HOME > 事項 >

性分化疾患(インターセックス)


last update: 20131004

◆用語法について
 「インターセックス(intersex)」「インターセクシュアリティ(intersexuality)」の語については、適用範囲や指示・意味内容、使用の是非をめぐって議論がある。2006年の国際会議に基づく、いわゆるシカゴ・コンセンサスで、「性分化疾患」(Disorders of Sex development:DSD)という呼称が採択され、現在では、この語が用いられる機会が飛躍的に増えた。
 この「性分化異常症の管理に関する合意見解」(Consensus statement on management of intersex disorders)は、DSDを「染色体、性腺、または解剖学的性が非定型である先天的状態」と定義した。DSDとは、「男で女でもない性」や「第3の性」、ジェンダー・アイデンティティ(性自認)、性同一性障害(GID)とは区別された、数十の疾患を原因とする、先天的な身体の状態である。
 日本では、2009年に日本小児内分泌学会が、DSDの訳語として「性分化疾患」を採用した。DSDの語については、医学的に規定された語であることへの批判や、インターセクシュアリティは、disorder(「障害」)ではない、とする批判などがある。別の呼称を提唱する意見もある。これに対して、DSDの呼称を擁護する側からは、社会と医療従事者の適切な理解を促進し、状況を改善する上では、ベストでないにしてもベターではあるとの意見がある。
 また「半陰陽」(hermaphrodism)は、医学・生物学の用語として存在するが、上記「合意見解」による新命名法の提唱と浸透もあり、人間について用いられる機会は減っている。

■文献

 □全文(ガイドライン等)
 □日本語
 ・単行本
 ・論文(人文・社会科学)
 ・論文(自然科学・医学系)

■web

 □団体
 □個人

お知らせ他


■文献・発行年順

このHP経由で購入していただけたら感謝

□全文(ガイドライン等)

◆日本小児内分泌学会性分化委員会・厚生労働科学研究費補助金難治性疾患克服研究事業 性分化疾患に関する研究班 201101 「性分化疾患初期対応の手引き(2011.1策定)」,『日本小児科学会雑誌』115, pp.7-12 PDF:
http://jspe.umin.jp/pdf/seibunkamanual_2011.1.pdf
◆Lee, Peter A., Houk, Christopher P., Ahmed, S. Faisal, Hughes, Leuan A., and in collaboration with the participants in the International Consensus Conference on Intersex organized by the Lawson Wilkins Pediatric Endocrine Society and the European Society for Paediatric Endocrinology 200608 Consensus statement on the anagement of intersex disorders, Pediatrics, 118(2) pp. e488-e500=緒方 勤、堀川 玲子、長谷川 奉延、位田 忍、向井 徳男、安達 昌功、有阪 治、藤枝 憲二 抄訳 200803 「性分化異常症の管理に関する合意見解」『日本小児科学会雑誌』112(3), pp. 565-578, PDF: http://jspe.umin.jp/gak_dl/guide11203565.pdf *「シカゴ・コンセンサス」文書

> TOP

□日本語

* 性決定・性分化における、遺伝子、ホルモン、環境の作用については、いまだ不明な点が多い。現時点での標準的な知見については、最新の文献を参照のこと。「インターセックス」の語については、著者によって定義が異なる場合がある。

・単行本
◆毎日新聞「境界を生きる」取材班 20130226 『境界を生きる――性と生のはざまで』,毎日新聞社,233p. \1300+税 ISBN-10: 4620321788 ISBN-13: 978-4620321783 [amazon][kinokuniya]
◆ロニー アレキサンダー・池田 久美子・岡部 芳広・木村 一紀・黒岩 龍太郎・高取 昌二・土肥 いつき・宮崎 留美子 (著),セクシュアルマイノリティ教職員ネットワーク (編) 20120928 『セクシュアルマイノリティ 第3版――同性愛、性同一性障害、インターセックスの当事者が語る人間の多様な性』,明石書店,284p. \2500+税 ISBN-10: 4750336734 ISBN-13: 978-4750336732 [amazon][kinokuniya]
◆矢吹 レオ 201207 『性別なんて決められない!』,竹書房,126p. \1000+税 ISBN-10: 481244991X ISBN-13: 978-4812449912 [amazon][kinokuniya]
◆性差の科学編集委員会 編 20111201 『性差科学の最前線』,性差の科学編集委員会,107p. pdf: http://most-keep.jp/keep25/toolkit/uploads/dir_m-toya_kdp_biglobe_ne_jp/seisa.pdf
◆麻生 一枝 201112 『科学でわかる男と女になるしくみ――ヒトの性は、性染色体だけでは決まらない』,ソフトバンククリエイティブ,サイエンス・アイ新書,206p. \952+税 ISBN-10: 4797362103 ISBN-13: 978-4797362107 [amazon][kinokuniya]
◆新井 祥 20110701 『 「性別が、ない!」人たちとのつきあい方――実はあなたにも当てはまる20の性別パターンガイド』,ぶんか社,134p. \1143+税 ISBN-10: 4821143178 ISBN-13: 978-4821143177 [amazon][kinokuniya]
◆天野 惠子 編集 2000803 『性差医学――性差の背景を探る:遺伝子・ホルモン・環境』,別冊・医学のあゆみ,医歯薬出版,123p. URL: http://www.ishiyaku.co.jp/search/details.aspx?bookcode=283370
◆橋本 秀雄 200802 『性分化障害の子どもたち――医療空白地帯の現状』,青弓社,211p. ISBN-10: 4787232835 ISBN-13: 978-4787232830 \1600+税 [amazon][kinokuniya]
◆浅井 春夫(編),広田 照幸(監修) 20070625 『リーディングス 日本の教育と社会 第7巻 子どもと性』,日本図書センター,408p. \3500+税 ISBN-10: 4284301225 ISBN-13: 978-4284301220 [amazon][kinokuniya]
◆セクシュアルマイノリティ教職員ネットワーク 200603 『セクシュアルマイノリティ――同性愛、性同一性障害、インターセックスの当事者が語る人間の多様な性 第二版』,明石書店. →20120928 第3版(別掲) 284p. \2500+税 ISBN-10: 4750336734 ISBN-13: 978-4750336732 [amazon][kinokuniya]
◆橋本 秀雄 20040107 『男でも女でもない性・完全版――インターセックス(半陰陽)を生きる』,青弓社,210p. \1600+税 ISBN-10: 4787232274 ISBN-13: 978-4787232274 [amazon][kinokuniya]
◆Dreger, Alice Domurat 2004 One of us: conjoined twins and the future of normal, Harvard University Press=20041220 針間 克己 訳,『私たちの仲間――結合双生児と多様な身体の未来』,緑風出版,2004,267p. \2400+税 ISBN-10: 4846104214 ISBN-13: 978-4846104214 [amazon][kinokuniya]
◆橋本 秀雄・花立 都世司・島津 威雄(編著) 20030521 『性を再考する――性の多様性概論』,青弓社,300p. \1600+税 ISBN-10: 4787232142 ISBN-13: 978-4787232144 [amazon][kinokuniya]
◆針間 克己 200304 『一人ひとりの性を大切にして生きる――インターセックス、性同一性障害、同性愛、性暴力への視点』,少年写真新聞社,97p. \1300+税 ISBN-10: 4879811610 ISBN-13: 978-4879811615 [amazon][kinokuniya]
◆池田 久美子・木村 一紀・高取 昌二・宮崎 留美子・岡部 芳広・黒岩 龍太郎・土肥いつき著・セクシュアルマイノリティ教職員ネットワーク編集 200303 『セクシュアルマイノリティ――同性愛、性同一性障害、インターセックスの当事者が語る人間の多様な性』,明石書店. →20120928 第3版 284p. \2500+税 ISBN-10: 4750336734 ISBN-13: 978-4750336732 [amazon][kinokuniya]
◆Leroi, Armand Marie 2003 Mutants: On Genetic Variety and the Human Body, Viking=20060609 築地 誠子 訳,『ヒトの変異――人体の遺伝的多様性について』,みすず書房,2006,379p. \3200+税 ISBN-10: 462207219X ISBN-13: 978-4622072195 [amazon][kinokuniya]
◆Graille, Patrick 2001 Les hermaphrodites aux XVIIème et XVIIIème siècles, Editions Les belles lettres=20030330 吉田 春美 訳,『両性具有――ヨーロッパ文化のなかの「あいまいな存在」の歴史』,原書房,2003,244p. \2500+税 ISBN-10: 456203629X ISBN-13: 978-4562036295 [amazon][kinokuniya]
◆橋本秀雄 200005 『性のグラデーション――半陰陽児を語る』,青弓社,192p. ISBN-10: 4787231758 ISBN-13: 978-4787231758 [amazon][kinokuniya]
◆Colapinto, John 2000 As nature made him: the boy who was raised as a girl, Harper Collins Publishers=20001020 村井 智之 訳 『ブレンダと呼ばれた少年』,無名舎,マクミランランゲージハウス (発売),349p. \1800+税 ISBN-10: 4895859371 ISBN-13: 978-4895859370 [amazon][kinokuniya]
Foucault,Michel 1999 Les Anormaux: cours au Collège de France 1974-1975,Seuil/Gallimard=20021025 慎改 康之訳 『異常者たち――コレージュ・ド・フランス講義1974-1975年度(ミシェル・フーコー講義集成X)』,筑摩書房,414p. ISBN-10: 4480790454 ISBN-13: 978-4480790453 \5600+税 [amazon][kinokuniya] ※
◆橋本 秀雄 19981030 『男でも女でもない性――インターセックス(半陰陽)を生きる』,青弓社. \1000 ※ t05 →20040107 (完全版) ISBN-10:4787232274 ISBN-13: 978-4787232274 [amazon][kinokuniya]
◆Balzac, Honoré de・多田 智満子・Péladan Joséphin・泉 鏡花・谷崎 潤一郎・芥川 龍之介・日影 丈吉・円地 文子・須永 朝彦 ほか(著) 1998 『両性具有』,国書刊行会,『書物の王国 9』,221p. ISBN-10: 4336040095 ISBN-13: 978-4336040091 [amazon][kinokuniya]
◆小田切 明徳・橋本 秀雄 1990708 『インターセクシュアル(半陰陽者)の叫び――性のボーダーレス時代に生きる』,かもがわ出版,165p. ISBN-10: 4876993327 ISBN-13: 978-4876993321 [amazon][kinokuniya]
◆Butler, Judith 1990 Gender Trouble: Feminism and the Subversion of Identity, Routledge=199903 竹村 和子 訳,『ジェンダー・トラブル――フェミニズムとアイデンティティの攪乱』,青土社,300p. ISBN-10: 4791757033 ISBN-13: 978-4791757039 [amazon][kinokuniya] ※ *f
◆Devereux, George 1999 Femme et Mythe, rééd. coll. Champs-poche, Editions Flammarion.(org. 1982.)=199412 加藤 康子 訳,『女性と神話――ギリシア神話にみる両性具有』,新評論,492p. \4800+税 ISBN-10: 4794802358 ISBN-13: 978-4794802354 [amazon][kinokuniya]

> TOP

・論文(人文学、社会科学)
◆東 優子 2010 「性的少数者 インターセックス (人権キーワード2010)」『部落解放』(630), pp.90-93
◆田村 慎雄・矢内 光一 200902 「古代ローマにおけるインターセックス観の変容」『横浜国立大学教育人間科学部紀要 II 人文科学』(11), pp.5-19
◆小林 涼子 2009 「インターセックス女性にフェミニストカウンセラーがすべきこと」『フェミニストカウンセリング研究』(8), pp.36-51
◆帚木 蓬生・上川 あや 200808 「対談 帚木蓬生×上川あや 真実はマイノリティに宿る (特集 帚木蓬生『インターセックス』)」『青春と読書』43(8) pp.6-10
◆入江 恵子 200802 「北米社会におけるインターセックスの位相――当事者の身体の経験から」『ソシオロジ』52(3),pp.87-103
◆橋本 秀雄 200506 「半陰陽者の立場から見た社会システム (特集 ちょっと待った!男女共同参画社会基本法――科学的・生物学的見地から抜本的改正を)」,『法律文化』17(6),pp.26-29.
◆新井 祥・樫田 美雄 200502 「インターセックスと性のグラデーション――徳島大学総合科学部学部共通科目」『健康と福祉』(18),pp.243-261
◆入江 恵子 2004 「インターセックスをとりまく医療の歴史――北米社会を中心に」『人間文化研究科年報』(20),pp.179-187
◆橋本 秀雄 2003 「性のグラデーション――女も男も、そして半陰陽も! (特集 多様なセクシュアリティを考える)――(多様なセクシュアリティを生きる)」,『女も男も』(94), pp.17-19.
◆橋本 秀雄 20020405 「性と生のはなし(2) 沈黙していた半陰陽者が半陰陽の子どもたちのために主張したこと」,『金曜日』10(13),pp.68-71.
◆椎野 信雄 200101 「先進技術社会の科学社会学検討――〈インターセックス〉を考える:本質主義から構築主義へ (総合講座 先進技術社会を生きる――医療から芸術・メディアまで:文化へと拡がる科学と現代人の人間観をめぐって)」『三色旗』(634),pp.21〜31
◆伊藤 悟 19991008 「セクシュアリティを疑え!(5) ありのままに生きるインターセックス」『金曜日』7(38),pp.52-55,
◆つむら あつこ 199708 「シリーズ 先端医療と人権(1) 男でもない、女でもない、インターセックスという性を生きる人びと――橋本秀雄さんにきく」『ヒューマンライツ』(113),pp.50-57

> TOP

・雑誌論文(医学系)
* CiNiiへのキーワード検索のため、個別疾患の症例は含まれていないことが多い。個別疾患については、pesfisの「性分化疾患臨床論文」のページなどを参照。

