.html
◎私的違法ダウンロード刑罰化を含む著作権改正法、参議院で審議(INTERNET Watch 2012/6/19付け記事) http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20120619_541239.html
◎DVDリッピング違法化+私的違法ダウンロード刑罰化法案、衆議院で可決(INTERNET Watch 2012/6/15付け記事) http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20120615_540420.html
◎違法ダウンロードに刑事罰・著作権法改正で何が変わるか 壇弁護士に聞く(ITmedia ニュース 2012/6/20付け記事) http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1206/20/news015.html
◎違法ダウンロードに対する刑事罰の導入に関する意見書(PDF:8ページ) http://www.nichibenren.or.jp/library/ja/opinion/report/data/111215_5.pdf
◎『違法ダウンロード刑事罰化』について、議員向けの反対声明を発表しました。(MIAU) http://miau.jp/1338800400.phtml
◎「私的違法ダウンロードの罰則化」などを含む著作権法の一部を改正する法律案の国会通過にあたって(一般社団法人日本レコード協会 2012/6/20付けプレスリリース) http://www.riaj.or.jp/release/2012/pr120620.html


◇OverDrive Launches Next Generation of Its Library E-Book Distribution Service
http://www.digitalbookworld.com/2012/overdrive-launches-next-generation-of-its-library-e-book-distribution-service/
(June 21, 2012 Digital Book World)
 In the approach to the American Library Association’s annual meeting in Anaheim, Calif. next week, there has been a lot of pre-loaded, library-focused news.
 Just this morning, Penguin announced that it would begin a pilot program with public libraries in New York and 3M for e-book lending. Yesterday, Library Journal publisher Media Source launched an extensive new book review database for librarians with ambitious plans to expand to consumers. And a children’s book publisher launched a new platform and e-reader aimed at schools and libraries. There will surely be more to come.
 Also this morning, major library e-book distributor OverDrive announced the next generation of its library e-book and audiobook distribution platform, adding new features based on feedback from its network of 18,000 libraries and schools.
 The features include:
- A browser-based reader called OverDrive Read powered by HTML5
- Streaming audiobooksfor Windows, Mac, iPhone, Android, Windows Phone and Blackberry
- OverDrive Media Station, which will let readers in libraries browse and sample e-books on touchscreen monitors
- Collection development tools for librarians
- A new developer portal launching in July that will enable librarians to integrate library systems with OverDrive technology
OverDrive will demo the platform at the ALA meeting.


◇Amazon’s Audible.com Makes Mobile App for Windows Phone
http://www.digitalbookworld.com/2012/amazons-audible-com-makes-mobile-app-for-windows-phone/
(June 21, 2012 Digital Book World)
 PRESS RELEASE:Audible.com Launches Mobile App for Windows Phone
 Audible’s Latest Mobile App Makes More Than 100,000 Audio Titles Available for Instant Download on Windows Phone
 Audible, Inc., the leading provider of premium digital audiobooks and entertainment, and an Amazon.com, Inc. (NASDAQ: AMZN) subsidiary, today announced the release of its mobile application for Windows Phone, available immediately for download from Windows Phone Marketplace. Built specifically for the Windows Phone platform, Audible for Windows Phone allows users to wirelessly browse, sample, and purchase from more than 100,000 audiobooks and more using Windows Phone’s unique design and user interface.
“Our customers love the convenience of having their Audible content accessible on any device they choose”
“Our customers love the convenience of having their Audible content accessible on any device they choose,” said Ajay Arora, Vice President of Mobile Applications at Audible, Inc. “Now, with the launch of our new Windows Phone app, the complete Audible experience can be enjoyed by millions of devoted Windows Phone customers, all of whom will now be able to find and listen to their books anytime and anywhere.”
“Windows Phone is backed by a rich developer ecosystem that is creating a variety of quality apps and games, like the Audible app, that take advantage of the phone’s unique features and design,” said Todd Brix, senior director, Windows Phone Marketplace, Microsoft Corp. “With the ability to pin Audible titles to the Start Screen, the Audible app is a great example of the kinds of rich applications available on the Windows Phone Marketplace that enable people to get the most out of their phone,” he continued.
 In addition to a robust set of audiobook playback features, Audible for Windows Phone enhances the audiobook listening experience with features including:
-Wireless transfer from your Audible library to your phone
-Background audio support enabling listening while using other apps
-Ability to keep track of personal listening stats and earn badges
-Share bookmarks and favorite titles with friends via Facebook and Twitter
-Pin Audible titles to your Start screen using Live Tiles
 The Audible for Windows Phone App is available for free download from Windows Phone Marketplace and is compatible with devices running Windows Phone 7.5 and higher. For more information, please visit audible.com/wireless/windowsphone.


◇Conference Under Way, ALA President Praises New Penguin Ebook Pilot With NYC Libraries
http://www.thedigitalshift.com/2012/06/ebooks/ala-president-praises-new-penguin-ebook-pilot-with-nyc-libraries/
(June 21, 2012 By Michael Kelley The Digital Shift)
 As the American Library Association’s annual conference got under way today in Anaheim, ALA President Molly Raphael praised the decision by Penguin Group USA to re-enter the library ebook lending market on a trial basis with the New York Public Library, Brooklyn Public Library, and 3M.
 On the first day of the conference, Raphael released this statement:
 I applaud Penguin’s decision today to re-start e-book sales to libraries so that we may again meet our mutual goals of connecting authors and readers. This has been at the core of ALA’s outreach to Penguin and other major publishers over the past six months, and I am thrilled they are willing to try new business models in collaboration with libraries. This is an important development in our evolving relationship with publishers and intermediaries.
 As we move forward together, we must continue to experiment. One key area is to leverage the library’s role as a place of discovery to find new authors and titles. Having immediate access to titles from first-time and niche authors, for instance, presents a win-win-win for publishers, libraries and our library users who buy, as well as borrow.
 We welcome new partners in creating and supporting a nation of readers. I hope we’ll be hearing more announcements like this very soon.
 The conference, which runs until Tuesday, had an advance registration of 10,310, or 12,213 if exhibitor guest passes are included. This compares to 11,273 (and 12,727) in New Orleans last year.


◇米国の学校図書館向けの電子書籍貸出サービス“Brain Hive”
http://current.ndl.go.jp/node/21147
(2012年6月20日 カレントアウェアネス・ポータル)
 米国の幼稚園から高校まで(K-12)の学校図書館向けに、電子書籍を貸し出すサービスが登場しました。“Brain Hive”というこのサービスは、K-12の学校の児童・生徒や教員向けのオンデマンドの電子書籍貸出サービスで、プリントアウトや教材利用として使用可能なフィクション・ノンフィクション3,000タイトル以上について無制限アクセスを提供するものです。利用する度に1タイトルにつき1ドル支払うモデルとなっており、良く利用される図書については購入することも可能のようです。現在のところ20校を対象にベータテスト中で、2012年秋にも公開されるとのことです。
◎Brain Hive http://www.brainhive.com/Pages/Home.aspx
◎BrainHive to Offer Schools Pay-As-You-Go Access to Ebooks (School Library Journal 2012/6/4付けの記事) http://www.schoollibraryjournal.com/slj/home/894701-312/brainhive_to_offer_schools_pay-as-you-go.html.csp
◎On-Demand eBook Service for K-12 Schools Announced from Brain Hive, LLC (Market Watch 2012/6/4付けの記事) http://www.marketwatch.com/story/on-demand-ebook-service-for-k-12-schools-announced-from-brain-hive-llc-2012-06-04
◎Brain Hive Announces New On-Demand E-Book Service for K-12 Schools (THE Journal 2012/6/5付けの記事) http://thejournal.com/articles/2012/06/05/brain-hive-announces-new-on-demand-ebook-service-for-k12-schools.aspx


◇Internet Governance in Europe: IFLA at the EuroDig
http://www.ifla.org/en/news/internet-governance-in-europe-ifla-at-the-eurodig
(20 June 2012 IFLA)
 Last week in Stockholm IFLA participated in the European Internet Governance Forum for the first time. The forum, also known as EuroDIG, bought together over 200 representatives from governments, businesses and civil society to discuss the central theme of 'Who Sets the Rules for the Internet?' Many more representatives from all over Europe followed the sessions online and participated remotely.
 The international library community has previously engaged with the global-level Internet Governance Forum (IGF) since 2008. In 2012, following the formation of an IGF Dynamic Coalition on Public Access in Libraries, IFLA, along with Electronic Information for Libraries (EIFL), has been keen to ensure that library issues are heard at regional and national IGFs. Library groups have this year participated in national IGFs in Finland and Germany .
 Libraries were visible in a number of EuroDIG sessions. Stuart Hamilton, IFLA Director on Policy and Advocacy, took part in the first plenary session on intellectual property. The forum was notable for a large youth contingent, as well as a commitment to participant dialogue over presentations, and and the attitudes to copyright and information sharing that came from the floor were refreshing and challenging in equal measure. A clear message came through - that analog copyright frameworks will not work for users in a digital world.
 K?stutis Ju?kevi?ius, from the National Library of Lithuania, represented the library viewpoint in a workshop on digital inclusion, arguing that policymakers should take greater notice of libraries as a way to solve their digital inclusion and development problems. The library advocates at the event pushed this viewpoint constantly: that in a time of economic crisis libraries offer an existing infrastructure that can help governments achieve education, development and inclusion goals - and they should take advantage of it.
 In the event's opening ceremony EU Commissioner Neelie Kroes mentioned the way that Romanian libraries have payed a key role in helping citizens get access to agricultural subsidies, thus bringing much needed funds into rural communities. This was a helpful intervention to reference when IFLA participated in a workshop on access to government data, where we made the argument that public libraries should be included in any open government partnership plans due to their ability to make communities aware of the availability of data, as well as how to access it.
 As well as speaking from the floor whenever possible, libraries were also represented in a workshop on the use of ICTs by migrant populations to encourage integration in communities. The two days of sessions offered a number of opportunities not only to raise the profile of libraries' work but also to meet key decision makers from governments and businesses and impress upon them the need to support libraries. IFLA will now continue to engage with the IGF and is arranging a workshop with EIFL and The Internet Society (ISOC) on libraries and inclusion at the main IGF in Azerbaijan in November. If you are interested in these issues please consider joining the mailing list for the Dynamic Coalition, or contact Stuart Hamilton for further information.


◇廣済堂「BookGate」、EPUB3をサポート
http://ebook.itmedia.co.jp/ebook/articles/1206/20/news053.html
(2012年06月20日 13時00分 更新 eBook USER 西尾泰三,ITmedia)
 廣済堂は6月19日、iOS向けに提供している電子書店アプリ「BookGate」で7月からEPUBをサポートすることを明らかにした。
 BookGateは「JTB時刻表」に代表されるマニアックな品ぞろえなど総合系とは異なる魅力を持つ電子書店アプリで、ラインアップは現在約1600点。アプリにはモリサワの「MCbook ビューア」を組み込んでおり、テキスト中心の、いわゆる“活字もの”のコンテンツを表示するのに同ビューワを使用している。今回、モリサワがEPUB3をサポートするライブラリを新たにリリースしており、7月に予定するアプリのアップデートでこれを追加することでEPUBをサポートする考え。
 ユーザーがBookGateのEPUBサポートを直接意識することは少ないだろうが、出版社などコンテンツプロバイダーからすると、EPUBで作品を納品できるという手軽さはある。廣済堂は印刷事業も手掛けているが、電子書籍の制作も手掛けるサービスメニューも用意している。ライブラリの発表に併せEPUB3形式のデータ制作請負もメニューに追加しており、今後普及が期待されるEPUBへの対応を着実に進めているといえる。


◇公共図書館の資金調達とIT関連サービスの現状は?ALA、調査報告書を公表(米国)
http://current.ndl.go.jp/node/21146
(2012年6月20日 カレントアウェアネス・ポータル)
 米国図書館協会が、ビル&メリンダ・ゲイツ財団の資金援助により、公共図書館の資金調達とテクノロジーへのアクセスに関する調査報告書“Public Library Funding & Technology Access Study”の2012年版をまとめ、公表しています。
 厳しい経済状況のもと予算が縮小しているにもかかわらず、ITサービスの提供に努めている状況が報じられているようです。プレスリリースでは、以下の点などを紹介しています。
・96%の図書館が、電子政府サービスへのアクセス支援を提供している。
・90%以上の図書館が、ITの研修機会を提供している。
・76%の図書館が電子書籍へのアクセスを提供している。
・70%以上の図書館が、Facebookなどのソーシャルネットワーク・ツールを使用している。
・携帯端末用のウェブサイトを提供している図書館は15%にとどまるが、その割合は増加傾向にある。
・地方の図書館のネットワークアクセス環境は遅れており、10Mbps以上のブロードバンドを提供しているのは17%にとどまる。
・57%の図書館が、2012年度の予算は前年比維持ないし減少となっている。


◇【イベント】HathiTrustの挑戦:デジタル化資料の共有における「いま」と「これから」 (8/1・NDL東京本館)
http://current.ndl.go.jp/node/21145
(2012年6月20日 カレントアウェアネス・ポータル)
 2012年8月1日、国立国会図書館(NDL)東京本館において、米国の大学の共同運営によるデジタルリポジトリ“HathiTrust”事務局長のジョン・ウィルキン(John Wilkin)氏を迎えた講演会を開催します。
 第一部では、ウィルキン氏による講演「HathiTrustの挑戦:デジタル化資料の共有における『いま』と『これから』」を、第二部では、国立情報学研究所准教授の大向一輝氏、千葉大学文学部教授・附属図書館長の竹内比呂也氏、NDL電子情報部の大場利康氏を交えたディスカッションを行います。
 募集人数は300名、申込締切は7月31日となっています。
◎HathiTrustの挑戦:デジタル化資料の共有における「いま」と「これから」(国立国会図書館) http://www.ndl.go.jp/jp/event/events/20120801lecture.html


◇JSTOR、2012年11月に電子書籍サービス“Books at JSTOR”を開始
http://current.ndl.go.jp/node/21142
(2012年6月20日 カレントアウェアネス・ポータル)
 電子ジャーナルアーカイブ等を提供している米国の非営利団体JSTORが、2012年11月に電子書籍サービス“Books at JSTOR”を開始すると発表しました。現在ウェブサイトが公開されています。コロンビア、コーネル、ハーバードをはじめとする米国の有名大学の大学出版局などが参加出版社に名を連ねており、開始時には14,000点以上の図書が提供される予定です。同サービスの主な特徴として以下が挙げられています。
・購読モデルとしてシングルユーザとマルチユーザ(ユーザ制限なし)の2種類がある
・Demand-Driven Acquisitionによる購入も可能
・章レベルにDOIを付与
・MARCレコードは無料提供
・永続アクセス権有り(Porticoによるアーカイブも行われる)
・COUNTER準拠
◎Books at JSTOR http://books.jstor.org/
◎提供タイトルリスト(Excel形式) http://about.jstor.org/sites/default/files/Books-at-JSTOR-Title%20List_June152012.xls
◎Books at JSTOR to launch in November(No Shelf Required 2012/6/19付け記事) http://www.libraries.wright.edu/noshelfrequired/2012/06/19/books-at-jstor-to-launch-in-november/


◇出版契約とは何か、日本電子出版協会「JEPA著作権入門セミナー」を7月18日+25日に東京・神保町で開催
http://hon.jp/news/1.0/0/3443/
(2012-06-20 11:06:27 hon.jp DayWatch)
 一般社団法人日本電子出版協会(本部:東京都千代田区、以後:JEPA)は7月18日と25日の2回に分けて、電子書籍を含む出版契約書の基本に関するセミナー「JEPA著作権入門セミナー」を東京都・神保町で開催する。
 本セミナーは、作家との出版契約書をこれから作成する必要のある出版業界・電子書籍ビジネスビギナー向けのもので、18日・第1回「出版契約を読み書きするために必要な著作権知識」と25日・第2回「出版契約及び配信契約を締結する上での実務ポイント」の2回に分けて実施。講演するのは出版界および電子書籍業界に精通した村瀬拓男弁護士(用賀法律事務所)。
 定員は140名で一般の受講料は10,000円(領収書発行)、JEPAもしくは「電子書籍を考える出版社の会」会員法人は2名まで無料。Webでの事前登録(下記URL参照)が必要となっている。【hon.jp】
◎「JEPA著作権入門セミナー」の申込ページ( http://kokucheese.com/event/index/42035/ )


◇隣接権議論は“出版”をどう変えるか――福井弁護士に聞く(後編)
http://ebook.itmedia.co.jp/ebook/articles/1206/20/news020.html
(2012年06月20日 11時30分 更新 eBook USER まつもとあつし,ITmedia)
 隣接権問題についてのインタビュー特集。漫画家の赤松健氏に聞いた「赤松健は隣接権とそれを巡る議論をこう見る」に続き、第2回では主に法制度の観点から福井健策弁護士に見解を聞いている。
 前編に引き続きお届けするこの回では、さらに問題の深遠に足を踏み入れ、目指すべき方向性を考える。ロングインタビューだが、ぜひ前編と併せてご覧いただきたい。
◎福井健策(ふくい・けんさく)
弁護士(日本・ニューヨーク州)骨董通り法律事務所代表パートナー 日本大学芸術学部客員教授
1965年生まれ。神奈川県出身。東京大学、コロンビア大学ロースクール卒。著作権法や芸術・文化に関わる法律・法制度に明るく、二次創作や、TPPが著作権そしてコンテンツビジネスに与える影響についても積極的に論じている。著書に『著作権の世紀 ――変わる「情報の独占制度」』(集英社新書)などがある。「自炊」についても多くのメディアでコメントし、ニコニコ生放送『ネットの羅針盤』『「自炊」と電子書籍』にも出演。Twitterでも「@fukuikensaku」で発信中
骨董通り法律事務所Webサイト

◎劣後する禁止権という解決策
―― 一部では、海賊版対策に限った隣接権の付与を探る動きもあるようですね。ただ、本来、ほかのコンテンツ産業で成立している隣接権の持っている機能や意味を考えると、そこに留まるのかという疑問もあります。
福井 これはあくまで思考実験ですが、例えば作家がYesといっているものは邪魔せず、(作家も許していない)海賊版の取り締まりだけできればよい、ということなら、隣接権として「劣後する禁止権」を取り入れる選択肢もあるでしょう。
 いわば二次的な知的財産権です。「作家の同意がないと出版社の著作隣接権は行使できない」という感じにする。こうすれば訴権はあるので出版社は原告になれる。ただ作家の同意書を訴状にくっつけて訴えを提起する。それがなければ行使できない、とすればよい。
eBook USER西尾 そういった仕組みは音楽業界にはあるんでしょうか?
福井 ないでしょう。だから作詞家・作曲家がいくらOKを出しても、原盤権者がOKと言わないためにお蔵入りになってしまっているレコードもざらにある。それが常に悪いと言っているのではありません。原盤権者には歌手・ミュージシャンの事務所もいます。作家の意向で作品のお蔵入りが許されるなら、アーティスト側の意向でお蔵入りになるケースもあるでしょう。ただ、できるだけ死蔵が頻発しないような仕組みは必要ですよね。
 つまり、出版社にとって本当に大事な目標は何なのか。それによって、獲得すべき権利の内容や獲得のための手段は変わる、という話です。隣接権で獲得するのか、契約で個別に獲得するのか。また、推進する側も反対する側も同じ「隣接権」という言葉を使っているんだけど、想定している権利の内容は大違いということもある。出版社の目標は何であり、それは作家の懸念と両立できるのか。そこは整理が大切。
 ……もっとも、「何か権利をあげると、テコにして次はもっと強い権利を取られてしまうかも」と言われると、それを完全に払拭するのは難しいですね(笑)。
◎独占ライセンシーに訴権を与える
―― しかし、隣接権という枠組みでしか、目的は達成できないものなのでしょうか?
福井 手段はいろいろあるでしょう。海賊版対策なら、独占ライセンシー(独占的な契約を結んだ会社)に法律で強い権限を与える。訴権も与えるという対策もあります。やはり法改正が必要ですが、アメリカ・イギリス・オーストラリアなどでは実際認められています。これは出版界に限らず全ジャンルの問題として、私もライセンシーの保護強化は必要だと思います。
―― ということはそれ(独占ライセンシーに訴権を与える)でいいじゃないか、ということにはなりませんか?
福井 選択肢にはなる。いわば契約を結ぶかは当事者の個別交渉に任せて、いったん契約を結んだらそれを法律で強化してやる方向です。私自身は、以前から契約こそが本丸で、それを補完するための法改正、という選択肢を挙げていました。出版社の希望は分かるが、版面権的なものは「総付け」の権利だけに、反発が強い割に得るものが少ない方向に行きやすいですよ、と。
 独占ライセンシーに訴権を与えるという解決策は、ほかの問題にも解を与えてくれます。隣接権だとほぼ版面にしか及びませんが、独占契約は違う。例えばある作家が出版社との契約(許諾)に反して、別な電子書店での出版を強行した場合、版面でなくテキストや原稿からの出版であってもその電子書店を訴えることが可能になります。その意味では、版面にしか及ばない隣接権よりも効果は大きい。
―― 確かに独占ライセンスを前提とするわけですから自然ですね。
福井 ライセンスの供与は作家も合意の上でやっていることです。もちろん新人作家が対等に交渉できるわけではありませんが、それは独立したての弁護士だってそうだし(笑)、世の中押し並べてそうですよね。だからといってどんな契約でもよいという気はまったくありません。独禁法もあるし、白田教授のいうように著作権法自体がおおむね作家優位に設計されている。Arts & Lawのように、十分な交渉力がないクリエイターを守るための仕組みも必要でしょう。ただ、新人の保護を絶対条件にしてしまうと、それはそれで市場の現実にも反するしジャンル全体の活力を削ぎかねない。バランスですよね。
 そして通常、契約は期間が限られるわけです。双方が各人各社の戦略をもって腹をわった交渉をし、契約を結ぶ。その契約に基づいてある期間中は出版社に電子についても独占権を与える、訴権も与える。期間が終わればどうするかまた交渉するというのは、私はひとつのバランスではないかと思います。

◎出版社の貢献も認めるべきだ
―― 訴権によって海賊版の取り締まりという目的は、契約期間中は達成することができる。
福井 そう。現状の隣接権だと契約があろうがなかろうが総付けで先ほどの1.と2.の目的を達成できる、版面に限っては3.の「出版社飛ばし」対策もある程度達成できるのが出版社にとってのメリット。他方、契約さえ結べば、独占ライセンシーに訴権を与える方向でも1.から3.の目標は達成できる。むしろ、版面が使われていなくても出版社が権利行使できるから、こちらの方が強い。
 そこで気になるのが4.の目標です。「権利を一元管理して、出版社が電子出版できるようになりたい」というものですね。いま見てきたような隣接権はその内容は持っていません。したがって仮に隣接権が与えられてもせいぜい間接的にしか役に立たない。なおかつ、4.を目指すのであれば、一律に与えるのはさすがに無理があるでしょう。私が知る限り、出版社側も4.を隣接権に入れたいなどとは言っておらず、そこは契約なんだと分かっている。
 なぜなら出版社によって、作品に対する貢献内容が異なるからです。

1.国内の海賊版訴権。つまり、(作家も許していない)海賊版のような無断利用の取り締まり(恐らく、これが最少構成でしょう)
2.海外の海賊版訴権
3.作家+他事業者だけで作品が電子出版されることへの牽制や、その場合のオリジナル出版社の収益確保
4.単に無断利用の禁止を超えて、むしろ出版社が電子の権利を一元管理すること。つまり、作家とお互いにNoといえる権利を持つのでなく、紙の場合と同様に、出版社がYesといえば電子出版ができる状況(多分、これが最大構成)
(出版社が隣接権を得る場合に、その理論上のターゲットとして考えられる権利の射程(前編で言及))

―― 確かに。私も幾つかの出版社から本を出しましたが、やはりさまざまだと思います。
福井 出版社によっては、契約でそこまで求めるのは合理的でしょう。「自分たちがこれだけの投資をした作品に対して、電子も含めた独占ライセンスを一定期間ほしい」という欲求はどのジャンルにも共通のもので、自然です。独占ライセンスがあるということは、その期間、作家の新たな了承なく、紙でも電子でも出版ができるわけです。本当にそれだけの投資をした出版社だったら、要求としては正当でしょう。
 今の議論を見ていると、出版社が何か権利を主張するだけで叩くといった論調をときおり見かけますが、それには共感しません。旧勢力を叩けば人気が上がるという大昔からのマーケティングかなと(笑)。
 私は良い本が生まれるときに、そこに編集が存在していること――それもフリーの編集者が居ればいいじゃないか、というのもやっぱり極論で、加えて組織体としての編集主体、つまり出版社や編プロ――が役割を果たすということは大いにあると思う。そうやって作家と編集者が汗を流さなければ生まれなかった幾多の傑作・労作はあり、私たちは子供のころからずっと恩恵に預かっているのです。それを忘れた議論には共感できません。
 もちろん、現場はそんなに美しいものではなかったかもしれません。喧嘩ばかりだったかもしれない。でも、そういう共同作業によって生まれてきた素晴らしいものが沢山あると思うんです。今回の議論の中で堀田純司さんがITmediaに寄稿(「この作品が売れたのはオレ様のおかげ」? 出版社の著作隣接権は「誰得」なのか』)されたように、校閲1つとっても、私はかつて自分の新書でその力に震えるほど驚いたことがありました。仮にも専門家である私が書いたすべての情報に、きちんと裏を取ってくる。驚いたのは、私に情報の出所を尋ねないんですよ。それを独力で見つけて、膨大な資料を付けて返してくださる。「こちらの本には先生の仰ったデータがありますが、こちらの資料には別なデータが載ってました」という具合に。ときどき足を引っ張る校閲さんもいましたけど(笑)。
 やはり、隣接権や出版契約を論じるためには、こうした出版社が果たす機能を公正に評価する必要はあると思う。
◎出版社の機能を改めて考える
福井 あくまで便宜上の整理で、皆がすべてを果たしているという意味ではありませんが、出版社の機能として以下のものが理論上は考えられます。

1.作家を発掘し育てる「育成機能」
2.作品の創作をサポートし、時にリードする「企画編集機能」
3.文学賞や雑誌媒体に代表される信用によって、世の中に作品を紹介・推奨する「ブランディング機能」
4.宣伝し、各種販路を通じて展開する「プロモーション・マーケティング機能」
5.作品の二次展開を行う際の「窓口機能」
6.初期コストと失敗リスクを負担する「投資・金融機能」

 1.の育成機能は、人気漫画「バクマン」で取り上げられる舞台裏などをイメージしてもらうと分かりやすいかと思います。週刊少年ジャンプ前編集長の佐々木尚さんに教えていただいたのですが、あそこでは1人の編集者が常時30人くらいデビュー前の作家を抱えているそうですね。
 2.は実用書の世界では、編集者の方から「私たちけっこう書いてますから」と聞くことさえあります。著名な著者の例で、「あの人の場合、編集部に一度話した内容が本になったならまだよい方だ」とかね(笑)。まあそれは極端な例として、企画とか取材、添削、校閲ですね。
 3.はまさに「芥川賞・直木賞」だから読む、といったアレですね。やっぱり永年培われた信用があるから読まれるというのは大きい。漫画だったら「サンデー」や「モーニング」に載っているから読む、といった具合に。
 4.と5.も説明不要でしょう。5.の「窓口」は一方で出版社の利権でもありますが、往々にして厄介な業務でもある訳です。そして、ここまで挙げた機能には、それぞれ経費が掛かり、もし作品が失敗した場合には回収ができません。したがってすべて投資です。独立系の編集者だけでは難しい、6.の投資機能があるのも出版社の大きな役割です。
―― よく分かります。一方で、これらの機能を十分に果たしているのか? という批判も時に挙がりますね。
福井 その通りで、むしろ「お願い仕事」のケースも沢山ある。それなのにすごく主張の強い契約書を見せられると、「原稿料あれで、これかー!」と(笑)。ちなみに、「実力以上に強気な契約」という傾向は新興メディアの方が強い(笑)。
―― あとは、出版社と書店をつなぐ取次が間に入ることで、投資金融機能の本質的な部分を出版社ではなく、取次が取っているのではないかという見方もできます。
福井 いわゆる取次金融。この点は単純ではなく、取次は究極的にリスクを取っているのか、という議論もあります。本が売れ続けなければ最終的には潰れるのは出版社ですから。ただ、本を出せば仮にもまとまった対価を払ってくれるという、取次の“金融機能”に多くの出版社が依存しているのは事実ですね。
 ですから、これらが常に十分に機能しているとはまったく思いませんが、まずはその検証や評価が必要でしょう。そして、ちゃんと貢献している出版社が一定期間の独占利用を許してほしい、電子も含めて――というのは公正な要求に思える。
 隣接権の議論もいいし、ちょっと手直しをすることで作家も納得できる形になるなら大いに結構だと思う。でも、本丸はあくまで契約です。

◎契約書は信頼関係を示すもの
「日本的な暗黙の領域には長所が数多い、しかし『暗黙』の共通理解は崩れつつある」と福井氏
―― レコード会社などに認められている隣接権は永続的な権利ですから、お話を聞いている印象では期間が区切られた独占契約が妥当でしょうね。
福井 ただ、期間はもっと多様でもいい。英米は出版契約の期間が著作権保護期間中とか、ごく長いんですね。私は日本の「3年程度」というのは投資回収を考えるとさすがに無理があって、ケースによってはもっと長くてもいいんじゃないかと考えています。実際に3年で契約を打ち切られたら困る出版社は多いでしょう。現実に切られることはないと油断して、こういう期間にしていると思うんですけどね(笑)
 堀田さんが記事で述べているように、作家と出版社の当事者間にはどこかで「契約なんて読まなくても大丈夫」という発想が残っている。私はその点では堀田さんのお考えに反対で、これから契約書はますます大事になっていくはずです。なぜなら流通が多様化しているからです。流通が1つしかなかったときには長期的な関係のある作家と出版社は「なあなあ」で行くことができた。その「なあなあ」の中にすばらしいシステムが沢山有ったし、今でもある。「著作権の世紀」(集英社新書)でも書きましたが、日本的な暗黙の領域には長所が数多い。
 でも、現に流通が多様化し、外資が入り、これだけビジネスのあり方が変わってきているなかで、もはやその「暗黙」の共通理解は崩れつつある。
 哀しいかな、われわれはもう楽園にはいない。だったら「グレー」の良さをできるだけ生かしつつも、腹を割って語りあうしかない。
―― 自動的に付与される隣接権を流通促進の機能まで含めて望むのは、ある意味その「腹を割って話す」ことを回避したい思いがどこかにあるのかもしれませんね。
福井 腹を割った結果の成果物が「契約書」。そうなっていけばよいと思います。厳しいことを言いますが、「これだけの投資・貢献をするのだからこれくらいの契約内容でお願いします」と出版社が作家を説得できないなら、その出版社はもう仕方がないと思います。でも、それに耳を貸せない作家も一緒に滅びるかもしれない。
 まして、送られてきた契約書を読まずにサインするような態度を信頼関係とは言わない。それは単なる「甘え」です。これは大事なことだから何度でも言います。
であればこそ、契約書でも制度論でも、自分達にとって何が大事な点で何が困るのか、作家と双方が率直に語り合えば良い。腹を割ったビジネスの話をしたら壊れてしまうような「信頼関係」なら、最初から無かったのである。そんな情けないものを、日本の出版文化は紡いでこなかったはずだ。
―― 映像配信の世界でも問題になりましたが、契約作成やそれに向けた交渉のコストは特に中小の事業所が多い日本の出版社にとって負担になりませんか?
福井 そこでひな形を業界では出してきました。電子書籍の利用については一定期間出版社が独占的な権利を持つ、ということになっています。
 こうしたひな形は契約の指針としては有用でしょう。ただ、「ひな形がすべてだから、みんなこれに従えばいい」という考えには、「信頼関係があるから契約を読まない」という主張と同じくらい反対です。
 ひな形はなんらかの指針にはなるかもしれないけれど、契約というのはやはりケースバイケース。各社・各自の戦略を反映してオーダーメイドで作られるべきものです。なぜならば、作家と出版社が果たす貢献の内容は異なる。その作家のバーゲニングパワーも、人によって異なります。J・K・ローリングと福井健策とではだいぶ変わるんです(笑)

◎新人をどう守り、流通をどう促進するか?
数度にわたって「契約」の重要性について言及した福井氏。出版業界はこれをどうとらえるだろうか
―― 隣接権に反対する意見の中には、そのバーゲニングパワーが弱い新人作家の活動を阻害するという意見もありましたが。
福井 それは隣接権に限った議論ではないですよね。先ほど述べたように、交渉力の弱い作り手をサポートする仕組みは絶対的に必要です。
 とはいえ、われわれが政府の介入によってではなく、自由な市場で生きていこうと思えば思うほど、契約条件は各人で異なるという冷厳な事実を認めないわけにもいかない。
 さまざまな仕組みや情報を駆使しつつ、このリアルを生き抜く。僕も皆さんも、そうしてきたはずです。
―― 確認なのですが、先生は海賊版対策などのための隣接権付与と、有期の独占ライセンス契約に訴権を与えることどちらを支持されますか? それとも両論併記という形をイメージされていますか?
福井 ミニマムベーシックと個別の対応の2本立てならいいのかな。一律で与えられる隣接権は、一律であるが故にミニマムな内容にならざるを得ないでしょうし、逆に版面の海賊版対策程度の権利なら一律で長期でもいいんじゃないかと思う。
 仰っていたような、それがなし崩しに拡大される「危険」に対しては、ジャーナリズムが頑張ってください! これは本当に大切になりますよ。
―― 仰る通りですね。ただ、もしかすると隣接権という名前が拡大解釈の危険を感じさせますから、別の名前にしてもよいのかもしれませんね。経済産業省の境真良さんも「言葉の魔力」を指摘されていたことを思い出します。
福井 じゃあもうベタに「海賊版訴権」(笑)。
 いずれにせよ、それはあくまでもミニマムであり、本丸は出版契約ですね。その契約を補完するものとして法改正によって「出版権の定義」を拡大するというのは有ってよいと思います。
 いままでは出版権を設定するよといっても紙しか入っていなかったわけですが、そこに標準で電子書籍も含めるようにする。出版権の内容を現代的に書き換えるということですね。もちろん、あくまで契約を補完するものですから、合意がなければそれは生まれない。
―― 出版デジタル機構(パブリッジ)が生まれ、書籍版JASRACのような集中管理団体の必要性も語られるようになった中、電子出版できる権利を出版社が持たない限りは、例えば機構が目標とする「電子書籍を5年以内100万タイトル」というところまで到達するのは難しいと思います。
福井 現在想定されているような隣接権だけでは、難しいでしょうね。私は出版デジタル機構については期待をしています。なぜなら、あのくらいの規模感でないと、とても電子書籍の普及は無理だと思うからです。加えて、公正さとオープンさは成功の鍵でしょう。
 財政が厳しい中、機構に官民ファンドが150億円を投じることに対してはもちろん議論はあるでしょう。ただ、道路などハードの公共事業に例年使われる数兆円の予算に比べれば、日本の文化予算はごく控えめです。本当に活用され人々の情報アクセスが豊かになるなら、その価値はあると思う。これに国会図書館での126億円をかけたデジタル化プロジェクトをあわせると、コンテンツのデジタル化に約1000億円を投じるフランス・サルコジ政権(注:当時)と比べても、そう見劣りしない。公費を使う以上、国会図書館とはお互いに選択肢を排除することなく、協働関係を含めて模索すべきでしょう。
 それに対して隣接権は、まぁ直接的には役に立ちません。なぜなら出版社の一存でデジタル化をしてよいとはどこにも書いていないから。そうすると、パブリッジが一気に進むためには、出版契約を頑張って広げていくこと。もう1つの選択としては、ちょうど国会図書館のデジタル化についてだけ著作権法を改正してOKにしたような、目的を限定した著作権法改正があってもよいのかもしれません。
―― パブリッジから各電子書店に書籍が卸された後に出版契約が切れてしまった場合、どうするか、という問題もありますね。
福井 そうなんですよ。出版契約でどんなに頑張るといっても未来永劫みたいな話にはいきませんから。音楽著作権の世界では音楽出版社との契約は短くて10年、長いものは著作権保護期間に渉ります。それくらいの長さがないと集中管理はしづらい。でも、それは作家がうんと言わないでしょう。
 ですから、書籍版JASRACを作るなら作家の意向を反映する追加の仕組みが必要でしょう。Google Booksが和解案でやろうとしたことですね。
 そういう枠組みができてくると、先日の「スキャン代行」のように――あれが無許可のまま無軌道に拡大することは危険だ、という話をした訳ですが――ユーザーの書籍スキャンのニーズに応えていく回答にもなるはずです。パブリッジはそこに向けての試みであると思いますし、そうあるべきですね。


◇Publishers, Industry Moguls, and Disability Advocates Gather to Discuss Access
http://blog.bookshare.org/2012/06/20/publishers-industry-moguls-and-disability-advocates-gather-to-discuss-access/
(JUNE 20, 2012 by Valerie Chernek Bookshare Blog)
 Saturday, June 9, 2012 wrapped up the first Inclusive Publishing conference hosted by the National Federation of the Blind (NFB) at Jernigan Institute in Baltimore, MD, and the DAISY Consortium. NFB and DAISY teamed up with representatives from 20 countries, including Benetech/Bookshare, U.S. K?12 and higher education publishers (Pearson, Cengage, and SAS), and industry moguls (Apple, Google, and Adobe) to collaborate on issues of access affecting millions who cannot read print. Participants met to:
-Discuss current levels of accessibility in global and U.S. markets
-Share the landscape of today’s eBook evolution in publishing and education
-Collaborate and exchange ideas on further best practices when retrofitting, developing new products, and/or delivering materials
-Learn more about browser-based reading systems
-Advance accessible digital content in the K?12 and higher education areas of STEM (Science, Technology, English, and Mathematics)
-Evolve attitudes and commit to future equal access for all
 Betsy Beaumon, VP and General Manager of Literacy Programs at Benetech, which includes the Bookshare online library, Route 66, and the DIAGRAM Center (Digital Image and Graphics Resources for Accessible Materials), spoke about the work of the DIAGRAM Center.
In her talk, she discussed research and development efforts and progress in making graphic images in digital content accessible and standardized. She shared news of Poet, Benetech’s new open source web application tool, which leverages crowdsourcing to create and edit image descriptions in books used by K?12 and postsecondary students with print disabilities. She praised DIAGRAM partner organizations, including WGBH National Center for Accessible Media (NCAM) and the DAISY Consortium, as well as disability advocates and publishers who are now working together to evolve image and graphic content for accessible education materials (AEM).
Betsy was introduced by Dr. George Kerscher, Secretary General for the DAISY Consortium and President of the International Digital Publishing Forum, who recently won the 2012 AFB Migel Medal award from the American Foundation of the Blind (AFB).
Dr. Kerscher’s legacy includes the successful implementation of the DAISY standard (Digital Accessible Information SYstem), now adopted worldwide for the production of accessible eBooks. He encouraged participants to continue a shift in attitude from a baseline publishing development perspective toward the new access movement characterized by the term “Born Digital.” The goal of this movement is to make books, textbooks, and digital materials accessible and high quality from the start. In her talk, Betsy said she hopes “Born Digital” will also mean “Born Accessible.”
Ms. Beaumon will continue to share new technologies and the latest DIAGRAM developments in tools, content, and accessibility standards as they affect publishing, K?12, and higher education. View a short excerpt from her presentation on YouTube. For speaking engagement inquiries, please email Valerie Chernek.


