HOME > 事項 > 電子書籍 >

電子書籍 2011


last update:20120123

■目次

紹介
2011年に刊行された報告書
各国の目立つ動き
ニュース(別ページ)
電子書籍・関連文献(別ページ)
視覚障害者と読書・関連文献(別ページ)
震災と電子書籍関連リンク

 このページは立命館大学グローバル・イノベーション研究機構のプロジェクト「電子書籍普及に伴う読書バリアフリー化の総合的研究」の一環として研究員が情報を収集しています。


> TOP
■新着

池田 敬二 2012/01 「デジタル化がもたらす市場拡大の展望――クロスメディア時代の出版印刷・35」,『プリバリ印』2012年1月号(日本印刷技術協会) [PDF]
池田 敬二 2011/12 「武雄市MY図書館の果敢な挑戦――クロスメディア時代の出版印刷・34」,『プリバリ印』2011年12月号(日本印刷技術協会) [PDF]
池田 敬二 2011/11 「すべては読者のために――クロスメディア時代の出版印刷・33」,『プリバリ印』2011年11月号(日本印刷技術協会) [PDF]
池田 敬二 2011/10 「ブランド戦略〜手書きによるハガキが効力を発揮――クロスメディア時代の出版印刷・32」,『プリバリ印』2011年10月号(日本印刷技術協会) [PDF]
池田 敬二 2011/09 「日本独自の電子出版のかたちとは――クロスメディア時代の出版印刷・31」,『プリバリ印』2011年9月号(日本印刷技術協会) [PDF]
池田 敬二 2011/08 「電子出版にアクセシビリティを――クロスメディア時代の出版印刷・30」,『プリバリ印』2011年8月号(日本印刷技術協会) [PDF]
池田 敬二 2011/07 「電子出版に日本型ビジネスモデルを――クロスメディア時代の出版印刷・29」,『プリバリ印』2011年7月号(日本印刷技術協会) [PDF]


> TOP

■報告書

◇20120111 Research Libraries UK "Open Access: Impact for Researchers, Universities and Society (PDF)"(英)http://www.rluk.ac.uk/files/OA%20Impact%20briefing.pdf
◇20120104 W3C "Media Accessibility User Requirements: W3C Working Draft 3"
◇20111221 文化庁 電子書籍の流通と利用の円滑化に関する検討会議「電子書籍の流通と利用の円滑化に関する検討会議報告(案)」(日) http://www.bunka.go.jp/bunkashingikai/kondankaitou/denshishoseki/14/pdf/shiryo_2.pdf
◇20111214 (米)ebrary "E-book Download Survey" (閲覧者の所属に関するアンケートフォーム入力後PDFが表示されます)
◇20111125 インプレスR&D 「EPUBによる電子出版ビジネスソリューション調査報告書2012」
◇20111025 (米)World Wide Web Consortium(W3C)“Library Linked Data Incubator Group”Final Report
◇20111019 Google・野村総合研究所「インターネット経済調査報告書」
◇20111012 (米)Library Journal and School Library "Journal's 2011 Ebook Penetration and Use survey reports"(The Digital Shift社の販売サイト)
◇20110801 国立国会図書館「電子情報の長期利用保証に係る調査研究(平成18年度〜平成22年度)総括報告書」
◇20110725 文部科学省「平成22年度「学校及び社会教育施設における情報通信機器・視聴覚教育設備等の状況調査」報告書」
◇20110623 (仏)Bibliotheque nationale de France "Study into the Internet Archives at the Bibliotheque nationale de France (BnF)"
◇20110617 国立国会図書館「全文テキスト化実証実験報告書」
◇20110607 インプレスR&D 「米国電子書籍ビジネス調査報告書2011」
◇20110503 (英)Publishers Association "PA Statistics Yearbook 2010"
◇201105** (米)Joint eBooks Reader Committee Report "eBooks and eReaders in Public and Academic Libraries"
◇20110331 総務省 電子出版環境整備事業(新ICT利活用サービス創出支援事業)
  1. 電子書籍交換フォーマット標準化プロジェクト http://ebformat.jp/
  2. EPUB日本語拡張仕様策定 http://www.epubcafe.jp/egls/epub/00001
  3. 次世代書誌情報の共通化に向けた環境整備 http://www.jbpa.or.jp/ict/ict-index.html
  4. メタデータ情報基盤構築事業 http://www.meta-proj.jp/project.html
  5. 次世代電子出版コンテンツID推進プロジェクト http://www.j-magazine.or.jp/information_008.html
  6. アクセシビリティを考慮した電子出版サービスの実現 http://aebs.or.jp/itc/itc01.html
  7. 書店店頭とネットワークでの電子出版の販売を実現するハイブリッド型電子出版流通の基盤技術の標準化及び実証 http://www.infocity.co.jp/detail.html?id=3014
  8. 電子出版の流通促進のための情報共有クラウドの構築と書店店頭での同システムの活用施策プロジェクト http://www.jpic.or.jp/schedule/info_ictgaiyou.html
  9. 研究・教育機関における電子ブック利用拡大のための環境整備 http://ebook.nii.ac.jp/
  10. 図書館デジタルコンテンツ流通促進プロジェクト http://www.unisys.co.jp/unicity/report1.html
◇201103** 国立国会図書館「平成22年度「公共図書館における障害者サービスに関する調査研究」報告書」
◇20110128- 文化庁「電子書籍の流通と利用の円滑化に関する検討会議」(毎月開催)
◇20110125 インプレスR&D 「世界の電子ブックリーダー調査報告書2011」



