HOME > 災害と障害者・病者:東日本大震災

東日本大震災 障害者関連報道 2011年5月

3月4月 1(1〜10日)4月 2(11〜20日)4月 3(21〜30日)5月6月7月8月9月10月11月12月
災害と障害者・病者:東日本大震災

作成:有松 玲 last update:20110916
*以下については別頁にも記事掲載されています。
人工透析  ◆ALS

◆テレビ報道

◆救援活動の写真 https://picasaweb.google.com/107166457718666569802
 「マスコミや各団体の広報等に活用できるように下記のURLに救援活動の写真をUPすることにしました。ご自由にダウンロードしてお使いください。」とのことです。

新聞記事見出し
◆2011/05/31 被災障害者と行政橋渡し 県の手話通訳派遣終了
京都新聞 2011/05/31
http://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20110531000141
◆2011/05/30 【東日本大震災】筋ジス患者「あきらめましょう」 介助交代の合間の死
msn産経ニュース 2011/05/30
http://sankei.jp.msn.com/life/news/110530/trd11053014330016-n1.htm
◆2011/05/30 【東日本大震災】「災害弱者」どう守る 寝たきり置き去り、若い身障者名簿なく(2/2ページ)
msn産経ニュース 2011/05/30
http://sankei.jp.msn.com/life/news/110530/trd11053014310015-n2.htm
◆2011/05/30 【東日本大震災】「災害弱者」どう守る 寝たきり置き去り、若い身障者名簿なく(1/2ページ)
msn産経ニュース 2011/05/30
http://sankei.jp.msn.com/life/news/110530/trd11053014310015-n1.htm
◆2011/05/30 阪神・淡路の医療活動記録集 県保険医協会支部
神戸新聞 2011/05/30
http://www.kobe-np.co.jp/news/iryou/0004120186.shtml
◆2011/05/30 社説:東日本大震災 個人情報保護法/支援の壁になっていないか
河北新報 2011/05/30
http://www.kahoku.co.jp/shasetsu/2011/05/20110530s01.htm
◆2011/05/29 障害者と介助者の考えばらばらに 福島の被災者が静岡市駿河区で講演
中日新聞 静岡 2011/05/29
http://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/20110529/CK2011052902000122.html
◆2011/05/28 【東日本大震災】「少しでも支援できれば」 パラリンピック選手が街頭募金活動
msn産経ニュース 2011/05/28
http://sankei.jp.msn.com/sports/news/110528/oth11052818050014-n1.htm
◆2011/05/28 藤枝市:万一への備え データ複数保管、住民基本台帳など市内に /静岡
毎日新聞 静岡 2011/05/28
http://mainichi.jp/area/shizuoka/news/20110528ddlk22010244000c.html
◆2011/05/28 東北の障害者製作物品を関西で販売
asahi.com MY TOWN奈良 2011/05/28
http://mytown.asahi.com/nara/news.php?k_id=30000001105280001
◆2011/05/28 高齢・障害者 避難計画16市町未作成
読売新聞 静岡 2011/05/28
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/shizuoka/news/20110527-OYT8T01085.htm
◆2011/05/28 障害者向け仮設住宅
三陸河北新報 2011/05/28
http://www.sanriku-kahoku.com/news/2011_05/i/110528i-kasetu.html
◆2011/05/27 【東日本大震災】「希望、やっと見えた」 はまなす学園、近く仮設住宅建設 岩手・山田町(2/2ページ)
産経ニュース 2011/05/27
http://sankei.jp.msn.com/life/news/110527/trd11052722290031-n2.htm
◆2011/05/27 【東日本大震災】「希望、やっと見えた」 はまなす学園、近く仮設住宅建設 岩手・山田町(1/2ページ)
産経ニュース 2011/05/27
http://sankei.jp.msn.com/life/news/110527/trd11052722290031-n1.htm
◆2011/05/27 【北陸発】福祉避難所 県内10市町指定なし
中日新聞 2011/05/27
http://www.chunichi.co.jp/hokuriku/article/news/CK2011052702000188.html
◆2011/05/27 東日本大震災:仙台に「福祉型仮設」 県が建設へ /宮城
毎日新聞 2011/05/27 地方版
http://mainichi.jp/area/miyagi/news/20110527ddlk04040101000c.html
◆2011/05/27 日本海中部地震から28年 本県の防災は 避難場所の選定難航
さきがけ on the Web 2011/05/27
http://www.sakigake.jp/p/special/11/bousaiha/article_02.jsp
◆2011/05/26 安否確認後に津波 北茨城の民生委員、地域連携の大切さ痛感
茨城新聞 2011/05/26
http://www.ibaraki-np.co.jp/news/news.php?f_jun=13063340720293
◆2011/05/26 障がい者制度改革会議で災害時の障害者施策を議論【東日本大震災を受けて】
障害者雇用インフォメーション 2011/05/26
http://www.challenged-info.com/news_s1xhrrRya.html
◆2011/05/25 仁坂知事が避難場所指定で見解
日高新報 2011/05/25
http://www.hidakashimpo.co.jp/news/2011/05/post-4089.html
◆2011/05/25 「孤立集落対策が必要」 宮城・気仙沼視察で島田市長
中日新聞 静岡 2011/05/25
http://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/20110525/CK2011052502000141.html
◆2011/05/24 コラム・社説 大震災への備え 「待ちの姿勢」から踏み出せ
紀伊民報 2011/05/24
http://www.agara.co.jp/modules/colum/article.php?storyid=211037
◆2011/05/24 ふれあい促すケア型仮設
読売新聞 2011/05/24
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=41176
◆2011/05/23 震災犠牲者、障害者は2倍 死亡・不明2%、内閣府推計
朝日新聞 2011/05/23
http://www.asahi.com/special/10005/TKY201105230516.html
◆2011/05/23 震災受け、災害時の障害者施策を議論−障がい者制度改革会議
医療介護CBニュース 2011/05/23
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110523-00000008-cbn-soci
◆2011/05/23 避難の現場から:東日本大震災 「いつか弟と」一緒の生活に望み 精神障害持つ女性
毎日新聞 2011/05/23
http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110523dde041040008000c.html
◆2011/05/23 東日本大震災ルポ・被災地を歩く:報道されなくなったとき、避難所はどうなるのか――陸前高田市(2) (1/3)
Business Media誠 2011/05/23
http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1105/23/news025.html
◆2011/05/23 課題残る災害医療
MORNING STAR 2011/05/23
http://www.morningstar.co.jp/stock/analyst/2011/2q/STA120110523.html
◆2011/05/23 手話通訳者、被災地へ初派遣 県職員の山岸さん
朝日新聞 MY TOWN富山 2011/05/23
http://mytown.asahi.com/areanews/toyama/OSK201105220061.html
◆2011/05/22 福祉施設に災害対応車いす 福祉コンサル会社社長 垣内俊哉さん
読売新聞 2011/05/22
http://www.yomiuri.co.jp/osaka/feature/kansai1302740697151_02/news/20110522-OYT8T00129.htm?from=yoltop
◆2011/05/22 希望新聞:東日本大震災・サポート情報 22日現在
毎日新聞 2011/05/22
http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110523ddm035040043000c.html
◆2011/05/22 東日本大震災で医師の声 全国から長期処方自粛など多数 メドピア調べ
ミクスオンライン 2011/05/22
http://www.mixonline.jp/Article/tabid/55/artid/40806/Default.aspx
◆2011/05/22 サポート情報:福祉 22日現在
毎日新聞 2011/05/22
nhttp://mainichi.jp/flash/news/20110523k0000m040017000c.html
◆2011/05/21 唐津工高機械研究部、車いすを再生 被災地にに送る
佐賀新聞 2011/05/21
http://www.saga-s.co.jp/news/saga.0.1912946.article.html
◆2011/05/20 沿岸南行記:津波被災地より 福島県相馬・20日 障害持つ子に受け皿を
毎日新聞 2011/05/20
http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110521ddm041040178000c.html
◆2011/05/20 希望新聞:東日本大震災・サポート情報 19日現在
毎日新聞 2011/05/20
http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110520ddm035040033000c.html
◆2011/05/20 県と沿岸19市町 21日に緊急津波避難訓練
n静岡新聞 2011/05/20
http://www.at-s.com/news/detail/100029659.html
◆2011/05/20 認知症高齢者の心ケア 復興支援おおむた
西日本新聞 2011/05/20
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/242982
◆2011/05/19 名古屋から出発 災害弱者にボランティアカット
JCASTニュース 2011/05/19
http://www.j-cast.com/2011/05/19096030.html
◆2011/05/19 東日本大震災:絵手紙で笑顔に リウマチ患者、被災地を激励−−大田 /島根
毎日新聞 2011/05/19 地方版
http://mainichi.jp/area/shimane/news/20110519ddlk32040731000c.html
◆2011/05/19 がんばろう!〜首都圏から 障害児の絵で被災地支援
n朝日新聞 2011/05/19 MY TOWN埼玉
http://mytown.asahi.com/saitama/news.php?k_id=11000591105190001
◆2011/05/19 原発の防災計画 近接各地域で見直し 伊万里市も着手
佐賀新聞 2011/05/19
http://www.saga-s.co.jp/news/saga.0.1909107.article.html
◆2011/05/19 福祉・医療施設の2割626施設で被害
福島放送 2011/05/19
http://www.kfb.co.jp/news/index.cgi?n=201105198
◆2011/05/19 県、仮設住宅群に介護拠点を設置へ
福島放送 2011/05/19
http://www.kfb.co.jp/news/index.cgi?n=201105195
◆2011/05/19 会いたい・聞かせて:福島県南相馬市から避難、元足尾高校教諭・松永宣弘さん /栃木
毎日新聞 2011/05/19 地方版
http://mainichi.jp/area/tochigi/news/20110519ddlk09040076000c.html
◆2011/05/19 一斉津波訓練:県史上最大、21日実施 7月予定前倒し、浜岡地区も参加 /静岡
毎日新聞 2011/05/19 地方版
nhttp://mainichi.jp/area/shizuoka/news/20110519ddlk22040248000c.html
◆2011/05/19 「団体」条件で孤立世帯も 仙台市仮設住宅入居申請
河北新報 2011/05/19
http://www.kahoku.co.jp/news/2011/05/20110519t13012.htm
◆2011/05/19 希望新聞:東日本大震災 メゾソプラノ歌手の小嶋康子さん、CD発売 被災者に贈る歌
毎日新聞 2011/05/19 東京朝刊
http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110519ddm012040042000c.html
◆2011/05/19 県、手話通訳者を派遣 宮城・名取市役所や避難所に 滋賀
産経ニュース 2011/05/19
http://sankei.jp.msn.com/region/news/110519/shg11051902010004-n1.htm
◆2011/05/19 新聞で「善意」広がれ 創刊号は被災地支援活動にスポット
nタウンニュース 2011/05/19
http://www.townnews.co.jp/0605/2011/05/19/104570.html
◆2011/05/18 ケア重視の新タイプ仮設住宅、釜石市が設置へ
読売新聞 2011/05/18
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110516-OYT1T01204.htm
◆2011/05/18 つなごう希望:東日本大震災 周南の身障者団体が13万円寄付 /山口
毎日新聞 2011/05/18 地方版
http://mainichi.jp/area/yamaguchi/news/20110518ddlk35040463000c.html
◆2011/05/18 民主が津波対策推進法案 原発事故念頭、自公と協議へ
朝日新聞 2011/05/18
http://www.asahi.com/politics/update/0517/TKY201105170717.html
◆2011/05/18 被災地の障害者救援 近畿労金がゆめ風基金と連携
n大阪日日新聞 2011/05/18
http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/110518/20110518018.html
◆2011/05/18 被災者の健康 引き続き支援を手厚く
信濃毎日新聞 2011/05/18
http://www.shinmai.co.jp/news/20110518/KT110517ETI090004000022.htm
◆2011/05/17 上田で「卯の花忌」 永六輔さんが講演
信濃毎日新聞 2011/05/17
http://www.shinshu-liveon.jp/www/topics/node_185622
◆2011/05/17 介護利用料免除、来年2月末まで予定−厚労省介護保険計画課が通知
excite.ニュース 2011/05/17
http://www.excite.co.jp/News/health/20110517/Cabrain_34170.html
◆2011/05/17 がんばれ被災地:東日本大震災 福井からのメッセージ /福井
n毎日新聞 地方 2011/05/17
http://mainichi.jp/area/fukui/news/20110517ddlk18040689000c.html
◆2011/05/17 東日本大震災:宮城の聴覚障害学生に支援の輪 授業の内容を字幕データに /茨城
毎日新聞 地方 2011/05/17
http://mainichi.jp/area/ibaraki/news/20110517ddlk08040094000c.html
◆2011/05/16 【東日本大震災】避難の福島県民、「今後の居住地」で希望は二分 県調査
産経ニュース 地方 2011/05/16
http://sankei.jp.msn.com/region/news/110516/stm11051623140009-n1.htm
◆2011/05/16 つなごう希望:東日本大震災 被災者支援情報 レスラーも復興支援 /福岡
毎日新聞 地方版 2011/05/16
http://mainichi.jp/area/fukuoka/news/20110516ddlk40040352000c.html
◆2011/05/16 被災者らの絵はためく
n読売新聞 愛知 2011/05/16
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/aichi/news/20110515-OYT8T00650.htm
◆2011/05/15 被災者対象住宅借り上げ制度 家賃限度9万円に緩和
読売新聞 福島 2011/05/15
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/fukushima/news/20110515-OYT8T00481.htm
◆2011/05/15 明日へ 5 まちづくり
朝日新聞 MY TOWN 岩手 2011/05/15
http://mytown.asahi.com/iwate/news.php?k_id=03000001105150003
◆2011/05/14 福島の障害児ら新たな一歩 旧江見中で入学・始業式 鴨川
千葉日報 2011/05/14
http://www.chibanippo.co.jp/news/chiba/local_kiji.php?i=nesp1305351235
◆2011/05/14 「阪神」被災の視覚障害者ら 避難所で奉仕 大阪
産経ニュース 2011/05/14
http://sankei.jp.msn.com/region/news/110514/osk11051402170000-n1.htm
◆2011/05/13 東日本大震災:関学大生が障害者支援マニュアル ボランティアに携行呼び掛け /兵庫
n毎日新聞 2011/05/13 地方版
http://mainichi.jp/area/hyogo/news/20110513ddlk28040424000c.html
◆2011/05/13 東日本大震災:福島から避難者、知事訪問し激励−−高崎 /群馬
毎日新聞 2011/05/13 地方版
http://mainichi.jp/area/gunma/news/20110513ddlk10040228000c.html
◆2011/05/13 「福祉避難場所」提供へ協定結ぶ/臼杵市
東京新聞 2011/05/13
http://mytown.asahi.com/oita/news.php?k_id=45000001105130004
◆2011/05/13 【社会】仮設入居でミスマッチ 取り残される高齢者 元の学校通えぬ小中学生
東京新聞 2011/05/13
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2011051302000032.html
◆2011/05/13 福祉仮設住宅整備へ 宮城県、仙台に第1号 介護職員常駐
n河北新報 2011/05/13
http://www.kahoku.co.jp/news/2011/05/20110513t11022.htm
◆2011/05/13 高齢者むけ福祉仮設住宅 台所や浴室は共用
読売新聞 2011/05/13
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/miyagi/news/20110513-OYT8T00112.htm
◆2011/05/12 聴覚障害者へCSで災害情報
毎日新聞 2011/05/12 地方版
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn201105130003.html
◆2011/05/12 東日本大震災:聴覚障害者に不安広がる 進まぬ「避難対策」 /高知
毎日新聞 2011/05/12 地方版
http://mainichi.jp/area/kochi/news/20110512ddlk39040714000c.html
◆2011/05/12 避難全世帯に家賃補助 県が対象要件の緩和を検討
n福島民報 2011/05/12
http://www.minpo.jp/view.php?pageId=4147&blockId=9842244&newsMode=article
◆2011/05/12 福祉避難場所:臼杵市、施設と初の協定 /大分
毎日新聞 2011/05/12 地方版
http://mainichi.jp/area/oita/news/20110512ddlk44040609000c.html
◆2011/05/12 自治体で異なる優先基準=「地域の絆」「高齢者、子供…」−仮設住宅の被災者入居
時事ドットコム 2011/05/12 東京朝刊
http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2011051200596
◆2011/05/12 東日本大震災:ハンセン病入所者協「被災者を療養所に」 厚労省に要請へ
毎日新聞 2011/05/12 東京朝刊
http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110512dde041040030000c.html
◆2011/05/12 ハンセン病療養所で被災者受け入れへ 入所者会議決定
nasahi.com 2011/05/12
http://www.asahi.com/national/update/0512/TKY201105120298.html
◆2011/05/12 東日本大震災:宮城と福島の仲間へ 聾学校生が被災地に便り /福岡
毎日新聞 2011/05/12 東京朝刊
nhttp://mainichi.jp/area/fukuoka/news/20110512ddlk40040423000c.html
◆2011/05/12 東北の障害者の製品販売 14日、たるみっこまつり
毎日新聞 2011/05/12 東京朝刊
http://www.kobe-np.co.jp/news/kobe/0004055362.shtml
n◆2011/05/12 希望新聞:東日本大震災 Q&A 聴覚障害者に配慮した避難所運営は?
毎日新聞 2011/05/12 東京朝刊
http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110512ddm012040056000c.html
n◆2011/05/11 検討部会 特区制度など議論へ
NHKニュース 2011/05/11
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110511/t10015826671000.html
◆2011/05/11 過去の南海地震、再検証を
読売新聞 2011/05/11
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/mnews/20110511-OYT8T00785.htm
◆2011/05/11 【東日本大震災】「手を取り合い復興を」 障害者団体が物資配布
msn.産経ニュース 2011/05/11 地方版
http://sankei.jp.msn.com/region/news/110511/myg11051111030000-n1.htm
◆2011/05/10 東日本大震災:ゆめ風基金支援、全支店に募金箱−−近畿ろうきん /大阪
毎日新聞 2011/05/10 地方版
http://mainichi.jp/area/osaka/news/20110510ddlk27040435000c.html
n◆2011/05/10 希望新聞:東日本大震災・サポート情報 9日現在
毎日新聞 2011/05/10
http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110510ddm035040008000c.html
◆2011/05/10 光なき不安 音なき恐怖 障害者たちの3.11
河北新報 2011/05/10
http://www.kahoku.co.jp/news/2011/05/20110510t13026.htm
◆2011/05/10 えっ 手動の扉なのに  停電の掲示 そのまま  さいたま市
読売新聞 2011/05/10
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/saitama/news/20110510-OYT8T00019.htm
◆2011/05/10 仮設住宅入居始まる 那須烏山市で20世帯67人
下野新聞 2011/05/10
http://www.shimotsuke.co.jp/dosoon/town/nasukarasuyama/official/20110509/514455
◆2011/05/09 サポート情報:福祉 9日現在
毎日新聞 2011/05/09
http://mainichi.jp/life/today/news/20110510k0000m060012000c.html
◆2011/05/09 東日本大震災:仮設住宅不足、抽選で入居者決定 集落維持、厳しい現実
毎日新聞 2011/05/09 東京朝刊
http://mainichi.jp/life/housing/news/20110509ddm041040081000c.html
◆2011/05/09 障害者の避難 必要な支援調査
nNHKニュース 2011/05/09
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110509/t10015760311000.html
◆2011/05/09 避難所には「心のバリアフリー」があった 障害者の「働く場」を守れ!〜仙台からの報告[1](4/4ページ)
日経ビジネス 2011/05/09
http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20110502/219741/?P=4
◆2011/05/09 避難所には「心のバリアフリー」があった 障害者の「働く場」を守れ!〜仙台からの報告[1](3/4ページ)
日経ビジネス 2011/05/09
nhttp://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20110502/219741/?P=3
◆2011/05/09 避難所には「心のバリアフリー」があった 障害者の「働く場」を守れ!〜仙台からの報告[1](2/4ページ)
日経ビジネス 2011/05/09
http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20110502/219741/?P=2
◆2011/05/09 避難所には「心のバリアフリー」があった 障害者の「働く場」を守れ!〜仙台からの報告[1](1/4ページ)
日経ビジネス 2011/05/09
http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20110502/219741/
◆2011/05/08 東日本大震災:被災の障害者支援へ募金活動 秋田駅前で学生ら /秋田
毎日新聞 2011/05/08 地方版
http://mainichi.jp/area/akita/news/20110508ddlk05040013000c.html
◆2011/05/07 余録:強い風が吹いた。空がオレンジ色になった…
毎日新聞 2011/05/07 東京朝刊
http://mainichi.jp/select/opinion/yoroku/news/20110507ddm001070021000c.html
◆2011/05/07 被災地に再生PCを 就労支援施設が「PC1000プロジェクト」に協力
障がい者の働く場ニュース 2011/05/07
nhttp://www.hatarakuba-info.com/news_5aVBmzML8.html?right
◆2011/05/07 障害示すカード、被災の障害者に配布へ 前橋のNPO
朝日新聞 2011/05/07 MY TOWN 群馬 http://mytown.asahi.com/areanews/gunma/TKY201105060382.html
◆2011/05/07 【暮らし】家族を守る 震災 乗り越える工夫<7> 地域の連携
東京新聞 2011/05/07
http://www.tokyo-np.co.jp/article/living/life/CK2011050702000080.html
◆2011/05/07 東日本大震災:区長作成、命の名簿 岩手・陸前高田の集落145世帯分
毎日新聞 2011/05/07 東京朝刊
http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110507ddm012040015000c.html
◆2011/05/07 仮設住宅入居進まず 「団体、10世帯以上」が壁 仙台
河北新報 2011/05/07
http://www.kahoku.co.jp/news/2011/05/20110507t11021.htm
◆2011/05/06 東日本大震災:子どもの心のケアなど支援ニーズ把握、県が児童心理司らを派遣/神奈川
カナロコ 2011/05/06
http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1105060012/
◆2011/05/06 人間の本性、直面 震災の現場で記者は
朝日新聞 2011/05/06 MY TOWN 群馬
http://mytown.asahi.com/gunma/news.php?k_id=10000001105060001
◆2011/05/06 節電とバリアフリー
朝日新聞 2011/05/06 ことばマガジン
http://astand.asahi.com/magazine/kotoba/jinken/2011042900001.html?iref=whatsnew
◆2011/05/06 震災と障害者…心強い「福祉避難所」協定
読売新聞 2011/05/06
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=40234
◆2011/05/05 連載「被災地から得たもの」 精神保健福祉士 広江さん
日本海新聞 2011/05/05 
http://www.nnn.co.jp/news/110505/20110505005.html
◆2011/05/05 ほっとするニュース:わたぼうし音楽祭の入選詩 被災者の心に届け!
毎日新聞 2011/05/05 
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20110505mog00m040013000c.html
◆2011/05/05 小沢元代表、原発周辺住民の避難施設を視察
読売新聞 2011/05/05 
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110505-OYT1T00518.htm
◆2011/05/05 東日本大震災:被災3県、後見人「事務不能」に 32人死亡・避難、高齢者孤立の恐れ
毎日新聞 2011/05/05 東京朝刊
http://mainichi.jp/life/health/fukushi/news/20110505ddm008040039000c.html
◆2011/05/05 被災地へ手づくりバッグを
読売新聞 2011/05/05
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/tokyo23/news/20110505-OYT8T00085.htm
◆2011/05/04 知的障害者ら野菜送り被災地応援 奈良から福島へ
47News 2011/05/04
http://www.47news.jp/CN/201105/CN2011050401000486.html
◆2011/05/04 東日本大震災:車椅子の6人、被災者励ます 刈谷で大名行列 /愛知
毎日新聞 2011/05/04 地方版
http://mainichi.jp/area/aichi/news/20110504ddlk23040119000c.html
◆2011/05/04 東日本大震災:被害の障害者作業所を支援 下田で「ふれあい陶器市」 /静岡
毎日新聞 2011/05/04 地方版 http://mainichi.jp/area/shizuoka/news/20110504ddlk22040097000c.html
◆2011/05/03 東日本大震災:被災の知的障害者支援…商品を各地で販売
毎日新聞 2011/05/03
nhttp://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110504k0000m040132000c.html
◆2011/05/03 再考のとき:“3・11”後の京都で/2 防災/下 /京都
毎日新聞 2011/05/03 地方版
nhttp://mainichi.jp/area/kyoto/news/20110503ddlk26040448000c.html
◆2011/05/03 被災障害者支える障害者組織 盛岡に発足
岩手日報 2011/05/03
http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20110503_10
◆2011/05/03 被災地の障害者がつくった油麩販売 志摩のNPO法人
朝日新聞 2011/05/03
http://mytown.asahi.com/areanews/mie/NGY201105020016.html
◆2011/05/03 福島―住宅 ライフライン情報2日
朝日新聞 2011/05/03
http://www.asahi.com/national/update/0503/TKY201105020567.html
◆2011/05/02 災害弱者の安否、迅速把握
n読売新聞 2011/05/02
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=40238
◆2011/05/02 震災と高齢者…食料や情報取り残される
読売新聞 2011/05/02
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=40233
◆2011/05/02 避難へ住民説明会始まる 川俣町山木屋
福島放送 2011/05/02
http://www.kfb.co.jp/news/index.cgi?n=201105025
◆2011/05/02 【埼玉】生活弱者向け住居を提供へ 羽生
東京新聞 2011/05/02 埼玉
http://www.tokyo-np.co.jp/article/saitama/20110502/CK2011050202000054.html?ref=rank
◆2011/05/01 新得厚生協会、職員を宮城の障害者施設へ派遣
十勝毎日新聞社ニュース 2011/05/01
http://www.tokachi.co.jp/news/201105/20110501-0009002.php
◆2011/05/01 被災地支援へ連携を 宇都宮でメーデー集会
下野新聞 2011/05/01
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/top/news/20110501/508865
n◆2011/05/01 希望新聞:東日本大震災 遠くの被災地より 阪神大震災で情報誌を発行、山崎勲さん
毎日新聞 2011/05/01 東京朝刊
http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110501ddm035040053000c.html
◆2011/05/01 被災地授産施設を支援 ヤーコン茶など販売 福井のNPO
産経ニュース 2011/05/01
http://sankei.jp.msn.com/region/news/110501/fki11050101530001-n1.htm



 
>TOP

◆被災障害者と行政橋渡し 県の手話通訳派遣終了
京都新聞 2011/05/31
http://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20110531000141
「東日本大震災で被災した聴覚障害者を支援するため、滋賀県が宮城県に送り込んだ手話通訳員の派遣事業が31日終了した。筆談では十分に把握できない聴覚障害者の要望を地元の行政担当者に伝えるなどきめ細かいケアに取り組んだ。
 県は、手話通訳員を置いていない被災地の自治体からの要請に基づき、5月18日から宮城県名取市に滋賀県設置の手話通訳員と県聴覚障害者福祉協会の職員2人の計3人を交代で派遣した。
 現地では、名取市役所の正面玄関に相談窓口の開設を告知する手書きのポスターを張って利用を呼びかけるとともに、聴覚障害者の自宅も訪問した。仮設住宅の申請や罹災(りさい)証明書の発行手続きなどで30件の相談を受け付け、救援物資の搬送なども手伝った。
 18〜21日に活動した県設置手話通訳員の田渕千恵子さん(49)は「筆談でのコミュニケーションには限界があり、思いをきちんと伝えられていない人もいた」と話す。津波で家を失い、仮設住宅の申請に訪れた高齢男性からは、手話の中で「兄の隣に住みたい」との希望を聞き出し、行政の担当者に伝えた。
 名取市に手話が必要な聴覚障害者は約100人いるが、市として手話通訳員を設置していないため、滋賀県からの派遣は利用者だけでなく、市からも評価を受けたという。田渕さんは「手話の重要性をあらためて感じた。震災を機に通訳員を設置する動きが広がってほしい」と話している。」(全文)


 
>TOP

◆【東日本大震災】筋ジス患者「あきらめましょう」 介助交代の合間の死
msn産経ニュース 2011/05/30
http://sankei.jp.msn.com/life/news/110530/trd11053014330016-n1.htm
「東日本大震災では、障害者や難病患者の救命の難しさが改めて浮き彫りになった。全身の筋肉が萎縮していく筋ジストロフィーを患い、人工呼吸器をつけて車いす生活を送っていた佐藤真亮(まさあき)さん(35)=福島県いわき市=も、救助のさなかに津波の犠牲となった一人。「もう、あきらめましょう」。それが、最期の言葉となった。
 佐藤さんはヘルパーの介助を受け、海沿いにある自宅で80代の祖母と暮らしていた。
 あの日、週に3日通うNPO法人「いわき自立生活センター」から午後2時半ごろに帰宅し、4時に交代のヘルパーがくるまでの空白の時間帯に地震が起きた。近所の親族が駆けつけ、津波が迫る中で助け出そうとしているとき、佐藤さんが冒頭の言葉をつぶやいたという。
 今月28日に葬儀が営まれ、同法人の長谷川秀雄理事長も参列した。「もしヘルパーがいたら、助けられたかも」と悔やむ一方で、「人工呼吸器などをつけた患者さんを避難させるには人手も時間も必要。緊急時に助けてくれる近所の人などを見つけておく必要があると痛感した」と話す。
 一方、災害弱者の避難に関する実情は、NPO法人「被災地障がい者支援センターふくしま」(福島県郡山市)が4月に実施した調査に見ることができる。
 スタッフらが県内の避難所198カ所を訪問し、確認できた障害者は約110人。和田庄司事務局長は「思いのほか少ない」と感じた。避難所に行ったものの過酷な環境に耐えられなかったり、病状を悪化させたりして自宅に戻った人、周囲の迷惑になると最初から行くのをあきらめていた人が相当数いたという。
 和田さんは「状況は刻々と変わる。それに対応した支援が求められる」と指摘している。」(全文)


 
>TOP

◆【東日本大震災】「災害弱者」どう守る 寝たきり置き去り、若い身障者名簿なく(2/2ページ)
msn産経ニュース 2011/05/30
http://sankei.jp.msn.com/life/news/110530/trd11053014310015-n2.htm
「「障害者や高齢者の避難には時間がかかる。皆が動き出す一歩手前で、行動を起こすことが重要」と長谷川さん。防護服やマスクなどを着用した避難訓練も実施した上で、避難の目安となる放射線量などを明記したハンドブックを約2千部作製。県内の障害者施設などに配布している。
 一方、原発から20〜30キロ圏の大半が緊急時避難準備区域に指定された南相馬市では、市とNPOが共同で、障害者が置かれた状況や必要な支援を把握する訪問調査を進めている。
 実動部隊は、地元のNPO法人「さぽーとセンターぴあ」のスタッフやボランティアら。一軒一軒訪ね歩き、発達障害の子供2人を抱えて途方にくれる母親や、知的障害の子供と2人で暮らす父親が入院していたケースなどを掘り起こした。不在の家には連絡先を記したチラシを投函。すると、助けを求める電話が頻繁にかかってきた。
 支援が必要な人々は、市の災害時要援護者名簿から抜け落ちていた。名簿は65歳以上の重度身体障害者が中心だったからだ。調査結果は市が策定する避難計画に反映されるが、同法人の青田由幸代表理事は「実際の支援につなげる仕組みが重要」と強調。障害者が安心して過ごせる福祉避難所やバリアフリーの仮設住宅の必要性を訴えている。」(全文)


 
>TOP

◆【東日本大震災】「災害弱者」どう守る 寝たきり置き去り、若い身障者名簿なく(1/2ページ)
msn産経ニュース 2011/05/30
http://sankei.jp.msn.com/life/news/110530/trd11053014310015-n1.htm
「東日本大震災を通じ、災害時の障害者や難病患者、高齢者らの避難態勢の在り方に課題が突きつけられた中、東京電力福島第1原子力発電所の事故があった福島県内でも、関係者が、極限状況の中でどうやって「災害弱者」を守るのかという命題に突き当たっている。支援団体などは今後に備え、独自の避難計画の作成や、訪問調査による必要な支援の把握といった取り組みを進めている。(伐栗恵子)
「放射能パニック」線量ガイド作製
 原発事故を受け、市域の一部が一時屋内退避区域となった福島県いわき市では、食料やガソリンなどあらゆる物資が入らなくなり、医療や介護の機能が著しく低下して市外へ避難する住民が相次いだ。
 「放射能パニックだった」と、NPO法人「いわき自立生活センター」の長谷川秀雄理事長(57)。中には、在宅で暮らす寝たきりの重度障害者が避難する家族に置き去りにされたケースもあったといい、「極限状態の中で判断能力が失われ、自分の身を守るのに必死だったのだろうが、ショックを受けた」と打ち明ける。
 震災6日目の3月16日、「このままでは命を守れなくなる」と、センター利用者やスタッフら30人規模での集団県外避難を決めた。意思確認や準備に手間取り、出発できたのは19日。東京の施設で約1カ月の避難生活を送り、4月17日にいわき市に戻ったが、この体験を教訓に、災害弱者のために必要な備えを検証し、避難方法などをまとめることにした。」(全文)


 
>TOP

◆阪神・淡路の医療活動記録集 県保険医協会支部
神戸新聞 2011/05/30
http://www.kobe-np.co.jp/news/iryou/0004120186.shtml
「阪神・淡路大震災の発生直後に各地から支援に駆け付けた看護師や医師らの活動をまとめた記録集「被災地での生活と医療と看護‐避けられる死をなくすために」(兵庫県保険医協会西宮・芦屋支部発行)が、東日本大震災を機に医療関係者やボランティアらの関心を集めている。被災者の健康を守るため、避難所の環境をどう改善すべきかなどについて、具体的な実践方法や課題が盛り込まれている。
 同支部は、同様の記録集を1996年6月に会員向けに作製。その内容を柱に昨年、同協会が開いた震災15年の公開シンポジウムの講演録などを追加し、今年1月に出版された。
 記録集では、治療や看護そのものより、どのようにして被災者の生活を改善させ、健康を維持しようとしたかなどに重点が置かれている。西宮市の体育館などの避難所を巡回した看護師らは、室内の換気や採光の大切さを行政や住民らに訴えた活動を紹介。トイレについては「障害者用、車椅子用の仮設トイレがあれば、なおいっそう人に優しい」と提言している。皮膚や頭皮のケア、栄養調査、清掃などの実践例もつづられている。
 出版後、東日本大震災発生を機にあらためて関心が高まり、増刷した。岩手、宮城、福島各県の保険医協会にも届けたという。同支部の担当者は「東日本大震災でも、高血圧の人が増えるなど被災者の体調が悪化している。体のケアだけでなく生活を視野に入れた看護の記録は、実践力があるはずだ」と話す。
 A5判、135ページ。1575円。同支部TEL078・393・1801(岩崎昂志)」(全文)


 
>TOP

◆社説:東日本大震災 個人情報保護法/支援の壁になっていないか
河北新報 2011/05/30
http://www.kahoku.co.jp/shasetsu/2011/05/20110530s01.htm
「一人暮らしの高齢者や障害者など災害弱者はライフラインが途絶すれば生命の危機にさらされる。窮状に手を差し伸べようと、多くのボランティアが東日本大震災の被災地に駆けつけた。だが、所在を事前に把握しているわけではない。役所や関係団体を頼りにするしかない。
 ところが、住所や名前は個人情報との理由で明かされないケースがあった。個人情報保護法を盾にした情報の過度の囲い込みが依然続いている。
 高齢者の所在確認をめぐる問題は昨年も表面化した。家族も安否を知らない「100歳以上」が全国で多数判明した。生存を確認しないまま一部自治体は祝い金を支給していた。親族と縁が切れ、既に死亡していた人が多かった。IT(情報技術)の発展に伴って成熟する情報化社会に「死角」があったのだ。
 2005年の個人情報保護法施行で権利意識が高まり、周囲や本人さえも情報提供を拒んだ結果、所在把握があいまいになったことが原因だった。批判を受け昨年8月、当時の官房長官は法改正の是非などを検討するよう関係部局に指示した。
 同法は個人情報の保護のみを主眼にしたわけではない。円滑な利用を図るためのルールづくりも立法の趣旨だった。だが、目に付くのは、情報の収集と提供の双方での萎縮と過剰反応、その結果招いた社会の匿名化といったマイナス面ばかりだ。
 生命や身体などの保護に必要な場合は、本人の同意なしに個人情報を第三者に提供できるとの例外規定も設けている。
 05年4月、107人が犠牲になったJR福知山線脱線事故では、乗客を収容した一部病院が家族の安否問い合わせに応じなかった。例外規定は大規模な事故や災害の発生時を想定したはずだが、生かされなかった。情報を必要とする人たちの前に無用な壁をつくり、立ち往生させてきたことを反省したい。
 過剰反応に対する認識でも溝がある。内閣府の国民生活審議会専門部会は07年6月、「制度のきめ細かな周知徹底が必要」「必要な情報提供は例外規定の活用が重要」と報告書で指摘するにとどめ、ガイドラインなどで対処すれば過剰反応は防げると法改正に踏み込まなかった。
 これに対し、日本新聞協会は「法の目的を浸透させておらず、ガイドラインの周知は無理」とし、過剰反応の防止措置を求める意見書を内閣府に提出している。
 過剰反応は病歴や負債額、遺伝情報など他人に知られたくないプライバシーと区別していないことにも起因。「個人情報」とプライバシーを混同し、一律に「外部に出すのはよくない」といった考え方が広がっている。保護と利用を両立させるため、個人情報とプライバシーの違いを明確にすることを起点に制度見直しを求めたい。
 官房長官の指示以降、関係部局はどう動いたのだろうか。法施行から6年も経過し、震災でなお不都合が露呈した。もはや看過は許されない。善意が無になる死角を放置する事態は、早急に改めなければならない。」(全文)