◇Unglue.it Frees Their First Book
http://www.thedigitalshift.com/2012/06/roy-tennant-digital-libraries/unglue-it-frees-their-first-book/
(June 20, 2012 By Roy Tennant The Digital Shift)
 Just in time for the ALA Annual Conference in Anaheim, the library startup Unglue.it has “unglued” their first book. What this means is that soon this book will be openly available as an ebook. What it took to “free” or, in their parlance, “unglue” it was a collection of monetary pledges from individuals similar to how Kickstarter.com helps launch ideas that need funding.
 Individual donors are enticed by various incentive gifts at different price points. Donors are not actually charged unless a campaign is successful, and each campaign is time-bounded so if a given title does not make its goal by the deadline it isn’t freed.
 So far there are only a few titles available for ungluing, but Unglue.it staffers believe getting a few successful campaigns under their belts are what is needed to entice other rights holders to play along. Having this first success is certainly essential to making the case that crowdsourcing compensation for authors and rights holders will work as a model for making more books freely available.
 What was the first book freed? Oral Literature in Africa, by Ruth Finnegan. According to WorldCat, well over 700 libraries hold this title. A good start, I say.
 If you’re going to ALA and the above is intriguing to you, look them up in the Exhibit Hall in the Small Press area, at table 2752. I’m sure they’d be delighted to answer your questions.


◇Microsoft、オリジナルタブレット「Surface」を発表 Windows RT/Windows 8 Pro搭載
http://ebook.itmedia.co.jp/ebook/articles/1206/19/news031.html
(2012年06月19日 09時10分 更新 eBook USER 佐藤由紀子,ITmedia)
 米Microsoftは6月18日(現地時間)、オリジナルタブレット「Surface」を発表した。Windows RT版とWindows 8 Pro版の2種類で、RT版は次期Windows OSリリースと同時(2012年秋とみられている)に、8 Pro版は90日後に米国のMicrosoft Storeおよびオンラインストアで発売する。
 Windows RT版Surfaceの仕様は以下の通り。
CPU:Nvidia ARM(詳細はまだ不明)
重さ:676グラム
厚さ:9.3ミリ
ディスプレイ:16:9の10.6インチ(詳細は不明だがClearType HD Displayであることから解像度は1366×768と推測)。ゴリラガラス採用
コネクタ:microSDスロット、USB 2.0、Micro HD Video、2x2 MIMOアンテナ
カメラ:前面と背面に2台(Skypeの動画チャットが可能)
ストレージ:32Gバイト/64Gバイト
対応ネットワーク:不明
キーボードになる厚さ3ミリのカバーが付属。カバーの色は青やピンクなど、数種類を用意。マグネットで脱着するタイプだ
背面に0.65ミリ厚のスタンド付き
Office Home & Student 2013 RT Previewプリインストール
スタンドは背面に組み込まれている
 Windows 8 Pro版の仕様は以下の通り。
CPU:Core i5 Ivy Bridge
重さ:903グラム
厚さ:13.5ミリ
ディスプレイ:16:9の10.6インチ(詳細は不明だがClearType full HD Displayであることから解像度は1920×1080と推測)。ゴリラガラス採用
カメラ:前面と背面に2台(Skypeの動画チャットが可能)
コネクタ:microSDXCスロット, USB 3.0、Mini DisplayPort Video、2x2 MIMOアンテナ
ストレージ:64Gバイト/128Gバイト
対応ネットワーク:不明
キーボードになる厚さ3ミリのカバーが付属。カバーの色は青やピンクなど、数種類を用意。マグネットで脱着するタイプだ
背面に0.65ミリ厚のスタンド付き
 価格はまだ発表されていないが、Microsoftは「(RT版は)ARMタブレットと、(8 Pro版は)IntelのUltrabookと競争可能な価格になる」としている。
 Microsoftは同日、Surfaceの公式YouTubeチャンネルを開設し、イメージビデオを公開した。


◇想隆社、画像データからEPUB/.TTX形式の固定レイアウト電子書籍が無料作成できる「はんめんこ」をベータ公開
http://hon.jp/news/1.0/0/3440/
(2012-06-19 11:24:58 hon.jp Day Watch)
 有限会社想隆社(東京本社:東京都新宿区)は6月19日、JPEG形式のページ画像から固定レイアウト型のEPUB/.TTX+Prop電子書籍ファイルへ無料変換するWebサービス「はんめんこ」をベータ公開した。
 「はんめんこ」はp0001.jpg、p0002.jpg,…という形式でまとめられた版面JPEGファイルをEPUB形式、.TTX+Prop(ドットブック形式ファイルのビルド前フォーマット)形式ファイルに無料変換するサービスで、経済産業省「コンテンツ緊急電子化事業」向け電子書籍ファイル制作も想定済み。
 個人および少量の商用制作が目的であれば無料。また、ドットブック形式への最終ビルド作業を含めた大量サービスは有償で受け付けているとのこと。【hon.jp】
◎「はんめんこ」サイト( http://www.f6mode-develop.info/beta_service/hanmenko/ )


◇オランダ王立図書館、EPUBフォーマットの長期保存に関するレポート“EPUB for archival preservation”を公表
http://current.ndl.go.jp/node/21133
(2012年6月19日 カレントアウェアネス・ポータル)
 オランダ王立図書館(KB)が、電子書籍フォーマットの1つであるEPUBの長期保存をテーマとしたレポート“EPUB for archival preservation”(2012年6月18日付け)を公表しました。レポートでは、EPUBの主な特徴や機能、EPUB2とEPUB3の違い、保存性能や主なリスク等についてまとめられており、最終章に結論および推奨事項が述べられています。
◎EPUB for archival preservation(PDF:38ページ) http://www.openplanetsfoundation.org/system/files/epubForArchivalPreservation18062012ExternalDistribution_0.pdf
◎EPUB for archival preservation(Open Planets Foundation 2012/6/18付け記事) http://www.openplanetsfoundation.org/blogs/2012-06-18-epub-archival-preservation
◎Sustainability of Digital Formats: Planning for Library of Congress Collections(米国議会図書館) http://www.digitalpreservation.gov/formats/


◇Authors Group Offers Special Ebook Pricing for Libraries
http://www.thedigitalshift.com/2012/06/ebooks/authors-group-offers-special-ebook-pricing-for-libraries/
(JUNE 19, 2012, The Digital Shift)
 (BVC), a professional author-run epublisher, last month announced the launch of a library-friendly “All You Can Read” ebook program, which offers libraries a 45 percent discount on BVC’s catalog, making the average price of the company’s ebooks less than $3.00.
 BVC is currently partnering with over 40 authors, including Hugo and Nebula award winners such as Ursula K. Le Guin, Vonda N. McIntyre, David D. Levine, and Linda Nagata, as well as New York Times bestsellers and notable authors Patricia Rice, Maya Kaathryn Bohnhoff, Lois Gresh, and Sarah Zettel.
“The new age of publishing is about just these kind of partnerships,” Jamie LaRue, director of Douglas County Libraries (DCL), said in a release. DCL, along with the distributor Wheelers Books in New Zealand, became the first institutions to sign distribution agreements with BVC last month. “ Forward-thinking publishers and forward-thinking libraries that help authors do what they do best: create content that finds an audience.”
Author Chris Dolley, who is also serving as BVC’s library coordinator, told LJ that BVC is aiming for wide coverage, and is willing to sell ebooks direct to libraries, as it does with DCL, or use distributors. The group is currently working with Smashwords to supply Baker & Taylor’s Axis 360 platform, and is in talks with other distributors, including OverDrive.
 Dolley acknowledged the concerns that many major publishers have expressed?that easy-to-download ebooks might negatively impact an author’s sales.  But he noted that it is just as likely that library patrons will read more and discover new authors.
“My view is that no one knows how the future is going to play out,” he wrote in an e-mail to LJ. “Yes, some people will buy fewer books, but some people will start reading more and will discover new authors.”
 This increase in reading and discovery was recently documented by LJ in our Patron Profiles survey.
 Dolley continued, noting that “it’s very easy to be frightened of change but, for authors, our biggest fear is obscurity not free books. But, the main reason we want to work with libraries is that we’re all huge supporters. We grew up with libraries and we want the next generations to grow up with libraries.”
 Ingram to Offer MyiLibrary Ebook Platform to Public Libraries in September | ALA Annual 2012 ? The Digital Shift


◇Ingram to Offer MyiLibrary Ebook Platform to Public Libraries in September
http://www.thedigitalshift.com/2012/06/ebooks/ingram-to-offer-myilibrary-ebook-platform-to-public-libraries-in-september-ala-annual-2012/
(June 19, 2012, By Michael Kelley, The Digital Shift)
 Ingram Content Group, one of the dominant players in the academic ebook market with its MyiLibrary platform, has been gearing up for several months to introduce MyiLibrary to the public library market. The launch date is now scheduled for September, but at the American Library Association annual conference this week in Anaheim Ingram will be demonstrating how it is tailoring the platform and its content to serve the public library channel (booth #1446).
“Toward the end of 2011 we decided the time was right to get into the public library sphere,” said Richard Rosy, Ingram’s vice president and general manager for library services. “This platform is very strong in the academic community around the world, and we decided it was time to go to public libraries with it.”
 Like other major companies such as EBSCO (Ebooks on EBSCOhost) and Baker & Taylor (Axis 360), Ingram realized that leaving Cleveland-based OverDrive, the dominant ebook vendor for public libraries, an open playing field was no longer the way to go. Rosy said the company carefully watched as the demand among public libraries steadily grew over the past few years, to the point where Ingram saw the same commitment to the format that they had long seen in the academic community.
“With the advent of all the devices and people coming into public libraries looking for ebook content, the time was right,” Rosy said. “Librarians were really starting to ask our reps, ‘Do you have ebooks?’ “
 Ingram’s ambition with MyiLibrary is to have it be as strong in the public space as it is in the academic space, Rosy said.
“The opportunity for libraries to have more than one provider is really important because they need choices,” Rosy said. “The content is going to end up being the same. It’s really about the services and ease of use of the platform ? how easy is it to download, how many steps is it? those are the kind of things we think we excel at,” he said.
 Over the past six months, Ingram has been reconfiguring the MyiLibrary interface to make it more user friendly for public library patrons, and it also has been diversifying the 300,000 plus titles in the collection to include more popular content. Similar to the challenges that EBSCO has faced with its transformation of the old NetLibrary into Ebooks on EBSCOhost, Ingram has to diversify a collection that presently slants toward scholarly content.
“One of the strengths we have as Ingram is that we’ve got a large group of content acquisition associates who do nothing except call on publishers to secure electronic content,” Rosy said. “Six months ago we told them we need public library material as well.”
 Ingram scours through the millions of titles in Core Source, its digital asset management and distribution system that publishers use as a repository, as well as the company’s print-on-demand business unit Lightning Source to determine if there are titles that might work well in the public library channel.
“We manage the publishers’ inventory and if we see content relevant to the public library market but which the publisher hasn’t offered yet, we go to the publisher and ask them if they are interested in exposing the content to public libraries,” Rosy said.
 Many university presses are available through the platform, including a handful added just this week: Duke University Press, Princeton University Press, University of Michigan Press, Vanderbilt University Press, and the University of California Press. But others publishers that use the platform include McGraw-Hill, John Wiley, Encyclopedia Britannica, Rough Guides, Prentice Hall, F&W Media and others. A more detailed list of featured publishers is at the end of this article.
“We have a good amount of public library titles in our collection ? Wiley travel books, Dummy guides, cookbooks, romance,” Rosy said. “So our attitude now is to go out and get more public library content.” He added that the collection’s reference material could prove attractive to public libraries. Reference is also a strong point for ebrary’s Public Library Complete and Gale’s Virtual Reference Library.
 Ingram is negotiating with the Big Six publishers, but has not yet finalized any contracts, and the company will have a lot of ground to make up if it is going to catch OverDrive in the area of highly coveted front-list popular trade fiction?a task further complicated by the publisher-imposed restraints in that area (see A Guide to Publishers in the Library Ebook Market).
 The company is also working on the platform itself, which is well tested in the academic market, so that both the content and the technology will be primed once they enter the public library market. They are reaching out to libraries to prep them.
“It’s an educational phase right now,” said Marcus Roberson, the director of sales for library services. “You market to people and educate them about the offerings you have and the technology direction that you are going in so that when the content hits and we load it and offer it they are ready and understand how the platform works,” he said.
 The platform will require jumping interfaces, which is not what a lot of librarians are demanding, but Roberson said Ingram is working with numerous vendors of integrated library systems to achieve via web services the more seamless experience librarians want.
“What they want to do is have an experience for the patron where they find something in the catalog and get it, rather than have to go through so many steps that people get tired half way through and don’t complete the process,” Roberson said. “We don’t want them to get frustrated. We want to be able to offer up to the ILS companies the ability to come and get the information out of our system [such as circulation statistics] in a seamless manner so that it keeps that experience at the library level. The fewer the clicks the better.”
 To date, Polaris and 3M are the only companies to achieve such an integration, although OverDrive is scheduled to release its first set of APIs in July..

 Richard Rosy, vice president and general manager, Ingram Content Group library services
 Ingram offers a one-step authentication process and free MARC records within 72 hours that provide a link out to the Ingram platform, according to Kelly Clifton, a sales representative.
 And Ingram also offers an ordering interface called iPage (a public counterpart to Oasis on the academic side) that allows one-stop shopping for electronic and print material, a feature many librarians desire. Baker & Taylor announced a similar feature recently for its Title Source 3 ordering platform.
“We’ve had a dual print/electronic portal for two years in the academic community. So, we built it and we know how to do it,” Rosy said. “Today, on our platforms, they pick the content they want and then they get a list of the different formats and they have the choice of all the formats in front of them. We’re proud of that.”
 Ingram has set the platform fee at $500, which is relatively inexpensive compared to OverDrive and which Rosy said might make Ingram a more attractive option among small or rural libraries. But it is still more than EBSCO, which charges no platform fee, or a service like Freading, from Library Ideas, which offers a collection of 20,000 plus titles on a pay-per-use model for a $150 startup fee (or no charge for libraries already subscribing to the company’s Freegal music service)..
 The lending models for the public library version of MyiLibrary are one-book, one-user, and also a model that allows three simultaneous users if the library pays about 165 percent of the title’s retail price. Ingram also will work with public libraries to set up patron-driven acquisition (PDA) profiles.
“We do PDA in a big way and we are definitely going with PDA in the public sphere as well,” Rosy said.
 The formats are PDF and epub, and downloads are available via Adobe Digital Editions (ADE) to all major devices except Kindle, although Kindle Fire is compatible. If the patron has a wireless connection, they can access the title directly without ADE. There is also a browser-based reader available.
“It’s an integrated approach to content in all its forms, and the tools we put in front of the user are going to be seamless,” Rosy said. “We are all going to end up with the same content so then it’s all about the services, the ease of use, the acquisition plans and we’ve proven that we are capable of delivering all of those things.”


◇私的違法ダウンロード刑罰化を含む著作権改正法、参議院で審議
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20120619_541239.html
(2012年06月19日 INTERNET Watch 三柳 英樹)
 参議院文教科学委員会で18日、私的違法ダウンロードの刑罰化を含む著作権改正法案の審議が行われた。
 今回の著作権改正法案に対しては、15日に行われた衆議院の文部科学委員会で、法案の採決直前に自民・公明両党から「私的違法ダウンロード刑罰化」を追加する修正案が提出され、修正案に対する質疑はほとんど行われないまま政府案とともに可決。午後に行われた衆議院本会議でも賛成多数で可決した。
 修正案は、2010年1月施行の著作権法改正により規定されたいわゆる「ダウンロード違法化」について刑事罰を課すもので、具体的には、1)私的使用の目的をもって、2)有償著作物等の著作権または著作隣接権を侵害する、自動公衆送信を利用して行うデジタル方式の録音または録画を、3)自らその事実を知りながら行って著作権または著作隣接権を侵害した者は、4)2年以下の懲役もしくは200万円以下の罰金に処し、またはこれを併科すること――としている。
 衆院での可決を受けて行われた参議院の文教科学委員会では、慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授の岸博幸氏、日本弁護士連合会事務次長で弁護士の市毛由美子氏、日比谷パーク法律事務所代表弁護士の久保利英明氏、一般社団法人インターネットユーザー協会(MIAU)代表理事の津田大介氏の4人を参考人として招いた参考人質疑が行われた。
 岸氏は、著作権者には正当な報酬が支払われるべきで、コンテンツ流通を活性化させるためには市場を公正なものにする必要があると説明。音楽CDの売上は1998年をピークに大幅に減少する一方、音楽ファイルの違法ダウンロードは正規音楽配信の推定10倍に上るとするデータを紹介し、業界の縮小は違法ダウンロードだけが原因ではないが、一因となっているのは間違いないと主張。ネットにおける違法ダウンロードは、リアルにおける万引きに相当する行為であり、刑罰化することが必要だと訴えた。
 市毛氏は、日弁連が2011年12月に発表した意見書に基づき、私的領域における行為に刑事罰を規定することには極めて慎重でなければならず、恣意的な捜査が行われることへの懸念もあると説明。刑事罰の導入よりも先にユーザーへの周知徹底などの施策を講じるべきであり、2010年に導入したダウンロード違法化にどのような効果があったのかも検討されていないとして、少なくとも現時点では刑事罰の導入には反対だとした。
 久保利氏は、長年コンテンツビジネスに携わってきた立場から、違法ダウンロードが横行する現状に「このままでは日本のコンテンツビジネスはもたない」という危機感を持ったとして、刑事罰導入の必要性を強調。かつては株主総会に総会屋が横行していたが、そうした行為を違法化・刑罰化することで一掃できたとして、違法ダウンロードも刑罰化することで国民に対して「やってはいけないこと」だという意識を持たせることが可能になると主張した。
 津田氏は、国会には利害が対立する様々な立場の意見を調整する役割が求められているとして、文化審議会の著作権分科会でダウンロード違法化を導入する際の議論では、法曹関係者のほとんどが刑罰化には反対していたことを紹介。音楽業界の一部の意見だけを取り入れるのではなく、様々な意見を踏まえた上で慎重な議論を行なってほしいと訴えた。
 質疑では、「スリーストライク法」を導入したフランスでは違法ダウンロードは減少したようだが、音楽業界の収益は回復していないというデータもあるという指摘に対し、岸氏は「違法ダウンロード以外にも景気変動など様々な変数がある」として、厳密な効果の検証は困難だと答えた。
 また、違法ダウンロードを刑罰化することで生じる影響について、市毛氏は「軽微な嫌疑をかけられただけで、PCを覗かれるのではないかという懸念がある」と説明。一方、久保利氏は「紙を1枚盗んでも窃盗であることに変わりはないが、ペナルティを課すだけの重要性があるかどうかについては検察官が起訴するかどうかのチェックをかけている。この種の案件だけチェックがかからないということはない」とした。
 インターネット産業に与える影響について、津田氏は「米国のDMCA(デジタルミレニアム著作権法)には、権利者の保護とともにユーザーや事業者を保護する規定も設けられている」として、こうした免責事項やフェアユースの規定が無い日本ではユーザー投稿型のサービスなどは非常にリスクが高く、新しいサービスが登場しにくいと説明。一方、岸氏は「ネットビジネスに有利な規定を作ることが必要だとは思わない。日本からもニコニコ動画が登場している」として、市場を公正にすることこそが必要だと訴えた。


◇米国出版社協会が2012年第一四半期売上高を発表、電子書籍がハードカバーを上回る
http://current.ndl.go.jp/node/21123
(2012年6月18日 カレントアウェアネス・ポータル)
 米国で電子書籍の売上がハードカバーの紙書籍のそれを上回ったと、GalleyCat等のウェブサイトで報じられています。
 米国出版社協会(Association of American Publishers:AAP)が出版社1,189社の2012年第1四半期における売上高を集計した結果に基づくもので、それによると、大人向けの電子書籍の売上高は2億8,230万ドル、大人向けハードカバーは2億2,960万ドル、大人向けペーパーバックは2億9,980万ドルという結果だったそうです。なお、前年同期は電子書籍が2億2,040万ドル、ハードカバーが3億3,500万ドルとされています。
 一方、ヤングアダルト・子どもというカテゴリに注目すると、電子書籍だけでなくハードカバーの売り上げも増加しており、売上高はそれぞれ、6,430万ドル、1億8,770万ドルだったとのことです。
◎アメリカでついにeブックの売上がハードカバー書籍を抜く(TechCrunch 2012/6/16付け記事) http://jp.techcrunch.com/archives/20120615ebook-revenues-beat-hardcovers-for-the-first-time/
◎部数だけでなく売上高でも電子書籍がハードカバー本を突破、米AAPが2012年第1四半期の書籍売上状況を発表(hon.jp DayWatch 2012/6/18付け記事) http://hon.jp/news/modules/rsnavi/showarticle.php?id=3433
◎Ebook Sales Surpass Hardcover in the U.S.(Mashable 2012/6/17付け記事) http://mashable.com/2012/06/17/ebook-hardcover-sales/
◎eBook Revenues Top Hardcover(GalleyCat 2012/6/15付け記事) http://www.mediabistro.com/galleycat/ebooks-top-hardcover-revenues-in-q1_b53090


◇ジェフ・ベゾスとヒラリー・クリントン、「Kindle Mobile Learning Initiative」を表明へ
http://ebook.itmedia.co.jp/ebook/articles/1206/18/news028.html
(2012年06月18日 09時30分 更新 bt Michael Kozlowski eBook USER)
 米国国務長官、ヒラリー・クリントン氏とAmazon.comの創設者でCEOのジェフ・ベゾス氏は、「Kindle Mobile Learning Initiative」を世界規模で立ち上げることを6月20日にワシントンDCで表明予定だ。
 米国政府とAmazonの官民提携により、新たな方法で若者、学生、海外の人々に直接米国社会と文化の様相を紹介するグローバルな電子書籍リーダープログラムが生まれ、世界中で英語学習の機会を拡大することになるだろう。
 米国国務省とAmazonの提携については、先週米国政府が大量のKindleを購買という件で報道されていたが、それが何を目的とするのか不明だった。Kindle Mobile Learning Initiativeにより、多くの学校や教育機関が教室や学習環境にAmazon Kindleを採用する機会が増えそうだ。


◇隣接権議論は“出版”をどう変えるか――福井弁護士に聞く(前編)
http://ebook.itmedia.co.jp/ebook/articles/1206/18/news013_4.html
(2012年06月18日 eBook USER)
◎著作権法90条はセーフガードにならない
―― それに対して、ある編集者の方は著作権法90条があるから、著作権者の不利益になるようなことはしない、と主張を展開していました。
福井 うーん、90条の解釈としては正しくないでしょうね(笑)。この点では、弁護士の小倉秀夫さんがTwitterで発言していたことが正しい。
 だからといって、(この議論の中で出てきた)「総統」こと白田秀彰法政大教授の発言が間違っているという意味ではありません。前提が違うんです。
 大事な問いなので一般化してもう一度→著作者は自らの作品を複製する権利を専有するとされていて、さらに90条に隣接権は著作者の権利に影響を及ぼさないと明記してあるのに、隣接権が発生すると、自らの作品を誰に複製させるかを決定する著作者の権利が制限されるのはどういった理由なんでしょうか。
 白田さんは恐らく、「漫画の原稿が一度出版されてもその元原稿は版面ではないから、出版社の権利は及ばないだろう」という前提で議論されていた。その後の中川勉強会の方向性ですね。小倉さんは、「漫画に関しては原稿と版面は区別できないから、出版社の権利は及ぶだろう」あるいは「その危険はある」という前提だったのでしょう。想定した隣接権の守備範囲が違うので、議論はすぐに一致しなかった。出版社の権利が及ぶ範囲に限るなら、著作権90条が作家のセーフガードにならないということは、誰も異論がなかったはずです。
 著作権法90条は作家がNoと言っているときに、隣接権者がいくらYesといってもその利用はできないということしか意味しない。「両すくみはあり得る」と言っているのです。その逆、つまり作家がYesと言っているときに、隣接権者がNoと言っちゃいけないということはまったく意味していません。
―― 隣接権者にも権利が発生しているわけですからね。
福井 まさにそうです。中川勉強会の方向性は、「隣接権はあくまで下版に及ぶもので、漫画の原稿を他社から出版するのは自由。もちろん文芸作品のテキストデータを利用して他社から出版するのも自由」というものですから、これだと作品が死蔵される場面はかなり限定されるでしょう。死蔵が起こるのは、例えば、漫画家がもう原稿を持っておらず、絶版コミックスの版面からスキャンするほかないが、それをオリジナルの出版社が許可しない場合などに限られそうです。
 ただ、この点は実際の条文次第なので、立法化されるなら「原稿か版面か」という部分で解釈にあいまいさが残らないような規定になるかが焦点ですね。

◎隣接権は流通を促進し得るのか?
 このように海賊版への対応について隣接権には一定の効果があると思いますが、さまざまな懸念も指摘されてはいます。
 例えば、ある漫画が絶版になった後で、漫画家がほかの出版社からそれを刊行したり、あるいは電子出版で利用――Jコミで公表するなどですね――したときに、出版社がNoと言えてしまうんじゃないか? そうすると作品が死蔵されてしまうのではないか、という疑念が漫画家の赤松健さんなどから出てきました。
 もともと作者はNoと言えるところに、出版社もNoと言えるようになってしまうと、権利処理はむしろ複雑化してしまって、作品の流通が滞るのではないか? ということですね。
 それと表裏一体の問題として、そもそもそんな「強い権利」を出版社に一律に与えてしまってよいのか? という指摘もある。出版社といっても一様ではありません。立派な出版社も多いけれど、何もしていないのに権利だけ主張するような出版社もあるかもしれない。
 もっとも、中川勉強会が去る4月27日に出した報道資料では、そうした批判にも配慮してか、権利が及ぶのはあくまで「下版」のレベルであり、漫画家が自分の持っている最終原稿を使って復刻しても、元の出版社の隣接権は及ばないと明言されています。つまり、出版されたコミックス単行本や雑誌からスキャンした画像の利用に出版社はNoと言える。漫画原稿からの再刊にはこの隣接権は及ばない、ということでしょう。
 ここで、中川勉強会をいったん離れて、出版社が隣接権を得る場合、その理論上のターゲットとして考えられる権利の射程を想像してみましょう。これまでの議論からは、大きく分けて次の4つがあると思います。
1.国内の海賊版訴権。つまり、(作家も許していない)海賊版のような無断利用の取り締まり(恐らく、これが最少構成でしょう)
2.海外の海賊版訴権
3.作家+他事業者だけで作品が電子出版されることへの牽制や、その場合のオリジナル出版社の収益確保
4.単に無断利用の禁止を超えて、むしろ出版社が電子の権利を一元管理すること。つまり、作家とお互いにNoといえる権利を持つのでなく、紙の場合と同様に、出版社がYesといえば電子出版ができる状況(多分、これが最大構成)
 ネットなどで展開されていた(特に初期の)議論を見ると、1.から4.までが混在していたと感じます。この4つの目標は別ものであって、そのために必要な権利も異なるものですよね。
 目標が1.や2.の「海賊版取り締まりのための訴権」に留まるのであれば、反対する意見は恐らく少ないでしょう。無論、作家自身が原告となって訴訟を起こせばよいのですが、これは私自身代理人として活動していて、「ちょっと作家には荷が重い」と感じることがあるのも事実です。訴訟に絶対はありませんから、作家にも不安があり、負担となります。
 他方、4.の電子の一元管理権を「一律に」出版社に与えると言われれば、たぶん多くの作家は納得しないでしょう。権利の期間が長ければ言わずもがなです。
 多くの隣接権の議論はこの中間、1.と2.に加えて3.までを射程にしています。ただし、中川勉強会は「版面」の定義を厳格にすることで、漫画が死蔵されるといった危惧に答えようとしている、ということでしょうか。また、仮に隣接権が生まれても過去の出版物には適用されない(=遡及しない)と説明しているようです。

◎ほかのコンテンツ産業には隣接権がある
―― 先日のスキャン代行訴訟で、作家が原告になったのもそういった理由でしたね。
福井 それもある。じゃあ、何とかならないのか、という悩みが背景にあります。レコードなどほかのコンテンツ産業はどうだろうかと目を移すと、出版社のような「プロデューサー的な存在」は、もう少し強い権利を持っています。もちろん、出版社とレコード会社が同じかという議論もありますが、いったんここでは置いておきますね。
 例えば、音楽ではレコード会社に「原盤権」と呼ばれる著作隣接権が自動的に与えられています。歌手などの実演家にも隣接権はありますが、レコード会社などが一元的に原盤の権利を保有していることが多い。したがって原盤の利用にはその裁量でYes/Noと言えるし、海賊版に対しては直接訴訟を起こすこともできます。
 映画ではもっと「プロデューサー的な存在」が強い。著作権法29条という条文があり、映画の著作権はプロダクションなどの「製作者」に自動的に移ります。逆に言えば映画監督は著作権を持てない。そして著作権はプロダクションから、製作資金を出資した製作委員会に譲渡されるケースが圧倒的多数です。その是非はともかく、いわゆる「リスクマネー」、つまり資金を投資した者が著作権譲渡を受ける慣行があります。
 そこまでは行かずとも、書籍の誕生に貢献した出版社にもう少し権利があってもよいんじゃないか、という視点なのでしょうね。
◎契約書では訴権が生まれない
―― それは先ほど紹介いただいた、出版契約書から生じる権利ではダメなのでしょうか?
福井 もちろん、かなりの効力はあります。というより、出版社にとっても電子書籍の普及にとっても、本丸はあくまでも出版契約書です。しかし、第一に契約では(上述した1.の著作権譲渡でない限り)電子の海賊版を直接出版社が訴えて差し止めることができない。つまり原告になれないわけです。第二に(当たり前ですが)契約を結ばない限りは権利が生まれない。こうしたこともあって、契約に依らない法的な権利を、という声が、文化庁の「電子書籍の流通利用の円滑化に関する検討会議」などで挙がりました。
 そこでは幾つかの選択肢がありましたが、「隣接権」という方向で出版社側が要望し、権利付与の議論がされることになったようです。
 実のところ、出版社と隣接権の関係といっても、まだこの段階です。隣接権そのものの内容もハッキリしない。ただ、レコード製作者の隣接権を参考にして、中川正春衆議院議員(現・内閣府特命担当大臣、元文部科学大臣)の勉強会が一定の方向性を出しつつありますね。最近の報道資料などでは、従来の呼び名である「版面権」から、「出版物原版権」「(仮)出版物に係る権利」とより抽象的な名前に変わってきています。名称募集中(笑)。
 ではそれはどんな権利か。出版物や電子出版物の版面や電子出版データについて、「イニシアティブと責任を持って製作した者」(=“出版者”)に「複製権・公衆送信権・譲渡権・貸与権」の4つの権利を与えてほしい、ということのようです。電子出版について特に重要なのは複製権と公衆送信権ですね。以下、この内容を「隣接権」と仮に呼びます。
◎中川勉強会の方向性
出版物:「編集により書籍・雑誌若しくは電子書籍・電子雑誌にしたもの」
出版物原版:「出版物を複製又は送信可能な情報として固定*したもの」
 *書籍・雑誌では「下版」、電子書籍などでは「コーディング終了時点」と説明
出版者:「出版物の製作に発意と責任を有し、出版物原版を最初に固定したもの」
与えられる権利:複製権・送信可能化権・譲渡権・貸与権など
期間:発行翌年から25年
 これらは基本的に「Noと言える権利」です。いわば版面の無断利用について差し止めることができる権利。例えばインターネット上で海賊版が流通しているときに、これまでは、著作者の権利=著作権は侵害されていたので、著作者は訴えてこれを差し止めることができました。ところが、出版権を持っていたり、通常の出版の許諾を受けているだけの出版社は、これらを訴えることができません。出版権は「訴権」つまり原告として訴えられる権利ではあるのですが、紙にしか及ばず、出版の許諾は――仮に電子についての許諾を得ていたとしても――訴権にならないのです。
―― 原告として訴える、というところまでカバーするには出版契約書では十分ではない。
福井 ネットの海賊版などはそうですね。出版社が作家の代理人として訴えを起こす方法も、民訴法などの規定があって容易ではない。
―― そうなるとJASRACのような集中管理団体が違法配信を訴えることができる根拠は?
福井 集中管理団体が著作権の信託譲渡を受けているから、です。著作権の譲渡を受けていれば、当然著作権者として振る舞えます。
―― 昨年注目を集めたレディー・ガガのYouTubeアカウントの廃止は、株式会社メディアインタラクティブ(2012年4月に株式会社ネオマーケティングに社名変更)という会社が権利者に代わり削除を行った結果でしたが、ああいったケースはどうなのでしょうか?
福井 あの件は詳しく追ってはいないのですが、訴訟はせずクレームをするだけならば、権利者(ガガのケースだとタレント)から業務の委任を受けただけでも大丈夫で、委任状などでYouTubeは対応するはずです。ただ、YouTubeのようにスムーズに削除に応じるサイトはむしろ例外で、そうじゃない場合に出版社が訴訟を起こせないのは弱い。
eBook USER西尾 漫画家協会が出したリリースでは、訴訟リスクをとってまで対応しなければならない、経済的影響の大きい侵害案件は限定的であり、個別に対応した方がよいという見解が示されています。
福井 これは国内について、ということでしょうね。海外ではかなり重大な侵害案件が起こっていますから。とはいえ、漫画家協会も指摘するように、出版社に隣接権を付与しても海外での訴訟の原告にはなれない。隣接権は国ごとの法令で与えるものなので、日本で仮に権利を与えても日本の訴訟の原告にしかなれないのです。海外での海賊版対策にはむしろ契約が大切です。

◎ネット化への対応を迫られる著作権
―― 前回お話を伺った際、福井先生も指摘されていた「集中管理機構」が、日本漫画家協会からの「出版者(社)への『著作隣接権』権利付与に対する見解」というリリースにも触れられていましたね。
日本漫画家協会から出された「出版者(社)への『著作隣接権』権利付与に対する見解」より一部引用
福井 踏み込んでますよね。こういった議論をするときに、必ず当事者が「流通促進」という観点を踏まえて語るようになったのは大きな変化だと思います。作品を必要とする人々に対して幅広く届けながら、どう収益を上げていくのか、ということに社会の視点が集まってきたかなと。
―― 議論のベースができてきた、ということですね。文化の保護や振興を前面に押し出すようなものではなく。
福井 文化の振興はもちろん著作権制度の第一原理です。でも従来は、作品やそれを生み出す人々への敬意=リスペクトを著作権と結びつける議論がすぐに前面に出てきた。リスペクトは大切ですが、それは著作権の役割ではありません。
 というより、どんな法制度にも心の中の尊敬を担保するような力はない。
―― 制度でリスペクトまでは生まれない?
福井 制度でそれを強制することで、「尊敬」や「愛」というものの最も根本的な部分が奪われてしまうのではないか、という危惧すらあります。
出版社には何の権利もない
福井健策弁護士
―― 流通を促進し、収益が十分確保でき、その結果次なる創作に繋がっていく、というプロセスがいま求められているわけですが、それを考える前にまず現状の出版社の権利がどうなっているのか、から解説いただけますか。
福井 簡単に言われましたが(笑)。分かりました。
 原則論を言ってしまうと、出版社には放っておくと何の権利もありません。業界慣行としての「権利的なもの」はありますが、法律上当然に与えられるようなものはない。出版社自身が著作者に当たるような例外的な場合を除いて、出版社の権利は著作者(作家)との合意から生まれるのです。
 そして、作家との合意内容によって大体4つのパターンで出版社に権利が生じてくると考えられます。
1.作家から著作権の譲渡や部分譲渡を受けるケース
2.出版権が設定されるケース
3.独占・排他的に出版の許諾を受けるケース
4.非独占的に出版の許諾を受けるケース
 1.は専門書や百科事典などでよく見られるケースです。3.と4.は、著作権を持っている作家から出版を許可して貰うケース。著作権自体はあくまで作家の下に留まります。
―― 4.のようなケースもあるのですか?
福井 例えばアンディ・ウォーホールの作品を管理する財団から、作品写真の雑誌特集への掲載許可を受ける場合を想像してください。そのような場合は独占的な掲載はまれで、ほぼ間違いなく非独占的な許諾になるでしょう。
 2.の出版権の設定についてお話ししましょう。これは1.の著作権の部分譲渡とやや近いのですが、3年〜5年と言った期間を設定するのが一般的です。その間、著作権の中の一部である「出版という形で作品を複製する権利」を、作家から出版社にいわば「移転」するのが出版権です。これを「出版権の設定」と言います。
 以上はすべて「作家=著作権者との合意」がなければ生まれません。出版権の設定も同様です。出版権の特徴は、期限があることに加え「紙にしか及ばない」と一般に考えられている点。少なくとも現在主流の電子出版のスタイル、つまり「配信」には及ばない。
 出版契約書には、2.のような出版権の設定、もしくは3.のような独占的な出版の許諾が記載されていることが一般的です。私の経験だと書籍では出版権設定が書かれていることが多い。雑誌はそもそも契約書が交されることが少ないですが、書面はなくても口頭なりの合意として、出版許諾などがされていると見なされるはずです。
 さて、こういう状況の中、いわゆるKindleショックやGoogleショックといった出来事が起こりました。電子出版の波が襲ってきたわけです。日本の出版界も改めて電子出版対応を迫られ、また同時期にネット上に海賊版が数多く出回る現状にも注目が集まるようになりました。こちらにも対応をしなければならない。
 そこで出版社がハタと迷ったのが、「電子出版の権利を自分たちが持っているのだろうか」ということでした。もちろん契約書でそれを確保しているケースもありましたが、出版契約書の普及率はこれまで非常に低かったのです。2006年3月の調査で新刊書の45.9%しか契約書が締結されていませんでした。その後急速にこの比率は上がってきてはいますが、それは新刊書だけですから、既存の書籍には契約書がないケースが多いわけです。
 つまり契約書には頼れないケースが多い、そうなると、作家と出版社の間には何があるのか。口頭か暗黙での出版権設定(上の2.)もしくは排他的な出版の許諾(上の3.)がある――恐らくそうなんだろう。でも、それでは電子出版に権利は及ばなそうです。仮に契約書を交わしていても、そこに出版権の設定としか書いていなければ、同じことです。現行法での「出版権」は電子配信には及ばないのですから。
 では出版社は完全に埒外なのか、というのは早計で、業界慣行や各種の力学というものがありますから、いまのところ作家が出版社に相談なく既存作品の電子化を進めるといったケースは少ないでしょう。しかし、電子書籍で「出版社の権利」と言えるほどのものはない場合が多いのも、また事実なのです。
 そうなると、少なくとも理論上はこういったことが起こり得ます。ある作家さんが、出版社から紙で本を出した翌週にAmazonなどで自ら電子書籍を出してしまう――これが可能になると、出版社としては困るでしょう。
 また、海賊版の取り締まりについても、出版権は電子書籍には及んでいませんから、出版社は自ら訴訟は起こせない。作家に「弁護士は紹介しますから、原告として訴訟を起こしてください」とお願いしなければならない。多くの作家はこれを嫌がります。


◇オンライン資料の収集等に関する国立国会図書館法の一部改正が成立
http://current.ndl.go.jp/node/21118
(2012年6月18日 カレントアウェアネス・ポータル)
 2012年6月15日、国立国会図書館法の一部を改正する法律が成立しました。改正法の内容は、(1)オンライン資料の収集、(2)原子力損害賠償支援機構の納入義務規定の整備、の2点です。そのうちオンライン資料の収集は、2013年7月1日に施行されるもので、以下のような内容になっています。詳しくは国立国会図書館(NDL)によるプレスリリースに記されています。
・納本制度に準じて、私人が出版するオンライン資料について、NDLへの送信等を義務付ける(送信等における必要費用は補償する)。
・NDL又は送信等の義務を負う者がオンライン資料を複製することができるように著作権法の改正を行う(著作権法第42条の4)。
・有償又はDRM(Digital Rights Management)付きの資料については、現在、費用補償に関する検討等を行っており、当分の間は上記の義務を免除する。
◎国立国会図書館法の改正について(付・プレスリリース)(NDL 2012年6月18日付けニュース) http://www.ndl.go.jp/jp/news/fy2012/1195083_1827.html
◎改正国会図書館法が成立(MSN産経ニュース 2012/6/15付け記事) http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120615/plc12061521180020-n1.htm
◎電子書籍の納本制度、来年7月からスタート(新文化 2012/6/15付け記事) http://www.shinbunka.co.jp/news2012/06/120615-01.htm


◇Google Now Selling E-Books in Spain and Germany
http://www.digitalbookworld.com/2012/google-now-selling-e-books-in-spain-and-germany/
(June 15, 2012 Digital Book World)
 According to multiple media reports, Google is now selling e-books in Spain and in Germany through local Google Play storefronts. These store openings follow Google’s first international bookstore opening in local language in Italy in May.
 Google joins competitors Amazon, Barnes & Noble and Kobo in embarking on an international expansion strategy.
 “We’re working hard to bring more content to more places,” a Google Play spokesperson told Digital Book World.
 According to Publishers Lunch, France is next.