> TOP

■各国における(主にG社とA社による)目立つ動き

◆アメリカ
20120119 米AppleがiPadを中心とした電子教科書制作・配信プラットフォームを発表、Mac用ソフト「iBooks Author」を無料公開(streaming video from the Apple special event) http://www.apple.com/apple-events/education-january-2012/
20120119 米OverDrive社の電子書籍サービスに数万点の多言語コンテンツが追加される(カレントアウェアネス・ポータル) http://current.ndl.go.jp/node/19961
20120118 Wikipedia、Google、MozillaなどがSOPAへの抗議活動を開始(INTERNET Watch) http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20120118_505520.html?ref=rss
20120113 Amazon Kindleの電子書籍レンタルは月に30万冊へと急成長(Tech Crunch) http://jp.techcrunch.com/archives/20120112amazon-kindle-owners-are-borrowing-nearly-300000-electronic-books-a-month/
20120111 Amazon、米国内のKindleユーザーに電子書籍紹介誌「Kindle Compass」をテスト配信開始(hon.jp DayWatch) http://hon.jp/news/1.0/0/3013/
20111230 Kindle、12月に400万台以上販売 電子書籍ダウンロードは過去最高に(ITmedeia)http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1112/30/news009.html
20111228 Googleブックスをめぐる訴訟、再開に向けた動きが始まる(カレントアウェアネス・ポータル)http://current.ndl.go.jp/node/19836
20111214 Google Book Search裁判が再開、米作家団体The Authors Guildが当事者確認書類を裁判所に提出(hon.jp Day Watch) http://hon.jp/news/1.0/0/2959/
20111205 Amazonに続け? 米英で個人向け電子書籍レンタル・ベンチャーが続々立ち上げ準備中(hon.jp Day Watch) http://hon.jp/news/1.0/0/2934/
20111201 Overdrive、Test Driveという名称の電子書籍貸出プログラムを発表 (ebookUSER Michael Kozlowski,Good e-Reader Blog) http://ebook.itmedia.co.jp/ebook/articles/1112/01/news077.html
20111122 OverDrive社の電子書籍サービスを導入した公共図書館の悩み(記事紹介)(カレントアウェアネス・ポータル)http://current.ndl.go.jp/node/19569
20111122 やっぱり採算が合わない?Penguin米国法人もOverDrive社の図書館向け電子書籍配信サービスから撤退(hon.jp Day Watch)http://hon.jp/news/1.0/0/2898/
20111115 「出版社に許諾権限ない」米作家団体The Authors Guildも「Kindle Lending Library」サービス参加社に警告(hon.jp Day Watch) http://hon.jp/news/1.0/0/2883/
20111107 出版契約違反になる? 米作家エージェント協会が「Kindle Lending Library」サービスの参加出版社に向けて警告(hon.jp DayWatch) http://hon.jp/news/1.0/0/2860/
20111104 Amazon、米国Prime会員向けに電子書籍の無料貸し出し開始(ITpro 小久保 重信=ニューズフロント)http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20111104/372381/
20111103 米アマゾンがキンドル向けに電子図書館、新旧のベストセラーも(ロイター)http://jp.reuters.com/article/technologyNews/idJPJAPAN-23978120111103
20111026 米Amazon、第3四半期は増収減益、「Kindle Fire」は予約好調を受け数百万台増産へ(hon.jp DayWatch)http://hon.jp/news/1.0/0/2834/
