HOME > 障害者とメディア >

精神障害者が描かれたテレビドラマ/映画


last update:20110410

■広告

『生存学』3 表紙萩原 浩史 20110325 「テレビドラマにみる精神障害者像――「きちがい」から「心の病」へ」,『生存学』3:133-143*

*立命館大学生存学研究センター 編 20110325 『生存学』Vol.3,生活書院,272p. ISBN-10: 4903690725 ISBN-13: 9784903690728 2200+110 [amazon][kinokuniya] ※ お送りできます→『生存学』3


*上記の論文の目次

1 問題
2 「きちがい」とテレビドラマ
2‐1 「きちがい」への糾弾
2‐2 「放送上差し控えたい用語」の誕生
3 普遍化する「心の病」
4 新しい狂気の描写―ドラマ『ずっとあなたが好きだった』
4‐1 「きちがい」ではない狂気
4‐2 冬彦ブームがもたらしたもの
5 テレビドラマで描くことの限界

*上記の論文の文献表

部落解放同盟 1974 「部落解放同盟第29回全国大会運動方針」『部落解放』54:59-60
深町建 1963 「病気を求める心」『教育と医学』11(8): 5-11
月刊記録 1997 「ストーカードラマで障害者を化け物扱い」『月刊記録』一九九七年三月号: 11-12
平塚千尋 2010 「テレビとともに現代は始まった、そして……―テレビドラマ「事件記者」と大衆社会」『立正大学大学院紀要』26: 15-37
堀田貢得 2003 『実例・差別表現―糾弾理由から後始末まで、情報発信者のためのケーススタディ』大村書店
石島亜由美 2009 「現代日韓TVドラマにおける家族と女性の表象―「SCANDAL」と「私の男の女」」『Rin』11(2): 4-14
伊藤 守・藤田真文編 1999 『テレビジョン・ポリフォニー―番組・視聴者分析の試み』世界思想社
岩男壽美子 2000 『テレビドラマのメッセージ―社会心理学的分析』勁草書房
金久卓也 1963 「現代人と神経症」『教育と医学』11(8): 2-4
春日武彦 1993 『ロマンティックな狂気は存在するか―狂気伝説の解体学』大和書房
香山リカ 1999 『〈じぶん〉を愛するということ―私探しと自己愛』講談社
― 2008 『「私はうつ」と言いたがる人たち』PHP
粥川裕平 2008 「映画にみる精神科医療―映画から語る精神症状」『日本精神科病院協会』27(4): 26-31
君塚良一 1992 『ずっとあなたが好きだった』ワニブックス
キネマ旬報 1996 「特集 サイコパス・ムービーへの招待」『キネマ旬報』1183: 15-34
久保千恵子 2009 「養護教員への役割期待に関する研究―テレビドラマにおける養護教員の表象に着目して」『東北大学院教育学研究科研究年報』57(2): 29-47
黒田勇 1990 「テレビの社会的影響」田宮武・津金沢聡広編『テレビ放送を考える』ミネルヴァ書房
丸山昇 1996 「障害者頼みのトレンディドラマの製作は止めよ」『THEMIS』5(4): 62-63
松友了 1997 「メディアが描く光と影―いつまでも続く知的障害者受難の日々」『週刊金曜日』5(34): 29-32
森川麗子 2006 「テレビドラマに見る家族像」『社会と情報』10(2): 53-66
中橋真紀人 2008 「映画のながれのなかの障害者」『ノーマライゼーション―障害者の福祉』30(5): 16-19
NHK取材班編 2009 『NHKスペシャル うつ病治療―常識が変わる』宝島社
二通諭 2008 「映画の中の障害者像―その変遷から見えるもの」『ノーマライゼーション―障害者の福祉』30(5): 12-15
能美陽一 1963 「非行の鑑別―サイコパスの問題を中心にして」『教育と医学』11(4): 17-30
小田桐誠 2002 「精神障害者が登場する二話分を放送中止―NHKドラマ「ER」突如放送中止の背景」『創』32(9): 28-34
Robert D, Hare 1993 Without Conscience: The Disturbing World of the Psychopaths Among Us, New York: Atria(=1995 小林宏明訳『診断名サイコパス―身近にひそむ異常人格者たち』早川書房)
桜田淳 1998 「私が「聖者の行進」にキレた理由(わけ)―「弱者救済」という生硬な義侠心で、身勝手な「自己救済」を図る天下の愚作にモノ申す!」『諸君!』30(6): 104-112
斉藤慎一・石山玲子 「TVドラマに描かれる障害者像の分析」『放送文化基金・研究報告 平成一五年度助成・援助分(人文社会)』
佐藤毅彦2006 「二〇〇五年の図書館員¢怐\ベストセラー小説のテレビドラマ化で、図書館員はどのように描かれたか 『いま、遇いにきます』『白夜行』のケースについて」『同志社大学図書館学年報三二号別冊』17-43
芹沢一也編 2007 『時代が作る「狂気」 精神医療と社会』朝日新聞社
塩谷千恵子 1993 「テレビドラマの女性像―離婚をめぐる分析と考察」『女性文化研究所紀要』11: 57-68
社団法人日本民間放送連盟編 2004 『民放連放送基準解説書二〇〇四』コーケン出版
周倩 2008 「現代中国における社会階層構造の変遷―一九九〇年代以降の国産テレビドラマに対するテクスト分析を通じて」『中国研究月報』62(12): 17-34
高山秋雄 1978 「精神障害者家族の訴え」用語と差別を考えるシンポジウム実行委員会編『続・差別用語』汐文社
テレビドラマデータベース http://www.tvdrama-db.com/ (2010.06.15)
冨高辰一郎 2009 『なぜうつ病の人が増えたのか』幻冬舎
上谷宣正 1994 「テレビは障害者をどう伝えているのか―一九九二年一一月と一二月の分析を通じて」『教育情報科学』22: 41-50
山田美保子 1996 「テレビドラマに障害者を安易に登場させる無責任さ」『放送文化』22: 72-73
山田陽子 2007 『「心」をめぐる知のグローバル化と自律的個人像―「心」の聖化とマネジメント』学文社
横山豊治 2003 「ソーシャルワーカーを描いたフィクション作品に関する一考察―医療ソーシャルワーカーを描いたテレビドラマの事例検討」『新潟医福誌』3(2): 89-98
吉川修 1978 「キチガイ≠ヘ常軌を逸していない」用語と差別を考えるシンポジウム実行委員会編『続・差別用語』汐文社
用語と差別を考えるシンポジウム実行委員会編 1975 『差別用語』汐文社