◇DVDリッピング違法化+私的違法ダウンロード刑罰化法案、衆議院で可決
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20120615_540420.html
(2012/6/15 12:20 INTERNET Watch 永沢 茂)
 衆議院の文部科学委員会で15日午前、著作権法の改正案について審議・採決が行われ、“リッピング違法化”などを盛り込んだ政府案が全会一致で可決した。あわせて、自民・公明の両党から“私的違法ダウンロード刑罰化”を追加する修正案が採決直前で提出され、賛成多数で可決された。
 さらに法案は同日午後、衆議院本会議に上程され、修正案を含めて賛成多数で可決された。
 文部科学委員会の模様は「衆議院インターネット審議中継」で配信されており、すでに今日の映像もビデオライブラリからオンデマンドで視聴できる
 今回の改正は、近年のデジタル化・ネットワーク化の進展にともなって著作物の利用態様が多様化していることや、著作物の違法利用・違法流通が広がっていることをふまえたもの。政府案では、1)いわゆる“写り込み”等に係る規定、2)国立国会図書館によるデジタル化資料の自動公衆送信に係る規定、3)公文書等の管理に関する法律に基づく利用に係る規定、4)技術的保護手段に係る規定――の整備を行う。一部を除き、2013年1月1日からの施行を目指す。
 このうち4)は、DVDなどに用いられる「CSS」などの暗号型技術を、著作権法上の対象となる「技術的保護手段」に追加するもの。その結果、これを回避してDVDなどを複製するプログラム・装置を提供することが規制され、違反者には刑事罰が科せられるほか、技術的保護手段を回避して行う複製は、私的使用目的の複製の範囲外となり、認められなくなる(刑事罰はなし)。いわゆる“リッピング違法化”。コピーガードなどの技術的保護手段が用いられていないCDなどの私的複製については、違法化の対象とはなっていない。
 自公の修正案は、2009年の改正(施行は2010年1月1日から)で規定されていたが罰則は設けられていなかった“ダウンロード違法化”に関して、刑事罰を設けるという趣旨。
 具体的には、1)私的使用の目的をもって、2)有償著作物等の著作権または著作隣接権を侵害する、自動公衆送信を利用して行うデジタル方式の録音または録画を、3)自らその事実を知りながら行って著作権または著作隣接権を侵害した者は、4)2年以下の懲役もしくは200万円以下の罰金に処し、またはこれを併科すること――としている。
 また、私的違法ダウンロード防止に対しての国民の理解を深めるため、国および地方公共団体に対し、私的違法ダウンロードの防止に関する、未成年者に対する教育の充実を義務付けるとしている。
● DVDリッピング違法化よりも恐ろしい(?)私的違法ダウンロード刑罰化
 今回の改正案では、個人のコンテンツ利用やインターネット利用に影響してくるDVDリッピングの規制や写り込みに関する規定、さらに国会図書館のデジタル化資料の活用に関する項目が含まれている政府案の内容自体もちろん重要だが、修正案で追加された私的違法ダウンロード刑罰化の内容およびその審議の過程に注目しなければならない。
 リッピング違法化については強い反対意見があるのも事実だが、この規定を含む政府案は、文化庁の文化審議会での議論や報告書、パブリックコメントなどを経て出てきたものだ。対して、修正案の私的違法ダウンロード刑罰化は、オープンな議論がないまま立法化されようとしていることで問題視されている。
 そもそも私的違法ダウンロード刑罰化は、権利者側が以前から訴えていた方向性であり、これまでも文化審議会で繰り返し訴えられていた。ダウンロード違法化の施行後も、罰則がないために、違法アップロードされた音楽などのダウンロードが減らず、音楽産業に多大な損害を与えているといった主張だ。もちろん、違法ダウンロードがまん延するような状況は望ましくないが、その行為に刑事罰を科すことが果たして合理的・妥当なのかという議論がまずある。また、刑事罰化することで懸念されるさまざまな問題点も指摘されており、文化審議会の議論では合意には至らず、政府案には含まれなていなかった。
 一方、自公では、著作権法の改正案とは別個の法案として、私的違法ダウンロードに刑事罰を科す法案を検討していた模様だ。自民党の河村建夫衆議院議員は昨年12月、「音楽等の私的違法ダウンロードの防止に関する法律案」の共同提出に向け、自公が党内手続きを完了したことを自身のホームページで報告していた。
 こうした私的違法ダウンロードの刑事罰化を求める動きに対しては、日弁連や一般社団法人インターネットユーザー協会(MIAU)が反対声明を発表している(具体的な問題点や反対理由については、それぞれ公式サイトで公開している文書を参照してほしい)。それが今回、政府案の修正というかたちで、いつの間にか同様の規定が著作権法にねじ込まれようとしている流れになっている。
● 自公の修正案は、文部科学委員会での審議がないまま可決
 15日の文部科学委員会では、自民党の下村博文議員が政府案について行った質疑の中で、修正案についても言及。私的違法ダウンロードが行われる状況を放置することがインターネットの健全な発展を阻害することになるのではないかと述べるとともに、修正案に対して世間から挙がっている懸念の声に反論した。
 まず、解釈しだいではインターネット社会の検閲につながり、警察の捜査権の拡大につながる恐れや個人のプライバシー侵害につながる恐れがあるとの指摘に対しては、個人のPCを押収したり、ISPからアクセスログを押収するには従来通り裁判官の令状が必要なため、いきなり捜査官が個人宅に入ったり、無制限にインターネットに介入するとの懸念は当てはまらないという。
 また、違法・合法、有償・無償の著作物がインターネット上で混在している中で、ダウンロード刑事罰化の対象となる違法著作物をユーザーが区別することができないために、私的違法ダウンロードに刑事罰を導入することは、インターネットの表現や利用に萎縮効果があるのではないかとの指摘に対しては、今回は故意に行う私的違法ダウンロードだけが対象だと説明。配信されている著作物が違法かどうか区別できない場合は、罪に問われないとした。
 その一方で、有償の著作物を配信する事業者には、私的違法ダウンロードの防止に向けた取り組みを求めるという。正規配信コンテンツであることを示す「エルマーク」の普及がいっそう進むことが期待されるとした。事業者に対する措置は、罰則規定に先行して、改正法の公布日から施行し、罰則の施行時点で違法配信かどうかをユーザーが区別できるようにするとしている。
 なお、これら下村議員の質疑はあくまでも政府案についての質疑の中で話されたもので、文部科学委員会の中では、修正案に対する審議は行われなかった。修正案は、政府案についての審議が終了した後で、公明党の池坊保子議員が趣旨と概要を説明したのみで、すぐに政府案・修正案の一括討論に入った。
 討論では、日本共産党の宮本岳志議員が、政府案には賛成、修正案には反対との立場で意見を述べた。宮本議員は、修正案は政府案とは全くかかわりがないものであり、こうした国民に多大な影響を及ぼす法案を政府案の審議終了後に提出したことを非難。「違法流通は問題だが、対処は処罰化ではなく、違法アップロードの削除などのさらなる強化であるべき。そもそも、個人のインターネット利用にかかわる私的な領域であり、ダウンロードを行っているのは若者である。慎重に協議されるべき。国民的な合意もなく、審議会での協議も踏まない罰則化は言語同断」と述べた。
 討論は宮本議員の発言だけで終結。すぐに修正議決がなされ、続いて政府案が採決されたかたち。
【お詫びと訂正 2012/6/18 12:25】 記事初出時、記事最後の修正議決と政府案の採決の順番を逆に記載しておりました。お詫びして訂正したします。
◎衆議院 http://www.shugiin.go.jp/
◎河村建夫衆議院議員の活動報告 違法ダウンロード防止法案趣旨説明(同議員のホームページは現在アクセスできない模様だが、Googleのキャッシュなどで内容を確認できる可能性あり)  http://www.tspark.net/katsudo/33.html
◎日弁連の意見書(PDF)  http://www.nichibenren.or.jp/library/ja/opinion/report/data/111215_5.pdf
◎MIAUの反対声明 http://miau.jp/1338800400.phtml


◇Google Play Books Arrive in Germany
http://goodereader.com/blog/e-book-news/google-play-books-arrive-in-germany
(JUN 14, By Michael Kozlowski Good E−Reader)
 Google has just launched its Play Bookstore in Germany today. Customers can enjoy bestsellers like Charlotte Link’s Der Beobachter or Jeanette Walls’ Ein ungezahmtes Leben, as well as classic titles. Readers in Germany can access Play Books via iOS, Android, and the internet.
There are close to 2 million free books and hundreds of thousands of paid books available via the Google ecosystem. You can sample books before you buy them and read them right online. Some major publishers in Germany have also signed onto the platform to distribute their books, such as Random House (Del Rey, DVA, Goldmann, Heyne), Lubbe, CH Beck, Springer, Munich Publishing Group, epubli, GRIN, and Holtzbrinck.
 The selection of books right now is fairly lackluster and I would recommend doing business with Txtr (a homegrown Berlin based company) or Amazon.


◇OverDrive To Feature Fast Turnaround MARC Records, New APIs For OPAC Customization
http://www.thedigitalshift.com/2012/06/ebooks/overdrive-to-feature-fast-turnaround-marc-records-new-apis-for-opac-customization/
(June 14, 2012 By Matt Enis The Digital Shift)
 In response to feedback from librarians and their patrons, digital content distributor OverDrive will soon roll out several “next generation” features that will make ebooks easier to access and catalog, and will make audiobooks easier to sample and download, according to Steve Potash, president and chief executive officer of the Cleveland-based company.
“We are going live with…one new partner and one new service to automate and reduce the time and cost for MARC records,” Potash explained during a June 14 meeting with LJ and SLJ staff.
 The new partner is The Library Corporation (TLC), Inwood, WV which has been testing a program that pairs its eBiblioFile service with Overdrive’s acquisition interface at 50 libraries. The feature is expected to be available to all OverDrive customers by July.
“When you are selecting titles in your OverDrive account, adding new lists or materials, you can check a box, and TLC?in many cases within 24 to 48 hours?will deliver customized MARC. And they are doing it at a value price,” Potash said.
 In addition, OverDrive will soon launch a new, free MARC record service called MARC Express, which will generate minimal, basic MARC records immediately, using information supplied by publishers.
“It’s not going to serve the needs of anyone who wants customized MARC, but it [will be] in many cases, a placeholder,” Potash said. “We needed to create that service for the [Application Programming Interface] API users out there. Now that we’re putting out APIs to adjust our catalog, check availability, we had to create a more scalable bib record service.”
 OCLC will remain “a very important cataloging partner” to OverDrive and many of its customers, Potash said. But, he noted that the OCLC was facing challenges keeping pace with the sheer volume of ebook content that is currently being produced, and said that turnaround time for customized MARC records has been a recurring complaint among many OverDrive customers.
“We’ve got to be thankful for [OCLC], because every week now, I’m giving them, like, 13,000 Cyrillic Russian ebooks,” Potash said.
In addition, the APIs that OverDrive will be releasing will allow libraries more options to customize how their patrons access OverDrive-licensed content?including options that won’t require patrons to be directed away from a library’s OPAC to read that content.
“We’re releasing, in July, the first three APIs,” Potash said. “That’s going to be metadata, so people can get our catalog, and get the benefit of [book] covers, and bib records, and samples. …The second one is the availability API, so you know the status of how many copies, how many on the shelf, how many holds, what the wait list is. The third is a search API, so you can utilize this new Google-esqe search platform [with predictive search capabilities] for third parties that want to do a little front-end [interface] but they don’t have their own search infrastructure.”
 Later this year, OverDrive will add another wave of APIs, including a content API that will enable users to place holds, add to wishlists, perform checkouts and returns, and other functions through their library’s own user interfaces if the library prefers to set it up that way, Potash said.
These enhancements are paired with additional new features designed to improve patrons’ downloading experiences with audiobooks and ebooks, all of which fit under OverDrive’s “next generation” umbrella.
 In late May, the company announced that it would soon launch a new browser-based ebook platform called “OverDrive Read,” which promises to enable readers to read ebooks using any device with a standard web browser and Internet connection?including computers, mobile phones and tablets?without installing additional software or activating a dedicated device. The platform is based on HTML 5 and EPUB open standards, and technology pioneered by Australian ebook firm Booki.sh, which OverDrive acquired in March.
 And, this week, the company announced plans to update its audiobook download services with “Listen Now” streaming options that will allow readers to instantly “See Book?Hear Book.” This will enable readers to sample excerpts or listen to complete books without first downloading an entire title. This “Listen Now” feature will complement?not replace?the audiobook download option. Both OverDrive Read and Listen Now features for ebooks will not cost extra for OverDrive’s customers.
 Streaming audiobooks and browser-based ebooks will also enhance the patron’s experience with new OverDrive Media Stations, a new interface that uses Internet workstations or touchscreen monitors to offer patrons an easy way access a library’s digital selection of content. All of these new features will be showcased and demonstrated at the upcoming ALA Conference in Anaheim next week.
Potash also expressed optimism regarding future ebook availability from the “big six” publishing houses. Data from consumer surveys such as LJ’s own Patron Profiles series, as well as data from OverDrive surveys, their “buy it now” buttons, the American Library Association, and even Amazon’s Kindle Owner’s Lending Library (KOLL), are getting noticed by publishers, he said. These data consistently indicate that ebook borrowers are also regular ebook buyers, and that by allowing lending, publishers have an opportunity to market their backlists and turn readers on to new authors.
Speaking specifically about KOLL, Potash said, “right now, it is helping me prove the point that discovery and borrowing of digital books lifts sales, lifts exposure, [and] increases reach. Right now…with their [one-per-month ebook lending] limitation, they are now putting data out about how books that are in their lending library spike purchases of digital, spike purchases of print, and then elevate that author’s activity.”


◇Book Expo America 2012まとめ
http://ebook.itmedia.co.jp/ebook/articles/1206/14/news053.html
(2012年06月14日 eBook USER Michael Kozlowski,Good e-Reader Blog)
 Book Expo America 2012(BEA 2012)が終了したが、今回のイベントにはGoodEReaderのMercy、Peter、そして筆者が現地入りし、IDPFとBEA全体を総力取材した。
 今年のイベントで明白だったのは、電子書籍とテクノロジーの扱いが非常に小さかったことだ。Scholastic、Harper Collins、Harlequinのレーベル Karina Pressや大手6大出版社の大半はそれらをまったく取り上げなかった。企業幹部の一部に取材をしても、電子書籍部門から担当者を帯同させることすらほとんどみられなかった。それらの企業は電子流通が未来を左右すると騒ぐ割に、それを実際に示そうとはしていないとうことがよく分かった。
 以下ではBook Expo期間中に行った取材のエッセンスと最重要ニュースについてまとめた。
◎Kobo
 われわれはBook Expo前日の朝食会に招待を受け、そこで同社は「Writing Life」を披露した。そこにはケビン・アンダーソン氏といった著名な作家が招かれており、β版での経験を出席者と共有した。
 BEA初日にWriting Lifeについて、コンテンツ・営業・企画担当副社長のマイケル・タンブリン氏に取材した。この新プログラムによりユーザーは基本的にKoboのプラットフォームで自主出版でき、同社がカバーするすべての国々で自分の本を販売できる。
 最大の利点はユーザーに提供されるリアルタイム販売・統計情報だ。大半の自主出版関連企業は月末か4半期末にしかデータを提供しない。Writing Lifeにより、ユーザーは価格、表紙絵、マーケティングなど本の販売にとって何が効果的なのか短時間で試行できる。例えば、サンフランシスコをブックツアーで訪問しながら本の販売結果への影響を把握していないようなケースでは、Writing Lifeの情報によって以降もブックツアーを行うことに果たして価値があるのかを判断できるようになる。
 Writng Lifeは今後、数週間以内に利用可能になり、その後間もなく北米以外にも展開される。
◎Amazon
 AmazonはBEAでより大きな存在感を見せるだろうと思っていたが、CreatespaceとKindle Direct Publishingの関係者しか出席していなかった。本当はAudible、Kindle Singlesの関係者と話したかったのだが、ほかには誰もいなかった。
 Amazonは会議を利用し、自主出版向けのCreatespaceを利用して制作された書籍をKindle Direct Publishingへ投稿するように図る新プログラムをアナウンスした。
◎Barnes & Noble
 Barnes & NobleはBEAで公式ブースを構えなかったが、会議には何人かの幹部社員を送り込みメディアおよび出版社対応を行った。われわれはAndroid開発の責任者であるビジネス開発部長、スティーブン・マクドネル氏と会談した。
 マクドネル氏はBarnes & Nobleがなぜ4月にロンドンでイベントを開催したか、そして同社のストアでどの分野のアプリがよく売れているかについて事実関係を明確にする幾つかのポイントを説明してくれた。ロンドンのイベントは英国の開発者との会合のためで、NOOKアプリストアにアプリを投稿するように促す趣旨だったようだ。Flick Golfのような有名なゲームが同社のアプリストアに間もなく登場することが期待できるようだ。マクドネル氏によると、子ども向けアプリとライフスタイルアプリがよく売れているとのことだ。
 次に、Barnes & Nobleの電子書籍担当副社長、ジム・ヒルト氏に取材を行った。ヒルト氏はNOOK Glowの成功について、NFCに期待できることは何かについて、また同社の小売事業およびデジタル関連事業間のさらなるシナジーについて語ってくれた。
◎Disney
 出席者が非常に限定されたDisneyのイベントにも招待された。Disneyの代表者は映画『Brave』をベースにした新iPadアプリとMarvelの幾つかのアプリを披露した。
 存在感を放ったDisneyの発表で最も重要だと感じたのは、同社がいかにして高品質アプリを生み出し続けているかということだ。Pixar、Marvel、Disneyは互いにアート関連人材を融通しあっている。アプリの開発を決断すると、開発者には公開予定の映画の映像、キャラクターアート、サウンドライブラリー、コンセプトアートなど限りないコンテンツへのアクセスが提供される。
 Disneyによると、高品質のアプリを開発するのに平均で5カ月ほど必要だという。同社は全部門の人材を共有しているので短期間で多くの成果を上げられる。
◎Overdrive
 OverdriveもBook Expoに参加しており、マーケティング本部長のデービッド・バーレイ氏とのインタビューにこぎ着けた。Booki.shの買収について、それから利便性という点でHTML5ベースのオンライン読書アプリが転換点となったことについて長時間の取材を行った。
 書籍の検索を行ない、QRコードを利用してかなり容易に自分のデバイスへ転送できる新型タッチスクリーン端末も話題に上がった。バーレイ氏はOverdriveが参入しているすべてのマーケットで電子書籍貸し出しがどのように行われているかについて非常に興味深い統計を共有してくれた。同社と書籍を共有したがらない出版社の態度についても語り合った。
◎3M
 3Mクラウドライブラリーの責任者、トム・マーサー氏に取材した。マーサー氏は差別化要因となる自社事業について共有し、同社の進化の歴史の一部とOverdriveに対していかに競合するかについて語った。
 3Mの取り組みで重要だと感じたのは、図書館が3Mと協業するために必要なハードウェア投資について。図書館は3Mのタッチスクリーン検索端末に3500ドルほど、図書館利用者への貸し出しに利用する自社製電子書籍リーダーにはさらなる投資が必要になる。Txtrは3Mの電子書籍リーダーを提供しておらず、代わりに同社のPocketbook 612が3M製品として提供されている。Txtrは3MのAndroidアプリ開発を担っている。
◎電子書籍とフォーマット断片化
 電子書籍にかかわるSmashwords、Karina Press、Disney、Kobo、Intelなどあらゆる大手企業に取材を行った。1つ明らかとなったのは電子書籍がまだ未開拓で、一定の国際標準への同意がなされていないことだろうか。
 コンテンツ配信にEPUB、EPUB3、EPUB4、Kindle Format 8、HTML5、PDFとスタンドアロンのアプリが利用されている。LULUやBookbabyといった、電子書籍フォーマット変換サービスをうたう企業が跳梁跋扈し、電子書籍の国際標準が存在しないのは絶望的だ。
 標準が存在しないことでフォーマットが乱立し、例えばコンテンツをAmazonに最適化すると、それをベースにAndroidアプリを開発するのは難しい。EPUBのバージョンごとの違いとそれぞれの利点について知る人はほとんどいない。業界全体の取り組みとして必要なのはテキストベースの書籍と映像、音声、マルチメディアコンテンツが埋め込まれた書籍の国際標準だ。企業はテクノロジーへの適応に時間を取られ、コンテンツそのものに集中できていない。
◎まとめ
 BEAはデジタルという点では物足りなかったが、出会った人々は本当に素晴らしかった。形式的なインタビューを行う前に、取材する人の顔と名前を一致させたり、仕事について話したりするのは非常に面白かった。Barnes & Noble、Kobo、3M、Overdrive、Disney、Smashwordsの各社と何時間にもわたって、われわれのインタビューに回答したり、仕事の話をしてくれた大勢の方々に感謝したい。電子出版関連の諸問題の現状と電子書籍および流通の将来について語る人々の目に曇りがないのを目の当たりにして興奮した。


◇Overdrive to launch Expanded Audiobook Functionality later this Year
http://goodereader.com/blog/electronic-readers/overdrive-to-launch-expanded-audiobook-functionality-later-this-year
(JUN 13, By Michael Kozlowski Good E−Reader)
 Overdrive is well known as the premier eBook content distribution platform that libraries use to facilitate the lending of digital books, audiobooks, videos and more. Today the company announced it will update its popular audiobook download services to include new options for readers to instantly “See Book?Hear Book.” Scheduled for launch later this year, streaming audiobooks will be available on a wide range of Internet-connected devices, including smartphones, tablets and computers. This instant-access technology will eliminate long downloads before listening to popular audiobooks from libraries and schools throughout the OverDrive network. The “Listen Now” option will complement the download options already in use with the millions of installed OverDrive Media Console apps on all supported app platforms.
 OverDrive will incorporate the streaming option into the free OverDrive Media Console apps, enabling readers to access complete audiobooks or to immediately sample excerpts without first downloading the title. These new features will also be present in the new OverDrive Media Station. Media Station is a new touchscreen initiative that allows customers to browse a libraries database of content on virtually any touchscreen monitor, tablet or other device. The cool thing about the media station, is that is software dependent and hardware agnostic.


◇書籍デザイナー必読:CSS3を使い、XHTMLコンテンツをEPUB電子書籍・CMYKなPDFに一括変換する手順
http://ebook.itmedia.co.jp/ebook/articles/1206/13/news046.html
(2012年06月13日 13時00分 更新 eBook USER)
 米国のWebデザイナー向けブログサイト「A List Apart」で、O'Reilly Mediaの電子書籍制作責任者であるネリー・マッケソン氏が、CSS3を使ったプロの書籍デザイナー向けワークフローを紹介している。
 記事では、Adobe InDesignなどの商用ソフトやXSL-FOを一切使わず、CSS3のPaged Media Moduleを使い、XML/XHTMLコンテンツをEPUBおよび紙印刷用CMYK PDFの両方に変換するポイントを紹介。PDF変換については、オープンソースの「xhtml2pdf」、もしくは豪YesLogicやアンテナハウスの商用PDFエンジンが必要となるが、トンボ追加方法などまさに現場プロ向けの記事内容となっている。
 同氏は、このようなCSS3ベースのワークフローに切り替えることで、印刷現場で一般的となっているXSL-FOベースのワークフローから離脱でき、多くのWebデザイナーたちが書籍制作にも参加できるようになると提唱している。


◇アイルランドの公共図書館、3分の1がOverDriveによる電子書籍サービス提供
http://current.ndl.go.jp/node/21072
(2012年6月13日 カレントアウェアネス・ポータル)
 アイルランドでOverDriveの代理店となっているInterleaf Technology社が、アイルランドの公共図書館の約3分の1に当たる10州の公共図書館が、OverDriveによる電子書籍サービスを開始した、と公表したとのことです。
◎One third of Irish public Libraries use OverDrive ebooks service from Interleaf Technology(2012.6.12付け) http://www.irishpressreleases.ie/2012/06/12/one-third-of-irish-public-libraries-use-overdrive-ebooks-service-from-interleaf-technology/
◎OverDrive e-books now available in one-third of Irish public libraries(2012.6.12付け) http://www.siliconrepublic.com/new-media/item/27724-overdrive-e-books-now-avail


◇学術雑誌契約のライセンスにOA条項を含めるドイツの国家的取組
http://current.ndl.go.jp/node/21076
(2012年6月13日 カレントアウェアネス・ポータル)
 オープンアクセスリポジトリ連合(Confederation of Open Access Repositories:COAR)が、“National Licenses and Open Access in Germany”(2012年5月付け)と題したペーパーを公開しました。これは、ドイツが国家レベルで行っている、学術雑誌契約の際にライセンスの中にオープンアクセス(セルフアーカイビングへの許可)に関する条項を含めるよう出版社と交渉するという取組を紹介するものです。取組の背景や結果なども含めてまとめられています。
◎National Licenses and Open Access in Germany(PDF:4ページ) http://www.coar-repositories.org/files/COAR_Licensing_Case_Study_Germany_May2012.pdf
◎"National Licenses and Open Access in Germany"(Digital Koans 2012/6/11付け記事) http://digital-scholarship.org/digitalkoans/2012/06/11/national-licenses-and-open-access-in-germany/
◎COAR http://www.coar-repositories.org/


◇BookExpo America Report:BEAでのAmazonバッシングについて
http://ebook.itmedia.co.jp/ebook/articles/1206/13/news060.html
(2012年06月13日 eBook USER Mercy Pilkington,Good e-Reader Blog]
 現在、電子出版業界では多くのこと――感動的なこともあれば、恥ずべきこともある――が起こっている。ポジティブなニュースとして、GoodEReaderではBookExpo America(BEA)の会場から電子教科書とクラウドベースの教材へたった1年で完全移行した学校についてお伝えした。
 一方、ネガティブなニュースとして、BEAの出席者に米国司法省の大手出版社への捜査や反トラスト法訴訟についての議論は行わないよう緊急の警告が行われたことが挙げられる。期間中、ある不運な講演者のプレゼンテーション中、講演者が電子出版業界で経済的な成功を収めた企業の一例としてAppleを取り上げたところ、静まり返る部屋で「インサイダー取引だ!」という野次が響き渡った。
 しかし、明らかにおかしな変化は今年のイベントでAmazonが徹底的にバッシングされ中傷めいた発言まで行われたことだ。オンライン小売の巨人に対して業界人が頻繁にあきれ顔をしたり意見したりしているが、卑劣な発言や非難が講演の舞台からも聞かれるのは近年の記憶にはないことだ。
 ある出席者は、講演者がAmazonに対して非難を浴びせるために本来のトピックから逸れたので、立ち上がってソーシャルメディアのセッション会場を後にした。自主出版についてのある講演では、専門家が1つの配信プラットフォームとだけ契約を結ばないよう出席者に強い調子で警告していた。
 IDPF Digital Bookイベントの特別会場で、最後のゲストスピーカーとなったThe Author’s Guildのポール・エイケン氏は、Appleと5大出版社に対する米国司法省の捜査について10分間で一方的な説明を行い、Amazonは捜査は訴訟に名前が上がっていないにもかかわらず、「暴利をむさぼるAmazonの価格モデル」というフレーズを3回も繰り返した。これは今年のイベントでそれに関する話題を持ち出さないように全体に警告が行われた後のことだ。
 特定のプラットフォームや小売企業を支持することについてGoodEReaderは中立の立場を取るつもりだが、Amazonの味方はいないのだろうか。Amazonの売上高は一部の人が軽蔑するふりをするほど誰もがAmazonを軽蔑しているわけではないことを物語っているが、皆がこういった中傷や当てこすりを楽しんでいるわけではないということが分からないのだろうか。


◇フランスでのGoogleブックス訴訟、Googleと出版社・作家団体の和解が成立
http://current.ndl.go.jp/node/21080
(2012年6月13日 カレントアウェアネス・ポータル)
 2012年6月11日、フランスにおけるGoogleブックス訴訟に関して、Googleがフランスの出版社・作家団体と和解に至ったと発表しました。
◎Writing a new chapter for French books(European Public Policy Blog 2012/6/11付け記事) http://googlepolicyeurope.blogspot.jp/2012/06/writing-new-chapter-for-french-books.html
◎グーグル、電子書籍の販売で仏作家団体と合意(CNET Japan 2012/6/12付け記事) http://japan.cnet.com/news/business/35018105/
◎Google Book Search裁判:Google、フランス出版業界との和解が成立(eBook USER 2012/6/12付け記事) http://ebook.itmedia.co.jp/ebook/articles/1206/12/news084.html
◎Google’s Book-Scanning Project Has Deal in France(NYTimes.com 2012/6/11付け記事) http://www.nytimes.com/2012/06/12/technology/french-publisher-group-strikes-deal-with-google-over-e-books.html
◎Google and French authors, publishers settle(The Bookseller 2012/6/11付け記事) http://www.thebookseller.com/news/google-and-french-authors-publishers-settle.html
◎Google announces digital book venture in France(paidContent 2012/6/11付け記事) http://paidcontent.org/2012/06/11/google-announces-digital-book-venture-in-france/


◇OverDrive to Provide Streaming Audiobooks to Libraries and Schools
http://www.digitalbookworld.com/2012/overdrive-to-provide-streaming-audiobooks-to-libraries-and-schools/
(June 13, 2012 Digital Book World)
 Digital book and audiobook distributor OverDrive will be allowing its users to stream audiobooks in a new service set to launch later this year.
 Currently, OverDrive allows audiobook downloads for its library and school clients. The new feature will eliminate long download periods for users who want to listen to audiobooks. OverDrive will be demonstrating the new feature at the American Library Association’s annual conference at the end of June.
 OverDrive has been busy lately, developing a browser-based e-reader and creating and providing new and detailed e-book use reports to librarians and publishers.


◇米国国立公文書館、"Open Government Plan"2012年版を公開
http://current.ndl.go.jp/node/21065
(2012年6月12日 カレントアウェアネス・ポータル)
 NARA(米国国立公文書館)が、開かれた政府に向けた計画"Open Government Plan"の2012年版を公開しています。この計画は、「透明性」「参加」「協力」にむけて、NARAが2012年から2014年の2年間に取り組む事項を示したものです。


◇米Google社、仏出版社団体および作家団体と協定、絶版書をGooglePlay上で電子書籍として発売へ
http://hon.jp/news/1.0/0/3412/
(2012-06-12 11:09:59 hon.jp Day Watch)
 フランスの出版業界ニュースサイト「ActuaLitte」によると、Google社(本社:米国カリフォルニア州)は現地時間6月11日、フランスの出版社団体Syndicat national de l'edition(本部:仏国パリ市、以後:SNE)および作家団体Societe des gens de lettres(同)と協定を締結し、現在流通されていない書籍を電子書籍として販売することを発表した。
 協定内容は、当面はSNE会員600社が「絶版である」と正式に認めた書籍についてのみに対して行なわれ、Google社のAndroid向け電子書籍販売ストア「GooglePlay Books」で販売される。
 ちなみに、仏政府は今年2月に2000年12月31日以前の絶版書のデジタル出版権をフランス文化省が強制掌握する法律を可決したばかりだが、Google側は「その法律とは関係なし」とコメントしている模様。【hon.jp】
◎仏ActuaLitteの記事( http://www.actualitte.com/dossiers/monde-edition/reportages/accord-google-un-internet-raisonne-ou-chaque-partie-se-comprend-1745.htm )


◇HathiTrust Research Centerが2011年度後半の活動報告書を公表
http://current.ndl.go.jp/node/21068
(2012年6月12日 カレントアウェアネス・ポータル)
 2011年4月に設置された“HathiTrust Research Center”(HTRC)の2011年10月から2012年3月までの半年間における活動報告書が公開されています。2011年4月に設置されたHTRCは、米国の大学等による協同デジタルリポジトリ“HathiTrust”を利用した研究を行うための環境を構築することを目的としています。2011年7月から2012年末までをフェーズ1としており、研究のためのインフラや関連ツールを開発し、2012年6月までにデモ版を完成させる予定です。
◎HathiTrust Research Center Semi-annual Report (October 1, 2011 - March 31, 2012) http://www.hathitrust.org/updates_htrc_oct2011-mar2012
◎HTRC Timeline and Deliverables http://www.hathitrust.org/htrc_timeline_deliverables
◎HathiTrust Research Center UnCamp 2012 http://www.hathitrust.org/htrc_uncamp2012
◎HathiTrust Research Center Semi-annual Report (April 1, 2011 - September 31, 2011) http://www.hathitrust.org/updates_htrc_apr2011-sep2011
◎New: HathiTrust Research Center Semi-Annual Report (October 1, 2011 ? March 31, 2012)(LJ INFOdocket 2012/6/8付け記事) http://www.infodocket.com/2012/06/08/new-hathitrust-research-center-semi-annual-report-october-1-2011-march-31-2012/


◇UK Supermarket Chain Buys HMV Stake in E-Bookseller Anobii for Pennies
http://www.digitalbookworld.com/2012/uk-supermarket-chain-buys-hmv-stake-in-e-bookseller-anobii-for-pennies/
(June 12, 2012 Digital Book World)
 For about $1.50, UK retailer HMV Group has been persuaded to part with its 64% stake in e-bookseller Anobii.
 The buyer is Sainsbury, the UK’s third-largest supermarket chain, according to Reuters. The company has made an aggressive move into the online entertainment space, following its 2010 launch of Sainsbury’s Entertainment, its 2011 acquisition of Global Media Vault and its 2012 launch of a music download service.
 If $1.50 for a 64% stake were to accurately value the company, the combined stake of the remaining shareholders, publishers HarperCollins, Penguin and Random House, would be worth about $0.75.
 Anobii made waves at the Digital Book World conference in January when its CEO Matteo Berlucchi gave a presentation advocating publishers abandon digital rights management software because it helped prop up Amazon.