 
>TOP

◆2011/05/29 障害者と介助者の考えばらばらに 福島の被災者が静岡市駿河区で講演
中日新聞 静岡 2011/05/29
http://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/20110529/CK2011052902000122.html
「福島県いわき市で被災した障害者の小野和佳さん(28)による講演会「今、被災地の障害者は?」が28日、静岡市駿河区の静岡医療福祉センターであった。障害者や健常者約100人が参加し、被災地の障害者が向き合う現状に聞き入った。
 障害者支援団体「NPO法人ひまわり事業団」(静岡市駿河区)が企画。小野さんは先天性脳性まひで、車いすの生活を送る。障害者の生活を支援する「いわき自立生活センター」の職員で、福島第一原発の水素爆発後は、介助が必要なセンター利用者らを引き連れて、一時的に集団で東京都に避難した。
 講演会では震災当日やその後の生活を紹介。小野さんは、自宅アパートは被災を免れたが、停電でエレベーターが止まり、暗証番号式の電子キーも使えず部屋に入れなくなったことを明かし、「障害者には便利でも、停電したら生活できなくなる。住む場所をもう一度考えないといけない」と訴えた。
 原発の水素爆発後は、同センターのヘルパー数人が県外に避難したため、利用者を介助するのが困難になったという。「介助が必要な障害者とヘルパーの間で、行動や考えがばらばらになっていくのを目の当たりにした。地震より恐ろしかった」と話し、現地での生活を一時断念し、集団避難を決意したという。
 参加した会社員女性(29)は「被災地の障害者は、通常よりも何倍も大変な状況に置かれている。震災が起きたら自分のことで精いっぱいかもしれないが、障害者のことを忘れてはいけないと思った」と話した。 (蜘手美鶴)」(全文)


 
>TOP

◆【東日本大震災】「少しでも支援できれば」 パラリンピック選手が街頭募金活動
msn産経ニュース 2011/05/28
http://sankei.jp.msn.com/sports/news/110528/oth11052818050014-n1.htm
「パラリンピック出場経験者らでつくる日本パラリンピアンズ協会が28日、東京都中央区の松屋銀座前で、被災した障害者スポーツの仲間たちへ支援を呼びかける街頭募金活動を行った。
 震災では津波で競技用車いすや用具が流された選手がおり、練習場の体育館は避難所として使われるなど練習場所を確保できない状況が続く。
 小雨が降る中での募金活動には、競泳で5大会連続パラリンピックに出場し計21個のメダルを獲得した同協会会長の河合純一さん(36)や、冬季大会のアルペンスキーで通算10個のメダルを獲得した同副会長の大日方邦子さん(39)ら11人が参加。河合さんは「少しでも仲間たちを支援ができれば。継続して活動をしたい」と話した。」(全文)


 
>TOP

◆藤枝市:万一への備え データ複数保管、住民基本台帳など市内に /静岡
毎日新聞 静岡 2011/05/28
http://mainichi.jp/area/shizuoka/news/20110528ddlk22010244000c.html
「藤枝市は27日、市役所が東海地震などで被災した場合でも市民の安否確認や避難に必要なデータを取り出せるように、新たに市内の別の場所に住民基本台帳などの複製データを保管すると発表した。市によると、遠隔地で住民基本台帳データを保管することは多くの自治体で行われているが、複数の場所で複製データを保管するのは珍しいという。
 これまでは住民基本台帳データの複製を名古屋市で保管していたが、保管場所を増やすと同時に、災害時に支援が必要な高齢者や障害者、児童の名簿などの複製データも保管対象に含める。
 保管対象のデータは、電子媒体に記録して耐火性の高い金庫などに保管し、定期的に情報を更新する予定。
 北村正平市長は27日の定例会見で「市役所が被災した自治体では、安否確認や避難に必要な情報が消えたと聞いた。複製データが名古屋市にあるだけでは、交通網が寸断した場合に取り出せない恐れがある」と述べた。
 市は関連予算110万円を一般会計補正予算案に計上し、6月1日開会の市議会6月定例会に提案する。【小玉沙織】」(全文)


 
>TOP

◆東北の障害者製作物品を関西で販売
asahi.com MY TOWN奈良 2011/05/28
http://mytown.asahi.com/nara/news.php?k_id=30000001105280001
「東日本大震災の被災地で障害者支援を続けてきた関西の福祉団体が、被災地の施設で障害者が作った物品の販売を関西で始める。消費が十分に戻らない被災地では、思うように売れないため、販売支援で元気づけようと企画された。
 震災後、奈良市の社会福祉法人「わたぼうしの会」、京都府精華町の「相楽福祉会」、京都市の「西陣会」、大阪府東大阪市の「創思苑」など障害者施設を運営する計12法人が、「東日本大震災関西障害者応援連絡会」を結成。被災地の施設に食料を送ったり、職員ら50人を交代で派遣したりしてきた。
 施設の多くは日常に戻りつつあるが、障害者が作り、施設の運営費や障害者の賃金に充ててきた物品の売り上げは落ち込んだまま。物品が売れるかどうかは、障害者の励みや生きがいにも直結するため、販売に協力することにした。
 岩手県と福島県の施設からは25日、手作りの織物や、ストラップなどの雑貨、ジャムやクッキーなど段ボールで約40箱分が同連絡会に到着。28日には、東大阪市の障害者施設「クリエイティブハウスパンジー」(072・963・8818)が開く催しで販売される。6月5日に精華町である「町ふれあいまつり」でも出品される。
 被災地の18施設から物品を集めて関西に送った福島県授産事業振興会の経営相談員、立島孝さん(63)は「イベントの中止が相次ぎ、風評被害も深刻な中で販売していただくのはありがたい。感激です」。企画の中心となった相楽福祉会の理事長、廣瀬明彦さん(58)は「遠隔地でもできることはある」と話す。
 問い合わせは相楽福祉会(0774・93・3277)へ。」(全文)


 
>TOP

◆高齢・障害者 避難計画16市町未作成
読売新聞 静岡 2011/05/28
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/shizuoka/news/20110527-OYT8T01085.htm
「災害時の個別分 個人情報提供が壁
 地震などの災害時に、高齢者や障害者を円滑に避難させるための「災害時要援護者避難支援計画」のうち、個人情報を多く含む「個別計画」が今年3月末時点で、県内35市町のうち16市町で作成されていないことが27日、わかった。総務省消防庁が2006年頃から繰り返し全国の市町村に作成を呼びかけ、大地震を経験した兵庫、新潟県などでは9割以上の自治体が作り終えている。しかし、県内では個人情報の保護意識の高まりが足かせになっているようだ。
 同支援計画には、全体計画と個別計画があり、「要援護者」の定義や自主防災組織の役割などを定めた全体計画は島田市を除く県内34市町で作成済み。しかし、要援護者一人ひとりの避難経路や家族構成、病気や障害の程度、かかりつけ医や服用薬などを掲載する個別計画は、19市町が作成しただけだ。
 作成が進まない理由として、県健康福祉部は「個人情報を出すのを嫌がる人が増えていることが大きい」と指摘する。個別計画は震災発生時はもちろん、その後の避難生活にも有用な情報になる。そのため、自主防災組織に情報提供することになるが、個人情報が多く含まれるため、「近所に知られたくない」と嫌がる人が多いという。
 また、個別計画には「避難支援者」として個人名を記入する欄がある。近所の人が中心になるが、「助けられなかったらどうするのか」などと難色を示す人もいるという。この欄に個人名ではなく、自主防災組織の名前を書くことを許容している市町もあるという。
 磐田市では09年12月に全体計画を作成し、並行して個別計画の作成も進めてきた。市では各自治会に呼びかけ、民生委員が訪問時に記入を促したり、個別計画への掲載希望者を募ったりしているが、作成は6、7割程度にとどまる。担当者は「個人情報を出すことを嫌がる人が多い。期日を決めて早く作らなくてはいけない」と焦りを隠せない。
 一方、12万人以上の対象者がいる静岡市では、昨年11月にやっと全体計画を作り終えた。78の自主防災会と民生委員会との調整や、市内部で「要援護者」の範囲を決めるのに時間がかかったという。今年度中に個別計画の作成を終えることを目標にするが、市の担当者は「希望者以外の掲載は、今年度中には難しい」と話す。個別の説得は来年度以降になるといい、完成までにはさらに時間がかかりそうだ。
 県健康福祉部は「地域の関係が薄くなっているこの時代だからこそ、目に見える形で作らないといけない」としている。
【個別計画が未作成の市町】
 伊東、下田、東伊豆、河津、南伊豆、松崎、三島、御殿場、小山、富士、静岡、藤枝、川根本、島田、吉田、磐田」(全文)


 
>TOP

◆障害者向け仮設住宅
三陸河北新報 2011/05/28
http://www.sanriku-kahoku.com/news/2011_05/i/110528i-kasetu.html
「石巻祥心会が着工
単身、世帯用計54室/
 社会福祉法人石巻祥心会(宍戸義光理事長)は、石巻市須江小国地区に障害者やその家族が暮らせるケア付き仮設住宅「小国の郷(さと)」の建設に乗り出した。東日本大震災で生活の場を失った障害者や家族に住まいと各種サービスを提供する。今後の生活基盤の安定などに役立ててもらうのが狙い。現在、入居者を募集している。
 敷地は約6600平方メートル。祥心会が所有していた土地を活用するほか、震災で亡くなった故山内瀧子理事が隣に所有していた土地を遺族が提供した。
 仮設住宅は単身用の14個室(約4畳半)と、バス、トイレ、キッチンが付いた世帯用の40室(約9畳)の2種類。単身用には共同で使用できる食堂やバス、トイレなども完備する。
 5人のスタッフも常駐し、各種生活相談や緊急時の対応、家事援助などに当たる。通院や買い物などの送迎サービスも検討中という。
 事業費の約1億7000万円は日本財団ROADプロジェクトによる支援を活用。今月11日から着工しており、完成は6月20日。翌21日から入居ができる。入居期間は最長2年間。家賃は無料。ただし電気、上下水道、プロパンガスなどの使用料は入居者負担となる。
 入居対象は被災時に石巻市、東松島市、女川町に住居があり、障害者のいる世帯が条件。
 宍戸理事長は「家屋が被災しただけでなく、介護者となる両親が亡くなるケースもあり、障害者を取り巻く環境は厳しさを増している」と説明。障害者を抱える家族は、避難所生活でも一般の被災者に迷惑をかけまいとして精神的疲労やストレスが大きいという。
 こうした背景から、障害者や家族が安心して暮らせるケア付き仮設住宅を建設することにした。
 祥心会は「石巻地方の障害者福祉の復興とまちの再生を目指したい。生活の拠点を見つけることで家族は就労への確保につながる。障害者にとっても各種サービスを受けることで、グループホームでの生活を目指すための場にもなる」と話している。
《写説》
【障害者向け仮設住宅の完成を目指し工事が進められている敷地内‖石巻市須江小国地区】」(全文)


 
>TOP

◆【東日本大震災】「希望、やっと見えた」 はまなす学園、近く仮設住宅建設 岩手・山田町(2/2ページ)
産経ニュース 2011/05/27
http://sankei.jp.msn.com/life/news/110527/trd11052722290031-n2.htm
「 仮設住宅は同町豊間根地区に建設。1部屋2人で、20人が共同生活を送れる施設2棟に同園の40人が入所する。4月に県が示した住宅案では、1部屋1人、10人用の施設を4棟建設する予定で候補地を探していたが、十分な広さの用地が見つからず。同園からの「1日も早く」との要望や、少ない人数で施設の管理に当たる同園職員の負担軽減も考慮し、再設計した。
 同園職員の坂本芳志枝さん(48)は「仮とはいえ、入所者もこれまで通りの落ち着いた生活を取り戻せるかな」と安堵の表情。運営する社会福祉法人「親和会」の山崎幸男理事長は、「まずは復旧に向けた一歩。今後は福祉の復興が町の復興につながると信じ、努力していきたい」と話していた。
 県内では、同園を含む障害者、高齢者の入所施設100施設以上が全、半壊や一部損壊するなどし、入所者240人以上が避難生活を余儀なくされている。宮城県では約40施設で約900人。福島県では主に原発事故の影響で、福島原発から半径20〜30キロ圏内の避難区域にある約50施設以上の約2千人が県内外に避難している。慣れない環境で体調を崩す入所者も多く、各県で仮設住宅などの対応を急いでいる。」(全文)


 
>TOP

◆【東日本大震災】「希望、やっと見えた」 はまなす学園、近く仮設住宅建設 岩手・山田町(1/2ページ)
産経ニュース 2011/05/27
http://sankei.jp.msn.com/life/news/110527/trd11052722290031-n1.htm
「 東日本大震災にともなう津波で施設が全壊し、入所者らが避難生活を送る岩手県山田町の知的障害者更生施設「はまなす学園」のグループホーム型仮設住宅の建設が決まった。近く着工し、7月中に完成する予定。職員らは「復興への一歩。やっと希望が見えた」と安堵(あんど)の表情を見せている。(渡辺陽子、写真も)
 はまなす学園は、山田湾を望む海辺に立地。専門家のケアを受けながら障害者らがともに生活できる施設。震災の津波で施設が流され、入所者、職員らが、施設ごと廃業したホテルで避難生活を送っている。精神に障害を持つ約40人が入居、職員24人が働いていた。
 3月11日は同園の入浴日だった。強い揺れに津波を直感した職員が、入浴中の入所者らを着の身着のままで車に乗せ、裏山の高台へ。迅速な避難誘導で奇跡的に全員が無事だったものの、津波で施設は全壊。震災以降、大所帯での避難生活を余儀なくされていた。
 被災から1カ月身を寄せた県立青少年の家では、ワンフロアに50人がすし詰め状態。電気も水も、足を伸ばす余裕すらない状態が続いた。その1カ月後の4月11日には、同施設を小学校の授業場所に譲るため、学園と同じ法人の所有する廃ホテルに移動。今は板で仕切ったスペースにベッドを並べて寝場所を確保し、集団生活を送っている。電気は4月中旬には復旧したものの、仮設住宅建設のために業者の手が回らず、依然通水のめどは立たない状況だ。長引く避難生活と仕事のストレスからか、職員1人がくも膜下出血で入院し、入居者1人が急性心不全で亡くなった。入居者同士のけんかや異常行動も目立つようになるなど、疲労もピークに達していたという。」(全文)


 
>TOP

◆【北陸発】福祉避難所 県内10市町指定なし
中日新聞 2011/05/27
http://www.chunichi.co.jp/hokuriku/article/news/CK2011052702000188.html
「県議会厚生文教委
 災害時に高齢者や身体障害者らが避難する「福祉避難所」について、石川県内の七尾市や加賀市、内灘町など十市町で、事前の指定がないことが二十六日の同県議会厚生文教委員会で明かされた。
 県によると、福祉避難所は介護が必要な人らが震災時に身を寄せるための場所で、厚生労働省が市町村に事前の指定を促している。デイサービスセンターなどバリアフリー化された施設が指定されることが多い。
 二十六日の委員会で、福祉避難所の指定状況について木下公司健康福祉部長が「九市町五十九カ所の指定にとどまる」と説明。「市町や福祉関係者が必要性を十分認識していなかった」と指摘し、「東日本大震災を契機に市町に周知徹底したい」と述べた。
 県危機対策課は「災害が起きてからでは、適切な避難場所を探すのに時間がかかる。できる限り事前に指定を済ませてもらいたい」と呼び掛ける。 (榊原崇仁)」(全文)


 
>TOP

◆東日本大震災:仙台に「福祉型仮設」 県が建設へ /宮城
毎日新聞 2011/05/27 地方版
http://mainichi.jp/area/miyagi/news/20110527ddlk04040101000c.html
「県は26日、東日本大震災で被災した高齢者や身体障害者が入居するための「グループホーム型仮設住宅」を仙台市に建設すると発表した。
 県内での建設は初。1棟に個室を9室整備し、介護職員が常駐する。
 個室のほか、共同の浴室や食堂、管理人室などを配置。車椅子に対応したトイレなど、高齢者や身体障害者の生活に配慮する。入居は無償だが、食費などは自己負担。介護報酬で運営する。
 県長寿社会政策課によると、震災で県内の20グループホームが全壊または水没。このうち、同市のほか、気仙沼▽石巻▽名取の3市のグループホームから、グループホーム型仮設住宅の建設を求める声が上がっていた。
 県は今後、さらに約10棟建設する方針。【宇多川はるか】」(全文)


 
>TOP

◆日本海中部地震から28年 本県の防災は 避難場所の選定難航
さきがけ on the Web 2011/05/27
http://www.sakigake.jp/p/special/11/bousaiha/article_02.jsp
「「普段から、どこに逃げればいいのか考えて行動を」。大潟小学校の丸山岳人校長が、児童たちに呼び掛けた。「県民防災の日」に合わせ、26日に同校で行われた防災訓練。「大地震が発生。先生の指示に従うように」との校内放送に続き、園児や児童生徒が足早にグラウンドへ避難した。
「県民防災の日」に合わせて行われた防災訓練で、ノートで頭部を覆いながら避難する大潟小の児童たち
 海抜0メートル以下の干拓地に築かれた同村。28年前の日本海中部地震では、村を取り囲む堤防の約8割が沈下するなどした。八郎潟残存湖の水が流入する事態には至らなかったが、大地震で堤防が決壊したり、大津波が防潮水門を乗り越えたりすれば、水没の危機にさらされる恐れもある。このため、大津波が襲来した場合、村がどれだけの損害を受けるのかを探る必要に迫られている。
悩ましい規模想定
 「想定の範囲を広げ過ぎれば、現実性が乏しくなる。どこで線引きすればいいのか悩ましい」と高橋浩人村長。「村外に避難せざるを得ない、最悪の事態があるかもしれない。承水路に架かる橋は無事に通行できるだろうか」
 東日本大震災の津波被害を目の当たりにした県沿岸の各市町は、避難場所の再検討を始めた。「県による被害想定見直しには時間がかかる。それを待たず、独自にできることから始めるしかない」との思いからだが、高台や避難に適したビルがなく、避難場所設定の難しさに直面する自治体もある。
 にかほ市は津波の高さを4メートルと想定、沿岸部に80カ所の避難場所を指定したが、中には3・3メートルの場所もある。市の担当者は「より高い場所が望ましいが、高台がない地域もある。近海地震の場合は津波の到達時間が短く、避難先が遠いと逃げ切れない」と頭を抱える。
指定見直し再確認
 今月11日には横山忠長市長が現場を視察し、指定見直しや避難路整備の必要性を再確認した。市は年度内に等高線を入れた新たな「津波避難地図」を作製、その上で住民の意見を聴き避難場所の見直しを進める予定だ。
 避難場所の選定に加え、高齢者や障害者を効率的に避難させることも災害時の重要なポイントだ。
 県内の各市町村は「災害時要援護者避難支援プラン」の策定を推進。プランは避難場所や情報伝達などを定めた「全体計画」と、要援護者の名簿を基に個別の避難方法を記した「個別計画」の2種類で、これまでに22市町村で全体計画の策定を終えた。しかし鹿角、横手両市と藤里町は未策定で、個別計画の策定に着手しているのは9市町にとどまっている。
 昨年3月に全体計画を策定済みの秋田市では現在、町内会が中心となって個別計画づくりを進めている。大震災後、モデル地区に設定した5町内会に聞き取り調査を実施。その結果、名簿を使って要援護者の安否確認を行っていたり、停電時、高齢者が町内会役員宅に身を寄せたりしていたことが分かった。
 市担当者は「災害時にプランが役立つことが確認できた」としつつも、「プランを策定すること自体が目標ではない。いざという時に、どう行動するか。それを町内会単位で考え、支援の態勢づくりをしてもらうことが何よりも重要だ」と強調した。」(全文)


 
>TOP

◆安否確認後に津波 北茨城の民生委員、地域連携の大切さ痛感
茨城新聞 2011/05/26
http://www.ibaraki-np.co.jp/news/news.php?f_jun=13063340720293
「巨大地震に続いて大津波が押し寄せるまでのわずかな時間。民生委員たちは必死に援護を必要とする住民たちの安否確認を急いだ。
民生委員の一人、鈴木則子さん(52)は3月11日、米屋を営む北茨城市大津町の自宅で強い地震に襲われた。担当する地区は古い家が多く、閉じ込められている人がいるのではないかと心配だった。安否確認が必要だったのは約70人。一人暮らしのお年寄りや高齢者世帯、障害を持つ人たちだった。

地震後、鈴木さんは徒歩で地区内を回った。家々で声を掛けると、驚きながらも、住民たちから元気な声が返ってきた。
「津波は来ないから大丈夫」「私は家にいるから大丈夫」
2010年2月のチリ地震の時も思ったほど高い津波が来なかった。みんな油断していた。
鈴木さんは担当する人々を車に乗せて避難させるため、もう一度回った。その時には既に津波が押し寄せて来ていた。停電状態でテレビも消え、情報はまったくなかった。車で戻る時、里根川の水が逆流していた。津波が来るのを初めて実感した。
事態は急変。夫の吉泰さん(55)が協力し、所有する長屋の高齢者を背負って車に乗せ、避難所の市立大津小学校まで送り届けた。
「地震については大丈夫だったと思う。しかし、その後、津波が」と則子さん。寝たきりの80代男性が、津波にのみ込まれて亡くなってしまった。

大津町を担当する民生委員は13人。被災時の状況はさまざまで、「電話が通じなかった。民生委員で避難している人もいた」と、市連合民生児童委員協議会長の鈴木正義さん(63)。同町を担当する桜井恵子さん(55)も「民生委員同士もどうなっているのか分からなかった」。

高齢者などの安否確認や避難のために、新たに準備できることはないのか。則子さんは協力を求めた。「予備民生委員みたいなものを組織できないか」。避難所への移動の手段も確保しなければならず、「車を緊急用車両に指定してもらえないか」とも。
だが、行政だけでは限界がある。「ボランティアの仲間になってくれる人を増やす、普段からの仲間づくりが重要」と正義さんは語る。
市は現在、災害時要援護者名簿を作成している。しかし、登録には本人や家族の同意が必要で対応が分かれている。
住民の多くが今回の災害を通して、地域コミュニティーの重要性をあらためて知った。支援を必要とする住民の避難に奮闘した則子さんは今、こう考えている。
「住民の意識も変わると思う。災害時要援護者名簿の作成に努力していきたい。今後の災害に役立つよう、この体験を記録に残していきたい」」(全文)


 
>TOP

◆障がい者制度改革会議で災害時の障害者施策を議論【東日本大震災を受けて】
障害者雇用インフォメーション 2011/05/26
http://www.challenged-info.com/news_s1xhrrRya.html
「今回の会議では「東日本大震災」を受けて災害時の支援体制などのテーマが中心に
内閣府の「障がい者制度改革推進会議」は23日、32回目の会合を開き、地震や津波などの災害時における障がい者への支援などについて議論が行われた。
災害時における支援については、当初推進会議発足時には予定されていなかったテーマだが、3月11日に発生した東日本大震災を受けて集中的に議論する機会を設けるに至った。
被災した障がい者のうち、犠牲となった割合は健常者の2倍との結果も
会議の冒頭で会議担当室の東室長は、東日本大震災で被災した東北沿岸部の在宅障がい者について、障がい者関連の27団体から受けた報告を集計して、その結果を公表した。
あくまで目安の数値であるが、岩手、宮城、福島の3県にある37市町村で被災した在宅の障がい者約9,000人を調査した結果、亡くなった方は107名、また、行方不明者は127名と合わせて全体の約2.6%が犠牲となっている。健常者における犠牲者の割合は1%程度だという。さらに、今後も支援が必要と思われる障がい者は1,800人以上いるという結果がでている。
情報共有には個人情報保護法が壁に
この日の議論では、行政や障がい関連団体の間で、被災した障がい者の情報を共有する上で、個人情報保護法が弊害になっているとする指摘が多く出た。委員のなかからは、ドクターカーで被災地に行っても、他団体から障がい者名簿をもらえない問題が起きたので、個人情報保護との関係を議論してもらいたいとの声も上がった。
一方で、福島県南相馬市が情報公開法に基づいて障がい者の名簿を開示し、各NPO団体などと連携している例が発表され、人員的にも余裕がなく、障がい者の安否を確認しきれない行政から、各障がい者団体に協力を呼び掛けるという形が必要であると提言があった。
会議担当室の東室長は、今回起きた震災の影響が一定の落ち着きを見せたら再度議論したいとしている。」(全文)


 
>TOP

◆仁坂知事が避難場所指定で見解
日高新報 2011/05/25
http://www.hidakashimpo.co.jp/news/2011/05/post-4089.html
「県が市町村とともに見直しを進めている地震・防災対策に関し、 仁坂吉伸知事は24日、 東日本大震災の教訓として、 ▽避難場所指定の変更▽津波到達時間を考えた複数の避難場所の指定▽子どもたちへの防災教育の3点を軸に、 専門家との議論を進めていく考えを示した。
 東日本大震災を受け、 県は市町村や地元自治会などと連携しながら地震・防災対策の見直しを開始。 22日には小池信昭和歌山高専准教授ら4人の専門家による初めての会議が開かれ、 この場で海南市と那智勝浦町がそれぞれの事例研究やハザードマップを基に地域の課題、 住民の意見などを発表した。―仁坂知事はこの専門家会議を 「海南市と那智勝浦町のケーススタディを踏まえ、 非常に白熱した議論となった」 と振り返り、 自身の考えとして、 「局所的豪雨など従来の防災対策は、 同じような枠組みで施策を定めた災害対策基本法に引きずられている感じがする」 と指摘。 その例として、 各地域の避難場所を1つに決める点を挙げ、 「これは (職員が)あとの世話をしやすくするための行政側の善意の都合。大きな地震がきて、大津波警報が発令されたら、(学校や公民館などの施設にこだわらず)裏山などとにかく高いところへ逃げるというふうに考え直すべき。避難場所の指定は大きく見直す方向で、予定より少し時間がかかるが、 市町村と協議していきたい」 と考えを示した。
 ほか、 津波到達時間の短い地域の高齢者や障害者ら避難が困難な人については、 「少しリスクを伴うセカンドベストの避難場所も、 住民と十分協議のうえ指定することを考えなくてならない」。 さらに、 子どもの防災教育では、 総合的な学習の時間を活用し、 年に数回、 教材を使って防災の常識を教える授業を進めたいとした。」(全文)


 
>TOP

◆「孤立集落対策が必要」 宮城・気仙沼視察で島田市長
中日新聞 静岡 2011/05/25
http://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/20110525/CK2011052502000141.html
「広域消防推進やラジオの配布を検討
壊れて道路をふさぐ大型タンクを見上げる桜井市長(左から2人目)=23日午後、宮城県気仙沼市で
 東日本大震災で被災した宮城県気仙沼市を視察した島田市の桜井勝郎市長は24日、中日新聞の取材に応じ「島田市は、津波は大丈夫だろうが、山間地の孤立集落対策が必要」と述べ、静岡市などとの広域消防を推し進め、高齢世帯を視野にさらに防災用ラジオの配布を検討する考えを明らかにした。 (浅野宮宏)
 桜井市長は、隣市の岩手県一関市に前泊し23日に気仙沼市入り。菅原茂気仙沼市長との会談を挟んで、午前と午後の2回、壊滅的な被害を受けた気仙沼海岸一帯を精力的に見て回り、2カ月以上たっても手付かずで残る震災の深い傷跡に息をのんだ。
山すそ近くまで押し流された漁船も依然手つかずのまま=23日午後、宮城県気仙沼市で
 桜井市長は甚大な被害に「本当に言葉もない」と振り返り、石間鉦哉企画部長ら4部長を伴ったことを「現場を見るのが一番。幹部自らが体験を生かしてほしい」と語った。
 市の防災対策については「耐震補強やFM島田の開設、衛星電話や高齢世帯へのラジオの配布など結構、対策を進めている」としながら、「大規模災害には自治体の連携も重要。島田は中山間地も多く、広域消防を進め、被災者に情報を伝えるラジオをさらに配布していい」と述べた。
 市は、情報弱者といわれる65歳以上の高齢単独世帯と重い障害者の世帯計約3700に防災用ラジオを配布しており、さらに充実させる意向を示した。
次から次へと訪れる被災者らに新茶をふるまう茶娘姿の島田市職員ら=23日午後、宮城県気仙沼市で
 好評だった呈茶サービス支援には「思った以上に喜ばれた。お茶と言えばペットボトルしか飲めなかった避難所生活がしのばれる」と被災者を思いやり、「被災者は予想以上に明るく、こちらが元気をもらった。そんな姿に涙がこぼれる」と述べた。」(全文)


 
>TOP

◆コラム・社説 大震災への備え 「待ちの姿勢」から踏み出せ
紀伊民報 2011/05/24
http://www.agara.co.jp/modules/colum/article.php?storyid=211037
「東日本大震災の被害の深刻さが伝わるにつれて、紀南地方の住民にも不安が広がっている。東南海地震と南海地震が連動して起きれば、どれほどの津波が来るのか。被害は現在の想定範囲で収まるのか。道路が寸断したときに、食料や物資、救助要員などの救援は、どこまで期待できるのか。
 何より、そういう不安や疑問を、県や市町村は正面から受け止め、行動を開始しているのか。
 田辺市はこのほど、沿岸部の町内会や自主防災組織を対象に、2回に分けて意見交換会を開いた。地区ごとの避難路や避難場所の問題点を洗い出し、より早く逃げる手だてを講じるためという。
 意見交換会にはこれまでの想定では津波浸水域とはされていない町内会も多数出席。出席者からは想定外の津波に対する不安を訴える意見が相次いだ。
 ある住民は夜間に指定避難施設を訪ね、緊急時に入場できるかどうか調べたという。別の住民は高齢者の立場で高台に避難するまでの歩行時間を調べたと報告した。高齢者や障害者ら短時間での避難が難しい近隣住民への支援はどうするのかという質問もあった。
 多くの住民が想定外の事態が起きることに不安を抱いていた。
 しかしながら、県や市など行政機関の対応ぶりを見ていると、どこかもどかしい。
 県は、現在の被害想定を基に、市町村と連携して避難路や避難場所を緊急点検し、国が抜本的に見直す被害想定に合わせて、その後の対策を進めるという。しかし、現状は国の想定や指示を待っている段階で、県独自の「想定の見直し」にはつながっていない。
 田辺市も、住民からの要望や国の新たな想定を待っている状態。紀南河川国道事務所も、従来の道路橋の基準について「これまでの基準や対策が今回の震災でも有効だったのか分析する必要がある」というだけで、それ以上に踏み込んだ言及はしていない。
 けれども、そういう「待ちの姿勢」で、住民の疑問や不安は解消できるのか。例えば田辺市役所の庁舎。津波被害の心配があるし、耐震性の問題もある。築41年になる5階建ての庁舎は、震度6に耐えられないと診断されている。
 これで、災害時に司令塔としての役割が果たせるのか。
 もちろん、庁舎の耐震化や改築には多額の費用がかかる。急に思い立ってできることではない。しかし、耐震化や移転についての議論さえ始めていないという現状はいかがなものか。
 東日本大震災以降、防災に関する常識も基準も根こそぎ崩されてしまった。だからこそ、住民の間で不安が高まっているのだ。
 その不安に向き合わなければならない。県も市町村も、国の出先機関も、これまでの「常識」を捨て、東日本大震災で起きた事実から学ばなければならない。白紙に戻って問題点を把握し、是非を再点検する必要がある。そのための行動に取り掛かってほしい。
 政府によると、今後30年以内に東海地震が発生する確率は87%、東南海地震は70%、南海地震は60%。新たな「想定」をぼんやりと待っている時間はない。(N)」(全文)


 
>TOP

◆ふれあい促すケア型仮設
読売新聞 2011/05/24
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=41176
「岩手・釜石市…つながるデッキ / 向き合う玄関
 東日本大震災の被災地では、仮設住宅で暮らす高齢者の生活支援が課題になっている。国は各地の仮設住宅地にデイサービスなどを行う介護拠点を設ける方針だ。加えて、住民の交流をうながす新しい仮設住宅の建設に取り組む自治体もある。(小山孝、中舘聡子)
新生活への不安
 「私も夫も今は元気。でも仮設で暮らして2、3年もしたらどうなるのか」
 岩手県釜石市の避難所で、60代の女性が不安な表情を見せた。息子夫婦と暮らす自宅は津波に流された。仮設住宅に入りたいが、3世代での入居は難しく、夫と二人で入居するつもりだ。「避難所で同じ集落の知り合いは5人。仮設に入れば、さらにバラバラになる」と女性は語る。被災地の高齢化率は高く、こうした不安を抱く高齢者は多い。
 住民のつながりを保ちながら、高齢者が仮設住宅で安心して暮らすには何が必要か――。この課題に釜石市が打ち出したのは、「コミュニティケア型仮設住宅」の建設だ。同市の平田総合公園内に建てられる236戸のうち60戸を、高齢者や障害者などが暮らす「ケアゾーン」として整備する。
 特徴は、住戸をつなぐウッドデッキと、“長屋”のような住戸配置だ。屋根付きのデッキは車いすでも動きやすい。また、通常は北側にそろえる玄関を向き合うように配置、井戸端会議のような交流が生まれやすい環境も作る。近くにデイサービスや生活相談を行う介護拠点も併設し、スーパーマーケットも誘致する。
 新型仮設は東京大学高齢社会総合研究機構と岩手県立大が提案した。計画を作った大月敏雄・東大准教授は「住民が外に出たくなるような空間があることで、住民同士の見守りもしやすくなる。安心と安全を確保する設計で、多くの地域で取り入れてほしい」とする。
生きる意欲
 仮設住宅での生活支援の重要性は、1995年の阪神大震災で注目された。地域のつながりとは関係なく仮設住宅に入居したため、高齢者の孤独死が問題になった。一方、介助が必要な高齢者や障害者を対象とした「ケア付き仮設」も一部に設置され、成果を上げた。
 兵庫県芦屋市では、14室の居室にリビングが付いた仮設住宅が設置された。一人でできないことを生活援助員らが介助するだけでなく、入居者が互いに支え合う関係ができた。当時の入居者で、現在はケアハウスで暮らす100歳の香川はなゑさんは「みんな大事にしてくれた。あんなにいいところはなかった」と振り返る。自宅が全壊し、入居当初は「死んだ方がまし」と口にしていたが、仮設住宅で意欲を取り戻した。
 2004年の新潟県中越地震では、長岡市内の仮設住宅にデイサービスや訪問介護などを行う介護拠点が設けられ、孤独死防止や介護予防に役立った。国も今回、仮設住宅地に100か所以上の介護拠点を設ける方針。見守りやデイサービス、配食など、地域の必要に応じた支援ができる。
 芦屋市でケア付き仮設の運営に携わった社会福祉法人「きらくえん」の市川禮子理事長(73)は「震災で心身共にダメージを受けた人たちには、だれかがそばにいて、いざという時にも対応してもらえる安心感は大きい。プライバシーを守りながらも、人の気配がする環境を作ってほしい」と話す。
復興モデルになる
 「コミュニティケア型仮設住宅」の意義を、野田武則・釜石市長に聞いた。
 仮設住宅に入居したことで、地域の絆が崩れることを心配している。従来のコミュニティーを守ることに加えて、仮設に入った後の新しい絆作りが重要になる。
 新しい仮設住宅は、利便性だけでなく、心のふれあいを大事にした現実的な設計だ。従来は偶然、その地域に生まれたことで人間関係が作られたが、この仮設住宅では、住民が意識しながら絆を作ることができる。震災後、若い世代が流出し、高齢化率は40%を超えているだろう。互いに助け合うことを目指すこの仮設住宅は、復興での地域作りのモデルになる。」(全文)


 
>TOP

◆震災犠牲者、障害者は2倍 死亡・不明2%、内閣府推計
朝日新聞 2011/05/23
http://www.asahi.com/special/10005/TKY201105230516.html
「東日本大震災で被災した沿岸自治体に住む障害者のうち、2%超が亡くなったり行方不明になったりした可能性があることが、内閣府の聞き取り調査で明らかになった。住民全体に占める死者・行方不明者は1%弱。障害者は2倍に上り、被害が際だっている。
 23日にあった障がい者制度改革推進会議で、内閣府が報告した。津波で大きな被害を受けた岩手・宮城・福島3県の沿岸37市町村に住む障害者は約15万人。内閣府が障害者関係の27団体に確認したところ、約9千人のうち2.5%にあたる約230人が死亡、または行方不明になっていた。
 内閣府によると、対象の37市町村の人口約250万人のうち、死者・行方不明者は約2万4千人。内閣府の担当者は「障害者が一般の人に比べて高い割合で犠牲になったことが推察される」と指摘している。」(全文)


 
>TOP

◆震災受け、災害時の障害者施策を議論−障がい者制度改革会議
医療介護CBニュース 2011/05/23
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110523-00000008-cbn-soci
「内閣府の「障がい者制度改革推進会議」(議長=小川榮一・日本障害フォーラム代表)は5月23日、32回目の会合を開き、災害時における障害者への支援などについて議論した。推進会議発足時には予定されていなかったテーマだが、東日本大震災を受けて集中的に議論する機会を設けた。
 会合の冒頭で同会議担当室の東俊裕室長が、東日本大震災で被災した沿岸部の在宅障害者について、障害関連の27団体から受けた報告を集計した結果を公表。あくまで目安の数値だと断った上で、岩手、宮城、福島の3県にある37市町村で被災した在宅の障害者約9000人を調査した結果、死亡者(107人)または行方不明者(127人)が約2%いた。健常者における割合は1%程度だという。さらに、支援が必要と思われる障害者が1800人以上いた。
 また、この日の議論では、行政や障害関連団体の間で、被災した障害者の情報を共有する上で、個人情報保護法が弊害になっているとする指摘が多く出た。大濱眞委員(社団法人全国脊髄損傷者連合会副理事長)が「ドクターカーで被災地に行っても、他団体から(障害者の)名簿をもらえない問題があった。この場で個人情報保護との関係を議論してもらいたい」と訴えた。また、尾上浩二委員(障害者インターナショナル日本会議事務局長)は、福島県南相馬市が情報公開法に基づいて障害者の名簿を開示し、各種団体と連携している例を挙げ、「(余力がなく)障害者の安否を確認できない行政が、障害者団体に協力を呼び掛けるという形が必要」と述べた。
 東室長は「震災の影響が一定の落ち着きを見せたら再度議論したい」との考えを示した。」(全文)