◆康 純 20121100 「〈性同一性障害〉性同一性障害の概念について」『近畿大学臨床心理センター紀要』5, pp.3-10
◆三輪 雅之 20120700 「尿ステロイドプロファイルによる新生児副腎皮質機能評価 (今月の主題 周産期の臨床検査)」『臨床検査』56(7), pp.784-787
◆島田 憲次,松本 富美,鬼武 美幸 20120501 「PD-01 外科的治療を加えた性分化疾患の長期的ケア(パネルディスカッション 成育外科(carry-over診療)の課題)」『日本小児外科学会雑誌』48(3), pp.385
◆緒方 勤 20120500 「各種症状・所見の診かたと対応 性分化疾患 (特集 小児診療のピットフォール(2))」『臨牀と研究』89(5), pp.613-618
◆堀川 玲子 20120410 「性腺 性分化疾患の臨床的アプローチ」『日本内科学会雑誌』101(4), pp.965-974
◆石井 智弘 20120300 「新生児の外陰部を正しく診察しよう (特集 日常診療に必ず役立つ小児内分泌学) -- (正しく理解しておくべき"小児内分泌学領域の基礎知識")」『小児科診療』75(3), pp.369-374
◆馬場 徳朗,長沖 優子,小松 なぎさ 20111217 「プライマリケア・マスターコース 小児科診療のすすめ 性分化異常症(DSD) : 小児科からの視点」『日本医事新報』4573, pp.46-49
◆守屋 仁彦,三井 貴彦,田中 博 20111100 「男性化外陰部形成術とその成績 (特集 専門医のための性分化疾患講座)」『臨床泌尿器科』65(12), pp.921-928
◆緒方 勤,位田 忍,堀川 玲子 20111100 「性分化疾患の分類と社会的性の決定について (特集 専門医のための性分化疾患講座)」『臨床泌尿器科』65(12), pp.897-902
◆松本 富美,小林 憲市,鬼武 美幸 20111100 「泌尿器科専門医が知っておくべき代表的な性分化疾患 (特集 専門医のための性分化疾患講座)」『臨床泌尿器科』65(12), pp.905-908
◆水野 健太郎,神沢 英幸,西尾 英紀 20111100 「ここまで明らかになっている性分化疾患の遺伝子異常 (特集 専門医のための性分化疾患講座)」『臨床泌尿器科』65(12), pp.911-918
◆石井 和史,杉本 盛人,渡部 昌実 20111100 「思春期以降の「性同一性障害」とその包括的治療 (特集 専門医のための性分化疾患講座)」『臨床泌尿器科』65(12), pp.941-947
◆浅沼 宏,大家 基嗣 20111100 「女性化外陰部形成術とその成績 (特集 専門医のための性分化疾患講座)」『臨床泌尿器科』65(12), pp.931-938
◆20111100 「特集 専門医のための性分化疾患講座」『臨床泌尿器科』65(12), pp.897-947
◆齋藤 江里子,菱木 知郎,齋藤 武,佐藤 嘉治,光永 哲也,照井 エレナ,松浦 玄,柴田 涼平,三瀬 直子,横山 由紀子,吉田 英生 20110620 「12.性分化異常を伴った鎖肛の2例(要望演題:鎖肛患児のQOL,第67回直腸肛門奇形研究会)」『日本小児外科学会雑誌』47(3), pp.392
◆川合 志奈,久保 太郎,中村 繁 20110400 「性分化疾患の診断--外陰部異常を中心に (特集 これが大切! 1カ月以内の新生児疾患) -- (見落としてはならない重症疾患・対応に迷う疾患)」『小児科診療』74(4), pp.603-610
◆久松 英治,岡田 桂輔,高木 志寿子,中川 賀清,杉多 良文 20110320 「PP-637 当科における卵精巣性性分化異常症の臨床的検討(発表・討論,一般演題ポスター,第99回日本泌尿器科学会総会)」『日本泌尿器科學會雜誌』102(2), pp.510
◆押切 貴博,桑原 強,安井 良僚,増山 宏明,河野 美幸,伊川 廣道,伊藤 順庸,犀川 太 20110220 「12.鼠径ヘルニアを契機に発見された真性半陰陽の1例(一般演題,第40回日本小児外科学会北陸地方会)」『日本小児外科学会雑誌』47(1), pp.142
◆桑原 強,安井 良僚,押切 貴博,増山 宏明,河野 美幸,伊川 廣道,伊藤 順庸,犀川 太 20110220 「13.Gonadoblastomaを生じていた性分化異常の2例(一般演題,第40回日本小児外科学会北陸地方会)」『日本小児外科学会雑誌』47(1), pp.142
◆尾崎 宏治,三杉 卓也,本田 謙一,石河 修 20110201 「P2-3-2 診断が困難であった性分化障害の一例(Group75 生殖医学(症例)3,一般演題,第63回日本産科婦人科学会学術講演会)」『日本産科婦人科學會雜誌』63(2), pp.715
◆堀川 玲子 20110101 「性分化疾患の初期対応」『日本小児科学会雑誌』115(1), pp.5-12
◆大山 建司 20110101 「性分化疾患の実態調査結果」『日本小児科学会雑誌』115(1), pp.1-4
◆中村 繁,川合 志奈,久保 太郎 20110000 「外陰部異常(ambiguous genitalia),性分化疾患 (特集 子どもの臨床検査--症候から診断・治療へ) -- (症候からみる臨床検査の進めかた)」『小児科診療』74, pp.49-55
◆堀川 玲子 20110000 「性分化疾患の初期対応」『日本生殖内分泌学会雑誌』16, pp.32-35 pdf: http://www.seishoku.org/11_16kan/11-topics3.pdf
◆野口 満,魚住 二郎 20100900 「女児外陰部形成術(陰核・陰唇・腟形成術,造腟術) (手術手技 小児泌尿器科手術(2)性器系の手術(6))」『臨床泌尿器科』64(10), pp.721-727
◆河井 昌彦 20100800 「基礎から学ぶ病態生理 新生児内分泌まるわかりゼミナール(第8回)性分化異常症の診断」『ネオネイタルケア』23(8), pp.851-857
◆佐藤 裕之,坂井 幸子,増田 彩 20100800 「性分化異常症 (特集 先天異常の長期フォローアップ)」『周産期医学』40(8), pp.1278-1284
◆佐藤 裕之 20100731 「性分化異常症患児の診断と治療の問題点 : 手術的治療を踏まえて」『日本性科学会雑誌 = Japan Journal of Sexology』28(1), pp.3-16
◆深見 真紀 20100700 「性分化疾患 (特集 最近話題の遺伝子異常による内分泌および類縁疾患)」『ホルモンと臨床』58(7), pp.573-578
◆河井 昌彦 20100600 「基礎から学ぶ病態生理 新生児内分泌まるわかりゼミナール(第6回)性分化異常症(男子編)」『ネオネイタルケア』23(6), pp.654-660
◆難波 祐三郎,木股 敬裕 20100600 「症例 Pudendal-thigh flapを用いた半陰陽に対する造腟術の2例」『形成外科』53(6), pp.685-690
◆宮川 康,辻村 晃 20100400 「染色体検査 (泌尿器科検査のここがポイント) -- (遺伝子検査)」『臨床泌尿器科』64(4), pp.328-331
◆堤 治 20100300 「性分化異常症例における性腺摘出の是非--取るべきか取らざるべきか (特集 産婦人科診療--pros and cons) -- (思春期・更年期)」『産婦人科の実際』59(3), pp.453-458
◆天野 直子,長谷川 奉延 20100300 「思春期における性分化疾患の治療とカウンセリング (特集 産婦人科診療--pros and cons) -- (思春期・更年期)」『産婦人科の実際』59(3), pp.447-452
◆松井 太,井手迫 俊彦,松本 富美,島田 憲次 20100220 「OP-350 Ovotesticular DSDの臨床的検討(小児泌尿器科1,一般演題口演,第98回日本泌尿器科学会総会)」『日本泌尿器科學會雜誌』101(2), pp.320
◆水野 健太郎,小島 祥敬,黒川 覚史,岩月 正一郎,神沢 英幸,藤田 圭治,佐々木 昌一,林 祐太郎,郡 健二郎 20100220 「APP-072 46,XX精巣性DSD症例における精子形成関連遺伝子の解析(発表・討論,総会賞応募ポスター,第98回日本泌尿器科学総会)」『日本泌尿器科學會雜誌』101(2), pp.216
◆川越 真理,井手迫 俊彦,米森 雅也,宮元 一隆,山形 仁明,西山 賢龍,中川 昌之 20100220 「OP-348 性分化異常の2例 : 性別の決定について(小児泌尿器科1,一般演題口演,第98回日本泌尿器科学会総会)」『日本泌尿器科學會雜誌』101(2), pp.319
◆古橋 忠晃 20100000 「性倒錯の分類におさまらなかったもの--Freudの「性理論のための3篇」の周辺の臨床家たちの問題意識を通して」『精神医学史研究』14(2), pp.80-88
◆堀川 玲子 20100000 「外性器異常 (周産期診療指針2010) -- (新生児編 症状による診断と治療)」『周産期医学』40, pp.572-578
(2000年代)
◆永田 智子,榊原 秀也,竹村 和美 20091200 「ティーンエージャーと婦人科手術--その問題点と対策 (特集 今,改めて"思春期"を考える--その問題点と対策)」『産婦人科治療』99(6), pp.594-598
◆深見 真紀,和田 友香,上松 あゆ美 20091200 「性分化異常症発症責任遺伝子MAMLD1の臨床的および分子遺伝学的解析 (特集 小児内分泌学の進歩2009)」『ホルモンと臨床』57(12), pp.1025-1029
◆大島 俊之 20091200 「性分化疾患と法」『九州国際大学法学論集』16(2), pp.1-15
◆田村 啓成,坂井 智行,石倉 健司,濱崎 祐子,幡谷 浩史,池田 昌弘,緒方 謙太郎,森川 征彦,本田 雅敬 20090901 「乳児期早期に末期腎不全に至り, 腎形成異常を呈したWT1異常症の1例」『日本小児科学会雑誌』113(9), pp.1422-1426
◆鈴木 九里,中島 耕一,石井 玄一 20090900 「混合型性腺異常発生症に伴った精上皮腫」『東邦医学会雑誌』56(5), pp.335-338
◆小森 慎二,中村 有里,坂 佳世 20090800 「原発無月経の治療 性分化異常症 (今月の臨床 若年女性の月経異常を診る) -- (遅発月経・原発無月経)」『臨床婦人科産科』63(8), pp.1043-1046
◆菅沼 信彦 20090731 「インターセックスの診断と治療 : 手術療法を中心として」『日本性科学会雑誌 = Japan Journal of Sexology』27(1), pp.3-12
◆堤 治 20090700 「産婦人科手技シリーズ 腹腔鏡下手術(11)性分化異常への応用」『産科と婦人科』76(7), pp.775-782
◆甲村 弘子 20090601 「13-098 性分化異常に対する告知とその受容について(産婦人科1 (PMS,更年期など),一般演題(ポスター発表),近未来医療を担う心身医学,第1回日本心身医学5学会合同集会)」『心身医学』49(6), pp.583
◆甲村 弘子 20090531 「13-098 性分化異常に対する告知とその受容について(一般演題,産婦人科1(PMS,更年期など),第38回日本女性心身医学会学術集会(第1回日本心身医学5学会合同集会))」『女性心身医学』14(1), pp.50
◆松本 富美,井手迫 俊彦,松井 太 20090500 「性分化異常症に対する外科治療 (特集 内分泌疾患・内分泌臓器に対する外科治療の最近の進歩)」『ホルモンと臨床』57(5), pp.479-484
◆福井 章正,原 枝美子,清田 明寿香,原田 貴代,椎名 隆次,小川 昌宣,蓮尾 泰之,久保 紀夫 20090201 「P3-68 胎児に46,XX性分化異常症をきたした卵巣steroid cell tumor合併妊娠の1例(Group85 卵巣腫瘍11,一般演題,第61回日本産科婦人科学会学術講演会)」『日本産科婦人科學會雜誌』61(2), pp.690
◆今本 敬,鈴木 啓悦,市川 智彦 20080400 「性分化異常 男性不妊症 精液に白血球が多く混じっている病態は妊孕性に影響があるのでしょうか。また,症状がなくとも治療すべきでしょうか。なかなか治らないのですが,どの程度の期間,抗生物質の投与を続けるべきでしょうか。 (泌尿器科外来ベストナビゲーション) -- (内分泌疾患)」『臨床泌尿器科』62(4), pp.270-273
◆今本 敬,鈴木 啓悦,市川 智彦 20080400 「性分化異常 男性不妊症 乏精子症を呈する患者です。対処と処方について教えてください。また,ART時代における薬物療法の今日的意義について教えてください。 (泌尿器科外来ベストナビゲーション) -- (内分泌疾患)」『臨床泌尿器科』62(4), pp.264-268
◆坂井 清英,竹本 淳 20080400 「性分化異常 両側精巣が萎縮しており,精巣機能障害が疑われる患者です。分類およびそれぞれの対処と処方について教えてください。 (泌尿器科外来ベストナビゲーション) -- (内分泌疾患)」『臨床泌尿器科』62(4), pp.259-263
◆坂井 清英,竹本 淳 20080400 「性分化異常 外性器が男児か女児かわからない新生児です。今後の治療方針と対処について教えてください。また,どのように両親に説明すればよいでしょうか。 (泌尿器科外来ベストナビゲーション) -- (内分泌疾患)」『臨床泌尿器科』62(4), pp.254-258
◆坂井 清英,竹本 淳 20080400 「性分化異常 尿道下裂を呈する新生児です。今後の治療方針と対処について教えてください。また,どのように両親に説明すればよいでしょうか。 (泌尿器科外来ベストナビゲーション) -- (内分泌疾患)」『臨床泌尿器科』62(4), pp.249-253
◆三輪 吉司 20080400 「性分化異常 性機能障害 射精障害を呈する患者です。対処と処方について教えてください。 (泌尿器科外来ベストナビゲーション) -- (内分泌疾患)」『臨床泌尿器科』62(4), pp.278-280
◆三輪 吉司 20080400 「性分化異常 性機能障害 向精神薬が投与されているEDの患者です。対処と処方について教えてください。 (泌尿器科外来ベストナビゲーション) -- (内分泌疾患)」『臨床泌尿器科』62(4), pp.275-277
◆邵 仁哲,三木 恒治 20080400 「性分化異常 性機能障害 クエン酸シルデナフィルが無効である糖尿病性のED患者です。対処と処方について教えてください。 (泌尿器科外来ベストナビゲーション) -- (内分泌疾患)」『臨床泌尿器科』62(4), pp.284-286
◆邵 仁哲,三木 恒治 20080400 「性分化異常 性機能障害 精巣腫瘍に対し後腹膜リンパ節郭清を施行したのち,挙児を希望している射精障害の患者です。対処と処方について教えてください。 (泌尿器科外来ベストナビゲーション) -- (内分泌疾患)」『臨床泌尿器科』62(4), pp.281-283
◆緒方 勤,堀川 玲子,長谷川 奉延,位田 忍,向井 徳男,安達 昌功,有阪 治,藤枝 憲二 20080301 「性分化異常症の管理に関する合意見解」『日本小児科学会雑誌』112(3), pp.565-578
◆松本 富美,松井 太,島田 憲次 20080300 「性分化異常症に対する外科的手術 (特集 小児泌尿器疾患update)」『小児科』49(3), pp.271-276
◆山口 明子,加藤 聖子,内田 聡子,松下 幾恵,田中 義弘,和氣 徳夫 20080201 「P2-276 ホルモン補充療法により子宮発育・消退出血を認めた男性仮性半陰陽の一症例(Group66 生殖内分泌2,一般演題,第60回日本産科婦人科学会学術講演会)」『日本産科婦人科學會雜誌』60(2), pp.706
◆荒井 洋志,西島 栄治,佐藤 志以樹,高見澤 滋,横井 暁子,尾藤 祐子,岡本 竜弥,高野 洋一,岡本 光正 20071220 「30.腹腔内精巣原発の奇形腫を合併した半陰陽の1例(一般演題,第43回日本小児外科学会近畿地方会)」『日本小児外科学会雑誌』43(7), pp.971
◆桑原 博道 20071000 「医療訴訟の「そこが知りたい」 セクハラ疑惑の医師が逆提訴 名誉棄損など認められず敗訴」『日経メディカル』36(10), pp.165-167
◆緒方 勤 20071000 「性分化異常症 (増大号特集 よくわかる小児内分泌代謝疾患の診断と治療) -- (性発達異常)」『小児科』48(11), pp.1609-1616
◆緒方 勤,堀川 玲子 20071000 「まぎわらしい外性器 (特集 よく遭遇する内分泌疾患診療のための基本知識) -- (症状・検査所見からの対応)」『小児科診療』70(10), pp.1673-1681
◆早坂 真一,村上 節 20071000 「半陰陽(男性半陰陽,女性半陰陽) (特集 産婦人科診療Data Book)」『産婦人科の実際』56(11), pp.1645-1648
◆緒方 勤 20070801 「性分化異常症の発症メカニズム(特別講演,第13回群馬遺伝子診療研究会)」『The KITAKANTO medical journal』57(3), pp.263
◆小澤 尚美,長谷川 清志,小石 プライヤ 奏子 20070600 「周産期 仮性半陰陽児を出産した卵巣steroid cell tumor合併妊娠の1例」『産婦人科治療』94(6), pp.1115-1120
◆中井 秀郎,森 健一,佐藤 両,北原 聡史,安田 耕作,石丸 由紀,池田 均 20070520 「WS-003 性分化異常症の関連疾患おける小児期造腟術の経験(Ambiguous genitalia, 第44回日本小児外科学会学術集会)」『日本小児外科学会雑誌』43(3), pp.363
◆長谷川 奉延 20070520 「WS-001 性分化異常症および外陰部異常に対するチーム医療(Ambiguous genitalia, 第44回日本小児外科学会学術集会)」『日本小児外科学会雑誌』43(3), pp.361
◆林 時仲,藤枝 憲二 20070000 「内分泌 外性器の異常 (周産期の症候・診断・治療ナビ) -- (新生児編(1)症候ナビゲーション)」『周産期医学』37, pp.455-458
◆田島 輝隆,中村 俊郎,遠藤 文夫,本島 寛之,宮村 信博,大場 隆,緒方 勤,長谷川 行洋 20061101 「副腎皮質癌の母および女性仮性半陰陽で出生した2児の内分泌学的解析」『ホルモンと臨牀』54(11), pp.989-995
◆本村 克明,木下 英一 20060601 「SOX3と性分化異常」『ホルモンと臨牀』54(6), pp.531-536
◆守屋 仁彦,東山 寛,佐野 洋,田中 博,柿崎 秀宏,野々村 克也 20060420 「13.卵巣組織を温存することにより二次性徴をみた真性半陰陽(第72回日本小児外科学会北海道地方会)」『日本小児外科学会雑誌』42(2), pp.297
◆阿部 輝夫 20060331 「性同一性障害について」『順天堂医学』52(1), pp.55-61
◆山口 孝則,鯉川 弥須宏,此元 竜雄,秋田 泰之 20060310 「S5-2 性分化異常症の診断と外科的治療(シンポジウム5「小児泌尿器科:半陰陽の診断と治療」,第94回日本泌尿器科学会総会)」『日本泌尿器科學會雜誌』97(2), pp.142
◆山口 孝則,鯉川 弥須宏,此元 竜雄,秋田 泰之 20060310 「S5-2 性分化異常症の診断と外科的治療(シンポジウム5「小児泌尿器科:半陰陽の診断と治療」,第94回日本泌尿器科学会総会)」『日本泌尿器科學會雜誌』97(2), pp.142
◆守屋 仁彦,東山 寛,三井 貴彦,田中 博,野々村 克也 20060310 「S5-3 性分化異常症の外科治療 : 女性化外陰形成術の長期成績(シンポジウム5「小児泌尿器科:半陰陽の診断と治療」,第94回日本泌尿器科学会総会)」『日本泌尿器科學會雜誌』97(2), pp.142
◆守屋 仁彦,東山 寛,三井 貴彦,田中 博,野々村 克也 20060310 「S5-3 性分化異常症の外科治療 : 女性化外陰形成術の長期成績(シンポジウム5「小児泌尿器科:半陰陽の診断と治療」,第94回日本泌尿器科学会総会)」『日本泌尿器科學會雜誌』97(2), pp.142
◆藤枝 憲二 20060310 「S5-1 性分化異常症の診断と治療 : 特に先天性副腎過形成症を中心に(シンポジウム5「小児泌尿器科:半陰陽の診断と治療」,第94回日本泌尿器科学会総会)」『日本泌尿器科學會雜誌』97(2), pp.141
◆藤枝 憲二 20060310 「S5-1 性分化異常症の診断と治療 : 特に先天性副腎過形成症を中心に(シンポジウム5「小児泌尿器科:半陰陽の診断と治療」,第94回日本泌尿器科学会総会)」『日本泌尿器科學會雜誌』97(2), pp.141
◆野々村 克也,島 博基 20060310 「S5:座長のことば(シンポジウム5「小児泌尿器科:半陰陽の診断と治療」,第94回日本泌尿器科学会総会)」『日本泌尿器科學會雜誌』97(2), pp.141