◇Impelsys Platform Allows Publishers to Set Ebook Due Dates, Encourages Sale of Ebooks to Libraries
http://www.thedigitalshift.com/2012/06/ebooks/impelsys-platform-allows-publishers-to-set-due-dates-encourages-sale-of-ebooks-to-libraries/
(June 12, 2012 By Matt Enis The Digital Shift)
 In a move geared partly toward making publishers more comfortable with selling ebooks directly to libraries, Impelsys announced last week that its iPublishCentral software now enables publishers to set expiration terms for patron downloads of their titles, institution by institution. iPublishCentral 4.0 will also enable patrons to access ebooks from iPads, laptops, and desktop computers offline, regardless of the form of online patron authentication that is set up by their library.
“The content protection feature in this new version of iPublishCentral provides additional opportunities for eBook publishers to monetize their content and build direct relationships with their customers,” Anil Gopinath, executive vice president of global engineering for Impelsys, explained in a release. “Publishers can offer offline reading of eBooks on iPads and define the duration of access to content based on their business relationships with various institutions and libraries.”
Impelsys founder and chief executive officer Sameer Shariff added that publishers view the library market as an important and growing segment for their businesses, but “many publishers have been challenged by the reality that library patrons are increasingly demanding access to ebooks on all of the major mobile devices,” he said in the release. “With iPublishCentral 4.0, publishers can more aggressively pursue this key market segment with the confidence that they’re able to deliver mobile content to library patrons whenever and wherever they want that access.”
Impelsys currently warehouses and distributes ebooks for leading publishers including McGraw-Hill, Sesame Street, Houghton Mifflin, Benchmark Education, Marshall Cavendish, MIT Press, Elsevier Science, F&W Media, Wolters Kluwer, Thieme Publishers, American Academy of Pediatrics, Lerner Education, and Hong Kong University Press.


◇Comment Period for Lightweight Content Protection for EPUB Extended Until June 29
http://idpf.org/news/comment-period-for-lightweight-content-protection-for-epub-extended-until
(JUNE 11, 2012 International Digital Publishing Forum)
 At the request of several members and other interested parties, the comment period on the draft of use cases and requirements for a potential lightweight content protection technology for EPUB published on May 18, 2012 has been extended until Friday, June 29. See the original notice for more details and background. As noted in the original announcement, comments are solicited on any additional high priority use cases and requirements not encompassed in this initial straw-man document, the overall desirability of a standardized solution in this area, and regarding the relative priority of a solution vs. other IDPF activities. Please direct comments to bmccoy "at" idpf.org. Comments received will be by default considered public; however, IDPF member organizations may request anonymity, or for feedback to remain limited to IDPF management and Board. IDPF leadership will also endeavor to take account of published comments (e.g. blog posts) on this topic.


◇Call for Participation: IDPF workshop on Advanced/Hybrid Fixed Layouts in EPUB (July 6 2012, Tokyo)
http://idpf.org/news/call-for-participation-idpf-workshop-on-advancedhybrid-fixed-layouts-in
(JUNE 10, 2012 International Digital Publishing Forum)
 A workshop on Advanced/Hybrid Fixed Layouts in EPUB will be held on July 6 2012 in Tokyo Japan and via Web / conference call (details TBD). All IDPF members are invited to participate (see RSVP information below for physical attendance). The primary goal of the workshop is to develop a statement of work, including an outline of a potential new Working Group charter, for EPUB support for a related set of use cases for advanced fixed-layout publications, primarily focused on multiple renditions (.epub files that contain multiple root files / package documents). Specific areas of concern include rendition selection, rendition mapping, and intra/inter-page navigation.
 Preliminary Agenda:
1. Overview of EPUB 3 Fixed-Layout Metadata and recap of discussions to date on rendition selection/mapping.
2. Demonstration and explanation of EPUB and related applications that support advanced fixed-layout functionality
o Shueisha (Open Manga Format)
o Barnes & Noble (fixed layout w/ reflow article view)
o Fujifilm
o Others TBD
3. Discussion of requirements and use cases for advanced fixed-layout functionality (rendition selection, rendition mapping, intra/inter-page navigation)
4. Elaboration of potential working group charter outline and determination of next steps (e.g. formation of Ad Hoc Group to complete a draft working group charter).

 Date: 6 July Friday, 2012
Time: 10:00 ? 17:00 Tokyo time [UTC 01:00 - UTC 08:00]
Venue: Fujifilm meeting room at Mid Town, Roppongi
Workshop website (wiki): http://code.google.com/p/epub-revision/wiki/TokyoWorshopForAdvancedHybridFixedLayouts
Chair: Marcus Gylling (CTO, IDPF)
Co-Chair: Makoto Murata (Subgroup Coordinator, Global Language Support, EPUB 3.0 Working Group)
Organizer: Tatsuo Kobayashi (Board Director, IDPF)
Meeting Secretary: Setsuko Sato (JEPA)

 To request to physically attend the workshop please email Ms. Sato (setsuko@jepa.or.jp ) by June 21 with your name and affiliation. If you intend to attend remotely (but not present a solution) there is no need to RSVP at this time. Web/conference details will be announced on Wiki when confirmed.
The room capacity is limited to 40 persons so we encourage organizations to consider limiting physical attendance to one person. Attendees should plan to contribute to the working meeting: this is not an informational/educational session.
 On July 4 the IDPF will hold a half-day EPUB 3 conference during eBook Expo Tokyo: this seminar will include information on the recently standardized EPUB 3 Fixed Layout support ( http://idpf.org/epub/fxl ) and other topics. If you are primarily interested in learning more about EPUB 3 please attend the EPUB 3 seminar on July 4 rather than this working meeting on July 6. The conference program is available at: http://www.bookfair.jp/en/Conference/IDPF-Conference/ (English) http://www.bookfair.jp/ja/Conference/seminar-event/seminar-event03/ (Japanese).

Light lunch will be provided, sponsored by JEPA. Dress and meeting facilitation is casual. English is the primary language of IDPF working groups, but at this workshop there will be some Japanese-language presentations and/or Q&A. These will be translated to English for the convenience of all attendees.


◇ベルリン中央・地域図書館、ナチス政権下の没収図書約20万点のデータベースを公開
http://current.ndl.go.jp/node/21048
(2012年6月8日 カレントアウェアネス・ポータル)
 2012年6月7日に、ベルリン中央・地域図書館が、ナチス政権下に没収されたと考えられる図書20万点以上のデータベースを公開しました。図書の多くはユダヤ人のものとみられ、移住や生活のために売られたものも多いとのことです。同館は、それらの図書を元の持ち主もしくはその法定相続人に返却するため、データベースを活用してほしいとしています。
◎NS-Raubgut in der Zentral- und Landesbibliothek Berlin http://raubgut.zlb.de/
◎Zentral- und Landesbibliothek Berlin (ZLB) sucht nach Eigentu"mern von geraubten Bu"chern und stellt Datenbank ins Netz (PDF) (Zentral- und Landesbibliothek Berlin 2012/6/7付けのプレスリリース) http://www.zlb.de/presse/pressemitteilungen/raubgut-datenbank_online.pdf
◎Landesbibliothek o"ffnet Datenbank zu NS-Raubgut (Berliner Morgenpost 2012/6/7付けの記事) http://www.morgenpost.de/newsticker/dpa_nt/regioline_nt/berlinbrandenburg_nt/article106433808/Landesbibliothek-oeffnet-Datenbank-zu-NS-Raubgut.html
◎Biblioteca de Berlin busca en la red propietarios de libros robados por nazis (La Informacion 2012/6/7付けの記事) http://noticias.lainformacion.com/arte-cultura-y-espectaculos/fotografia/biblioteca-de-berlin-busca-en-la-red-propietarios-de-libros-robados-por-nazis_RhnOAh4yvEn8xMDdw9NaS3/


◇北米の70以上の図書館システムが電子書籍サービス改善に向け共同声明を発表
http://current.ndl.go.jp/node/21049
(2012年6月8日 カレントアウェアネス・ポータル)
 2012年6月5日に、米国およびカナダの70以上の図書館システムが、電子書籍サービスの大幅な改善に向けた共同声明を発表しました。
 “Readers First”というウェブサイトで公開されているこの共同声明では、まず、図書館は公共のために戦い、印刷図書と同様に電子書籍に対してもオープンかつ容易で、無料のアクセスを保証する責任があるとしています。次に、出版社が図書館に対して電子書籍を売ることが求められていないこと、図書館が電子書籍を購入している電子コンテンツのプロバイダの製品が利用者にとっては扱いにくいものとなっていることという2点の課題を指摘しています。
 これら2つの課題を克服するために、声明では電子コンテンツのプロバイダに対して、以下の4原則を求めています。
・利用者が図書館の提供する全てのもの(電子書籍・印刷図書・ブログ・寄贈図書等)を一元的に検索できること。
・利用者が個々の図書館の目録の中、もしくは図書館が望ましいと考えるウェブサイトで、予約・貸出・中身の確認・延滞料の管理・連絡の受付ができること。
・利用者が電子コンテンツをシームレスに利用できるようにすること。そのためには、図書館がコンテンツやデバイス、アプリを選べるようにすべきである。
・利用者がどのような電子書籍端末にも電子書籍をダウンロードできるようにすること。
 “Readers First”のウェブサイトでは、この運動に参加している図書館が一覧されています。
◎Readers First Initiative http://readersfirst.org/
◎Top Libraries in U.S. and Canada Issue Statement Demanding Better Ebook Services (The Digital Shift 2012/6/5付けの記事) http://www.thedigitalshift.com/2012/06/ebooks/top-libraries-in-u-s-and-canada-issue-statement-demanding-better-ebook-services/


◇経産省「コンテンツ緊急電子化事業」の電子書籍制作仕様書バージョン1.2や制作ガイドライン等が公開
http://current.ndl.go.jp/node/21052
(2012年6月8日 カレントアウェアネス・ポータル)
 2012年6月7日に、日本出版インフラセンター(JPO)が受託している経済産業省の「コンテンツ緊急電子化事業」のウェブサイトで、JPOのコンテンツ緊急電子化事業プロジェクトチームの作成した「コンテンツ緊急電子化事業 電子書籍制作仕様書」のバージョン1.2が公開されました。あわせて、XMDFや.bookフォーマット用の制作ガイドライン等も公開されています。
◎ダウンロード | 緊デジ http://www.kindigi.jp/download/
◎電子書籍制作仕様書とガイドラインを公開します(緊デジ 2012/6/7付け記事) http://www.kindigi.jp/info/20120607/


◇Publishers Must Embrace EPUB 3’s Accessibility Features
http://www.thedigitalshift.com/2012/06/ebooks/publishers-must-embrace-epub-3s-accessibility-features-bea-2012/
(June 8, 2012, By Matt Enis The Digital Shift)
 The new EPUB 3 distribution and interchange format standard for digital publications will include a wealth of features that can be used to enhance ebook accessibility. But, publishers need to begin incorporating those features into production workflows during the digital publication process, rather than expecting other organizations to retrofit accessibility features, Matt Garrish, chief editor of the EPUB 3 specification and author of Accessible EPUB 3, said during the “Ebooks for Everyone: LIA Project, Accessible Publishing Guidelines, EpubCheck and More” session at BookExpo America held this week in New York City.
Garrish was joined by Cristina Mussinelli, director of the Italian Ministry of Culture’s Libri Italiani Accessibili (LIA) project.
“We have organizations for the blind and others who create content after the fact, that puts accessibility back into the books. It’s not something that really is a long-term solution. It’s not even something that can keep up, in any meaningful way, when you have the whole publishing industry creating content, and a small number of organizations trying after the fact to put these [features] in,” Garrish said.
 Ebooks present a new opportunity for publishers to redesign their workflows in a way that integrates accessibility features into these publications.
 In terms of accessibility, EPUB 3 has meshed the current EPUB 2 standard with DAISY (Digital Accessible Information System) standards, Garrish explained.
“All of the accessibility features that were in the DAISY standard are included and enhanced with EPUB 3. The structure is enhanced. We’ve got HTML 5 grammar, so we’ve got better semantics, more tagging sections.”
 EPUB has also added a new “epub:type” attribute Garrish said. His website, includes a thorough explanation of how the new attribute works.
“To get [these features] into the workflow is the big key at this point. …The further down the chain it falls, the more work it’s going to take to redo your markup.”
 In Italy, LIA is also urging publishers to incorporate accessibility features into ebooks and other electronic content. In conjunction with the Unione Italiana Ciechi (Italian Blind Union) and CNUDD (National Conference of University Representatives of Disabilities), LIA recently conducted a major quantitative study that included 1,505 telephone interviews with blind and visually impaired people aged 18 to 65 regarding their reading habits and technology. It found that visually impaired people actually read at a much higher rate than the general population. Almost 60 percent of respondents said that they read books either every day or multiple times each week, and almost all respondents read books at least occasionally.
 In light of those results, publishers should also consider accessibility as “an important issue, not only from a social point of view, but important from a commercial point of view,” Mussinelli said, since this group reads at a higher than average rate.
“We know that publishers can do a lot, but they cannot do everything,” Mussinelli added later. “The other main thing is that it is important to raise awareness on the other part of the value chain, especially people working on the reading systems and devices…Every part of the value chain should be involved in accessibility.”


◇デジタル教科書教材協議会(DiTT)が「デジタル教科書法案」を発表
http://current.ndl.go.jp/node/21039
(2012年6月7日 カレントアウェアネス・ポータル)
 2012年6月5日に、デジタル教科書教材協議会(DiTT)が、シンポジウム「これからのデジタル教科書の話をしよう〜成果発表と2012年提言〜」を開催し、その中で「デジタル教科書法案」を発表しました。これは、2012年4月に公表された「DiTT政策提言2012」を踏まえたもので、あわせて、財政措置、教育の情報化総合計画、教育の情報化ナショナルセンター(仮称)についての提言も発表しています。同法案では、デジタル教科書の普及の促進に必要となる学校教育法や著作権法の一部改正などについて示しており、また、財政措置に関する提言では、教科書用端末整備に必要な予算は2015年度は2100億円でその後は毎年度700億円と試算しています。
◎DiTTシンポジウムでの発表資料はこちらをご確認ください。(DiTT 2012/6/5付けお知らせ) http://ditt.jp/news/?id=1899
◎デジタル教科書:「すべての子供にデジタル教科書」実現めざし法案を発表 DiTT(毎日jp 2012/6/5付け記事) http://mainichi.jp/feature/news/20120605mog00m040022000c.html
◎ニュース - デジタル教科書教材協議会、「デジタル教科書法案」を発表(ITpro 2012/6/6付け記事) http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20120606/400646/
◎教科書のデジタル化に対する温度差…立場による違いがDiTTシンポジウムで明らかに(リセマム 2012/6/6付け記事) http://resemom.jp/article/2012/06/06/8047.html


◇パピレス、電子書籍販売サイト「電子書店パピレス」で音声合成エンジン製のオーディオブックを販売開始
http://hon.jp/news/1.0/0/3402/
(2012-06-07 14:23:48 hon.jp DayWatch)
 株式会社パピレス(本社:東京都豊島区)は6月7日、同社が運営する電子書籍販売サイト「電子書店パピレス」のスマートフォン・タブレット版サイトで、音声合成エンジンを使用したオーディオブックの配信を開始した。
 「電子書店パピレス」は1995年から運営しているパソコン・携帯電話・スマートフォン向けクロスプラットフォーム電子書籍販売サイトで、「電子貸本Renta!」は兄弟サイトにあたる。今回、スマートフォン・タブレット版サイトで配信が開始された合成音声オーディオブックは、「誰とでも15分以上 会話がとぎれない!話し方66のルール」(野口敏、すばる舎)と「「原因」と「結果」の法則」シリーズ(ジェームズ・アレン、サンマーク出版)で、今後も作品追加していく予定だ。
 合成音声エンジンは株式会社エーアイ(本社:東京都文京区)の「AITalk」を採用しており、人間らしく自然な音声で、自由に音声朗読が行なえるとのこと。【hon.jp】
◎パピレスのプレスリリース( http://www.papy.co.jp/info/index.php?page=/release/120607.htm )


◇IFLA、インターネット時代における言論の自由と検閲に関する調査研究の記事を公開
http://current.ndl.go.jp/node/21035
(2012年6月7日 カレントアウェアネス・ポータル)
 国際図書館連盟(IFLA)の情報アクセスと表現の自由に関する委員(FAIFE)が、インターネット時代における言論の自由と検閲に関する調査プロジェクトについて、記事を公開しています。
 この調査プロジェクトは、フィンランド国立図書館とタンペレ大学の共同で進められているものであり、今回の記事の内容は、同テーマの主要文献の整理となっています。2012年のIFLAヘルシンキ大会においても、このプロジェクトのイベント予定しているとのことです。


◇More Publishers Go DRM Free
http://www.digitalbookworld.com/2012/more-publishers-go-drm-free/
(June 6, 2012 Digital Book World)
 According to Publishers Lunch, some of the publishers distributed by Chicago-based e-book distributor IPG have decided to sell their books without digital rights management software.
 IPG was in a three-month contractual dispute with e-bookseller Amazon which meant that the publishers that IPG distributed for were not being sold on the market-leading e-tailer’s website during that time. In the interim, some of them decided to begin selling their books without DRM because they thought that it would give them more leverage with their retailer partners and that readers would appreciate it, according to Publishers Lunch. Now that the dispute is over, buy buttons are back on Amazon.
 In the past few months, more publishers have been opting to sell books DRM-free. Most recently, on Monday, Macmillan’s Tor imprint announced that it would begin selling all of its books DRM-free at a new Tor.com e-bookstore.


◇米国情報標準化機構(NISO)、SERU(Shared E-Resource Understanding)改訂版を公開
http://current.ndl.go.jp/node/21033
(2012年6月6日 カレントアウェアネス・ポータル)
2012年6月4日、米国情報標準化機構(NISO)がSERU(Shared E-Resource Understanding)の改訂版(2012年5月付け)を公開しました。SERUは、図書館-出版社間における電子ジャーナルの利用条件についての共通理解文書で、図書館が電子ジャーナルを契約する際の労力を軽減させることを目的として2008年に策定されたものです。今回の改定版では電子書籍のような電子ジャーナル以外の電子リソースへの対応が行なわれているそうです。
◎SERU: A Shared Electronic Resource Understanding(PDF:11ページ) http://www.niso.org/publications/rp/RP-7-2012_SERU.pdf
◎NISO Publishes Updated Recommended Practice on SERU: A Shared Electronic Resource Understanding(NISO 2012/6/4付けニュース) http://www.niso.org/news/pr/view?item_key=922f576ca5099b17ad8438a7bf8e0858f36430f3
◎Shared E-Resource Understanding (SERU) (NISO) http://www.niso.org/committees/SERU/
◎SERU参加者一覧(NISO) http://www.niso.org/workrooms/seru/registry
◎加藤信哉. “出版社と図書館の共通理解に基づく電子ジャーナル利用の試み SERU (Shared E-Resources Understanding) について”. 情報管理. Vol. 51, No. 10, (2009), 743-752. http://dx.doi.org/10.1241/johokanri.51.743


◇BOOK☆WALKER向けに:角川グループとACCESS、EPUB3準拠の電子書籍ビューワ開発に着手
http://ebook.itmedia.co.jp/ebook/articles/1206/06/news053.html
(2012年06月06日 14時00分 更新 eBook USER 西尾泰三,ITmedia)
 角川グループホールディングス(角川GHD)とACCESSは6月6日、角川グループの電子書籍プラットフォーム「BOOK☆WALKER」向けに、ACCESSの「NetFront BookReader EPUB Edition」をベースにしたEPUB3準拠の電子書籍ビューワの開発に着手したことを明らかにした。8月をめどに提供開始予定。
 グローバル標準の電子書籍ファイルフォーマットとして有望視されている「EPUB」。国内ではXMDFか.bookが主流だが、国内でも普及が進むとみられるフォーマットだ。ACCESSは早くからEPUBに対して取り組んでおり、EPUB3ビューワのリファレンス実装を開発するオープンソースプロジェクト「Readium」などにも参加している。
 今回、角川グループと進めるのは、「NetFront BookReader EPUB Edition」をベースにしたBOOK☆WALKER向けのEPUBビューワ。独自機能として、角川グループの強みといえるライトノベル作品で、イラストがより大画面で楽しめる機能や、デバイス間の共有しおり機能等を予定しているとしている。現在は角川グループのメディアファクトリーの電子書籍ストアアプリなどではすでにACCESSの電子出版プラットフォーム「ACCESS Digital Publishing Ecosystem」を採用しており、これらのノウハウも活用されていくとみられる。
 また、ACCESSの技術支援を受け、グループ各社で保有する約5000タイトルをEPUB3準拠にさせることも明らかになった。これは、EPUB3に準拠した製作フローを社内で確立し、それをBOOK☆WALKERだけでなく幅広いストアで販売していこうとする戦略の第一歩だ。出版デジタル機構のように作品の電子化を請け負う動きもある中、また、EPUBの国内展開がさほどスムーズに進んでいない現状を考えると、出版社として意欲的な取り組みだといえる。また、上述したReadiumの成果なども取り入れ、Webブラウザで作品を読めるようにする取り組みにもつながっていくだろう。


◇ドイツ国立図書館(DNB)が各1000万件の典拠データ及び書誌データの一括ダウンロードファイルを公開
ttp://current.ndl.go.jp/node/21031
(2012年6月6日 カレントアウェアネス・ポータル)
 ドイツ国立図書館(DNB)が、9,493,987件の典拠データ“Gemeinsame Normdatei”(GND)及び、10,965,130件の書誌レコードを、それぞれ一括ダウンロードファイルとして公開しました。各レコードはRDF/Turtle形式で記述されており、クリエイティブコモンズのCC0(パブリックドメイン)ライセンスが適用されています。
◎DNB - Linked Data Service(最下部にダウンロード先へのリンクあり) http://www.dnb.de/EN/Service/DigitaleDienste/LinkedData/linkeddata_node.html
◎Dokumentation des Linked Data Services der DNB https://wiki.d-nb.de/display/LDS/Dokumentation+des+Linked+Data+Services+der+DNB;jsessionid=71EC878BDB4DB9D1B7E6BFDB55CA9B44.prod-worker6
◎Gemeinsame Normdatei(GND) http://thedatahub.org/dataset/dnb-gemeinsame-normdatei
◎inked Data Service of the German National Library: Dumps are available(public-lod 2012/6/5付けメール) http://lists.w3.org/Archives/Public/public-lod/2012Jun/0028.html


◇Disney Reveals Statistics on Digital Content
http://goodereader.com/blog/e-book-news/disney-reveals-statistics-on-digital-content
(2012 JUN 05, By Michael Kozlowski Good E-Reader)
 Disney had a presence at Book Expo America 2012 with a invite only media event where the company revealed some interesting statistics regarding its digital content. Currently the company publishes 700 million books and magazines each year in seventy five different languages. One of the most interesting aspects was its ebook sales; they have sold over 3 million ebooks worldwide, almost half of which outside of the USA.
 Disney continues to be strongly focused on developing apps for the Apple iPad and currently has over 30 available. It has some new content brewing, expected to debut in the next few weeks. One is based on the upcoming movie “Brave,” which features video from the movie and tons of interactive content and media. The second one is based on the Disney Jr. franchise and will be aimed at very young kids.
 During their presentation they continued to stress the synergy between their different departments when creating apps. They tend to take Pixar and Disney art assets to incorporate into the apps. This allows them to use video taken directly from movies that may not even be in theaters yet and give artists access to original character art. This drastically reduces the time needed to create high quality apps to a mere five months. They also mentioned that their teams aren’t really that large, but it does help to harvest audio and visual assets directly from the movies.
 Disney plans on aggressively pairing movie content with their interactive apps. They plan on experimenting with releasing an app before the movie and then updating the app, once the movie hits the theaters. This will give you added features and content that are a continuation of the movie and gauge the success of the franchise based on app sales.
 Finally, the Disney reps wrapped up their presentation by talking about the digital comics franchise. Surprisingly they were very light on talking about the success of Marvel and their digital comics. Instead, they said that aside from Marvel, more girls are reading than boys. They cited “The Incredibles and “Hey, Wheres Perry?” as examples.


◇Panelists Say Libraries are Perfect Ebook Partner for Publishers
http://www.thedigitalshift.com/2012/06/ebooks/panelists-say-libraries-are-perfect-ebook-partner-for-publishers-idpf-digital-book-conference/
(June 5, 2012 By Matt Enis digital shift)
 Libraries are a key sales channel for booksellers, and could be very valuable customers to publishers that are willing to sell or license ebooks to them, agreed a group of panelists during the June 4 “Libraries and Ebooks” session at the International Digital Publishing Forum 2012 digital book conference, co-located with BookExpo America at New York’s Jacob K. Javits Center.
 “The library market needs to be engaged,” LJ group publisher Ian Singer told an audience of publishing executives. “It has money to spend. It has patrons who are committed to using their library?both online and physically?to find more content.”
 Singer was joined by George Coe, president of Baker & Taylor’s Library & Education division, and Erica Lazzaro, general counsel for Overdrive.
Even as demand for ebooks continues to grow, many major publishers have remained reluctant to work with libraries, fearing that making it easier for readers to borrow ebooks might also make it harder for publishing houses to sell them to consumers. This view is shortsighted for two reasons, panelists noted.
 First, with 16,698 public buildings serving 169 million users, and expenditures of almost $1 billion last year on books alone, the importance of U.S. libraries as customers of the publishing industry can’t be overlooked, Singer said.
Second, library patrons are book buyers as well, and often use the library to learn about new authors or explore new genres. Citing data from LJ’s most recent Patron Profiles study, Singer noted that the average library patron buys nine books per year, that 36 percent of patrons already read across multiple print and electronic formats, and that 82 percent say they use the library to discover new authors. As such, libraries can be powerful marketing partners for publishers.
 Patron Profiles also indicated that there is a major untapped market for ebooks in libraries, he continued. In 2011 public libraries carried an average of 4,000 ebooks, but 85 percent of ebook patrons polled said that they wanted more ebooks at their library.
Lazzaro followed Singer’s presentation by addressing what has emerged as a common misunderstanding among publishers?that libraries make ebooks and other electronic content available for free to anyone, anywhere.
 “Libraries pay for this content,” she said. “Yes, it’s maybe free to the end-user, the patron. But the libraries are paying, eventually, the publishers for access to this material. So it’s not free, unfettered access…This is a viable channel.”
She went on to explain a variety of licensing and purchasing arrangements, such as the one title, one user ebook model that essentially mimics the way libraries check out print books. When one user has the ebook checked out, it is unavailable to other patrons until it is “returned” to the library.
 “If the library buys multiple copies, then more than one patron can check it out at a time,” she said.
 Coe later pointed out that this often results in a situation where the most popular titles end up with long waiting lists. So, patrons often end up exploring a publisher’s back catalog.
 “They can’t get it, because it’s on hold, so they’re going to look for alternative materials,” he said. “That’s another way to promote your copies, retrospectively. While [patrons] are waiting for the most current bestseller, they can look at authors, they can look at genres that they normally don’t read, because, as we’ve all said, [library users] are power buyers.”
 He added that some ebook distribution platforms, including B&T’s Axis 360, now also offer library patrons the option to buy an ebook, if he or she is unwilling to wait to borrow a specific title.


◇Kobo Launches Self-Publishing Service
http://www.digitalbookworld.com/2012/kobo-launches-self-publishing-service/
(June 5, 2012 Digital Book World)
 In an effort to compete with larger players like Barnes & Noble and Amazon, Kobo has launched its own self-publishing service.
 Dubbed Writing Life, the service is much like others on offer. Laura Hazard Owen at paidContent.org has a good overview of the differences between Kobo’s new service and others.


◇The Two Rules of International E-Book Expansion
http://www.digitalbookworld.com/2012/the-two-rules-of-international-e-book-expansion/
(June 5, 2012 By Jeremy Greenfield Digital Book World)
 Go where the readers are and go where the e-books are.
 Those are the two “secret” rules of international e-book expansion according to Kobo’s executive vice president of content, sales and merchandising, Michael Tamblyn, speaking at the Publishers Launch conference in New York.
 Toronto-based Kobo has recently launched e-bookselling businesses in Germany (October 2011), France (November 2011) and the Netherlands (February 2012). In each of those markets, Kobo hired a local team focused on selling and marketing e-books, with marketing plans and promotions tailored to each country.
 According to Tamblyn, the growth curves for e-books sales in each of those countries resemble that of the U.S. in 2009, but working with a smaller number of titles for sale ? tens of thousands versus hundreds of thousands. Nonetheless, growth is significant.
 Through May of this year, Kobo sold 85% more books in Germany than in all of 2011, 95% more in the Netherlands and 329% more in France.
“These are markets that are starting to take off significantly,” said Tamblyn.
 The difference in growth between France and the other two countries may have to do with attitudes toward English-language e-books.
 In Germany, 27% of all e-books sold are in English; in the Netherlands, 52% of all e-books sold are in English; and in France, the number is only 6%.
 In 2011, most of the content in the Kobo store was English. This year, there is a lot more local-language content, according to Kobo.
“I will be coming back next year and talking about Japanese publishers ? and probably more countries besides,” said Tamblyn. In 2011, Kobo was acquired by Japanese e-tailer Rakutan.


◇One Third of Publishers Now Making Double-Digit Digital Revenues, Survey Says
http://www.digitalbookworld.com/2012/one-third-of-publishers-now-making-double-digit-digital-revenues-survey-says/
(June 5, 2012 Digital Book World)
 Another survey in the books and more evidence that e-books are now big business for a significant chunk of publishers.
 About one third of publishers are now getting at least 10% of their revenue from e-books, a 100% increase versus last year, according to a new survey.
 The survey, conducted by Publishers Weekly and Aptara, also revealed that 80% of publishers now routinely produce e-books and 11% of publishers are e-book only.
 This fourth edition of the survey was conducted in April.


◇出版業界ニュースフラッシュ 2012年5月第5週
http://ebook.itmedia.co.jp/ebook/articles/1206/05/news038.html
(2012年6月5日 新文化通信社]
  「出版者への権利付与」が議員立法化へ
 5月30日、東京・千代田区で開催された第4回「印刷文化・電子文化の基盤整備に関する勉強会」(座長・中川正春衆議院議員)で、出版者への著作隣接権の付与について、今年の臨時国会か来年の通常国会で議員立法として上程する方針を固めた。今後、同権利の規定解釈や出版契約に関する指針を示すガイドラインを作成するという。


◇Macmillan's Tor Imprint Launches DRM-Free E-Bookstore
http://www.digitalbookworld.com/2012/macmillans-tor-imprint-launches-drm-free-e-book-store/
(June 4, 2012 by Jeremy Greenfield  Digital Book World)
 Following its recent announcement that it will be selling its e-books without DRM starting this summer, Macmillan’s Tor/Forge science fiction and fantasy imprint has announced that it will be selling those e-books through its own store.
 The store at Tor.com will sell DRM-free e-books “from all of the Tor imprints, and maybe a few other surprises,” according to Fritz Foy, senior vice president of strategic technology for Macmillan, speaking at the Publishers Launch conference in New York to a crowd of industry professionals.
 When asked by Digital Book World if the new Tor.com store would sell books outside of Tor or Macmillan, Foy said “maybe.”
“DRM does not prevent piracy…does not allow for an optimal reading experience…doesn’t allow us to best serve our authors and our readers and did not create a healthy, competitive retail marketplace,” said Foy.
 Foy brought along several associates to help explain the move, including Boing Boing co-editor Cory Doctorow.
 DRM says that “by buying this book, you will read it only on a certain sort of screen or on a certain sort of platform,” said Doctorow. “And let’s remember that DRM cannot prevent piracy.”
 But DRM reduces competition, he said, “DRM prevents competition, not copying.”
 Science fiction writers may be for the move as well.
“Removing DRM makes our readers a lot happier,” said John Scalzi, president of Science Fiction Writers of America, an association for science fiction writers.
 According to Scalzi, Tor has sent a note to its authors saying that the imprint will still be enforcing copyright, shifting it from technology to the legal department.
“It’s always delights a conference organizer when a speaker decides to make an announcement at the show,” said conference organizer Mike Shatzkin.


◇Penguin’s Global View of the E-Book Market: DRM, International
http://www.digitalbookworld.com/2012/penguin%e2%80%99s-global-view-of-the-e-book-market-drm-international-publishing-process/
(June 4, 2012 Jeremy Greenfield  Digital Book World)
 “We’re in the first inning with e-books,” said Penguin global digital director Molly Barton at the Publishers Launch conference this morning in New York.
 The leader of digital publishing at one of the world’s largest book publishers shared the company’s view on what’s currently happening in the e-book publishing space.

  DRM
 According to Barton, one of the most important functions of a publishing company is to protect its authors’ content from piracy. At the same time, Penguin wants to provide e-books that allow “for greater interoperability between platforms.”
 Current DRM technology that is most commonly in use does not generally allow readers to easily transfer content between devices and between platforms. As more publishing companies start offering their e-books DRM-free and new technologies arise, this could be changing.
“Pottermore’s experience with watermarking was inspirational for us,” said Barton. “We’re looking at all kinds of alternatives.”
 Watermarking is a technology that allows the free transfer of files but tracks the file to the original purchase to discourage piracy.
 In the past few months, several publishers, including several imprints at Macmillan, one of the world’s largest publishers, have begun to offer some e-books DRM-free.

  International Growth
 As the e-book markets in the U.S., UK and other large book markets mature, publishers have been looking to other markets to continue e-book sales growth.
 In addition to selling English-language e-books in countries like Germany and Sweden, Penguin has made significant investments in ramping up e-books sales in countries like Brazil and China, according to Barton.
 Penguin has also been translating its e-books into foreign languages like Korean and selling directly into those markets
 The program is a “pilot” for the future, said Barton.

  Publishing Process
 As consumers evolve the way they consume content, Penguin is experimenting with new content products and new methods of creating them.
 The company is dabbling in facilitating author engagement with readers during the writing process, much like what Sourcebooks and other publishers are doing with agile content development, where reader feedback is measured and used in the content creation process.
 Recently, Penguin resurrected its short-form publishing brand, which Barton said could be “an incredibly strategic and helpful for marketing longer works.”
 Penguin may also experiment with “spreading out the experience of reading over weeks and months, like television,” said Barton.


◇IFLA participates in ‘Making Copyright Work for Libraries and Consumers’
http://www.ifla.org/en/news/ifla-participates-in-making-copyright-work-for-libraries-and-consumers
(4 June 2012 IFLA)
 A one day Copyright for Creativity workshop at the European Parliament Library, Brussels
 On Wednesday 30th May IFLA, along with the European Bureau of Library Information and Documentation Associations (EBLIDA), Electronic Information For Libraries (eIFL), Informations Sans Frontieres (ISF), Copyright for Creativity (C4C), the European Consumers’ Organisation (BEUC), and Consumers International (CI) organised a one-day event at the European Parliament in Brussels. The event focused on the role of libraries in providing access to cultural works, and how copyright can be made more consumer-friendly in the digital age. In the audience were Members of the European Parliament, European Commission staff, and European librarians, consumer organizations, NGOs and trade associations.
 The morning focused on libraries with a session titled “Index or footnote? How to ensure that libraries power the information society”. The Chair of IFLA’s FAIFE Committee and National Librarian of Finland Kai Ekholm gave a keynote presentation on the challenges of the new book economy for libraries, addressing such issues as eBook lending, monopolies in the publishing sector, and the need for new funding and market solutions to let libraries carry out their function in the digital age. With the scene set, representatives from IFLA, EBLIDA, ISF and the Danish Library Union then participated in a panel discussion aimed at explaining why libraries could be helped by updated copyright limitations and exceptions which can cope with today’s digital environment.

  MEP Marietje Schaake
 Following a presentation on international copyright frameworks by Lucie Guibault, senior researcher at the Institute for Information Law of the University of Amsterdam, and an introduction of the Draft Treaty Proposal that IFLA, EIFL and Innovarte have presented to Member States of the World Intellectual Property Organisation (WIPO), a final political debate on library exceptions took place featuring Maria Martin-Prat, the head of the Copyright unit at the European Commission, MEP Marietje Schaake, a key sponsor of the event and a digital rights champion in the EU Parliament, and Luciano Mazza de Andrade from the Permanent Mission of Brazil in Brussels. Brazil is active at WIPO in support of an international instrument on exceptions for libraries and archives, while the European Union, led by the European Commission, is more reluctant to engage in any exercise that could lead to a binding solution.
 Throughout the morning panelists and audience members went back and forth on the issues and, due to the diverse nature of the participants, a variety of viewpoints were put forward ? many in support of copyright reform to benefit libraries but others which expressed satisfaction that current international copyright frameworks were flexible enough for the situation libraries face.
 The afternoon session, titled ‘I Want it Now! Creators addressing consumers' needs in the digital age’ focused on the confusion that consumers feel when faced with complex, legalistic arguments for not doing things that have become part of online life ? such as recording TV shows for later viewing, backing-up purchased digital downloads, or quoting from a book in a school assignment. While these uses may be tolerated by rightsholders, their lawfulness varies from country to country. Consumer expectations and the law are now so unbalanced that the unfortunate result is frustration at copyright law in general.
 What became clear throughout the afternoon’s debates was that both libraries and consumers are operating in very grey areas when it comes to the use of copyrighted materials. For example, one debate, on the proposition “There are uses of music in education that should never require payment’ featured representatives of collecting societies, musicians and composers. While music was the main subject, there was also time for panellists to discuss whether libraries should pay license fees to read aloud to children at storytime ? as happens in Belgium.
 The overall conclusion of the day was that both the ways consumers use digital information, and the ways users want to access digital information through libraries, seem out of step with current copyright frameworks. It seems that the European Union is beginning to recognise this, but a significant amount of time in both the morning and afternoon sessions focused on just how slow the law moves compared to technology, and how difficult it is to get libraries’ and consumers’ voices heard when well-funded lobby groups are active across European political institutions to protect existing interests. Maria Martin-Prat stated in her opening remarks that in the past libraries have not been present in Brussels to add their voice to those of other lobbyists, but she admitted that the situation had changed in the recent past and libraries were now offering valuable opinions at a time when the Commission is considering important changes to legislation such as Directives on orphan works, public sector information and reform of collecting societies. The day’s frank debates made it clear that library and consumer groups have to stay present and engaged at national and international levels in order to persuade policymakers of the value of fit-for-purpose copyright frameworks that protect the public interest.


