HOME > 災害と障害者・病者:東日本大震災 >

東日本大震災 障害者関連報道 2011年4月 3(21日〜)

3月4月 1(1〜10日)4月 2(11〜20日)4月 3(21〜30日)5月6月7月8月9月10月11月12月
災害と障害者・病者:東日本大震災

作成:有松 玲 last update:20110629
*以下については別頁にも記事掲載されています。
人工透析  ◆ALS

◆テレビ報道

◆救援活動の写真 https://picasaweb.google.com/107166457718666569802
 「マスコミや各団体の広報等に活用できるように下記のURLに救援活動の写真をUPすることにしました。ご自由にダウンロードしてお使いください。」とのことです。

新聞記事見出し

◆2011/04/30 東日本大震災:仙台市の賃貸あっせん、民間「仮設」に黄信号 応募1000件成立無し
毎日新聞 2011/04/30 東京夕刊
http://mainichi.jp/life/housing/news/20110430dde041040010000c.html
◆2011/04/30 生活情報/掲示板/仙台市教委、図書館順次再開・予約など可能に
河北新報 2011/04/30
http://www.kahoku.co.jp/news/2011/04/20110430t73033.htm
◆2011/04/30 希望新聞:東日本大震災 ミニニュース 神戸で震災バザー
毎日新聞 2011/04/30 地方版
http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110430ddm035040037000c.html
◆2011/04/30 余録:災害弱者
毎日新聞 2011/04/30 地方版
http://mainichi.jp/select/opinion/yoroku/news/20110430k0000m070109000c.html
◆2011/04/29 きらっといきる「特集 東日本大震災〜 被災地の障害者はいま 〜」
NHK教育 2011/04/29 午後8時〜
http://www.nhk.or.jp/kira/program/hereafter/index.html
◆2011/04/29 【東日本大震災】節電で障害者困惑 暗い駅、止まったエスカレーター(2/2ページ)
産経ニュース 2011/04/29 地方版
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110429/dst11042923100031-n2.htm
◆2011/04/29 【東日本大震災】節電で障害者困惑 暗い駅、止まったエスカレーター(1/2ページ)
産経ニュース 2011/04/29 地方版
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110429/dst11042923100031-n1.htm
◆2011/04/29 東日本大震災:県、借り上げ家賃負担 避難所生活困難な世帯−−来月から /福島
毎日新聞 2011/04/29 地方版
http://mainichi.jp/area/fukushima/news/20110429ddlk07040159000c.html
◆2011/04/29 火災予防審:高齢者の災害対策諮問 2年後めどに提言 /東京
毎日新聞 2011/04/29 地方版
http://mainichi.jp/area/tokyo/news/20110429ddlk13010250000c.html
◆2011/04/29 【三重】被災時、精神障害の子のケアは 福祉避難所の準備が大切
中日新聞 2011/04/29
http://www.chunichi.co.jp/article/mie/20110429/CK2011042902000127.html
◆2011/04/29 行政ニュース : 震災予算、介護保険制度に275億円――厚労省第一次補正予算案
ケアマネジメント 2011/04/29
http://www.caremanagement.jp/news+article.storyid+8766.htm
◆2011/04/29 【埼玉】GWは被災地へ ボランティア続々
東京新聞 2011/04/29
http://www.tokyo-np.co.jp/article/saitama/20110429/CK2011042902000074.html
◆2011/04/29 福祉施設の避難手引書作成求める 土砂災害備え県が説明会
福井新聞 2011/04/29
http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/society/27829.html
◆2011/04/29 お年寄り守る施設を…被災地からの声
日テレニュース24 2011/04/29
http://news24.jp/articles/2011/04/29/07181875.html
◆2011/04/29 全行政区に防災組織 糸島市
西日本新聞 2011/04/29
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/239532
◆2011/04/28 相模原市の知的障害者施設が避難手順確認の訓練、「災害弱者」の逃げ遅れ防ごう/神奈川
カナコロ 2011/04/28
http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1104280053/
◆2011/04/28 遊山箱:東日本大震災の発生で、県内の聴覚障害者は… /徳島
毎日新聞 2011/04/28 地方版
http://mainichi.jp/area/tokushima/news/20110428ddlk36070669000c.html
◆2011/04/28 被災者による成年後見制度の利用を- 厚労省が事務連絡
キャリアブレイン 2011/04/28
http://www.cabrain.net/news/article/newsId/33938.html
◆2011/04/28 【東日本大震災】高齢者ら災害弱者の被害軽減策を 都が審議会に諮問
産経ニュース 2011/04/28