◆小澤 尚美,長谷川 清志,小石 プライヤ奏子,西澤 春紀,黒木 遵,多田 伸,宇田川 康博 20060201 「P2-125 仮性半陰陽児を出産した卵巣Steroid cell tumor合併妊娠の1例(Group 129 卵巣腫瘍XVIII,一般演題,講演要旨,第58回日本産科婦人科学会学術講演会)」『日本産科婦人科學會雜誌』58(2), pp.633
◆小島 祥敬,林 祐太郎,黒川 覚史 20060100 「生殖腺,生殖器の分化と男性ホルモン (特集 男性ホルモン Up to Date)」『性差と医療』3(1), pp.35-42
◆高橋 郁子 20060000 「性分化異常 (小児の治療指針) -- (内分泌)」『小児科診療』69, pp.590-592
◆山崎 雄一郎 20060000 「半陰陽,尿道下裂 (周産期医学必須知識 第6版) -- (Part5 新生児 疾患)」『周産期医学』36, pp.649-651
◆室谷 浩二 20060000 「先天性副腎過形成症 (周産期医学必須知識 第6版) -- (Part5 新生児 疾患)」『周産期医学』36, pp.645-648
◆大浜 和憲,石川 暢己,古保 志保,四方 歩,安田 恵子,高橋 のり子 20051220 「20. 性の決定に問題があった真性半陰陽の1例(第16回日本小児外科QOL研究会)」『日本小児外科学会雑誌』41(7), pp.998
◆長谷川 奉延 20051220 「性分化異常症の最近の進歩」『日本内分泌学会雑誌』81(3), pp.663
◆林 祐太郎 20051217 「小児泌尿器科疾患の最近の治療 : この10年で何がどう変わったか?」『日本保険医学会誌』103(4), pp.310-322
◆伊東 宗毅,斉藤 正博,林 直樹,松永 茂剛,高井 泰,竹田 省 20051201 「腹腔鏡下手術を施行した性分化異常症の4例」『日本産科婦人科内視鏡學會雜誌』21(2), pp.295-298
◆藤枝 憲二 20050920 「ヒト副腎・生殖腺の発生分化・機能の異常による性分化異常症」『日本内分泌学会雑誌』81(2), pp.482
◆吉澤 昌恭,Yoshizawa Masayasu,ヨシザワ マサヤス 20050900 「「ジェンダー・ステレオタイプ」と「ジェンダー・フリー」」『広島経済大学研究論集』28(2), pp.1-24
◆松本 富美,島田 憲次 20050900 「性分化異常症における女性化外陰部形成術とfollow-upの問題点 (特集 泌尿器科疾患--最新の治療方針とトピックス) -- (外性器疾患)」『小児科診療』68(9), pp.1712-1716
◆堀川 玲子 20050800 「副腎疾患・性腺機能低下症 (小児難治性疾患のキャリーオーバーと成育医療--日常生活がより豊かになるために) -- (キャリーオーバーが問題となる主な疾患)」『小児看護』28(9), pp.1155-1162
◆松尾 宣武 20050701 「生殖補助医療と真性半陰陽」『ホルモンと臨牀』53(7), pp.707-712
◆伊藤 直樹,玉舎 輝彦 20050700 「Rokitansky症候群の診療 (特集 性分化異常の診療)」『産婦人科の実際』54(7), pp.1059-1065
◆沖 利通,堂地 勉 20050700 「副腎の酵素異常--副腎性器症候群 (特集 性分化異常の診療)」『産婦人科の実際』54(7), pp.1035-1047
◆高松 亜子,原料 孝雄 20050700 「性同一性障害と手術療法 (特集 性分化異常の診療)」『産婦人科の実際』54(7), pp.1077-1081
◆緒方 勤 20050700 「性分化異常と内分泌撹乱物質 (特集 性分化異常の診療)」『産婦人科の実際』54(7), pp.1083-1091
◆石原 理 20050700 「脳の性分化と性同一性障害 (特集 性分化異常の診療)」『産婦人科の実際』54(7), pp.1067-1075
◆池田 万里郎,平原 史樹 20050700 「外性器の異常--半陰陽の診断と取り扱い (特集 性分化異常の診療)」『産婦人科の実際』54(7), pp.1049-1058
◆池田 万里郎,平原 史樹 20050700 「外性器の異常--半陰陽の診断と取り扱い (特集 性分化異常の診療)」『産婦人科の実際』54(7), pp.1049-1058
◆長 和俊,水上 尚典 20050700 「二卵性一絨毛膜性双胎の抱える問題 (特集 性分化異常の診療)」『産婦人科の実際』54(7), pp.1093-1101
◆堤 治 20050700 「性決定遺伝子の異常--XY女性 (特集 性分化異常の診療)」『産婦人科の実際』54(7), pp.1013-1020
◆田中 敏章 20050700 「性染色体の異常--Turner症候群 (特集 性分化異常の診療)」『産婦人科の実際』54(7), pp.1003-1011
◆藤井 調,小澤 由佳,寺田 幸弘 20050700 「性腺ホルモン作用の異常--精巣女性化症候群 (特集 性分化異常の診療)」『産婦人科の実際』54(7), pp.1029-1034
◆末岡 浩 20050700 「遺伝子・染色体の異常と男性不妊--XX男性・Klinefelter症候群 (特集 性分化異常の診療)」『産婦人科の実際』54(7), pp.1021-1027
◆20050700 「特集 性分化異常の診療」『産婦人科の実際』54(7), pp.1002-1101
◆松本 富美,永原 啓,東田 章,島田 憲次 20050520 「B-41 性分化異常症例に対する女性化外陰部形成術の経験(外陰形成術の工夫と治療成績)」『日本小児外科学会雑誌』41(3), pp.399
◆緒方 勤 20050430 「性分化異常症--単一遺伝子疾患と多因子疾患の観点から (第5土曜特集 内分泌疾患UPDATE) -- (性腺)」『医学のあゆみ』213(5), pp.453-458
◆小川 誠一 20050300 「性同一性障害にかかわる未分化性中枢(間脳下垂体系)への性ホルモンの関与と実験動物モデルの作成」『日米高齢者保健福祉学会誌』1, pp.215-232
◆大山 建司 20050000 「<総説>外因性性ホルモン・内分泌撹乱物質と性分化異常」『山梨大学看護学会誌』4(1), pp.3-7
◆緒方 勤 20041000 「性分化異常症 (特集/小児内分泌・代謝疾患の分子基盤) -- (性腺疾患)」『小児科診療』67(10), pp.1661-1669
◆緒方 勤 20041000 「性分化異常症 (特集/小児内分泌・代謝疾患の分子基盤) -- (性腺疾患)」『小児科診療』67(10), pp.1661-1669
◆野々村 克也 20041000 「性分化異常症における外科的治療」『臨床泌尿器科』58(11), pp.819-826
◆堀川 玲子 20040515 「性分化異常 (集中講座 生殖遺伝カウンセリング)」『日本医師会雑誌』131(10), pp.1565-1570
◆宇佐美 雅之,小島 祥敬,林 祐太郎,水野 健太郎,中根 明宏,黒川 覚史,小林 隆宏,佐々木 昌一,郡 健二郎 20040315 「OP3-097 真性半陰陽性腺分化における転写因子SOX9とDAX1の役割(一般演題(口演))」『日本泌尿器科學會雜誌』95(2), pp.399
◆七尾 謙治 20040201 「インターセックス新生児 : 社会的性決定のカウンセリング」『ホルモンと臨牀』52(2), pp.29-34
◆緒方 勤,深見 真紀 20040000 「P450 0xidoreductase遺伝子異常症:男女共通の性分化異常を招く新規遺伝子疾患」『日本生殖内分泌学会雑誌』9, pp.70-73
◆粟生 修司,久保 和彦,藤本 哲也,荒井 興夫 20030825 「ビスフェノールAによる行動および脳の性分化障害」『生物物理』43(1), pp.S23
◆林 祐太郎,小島 祥敬,水野 健太郎,黒川 覚史 20030801 「性分化異常症の成因に関与する遺伝子解明の現況」『名古屋市立大學醫學會雜誌』54(2), pp.93-104
◆伊藤 純子 20030400 「外性器 (特集 小児外来の育児相談) -- (各論2 身体上の相談)」『小児科臨床』56(4), pp.789-796
◆正野 武文,計屋 紘信,進藤 和彦 20030215 「Leydig細胞形成不全による73歳男性仮性半陰陽の1例」『日本泌尿器科學會雜誌』94(2), pp.242
◆新家 利一,中堀 豊 20030100 「性分化異常症」『小児科臨床』56(1), pp.8-14
◆後藤 公宣,名和田 新 20021200 「核内受容体と疾患 (特集 核内受容体と疾患)」『遺伝子医学』6(4), pp.583-588
◆最上 美保子,林 祐太郎 20021200 「実力養成講座 性別不祥児が生まれたときに知っておきたいこと 性分化異常の基礎知識(8)治療後の長期フォローアップ」『ウロ・ナーシング』7(12), pp.1201-1205
◆藤枝 憲二 20021200 「先天性副腎過形成症の分子病態」『旭川医科大学研究フォーラム』3(1), pp.52-60
◆山口 孝則 20021100 「実力養成講座 性別不詳児が生まれたときに知っておきたいこと 性分化異常の基礎知識(7)性別決定後の長期フォローアップ」『ウロ・ナーシング』7(11), pp.1078-1083
◆吉野 薫,杉多 良文,谷風 三郎 20021000 「実力養成講座 性別不詳児が生まれたときに知っておきたいこと 性分化異常の基礎知識(6)性分化異常に対する治療の実際」『ウロ・ナーシング』7(10), pp.984-989
◆緒方 勤 20021000 「真性半陰陽 (特集 性腺疾患--From Bench to Bedside)」『小児科診療』65(10), pp.1585-1589
◆浅沼 宏,宍戸 誠一郎,森 義明 20021000 「腹腔鏡下の性腺疾患に関する検査・手術 (特集 性腺疾患--From Bench to Bedside)」『小児科診療』65(10), pp.1639-1643
◆朝倉 由美,立花 克彦 20021000 「性腺機能に関する内分泌検査 (特集 性腺疾患--From Bench to Bedside)」『小児科診療』65(10), pp.1621-1627
◆長谷川 行洋,井沢 雅子,小林 弘典 20021000 「胎生期性分化と思春期発来メカニズムの基本 (特集 性腺疾患--From Bench to Bedside)」『小児科診療』65(10), pp.1557-1563
◆高山 英子,村上 あゆみ,村田 瑞穂 20020900 「実力養成講座 性別不詳児が生まれたときに知っておきたいこと--性分化異常の基礎知識(5)性決定までの両親へのかかわり」『ウロ・ナーシング』7(9), pp.884-888
◆半田 康 20020900 「<学位論文>性分化異常症例における表現型 : 遺伝子型相関とXモノソミー・モゼイシズムとの関連について」『北海道医学雑誌』77(5), pp.477-490
◆郷司 克己,松尾 雅文 20020830 「男性仮性半陰陽を呈した48,XXYY Klinefelter症候群の1例」『ホルモンと臨牀』50, pp.170-172
◆松本 富美 20020800 「実力養成講座 性別不詳児が生まれたときに知っておきたいこと 性分化異常の基礎知識(4)性別不詳児が生まれたときの医師の対応」『ウロ・ナーシング』7(8), pp.802-805
◆野々村 克也,柿崎 秀宏,村雲 雅志 20020700 「実力養成講座 性別不詳児が生まれたときに知っておきたいこと 性分化異常の基礎知識(3)性の分化異常」『ウロ・ナーシング』7(7), pp.703-707
◆緒方 勤 20020615 「性腺疾患 性分化異常症 (内分泌疾患診療マニュアル) -- (内分泌疾患の診断・治療)」『日本医師会雑誌』127(12), pp.S292-295
◆田中 敏章 20020600 「実力養成講座 性別不詳児が生まれたときに知っておきたいこと 性分化異常の基礎知識(2)性の成熟」『ウロ・ナーシング』7(6), pp.572-576
◆牧野 駿一,西 明,河原崎 秀雄,増澤 亜紀,節家 麻理子,後藤 珠子,大木 丈弘,江口 ゆかり,高橋 尚人,本間 洋子,桃井 真里子 20020520 「P-124 性分化異常の 4 症例」『日本小児外科学会雑誌』38(3), pp.555
◆宮本 純子,長谷川 行洋,浅沼 宏 20020500 「外性器異常 (特集 問診・診察・検査・診断の流れのなかで学ぶ小児科診察) -- (病歴・症状別に考えた診察のしかた)」『小児科診療』65(5), pp.775-781
◆石坂 和博,木原 和徳 20020500 「実力養成講座 性別不祥児が生まれたときに知っておきたいこと 性分化異常の基礎知識(1)性の分化」『ウロ・ナーシング』7(5), pp.481-486
◆杉本 周路,多田 実,小林 堅一郎,岩中 督,五十嵐 匠,平方 仁,川田 望,滝本 至得 20020420 「42. 真性半陰陽の 2 例 : 小児腹腔鏡下手術の有用性について(第 5 回日本小児内視鏡手術研究会)」『日本小児外科学会雑誌』38(2), pp.338
◆小島 祥敬,林祐 太郎,中根 明宏,浅井 伸章,丸山 哲史,最上 美保子,最上 徹,郡 健二郎 20020220 「思春期外来における性分化異常症男児の検討」『日本泌尿器科學會雜誌』93(2), pp.236
◆中井 秀郎,浅沼 宏,佐藤 裕之,森 義明,宍戸 清一郎 20020220 「性分化異常に対する小児泌尿器科的治療と成績」『日本泌尿器科學會雜誌』93(2), pp.209
◆立花 克彦 20020000 「先天性副腎皮質過形成症(21水酸化酵素欠損症)診断および治療ガイドライン (小児の診療と指導のガイドライン使い方) -- (各論 内分泌・代謝疾患)」『小児科臨床』55, pp.1221-1228
◆長谷川 奉延 20011001 「新生児半陰陽」『ホルモンと臨牀』49(10), pp.83-90
◆北原 修一郎,上條 剛志,鈴木 彰 20010620 「46. 尿道下裂を伴い, 停留精巣の手術時に発見された真性半陰陽の 1 例(第 35 回日本小児外科学会関東甲信越地方会)」『日本小児外科学会雑誌』37(4), pp.764
◆中野 美和子,柿澤 至恕,岡本 直彦 20010520 「B-6 性分化異常に対する膣形成術」『日本小児外科学会雑誌』37(3), pp.549
◆野田 弘二郎,宇田川 晃一,黒木 知明,吉本 信也,一瀬 正治,重原 岳雄 20000925 「陰核肥大2例の治療経験 : 知覚を温存する陰核形成術」『日本美容外科学会会報 = JOURNAL OF JAPAN SOCIETY OF AESTHETIC PLASTIC SURGERY』22(3), pp.90-95
◆郷司 克己 20000801 「常染色体性睾丸決定因子と性分化異常 : SOX9 の構造と機能」『ホルモンと臨牀』48(8), pp.53-58
◆半田 康,星 信彦,山田 崇弘,岸田 達朗,平山 恵美,蝦名 康彦,長 和俊,山田 秀人,奥山 和彦,佐川 正,櫻木 範明,藤本 征一郎 20000201 「P-416 産婦人科領域における性分化異常症例の表現型/遺伝子型の検討」『日本産科婦人科學會雜誌』52(2), pp."511(S-435)"
(1990年代)
◆新家 利一,中堀 豊 19991200 「性分化異常症 (特集 診断基準と治療の基本--最近の進歩) -- (内分泌・代謝)」『小児科臨床』52(12), pp.2321-2326
◆山本 訓史,大野 耕一,木下 博明 19991020 「19. 両側滑脱型鼠径ヘルニアを合併した男性半陰陽の 1 例(第 35 回 近畿地方会)」『日本小児外科学会雑誌』35(6), pp.865
◆柳瀬 敏彦,名和田 新 19991000 「生殖器疾患 性分化異常 (特集 病気の分子細胞生物学〔含 欧文/和文索引〕)」『生体の科学』50(5), pp.426-428
◆市川 智彦,伊藤 晴夫 19990625 「半陰陽」『思春期学 = ADOLESCENTOLOGY』17(2), pp.190-196
◆高田 晃平,浜田 吉則,棚野 晃秀,佐藤 睦哉,佐藤 正人,日置 紘士郎,真田 俊明 19990220 「24. 半陰陽, 仙骨前奇形腫を合併した Hirschsprung 病の 1 例(第 34 回日本小児外科学会近畿地方会)」『日本小児外科学会雑誌』35(1), pp.102
◆大津 一弘,古田 靖彦,小倉 良夫 19990220 「42. 半陰陽(混合性性腺形成異常症)の 1 例(第 37 回 日本小児外科学会中国四国地方会)」『日本小児外科学会雑誌』35(1), pp.116
◆田中 泰雅,山内 英明,田中 勝彦,鈴木 幸子,石川 博康,藤原 恵一,河野 一郎 19990220 「P-413 卵巣未分化胚細胞腫の術後病理検査にて発見された真性半陰陽で妊娠に至った一例」『日本産科婦人科學會雜誌』51, pp."S-565"
◆高井泰 19990000 「性分化異常」『総合臨床』48, pp.126-130
◆星 信彦,半田 康,藤本 征一郎 19990000 「産婦人科領域における性分化異常症の細胞・分子遺伝学的解析 (第7回性差医学研究会) -- (各科領域における「性差医学」最近の研究)」『性差医学』5, pp.70-77
◆堤 治 19990000 「性分化異常の臨床 (第7回性差医学研究会) -- (テーマ特集:性分化と転写因子)」『性差医学』5, pp.20-27
◆島本良子 19990000 「仮性半陰陽2例に対する治療経験」『形成外科』42, pp.39-49
◆杉本 周路,五十嵐 匠,多田 実,新井 律夫,滝本 至得 19981220 「真性半陰陽の2例 : 小児腹腔鏡下手術の有用性について」『日本泌尿器科學會雜誌』89(12), pp.971-974
◆森田 敏弘,鷲見 靖彦,須原 貴志,山田 慎,堅田 昌弘 19981025 「男性半陰陽にみられた鼠径部子宮ヘルニアの1例」『日本臨床外科学会雑誌 = The journal of the Japan Surgical Association』59(10), pp.2690-2694
◆島 博基,倉岡 哲郎 19981001 「性分化異常におけるアンドロゲンレセプターの病的意義」『ホルモンと臨牀』46(10), pp.869-877
◆柳瀬 敏彦,名和田 新 19980905 「性分化異常症 (9月第1土曜特集 核内レセプタ-研究の最前線) -- (病態と核内レセプタ-)」『医学のあゆみ』186(10), pp.722-726
◆佐野 克行,寺島 和光,水島 紅葉,大曽根 しのぶ,山本 文子 19980625 「半陰陽に対する外陰部女性化手術について : 先天性副腎過形成の患児を中心として」『思春期学 = ADOLESCENTOLOGY』16(2), pp.161-167
◆宮地 幸隆,尾込 智峰子,松本 聖子,広井 直樹,薬師寺 史厚 19980610 「症候・検査値からみた内分泌疾患性発達異常・インポテンス」『日本内科学会雑誌』87(6), pp.1040-1046
◆五十嵐 洋,藤村 敬,吉田 利夫,石田 肇,岡田 清己 19980501 「真性半陰陽の1例」『日大醫學雜誌』57(5), pp.257-261
◆梶山 広明,柴田 大二郎,丹羽 慶光,鈴木 裕香,若原 靖典,北川 武司,大野 泰正,河井 通泰,柿原 正樹,有井 吉太郎 19980220 「P-315 卵巣精巣摘出後、妊娠に至り3健児を得た46XX/46XYモザイク型真性半陰陽の一例」『日本産科婦人科學會雜誌』50, pp."S-519"
◆三嶋 敦,辻 克和,西村 達弥,磯部 安朗,岡村 菊夫,大島 伸一,安藤 智子,菅沼 信彦 19980220 「男性仮性半陰陽の1例 : 第86回日本泌尿器科学会総会」『日本泌尿器科學會雜誌』89(2), pp.329
◆柴田 隆,野々村 克也,柿崎 秀宏,森田 研,小山 俊樹,丹田 勝敏,小柳 知彦 19980220 「小児インターセックス症例における腹腔鏡の有用性」『日本泌尿器科學會雜誌』89(2), pp.234
◆増田 広,清水 信明,林 雅道,松尾 康滋,古作 望,山中 英壽 19980220 「両側鼠径ヘルニア根治術施行後発見された真性半陰陽の1例 : 第86回日本泌尿器科学会総会」『日本泌尿器科學會雜誌』89(2), pp.328
◆武井 弥生,田畑 光恵,森川 守,山田 俊,津村 宣彦,川口 勲 19980220 「475 性分化異常症への対応」『日本産科婦人科學會雜誌』50, pp."S-361"
◆佐野 克行,寺島 和光,檜作 和子,立花 克彦,田中 祐吉 19980100 「ファラスの急激な成長によって発見された性腺形成不全型男性仮性半陰陽の1例」『泌尿器科紀要』44(1), pp.57-59
◆HASHIBA Takafumi,SAITOH Kazuo,YAO Masahiro,TAKEDA Mitsumasa,NOGUCHI Kazumi,HOSAKA Masahiko 19971200 「Vaginal stone in a male patient with true hermaphroditism」『泌尿器科紀要』43(12), pp.887-890
◆永井 敏郎,川目 裕,黒澤 健司,木下 英一,緒方 勤,長谷川 奉延,松尾 宣武,中井 秀郎 19971125 「真性半陰陽を有するSRY negative XX male の1例 - 内性器の検討と成因の考察 -」『ホルモンと臨牀』45, pp.225-228