■テレビドラマ(1990〜)

*掲載基準
・連続もの(単発の特別番組は除く)
・地上波で放送されたもの
・国内で製作されたもの(海外製作は除く)
・主人公もしくは物語のキーパーソンが障害者であるもの
以上を条件に、1990年以降の障害者が描かれたテレビドラマのリスト

◆1991
君だけに愛を(視覚障害)日本テレビ系01.12〜03.23

◆1992
あなただけ見えない(精神障害/多重人格)フジテレビ系01.13〜03.23

◆1993
ひとつ屋根の下(肢体不自由)フジテレビ系04.12〜06.28
誘惑の夏(精神障害)東海テレビ系06.28〜09.24
スキャンダル(精神障害)フジテレビ系06.29〜08.06
ジェラシー(精神障害)日本テレビ系01.06〜03.24

◆1995
八代将軍吉宗(言語障害?)NHK 01.08〜12.10
星の金貨(聴覚障害)日本テレビ系04.12〜07.12
愛していると言ってくれ(聴覚障害)TBS系07.07〜09.22
沙粧妙子 最後の事件(精神障害?)フジテレビ07.12〜09.20
未成年(知的障害)TBS系10.13〜12.22

◆1996
オンリー・ユー 愛されて(知的障害)読売テレビ系01.8〜03.11
ピュア(知的障害)フジテレビ系01.08〜03.11
存在の深き眠り 誰かが私の中にいる(精神障害/多重人格)NHK04.03〜05.08
真昼の月(精神障害/PTSD)TBS系07.04〜09.19
続・星の金貨(聴覚障害)日本テレビ系10.09〜12.25

◆1997
ストーカー 逃げ切れぬ愛(精神障害?)読売テレビ系01.06〜03.10
ストーカー・誘う女(精神障害?)TBS系01.10〜03.20
ひとつ屋根の下2(肢体不自由)フジテレビ系04.14〜06.30
フェイス(精神障害/多重人格)関西テレビ系07.1〜09.16
その時がきた(精神障害/アルコール依存症)東海テレビ系10.06〜12.26
心療内科医・涼子(精神障害)読売テレビ系10.13〜12.15

◆1998
略奪愛・アブない女(精神障害?)TBS系01.09〜03.27
聖者の行進(知的障害)TBS系01.09〜03.27
冷たい月(精神障害?)読売テレビ系01.12〜03.16
車いすの金メダル(肢体不自由)毎日放送系02.02〜03.27
私の中の誰か 買い物依存症の女たち(精神障害/神経症)NHK 05.06〜06.17
凍りつく夏(精神障害?)読売テレビ系07.06〜09.14
ハルモニア この愛の涯て(言語障害)日本テレビ系07.11〜09.12
奇跡の人(記憶障害)日本テレビ系10.12〜12.14

◆1999
犯罪心理捜査ファイル ボーダー(精神障害?)読売テレビ系01.11〜03.08
ハッピー 愛と感動の物語(視覚障害)テレビ東京系04.14〜06.23
救急ハート治療室(精神障害)関西テレビ系07.06〜09.21
隣人は秘かに笑う(精神障害?)日本テレビ系10.13〜12.15
3年B組金八先生・第5シリーズ(ADHD/ひきこもり)TBS系10.14〜3.30