 
>TOP

◆避難の現場から:東日本大震災 「いつか弟と」一緒の生活に望み 精神障害持つ女性
毎日新聞 2011/05/23
http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110523dde041040008000c.html
「◇母と家失い、宮古で避難生活
 岩手県宮古市の精神障害のある女性(49)は、東日本大震災で最大の理解者だった母と自宅を失い、市内の施設で2カ月以上の避難生活をしている。唯一の肉親である弟も身体に障害があり、女性と2人で生活するのはいまは難しい。「弟といつか一緒に住む」。そのささやかな望みが女性を支えている。【野上哲】
 統合失調症で1級障害のある女性は、避難先の自立生活支援センターで暮らしている。
 3月11日午後、自宅から約10キロの作業所で仕事中だった。激しい揺れにしゃがみ込んだ。外に出るとだれかが叫んだ。「沖に白波が立っている」
 高台にある作業所は無事だった。でも、自宅は明治と昭和の大津波で被害が出た田老地区にあり、76歳の母が1人でいた。数日後に職員と向かった家は土台だけだった。「母さん逃げてるよね」。自分に言い聞かせた。
 大工だった父は体がすぐれず、母が雑貨店などを営んで生計を立ててきた。9年前に父が亡くなり、関東地方に就職した3歳下の弟が数年前に帰郷した。
 ところが弟が昨年暮れ脳出血で倒れ、女性は目が悪い母の手を引いて弟を病院に見舞った。母は言った。
 「おめえがいっから助かってんだよ」
 震災5日後、母の遺体が見つかった。自宅の金庫の鍵を身に着けていた。近所の人に「逃げっぺし」と声を掛けられ「取るものあっから」と答えたのが最後だったという。「先のことを考えたのかな」と思うと切ない。
 弟は6月中旬に退院予定だが、半身にまひが残る。女性の収入は障害年金と作業所の工賃で月10万円ほどだ。
 「命があるだけいい。2人で頑張っぺし」
 弟を励ましても、1人で今後を考えてしまう。「泣きたい時は泣いてもいいよ」という主治医の言葉にすがることもある。
 そこには、精神・知的障害のある避難者は約10人いる。女性は今月中旬、市や施設の担当者と今後を話し合った。宮古市内は障害者向けグループホームが全壊するなど施設に余裕がない。女性は仮設住宅を申し込み、弟は「介護のない仮設入居は難しい」として介護施設への入所を目指すことになった。
 仮設住宅から作業所までは約18キロあり、通所で使うバスの本数は多くない。近所付き合いの不安もある。ただ希望は捨てていない。
 「生活力を付け、いつか弟を迎えてやりたい」」(全文)


 
>TOP

◆東日本大震災ルポ・被災地を歩く:報道されなくなったとき、避難所はどうなるのか――陸前高田市(2) (1/3)
Business Media誠 2011/05/23
http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1105/23/news025.html
「陸前高田市の第一中学校は津波の被害を逃れ、現在避難所となっている。日々、状況が変わっていく避難所生活。必要なものは? 被災者の心のケアは? 避難生活を送る人たちに話を聞いた。[渋井哲也,Business Media 誠]
4月1日、私は陸前高田市の第一中学校へ向かった。第一中学校は高台にあり、津波の被害はなかった。現在、中学校の体育館は避難生活の中心になっている。高台を降りて行くと、近くのコンビニエンスストア「ローソン」の仮店舗がある。ここは市内で唯一、営業を再開しているコンビニだ。
 ちなみに、近くにある高田小学校は冠水。高田保育園は津波に飲まれてしまった。高田高校では生徒18人が死亡、4人が行方不明になっている。
岩手県陸前高田市。震災の日、リアス式海岸を津波が襲った(クリックすると広域の地図を表示します)
 →東日本大震災ルポ・被災地を歩く:児童92人が全員助かった小学校――陸前高田市(1)
高齢者が多い避難所、要介護者も
 避難所生活は刻々と変化している。避難所の代表、避難生活者などはその後、変わっているので、以下はあくまでも「4月1日現在」ということを前提に読んでほしい。
避難生活について話す中井力(なかいつとむ)さん
 この日、避難所の代表(当時)で、商工会の事務局長も務めている中井力さん(61歳)に話を聞いた。中井さんによると、第一中学校で避難生活をしている人は、震災11 件から5日目が最大で1400人ほどが集まった。
 年齢層は高齢の方が多いという。「陸前高田の高齢化率は33%ですが、体育館に避難している人たち(の高齢化率)は、それをはるかに超えています」(中井さん)
 乳幼児は約10人。「保育士が必要ではありますが、親子で避難しているのでそのあたりは、おまかせになってしまっている」
 このほか、視覚障害11 件者や要介護者もいる。有資格者のボランティア派遣をしているNPOなどもあるが、積極的に連絡を取ることはない。ただ、そうしたNPOが出向いてきた場合は、歓迎する姿勢を見せていた。
陸前高田市の第一中学校。体育館が避難所になっている
 こうした状況での避難所運営は楽ではないが、「誰かが避難所運営をしないといけない。去年の3月まで、市の職員でした。こういう時には率先してやっていかないといけない」と中井さんは話す。公のために自らが働く精神は、公務員を辞めた後でも続いている。同時に、商工会が仮事務所を作り、仕事が始まっているという。「商工会での仕事をしながら、避難所でのお世話をしています」
 避難所の運営は、各行政区からの推薦者10人ほど集めた。ボランティアは20人ほどがいる。料理担当者も決めた。
 避難所では、何が足りないのか。「これ(避難生活)は長期戦になります。今、足りていても、将来どのようになるのか分からない。いつか足りなくなるかもしれない」
 長期にわたる避難生活で何が不足するのかは、その時その時の状況によって変わってくるという。どのような支援物資が届くのかでも変わってくる。ちなみに、この日のインタビューで困っていたのは「調味料」だった。」(全文)


 
>TOP

◆課題残る災害医療
MORNING STAR 2011/05/23
http://www.morningstar.co.jp/stock/analyst/2011/2q/STA120110523.html
「東日本大震災のような災害のたびに、その重要性が指摘されるのが「災害医療」。
 1995年の阪神・淡路大震災では、通常の救急医療が受けられれば救命できたとみられる“避けられた災害死”が約500件発生したと推計されている。
 この反省から政府は、災害拠点病院と災害派遣医療チーム(DMAT)の整備を進めてきた。災害拠点病院は、「基幹災害医療センター」と「地域災害医療センター」からなり、災害時には重症傷病者への緊急対応、応急用資器材の貸出、DMATの派遣・受け入れ、患者の広域搬送などを行う。
 DMATは、医師、看護師、業務調整員(救急救命士、薬剤師、放射線技師など)を含む5人で構成される自己完結型医療チーム。災害後48時間以内に被災地に駆けつけ、消防機関などと連携し、傷病の重症度により治療優先度を決めるトリアージや緊急治療などの現場活動、被災地病院の支援、消防ヘリや救急車による後方搬送時の医療支援、広域搬送などを行う。
 東日本大震災では、200チーム以上のDMATが派遣されたが、津波被害が大きかったことで被災者は死亡か軽症という両極端で、加えて原発事故の影響などで、現場活動が制限されたことなどから、外科的救急医療に対するニーズは小さかった。しかし、一方では医療施設の被災やライフラインの断絶、物流のまひによる医薬品不足などで、人工透析や糖尿病などの慢性病疾患の患者対応、要介護者などへの支援といったニーズが増大した。
 こうした災害医療は災害直後だけではなく、その後の避難所生活でも重要性を増している。長期間の避難生活が続くと、持病の悪化や過労で死亡する“震災関連死”の増加が懸念される。阪神・淡路大震災では、約900人が震災関連死したとされ、今回の東日本大震災では震災後1カ月で約300人に震災関連死の疑いがあり、今後、さらに増加が予想されている。
 特に、阪神・淡路大震災では要介護者などの災害関連死が指摘され、その支援体制の不足が明らかになったことで、対策が進められてきた。具体的には各市町村が老人福祉施設などと協定を結び、高齢者や障害者など一般の避難所で生活が困難な被災者のための福祉避難所の整備が図られてきた。しかし、実際には福祉避難所を指定している市町村は2010年3月現在、全国で全体の34%にとどまっている。
(鈴木 透)」(全文)


 
>TOP

◆手話通訳者、被災地へ初派遣 県職員の山岸さん
朝日新聞 MY TOWN富山 2011/05/23
http://mytown.asahi.com/areanews/toyama/OSK201105220061.html
「東日本大震災の被災地にいる聴覚障害者を支援しようと、富山県は22日、手話通訳者の資格がある職員を宮城県亘理(わたり)町に派遣した。手話通訳者を送るのは初めてで、期間は28日まで。今後も有資格者の派遣を続けるという。
 今回派遣されたのは、県新川土木センターに勤めている山岸勉さん(42)。22日朝にJR富山駅であった出発式には、県聴覚障害者協会の関係者も激励に訪れた。
 山岸さんは、7年ほど前に趣味でダイビングをしていた時、たまたま聴覚障害のある人と接したことがきっかけで、手話通訳の勉強を始めた。「手話だけでなく、相手と目と目を合わさないと成り立たないコミュニケーション」と感じ、手話の世界に「すっかりはまった」という。
 普段の仕事は道路の維持管理で、今年3月に資格を取得したばかりだが、「少しでも役に立てるよう活動していきたい」と、手話を交えてあいさつした。
 県厚生部によると、宮城県内では震災後、聴覚障害者が6千人余暮らしており、亘理町には100人弱がいる。うち5世帯から手話通訳者の要望がある。山岸さんは当面、町役場の相談窓口や聴覚障害者が住む家庭などへの巡回訪問をして、生活相談の手助けをするという。」(全文)


 
>TOP

◆福祉施設に災害対応車いす 福祉コンサル会社社長 垣内俊哉さん
読売新聞 2011/05/22
http://www.yomiuri.co.jp/osaka/feature/kansai1302740697151_02/news/20110522-OYT8T00129.htm?from=yoltop
「生活再建へ まずは外出を
立命館大経営学部4年で、福祉コンサルティング会社「ミライロ」(大阪市中央区)社長でもある垣内俊哉さん(22)が、パンクしにくい災害対応用の車いすを、被災地の病院や福祉施設などに送っています。ご自身も車いすを使う垣内さん。「生活を再建するには、車いすで、まず外に出てほしい」と考えたそうです。
 垣内さんは、生まれつき骨が弱い骨形成不全症です。地震後、障害のある人がどうしているか気になり、被災地の施設や病院約120か所に電話をかけました。「施設にあった車いすが全て津波で流された」「避難所に車いすがないため、トイレに行けない」。移動手段を失い、困っている人がたくさんいました。
車いすで活動を続ける垣内さん(大阪市中央区で)
 「送るなら、被災地で使えるものを」。神戸市のメーカーに、がれきの上でも走行できる硬いゴム製タイヤの車いすを作ってもらいました。潮風にもさびないアルミ製で、長時間使用しても床ずれしない特製クッション付きです。資金は、仲間の大学生らが大阪や神戸などの街頭で集めた寄付金約140万円と、企業の協賛金です。
 先月上旬からこれまでに約270台を、宮城県の石巻赤十字病院など約50か所に届けました。受け取った人たちから、「やっと外出できるようになりました」「移動が随分楽になった」と喜びの声が手紙やツイッターで寄せられました。
 障害者が町を自由に移動するには、車いす以外にもさまざまな配慮が必要です。垣内さんは今後、自治体に対し、車いすで利用できるトイレやエレベーターを公的施設に付けるよう提案するつもりです。
 「大きな苦難をくぐり抜けた被災地が、体の不自由な人にも優しい町として復興してほしい」と、願っています。」(全文)


 
>TOP

◆希望新聞:東日本大震災・サポート情報 22日現在
毎日新聞 2011/05/22
http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110523ddm035040043000c.html
「◇福祉
 ■障害者関係
 義肢装具や福祉機器メーカーの川村義肢(大阪府大東市)が車椅子やつえ、入浴・排せつ用具などの福祉用具を無料で被災者に送付している。製品は新品未使用品や新古品で、一般から募集したもの。問い合わせは平日9時〜17時半、電話072・875・8013。ウェブサイト(http://www.kawamura-gishi.co.jp/)内の「被災地へ届ける福祉用具のご案内ブログ」で製品を紹介している。
 <岩手県>
 県立療育センター内の災害時緊急相談窓口(電話080・1698・7882)では、被災した身体・知的・精神・発達障害者とその家族らからの相談を受け付ける。月〜土曜日8〜20時。31日まで。
 被災地障がい者センターいわて(電話019・635・6226)でも、障害者や難病患者からの相談を受け付ける。毎日8〜18時。希望者に必要な物資を届けるほか、買い物支援や医療機関への通院の付き添いにも応じる。
 <宮城県>
 県知的障害者福祉協会が震災後に設置した対策本部(電話090・2909・4066)では、障害者の就労や教育などさまざまな相談を受け付ける。毎日9時半〜17時。
 被災地障がい者センターみやぎ(電話022・746・8012)でも障害者や難病患者にかかわる相談を受け付ける。介護用おむつや流動食など生活物資の提供のほか、話し相手の希望にも応じている。月〜金曜日10〜18時。ファクス(022・248・6016)は24時間対応。
 <福島県>
 被災地障がい者支援センター(電話024・925・2428)で、障害者と難病患者、その関係者からの相談を受け付ける。毎日9〜18時。ファクス(024・925・2429)は、24時間対応。
 ◇子ども
 文部科学省「子どもの学び支援ポータルサイト」(http://manabishien.mext.go.jp/) 文房具や学習机、スポーツ用品のほか、家庭教師のボランティアなど、物品や人的支援の情報を交換できるウェブサイト。被災地からの要請と、提供できる支援の内容が閲覧でき、条件が合えば支援が実現。被災地からの支援要請のための相談ダイヤル(080・2071・1688、1689、10〜18時)も設置。
 被災地に贈る絵本募集 被災地での移動図書館活動を準備中の「ミミオ図書館」(鴻池朋子館長)は、贈り主からのメッセージと、思い出のエピソードを添えた絵本の寄贈を受け付けている。ヴォルカノイズ電話03・5296・8807、またはミヅマアートギャラリー電話03・3268・2500。詳細はウェブサイト(http://mizuma-art.co.jp/new/1301477523.php)。
 ◇ボランティア
 個人で参加できる民間ボランティア団体や、旅行形式のボランティアツアーが催行されている。
 NGO「JEN」(ジェン) 宮城県石巻市の現地事務所に現地集合、現地解散。宿泊は寝袋持参で共同宿泊所。食料、飲料、作業着などは各自持参。6月末まで毎週水曜からと土曜からの週2回ペースで募集中。定員30人。水曜=月曜12時申し込み締め切り、前日18時集合▽土曜=木曜17時申し込み締め切り、当日9時集合。ウェブサイト(http://www.jen-npo.org/)から申込用紙をダウンロードして記入、メールで申し込む。問い合わせは電話03・5225・9352。
 JEN報告会「被災地支援ディスカッション」 27日19時半〜21時、東京都北区西ケ原1の23の3の滝野川会館3階。先着50人、入場料200円。参加予約はウェブサイト(http://ws.formzu.net/fgen/S16918617/)から。
 千葉・東京発ボランティアツアーIN七ケ浜国際村 佐倉、津田沼、千葉、錦糸町、池袋発の2泊3日ツアーで、宮城県七ケ浜町で活動。カラオケバスの運営、支援物資配布、炊き出しなど。出発日と料金は6月5日1万6800円▽同17日、24日1万8900円。宿泊は作並温泉または秋保温泉、食事付き。定員30人。問い合わせはめもり〜旅行(千葉県佐倉市)電話043・483・7878。
 RQ市民災害救援センター 宮城県登米市、気仙沼市、南三陸町などを拠点に支援活動。東京都内の後方支援ボランティアも募集。ウェブサイト(http://www.rq-center.net/volunteer)から登録のうえ参加する。説明会は毎週水曜19時と土曜11時、東京都荒川区西日暮里5の38の5の日本エコツーリズムセンター。現地までの無料ボランティアバスも週2便運行中(先着順、既に満席の便あり)。問い合わせは電話03・5834・7977(10〜18時)。
 ◇交通
 ■バス
 岩手県北バス(盛岡市)と福島交通(福島市)は23日、「盛岡−福島・郡山」間の高速バスの共同運行を始める。1日2往復で、盛岡−郡山間を約4時間50分で結ぶ。
 厨川駅、盛岡駅西口、福島駅東口、二本松バスストップ、郡山駅前に停車する。厨川駅発が6時40分と16時25分、郡山駅発は8時と15時45分。
 料金は盛岡−福島間が大人片道3500円(小学生以下半額)▽盛岡−郡山・二本松間が同4000円(同)。厨川駅では、無料で自家用車をとめられるパークアンドバスライドのサービスも提供。
 問い合わせは岩手県北バス電話019・654・5814、福島交通電話024・943・1651。
 ◇その他
 ■学習塾
 全国学習塾協会(0120・109・333)は、被災して避難した子どもたちの学習を支援するため、加盟する全国の学習塾に呼びかけ計約200カ所で受け入れている。ウェブサイト(http://www.jja.or.jp/main.html)でも受け入れ塾を公開。塾によって対象学年や人数、期間は異なるが、原則、入塾金は取らず、授業料や教材費なども無料となるケースが多い。宮城・福島県内の受け入れ先は次の通り。
 <宮城県>
 啓明ゼミナール(七ケ浜町)022・367・1439▽個別教室・家庭教師のアップル(仙台市)022・223・5001▽小松塾仙台個別スクール(仙台市)022・238・6336▽志学塾(栗原市)0228・25・2525▽大沼学院(多賀城市)022・366・3735
 <福島県>
 わたなべ英数塾(いわき市)0246・25・2587▽明光義塾南福島教室(福島市)024・597・6330▽明光義塾福島街なか広場前教室(福島市)024・522・2851▽明光義塾丸子教室(福島市)024・554・6421▽明光義塾梁川教室(伊達市)024・577・7931▽ステップA学習塾(いわき市)080・1673・6851▽算数教室のびた(郡山市)024・966・3633▽中学・高校受験のPASCAL(福島市、郡山市、二本松市)0120・91・5959
 ■予備校・通信教育
 大手予備校、通信教育では、被災した生徒向けに授業料免除などの対応をしている所も多い。▽代々木ゼミナール=5月末まで、被災した受験生(高3、高卒生)を対象に、入学金や授業料免除などを受け付け▽河合塾=被災生徒に、入学金や授業料免除などを実施▽Z会=受講中の被災会員を対象に、11年度中の受講会費を免除。問い合わせは中・高・大学受験生向けコース055・976・8543▽進研ゼミ=震災で継続受講困難となった受講生に4〜9月までの受講無料化など。
 ■宿泊
 全国の地方公務員共済組合の施設が、東日本大震災や長野県北部地震での被災者を宿泊費無料、食費実費で受け入れている。予約が必要。免許証などで住所を確認する場合もある。掲載以外の施設は総務省や全国市町村職員共済組合連合会のホームページで確認を。
 <北海道>
 ホテルポールスター札幌=札幌市中央区北4条西6の2(電話011・241・9111)▽ホテルノースシティ=札幌市中央区南9条西1(電話011・512・9748)▽定山渓保養所渓流荘=札幌市南区定山渓温泉西2(電話011・598・2721)
 <青森県>
 アップルパレス青森=青森市本町5の1の5(電話017・723・5600)▽ラ・プラス青い森=青森市中央1の11の18(電話017・734・4371)
 <秋田県>
 ルポールみずほ=秋田市山王4の2の12(電話018・862・2433)▽レークサイド山の家=小坂町十和田湖銀山1の7(電話0176・75・2552)
 <山形県>
 あこや会館=山形市松波2の8の1(電話023・642・1358)▽うしお荘=鶴岡市湯野浜1の11の23(電話0235・75・2715)
 <宮城県>
 パレス松洲=松島町高城浜38(電話022・354・2106)
 <栃木県>
 ホテルニューもみぢ=那須塩原市塩原1074(電話0287・32・3215)▽那須の森ヴィレッジ=那須町高久乙遅山3375の637(電話0287・78・1636)▽ブランヴェール那須=那須町湯本206の194(電話0287・76・6200)
 <群馬県>
 アルペンローゼ=草津町草津512の2(電話0279・88・1300)
 <埼玉県>
 別所沼会館=さいたま市南区別所4の14の10(電話048・861・5219)
 <千葉県>
 オークラ千葉ホテル=千葉市中央区中央港1の13の3(電話043・248・1111)▽黒潮荘=鴨川市貝渚2565(電話04・7092・2205)
 <東京都>
 ルポール麹町=千代田区平河町2の4の3(電話03・3265・5361)▽東京グリーンパレス=千代田区二番町2(電話03・5210・4600)▽アジュール竹芝=港区海岸1の11の2(電話03・3437・2011)▽ザ・クレストホテル立川=立川市錦町1の12の1(電話042・521・1111)
 <新潟県>
 アクアーレ長岡=長岡市新陽2の5の1(電話0258・47・5656)▽瀬波はまなす荘=村上市瀬波温泉1の2の17(電話0254・52・5291)
 <長野県>
 サンパルテ山王=長野市岡田町30の20(電話026・228・3011)▽湖山荘=諏訪市湖岸通り2の4の28(電話0266・52・2163)▽湖泉荘=諏訪市湖岸通り1の13の8(電話0266・53・6611)▽名月荘=千曲市磯部1144の4(電話026・275・1309)
 ◇電話帳
 ●行方不明者相談ダイヤル
岩手県警 0120・801・471
宮城県警 022・221・2000
福島県警 024・522・2151(内線3024)
y ●通信・ライフライン
NTT災害用伝言ダイヤル 171
日本郵便         0120・2328・86(平日8〜22時、土日祝9〜22時)
東北電力         0120・175・366
 ●医療
文部科学省健康相談ホットライン・放射線関連 0120・755・199(9〜21時)
放射線医学総合研究所相談窓口        043・290・4003(9〜17時)
日本糖尿病協会               0120・151・721(平日9〜18時)
被災がん患者ホットライン(国立がん研究センター)
 紹介状あり=03・3547・5130(平日10〜16時)
 紹介状なし=03・3547・5293(平日9〜18時)
てんかん支援ホットライン          054・245・5446
アレルギー支援ネットワーク         052・485・5208
 ●生活支援
日弁連電話相談       0120・366・556(平日10〜15時)
岩手弁護士会        0120・755・745(月〜土曜13〜16時)
仙台弁護士会        0120・216・151(10〜16時)
福島県弁護士会       024・534・1211(平日14〜16時)
全国社労士会連合会     0120・000・528(平日10〜17時)
日本司法書士会連合会    0120・445・528(平日10〜16時)
あしなが育英会 被災者専用 0120・77・8565(遺児らに特別奨学一時金を支給)
心の相談緊急電話      0120・111・916(19〜21時。日本臨床心理士会など)
チャイルドライン      0120・99・7777(月〜土16〜21時、18歳までの子ども向け)
震災関連の悪質商法110番 0120・214・888(10〜16時)
 ●省庁 ※平日のみ
公営住宅等情報センター     0120・297・722(9〜18時。全国の公営住宅などを紹介)
住宅の補修・再建(国交省)   0120・330・712(月〜土)
行政相談(東北管区行政評価局) 0120・511・556
金融相談(東北財務局)     022・721・7078
中小企業相談(経産省)     0570・064・350
農林水産業の被害相談(農水省) 0120・355・567
年金の相談(日本年金機構)   0120・707・118※
 ●金融・保険 ※平日のみ
ゆうちょ銀行               0120・108・420
住宅金融支援機構             0120・086・353
日本政策金融公庫             0120・154・505(土日0120・220・353)
預金口座照会センター(全銀協)      0120・751・557※
災害地域生保契約照会センター(生保協会) 0120・001・731※
そんがいほけん相談室(日本損保協会)   0120・107・808または03・3255・1306
 ●移転した役所
 <岩手県>
 陸前高田市 高田町鳴石 0192・54・2111
 釜石市 シープラザ釜石 0193・22・8253
 大槌町 大槌小学校 0193・42・2111
 <宮城県>
 女川町 女川第二小学校 0225・54・3131
 南三陸町 町総合体育館ベイサイドアリーナ南側テニスコート0226・46・2600
 <福島県>
 広野町 FDKモジュールシステムテクノロジーいわき工場 0246・43・1331
 楢葉町 会津美里町本郷庁舎 0242・56・2155
 富岡町 郡山・ビッグパレット 0120・336・466
 川内村 郡山・ビッグパレット 024・946・8828
 大熊町 会津若松市追手町第2庁舎 0242・26・3844
 双葉町 旧埼玉県立騎西高校 0480・73・6880
 浪江町 二本松市東和支所 0243・46・4731
 葛尾村 会津坂下町・川西公民館 0242・83・2651
 ★双葉郡支援センター 0120・006・865
 上記8町村の避難住民向け。8〜22時
 ★一時立ち入り受付センター
 8〜22時 0120・208・066
 南相馬、楢葉、富岡、双葉、大熊、浪江の6市町への一時立ち入りに必要な登録を受け付ける」(全文)


 
>TOP

◆東日本大震災で医師の声 全国から長期処方自粛など多数 メドピア調べ
ミクスオンライン 2011/05/22
http://www.mixonline.jp/Article/tabid/55/artid/40806/Default.aspx
「医師コミュニティサイト「MedPeer」を運営するメドピアはこのほど、東日本大震災で全国の医師が取り組んだことの調査結果をまとめた。調査期間は5月2日〜8日。有効回答数は1256件。「停電による連絡網の不通が診療にかなり障害になった」(岩手、50代、一般外科)など被災地での医療の経験談や教訓のほか、後方支援活動で思ったことなどが多数寄せられた。薬物療法の関連では、製薬メーカーの工場被災の中でも被災地に優先して医薬品を送れるように厚生労働省などが長期処方自粛を求めたこともあって、今回の調査でも「長期処方をやめた」といった書き込みが全国から多く寄せられたが、「単純に患者数が倍になり、なおさら被災地になど(応援に)行けない」(埼玉、40代、一般内科)との意見も見られた。
同調査は震災発生後約2か月の時点で実施したものだが、医師の医療行為などの時期が不明確なものが多い。医療ニーズに関するコメントは、現在のニーズと言えるかどうか定かでないことに留意が必要となる。
◎災害時に救急医療提供する病院「カルテの電子化はダメ」との意見も
その上で、調査結果をみると、まず義援金や節電との書き込みが相当数見られた。次に医療関係の取組みをみると、被災地の医師と思われる書き込みでは、「停電による連絡網の不通が診療にかなり障害になり、いかに情報を伝えられるかという通信手段を確保することと患者の移動手段の確保が最重要と思った」(岩手、50代、一般外科)や「普段経験しない病状が多く、初め戸惑った。急性上気道炎をはじめとする呼吸器の炎症が非常に多い。原因は感染ではなく、建材や汚泥が微粒子の粉塵となって舞っているため、これを吸い込むことによる化学的または物理的刺激だった」(宮城、60代、消化器内科等)――との内容のほか、外勤先が福島だった50代の産婦人科医は、「災害時にも救急を行わなければならない病院は、カルテの電子化はしてはダメ」との教訓を寄せた。
また、「病院が倒壊した時の避難、患者搬送マニュアルがないことに初めて気づいた」(福島、30代、一般外科)との書込みの一方で、免震構造で、かつ井戸水や食糧、非常用発電機、1週間分の消耗品などを用意していた病院の医師は「緊急手術は当日から行い、透析患者は周辺病院から受け入れた。免震病棟の威力をまざまざと実感」(茨城、50代、麻酔科)と大災害に準備万全だった経験談を寄せた。
◎「人員不足でボランティアに行けない」も多く
被災地に医療支援に赴いた医師や後方支援した医師からは、「震災後1か月後に支援にいった。避難所のお年寄りは開業医までいく交通手段がなく、結局は避難所で診察・処方を行うことが多かった」(岡山、40代、循環器内科)や「「『やりたい』支援者が現場を引っかきまわしていたのが印象的」(愛媛、30代、小児科)――。また、医薬品も流されて何を服用していたかわからない高齢患者も少なくないとされるが、避難所の巡回診療に駆け付けた北海道の一般内科医は、「非難されてきた方が自分のカルテを持っており、開業医さんの書かれた診療録が全て残っていた。開業医さんの対応に本当に頭が下がった。診療に役立った」との書込みを寄せた。
一方、被災地から患者を受け入れた後の対応に苦慮しているとのコメントも散見され、具体的には「今は返すことができず困っている」(千葉、30代、精神科)や「福島に帰れないのでずっと入院。ちょっと社会的入院っぽい」(群馬、40代、呼吸器内科等)といった内容だった。
被災地に応援に駆け付けた医師の代わりに地元の医療を守っていた医師からは、「地元を守ることも被災地支援のひとつ」(三重、30代、循環器外科)との書き込みが多く、「救急医として現場に行きたい医師はたくさんいることと思うが、行けば自分の病院の医療行為が手薄になるということも認識しておくべき」(神奈川、30代、麻酔科)との意見も少なくなかった。
そのほか、関東地方を中心とした計画停電関係では、「外来や透析などの予定変更に苦労した」(千葉、50代、一般内科)や「防災も大事だが歩いて通える職場が良いと痛感した。計画停電で1日出勤できなかった」(東京、40代、一般内科等)、「電源がなくとも会計できるようにしたい」(千葉、50代、一般内科)――などの書き込みが見られた。また、「義援金を送ったぐらい。ボランティアに参加するには今の職場が忙しすぎて人員が割けない」(東京、50代、麻酔科)など、人員不足や多忙な日常診療のため被災地に行きたくても行けないとのコメントも散見された。」(全文)


 
>TOP

◆サポート情報:福祉 22日現在
毎日新聞 2011/05/22
http://mainichi.jp/flash/news/20110523k0000m040017000c.html
「■障害者関係
 義肢装具や福祉機器メーカーの川村義肢(大阪府大東市)が車椅子やつえ、入浴・排せつ用具などの福祉用具を無料で被災者に送付している。製品は新品未使用品や新古品で、一般から募集したもの。問い合わせは平日9時〜17時半、電話072・875・8013。ホームページ(http://www.kawamura−gishi.co.jp/)内の「被災地へ届ける福祉用具のご案内ブログ」で製品を紹介している。
 <岩手県>
 県立療育センター内の災害時緊急相談窓口(電話080・1698・7882)では、被災した身体・知的・精神・発達障害者とその家族らからの相談を受け付ける。月〜土曜日8〜20時。31日まで。
 被災地障がい者センターいわて(電話019・635・6226)でも、障害者や難病患者からの相談を受け付ける。毎日8〜18時。希望者に必要な物資を届けるほか、買い物支援や医療機関への通院の付き添いにも応じる。
 <宮城県>
 県知的障害者福祉協会が震災後に設置した対策本部(電話090・2909・4066)では、障害者の就労や教育などさまざまな相談を受け付ける。毎日9時半〜17時。
 被災地障がい者センターみやぎ(電話022・746・8012)でも障害者や難病患者にかかわる相談を受け付ける。介護用おむつや流動食など生活物資の提供のほか、話し相手の希望にも応じている。月〜金曜日10〜18時。ファクス(022・248・6016)は24時間対応。
 <福島県>
 被災地障がい者支援センター(電話024・925・2428)で、障害者と難病患者、その関係者からの相談を受け付ける。毎日9〜18時。ファクス(024・925・2429)は24時間対応。」(全文)


 
>TOP

◆唐津工高機械研究部、車いすを再生 被災地にに送る
佐賀新聞 2011/05/21
http://www.saga-s.co.jp/news/saga.0.1912946.article.html
「唐津工高機械研究部は東日本大震災の被災地を支援しようと、古い車いすを解体・修理し、「再生」している。3年生部員ら6人が携わり、現在3台が完成。久保信護(しんご)部長は「自分たちの特技が役立って何よりです」と爽やかに語る。
 唐津、伊万里両市社協から古くなったり壊れたりした車いすを譲り受け、解体。丁寧にさびを落とし、使える部品を組み合わせて骨組みを作り、ウレタン製のノーパンクタイヤを取り付けて包装する。1台作るのに6人がかりでも3時間はかかるという。
 同校は、海外の障害のある人や高齢者に車いすを贈る「空飛ぶ車いす」事業に5年前から参加。震災後、事業を運営する日本社会福祉弘済会(東京)が福島県災害対策本部などから車いすの寄付依頼を受けており、同校ではこれまで手掛けてきたスチール製よりも約3割軽く、持ち運びしやすいアルミ製を作ることにした。車いすは近く、被災地に送る。」(全文)


 
>TOP

◆沿岸南行記:津波被災地より 福島県相馬・20日 障害持つ子に受け皿を
毎日新聞 2011/05/20
http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110521ddm041040178000c.html
「 電車のおもちゃをしげしげ眺め、急に床に寝転がり、私の携帯電話にも手を伸ばす。福島県立相馬養護学校小学部5年で自閉症の竹澤涼君(10)の今の遊び場は、同県相馬市の「障がい児放課後ボランティア ゆうゆうクラブ」。菅野友美子さん(51)が避難所で決意し、保育士を辞めて4月11日に開設した。
 市内の自宅は1階が浸水したが、片付ければ住める。避難所にボランティアで通い、兄弟を亡くした子どもらを世話していて考えた。「こんな大変な時だから、障害を持つ子たちにできることはないか」。自閉症の長男(28)は原発事故の影響で群馬県の施設に避難中。世話と暮らしの両立の難しさはよく分かる。加えて震災。苦境に立つ家族を支える「受け皿」が必要だ−−。
菅野友美子さん(左)が見守る中、大好きな紙粘土で遊ぶ涼君。震災直後より明るくなった=福島県相馬市の「ゆうゆうクラブ」で2011年5月20日、神保圭作撮影
 市中心部の雑居ビル1階を所有者から無償で借り、寄付でおもちゃをそろえた。今は小学部3年と5年、中学部1年の3人が通う。自宅の片付けに追われている涼君の母みゆきさん(43)は「自由に遊び回れて、うれしそう」とほほえんだ。
 多くの弱者も襲った大震災。放ってはおけない、と立ち上がった人たちも多い。無給で運営する菅野さんもそうだろう。クラブは沿岸部から約2キロ、津波の跡はないが、地震による液状化はまだ激しい。その道を約30分南へ車で行けば南相馬市役所だ。【神保圭作】」(全文)