◇キングジム、電子書籍出版/書店開設サービス「wook」事業を取得
http://japan.internet.com/busnews/20120604/9.html
(2012年6月4日 16:50 japan.internet.com)
 キングジムとドリームネッツはそれぞれは2012年6月4日、キングジムがドリームネッツから電子書籍出版/書店開設サービス「wook(ウック)」の運営事業を譲渡されることで合意に至ったと発表した。キングジムは7月1日付けで運営を引き継ぎ、電子書籍市場に参入する。
  キングジムが wook の運営会社に
 wook は、オンライン電子書店を開設し、電子書籍の作成や販売を行うためのサービス。出版社は電子書籍作成/電子書店開設サービスとして、一般個人は電子書籍の自費出版支援サービスとして、そのほかの企業や自治体はカタログ/地域情報紙などの電子配布手段などとして利用できる。取り扱う電子書籍は、パソコンのほか iPad/iPhone、Android 端末で閲覧可能。
 7月1日よりキングジムが wook の運営を行うものの、ドリームネッツは移管後も技術開発などの面で wook の支援を続ける予定。
 キングジムは、自社の流通網を活用して Wook の認知度を高め顧客を開拓し、事業規模の拡大を図る。さらに、新サービスの展開も検討していく。


◇【イベント】第16回国際電子出版EXPO/EPUB3コンファレンス(7/4〜6・東京)
http://current.ndl.go.jp/node/21009
(2012年6月4日 カレントアウェアネス・ポータル)
 東京ビッグサイトにおいて、2012年7月5日から8日に東京国際ブックフェアが、そのうち4日から6日には第16回国際電子出版EXPOが開催されます。
 加えて今回は、4日に、International Digital Publishing Forum(IDPF)による、アジア初のEPUB3コンファレンスが開催されます。「EPUB3普及のためのReadium計画?実際を担う現場からの報告」「最新実例から表現の可能性を見る?EPUB3はここまでいける」「EPUB3日本語対応・実践事例を中心に?いつから始まるか? 誰がそれを担うのか?」「総評として 日本語対応の現実を踏まえ?評価と課題」という4つのコンファレンス(有料)が予定されています。
 その前後には、無料イベントとして、国際講演「人々が求める書籍/出版に私たちはどう応えていくのか」と、公開セミナー「EPUB3/DAISYはバリアフリー読書を支援する」も行なわれます。
◎EPUB3コンファレンス http://idpf.org/tibf-2012/
◎第16回国際電子出版EXPO http://www.ebooks-expo.jp/
◎第19回 東京国際ブックフェア(TIBF2012) http://www.bookfair.jp/


◇無料のEPUB3縦書き作品130冊、EPUB3縦書きに対応した電子書籍ストア 「ConTenDo」がオープン
http://hon.jp/news/1.0/0/3387/
(2012-06-04 10:54:43 hon.jp DayWatch)
 アイプレスジャパン株式会社(本社:千葉県流山市)は6月4日、EPUB3縦書き作品に対応した電子書籍ストア 「コンテン堂(ConTenDo)」を正式オープンした。
 ConTenDoは「読みたい本を読みたい時に読める」を実現するためにさまざまな最新ネット技術を導入した電子書籍ストアで、端末認証を一切必要とせず、オフライン読書にも対応。最大のウリはEPUB3縦書き作品にも対応していることで、オープン記念キャンペーンとして、会員登録者(無料)には想隆社の作品130点を無料公開。購入価格とレンタル価格の選択式価格システムも採用している。
 オープン時点ではWindowsパソコンのみ対応となっているが、月内にもAndroid、年内中にもiOS対応となる予定。【hon.jp】
◎「ConTenDo|コンテン堂」のサイト( http://contendo.jp/ )


◇米国電子書籍ユーザーの読書量は24作品/年、紙書籍ユーザーは15作品/年、ライターサイトがinfographicで説明
http://hon.jp/news/1.0/0/3386/
(2012-06-04 10:18:51 hon.jp DayWatch)
 米国のフリーライター向けニュースサイト「Freelance Writing Jobs」は現地時間5月28日、ここ数ヶ月間さまざまな機関から発表されている電子書籍ユーザーに関する統計調査をわかりやすくまとめたチャート図(infographic)を掲載した。
 同サイトによると、2011年度の米国内における電子書籍ユーザーの平均読書量は24作品/年と、一般の紙書籍ユーザーの15昨年/量を大幅に上回っており、さらに購入vs.レンタルを比較した場合、電子書籍ユーザーのほうが一般ユーザーよりも購入比率が高いとのこと。
 また、電子書籍端末市場ではAmazon社のKindle Fireの売上高が圧倒的1位だが、それもApple社のiPadの売上と比較すると「4:68」と比較にならないほど劣勢であることが如実にわかる。【hon.jp】
◎Freelance Writing Jobsの記事( http://www.freelancewritinggigs.com/2012/05/look-ereading-trends/ )


◇文化庁が著作権制度に関する調査研究報告書3点を公開
http://current.ndl.go.jp/node/21004
(2012年6月1日 カレントアウェアネス・ポータル)
 2012年5月30日、文化庁が、著作権制度に関して2011年度に実施した調査研究事業の成果物として、以下の3点の報告書を公開しました(いずれも2012年3月付け)。
・学術用途における権利制限の在り方に関する調査研究報告書
・意思表示システムの在り方に関する調査研究報告書
・諸外国の著作権の集中管理と競争政策に関する調査研究報告書
 文化庁のウェブサイトでは過去の調査研究報告書が掲載されており、2011年度分では他に「海外における著作物のパロディの取扱いに関する調査研究」及び「クラウドコンピューティングと著作権に関する調査研究」の報告書も公開されています。
◎学術用途における権利制限の在り方に関する調査研究報告書(PDF:100ページ) http://www.bunka.go.jp/chosakuken/pdf/gakujyutsu_hokokusyo.pdf
◎意思表示システムの在り方に関する調査研究報告書(PDF:80ページ) http://www.bunka.go.jp/chosakuken/pdf/network_hokokusyo.pdf
◎諸外国の著作権の集中管理と競争政策に関する調査研究報告書(PDF:141ページ) http://www.bunka.go.jp/chosakuken/pdf/syogaikoku_hokokusyo.pdf
◎調査研究(文化庁) http://www.bunka.go.jp/chosakuken/chousakenkyu.html
◎「学術用途における権利制限の在り方に関する調査研究報告書」の掲載に関する文部科学省のツイート(2012/5/30付け) https://twitter.com/mextjapan/status/207766782042320896
◎「意思表示システムの在り方に関する調査研究報告書」の掲載に関する文部科学省のツイート(2012/5/30付け) https://twitter.com/mextjapan/status/207766985935831041
◎「諸外国の著作権の集中管理と競争政策に関する調査研究報告書」の掲載に関する文部科学省のツイート(2012/5/30付け) https://twitter.com/mextjapan/status/207766413501399040


◇米3M社の図書館向け電子書籍サービス“3M Cloud Library”の提供タイトル数が20万を突破
http://current.ndl.go.jp/node/21002
(2012年6月1日 カレントアウェアネス・ポータル)
 2012年5月31日、米国の3M社が、同社の図書館向け電子書籍サービス“3M Cloud Library”の提携出版社が300社を超え、提供タイトル数が合計20万を突破したと発表しました。今回、INscribe Digital、Smashwords、The Rowman & Littlefield Publishing Group、National Book Networkと新規に契約を結び、10万タイトル以上の電子書籍が加わったとしています。これらの出版社のタイトルは今後90日以内に利用可能になるそうです。5月末時点の情報では、OverDrive社の電子書籍サービスが提供する電子書籍及びオーディオブックは80万タイトル以上とされています。
◎3M Cloud Library Continues to Build Content Offerings(3M 2012/5/31付けニュース) http://news.3m.com/press-release/company/3m-cloud-library-continues-build-content-offerings
◎3M Cloud Library http://3M.com/Cloud
◎OverDrive Introduces Browser-based eBook Reader(OverDrive 2012/5/30付けニュース) http://www.overdrive.com/News/OverDrive-Introduces-Browser-based-eBook-Reader-


◇米BISG、電子書籍リーダーやビューワーのEPUBサポート状況をまとめた比較表を公開
http://current.ndl.go.jp/node/21001
(2012年6月1日 カレントアウェアネス・ポータル)
 2012年5月31日、米国の書籍産業研究グループ(Book Industry Study Group:BISG)が、電子書籍リーダーやビューワーアプリなどのEPUB3のサポート状況を表にした“EPUB 3.0 Support Grid”(Excelファイル)を公開しました。同表は、出版社など様々な企業・団体の協力によって作成されており、今後も改訂を行っていくとされています。
◎EPUB 3.0 Support Grid(Excelファイル) http://www.bisg.org/docs/BISG_EPUB3PlatformGrid.xls
◎EPUB 3.0 Support Grid Now Available(BISG 2012/5/31付けニュース) http://www.bisg.org/news-1-764-bisg-bulletin-extraepub-30-support-grid-now-available.php
◎一番優秀なEPUB3電子書籍ビューワアプリはApple社「iBooks」、米BISGがEPUB3対応度比較シートを公開(hon.jp DayWatch 2012/6/1付け記事) http://hon.jp/news/1.0/0/3384/


◇DTPソフト老舗Quark社が「QuarkXPress 9」をマイナーアップデート、Kindle向け電子書籍が制作可能に
http://hon.jp/news/1.0/0/3383/
(2012-06-01 11:08:17 hon.jp DayWatch)
 Quark社(本社:米国コロラド州)は現地時間5月30日、同社が販売するDTPソフト「QuarkXPress 9」をマイナーアップデートし、Kindle向け電子書籍の制作機能を追加した。
 最新バージョンとなるVersion 9.3では特殊なプラグインなしでKindle形式の電子書籍ファイルが出力可能となり、さらに従来から提供されているEPUB形式ファイルの出力機能も、今回あらたに表組出力にも対応した。【hon.jp】
◎QuarkXPressの製品ページ( http://www.quark.com/Products/QuarkXPress/ )


> TOP

□2012年5月

◇National Federation of the Blind Partners with Groupon Grassroots
http://www.nfb.org/national-federation-blind-partners-groupon-grassroots
(Thursday, May 31, 2012 NFB)
  Buy an NFB Groupon June 4-10 to Support Braille Literacy
 Baltimore, Maryland (May 31, 2012): The National Federation of the Blind, the nation’s leading advocate for Braille literacy, and Groupon Grassroots, the philanthropic arm of Groupon, are teaming up to bring Braille into the lives of more blind children who need it.
 The National Federation of the Blind campaign will be available on the Baltimore Groupon page beginning on June 4, and running through June 10. Groupon subscribers can pledge support for the National Federation of the Blind Braille Literacy initiative in increments of $10, with each $15 purchased providing one Braille Reading Pals packet to a blind child.
 Braille Reading Pals is an early literacy program that fosters positive attitudes about Braille for children and their families and promotes a love of reading by encouraging parents to read daily with their blind or low-vision child. Participants receive a print/Braille book to read with their child and to encourage an independent exploration of Braille. Participants also receive a plush “Reading Pal” to accompany reading time and help young blind children develop fun and positive associations with reading Braille. Each $15 purchase will pay for a full set of Braille Reading Pals materials for a blind child and help set a blind child on the path to Braille literacy and future success.
 Dr. Marc Maurer, President of the National Federation of the Blind, said: “We are pleased to be partnering with Groupon Grassroots to bring Braille literacy into the lives of more young blind children who desperately need it. There is a proven correlation between Braille literacy and employment, and yet only one out of ten blind children is being taught Braille in schools today. We would never accept such a low literacy rate among our sighted children, and our blind children should be no exception. The Braille Reading Pals program is an initiative to increase the number of blind children learning Braille by introducing a love of Braille and reading into a blind child’s life at an early age. Please help us to create a bright future for blind children by purchasing a Groupon that will go toward giving one blind child the tools needed to become a literate and successful person.”
 You must be a Groupon subscriber to purchase a Groupon. If you are not currently a Groupon subscriber and would like to become one in order to purchase a National Federation of the Blind Groupon, you may visit Groupon’s subscription Web page.


◇Three of the Big Six Terminate Their Agreement with Apple
http://goodereader.com/blog/electronic-readers/three-of-the-big-six-terminate-their-agreement-with-apple
(2012 MAY 31 By Mercy Pilkington  Good E-Reader)
 The antitrust proceedings against Apple and five of the Big Six publishers are in various stages of resolution. Three of the publishers ? Simon&Schuster, Hachette, and HarperCollins ?have agreed to settle with the Department of Justice and the various lawsuits brought about by different state courts in the US, while Apple, Penguin, and Macmillan are still going through with a court proceeding.
 Now, the three settling publishers, pending a wait period, will have only one week to terminate their agreement with Apple on how much their ebooks will cost. This termination could indicate that other ebook retailers like Amazon, Kobo, and Barnes and Noble will be free to discount ebooks from those publishers in order to offer customer incentives.
 The publishers will have the option to alter and renew contracts with any retailer, meaning Amazon will have the ability to argue in favor of the wholesale model that they were originally operating under. When Apple allegedly approached the publishers about switching to an agency model in order to prevent Amazon from selling ebooks at what was often below cost in order to encourage the sale of Kindle readers, Amazon lost the option to sell ebooks at its previously advertised $9.99 price point.
 The coming month is when the 60-day wait period on the settlement will expire, meaning hopefully as early as next week there could potentially be discussions between the retailers and the publishers about a reduced cost for ebooks. This could bode well for consumers looking for great summer reads, a benefit that is a long time coming considering the estimates from some critics put the total bill for consumers due to the alleged price fixing at somewhere close to $250 million.


◇角川GHDとKDDIが電子書籍事業の共同推進で合意、本棚連携も予定
http://ebook.itmedia.co.jp/ebook/articles/1205/31/news059.html
(2012年05月31日 14時52分 更新 eBook USER 西尾泰三,ITmedia)
 角川グループとKDDIが電子書籍事業の共同推進で合意。LISMO Book Storeで角川作品の販売がスタートするほか、両ストアのID連携による共有本棚も提供予定だ。
 角川グループホールディングス(角川GHD)と角川グループの電子書籍プラットフォーム「BOOK☆WALKER」を運営する角川コンテンツゲート、そしてKDDIは5月30日、電子書籍事業の共同推進で合意、それぞれの提供するサービスを相互に連携させていくことを明らかにした。
 まずは6月1日からKDDIが提供する電子書籍配信サービス「LISMO Book Store」で、角川GHD傘下各社が保有する約5000タイトルの電子書籍を順次販売開始するほか、6月末をめどにBOOK☆WALKERの決済方法に「auかんたん決済」が追加される予定。現時点でauかんたん決済に対応している電子書籍ストアにはBookLive!やGALAPAGOS STOREなどがあるが、今回の取り組みではauスマートパスの会員向けにクーポンやWebMoneyでのキャッシュバックなどの特典を用意し、差別化を図る考え。
 さらに、今年度中にLISMO Book StoreとBOOK☆WALKERのID連携による共有本棚を提供予定としている。正確には、LISMO Book Storeで購入した角川グループ作品は、(ID連携を承諾していれば)BOOK☆WALKERでも購入済み扱いになるというもののようだ。なお、角川GHDは同様の取り組みをニコニコ静画(電子書籍)とすでに行っている。


◇米OverDrive社、ブラウザで動作するHTML5・EPUBベースの電子書籍ビューワー“OverDrive Read”デモサイトを公開
http://current.ndl.go.jp/node/20991
(2012年5月31日 カレントアウェアネス・ポータル)
 公共・学校図書館向けに電子書籍サービスを提供している米国のOverDrive社が、2012年5月30日に、ウェブブラウザ上で動作する電子書籍ビューワー“OverDrive Read”を2012年後半にリリースする予定であると発表しました。併せてデモサイトが公開されています。OverDrive Readは、HTML5やEPUBベースのビューワーで、3月に買収したオーストラリアの電子書籍サービス開発会社 “Booki.sh”の技術が生かされているようです。6月5日〜7日にニューヨークで開催されるBook Expo Americaや、6月22日〜25日にカリフォルニアで開催される米国図書館協会(ALA)年次大会でも関連した発表が行なわれます。
◎OverDrive Readのデモサイト https://penelopiad-18893a.booki.sh/
◎OverDrive Introduces Browser-based eBook Reader(OverDrive 2012/5/30付けニュース) http://www.overdrive.com/News/OverDrive-Introduces-Browser-based-eBook-Reader-


◇武雄市の新・図書館構想について日本図書館協会が見解を発表
http://ebook.itmedia.co.jp/ebook/articles/1205/30/news090.html
(2012年05月30日 18時30分 更新 eBook USER 西尾泰三,ITmedia)
 5月上旬、佐賀県武雄(たけお)市が公立図書館の運営をTSUTAYAなどを手掛けるカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)に委託、来年4月にオープンさせると発表したことは記憶に新しい。
 雑誌や文具の販売コーナーを設け、従来の図書利用カードの代わりにTカードで貸し出しを受けられ、さらにTポイントも貯まるなど、「重要な手段として展開する付属事業」によって市民価値の高い施設を作っていこうとする志の高い取り組みといえるこの動き。しかしその一方で、貸し出し履歴など図書館利用の情報が本来の目的以外に利用されることにつながらないかといった個人情報保護の観点からの懸念など、公共サービスである公立図書館のあり方として問題はないのかといった指摘も少なくない。
 現在武雄市では協議が進められており、6月中にCCCとの協定を締結・公表する予定だが、5月30日、日本図書館協会(JLA)がこの動きに対する見解を発表した。
 日本図書館協会は今回の動きを「図書館の運営上重要な課題」としているが、その中で大きく6点「解明されるべき」項目を挙げている。この中では、CCCを指定管理者とする根拠、そしてその選定プロセスに十分な説明責任が果たされていないと指摘。さらに、指定管理者の自主事業と委託事業(ここでは図書館事業)を混同しないよう求める総務省の指摘を支持しており、雑誌販売や文具販売、あるいはTカード、Tポイントの導入といった付属事業とされているものが本当に図書館サービスの改善に役立つのか、そしてそれはCCCの自主事業と混同されてはいないかを問うものとなっている。
 また、争点の1つとなっている図書館利用の情報については5番目に言及がある。利用者の個人情報(貸出履歴)は指定管理者であるCCCに提供される可能性があると指摘。図書館の管理・運営上の集積される個人情報は、本来の目的以外に利用されること自体を想定しておらず、「利用者の秘密を守る」ことを公に市民に対して約束している公共図書館の立場からは肯定しがたいとした。図書館運営と無関係に、指定管理者の企業の自主事業に活用するために提供できることか、慎重な検討が必要だと促している。
 厳しい見解が並んでいるが、協会ではこれらの解明を通じてよりよい図書館づくりとなることを期待し、そのための支援、協力を行う表明であると結んでいる。


◇電子書籍の印刷版を均一価格で販売するSpringer社の“MyCopy”サービス、販売数10,000点を突破
http://current.ndl.go.jp/node/20979
(2012年5月30日 カレントアウェアネス・ポータル)
 Springer社の“MyCopy”サービスの販売数が10,000点を突破したと発表されました。MyCopyは、同社の電子書籍を導入している図書館の利用者に対して、それと同じタイトルの印刷版書籍を24.95ドルという均一価格で販売するというプログラムで、2009年6月に正式開始されました。現在では20,000タイトルの電子書籍が対象になっているようです。
◎Springer MyCopy http://www.springer.com/librarians/e-content/mycopy
◎Springer celebrates 10,000th MyCopy milestone(Springer 2012/5/28付けプレスリリース) http://www.librarytechnology.org/ltg-displaytext.pl?RC=16885


◇Nigerian Librarians Argue for Paperback over E-Books
http://www.digitalbookworld.com/2012/nigerian-librarians-argue-for-paperback-over-e-books/
(May 29, 2012 Digital Book World)
 In stark contrast to U.S. librarians who have generally been supportive of efforts to provide access to e-books for library patrons, librarians in Nigeria are making arguments against mass adoption of e-books.
 According to Victoria Okojie in AllAfrica.com, registrar of the Librarians Registration Council of Nigeria, “In developed countries like the US and Britain their libraries are well established. It is because in Nigeria we do not have current books on our shelves but e-books should only play a complimentary role.”
 The argument is that if e-books take off in Nigeria, the library itself ? by its nature a bricks-and-mortar establishment ? will die in the country.


◇Australian Macmillan Imprint to Go DRM-Free
http://www.digitalbookworld.com/2012/australian-macmillan-imprint-to-go-drm-free/
(May 29, 2012 Digital Book World)
 Another domino in the DRM-world has fallen. Another Macmillan imprint, the digital-only Pan Macmillan out of Australia, has announced that by early August, all of its titles will be DRM-free.
 The move follows multiple calls for dropping DRM by publishing observers and a few publishers following through, including Macmillan’s Tor imprint.
 Related: IDPF Calls for Comment on New, ‘Light’ DRM for EPUB | Why We Should Stop Calling It ‘DRM’ (And Maybe Abandon It Altogether) | One More Reason Publishers Are Considering Dropping DRM | Bookseller Backed by Big Publishers Advocates Dropping Digital Rights Management


◇Baker & Taylor社、視覚障害者の利用にも対応した電子書籍プラットフォーム“Axis 360”の新バージョンを発表
http://current.ndl.go.jp/node/20977
(2012年5月29日 カレントアウェアネス・ポータル)
 2012年5月22日、米国のBaker & Taylor社が、デジタルコレクション用プラットフォーム“Axis 360”の新バージョンを発表しました。今回のバージョンでは、全米視覚障害者団体(National Federation of the Blind:NFB)の協力を得て、音声読み上げに対応するなど視覚障害者による電子書籍の利用も可能になっているようです。
◎Axis 360 http://www.baker-taylor.com/axis360/
◎New Release of Axis 360 Provides Accessibility Solutions for the Blind(Baker & Taylor 2012/5/22付けニュース) http://www.baker-taylor.com/viewnews.cfm?press_id=313&typ=c


◇イースト、EPUB固定レイアウトに対応した無料のEPUB自動生成サービス開始
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20120529_536135.html
(2012年5月29日 INTERNET Watch)
 EPUB自動生成サービス「epubpack(イーパブパック)」を運営するイースト株式会社は5月29日、EPUB3の固定レイアウトに対応した無料のEPUB自動生成サービス「epubpack image」の提供を開始したと発表した。「epubpack image」は、米Appleの提供するiBooksの固定レイアウトにも対応する。
 従来から提供している「epubpack」は、html、css、画像ファイルなどからEPUBファイルを自動生成するサービスで、表紙、開き方向の指定が可能。EPUBのリフロー表示に対応する。
 今回リリースした「epubpack image」は、画像ファイルをアップロードするだけで、固定レイアウトのEPUBファイルを自動生成できる。生成されたEPUBファイルは24時間以内のダウンロードが可能で、非公開にしたい場合は、GoogleやYahoo!などOpenIDに対応したアカウントでのログインが必要となる。
 「epubpack」および「epubpack image」の利用は無料。htmlファイルや画像ファイルを用意すれば、特にEPUBの知識がなくても簡単にEPUBファイルを生成し、iBooksやEPUBビューワーで電子書籍を楽しむことができる。


◇電子書籍の新しい流通インフラに成長しつつある「Dropbox」、購入作品群を直接落としてくれる販売サイトも
http://hon.jp/news/1.0/0/3375/
(2012-05-29 11:08:27 hon.jp DayWatch)
 無料クラウドストレージサービス「Dropbox」のユーザーは日本国内でも多いが、米国では電子書籍愛好家たちにとっても欠かせないツールとなりつつあり、電子書籍の新しい流通インフラとして成長しつつある。
 たとえばプログラマー向け書籍の専門出版社「Pragmatic Bookshelf」は昨年12月から、会員が過去に購入した電子書籍作品群をまるごと、EPUB/PDF/MOBIなどユーザー指定形式で自分のDropboxアカウントに直接ダウンロード+アップデート更新させる機能を追加。Kindle直接メール送信機能も提供しているので、これらにより、ユーザーはスマートフォンやPCを問わず、Dropboxを本棚代わりに使い、好みの電子書籍ビューワで作品を楽しめるようになっている。
 自社で電子書籍販売サイトを立ち上げたい出版社や個人作家、もしくはクラウド型電子書籍販売サイト運営者は、この大きな流れについて一考する余地があるだろう。【hon.jp】
◎Pragmatic Bookshelfの電子書籍Dropboxシンクサービス( http://pragprog.com/frequently-asked-questions/ebooks/read-on-desktop-laptop ) 


◇文部科学省、第1回「アカデミッククラウドに関する検討会」の配布資料を公開
http://current.ndl.go.jp/node/20970
(2012年5月29日 カレントアウェアネス・ポータル)
◎アカデミッククラウドに関する検討会(第1回)配付資料(文部科学省)http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shinkou/027/shiryo/1321543.htm


◇図書館問題研究会、佐賀県武雄市に対する要請「新・図書館構想における個人情報の扱いについて」を公表
http://current.ndl.go.jp/node/20969
(2012年5月29日 カレントアウェアネス・ポータル)
 図書館問題研究会が、佐賀県武雄市の樋渡啓祐市長宛てに提出した「新・図書館構想における個人情報の扱いについて」(2012年5月22日付け)という要請の内容を公表しました。これは、2012年5月4日に発表された、武雄市図書館・歴史資料館とTSUTAYA等を運営するカルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社(CCC)との基本合意を受けて、同館における利用者の貸出履歴について慎重な取り扱いを求めるものです。
◎武雄市の新・図書館構想における個人情報の取り扱いについての要請(ともんけんウィークリー 2012/5/28付け記事) http://tomonken-weekly.seesaa.net/article/272237982.html


◇Kindleが持つ5つの「強み」:電子書籍界の黒船「Kindle」とは?(後編) (1/3)
http://ebook.itmedia.co.jp/ebook/articles/1205/25/news006.html
(2012年05月25日 10時00分 eBook USER 山口真弘,ITmedia)
 前回は、Kindleという電子書籍端末およびサービスの成り立ちから現在までの歴史を紹介した。後編となる今回はKindleというサービスの中で、強みとなりうる特徴を5つ、ピックアップして紹介する。Kindleはなぜほかの事業者を圧倒するユーザーを獲得しており、「黒船」と呼ばれるのか。ラインアップや価格など、Kindleの特徴として真っ先に挙げられる特徴ではなく、ふだんあまり表立って語られない部分にフォーカスする。

  強みその1:Amazonの書籍紹介ページからの直接リンクでユーザーを誘導
 Kindleの特徴として一般に挙げられるのは「電子書籍のラインアップが豊富」「紙の本に比べて価格が安い」といったところだろう。単純に蔵書点数だけ見れば、Kindle Storeを上回る電子書籍ストアは存在するし(Barnes & Nobleの『The NOOK Book Store』のラインアップは本稿執筆時点で公称250万点。Kindle Storeは110万点)、価格面も、国内進出時に他社を下回る価格が維持できるとは限らない。価格決定の主導権をどれだけ握れるかも不透明だ。
 また、初代モデル登場時に注目を集めた通信回線内蔵という強みも、現在は無線LANが主流になっており、3G回線を搭載する必然性は低下している(実際、Kindleのラインアップの中でも3G対応モデルの割合は低くなっている)。そもそも電子書籍のラインアップや価格が満足できるレベルでなければ、通信回線を内蔵する意義そのものがないに等しい。またE Ink電子ペーパーについても、国内ではソニーの「Reader」が採用しており、Kindleだけの特徴というわけではない。
 しかし、Kindleは直接的な特徴以外にも、販売施策なども含めほかの事業者には真似のできないさまざまな強みを持っている。中でも、利用者数の増加にもっとも貢献し、もしかするとKindle最大の強みといえるかもしれないのが、Amazonの書籍紹介ページからの直接誘導だ。
 具体的に見てみよう。米Amazon.comのページを開いて適当な書籍、例えば昨年のベストセラーである「Steve Jobs」を検索してみてほしい。すると日本国内のAmazon.co.jpとほぼ同じフォーマットの書籍紹介ページが表示されるが、その中央の下、かなり目立つ位置に、ハードカバーやペーパーバックなどフォーマットごとの価格リストがある。この中の1つに「Kindle Edition」があり、紙の本と価格比較が行えるようになっている。
 Kindleが国内でサービスを開始すれば、恐らくAmazon.co.jpの書籍紹介ページにも、こうした価格比較表が掲載されるだろう。これは、既存のAmazonの書籍紹介ページが、そのままKindle Storeへの誘導に姿を変えることにほかならない。Kindle Storeで販売されている電子書籍は、すべて紙の本の紹介ページからリンクが張られるのだ。
 Amazonの書籍紹介ページは検索エンジンからの評価が高く、書籍のタイトルを検索エンジンで検索した場合、ほとんどの場合はトップ5以内に表示される。出版社の紹介ページより上位に表示されることもしばしばだ。たとえ今すぐ本を購入する気がなくとも、書籍の内容確認や、レビューの参照のためにAmazonを訪れている人は多いと思われる。「本について詳しく知りたければまずAmazonへ」という行動パターンが、すでに多くの人の中にできあがっているわけだ。
 そのAmazonの書籍紹介ページが、そのままKindle Storeで電子書籍を購入するための誘導となるわけだから、その破壊力は強烈だ。これまで「新品か、それともマーケットプレイスか」という選択肢だったのが、「紙の新品か、電子書籍か、マーケットプレイスか」になるわけである。しかもこのページからKindle Storeへジャンプして電子書籍を購入すると、60秒以内に手元のKindleデバイスで電子書籍を読み始められる。自前のサイトのトップページからしか導線が存在しない電子書籍ストアに比べ、圧倒的に有利であることは明白だろう。
 電子書籍を購入した場合に懸念される問題点の1つに、将来的にサービスの終了やプラットフォームのアップデートによって、その書籍が読めなくなるかもしれないという怖さが挙げられる。事実、過去にサービスを終えた国内の電子書籍事業者で入手した電子書籍は、現行端末では表示できないケースがほとんどだ(『購入』ではなく『レンタル』だったという仕組み上の問題もあるのだが)。こうした事例が電子書籍全体への不信感につながっていると同時に、「自炊」が根強く支持される一因となっていることは否定できない。
 その点、Kindleはどうだろうか。前提として、物理的な紙の本と比較した場合、たとえKindleであっても不利な面は否めない。一般論として、どんな企業にも倒産や事業の統廃合のリスクはあるし、そうなったときにたとえデータが手元にダウンロード済みだったとしても、電子デバイス個々の寿命を考えると、何十年後も変わらず読めるようメンテナンスし続けるというのは、どう考えても現実的ではない。
 ただ、紙の本とではなく電子書籍ストア同士で比較した場合、Kindleはかなり信頼が置けるといえそうだ。まずKindleのビジネスモデルは海外ですでに実績があり、収益が得られないなどの理由で事業を打ち切ることが現時点では考えにくいこと。また一般論として、ユーザー数が多いサービスほどアフターサポートが考慮されやすく、サービスが打ち切られた場合でもほかの事業者に引き継がれやすいためだ。後者は裏付けとしてはやや弱いが、同業者と比較した場合に有利であることは間違いないだろう。
 ちなみに、Kindleユーザーの間では有名な事件だが、購入済みの電子書籍をAmazonが無断でユーザーのライブラリから削除し、ジェフ・ベゾスCEOが謝罪に追い込まれるという一件が2009年に起こった。この一件は、購入済みの電子書籍であっても事業者側の意向で削除できるという「怖さ」を示したものだったが、それによって巻き起こったユーザーからの多大な反発は、むしろその後のAmazonにとって大きな教訓になったと考えられる。この事件が起こったが故に、現在Kindle Storeで購入した電子書籍がいきなり削除されて読めなくなる危険性はむしろ低くなっていると考えるのは、ややAmazonという企業を信頼しすぎだろうか。

 
  強みその3:多彩なプラットフォーム
 Kindleは多彩なプラットフォームを持っていることが特徴だ。E Ink電子ペーパーを採用した読書専用端末はもちろん、iPhone、iPad、Android、さらにはWindowやMac OS向けに閲覧用のアプリが用意されており、Kindle Storeで購入した電子書籍を読むことができる。同じアカウントでログインすれば、開いていたページやメモも含めて同期されるという徹底ぶりだ。
 電子書籍端末「Kindle」のラインアップ。本稿で主に紹介しているE Ink電子ペーパー採用の端末のほかに、カラー液晶を搭載した7インチタブレット「Kindle Fire」も米国では爆発的に売れている(写真=左)/こちらはアプリのダウンロードページ。iPhoneやAndroid、iPad、Windows Phone 7のほか、WindowsやMac OS、さらにはKindle Cloud ReaderのようなWebアプリも用意され、いずれも無料で利用できる
 ここで重要なのは、プラットフォームが多ければ多いほど、購入済みの電子書籍を長期にわたって閲覧できる可能性が高まる、ということだ。上述した会社の倒産や事業の打ち切りまでいかなくても、プラットフォーム側のOSのバージョンアップなどにより、購入済みの電子書籍が読めなくなってしまう可能性はなくはない。
 実際、iPhoneアプリとして販売されていた電子書籍の中には、iOSのアップデートによって閲覧ができなくなった例がある。この場合、iPhoneで読めなくなったからといって、ではPCで読みましょう、Androidで読みましょう、といったわけにはいかない。本1冊がひとつのアプリになっている電子書籍はもちろん、対応プラットフォームが少ない電子書籍ストアも、この種の問題を抱えている。
 しかしさまざまなプラットフォームをサポートするKindleなら、いざとなれば異なるプラットフォームを利用して閲覧するのもたやすい(もちろんそこまでして読み続けるかは別の問題だが)。1アカウントに対して登録できるデバイスの台数も最大6台とほかの事業者に比べると多いので、新たな対応デバイスに購入済み電子書籍を再ダウンロードしようとして台数制限で弾かれることも、相対的に少ないといえる。
 加えていうなら、Kindleはストリーミング型ではなく電子書籍まるごと1冊をダウンロードして読む仕組みのため、ダウンロード完了後に通信回線をオフにしてしまえば、万一の際にもダウンロード済みのデータは守られる。余談だが、米Amazon.comのマーケットプレイスで中古のKindleを購入すると、前オーナーが購入した電子書籍が入ったまま送られてくることがある。自分のアカウントでアクティベートすればこれら電子書籍は端末から消えるが、通信をオフにしておけばそのまま読めてしまうのだ。著作権的に好ましい行為でないことは明白だが、Kindleという端末の仕組みをよく表しているといえる。

  強みその4:購入してから読めるようになるまでのシームレスさ
 内蔵の通信機能を用いてストアに直接接続して電子書籍を購入するという仕組みは、いまやKindleに限らずほとんどの電子書籍端末に搭載されており、さほど珍しいものではない。しかし、いかにスムーズに買えるかという点では、現在でも大きな差があるのが実情だ。
 例えばIDとパスワード。Kindle Storeでは、購入時にはIDやパスワードをいちいち入力する必要はない。購入ボタンを押すと購入完了を示すダイアログが表示され、併せて注文を取り消すためのリンクが表示される。Amazonのサイトで言うところの1-Click注文がデフォルトでオンになっている一方、キャンセル機能を用意することで誤操作にも対応できるようにしているわけだ。つまり誤操作に対する担保をユーザー側ではなく、事業者側で持っていることになる。
 実際に使っていると、もっとひどい挙動に出くわすこともある。例えばある国内事業者の電子書籍端末では、インターネットアクセスが一定時間なければ無線LANをオフにする機能を実装している。こう書くとあたかもインテリジェントな機能に見えるが、これが上記のパスワード入力と組み合わさると、購入フローの途中でパスワード忘れなどによって操作をしばらく中断しただけで、ネット接続が切断され操作が続行できないという現象が生じる。十数分かけてパスワードを探し、ようやく見つけて操作を再開しようとした途端「インターネットに接続できませんでした」といったメッセージが表示され、一からやり直しになってしまうのだ。笑い話のようだが、実話である。
 決済完了から実際に読めるようになるまでのフローにも大きな差がある。Kindleでは購入完了と同時に電子書籍データのダウンロードが開始され、ホーム画面上に電子書籍のタイトルが表示される。冒頭に「NEW」と書かれたこのタイトルを選択すると、すぐさま電子書籍を読むことができる。Kindleはすべての本を60秒以内に読み始めることができるとアピールしているが、実際に使ってみると、これが嘘でないことがよく分かる。
 ここでのポイントは、ダウンロードが自動的に始まることだ。国内事業者の端末やアプリでは、購入後のダウンロードは手動という場合が多く、一手間掛かってしまうことが多い。たったワンクリックの違いではあるが、こうした細かな部分の操作性で、Kindleはカユいところに手がきちんと届く印象が強い。
 もっともこの背景には、1冊ずつしか買えないKindleと違って複数冊のまとめ買いをサポートしているという事情もある(漫画などシリーズものが多い国内事情を反映した機能だといえる)。しかしそれならそれで1冊のときは即ダウンロード、複数冊のときはダイアログを出して挙動を選択させるなどの設計を検討すればよいだけで、現状の操作が煩雑であることは否めないだろう。

  強みその5:Whispersyncの利便性の高さ
 「Whispersync」についても触れておこう。Whispersyncとは、最後に読んだページやブックマーク、注釈を対応デバイス間で同期できる機能を指す。Kindleはクラウドを利用したこの「Whispersync」によって、複数の対応デバイスで1つのタイトルを快適に読み進める仕組みを実現している。

 電子書籍ストアの機能を比較する際、「複数のデバイスで読めるか否か」という項目は、恐らくほとんどのストアで○印がつくことだろう。しかし実際にストアを利用してみると、KindleとKindle Storeの使い勝手の良さは、国内の事業者に比べて頭ひとつ抜けていると感じる。