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110428/lcl11042815130003-n1.htm
◆2011/04/28 つなごう希望:東日本大震災 続く不安、障害者のサポート急務 /熊本
毎日新聞 2011/04/28 地方版
http://mainichi.jp/area/kumamoto/news/20110428ddlk43040488000c.html
◆2011/04/28 東日本大震災:被災障害者支援、個別の困り事に対応を 現地報告でNPO理事 /大阪
毎日新聞 2011/04/28 地方版
http://mainichi.jp/area/osaka/news/20110428ddlk27040364000c.html
◆2011/04/28 【東日本大震災】被災した視覚障害者、11人安否不明 支援団体調査
産経ニュース 2011/04/28
http://sankei.jp.msn.com/region/news/110428/myg11042812040005-n1.htm
◆2011/04/28 民間賃貸住宅への直接避難者も補助対象
福島放送 2011/04/28
http://www.kfb.co.jp/news/index.cgi?n=201104283
◆2011/04/28 東日本大震災:宮城の障害者作業所、販路開拓へ支援の輪 町田の連絡会が協力 /東京
毎日新聞 2011/04/28 地方版
http://mainichi.jp/area/tokyo/news/20110428ddlk13040276000c.html
◆2011/04/28 東日本大震災:市営住宅空き室、避難世帯に提供−−小金井市 /東京
毎日新聞 2011/04/28 地方版
http://mainichi.jp/area/tokyo/news/20110428ddlk13040287000c.html
◆2011/04/28 被災の障害者「孤立」
朝日新聞 2011/04/28 MY TOWN熊本
http://mytown.asahi.com/kumamoto/news.php?k_id=44000001104280003
◆2011/04/28 要援護者台帳 亀山市が整備
朝日新聞 2011/04/28 MY TOWN三重
http://mytown.asahi.com/mie/news.php?k_id=25000001104280002
◆2011/04/28 シリーズ大震災 福島から(2)避難所生活で病状悪化
読売新聞 2011/04/28
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=40078
◆2011/04/28 水難事故:原発事故で避難の11歳女児水死 障害者施設でレク中、海で−−千葉・鴨川
毎日新聞 2011/04/28
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110428ddm041040143000c.html
◆2011/04/28 希望新聞:東日本大震災・サポート情報 27日現在
毎日新聞 2011/04/28
http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110428ddm035040027000c.html
◆2011/04/28 これが言いたい:防災とバリアフリーを経済コストで測るな=福島智
毎日新聞 2011/04/28
http://mainichi.jp/select/opinion/iitai/news/20110428ddm004070030000c.html
◆2011/04/28 【東日本大震災】「迷惑かけたくねえ」被災した苦悩の障害者(2/2ページ)
産経ニュース 2011/04/28
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110428/dst11042802010003-n2.htm
◆2011/04/28 【東日本大震災】「迷惑かけたくねえ」被災した苦悩の障害者(1/2ページ)
産経ニュース 2011/04/28
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110428/dst11042802010003-n1.htm
◆2011/04/27 福島第1原発:11歳避難女児が水死 千葉・鴨川
毎日新聞 2011/04/27
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110428k0000m040053000c.html
◆2011/04/27 宮城、震災で200人就労できず 教組が高卒生を調査
47NEWS 2011/04/27
http://www.47news.jp/CN/201104/CN2011042701000821.html
◆2011/04/27 福島・富岡町の女児、避難先の海で溺れ死亡
日テレニュース24 2011/04/27
http://news24.jp/articles/2011/04/27/07181752.html
◆2011/04/27 東日本大震災:県内の一時避難所利用少なく、「ニーズを掘り起こす必要」との声も/神奈川
カナコロ 2011/04/27
http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1104270021/
◆2011/04/27 【放射能漏れ】福島原発から避難の小学生が海でおぼれ死亡 千葉・鴨川
産経ニュース 2011/04/27
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110427/dst11042714040011-n1.htm
◆2011/04/27 東日本大震災:「継続的な心のケア必要」 被災地派遣、福岡市職員が報告 /福岡
毎日新聞 2011/04/27 地方版
http://mainichi.jp/area/fukuoka/news/20110427ddlk40040306000c.html
◆2011/04/27 東日本大震災:県が222事業、中止か縮小 震災に対応 /岩手
毎日新聞 2011/04/27 地方版
http://mainichi.jp/area/iwate/news/20110427ddlk03040031000c.html