◆高橋 弘昭,中村 常之,北谷 真潮,北谷 秀樹,小沼 邦男 19971125 「染色体核型が45, X/46X, +mar/47, X, +mar, +mar, SRY陽性の半陰陽で乳児期早期のgonadectomy を施行した1例」『ホルモンと臨牀』45, pp.235-238
◆市野 功,井上 久子,野村 政壽,柳瀬 敏彦,生山 祥一郎,高柳 涼一,名和田 新 19971125 「46XXで精巣にSRYを証明した真性半陰陽の1例」『ホルモンと臨牀』45, pp.232-234
◆諏訪 〓三,楠田 聡,豊浦 多喜雄,藤枝 憲二,甲田 直也,西山 宗六,荒木 久美子,衣笠 昭彦,加藤 精彦,大山 宣秀,上村 憲司,大関 武彦,立花 克彦 19970701 「新生児期に発見された先天性副賢過形成症(21-水酸化酵素欠損)70例の追跡調査結果第1編治療開始前における臨床所見」『日本小児科学会雑誌』101(7), pp.1149-1157
◆長谷川 奉延 19970700 「半陰陽 (特集 最近話題の疾患・症候群)」『小児科診療』60(7), pp.1119-1124
◆19970500  「特集/性分化異常の臨床」『産科と婦人科』64(5), pp.597-660
◆最上 徹,林 祐太郎,最上 美保子,田貫 浩之,丸山 哲史,睦元 将隆,佐々木 昌一,郡 健二郎 19970220 「インターセックスに対する腹腔鏡の意義」『日本泌尿器科學會雜誌』88(2), pp.152
◆倉阿 哲郎,中江 和美,藪元 秀典,島 博基,生駒 文彦 19970220 「性分化異常症患者における精巣の確認について」『日本泌尿器科學會雜誌』88(2), pp.371
◆福谷恵子 19970000 「男性仮性半陰陽」『日臨』55, pp.120-124
◆横森 欣司,北野 良博,橋本 大定,星野 高伸 19961020 「24.腹壁吊り上げ式腹腔鏡下での半陰陽性腺摘除術の経験(第23回日本小児内視鏡研究会)」『日本小児外科学会雑誌』32(6), pp.994
◆小薗井 真人,金 相勇,高橋 壽太郎,安田 泰久 19961001 「全胚盤胞培養法による新しいC57BL/6系マウス由来胚幹(ES)細胞株の樹立」『Journal of mammalian ova research = 日本哺乳動物卵子学会誌』13(2), pp.91-98
◆松岡 啓,元森 照夫,三原 典,冨安 克郎,飯田 如,島田 明彦,大薮 裕司,野田 進士 19960720 「腹腔鏡による泌尿器科手術 : IV. 臨床例 : 小児に対する腹腔鏡検査・手術」『西日本泌尿器科』58(7), pp.733-736
◆並木 幹夫 19960700 「性分化異常の分子生物学的診断」『臨床泌尿器科』50(8), pp.547-553
◆梶尾 恭平,妹尾 康平,岩川 愛一郎,尾形 信雄,小籐 秀嗣,田中 誠,鯉川 弥須宏,原岡 正志,山本 松男 19960620 「性分化異常10症例の検討」『西日本泌尿器科』58(6), pp.643-646
◆梶尾 恭平,妹尾 康平,岩川 愛一郎,尾形 信雄,小籐 秀嗣,田中 誠,鯉川 弥須宏,原岡 正志,山本 松男 19960620 「性分化異常10症例の検討」『西日本泌尿器科』58(6), pp.643-646
◆安藤 邦澤,宮野 武,関 聖史,有阪 治 19960420 「両側性腺消失をともなった Klinefelter 症候群の1例」『日本小児外科学会雑誌』32(2), pp.315-317
◆柳瀬 敏彦,今崎 恭介,名和田 新 19960320 「ステロイド関連酵素および核内受容体と性分化異常」『日本内分泌学会雑誌』72(2), pp.126
◆北谷秀樹 19960000 「性分化異常症に対する女性化手術の術式の検討」『小児外科』28, pp.745-750
◆松崎 茂,牧野 駿一,伊東 充宏,内田 広夫,野首 光弘,松本 清一 19950820 「不完全型精巣性女性化症候群を呈した男性仮性半陰陽の1学童例」『日本小児外科学会雑誌』31(5), pp.809-813
◆照井 君典,伊東 亮助,小野寺 典夫,曽 尚文 19950701 「反復性尿路感染症と腟拡張を認めた21-水酸化酵素欠損症の1女児例」『日本小児科学会雑誌』99(7), pp.1299-1303
◆河野 美幸,北谷 秀樹,小沼 邦男,野崎 外茂次,中村 紘一郎,梶本 照穂 19950620 「7.内視鏡的観察による性分化異常症の子宮頚部の形態について(第24回日本小児外科学会北陸地方会)」『日本小児外科学会雑誌』31(4), pp.676
◆松崎 茂,牧野 駿一,田中 潔,内田 広夫 19950220 「38. 男性仮性半陰陽の1学童例(第29回関東甲信越地方会)」『日本小児外科学会雑誌』31(1), pp.122
◆飯田 卓,堤 治,森田 豊,武谷 雄二 19950220 「P-265 性分化異常症例の分子遺伝学的手法によるgonadoblastomaの遺伝子座位ならびに発症機序の解明」『日本産科婦人科學會雜誌』47, pp."S-468"
◆佐野 克行,寺島 和光,田中 祐吉,佐々木 佳郎 19950100 「真性半陰陽の4例」『泌尿器科紀要』41(1), pp.73-77
◆河野 美幸,北谷 秀樹,小沼 邦男,野崎 外茂次,中村 紘一郎,梶本 照穂 19941220 「7.性分化異常症に対する内視鏡的子宮頚管観察の意義(第21回日本小児内視鏡研究会)」『日本小児外科学会雑誌』30(7), pp.1360
◆岩動 孝一郎 19940820 「男性仮性半陰陽」『日本泌尿器科學會雜誌』85(8), pp.1189-1212
◆岩動 孝一郎 19940820 「男性仮性半陰陽」『日本泌尿器科學會雜誌』85(8), pp.1189-1212
◆安藤 邦澤,有阪 治 19940520 「B26 教室で経験した半陰陽症例の検討」『日本小児外科学会雑誌』30(3), pp.481
◆北谷 秀樹,小沼 邦男,梶本 照穂 19940520 「V23 特異な鼠径ヘルニアを合併した真性半陰陽症例の手術と手技の工夫」『日本小児外科学会雑誌』30(3), pp.656
◆寺島 和光,佐野 克行,田中 祐吉,佐々木佳郎 19940420 「混合型性腺形成不全症および類縁疾患の8例」『日本小児外科学会雑誌』30(2), pp.308-313
◆飯田 卓,堤 治,武谷 雄二 19940220 「P-210 性分化異常症例における性決定遺伝子SRYの変異解析」『日本産科婦人科學會雜誌』46, pp."S-466"
◆山城 清司,原田 忠,能登 宏光,木暮 輝明,川原 敏行,西沢 理,土田 正義 19931020 「セミノーマを合併した真性半陰陽の1例 : 第206回東北地方会」『日本泌尿器科學會雜誌』84(10), pp.1921
◆善本 哲郎,辻本 幸夫,霞 弘之,松田 孝之,武田 守弘,平 省三,島 博基 19930820 「精上皮腫を合併した男性仮性半陰陽の1例 : 17,20-desmolase欠損症 : 第139回関西地方会」『日本泌尿器科學會雜誌』84(8), pp.1521-1522
◆藤野 淡人,伊藤 啓一,塩川 英史,古畑 誠之,宋 成浩,遠藤 忠雄,小柴 健,川内 博人,前田 徹,横田 行史 19930520 「XX male症候群の1例 ; 真性半陰陽との鑑別診断は? : ワークショップII : 泌尿器科領域における新しい物理的治療法 : 第57回東部総会」『日本泌尿器科學會雜誌』84(5), pp.987
◆石野外 志勝,滋野 和志,世吉 昭三 19930420 「副腎性器症候群による女性仮性半陰陽に対し, 外陰部形成術を行った1例 : 第74回山陰地方会」『日本泌尿器科學會雜誌』84(4), pp.778-779
◆高木 誠次,南部 明民,新田 俊一,立木 仁,伊藤 直樹,丸田 浩,熊本 悦明 19930220 「女性仮性半陰陽症例の検討 : 第308回北海道地方会」『日本泌尿器科學會雜誌』84(2), pp.403-404
◆菊川 浩明,崎山 仁,上田 昭一 19920820 「46XX真性半陰陽の1例 : 第134回熊本地方会」『日本泌尿器科學會雜誌』83(8), pp.1385
◆家永 徹也,前田 貢作,山本 哲郎 19920620 「外鼡径ヘルニア修復術時に発見された男性仮性半陰陽48,XXYY Klinefelter 症候群の一例」『日本小児外科学会雑誌』28(4), pp.922-925
◆坂本 亘,岸本 武利,仲谷 達也,後藤 毅,河野 学,飴野 靖,前川 正信 19920200 「不完全型精巣性女性化症候群を呈した男性仮性半陰陽」『泌尿器科紀要』38(2), pp.233-236
◆小松洋輔 19920000 「子宮ヘルニアを伴った真性半陰陽」『臨泌』46, pp.430-431
◆中村俊郎 19920000 「46 XX 真性半陰陽における SRY(Sex Determining Region Y) の検討」『ホと臨』40, pp.875-878
◆曲 人保,線崎 敦哉,山際 健司,田中 智之,新家 俊明 19911220 「同側に精管組織と陰嚢内卵巣を認めた真性半陰陽」『日本泌尿器科學會雜誌』82(12), pp.1959-1963
◆吉田 雅彦,佐藤 俊和,長瀬 泰,森山 信男,北村 唯一,村橋 勲,阿曽 佳郎 19910720 「子宮および両側卵管を伴った男性仮性半陰陽(persistent Mullerian duct syndrome)の1例 : 第476回東京地方会」『日本泌尿器科學會雜誌』82(7), pp.1196-1197
◆田村 高志,永渕 成夫,中堀 豊,中込 弥男,古庄 敏行 19910331 「B-30 Y染色体特異DNAプローブを用いた性分化異常症のDNA解析(第19回杏林医学会総会)」『杏林医学会雑誌』22(1), pp.70-71
◆星 信彦,三国 雅人,藤野 敬史,奥山 和彦,酒井 慶一郎,牧野田 知,田中 俊誠,藤本 征一郎 19910210 「109 極めて稀な性分化異常症の遺伝子解析」『日本産科婦人科學會雜誌』43, pp."S-446"
◆曲 人保,山際 健司,線崎 敦或,黒田 秀也 19901220 「Hernia uteri inguinalisを伴った真性半陰陽の1例(第131回関西地方会)」『日本泌尿器科學會雜誌』81(12), pp.1954
◆大野 耕一,山田 忠治,塩川 智司,森上 和樹,前川 保雄,木下 博明,藤田 敬之助 19900820 「51.一卵双生児に発症した性分化異常の1例(第25回日本小児外科学会近畿地方会)」『日本小児外科学会雑誌』26(5), pp.1006-1007
◆諏訪〓三 19900800 「先天性副腎過形成のマススクリーニングの現状-性分化異常における意義を中心に-」『ホルモンと臨床』38(8), pp.743-748
◆19900800 「先天性内分泌疾患--性分化異常をめぐって<特集>」『ホルモンと臨床』38(8), pp.741-771
◆真田 俊明,浜田 吉則,山田 修,佐藤 正人,川西 洋,辻 正純,山田 武夫,山本 政勝 19900420 「示-18 仙尾部奇形腫にmegacolon及びmegaureterを合併した半陰陽の1例」『日本小児外科学会雑誌』26(2), pp.575
◆粟田 成毅,最上 徹,平尾 憲昭,渡瀬 秀樹,大田黒 和生 19900120 「両性型外陰形態を示した男性仮性半陰陽の1例 : 第164回東海地方会」『日本泌尿器科學會雜誌』81(1), pp.158
(1980年代)
◆田村 高志 19890630 「クローン化したヒトY染色体特異DNA断片の染色体上へのマッピングとその応用」『杏林医学会雑誌』20(2), pp.131-137
◆篠原 充 19890000 「性分化異常症におけるステロイド・サルファテース (STS) の研究」『Folia Endocrinologica Japonica』65(3), pp.161-173
◆簑和田 滋,福谷 恵子,篠原 充,原 慎,阿曽 佳郎 19881220 「真性半陰陽13症例の臨床的検討」『日本泌尿器科學會雜誌』79(13), pp.2212
◆渡辺 秀輝,蜂須賀 祐介,渡瀬 秀樹,伏見 登,大田黒 和生 19880800 「Y 染色体の構造異常(ring Y) を伴った男性仮性半陰陽の1例」『泌尿器科紀要』34(8), pp.1469-1474
◆岡村 隆 19880700 「性腺の存在を証明しえなかった真性半陰陽の1症例〔英文〕」『日本不妊学会雑誌』33(3), pp.602-605
◆児玉 光正,石川 泰章,辻橋 宏典,国方 聖司,秋山 隆弘,奥山 明彦 19880700 「46,XX真性半陰陽の1例」『泌尿器科紀要』34(7), pp.1249-1252
◆川村 猛,小川 修,星長 清隆,中井 秀郎,小柴 弘巳,石田 治雄,林 奐,鎌形 正一郎 19880420 「S-I-4 半陰陽を中心とする外性器異常に対する形成手術の経験」『日本小児外科学会雑誌』24(2), pp.296
◆島 博基 19880420 「S-I-1 半陰陽における診断と治療の進め方」『日本小児外科学会雑誌』24(2), pp.295
◆内田 亮彦,江佐 篤宣,植村 匡志,粟田 孝,奥山 明彦 19880220 「固定術後20年を経て睾丸腫瘍の発生をみた性分化異常の1例(第121回関西地方会)」『日本泌尿器科學會雜誌』79(2), pp.407-408
◆野村 浩史,山本 稔彦,小塚 良允,谷口 晴記,豊田 長康,山脇 孝晴,中 淳,西山 真人,杉山 陽一 19880201 「17,20-Desmolase欠損症によると思われる男性仮性半陰陽の1例」『日本産科婦人科學會雜誌』40(2), pp.259-262
◆鴨井青龍 19880000 「胎生期に投与された黄体ホルモンが原因と思われた女性仮性半陰陽の1例」『日産婦東京会誌』37, pp.41-44
◆今西 政仁,久代 英範,山本 良昭,隠岐 尚吾,栗本 興一,柏井 忠治郎 19871220 「197)男性仮性半陰陽を伴い血漿アルドステロン高値を示した17α-hydroxylase欠損症の1例 : 日本循環器学会第59回近畿地方会」『Japanese circulation journal』51, pp.140
◆平尾 憲昭,堀 武,増井 靖彦,伏見 登,津ケ谷 正行,上田 公介,大田黒 和生 19870820 「真性半陰陽の3例(一般演題,第36回中部総会,学会抄録)」『日本泌尿器科學會雜誌』78(8), pp.1482
◆坪 俊輔,柿崎 秀宏,出村 孝義,谷口 光太郎,中西 正一郎,野々村 克也 19870520 「左水腎症・左射精管拡張を伴う男性仮性半陰陽の1例(第279回北海道地方会,学会抄録)」『日本泌尿器科學會雜誌』78(5), pp.956
◆永原 暹,藤野 俊夫,河田 晴子,山本 泰雄,辻 尚人,中村 資朗,畠山 元,近藤 琢磨,小林 庸次 19870420 「140 半陰陽20例の治療経験」『日本小児外科学会雑誌』23(2), pp.381
◆大川 とみ,荒井 清,冲永 荘一 19870220 「317. 出生前ストレスによる性分化障害に対するチロシンの抑止作用について」『日本産科婦人科學會雜誌』39, pp.241
◆藤本昌敏 19870000 「性分化異常の診断と治療」『小児医療』50, pp.164-171
◆武田 克治,大橋 洋三,東條 俊司,入江 伸,古川 雅人,大橋 輝久,大森 弘之 19870000 「性分化異常におけるヒト外陰部皮膚androgen receptorの検討」『日本泌尿器科學會雜誌』78(3), pp.477-483
◆杉本 雅幸,柳沢 良三,東海林 文夫,横山 正夫,山田 清美 19861020 「真性半陰陽の1例 : 第50回東部総会」『日本泌尿器科學會雜誌』77(10), pp.1702
◆豊田 長康,村田 和平,田中 良則,河合 美良,山本 稔彦,西山 幸男,松本 隆史,杉山 陽一 19860701 「17_α-hydroxylase欠損による男性半陰陽 : aldosterone および angiotensinII 高値を伴った1例」『日本産科婦人科學會雜誌』38(7), pp.1162-1165
◆中村 正広,野島 道生,並木 幹夫,中野 悦次,奥山 明彦,園田 孝夫,坂本 博三 19860500 「H-Y抗原陽性であった46,XX真性半陰陽の1例」『泌尿器科紀要』32(5), pp.769-772
◆奥山 明彦 19851120 「4.男性仮性半陰陽(性分化の基礎と臨床)」『日本泌尿器科學會雜誌』76(11), pp.1645
◆丸田 浩 19851120 「8.性分化異常の治療(性分化の基礎と臨床)」『日本泌尿器科學會雜誌』76(11), pp.1647-1648
◆石田 肇 19851120 「6.性分化異常と内分泌障害(性分化の基礎と臨床)」『日本泌尿器科學會雜誌』76(11), pp.1646-1647
◆大橋 輝久 19851120 「7.性分化異常の診断(性分化の基礎と臨床)」『日本泌尿器科學會雜誌』76(11), pp.1647
◆大島 一寛 19851120 「性分化異常の外科治療(特別発言,性分化の基礎と臨床)」『日本泌尿器科學會雜誌』76(11), pp.1648
◆穂坂 正彦 19851120 「3.性分化異常の概念と分類(性分化の基礎と臨床)」『日本泌尿器科學會雜誌』76(11), pp.1644-1645
◆坂本 公孝 19850720 「性腺異形成型男性半陰陽(第176回岡山地方会)」『日本泌尿器科學會雜誌』76(7), pp.1088
◆新島 端夫 19850720 「性分化異常症 : 最近の知見(特別講演,第176回岡山地方会)」『日本泌尿器科學會雜誌』76(7), pp.1089
◆東條 俊司,大橋 輝久,大森 弘之 19850720 「陰核形成術(Spence and Allen法)を施行した男性半陰陽の1例(第177回岡山地方会)」『日本泌尿器科學會雜誌』76(7), pp.1092
◆豊田 健一,浅野 嘉文,中西 正一郎,富樫 正樹,小柳 知彦 19850720 「45X/46XYq-モザイクによる男性半陰陽の1例(第274回北海道地方会)」『日本泌尿器科學會雜誌』76(7), pp.1102
◆福田 百邦,公平 昭男,桜本 敏夫,大島 博幸,山田 清美 19850500 「46,XX真性半陰陽の1例 --本邦例37例の集計と治療における若干の考察--」『泌尿器科紀要』31(5), pp.857-861
◆島 博基,籔元 秀典,河東 鈴春,生駒 文彦 19850420 「347 真性半陰陽の術前診断と手術手技」『日本小児外科学会雑誌』21(2), pp.420
◆梅原次男 19850000 「尿道下裂及び男性半陰陽における vaginal rest (残存膣) の形態学的検討」『日泌会誌』76, pp.635-644
◆中川 直人,岩瀬 豊,渡辺 秀輝,大田黒 和生 19841020 「真性半陰陽の1例 : 第142回東海地方会」『日本泌尿器科學會雜誌』75(10), pp.1702
◆小関 清夫,北原 研,星野 十,岩動 孝一郎,新島 端夫 19840820 「性染色体46, XX/47, XXY 型モザイクを呈した真性半陰陽の1例 : 第422回東京地方会」『日本泌尿器科學會雜誌』75(8), pp.1337
◆山木 淳子,山本 宝,岡田 弘二 19840601 「婦人脂肪組織におけるアンドロステンジオンアロマターゼ活性の検討」『日本産科婦人科學會雜誌』36(6), pp.899-903
◆小松 洋輔,田中 陽一,伊藤 坦,上山 秀磨,東 義人,吉田 修 19840000 「原因不明の女性半陰陽の1例 : 第102回関西地方会」『日本泌尿器科學會雜誌』75(4), pp.698
◆石口重子 19840000 「真性半陰陽にみられた血液型キメラの1例」『日輸血会誌』30, pp.425-427
◆仲地 研吾,谷風 三郎,玉木 健雄,坂本 博三,古山 順一 19840000 「興味ある半陰陽の1例 : 第103回関西地方会」『日本泌尿器科學會雜誌』75(4), pp.707
◆藤井 浩,工藤 治,近藤 猪一郎,穂坂 正彦 19840000 「陰嚢内腫瘤を伴なった XX-male (又は46-XX 真性半陰陽) の1例 : 第48回東部連合総会」『日本泌尿器科學會雜誌』75(6), pp.1020-1021
◆氏家 隆 19831200 「糖質コルチノイド反応性高血圧と男性仮性半陰陽を呈した17α-hydroxylase欠損症の1例」『内科』52(6), pp.1175-1178
◆伊藤 良弥 19831100 「子宮腟部の急速な扁平上皮化生を認めた女性仮性半陰陽の1例」『産婦人科の世界』35(11), pp.1195-1201
◆穂坂 正彦,大島 博幸 19831100 「性分化異常症 (生殖内分泌<特集>)」『代謝』20(11), pp.1329-1332
◆五十嵐 俊彦 19831000 「異形成性,XY,男性半陰陽の1症例--Early fetal testicular regressionと思われた1症例」『日本不妊学会雑誌』28(4), pp.487-494
◆柳瀬 英明 19831000 「17α-hydroxylase欠損症による男性仮性半陰陽の1例」『内科』52(4), pp.787-792
◆小松 洋輔 19830900 「原因不明の女性半陰陽の1例--その発生要因に関する考察」『ホルモンと臨床』31(9), pp.917-920
◆布施 秀樹,皆川 秀夫,伊藤 晴夫,島崎 淳 19830400 「真性半陰陽の1例」『泌尿器科紀要』29(4), pp.451-457