 例えば既読ページの同期。Kindleに対応した2つのデバイス、例えばKindle TouchとiPhone(Kindle for iPhone)があったとして、Kindle Touchで読みかけだった電子書籍をKindle for iPhoneで開いたとする。すると「読み終えた最後のページに同期」というダイアログが表示され、別のデバイス(つまりKindle Touch)で最後に読んだページに移動するかを尋ねられる。ここで「はい」を選択すれば続きのページから、「いいえ」を選択すればKindle for iPhoneで開いたページから、読書を続けることができる。ページを開き直す手間がかからないのはもちろん、小説などで既読ページを探そうと手動でめくっていて先のページをうっかりめくり、ネタバレを目にするミスも防げるわけだ。
 電子書籍の既読位置を同期させる機能は、単純に見えて実はかなり複雑だ。というのも電子書籍は文字サイズを変えると総ページ数が変わってしまうため、ページ番号を基準に位置を指定できないからだ。そこでKindleではページ番号ではなくLocationという単位を用いることで、文字サイズの変更で総ページ数が変わっても、既読位置を(ほぼ)正確に指定できるようになっている。こうした仕組みを持たない電子書籍ストアが、後付けで同様の仕組みを導入しようとしても、それは精度が低いものにしかならないだろう。
 もうひとつ、この同期機能が期せずして複数ユーザーによる利用を防ぐ効果をもたらしているのも面白い。電子書籍ストアの多くは複数デバイスでの表示をサポートしているが、その多くは最大3台といった制限が設けられている。これは技術的な問題ではなく、購入した電子書籍を同一アカウントで複数デバイスにコピーし、その端末自体を複数のメンバーでシェアすることで実質的な違法コピーとしてばらまかれることへの懸念が裏にあるからだ。
 しかしKindleでは、このWhisperSyncにより、1冊の電子書籍を複数デバイスで読もうとすると、そのたびに同期するか否かを尋ねられる。ここで仮に「いいえ」を選択するにせよ、ほかに同じライセンスで同じ本を読んでいる人がいることが暗に示されるというわけだ。カジュアルコピー(という表現もあまり正確ではないが)の抑止には、十分に効果があることだろう。複数デバイスで同期する利便性を追求した結果、期せずしてカジュアルコピー抑止にもつながっているというのが、なかなか興味深い。
 とはいえそんなKindleにも、最大6台という制限があったりするのだが、デバイスの登録解除はブラウザ上から行えるし、登録解除しないままアンインストールしてしまって電子書籍が消えてしまうといったこともない。台数そのものを制限したり、該当の端末上からでしか登録解除できなかったり、ダウンロードしたデータをクラウド上に書き戻さないとほかのデバイスで読めないといった不条理な仕組みに比べると、よほどユーザーライクといっていいだろう。

  あとがき
 以上ざっと紹介したが、このほかにもKindleには、ファームウェアのバージョン5.1.0で追加されたインスタント翻訳機能や、第4世代のKindleで新たに搭載された、電子書籍の登場人物や地名などを抜き出して情報を表示してくれる「X-ray」機能など、ほかにはないさまざまな機能が存在する。これらはもちろん基本機能あってのものであり、利用シーンを選ぶ機能も多いが、ユーザーの心をとらえて離さないKindleの魅力であることは間違いない。
 その一方、先に述べたように複数書籍の一括購入をサポートしていなかったり、Kindle Storeに検索履歴を表示する機能がなかったりと、ほかストアに比べて欠けている機能もある。日本独自の縦書き・右綴じのサポートも未知数だし、漫画のようにデータ量が大きい電子書籍が60秒以内に読めるというセールスポイントに合致するのかも不明瞭だ。こうした点については、国内端末に一日の長があるのは事実だ。
 ユーザー側からすると、豊富なラインアップの中から電子書籍が安く手に入って快適に読め、かつ購入した電子書籍の権利が将来にわたって保証されるのであれば、必ずしもKindleにこだわる必要はない。近い将来上陸するであろうKindleが、よりよいライフスタイルをもたらしてくれるという意味での「黒船」であることを望むと同時に、国内の他事業者にいい意味での影響が及ぶことも期待したい。


◇アップル、電子書籍の独禁法違反について再び反論
http://japan.cnet.com/news/business/35017418/
(2012/05/24 13:34 Josh Lowensohn (CNET News) 翻訳校正: CNET Japan編集部 )
 Appleは米国時間5月22日、独占禁止法違反の疑いで米司法省から提訴されている件について、同社が電子書籍市場に参入したことで競争が促進されたという反論を再び展開した。
 Appleは4月に出した声明の中で同様の主張を行っていたが、22日に裁判所に提出した書類の中ではさらに言葉を尽くして反論している。
 この書類においてAppleは、エージェンシーモデルを採用している同社の電子書籍ビジネス戦略は「完全に適切なものとして十分に認識され」ていて、同社が他社と共謀して価格を設定したり、競争に制限を加えたという事実はないと主張している。
 Appleは裁判所に提出した書類のなかで「政府によるAppleの提訴は事実面からみても、法律面からみても根本的に誤っている」と主張するとともに、「Appleは誰とも『共謀』しておらず、主張されているような『陰謀』の存在を認識しておらず、『価格の固定化』を企てたこともない」と主張している。なお、Appleが裁判所に同書類を提出した件は、23日に最初にReutersによって報道されていた。
 司法省が提起した同訴訟は、Appleと出版社5社を相手取っている。
 Lagardere SCA傘下のHachette Book Group、News Corp.傘下のHarperCollins Publishers、Simon & Schuster(注意:Simon & SchusterはCBSが所有する出版社。米CNET NewsもCBS傘下のCBS Interactiveが運営している)の3社は、和解に合意した。


◇日本図書館協会、『世界の出版情報調査総覧』を出版
http://current.ndl.go.jp/node/20934
(2012年5月24日 カレントアウェアネス・ポータル)
 実践女子大学図書館の伊藤民雄氏によりウェブベースで情報が蓄積されてきた「世界の出版情報調査総覧」が、同タイトルの冊子として日本図書館協会から出版されています。
 世界117カ国の販売目録125目録,取次174社,書店462社,価格比較62サイト,政府刊行物書店8社,電子書籍書店59サイト,雑誌定期購読109社,古書店総合目録63サイト,図書館蔵書検索397目録,学位論文検索28目録,政府刊行物検索16目録,電子図書館関連13サイトを収録している、とのことです。
◎JLA出版物「世界の出版情報調査総覧」 http://www.jla.or.jp/publications//tabid/87/pdid/p11-0000000337/Default.aspx
◎冊子『世界の出版情報調査総覧』が出版されました(「世界の出版情報調査総覧」サイト内 2012/5/22付けポスト) http://rnavi.info/natbib/
◎図書・雑誌探索ページ http://rnavi.info/index.html


◇米国コピーライト・クリアランス・センターの文献入手サービス“Get It Now”の導入機関が100以上に
http://current.ndl.go.jp/node/20936
(2012年5月24日 カレントアウェアネス・ポータル)
 米国の著作権集中管理団体であるコピーライト・クリアランス・センター(Copyright Clearance Center:CCC)が、2011年に開始した“Get It Now”サービスを導入する学術機関が100を突破したと発表しました。Get It Nowは、図書館のILLサービスを補間するもので、図書館が購読していないジャーナルのフルテキストを数分以内に入手できるというサービスです。同サービスは、リンクリゾルバに設定したリンクから利用者が直接、あるいは、米国等で広く使用されているILLiad(ILLシステム)から図書館員が、というような利用をするようです。
◎Over 100 academic institutions adopt Copyright Clearance Center's Get it Now(Library Technology Guides 2012/5/22付けプレスリリース) http://www.librarytechnology.org/ltg-displaytext.pl?RC=16834
◎Get It Now(Copyright Clearance Center) http://www.copyright.com/content/cc3/en/toolbar/productsAndSolutions/getitnow.html
◎Get It Now(PDF:2ページ) http://www.copyright.com/content/dam/cc3/marketing/documents/pdfs/get-it-now-service-overview.pdf


◇「僕の先生はコンピュータ」学びたい内容に応じて電子書籍やオンラインビデオを自動収集する「Learnist」サイト
http://hon.jp/news/1.0/0/3372/
(2012-05-24 13:19:55 hon.jp DayWatch)
 無料オンライン大学や電子教科書など、デジタル化が急速に進む米国の教育産業界で、ついに教師そのものをコンピュータ化しようという新サイトが登場した。
 「Learnist」は試験対策サイト運営ベンチャーのGrockit社(本社:米国カリフォルニア州)がベータオープンした新サイトで、いわゆる機械学習アルゴリズムを搭載した電子教材検索エンジン。ユーザーが入力した学びたい項目を元にネット上から電子書籍やオンラインビデオを収集し、カリキュラムを自動提案。ユーザーはそのカリキュラムで使いたい教材を選択し、そのままWebブラウザ上で勉強をスタートするだけ。
 まだ招待制ベータサイトとなっており、年内にも正式オープンする予定。【hon.jp】
◎Learnistベータサイト( http://learni.st/ )


◇公式表明は初めて:AppleがEPUB3形式の電子書籍入稿をサポート開始
http://ebook.itmedia.co.jp/ebook/articles/1205/24/news028.html
(2012年05月24日 11時08分 更新 eBook USER)
 米国の電子書籍ニュースサイト「The Digital Reader」によると、米Appleは5月22日(現地時間)、電子書籍ストア「iBookstore」に作品納入している制作者たちに向け、EPUB3形式ファイル入稿をサポート開始したことをメールで伝達した。
 iPhone/iPadの「iBooks」アプリなど、Apple製の電子書籍アプリではEPUBに独自拡張を加えたものをサポートしていることは知られていたが、これまで公式表明は一切していなかった。6月にはApple開発者カンファレンスが控えていることもあり、少なくとも入稿フロー側の体制準備がようやく整ったものと想像される。


◇電子書籍界の黒船「Kindle」とは?(前編)
http://ebook.itmedia.co.jp/ebook/articles/1205/24/news005.html
(2012年05月24日 10時00分  eBook USER 山口真弘,ITmedia)
 「電子書籍界の黒船」などと形容される、米Amazon.comの電子書籍サービス「Kindle」。国内でサービスインするといううわさは何年も前から出ていたが、先日ようやく同社のジェフ・ベゾスCEOから、日本での電子書籍事業の開始について年内に発表するとの発言が報じられた。電子書籍ストアの大本命として、サービス開始を待ち焦がれている人も多いことだろう。
 大々的に「黒船」と書き立てられるKindleだが、ほかの電子書籍サービスと比べてどのような優位性があるのか、正しく理解している人は少ないだろう。出版業界はもちろん、電子書籍の業界に足を突っ込んでいる筆者でも、その全貌を理解するのは困難なので、読者たるユーザーからしてみるとなおさら意味不明に違いない。「何だかよく分からないがとにかくすごいらしい」という印象が先行しているというのが、国内におけるKindleの認識ではないだろうか。
 本稿では、初代製品が登場してからこれまでのKindleの歴史を振り返りつつ、Whispernetなどの機能をはじめとしたKindleの強みと特徴を、前後編で紹介したい。前編である今回は、ハードウェアとしてのKindleを軸にこれまでの流れを時系列で解説する。
 電子書籍ストア「Kindle Store」とともに、初代の「Kindle」がAmazonから登場したのは2007年9月のこと。それまでも数多くの電子書籍端末が「出ては消え」を繰り返していたが、当時KindleとKindle Storeが大きな注目を集めたのは、主に2つの理由による。
 ひとつは、Amazon.comという小売業者による新規参入だったこと。書籍の小売ですでに実績があり、年々シェアを高めているAmazonとなれば、むしろ紙の本のマーケットを守るべく「アンチ電子書籍」の立場を貫いてもおかしくはない。そのAmazonが率先して電子書籍に乗り出したことは、業界にとってビッグニュースだった。当時はiPadというプラットフォームがまだ存在しなかったこともあるが、独自のハードウェアをひっさげての参入は、その本気度をうかがい知ることができる。
 もうひとつはこの電子書籍端末、つまり「Kindle」が、本体に3G回線を内蔵していたことだ。いまでこそ端末からストアに直接アクセスして電子書籍をダウンロード購入できるのは当たり前だが、当時としては画期的だった。
 例えば、当時国内ではソニーの「LIBRIe」、松下電器産業(現:パナソニック)の「ΣBook」といった電子書籍端末の生産が終了しており、市販されている電子書籍端末はほぼ皆無といっていい状況だった。一方海外では、ソニーが2006年に北米市場向けに発売したLIBRIeの流れをくむ電子書籍端末「PRS-500」と、その後継機種「PRS-505」が人気を博していたが、コンテンツはPCで購入したのち転送する必要があった。端末で買ってすぐダウンロードして読むという発想がなかったのだ。
 こううした状況下で、3G回線を内蔵し、端末から電子書籍コンテンツが直接購入できるKindleは、当時画期的な端末として捉えられた。いまKindle登場時のニュースを改めて検索してみると、「携帯電話を内蔵した電子書籍端末」といった表現が散見される。通信回線を内蔵していることは、それほど大きなトピックだったわけだ。
 この3G回線は個別の回線契約なしに利用でき、料金も不要だったことも注目を集めた。もちろん実際の通信コストは電子書籍の代金に少なからず上乗せされていると考えられるが、仮に書籍の購入に至らなかったとしても月額料金のような形で費用を支払う必要はなく、わずらわしい回線契約の手続きも必要ない。しかもKindle Store以外のWebサイトの閲覧にも対応していたため、一部のユーザーからは好奇の目で見られることになった。
 しかし、この初代Kindleは398ドルとそこそこ高価で、エッジが鋭角になった独創的なフォルムやスクロールホイールを用いたインタフェースの評価は必ずしも芳しいものではなかった。2007年のクリスマス商戦を前に投入された初回ロットは即完売したとされているが、実際にどの程度の台数が用意されていたのかは定かではない。また日本では端末を購入すること自体が不可能とあって、一部で注目を集めたにとどまった。
 もっとも、賛否両論ある中でKindle Storeは着々とラインアップを拡充し続け、2007年暮れのスタート時点では9万冊程度だったラインアップは、約1年半後、後継モデル「Kindle 2」の発表を迎える時点で、20万冊を超える数へと倍増していく。
 初代Kindle登場から約1年半が経った2009年2月、満を持して投入されたのが、後継モデルとなる「Kindle 2」だ。
 初代のエキセントリックなデザインは影を潜め、ほぼ左右対称形になった薄型スレート状のボディは携帯性が高く、堅牢性の点でも優れていた。ジョイスティックにも似た5wayコントローラーを用いたカーソル操作によるインタフェースは、その後若干形を変えつつ、現在の第4世代モデルまで継続されている。ちなみに発売時価格は359ドルと、初代より50ドル安くなっている。
 ハードウェア面では、E Ink電子ペーパーが4階調から16階調へとスペックアップしたことで写真などの階調表現の再現性がより向上したほか、もっさりとしていたページめくりも初代モデル比で20%高速化された(実際に使い比べるとそれ以上の速さの差を感じる)。余談だが、USBコネクタがminiBではなくmicroBが採用されたのも、業界的にはかなり早いタイミングでの採用であり、先を見据えた変更点の1つだったといえるだろう。
 一方、初代ではユーザーが交換可能だった内蔵バッテリーが固定式に変更されたほか、カードスロットが廃止されるなど、仕様だけ見ると自由度が低下したように見える個所もある。しかしこれは初代の利用スタイルを突き詰めた結果、オミット(除外)しても差し支えないと判断された結果だろう。なおメモリカードが利用できなくなったことで、内蔵メモリは初代の180Mバイトから2Gバイトへと、大幅に増量されている。
 このKindle 2のリリースから3カ月遅れで投入されたのが、大画面バージョンともいえる「Kindle DX」だ。9.7インチという大画面を搭載したこのモデルは、主に文教市場をターゲットにした製品だったが、それまでの「6インチは小さすぎる」という声に対してのひとつの有効な回答だったといえる。事実、これをきっかけに、Kindle Storeに参加した教育系の出版社も多い。Kindle DXは、ボディカラーなど若干のマイナーチェンジは行われつつ、第4世代モデルが登場した現在も継続して販売されている。
 ハードウェアの拡充とともに、プラットフォームの増加も見られるようになってきた。2009年3月には、Kindle Storeで購入した電子書籍をiPhoneで読めるアプリをリリース。Kindleを所持していなくともKindle Storeで本を買って読むことが可能になったほか、外出先ではiPhone、続きは自宅でKindleで電子書籍を読むという使い分けができるようになった。その後、Windows、Mac OS、Android、Blackberryなど、多彩なプラットフォームに対応したアプリを次々とリリースし、自社端末にこだわらない姿勢を鮮明にしている。
 この年のもう1つのトピックは、「国際版」という位置付けで、日本を含む海外へKindle 2の出荷が可能となったことだ。日本にいながらにして、Kindleが購入可能になったのである。
 日本語フォントは搭載していないため、日本語フォントがあらかじめ埋め込まれたファイルでなければ表示できなかったが、売りであるフリーの3G回線は日本国内でも利用できたため、多くのユーザーが飛びついた。まず最初に「Kindle 2」、追って「Kindle DX」が購入可能となり、日本国内の媒体でレビューを見かける機会も多くなってきた。Amazon.co.jpではなく米Amazon.comから直接購入するこのスタイルは、現在に至るまで継続している。
 国内でKindleが購入できるようになったことを受け、青空文庫のデータをKindleで読める「青空キンドル」が発表されたり、漫画家のうめ氏がKindle Storeで初の日本語漫画「青空ファインダーロック(AOZORA Finder Rock)」を発表したのもこのころだ。Kindle Storeの蔵書数はこの時点でおよそ30万点に達し、このころからKindle Storeの国内展開のうわさが業界の内外で本格的にささやかれるようになってきた。
 また、国際版の出荷開始からほどなく、PDFのネイティブ表示をサポートしたのも機能面では大きな進歩といえる。それまでKindleでPDFを表示するには、専用のメールアドレスにドキュメントを送信して変換するプロセスを経る必要があったが、ファームのアップデート後はUSBで転送するだけで表示できるようになった。自炊データのビューワとしての利用を現実的なものにしたのがこの時期だといえる。
 なお、PDFのネイティブ表示のアップデートは、ほかのアップデートと同様、3G回線を利用した自動アップデート、現在で言うOTA(Over The Air)という形で行われた。筆者個人も、当時所持していたKindle 2が朝起きたらいつの間にかPDFを表示できるようになっており、驚いた記憶がある。
 Kindle 2から約1年が経過した2010年3月。PC/IT史に残る製品がAppleから華々しくデビューする。ほかならぬ「iPad」である。
 iPadは必ずしも電子書籍専用の端末ではないが、スレート状のボディを持ち、iBookStoreなどさまざまな電子書籍ストアから書籍をダウンロード購入し、タッチ操作で読むことができる。Amazon側も、それまでiPhone用にリリースしていたKindleアプリをiPad向けにすぐさま投入したが、汎用端末がKindleのライバルとなることに危機感を抱いたことは想像に難くない。これが1年半後の「Kindle Fire」の登場へとつながっていくことになる。
 iPadの登場からおよそ半年後、2010年8月には第3世代のKindle(Kindle 3。現在の呼び名はKindle Keyboard)が発表されたが、これはあくまでKindle 2のマイナーチェンジとでもいうべき製品だった。E Inkの反応速度がさらに向上するなど性能面で見るべき部分もあるが、金属製の背面がプラスチック素材に変更されたり、キーボードの上一列(数字キー)が省かれるなど、どちらかというとコストダウンを念頭に置いた設計変更が主で、うわさされたタッチスクリーンへの対応も見送られた。
 中でもメニュー類はほとんど変更がなかった。Kindle 2の完成度が高すぎたというのも理由の1つだろうが(このメニュー構成は第4世代のKindleでもほぼそのまま継承されている)、今振り返ると、翌年発表になるタッチ対応の第4世代モデルまでのつなぎということで、あまり手を入れる余裕がなかったのではないかとも思える。
 一方でこのモデルは、日本語フォントを含む多国語フォントを初めて内蔵し、ホーム画面のタイトル一覧で日本語が表示できるようになったため、自炊データやドキュメントを持ち歩く国内ユーザーから注目を集めた。価格も189ドルとぐっと下がり、日本円にして2万円以下で購入できるようになったので、このモデルで初めてKindleに触れたという日本人ユーザーも少なくないはずだ。ちなみに東村ジャパンからKindleに対応した英和辞書「英辞郎●MOBI/Kindle対応版」が発表されたのもこの時期で、デフォルトの英英辞典をこの英辞郎に置き替えることで、英単語の意味を調べながら電子書籍を読むことが可能になった。
 ラインアップ面では、このKindle 3で初めてWi-Fiモデルが投入されたことを特筆しておきたい。初代以来、3G回線にこだわってきたKindleの大きな方針転換といえる。これは同年発売されたiPadの普及により、スマートフォンなどによるテザリングやモバイルルーターなど外部機器を用いての接続が一般的になってきたことも大きく影響しているといえそうだ。翌年の第4世代Kindleのローエンドモデルでは3Gモデルが完全に消滅しており、読書専用端末では3Gのニーズそのものがあまり高くないと判断されたのかもしれない。
 もうひとつ余談として、Kindle 3ではボディカラーがホワイトに加え、グラファイトのモデルが投入された。第4世代のE Ink端末では全機種がグレーボディとなったため、ホワイトボディのKindleはKindle 3の3G+Wi-Fiモデルが最後となっている。コストを極限まで落とすべく成型色として安価なグラファイトならびにグレーを採用したのではないかと予想されるが、Kindle添付のUSBケーブルが第4世代のモデルでも本体とミスマッチなホワイトなのは、その名残ということになる。なお、本モデルの投入に合わせてKindle DXもボディカラーがグラファイトのモデルへとマイナーチェンジされている。
 この年の暮れ、2010年12月には、ソニーから「Reader」、シャープから「GALAPAGOS」という電子書籍端末が日本国内で発売された。Readerは北米市場向けのモデルを国内向けにローカライズしたもので、Kindleと同じくE Ink電子ペーパーを搭載していたが、通信回線を搭載した上位モデル「Daily Edition」の投入は見送られ、通信回線のない6インチの「Touch Edition(PRS-650)」と5インチの「Pocket Edition(PRS-350)」が投入された。ソニーもシャープも、連携ストアの蔵書数はスタート時点でおよそ2万点。対してKindle Storeの蔵書点数は、2010年暮れの時点で75万点にまで増加していた。
 翌2011年3月に、iPadの第2世代に当たる「iPad 2」がAppleから出荷されたのと前後して、Android 3.0を搭載したカラー液晶タブレット端末が各社から発売され始める。スマートフォンやタブレットというカラーの汎用端末に注目が集まり始め、米国市場でKindleの直接のライバルであるBarnes & Nobleも、それまでのE Ink端末に加えて「NOOK Color」といったカラー液晶端末をラインアップするようになった。
 こうした流れに応える形で、Kindleもカラー液晶タブレット「Kindle Fire」を発売したのが2011年11月。Appleがラインアップしていない、スマートフォンとタブレットの中間に当たる7インチという画面サイズを、199ドルという低価格で投入したことで話題となった。
 Kindle Fireは、GPSやカメラなどAndroidの標準機能を搭載していないとはいえ、その時点でのiPad 2のローエンドモデル(16GバイトのWi-Fiモデル)が499ドルだったことを考えると、価格面のインパクトは大きかった。本稿執筆時点で日本国内への出荷には対応していないが(技適マークを取得していないため日本国内で無線接続すると電波法違反になることに加え、そもそもアメリカのクレジットカードと住所がなければ動画やアプリが買えない)、2011年のクリスマス商戦から2012年の年始にかけて、600万台ほどを売り上げたとする説もあるほどだ。
 技術的なところでは、クラウドを利用してブラウジングを高速化する技術「Silk」の搭載が目玉とされているが、つまるところ価格を売りにした機能制限つきマルチメディアタブレットであり、ポジショニング的にはiPadなどのカラータブレットへの対抗製品とみるのが正解だろう。しかし本製品の投入でシェア的に影響を受けたのはAppleではなくむしろAndroidタブレットのライバルであるSamsungであるとの調査結果もあり、Amazonの目論見通りの結果となったかは定かではない。
 一方、Appleが2012年3月に投入した第3世代製品「新しいiPad」では、解像度の向上という新しい方向性が提示された。もし将来的にRetinaディスプレイを採用した6〜7インチのiOSデバイスが登場すれば、現行のKindle Fireが影響を受けることは必至で、対応が注目される。現在のKindle Fireはあくまでつなぎの製品であり、次世代の製品こそが本命であるとのうわさもあるなど、Amazonのカラータブレット事業は今後も目が離せない。
 2011年11月に発売された新しいKindleのラインアップでは、前述のKindle Fireが大きな注目を集めたが、第4世代を迎えたE Ink端末の進化も目覚しいものがあった。というのも、この第4世代のラインアップの中心モデルに当たる「Kindle Touch」と「Kindle Touch 3G」で、それまで採用されていたカーソル操作が廃止され、タッチ操作が全面的に採用されたからだ。
 「E Ink×タッチインタフェース」という組み合わせは、2008年に北米市場向けに発売されたソニーReader(PRS-700)ですでに実用化されていたほか、2011年5月に登場したNOOK Simple Touch、同じく2011年5月に登場したカナダKoboの「Kobo eReader Touch Edition」などでも採用されていたが、Kindleはこれまでタッチ対応製品の投入を見送っていた。この第4世代モデルで晴れてタッチ対応となり、ようやく操作性の面で他社のE Ink端末に肩を並べたというわけだ。
 余談だが、かつてKindle 2やDXが国内で出回り始めたころ、Kindleの利用経験がない人に説明なしでKindleの本体を渡すと、ほとんどの人がキーに触れずにまず画面にタッチするという興味深い光景が見られた。つまりKindle 2の時点ですでに、いかにもタッチインタフェースらしい外観を有していたわけだ。それから2世代を経て、Kindleはようやく外観にふさわしいインタフェースを獲得したことになる。
 タッチインタフェースへの対応により、初代Kindle以来ほとんど変化のなかったカーソル操作を中心としたメニュー体系は一新された。新規のユーザーを取り込むためのハードルを下げるという点において、やや癖のある従来のインタフェースではなく、タッチによる直感的なインタフェースへのリニューアルは不可欠だったといえる。Kindle FireやiOSアプリと操作性を極力統一するという意味合いもあったことだろう。
 また、タッチ対応のインタフェースは、国際展開時に有利である点も見逃せない。本体のボタンに文字が印刷されている場合、各国語ごとにハードウェアを用意しなくてはいけないが、タッチ対応モデルであればボタン類はすべて画面上で提供できるため、ハードを共通化できる利点がある。現在の「Kindle Touch」は日本語表示が完全といえずブラッシュアップが待たれるが、日本国内でのKindle Storeの展開時はこのKindle Touch(もしくはその後継モデル)が中心となっていく可能性は高いだろう。
 ちなみにこの第4世代モデルのラインアップでは、ローエンドの無印Kindle(俗に言うKindle 4)のみが例外としてカーソル操作を採用している。また従来のKindle 3も「Kindle Keyboard」と名を変えて併売されている。両者はいわば価格重視のローエンドモデルという位置づけだが、ローエンドのカーソル操作対応E Ink端末からハイエンドのカラータブレットまで、全方位的なラインアップを推し進めつつあることが顕著に現れているといえるだろう。

  まとめ
 以上、Kindleの初代モデル登場から現在までの歴史を振り返ってみた。初代の時点では399ドルだったKindleも、いまや広告付きモデルで79ドルから。当初9万点でスタートした蔵書数は、およそ4年半で110万点を突破している。まさに隔世の感だ。
 もっとも、単純に蔵書の点数だけ見れば、Kindle Storeを上回るラインアップを持つ電子書籍ストアは存在するし(Barnes & Nobleの『The NOOK Book Store』のラインアップは本稿執筆時点で公称250万点とされている)、また初代Kindleにあった通信回線内蔵という強みも、現在では失われてしまっている。では現在、Kindleならではの強さはいったいどこにあるのか。後編となる次回では、機能やサービスといった観点から、Kindleの優位性についてチェックしていきたい。


◇【イベント】若者たちを図書館に呼び戻すためのコンセプトは?ドイツの青少年図書館Hoeb4U(ヘップフォーユー)館長講演会(6/30・東京)
http://current.ndl.go.jp/node/20921
(2012年5月23日 カレントアウェアネス・ポータル)
 ドイツの青少年図書館 Hoeb4U(ヘップフォーユー)のジャネッテ・アッハベルガー館長の講演会が開催されることがアナウンスされています。開催日は2012年6月30日、会場は明治大学です。
 この講演会は、明治大学図書館情報学研究会会2012年度第1回研究例会の企画であり、若者たちの好奇心や知を求める気持ちを高めるため、マンガやゲームの提供など様々な取り組みを進めている図書館“Hoeb4U”の取組について、館長であるジャネット・アッハベルガー氏が紹介するものです。
 講演に先立ち、星野翼氏(明治大学大学院博士前期課程)による日本の図書館におけるマンガ資料の提供についての報告,伊藤白氏(国立国会図書館)によるドイツの図書館制度の全般的状況についての報告も予定されています。


◇自社専用EPUB電子書籍制作システムを作ろう、TwitterエンジニアがWebデザインIDE「Stylo」をオープンソース化
http://hon.jp/news/1.0/0/3366/
(2012-05-23 10:23:56 hon.jp DayWatch)
 TwitterエンジニアのAlex MacCaw氏は現地時間5月23日、趣味で制作しているHTML5/CSS3/JavaScript製のWebデザインツール「Stylo」をGitHub上でオープンソース公開した。
 Styloは、DTPソフト/PowerPointライクなWebデザインアプリで、テキストボックスやHTML5/CSS3図形をパレット上からドラッグ&ドロップで画面上に自由に配置し、CSS出力するというもの。基本的にCoffeeScript(JavaScriptの簡易方言)で各モジュールが開発されているため、さらなる機能拡張も簡単になっている。
 EPUB電子書籍制作システムを社内開発したい出版社、もしくは個人プログラマーは、UIコンポーネント候補としてぜひ一度試してみるべきだろう。【hon.jp】
◎Styloのデモサイト( http://styloapp.com/ ※要Webkit系ブラウザ)


◇National Federation of the Blind and Blind Student File Suit Against Maricopa Community College District
http://www.nfb.org/national-federation-blind-and-blind-student-file-suit-against-maricopa-community-college-district
(Tuesday, May 22, 2012 National Federation of the Blind)
  Complaint Alleges Mesa Community College Student Experienced Discrimination
 Phoenix, Arizona (May 22, 2012): The National Federation of the Blind, the nation’s leading advocate for the equal education of blind students, and Sebastian Ibanez, a blind student who recently graduated from Mesa Community College, have filed suit (Case No.: CV 12-907-PHX-NVW) against the college and the Maricopa Community College District, alleging discrimination against Mr. Ibanez and other blind students. The complaint alleges that Mr. Ibanez, as a blind student, could not register for his classes, complete online courses and assignments, access student services, or actively participate in his classes because of inaccessible technology purchased or deployed by the Maricopa Community College District and Mesa Community College. Among other things, college and third-party Web sites and software applications used for coursework and student services do not work with text-to-speech screen reading software, and “clickers” that are used to respond to questions in class cannot be operated independently by blind students. Most egregious of all, Mr. Ibanez was deliberately excluded from a class solely on the basis of his blindness. He attended the class but was told by the instructor that she did not feel comfortable teaching a blind student, and was subsequently electronically “dropped” from the class without his knowledge or consent.
 Dr. Marc Maurer, President of the National Federation of the Blind, said: “Despite clear mandates for the equal education of students with disabilities contained in the Americans with Disabilities Act and the Rehabilitation Act, we continue to find that higher education institutions are not accommodating their blind students as required by federal law. As in too many other cases, this instance involves the needless and unlawful purchase and deployment of inaccessible technology. Worse yet, the case demonstrates again the deliberate disregard by some college faculty and staff for the rights of blind students. The National Federation of the Blind is once again forced to devote considerable time and resources to rectifying this discrimination. We will continue to do so until the day when battles like this one are no longer necessary. We cannot and will not tolerate unlawful discrimination against blind students, and we insist that they receive an education equal to that received by their sighted peers.”
 The plaintiffs are represented in this matter by Joseph B. Espo of the Baltimore firm Brown, Goldstein, & Levy, LLP, and J.J. Rico of the Arizona Center for Disability Law.


◇スキャン代行訴訟、「実質的勝訴」として作家が訴え取り下げ
http://ebook.itmedia.co.jp/ebook/articles/1205/22/news119.html
(2012年05月22日 22時13分 更新 eBook USER 西尾泰三,ITmedia)
 スキャン代行事業は著作権侵害行為であるとして、浅田次郎氏、大沢在昌氏、永井豪氏、林真理子氏、東野圭吾氏、弘兼憲史氏、武論尊氏の7名が原告となってスキャン代行業者2社に対し原告作品の複製権を侵害しないよう行為の差し止めを求めていた訴訟は、既報の通り業者が廃業したため原告側が訴えを取り下げた。
 この訴訟は、スキャン代行事業を手掛けていたスキャン×BANKと愛宕に対し2011年12月に提訴されたもの。このうち愛宕は4月に訴えを認める「認諾」を表明しており、残るスキャン×BANKの動向が注目されていた。
 書籍を裁断・スキャンしスマートフォンやPC、タブレットなどで大量に持ち歩けるデータにすること行為を俗に“自炊”と呼ぶ。これをユーザーに代わって行う「スキャン代行業者」(自炊業者)が2010年ごろから人気を博し、多くの業者がサービスを手掛けるようになっていた。
 しかし一方で、それは著作物の私的使用の範囲を超える、すなわち著作権法違反であるとする版元側は2011年9月、出版社7社、作家・漫画家122人の連名でスキャン代行業者に対しまず質問状を送付。これに対し多くの業者が事業を見直す方向と回答したのに対し、上述の2社は「今後も依頼があればスキャン事業を行う」としていたが、その2社を訴権を持つ作家が矢面に立つ形で提訴していた。
 スキャン×BANKは2012年2月初め、スキャン代行サービスは今後行わないと発表していた。今回訴訟終結として集英社から出ているプレスリリースによると、スキャン×BANKは2012年1月末でスキャン代行事業を廃止、スキャンにかかわる機器を廃棄事業者に依頼して廃棄済みであることを証拠とともに裁判所に提出。さらに会社自体も解散すると宣言していた。そして5月15日に解散、解散登記も確認されたことで原告側は当初の目的は達成できたと判断。作家側の実質勝訴として訴訟を取り下げることにしたという。
 結果として原告側の実質勝訴ということもできるが、「スキャン代行業務」が著作権侵害かどうかについて裁判所の判断、つまり判例が出ないまま終わってしまったことは、問題の本質はグレーなままだともいえる。


◇EPUB向けの新「軽量」DRM、IDPFがコメント受付
http://ebook.itmedia.co.jp/ebook/articles/1205/22/news052.html
(2012年05月22日 13時47分 更新 eBook USER 西尾泰三,ITmedia)
 米国の電子書籍の標準化団体の1つであるIDPF(国際電子出版フォーラム)は5月18日、EPUB向け軽量DRM(デジタル著作権管理)のドラフトを発表した。ユースケースと要件からなるこのドラフトはIDPFのサイトで内容を確認できるようになっており、6月8日まで広くコメントを受け付けている。
 このドラフトは、EPUB Lightweight Content Protection(EPUB LCP)、つまり、EPUBのコンテンツ保護スキームとなる可能性を秘めるもので、ガチガチのDRMとDRMフリーの中間に位置する『軽量』のDRMスキームの概要が示されている。コンテンツの保護と仕組みを軽量なものにする要件――ネットワーク接続を必要としないなど――をまとめつつ、利用期間に基づく貸し出しモデルなどもサポートする方向性が示されている。
 ユーザーの利便性を損なわず、かつコンテンツを保護するという要件を満たすことで、流通への大きなインパクトへとつながっていく可能性は高い。EPUB LCPが標準化されれば、EPUBの支持もさらに高まりそうだ。


◇インプレスR&D、EPUB3とAmazonオンデマンド印刷活用の新出版ブランド設立
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20120522_534422.html
(2012/5/22 13:23 INTERNET Watch 増田 覚)
 株式会社インプレスR&Dは22日、EPUB3による電子出版とAmazon.co.jpのプリントオンデマンド(POD)システムを活用した書籍出版ブランド「Next Publishing」を新設すると発表した。5月下旬より新刊タイトルを発行する。
 EPUB3による電子出版とAmazon.co.jpのPODシステムを活用することで、流通の問題を解決する無在庫出版を行い、優れた著者による専門性の高い書籍を数多く出版することを目指す。
 EPUB3は、縦組みにも対応したリフロー型(ページレイアウトを固定しないタイプ)の電子出版の国際標準規格。EPUB3によるデジタルファースト方式の制作により、1つの編集・制作プロセスで電子書籍と印刷書籍をアウトプットできる体制を整えた。
 Amazon.co.jpのPODシステムは、注文に応じて1冊単位で印刷・製本できる仕組み。Amazon.co.jpが扱う一般書籍と同様に商品が検索できる。常に「在庫あり」の状態となるため、印刷した書籍が必要な読者にも確実に届けられるのが特徴。
 インプレスR&Dは5月下旬以降、ITビジネスジャンルの書籍を3タイトル発行するのを皮切りに、新ブランドを通して専門性の高い出版を促進していく。
◎プレスリリース  http://www.impressrd.jp/news/120522/NextPublishing


◇AAP発表、電子書籍の普及で2011年度の海外への書籍輸出総数が4倍に急成長、対英国はなんと14倍に
http://hon.jp/news/1.0/0/3362/
(2012-05-22 11:31:37 hon.jp DayWatch)
 米国の出版社業界団体の1つであるAssociation of American Publishers(本部:米国ニューヨーク州)は現地時間5月18日、電子書籍の普及により海外への書籍輸出数が急増中であることを発表した。
 発表によると、2010年に海外読者が米国内向け電子書籍を購入した総額はわずか490万ドル(約3.8億円)程度だったのが、2011年では4倍強の2,150万ドル(約17億円)に急成長。地域別では欧州・南米圏からの購入がもっとも多く増えており、英国についてはたった1年で14倍に膨れ上がっているとのこと。
 AAPによると、米国外で英文を読める人口は約7.5億人いると推定されるため、今後もハイペースな成長が続くだろうとのこと。※なお、調査手法の都合上、今回の統計結果にカナダは含まれていないとのこと。【hon.jp】
◎AAPのプレスリリース( http://www.publishers.org/press/68/ )


◇キヤノンITソリューションズ、DTPソフト「EDICOLOR」でEPUB 3.0形式の電子書籍ファイル出力に対応
http://hon.jp/news/1.0/0/3363/
(2012-05-22 13:10:11 hon.jp DayWatch)
 キヤノンITソリューションズ株式会社(本社:東京都品川区)は5月22日、同社が販売するDTPソフト「EDICOLOR」の最新バージョン「EDICOLOR 10」を発表した。
 EDICOLORは、もともと住友金属工業が販売していたWindows/Mac用日本語DTPソフトで、Adobe InDesignやQuarkXPressよりも高度な日本語組版が実現できる事で有名。今回発表された新バージョンではEPUB 3.0形式の電子書籍ファイル出力に対応し、紙出版物と電子書籍も同時制作できるようになった。
 なお、同社では新バージョン発売記念キャンペーンとして、9月30日まで18,000円(税別)の特別価格で提供する。【hon.jp】
◎DTPソフト「EDICOLOR」の製品概要ページ( http://www.canon-its.co.jp/company/news/20120522ec.html )


◎米OverDrive社による図書館向け電子書籍サービスの利用ログ分析レポート
http://current.ndl.go.jp/node/20905
(2012年5月22日 カレントアウェアネス・ポータル)
 米国の大手電子書籍ベンダOverDrive社が2012年4月に存在を明らかにした利用分析レポートが、ニュースサイト“INFOdocket”によって公開されています。“Library Media Network eBook Report: Summary of Select Traffic and User Behavior Statistics”と題された8ページのレポートで、2012年3月の利用ログを分析したものです。
◎Overdrive Library Media Network eBook Report (Big Data 1) http://www.scribd.com/doc/94302507/Overdrive-Library-Media-Network-eBook-Report-Big-Data-1
◎Full Text: OverDrive’s Library Media Network eBook Report (Big Data #1)(INFOdocket 2012/5/21付け記事) http://www.infodocket.com/2012/05/21/full-text-overdrives-library-media-network-ebook-report-big-data-1/


◇Some Hope for Library Digital Lending 
http://goodereader.com/blog/electronic-readers/some-hope-for-library-digital-lending
(2012 MAY 21, By Mercy Pilkington  Good E-Reader)
 One of the most frustrating aspects of digital publishing is the current sad state of affairs in ebook lending. At a time when libraries are already struggling to survive within the confines of dwindling budgets and patron apathy, the Big Six publishers haven’t been very supportive of library lending, at least in their actions if not their sentiments.
 All this time, Random House is the only Big Six publisher who makes its bestselling titles available to libraries without restrictions?such as HarperCollins’ 26-checkout-limit?but even that company came under fire last year for artificially raising the price on ebooks for libraries by nearly 300 percent.
 Now, Hachette Group is experimenting with a limited population of libraries and patrons being allowed to have lending access to its titles, although it hasn’t disclosed where and which libraries.
“These pilot programs will help us learn more about library patrons’ interests, usage, and expectations,” Hachette said in a statement that was published on paidContent.org. “This information will help HBG devise the best strategy to reach the widest audience of e-book readers in libraries. We’ll have more to say once we have looked at the data from the pilots.”
 ALA president Molly Raphael and several board members held a series of meetings with publishers at the beginning of this year, but this is the first great news for library lending to come about. Last week, Raphael met with several executives from Hachette Group, so hopefully this signifies that the talks are helping publishers overcome their fears of piracy and stagnant book sales in order to move forward on a larger scale.