◆2011/04/27 ひと交差点:手話通訳士・中村秀子さん /北海道
毎日新聞 2011/04/27 地方版
http://mainichi.jp/hokkaido/shakai/news/20110427ddlk01070079000c.html
◆2011/04/27 シリーズ大震災 福島から(1)介助者いない時に津波
読売新聞 2011/04/27
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=39993
◆2011/04/27 知的障害者バンド 被災支援ライブ
asahi.com 2011/04/27 MY TOWN群馬
http://mytown.asahi.com/gunma/news.php?k_id=10000001104270001
◆2011/04/27 県内公共施設やインフラ被害1268億円 医療・福祉は200億
茨城新聞 2011/04/27
http://www.ibaraki-np.co.jp/news/news.php?f_jun=13038246989796
◆2011/04/26 兵庫県腎疾患対策 透析患者向けに500万円寄付 
神戸新聞 2011/04/26
http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/0004001124.shtml
◆2011/04/26 障害者作業所:道化師チームが30日に公演 被災地支援も
毎日新聞 2011/04/26
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20110427k0000m040182000c.html
◆2011/04/26 震災の行方不明者、3カ月で死亡推定に 法案を閣議決定
asahi.com 2011/04/26
http://www.asahi.com/national/update/0426/TKY201104260372.html
◆2011/04/26 岩手県、復興財源114億円捻出 11年度、知事「国体は難しい」
日本経済新聞 2011/04/26
URL
◆2011/04/26 「空き部屋使って」1500件=申し出殺到、少ない利用−「多様ニーズに対応」
時事ドットコム 2011/04/26
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201104/2011042600031
◆2011/04/26 福島―市役所・交通・通信など ライフライン情報25日
asahi.com 2011/04/26
http://www.asahi.com/national/update/0426/TKY201104250687.html
◆2011/04/26 つなごう希望:東日本大震災・宮崎から 障害者団体メンバー、宮崎で街頭募金 /宮崎
毎日新聞 2011/04/26
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110426-00000268-mailo-l45
◆2011/04/26 東日本大震災:被災障害者支援の講演会に派遣予定者ら150人 美浜・日福大 /愛知
毎日新聞 2011/04/26
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110426-00000031-mailo-l23
◆2011/04/26 福島第1原発 苦渋の90人放置 南西4キロの双葉病院
毎日新聞 2011/04/26
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110426-00000005-maip-soci
◆2011/04/25 校舎を変えれば自主性が育つ!? 高校の指針改定
msn産経ニュース 2011/04/25
http://sankei.jp.msn.com/life/news/110425/edc11042515150001-n1.htm
◆2011/04/25 石巻中央公民館(宮城)/カレンダーで頭の体操
河北新報 2011/04/25
http://www.kahoku.co.jp/spe/spe_sys1065/20110425_01.htm
◆2011/04/25 被災地へ、私が支えに NPO、県産間伐材で杖作り
asahi.com 2011/04/25 MY TOWN滋賀
http://mytown.asahi.com/areanews/shiga/OSK201104240060.html
◆2011/04/25 御坊市が津波対策で 緊急避難場所調査
紀州新聞 2011/04/25
http://www1.ocn.ne.jp/~ks-press/110424.html
◆2011/04/25 障害者声なきSOS 宮城で家族の死者・不明26人に
河北新報 2011/04/25
http://www.kahoku.co.jp/news/2011/04/20110425t13008.htm
◆2011/04/24 東日本大震災:食物アレルギー対応遅れ 被災の患者、命に危険も
毎日新聞 2011/04/24 東京朝刊
http://mainichi.jp/life/food/news/20110424ddm001040055000c.html
◆2011/04/24 被災の地から 心の病:下 医師に打ち明け症状和らぐ
asahi.com 2011/04/24
http://www.asahi.com/health/ikiru/TKY201104240052.html
◆2011/04/24 ETV特集 「福祉の真価が問われている〜障害者 震災1か月の記録〜」
NHK教育 2011/04/24 午後10時〜
http://www.nhk.or.jp/etv21c/backnum/new.html
◆2011/04/24 東日本大震災:緊急時の情報伝達方法を 不安抱える聴覚障害者 /徳島
毎日新聞 2011/04/24 地方版
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110424-00000181-mailo-l36
◆2011/04/24 復興途上の選択:’11統一選 視覚障害者用公報を 点字・音声、2市のみ /茨城
毎日新聞 2011/04/24 地方版