20111021 Amazon、新たな電子書籍ファイルフォーマット「Kindle Format 8」を発表(eBook USER 西尾泰三,ITmedia)http://ebook.itmedia.co.jp/ebook/articles/1110/21/news077.html
20111013 米OverDrive社による公共・学校図書館での電子書籍の貸出が劇的に増加(カレントアウェアネス・ポータル)http://current.ndl.go.jp/node/19305
20110929 米アマゾン、7型液晶で199ドルのタブレット「Kindle Fire」を発表 (日本経済新聞)http://www.nikkei.com/tech/news/article/g=96958A9C93819499E0EBE2E0918DE0EBE2EBE0E2E3E3E2E2E2E2E2E2;da=96958A88889DE2E4E1E2E5E0E6E2E0E7E2E6E0E2E3E2E2E2E2E2E2E2
20110921 図書館の電子書籍が借りられる“Kindle Library Lending”のベータテストが米国の2館で開始(カレントアウェアネス・ポータル)http://current.ndl.go.jp/node/19140
20110916 Googleブックス訴訟、和解についての協議は進展中だが結論はまだ出ず(カレントアウェアネス・ポータル)http://current.ndl.go.jp/node/19109
20110912 Amazon、年会費制の電子書籍レンタルサービス開始へ出版社と交渉(ITmediaニュース)http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1109/12/news042.html
20110822 米Google、米国視覚障害者委員会(ACB)とともにウェブアクセシビリティに関するアンケート調査を実施(カレントアウェアネス・ポータル)http://current.ndl.go.jp/node/18933
20110811 Amazon.com社、ブラウザだけで電子書籍が利用できる“Kindle Cloud Reader”を発表 (カレントアウェアネス・ポータル)http://current.ndl.go.jp/node/18857
20110727 電子書籍ビジネス拡大するGoogle 「Book Search訴訟」は振り出しへ?(クラウドWatch)http://cloud.watch.impress.co.jp/docs/column/infostand/20110725_462927.html
20110721 Google、電子書籍リーダーの競争に加わる(eBook USER)http://ebook.itmedia.co.jp/ebook/articles/1107/21/news037.html
20110720 Googleブックス訴訟、和解案修正についてのヒアリングが行われるも結論は出ず(カレントアウェアネス・ポータル)http://current.ndl.go.jp/node/18721
20110719 米アマゾン、大学教科書8割引きで貸与 電子書籍活用 (日本経済新聞)http://goo.gl/3dOQ5
20110712 Google社から140ドルの電子書籍リーダー(WIRED JAPANESE EDITION)http://goo.gl/oXnjJ
20110608 2012年、米Amazonの収益の1割はKindleと電子書籍で賄われる - 米Citi調査(マイコミジャーナル)http://journal.mycom.co.jp/news/2011/06/08/042/
20110602 まだまだ続くGoogle Book Search和解問題、Google側が和解案の再修正に難色、7月19日まで結論を延期(hon.jp DayWatch)http://hon.jp/news/1.0/0/2437/
20110523 米アマゾンの電子書籍販売、印刷本を上回る米市場の販売額は1年前から2.5倍に(JB PRESS)http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/8705
20110505 Amazonタブレットいよいよ登場か――部品業者が明かす(ITメディア)http://ebook.itmedia.co.jp/ebook/articles/1105/05/news001.html
20110421 米国Amazon.com社、Kindleに図書館から電子書籍を借りられるサービスを開始へ(カレントアウェアネス・ポータル)http://current.ndl.go.jp/node/18046
20110419 Amazon.co.jp、注文に応じて印刷・出荷する、プリント・オン・デマンドプログラムを開始(カレントアウェアネス・ポータル)http://current.ndl.go.jp/node/18040
20110408 Googleブックス和解案に関する図書館関係者向けのガイド第4弾が公開(米国)(カレントアウェアネス・ポータル)http://current.ndl.go.jp/node/17954