◇EPUB 3 Samples: Now Showing - All EPUB 3 Features
http://idpf.org/news/epub-3-samples-now-showing-all-epub-3-features
(MAY 21, 2012 International Digital Publishing Forum)
 The EPUB 3 samples project (http://code.google.com/p/epub-samples) has continued to progress, and now includes over two dozen sample files which collectively touch on every major feature of EPUB 3 as well as the recently approved EPUB 3 Fixed Layout Metadata specification. These samples are licensed under a Creative Commons "Share Alike" license. Additional samples are still needed to broaden and deepen coverage; for information on contributing see http://code.google.com/p/epub-samples/wiki/Contributing.


◇電子書籍の独禁法訴訟、Simon & Schuster社は和解か?(米国)
http://current.ndl.go.jp/node/20897
(2012年5月21日 カレントアウェアネス・ポータル)
 電子書籍の販売価格に関する独占禁止法違反の疑いで提訴されている出版社5社のうち、Simon & Schuster社については、訴訟手続きから除外されたとのことです。Simon & Schuster社と原告は5月10日に覚書を交わし、和解を目指しているようです。
◎Simon & Schuster Reaches Antitrust Settlement with States(2012/5/18) http://lj.libraryjournal.com/2012/05/publishing/simon-schuster-reaches-antitrust-settlement-with-states/
◎Simon & Schuster settles e-book antitrust suit with state AGs http://news.cnet.com/8301-13579_3-57436521-37/simon-schuster-settles-e-book-antitrust-suit-with-state-ags/


◇HTML5でスマートフォンのバイブ機能を制御、点字に変わるUIの可能性も
http://hon.jp/news/1.0/0/3355/
(2012-05-21 10:51:51 hon.jp DayWatch)
 プログラマーサイト「smartjava.org」によると、W3 Consortiumが規格策定中だったHTMLでスマートフォン等のバイブレーション機能を制御するHTML5 Vibration API規格が、今月「Candidate Recommendation」に昇格したことのこと。
 アプリ等で携帯電話のバイブレーション機能を使うのは決して新しい話ではないが、この新API規格が今後普及すれば、Webサイトや電子書籍もデザイナー自身で簡単に作品にバイブレーション機能を追加できるようになる。
 規格自体が新しいためまだMozilla Mobileブラウザしか対応していないが、記事では、さっそく英文テキストをモールス信号振動に変換するサンプルコードを公開。点字などを含め符号系コミュニケーションが、今後大きく発展する可能性が出てきた。【hon.jp】
◎smartjava.orgの記事( http://www.smartjava.org/content/html5-remotely-vibrate-phone-morse-code-using-web-sockets-and-vibrate-api )


◇電子書籍配信のトゥ・ディファクトが書店サービス刷新、リアル店舗と融合
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK1803J_Y2A510C1000000/
(2012/5/19 6:30 日本経済新聞)
 電子書籍の配信を手がけるトゥ・ディファクトは2012年5月17日、大日本印刷グループのオンライン書店「ビーケーワン(bk1)」と統合し、電子書籍と紙の書籍の両方を販売するハイブリッド型総合書店サービス「honto」を始めた。同社の小城武彦社長(写真1)は5月18日に開いた説明会で「紙からデジタルのリプレースではなく、本の新たな楽しみを提供して出版市場自体を拡大していきたい」と抱負を語った。
 新サービス「honto」では、紙の書籍を扱うリアル書店とオンライン書店、電子書籍を扱う電子書店のすべてのサービスを一つのプラットフォームに統合していく。同社調査によると、本の購入を「通販のみ」とした消費者は5.7%。「書店のみ」は40.4%、「書店と通販の両方」は52.3%と、書店の利用がいまだに多いという。
 さらに「今後電子書籍で読める本が増えたとしても実店舗での書籍購入を続けるか」との質問に対しても「これまでと同じ頻度で購入」が63.0%、「頻度は減るが購入し続ける」が32.0%と、リアル書店のニーズは根強い(写真3)。リアル書店は生活の中の身近な存在で、平積みや手書きポップによる新たな出合いもある。今後も電子書籍と紙の書籍、電子書店とリアル書店が共存していくと想定し、リアル書店とネット書店の両方の長所を生かしたハイブリッド型総合書店戦略を展開していく。
 まず新しいネット書店(honto)では電子書籍と紙の書籍の商品ページを統合して横断検索できるようにしたほか、リアル書店(丸善、ジュンク堂、文教堂)での購入分を含め、紙/電子を問わず購入した書籍をまとめて管理できる「マイ本棚」を用意した。ネット書店とリアル書店で共通で使える「ハイブリッド型ポイントサービス」も始める。リアル書店の対応は6月下旬以降だが、まず首都圏旗艦店を中心に数店舗で始め、年内に100店舗まで拡大する計画だ。ポイントサービスで会員登録したIDに電子/紙、リアル/ネット書店/電子書店のあらゆる購入履歴をひも付けしてCRM(顧客情報管理)を展開していく。
 6月からはリアル書店における書籍の購入履歴を活用した各種リコメンドサービスも始める。リアル書店は嗜好性の強い雑誌の購入履歴が豊富にあるほか、過去7年にわたる併売情報を取り込んで顧客に提案していく。「書店は今までほとんどCRMを実施してこなかった。新しい書籍は年間7万タイトル以上も出ているのに、顧客が知る機会はあまり多くない。サイン会の案内や書店員レビューなどリアル書店のノウハウを活用したサービスを展開していきたい」(小城社長)とした。
 さらに将来は店舗在庫を検索してワンボタンで取り置きできたり、紙と電子を組み合わせた商品を提供したりする計画。後者は版元との交渉次第だが、自宅では紙の書籍、出先においては電子書籍で読める商品を想定する。在庫切れ対策として商品が届くまで電子書籍を提供するアイデアなども披露した。
 トゥ・ディファクトは2010年12月設立で、大日本印刷が51%、NTTドコモが40%、丸善CHIが9%を出資する。2011年1月にNTTドコモのスマートフォン向けに開設した電子書籍サイト「2Dfacto」も名称を「honto」に変更する。(日経コミュニケーション 榊原康)


◇日本書籍出版協会・日本雑誌協会・日本電子書籍出版社協会・日本出版インフラセンターが「出版広報センター」を設立
http://current.ndl.go.jp/node/20883
(2012年5月18日 カレントアウェアネス・ポータル)
 2012年5月17日に、日本書籍出版協会、日本雑誌協会、日本電子書籍出版社協会、日本出版インフラセンターの4団体によって「出版広報センター」が設立されたと発表されました。その目的は、これらの団体を有機的に結び、出版界が共通して抱える課題に関し、迅速かつ的確な広報活動を行うことで、当面は、出版者への権利付与の実現を最大の目標として活動を行う、とされています。
◎「出版広報センター」創設について(PDF:2ページ) http://www.ebpaj.jp/images/Shuppan-Koho-Center.pdf
◎日本書籍出版協会 http://www.jbpa.or.jp/
◎日本雑誌協会 http://www.j-magazine.or.jp/
◎日本電子書籍出版社協会 http://www.ebpaj.jp/
◎JPO日本出版インフラセンター http://www.jpo.or.jp/


◇US eBooks Reach Critical Mass Overseas in 2011
http://goodereader.com/blog/e-book-news/us-ebooks-reach-critical-mass-overseas-in-2011
(MAY 18, By Michael Kozlowski Good E-Reader)
 The US Digital Publishing industry is enjoying a tremendous success in their eBook export business. In 2011 the overall business has seen international expansion into many foreign markets and are reaping the rewards.
 In Europe eBook sales dramatically increased by 219% and garnered around $5.8 million dollars in revenue. Exports to the UK were the big story in 2011 with a massive gain of over 1,316.8% which equates to around $7.1 million dollars in sales. Meanwhile African market has grown by over 21.9%, reaching a zenith of 3.8 million, and increased by 15.4% to Latin America, where overall revenue was $16.7 million. In total, the US trade publishers net sales revenue increased 7.2% between 2010-11 to $357.4 million dollars. eBooks as a proportion of total sales increased from 1.5% to 6%.
 According to the Association of American Publishers the main facets for international growth was international sales, marketing and distribution. US publishers saw sales of trade titles increase to countries across the globe from the year 2010-11, due to internet access to a full range of English language titles, particularly those unavailable in many markets, the rise of e-books internationally and new readers.
The main countries of growth for US digital publishing exports was UK, Germany, Spain and France. Amazon and Kobo have been pushing hard into these countries offering localized versions of their online stores. They also have been cultivating relationships with local publishing companies to put an emphasis on homegrown talent. It seems that many countries cannot get enough of their English language talent spearheaded by the likes of James Patterson, Charlaine Harris, Walter Issac and Suzanne Collins.


◇Foreign E-Book Sales Increase 333% For U.S. Publishers
http://www.digitalbookworld.com/2012/foreign-e-book-sales-increase-333-for-u-s-publishers/
(May 18, 2012 By Jeremy Greenfield, Editorial Director, Digital Book World)
 Foreign e-book sales for U.S. publishers turned a corner in 2011, according to a new report.
 Sales of e-books by U.S. publishers to readers in other countries increased to $21.5 million in 2011 from $4.9 million in 2010, a 333% increase, according to a report released today from the Association of American Publishers. At the same time, print sales by U.S. publishers for foreign readers increased by 2.3% to $335.9 million. While growing significantly faster than print, e-book sales only accounted for 6% of overall sales.
 “We’re all very excited about international e-book growth,” said Seth Russo, vice president, director of international sales at Simon & Schuster. “There are far more English speakers around than have access to print books.”
 According to the report, U.S. publishers work with “nearly 15,000 international retailers in 200 countries” and export roughly 90% of their titles to the 750 million people outside the U.S. who can read English.
 According to Russo, this profusion of retailers along with the expansion of leading U.S. e-booksellers into international markets has helped drive sales growth.
 “We’ve had new channels and new business partners open up over the last year,” he said. “We’re working with Amazon, Kobo and Apple” as well as local and regional players like “OLF in Switzerland and Txtr in Berlin. The international market isn’t necessarily going to be dominated by multi-nationals. Other, smaller regional players will be able to carve out their own niche in the e-book market.”
 Still, the retailers that helped drive strong e-book sales growth internationally are largely the same ones who do most of the business in the U.S. ? Amazon and Apple. Amazon launched its store in Germany last summer and recently launched stores in other large markets across Europe. Barnes & Noble recently opened Nook offices in the UK and Berlin and has signaled its intention to expand internationally. Kobo, according to Russo, is still a small player internationally but has a larger market share outside of the U.S. than within it.
 According to Russo, the international market has yet to sort itself out and “the established players are still emerging.”
 E-book sales in the U.S. continue to grow, but at a slower pace, according to the most recent numbers from the AAP. E-book revenue in February in the U.S. was $122.5 million, a 25.9% increase over February 2011. While on a slower growth curve, U.S. e-book sales are set to hit $1.5 billion in 2012.


◇Request for Comments: Use Cases & Requirements for Lightweight Content Protection for EPUB
http://idpf.org/lcp_draft_reqs_announce
(MAY 17, 2012 International Digital Publishing Forum)
 The IDPF on May 18, 2012 published a draft of use cases and requirements for lightweight content protection technology for EPUB, available at: http://idpf.org/epub-content-protection. Comments from members and other interested parties are requested by Friday, June 8. Comments are particularly solicited regarding the priority of this activity versus other potential IDPF-mediated projects. Also requested are comments on any additional high priority use cases and requirements not encompassed in this initial straw-man document, and regarding the overall desirability of a solution embodying the proposed requirements, or any standardized solution in this area.
 The document describes requirements for a potential content protection scheme for EPUB. It outlines what would be a “lightweight” scheme, occupying a middle ground between strong DRM and DRM-free. This would enable sharing with or without watermarking, but, unlike watermarking alone, cracks would be considered definitively illegal. As well, the proposed scheme incorporates configurable passwords (including the option of no password at all); it could be used to discourage “over-sharing” by requiring passwords that contain personal information, such as an email address or credit card number. The use of encryption would also enable limits on modification, copying, and printing of content in a manner similar to the encryption technology incorporated in PDF. It would also support lending models via usage durations. Other aspects that would make the scheme “lightweight” include not requiring network connectivity (i.e. no “phoning home”) and trading off less stringent security for lower implementation cost and complexity.
 While public discussion of the “straw man” requirements document is anticipated and welcome, it should be noted that it does not represent any commitment by the IDPF to establish a solution. Through this discovery process, it may become clear that no feasible standardized solution would be sufficiently useful or accepted, or that no solution is forthcoming that will sufficiently address critical requirements.

◎BACKGROUND:
 The requirements document was prepared for the IDPF by Bill Rosenblatt of GiantSteps Media Technology Strategies, a recognized expert consultant in digital rights technologies. It is meant as a response to requests from some members and other industry stakeholders that IDPF consider standardizing a DRM solution for EPUB.
 The IDPF anticipates revising this document, taking into account comments received, and, should the IDPF membership and industry at-large support it,, issuing a Request For Proposal (RFP) for potential solutions. Should proposals be solicited, the IDPF will evaluate them based on a variety of criteria that will be detailed in the RFP.
 The IDPF takes no official position on the level of content protection measures that are appropriate, considering this as a situational determination between rights holders, distribution partners and end users. The proposed use cases and requirements describe a “lightweight” encryption approach, but this is primarily based on the judgment of IDPF and its consultant that this approach, should it be supported by the membership, would be by far the most likely to gain meaningful adoption within the desired timeframe. We recognize that some publishers may under some circumstances require content control technology that is more stringently protective than is feasible for a lightweight approach. First, the lightweight approach is designed to be extended in various ways to be more stringent. Second, EPUB will remain open to multiple forms of DRM technology, and any standard form of content protection will be complemented by the multiplicity of more full-featured commercial DRM solutions already in the market. As EPUB has an extensible encryption framework, these DRM solutions will remain valid for use with EPUB.
 Please send any comments to IDPF via email to bmccoy at idpf.org. Comments received will be by default considered public; however, IDPF member organizations may request anonymity, or for feedback to remain limited to IDPF management and Board.


◇Elsevier社、カナダ・ブリティッシュコロンビア大学の研究者に対して電子ジャーナルのテキストマイニングを許可
http://current.ndl.go.jp/node/20864
(2012年5月17日 カレントアウェアネス・ポータル)
 学術出版大手のElsevier社が、カナダのブリティッシュコロンビア大学(UBC)の研究者に対して、同社の電子ジャーナルをテキストマイニングすることを許可したそうです。この契約の交渉は、Elsevier社のAlicia Wise氏が、同大学のポスドクであるHeather A. Piwowar氏が発したツイートを見かけて返信したところから始まったそうです。Piwowar氏のブログ“Research Remix”ではその様子が詳しく紹介されています。2012年4月17日付けの記事では、今回の契約が画期的である理由として、契約の内容が公になっていること、テキストマイニングを様々な用途に使うことが認められていること(通常はテキストマイニングが全く認められていないとあります)、同大学は追加料金を支払う必要がないこと、等が挙げられています。
◎Elsevier agrees UBC researchers can text-mine for citizen science, research tools(Research Remix 2012/4/17付け記事) http://researchremix.wordpress.com/2012/04/17/elsevier-agrees/
◎Elsevier responds to my text mining request(Research Remix 2012/4/13付け記事) http://researchremix.wordpress.com/2012/04/13/elsevier-response/
◎talking text mining with Elsevier(Research Remix 2012/3/5付け記事) http://researchremix.wordpress.com/2012/03/05/talking-text-mining-with-elsevier/
◎Elsevier to Allow Text Mining Access to UBC Researchers(Library Journal 2012/5/9付け記事) http://lj.libraryjournal.com/2012/05/academic-libraries/elsevier-to-allow-text-mining-access-to-ubc-researchers/
◎Elsevier Experiments With Allowing 'Text Mining' of Its Journals(The Chronicle of Higher Education 2012/5/6付け記事) http://chronicle.com/article/Hot-Type-Elsevier-Experiments/131789/
◎Elsevier ‘text mining’ agreement with UBC researcher(UBC Library 2012/5/7付け記事) http://about.library.ubc.ca/2012/05/07/ubc-library-text-mining-research-in-chronicle-of-higher-education/


◇米IDPF、7月4日に東京ビックサイトで「IDPF TOKYO CONFERENCE」を開催、講談社・楽天社長なども講演
http://hon.jp/news/1.0/0/3342/
(2012-05-16 11:06:46 hon.jp DayWatch)
 米国の電子書籍標準化団体の1つであるInternational Digital Publishing Forum(本部:米国ワシントン州)は7月4日、東京都・東京ビックサイトで行なわれる「東京国際ブックフェア」の電子書籍関連イベントとして「IDPF TOKYO CONFERENCE」を開催する。
 IDPF TOKYO CONFERENCEは米IDPF主催イベントとしてはアジア初となるもので、Bill McCoy氏やLiza Daly氏などIDPF関係者や、講談社・野間省伸社長、楽天・三木谷浩史社長、丸善CHIホールディングス社長・小城武彦氏も登壇する予定。
 なお、キーノートの出席無料で、先着500名。他はカンファレンス券の購入が必要となる。【hon.jp】
◎IDPFイベントの出席登録ページ( http://www.ebooks-expo.jp/semiapp/conf/ )


◇オープンエンド、EPUB電子書籍オーサリングツール「Smart ePub」ユーザー940名の調査アンケート結果を公表
http://hon.jp/news/1.0/0/3344/
(2012-05-16 14:07:00 hon.jp DayWatch)
 出版業界向けソリューション開発を行なっている株式会社オープンエンド(本社:東京都豊島区)は5月14日、同社が販売するEPUB電子書籍オーサリングツール「Smart ePub」のフリー版ユーザー940名を対象した調査アンケート結果を明らかにした。
 同社結果によると、EPUB電子書籍制作現場の最大の関心事は「フォント埋め込み、ウェブフォント」が55.6%で、さらに「オーディオ、ビデオ埋め込み」も51.1%と高いとのこと。さらに、PC上のEPUBビューワ比率は「Adobe Digital Editions」が35.6%で最も多く、次いで「FireFox EPUBReader」「Chrome Readium」「espur」が20%前後。iOS向けは「iBooks」が圧倒的で71.1%だが、Androidは全体的にかなり低い結果となっており、制作側はiOS(特にiBooks)ターゲットが重視されているという。
 その他の調査結果については、下記サイトを参照のこと。【hon.jp】
◎オープンエンドのアンケート調査結果内容( http://openend.co.jp/wordpress/smart-epub/20120511-epub-enq-01/ )


◇IDPFが「EPUB3集中会議」東京で7月4日開催、普及への「Readium計画」報告
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20120516_533294.html
(2012/5/16 18:35 INTERNET Watch 永沢 茂)
 IDPF(International Digital Publishing Forum:国際電子出版フォーラム)は、東京ビッグサイトで7月に開催される「第16回国際電子出版EXPO/第19回東京国際ブックフェア」において、EPUB3に関する集中会議「IDPF TOKYO CONFERENCE」を開催する。
 IDPFは、電子出版の国際標準を制定・管理している組織で、電子書籍フォーマットのEPUBを推進している。25カ国以上の出版社や販売事業者、図書館など300社/団体が会員になっており、その会員の3分の1を占めるというアジアで初となるIDPFの大規模コンファレンスとなる。
 コンファレンスでは、IDPFの中心的活動だという「Readium計画」の成果を踏まえ、日本・アジアのEPUB3ビューアー開発者向けに、開発のベースとして利用できるコードを提供するとともに、理想的な表示についての指針を示すとしている。日本語対応についても取り上げる。
 Readium計画とは、オープンソースのHTMLレンダリングエンジンであるWebKitを用い、EPUB3ビューアーのレファレンス実装を開発するプロジェクト。日本からはACCESS、イースト、ソニー、楽天/KOBO、ボイジャーが参加し、縦書きやルビなどの日本語表現をサポートしている。
 開催日時は、7月4日13時〜18時。具体的なセッションは、「EPUB3普及のためのReadium計画 ― 実際を担う現場からの報告」「最新実例から表現の可能性を見る ― EPUB3はここまでいける」「EPUB3日本語対応・実践事例を中心に ― いつから始まるか? 誰がそれを担うのか?」「総評として 日本語対応の現実を踏まえ ― 評価と課題」の4つ。受講料は4セッション通しで2万円。定員は500名で、国際電子出版EXPOのサイトから参加申し込みを受け付けている。
 「EPUB3普及のためのReadium計画」のセッションでは、IDPF/DAISYコンソーシアムCTOであるマーカス・ギリング氏が実装例を使って解説する。
 「最新実例から表現の可能性を見る」では、ウェブ技術や電子出版が専門の作家であるエリザベス・カストロ氏が講演。IDPFの理事も務める小林龍生氏が一問一答を担当する。
 「EPUB3日本語対応・実践事例を中心に」では、ソニー、楽天、集英社の担当者が、SONY ReaderのEPUB3展開、楽天/Koboの日本導入および世界展開、マンガのEPUB3対応についてそれぞれ取り組みを紹介する。
 コンファレンスに先立ち7月4日10時からは、「人々が求める書籍/出版に私たちはどう応えていくのか」と題した無料講演を開催。講談社代表取締役社長の野間省伸氏、楽天代表取締役会長兼社長の三木谷浩史氏がパネリストとして登場する。さらに翌7月5日11時からは、視覚障がい者の読書機会についての無料セミナー「EPUB3/DAISYはバリアフリー読書を支援する」も実施する。
関連情報
◎IDPF TOKYO CONFERENCE http://idpf.org/tibf-2012
◎参加申し込みページ http://www.ebooks-expo.jp/semiapp/conf/
◎Readium計画(英文) http://readium.org/


◇Booksellers v. Libraries? Publishers v. Amazon? This is the wrong fight
http://www.digitalbookworld.com/2012/booksellers-v-libraries-publishers-v-amazon-these-are-the-wrong-battles-to-fight/
(May 15, 2012 by Chris Rechtsteiner, Digital Book World)
 Four months ago (a long while back in Internet time), I wrote a piece noting how, in our research, we’ve identified libraries as representing the biggest short-term threat to Amazon’s (and others) ebook sales.
 As you would expect, this was met with many questions and quite a bit of disbelief.
 Why? The reason is obvious. If you’ve been following the book industry statistics closely, you’ll quickly see a strong belief in the exact opposite. Research from both Bowker PubTrack Consumer and Pew Research illustrates that library patrons are more likely to buy ebooks than non-library patrons.
 Even further, just last week, The Bookseller had a piece focused on the fact that booksellers are seeing libraries as being “disruptive” to their operation.
 Quoting from Waterstones’ managing director James Daunt,
 Libraries who will soon start loaning e-books to users will be a disruptive force,” Daunt said. “If you can download a book for free and read it, why would you want to own it?
 To add a bit more fuel to the fire, The Observer had a piece on May 14th illustrating why Writers won’t lose out if libraries lend ebooks.
 You’re probably thinking, “Hmm, this is all very confusing.”
 Are libraries good or bad for booksellers? Maybe.
 Are libraries good or bad for authors? Could be.
 This is enough to give you whiplash … and it’s all missing a major shift that has occurred (in earnest) in the last four months:
 Four months ago, the real competition for booksellers WAS libraries.
 Today, the competition is much more severe ? it’s across the entire ecosystem.
 Today the real competition for booksellers, publishers and libraries is NOT READING.
 Four months ago, it mattered if libraries were or weren’t a direct threat to booksellers. Today, this question is irrelevant. What matters is that the participants in the industry aren’t innovating at the pace readers are seeking and expecting solutions v. reading’s alternatives.
 When looking specifically at traditional publishers and booksellers, two questions arise:
 Could it just be that traditional booksellers and publishers aren’t innovating quickly enough to meet the needs of today’s authors and readers? (Absolutely)
 Could it be that traditional booksellers and publishers are being out innovated by, of all parties, cash and funding-strapped libraries? (Absolutely)
 Libraries have, for a very long time, been battling competition from not reading. They’re experts in this area ? which is why they made such consistent inroads as an early competitor to booksellers and a thorn-in-the-side of publishers.
 The not reading competition is now beyond libraries, however. It is forcing libraries, booksellers and ultimately authors to move, quickly, to remain a relevant and highly valuable resource for readers. Powell’s and Harvard Book Store, to name two, aren’t standing still. They’re adopting new models, experimenting with new technologies and generally innovating across the board. Libraries across the country are innovating as quickly as they can with ebook lending, ereader lending and myriad other programs. Authors are creating all types of new works to experiment with gaining readers and improving reader engagement.
 It can be done ? but booksellers, libraries and authors need even more help.
 Here’s where the publishers come in.
 Publishers (both old and new) must step up and provide the platforms (and rights management frameworks) for innovation needed by booksellers (all types of booksellers) and authors to push reading forward. If they don’t, publishers will fall by the wayside as true innovation will be limited to a few (one?) large players investing on their own behalf’s (see Amazon, Barnes & Noble + Microsoft) while authors take their storytelling to completely new platforms that are altogether outside of the bookselling and library frameworks.
 The battle isn’t booksellers v. libraries. The battle isn’t publishers v. Amazon.
 The reason this piece was written four months ago is because, four months ago, the competition for Amazon and booksellers WAS libraries. Today, the battle is reading v. not reading as a plethora of free and low-cost alternatives including TV, games, movies, videos, Twitter, Facebook are always at the ready.
 Everyone in the ecosystem needs to step up to the plate and prepare to take back reading or an industry will be lost for everyone.


◇「図書館に電子書籍を!」 出版社に対して要求するオンライン署名サイトが登場
http://current.ndl.go.jp/node/20851
(2012年5月15日 カレントアウェアネス・ポータル)
 米国カンザス州のトペカ・ショーニー郡図書館が“ebooks for libraries”というオンライン署名サイトを開設し、署名を呼びかけています。その目的は、出版社が図書館向けの電子書籍を十分に提供しない現状を改善し、利用者に対してあらゆるフォーマットで資料を提供できるような図書館を作ることにあるようです。署名の数が10,000を超えたら出版社に対して署名を(紙で)送るということです。現在、約6,000人からの署名が集まっています。
◎ebooks for libraries http://ebooksforlibraries.com/
◎Sign the Petition at ebooksforlibraries.com!(David Lee King氏のブログ 2012/5/1付け記事) http://www.davidleeking.com/2012/05/01/sign-the-petition-at-ebooksforlibraries-com/
◎Twitter@ebooks4libs https://twitter.com/ebooks4libs


◇UK Writers Want to Be Paid for Each Library E-Book Loan
http://www.digitalbookworld.com/2012/uk-writers-want-to-be-paid-for-each-library-e-book-loan/
(May 15, 2012 Digital Book World)
 Under UK law, authors are paid a small royalty up to a certain annual amount any time someone checks out one of their print-books from a library. UK authors are now calling on the government to extend the practice to e-books (Pay us for library ebook loans, say authors):
 Authors are calling on the government to remunerate them when their ebooks are lent from libraries, calling it “patently unjust” that digital titles are currently borrowed with no payment made to the writer.
 Authors are paid 6.05p every time their physical books are borrowed from the UK’s public libraries, up to a maximum of £6,600, under the government-funded Public Lending Right scheme. But ebooks and audiobooks, a growing sector for library users, are not currently included in the scheme, even though the Digital Economy Act of 2010 paved the way for this to be done.


◇電子書籍を「アンチコモンズ」にするな
http://blogos.com/article/39018/
(2012年05月15日 09:09 BLOGOS(ブロゴス) 池田信夫)
 日経新聞によれば、政府の知的財産戦略本部は、出版社に著作隣接権を与える方針だという。この記事は「電子書籍で読める作品の数を増やすため」と書いているが、これは嘘である。出版社に隣接権を認めると、一つの本に多くの権利者が拒否権をもつアンチコモンズ状態になって、電子出版は止まってしまうだろう。
 今でも、出版社は隣接権を実質的にもっている。紙の本をスキャンして電子化するとき、「版面権」と称するものを主張するのだ。これには法的根拠はないが、実質的に出版社が許諾権をもっているため、電子化の大部分の時間は著作権の交渉に取られる。これを法的に認めたら、独立系の出版社が電子化することは不可能になる。
 日本で電子書籍が出てこない最大の原因は、出版社に隣接権がないためではない。アマゾンのKindleやアップルのiBooksを日本の出版社が拒否して、「端末で本を読む」という習慣ができていないためだ。この一つの原因は日本の出版社が著者と電子化契約をしていないことにあるが、隣接権を与えてもこの問題は解決しない。著者の許諾なしで電子化することは不可能なので、手続きが増えるだけだ。
 これは映像の電子化で起こっていることだ。総務省は「スマートテレビの国際規格」を日本が提案するとかとぼけたことをいっているが、問題は規格ではなく、コンテンツが出てこないことだ。その最大の原因は、隣接権者が多いため著作権処理に大きなコストがかかることだ。たとえば「NHKオンデマンド」の場合はドキュメンタリーの取材対象にも許諾を得るので、1本の番組の手続きに最大1年近くかかる。
 このアンチコモンズ状態を解決するには、逆に著作権を弱めて報酬請求権にしたほうがいい。たとえばアマゾンやアップルがすべての本を勝手に電子化する権利を認め、著者が一定率の印税を請求できる権利を法的に決めるのだ。この料率をどうするか、支払いをしない業者に対するペナルティをどうするか、などの問題は残るが、今のように何も出てこない状況よりましだろう。知財本部も権利強化ばかりしないで、利用を広げることを考えるべきだ。


◇電子書籍なのに紙の本より高い 「不思議」な値段設定なぜなのか
http://www.j-cast.com/2012/05/15131801.html?p=all
(2012/5/15 11:41 J-CASTニュース)
大手出版社の文藝春秋が、2012年3月から「月刊文藝春秋」の電子版を国内で販売開始した。海外在住者向けには既に配信していた電子版だが、国内の読者からも要望が高かったためという。
ところが電子版の価格は1000円で、紙版の840円を上回る。ほかにも国内の出版社では、同じ内容の書籍で電子版と紙版を同額にしているところもある。米国では、電子書籍の小売価格が紙版の定価の半額というケースがある点を考えると、国内ではいまだに割高な印象がぬぐえない。
◎マゾンの電子版販売価格は半額以下
「月刊文藝春秋」電子版は、インターネットの電子書籍販売サイトで購入可能だ。電子書籍専用端末を使って、あるいはスマートフォンやタブレット型端末、パソコンに専用ソフトを入れて閲覧する。
価格が1000円と、紙版より高く設定した理由について文藝春秋事業開発局は、「電子書籍を紙の本より安くするところはあるが、当社は必ずしもそれにならわなくてもよいと判断しました」と回答した。加えて電子版の制作に伴う手間や費用を考慮し、社内で検討したうえで決めた値段との説明だ。
しかし電子版では、紙版で連載されている作家、村上龍さんの小説を「ご本人の意向をくんで掲載していない」(文藝春秋事業開発局)という。値段が高いうえに中身も減っているとなれば、「損した」と感じる読者がいるかもしれない。
電子書籍の値付けは出版サイドによってまちまちだが、紙版と同額というケースはしばしば見られる。2011年に発行された「スティーブ・ジョブズ」(講談社)は電子版、紙版ともに1、2巻それぞれ1995円だ。一方、米国での価格を見ると紙版の定価は35ドル(約2800円)なのに対して、米アマゾン・ドット・コムの「キンドルストア」で扱われている電子版の販売価格は14.99ドル(約1199円)と半額以下となっている。もっともアマゾンは紙版を16.85ドル(約1348円)まで値下げしているが、それでも電子版の方が「お得」なのは変わらない。
岩波書店は2012年4月から、既刊書籍を中心に電子版の配信をはじめた。だが価格はいずれも紙版との差がゼロだ。
米アマゾンでは電子書籍がハードカバーと比べて低価格で販売されていることから、国内の電子書籍の値段に関して消費者の間で不満が聞かれる。インターネット掲示板では、「紙版と電子版が同じ価格で発売」といったニュースが流れると「その価格なら普通に本買う」「電子書籍が普及しないわけだ」と批判的なコメントが並ぶ。
◎高額な「キンドル」普及のため電子書籍を大安売り
もちろん国内でも、電子版の価格の方が低いケースは存在する。昨年のベストセラー作品から、サッカー日本代表、長谷部誠選手の著作「心を整える。」を例にとると、紙版が1300円なのに対して電子版は900円。ほかにも同様の事例はある。それでも新刊本の場合、紙版の制作に使ったコンテンツのデジタルデータをそのまま電子版に転用すれば、それほど手間はかからないようにも思える。しかも印刷が不要で、本の在庫管理も省ける。紙の本よりずっと安くても当然だとも考えられる。
野村総合研究所上級コンサルタントの前原孝章氏に聞くと、「電子書籍が高い理由のひとつは、制作コストの問題」と説明する。ルビをふる、紙版の「趣向を凝らした」デザインをそのまま反映する、画面上で文字の大きさを変えられる仕様にしても改行がずれないようにする、といった細かな作業が発生するため、単純に「自動変換」で電子化できないというのだ。作業者が目視で電子版のページをすべてチェックするという「アナログ」な工程もある。加えて、著者との契約によっては紙版とは別に印税を支払わねばならない。
もうひとつはビジネスモデルの問題だ。米アマゾンは電子書籍端末「キンドル」を発売した当初、数百ドルと高価な端末を普及させるため、出版社からの仕入れ値よりも安い小売価格で電子書籍を販売、市場で主導権を握るため「出血覚悟」で、言わば電子書籍を宣伝材料に使ったのだ。しかし日本の出版社の場合、自前で端末を販売しているわけではない。電子書籍コンテンツ単体で、制作コストを回収したうえで利益を生むとなれば「紙版より安くする理由がない」(前原氏)。
アマゾンのジェフ・ベゾス最高経営責任者は、2012年中の日本市場参入を明らかにしている。現在は電子書籍の小売価格の決定権をどちらが持つのかをめぐって、アマゾン側と国内出版社側とで「綱引き」が行われている最中とみられるが、本格参入となれば出版社の事情にかかわらず、否応なしに電子書籍の「価格破壊」が起きるかもしれない。


