>HOME >災害と障害者・病者:東日本大震災

東日本大震災:関連の催 2012月10月

2012年 1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年 7月8月9月10月11月12月
災害と障害者・病者:東日本大震災

Last Update: 20121202

◆2012/10/21 日本社会福祉学会 第60回秋季大会 震災特別企画シンポジウム「提言:生活の再建に向けた社会福祉学の役割」
 於:関西学院大学 上ヶ原キャンパス
◆2012/10/20 日本社会福祉学会 第60回秋季大会 大会記念講演「日本社会の再生と社会福祉学の役割−東日本大震災後の復興を通して日本社会の再生を考える−」
 於:関西学院大学 上ヶ原キャンパス
◆2012/10/19 第46回京都歴史災害研究会「歴史地理学の観点による東日本大震災の復興支援−阪神淡路大震災を経験した神戸大学教員の発想−」
 於:立命館大学 衣笠キャンパス
◆2012/10/12 国際言語文化研究所 秋季企画T第1回 「ホロコースト・震災・詩」
 於:立命館大学 末川記念会館 第3会議室


>TOP

◆2012/10/21 日本社会福祉学会 第60回秋季大会 震災特別企画シンポジウム「提言:生活の再建に向けた社会福祉学の役割」


【震災特別企画シンポジウム】 (学会・開催校企画)
テーマ: 「提言:生活の再建に向けた社会福祉学の役割」
シンポジスト: 高橋 了 (石巻市渡波地域包括支援センター)
千管英理子(前大槌町地域包括支援センター) 高橋敏徳(釜石市民生委員協議会)
阿部祐二(東北福祉大学)
コーディネーター:都筑光一(岩手県立大学)
コメンテーター:岡部 卓(首都大学東京)※敬称略

 被災者が仮設住宅等に入居し、生活環境をとりあえず確保して一年になります。この間被災者は、今後の家族との生活の姿について模索してきました。こうした状況において、社会福祉の分野からこれまでどのような支援を行ってきたのかを検証し、震災時における社会福祉の役割を探ります。

http://www.gakkai.ne.jp/jsssw/60/schedule/day2.html


>TOP

◆2012/10/20 日本社会福祉学会 第60回秋季大会 大会記念講演「日本社会の再生と社会福祉学の役割−東日本大震災後の復興を通して日本社会の再生を考える−」


【記念講演】

演題:「日本社会の再生と社会福祉学の役割
 −東日本大震災後の復興を通して日本社会の再生を考える−」
講師:室崎益輝 氏 関西学院大学総合政策学部教授・災害復興制度研究所所長

http://www.gakkai.ne.jp/jsssw/60/schedule/day1.html


>TOP

◆2012/10/19 第46回京都歴史災害研究会「歴史地理学の観点による東日本大震災の復興支援−阪神淡路大震災を経験した神戸大学教員の発想−」


以下の通り第46回京都歴史災害研究会を開催いたしますので、是非ご参加ください。
 【日時】10月19日(金)16:00〜18:00
 【場所】立命館大学 衣笠キャンパス
      歴史都市防災研究センター カンファレンスホール
 【報告者】「歴史地理学の観点による東日本大震災の復興支援
        −阪神淡路大震災を経験した神戸大学教員の発想−」
       神戸大学文学部 教授 藤田 裕嗣 氏

 【参加費】無料 来聴歓迎(事前申込不要)

 【詳しくはこちら↓】
http://www.ritsumei.jp/topics_pdf/bliaison_7e4e6aee64c60ae04ab561e37282c176_1348032978_.pdf


>TOP

◆2012/10/12 国際言語文化研究所 秋季企画T第1回 「ホロコースト・震災・詩」


2012年度 国際言語文化研究所 秋季企画T第1回 
日時:2012年10月12日(金) 18:00〜20:00
場所:立命館大学 末川記念会館 第3会議室
講師・報告者:「ホロコースト・震災・詩」
報告者:細見 和之(大阪府立大学)
司会:西 成彦(立命館大学)

http://www.ritsumei.ac.jp/acd/re/k-rsc/lcs/kenkyu_main.html

*作成:渡辺 克典
UP:20120718 REV:2012
災害と障害者・病者:東日本大震災  ◇東日本大震災:学界・学会の対応   ◇病・障害  ◇生存・生活 

TOP HOME (http://www.arsvi.com)