◆イギリス
20120120 英国図書館長の会、公共図書館におけるデジタルサービスの最低基準を示す文書を公表(カレントアウェアネス・ポータル) http://current.ndl.go.jp/node/19974
20111226 地元の電子書籍販売サイトは窮地に、英国政府が電子書籍の付加価値税を20%のままでいくことを確認(hon.jp Day Watch) http://hon.jp/news/1.0/0/2995/
20111201 英国図書館、英国外の非商用目的研究者への文献複写に関してエルゼビアおよびTaylor & Francisとも合意(カレントアウェアネス・ポータル) http://current.ndl.go.jp/node/19632
20111007 電子書籍提供サービス“Google eBookstore”が米国に続き英国でもスタート(カレントアウェアネス・ポータル)http://current.ndl.go.jp/node/19259
20110825 資料デジタル化に関する英国図書館とGoogleの契約内容についての記事(カレントアウェアネス・ポータル)http://current.ndl.go.jp/node/18968

◆フランス
20111012 Amazon.com、フランス向け電子書籍ストア「Boutique Kindle」開設(japan.internet.com)http://japan.internet.com/busnews/20111012/5.html
20111011 米Amazonがフランス語圏向けに「Amazon.fr」サイトをオープン、個人電子出版サービス「Kindle Direct Publishing 」も(hon.jp DayWatch)http://hon.jp/news/modules/rsnavi/showarticle.php?id=2784
20110729 米国Google社とフランスのHachette Livre社が絶版書籍のデジタル化で最終合意に達する(カレントアウェアネス・ポータル)http://current.ndl.go.jp/node/18790

◆オランダ
20111125 オランダ文化相、電子書籍は再販対象としない方針を決定(hon.jp Day Watch) http://hon.jp/news/1.0/0/2908/
20110913 オランダ王立図書館(KB)、資料16万点のデジタル化でGoogleと合意(カレントアウェアネス・ポータル)http://current.ndl.go.jp/node/19083

◆デンマーク
20111129 デンマークの公共図書館での電子書籍貸出サービス“eReolen”
(カレントアウェアネス・ポータル)http://current.ndl.go.jp/node/19618

◆イタリア
20111205 Amazon.com、イタリアとスペインでも電子書籍の「Kindle Store」開設(japan.internet.com) http://japan.internet.com/busnews/20111205/3.html

◆スペイン
20111205 Amazon.com、イタリアとスペインでも電子書籍の「Kindle Store」開設(japan.internet.com) http://japan.internet.com/busnews/20111205/3.html

◆オーストラリア
20111108 Google、オーストラリア向け電子書籍ストア「Google eBooks」開設(japan.internet.com 編集部海外発) http://japan.internet.com/busnews/20111108/11.html

◆日本
20111031 Amazonが出版社に提示したとされるKindle契約書の条項が話題に(INTERNET Watch)http://internet.watch.impress.co.jp/docs/yajiuma/20111031_487628.html
20111020 アマゾン、年内にも日本で電子書籍 出版社と価格詰め(日本経済新聞)http://www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C93819696E3E1E29D858DE3EBE3E2E0E2E3E39F9FEAE2E2E2


> TOP

■震災と電子書籍関連リンク

◆Wolters Kluwer緊急医療情報源ポータル
 http://ovidsp.ovid.com/japan/index.html
◆医療従事者のための電子書籍サイト Medical-ehon 災害医療関連42コンテンツ無料公開
 http://www.me-hon.ne.jp/meb/bin/pickup_report_desc.asp
◆医学雑誌など学術文献無料公開 リンク集
 http://20110311med.blog39.fc2.com/
◆医学書院 震災関連記事無料公開
 http://igs-kankan.com/article/2011/03/000286/
◆東北関東大震災下で働く医療関係者の皆様へ――阪神大震災のとき精神科医は何を考え、どのように行動したか
 http://homepage2.nifty.com/jyuseiran/shin/
◆雑誌『おはよう21(介護専門職の総合情報誌)』(第16第3号)「特集 大震災!! あなたはどう対応しますか?−新潟中越地震等に学ぶ震災時の対応と対策」 - 中央法規出版
 http://www.chuohoki.co.jp/products/magazines/ohayou21/
◆緊急無料配信中 災害医療特集 - Medical e-hon(メディカルイーホン)
 http://www.me-hon.ne.jp/meb/bin/pickup_report_desc.asp