◆小川 重男,杉山 守,河本 義之 19830100 「女性仮性半陰陽の成形術--術式の選択 (産科・婦人科手術のコツ(婦人科篇)<特集>) -- (外陰・腟の手術)」『産婦人科の実際』32(2), pp.157-160
◆佐藤 昭太郎,平岩 三雄 19830000 「「女性型」半陰陽における外陰部形成術 : 第81回信州地方会」『日本泌尿器科學會雜誌』74(1), pp.130-131
◆守屋 昭,小原 壮一,平尾 佳彦 19830000 「性腺の悪性変化を伴つた半陰陽の1例 : 第97回関西地方会」『日本泌尿器科學會雜誌』74(2), pp.273-274
◆杉本 雅幸,多胡 紀一郎,岩動 孝一郎,大綱 弘,原 慎 19830000 「男性仮性半陰陽の1例 : 第408回東京地方会」『日本泌尿器科學會雜誌』74(3), pp.454
◆矢崎 一雄 19821200 「低カリウム血性ミオパチ-と男性仮性半陰陽を伴い血漿アルドステロン高値を示した17α-hydroxylase欠損症の1例 (内分泌 興味ある症例-2-<特集>) -- (副腎)」『ホルモンと臨床』30, pp.186-190
◆岡部 勉,野田 進士,江藤 耕作 19821000 「真性半陰陽の1例」『西日本泌尿器科』44(5), pp.1225-1230
◆武田 克治 19821000 「真性半陰陽の1例」『西日本泌尿器科』44(5), pp.1235-1239
◆19820600 「仮性半陰陽 (性機能異常<特集>)」『日本臨床』40(6), pp.1341-1355
◆岩崎 克彦,藤井 明和 19820600 「半陰陽--真性半陰陽 (先天異常<症例特集>)」『産婦人科の世界』'82夏季増刊号, pp.274-275
◆熊本 悦明,丸田 浩 19820600 「男性半陰陽 (性機能異常<特集>) -- (仮性半陰陽)」『日本臨床』40(6), pp.1349-1355
◆木下 健二,蓑和田 滋 19820600 「女性仮性半陰陽 (性機能異常<特集>) -- (仮性半陰陽)」『日本臨床』40(6), pp.1341-1348
◆佐藤 昭太郎,平岩 三雄,関口 浩,安藤 徹,渡辺 忠男 19820400 「"女性型'' 半陰陽形成手術のさいの陰核 (陰茎) 縮小手術について : 第46回東部連合総会」『日本泌尿器科學會雜誌』73(4), pp.555
◆大島 博幸 19820400 「性分化異常症の分類と問題点 : 教育講演 : 第46回東部連合総会」『日本泌尿器科學會雜誌』73(4), pp.531-532
◆田中 成美,小林 裕,松本 真也,森田 辰男,徳江 章彦,米瀬 泰行 19820400 「真性半陰陽に合併した embryonal carcinoma の1例 : 第46回東部連合総会」『日本泌尿器科學會雜誌』73(4), pp.556
◆木村 太紀 19820400 「半陰陽の経験症例 : 第46回東部連合総会」『日本泌尿器科學會雜誌』73(4), pp.555-556
◆草場 泰之 19811200 「真性半陰陽の1例」『西日本泌尿器科』43(6), pp.1247-1251
◆米田 勝紀,斉藤 薫 19811120 「半陰陽形成尿道にみられた陰毛結石の1例 : 第129回東海泌尿器科学会」『日本泌尿器科學會雜誌』72(11), pp.1519
◆村上 泰秀,大越 正秋 19811020 「卵巣のう腫を伴った真性半陰陽の1例 : 第396回東京地方会」『日本泌尿器科學會雜誌』72(10), pp.1362
◆武島 仁,林正 健二,高橋 茂喜,矢崎 恒忠,小川 由英,石川 悟,根本 真一,加納 勝利,北川 龍一 19811020 「半陰陽の2例 : 第398回東京地方会」『日本泌尿器科學會雜誌』72(10), pp.1370
◆岩崎 克彦,藤井 明和,黒島 義男,見常 多喜子,河村 信夫,村上 泰秀,秦 順一,佐藤 慎吉 19810930 「真性半陰陽の一例」『先天異常 : 日本先天異常学会会報 : official journal of Congeital Anomalies Research Association of Japan』21(3), pp.337-338
◆小林 拓郎 19810900 「半陰陽Hermaphroditism (内分泌疾患診療の進歩<特集>)」『診断と治療』69(9), pp.1760-1762
◆出村 孝義,岡村 廉晴,藤沢 真,坂下 茂夫,高村 孝夫 19810820 「46XX/48XXYYモザイクの真性半陰陽の1例 : 第254回北海道地方会」『日本泌尿器科學會雜誌』72(8), pp.1106-1107
◆出村 孝義 19810800 「46XX/48XXYY モザイクの真性半陰陽の1例」『臨床泌尿器科』35(8), pp.803-806
◆柳沢 温 19810800 「女性にした男性半陰陽患者の1例」『臨床泌尿器科』35(8), pp.799-802
◆亀井 義広,近藤 捷嘉,西 光雄 19810000 「真性半陰陽の1例 : 第160回岡山地方会」『日本泌尿器科學會雜誌』72(6), pp.771
◆津島 知靖,金重 哲三,大橋 輝久 19810000 「女性半陰陽の3例 : 第162回岡山地方会」『日本泌尿器科學會雜誌』72(6), pp.779
◆柳沢 温,平林 直樹,内山 俊介,小川 秋実 19810000 「女性にした男性半陰陽患者の1例 : 第45回東部連国総会」『日本泌尿器科學會雜誌』72(4), pp.507
◆檜垣 昌夫,島田 誠,今村 一男,岩動 孝一郎,長谷川 知子,山田 清美 19810000 「H-Y抗原陽性であったXX型真性半陰陽の1例 : 第390回東京地方会」『日本泌尿器科學會雜誌』72(1), pp.114
◆津島 知靖 19801000 「女性半陰陽(Non-adrenal)3例の内分泌学的検討」『西日本泌尿器科』42(5), pp.1043-1049
◆椿尾 百合子,畠中 謙治,村上 勉,竹内 敏,中平 公士,村田 良輔,藤田 弘子 19800930 「染色体異常45, X/46, X,i dic(Yq)を認めた半陰陽の1新生児例」『先天異常 : 日本先天異常学会会報 : official journal of Congeital Anomalies Research Association of Japan』20(3), pp.254
◆是沢 光彦 19800700 「性分化異常の原因分類の試み」『臨床婦人科産科』34(7), pp.557-563
◆大橋 輝久 19800600 「男性半陰陽の臨床的内分泌学的検討--自験3例を含む女子として養育された男性半陰陽症例について」『西日本泌尿器科』42(3), pp.525-535
◆水野 正彦 19800500 「性分化異常を伴う症候群 (症候群の取扱いをめぐって<特集>)」『臨床婦人科産科』34(5), pp.359-363
◆川上 恭司 19800400 「Scimitar Syndromeの1例--偽半陰陽の合併」『呼吸と循環』28(4), pp.415-418
◆生垣 舜二,丸田 浩,熊本 悦明 19800000 「半陰陽の外陰部形成手術経験 (vaginoplastry と vaginectomy) : 第44回東部連合総会」『日本泌尿器科學會雜誌』71(5), pp.525
◆田浦 幸一,田代 隆良,藤松 真二郎,昇 清治,石崎 驍,計屋 紘信,徳永 毅,松尾 宗一郎,飯田 耕三,原 耕平,横田 実,河合 紀生子 19800000 「男性仮性半陰陽を呈した17α-Hydroxylase欠損症の一例」『日本内分泌学会雑誌』56(6), pp.843-854
(1970年代)
◆玉田 太朗 19791200 「女性半陰陽 (臨床医に必要な内分泌疾患の知識<特集>)」『内科』44(6), pp.978-980
◆高井 修道 19791200 「男性半陰陽 (臨床医に必要な内分泌疾患の知識<特集>)」『内科』44(6), pp.975-977
◆高安 久雄 19791120 「性分化異常について : 特別講演 : 第243回北海道地方会」『日本泌尿器科學會雜誌』70(11), pp.1303
◆谷口 光太郎,小柳 知彦 19791120 「男性仮性半陰陽に合併したウイルムス腫瘍 : 第244回北海道地方会」『日本泌尿器科學會雜誌』70(11), pp.1303-1304
◆是澤 光彦,佐藤 正仁,小池 貞徳,神保 利春,水野 正彦,坂元 正一 19790930 「37. 性分化異常の原因分類」『先天異常 : 日本先天異常学会会報 : official journal of Congeital Anomalies Research Association of Japan』19(3), pp.181
◆大島 博幸 19790900 「性分化異常症 (性-2-) -- (性医学)」『代謝』16, pp.1401-1407
◆トラチャンヨゲン,鈴木 唯司,寺山 百合子 19790820 「男性半陰陽の1例 : 第179回東北地方会」『日本泌尿器科學會雜誌』70(8), pp.966
◆渡辺 秀次,丸山 良夫,本宮 善恢,平松 侃,岡島 英五郎 19790700 「真性半陰陽の1例」『泌尿器科紀要』25(7), pp.695-702
◆水谷 修太郎 19790400 「性分化異常--インタ-セックス」『臨床泌尿器科』33(4), pp.319-331
◆水谷 修太郎 19790400 「性分化異常--インタ-セックス」『臨床泌尿器科』33(4), pp.319-331
◆柳 重行 19790400 「性染色体XX/XOのモザイクの呈した真性半陰陽の1例」『日本不妊学会雑誌』24(2), pp.201-204
◆森 隆 19790200 「男性仮性半陰陽の1例」『臨床小児医学』27(1), pp.21-26
◆東山 秀声,木津 収二 19790200 「男性仮性半陰陽の同朋発生例の検討」『産科と婦人科』46(2), pp.84-89
◆石田 肇 19790000 「男性半陰陽の下垂体性腺系内分泌機能に関する研究」『日本泌尿器科學會雜誌』70(6), pp.655-667
◆坂本 公孝 19781200 「18. 特別講演 性分化異常とその形成手術(第 14 回日本小児外科学会長崎地方会)」『日本小児外科学会雑誌』14(7), pp.1060
◆後藤 俊弘,大井 好忠 19781000 「真性半陰陽の1例」『西日本泌尿器科』40(5), pp.707-710
◆成富 研二 19780900 「半陰陽の2症例--特に将来の性の方向づけについて」『小児科診療』41(9), pp.1155-1160
◆渡辺 秀次,本宮 善恢 19780715 「真性半陰陽の1例 : 第77回関西地方会」『日本泌尿器科學會雜誌』69(7), pp.954
◆坂本 公孝,有吉 朝美 19780500 「性分化異常とその形成手術」『臨牀と研究』55(5), pp.1476-1482
◆松本 英亜,柳下 次雄,中山 孝一,安藤 弘 19780200 「真性半陰陽3例の治療成績 : 第41回東部連合地方会」『日本泌尿器科學會雜誌』69(2), pp.246
◆町田 豊平,大石 幸彦,谷野 誠,荒井 由和 19780200 「半陰陽に対する造膣術の治療成績 : 第41回東部連合地方会」『日本泌尿器科學會雜誌』69(2), pp.246
◆東 四雄,木村 好介,高木 健太郎,大島 博幸,横川 正之,内島 豊,阿久津 元秀,岡田 耕市,駒瀬 元二 19780200 「男女性半陰陽の長期観察例について : 第41回東部連合地方会」『日本泌尿器科學會雜誌』69(2), pp.246
◆浜田 和一郎,人見 浩,菅原 茂,舟生 富寿 19780200 「真性半陰陽(女性型)の内外性器男性型変換手術例の経過 : 第41回東部連合地方会」『日本泌尿器科學會雜誌』69(2), pp.245-246
◆福谷 恵子,石田 肇,岩動 孝一郎,高安 久雄,木下 健二 19780200 「半陰陽の治療 : 半陰陽長期観察例の検討 : 公募演題 : 第41回東部連合地方会」『日本泌尿器科學會雜誌』69(2), pp.245
◆石田 肇,岩動 孝一郎,福谷 恵子,細井 康男,高安 久雄 19780100 「各種男子性腺機能不全,および性分化異常疾患におけるhCGテストについて」『日本泌尿器科學會雜誌』69(1), pp.6-14
◆水谷 修太郎,奥山 明彦 19771200 「性腺ホルモンと性分化異常(眼で見るペ-ジ-165-) (性腺ホルモン<特集>)」『代謝』14(12), pp.別3p
◆成富 研二,池田 琢哉,八木 俊一,角田 和之,後藤 俊弘 19770930 「65. 半陰陽の3症例」『先天異常 : 日本先天異常学会会報 : official journal of Congeital Anomalies Research Association of Japan』17(3), pp.413-414
◆寺田 信行,松本 圭史 19770900 「5α-還元酵素欠損症--家族性不完全男性仮性半陰陽type 2 (医学の動向1977<特集>) -- (内分泌,代謝)」『臨床科学』13(9), pp.1070-1075
◆秋山 康夫,長谷川 直義,福島 峰子,九嶋 勝司 19770801 「5.インターセックスに関する心身医学的検討(第8回日本心身医学会東北地方部会演題抄録・質疑応答)」『心身医学』17(4), pp.274
◆加藤 順三 19770700 「病気の生化学-14-仮性半陰陽-2-性ホルモンレセプタ-の異常(講座)」『代謝』14(7), pp.1201-1207
◆小川 秋実,福谷 恵子,石田 仁男 19770700 「男性半陰陽における会陰式腟摘除術の経験」『手術』31(7), pp.773-776
◆吉崎 健一,松本 圭史 19770600 「病気の生化学-14-仮性半陰陽-1-性ホルモン代謝異常(講座)」『代謝』14(6), pp.1113-1121
◆岸谷 勲,東 悦雄,岡部 郁夫,森田 建 19770320 「III-C-25 半陰陽の5経験例について」『日本小児外科学会雑誌』13(2), pp.340
◆菊池 康基,ほか3名 19770200 「真性半陰陽シロネズミでみられたXO/XYq-型性染色体モザイク〔英文〕」『遺伝学雑誌』52(1), pp.73-79
◆工藤 惇三,緒方 二郎 19770200 「真性半陰陽の1例」『西日本泌尿器科』39(1), pp.107-112
◆垣本 滋 19770000 「男性仮性半陰陽の1例, testicular feminization syndrome のincomplete type : 第178回長崎地方会」『日本泌尿器科學會雜誌』68(5), pp.504
◆関根 昭一 19770000 「半陰陽症例における女性化外陰部形成術 : 第219回新潟地方会」『日本泌尿器科學會雜誌』68(1), pp.104
◆計屋 紘信,星野 知生 19770000 「同胞にみられた男性仮性半陰陽testicular feminization syndromeのcomplete type : 第178回長崎地方会」『日本泌尿器科學會雜誌』68(5), pp.504
◆兼田 達夫,佐々木 絹子 19770000 「家族性男子性半陰陽症例 : 第230回北海道地方会」『日本泌尿器科學會雜誌』68(7), pp.704
◆高野 真彦,鍬塚 寿 19770000 「真性半陰陽の2例について : 第177回長崎地方会」『日本泌尿器科學會雜誌』68(5), pp.500
◆緒方 二郎,工藤 惇三,矢野 真治郎 19770000 「真性半陰陽の1例 : 第98回熊本地方会」『日本泌尿器科學會雜誌』68(4), pp.409
◆石田 仁男,福谷 恵子,小川 実秋 19770000 「会陰式膣摘除術を施行した男性半陰陽の1例 : 第362回東京地方会」『日本泌尿器科學會雜誌』68(1), pp.90
◆田島 惇,藤目 真,村橋 勲,岩動 孝一郎,阿曽 佳郎 19770000 「男性仮性半陰陽の形成手術後にみられた膣結石の1治験例 : 第362回東京地方会」『日本泌尿器科學會雜誌』68(1), pp.90
◆納富 寿,計屋 紘信,金武 洋 19761200 「矮小陰茎を伴う真性半陰陽の1例」『臨床泌尿器科』30(12), pp.1067-1069
◆大森 晧一,飯星 元博,池上 奎一 19761120 「外陰部形成術を行つた女性仮性半陰陽の1例 : 第96回熊本地方会」『日本泌尿器科學會雜誌』67(11), pp.995
◆竹崎 徹,福井 準之助,芝 伸彦 19761120 「真性半陰陽の2例 : 第68回信州地方会」『日本泌尿器科學會雜誌』67(11), pp.999
◆近藤 俊彦 19761000 「17α-ヒドロキシラ-ゼ欠損症による男性仮性半陰陽の1例」『代謝』13(10), pp.1513-1519
◆玉田 太朗 19760900 「性分化異常 (小児婦人科学)」『産科と婦人科』43(9), pp.1128-1132
◆竹崎 徹,福井 準之助,芝 伸彦 19760900 「真性半陰陽の2例--本邦報告100例の統計的考察」『泌尿器科紀要』22(6), pp.657-668
◆中村 晶 19760300 「男性半陰陽を伴ったレ-ベル病の1症例」『眼科臨床医報』70(3), pp.245-249
◆近藤 厚生,三宅 弘治,鳥居 肇 19760000 「男性半陰陽の3例と本邦文献の検討」『日本泌尿器科學會雜誌』67(6), pp.465-472
◆松本 英亜,中島 孝雄,柳下 次雄,安藤 弘 19760000 「真性半陰陽の3例 : 第359回東京地方会」『日本泌尿器科學會雜誌』67(3), pp.219
◆鍬塚 寿,金武 洋,高野 真彦 19751200 「3. 真性半陰陽の 2 例(第 11 回日本小児外科学会長崎地方会)」『日本小児外科学会雑誌』11(5), pp.751-752
◆水谷 修太郎 19750920 「性分化異常の基礎と臨床 : 内分泌を中心に」『日本泌尿器科學會雜誌』66(9), pp.545-548
◆鈴木 唯司,工藤 茂宣,小野寺 孝夫,舟生 富寿 19750920 「男性化手術を施行した真性半陰陽の双生児例」『日本泌尿器科學會雜誌』66(9), pp.613
◆鳥居 肇,小林 建仁,近藤 厚生,早瀬 喜正,岩垣 重秋 19750720 「子宮のある男性(ミューラー管性半陰陽)の1例 : 第106回東海地方会」『日本泌尿器科學會雜誌』66(7), pp.445
◆佐々木 進,西島 高明,大山 武司,早原 信行,辻田 正昭,新 武三 19750400 「Hernia uteri inguinalisの1例,ならびに男性型男性半陰陽に対する2〜3の考察」『泌尿器科紀要』21(4), pp.295-302
◆白井 将文,松田 尚太郎,光川 史郎 19750300 「真性半陰陽の腟・子宮・卵管・精管造影像(図譜-434-)」『臨床泌尿器科』29(3), pp.175
◆駒瀬 元治 19750200 「半陰陽の診断から治療へ (診断から治療へ--性徴の異常<年間テ-マ>)」『臨床婦人科産科』29(2), pp.109-113
◆佐々木 秀平,久保 隆,大堀 勉 19750200 「真性半陰陽の1例」『泌尿器科紀要』21(2), pp.115-120
◆光川 史郎,松田 尚太郎,白井 将文 19750000 「真性半陰陽の2例 : 第171回東北地方会」『日本泌尿器科學會雜誌』66(6), pp.374
◆工藤 慎吉,中村 恒雄 19750000 「尿道形成術を施行した副腎性器症候群(女性仮性半陰陽)の1例 : 第93回熊本地方会」『日本泌尿器科學會雜誌』66(6), pp.379-380
◆三宅 弘治,寛 英雄 19750000 「男性仮性半陰陽の1例 : 第102回東海地方会」『日本泌尿器科學會雜誌』66(1), pp.44
◆大島 博幸,酒井 邦彦,高木 健太郎,池上 茂 19741120 「真性半陰陽の細胞遺伝学的検索 : 性染色体構成と性腺および導管系の分化」『日本泌尿器科學會雜誌』65(11), pp.732-740
◆高安 久雄 19741000 「真性半陰陽の2例」『ホルモンと臨床』22(10), pp.1181-1184
◆秋本 尚孝,宮原 晋一,佐藤 幸男,岡本 直正,日高 惟登 19740930 「先天性女性仮性半陰陽の4剖検例」『先天異常 : 日本先天異常学会会報 : official journal of Congeital Anomalies Research Association of Japan』14(3), pp.222-223
◆岩動 孝一郎 19740100 「半陰陽 泌尿器科から (内分泌疾患の治療(特集))」『ホルモンと臨床』22(1), pp.208-211
◆諏訪 誠三 19740100 「半陰陽 小児科から (内分泌疾患の治療(特集))」『ホルモンと臨床』22(1), pp.204-206
◆大江 宏,小田 完五,岩本 稔,三品 輝男,村田 庄平,森 康行 19740100 「性染色体構成XXの真性半陰陽例」『泌尿器科紀要』20(1), pp.39-46
◆一条 貞敏,今村 厳,平井 庸夫,白岩 康夫 19740000 「女性半陰陽2症例 : 第169回東北地方会」『日本泌尿器科學會雜誌』65(2), pp.130
◆関根 昭一 19740000 「XX型真性半陰陽の1例 : 第210回新潟地方会」『日本泌尿器科學會雜誌』65(5), pp.338