 
>TOP

◆希望新聞:東日本大震災・サポート情報 19日現在
毎日新聞 2011/05/20
http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110520ddm035040033000c.html
「◇交通
 ■鉄道
 JR石巻線は19日、前谷地−石巻間の運転を再開させた。在来線の再開見込みは次の通り。
 <仙石線>
 東塩釜−高城町は今月下旬。高城町−石巻は未定
 再開見込みの立っていない路線と区間は次の通り。
 <八戸線>
 階上−久慈
 <岩泉線>
 茂市−岩泉
 <山田線>
 宮古−釜石
 <大船渡線>
 気仙沼−盛
 <気仙沼線>
 柳津−気仙沼
 <石巻線>
 石巻−女川
 <常磐線>
 久ノ浜−亘理
 JR以外の路線の運行状況は次の通り。
 <三陸鉄道北リアス線>
 宮古−小本、陸中野田−久慈は運行。小本−陸中野田は再開未定
 <三陸鉄道南リアス線>
 全線(盛−釜石)不通、再開未定
 <仙台空港アクセス鉄道>
 全線(名取−仙台空港)不通。名取−美田園は7月末、美田園−仙台空港は9月末再開予定
 ◇労働・雇用
 ■面接会・募集
 福島県と北海道の企業による合同面接・相談会 26日に同県郡山市、27日に福島市で開催。両日とも13〜16時(受け付けは15時半まで)で、参加企業は北海道16社、福島県10社。企業との面接、ハローワークによる職業相談のほか、住居などの生活相談にも応じる。無料。履歴書を持参。福島労働局、北海道労働局、北海道主催。福島労働局職業安定課電話024・529・5338
 26日=郡山ビューホテル(郡山市中町3の1)。ビッグパレットからシャトルバス(12時半、13時半発)を運行
 27日=ウエディング エルティ(福島市野田町1の10の41)。あづま総合運動公園からシャトルバス(12時半、14時発)を運行
 新潟県内の企業が正社員を募集 県東部産業団地(阿賀野市かがやき)の3社が正社員計12人を募集している。特殊印刷業の真丸特殊紙業(本社・愛知県江南市、5人)、いずれも工作機械製造業のブライト(阿賀野市、5人)、クボ製作所(同、2人)。対象は災害救助法適用地域の企業に勤めていて失業した人や、内定が取り消しになった人、住んでいた人。面接の上、採用を判断。機械の操作方法などは、専門機関で研修を受けられる。市が来年3月末までの人件費、研修費など計6500万円を助成。用地を10年間無償貸与する企業誘致も行っている。阿賀野市商工観光課電話0250・62・2510(内線344)
 ◇イベント
 被災者支援みやこ復興まつり 22日10〜12時、JR宮古駅前フリーマーケット会場。紫波、矢巾、八幡平からの産直野菜や女性向け春物衣料などを無料配布(1人1袋から)。弁護士らの「震災なんでも相談」コーナーも設置。宮古民主商工会電話0193・62・5808。
 映画「奇跡」チャリティー上映会 21日に仙台市、22日に福島市で開催。九州新幹線開通をモチーフに、子どもたちと家族のきずなを描いた内容。上映後には、被災地を回った是枝裕和監督が話す。料金1300円。売り上げはあしなが育英会に寄付。両市の会場などは、仙台市=21日17時、チネ・ラヴィータ(宮城野区榴岡2、電話022・299・5555)▽福島市=22日15時、フォーラム福島(曽根田町、電話024・533・1717)。
 「外国人被災者への支援」情報交換会 26日19時半〜21時、東京都千代田区猿楽町2の5の5の在日本韓国YMCA9階。弁護士、外国人学校関係者らとともに、被災地の外国人研修生、派遣労働者ら外国籍住民への支援のあり方を考える。外国人人権法連絡会(http://www.g-jinkenho.net/)主催。
 ◇福祉
 知的障害や発達障害、障害のある子供を持つ親からの相談に応じる。
 障害児・知的障害・発達障害者関係団体災害対策連絡協議会現地対策本部(8〜20時)▽岩手県電話090・5351・3780▽宮城県電話090・2909・4066か090・2909・3965▽福島県電話080・1859・3844
 障害福祉サービスについては次の通り。
 ▽岩手県保健福祉部障がい保健福祉課電話019・629・5447▽宮城県保健福祉部障害福祉課電話022・211・2539▽福島県保健福祉部障がい福祉課電話024・521・7170▽仙台市健康福祉局障害企画課電話022・214・8163、同健康福祉局障害者支援課(自立支援医療)電話022・214・6135
 車椅子が体に合わない、使っている義足の調子が悪い、つえが曲がってしまったなど、ご使用の補装具や日常生活用具の相談に応じる。
 ▽障害者等福祉用具支援本部電話03・3811・0697(社団法人日本義肢協会内)
 ◇ボランティア
 社会福祉協議会や旅行会社などがボランティアツアーを企画している。
 岩手県北観光 岩手県大槌町でボランティアをする東京発の「ボランティアライナー」。28〜31日(料金は1万9800円)、6月4〜8日(3万2800円)、8〜12日(同)の参加者を募集中。また、野田村でボランティアをする「岩手県応援ツアー」の2〜4日(同)、12〜14日(同)についても、参加者を募集している。日中は災害現場で活動、その後、県内で飲食することで「経済的な復興」に寄与する。問い合わせや申し込みは0120・183・705まで。
 日立市社会福祉協議会 宮城県女川町へのバスツアー。27日夜に出発して29日夜に戻る。茨城県日立市在住の18歳以上が対象。料金は1万6000円(市社会福祉協議会からの補助金が出るため、自己負担は6000円)。活動は汚泥や家財の撤去など。申し込みや問い合わせは茨城交通(0120・972・351)まで。
 国際ボランティア学生協会 27〜30日に宮城県気仙沼市で活動する東京発の9次隊(200人)の参加者を募集中。家族の承諾を得ており、テントでの生活が可能な学生が対象。費用はボランティア保険の加入料も含めて5000円。参加希望者は25日正午までに振り込みが必要。申し込みは事務局(03・6751・2683)へ。
 ◇その他
 ■住宅相談
 第二東京弁護士会消費者問題対策委員会は24日10〜16時、震災で住宅や建築被害を受けた人を対象に「住宅・建築法律相談110番」(電話03・3504・0835)を開設する。電話相談の上、面接の希望にも応じる。
 ■法務相談
 法務局は、家屋が倒壊・流失した場合の登記申請手続きや、土地・建物の権利証を紛失した場合の対応などの相談に応じる。
 <岩手県>
 盛岡地方法務局 平日(8時半〜17時15分)の相談窓口は次の通り。
 登記電話019・624・9851▽戸籍電話019・624・9856▽供託電話019・624・9857▽宮古支局電話0193・62・2337
 土日祝日(9〜16時)は総務課電話019・624・1141へ。
 <宮城県>
 仙台法務局 巡回相談を行っている。民事行政調査官室電話022・225・5720
 20日=栗原市「金成延年閣」(11〜15時)▽23日=登米市「旧鱒淵小」(11〜15時)▽24日=女川町「旧女川第三小」(13〜16時)▽25日=女川町「原子力発電所体育館」(10〜15時)▽26日=女川町「海泉閣」(10〜13時)
 ◇福島の子「おもいっきり!そとあそび」 県ユニセフ協が募集
 福島県ユニセフ協会が「おもいっきり!そとあそび」プロジェクトを始めた。子どもが外で遊ぶ環境の整っていない福島県で、安心して遊ぶことのできる場を提供して心のケアにつなげる。
 福島市内、県内と県外のコースがあり、運動や学習などの目的別。運動コースは、県内が背あぶり山や福島空港公園で、県外は山形市の野草園や宮城県川崎町のみちのく杜の湖畔公園などで体を動かす。ユニセフが現地までバスを出し、到着後は自由行動となる。
 市内コースは10時〜11時半、13時半〜15時、10時半〜15時。県内と県外のコースは10時半〜15時のみ。8月末までの企画で、申し込みは幼稚園、保育園ごとに受け付ける。10人以上の園児で申し込める▽職員の付き添いが可能−−などの条件がある。
 園児と職員は無料、保護者が付き添う場合は1人500円。問い合わせと申し込みは福島交通観光(024・531・8953)。
 ◇電話帳
 ●行方不明者相談ダイヤル
岩手県警 0120・801・471
宮城県警 022・221・2000
福島県警 024・522・2151(内線3024)
 ●通信・ライフライン
NTT災害用伝言ダイヤル 171
日本郵便         0120・2328・86(平日8〜22時、土日祝9〜22時)
東北電力         0120・175・366
 ●医療
文部科学省健康相談ホットライン・放射線関連 0120・755・199(9〜21時)
放射線医学総合研究所相談窓口        043・290・4003(9〜17時)
日本糖尿病協会               0120・151・721(平日9〜18時)
被災がん患者ホットライン(国立がん研究センター)
 紹介状あり=03・3547・5130(平日10〜16時)
 紹介状なし=03・3547・5293(平日9〜18時)
てんかん支援ホットライン          054・245・5446
アレルギー支援ネットワーク         052・485・5208
 ●生活支援
日弁連電話相談       0120・366・556(平日10〜15時)
岩手弁護士会        0120・755・745(月〜土曜13〜16時)
仙台弁護士会        0120・216・151(10〜16時)
福島県弁護士会       024・534・1211(平日14〜16時)
全国社労士会連合会     0120・000・528(平日10〜17時)
日本司法書士会連合会    0120・445・528(平日10〜16時)
あしなが育英会 被災者専用 0120・77・8565(遺児らに特別奨学一時金を支給)
心の相談緊急電話      0120・111・916(19〜21時。日本臨床心理士会など)
チャイルドライン      0120・99・7777(月〜土16〜21時、18歳までの子ども向け)
震災関連の悪質商法110番 0120・214・888(10〜16時)
 ●省庁 ※平日のみ
公営住宅等情報センター    0120・297・722(9〜18時。全国の公営住宅などを紹介)
住宅の補修・再建(国交省)  0120・330・712(月〜土)
行政相談(東北管区行政評価局)0120・511・556
金融相談(東北財務局)    022・721・7078
中小企業相談(経産省)    0570・064・350
農林水産業の被害相談(農水省)0120・355・567
年金の相談(日本年金機構)  0120・707・118※
 ●金融・保険 ※平日のみ
ゆうちょ銀行              0120・108・420
住宅金融支援機構            0120・086・353
日本政策金融公庫            0120・154・505(土日0120・220・353)
預金口座照会センター(全銀協)     0120・751・557※
災害地域生保契約照会センター(生保協会)0120・001・731※
そんがいほけん相談室(日本損保協会)  0120・107・808または03・3255・1306
 ●移転した役所
 <岩手県>
 陸前高田市 高田町鳴石 0192・54・2111
 釜石市 シープラザ釜石 0193・22・8253
 大槌町 大槌小学校 0193・42・2111
 <宮城県>
 女川町 女川第二小学校 0225・54・3131
 南三陸町 町総合体育館ベイサイドアリーナ南側テニスコート 0226・46・2600
 <福島県>
 広野町 FDKモジュールシステムテク ノロジーいわき工場 0246・43・1331
 楢葉町 会津美里町本郷庁舎 0242・56・2155
 富岡町 郡山・ビッグパレット 0120・336・466
 川内村 郡山・ビッグパレット 024・946・8828
 大熊町 会津若松市追手町第2庁舎 0242・26・3844
 双葉町 旧埼玉県立騎西高校 0480・73・6880
 浪江町 二本松市東和支所 0243・46・4731
 葛尾村 会津坂下町・川西公民館 0242・83・2651
 ★双葉郡支援センター 0120・006・865
 上記8町村の避難住民向け。8〜22時
 ★一時立ち入り受付センター
 8〜22時 0120・208・066
 南相馬、楢葉、富岡、双葉、大熊、浪江の6市町への一時立ち入りに必要な登録を受け付ける」(全文)


 
>TOP

◆県と沿岸19市町 21日に緊急津波避難訓練
静岡新聞 2011/05/20
http://www.at-s.com/news/detail/100029659.html
「東日本大震災を受けた県の緊急津波避難訓練が21日、沿岸19市町で展開される。地域ごとに避難経路の確認や避難場所までに要する時間の計測などを行い、迅速で安全な避難ができるかどうかを検証する。
 例年7月の津波避難訓練を前倒しで実施する。「地震だ、津波だ、すぐ避難!」をスローガンに、沿岸21市町のうち、浜松市と下田市を除く19市町の住民が訓練に取り組む(浜松市は22日、下田市は28日に実施)。沿岸部住民を中心に前年(約7300人)を大幅に上回る約18万人が参加する見込み(県まとめ)。焼津市は内陸部も含め全市域で訓練に臨む。
 駿河湾から遠州灘を震源とする大規模な地震が突然発生し、県内は震度6弱?7の揺れに襲われ、直後に津波が襲来する―との想定。地域ごとに住民が避難しながら、ブロック塀など避難経路上の障害物の有無、指定避難場所の位置や高さ、高齢者など要援護者の支援態勢などを細かく確認する計画。各市町で各世帯ごとに避難ルートや要援護者の有無などを記入してもらう津波避難台帳の整備も進める。
 岩田孝仁県危機報道監は「地域の訓練に参加するというよりも、万が一の時に自分や家族の命をどう守るかということを確認する機会と捉え、家族や地域ぐるみで主体的に取り組んでほしい」と話している。」(全文)


 
>TOP

◆認知症高齢者の心ケア 復興支援おおむた
西日本新聞 2011/05/20
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/242982
「東日本大震災被災地の認知症高齢者や障害者を支援する大牟田市の「東日本大震災復興支援プロジェクトおおむた」は19日、仙台市に派遣する介護の専門家2人の壮行会を開いた。
 「復興支援おおむた」は、市社会福祉協議会、市介護サービス事業者協議会、NPO法人市障害者協議会で組織。3カ月間に10人以上の介護専門家を交代で派遣し、現地の支援団体と連携しながら、仮設住宅や避難所で暮らす認知症高齢者などの心のケアなどに当たる。
 今回派遣された介護福祉士の松本忍さん(42)と、ケアマネジャーの村岡聡さん(39)は「何ができるか分からないが、できることをして復興に尽力したい」と話し、市民から寄せられたマスクやコメなどの支援物資を積んだワゴン車で現地に出発した。ワゴン車は支援活動に利用するという。」(全文)


 
>TOP

◆名古屋から出発 災害弱者にボランティアカット
JCASTニュース 2011/05/19
http://www.j-cast.com/2011/05/19096030.html
「東日本大震災の被災地には多くの理美容師が入り、ボランティアカットを行っているが、NPO全国福祉理美容師養成協会が立ち上げた「りびボラプロジェクト」は、「災害弱者」といわれる高齢者や障害者を受け入れている福祉避難所や介護施設を訪問し、カットやエステを実施する。
プロジェクトでは、2011年6月上旬から、名古屋発東京経由のボランティアバスを出す。第1回は6月12日夜出発、14日帰り。8月下旬までに合計5回被災地を訪れる。行き先は宮城県石巻市、亘理町が決まっているが他は調整中という。
現在参加者を募集している。応募資格は、美容師・理容師免許保有者(20歳以上)、エステティシャンやリラクゼーション関連の専門職従事者で、サロン単位でのエントリーも可能。参加費は無料。募集要項、応募方法は同プロジェクトのウェブサイトを確認のこと。
全国福祉理美容師養成協会はもともと訪問理美容師の養成事業を行っており、高齢者や障害者を対象にした理美容サービスは得意分野。同協会の岩岡ひとみさんは「わたしたちは寝たきりの人や認知症の人などにも対応できるので、福祉避難所や介護施設を優先して回ろうと思っています」と話した。」(全文)


 
>TOP

◆東日本大震災:絵手紙で笑顔に リウマチ患者、被災地を激励−−大田 /島根
毎日新聞 2011/05/19 地方版
http://mainichi.jp/area/shimane/news/20110519ddlk32040731000c.html
「「花の便り」で東日本大震災の被災者を励まそうと、大田市内のリウマチ患者でつくる「こだまの会」は17日、市民センター(同市大田町)ではがきに被災地あて激励メッセージと花を描いた「絵手紙」30通を作成した。来月、被災地へ向かうボランティアに託す。
 同会では、患者同士の交流とリハビリを兼ね、野の花を題材にした絵手紙づくりを定期的な活動に取り入れている。大震災を受け「困難な生活を送っている現地の人たちに、遠い島根に咲く花とメッセージを贈り励まそう」と、被災地あての絵手紙をつくることにした。この日は会員5人が庭や三瓶山にあったツツジやバラの花、コバンソウ、コゴミといった山野草を持ち寄り、ボランティアのサポートを受けながら、顔彩を使って赤や緑の草花をはがきに描き「元気・笑顔でみんながんばれ」「笑顔で」「きれいな花が咲きました」などと書き添えた。
 同会会長の中田文子さん(69)=同市大田町=は「私たちも障害を持って頑張っています。被災者の皆さんの苦労はその何倍も大きいものでしょうが、島根の花を描いた絵手紙で笑顔が少しでも戻れば」と話していた。【鈴木健太郎】」(全文)


 
>TOP

◆がんばろう!〜首都圏から 障害児の絵で被災地支援
朝日新聞 2011/05/19 MY TOWN埼玉
http://mytown.asahi.com/saitama/news.php?k_id=11000591105190001
「◇カードやエコバッグ…オリジナル商品に/21・22日即売会 収益を宮城の施設へ
 東日本大震災で被災した障害児を支援するため、三芳町のボランティアグループが、障害を持つ子どもたちが描いた絵をデザインに使ったバッグやポストカードなどのオリジナル商品を作った。同町藤久保の藤久保公民館で21〜22日、チャリティー即売会を開き、収益は宮城県にある療育施設に贈るという。
◇三芳のボランティア団体、販売
 企画したのはボランティアグループ「ギフト」。メンバーは県西部に住む20代までの男女約30人で、中学生や大学生、銀行マンやシステムエンジニア、歯科衛生士など。
 グループは2001年に発足した。三芳町の特別支援学級や、所沢市の特別支援学校に通う自閉症や知的障害、ダウン症などの子どもたちと定期的に遊んだり、バスで出かけたりする活動を続けている。
 震災後、ギフトの代表で法大現代福祉学部3年の小林友(ゆう)さん(20)が中心となり、「子どもたちの思いを形にして、障害者に特化した支援をしよう」と、障害児とその家族に協力を要請。子どもたちの絵を集め、オリジナル商品を作ることを決めたという。
 デザインに使った絵は約20点。中学3年の男子は「だいすき」と題して笑顔の祖父母を描いた。たくさんの人々やサンタクロース、動物たちが手をつないで輪を作った「地球のみんな」(高校1年男子)、太陽をイメージし、貼り絵と針金の入ったカラーモールで作った「Smile」(中学2年男子)など、明るい作品が多い。
 メンバーの町立三芳中2年の菰田悠子(こもだゆこ)さん(13)と高橋伶奈(れいな)さん(13)は「障害児も被災者を思い、一生懸命なことを伝えたい」と話し、活動を支える町社会福祉協議会は「地域の若者が当たり前の意識でやっている。障害者が人の力にも十分なれることが伝われば」と期待を寄せる。
 ポストカードは1枚100円で、エコバッグは2種類(千円、1500円)。菓子缶(300円)やろうそく(200円)などもある。ポストカードなどは義援金とともに被災地に贈るという。
 即売会は午前9時〜午後5時。20日から25日までは原画も展示する。問い合わせは小林さん(080・4463・7555)。」(全文)


 
>TOP

◆原発の防災計画 近接各地域で見直し 伊万里市も着手
佐賀新聞 2011/05/19
http://www.saga-s.co.jp/news/saga.0.1909107.article.html
「福島第1原発事故を受け、玄海原発(東松浦郡玄海町)周辺の唐津、伊万里、武雄の3市はそれぞれ防災計画の見直しを始めた。県の地域防災計画では原発災害を明記すべきとなっている市町は玄海町と唐津市だけだが、EPZ(防災対策の重点実施地域)圏外の武雄、伊万里市も連絡体制の整備などを検討する。
 唐津市は18日、全庁的な「原子力災害等検討委員会」を立ち上げ、防災計画見直しに着手した。EPZ拡大も視野に、年内をめどに防災道路や避難所の修正案などを策定する。
 委員会は各課長ら21人で構成。今回の災害と同規模の被害を想定し、6月下旬までに現行計画の課題を洗い出す。すでに防災計画修正に着手した県との協議も必要なため、年内にも新たな避難所や防災道路を選定。障害者や高齢者、乳幼児ら災害時の要援護者数なども把握する。
 武雄市は風水害や震災に備えた防災計画に、新たに原子力災害を追記する。被災者や救援物資を相互に受け入れる「災害姉妹都市」提携も盛り込む方針。同市若木町の一部が30キロ圏内に入り、気象条件によっては放射性物質の影響を受ける可能性があり、備えが必要と判断した。
 玄海原発で事故が発生した場合の対応として、玄海町や唐津市、伊万里市からの避難者受け入れについても連携していく。8月末までに計画を改定する。取材に対し、樋渡啓祐市長は「災害姉妹都市は陸路で行けてインフラが整っている関西の自治体と結びたい」と構想を語った。
 玄海原発から最短12キロに位置する伊万里市の塚部芳和市長も18日、原子力災害対策を市の防災計画に盛り込む方針を明らかにした。具体的な避難計画などは、県の計画見直しと並行して進める考え。塚部市長は「市民の不安を解消するためにも、情報連絡体制の整備など、市としてできる部分から始めたい」と述べ、6月3日に市役所で開く防災会議に津波対策とともに提案するとした。」(全文)


 
>TOP

◆福祉・医療施設の2割626施設で被害
福島放送 2011/05/19
http://www.kfb.co.jp/news/index.cgi?n=201105198
「県内の社会福祉施設・医療関係施設約3000施設のうち、2割に当たる626施設が東日本大震災の被害を受けたことが県の調査で分かった。
福祉公安委で示した。
被害総額は数十億円を超える可能性があるという。
病院は139施設のうち、8割の110施設が被害に遭い、診療機能が制約されている病院もあった。
介護老人保健施設や認知症高齢者グループホームなどの高齢者施設は1571施設のうち177施設で壁に亀裂が入ったり、スプリンクラーなどが壊れたりする被害を確認した。
児童福祉関係では、児童養護施設は8施設全て、保育所などの保育施設は570施設のうち227施設、児童館などの児童厚生施設は72施設のうち7施設、放課後児童クラブは349施設のうち17施設の建物が損壊した。
障害者福祉施設は332施設のうち72施設、看護師養成施設は20施設のうち8施設が被災した。」(全文)


 
>TOP

◆県、仮設住宅群に介護拠点を設置へ
福島放送 2011/05/19
http://www.kfb.co.jp/news/index.cgi?n=201105195
「県は、仮設住宅に入居した東日本大震災の被災者の健康維持に向け、7月中にも200戸程度の仮設住宅群に介護サービスなどを提供する拠点施設を設ける。
周辺に既存の施設が整っていない区域を対象に関係市町村と協議して開設場所を決め、社会福祉法人やNPO法人などから運営主体を選んだ上で6月中の着工を目指す。
仮設診療所の建設も検討する。
18日の5月臨時県議会福祉公安委員会で示した。
拠点施設には訪問介護、訪問看護、デイサービス、配食サービスをはじめ、入居者の心のケアに当たる総合相談機能などを持たせる計画。
規模は約300平方メートルの平屋で台所や浴室、トイレなどを備える。
高齢者や障害者が利用しやすいよう段差を解消し、スロープも設ける。」(全文)


 
>TOP

◆会いたい・聞かせて:福島県南相馬市から避難、元足尾高校教諭・松永宣弘さん /栃木
毎日新聞 2011/05/19 地方版
http://mainichi.jp/area/tochigi/news/20110519ddlk09040076000c.html
「◇住民の声基本に復興を−−松永宣弘さん(64)
 県立足尾高校が07年に閉校すると同時に教師生活も定年を迎え、38年ぶりに古里の福島県南相馬市に帰った松永宣弘さん(64)が、東日本大震災に続く東京電力福島第1原発の事故で、足尾に避難している。今月末に南相馬に戻るのを前に、地元で160戸ある行政区(自治会)の副区長を務める松永さんに、被災地の様子や避難者の受け入れのあり方などを聞いた。【聞き手・浅見茂晴】
 −−3月11日の地震で被害は?
 ◆自宅は海岸部から約10キロ内陸にあるので津波の被害はありませんでしたが、揺れで壁にひびが入り、瓦が落ち、水道が丸1日止まりました。停電もありませんでした。翌日か翌々日、足尾の知人から「とにかく逃げてこい」と避難を勧められ、最終的に19日に足尾に来ました。
 −−原発事故は?
 ◆隣の浪江町に行くと友人は不在。途中で防護服を着た人がいて、帰りは警官から迂回ルートを知らされ、何か変だと思っていたら、テレビで事故を知りました。それでも自宅は25キロほど離れているので大丈夫かと。しかし、13日に市の広報車が突然巡回に来て「夜に小学校で避難の説明会を開くので集まってほしい」と。
 説明会で市は切羽詰まった様子で「とにかく避難してくれ。翌朝8時にバスが来るので乗ってくれ」と言うばかり。避難マニュアルがないんでしょう。質問に何も答えられないんです。
 情報は口コミで広がったのか、ほとんどの住民が、その説明会前後に車で自主避難しました。翌朝、残っていた約20戸はいずれも障害者や要介護者がいる家庭ばかり。説明会にも行けなかったから、役員が知らせました。近所付き合いが希薄で、コミュニティーの課題として残りました。個人情報保護法で難しい面もありますが、行政ができなければ自分たちでやらなければならないでしょう。
 −−戻る不安は
 ◆ありますが、自宅は緊急時避難準備区域内で、160戸のうち約8割が戻って来たので、役員をやっていることもあり、戻ることにしました。ショッピングセンターや病院、薬局も再開したので。ただ、子供は半数が戻っていないようです。
 −−原発を抱えながらの復興は?
 ◆口に出さないけど、根底には原発への不信感があります。事故後、周辺の知人らは「こうなるなら反対しておけばよかった」「原発から何の恩恵も受けていないのに」などと漏らしています。だから政府の原発事故に関する発表を信用していません。風評被害も重なり、首都圏に対して「合点がいかない」とわだかまりがあります。住民の頭越しに復興はできません。都市計画などは住民の考えを基本に進めていくべきでしょう。
 ◇聞いて一言
 福島県では16日現在、2万3894人が避難所にいるのに対し、県外に3万4743人が避難、原発事故が足かせとなり、復興の難しさが浮き彫りになっている。原発事故に対する避難マニュアルなどは作成されていなかったのだろう。突然の説明会の開催は、その混乱ぶりを示している。ここでも高齢者や障害者ら弱者が取り残される。松永さんは、合併で「情報伝達や救援が遅くなっている」とも指摘する。行政がどこまで手を差し伸べられるか。同時に自治会やコミュニティーの力も試されている。
 ■人物略歴
 ◇まつなが・のぶひろ
 1947年、福島県原町(現南相馬市)生まれ。大学卒業後の1969年に足尾高校に体育教諭として赴任。日光(現日光明峰)高校への6年間の異動を経て再び足尾高へ。同高最後の4年間を見届けた。」(全文)


 
>TOP

◆一斉津波訓練:県史上最大、21日実施 7月予定前倒し、浜岡地区も参加 /静岡
毎日新聞 2011/05/19 地方版
http://mainichi.jp/area/shizuoka/news/20110519ddlk22040248000c.html
「◇市町が検証、県に報告
 東日本大震災で大きな津波被害が出たことを受け静岡市など県内の沿岸自治体は21日、参加者約18万人を見込んだ県史上最大の一斉津波訓練を実施する。東日本大震災の被害の大きさや、想定される東海地震への危機感から、毎年7月に1万5000人前後で行う訓練の前倒し実施を決めた。東日本大震災で津波の威力が明らかになる中、市や町は住民意識の高まりに注目している。【平林由梨】
 近い将来発生すると考えられている東海地震では、5分程度で津波が県に到達すると想定されている。訓練では、▽避難経路▽避難場所に到達するまでの時間▽避難場所の安全性−−の確認が重点となる見通し。
 訓練を行うのは、県内の沿岸21市町のうち、別の日に実施する下田市と浜松市を除く19市町。午前10時にマグニチュード8、最大震度7の地震が起きたと想定する。
 焼津市はこれまで、津波被害が及ぶと県が想定する自治会のみを対象に訓練を実施してきた。しかし「東日本大震災で想定外が起こりうることがわかった」(危機管理課)として、県の想定にとらわれず、内陸部の自治会にも対象を拡大し、約14万人の全市民に参加を呼びかける。
 同市は避難場所の選定を各自治会に任せており、初めて参加する自治会からは「適当な場所がない」などの声があがる。寝たきりの高齢者や障害者の参加について、明確な決まりがなく、担当者は「強制力があるわけではないので、どれだけの人が参加するのか未知数」と話している。
 また、東日本大震災が発生した3月11日、大津波警報の発令に伴い、590世帯に避難指示が出たにもかかわらず、実際には87世帯しか避難しなかった富士市の担当者は「いざというときに、正しい情報に基づいて避難できるよう備えが重要だ」と話し、訓練への参加人数に注目する。
 中部電力浜岡原発がある御前崎市浜岡地区は、これまで原発前にある砂丘で津波は食い止められるとして訓練に参加しなかったが、今回初参加。同市防災課は「初めてなので問題点も多く出ると思うが、改善につなげていく材料にしたい」と理解を求める。福島第1原発のような原発事故は想定していない。
 県は1カ月以内に訓練の課題や問題点について各市町から検証結果の報告を受ける予定で、中長期的な避難計画の策定に反映する。」(全文)


 
>TOP

◆「団体」条件で孤立世帯も 仙台市仮設住宅入居申請
河北新報 2011/05/19
http://www.kahoku.co.jp/news/2011/05/20110519t13012.htm
「仙台市が仮設住宅の入居について団体での申請を原則にしていることで、逆に孤立する世帯が一部で生まれている。団体での受け付けは「孤独死」などを防ぐための地域コミュニティーの維持が狙いだが、そこから漏れてしまうケースも生じているようだ。
 「誰にも声を掛けられなかった」。若林区の避難所で暮らす看護師の女性(23)は、申請のグループ作りに誘われなかった。同じ避難所では、申請のグループが幾つもできた。「近所の人とは顔を合わせればあいさつをする程度。なぜ誘われなかったのか分からない」と気になった。
 障害者や要介護者がいる家庭は、例外的に単独申請が認められる。女性は母親の体が悪く、単独申請に切り替えた。「無理にグループを作っても、いずれうまくいかなくなったかもしれない」。今はそう感じている。
 団体申請の採用は、阪神大震災で問題になった仮設住宅内での孤独死を防ぐ狙いがある。コミュニティーを維持し、見知らぬ同士が隣近所にならないための配慮だ。
 当初、市は受け付けを10世帯以上の団体に限った。ただ、1次募集では371戸に対し、入居者は72戸にとどまった。「10世帯集めるのは難しい」といった指摘を受け、9〜18日の2次募集では5世帯以上に緩和した。
 緩和措置で、親類や仲間同士での申請がしやすくなる一方で、焦りを感じる人もいた。
 宮城野区の避難所で生活する会社員の女性(42)は「取り残されるのでは」という思いから、慌ててグループ作りに加わった。しかし、仮設入居後の生活のルールを決める過程で意見が衝突したためグループを抜けた。女性は「人間関係がこじれ、嫌な思いをした。震災前は仲のいい近所同士だったのに」と漏らす。
 女性は単独世帯でも申請可能な、仮設住宅扱いの民間アパートの借り上げを受けることにした。「互いに神経質になっていたかもしれない。でも、もう元の地域の人たちと一緒にいたいとは思わない」と話す。
 若林区内の町内会の男性役員(70)は、避難所の運営を手伝う中で孤立しそうな世帯があることに気付いた。「『息子が昼から酒を飲んでいる』といった悪い評判が立つとグループへの声掛けはない」のが現実だという。
 役員は仲介役になり、孤立しそうだった家族をグループに入れたこともある。「町内会としてやれることはやっているが、今後も同様に孤立する家庭が増えるかもしれない」と語る。
 市が2次募集したのは表の通り。宮城野区、若林区の市東部に建つ新規のプレハブ住宅には、例外を除き単独世帯の申請はできない。あすと長町の仮設住宅や公務員住宅は単独でも申し込めるが、市東部の被災者の中には「地元から遠い」といった理由で敬遠する向きもあり、受け皿になりきれない部分もあるようだ。
 担当する市保険年金課は「地域の人同士でまとまるものと考えていた。グループ作りが難航する事態は想定できなかった」と説明。応募状況次第で3次募集をするかどうかを決めるが、「さらに募集する場合には、単独世帯の申請についても検討したい」としている。
(佐藤夏樹)」(全文)


 
>TOP

◆希望新聞:東日本大震災 メゾソプラノ歌手の小嶋康子さん、CD発売 被災者に贈る歌
毎日新聞 2011/05/19 東京朝刊
http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110519ddm012040042000c.html
「メゾソプラノ歌手の小嶋康子さん(53)=が、被災者に贈る歌「遥(はる)かな時間(とき)を越えて」を収録した同名のCD(1000円)を発売した。作詞は視覚障害を持つ作詞家のエリさん(47)=神奈川県茅ケ崎市、同<左>。エリさんは「つらいことがあっても、季節が繰り返され、癒やされていくという思いを込めた」と話す。
 小嶋さんは、国内外の舞台でオペラや宗教曲を歌う活動をしている。09年に離婚して以降、ジャズなど新たなジャンルに挑戦し始めた。昨年秋、楽曲の可能性をさらに広げようと歌詞を募り、応募したエリさんの歌詞で歌を作った。
 エリさんは、生後7カ月で左目の視神経を患い、視力を失った。右目も、物の動きがかすかに分かる程度の障害を持つ。小学5年で詩を書き始め、結婚して23歳で出産。プロを目指す音楽家団体に在籍して詩を作り続けている。
 今回は小嶋さんの初めてのCDで、3月末に発売予定だったが、震災後に録音し直した。「困難の中で生まれたエリさんの言葉を、被災者のみなさんに届けたい」と考えたという。エリさんも「頑張るのではなく、自然に身を任せる気持ちになってもらえたらいいと思った」という。3月27日には福島県いわき市の避難所で歌を披露し、被災者を癒やした。
 http://www.music-earth.com/kojimayasuko/index.phpで全曲を聴くことができる。CDの問い合わせは発売元の「TOGETHER MUSIC」(電話03・6273・7024)。売り上げの一部を義援金として被災地に送る。【榊真理子】」(全文)


 
>TOP

◆県、手話通訳者を派遣 宮城・名取市役所や避難所に 滋賀
産経ニュース 2011/05/19
http://sankei.jp.msn.com/region/news/110519/shg11051902010004-n1.htm
「東日本大震災で被災した聴覚障害者を支援するため、県は18日、宮城県名取市に、手話通訳者2人を派遣した。21日まで名取市役所や同市内の避難所で活動する。県が手話通訳者を被災地に派遣するのは初めて。
 今回派遣されたのは第1班で、県の嘱託女性職員と、県障害者自立支援課の男性職員。第1班以降は、1週間交代で1人を派遣する予定。宮城県からの要請を受け、県が県聴覚障害者福祉協会と協力し5月末まで派遣する。
 名取市役所の窓口で、仮設住宅入居申し込みを手伝うほか、避難所を巡回して障害者の要望を聞いていく。」(全文)


 
>TOP

◆新聞で「善意」広がれ 創刊号は被災地支援活動にスポット
タウンニュース 2011/05/19
http://www.townnews.co.jp/0605/2011/05/19/104570.html
「市内の陰日向で活躍している市民ボランティア。これに光を当てる地域新聞、『LIAISON(リアゾン)』(A2版)が8日、創刊した。地域の市民活動団体に対し、個人ボランティアや行政をマッチングさせるなどして、支援活動をしている市民団体、「NPOサポート平塚」(横田裕代表)が発行した。
「市内には幾つもの市民団体があって、それぞれの立場からユニークな活動をしています。多くの市民にそれを知ってもらい、協働の機運を高められれば」。
 新聞を発行した意義について、「NPOサポート平塚」の坂田美保子さんは話す。市民活動の輪を広げる媒体をつくろうと、今年3月から発行を模索していたという。
 今回の創刊号では東日本大震災を受け、市内での被災地支援の広がりや、地域防災に関する情報で紙面の大半が割かれた。被災地の知的障害者を受け入れたNPO法人をはじめ、街頭で募金を寄せる市民のメッセージ付顔写真、地域防災力に関する市民からの寄稿、チャリティーイベントの告知など、多くの情報が読み応え満点に紹介されている。
 編集に関わった坂田さんや鈴木惠子さんらは、親交のあった市民団体から情報を収集し、今年4月ごろから取材や寄稿の依頼をスタート。紙面デザインも坂田さんのオリジナルで、全て手づくりで仕上げられた。
 鈴木さんは「どんな情報を載せるのか、それを読者にどう伝えれば良いのか。記事の書き方や編集作業には苦心しました」と話す。
 経費は団体の会費から捻出し、部数は200枚。少ないながらも、人の目に触れやすい場所を選んで置いていくという。今後は、地元企業への広告提案なども視野に入れ、年4回を目処に発行していく。
 坂田さんは「市内の市民活動の情報を一元化することで、市民が社会に貢献したいと思った時に、その受け皿になれるような紙面づくりをしていきたい」と話していた。
 紙面に関する問合せは、坂田さん【携帯電話】080(5679)4921」(全文)


 
>TOP

◆ケア重視の新タイプ仮設住宅、釜石市が設置へ
読売新聞 2011/05/18
「岩手県釜石市は16日、東京大学と連携し、東日本大震災で被災した高齢者らが入居する新タイプの仮設住宅を建設することを決めた。
 “長屋”のように近所づきあいが可能な住宅を約100戸作り、孤独死の防止を目指すほか、介護拠点や託児所を併設する。住戸配置、人的支援などの総合的な対策で、ケアの必要な人を支える初の仮設住宅となる。
 「コミュニティケア型仮設住宅」と名付けた仮設住宅の建設が予定されているのは、市内の平田総合公園。同市が近く県に申請、23日にも着工する。高齢者のほか、障害者やひとり親世帯などが対象で、車いすでも移動しやすいように、住戸をウッドデッキでつなぐ。さらに住戸の配置を変更、通常はすべて北側に面している玄関を互いに向き合うようにし、住民が交流しやすい環境を作る。併設された介護拠点ではデイサービスなどを行う。」(全文)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110516-OYT1T01204.htm


 
>TOP

◆つなごう希望:東日本大震災 周南の身障者団体が13万円寄付 /山口
毎日新聞 2011/05/18 地方版
http://mainichi.jp/area/yamaguchi/news/20110518ddlk35040463000c.html
「周南市身体障害者団体連合会が17日、日本赤十字社と県共同募金会を通じて東日本大震災の被災地に計13万6146円を寄付した。
 会に加盟する障害者関連の5団体が、4月下旬から募金活動を行って集めた。
 この日、同市役所を訪れた連合会の高畠正義会長(72)が、同市福祉事務所の豊岡正行所長に義援金を手渡した。高畠会長は「被災地のために役立ててもらいたい」と話していた。
〔山口東版〕」(全文)


 
>TOP

◆民主が津波対策推進法案 原発事故念頭、自公と協議へ
朝日新聞 2011/05/18
http://www.asahi.com/politics/update/0517/TKY201105170717.html
「民主党は17日、津波に対する原子力発電所の安全対策推進などを盛り込んだ「津波対策推進法案」をまとめた。同党は、東日本大震災前に同様の法案を提出済みの自民、公明両党と協議して3党案をまとめ、今国会での成立を目指す。
 法案は東京電力福島第一原発事故を念頭に「石油類、火薬類、高圧ガス、核燃料物質その他の危険物を扱う施設」を対象に、津波対策を前提にしたまちづくりを進めるよう自治体に求める。津波からの避難場所・経路に関する計画公表も求め、高齢者や障害者、乳幼児を迅速な避難のため「特に配慮を要する者」と位置づけた。
 津波による浸水が懸念される地域では、国や自治体が公共施設に「一時的な避難場所としての機能などを備えるよう配慮しなければならない」と規定。東日本大震災が起きた3月11日を防災訓練などを実施する「津波防災の日」とした。政府は震災の検証を踏まえ、法施行から1年後をめどに津波対策に必要な措置を講ずるよう求めている。
 同法案は民主党の津波対策ワーキングチームが自公案を基に今回の震災の教訓を加え、17日の党拡大政調役員会で了承された。自公両党は、対策にかかる経費の自治体への補助や避難施設への固定資産税減免を盛り込むよう求めており、今後の協議の焦点になる。(野上祐)」(全文)


 
>TOP

◆被災地の障害者救援 近畿労金がゆめ風基金と連携
大阪日日新聞 2011/05/18
http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/110518/20110518018.html
「近畿労働金庫(大阪市西区)は、東日本大震災で被災した障害者の救援活動などを行うNPO法人ゆめ風基金(同市東淀川区)と連携し、「募金プロジェクト」を始めた。来店者らに広く募金を呼び掛け、同法人の救援資金に充てる。
プロジェクト内容を説明する牧口代表理事(左)や労金職員ら
 近畿2府4県にある65の営業店窓口に同法人の募金箱を9月30日まで設置。取引のある約8千の労働組合にも協力を呼び掛ける。営業店窓口からの振り込みによる募金については来年3月30日まで、手数料無料で受け付けている。
 ゆめ風基金は、4月に仙台市、盛岡市、福島県郡山市の3カ所で障害者支援の活動拠点を立ち上げ、物資や支援金、人員を提供している。現在、一般の避難所では生活困難な障害者らの緊急避難所の設置を進めており、将来的には介護事業所への転換を目指している。
 牧口一二代表理事(73)は「障害者がどうなっているのかいまだに分かっていないところがいっぱいある。被災地の『助けて』という声に全力を尽くしたい」と話している。」(全文)