◆2000
Beautiful Life 〜ふたりでいた日々〜(肢体不自由)TBS系01.09〜03.27
君が教えてくれたこと(アスペルガー症候群)TBS系01.16〜03.26
永遠の仔(精神障害?)読売テレビ系04.10〜06.26
天使が消えた街(自閉症?)日本テレビ系04.12〜06.28
29歳の憂うつ パラダイスサーティー(性同一性障害)テレビ朝日系04.22〜07.01
ハッピー2 愛と感動の物語(視覚障害)テレビ東京系07.19〜09.20

◆2001
FACE 見知らぬ恋人(精神障害/多重人格)日本テレビ系01.10〜03.07
Pure Seoul 君が僕を忘れても(記憶障害?若年性認知症?)読売テレビ系04.09〜06.25
新・星の金貨(聴覚障害)日本テレビ系04.25〜06.27
3年B組金八先生・第6シリーズ(性同一性障害)TBS系10.11〜3.28

◆2002
サトラレ(精神障害/架空の精神疾患)テレビ朝日系07.04〜09.12
アルジャーノンに花束を(知的障害)関西テレビ系10.08〜12.17
サイコドクター精神障害(神経症・過食症・うつ 他)日本テレビ系10.09〜12.18

◆2003
ダンシングライフ(肢体不自由)TBS系05.05〜06.06
盲導犬クィールの一生(視覚障害)NHK 06.16〜07.28

◆2004
オレンジデイズ(聴覚障害)TBS系04.11〜06.20
光とともに…〜自閉症児を抱えて〜(自閉症)日本テレビ系04.14〜06.23
仔犬のワルツ(視覚障害)日本テレビ系04.17〜06.26
愛し君へ(視覚障害)フジテレビ系04.19〜06.28
すずがくれた音(聴覚障害)TBS系09.06〜10.15
3年B組金八先生・第7シリーズ(知的障害・精神障害/薬物依存症)TBS系10.15〜03.25

◆2006
Replica(精神障害)フジテレビ系04.11〜05.02
僕の歩く道(自閉症)フジテレビ系10.10〜12.19

◆2008
安宅家の人々(知的障害)東海テレビ系01.07〜03.28
だいすき!!(知的障害)TBS系01.17〜3.20
ラスト・フレンズ(性同一性障害)フジテレビ系04.10〜06.19
ラブレター(聴覚障害)TBS系11.24〜2009.02.20

◆2009
ツレがうつになりまして。(精神障害/うつ)NHK 05.29〜06.12
チャレンジド(視覚障害)NHK 10.10〜11.07

◆2010
フリーター、家を買う。(精神障害/うつ)フジテレビ 10.19〜12.21

◆2011
Dr.伊良部一郎(精神障害/強迫神経症他)テレビ朝日 01.30〜03.27

■映画

◆想田 和弘 2008『精神』(監督・撮影・編集・製作)
・2008年7月26日 京都シネマにて監督のコメントのメモ
舞台は、こらーる岡山という生活保護指定医の山本先生(おじいさんの先生)がやっている小さな町の精神科の物語である。撮影期間は2005年と2007年の2回であり、若干時期がずれている。監督は東大新聞を作っていて燃え尽き症候群で、それが動機で作成したと語る。
見えないカーテンをよく見てみたいと思ってこのドキュメンタリーを作った。妻のお母さんが介護関係の仕事をしていた。それが縁で、こらーる岡山を舞台として設定した。この、ドキュメンタリーを作る際に、山本先生(でてくる医師)に確認をとるのではなく、患者一人一人に許可申請をした。患者さんに知り合いがいるので、許可を取る時に妻についてきてもらった。というのも妻は振付師であり、当事者の人たちと関係性が自分より深いから。10人中8人〜9人は拒否された。リサーチとか打ち合わせとかなく取るのが、監督の流儀。ドキュメンタリーは体験記だと考えている。追体験してもらうことが監督の流儀。奥さんは、撮影協力者であるが、途中から精神障害者の話に引っ張られ、途中から山本先生の受診を受けたぐらいである。奥さん本人は、「120%患者の語りに聞き入ってしまった」と語っている。「自分の人生とぴったり、重なり合ってだんだん生きていくのが難しく、恐ろしいことだと考え始めると、自分が考えてこなかったような問題がたくさんでてきた。皆が苦しいとかドキドキするというと自分も苦しいしドキドキした」
監督曰く、ドキュメンタリー映画は、報道の延長線上にない。説明ではなく、提示して体感する。映画の中にそれはおかない。70時間カメラを回したが68時間は捨てている。2時間分を体験はお客さん次第。


*作成:萩原 浩史
UP: 20100715 REV: 20110410. 0806
精神障害/精神医療  ◇障害者とメディア 
TOP HOME (http://www.arsvi.com)