◆古島 浩,中野 けい子,工藤 茂宣 19740000 「Scrotolabial fusionが伴われた真性半陰陽の双生児例 : 第169回東北地方会」『日本泌尿器科學會雜誌』65(2), pp.129-130
◆坂下 茂夫,本村 勝昭,小柳 知彦 19740000 「真性半陰陽の2例 : 第216回北海道地方会」『日本泌尿器科學會雜誌』65(5), pp.327-328
◆松本 泰,和久 正良,小島 弘敬,豊嶋 穆 19740000 「真性半陰陽の1 例. : 診断における Pelvic Pneumography の応用 : 第38回東部連合地方会」『日本泌尿器科學會雜誌』65(4), pp.261
◆石田 肇,小磯 謙吉,岩動 孝一郎,木下 健二,高安 久雄 19740000 「真性半陰陽の2例 : 第347回東京地方会」『日本泌尿器科學會雜誌』65(1), pp.73
◆福谷 恵子,岩動 孝一郎,阿曽 佳郎 19740000 「真性半陰陽の1例 : 第350回東京地方会」『日本泌尿器科學會雜誌』65(5), pp.335
◆北川 照男 19731100 「半陰陽の分類とその臨床」『小児科』14(12), pp.1127-1139
◆水谷 修太郎 19730900 「その他 半陰陽 内分泌を中心に (医学の動向(特集)) -- (臨床・基礎編)」『臨床科学』9(9), pp.1225-1228
◆稲富 顕二,岡 進,野村 洋二,田 根培,津端 捷夫,吉田 孝雄,福井 靖典,高木 繁夫,馬島 季磨,澤崎 千秋 19730701 「194. 真性半陰陽の2例」『日本産科婦人科學會雜誌』25(7), pp.720
◆大久保 喜久子 19730201 「性異常例に関する臨床細胞遺伝学的研究」『日本産科婦人科學會雜誌』25(2), pp.91-97
◆星野 英明 19730200 「仮性半陰陽を合併する複雑な心奇形2例」『和歌山医学』24(1), pp.53-58
◆日高 正昭 19730200 「XX型真性半陰陽の1例」『西日本泌尿器科』35(1), pp.53-56
◆近藤 厚 19730100 「真性半陰陽 臨床講義(臨床講義 特集)」『臨牀と研究』50(1), pp.67-72
◆西田 悦郎 19730100 「インターセックス ♂と♀についての一考察(随想)」『泌尿器科紀要』19(1), pp.1-2
◆田中 良憲 19730100 「家族性男性半陰陽の2例」『ホルモンと臨床』21(1), pp.87-91
◆関根 昭一 19730000 「男性半陰陽の1例 : 第207回新潟地方会」『日本泌尿器科學會雜誌』64(6), pp.518
◆熊本 悦明,大西 茂樹 19730000 「内性器所見が興味ある男性半陰陽症例 : 第208回北海道地方会」『日本泌尿器科學會雜誌』64(6), pp.512-513
◆酒井 邦彦,水尾 敏之,竹内 弘幸 19730000 「交差性睾丸転位を伴う男性半陰陽 : 恐らくは睾丸性女性化症候群 : 第345回東京地方会」『日本泌尿器科學會雜誌』64(7), pp.600
◆小林 収,三矢 英輔 19730000 「真性半陰陽の2例 : 第100回東海地方会」『日本泌尿器科學會雜誌』64(8), pp.682-683
◆大江 宏,村田 庄平,岩本 稔,竹腰 八郎,三品 輝男 19730000 「真性半陰陽例 : 第63回関西地方会」『日本泌尿器科學會雜誌』64(11), pp.991
◆佐々木 秀平 19721120 「真性半陰陽の1例 : 第166回東北地方会」『日本泌尿器科學會雜誌』63(11), pp.979
◆酒井 邦彦,佐々木 直子,大島 博幸,駒瀬 元治 19720920 「ヒト細胞核における螢光小体(fluorescent body)の研究.第3報 : 性分化異常患者におけるF小体の検索」『日本泌尿器科學會雜誌』63(9), pp.757-758
◆加藤 篤二,高橋 陽一,山下 奣世 19720800 「真性半陰陽の1例」『泌尿器科紀要』18(8), pp.602-608
◆岩動 孝一郎 19720720 「性染色体異常と男性半陰陽 : 性器異常と性染色体 : シンポジウム : 第36回東部連合地方会」『日本泌尿器科學會雜誌』63(7), pp.559
◆大島 博幸 19720720 「性染色体と真性半陰陽 : 性器異常と性染色体 : シンポジウム : 第36回東部連合地方会」『日本泌尿器科學會雜誌』63(7), pp.559-560
◆木下 健二 19720720 「女性半陰陽について : 特別発言 : 性器異常と性染色体 : シンポジウム : 第36回東部連合地方会」『日本泌尿器科學會雜誌』63(7), pp.560-561
◆矢吹 朗彦 19720700 「新生児にみられたX/XY/XXの染色体構成をもつ仮性男性半陰陽の一例」『日本不妊学会雑誌』17(3), pp.170-177
◆市川 潤 19720600 「男性仮性半陰陽者の心因反応」『精神医学』14(6), pp.513-520
◆岩動 孝一郎 19720400 「性染色体と性分化異常」『西日本泌尿器科』34(3), pp.261-266
◆大原 義雄 19720300 「副腎性器症候群による女性の仮性半陰陽について」『形成外科』15(2), pp.196-202
◆須永 進,早川 洋,馬越 文男,岡部 郁夫,森田 建 19710800 「39. 先天性副腎過形成による仮性女性半陰陽の 1 例について(第 5 回日本小児外科学会関東甲信越地方会)」『日本小児外科学会雑誌』7(3), pp.268
◆尾本 徹男,中尾 偕主,妹尾 康平,坂本 公孝,黒木 良和 19710800 「7. 真性半陰陽の臨床経験, ことにその性染色体構成と外科的治療について(第 7 回日本小児外科学会九州地方会)」『日本小児外科学会雑誌』7(3), pp.243
◆矢吹 朗彦,舘野 政也 19710701 「181. 45, X/46, XY/46, XXの染色体構成をもつ半陰陽早産児の1例 (昭和45年臨床大会講演要旨)」『日本産科婦人科學會雜誌』23(7), pp.704
◆田中 良憲 19710600 「女性化手術を行なった男性仮性半陰陽の6例 特に分類と予後について」『ホルモンと臨床』19(6), pp.467-472
◆落合 京一郎 19710500 「半陰陽(眼で見るページ-87-)」『代謝』8(6), pp.別1-4
◆岩動 孝一郎 19710100 「真性半陰陽について とくに性染色体と性腺発生異常」『内科』27(1), pp.135-141
◆岩動 孝一郎,松本 泰,北川 竜一,和久 正良,高安 久雄,木下 健二 19710000 「男性半陰陽の臨床 : 第2報」『日本泌尿器科學會雜誌』62(10), pp.790-791
◆高安 久雄,木下 健二,岩動 孝一郎,小峰 志訓 19710000 「性染色体構成46,XX/46,XY mosaicを示した真性半陰陽の1例 : 第333回東京地方会」『日本泌尿器科學會雜誌』62(6), pp.497
◆高安 久雄,木下 健二,岩動 孝一郎,小峰 志訓,外村 晶 19710000 「染色体46, XXを示した男性半陰陽症例 : 第330回東京地方会」『日本泌尿器科學會雜誌』62(3), pp.265-266
◆斎藤 武志,小津 堅輔 19710000 「真性半陰陽と思われる1例 : 第162回東北地方会」『日本泌尿器科學會雜誌』62(4), pp.340
◆松本 英亜,安藤 弘,山本 隆司,鈴木 良二,松島 正浩,小原 武博 19710000 「右腎結石を合併した真性半陰陽の1例 : <一般演題> : 第35回東部連合地方会」『日本泌尿器科學會雜誌』62(5), pp.394
◆大北 健逸,松元 鉄二 19710000 「男性半陰陽にともなう交叉性偏位睾丸のひとつに発生をみたSeminomaの1例 : 第125回岡山地方会」『日本泌尿器科學會雜誌』62(1), pp.112
◆池上 茂,落合 京一郎,駒瀬 元治,岡 薫 19701225 「真性半陰陽の11例」『先天異常 : 日本先天異常学会会報 : official journal of Congeital Anomalies Research Association of Japan』10(4), pp.234-235
◆落合 京一郎 19701200 「半陰陽,その解釈と分類(小児の泌尿器疾患 特集)」『臨床泌尿器科』24(13), pp.19-26
◆落合 京一郎 19701200 「半陰陽,その解釈と分類 (小児の泌尿器疾患(臨時増刊特集))」『臨床泌尿器科』24(13), pp.19-26
◆岩動 孝一郎 19701100 「いわゆる"Ambiguous External Genitalia"をもった男性半陰陽について」『臨床泌尿器科』24(11), pp.1049-1055
◆岩動 孝一郎 19701100 「Reifenstein症候群 男性半陰陽の1特殊型」『内科』26(5), pp.951-956
◆高田 元敬 19701000 「最近経験した真性半陰陽を含む各種半陰陽5症例」『日本不妊学会雑誌』15(4), pp.336-341
◆中尾 偕主 19701000 「真性半陰陽の2例」『西日本泌尿器科』32(5), pp.449-456
◆新 武三 19700500 「インターセックス (染色体異常(特集)) -- (臨床)」『臨床科学』6(5), pp.616-622
◆小坂 順治 19700100 「姉妹共に男性仮性半陰陽であった症例」『日本不妊学会雑誌』15(1), pp.80-84
◆岩動 孝一郎,高崎 悦司,佐久間 実,西村 洋司 19700000 「"Ambiguous External Genitalia''を呈した男性半陰陽の1例」『日本泌尿器科學會雜誌』61(9), pp.921
◆近藤 圭介 19700000 「非進行性の男性化症を伴う女性半陰陽の1例 : 第8回四国地方会」『日本泌尿器科學會雜誌』61(10), pp.1033
◆近藤 圭介,金川 征史郎 19700000 「真精半陰陽の1例 : 第3回四国地方会」『日本泌尿器科學會雜誌』61(3), pp.308
◆佐藤 勝,佐々木 忠正,南 孝明,千野 一郎,南 武,小川 重男,大石 英恒 19700000 「真性半陰陽の1例」『日本泌尿器科學會雜誌』61(9), pp.921
◆寺田 雅生,島村 昭吾,門野 雅夫 19700000 「女性仮性半陰陽症例追加 : 第194回北海道地方会」『日本泌尿器科學會雜誌』61(7), pp.723
◆城仙 泰一郎 19700000 「男性仮性半陰陽を伴う両側ウイルス腫瘍症例 : 第47回広島,第123回岡山合同地方会」『日本泌尿器科學會雜誌』61(10), pp.1029-1030
◆田中 義憲 19700000 「真性半陰陽の1例 : 第192回新潟地方会」『日本泌尿器科學會雜誌』61(2), pp.212-213
◆土肥 英雄,稲富 文人,大森 周三郎 19700000 「真性半陰陽の1例 : 一般演題 : 第34回東部連合地方会」『日本泌尿器科學會雜誌』61(8), pp.828-829
(1960年代)
◆落合 京一郎,駒瀬 元治,岡 薫 19691225 「半陰陽の臨床的研究」『先天異常 : 日本先天異常学会会報 : official journal of Congeital Anomalies Research Association of Japan』9(4), pp.241
◆楢原 憲章 19691200 「診断に困難した女性仮性半陰陽の1例」『臨床泌尿器科』23(12), pp.993-997
◆大越 正秋 19690700 「女性仮性半陰陽の2例」『臨床泌尿器科』23(7), pp.573-579
◆近藤 圭介 19690600 「XX型真性半陰陽の1例」『西日本泌尿器科』31(3), pp.378-383
◆佐々木 桂一 19690400 「性染色体構成XX型の真性半陰陽の1例」『臨床泌尿器科』23(4), pp.311-316
◆鈴木 雅洲 19690400 「半陰陽・Klinefelter症候群・Turner症候群などの診断要点 (診断のキーポイント(特集))」『産科と婦人科』36(4), pp.421-425
◆竹内 睦男 19690200 「男性半陰陽の1例」『臨床泌尿器科』23(2), pp.153-156
◆新 武三 19690100 「インターセックス (染色体と先天異常疾患(特集)) -- (性染色体異常の臨床)」『綜合臨床』18(1), pp.102-111
◆森 義則,生駒 文彦 19690100 「尿道下裂を合併し男性半陰陽を思わせた重複直腸の1例」『泌尿器科紀要』15(1), pp.52-57
◆高田 元敬 19690000 「男性仮性半陰陽の1例 : 第117回岡山地方会」『日本泌尿器科學會雜誌』60(10), pp.997
◆佐々木 桂一,白井 将文,松下 船三郎,一条 貞敏,竹内 睦男 19690000 「性染色体構成 XX 型の真性半陰陽の1例 : 第156回東北地方会」『日本泌尿器科學會雜誌』60(5), pp.471-472
◆三矢 英輔,早川 常彦 19690000 「真性半陰陽の1例 : 第83回東海地方会」『日本泌尿器科學會雜誌』60(6), pp.586
◆姉崎 衛 19690000 「性染色体構成 XX/XY のモザイクを示した真性半陰陽の1例 : 第188回新潟地方会」『日本泌尿器科學會雜誌』60(1), pp.90
◆小田 完五,小野 利彦 19690000 「真性半陰陽例症 : 第18回中部連合地方会」『日本泌尿器科學會雜誌』60(3), pp.277
◆新 武三,早原 信行,大道 彰 19690000 「男性半陰陽について : 第47回関西地方会」『日本泌尿器科學會雜誌』60(4), pp.357
◆森 義則,水谷 修太郎,楠 隆光 19690000 「同胞にみれらた真性半陰陽 : 第18回中部連合地方会」『日本泌尿器科學會雜誌』60(3), pp.277
◆大越 正秋,東福寺 英之,河村 信大,川上 隆,長久保 一朗 19690000 「女性仮性半陰陽の2例 : 33回東部連合地方会」『日本泌尿器科學會雜誌』60(7), pp.714
◆竹内 睦男,松下 〓三郎,加賀山 学,一条 貞敏,佐々木 桂一,白井 将文 19681120 「男性半陰陽の1例 : 第154回東北地方会」『日本泌尿器科學會雜誌』59(11), pp.1051
◆森 義則,水谷 修太郎 19681020 「同胞にみられた真性半陰陽」『日本泌尿器科學會雜誌』59(10), pp.857-864
◆田中 啓幹 19681000 「男性仮性半陰陽の1例」『皮膚と泌尿』30(5), pp.875-879
◆高橋 陽一,小松 洋輔,山下 〓世 19680720 「Lateral Variety真性半陰陽の1例 : 第42回関西地方会」『日本泌尿器科學會雜誌』59(7), pp.645
◆酒井 晃,小坂 哲志,近沢 秀幸 19680720 「高度のミユーラー氏管発育を伴える男性仮性半陰陽の1例 : 第233回北陸地方会」『日本泌尿器科學會雜誌』59(7), pp.639
◆鈴木 雅洲 19680700 「真性半陰陽の一例」『産科と婦人科』35(7), pp.1025-1031
◆李 声,高野 喜一,西村 秀雄 19680630 「初期人胚に見出された真半陰陽」『先天異常 : 日本先天異常学会会報 : official journal of Congeital Anomalies Research Association of Japan』8(2), pp.91-92
◆坂倉 啓夫 19680400 「半陰陽の彫刻(ホルモン随想)」『ホルモンと臨床』16(4), pp.75-81
◆松永 武三 19680200 「先天的性器異常(特にインターセックス)の診断と治療」『産婦人科治療』16(2), pp.139-149
◆岡田 正俊 19680101 「性異常およびDown症候群症例に対する染色体検索」『日本産科婦人科學會雜誌』20(1), pp.10-18
◆鈴木 雅洲,佐々木 太郎,岡田 正俊 19671031 「真性半陰陽の2例(性染色体構成XY/XX,XO/XY)」『先天異常 : 日本先天異常学会会報 : official journal of Congeital Anomalies Research Association of Japan』7(3), pp.153-154
◆楠 隆光 19671000 「半陰陽の尿中ステロイド分画」『日本不妊学会雑誌』12(4), pp.283-294
◆楠 隆光 19671000 「半陰陽に対する外陰部形成手術の実際」『日本不妊学会雑誌』12(4), pp.269-282
◆倉智 敬一 19670900 「半陰陽(医学の動向特集)」『臨床科学』3(9), pp.1206-1211
◆野嶽 幸雄 19670900 「性染色体XX/XXYのモザイクを示した真性半陰陽」『ホルモンと臨床』15(9), pp.747-752
◆岸本 彦三郎 19670701 「197. 家族的に発生せる男性仮性半陰陽について」『日本産科婦人科學會雜誌』19(7), pp.811
◆鈴木 雅洲 19670400 「半陰陽・女性性器奇形 (鑑別診断のキーポイント(第17回日本医学会総会記念)(特集))」『産科と婦人科』34(4), pp.539-546
◆高井 修道,島村 昭吾,疋田 政博 19670000 「性染色体構成XYの真性半陰陽」『日本泌尿器科學會雜誌』58(3), pp.331-336
◆高井 修道,疋田 政博 19670000 「真性半陰陽 : 第177回北海道地方会」『日本泌尿器科學會雜誌』58(3), pp.354
◆入沢 俊氏 19661200 「心因反応を呈した興味ある男性仮性半陰陽の1例」『臨床皮膚泌尿器科』20(13), pp.1279-1282
◆落合 京一郎,駒瀬 元治,岡 薫 19660930 「男子膣の発生学的,形態学的研究 第1報 : 単純性尿道下裂および半陰陽における男子膣」『先天異常 : 日本先天異常学会会報 : official journal of Congeital Anomalies Research Association of Japan』6(3), pp.178
◆駒瀬 元治 19660700 「半陰陽」『ホルモンと臨床』14(7), pp.592-598
◆田村 一 19660700 「真性半陰陽の1例」『臨床皮膚泌尿器科』20(8), pp.849-853
◆森田 迪夫 19660300 「豚の半陰陽の2例について」『日本獣医師会雑誌』19(3), pp.119-122
◆一条 貞敏,入沢 俊氏,白井 将久,松下 〓三郎,加賀 山学,青木 恭規 19660000 「心因反応をきたした男性半陰陽の1例 : 第149回東北地方会」『日本泌尿器科學會雜誌』57(7), pp.800
◆久保田 力生 19660000 「女性仮性半陰陽の1例 : 第70回熊本地方会」『日本泌尿器科學會雜誌』57(8), pp.912
◆中村 武久 19660000 「2. 男性仮性半陰陽の 1 例(長崎地方会)」『日本小児外科学会雑誌』3(1), pp.222
◆田村 峯雄,松永 武三,村上 憲一郎,井上 堯司,古山 順一 19660000 「インターセックスの研究,睾丸形成不全症(所謂類宦官症)及び睾丸性女性性化症の家族的発生に対する遺伝学的再検討 : 第54回総会」『日本泌尿器科學會雜誌』57(9), pp.1009
◆野村 晃弘,大野 正,古山 順一 19651228 「半陰陽及スび白子の各1例について」『先天異常 : 日本先天異常学会会報 : official journal of Congeital Anomalies Research Association of Japan』5(4), pp.260
◆成田 収 19650601 「黄体ホルモン様物質投与の雌ラット胎仔の性分化に与える影響」『日本産科婦人科學會雜誌』17(6), pp.517-526
◆入沢 俊氏 19650600 「真性半陰陽の1例」『臨床皮膚泌尿器科』19(6), pp.631-634
◆入沢 俊氏 19650500 「女性仮性半陰陽の2例」『臨床皮膚泌尿器科』19(5), pp.457-461
◆尾関 信彦 19650200 「真性半陰陽の1例」『臨床皮膚泌尿器科』19(2), pp.????
◆久保田 カ生 19650000 「男性仮性半陰陽の1例 : 第66回熊本地方会」『日本泌尿器科學會雜誌』56(1), pp.120
◆駒瀬 元治,横川 正之,大島 博幸,斉藤 隆 19650000 「睾丸の交差性変位をともなう男性半陰陽いわゆる Mullerian Intersex について : 第292回東京地方会」『日本泌尿器科學會雜誌』56(8), pp.901-902
◆松永 武三 19650000 「性分化異常に対する臨床的および細胞遺伝学的考察」『日本泌尿器科學會雜誌』56(11), pp.1209-1224
◆菅井 昂夫,臼井 紀一,鈴木 恵三 19650000 「男性半陰陽の1例 : 第289回東京地方会」『日本泌尿器科學會雜誌』56(7), pp.767
◆菅井 昂夫,臼井 紀一,鈴木 恵三 19650000 「先天性副腎過形成に伴う女性半陰陽の1例 : 第286回東京地方会」『日本泌尿器科學會雜誌』56(2), pp.241
◆田村 一,中村 宏,矢島 暎夫 19650000 「真性半陰陽の1例 : 第291回東京地方会」『日本泌尿器科學會雜誌』56(8), pp.896