 
>TOP

◆被災者の健康 引き続き支援を手厚く
信濃毎日新聞 2011/05/18
http://www.shinmai.co.jp/news/20110518/KT110517ETI090004000022.htm
「東日本大震災の被災者の健康が心配だ。
 岩手、宮城、福島各県の沿岸部で、避難所から病院に救急搬送された人が、少なくとも2800人余に上ることが分かった。避難所以外で体調を崩す人も多い。心労、衛生状態の悪化などが要因という。
 政府は、8月中に必要な仮設住宅を完成させ、避難所を解消する見通しを示している。清潔で落ち着いた生活環境を整えるのが最優先だ。用地確保を急ぎ、予定通り建設を進めてほしい。
 仮設住宅や賃貸住宅に入居した後も、被災者の心身のケアを続ける必要がある。全国の医療機関や自治体の協力が欠かせない。
 震災から2カ月余が過ぎたいまも、11万人が避難所で生活している。うち9万人が、被災地の体育館などに身を寄せている。
 避難所では体調を崩す高齢者が増え、肺炎などで救急搬送されている。「生活不活発病」も懸念される。心と体の機能が低下する病気で、環境の変化や周囲への遠慮、やることがないといった要因で引き起こされる。
 疾患のある子どもや高齢者にとっては感染症が大敵だ。災害と避難生活で心が傷ついた子どもたちの心的外傷後ストレス障害(PTSD)も心配されている。障害のある子の親が、周囲への気遣いで疲れ、目まいや吐き気を訴える例も出てきている。
 一刻も早く被災者のプライバシーを確保したい。同時に、仮設住宅などに移った後、孤立してしまう事態は防がなくてはならない。
 厚生労働省は、すべての仮設住宅群に仮設の診療所を整備する方針を固めた。被災地にはもともと、医療機関が少ない。民間の賃貸住宅などに移る人たちにも丁寧に目を配ってもらいたい。
 被災者を支える医療関係者や自治体職員の疲労も気がかりだ。
 現在、日本医師会と日本赤十字社から医師、看護師、保健師ら1100人が派遣されている。一人に負担がかかり過ぎないよう人員の入れ替えに配慮が要る。
 職員の中には、家族や自宅を失った人も少なくない。心身の疲れから自殺を図る人も出ているという。首長や議会は、職員の健康管理に十分留意してほしい。
 全国の自治体は、応援職員の派遣をさらに充実させる方法を検討するべきだ。
 家族や友人、自宅、職場を奪われ気力を失っている被災者が目立つという。生活再建のめどが立つ充実した復興策は、心理的な立ち直りの決め手にもなる。」(全文)


 
>TOP

◆上田で「卯の花忌」 永六輔さんが講演
信濃毎日新聞 2011/05/17
http://www.shinshu-liveon.jp/www/topics/node_185622
「2006年に亡くなった児童文学作家、灰谷健次郎さんの作品を出版した上田市の編集者、小宮山量平さん(95)らは15日、灰谷さんを思い出す「卯(う)(兎)の花忌」を上田駅前のエディターズミュージアムで開いた。灰谷さんと親交があった作家の永六輔さん(78)が講演。子どもの視点を大事にした灰谷さんの姿勢を振り返り「大人は分かったつもりでいることが多い。変だなと思った時に『変だ』と言うことは、とても大切」と訴えた。
 東日本大震災の被災地支援をめぐり、永さんは自らが呼び掛け人代表を務める「ゆめ風基金」(大阪市)で障害者施設を支援していることを紹介し「困っている施設側に手を挙げてもらい、既に2億円を届けた」と説明。「日本赤十字社とNHKの義援金は公平に分けようとするから、被災者に届くまでに時間がかかる。そういう面も広く伝えるべきだ」と指摘した。
 卯の花忌は灰谷さんの代表作「兎(うさぎ)の眼(め)」にちなんで命名。生前、灰谷さんが小宮山さんの誕生日(5月12日)を祝うことを楽しみにしていたため、08年から毎年この時期に開いている。ことしは市内外から100人余が来場した。」(全文)


 
>TOP

◆介護利用料免除、来年2月末まで予定−厚労省介護保険計画課が通知
excite.ニュース 2011/05/17
http://www.excite.co.jp/News/health/20110517/Cabrain_34170.html
「厚生労働省老健局介護保険計画課は5月16日付で、東日本大震災で被災した被保険者の介護サービス利用料の自己負担免除について、具体的な運用の方法を示した課長通知を都道府県にあてて出した。免除の期限は、現時点で来年2月29日の予定。
 通知によると、利用料が免除される被保険者は、▽本人や生計維持者が住宅や財産などに著しい損害を受けた▽生計維持者が死亡したり、心身に障害を受けて長期間入院したりして著しく収入が減少した▽福島第1、第2原子力発電所の事故に伴う避難指示や屋内退避指示を受けた地域に住み、避難や退避をしている―など。
 この要件を満たす人は、保険者に申請し、免除証明書の交付を受ければ、介護サービスの利用料が免除される。ただ、保険者によっては免除証明書の発行に時間がかかる可能性があるため、免除証明書がない場合でも6月末までは、「支払い猶予」の制度によって利用料負担を求めないことにした。7月1日以降に介護サービスを利用する際は、原則として免除証明書を介護事業者に提示しなければならず、免除証明書がない場合は、利用料を支払うことになる。一方、6月末までに免除証明書を発行できない保険者については、申し出があれば7月1日以降も支払い猶予の制度を継続できる。
 また、原発事故に伴って避難指示を受けた地域の住民らについては、被保険者証の住所を確認すれば対象者かどうか分かるため、免除証明書を必要としない。さらに、免除の対象者が6月末までの期間に支払った利用料などについては、保険者から還付を受けられるという。
 このほか通知では、被災した介護保険施設入所者の食費・居住費に対する補助の期限について、現時点では今年8月31日を予定しているとした。ただ、延長の可能性もある。補助の対象者は、利用料の免除証明書とは別の認定証を介護事業者に提示する必要がある。
■7月以降は被保険者証の提示が原則
 また厚労省は16日付で、被災者が7月1日以降に介護サービスを利用する場合、原則として介護保険の被保険者証の提示を求めるとする事務連絡を出した。被災者については、氏名や住所などの申告によって介護サービスを受けられるとする取り扱いを3月12日付の事務連絡で示していたが、被保険者証の再交付が行われている現状を踏まえ、通常の取り扱いに戻す。ただ、保険者の行政事務が混乱しているなどの場合には、7月1日以降も氏名や住所などを申告すればサービスを利用できる。」(全文)


 
>TOP

◆がんばれ被災地:東日本大震災 福井からのメッセージ /福井
毎日新聞 地方 2011/05/17
http://mainichi.jp/area/fukui/news/20110517ddlk18040689000c.html
「◇福井市の元盲学校教諭、窪田清和さん(63)
 東北魂、人情の心の温かさ、ねばり強さを発揮してください。
 ケニアのナイロビで開いた日本式あんまの講習会に参加した現地の視覚障害者たちは、報道で日本の大地震と津波、原発事故を知り、とても心配して早い復興を神様に祈っています。
 私たち視覚障害者が復旧、復興に努力されておられるみなさまにできることは、あんまの技術で社会に貢献することです。復旧活動に疲れた人の疲労回復、余震に対するストレスからのリラックス、腰痛などの痛みの除去などあんまの治療効果を十分に発揮できるはずです。
 東北の人たちの知恵により、住み良い社会づくりで日本をリードしてください。ノーマライゼーションの都市づくりで全国から学びに来てくれる場になってください。自分を信じれば夢はかなう。(原文は点字)
   ◇  ◇
 皆さんの被災地を励ますメッセージを福井面と毎日新聞ホームページ「毎日jp」に掲載します。ファクス(0776・21・3160)か手紙・はがき(〒910−0857 福井市豊島1の5の26)、メールfukui@mainichi.co.jpで福井支局へお寄せ下さい。」(全文)


 
>TOP

◆東日本大震災:宮城の聴覚障害学生に支援の輪 授業の内容を字幕データに /茨城
毎日新聞 地方 2011/05/17
http://mainichi.jp/area/ibaraki/news/20110517ddlk08040094000c.html
「◇筑波技術大、教育ネットの事務局が拠点 iPhoneやパソコン、11大学の学生ら駆使
 東日本大震災の影響で授業が受けられなくなった宮城教育大(仙台市)などの聴覚障害学生を、全国の大学生が遠隔地から支援する活動が今月始まった。日本聴覚障害学生高等教育支援ネットワーク(18大学・機関)事務局の筑波技術大(つくば市)がコーディネーターを担当。多機能携帯端末「iPhone」(アイフォーン)やパソコンを駆使して、授業の内容を字幕データにして即座に打ち返し、連係プレーで輪をつなぐ。【安味伸一】
 「文字表示のスピードも速く、リアルタイムで講義の情報を得た。全国の皆さまの素早い行動に感謝の気持ちでいっぱいです」。支援を受けた宮城教育大の菅原めぐみさん(4年)は、メールで感想を寄せた。
 9〜13日の5日間に、2大学に対して同志社大、日本福祉大、関西学院大、フェリス女学院大、札幌学院大、早稲田大の計6大学の学生と、筑波技術大の教職員チームが支援。9人の聴覚障害学生が計15コマを受講した。
 聴覚障害学生は通常、他の学生から手書きやパソコンで支援を受けている。しかし宮城教育大では震災後、支援するボランティア学生を割り振るコーディネーターが地域での障害者支援にも当たるようになり、手が回らなくなった。
 このため同ネットワークが実証実験済みの「モバイル型遠隔情報保障システム」を応用し支援に踏み切った。仕組みは、教員が話す内容を無線機能付きマイクが拾い、学生の手元のアイフォーン経由で支援チームの携帯電話へ送信。チームは音声を聞きながらパソコン入力し、インターネット回線でアイフォーンに送り返す。
 13日に宮城教育大などで実地指導を行った筑波技術大の白沢麻弓准教授は「各大学の支援の思いが原動力になった」と話す。4大学17人を対象に11大学のチームが8月まで活動を続ける予定だ。」(全文)


 
>TOP

◆【東日本大震災】避難の福島県民、「今後の居住地」で希望は二分 県調査
産経ニュース 地方 2011/05/16
http://sankei.jp.msn.com/region/news/110516/stm11051623140009-n1.htm
「福島第1原発事故などを受け、県内に避難している福島県の被災者に今後の居住地について希望を聞いたところ、「埼玉県内」と「避難前の家」にほぼ二分されることが16日、県の調査でわかった。今後の身の振り方に迷う避難者の実態が裏付けられた格好だ。
 県の調査はアンケート形式で、加須市の旧騎西高校に避難している双葉町民を除く福島県民407世帯1360人に実施。約7割に当たる313世帯957人が回答した。
 今後の住まいについての質問で、「当分の間は埼玉県内」を希望したのは115世帯(37%)。「避難前の住宅地」を希望したのは92世帯(30%)で、ほぼ二分された。「現時点で未定」とした世帯も87世帯(28%)に上った。「県外」は17世帯で5・5%だった。
 また、42%に当たる131世帯が「高齢者がいる」と回答。「幼児」は42世帯(13%)、「障害者」は24世帯(8%)だった。
 結果を受けて県は、県内居住を希望する全員が公営住宅などへ移動できるよう準備を進める。特に、今後は高齢者がいる世帯は住宅の低層階を中心に割り当てるなど配慮するという。
 また、県は旧騎西高校の環境改善も含め、すべての避難者に福祉や医療、就業などきめ細かい支援を行う方針。県の担当者は「より良い環境での生活が必要だが、まずは個々の希望に添った対応をしていく」としている。」(全文)


 
>TOP

◆つなごう希望:東日本大震災 被災者支援情報 レスラーも復興支援 /福岡
毎日新聞 地方版2011/05/16
http://mainichi.jp/area/fukuoka/news/20110516ddlk40040352000c.html
「◇博多でチャリティーマッチ、一部を義援金
 プロレス団体による東日本大震災の復興支援を目的にしたチャリティーマッチが15日、博多区のさざんぴあ博多であった。収益金の一部が義援金として被災地に送られる。
 身体に障害のあるレスラーらで作る「障害者プロレスFORCE(フォース)」(東区)が、「プロレスリング華☆激(かげき)」(南区)に呼びかけて実現した。4月末に宮城県石巻市を訪れたFORCEの永野明代表(35)が被災した現地を見て、「自分たちに何ができるだろうかと考えて開催を決めた」と話した。
 チャリティーマッチではまず、FORCEのレスラー同士で試合をし、殴り合いや押さえ込みを披露。華☆激の試合では2選手ずつが登場するタッグマッチ。リング上で大技が決まると、会場からは大きな拍手がわいた。
〔福岡都市圏版〕」(全文)


 
>TOP

◆被災者らの絵はためく
読売新聞 愛知 2011/05/16
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/aichi/news/20110515-OYT8T00650.htm
「「笑顔でファイト」をテーマに、Tシャツ形の画用紙に絵と応援メッセージ――。東日本大震災の被災者らの絵に加えて、展覧会に訪れた人にも描いてもらった絵を並べ、心を通じさせようという「笑顔の展覧会」が15日、豊田市足助町の田町交流館で開かれた。
 会場には洗濯して干したTシャツのように約90点がはためく。大型連休中に宮城県気仙沼市や岩手県花巻市の東和温泉などの子どもたちや障害者施設の人たちが描いた絵20点に、大阪・天王寺駅前で開かれた展示会で集まった約40点や、足助会場で30点が加わった。
 交流館周辺では毎月第3日曜に「中馬なごやか市」を開催。次回6月18日にも同展が開かれる予定。」(全文)


 
>TOP

◆被災者対象住宅借り上げ制度 家賃限度9万円に緩和
読売新聞 福島 2011/05/15
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/fukushima/news/20110515-OYT8T00481.htm
「5人以上世帯
 東日本大震災や原発事故の被災者を対象にした県の民間住宅借り上げ制度について、県は14日、適用要件を緩和するとともに、5人以上の世帯は、これまでの月額6万円の住宅でなく月額9万円の住宅への入居を認めると発表した。既に入居している世帯は、入居日にさかのぼって家賃を負担する。
 県は、災害救助法に基づき、民間住宅を借り上げ、被災者に無料で提供している。5月1日からは、被災者自らが借りた住宅も借り上げ住宅とする特例措置を設けた。ただ、いずれも家賃の限度額は6万円で、対象を「高齢者の介護や障害者・乳幼児への対応、子供の通学などの理由で、避難所生活が困難な世帯」に限っていた。
 今回は、適用要件を大幅に緩和。住宅の全壊や原発事故による避難指示に遭った被災者であれば、原則的に借り上げを認める。家賃には、共益費や管理費も含める。人数が5人以上(乳幼児は除く)の場合は月額9万円までの住宅への入居を認める。県外の民間住宅に滞在する避難者についても、同じ措置が講じられるようにするという。
 県の新たな方針について、避難所暮らしを続ける住民からは歓迎の声が上がった。
 福島市内の避難所に家族7人で身を寄せる、南相馬市小高区の農家泉八重子さん(68)は「抽選に外れても家族全員で暮らせる住宅を探すことができるようになる」とほっとした表情。家賃6万円では、大家族が暮らせる間取りの部屋を借りることは難しく、「9万円になれば選択肢が増えて助かる」と喜んでいた。」(全文)


 
>TOP

◆明日へ 5 まちづくり
朝日新聞 MY TOWN 岩手 2011/05/15
http://mytown.asahi.com/iwate/news.php?k_id=03000001105150003
「真新しいプレハブ住宅が12棟、整然と並んだ。「だんだん楽しみになってきたねえ」「早く入りたいよ」
 大船渡湾から1キロほど離れた大船渡市・大立地区の高台。12日に仮設住宅が完成し、立ち寄った5人の会話は弾んだ。65戸が建つ、この約7500平方メートルの土地は、地元住民が望んでいた民有地だった。
 大立地区は民家の8割が全壊。多くの住民が被災を免れた高台の家々に数日間身を寄せた後、庭に張ったテントで過ごしてきた。そんなとき、「この集落に仮設住宅がつくれないかなあ」という声が上がった。
 その声は、地元出身で、東京で技術士事務所を経営する金野正晴・工学博士(62)に届いた。金野さんは3月18日に帰省すると、翌日には「この地区内に仮設住宅が必要だ」と市役所で訴え、実家が持っていた土地の提供を申し出た。
 隣接する土地の地権者たちも快諾し、すぐに許可された。当初、仮設住宅へ入居を希望していたのは25世帯だったが、「みんなと一緒に近くで暮らせるのなら」と61世帯に増えた。
 100年以上の歴史をもつ家が多く、冠婚葬祭は地区内に住む同士で助け合ってきた。高齢者も多い。「地区を解体して新たな共同体で生活をするのは難しい」と金野さん。すでに仮設住宅を退居した後を見据え、高台移転や高層ビル建設など「次のまちづくり」に向けた話し合いを住民たちと始めている。
 仮設住宅地のまちづくりを具体的に描き、行政に持ちかける動きもある。
 「ちょっとの工夫でできるんです」
 今月2日、東京大学高齢社会総合研究機構の辻哲夫教授ら5人の研究者が、釜石市の野田武則市長を訪ねた。高齢者の生活支援などを柱にした「コミュニティーケア型仮設住宅地」の計画を描いたA3の用紙3枚を広げて力説した。「自殺や孤独死が相次いだ阪神の悲劇を繰り返してはいけないんです」
 機構の計画は、仮設住宅で顔見知り同士が助け合うことによって、高齢者や身体障害者らの支援を充実させる狙いがある。入居から施設の整備までを4段階にわけ、1段階目に大立地区のような集落ごとの移転をかかげる。
 機構は「入居期限は2年とされているが、実際には4〜5年かかると想定される。まちづくりにはそれなりの施設も必要になる」と説明する。市も市街地から離れた3カ所の仮設住宅で導入したい考えという。
 金野さんは言う。「みんながひとりぼっちにならないように、住民みんなでまとまらないと。だから、人と人とのつながりを消しちゃいけないんですよ」(高橋諒子、小松隆次郎)=終わり
 仮設住宅地のまちづくり 仮設住宅での生活が長期になることを見越し、プレハブの住宅を並べるだけではなく、生活を支える施設の建設を求める声が都市工学や建築学の研究者から出ている。医療や介護を受けられる場所、小さな学校、訪問者が寝泊まりできる場所などだ。阪神大震災の教訓から、2004年の中越地震では、一部の仮設住宅に理髪室を設け、集会所に介護拠点を置くなどの工夫がされた。」(全文)


 
>TOP

◆福島の障害児ら新たな一歩 旧江見中で入学・始業式 鴨川
千葉日報 2011/05/14
http://www.chibanippo.co.jp/news/chiba/local_kiji.php?i=nesp1305351235
「福島第1原発事故に伴い鴨川市に避難している児童生徒らの入学式・始業式が、旧市立江見中学校で行われた。
 鴨川市は現在、市内の県立鴨川青年の家に、福島県福祉事業協会の7施設から知的障害者を中心に272人の避難者を受け入れている。
 このうち同県の東洋学園児童部の児童生徒26人は、県立安房特別支援学校(森田良二校長)に転入学し青年の家で授業を受けていた。今年3月末に閉校した旧江見中学校で授業を行う準備が整ったため、新たなスタートを切ることとなった。 」(全文)


 
>TOP

◆「阪神」被災の視覚障害者ら 避難所で奉仕 大阪
産経ニュース 2011/05/14
http://sankei.jp.msn.com/region/news/110514/osk11051402170000-n1.htm
「■マッサージ 心もほぐす あすラジオ大阪で体験談放送
 マッサージのボランティアを行うため、小学生のときに地震で被災し、視力を失った神戸市のマッサージ師、吉田淳治さん(70)らが、東日本大震災で被害を受けた岩手県宮古市を訪れた。ラジオ大阪(大阪市港区)の番組「話の目薬ミュージックソン」にゲスト出演した吉田さんは、被災地の現状や震災で大切なものを失った人の悲しみなど自身の体験を交えて語った。15日午前9時から放送される。
 宮古市を訪れたのは、吉田さんはじめ「兵庫視覚障害者の生活と権利を守る会」の男性会員ら6人。震災の惨状を知った吉田さんが「避難所生活をしている人は足腰が痛いやろう。マッサージをしてあげたい」と、メンバーに呼びかけたのがきっかけだった。
 吉田さんは大阪市出身。昭和23年の福井地震が原因で視力を失う。隣家の倒壊で一昼夜生き埋めになり、目に泥が入って視神経を損傷。その4年後、小学5年のときに失明した。また、メンバー5人は阪神大震災で被災している。
 吉田さんらは今月2日に神戸を出発。3、4の両日、避難所4カ所をまわり、約80人にマッサージを行った。当初は口数の少なかった被災住民も、吉田さんが「どのくらい避難しているの。私も避難所生活したことがあるんですよ」と話しながら肩や腰をもみほぐすと、施術が終わるころには明るい声で応じてくれるようになったという。
 出発前、吉田さんが同番組でメーンパーソナリティーを務める「東住吉障害者ふれあいフェスティバル実行委員会」事務局長の西村登代子さんにメールを送ったことからラジオ番組に出演することに。
 吉田さんは「50年以上、マッサージのボランティアを続けていますが、僕らの手を握りしめ、涙を流して『ありがとう』と言われたのは初めてです。つくづくマッサージ師になってよかったと思う。また被災地へ行きたい」と話している。」(全文)


 
>TOP

◆東日本大震災:関学大生が障害者支援マニュアル ボランティアに携行呼び掛け /兵庫
毎日新聞 2011/05/13 地方版
http://mainichi.jp/area/hyogo/news/20110513ddlk28040424000c.html
「◇母の姿重ね岸田さん、介助イラスト付きで
 東日本大震災で被災した障害者への支援方法を記載したマニュアルを、関西学院大人間福祉学部2年の岸田奈美さん(19)=神戸市北区=が作成し、東北地方のボランティアセンターなどへ送った。下半身が不自由な母親(42)ら周囲の障害者を思い浮かべ、イラストを多用してわかりやすさを心掛けた。岸田さんは「被災地に入るボランティアに携行してもらい、支援の手助けになれば」と話している。【原田啓之】
 マニュアルはA5判の折り畳み式。車椅子利用者、視覚・聴覚障害者から自閉症などが対象。車椅子利用者向けには、段差を上がる場合や、洋式トイレに移る場合の介助方法をイラスト付きで説明した。
 岸田さんは学業の傍ら、建物のバリアフリー化のコンサルティング事業などを手掛けるベンチャー企業「ミライロ」(大阪市)に勤めている。3月11日の震災直後「母親や、ミライロの社長ら車椅子利用者が被災したらどうなるのかと想像した」という。
 大学の友人にイラストを描いてもらい、震災2日目からブログでマニュアルを掲載。ツイッターなどで評判になり、障害者の親や医者などからブログの書き込みなどを通じてアドバイスを受け、マニュアルを加筆した。
 「被災地ではまだ満足にインターネットを使えない。ボランティアが利用するには印刷して紙で配る必要がある」。印刷費用を寄付でまかない、4月上旬に仕上がった。東北各県や兵庫県内のボランティアセンターや社会福祉協議会などへ送った。マニュアルはミライロのウェブサイトからでもダウンロードできる。
〔阪神版〕」(全文)


 
>TOP

◆東日本大震災:福島から避難者、知事訪問し激励−−高崎 /群馬
毎日新聞 2011/05/13 地方版
http://mainichi.jp/area/gunma/news/20110513ddlk10040228000c.html
「大澤正明知事は12日、東京電力福島第1原発の周辺地域からの避難者が暮らす高崎市寺尾町の国立重度知的障害者総合施設「のぞみの園」と、同市城山町の城山県営住宅を訪れた。
 のぞみの園の寮には4月15日から、福島県富岡町で知的障害者の入所・通所施設を運営する社会福祉法人友愛会の利用者68人が入っており、職員と家族38人も近くの雇用促進住宅に入居。城山県営住宅で福島県内から避難してきた11家族56人が暮らし、大澤知事は避難者たちを激励した。避難者からは「高崎市役所のロビーなどに各市町村の連絡掲示板があると助かる」などの要望が出された。【増田勝彦】」(全文)



 
>TOP

◆「福祉避難場所」提供へ協定結ぶ/臼杵市
東京新聞 2011/05/13
http://mytown.asahi.com/oita/news.php?k_id=45000001105130004
「臼杵市はこのほど、災害時に高齢者や障害者を受け入れる「福祉避難場所」の提供に関する協定を、同市の社会福祉法人みずほ厚生センター(大塚恭弘理事長)と結んだ。これにより同法人の知的障害者施設「聖心園」(臼杵市江無田)など4施設が同市で初めて指定を受けた。
 聖心園は耐震化の建て替え工事が済んだばかり。山あいにあり、津波時も安全という。同市の田村和弘・福祉保健部長は「体育館のような避難所では介助や介護が必要な人の生活は困難で、専門施設の協力はとても心強い」と話した。
 東日本大震災を受けて臼杵市は市防災計画で想定している津波の高さを3メートルから10メートルとし、避難所を見直す作業を進めている。(原篤司)」(全文)


 
>TOP

◆【社会】仮設入居でミスマッチ 取り残される高齢者 元の学校通えぬ小中学生
東京新聞 2011/05/13
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2011051302000032.html
「東日本大震災の被災者の仮設住宅をめぐり、高齢者や身体障害者の入居を優先するよう指導する岩手県で、入居の「ミスマッチ」が起きている。指導と逆に高齢者が避難所に取り残されるケースがあるほか、指導に従った結果、子どもを持つ家庭が希望する仮設住宅に入れず、小中学生が元通りの学校に通えない恐れも。自治体は「細かいニーズの見極めに時間がかかり、入居が遅れてしまう」と指摘しており、課題が浮かび上がった。 (池田悌一、日下部弘太)
 津波で壊滅状態となった宮古市鍬ケ崎(くわがさき)地区の避難所。隣接する愛宕地区に完成した仮設住宅への入居が、五月三日から始まった。入居から漏れた吉田忠治さん(70)は「うちの二軒隣まで入れたのに」とため息をついた。
 仮設住宅は八十一戸。愛宕地区内にあるため、同じ地区の世帯の入居が優先され、三十六戸が埋まった。残る四十五戸は隣の鍬ケ崎地区内から集落ごとに割り振っていった。
 避難所には、吉田さんより年上の七十七歳の女性も残っている。吉田さんは「精神的にも肉体的にも限界。集落優先と言うが、入ったら人間関係はつくれるし、年寄りを優先して」と嘆いた。
 仮設住宅入居について、岩手県は(1)高齢者(2)身体障害者(3)元の集落のまとまり−を優先するよう指導。しかし、運用は市町村に任されている。
 宮古市は「阪神大震災で仮設住宅でのコミュニケーションが不足し、高齢者の孤独死が相次いだ反省から、集落ごとを基本にした。いずれ全員が入れる」と話すが、市内の入居希望者約千九百人に対し、建設のめどは約千五百戸にとどまる。
 要介護者や障害者を優先した大船渡市でも、不満が出る。持病があって病院に通う市民の希望も優先した結果、小中学生がいる家庭が後回しにされ、校区内の仮設住宅に収容しきれない可能性が出ているためだ。
 市内中心部の場合、既に三カ所計約三百戸への入居者が決まった。今後の予定は約九十戸で、入れなかった世帯は周辺の仮設住宅に振り分けられる。小学生の子ども二人を抱える女性(30)は「車を流されたので、遠い仮設では(学校に)送れない」と心配する。」(全文)


 
>TOP

◆福祉仮設住宅整備へ 宮城県、仙台に第1号 介護職員常駐
河北新報 2011/05/13
http://www.kahoku.co.jp/news/2011/05/20110513t11022.htm
「 宮城県は、震災で被災した高齢者や障害者が共同で住む「グループホーム型仮設住宅」(福祉仮設住宅)を整備する。第1号となる住宅を、今月下旬にも仙台市太白区の「あすと長町」で着工する。
 県と仙台市によると、整備する福祉仮設住宅は、定員9人の1ユニットを2棟建設する。共同生活スペース(居間、食堂)と個室、浴室、台所などを配置。介護職員が常駐し、食事や入浴の介助を担う。
 完成後は、津波被害を受けた若林区のグループホームで暮らしていた認知症高齢者十数人が入居する予定。ホームの職員は「震災後は別のグループホームに移ったが、定員超過で手狭になっている」と話し、早期入居に期待を寄せる。
 県長寿社会政策課によると、福祉仮設住宅には、被災して身寄りを失った高齢者も入居できる。一般の仮設住宅での独居生活で、閉じこもりがちになるのを防ぐ狙いがあるという。
 福祉仮設住宅は、被災市町や事業者の要望を受けて県が整備する。今回は、用地を確保できた仙台市でいち早く建設のめどが立った。気仙沼、石巻、名取各市でも要望が出ているという。」(全文)


 
>TOP

◆高齢者むけ福祉仮設住宅 台所や浴室は共用
読売新聞 2011/05/13
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/miyagi/news/20110513-OYT8T00112.htm
「県は、一人暮らしの高齢者を対象にした福祉仮設住宅を仙台市内に建設する方針を固めた。高齢者などは一般の仮設住宅での生活が難しいことや、民間賃貸住宅では貸主などから断られるケースが相次いだため。数人が集まって暮らすことで、孤独死の防止や介護予防にも役立てたい考えだ。東日本大震災で大きな被害が出た宮城、岩手、福島の3県での設置は初めてになる。
 県が検討しているのは、一人暮らしの高齢者らが暮らしやすいように、広い台所や浴室を共用にして、1棟に9人が入る福祉仮設住宅。個室は4畳半〜6畳程度。共同の空間も設け、管理人や生活支援をする人を置く。
 設置場所は、仙台市内の仮設住宅団地内で、6棟を建設する予定。市内で被災した2か所のグループホーム入居者や、身寄りのない高齢者、1人では身の回りの世話が心もとない高齢者の入居を想定している。
 仙台市では、仮設住宅への第1次入居申し込みの際に、障害者や独居、または高齢者のみの世帯などが優先的に民間賃貸住宅に入居できるようにあっせん。1000件以上の問い合わせがあったが、決まったのはわずか50件程度で、主な理由は、「認知症になった場合の責任は誰が取るのか」などで、貸主から断られるケースが相次いでいた。
 同市は今週から、市営住宅への入居を優先的に行っているが、被災した高齢者からは「病院に遠い」などの理由から敬遠されがちだ。
 石巻市からも、障害者の入居を認める同様の福祉仮設住宅の設置要望が県に来ているという。」(全文)


 
>TOP

◆聴覚障害者へCSで災害情報
毎日新聞 2011/05/12 地方版
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn201105130003.html
「東広島市は、耳の不自由な人のために災害情報を手話や字幕付きで流すCS放送番組の受信機を、市内18カ所に設置した。災害時に被害状況や救援物資の配布場所などの情報を伝える。番組を流すNPO法人CS障害者放送統一機構(大阪市)によると、設置した施設数は全国の自治体で最多という。
 受信機をテレビにつなぐと、災害時に被害状況や相談窓口などの情報を伝える番組を視聴できる。CS障害者放送統一機構が自主制作した番組のほか、NHKや民放の災害関連番組に字幕や手話通訳を加えて放送する。大地震などの災害発生時には付属の警報装置が点滅し、番組の開始を知らせる。
 受信機は市中央生涯学習センターや東広島運動公園体育館など主要15カ所の避難所のほか、市役所のロビーと志和、高屋の両出張所に配備した。市福祉部は「避難所に行けば確実に生活情報が入手できるという安心感を提供したい」としている。
【写真説明】東広島市が耳の不自由な人のために市役所ロビーに設置したCS放送の受信機」(全文)


 
>TOP

◆東日本大震災:聴覚障害者に不安広がる 進まぬ「避難対策」 /高知
毎日新聞 2011/05/12 地方版
http://mainichi.jp/area/kochi/news/20110512ddlk39040714000c.html
「◇協会「県は早急に整備を」
 東日本大震災の発生から2カ月が過ぎたが、県内の聴覚障害者には不安が広がっている。緊急時の情報伝達の仕組みが整っていないなど、聴覚障害者への避難対策が遅れているためだ。県聴覚障害者協会の山中睦子会長は「避難勧告が聞こえないと逃げることもできない。少しでも早い情報伝達手段を作るべきだ」と訴える。
 聴覚障害者は、避難放送が鳴っても聞こえず、被災地で有効活用されたラジオなどの音声情報も伝わらない。協会などによると、3月11日の大震災発生時、県内の聴覚障害者の中には、津波注意報から警報に変わった情報がすぐに伝わらず、近所の人に連れられて避難した人もいたという。
 県障害保健福祉課によると、08年度から南海地震発生時の聴覚障害者ら要援護者の避難方法に取りかかっているが、何も作られていないという。同課は「今後協会との連携を強め、手話や要約筆記の資格者の状況を把握するなど早急に支援の仕組みを作っていく」と話す。
 同協会によると、手話以外にも筆談や口の動きで言葉を読み取る口話で避難などを伝えることはできるが、まだ社会の認知度も低く、震災の混乱時では、さらに困難になるという。山中会長は「避難時は仕方ないにしても、避難所には目に見える形での情報提供が必要だ」と指摘する。
 一方、県立高知ろう学校(吉村洋二校長)では、今回の震災を受け、耳が聞こえないことや自分のコミュニケーション手段などが書かれた「ヘルプカード」を全校生徒31人に配布する予定。同校の利岡徳重教頭は「震災の混乱時では、コミュニケーションはさらに困難になる。まずはカードで相手に自分を知ってもらうことが必要だ」と話した。【黄在龍】」(全文)


 
>TOP

◆避難全世帯に家賃補助 県が対象要件の緩和を検討
福島民報 2011/05/12
http://www.minpo.jp/view.php?pageId=4147&blockId=9842244&newsMode=article
「民間の賃貸住宅に入居している避難者への家賃補助で、県は住宅の全壊などによる避難世帯全てを対象にする検討に入った。11日に県庁で開かれた自民党県議会議員会政調会で示した。
 家賃補助の対象は、住宅の全壊や原発事故の影響などで避難し、民間賃貸住宅に入居している世帯。現在は高齢者の介護、障害者や乳幼児への対応、子どもの通学などの理由で避難所での生活が困難と市町村が認めることが要件となっており、県は要件の緩和を検討している。
 一方、すでに県内の民間賃貸住宅に入居している避難者への家賃補助の引き上げについては、今週中にも引き上げ額などの内容を示す。
 現在は6万円以内の物件を対象に家賃を全額補助している。県によると、県内の民間賃貸住宅の家賃平均は約4万円。補助対象の家賃6万円以下の物件は8割に上るとみている。大半の民間賃貸住宅が対象となっている状況を考慮し、引き上げた補助額を超える物件は対象としない方針という。」(全文)


 
>TOP

◆福祉避難場所:臼杵市、施設と初の協定 /大分
毎日新聞 2011/05/12 地方版
http://mainichi.jp/area/oita/news/20110512ddlk44040609000c.html
「臼杵市内で知的障害者らの4施設を運営する社会福祉法人「みずほ厚生センター」は9日、市と災害時の福祉避難場所の提供に関する協定を結んだ。県内では7市町が東日本大震災前に福祉避難場所を指定しているが、臼杵市では初めて。
 センターの知的障害者更生施設「聖心園」は4月に耐震建て替えが完了。「地域に恩返しを」と協定締結を提案したという。一時避難所の役割に加え、長期化した場合の高齢者や障害者らの福祉避難所として提供する。
 4施設で140人以上の受け入れが可能。大塚恭弘理事長は「施設だけでは対応が難しいので、ボランティアの登録をしてもらうなど地域とのつながりを強めたい」と話している。」(全文)


 
>TOP

◆自治体で異なる優先基準=「地域の絆」「高齢者、子供…」−仮設住宅の被災者入居
時事ドットコム 2011/05/12 東京朝刊
http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2011051200596
「東日本大震災から2カ月が過ぎ、被災者の仮設住宅への入居が始まっている。しかし、建設戸数は希望者数に追い付いていない。「まず誰が」。入居基準は、避難所生活の厳しさから高齢者や障害者を優先したり、震災前の地域コミュニティーを重視したり、各自治体で異なっている。
 宮城県名取市は地域の絆に重きを置く。結束の強かった地域性に配慮し、住民を同じ町内会単位で入居させることを決めた。最初の入居は完成戸数と同規模の閖上1丁目の住民。避難所は別々だったが、仮設住宅は全員が入居する6月に以前の町内が再現できる見通しだ。
 コミュニティーへの配慮が空回りする例も。仙台市は入居要件を同じ町内の10世帯単位にして地域の維持を図ったが、応募者が集まらず、条件を緩和した。
 岩手県釜石市は子供や高齢者、障害者といった災害弱者をいち早く入居させることに力点を置く。仮設住宅の入居希望者に子供や高齢者の人数や深刻度合いといったデータを提出してもらい点数化。市が緊急度を判断し、入居者を選んでいる。ただ、入居後に知人がいない場所での暮らしに不安を口にする人もいるという。
 宮城県石巻市は避難所に身を寄せる人が8000人を超え、県内の自治体では最も多い。仮設住宅の希望者も多く、緊急性や地域性を考慮すると入居が遅れるため、事実上抽選で決めている。重度の障害者を抱える世帯から反発も出るが、市担当者は「公平性と迅速性を考えた苦渋の選択だ」と話す。
 入居の緊急度を重視する宮城県山元町の担当者は「被災者の不満は募り、どの方式でも苦情が出る。正解はないが、交流拠点をつくるなど入居後もケアを続けたい」と話している。」(全文)


 
>TOP

◆東日本大震災:ハンセン病入所者協「被災者を療養所に」 厚労省に要請へ
毎日新聞 2011/05/12 東京朝刊
http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110512dde041040030000c.html
「◇設備も敷地も充実
 全国13カ所の国立ハンセン病療養所の入所者でつくる「全国ハンセン病療養所入所者協議会」(全療協)は12日、青森市で開いた代表者会議で、東日本大震災の被災者を療養所で受け入れるよう厚生労働省に申し入れることを決めた。療養所は医療や介護が完備し、仮設住宅を建てられる広いスペースもある。さらに病気による差別や偏見に苦しんできた立場から、原発事故に伴う福島県民への差別問題も看過できないとして被災者支援の方針を決めた。
 全療協は、被災者受け入れが、目標に掲げる施設の地域開放にもつながるとしており、厚労省に全施設での受け入れを要請する。
 入所者たちは、透析が必要な慢性疾患や、認知症など介護を要する高齢者、障害を持つ被災者に対応できる避難所が少ないことを報道などで知った。
 療養所では全入所者の平均年齢が80歳を超えているため、慢性疾患や高齢の入所者に対応できる医療スタッフや設備がある。人工透析の設備を持つ施設も多い。さらに各施設とも敷地が広く、仮設住宅を建設できるスペースがあり、入所者減に伴う職員の定数削減で職員官舎に空きもあるという。
 全国の入所者たちが特に心を痛めたのは、原発事故で避難を強いられた福島県民への差別問題が相次いだことだ。03年、熊本・黒川温泉のホテルが「他の客に迷惑がかかる」と療養所入所者の宿泊を拒否する事件が起きたが、今回、入所者たちは「ハンセン病問題で教訓とされたことが何も解決されていない」と痛感したという。
 一方、ハンセン病問題基本法(09年4月施行)で可能になった、療養所の開放や敷地内への福祉施設などの併設が進んでいないことも背景にある。全療協の神(こう)美知宏会長は「地域開放を進め、差別を受けた被災者と連携するため、入所者側から積極的に受け入れを呼びかけるべきだ」と判断。この日の会議で、職員官舎の空き部屋の活用や仮設住宅の建設用地提供を提案し、了承された。
 厚労省国立病院課は「被災者側のニーズも踏まえ検討したい」と話している。【江刺正嘉】」(全文)