◆「社会心理学研究」所収の関連論文 - 東北地方太平洋沖地震関連ページ(日本社会心理学会)
 https://sites.google.com/site/jsspjishin/home/kanren-ronbun
◆東北地方太平洋沖地震に伴う公開ポリシー変更(臨時フリー公開等)ジャーナル一覧 - J-STAGE
 http://info.jstage.jst.go.jp/info/policy/Authentication.html
◆東北地方太平洋沖地震に関連する科学技術情報文献リスト(本文なし)- J-STAGE
 http://sti.jst.go.jp/topics/2011/03/000473.html
◆東京大学: 東北地方太平洋沖地震で被災された大学の研究者・医療従事者への電子ジャーナルの提供
 http://www.lib.u-tokyo.ac.jp/koho/news/news/fuzokuto_11_03_16.html
◆京都大学: 東北地方太平洋沖地震で被災された大学の研究者・医療従事者への電子ジャーナルの提供
 http://www.kulib.kyoto-u.ac.jp/modules/bulletin/article.php?storyid=796

◆NEJM オンラインアクセス無料開放(The New EnglandJournal of Medicine) 日本からのアクセスすべて 
3月25日(金)−5月1日(日)(1989年以前の論文は除く)
 http://www.nejm.org/
◆エメラルド社 電子ジャーナルと電子書籍無料提供
 http://www.emeraldinsight.jp/

◆東日本大震災エイド 復興支援フリーアクセス論文 - PierOnline災害医療特集
 http://www.sunmedia.co.jp/pieronline/emergency/all.html
◆東日本大震災 災害からの復旧・復興関連資料 - 学芸出版社
 http://www.gakugei-pub.jp/higasi/
◆Q&A災害時の法律実務ハンドブック 目次
 http://www.sn-hoki.co.jp/shop/zmsrc/qa50593/mokuji.htm

◆地震・津波、放射線、心理学分野の書籍・本文無償公開   丸善出版株式会社 http://pub.maruzen.co.jp/index/kokai/
◆潮出版 山岸涼子『パエトーン』公開
 http://www.usio.co.jp/html/topics/index.php#topic83
◆岩波書店 『世界』2011年1月号の特集《原子力復興という危険な夢》マイケル・シュナイダー「原子力のたそがれ」
 http://www.iwanami.co.jp/sekai/2011/01/pdf/skm1101-1.pdf
◆『世界』2011年1月号の特集《原子力復興という危険な夢》 明石昇二郎「原発輸出──これだけのリスク」
 http://www.iwanami.co.jp/sekai/2011/01/pdf/skm1101-2.pdf
◆『世界』2011年1月号の特集《原子力復興という危険な夢》 葉上太郎「原発頼みは一炊の夢か──福島県双葉町が陥った財政難」
 http://www.iwanami.co.jp/sekai/2011/01/pdf/skm1101-3.pdf
◆阪神・淡路大震災関西学院報告書「激震―そのとき大学人は」
http://www.fukkou.net/news/20110325_3.html

◆hituziのブログじゃがー 震災関連で全文公開しているサイトのリンク集等の情報
 http://d.hatena.ne.jp/hituzinosanpo/20110322
◆マガジン航 被災地に電子テキストを
 http://www.dotbook.jp/magazine-k/2011/03/21/free_etext_for_quake_area/

作成:青木 千帆子
UP:20110225 REV: 20110330, 0528, 0603, 0610, 0620, 0711, 0721, 23, 29, 0808, 16, 22, 26, 0916, 20, 28, 1020, 24, 1107, 11, 16, 1205, 26, 28, 0123
電子書籍  ◇異なる身体のもとでの交信――情報・コミュニケーションと障害者 
TOP HOME (http://www.arsvi.com)