◆道中 信也,竹中 生昌 19650000 「男性仮性半陰陽の1例 : 第36回広島地方会」『日本泌尿器科學會雜誌』56(7), pp.780
◆尾関 信彦,伊藤 鉦二 19650000 「真性半陰陽の1例 : 第67回東海地方会」『日本泌尿器科學會雜誌』56(3), pp.345
◆浮田 昌彦 19641100 「切迫流産に対するgestagen療法による黄疸の発生ならびに女児仮性半陰陽をみた1例」『産婦人科の進歩』16(6), pp.????
◆浮田 昌彦 19641100 「切迫流産に対するgestagen療法により黄疸の発生ならびに女児仮性半陰陽をみた1例」『産婦人科の進歩』16(6), pp.????
◆野田 金次郎 19641100 「本邦における半陰陽についての管見-2-」『産婦人科治療』9(5), pp.????
◆三谷 茂,中島 唯夫,丸山 英一,北村 益,足立 康弘,柳下 晃,高柳 和雄,檀上 忠行 19641030 「合成黄体ホルモン使用時の仮性半陰陽発生に対する使用動機と使用期間の考察」『先天異常 : 日本先天異常学会会報 : official journal of Congeital Anomalies Research Association of Japan』4(2), pp.101-102
◆市川 篤二 19640900 「真性半陰陽について」『ホルモンと臨床』12(9), pp.????
◆鈴木 雅洲 19640900 「各種性ホルモン投与母ラットより出生した雌性仮性半陰陽」『産婦人科の世界』16(9), pp.????
◆七野 滋彦 19640500 「女子ヘルニア手術で発見した男性仮性半陰陽の1例」『日本臨床外科医学会雑誌』25(3), pp.????
◆酒徳 治三郎,本郷 美弥,蛭多 量令,北山 太一,相馬 隆臣 19640100 「真性半陰陽の2例」『泌尿器科紀要』10(1), pp.33-40
◆野田 金次郎 19640100 「本邦における半陰陽についての管見-1-」『産婦人科治療』8(1), pp.????
◆道中 信也 19630900 「仮性男性半陰陽の外陰部形成手術症例」『手術』17(9), pp.????
◆中村 義孝,浜津 吉男 19630401 「男性仮性半陰陽の1例 : 睾丸性女性化症候群」『日本産科婦人科學會雜誌』15(5), pp.386-390
◆秦 良麿,小室 実,浜津 吉男,中村 義孝 19630301 「女性仮性半陰陽の1例 : 副腎皮質腺癌による副腎性器症候群」『日本産科婦人科學會雜誌』15(4), pp.311-316
◆稲田 務 19630200 「先天性副腎皮質増生による女性半陰陽(副腎性器症候群)の2例」『内分泌と代謝』4(1), pp.67-71
◆根本 康 19630200 「仮性半陰陽を伴った先天性外胚葉欠損症の1例」『小児科診療』26(2), pp.????
◆駒瀬 元治,武田 裕寿,横川 正之,稲田 俊雄,根岸 荘次 19630000 「真性半陰陽の5例(第27回東部連合地方会,学会抄録)」『日本泌尿器科學會雜誌』54(4), pp.456
◆熊本 悦明,阿曽 佳郎,岡田 清己,横山 正夫 19630000 「性染色体 XY の真性半陰陽症例追加 : 第273回東京地方会」『日本泌尿器科學會雜誌』54(5), pp.569
◆熊本 悦明,浅野 美智雄,木下 健二,外村 晶 19630000 「性染色体 XO の Turner 型男性仮性半陰陽 : 第275回東京地方会」『日本泌尿器科學會雜誌』54(10), pp.1045
◆市川 篤二,熊本 悦明,外村 晶 19630000 「性分化異常と性染色体」『日本泌尿器科學會雜誌』54(9), pp.935-936
◆志田 圭三,栗原 寛,松下 磐 19630000 「(1)真性半陰陽,(2)内性器ヘルニア(第27回東部連合地方会,学会抄録)」『日本泌尿器科學會雜誌』54(4), pp.456
◆酒徳 治三郎,北山 太一,本郷 美弥,相馬 隆臣 19630000 「真性半陰陽の2例 : 第23回関西地方会」『日本泌尿器科學會雜誌』54(10), pp.1057
◆松永 武三,水谷 修太郎,古山 順一 19630000 「インターセックス症例 : 第20回関西地方会」『日本泌尿器科學會雜誌』54(7), pp.773
◆瀬川 昭夫,三宅 弘治,福島 賢秀 19630000 「仮性半陰陽の2例 : 第64回東海地方会」『日本泌尿器科學會雜誌』54(11), pp.1169
◆白井 将文,大越 高光,入沢 俊氏 19630000 「仮性半陰陽の2例 : 第140回東北地方会」『日本泌尿器科學會雜誌』54(7), pp.763
◆片山 喬,深谷 邦男 19630000 「睾丸横偏位及び内性器ヘルニヤを伴える男性半陰陽の1例 : 第273回東京地方会」『日本泌尿器科學會雜誌』54(5), pp.569
◆松永 武三 19621220 「正常人ならびに各種インターセックスにおける染色体の研究」『日本泌尿器科學會雜誌』53, pp.94-95
◆百瀬 剛一,片山 喬,並木 徳重郎 19620800 「男性半陰陽を伴える停留睾丸腫瘍」『泌尿器科紀要』8(8), pp.482-489
◆冲中 重雄 19620800 「肝腫をともなった男性仮性半陰陽症」『診断と治療』50(8), pp.????
◆於保 英彦 19620701 「Gestagen持続投与後の母体より娩出された女性半陰陽例」『日本産科婦人科學會雜誌』14(9), pp.826-828
◆於保 英彦 19620200 「男性仮性半陰陽の1例」『臨床婦人科産科』16(2), pp.????
◆尾本 徹男 19620200 「稀有なる女性仮性半陰陽の1例」『皮膚と泌尿』24(1), pp.????
◆片山 喬,水野 春江,田村 欣一,林 和一郎 19620128 「11)Turner氏症候群を伴える男性仮性半陰陽の1例(第377回千葉医学会整形外科例会,第6回千葉整形外科災害外科臨床懇談会,千葉県労災指定医集談会)」『千葉医学会雑誌』37(5), pp.353
◆市川 篤二,熊本 悦明,広瀬 欽次郎,外村 晶 19620000 「性染色体XYの真性半陰陽の2例 : 第267回東京地方会」『日本泌尿器科學會雜誌』53(10), pp.778
◆池上 茂,根岸 壮治 19620000 「真性半陰陽の2例 : 第259回東京地方会」『日本泌尿器科學會雜誌』53(4), pp.344
◆土屋 文雄,山本 達雄,田原 達雄 19620000 「先天性両側副腎皮質過形成による女性仮性半陰陽の1例 : 第267回東京地方会」『日本泌尿器科學會雜誌』53(10), pp.777
◆熊本 悦明 19611200 「性分化異常(Intersex)と性染色体」『日本臨床』19(12), pp.????
◆水野 守三 19611000 「男性半陰陽の1症例」『広島医学』14(6), pp.????
◆織田 明 19610900 「腟閉鎖症をともなった男性仮性半陰陽」『臨床婦人科産科』15(9), pp.????
◆三谷 茂 19610700 「当院に於て最近経験した半陰陽児出生に対する考察」『日本不妊学会雑誌』6(4), pp.????
◆織田 明,梶 英雄 19610610 「150. 膣閉鎖症をともなった男性仮性半陰陽(Testicular feminizing syndrome)」『日本産科婦人科學會雜誌』13(7), pp.920-921
◆加藤 俊 19610500 「各種の半陰陽に関して」『産婦人科の世界』13(5), pp.????
◆織田 明,梶 英雄 19610328 「150. 腟閉鎖症をともなった男性仮性半陰陽(Testicular feminizing syndrome)」『日本産科婦人科學會雜誌』13, pp.51-52
◆井上 裕彦 19610300 「アヂソン氏病様皮膚色調と仮性半陰陽を有する先天性副腎性器症候群と思われる乳児例について」『小児科臨床』14(3), pp.240-241
◆清水 圭三 19610300 「真性半陰陽の2例」『日本不妊学会雑誌』6(2), pp.????
◆志田 圭三 19610200 「半陰陽の臨床」『小児科』2(2), pp.????
◆山本 治,斉藤 広 19610100 「女性仮性半陰陽の1例」『泌尿器科紀要』7(1), pp.138-143
◆須山 敬二,瀬川 昭夫,蔡 衍欽,加治 安彦 19610000 「真性半陰陽の1例 : 第55回東海地方会」『日本泌尿器科學會雜誌』52(11), pp.1042
◆百瀬 剛一,並木 徳重郎 19610000 「悪性化潜伏睾丸を伴う男性仮性半陰陽 : 第247回東京地方会」『日本泌尿器科學會雜誌』52(1), pp.85
◆舟生 富寿 19601200 「女性仮性半陰陽--副腎生殖器症候群」『最新医学』15(12), pp.????
◆藤田 忍 19601100 「女性仮性半陰陽?の一例について」『矯正医学』9(4), pp.????
◆市川 篤二 19600900 「半陰陽」『自然』15(9), pp.32-39
◆松永 武三 19600900 「流産防止のため使用した黄体ホルモン剤に起因すると考えられるインターセックス(Hormone induced sex changes)の2例」『日本不妊学会雑誌』5(5), pp.????
◆百瀬 剛一,島崎 淳,片山 喬,遠藤 博志 19600800 「女性仮性半陰陽症例」『泌尿器科紀要』6(8), pp.673-681
◆坂倉 啓夫 19600600 「半陰陽についての最近の知見」『産婦人科の実際』9(6), pp.????
◆堤 善弘 19600600 「仮性半陰陽に併発せるセミノームの一例」『久留米医学会雑誌』23(6), pp.????
◆水野 昭 19600300 「内分泌異常を伴わぬ女性仮性半陰陽の1例」『産婦人科の進歩』12(2), pp.????
◆落合 京一郎 19600100 「半陰陽についての知見」『臨床婦人科産科』14(1), pp.????
◆鎌田 厳,鎌田 威,関寺 恭朗 19600000 「水腎症を伴へる仮性半陰陽 : 第135回北海道地方会(昭和33年度総会)」『日本泌尿器科學會雜誌』51(2), pp.228
◆市川 篤二,熊本 悦明,浅野 美智雄 19600000 「妊娠前半に黄体ホルモンの使用経験のある女性仮性半陰陽の2例 : 第245回東京地方会」『日本泌尿器科學會雜誌』51(4), pp.430
◆辻 一郎,黒田 一秀,中島 文雄,清水 隆秀,森先 讓一 19600000 「症例 : 1.原発性アルドステロニスム (副腎皮質腫瘍) 2.真性半陰陽 3.男性仮性半陰陽の家族的発生 (2家系) : 第24回東部連合地方会 (第242回東京地方会)」『日本泌尿器科學會雜誌』51(3), pp.320
◆落合 京一郎,黒川 一男,金子 興一,昼間 哲,弓削 順二,浦野 悦郎,駒瀬 元治 19600000 「半陰陽の臨床例 : 第24回東部連合地方会 (第242回東京地方会)」『日本泌尿器科學會雜誌』51(3), pp.319-320
(1950年代)
◆山崎 雄弘 19591100 「肛門及び直腸閉鎖と半陰陽の合併畸形の1例」『南大阪病院医学雑誌』7(3), pp.????
◆金井 三郎 19591000 「Sex Chromatinと半陰陽の臨床」『臨床皮膚泌尿器科』13(10), pp.????
◆岩井 多美子 19590900 「真性半陰陽の1例」『ホルモンと臨床』7(10), pp.????
◆志田 圭三 19590900 「妊娠中の黄体ホルモン投与は胎児の性分化異常を惹起するかいなか?」『ホルモンと臨床』7(10), pp.????
◆加来 道隆 19590800 「副腎性器症候群を伴う女性偽半陰陽例」『産科と婦人科』26(8), pp.????
◆鈴木 文七 19590800 「新生児半陰陽の1例」『共済医報』8(3), pp.????
◆長 勝彦 19590700 「真性半陰陽の1例」『日本不妊学会雑誌』4(4), pp.????
◆佐々田 健四郎 19590600 「真性半陰陽並びに仮性男性半陰陽の各1例」『臨床皮膚泌尿器科』13(6), pp.????
◆武田 惇 19590500 「真性半陰陽」『日本外科宝函』28(3), pp.????
◆落合 京一郎 19590400 「半陰陽」『産科と婦人科』26(4), pp.????
◆北尾 善男 19590200 「真性半陰陽の一例」『京都府立医科大学雑誌』65(2), pp.????
◆外西 寿彦 19581200 「副腎性器症候群とみられる女性仮性半陰陽について」『鹿児島医学雑誌』31(11), pp.????
◆吉川 暉 19581000 「仮性半陰陽の2例」『温研紀要』10(4), pp.????
◆森 実 19580600 「最近経験した興味ある男性仮性半陰陽の2例」『外科の領域』6(6), pp.????
◆仁態 文石 19580400 「真性半陰陽の1例」『外科』20(5), pp.????
◆三好 義則,白神 清敏 19580300 「脳脱,両眼無眼球症,指趾過剰症,男性半陰陽などをともなえる奇型児の1例」『岡山医学会雑誌』70(3), pp.????
◆松本 秀雄 19580100 「巨大副腎を伴った半陰陽の一例」『日本法医学雑誌』12(1), pp.????
◆佐々田 健四郎,牛田 隆雄,成田 裕 19580000 「眞性半陰陽の1例 : 第46囘東海地方會」『日本泌尿器科學會雜誌』49(4), pp.383
◆市川 篤二,和久 正良,熊本 悦明,小野田 廉雄 19580000 「眞性半陰陽症例 : 第228囘東京地方會」『日本泌尿器科學會雜誌』49(4), pp.390
◆石原 藤太郎 19580000 「男性假性半陰陽の1例 : 特にそのホルモン検索及び治療に就て : 第133囘大阪地方會」『日本泌尿器科學會雜誌』49(4), pp.388
◆赤坂 俊夫,高須 惟夫,間山 岩夫 19580000 「121. 1)先天性偏側性腎缺損 2)半陰陽性轉換手術例 : 腎疾患一般, その他 : 第46囘日本泌尿器科學會總會」『日本泌尿器科學會雜誌』49(7), pp.649
◆落合 京一郎,駒瀬 元治,中村 亮 19580000 「偏側の性腺發生異常 (Gonadal dysgenesis) を伴う男性假性半陰陽 : 第221囘東京地方會」『日本泌尿器科學會雜誌』49(3), pp.269
◆落合 京一郎 19571200 「半陰陽」『臨床皮膚泌尿器科』11(13), pp.????
◆小山 昭 19571000 「女性仮性半陰陽の1例」『産婦人科の実際』6(10), pp.????
◆早川 正臣 19570601 「真性半陰陽の1例」『日本産科婦人科學會雜誌』9(7), pp.807-810
◆宮 信一 19570300 「同胞に見られた男性仮性半陰陽の稀有なる1例」『臨床婦人科産科』11(3), pp.????
◆山下 徹 19570300 「真性半陰陽の1例」『臨床婦人科産科』11(3), pp.????
◆酒徳 治三郎,卜部 敏人 19570300 「真性半陰陽の1例」『泌尿器科紀要』3(3), pp.????
◆坂倉 啓夫 19561100 「女性仮性半陰陽の紹介」『産婦人科の実際』5(11), pp.????
◆松村 晋 19560800 「女性仮性半陰陽と複雑性直腸肛門閉塞症を有する奇形児の一例」『産科と婦人科』23(8), pp.????
◆橋本 義郎,岩城 利光 19560000 「假性半陰陽の1例 : 第33囘東海地方會」『日本泌尿器科學會雜誌』47(4), pp.268
◆辻 一郎,古澤 太郎,斯波 光生 19560000 「假性半陰陽の性腺腫瘍 : 一般演説 : 第19囘東日本連合地方會(第198囘東京地方會)」『日本泌尿器科學會雜誌』47(1), pp.73
◆辻 一郎,古澤 太郎,斯波 光生 19560000 「膀胱外反症を伴える女性假性半陰陽 : 一般演説 : 第19囘東日本連合地方會(第198囘東京地方會)」『日本泌尿器科學會雜誌』47(1), pp.73
◆名和田 素平 19560000 「女性乳房を呈せる男性假性半陰陽の1例 : 第132囘新潟地方會」『日本泌尿器科學會雜誌』47(4), pp.261
◆鈴木 雅州 19551100 「真性半陰陽の1例」『臨床婦人科産科』9(11), pp.????
◆蔵成 博也 19551000 「偽性半陰陽を伴つた左側横膜隔欠損の一例」『熊本医学会雑誌』29(4), pp.????
◆落合 京一郎 19550100 「副腎性器症候群(副腎性男性化症)と半陰陽」『ホルモンと臨床』3(1), pp.????
◆西浦 常雄,松村 敏之 19541100 「男性仮性半陰陽の1例」『外科の領域』2(11), pp.737-742
◆的埜 中 19540500 「E.P.ホルモンに依る無月経の治療-附記:女性仮性半陰陽に対する効果」『産婦人科の進歩』6(3), pp.191-195
◆早稲田 博亀 19540300 「男性仮性半陰陽を合併せる鎖紅の1例」『日本産科婦人科学会熊本地方部会会報』?, 70-71
◆平 秀臣,岡沢 宏愛 19540100 「仮性半陰陽の一例」『京都府立医科大学雑誌』55(1), pp.24-26
◆白田 佐 19520800 「真性半陰陽の1例」『外科』14(8), pp.437-440
◆Hinman Jr. Frank 19520500 「女性半陰陽における性の外科的疾患」『The Journal of the American Medical Association 日本版』9(4), pp.184-189
◆加藤 一夫,長島 三郎 19501000 「女性仮性半陰陽の1例」『産婦人科の世界』2(10), pp.34-35
◆石井 清 19500400 「僞半陰陽例」『犯罪と医学』2(2), pp.96-100
(〜1940年代)
◆清水 圭三 19461200 「睾丸横位轉位を伴ふ内部男性假性半陰陽」『日本泌尿器科學會雜誌』37(2), pp.31-32
◆市川 篤二,原田 儀一郡,馬島 潔 19420700 「假性半陰陽ノ1例(第94回東京地方會,學會)」『日本泌尿器科學會雜誌』33(1), pp.74
◆神戸 恒夫 19370701 「完全内臟轉錯症ニ半陰陽ヲ合併セル一例」『金澤醫科大學十全會雜誌』42(7), pp.1945-1953
◆板倉 19351200 「半陰陽, 京府醫大誌, 15卷, 3號, 昭10年11月, 横田浩吉, 迫間忠義」『日本泌尿器科學會雜誌』24(12), pp.947
◆板倉 19351100 「半陰陽症例補遺, 皮膚紀要, 26卷, 3號, 昭10年9月, 二宮茂彌, 杉野正雄」『日本泌尿器科學會雜誌』24(11), pp.882
◆石川 19350700 「横性睾丸轉位(Dystopia testis transversa)兼内性男性假性半陰陽, 體性, 22卷, 7號, 昭10年7月, 尾關彌一郎」『日本泌尿器科學會雜誌』24(7), pp.578
◆板倉 19350700 「右側「鼠蹊ヘルニア」ヲ伴ヘル男性内假性半陰陽ノ1例, 成醫會, 54卷, 5號, 昭10年5月, 大場勝利, 新井一雄」『日本泌尿器科學會雜誌』24(7), pp.577-578
◆高橋 明,土屋 文雄 19350300 「A)半陰陽ノ2例 B)類宦官症ノ1例 C)大腸菌性膀胱炎ノ異型, 第42回日本泌尿器科學會集談會」『日本泌尿器科學會雜誌』24(3), pp.196-199
◆渡邊 19350300 「女性外假性半陰陽ノ剖檢例, 十全會誌, 40巻, 2號, 昭10年2月, 佐野悦司」『日本泌尿器科學會雜誌』24(3), pp.213
◆佐野 悦司 19350201 「女性外假性半陰陽ノ剖檢例」『金澤醫科大學十全會雜誌』40(2), pp.523-529
◆大森 19350100 「外部性偽半陰陽例, 臨床産科, 第9巻, 第13號, 1104頁, 昭和9年12月, 近藤陽太郎, 内野久」『日本泌尿器科學會雜誌』24(1), pp.59
◆横田 浩吉,迫間 忠義 19350000 「半陰陽」『京都府立医科大学雑誌』15(1), pp.785-"794-1"
◆鈴木 19341000 「男性内假性半陰陽ノ1例, 二宮茂彌,杉野正雄, 皮膚紀要, 昭和9年8月」『日本泌尿器科學會雜誌』23(10), pp.678
◆阪本 基,伊藤 滋彦,服部 秀雄 19340000 「發育異常ヲ伴ヘル半陰陽症ノ一例」『Folia Endocrinologica Japonica』10(7), pp.781-806_1,59
◆富家 太郎 19330100 「假性半陰陽ノ1例, 富家太郎, 近畿婦人科學會雜誌, 昭和7年11月發行所載」『日本泌尿器科學會雜誌』22(1), pp.55-56
◆山本 欽三郎 19321100 「半陰陽ノ症例追加 : 夜尿症ヲ主訴トセル外男性假性半陰陽ノ1例 : 第29回日本泌尿器科學會集談會」『日本泌尿器科學會雜誌』21(11), pp.584-585
◆笹川 正男,永井 良政 19320100 「偏側眞性半陰陽ノ1例」『日本泌尿器科學會雜誌』21(1), pp.1-9
◆尾關 彌一郎 19310600 「男性外陰部假性半陰陽ノ一例 : 第二三回會日本泌尿器科學會集談會抄録」『日本泌尿器科學會雜誌』20(6), pp.347
◆久慈 直太郎,三矢 義士 19241101 「半陰陽ノ一例」『金澤醫科大學十全會雜誌』29, pp.94-97
◆坂口 勇 19160000 「半陰陽ノ数例竝ニ其一ニ発生セル乳癌ニ就テ」『日本泌尿器病學會雜誌』5(2), pp.125-142