 
>TOP

◆ハンセン病療養所で被災者受け入れへ 入所者会議決定
asahi.com 2011/05/12
http://www.asahi.com/national/update/0512/TKY201105120298.html
「全国13カ所ある国立ハンセン病療養所の入所者でつくる全国ハンセン病療養所入所者協議会(全療協)は12日、療養所の職員施設の空き部屋や空き地などに東日本大震災の被災者を受け入れると決めた。入所者向けに医療の態勢が整っている療養所を、慢性疾患の患者や高齢者、障害のある人や余震からの避難者などに幅広く利用してもらう。敷地内の空き地での仮設住宅建設なども提案する。厚生労働省も対応を検討する。
 青森市の国立ハンセン病療養所「松丘保養園」で12日に開かれた全療協支部長会議で決まった。2009年施行の「ハンセン病問題基本法」がうたう、療養所を社会化し、地元に開放していくとした理念にも沿ったものとしている。神美知宏(こう・みちひろ)会長は「被災者のために役立てることで、長年隔離されてきた療養所を開放する大きな起点としたい」と話した。
 療養所は青森、宮城両県から沖縄県までの全国にあり入所者は2275人、平均年齢81.6歳。1955年には1万1千人以上の患者や元患者が隔離されていたが、高齢化が進み、入所者は減り続けている。今回は空いている職員宿舎などの活用を提案する。厚労省も全療協の提案を受けて被災者への情報提供などの対応を検討する。(青木美希)」(全文)


 
>TOP

◆東日本大震災:宮城と福島の仲間へ 聾学校生が被災地に便り /福岡
毎日新聞 2011/05/12 東京朝刊
http://mainichi.jp/area/fukuoka/news/20110512ddlk40040423000c.html
「◇「ずっと応援しています」  直方聾(ろう)学校の児童・生徒が、東日本大震災で被災した福島県立聾学校(同県郡山市)と宮城県立聴覚支援学校(仙台市)の仲間たちを励まそうとメッセージを模造紙にまとめ9日、両校に発送した。  「同じ聾学校の仲間としてとても心配です。ずっと応援しています」「お元気ですか? お父さんやお母さんも元気ですか? しんぱいしています。ぶじでいますようにとねがっています」−−。被災地に送られた模造紙には、同じ障害を持つ被災者を思いやるメッセージが並ぶ。  直方聾学校によると、聾学校の校長会を通して、校舎が破損したり、自宅が津波で流されたり、原発の影響で避難を余儀なくされたりなど、両校の被害を知ったという。  授業でも震災を取り上げ「聴覚障害を持つ仲間にできることはないか」と職員・生徒で考え、両校にメッセージを送ることにした。幼稚部の子供たちは絵を、小学・中学部の児童・生徒はメッセージを紙に書き、写真や折り紙と一緒に模造紙に張り付けた。  同校は「少しでも、被災者の元気につながれば」と話している。【伊藤奈々恵】 〔筑豊版〕」(全文)

 
>TOP

◆東北の障害者の製品販売 14日、たるみっこまつり
毎日新聞 2011/05/12 東京朝刊
http://www.kobe-np.co.jp/news/kobe/0004055362.shtml
「神戸から愛と元気を‐と東日本大震災の被災地支援を掲げる「第41回神戸まつり」。14日に開かれる神戸市内各区のまつりでもそれぞれ独自の支援イベントを企画している。(直江 純)
 垂水区のマリンピア神戸である「たるみっこまつり」。津波で施設が全壊した障害者団体などの製品を販売し、再建に向けてエールを送る。
 垂水区社会福祉協議会は4月中旬までに計2週間、仙台市の若林区社協に職員2人を派遣し、災害ボランティアセンターの運営を支援した。その際、障害者が働く場を失うなどの苦境を聞き、「神戸に戻ってからでもできる支援策を」と製品販売を考えた。
 津波で多くの死者が出た若林区荒浜地区の授産施設「まどか荒浜」では、喫茶や紙すきなどで働く知的障害者や職員は無事だったが、平屋の建物は骨組みだけ残す無残な姿になった。
 現在は市内の別施設に間借りして復興を願う新商品「福幸だるま」を手作りしているが、中村正利施設長(76)は「仙台の人は気持ちに余裕がないのかほとんど売れない。神戸から支援の輪を広げてほしい」と話す。
 「たるみっこまつり」(午前10時半〜午後6時半)では、垂水区社協が福幸だるまのほか、仙台市内11団体から陶器や菓子、紙すきはがきなどを取り寄せて販売。売り上げ全額を各団体に送るほか、倒壊した施設への義援金も募る。
 ほかの区まつりでも、中央区の「ふれあい中央カーニバル」で福島県いわき市の手作りみそなど障害者の製品を販売。兵庫、長田区でも東北の特産品販売などがある。」(全文)


 
>TOP

◆希望新聞:東日本大震災 Q&A 聴覚障害者に配慮した避難所運営は?
毎日新聞 2011/05/12 東京朝刊
http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110512ddm012040056000c.html
「Q 聴覚障害者に配慮した避難所運営は?
 A 放送以外に文字でも情報発信を
 東日本大震災聴覚障害者救援中央本部で情報・広報担当を務める全日本ろうあ連盟(本部・東京都新宿区)の河原雅浩理事(50)に話を聞きました。
 聴覚障害は見た目では分かりにくい障害です。被災地の多くの聴覚障害者は、必要な情報が得られないうえ、自分が困っていることをなかなか伝えられず、支援の手が届きにくくなっています。
 避難所に手話ができる人がほとんどいないため、悩みを打ち明ける相手がおらず、孤独にも陥りがちです。この4月、中央本部から宮城県に医療メンタルケアチームを派遣し、聞き取り調査をしたところ、やはり心のケアを必要としている方がたくさんいることが分かりました。
 食料や水の配給などについて放送で伝えるときは、個別に紙に書いたり、掲示を見せるなどして、必ず聴覚障害者にも伝わるようにしてください。障害の程度はいろいろです。大きな声でゆっくり話せば分かる場合もあるし、筆談でもある程度のやりとりができます。
 一番大切なのは、聞こえない人とコミュニケーションしたいという気持ちです。手話が使えなくても、ぜひ身ぶりや手ぶり、文字などを使って伝えてください。自分から話しかけるのをあきらめてしまった被災者の方にも、気持ちはきっと伝わり、会話が始まるでしょう。【須田桃子】」(全文)


 
>TOP

◆検討部会 特区制度など議論へ
NHKニュース 2011/05/11
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110511/t10015826671000.html
「東日本大震災の復興ビジョンを策定する復興構想会議の下で、専門的な立場から議論を行う検討部会が開かれ、被災地の子どもや障害者を巡る問題や、被災した自治体に強い権限を与える特区制度の在り方などを中心に、検討を進めていく方針を確認しました。
11日午後、総理大臣官邸で開かれた検討部会には、有識者からなる18人の委員が出席しました。会合では、復興構想会議の御厨議長代理が、▽被災地の子どもや障害者を巡る問題や、▽被災した自治体に強い権限を与える「特区制度」の在り方、さらに、▽津波で被災した土地の買い上げなど、土地の権利関係を巡る課題について、検討部会で、専門的な立場からの議論を進めるよう要請しました。これを受けて、検討部会としても、今後、この3点を中心に検討を進めていく方針を確認したほか、東京電力福島第一原子力発電所の事故や、中部電力浜岡原子力発電所の運転停止を受けた、電力不足の問題や自然エネルギーの導入などについても、議論を進めることになりました。検討部会では、来月末の復興構想会議の第1次提言に向けて、具体的な検討を進め、結果がまとまりしだい、復興構想会議に提言することにしています。」(全文)


 
>TOP

◆過去の南海地震、再検証を
読売新聞 2011/05/11
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/mnews/20110511-OYT8T00785.htm
「宮城県議2人「災害弱者の避難ポイント」
 東日本大震災の被災体験を伝え、南海地震への備えに役立ててもらおうと、9日夜、宮城県議の畠山和純さん(64)(宮城県気仙沼市)と安部孝さん(55)(同県松島町)が高知市内でのフォーラムに参加した。(沢本梓、田水綾)
 発生から2か月になる今も、栄養不足、衛生問題などの課題が山積している現状を訴えた2人は、「生き残った者の使命は体験を語り継ぐこと」と力を込め、約550人が真剣に耳を傾けた。
 2人と交流があり、宮城県内の被災地を視察した元高知県議の高野光二郎さん(36)が、県内の企業家らと企画。宮城県議会議長を務める畠山さんは「義援金や人の派遣など、高知の方々には大きな善意をもらった」などとし、感謝の意味も込めて参加したという。
 3月11日、県議会に出席した2人は仙台市の県庁で被災。震災後3日間は、自身の車のテレビだけが情報源だったという。津波に襲われた自宅周辺は治安が悪化し、安部さんは「ストーブや灯油、バーベキューセットが盗まれた」と打ち明けた。
 避難生活者が10万人以上という現状は「パニック状態」といい、安部さんは「物資が行き届かず、避難所生活を送る人の8割は栄養不足」と報告。畠山さんは「タオルや毛布は洗えないまま敷きっぱなし。風呂には毎日入れず、暑くなると衛生環境はさらに悪化する」と危惧し、仮設住宅の必要性を訴えた。
 南海地震が発生すれば、県にも大津波が襲来する可能性が高いとされている。安部さんは、一家全員が亡くなった家庭の多くが、高齢者や子ども、障害者、妊婦ら「災害弱者」を抱えていた点を指摘。「これらの人をどう助けるかが備えのポイント。過去の南海地震を再検証し、議論してほしい」と呼びかけた。
 宮城県はカツオ漁の拠点でもあり、高知とゆかりが深い。畠山さんは災害の中でも地域コミュニティーが機能したことに希望を見いだし、「助け合うのは隣の人、地域の人。地域を原点においた復興計画を提案したい。漁業の再開に向けて復興を進めている気仙沼を見ていてほしい」と話していた。

 第2部では、尾崎知事や、自民党の中谷元・衆院議員、民主党の武内則男・参院議員も加わった。尾崎知事は南海地震対策について、「抜本的に強化しないといけない」として、市町村や地域の自主防災組織などの支援に意欲を見せた。
 中谷議員は被災地の高規格道路は津波にも耐えたとし、「少なくとも高規格道路は整備し、災害拠点として使えるようにしたい」と話し、武内議員は与党の立場から「本格復興に向け、第2次補正できめ細かく対応できるよう議論が必要」と述べた。」(全文)


 
>TOP

◆【東日本大震災】「手を取り合い復興を」 障害者団体が物資配布
msn.産経ニュース 2011/05/11 地方版
http://sankei.jp.msn.com/region/news/110511/myg11051111030000-n1.htm
「宮城県気仙沼市で障害者の社会参加を支援するNPO法人「ネットワークオレンジ」が11日、被災者向けに衣服や下着などの無料配布を行う。
 全国の支援者らから送られた物資で、スタッフや知的障害者たちが準備を重ねてきた。
 ネットワークオレンジは障害者向けの就労体験やデイサービスに取り組む。津波で市内の活動拠点2カ所が損壊したほか、家族が流されたり、家を失ったりしたスタッフもいたが、小野寺美厚代表理事(41)の自宅を拠点に、震災後まもなくサービスを再開。6月には障害者によるコミュニティーカフェも開く。
 小野寺さんは「こんな時だからこそ、手を取り合って復興に参加したい」と話した。」(全文)


 
>TOP

◆東日本大震災:ゆめ風基金支援、全支店に募金箱−−近畿ろうきん /大阪
(毎日新聞 2011年05月10日 地方版)
http://mainichi.jp/area/osaka/news/20110510ddlk27040435000c.html
「近畿ろうきん(本店・大阪市西区)は、東日本大震災で被災した障害者の支援活動を行うNPO法人「ゆめ風基金」(大阪市東淀川区)を支援するため、全支店の店頭に専用募金箱を設置した。9月30日まで受け付ける。
 また、ゆめ風基金への募金振り込み専用口座も開設した。近畿ろうきんの窓口から振り込めば、振り込み手数料が無料となる(ATMからの振り込みは対象外)。口座は「近畿労働金庫十三支店、普通預金、8287953、ゆめ風基金 東日本大震災募金」。期間は来年3月末まで。」(全文)


 
>TOP

◆希望新聞:東日本大震災・サポート情報 9日現在
(毎日新聞 2011年05月10日)
http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110510ddm035040008000c.html
「◇医療
 <岩手県>
 主な医療機関は次の通り(余震、停電などで変更の可能性あり)。県立一戸、県立二戸、県立大船渡、県立軽米、県立久慈、県立釜石、県立宮古、国立釜石、釜石のぞみ、久慈恵愛、岩泉、せいてつ記念、宮古第一、一関、盛岡赤十字
 <宮城県>
 外来の対応はほぼ通常どおり。診療を制限する病院は次の通り。重症のみ対応=石巻赤十字▽診療時間短縮=石巻港湾(9〜12時)、猪苗代(8時半〜12時、13時半〜16時)、大友(7〜12時、13時半〜15時半)、公立志津川(仮診療所で8時半〜11時、14〜16時)▽かかりつけの患者のみ=仙南中央、仙塩総合、南浜中央(仮診療所で精神科のみ平日9時半〜12時、要事前連絡)、石巻市立(仮診療所で9〜11時、13時〜15時半)、気仙沼市立(内科、消化器科。急患は対応)、東北公済宮城野(処方のみで8時〜11時半)▽診療不可=石巻市立雄勝、恵愛
 <福島県>
 外来の対応はほぼ通常どおり。診療を制限する病院は次の通り。救急受け入れ困難または制限=福島南循環器科、池田記念、公立相馬総合、いわき地域のすべて(総合磐城共立、福島労災を除く)▽診療科制限=鹿島厚生(内科、外科、整形外科のみ)、渡辺(内科、外科、整形外科のみ。外科は月火水金、整形外科は月水金)、小野田(外科、内科、消化器外科、泌尿器科のみ。泌尿器科は火水、透析不可)、大町(内科、消化器科、循環器科、整形外科、小児科、口腔外科。外科は金と土午前のみ。いずれもかかりつけ優先)、南相馬市立総合(内科、外科)▽かかりつけの患者のみ=星総合(小児科のみ外来診療実施)
 県地域医療課 電話024・521・7221
 <茨城県>救急医療情報システム 電話029・241・4199
 ◇福祉
 ◇JDF被災障害者総合支援本部 宮城県と福島県を中心に、障害のある人や家族、支援者に物資や介助を提供するなど、困りごと全般に対応している。
 みやぎ支援センター(電話・ファクス022・244・6965、メールjdf.miyagi@gmail.com)
 ふくしま支援センター(電話024・925・2428、ファクス024・925・2429)
 ◇被災地障がい者センター東北本部(電話022・746・8012、ファクス022・248・6016)被災した障害者の困りごと相談のほか、病院の送迎や介助者の派遣、物資提供などにも対応している。
 ◇日本盲人福祉委員会・視覚障害者支援現地対策本部(電話090・1704・0437)土日夜間対応可能。視覚障害者だけでなく、目の見えにくい人も対象に、物資支援や生活相談対応をしている。
 ◇全日本ろうあ連盟・東日本大震災聴覚障害者救援中央本部(電話03・3268・8847、ファクス03・3267・3445)9〜17時、平日のみ。東北3県に本部を置き、聴覚障害者や支援者からの相談に応じている。
 ◇認知症の人と家族の会・電話相談(電話0120・294・456。携帯電話の場合は電話075・811・8418)10〜15時、平日のみ。認知症に関する悩みや介護制度など、全般の相談にのっている。
 ◇交通
 □鉄道
 JR在来線の再開見込みは次の通り。
 <石巻線>
 前谷地−石巻は今月中旬。石巻−女川は未定
 <仙石線>
 東塩釜−高城町は今月下旬。高城町−石巻は未定
 <常磐線>
 久ノ浜−四ツ倉は今月中旬。亘理−久ノ浜は未定
 再開の見通しが立っていないのは次の区間。
 <八戸線>
 階上−久慈
 <岩泉線>
 茂市−岩泉
 <山田線>
 宮古−釜石
 <大船渡線>
 気仙沼−盛
 <気仙沼線>
 柳津−気仙沼
 JR以外の路線状況は次の通り。  <三陸鉄道北リアス線>
 久慈−陸中野田、小本−宮古で運行。陸中野田−小本は再開未定
 <三陸鉄道南リアス線>
 釜石−盛の全線で不通。再開未定
 <仙台空港アクセス鉄道>
 名取−仙台空港の全線で不通。名取−美田園は7月末、美田園−仙台空港は9月末再開予定
 <阿武隈急行>
 16日に全線復旧予定。角田−槻木が復旧工事で13日11時50分〜16時50分、臨時運休
 □バス
 <岩手県北バス>
 電話019・654・5814 盛岡と仙台、郡山、福島などの路線を運行
 <岩手県交通>
 電話019・654・7755 10日から一関駅前−須川温泉が再開
 <ミヤコーバス>
 電話022・771・5310 仙台−気仙沼、仙台−石巻などで運行
 <JRバス東北>
 電話022・256・4512(仙台支店) 仙台−いわき、仙台−古川などで運行
 <東日本急行>
 電話022・218・3131 仙台−登米、仙台−一ノ関などで運行
 <仙南交通>
 電話022・242・1234 仙台空港−JR仙台駅で運行
 <仙台空港鉄道>
 電話022・707・2235 仙台空港−JR名取駅で運行
 <福島交通>
 電話024・531・2706(福島支社)、電話024・943・1651(郡山支社) 福島と会津若松、いわき、郡山、伊達−仙台などで運行
 ◇子ども
 被災地へ本を贈る活動は、すでに一定の数が集まり、受け入れを終えた団体も多い。ホームページなどで受け入れ状況を確認のうえ送付する。
 ◇あそび支援隊 被災地キャラバン NPO法人日本グッド・トイ委員会(東京都)は、被災地の子どもたちを元気づける「遊び支援隊」を発足。移動型おもちゃ美術館を被災地10カ所で開催する。子どもたちに贈るための、新品または家庭で丁寧に扱われた木製積み木の寄付を募っている。現地への輸送費など活動費支援も歓迎。31日まで。東京都新宿区四谷4の20の東京おもちゃ美術館「あそび支援隊」電話03・5367・9601。
 ◇ミミオ図書館 被災地に贈る絵本募集 被災地への移動図書館を準備中の「ミミオ図書館」(鴻池朋子館長)は、贈り主からのメッセージと、思い出のエピソードを添えた絵本の寄贈を受け付けている。ヴォルカノイズ 電話03・5296・8807、またはミヅマアートギャラリー 電話03・3268・2500。詳細はホームページhttp://mizuma−art.co.jp/new/1301477523.phpでも。
 ◇ブックスフォージャパン 古書買い取り業バリューブックス(長野県上田市)の運営。本、DVD、ゲームソフトを着払い(5冊以上)の宅配便で募り、内容と程度によって被災地に直接贈るものと買い取るものに選別。贈る本は複数の民間支援団体を通じて送付、買い取り金額は被災地支援団体に寄付する。電話連絡のうえ集荷。ブックスフォージャパン 電話0120・826・295。
 ◇労働・雇用
 ◇東京都の被災者対象合同就職面接会 多摩会場=5月24日13時半〜16時、国分寺市南町3の22の10の国分寺労政会館4階。区部会場=26日13時半〜16時、港区海岸1の7の8の都立産業貿易センター3階。都内での就職を希望する被災者を対象に、各日20〜30社が面接に応じる。寮や社宅付き求人、短期求人もある見込み。問い合わせは各ハローワークへ。
 ◇出張労働相談
 雇用保険の支給や労災保険の給付などの相談に応じる。
 <岩手県>
 10日=大槌町中央公民館(10〜15時)▽11日=山田町商工会(同)、野田村役場村民ホール(同)▽12日=陸前高田商工会仮事務所(11〜14時)▽17日=大槌町中央公民館(10〜15時)▽18日=山田町商工会(同)
 <福島県>
 10日=丸峰観光ホテル(10〜12時)、大川荘(13〜15時)、須賀川アリーナ(10時〜11時半)、白鳥温泉春木屋(13時半〜15時)、白鳥温泉喜楽苑(15時〜16時半)、道の駅南相馬(10〜15時)▽11日=湯本温泉松伯館(13時半〜16時半)▽12日=かんぽの宿いわき(13時半〜16時半)、裏磐梯猫魔ホテル(10〜12時)、グランデコスノーパル寮(13時半〜15時半)▽13日=野地温泉ホテル(13時半〜15時半)▽17日=石川町母畑温泉・八幡屋(10時〜11時半)▽18日=休暇村裏磐梯(10〜12時)、ナチュラルリゾートAkabeko(13時半〜15時半)、相馬市総合福祉センターはまなす館(13時半〜15時半)、白河市役所5階(10〜15時)
 ◇宮城労働局「ハローワークプラザ泉」開庁 被災で閉庁していた仙台市の「ハローワークプラザ泉」が9日、同市泉区泉中央1の16の6の泉中央ビル2階の仮庁舎に移転して再開。平日8時半〜17時、土日は開庁しない。
 ◇新卒被災者の雇用に積極的な企業公開 中小企業庁は、被災地域の新卒者らを優先的に雇用するなど支援に積極的な中小企業125社の一覧をウェブ上で公表している(http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/koyou/jinzai.htm)。青森から沖縄まで全国の中小企業をピックアップしており、今後も拡大していく。
 ◇その他
 ◇テレビやDVDを寄贈 TSUTAYAを運営するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC、東京都)などが、被災者に文化的な楽しみを届けたいと、「こころ+プロジェクト」として、宮城・岩手の避難所90カ所にテレビやDVD、本などを贈った。
 CCCによると、届けたのは液晶テレビ800台▽映画やアニメ、お笑い番組などのDVD8700枚▽書籍約8万冊▽雑誌約1万5000冊など、娯楽に関する支援品。また、コーヒーやアイマスク、耳栓、ハンドクリームなども併せて贈った。今後も支援を続ける。
 ◇心の相談窓口 医療コンサルティングのeヘルスケア(東京都新宿区)などは、被災者の心のケアのための無料掲示板「心の傷〜相談窓口」(http://eq-care.byoinnavi.jp/)を開設している。
 精神科と心療内科の医師や臨床心理士計約50人が、ウェブ上の掲示板に寄せられた被災者からの相談に、回答する。相談者とはじかに接しないが、他の人の相談と回答が読めるため、同様の悩みを抱えた人たちの参考になる。パソコンでも携帯電話でも利用できる。
 ◇避難者に指圧サービス 日本赤十字社東京都支部は11、12日の両日、福島市のあづま総合運動公園で、被災者に指圧のサービスを実施する。同公園内体育館は避難所になっており、避難生活が長引く中、少しでも疲れをとってリラックスしてもらえるようにと、東京指圧救護赤十字奉仕団の指圧師20人が行う。11日は14〜18時、12日は10時〜12時半の予定で、場所はあづま球場内一塁側会議室。同支部ボランティア課は「被災者の方ならどなたでも来てほしい」と話している。
 ◇電話帳
 ○行方不明者相談ダイヤル
岩手県警 0120・801・471
宮城県警 022・221・2000(9〜19時)
福島県警 0120・510・186(9〜19時)
 ○通信・ライフライン
NTT災害用伝言ダイヤル 171
日本郵便         0120・2328・86(平日8〜22時、土日祝9〜22時)
東北電力         0120・175・366
 ○医療
 <放射線被ばく相談>
文部科学省健康相談ホットライン 0120・755・199(9〜21時)
放射線医学総合研究所相談窓口  043・290・4003(9〜17時)
 <その他>
日本医師会         03・3946・2121
日本糖尿病協会       0120・151・721(平日9〜18時)
被災がん患者ホットライン(国立がん研究センター)
 紹介状あり=03・3547・5130(平日10〜16時)
 紹介状なし=03・3547・5293(平日9〜18時)
てんかん支援ホットライン  054・245・5446
アレルギー支援ネットワーク 052・485・5208
 ○生活支援
日弁連電話相談       0120・366・556(平日10〜15時)
岩手弁護士会        0120・755・745(13〜16時)
仙台弁護士会        0120・216・151(10〜16時)
福島県弁護士会       024・534・1211(平日14〜16時)
全国社労士会連合会     0120・000・528(平日10〜17時)
日本司法書士会連合会    0120・445・528(平日10〜16時)
あしなが育英会 被災者専用 0120・77・8565(遺児らに特別奨学一時金を支給)
心の相談緊急電話      0120・111・916(13〜22時。日本臨床心理士会など)
チャイルドライン      0120・99・7777(月〜土16〜21時、18歳までの子ども向け)
震災関連の悪質商法110番 0120・214・888(10〜16時。国民生活センター。岩手、宮城、福島、茨城4県対象)
 ○省庁 ※平日のみ
公営住宅等情報センター    0120・297・722(9〜18時。全国の公営住宅などを紹介)
住宅の補修・再建(国交省)  0120・330・712(月〜土)
行政相談(東北管区行政評価局)0120・511・556
金融相談(東北財務局)    022・721・7078
中小企業相談(経産省)    0570・064・350
農林水産業の被害相談(農水省)0120・355・567
年金の相談(日本年金機構)  0120・707・118※
 ○金融・保険 ※平日のみ
ゆうちょ銀行              0120・108・420
住宅金融支援機構            0120・086・353
日本政策金融公庫            0120・154・505(土日0120・220・353)
預金口座照会センター(全銀協)     0120・751・557※
災害地域生保契約照会センター(生保協会)0120・001・731※
そんがいほけん相談室(日本損保協会)  0120・107・808または03・3255・1306
 ○移転した役所
 <岩手県>
 陸前高田市 エコタウン鳴石 0192・59・2111
 釜石市 シープラザ釜石 0193・22・8253
 大槌町 大槌小学校 0193・42・2111
 <宮城県>
 女川町 女川第二小学校 0225・54・3131
 南三陸町 町総合体育館ベイサイドアリーナ 0226・46・2600
 <福島県>
 広野町 FDKモジュールシステムテクノロジーいわき工場 0246・43・1331
 楢葉町 会津美里町本郷庁舎 0242・56・2155
 富岡町 郡山・ビッグパレット 0120・336・466
 川内村 郡山・ビッグパレット 024・946・8828
 大熊町 会津若松市追手町第2庁舎 0242・26・3844
 双葉町 旧埼玉県立騎西高校 0480・73・6880
 浪江町 二本松市東和支所 0243・46・4731
 葛尾村 会津坂下町・川西公民館 0242・83・2651
 ☆双葉郡支援センター 0120・006・865
 上記8町村の避難住民向け。8〜22時」(全文)


 
>TOP

◆光なき不安 音なき恐怖 障害者たちの3.11
(河北新報 2011年05月10日)
http://www.kahoku.co.jp/news/2011/05/20110510t13026.htm
「東日本大震災では、多くの障害者も被災した。障害者は障害の種類や重さによって、避難する際や避難所でさまざまな困難に直面する。宮城県内の視覚障害者、聴覚障害者の体験から、震災時の障害者支援を考える。
◎視覚障害者/津波は音もなく来た
 視覚障害者の越中美智枝さん(59)は3月11日、宮城県石巻市中里の自宅で地震に遭った。
 激しい横揺れに、座っていても体がずるずると動いた。物が落下し、背後の食器棚の中で皿や茶わんが次々と割れる音がする。「危ないと思っても動けなかった」。座布団で頭を守った。
 揺れが収まると、100メートルほど離れた中里小に小学2年の孫娘(8)を迎えに行こうと白杖を手に外に出た。
 網膜色素変性症のため、40歳前後で視力を失った。健常者の夫(65)と2人暮らし。求職中の長女(32)に代わり、放課後の孫の世話をしていた。
 玄関を出ると、大津波警報の発令を知らせる放送が聞こえた。ほどなく戻った長女の車で夫と学校へ。孫を乗せて日和山に向かったが、渋滞で断念し、学校に引き返した。
 学校には既に大勢の住民が避難していた。「寒いから」と近くに止めた車中にいた。
 しばらくして長女が異変に気付いた。「皆が体育館に逃げてる。水がすごい」。膝まで水に浸かって校舎に移動しながら「津波なんて半信半疑だった。水は音もなく来たんだ」と思った。
 水かさは増し、学校は孤立状態に。1300人が避難し、廊下にも人があふれた。「人が多くて杖もつけず歩くことができない。トイレに行くのもままならずつらかった」。携帯電話は通じず、同室の人のラジオが唯一の情報源だった。
 学校を出たのは地震から3日後の14日。水が引かず、土手に渡した幅30センチの板を歩いて脱出した。
 土手に上がると、非常事態を告げる無数の音が、一斉に耳に飛び込んできた。救急車のサイレン、ヘリコプターのプロペラ音、飛び交う無線の声…。「とんでもないことが起きた」と実感した。
 知人宅などを経て4月下旬に自宅に戻った。ふすまは床上70センチまで水の跡が残る。足元はぬかるみ、衣類や音声パソコン、点字板一式は泥水に漬かっていた。日本盲人福祉委員会(東京)などが設置した視覚障害者支援対策本部宮城県本部から、点字版や日用品の支援を受けて生活再建を図る。
 越中さんは「市から安否確認や福祉避難所への誘導はなかった。避難先で同じ障害の人同士でいられれば心強かったし、助け合えたと思う」と振り返った。
(渡辺ゆき)
◎聴覚障害者/避難呼び掛け、気が付かず
 名取市閖上の無職渡辺征二さん(70)は、海岸から1キロ離れた自宅で、妻勝子さん(66)と息子(41)家族の5人で暮らしていた。渡辺さんと勝子さんは、ともに耳が聞こえない。
 地震発生時、渡辺さんは自宅で昼寝をしていた。大きな揺れで目を覚まし、部屋の中を見ると、テレビやテーブルが倒れてきた。
 普段からインターネットは使わず、テレビを見る習慣もない。地震に関する情報はこれまで、手話で家族から得ていた。当時、勝子さん以外の家族は出掛けていた。テレビのスイッチを入れても、停電で映らない。地震や津波の情報を得られないまま、家の中の片付けに取りかかった。
 地震の後、閖上地区では消防団が広報車を走らせ、住民に津波からの避難を呼び掛けていた。渡辺さん夫婦は屋内にいたため、気が付かなかったようだ。
 午後3時半ごろだった。近くに住む兄の敏正さん(73)夫婦が血相を変えて駆け込んできた。慌ただしく手を動かし、メッセージを送ってきた。「何やっているんだ。津波が来るぞ」
 屋外に出て海を見た。初めて事態の深刻さを知った。黒い波が迫っていた。兄は車に渡辺さん夫婦と近所のお年寄りを乗せ、避難所の閖上中を目指した。
 道路は狭く、渋滞していた。津波はどんどん迫ってくる。走って逃げる人もいた。兄は波に追いかけられながら、車を走らせ、仙台東部道路の名取川橋にたどり着いた。橋の上から見えたのは、渦を巻いた真っ黒な波が、車、船、電柱、松の木を押し流す恐ろしい光景だった。
 家族は無事だった。家は津波で流され、6日後に約200メートル離れた場所で見つかった。
 渡辺さんは閖上で生まれ育ったが「津波が来るとは思わなかった」と言う。震災当日は、普段は何かと気遣ってくれる近所の人が、訪ねて来なかったし、出入りする気配もなかった。後日、近所の人たちが大勢亡くなったことを知った。
 渡辺さんは「耳の聞こえる人たちがたくさん亡くなった中で、聞こえない自分たちが助かったのは、兄のおかげ」と語った。(佐藤素子)
◎適切な情報支援、不可欠/被災障害者を支援するみやぎの会/阿部一彦代表
 被災した聴覚、視覚障害者らの状況や支援の課題について、仙台市障害者福祉協会長で、宮城県内の障害者関連団体でつくる「被災障害者を支援するみやぎの会」の阿部一彦代表に聞いた。
(聞き手は丸山磨美)
 震災直後に避難所に身を寄せた聴覚、視覚障害者の多くは、ほどなく自宅に戻った。「暮らしづらい」「迷惑を掛けたくない」というのが、主な理由だ。
 聴覚障害者の場合、手話通訳や要約筆記ができる人がいないと、音声による情報伝達を把握できない。「頭の中の地図」を頼りに移動する視覚障害者は、不慣れな建物ではトイレに行くことが難しい。
 自宅に戻ったとしても、生活支援情報が届きにくく、給水や買い物に困ったという話も多い。
 震災時には、聴覚、視覚障害者への情報支援が特に重要になる。罹災(りさい)証明書の申請など、支援制度の情報が届いているのか心配される。障害に応じた適切な情報提供の方法を考えるべきだ。
 福祉施設とつながりのない在宅障害者は、安否確認自体が難しい。
 壁となっているのは、個人情報保護法だ。今回の震災では、日本障害フォーラム(JDF、東京)の「被災障害者総合支援本部・みやぎ支援センター」(仙台)が県内の状況を調査する際も、自治体が持つ障害者手帳の交付台帳の活用は認められなかった。法施行以前は台帳を安否確認などに活用できたと聞く。
 仙台市障害者福祉協会では、震災翌日から加入団体会員の安否確認を進めたが、障害者全体から見ると一部にすぎない。沿岸部では協会自体が被災して名簿すらないケースがある。誰がどこにいるか分からなければ、支援は困難だ。
 今回の震災で、障害者支援の想定と対策が十分でないことが分かった。対策の見直しを進め、行政や地域、福祉団体などが情報を共有できるよう訴えていきたい。」(全文)


 
>TOP

◆えっ 手動の扉なのに  停電の掲示 そのまま  さいたま市
(読売新聞 2011年05月10日)
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/saitama/news/20110510-OYT8T00019.htm
「さいたま市大宮区にある市の障害者用トイレで、扉が手動式なのに「計画停電により、閉じこめられる恐れがあり、使用を停止します」との注意文書=写真=が2か月近く貼られたままになっていることが分かった。
 JR大宮駅東口から500メートルほど離れた県道沿いにある「大門トイレ」。計画停電が始まった3月14日、管理する市生活衛生課が、清掃などを委託する警備会社に対し、電動式の開閉ボタンが付いた障害者用トイレへの貼り紙を依頼。警備会社は担当する開閉ボタンが付いたトイレ11か所に文書を貼ったが、誤って手動式の大門トイレにも貼り出したという。
 市は、東京電力が計画停電の事実上の終了を発表した4月8日、貼り紙を撤去するよう指示したが、大門トイレの貼り紙は忘れられたまま。作業員が毎朝、清掃やトイレットペーパーの補給をしているが、放置されていた。市生活衛生課は「早急にチェックし、貼り紙の有無を調査したい」としている。」(全文)


 
>TOP

◆仮設住宅入居始まる 那須烏山市で20世帯67人
(下野新聞 2011年05月10日)
http://www.shimotsuke.co.jp/dosoon/town/nasukarasuyama/official/20110509/514455
「東日本大震災を受け、県が建設した仮設住宅の入居式が9日、那須烏山市岩子で行われた。入居者は同市内で住宅が全壊した20世帯67人。被災者はそれぞれの部屋に布団や生活用品を運び込み、生活再建に向けた一歩を踏み出した。
 仮設住宅は1DK2戸、2DK14戸、3K4戸の計5棟20戸。ユニットバスやエアコン、カーテンなどが備え付けられている。入居者は、同市内のホテルや親戚宅に身を寄せていた被災者らで、年齢は2歳から86歳。入居期間は最長2年間で、家賃は無料。
 式には大谷範雄おおやのりお市長はじめ、県関係者ら約50人が出席。大谷市長が「今日が復興の第一歩。市としてもできる限りの支援するので、遠慮なく要望してほしい」とあいさつした。
 重い障害がある妻(60)と入居する同市小倉、無職曽根原勉そねはらつとむさん(62)は「仮設住宅は大変ありがたい。車いす用のスロープなども付けてくれ満足している。資金面などいろいろハードルはあるが、1年ぐらいをめどに、自宅を建て直したい」と話した。」(全文)


 
>TOP

◆サポート情報:福祉 9日現在
(毎日新聞 2011年05月09日)
http://mainichi.jp/life/today/news/20110510k0000m060012000c.html
「◇JDF被災障害者総合支援本部 宮城県と福島県を中心に、障害のある人や家族、支援者に物資や介助を提供するなど、困りごと全般に対応している。
 みやぎ支援センター(電話・ファクス022・244・6965、メールjdf.miyagi@gmail.com)
 ふくしま支援センター(電話024・925・2428、ファクス024・925・2429)
 ◇被災地障がい者センター東北本部(電話022・746・8012、ファクス022・248・6016)被災した障害者の困りごと相談のほか、病院の送迎や介助者の派遣、物資提供などにも対応している。
 ◇日本盲人福祉委員会・視覚障害者支援現地対策本部(電話090・1704・0437)土日夜間対応可能。視覚障害者だけでなく、目の見えにくい人も対象に、物資支援や生活相談対応をしている。
 ◇全日本ろうあ連盟・東日本大震災聴覚障害者救援中央本部(電話03・3268・8847、ファクス03・3267・3445)9〜17時、平日のみ。東北3県に本部を置き、聴覚障害者や支援者からの相談に応じている。
 ◇認知症の人と家族の会・電話相談(電話0120・294・456。携帯電話の場合は電話075・811・8418)10〜15時、平日のみ。認知症に関する悩みや介護制度など、全般の相談にのっている。」(全文)