◇国際図書館連盟(IFLA)、デジタル資料の貸出をテーマとするペーパーを公表
http://current.ndl.go.jp/node/20847
(2012年5月15日 カレントアウェアネス・ポータル)
 2012年5月11日、国際図書館連盟(IFLA)が、デジタル資料の貸出(e-lending、digital lending)をテーマとするペーパーを公表しました。図書館における電子書籍の提供、学術・商業出版社の現状、学術・研究図書館と公共図書館の事情の違い、法的な課題などのトピックが取り上げられているようです。このテーマは、IFLAが2011〜2012年に重点的に取り組むプログラムの1つとして挙げられている“Digital Content Programme”に含まれており、今後も継続的な取組が行われるようです。
◎IFLA E-Lending Background Paper(PDF:15ページ) http://www.ifla.org/files/clm/publications/ifla_background_paper_e-lending_0.pdf
◎IFLA Releases Background Paper on e-Lending(IFLA 2012/5/11付けニュース) http://www.ifla.org/en/news/ifla-releases-background-paper-on-e-lending


◇Nokia、欧州で電子書籍ビューワアプリとストアを立ち上げ
http://ebook.itmedia.co.jp/ebook/articles/1205/14/news067.html
(2012年05月14日 13時48分 更新 eBook USER Michael Kozlowski,Good e-Reader Blog)
 Nokiaはまだ電子書籍リーダーが普及していない欧州市場で新事業に投資しようとしている。同社は5月11日(現地時間)、電子書籍ビューワアプリとオンラインブックストアの開発を公表した。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、英国で積極的な売り込みを図ろうとしている。
 この電子書籍ビューワアプリ「Nokia Reading」は同社のスマートフォンであるLumiaシリーズで利用でき、書籍はOverdriveが供給する。Penguin、Pearson、Hachetteなど、大手出版社がNokiaと契約しており、何千冊もの無料書籍と大量の有料書籍がダウンロード可能だ。例えば、『The Girl With The Dragon Tatto』『One Day』『The Adventures Of Sherlock Holmes』といった人気書籍が入手可能だ。
 Nokiaは「電子書籍は米国と英国といった国々で一般的になりつつある一方で、まだ成熟しておらず、世界中の多くの地域で利用できません。Nokiaは電子書籍コンテンツを現地語で提供できるので、そこにNokia Readingの強みがあります」とコメントしている。
 Nokiaは今後数週間以内にオンラインブックストアの改良を計画している。ユーザーはもうすぐオーディオブック機能やNews Streamサービスを利用できるようになる。


◇国立国会図書館遠隔研修に新コンテンツ「図書館と著作権」「資料デジタル化の基礎」が追加へ
http://current.ndl.go.jp/node/20836
(2012年5月14日 カレントアウェアネス・ポータル)
 国立国会図書館(NDL)では、各種図書館で働く方を対象に、実務に役立つ講座をインターネットを通じて提供する遠隔研修を行っています。2012年度は、これまで提供してきた「資料保存の基本的な考え方」、「経済産業情報の調べ方」、「和書のさまざま」に加え、新たに「図書館と著作権」、「資料デジタル化の基礎」を開講し、全5講座を提供いたします。各講座の内容や開講時期等の詳細は、5月下旬に国立国会図書館遠隔研修ポータルサイトの「講座のご案内」に掲載する予定です。
◎国立国会図書館遠隔研修ポータルサイト https://ndl.secure.force.com/
◎遠隔研修前期「図書館と著作権」「資料保存の基本的な考え方」「経済産業情報の調べ方」開講のご案内 (国立国会図書館 2012/5/11付けのお知らせ) http://www.ndl.go.jp/jp/library/training/guide/1194588_1485.html


◇出版デジタル機構、新たな代表取締役社長に野副正行氏を選出
http://ebook.itmedia.co.jp/ebook/articles/1205/11/news100.html
(2012年05月11日 17時25分 更新 eBook USER)
 出版デジタル機構は5月11日、代表取締役の異動を発表した。野副正行氏を代表取締役社長とし、これまで代表取締役だった植村八潮氏は取締役会長となる。
 代表取締役社長に新任された野副氏はソニーピクチャーズの副社長やソニーの執行役員常務、ボーダフォンの執行役副社長、I&S BBDOの代表取締役社長&CEOなどを歴任。ソニーが電子書籍事業を立ち上げたときの担当役員でもある。コンテンツビジネスへの造詣も深く、経営者としての実績も評価が高い。
 異動の理由については、「機構の設立後、産業革新機構の大型出資を始め、大日本印刷、凸版印刷、角川書店、インプレスホールディングスが新たに株主に加わり、資本金39億2800万円までの増資が決定した」とし、それに伴い新しい代表取締役、社長、役員を任命したとしている。
 このほか、取締役と監査役11名も以下のように選任された。
役職名 氏名 備考
取締役会長 植村八潮 ※役職異動
代表取締役社長 野副正行 ※新任
社外取締役 土田誠行(産業革新機構) ※新任
社外取締役 福井義高(産業革新機構) ※新任
非常勤取締役 野間省伸(講談社)
非常勤取締役 堀内丸恵(集英社)
非常勤取締役 相賀昌宏(小学館)
非常勤取締役 山崎富士雄(大日本印刷) ※新任
非常勤取締役 大湊 満(凸版印刷) ※新任
非常勤監査役 菊池明郎(筑摩書房)
非常勤監査役 青沼克典(産業革新機構) ※新任


◇EnThrill、EPUB/MOBIに対応した新型ウォーターマークシステム「PackaDRM」を発表
http://ebook.itmedia.co.jp/ebook/articles/1205/11/news105.html
(2012年05月11日 18時09分 更新 eBook USER)
 電子書籍ベンチャーのEnThrill Distributionは5月10日(現地時間)、EPUB/MOBI形式の電子書籍ファイル向けウォーターマーク(電子透かし)システム「PackaDRM」を発表した。
 今年発売された電子書籍版ハリー・ポッターシリーズが脱DRMで読者に好評だったことを受け、脱DRMへ急シフト中の電子書籍業界では、代替技術としてウォーターマークシステムへのニーズが急速高まっている。
 今回発表されたPackaDRMはまさにその最新版で、他社の電子書籍向けウォーターマーク技術と異なり、コンピュータに詳しいユーザーにも暗号IDの設置場所がなかなか見つけにくい構造になっているという。


◇田部康喜「メディアラボ ――メディア激動の時代を考える」:電子書籍「日本の夜明け」は、本当に近いのか ――アマゾンに対抗するベンチャー「今こそ出でよ」
http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20120508/307999/?ST=business&P=4
(2012年05月11日 日経BPネット 田部康喜)
◎amazonCEOベゾス「日本市場」発言は、「黒船」か!?
 「おくのほそ道」を読もうと、書架をひっくり返す。ない。また買うしかないか。
 船会社に勤める中学の同級生から、酒田港の子会社に出向になった、とメールあり。「五月雨をあつめてはやし最上川」。初夏は最高だよ、と友はいう。
 ボランティアが版権の切れた本を電子化している「青空文庫」をスマートフォンでチェック、残念ながらなかった。こんなとき、電子書籍を簡単に買えたらなあ、と思う。
 アマゾン・ドット・コム創業者CEOジェフリー・ベゾスが4月中旬に来日し、日本でも2012年内に電子書籍の販売に乗り出す方針を明らかにした。日本経済新聞のインタビューに対して、次のように語っている。
 「(電子書籍の)キンドル事業における我々のビジョンは『いかなる言語で書かれ、印刷された本であっても60秒で手元に届く』というものだ。米国で2007年に事業を始めたときには9万タイトルだったが、今では著作権を持つ作品だけで100万タイトルを優に超える数になった。日本でのキンドル事業に関しては今年中に発表する」(2012年4月13日 19:18 日経電子版)
 nikkei BPnetの読者には、すでにお持ちの方もいらっしゃるだろう。キンドルとは、電子書籍専用端末、つまり電子書籍リーダーである。2011年に売り出された新型「キンドルファイア」は、それまでのモノクロの本だけだったサービスから進み、カラー書籍も読めるようになった。アンドロイドベースの端末だが、通常のスマホのように自由にアプリをインストールなどは難しい。
 ちなみに、米国の大型書店バーンズ&ノーブル(B&N)は、その1年前から、専用端末「ヌック」のカラー版を市場に投入している。

◎出版デジタル機構登場の「裏」とは
 キンドルは7インチ画面を持ち、活字本を読むには十分。バックライト付き液晶を採用しているiPadなどのタブレット端末より鮮明度では劣るが、目の負担は小さいと感じる。
 この先、電子書籍リーダーとタブレットが、「7〜10インチ」領域で激しい戦いを繰り広げるのは明白だ。電子書籍を読む端末として一方が淘汰されるのか、あるいは双方生き残るのか。――それを決めるのは当然ながら、本の購入者である読者である。紙の本を電子の世界にまずは移し替えることができるかどうかにかかっているだが……。
 「黒船」によって開国させられた日本人の心理的な傷が、外圧に対する反発と従順というふたつの反応を呼び起こす、という心理学者岸田秀の「唯幻論」は、電子書籍についても、こっけいなほどよく当てはまっている。
 メディアはアマゾンの「日本進出」と書き、「黒船」に対抗する日本勢、と記事にする。「海外の進んだ産業が日本市場を狙う」という認識に立つと、産業政策という名で「お国」の出番となる。
 「パブリッジ(pubridge)」――日本の出版業界と政府が、「黒船」に対抗するために立ち上げた電子書籍のサービスである。「パブリッシュ」と「ブリッジ」を繋げた造語。出版をすべての端末、すべての電子とリアルの書店と結ぶ、という意味を込めたという。
 サービスの運営主体は、株式会社の出版デジタル機構である。

◎出版デジタル機構の「不思議なWebサイト」を見る
 出版デジタル機構は、大手出版社15社と経済産業省系の官民出資投資ファンドである、産業革新機構(INCJ)が加わって、2012年4月初めに設立されている。これはアマゾンCEOベゾスの来日直前のタイミングだ。
 INCJの出資額は150億円にも上る。この国の予算をどう流すつもりなのだろうか。
 実際、この株式会社がいったい何を理念として誕生し、何を目的とするのか、今ひとつ判然としない。たとえばWebサイトを見てもらおう。
 見てのとおり、トップページから読み取れるのは、「出版デジタル機構は、電子出版ビジネスの市場拡大をサポートするための公共的なインフラを整え、読者にとってよりよい読書環境を育んでまいります。電子出版、電子書店などへの新規参入を容易にし、誰でもが電子出版による言論表現活動に参加できることを目指してまいります。」という、抽象的なメッセージだけだ。
 「お知らせ」ページを見ると、「説明会が開催されました」などと見出しが並ぶが、そこを開いてみると、「どこどこで開催されました」とあるだけで、そこでどのような内容がどのように説明されたのか、一切書いていない。
 つまりWebを見るだけでは、出版デジタル機構が具体的に何をやる組織でどう動いているのか、全くわからない作りになっている。うがった見方になって恐縮だが、あまり一般に事業内容を説明したくない、知られたくないツッコまれたくないようにすら思える。
 色々調べてみると、紙の本を電子化するにあたって、中小出版社などを対象として、その資金を融通するのが当面の事業のようである。
 ここからは個人的な想像となるが、出版デジタル機構の旗印が明確にならないのは、電子化が既存の仕組みを打ち壊しかねないと考えているからではないか。電子書籍では再販制度がないこと、既存大手取次が必ずしも力を持つ世界でないこと、などだ。
 日本の電子書籍の流れには、維新への転回を図った大久保利通や西郷隆盛のような戦略家の姿が未だに見えてこない。「夜明けは近いぞ、杉作!」(鞍馬天狗)とは、いかない。

◎「ジェフリー・ベゾスとは何者か?」
 ――『アマゾン.ドット.コム』(ロバート・スペクター、長谷川真実訳、日経BP社、2000年)の章立ての言葉をそのまま引用してみた。
 Webで販売する商品を20種類ほど検討していたベゾスは、マーケティング調査の結果、音楽をしのいで書籍がダントツの一位と気づく。それがアマゾンの始まりとなったわけだ。
 スティーブ・ジョブズがアップルの企業理念を言い表した言葉が、ベゾスにも当てはまる。それは「リベラルアーツ(教養)と技術の交差点」である。
 ベゾスは、プリンストン大学で学び、電子工学とコンピューターサイエンスの博士号を持つ。ベンチャーとしての第一歩ともいえるのは、小学生対象夏季教育キャンプのプログラムで、そこでは科学と文学が融合されている。教材は「ガリヴァー旅行記」「宝島」「指輪物語」「デューン砂の惑星」などなど……。
 日本の起業家を思い浮かべるとき、「リベラルアーツ」と結び付くトップは、あまり見当たらない。ひとり思い付くのは、獄中で大量の読書に励むと伝えられる、堀江貴文被告だ。
 彼が罪を償った後、経営者として復活を遂げるのかはわからない。戦後の9電力体制を作った松永安左エ門が言っている。ひとかどの経営者になるためには、大病、倒産、そして投獄の経験が生きると。本当にそのようになってしまうのか、あるいは「まっさら」な起業家が日本に活を入れてくれるのか、しばらく見守っていたい。 (敬称略)


◇国立大学図書館協会、「大学図書館における著作権問題Q&A」(第8版)を公開
http://current.ndl.go.jp/node/20821
(2012年5月11日 カレントアウェアネス・ポータル)
 2012年5月9日に、国立大学図書館協会が国公私立大学図書館協力委員会大学図書館著作権検討委員会による「大学図書館における著作権問題Q&A」(第8版)を公開しました。文書の日付けは2012年3月23日となっています。
◎大学図書館における著作権問題Q&A(第8版) (PDF) http://www.janul.jp/j/documents/coop/copyrightQA_v8.pdf
◎国立大学図書館協会 http://www.janul.jp/


◇経産省「コンテンツ緊急電子化事業」の電子書籍制作仕様書(確定版)が公開
http://current.ndl.go.jp/node/20824
(2012年5月11日 カレントアウェアネス・ポータル)
 2012年5月10日に、日本出版インフラセンター(JPO)が受託している経済産業省の「コンテンツ緊急電子化事業」のウェブサイトで、JPOのコンテンツ緊急電子化事業プロジェクトチームの作成した「コンテンツ緊急電子化事業 電子書籍制作仕様書」(確定版)が公開されました。
◎コンテンツ緊急電子化事業電子書籍制作仕様書(PDF) http://www.kindigi.jp/dlfiles/jpo20120508/specific-20120508.pdf
◎電子書籍制作仕様書の確定版を公開しました (緊デジ.jp 2012/5/10付けの記事) http://www.kindigi.jp/info/20120510a/


◇加EnThrill社、EPUB/MOBI形式の電子書籍に対応した新型ウォーターマークシステム「PackaDRM」を発表
http://hon.jp/news/1.0/0/3327/
(2012-05-11 16:52:13 hon.jp DayWatch)
 電子書籍ベンチャーのEnThrill Distribution社(本社:カナダ・アルバータ州)は現地時間の5月10日、EPUB/MOBI形式の電子書籍ファイル向けウォーターマーク(電子透かし)システム「PackaDRM」を発表した。
 今年発売された電子書籍版「Harry Potter」シリーズが脱DRMで読者に好評だったことを受け、脱DRMへ急シフト中の電子書籍業界では、代替技術としてウォーターマークシステムへのニーズが急速に高まっている。今回発表されたPackaDRMはまさにその最新版で、他社の電子書籍向けウォーターマーク技術と異なり、コンピュータに詳しいユーザーにも暗号IDの設置場所がなかなか見つけにくい構造になっているとのこと。【hon.jp】
◎EnThrill Distribution社のプレスリリース( http://www.enthrill.com/page-not-found/71-enthrills-packadrm-officially-announced )


◇2012年3月で廃止された大分県点字図書館が民営化して6月に再オープン
http://current.ndl.go.jp/node/20812
(2012年5月10日 カレントアウェアネス・ポータル)
 2012年3月末で老朽化のために廃止された大分県点字図書館が、新設された大分県盲人福祉センター内に設置される民営の図書館として6月1日から再オープンすると報じられています。旧図書館は1956年に開館し、2006年から大分県盲人協会が指定管理者となって運営していました。新図書館の運営は引き続き同協会が行います。2010年4月時点での国の調査によると、都道府県による公立公営の点字図書館は奈良県と山口県のみで、公立民営や完全な民営化で運営されているところが多いと紹介されています。
◎民営で来月“再出発” 県点字図書館(大分合同新聞 2012/5/9付け記事) http://www.oita-press.co.jp/localNews/2012_133654233977.html
◎県点字図書館廃止 盲人協会が引き継ぎへ(大分合同新聞 2011/11/24付け記事) http://www.oita-press.co.jp/localNews/2011_132209438944.html
◎大分県盲人協会 http://homepage3.nifty.com/oita-kenmou/


◇産業革新機構とニフティ、国内コンテンツの海外展開を支援する新会社
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20120510_531752.html
(2012/5/10 13:46 INTERNET Watch 増田 覚)
 株式会社産業革新機構とニフティ株式会社は10日、インターネットを活用したコンテンツやサービスを手がける国内企業の海外進出を支援する新会社「株式会社グロザス」を共同で設立したと発表した。
 新会社では国内のコンテンツやサービスをとりまとめ、集客や課金回収、ローカライズ作業、法制度対応など、海外展開時に必要な業務を代行する。海外の現地パートナー企業と提携し、マーケティングや配信も行う。
 コンテンツやサービスは全世界統一の仕様ではなく、提供地域の特性に根ざしてローカライズする。当初の展開地域は、インドネシアやマレーシアなどのASEAN諸国を予定している。
 新会社は、産業革新機構の資本参加を通じて独立性を有しているため、幅広い国内企業による利用が見込まれるという。また、産業革新機構の信用力を背景に、海外の現地企業との提携を円滑に進められることがメリットだとしている。


◇Russian E-Book Market Doubles in 2011 to $4.4 Million
http://www.digitalbookworld.com/2012/russian-e-book-market-doubles-in-2011-to-4-4-million/
(May 10, 2012 Digital Book World)
 On a very small base, the Russian e-book market saw huge growth in 2011, according to a new study (E-Book Market in Russia Doubles in 2011):
 Legal sales of e-books in Russia increased almost 2.3 times in 2011, marking a third year of explosive growth, though remaining modest in absolute terms, the Federal Press and Mass Media Agency said on Thursday.
 Sales of digital books stood at 135 million rubles ($4.4 million) in 2011, compared to 60 million rubles in 2010 and 11 million rubles in 2008, the first year for which statistics are available, the agency said in an annual report on the book industry in Russia.


◇2012年は電子書籍元年になる模様 業界挙げての電子化は進むが、価格設定まちまち|吉田克己の電子書籍フォーキャスト【第1回】
http://diamond.jp/articles/-/18016
(2012年5月10日 ダイヤモンド・オンライン)
 こんにちは、「電子書籍フォーキャスター/World Business Trend Tracker」の吉田克己です。これから数回にわたって、電子書籍マーケットの将来予測(フォーキャスト)をお届けします。初回は、ここのところの電子書籍をめぐる最新事情を整理します。
 2012年春、桜の満開に合わせるかのように、電子書籍に関する大きなニュースが立て続けに報道されました。
 アップルが米司法省に提訴、訴追されたとの報道は、読者の皆さんも記憶に新しいことでしょう。
●Appleと出版大手5社を米司法省が独禁法違反の疑いで提訴(2012.04.12)
●米司法省、Appleと大手出版社を電子書籍販売のエージェンシー・モデルで訴追(一部は即時和解)(2012.04.12)
 この背景、真相に関しては、「WIRED」が「電子書籍をめぐるアップルと出版社との共謀容疑:真の問題点とは(2012.04.01)」という記事で詳しく解説しています。
 アップルに関して言えば、スティーブ・ジョブズの他界以降、何かと災難に見舞われている感がありますが、もう一方の雄、アマゾンはといえば、ちょうどこの原稿を書き始めたタイミングで、日本国内の40社と合意に至ったとのニュースが流れています。
●アマゾン電子書籍、40社と配信合意 学研・PHPなど(2012.04.17)
 国内勢はというと――数年前から“業界として”の取り組みを本格化させ、遅々とまでは言わないものの、いくつかの進展を見せています。
●既存メディア「合従連衡」でネットに攻勢、電子書籍や動画配信で協力(2010.03.26)
●電子書籍化100万点目指す 出版デジタル機構4月2日に発足 電子書籍ビジネス拡大を(2012.03.31)
 いずれも、この年度末から2、3週間のあいだの急展開であり、いよいよ2012年度が実質的な電子書籍元年になりそうな予感がします。
 原稿を書き始める直前に大きなニュースが飛び込んできたため、先に最新事情を紹介しましたが、読者のなかには、「そもそも電子書籍にあまり詳しくない」「まだ電子書籍リーダー(タブレット端末)を使ったことがない」という方も少なくないでしょう。そんな電子書籍入門者に、まず基本的なところだけ押さえてもらうには、ここ数年の電子書籍を取り巻く状況を映像で見てもらうのが最適だと思いますので、某ローカルTV局のシリーズ番組を紹介したいと思います。
●離陸する電子書籍市場(2010.02.08)
●電子書籍コンテンツの制作現場(2010.11.01)
●電子書籍のオンライン書店(2011.07.25)
 興味のわいた方は、同番組のバックナンバーが揃っているこちら「東京ITニュース」のなかから、電子書籍に関するものを見てみるとよいでしょう。
 以上は供給サイドの話題でしたが、一方で電子書籍に関する読者の意識はどのようなものなのでしょうか?
 最初に、インターネットコムと goo リサーチが定期的に行っている携帯電話やインターネットを活用したアンケート調査の結果のなかから、電子書籍に関するものをいくつか。
●約65%が電子書籍に関心あり―定期調査「電子書籍」(1) (2011.10.07)
●「電子書籍は読みにくい」と思われがち―定期調査「電子書籍」(2) (2012.01.20)
●スマホからの Web 購読が増加―定期調査「電子書籍」(3) (2012.04.13)
 要点を整理すると――。
・電子書籍/雑誌を読んだことがある、または読んでみたいと思っている人を合わせると約65%
・電子書籍リーダーの人気メーカーは(意外にも?)、ソニー、アマゾン、シャープ、パナソニック(旧ナショナル)の順(だった)
・電子書籍/雑誌を読んだ経験のない人のうち、今後読みたいと思っている人は半数弱
・同、今後も読みたくない理由としては、「画面では読みにくい」「紙の書籍/雑誌の方が好き」「紙の書籍/雑誌で十分満足している」という答えがいずれも4割前後を占めている(複数回答)
・電子書籍/雑誌を読んだことがある人がどの端末でどんな方法で読んでいるか(複数回答)では、スマートフォンの利用率が急上昇している反面、タブレット端末や専用リーダーの利用率は数パーセントに留まっている
 なんとなくではありますが、日本人の場合、中高年男性を除けば、専用端末を使うよりもスマートフォンで携帯電話とリーダーを兼ねたいという志向が強いように感じます。
 以上を見渡すと、コンテンツ供給サイドと販売サイド、端末(ソニー、パナソニック、Kindle、iPhone、Android……)、読者、それぞれの構えが出揃いつつある段階に差し掛かった感がありますが、読者にとっていちばん大事なことは、何を(どの作品を)いくらで読めるか(購入できるか)ということでしょう。
 まず、念のためではありますが、電子書籍は非再販商品であり、どこで買っても値段は同じということにはなり得ません。
 その点を踏まえて、出版デジタル機構「パブリッジ」の課題や、アマゾンとの関係性を考察した記事として、以下を挙げます。

●出版デジタル機構「パブリッジ」のスキームを考える
 同記事からは、「これまでは電子書籍も紙の本と同じ価格で販売されることがほんどだったが、電子書籍の価格は紙の本の50%以下が妥当と考える読者が8割を超えている」ことが読み取れます。5年間で100万点(タイトル)の電子書籍化を目指しているパブリッジの販売価格水準が紙の本の何掛け程度に落ち着くのか、この匙加減が今後のシェアを占ううえでの最大の要素になるでしょう。
 もちろん、どんなタイトルが揃うのか(ただしこの観点は、同じ作品ならどちらを購入するか? という論点には意味をなさない)、新刊本は発刊からどのくらいの期間で電子書籍化されるのかなど、ほかにも大きな要素はありますが、「紙か電子か」ということでは、やはり価格が最大の要素です。
 なぜなら(個人的な意見ですが)、資料として使うときなどの単語の検索性を除けば、何だかんだ言っても紙の本の方が便利だからです。また、これも個人的な意見ですが、古本の価格に照らして考えてみて、電子書籍(既刊本を電子書籍化する場合)の価格としては紙の本の6掛けくらい(からスタートするの)が妥当な線ではないかという考えでいます。
 ちなみに、「岩波文庫」の電子書籍化を決定した岩波書店ですが、そのほとんどを文庫版と同じ価格にしているため、「2ちゃんねる」あたりではさまざまな意見があるようです。とくに、著作権切れの作品や絶版本の扱い方については、岩波書店に限らず、今後も注目が集まる可能性があります。
 ただし、あえて読者に申し上げておきたいことは、紙の本に必要で電子書籍に必要でない原価(印刷・製本コストと流通コスト)が紙の本の価格に占める割合は、一般的に思われているほど高くないということです。多めに見積もっても、せいぜい3割です。この点をどう捉えるかによって、価格を決めるロジックは随分と違ってきます。
 電子書籍に関しては、次々に新しい話題が出てくるため、多面的な視点で捉えられた網羅性の高い記事はウェブ上では見当たらないと思います。1年半ほど前までの情報に限定されますが、それまでの電子書籍に関する話題を網羅したものには、「週刊ダイヤモンド 2010年10月16日号 電子書籍入門」があります。
 この号が出た頃話題になった「自炊」(手持ちの本をスキャンして自分で“電子書籍”にすること)という言葉が懐かしい感すらありますが、当時における見通しが今とどの程度一致しているか、もしくは一致していないのであれば、その理由を考えてみるのも一興です。


◇The New York Times、新聞は死んでいないことを証明
http://ebook.itmedia.co.jp/ebook/articles/1205/09/news047.html
(2012年05月09日 10時40分 更新 eBook USER)
 今日の電子読書到来前から新聞の終焉は目前に迫っていた。高い印刷および配送コストとタイムリーにニュースコンテンツを受け取りたいという読者の欲望により、国中の新聞が1紙ずつ廃業に追い込まれている。
 「ここ数年、音楽業界の終焉、新聞業界の終焉など、『終焉』が満ち満ちていました」とData Conversion LaboratoryのCEO、マーク・グロス氏はGoodEReaderとのインタビューに答えて説明する。「新聞は過去数年、終焉を迎えつつあります。しかし、ここ2年で人々はよりポジティブな展望を抱くようになりました。現在、われわれは電子データをいかにビジネスにつなげるかに集中しており、電子データのマネタイズというアイデアが実際に開花しつつあります」。
 「The New York Timesは四半期の業績を公開し、実際に利益を出しています。これは最近では人間が犬に噛みつくような類の話です。The New York Timesはオンライン購読を販売開始し、それが急に売れるようになりました」。
 The Timesの部数は過去1年で平日の電子購読によるトラフィックで10万ほど、日曜版の電子購読によるトラフィックで6万ほど増加した。ほかの大手紙の一部も平日版と日曜版の購読数増加を報告している。
 「Christian Science Monitorは売り上げの増加を公表しています」とグロス氏は続ける。「同紙は数年前に印刷版の発行を停止してからトラフィックの増加を見ています」。
 電子新聞の魅力はかなり明白だ。印刷および配送コストが掛からず、購読者へのリーチは印刷版の配送あるいは販売と比較すると広範囲だ。さらに、非常に専門化されたコンテンツ群は読者層に対してカスタマイズできる。
 不幸なことに、電子版の隆盛の陰で購読料だけでは賄い切れない編集および制作コストを補うために定期刊行物が収益の柱としている広告収入は下がっている。例えば、The New York Timesは過去1年の印刷版の売り上げが7.2%下がった。


◇緊デジ事業の本申請始まる――出版デジタル機構のビジネスモデルも明らかに
http://ebook.itmedia.co.jp/ebook/articles/1205/09/news073.html
(2012年05月09日 14時57分 更新 eBook USER 西尾泰三,ITmedia)
 4月2日に設立された「出版デジタル機構」。投資ファンドの産業革新機構が総額150億円を出資したことでも話題を呼んだが、経済産業省の「コンテンツ緊急電子化事業」(緊デジ事業)と連携し、今年度中に約6万タイトルを、機構としては5年後に100万点の電子化を行うと宣言したことが電子書籍業界の注目の的だ。
 緊デジ事業は、同事業を経産省から受託した日本出版インフラセンター(JPO)が、出版社から9万3735点の仮申請があったことを明らかにしている(著作権者の許諾を問わず申請できたもの)。現在、新刊だけで年間に7万5000点以上、絶版になっていない書籍は85万点ほど、さらにISBNで管理されている総数だと200万点を超える。これらの数字と比べるとどんな作品でも紙と電子の選択肢が利用者に提供されるまでの道は長いが、それでもこれまで緩やかだった電子化の動きに弾みがついている状態といえる。
 そんな緊デジ事業の本申請が5月9日から開始された。補助金の上限(約10億円)があるため、デジタル化される総数は約6万点で、基本的には申請順の受付となる。前日には説明会が開催され、これまで説明が十分ではなかったコスト感などについても言及があった。以下は説明会の動画だ。
 基本的な部分はこれまで報じてきたことと同じだが、ここにきて明らかになった点、特にコストやフォーマットといった部分を紹介する。
 本申請の後、出版社は実際に電子化する作品を申請することになるが、出版社ごとに2011年の新刊発行点数の2倍までを優先して受け付けるとし、個々の書籍はISBNコードが付与されているもの(雑誌は対象外)で、出版社が対象書籍のデジタル化に対し、権利者から許諾を得ていることが前提。万が一問題が発生した場合は出版社が責任を負うことになっている。
 緊デジ事業が東北の復興を支援する目的もあるため、東北関連書籍の電子化は補助率が優遇され、通常1/2の補助額が2/3となる。出版社負担となる残りのコストについても、出版デジタル機構と契約していれば機構が立て替える仕組みとなっているため、電子化に伴う出版社のコスト負担は実質的にゼロといえる。
 この「関連」の定義も明らかとなり、東北6県(青森、秋田、岩手、宮城、山形、福島)の出版社である場合、または内容が東北に関連する(著者が東北に関係する、物語の舞台や研究テーマが東北であるなど)場合にこれが適用されるという。この辺りは申請を基本的に信頼するが、申請状況を広く公開することでチェック機能を働かせたいという。
◎配信用にドットブック、XMDFが新たに追加、中間交換フォーマットは機構の1業務に
 フォーマットやコスト感の詳細も明らかになった。上述したように、今回の取り組みでは大きく分けてフィックス(固定)型とリフロー型の電子書籍を制作する。前者は出版社から入稿された底本を裁断の後、スキャンして電子化するもので、後者はDTPデータから制作、または印刷底本からのテキスト作成による電子化を行うものだ。
 今回の取り組みでは出版社は実質的に無料で電子化できるが、制作費のコスト感も示された。このうち、特別料金はルビやインデントなど、特別な指定を必要とする場合に発生する料金となる。なお、出版社ごとにフィックス型とリフロー型が半々の割合で申請されることを想定しているという。
フォーマット ページ数 基本料金 特別料金
フィックス型 500ページ未満 1万2000円 3000円
500ページ以上 1万5000円 4000円
リフロー型 500ページ未満 4万円 1万円
500ページ以上 6万円 1万5000円
テキスト入力 1ページ 700円 -
 制作会社から機構に納品されるのは配信用とアーカイブ用のファイル。大ざっぱに言えば、アーカイブ用のファイルは後で変換が容易な形で保存しておくためのもの。配信ファイルが実際に流通するファイルフォーマットだ。説明会では、このフォーマット周りに若干修正が加えられたことが発表された。これらをまとめたものが以下の表で、太字が今回変更された部分となる。
アーカイブ 配信
フィックス型 ソースファイル ドットブック、XMDF、EPUB3
リフロー型 TTX、記述ファイル ドットブック、XMDF
 これを見ると、フィックス型の配信ファイルにドットブックとXMDFが選択可能になったことが分かる。EPUB3の将来性はともかく、現状ではEPUBを取り扱う電子書籍ストアが少ない現実を考慮したためだという。
 また、リフロー型ではアーカイブ用ファイルに中間交換フォーマットが想定されていたが、これがTTXと記述ファイルに変更された。TTXはドットブックの、記述ファイルはXMDFのソースファイルに当たるものだ。これは、中間交換フォーマットに対する制作会社の経験値が低いため、それなら市場に合わせてTTXや記述ファイルで保持した方が効率がよいという判断だ。
 表から消えてしまった中間交換フォーマットだが、その変換業務などを機構が行う方向性が示された。中間交換フォーマットの変換業務を手元に残すことで、時代に合ったフォーマットへの変換を掛けるビジネスが可能になる。説明会では「出版デジタル機構に預けていれば変換業務などを受け持つ」とされたが、この辺りの詳細は十分に明かされなかった。
◎電子化されたものは3年間を目安に価格の20%程度を控除
 中間交換フォーマットの変換業務も機構のビジネスモデルの1つといえそうだが、別のモデルも浮かび上がりつつある。
 これまで機構が説明していたのは、出版社の電子化コストを立て替え、成果物となる電子書籍の売り上げから相殺できた時点で権利を出版社に戻すというものだった。これが、出版社が代行を依頼すれば電子書籍ストアでの販売まで機構が対応し、売り上げは相殺を待たず出版社と最初からレベニューシェアするモデルに変更された。具体的には、ファイル制作分として3年間を目安に価格の20%程度を控除するというもので、別途契約を結び直すなどすれば出版社は3年を待たずして買い取りなども可能にするという。これが機構のビジネスモデルといえるだろう。
 直前の変更点なども少なくないが、とにもかくにも本申請が始まったコンテンツ緊急電子化事業。eBook USERでは引き続き注目していきたい。


◇出版デジタル機構、賛同出版社への「コンテンツ電子化予想アンケート」の途中集計結果を公表
http://current.ndl.go.jp/node/20792
(2012年5月8日 カレントアウェアネス・ポータル)
 2012年5月7日に、出版デジタル機構が、「コンテンツの電子化予想アンケート」の5月1日時点での集計結果を公表しました。このアンケートは、2月14日からと4月16日からの2回に分けて、機構への賛同出版社317社を対象に実施しているもので、回答のあった121社の結果をもとにまとめられています。記事ではその一部について紹介しており、それによると、既刊点数246,679点、既刊点数のうち「稼働中」103,531点、電子書籍の販売をしていると回答したのは121社中88社(73%)、稼働中の点数のうち「電子化済み」の点数19,581点、「電子化計画」している点数が12,556点等となっています。
◎コンテンツの電子化予想アンケート経過報告 (出版デジタル機構 2012/5/7付けの記事) http://www.pubridge.jp/info/20120501/


◇Why We Should Stop Calling it DRM (and Maybe Abandon It Altogether)
http://www.digitalbookworld.com/2012/why-we-should-stop-calling-it-drm-and-maybe-abandon-it-altogether/
(May 8, 2012 by Andrew Rhomberg Digital Book World)
 Every book that is under copyright comes with a form of Digital Rights Management as in author, agent, publishers, distributors, retailers having contracts in place between themselves to manage the digital rights to an e-book (contracts, not technology being the tool) and copyright law manages the digital rights framework overall.
 Adobe e-book DRM and similar schemes are a form of Restrictive Access Technology (RAT) in that they restrict end-users from how they can use the e-book they “bought” (technically speaking licensed).
 Watermarking or fingerprinting does not restrict access in any way, which is a huge advantage to the reader (a.k.a. buyer/consumer/end-user). Digital fingerprinting is a technology for making usage trackable and hence TRAC is maybe a more descriptive acronym than social DRM.
◎Moving Away From DRM
 However, both of these technologies impose cost on the distribution network. They are not entirely free (even though the cost may be obscured). The lowest cost option is no RAT or TRAC technology at all. That’s how printed books are distributed. Paper currency does come with watermarks and fingerprints, in the form of serial numbers, to prevent copies being made, but printed books do not. Printed books are like coins. No watermarks, no serial numbers. It’s too expensive relative to nominal value. There is no reason e-books could not be distributed without RAT or TRAC technology (see O’Reilly Media and others).
 I think the true reason we have RAT and TRAC is not economic, but emotional. We tend to think of 10,000 copies pirated by folks who would not never have bought the book, not as spurious or irrelevant data (as we should) but as books people have stolen. It is entirely natural to think that way for we are humans and humans are predictably irrational (see the great book of the same title by Dan Ariely). Both authors and society at large are sometimes more interested in seeing their ideas spread. It might be irrational to think as it is “stealing” when people read something, they would never have paid for or could have paid for, and this may be taking us down the wrong path.
◎Worth It?
 Libreka, eLib, Publizon and others have done great work and moved things forward by using TRAC technology, but TRAC technology does impose a cost on either publishers or distributors (even though that cost is sometimes cleverly disguised or not recognized). Only once we move beyond the emotional barriers, can we have “naked” ePubs (or HTML5 files), unless of course we don’t believe in readers being honest people and we instead believe that anybody will “steal” if they think nobody is watching or “tracking” them. I for one believe that most people are genuinely honest most of the time (though the see Dan Ariely’s book for reminding people about honesty) but even honest people will take shortcuts if the legal and honest path is too difficult.
 It is worth remembering that in the absence of any RAT or TRAC technology, copyright law is still the law of the land. Living in a democracy, we should not take that for granted either: witness the rise of the “pirate party” in Germany. A democratic majority could decide to abolish copyright, if it thinks that “copyleft” for example would be more benefitial for society.


◇Google Play eBooks Now Available in ItalyGood E-Reader
http://goodereader.com/blog/e-book-news/google-play-ebooks-now-available-in-italy
(2012 MAY 08, By Michael Kozlowski Good E-Reader)
 Google Play eBooks has opened their second European bookstore today in Italy. Google has ironed out agreements with a number of Italian publishers to get a fair number of localized books available with the launch. All of the books will be available on the Google Play platform and you can download the official Google Play Books App that is optimized towards an Italian audience.
 Google eBooks was a USA exclusive until midway through last year. It then expanded into Canada, Australia, and the UK. The great thing about their platform is that it is not limited to a single device or tablet. The Google Play Books app is available on PC, Android, iOS and many other operating systems. Purchas