> TOP

■web
・団体
◆pesfis 性分化疾患の子どもたちとその家族のセルフヘルプグループ http://www14.ocn.ne.jp/~pesfis/index2.htmlhttp://www14.ocn.ne.jp/~pesfis/index2.html
◆日本インターセックス・イニシアティヴ http://www.intersexinitiative.org/japan/index.htmlhttp://www.intersexinitiative.org/japan/index.html

・個人など
◆「性分化疾患」(wikipedia) http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%80%A7%E5%88%86%E5%8C%96%E7%96%BE%E6%82%A3
◆macska dot org http://macska.org/article/129
◆性分化疾患:PracticaDSD http://d.hatena.ne.jp/PracticaDSD/
◆性分化疾患:資料倉庫 http://d.hatena.ne.jp/DSDstorage/
◆「性分化疾患:家族のためのハンドブック」 http://d.hatena.ne.jp/DSDhandbook/http://d.hatena.ne.jp/DSDhandbook/
→youtubeのチャンネル http://www.youtube.com/user/dsdsupporthttp://www.youtube.com/user/dsdsupport

> TOP

■お知らせ他

==========================================================
第67回「TSとTGを支える人々の会」催し・公開シンポジウム
インターセックスとトランスジェンダー
−−その知られざる問題の共通点と相違点−−
==========================================================
●日 時:1999年9月3日(金)開場17:30 開演18:00〜20:30
●会 場:東京ウィメンズプラザ・ホール
    東京都渋谷区神宮前5−53−67
     地下鉄表参道駅 B2出口 徒歩7分
●参加費:1500円(資料代込み/カンパ歓迎!)
●主 催:TSとTGを支える人々の会 協力:FTM日本
●問合せ・連絡先:090−3506−4843(森野/午後10時まで)
     〒156−0044 東京都世田谷区赤堤二郵便局留
     「TSとTGを支える人々の会」
     ※住所に必ず「赤堤ニ郵便局」と漢数字の「二」を入れて下さい。

★「TSとTGを支える人々の会」(Trans-Net Japan)とは
 埼玉医科大学倫理委員会の答申発表をきっかけに、日本国内に性同一性障害の
ための自助支援グループがないのはおかしいという思いから発足しました。19
96年8月から、学習会や体験交流会、家族会などを行なってきました。普段の
活動は、プライバシーへの配慮から参加者やその家族、パートナー、支援者(医
療関係者、カウンセラーなど)に対象を限定し、その参加者は99年8月までに
約700人(公開時を除く)にのぼっています。IS当事者の参加者も、わかっ
ているだけで十数名にのぼります。

●開催主旨
 一般に性別は、生まれたときの外性器の形で決められています。
 インターセックス(IS、半陰陽)と呼ばれる、生物学的に男性と女性の特徴を
持って生まれる人たちの状況などは、まだほとんど知られていません。出生時の
外性器の形が「非典型的」である。外性器の形は「典型的」でISと気づかなかっ
たが、第二次性徴期になって期待された体の変化が起きない、あるいは大人に
なって不妊症の治療から初めて発見されるなど、ISの種類や状態は様々で、抱え
る問題もそれぞれ異なります。これまで、ISは「逸脱」であり、医学界の常識で
は「修正が不可欠」とされてきました。そのため、性のタブーと相まって、ISの
治療は多くの場合、本人(や家族)に十分な説明もされないまま、幼少期から、
できるだけ女性または男性の身体に近付けるよう、ホルモン療法や手術療法が半
ば強制的に行なわれてきました。本人の自己決定が踏みにじられ、不可逆的な治
療が実施されてしまう−−それ以外の選択肢と支援方法をもたないできた社会に
よって、深刻な問題が生み出されています。
 一方で、トランスジェンダーは、生物学的(解剖学的)には典型的であるとい
う点で、ISとは区別されます。しかし、この二つには重なる問題があります。例
えば、性別再指定(性転換)手術を始めとする医療が、IS当事者には自己決定と
は無関係に強制されてきた反面、性同一性障害の当事者は明確に手術希望の意思
を示しても、ISではないという理由で拒否されてきました。本人に必要な医療を
見きわめる際、当事者の主体性が尊重されてこなかったという点では、あい通じ
るところがあります。
 今回は、ISとTGの問題をクロスさせることで、相互の理解を深めていくきっか
けになればと企画しました。当事者や日本の研究者をはじめ、従来のIS医療のあ
り方に警鐘を鳴らす研究を発表し、世界的に注目された、ISとTG双方に詳しい性
科学者・ダイアモンド博士もお招きしています。非典型的な性のあり方に対する
医療や社会的支援は、当事者が「自分らしく生きる」上でどのようにあるべき
か、参加者の皆さまとともに考えてみたいと思います。
【メモ】
★インターセックスとは…性分化の発達機序において、遺伝子・性腺・内分泌(ホ
ルモン)など様々なレベルで非典型的な要素が含まれることを意味する。
★トランスジェンダーとは…広義には、自分の身体の性別やそれに属する社会
的、文化的性別に対して何らかの違和感や不快感を感じている人。(狭義には、
反対の性での生活を望みながらも、性転換手術までは望まない人を指すことが多
い)。

●プログラム
〈第一部〉18:00―19:20
  「インターセックスとトランスジェンダー その医療倫理をめぐる問題点」
  ミルトン・ダイヤモンドさん(ハワイ大学医学部教授)
  「TSとTGの性別決定を考える一症例」
  針間克己さん(精神科医)
  「非典型的なジェンダー指向をもつ人々の性的自己決定とQOL」
  星野一正さん(京都大学名誉教授)
〈第二部〉 19:20−16:30
 「当事者からの発言」
  橋本秀雄さん(IS、「日本半陰陽者協会」世話人)
  IS当事者のお母さん
  野宮亜紀さん(MtFTS/TG、「TSとTGを支える人々の会」運営メンバー)
  質疑応答、全体討論 
 司会:斎藤有紀子さん(明治大学法学部兼任講師)
*話し手やテーマ、発表順は、都合により変更される場合があります。

●取材を希望するマスコミ関係者の方は必ず事前の申し込みをお願いいたします
(事前のご連絡がない場合、取材をお断わりする可能性があります)。また、客
席やロビー、会場周辺などでの参加者に対する取材、撮影はご遠慮ください。

●一般の方は予約は必要ありません。

●取材申し込みをされた方以外は、会場へのカメラ、ビデオカメラ、テープレ
コーダーの持込みは禁止とさせていただきます。

●他人に迷惑をかけるような言動をする方には、退場をお願いする場合がありま
す。

●当事者・家族・パートナーの方々へ                   
今回の催しは、マスコミの取材を含む一般公開の催しです。参加者のプライバ
シーについては会としてできる限りの配慮は致しますが、皆様におきましても各
自一層のご注意をされた上でご来場ください。

●〈話し手紹介〉(プログラム順)

★ミルトン・ダイヤモントさん……ハワイ大学医学部解剖学・生殖生物学教授。
現代の代表的なセクソロジストとして、欧米などを舞台にアカデミックな研究発
表を行なうほか、地域社会での診療、セラピー、カウンセリング活動に従事。翻
訳された著書に『人間の性とは何か』 『セックスウォッチング/人間の性行動
学』(共に小学館)などがある。
★針間克己(はりま・かつき)さん……東京大学医学部卒。東京大学医学部大学
院博士課程修了。医学博士。日本性科学会幹事。専攻/精神医学、性心理障害。
精神科全般の臨床に携わる一方、性同一性障害の診断、治療も行なっている。著
書に『セクササイズ58』(小学館)がある。
★星野一正(ほしの・かずまさ)さん……東京医科歯科大学産婦人科卒。医学博
士。1957年から20余年の北米での臨床・研究活動の後、1977年に京都大学医学部
教授として赴任。京都大学医学部倫理委員会初代委員長を5年間務める。米国で生
まれ体系づけられた新しい生命倫理学 (バイオエシックス)を日本に紹介・普
及、日本生命倫理学会の創設に協力した。平成2年に 京都大学を退官後、生命倫
理学の研究・教育・啓蒙活動に専念。現在、京都大学名誉教授、京都女子大学・
宗教文化研究所教授・国際バイオエシックス研究センター・ディレクター、アメ
リカ内分泌学会名誉会員、アメリカ解剖学会名誉会員、New York Academy of
Science会員、 他所属学会多数。著書には、『医療の倫理』(岩波新書)、『生
命倫理と医療―すこやかな生とやすらかな死』(丸善)、『インフォームド・コ
ンセント―日本に馴染む六つの提言』(丸善ライブラリー)他、多数。
★橋本秀雄(はしもと・ひでお)さん……1961年生まれ。戸籍上男性。インター
セックス・アクティビスト。ISとその家族の支援とネットワーキングを進める
自助グループ、PESFIS(日本半陰陽者協会)世話人。「子供と人権」「性
と医療」「医療と人権」をキーワードに活動を展開。著書に『男でも女でもない
性』(青弓社)、共著に『インターセクシュアルの叫び』(かもがわ出版)があ
る。
★ISのお母さん……性染色体はXY型、マイクロペニス(短小陰茎)で、男児と
して育てている小学生のお子さんがいる。
★野宮亜紀(のみや・あき)さん……MtFTS(male to female transsexual)/TG
(transgender)。早稲田大学心理学科卒。コンサルティング業。「TSとTG
を支える人々の会」運営メンバー。
〈司会〉
★斎藤有紀子(さいとう・ゆきこ)さん……1963年生まれ。明治大学大学院法学
研究科博士前期課程修了。専攻は法哲学・生命倫理。医療における患者の人権・
自己決定の問題に取り組む中で、TS・TG・ISの問題と出会う。共著に「さ
さえあいの人間学」法蔵館、「医療と子どもの人権」明石書店など。TS・T
G・IS関連論文に、「性と生殖をめぐる生命倫理」 (母性保健をめぐる教
育・指導・相談−その1−ライフ・サイエンス・センター)、「性の自己決定と
医療:性転換手術容認をめぐって」(助産婦雑誌97年8月号)など。現在、明
治大学法学部、埼玉県立大学短期大学部助産学専攻科などで非常勤講師。

●資料集ご案内  当日もご用意いたします。
★「性同一性障害者も生きやすい社会を!」改訂二版
  定価500円送料160円 計660円
★「トランスジェンダーの自助支援グループ全国交流誌」
  定価500円送料200円 計700円
申込み方法:希望の資料名を明記の上、費用分の切手(80円、10円切手の組
合せ)を同封し、右記の当会連絡先へお申し込み下さい。送付先の郵便番号、ご
住所、お名前、できれば電話番号(またはメールアドレス)をお忘れなく。

REV: 20131004(トランスジェンダー/トランスセクシャル/性同一性障害より分離)
  ◇事項 
TOP HOME (http://www.arsvi.com)