 
>TOP

◆東日本大震災:仮設住宅不足、抽選で入居者決定 集落維持、厳しい現実
(毎日新聞 2011年05月09日 東京朝刊)
http://mainichi.jp/life/housing/news/20110509ddm041040081000c.html
「◇「孤独化、ケア必要に」
 東日本大震災の被災地で仮設住宅の建設や入居が進む中、自治体側が入居者の選定に頭を悩ませている。孤独死防止の観点から、国は従来のコミュニティー維持に配慮するよう求めているが、被災地域が広く用地確保が困難なうえ、殺到する入居希望者に建設が追いつかず、無作為に抽選せざるを得ないケースが出ているからだ。各自治体の担当者は「集落の維持は理想だが、現実は厳しい」と苦悩している。【夫彰子】
 95年の阪神大震災では仮設住宅の入居者を抽選で決めたため地域のつながりが断たれ、仮設住宅での孤独死は計235人にのぼった。これを教訓に、国土交通省は先月、仮設住宅について「従前のコミュニティーが可能な限り維持されるよう配慮する」ことを求め、各自治体に通知した。
 国交省の通知を受け、岩手県大船渡市は被災者に、入居先の第1〜3希望まで書いてもらった。申し込みは計約1600世帯。ただし被害が激しい集落ほど仮設住宅の用地探しは難しい。被災家屋942世帯に対し、約330戸しか建設できない大船渡町地区では「隣近所と一緒に仮設住宅に入りたくても、漏れる人はどうしてもいる」と、同市都市計画課の職員は漏らす。
 壊滅的被害を受けた同県陸前高田市では約2100戸を建設する予定。4日現在で入居者が決まった計287戸には約3600世帯の申し込みが殺到したため、高齢者や障害者らの優先枠を除く一般枠は、抽選で決めざるを得なかった。
 同市建設課の職員は「なるべく集落単位で入居させたいが、現実問題難しい」。避難所生活が長引き、「一日も早く入居したい。どこの仮設でもいい」と言う被災者も多いという。
 3250戸を建設予定の同県釜石市は当初、被害のない地域に建てようとした。だが、避難者から「地元にいたい」との要望が強く、被災地域近くにも土地を確保。結果として、従来の集落維持にある程度、配慮した格好になった。ただ、3日現在で入居が決まった約300戸はすべて高齢者や障害者らの優先枠で、一般枠の選定方法は未定という。
 同市都市計画課の職員は「集落の維持は理想だが、孤立化、孤独化した入居者の福祉的ケアも重要ではないか」と話している。」(全文)


 
>TOP

◆障害者の避難 必要な支援調査
(NHKニュース 2011年05月09日)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110509/t10015760311000.html
「東京電力福島第一原子力発電所の事故を受け、緊急時避難準備区域に指定された地域に住む障害者について、福島県南相馬市は、避難の際、どのような支援が必要か本人や家族から聞き取る大規模な調査を行っています。
南相馬市のうち、福島第一原発から20キロから30キロの圏内は緊急時避難準備区域に指定され、緊急事態が起きた場合、この地域に住む全員が避難を求められることもあります。しかし、この地域に住む障害のある人たちについては、避難の際、どのような支援が必要か情報を十分に把握できていないことから、南相馬市は、地元の福祉団体とともに聞き取り調査を始めました。対象になっているのはおよそ5000人で、調査員が自宅を1軒1軒訪ね、▽避難の際に必要な支援や、▽同行する介護者の人数、▽避難所で生活するときに留意することなど詳しい情報を直接本人や家族から聞いて回ります。南相馬市とともに調査を行っている団体の西澤心さんは「障害のある人たちが、いざというときに安心して避難し、避難場所で生活できるよう支援の方法を確立したい」と話しています。」(全文)


 
>TOP

◆避難所には「心のバリアフリー」があった 障害者の「働く場」を守れ!〜仙台からの報告[1](4/4ページ)
(日経ビジネス 2011年05月09日)
http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20110502/219741/?P=4
「同ホテルは自家発電で電気を確保していたが、電話や通信手段が機能しない中で障害者たちを帰宅させる作業に入ったのは前出のクリーン&クリーンと同様だった。結局、半数近くの社員・利用者がホテルで一晩明かすこととなった。翌日には避難所となった近くの市立東華中学校に移動。木ノ瀬リーダーは最後の1人を送り届けるまで、4日間を避難所で過ごした。
 避難所で発揮された障害者のチームワーク
 一方、泉オペレーションセンターで障害者を預かる川島泉・サービス管理責任者も、ビル近くの駐車場に一時避難し、被害を免れた。その後、帰宅困難な8人の障害者と共に避難所となった小学校に移動。スタッフと手分けして利用者を家族の下に送り届け終わったのは、深夜になっていた。
 川島さんは「当社でも誰が誰をケアするといったスタッフの介助体制を決め、半年に1度は防災訓練をしていました。ただ実際には、誰が来て、誰が休んでいるかはその日にならないと分からない場合もあり、震災当日も事前の計画通りに対応できない面がありました。これは今後の課題です」と、反省点を率直に語る。
 それでも、“うれしい誤算”もあったという。避難先の小学校での出来事だ。「体育館の床にみんなでマットを敷くことになったんです。その時、真っ先に仕事を始め、一番統制が取れていたのが、当社の利用者さんたちでした。仲間と一緒に協力するという日頃の訓練の成果でしょう。周囲の避難者の方たちも、障害のある人たちを特に意識されることもなく、連帯感がありました。こんな時には、障害のあるなしなど関係ないんですね」。
 川島さんは「あの時、避難所には『心のバリアフリー』が確かにあった」と実感し、一時ではあるが、心の安らぎを覚えたそうだ。
 もっとも、木ノ瀬グループリーダーや川島サービス管理責任者の本当の意味での“震災との戦い”が始まるのは、この後だった。障害のある社員・利用者の安否確認や「生活や心のケア」に追われることになるのである。(つづく)」(全文)


 
>TOP

◆避難所には「心のバリアフリー」があった 障害者の「働く場」を守れ!〜仙台からの報告[1](3/4ページ)
(日経ビジネス 2011年05月09日)
http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20110502/219741/?P=3
「一連の対応を振り返って、岩崎取締役は「既に10年近く勤務している社員も多く、日頃からコミュニケーションがきちんと取れていたことが、ほとんど被害を出さないで済んだ最大の要因だと思います」と強調する。「自力で行動できる人には任せる」という一見大胆に思える避難指示も、日頃から社員たちの個性や能力をよく見極めていたからこそ取れた判断だったと言えるだろう。
「マン・ツー・マン」の介助を決めた防災計画
 オーダーメイド車いすの製造販売や各種福祉用具の販売・レンタルを手掛けるジェー・シー・アイ(本社仙台市宮城野区、杉川康直社長)では、仙台近郊の黒川郡大和町にある本部・工場が地震で大きな被害を受けた。同社は身体障害者や知的障害者の雇用にも熱心に取り組んでいて、今年2月には「仙台市障害者雇用貢献事業者」として表彰されている。
 今野雅隆・取締役第二営業部長はその時、本部の2階オフィスで会議を行っていた。出席メンバーの中には、車いすを使用する社員が2人いた。「エレベーターは停止してしまったので、皆で抱え上げて階段を下り、無事に屋外に避難できました」。同社では、「災害時には誰が誰を介助するか」といったマン・ツー・マンの分担や避難の手順を防災計画で決めていたという。
 自身も両下肢に障害があり、松葉杖を使っている今野取締役は「やはり常日頃から防災意識を高めて、備えをしておくことが重要だと痛感しました」といい、「きちんと準備をしておくことが安心感を高め、いざという時の冷静な行動につながる」と力説した。
 比較的被害が少なかった仙台都心部の企業も翻弄された。障害者の就労支援ビジネスを展開するウイングル(本社東京・港区、長谷川敦弥社長)は、JR仙台駅からほど近い宮城野区榴岡と副都心の泉区高森に2つのオベレーションセンターを持つ。
 4日間を避難所で過ごした
 同社の中核事業は、障害者自立支援法に基づく「就労移行支援事業所」の全国展開という独創的なニュービジネス。同事業所は、企業への就職を希望する障害者にパソコン操作などの職業訓練を公費助成で行う福祉施設で、最終的には企業に「即戦力となる社員」として送り出すことを目指している。同社ではこれと併せて、東京などの企業から委託を受けて、障害者が働くサテライトオフィスを代行運営する「遠隔地雇用サービス」も独自に展開している。
 それだけに2つのセンターに通っている障害者は多く、震災当日も就労移行支援事業のサービス利用者だけでも宮城野に約35人、泉に約20人がいたという。その多くは、知的障害や精神障害のある人たちだ。
 宮城野オペレーションセンターを統括する木ノ瀬慎一郎グループリーダーの証言。
 「私たちスタッフ10人を含めて総勢約60人がビルの6階と1階にいましたが、直ちにビルの前の小公園に避難し、全員無事でした。ただ、あの日は小雪でだんだん吹雪いてきたんです。そこで、スタッフで手分けして避難できそうな施設を探し、近くにあるホテルメルパルク仙台に受け入れてもらいました」」(全文)


 
>TOP

◆避難所には「心のバリアフリー」があった 障害者の「働く場」を守れ!〜仙台からの報告[1](2/4ページ)
(日経ビジネス 2011年05月09日)
http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20110502/219741/?P=2
「そうした中で、取材当日の25日にいち早く操業を再開した企業があると聞き、震災の日からの対応を聞くため、現地に足を運んだ。
 知的障害の社員が聴覚障害の社員を避難誘導
 目の前の道路が津波で冠水したクリーン&クリーン東北工場(左=撮影:高嶋健夫)
 震災直後に撮影した同工場の様子。積み上げたパレット類がすべて崩れ落ちた(画像提供:クリーン&クリーン). 仙台市宮城野区蒲生にあるクリーン&クリーン(田中明朗社長)東北工場。仙台市に本社を置く製造アウトソーシング・人材派遣会社、東洋ワークなどが出資する障害者雇用のための特例子会社で、スーパーで使われる買い物カゴやオリコン(野菜などを入れる折りたたみ式の小型コンテナ)、パレット、トレーなどのプラスチック製品の洗浄や、買い物カートの清掃・修理を請け負っている。
 この工場は仙台市沿岸部にあり、キリンビールや東洋製罐、JFEスチールの関連会社などの工場が津波で壊滅的被害を受けた仙台港から直線距離にして1キロもない。工場の中央には大型の自動洗浄機が2ライン並び、その周囲や工場棟の前には搬入された買い物カゴやコンテナ、パレットが3メートル以上の高さに積み上げられている。地震によって重さ数トンもある洗浄機は横に1メートル以上動き、カゴやパレットはすべて崩れ落ちたという。
 震災当日は18人の障害のある社員(16人が知的障害、2人が聴覚障害)と4人のスタッフが勤務していた。幸いなことに人的被害は少なく、軽傷を負った人が1人出ただけで済んだ。
 「仙台では大震災の2日前にそこそこ揺れる地震(前震と見られる3月9日の地震)があったんです。それがいわば予行演習になって、社員はスムーズに避難してくれました」と、障害者雇用・教育担当の岩崎キミ子取締役は胸をなで下ろす。障害のある社員たちの業務管理やケアを担当する鴇田喜一氏は「実は、2日前の地震では持ち場を離れてはいけないという責任感からか、逃げない社員もいたんです。そこで改めて、『地震がきたら仕事は投げ出していいから、とにかく逃げろ』と徹底しておいた。みんな、その指示をよく守ってくれました」。
 最も心配だったのは、2人の聴覚障害のある社員。工場建屋の一番奥での作業を担当していた彼らに、避難指示を的確に伝えられるか一抹の不安もあった。それを払拭したのは、近くにいた知的障害のある社員たちだった。「私たちが指示するまでもなく、チームワークを発揮して、すぐに一緒に連れ出してくれました」と、鴇田氏は振り返る。
 事務棟2階の食堂でインタビューと写真撮影に応じてくれたクリーン&クリーンの社員たち。震災当日、多くの社員がここで夜を過ごした(撮影:高嶋健夫) こうして、道路の反対側にある緑地にいったん避難し、ほっとしたのもつかの間、社員たちには新たな危機が迫っていた。津波である。「最初は水道管が破裂したのかと思っていた」(鴇田氏)が、水はどんどん迫ってきた。すぐに全員が工場棟の脇にある事務棟の2階に避難した。普段は食事をしたり、ミーティングをしたりする憩いの場だ。道路は冠水したものの、道路より少し高くなっていた工場と事務棟はギリギリで浸水を免れた。
 そこから長い一夜が始まる。電話はほぼ通じず、停電したままの中で、鴇田さんらは深夜までかかって、車で社員たちを順番に自宅や居住するグループホームに送り届けた。
 マイカー通勤している聴覚障害のある社員は、安全を確認したうえで帰宅させた。津波が襲った沿岸部に住む2人の知的障害のある社員については、一晩スタッフの家に泊め、翌日、「若林区役所に行け。そこで事情を話し、家族と連絡を取ってもらいなさい」と指示。2人は鴇田さんの指示通りに冷静に行動し、無事に家族と再会することができた。」(全文)


 
>TOP

◆避難所には「心のバリアフリー」があった 障害者の「働く場」を守れ!〜仙台からの報告[1](1/4ページ)
(日経ビジネス 2011年05月09日)
http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20110502/219741/
「東日本大震災では「働く障害者」も被災した。多数の犠牲者が出ただけでなく、会社が津波で流されるなどの理由で職場を失ったり、事業再開のめどが立たないまま一時解雇や自宅待機を余儀なくされたりしている人も多い。いち早く操業を再開した雇用主企業も、「発注量の激減で仕事がない」という厳しい現実に直面している。
 津波で鉄筋コンクリート製の建屋が全壊した仙台市内の高齢者福祉施設。職員の的確な避難誘導で、人的被害はなかったという(撮影:高嶋健夫) 震災当日、働く障害者と企業の経営者・管理者はどのように行動したのか。事業再開を目指したその後の数週間、動揺する障害のある社員たちをどのようにケアしてきたのか。そして今後の本格復興に向けて、障害者を雇用する企業にはどのような支援が必要になっているのか――。
 1.8%の法定雇用率を義務付けられている従業員56人以上の民間企業の2010年6月現在の障害者雇用率は5年連続で過去最高を更新し、1.68%に達している。障害者の雇用環境はここ数年、少しずつではあるが着実に改善されてきたのだ。そんな折に起きた今回の震災は、防災対策面でいくつもの教訓を企業社会に与える一方、今後の雇用の維持・拡大についても様々な課題を投げかけている。
 震災から1カ月半経った仙台市に、障害者雇用に積極的に取り組んでいる地元企業を訪ね、経営者や職場の管理者、そしてそこで働く障害のある社員たちに話を聞いた。
 障害者福祉施設や雇用企業にも甚大な被害
 取材したのは、東北新幹線が仙台まで開通した4月25〜26日。青葉区など仙台市中心部のオフィス街は、以前と同じような活気を取り戻していた。だが、仙台駅前からタクシーに乗った途端、問わず語りで語り出した運転手さんの話に、ここが被災地であることを改めて思い知らされた。
 「私の甥も一家3人が家ごと津波に流されました。幸い命は助かりましたが、家族がお互いの無事を確認できたのは8日後。甥っ子は波にのまれて必死で水面に顔を出し、息継ぎしたとき目の前をワゴン車が猛烈なスピードで流れてきたそうです。ぶつかっていたらそれっきり。生死を分けたのは運だけだと言っていました」
 障害者関連施設の被災状況はどうか。仙台市障害企画課と市障害者就労支援センターによると、宮城県内にある172カ所の就労関連の障害者福祉サービス事業所のうち、調査できた分だけでも、建物の全壊が6、半壊が3、一部損壊が59など甚大な被害が判明。これらの施設を利用していた障害者のうち3人が死亡し、3人が行方不明になっている。津波で全壊した施設にいた利用者、帰宅途中に津波にのみ込まれた利用者などだという。ほかに、仙台市内では施設職員1人の殉職が確認されている。
 障害者を雇用している民間企業の被害も甚大だ。同センターでは被災企業やそこで働く障害者への聞き取り調査を進めているが、諸橋悟所長は「沿岸部の市町村では津波で工場ごと流された水産加工会社をはじめ、多くの職場が失われました。仙台市内でも地震で被害を受けた商業施設に勤務していた障害者が、営業再開のめどが立たないとの理由で解雇されたという報告を受けています」と語る。さらには、震災後体調を崩して入院を余儀なくされ、勤務できなくなった障害者がいることが分かったという。
 「市内の企業で働く障害者の大半は震災後、自宅待機を命じられ、その3分の1ほどは現在もなお自宅待機が続いていると思われます。いつから勤務に戻れるか、見通しが立たない人も少なくありません」と見ている。」(全文)


 
>TOP

◆東日本大震災:被災の障害者支援へ募金活動 秋田駅前で学生ら /秋田
(毎日新聞 2011年05月08日 地方版)
http://mainichi.jp/area/akita/news/20110508ddlk05040013000c.html
「東日本大震災で被災した障害者を支援しようと7日、秋田市のJR秋田駅前のぽぽろーどで、障害のある人やボランティアの学生ら計約30人が募金活動を行った。
 ヘルパー派遣などをしているNPO法人「なないろサポートネット」(潟上市)代表の佐藤操さんが呼びかけた。佐藤さんによると、被災地では介助者も被災者となり介助者不足が深刻。衛生用品なども十分に行き渡っていないという。佐藤さんは「障害者のニーズは一般の人には見えにくく、行政の手が届きにくい部分。自分の仕事もあって被災地に行くことは難しいので、できる支援をしたかった」と話した。
 「障害者を復興から取り残されないようにして」という学生らの呼びかけに1000円を募金した秋田市の女性(60)は、「何かをしたいが、何もできない。少しでも役に立てれば」と話していた。義援金は、障害のある人やその支援者らでつくる「東北関東大震災障害者救援本部」に寄付され、活動支援資金などに充てられる。【坂本太郎】」(全文)


 
>TOP

◆余録:強い風が吹いた。空がオレンジ色になった…
(毎日新聞 2011年05月07日 東京朝刊)
http://mainichi.jp/select/opinion/yoroku/news/20110507ddm001070021000c.html
「「強い風が吹いた。空がオレンジ色になった。ほこりが舞い上がり、風で塀が揺れた。僕たちはそれについて何も知らなかった」。ベラルーシのブジシチェ村を撮った記録映画「アレクセイと泉」(本橋成一監督)の冒頭にモノローグが流れる▲チェルノブイリ原発事故から14年後に撮影された映画である。放射性物質で汚染された村から人々は去り、地図からも抹消されたが、55人のお年寄りと身体障害があるアレクセイという青年が残っていた▲福島第1原発事故で立ち入りが規制される「警戒区域」(半径20キロ圏内)への一時帰宅が連休明けにも始まる予定だ。15歳未満や妊婦、歩行の困難な高齢者は対象外という。20キロ圏外でも累積放射線量が高い地域では避難が求められているが、自宅から動こうとしない人もいる▲「決断がつかない」「介護が必要な両親を抱え、簡単に避難できない」と苦渋の思いが漏れる。実際、避難先で命を落としたお年寄りが何人もいる。落ち着かないため避難所で迷惑がられる障害児もいる。「いっそ家と一緒に流された方が良かった」という母の言葉が悲痛だ▲ブジシチェ村の人々はジャガイモを掘り、豚や鶏を飼い、酒を飲み、眠る。貨幣はいらない。オール電化の便利さもなければ、肥大する欲望をかき立てる娯楽もない。情報技術がもたらす恩恵もない。生きるために必要な汗をかくだけだ▲「運命からも自分からもどこにも逃れられない」とアレクセイは語る。故郷から引きはがされる人の痛みに敏感でありたいと思う。同時代に生きる誰もが、3・11がもたらした現実から逃れられないのだ。」(全文)


 
>TOP

◆被災地に再生PCを 就労支援施設が「PC1000プロジェクト」に協力
(障がい者の働く場ニュース 2011年05月07日)
http://www.hatarakuba-info.com/news_5aVBmzML8.html?right
「被災地で活動するNPOへ無償で提供
中古パソコン再生事業に取り組む自閉症成人施設「はぎの郷」(石川県津幡町)では先月29日から、 東日本大震災の被災地へ贈る中古再生パソコンを、同所が運営する就労支援施設「ジョブスタジオ ノーム」(以下ノーム)で働く障害者がボランティアと一緒に再生し、被災地の市民団体やNPOに無償で贈る活動に参加している。
おもに30代を中心にしたノームの利用者約15名が、自分たちにできる社会貢献として協力しているという。
まちづくりや文化再興と復旧と復興などで利用してほしい
NPO法人「イーパーツ」(東京都世田谷区:以下同法人)が被災地支援として1年間で中古再生パソコン1000台を贈るプロジェクトを提唱。ノームではこの呼び掛けに賛同した。
4月29日に取り組みを開始、来年3月までボランティアの参加による年4回の「PC再生デー」のほか、随時作業を進めて年間200台以上の再生を目指す。活動内容は同法人が集めた中古パソコンの清掃、基本ソフト(OS)やアプリケーションソフトのインストール、動作確認など。
パソコン本体、再生に関わる費用やライセンス手数料などは不足気味
はぎの郷では2007年から、再生パソコンを市民団体などに贈る活動に取り組む同法人と連携して再生作業を続けており、これまでに500台の実績がある。
また、同法人では5月1日より中古パソコンの提供、寄付などの支援受け付けを開始している。
詳細・問い合わせ先は同法人「災害復興支援係」(E-mail:PC1000@eparts-jp.org TEL/03-5481-7369 平日13時〜18時)まで。」(全文)


 
>TOP

◆障害示すカード、被災の障害者に配布へ 前橋のNPO
(朝日新聞 2011年05月07日 MY TOWN 群馬)
http://mytown.asahi.com/areanews/gunma/TKY201105060382.html
「東日本大震災で被災した障害者を支援しようと、群馬県前橋市のNPO「ガンダム」が6日、障害者であることを示すカード100枚をNPO・ボランティアサロンぐんまに提供した。被災地に送られ、障害者に配られる。
 カードには「視覚障害」「聴覚障害」と具体的な障害や緊急連絡先、アレルギーを示す欄があり、首からぶら下げて使う。自身も視覚障害を持つガンダムの樺沢洋代表(60)が約5年前に作った。
 樺沢さんは「障害者は周囲の支援なしには生活が困難。見知らぬ人同士が暮らす避難所でも理解が得られるよう、カードを活用してほしい」と話している。
 希望者にはカードを提供する。問い合わせはガンダム(027・212・4085)へ。(遠藤隆史) 」(全文)


 
>TOP

◆【暮らし】家族を守る 震災 乗り越える工夫<7> 地域の連携
(東京新聞 2011年05月07日)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/living/life/CK2011050702000080.html
「災害発生時、高齢者や障害者、患者などの「災害弱者」を守るためには、地域の連携も鍵を握る。二〇〇七年の能登半島地震で注目されたのが、石川県輪島市門前町の取り組み。震度6強。多くの建物が倒壊するなど被害は大きかったが、避難はスムーズだった。
 地震前に同市と合併した旧門前町は、独り暮らしや寝たきりのお年寄りの所在を示す「高齢者マップ」を作り、民生委員に渡していた。民生委員とそれを支える福祉推進員は高齢者宅を月一回訪問。地震発生直後、民生委員らは受け持ちの高齢者宅を回って助け出すなどし、避難所へ誘導した。普段の活動で、要援護者の所在は頭の中に入っていたという。
 能登半島地震などを教訓に、愛知県大府市の横根自治区(約千七百世帯)は〇九年、独自の要援護者マップを作成。一〇年には町内会の「組」の下に、班とは別の「隣組」を設けた。時に十数世帯になる班に対し、隣組は五〜七世帯。災害時には隣組のリーダーが安否を確認し、助け合う。失われかけた地縁を再生する仕組みだ。
 自治区は、同じ組の世帯の人数、その中で要援護者が何人いるかや、避難に使える車いす、リヤカーがある場所などを一覧表にして全世帯に配布。「災害時の安否確認用だけでなく、普段からの意識付けのため」と自治区長の浜嶋枩(しょう)三さん(66)は説明する。
 一覧表を見れば「身近に助けが必要な人がこんなにいるのか」と地域への関心が高まる。日ごろから近所の人を見守り、無事を気に留める習慣ができていれば、平常時の高齢者らの異変にも気付きやすい。
 大府市も、災害に備え、地域力を高める自治区の取り組みを歓迎する。地域のつながりが強いと、避難所生活もスムーズになると考えるからだ。
 災害時、障害などで一般の避難所で暮らせない人は、専門スタッフのいる「福祉避難所」に移ってもらう。事前指定している福祉避難所十三カ所で対応できるのは約百人。市に登録している災害時要援護者三百七十五人に比べてはるかに少なく、介護が必要な人が一般避難所で生活せざるを得ないと想定される。
 「要援護者を地域が知っていれば、支援の心が生まれる。避難所生活での支え合いに生きる」と市福祉課。市では要援護者に対し、避難に協力してもらう支援者を地域の中でつくるよう呼び掛けている。
 災害弱者にとって被災後の生活でも、地域とのつながりは重要だ。
 食物アレルギー患者は、対応食がなければ命にかかわる。東海地方の患者会で組織する東海アレルギー連絡会事務局長の足代智志さん(45)は、地域の災害訓練に積極的に参加。防災ボランティアとも交流し、食物アレルギーへの理解を深めている。
 「日ごろから付き合いがあれば、対応食や患者情報の伝達もスムーズになり、ほかの困っている人への支援にもつながる」と足代さん。患者同士や地域との積極的な連携を提案している。 (佐橋大、境田未緒)
 =おわり」(全文)


 
>TOP

◆東日本大震災:区長作成、命の名簿 岩手・陸前高田の集落145世帯分
(毎日新聞 2011年5月7日 東京朝刊)
http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110507ddm012040015000c.html
「◇安否確認、物資配給に一役
 岩手県陸前高田市の東部にある、3分の1の世帯が流失・浸水した集落で、区長が作った全世帯分の名簿が住民の命をつないでいる。名簿を頭に入れた区長が避難を呼びかけて津波の犠牲者を防ぎ、直後や今は救援チームの案内や支援物資の配給に役立っている。個人情報保護の高まりで作成が難しくなっている住民名簿だが、その有効性を裏付けた。【林田七恵】
 ◇津波に備え用意「これは私の財産」
 名簿を作っていたのは、同市広田町の集落「広田町9区」の藤原直美さん(69)。
 藤原さんは区長になった04年「津波の多い土地なので、万が一に備えて必要だ」と考え、全145世帯に▽住所▽家族全員の名前▽生年月日▽勤め先−−をA4判用紙に書いてもらいファイルにとじた。
 転入などの度に更新し、若者の名前も名簿を繰って覚え、全員の顔と名前が分かる。1人暮らしや寝たきりのお年寄りの家も頭に入っている。
 震災当日、藤原さんは頭の中の名簿をめくっては「逃げろ」と声をかけて回った。お年寄りや障害者のいる家では立ち止まり、逃げ遅れないよう様子を確認。住民はみな、高台の住宅や公民館に避難できた。
 名簿にあった住民のうち3人が亡くなったが、集落外の仕事先で被災した2人と、大津波警報の恐怖で自宅でショック死した高齢者で、津波による直接の犠牲は防いだ。
 震災数日後、救援に訪れた保健師らに尋ねられた際は名簿があるので、寝たきりのお年寄りの人数や住所をすぐに漏れなく回答できた。
 支援物資の要望を出す際も、例えば服なら年代や男女別に必要数が簡単にまとめられる。今も続く物資の配給でも、名簿を基に各戸で要る数が分かるので、住民を知らないボランティアにも任せやすい。
 藤原さん宅は高台にあり被害を免れたが、生計を失った住民が多い漁師町の再生はこれからだ。
 「この名簿が私の財産。これを元にゼロから頑張るつもりで立て直します」と話した。」(全文)


 
>TOP

◆仮設住宅入居進まず 「団体、10世帯以上」が壁 仙台
(河北新報 2011年05月07日)
http://www.kahoku.co.jp/news/2011/05/20110507t11021.htm
「仙台市は9日、応急仮設住宅の2次募集を開始する。4月中旬の1次募集で入居が決まったのは6日現在、180世帯余りで、提供された1520戸の約1割にとどまった。プレハブ住宅への申し込みを10世帯以上の団体に限った弊害が出たほか、民間賃貸住宅で高齢者や障害者のいる世帯が家主から断られたケースもあり、市は応募要件を大幅に見直した。
 2次募集で提供する仮設住宅は、17カ所に整備する新規プレハブ住宅1270戸、あすと長町プレハブ住宅208戸、公務員住宅・民間社宅459戸の計1937戸。
 市は、(1)団体申し込みの要件を5世帯以上に引き下げる(2)新規プレハブの一部に高齢者、障害者の優先枠(世帯単独入居)を設ける(3)あすと長町のプレハブも世帯単独申請を受け付ける―と条件を変更した。
 市によると、1次募集のうち、プレハブ233戸を建てたあすと長町地区で入居が決定したのは25世帯だけ。市営住宅や民間社宅を含めても84世帯にとどまった。
 あすと長町のプレハブに移り住んだ宮城野区の男性(57)が「同じ地区の住民とはいえ、10世帯をまとめるのに一苦労した」と話すように、団体要件が入居の足かせになり、津波の被害を受けた東部沿岸地域から遠い立地環境も敬遠される要因となった。
 被災地に近い宮城野、若林両区内に整備される物件が対象の2次募集は比較的、競争率が高まると予想される。
 一方、世帯単独で申し込む民間賃貸住宅については1136件の応募があったものの、入居が決まったのは約100件。障害者がいる世帯、一人暮らしの高齢者が家主に断られた例もあり、需給調整が難航している。
 市保険年金課は「コミュニティーを維持し、孤独死をなくすためにも団体申し込みを原則としたが、入居希望者の要望を聞き、募集要件を変更した」としている。」(全文)


 
>TOP

◆東日本大震災:子どもの心のケアなど支援ニーズ把握、県が児童心理司らを派遣/神奈川
(カナロコ 2011年05月06日)
http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1105060012/
「県は6日、東日本大震災で被災した宮城県に、県職員の児童心理司2人と民間障害者支援施設の相談支援専門員4人を派遣すると発表した。いずれも9日に現地入りする。
 県によると、児童心理司は保育所や避難所などを巡回して子どもの心のケアを、相談支援専門員は在宅障害者宅を訪問するなどして支援ニーズを把握する。それぞれ5月中に第2陣も予定されているという。」(全文)


 
>TOP

◆人間の本性、直面 震災の現場で記者は
(朝日新聞 2011年05月06日 MY TOWN 群馬)
http://mytown.asahi.com/gunma/news.php?k_id=10000001105060001
「がれきすら海に流失し、住宅街全体で土台しか残っていなかった。小学校や公民館の屋上には、民家や大型バスが流れ着いていた。東日本大震災の被害を取材するため、前橋総局からも記者が宮城県に入った。私が見たのは、生死の境で身を寄せる人たちの弱さやたくましさだった。
 「報道だからといって勝手に入るな。一般人まで入ってきたら、島がどうなると思うんだ」
 3月26日、避難所になった東松島市立宮戸小学校で、中年男性に怒鳴られた。
 同市南部にある宮戸島は、陸地とつながる道が津波で崩壊。2週間孤立した末、この前日に車や人が通れるよう復旧していた。
 だが住民は復旧を喜ぶより、「島外から強盗が来るに違いない」と不安がっていた。多くの住宅が全半壊している。「金庫が外から見えているんだ」とさきほどの男性に詰め寄られた。
 住民たちは、その日のうちに、夜間はゲートで道をふさぎ、一般車両の通行禁止徹底を決めた。
 「日本では震災があっても便乗した犯罪が起きない」。世界から称賛の声が上がっていた。でも私が見た限り、現場は違った。石巻市の大通りでは、コンビニ店やレンタルビデオ店の出入り口のガラスがたたき割られていた。
 被災者の間では「殺人も多発している」といううわさが飛び交っていた。
 その一方、壊滅した行政を頼らず被災者が助け合う場面にも出くわした。
 津波で9割近い民家が流失した石巻市雄勝町。住民たちは、残った数軒の民家に数十人単位で身を寄せていた。
 若者たちは自分たちの車からガソリンを集めてショベルカーを動かし、がれきをどけて道を通した。流れ着いた浴槽に沸かした沢水をためて風呂にしたり、養殖していたホタテやサケをおかゆの具にしたり。男性たちは催事用のテントを張ってたき火を囲み、缶ビールを手に津波の怖さや今後の生活を語りあっていた。
 津波で機能を失った石巻市立病院の医師や看護師たちは、高齢者や障害者約200人を一避難所に集めて24時間介護を始めた。自主的な活動だった。
 お絵かき教室を営んでいた柴田滋紀さん(35)は、身を寄せた石巻市中心部の避難所で、子どもたちが遊べる学童保育のようなものを始めた。2週間足らずで7カ所の避難所に活動を広げた。
 建ったばかりの病院の開院を遅らせ、岩手、宮城を自家用車で巡って犬や猫の治療を無料で続ける獣医師にも出会った。
 3月17日から4月3日まで現地で取材した。行政機能がまひした中で、悪質な行為も横行した。反対に、被災しながらも助けを待たずに周りのために奮闘する人たちもいた。
 どちらも同じ、人間の行いだ。本性が試されるような事態になったとき、自分ならどう動くだろうか。人間の強さと弱さを考えさせられた。(木下こゆる)」(全文)


 
>TOP

◆節電とバリアフリー
(朝日新聞 2011年05月06日 ことばマガジン)
http://astand.asahi.com/magazine/kotoba/jinken/2011042900001.html?iref=whatsnew
「□節電とバリアフリー
 原子力発電所の被災による節電で、東京電力管内では街の中がずいぶん暗くなっています。そもそも必要以上に明るかったのであり、バブル期以前はこのくらいだったような気もします。一方、そのころは「バリアフリー」という言葉がまだ一般に知られていない時代でもありました。駅の構内や地下通路などでは、照明が消され、エスカレーターも止まっているところが多いのですが、障害者や高齢者のことは十分考えられているのでしょうか。
 「節電で暗い駅 障害者困惑」(日経新聞4月24日)と「障害者『外出怖い』 節電・・・暗い道・動かぬエスカレーター」(産経新聞4月30日)は、「階段や障害物に気づきにくく危険」という視覚障害者や、エレベーターを探すのに苦労する高齢者らの声を伝えています。
 東洋学園大学教授の櫻田淳さんは、「重度身体障害の故に階段の昇り降りに難儀を来している」自らが地下鉄駅構内で困惑した経験を挙げ、「ある人々にとっては、『多少の不都合』でしかないものが、他の人々にとっては、『途方もない不都合』になるということもある」と書いています(WEBRONZA「節電励行が損ねる『バリアフリー』環境」)。産経の記事では、慶応大学の中野泰志教授が「障害者にとっては我慢できるできないの話ではなく、生死にかかわること。不便を感じても言い出しにくい雰囲気になっている」と話しています。ツイッターでは「震災で東京がバリアフル都市になった件(障害者当事者の視点から)」に様々な意見がまとめられており、この中に「当事者の思いを想像する力を付けてほしい」(@kame800)という声がありました。
 先に挙げた日経の記事によると、JR東日本の窓口に届く意見の8割は「もっと節電を強化すべきだ」という内容とのことですが、電気を使うことが本当に必要な人もいるという意識も、多くの人が持たなければならないと思います。
 また、東京大教授の福島智さんは、いつどこでどのように発生しても、最善の社会的取り組みを目指す必要があるという点で、防災とバリアフリーには共通点があると述べています(毎日新聞4月28日「これが言いたい 防災とバリアフリーを経済コストで測るな」)。発生頻度の低い障害や災害への取り組みを「コスト的に現実的ではない」ととらえることへの批判です。一方、経済の観点から考えたとしても、移動手段への不安から外出を控えることはマイナスであり、「生活弱者の安心・安全への目配りがしっかり出来ていることが、実は『消費を下支えする重要なインフラ』である」(日経ビジネスオンライン「節電で『バリアフリーの灯』を消すな」高嶋健夫)という指摘もあります。いずれも、震災後の社会の在り方を考えるうえで重要です。・・・・・続きを読む」(続きは会員登録後)


 
>TOP

◆震災と障害者…心強い「福祉避難所」協定
(読売新聞 2011年05月06日)
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=40234
「いまも13万人以上が避難生活を送る東日本大震災。明日は我が身と考える方も多いのではないでしょうか。
 難病のお子さんを抱える大阪府東大阪市の男性(36)は、今回のような震災が起きたとき、どのようにすればいいのかを家族で話し合いました。「娘は避難時には何もできない。しかも、ちょっとしたことで泣き叫ぶため、避難所になじむのはとうてい無理。結論は出ない。避難場所で、災害弱者への適切な誘導を行政に期待するしかない」とつづります。
 茨城県北西部にある大子町の主婦(50)は、足に障害があります。1995年の阪神大震災の時、夫と約束を交わしたそうです。もし災害が起きたときに車で逃げることができなかったら、自分を残して2人の子どもを連れて逃げてほしいと――。夫とは口論になり、ようやく納得してもらったとか。夫婦愛の深さがしのばれます。今、お子さんは独立し、状況は変わりましたが、余震が続く中、「足手まといの私のことは置いて逃げてほしいと思っています。決して恨んだりはしないと誓って言えます」と胸の内を明かします。
 東京都八王子市の主婦、竹田藤子さん(58)は、Q&Aに掲載された「福祉避難所が被災地などに約40か所」という記事への感想を送ってくれました。
 福祉避難所は、被災した高齢者、障害者、妊婦が避難生活を送る避難所で、災害時に、福祉施設や一般の避難所の一角に設置されます。仙台市は事前に多くの福祉施設と福祉避難所設置の協定を結んでいたため、スムーズに開設することができました。竹田さんは、自分の住む地域ではどうだろう、と、八王子市役所の担当課に聞いたところ、「障害者のための特別支援学校など約50か所の施設と、福祉避難所設置の協定を結んでいる」との答えでした。知的障害のお子さんを持つ竹田さんもこれには一役買っていて、特別支援学校のPTA会長をしていた時に、福祉避難所の整備を市議に働きかけたそうです。
 「今では、学校に、毛布や水、食料などの備蓄もあるという。あの頃はこんな大震災が起こるなど考えもしなかったが、PTAとして運動してよかったと思う。障害のある子どもの親が少しでも安心してくれたらうれしい」と締めくくります。
 ご意見を募集しています。テーマは、「震災と高齢者、障害者」「専業主婦と年金」「わが子のシューカツ(就職活動)」です。
 住所、氏名(紙面では匿名も可)、年齢、職業、電話番号を明記のうえ、メール、ファクス、郵便で、下の社会保障部のあて先にお送り下さい。掲載文には薄謝をお贈りします。
 情報はこちら。〒104・8243読売新聞東京本社・社会保障部(ファクス03・3217・9957、Eメールansin@yomiuri.com)」(全文)

 
>TOP

◆連載「被災地から得たもの」 精神保健福祉士 広江さん
(日本海新聞 2011年05月05日) 
http://www.nnn.co.jp/news/110505/20110505005.html
「社会福祉法人養和会の障害福祉サービス事業所、F&Y境港(境港市中野町)の所長で精神保健福祉士の広江仁さん(45)は、心のケアや支援活動の準備のために、3月と4月の2回、被災地入りした。
被災地で心のケアと災害時要援護者の支援の大切さを実感したという広江さん=米子市内
 被災者の声にじっくりと耳を傾ける傾聴を基本とした支援を通して感じたのは、高齢者や障害者といった災害時要援護者への対応の大切さ。「要援護者は災害時に弱い立場。災害に備え、障害者ら当事者も交えた防災計画の見直しを」と訴える。
□心に寄り添う
 精神保健福祉士は、精神科医療機関などを活動の場に、精神障害がある人の社会参加支援のほか、医療や生活に関わる悩みの解決を手助けする国家資格。日頃から多くの人の心に寄り添う。
 被災地支援は、日本精神保健福祉士協会としての活動。広江さんを委員長に同協会内で災害時に何ができるのか検討した成果を生かし、全国の精神保健福祉士が支援活動をする準備のために3月23〜25日と4月18〜23日、岩手、宮城、福島の各県を回って現地の要望を聞き取った。
 中でも、地震と津波の被害に加えて福島第1原発の事故によって一時、屋内退避区域となった30キロ圏内の福島県南相馬市の状況は深刻。「30キロ圏内ということで支援の手が届いていなかった」。子どもがいる家庭など多くの市民が他の場所に避難していたが、お年寄りたちが避難所に取り残されていたという。
 現地では医療チームも活動していたが、多忙を極め、被災者の話をじっくりと聴く時間がない。「われわれこころのケアチームは医療チームと連携しながら1時間でも時間を掛けてつらい気持ちや怒り、不安を聴き、解決のお手伝いをした」と話し、「原発の問題で先行きは不透明。心のケアは重要性を増している」と強調する。
□官民で人材確保を
 心のケアの必要性は被災者だけにとどまらない。「行政職員や避難所の責任者も疲弊している。責任者は自分を差し置いて他の避難者を気遣い、心情を打ち明けるのを遠慮している」。現在も養和会の精神保健福祉士を派遣するなど支援を継続している。
 被災地で実感したのは、災害に備える意識と行動の大切さだ。以前携わったある市の防災計画の点検、見直しでは、行政職員だけでなく災害時要援護の当事者側も交えて作業をしていたといい、「避難所に指定されている体育館に灯油の備えがないといった事態が起きないためにも、災害前に検証しなくては」と気を引き締める。
 今後の課題については「医療と同様に重要な心のケアをできる人材を確保できるか。行政は民間の協力を得ていつでも心のケアができる支援態勢を整えておく必要がある」と提言する。」(全文)

 
>TOP

◆ほっとするニュース:わたぼうし音楽祭の入選詩 被災者の心に届け!
(毎日新聞 2011年05月05日) 
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20110505mog00m040013000c.html
「障害と向き合って生きる岩手県岩手町の千葉裕美子さん(36)が作った詩「白樺の家」が、第36回わたぼうし音楽祭の「作詩の部」で、県内では唯一、入選8編の中に選ばれた。詩は伐採された白樺を題材に心の喪失感を描きながら、家族や生きることの大切さをつづった。東日本大震災で家などを失った被災者の心情と重なるものがある。千葉さんは「『前を向かなくては』という思いで書いた。被災者など悩みを抱える人の心に届けば」と話す。
 同音楽祭は、障害のある人の詩に曲を付け、命の貴さや人間の素晴らしさを発信するイベント。ボランティア団体「奈良たんぽぽの会」が主催。今年の「作詩の部」には、全国から467編の応募があった。
 千葉さんは、大学入学後に不安感や無気力状態にさいなまれるなど体調の異変を感じて入院。現在も月に1回、通院を続けている。高校3年の時に自宅の庭にあった白樺が切られたことがきっかけだという。「幼い時から白樺の前で写真を撮るなど、家族の象徴だった。大切なものを失い、孤独感が増していった」と振り返る。
 詩は、震災前の今年3月に作ったもので、発症した当時の心の中にあった感情と、応援してくれる家族への思いを表現した。千葉さんは「詩の創作によって自分の心を見つめ直せた。被災者には詩から何かを感じてもらえればいい」と話す。同音楽祭実行委員会の竹谷勇香里さんは「自分の居場所を見つけた成長の過程に魅力を感じた」と評価する。
 千葉さんの詩は公募で曲が付けられ、今月中旬にも予定されている「作詩・作曲の部」選考会で選ばれると、8月7日に奈良県文化会館国際ホールで開かれる「わたぼうし音楽祭」に出場できる。千葉さんは「好きなさだまさしさんの問いかけるような曲になればいい」と楽しみにしている。【湯浅聖一】
 ◇「白樺の家」
帰りたい 帰りたい
私が心の奥でいつも叫んでいる言葉
帰りたい 帰りたい
今 家に居るのに どこに帰りたいの
私の生まれた頃から 私の家の前には
一本の白樺が植えられていました
私の成長と共に 白樺には葉が生い繁り
どんどん天に伸びていきました
そしていつかしら私の家族は
我が家を白樺の家と名づけて
温かい思い出は増えていきました
毛虫が落ちるというので
父は白樺の木を切ってしまいました
残ったのは切り株だけ
私が高校三年生の冬でした
その頃 私の体と心にパニックがおこり
どんどんわからなくなっていきました
何を見て何を感じ 何を欲し何を想っているかが
全てわからなくなってしまいました
気がつくと精神科病棟のベッドの上で
私は白樺の家を想っていました
お見舞いに来てくれた母の涙を
私は一生忘れられないでしょう
私は全てを失ってしまった
私の開けてしまったパンドラの箱の
沢山のカード
楽しいはずのキャンパスライフ
夢だった介護の仕事
せっかくできた親友
淡く散った初恋の苦さ
全てが消えてしまいたった一枚
残ったカードには
白樺の家と書いてありました
帰りたい 帰りたい
私が心の奥でいつも叫んでいる言葉
帰りたい 帰りたい
今 家に居るのに どこに帰りたいの
今 白樺の木の切り株に座り
目を閉じて思うのです
私は何も失ってなんかいないのかもしれないと
白樺の木と共に
白樺の家と共に
大切な家族と共に
今を生きているのだから」(全文)


 
>TOP

◆小沢元代表、原発周辺住民の避難施設を視察
(読売新聞 2011年05月05日) 
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110505-OYT1T00518.htm
「民主党の小沢一郎元代表は5日、東京電力福島第一原子力発電所の周辺住民が避難している千葉県鴨川市内の施設を視察した。
 施設には原発周辺の障害者施設の入所者や職員など約370人が滞在している。関係者によると、「早くふるさとに戻りたい」と要望した入所者に対し、元代表は「私も東北の人間なので、皆さんの気持ちは痛いほどよく分かる」と応じた。元代表は原発事故に関し、「国家の命運をかけて何とかしなければならない」と語ったという。
 視察は報道機関には非公開で行われた。」(全文)


 
>TOP

◆東日本大震災:被災3県、後見人「事務不能」に 32人死亡・避難、高齢者孤立の恐れ
(毎日新聞 2011年05月05日 東京朝刊)
http://mainichi.jp/life/health/fukushi/news/20110505ddm008040039000c.html
「東日本大震災で甚大な被害を受けた宮城、岩手、福島の3県で、認知症高齢者や知的・精神障害者に代わって財産管理などを行う成年後見人ら32人が死亡したり、遠隔地に避難するなどして後見事務が不可能になっていることが分かった。認知症高齢者らが孤立化する恐れがあることから、3県の家裁は安否確認を続けるとともに、新たな後見人の選任も急ぐ。
 成年後見制度は、親族の申し立てなどに基づき、家裁が本人の判断能力の程度に応じて「成年後見人」「保佐人」「補助人」などを選任し、財産管理や介護施設の入所手続きをさせる。被災地域で後見の対象になっている人は3県で計約4500人に上るとみられる。
 震災後、3県の家裁が電話や手紙で後見人らの安否を確認したところ、4月27日時点で▽宮城18人▽岩手4人▽福島10人−−の計32人が後見事務を行えていない状態にあった。
 このうち、後見人、保佐人などの死亡が確認されたのは▽宮城8人▽岩手2人▽福島2人。それ以外は、けがや遠隔地への避難などで後見不能になっているケースとみられる。
 最高裁家庭局の担当者は「震災で親族を失ったケースが多いと思われるので、今後は本人の権利擁護のため弁護士や司法書士などの専門家を後見人とすることが必要になってくる」と話している。【伊藤一郎】」(全文)


 
>TOP

◆被災地へ手づくりバッグを
(読売新聞 2011年05月05日)
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/tokyo23/news/20110505-OYT8T00085.htm
「アジアやアフリカなど50を超える国や地域で難民や被災者への支援を行っているNPO法人「難民を助ける会」(品川区)が、東日本大震災の被災地に手作りトートバッグを贈ろうと呼びかけている。被災者から、身の回り品を整理するバッグが欲しいとの要望が強い一方、義援金だけでなく、「自分にできる支援を形で表したい」と願う人たちの気持ちを結びつけようと企画した。高齢者や障害者にプレゼントされる。(松田晋一郎)
 同会は1979年にインドシナ難民への支援を目的に設立された。今はアフガニスタンやスーダンで地雷やクラスター爆弾の被害者への車いす配布や職業訓練などを続けている。
 東日本大震災では、発生2日後から現地入りし、行政の支援が届きにくい高齢者施設、障害者施設、在宅避難者を対象に、燃料や食料、オムツなどの支援物資を配布してきた。
 昨年の大地震で被害を受けたハイチなどで支援活動をした堀越芳乃さん(33)は4月中旬、岩手と宮城の両県を訪れ、高齢者に医療や介護サービスが行き届いていないと感じた。
 また、障害者の通所施設の多くが閉鎖され、周囲の目を気にして避難所も利用できず、家族で自宅にこもり、支援物資が届かないことも問題となっていた。
 こうした被災者たちと話す中で堀越さんは「生活に必要な物をまとめておけるバッグがあると助かる」という声を聞いたといい、「必要な支援は刻一刻変わってゆくので、きめ細かな対応が必要」と訴える。
 一方、同会の会員で、刺しゅう教室を主宰する高木るみ子さんは「現地でボランティアをしたくてもできない」と悩んでいたところ、同会の呼びかけを知り、ピンク色の布地を使ったバッグを寄付した。「一針一針に『心配しています』との思いを込めました」と話す。
 同会によると、これまでに、「笑顔で過ごされることを願って作りました」など、手書きのメッセージを添えた約300点のバッグが寄せられている。
 募集しているバッグは大小2種類で、20日必着。詳細は同会ホームページ(http://www.aarjapan.gr.jp/)か電話(03・5423・4511)で。」(全文)


 
>TOP

◆知的障害者ら野菜送り被災地応援 奈良から福島へ
(47News 2011年05月04日)
http://www.47news.jp/CN/201105/CN2011050401000486.html
「 「ぼくらの野菜を食べて元気になって」。奈良県葛城市の知的障害者更生施設「柊の郷」の障害者らが4日、手塩にかけて育て、収穫した野菜を、東日本大震災に遭った福島県いわき市の保育園に送った。敷地内の畑に毎日通い、手で害虫を取り除いた「愛情たっぷり」(職員)の野菜だ。
 「野菜が足りない。いわき市に送ってほしい」。きっかけは同市の大倉保育園周辺でボランティア活動を続けるお笑い集団「大川興業」の大川豊総裁からの電話だった。施設理事長の足高慶宣さん(57)とは、数年来の友人。「それなら、いま収穫できる野菜は全て送ろう」と早速取り掛かった。
 送った野菜はタマネギや、奈良県特産の「大和まな」など段ボール6箱分。約10年前から農業を始め、除草剤は一切使用せず、有機肥料を使って丁寧に育ててきた。味に甘みがあるのが特徴だ。
 障害者自ら「書きたい」と提案し、思いを込めて何度も書き直した手紙や、色鉛筆で描いた絵も添えた。「元気をだしてがんばって」「ふっこうしてください」。20〜70代と年齢はさまざまだ。
 葛城市内のイベントで野菜を販売した売上金は、大川さんらに送り、活動を支援する。周囲の農家にも協力を呼び掛けた。「必要な限り、野菜を送り続けたい」。足高さんは力を込めた。」(全文)


 
>TOP

◆東日本大震災:車椅子の6人、被災者励ます 刈谷で大名行列 /愛知
(毎日新聞 2011年05月04日 地方版)
http://mainichi.jp/area/aichi/news/20110504ddlk23040119000c.html
「刈谷市伝統の「大名行列」が3日、同市中心街で約500人が参加して行われ、初めて車椅子の身体障害者6人が奴(やっこ)にふんして練った。奇抜な化粧にそろいの法被、鉢巻き姿。東日本大震災の被災者を励ますのぼり「がんばろう日本」を掲げ、沿道を埋めた観衆約3万8000人(主催者発表)から拍手や喝采を浴びた。
 参加した同市幸町の障害者ヘルパーステーション「マイライフ刈谷」所長の入谷忠宏さん(40)は「沿道の人たちから『一緒にがんばろう』『みんなで助け合おう』と声をかけられ、うれしかった。自分たちと被災者への温かい声援が伝わり、ほのぼのとした気持ちでいっぱい」と顔をほころばせていた。【安間教雄】」(全文)


 
>TOP

◆東日本大震災:被害の障害者作業所を支援 下田で「ふれあい陶器市」 /静岡
(毎日新聞 2011年05月04日 地方版)
http://mainichi.jp/area/shizuoka/news/20110504ddlk22040097000c.html
「東日本大震災で被災した東北の障害者作業所の物産を販売し支援する「ふれあい陶器市」が3日、下田市相玉の「第二すぎのこ作業所」で開かれた。
 宮城県と岩手県の8作業所が作ったクッキーやキムチ、かりんとうなどを販売した。通所者らが作った陶器や木工品も展示即売され、午後には完売する人気だった。
 先月下旬、交流のある被災地の作業所を支援に訪れ惨状を知った第二すぎのこ作業所の金刺幸春施設長は、「利用者に働く目的を持ってもらうのが作業所の役目。被災地の作業所に仕事の注文を出すことで支援していきたい」と話している。【扇沢秀明】」(全文)


 
>TOP

◆東日本大震災:被災の知的障害者支援…商品を各地で販売
(毎日新聞 2011年05月03日)
http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110504k0000m040132000c.html
「大阪や愛知、宮城の障害者福祉関連の企業やNPO団体など7者が、東日本大震災で被災した知的障害者らの支援に乗り出した。障害者たちが作った商品の販売ルートを被災地外で確保するプロジェクト「ミンナDEカオウヤ」だ。大阪市北区で3日に始まったチャリティーイベント(5日まで)では手始めに、食べるラー油やクッキー、木工おもちゃなどを販売。近く同区内に常設店も開く。
 活動拠点が津波で流されたり、販路がなくなったりしたという被災地の障害者福祉施設の「悲鳴」がきっかけ。7者で「都市部でできるサポートを」と宮城、岩手両県内の16施設で作られた商品をイベントなどで販売することにした。
 この日は新梅田シティの会場にスタッフの掛け声が響き、多くの家族連れらが商品を買い求めた。今後は愛知、神奈川のイベントでも販売を計画している。【堀江拓哉】」(全文)


 
>TOP

◆再考のとき:“3・11”後の京都で/2 防災/下 /京都
(毎日新聞 2011年05月03日 地方版)
http://mainichi.jp/area/kyoto/news/20110503ddlk26040448000c.html
「◇「放射能に県境はない」 市民が情報収集・交換も
 「ここらの人は逃げられん」。福井県高浜町の関西電力高浜原発から直線で約6キロの舞鶴市田井地区。住民で府漁協職員、倉内智さん(36)は不安を募らせている。隣接の成生地区と合わせ約300人が暮らすが、避難するには険しい山道を通らねばならず、同原発にいったん近づく形になる。「漁業被害も心配だが、それ以前にどう避難するのか」。歴代市長に陳情してきたトンネル整備は実現していない。
 同原発から約8キロの同市朝来中の農業、林茂義さん(82)は約1ヘクタールの水田を営む。東京電力福島第1原発事故で避難生活を送る農家の姿が他人事に思えない。「あのようになれば逃げるしかないが、先祖代々の土地を離れ作物をあきらめるのは大変つらい」
 福島の事故では高齢者福祉施設などで高齢者が置き去りにされたり、避難するバスの中で死亡する悲劇が起きた。高浜原発から約7キロの特別養護老人ホームやすらぎ苑には70人の入所者がいる。大半が自力で歩けない高齢者だ。
 「認知症の人も多く、環境の変化でパニックを起こす危険がある」と大橋裕子施設長(56)は懸念する。そばに同様の福祉施設と障害者支援施設もある。「原発から離れた地域の福祉施設と事前に連携し、万一の場合に入所者を受け入れてもらう体制が必要」
 舞鶴市は同原発から20キロ圏内に人口の9割以上の約8万6000人が暮らす。4月8日、関電幹部らが市役所を訪れて原発の健全性を強調したが、市は放射線のモニタリングポスト(現在市内7カ所。うち2カ所が関電)の増設を求めた。
 市議会も同14日、初めて関電幹部を参考人として招へいし、住民説明会を要求した。関電は福島での事故を受け、安全対策への対応状況を説明するビラを福井県内で配布していたが、舞鶴市内では一度も無かった。議員らは「放射能に県境はない。高浜原発から10キロ圏内だけでも住民は1万2000人。一番多いのは舞鶴市だ」と不満をぶつけた。関電は20日付の新聞各紙に安全対策などを説明する広告を掲載。ビラ配布や住民説明会も検討するという。
 多々見良三市長は言う。「8万6000人を緊急に避難させることは物理的に不可能。市に出来るのは、逃げ方を考え、放射線量計で正確な情報を入手することぐらいだ」
 行政や専門家に任せず、個々の市民が主体的に情報を収集・交換する動きも芽生えている。京都市左京区のフリーライター、守田敏也さん(51)は震災発生当日から、東電・政府機関の「当局発表」や国内外の報道、原子力資料情報室など在野の研究機関・研究者らの分析を比較検証してインターネットで発信。当局の過小評価が報道にも表れていた当初から事故の深刻さを見通し、訴えてきた。
 電子メールなどで意見交換するのは医療関係者や計測・分析機器技術者、農家、報道関係者ら。複数の市民団体を経由して情報の受け手は1000人を超え、ネット接続が困難だった被災地でも印刷されて届けられた。
 事態は結果的に警告通りの展開に。「そもそも当局が否定してきた原発事故が現実に起きた。市民一人一人が自ら、互いに守り合うことが必要と気付く転換点になった」と守田さんは言う。【岡崎英遠、太田裕之】=つづく」(全文)


 
>TOP

◆被災障害者支える障害者組織 盛岡に発足
(岩手日報 2011年05月03日)
http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20110503_10
「東日本大震災で被災した障害者のため、障害者自身が立ち上がった。自身も障害者である盛岡市の今川幸子さん(31)が代表となり同市に「被災地障がい者センターいわて」が発足した。阪神大震災を契機に生まれた被災地障害者支援のためのNPO法人「ゆめ風基金」(本部・大阪市)のバックアップを受け、被災障害者のニーズに即した支援を進める。
 同センターは盛岡市本宮1丁目3の20、光立ビルに事務所を置いた。CIL(自立生活センター)もりおかの事務局長今川さんのほか、同基金理事の八幡隆司さん(53)、全国から駆け付けたボランティアの10人体制で活動している。
 毎朝ミーティングをし、被災地へ出発。被害状況調査や安否確認を進めながら、食料や靴など生活物資を届けたり、部屋の片付けや買い物の代行などをしている。
 1995年の阪神大震災では、支援の谷間に置かれた障害者が逆境に屈せず自分たちで被災地障害者センターを立ち上げ、全国に支援を呼び掛けた。寄せられた物資やカンパを基に、介助者派遣体制や障害者用プレハブ建設、地域住民への炊き出しもした。
 この経験を原動力に震災発生から5カ月後、基金運動がスタート。2001年にはNPO法人格を取得。呼び掛け人には小室等さん、永六輔さんらが名を連ねる。16年間で「ゆめ風基金」は2億円を超え、新潟県中越地震など国内のほか、ハイチ大地震など海外の被災障害者支援もしてきた。
 東日本大震災で寄せられた救援金は早くも1億円を突破。宮城、福島県に続き、本県でも、自立生活を支援してきたCILもりおかと連携してセンターを設立した。
 今川さんは「こんなことに困っている、こんな物が必要など、当事者がどんどん声を上げてほしい。迅速に細やかに応えたい」、八幡さんは「共生の街づくりという将来的な復興も見据えながら、当事者がより良く生きるための支援を続けていきたい」と語る。
 問い合わせ先は同センター(電話・ファクス019・635・6226)へ。」(全文)


 
>TOP

◆被災地の障害者がつくった油麩販売 志摩のNPO法人
(朝日新聞 2011年05月03日)
http://mytown.asahi.com/areanews/mie/NGY201105020016.html
「三重県志摩市阿児町のNPO法人「TEAM笑美S(えびす)」は、東日本大震災で被災した宮城県登米(とめ)市の障害者就労支援施設がつくった油麩(ふ)などの食品を、志摩市阿児町賢島の土産店「以志川」で販売している。辻村知身理事長は「息の長い支援を続けたい」と話す。
 NPO法人は、障害者の就労支援や地域活性化に取り組み、20年ほど前から登米市の職員と交流してきた。
 辻村理事長は「被災地の障害者のために何か役立つことができないか」と登米市の職員に相談。市内の障害者就労支援施設「はらから福祉会」を紹介してもらい、施設で製造している宮城県特産の油で揚げた麩(250円)と、油麩を使ったレトルト丼(350円)を仕入れて販売することにした。伊勢志摩特産のアオサと油麩をセットにしたうどんも売り出した。
 被災地には日用品などの救援物資を届けたが、長期化する被災者の避難所生活を支援するため、志摩市の障害者が、ござやうちわ、青竹踏みを作って送ることも検討している。
 辻村さんは「復興が進めば、アオサを登米市で販売し、被災地とキャッチボールしながら一緒に頑張りたい」と話している。問い合わせは、NPO法人(0599・43・8111)。(松永佳伸) 」(全文)


 
>TOP

◆福島―住宅 ライフライン情報2日
(朝日新聞 2011年05月03日)
http://www.asahi.com/national/update/0503/TKY201105020567.html
「□住宅
 福島県 3月11日から4月30日までに県内の民間賃貸住宅への入居手続きをした世帯を対象に、県の借り上げ住宅とする特例措置が設けられた。(1)住宅が全壊して住むところがない、または原発事故のため長期間の避難が必要(2)自らの資力では賃貸住宅に住み続けることが難しい(3)高齢者の介護をしていたり、障害者や乳幼児の家族がいたりして避難所生活が困難――の3要件を満たしている世帯が対象。家賃が月額6万円以下で、建物の耐震性が確認され、貸主か仲介業者の了承も必要。認められれば、今月から県の借り上げ住宅として扱う。入居期間は原則1年で最長2年。
 いわき 自宅が全壊などした住民用住宅の入居希望者を募集している。県が建設中の仮設住宅や中高層の雇用促進住宅、民間アパートを用意。対象は3月11日以前から市内に住民票がある市民で、被災して自力で住宅の確保が困難な世帯。入居日から来年3月末まで入居でき、事情によって1年間延長できる。家賃は無料だが、光熱水費、共益費などは自己負担。
 市が先に実施した1次募集には2681件(24日現在)の申請があり、903件の入居が決まっている。今回は、遠隔地にいて申請できなかったり、余震で新たに被災したりした住民が対象。申し込みは5日までに市文化センター内の市総合窓口(0246・25・0542、25・0545)へ。 」(全文)


 
>TOP

◆災害弱者の安否、迅速把握
(読売新聞 2011年05月02日)
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=40238
「自治体が名簿や所在マップ
 東日本大震災のような災害発生時には、高齢者、障害者などの「災害弱者」が置かれた状況を素早く把握し、避難させることが、犠牲者を最小限にするカギを握る。その体制作りのため、独自の取り組みを始めた自治体もある。(梅崎正直、写真も)
二重の体制
 ドーンと突き上げる衝撃で目を覚ました。大震災の翌日未明、長野県北部に被害を出したマグニチュード6・7の地震。滝澤茂義さん(62)の脳裏によみがえったのは、4年前の記憶だった。
 その瞬間、突風に襲われたと錯覚した。みるみる路面に広がる地割れを飛び越え、滝澤さんは職場である新潟県柏崎市の西山町事務所へと車を走らせた。
 2007年7月16日午前、新潟県で発生した中越沖地震。市と合併した西山町の震度は6強だった。事務所長の滝澤さんがまず取りかかったのは、高齢者、障害者の安否確認。事務所にあるリストを使い、約40ある町内会の長や民生委員が同日中に全員の無事を確認し、必要な人は介護施設に移動させた。町の犠牲者はゼロ。「顔見知りばかりで、災害時に誰が誰を助けるかも決まっていた。連携がうまくいきました」
 この地震の経験から柏崎市は昨年、全域で、要援護者名簿の作成を始めた。希望者のみが記載されるが、11月時点で2344人と、援助が必要な人の8割を集めた。これを使い、町内会が安否を調べる。「協定を結び、ケアマネジャーにも確認してもらう。二重の体制です」(介護高齢課)
事前に担当者
 全国の市町村が災害弱者の情報確保と個別の援護計画まで含む避難支援計画の策定を急いでいるが、肝心なのは、実効性あるものにすること。柏崎市のほかにも、独自の取り組みが生まれている。
 「頼る人がいないから、とても怖くて……」「これからは私たちを頼ってください」
 東日本大震災で震度4だった神奈川県大磯町の馬場地区では、住民による自主防災組織の副会長を務める伊藤勇さん(69)らが、高齢者を訪問し、ランタンやランプを手渡した。大磯ロングビーチは目と鼻の先。東海地震が起きれば津波の被害もあり得る。昨年6月には、町が持つリストをもとに災害弱者の所在を表したマップを作成、それを使った安否確認訓練を実施した。災害時に駆け付ける担当者もあらかじめ決めている。
 阪神大震災を経験した兵庫県西宮市では、GIS(地理情報システム)を使う。パソコン画面の地図上の表示をクリックすると、一人ひとりの身体の状態やかかりつけ医などの情報も見られる。松山市では、緊急通報装置を、独り暮らしの高齢者と高齢者のみの世帯に貸し出している。4分の1がマンション住民の埼玉県川口市の場合、フロアごとにリーダーを決め、エレベーター停止状態での安否確認、救出、物資の搬送などが行える体制を目指す。
未登録者も記載
 自治体の要援護者名簿への登録は通常、希望者のみだが、災害が起きれば登録、未登録の区別はない。千葉県野田市は、未登録者を含めた全体の潜在的な名簿を地区別に作成。「災害時に限り自治会長に提供し、素早い対応につなげたい」(高齢者福祉課)とする。
 しかし、大震災の被害を目の当たりにし、防災、避難の考え方は変更を迫られている。大磯町馬場地区では公園に集合後、災害弱者を地区の介護施設に運ぶ考えだったが、「大津波が来れば地区全体が水没する。高台にどう素早く避難させるか……」と伊藤さんの表情は厳しい。原発を抱える柏崎市では「10キロ、20キロ圏内退避となった時の受け入れ施設の確保を考える必要がある」という。通信が断たれることも想定せねばならず、いくら備えても課題は山積みだ。」(全文)


 
>TOP

◆震災と高齢者…食料や情報取り残される
(読売新聞 2011年05月02日)
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=40233
「「男の介護」で紹介した意見に対し、早速、異論が寄せられました。前回のこの欄で、妻や親の介護に懸命な男性3人の体験談を載せたところ、兵庫県姫路市の匿名希望の主婦(59)から「なるほど。でも現実は、そんなに甘くない」と書かれた意見が届いたのです。
 認知症を患った義父の介護には、病気がちの義母に代わって、ご自身はもちろん、孫まで駆りだされたそうです。義父が亡くなり、今度は義母の介護。「わが子(女性の夫)には、『かわいそう』と何もさせず、嫁(女性のこと)は使いまくり。介護って嫁の仕事? 理不尽です。夫は『介護って誰のこと』と、ずっと逃げてます。世の男性ほとんどがこれです。介護保険ができて助かってます。でも現実は女性が泣いているのをお忘れなく!」と締めくくられていました。
 いやはや。家事、育児、介護を女性頼みにしてきた日本社会の縮図をみるようで。やはり世の男たちが変わらなければいけません。
 ところで、要介護3の80歳代の母親と暮らす水戸市の女性(52)からは、東日本大震災の体験が1400字にわたって報告されてきました。ご自身も障害1級で車いすの生活。地震の起きた3月11日、母親はショートステイに出かけていました。揺れによる被害こそなかったものの、電話は不通で、電気や水道もストップ。電動ベッドも使えず、ラジオの声とろうそくの火を頼りに、車いすに座ったまま一夜を過ごしたそうです。
 電気や水道は2日目に復旧したが、車いすでは食料の買い出しにも行けない。訪問看護の予定されていた16日までの5日間、ペットボトルのお茶とお菓子で食いつないだといいます。「車いすの障害者の避難所があっても遠くなら自力では行けません。行列に並べない人は食べ物も手に入らず、パソコンを使えない人は情報に接することもできない。本当の底辺にいる弱者はどんどん取り残されます」とありました。
 高齢者や身体障害者など災害弱者と呼ばれる人たちは情報弱者でもある。どのように情報を適切に伝えていくのか、改めて切実な問題だと思います。
 異論、反論を含めたご意見を募集しています。テーマは「震災と高齢者、障害者」「専業主婦と年金」「わが子のシューカツ(就職活動)」です。
 障害のある家族や高齢者のいるご家庭ではどんな心構えをしていますか。今度の震災で何か話し合われましたか。住所、氏名(紙面では匿名も可)、年齢、職業、電話番号を明記のうえ、メール、ファクス、郵便で、下の社会保障部のあて先にお送りください。掲載分には薄謝をお贈りします。
 情報はこちら。〒104・8243読売新聞東京本社・社会保障部(ファクス03・3217・9957、Eメールansin@yomiuri.com)」(全文)


 
>TOP

◆避難へ住民説明会始まる 川俣町山木屋
(福島放送 2011年05月02日)
http://www.kfb.co.jp/news/index.cgi?n=201105025
「政府に5月末までの避難を求められている川俣町山木屋地区で1日から、町の一時避難などに関する行政区ごとの住民説明会が始まり、避難先に関する住民の希望を確認するアンケート調査書が配られた。
町は一時避難先として町内や隣接する福島市、二本松市の15カ所に約110室、650人分を確保したことを示した。
早ければ10日ごろから避難を始める予定。
3日までに全11行政区で開く。
初日は9カ所で説明会を開いた。
浪江町との境にある乙八区(44世帯)の説明会では古川道郎町長が「住民による地域パトロールや通勤、一時帰宅などを政府に求めている。
住民の生活を壊さないよう、山木屋地区から車で1時間以内の場所に限定して一時避難先を探している」と説明した。
町は避難の優先順位を(1)乳幼児、妊婦のいる世帯(2)小中学生のいる世帯(3)高齢者、要介護者、障害者のいる世帯(4)それ以外の世帯?としている。」(全文)


 
>TOP

◆【埼玉】生活弱者向け住居を提供へ 羽生
(東京新聞 2011年05月02日 埼玉)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/saitama/20110502/CK2011050202000054.html?ref=rank
「羽生市は、東日本大震災や福島第一原発の事故を受け、避難所で生活している赤ちゃんのいる家庭などに居住空間を提供する支援制度を始める。
 対象は、産後の妊婦や障害者、要介護の高齢者など、避難所での生活が難しい人とその家族。新しい住居を見つけるまでの一時的な生活の場として、羽生市内にある介護施設や空き家を利用してもらう。
 介護施設では個室などを間借りし、負担は毎日の食事代七百円のみ。空き家は家賃無料で水道、光熱費を負担する。利用期間は三カ月だが、状況に応じて延長できる場合もある。
 同市は、加須市の旧騎西高校に避難している福島県双葉町への支援として、市内の空き家や求人情報を紹介するバスツアーも企画。同市の県立さいたま水族館など市内見学も盛り込むという。
 河田晃明市長は「被災者のために、市としてできる支援を続けていきたい」と語った。 (増田紗苗)」(全文)


 
>TOP

◆新得厚生協会、職員を宮城の障害者施設へ派遣
(十勝毎日新聞社ニュース 2011年05月01日)
http://www.tokachi.co.jp/news/201105/20110501-0009002.php
「【新得】東日本大震災の被災地支援で、町内の社会福祉法人厚生協会(鈴木正輝理事長)のわかふじ寮と屈足わかふじ園の職員4人が、宮城県登米市の障害者支援施設などで救援活動を行う。4月29日に新得を出発。8日まで、障害者や関連施設などが困っていることを調べたり、救援物資の配送などに当たる。
 両施設が加盟する全国社会就労センター協議会(通称SELP協)の要請で派遣。屈足わかふじ園の倉科孝博生活係長(44)が団長、わかふじ寮の田口晃広指導係長(43)が副団長を務め、他に20代の職員2人が派遣される。
 派遣先は、津波で壊滅的な被害を受けた宮城県南三陸町に隣接する登米市の障害者支援施設「若葉園」。SELP協の同県北部支援の拠点となっており、4人はそこに寝泊まりしながら、社会福祉施設や事業所の被害調査、障害者の被災状況調査やニーズの把握などに取り組む。
 4人は4月29日、わかふじ寮前で、職員や施設利用者ら約60人に見送られて出発。倉科さんは「障害者が実際にどのような不便をしているかを調べ、支援が継続するよう努力したい」と話した。
 厚生協会はこれまでも、各施設、職員から集めた支援物資や義援金112万円を送っている他、被災地への派遣人員として職員10人を登録している。(高田敦史)」(全文)


 
>TOP

◆被災地支援へ連携を 宇都宮でメーデー集会
(下野新聞 2011年05月01日)
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/top/news/20110501/508865
「連合栃木などの実行委員会が主催する第82回県メーデー中央大会が30日、宇都宮市の江野町の「オリオンスクエア」で開かれ、組合員ら約1千人が参加した。
 例年は宇都宮市の自然の森公園で開かれ、昨年は約6千人が参加した大会。今回は東日本大震災を受け規模を縮小し、会場もオリオンスクエアに変更。被災地支援や復興へ向けた姿勢を鮮明にした。
 連合栃木の青木義明会長は「メーデーは本来、労働者の安心社会の実現をアピールするもの。だが震災を受け、連合は救援対策を進めている。今後も努力することを確認したい」などとあいさつ。メーデー宣言では、組合員などが連携して被災地支援の輪を広げることなどを決議した。
 会場や同市内では義援金カンパなどが行われた。震災で車いすを失った障害者支援のための募金では、協力者に被災地でもある県東部産のトマトが配られた。 」(全文)


 
>TOP

◆希望新聞:東日本大震災 遠くの被災地より 阪神大震災で情報誌を発行、山崎勲さん
(毎日新聞 2011年05月01日 東京朝刊)
http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110501ddm035040053000c.html
「◇情報の共有幅広く−−阪神大震災の仮設住宅で被災者向け情報誌を発行、山崎勲さん(61)=兵庫県尼崎市、NPO法人シンフォニー代表
 95年の阪神大震災の時は、避難所で聞いた要望を行政に伝える「御用聞き」や炊き出し、水くみなどのボランティアをしました。その翌年、ボランティア仲間でNPOを作り、仮設住宅や復興住宅で、被災者の支援をしてきました。
 避難所は、たくさんの人が1カ所で生活しているので、情報を共有するのに問題はほとんどありませんでした。しかし、仮設住宅は個室なので、外国人や目の不自由な障害者が、行政からの情報を得られずに困っていました。そこで、連絡文書を読んで伝えるボランティアを始めました。今回も、障害者や外国人に情報が行き渡るよう配慮してほしいと思います。
 東日本大震災では首都圏や関西へ避難する人がいたり、仮設住宅をまとまって建設することが難しい中、元の住民同士のつながりが途切れないようにする必要があります。
 阪神大震災では、別々の仮設住宅に移住した住民同士をつなぐため、行政情報に加え、入居者のインタビューを掲載した情報誌を作りました。毎月1回発行し、尼崎市内に2000戸あった仮設住宅すべてに配布しました。仕事を失った人がどうやって再就職したかや、狭い仮設住宅を有効利用する知恵まで、話題はさまざまでした。
 被災地の漁業や農業には大変な影響が出ていますが、復旧した時には、被災地の農産物などを積極的に消費する仕組みを作り、応援したいと思います。【聞き手・大沢瑞季】」(全文)


 
>TOP

◆被災地授産施設を支援 ヤーコン茶など販売 福井のNPO
(産経ニュース 2011年05月01日)
http://sankei.jp.msn.com/region/news/110501/fki11050101530001-n1.htm
「東日本大震災の被災地、岩手県陸前高田市の障害者授産施設「あすなろホーム」を支援するため、越前市蓬莱町にある授産施設のアンテナショップ「セルプショップえちぜん」で30日から、あすなろホームで入所者や通所者がつくっているヤーコン茶や乾燥ヤーコンなど4種類の製品の販売を始めた。
 県内初の授産施設のアンテナショップを運営するNPO法人県セルプ振興センター(福井市)が、県社会福祉協議会からの依頼を受けて実施した。
 県社協によると、あすなろホームは陸前高田市の高台にあり入所者約10人、通所者約30人がいたが、震災時に津波の被害はなかったものの、敷地に亀裂が入り陥没した。通所者が被害を受け、製品づくりができなくなった。その後、復旧して作業を開始したが、販売先が被害を受けたため、販売できない状態となった。県の災害ボランティアの一人があすなろホームを訪れたときに実情を知り、「生産意欲を高めてもらえたら」と県社協に話をして、支援することになった。
 すでに県民生協などで一時販売したが、アンテナショップで、「いつでも買えるように」と5月末までの予定で4種類(約200点)を販売することになった。乾燥ヤーコンには「つないで陸高!なじょにがすっぺ(なんとかしていこう)」などのフレーズが入った独自のシールを張り販売している。
 県社協では「今後も製品を販売し支援していく。製品に独自のシールを張るなどして応援していきたい」としている。」(全文)

*作成:有松 玲
UP:20110428,0603 REV:20110916
災害と障害者・病者:東日本大震災 
TOP HOME (http://www.arsvi.com)