http://mainichi.jp/area/ibaraki/news/20110424ddlk08010006000c.html
◆2011/04/24 災害救助法 最大限活用を 知られていない「国が食費負担」
しんぶん赤旗 2011/04/24
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2011-04-24/2011042401_02_1.html
◆2011/04/24 【栃木】栃木で第二の人生を 那須に避難 福島のケアマネ女性
東京新聞 2011/04/24
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tochigi/20110424/CK2011042402000065.html
◆2011/04/24 石巻、仮設入居29日開始 26日公開抽選会
河北新報 2011/04/24
http://www.kahoku.co.jp/news/2011/04/20110424t13015.htm
◆2011/04/24 節電で暗い駅、障害者ら困惑「バリアフリーと両立を」
日本経済新聞 2011/04/24 電子版
URL
◆2011/04/23 被災の地から 心の病:上 過敏な音への不安が再発
asahi.com 2011/04/23
http://www.asahi.com/health/ikiru/TKY201104230195.html
◆2011/04/23 東日本大震災:停電中、医療機器電源に苦労 福祉施設への対応後手−−仙台
毎日新聞 2011/04/23 東京夕刊
http://mainichi.jp/select/science/news/20110423dde041040011000c.html
◆2011/04/23 障害者自立への道模索 岩沼「しおかぜ」仙台「つどいの家」
河北新報 2011/04/23
http://www.kahoku.co.jp/news/2011/04/20110423t13050.htm
◆2011/04/23 県内に広がる支援/東日本大震災
四国新聞 2011/04/23 香川ニュース
http://www.shikoku-np.co.jp/kagawa_news/social/article.aspx?id=20110423000157
◆2011/04/23 東日本大震災:成年後見人の安否確認開始…被災地の家裁
毎日新聞 2011/04/23
http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110423k0000e040023000c.html
◆2011/04/23 希望新聞:東日本大震災 Q&A 仮設住宅のバリアフリー化は?
毎日新聞 2011/04/23 東京朝刊
http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110423ddm035040087000c.html
◆2011/04/22 東北線が全線再開 JR貨物も輸送開始
岩手日報 2011/04/22
http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20110422_3
◆2011/04/22 累計699人の介護職員が被災地に派遣- 活動中の職員は84人・厚労省調査
キャリアブレイン 2011/04/22
http://www.cabrain.net/news/article/newsId/33821.html
◆2011/04/22 拠点避難所設置へ 小松市、月内にも整備
富山新聞 2011/04/22
http://www.toyama.hokkoku.co.jp/subpage/H20110422104.htm
◆2011/04/22 東日本大震災:要援護者の定義明確に 福祉救援の課題考える 神戸で支援会議 /兵庫
毎日新聞 2011/04/22 地方版
http://mainichi.jp/area/hyogo/news/20110422ddlk28040509000c.html
◆2011/04/22 国際支援の現場から 東日本大震災での医療援助活動
asahi.com 2011/04/22
http://www.asahi.com/international/shien/TKY201104220198.html
◆2011/04/22 東日本大震災:被災地の障害者支援 きょう近江八幡で県内13団体が募金活動 /滋賀
毎日新聞 2011/04/22 地方版
http://mainichi.jp/area/shiga/news/20110422ddlk25040371000c.html
◆2011/04/22 避難所の障害者1987人 本県沿岸、ケアの重要度増す
岩手日報 2011/04/22
http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20110422_11
◆2011/04/22 健やかわかやま:被災地へ届け、心 橋本の就労施設、東北の仲間にパン贈る /和歌山
毎日新聞 2011/04/22 地方版
http://mainichi.jp/area/wakayama/news/20110422ddlk30040450000c.html
◆2011/04/22 生活情報/掲示板/宮城労働局、沿岸3市3町で「出張相談」実施
河北新報 2011/04/22
http://www.kahoku.co.jp/news/2011/04/20110422t73028.htm
◆2011/04/22 東日本大震災:釜石で仮設住宅の引き渡し始まる /岩手
毎日新聞 2011/04/22 地方版
http://mainichi.jp/area/iwate/news/20110422ddlk03040023000c.html
◆2011/04/22 サインの旗:震災時に手を貸して 鶴見の視覚障害者支援団体製作 /神奈川
毎日新聞 2011/04/22 地方版
http://mainichi.jp/area/kanagawa/news/20110422ddlk14040155000c.html
◆2011/04/22 20キロ圏立ち入り禁止 住民本位の姿勢で臨め
中國新聞 2011/04/22
http://www.chugoku-np.co.jp/Syasetu/Sh201104220110.html
◆2011/04/22 希望新聞:東日本大震災 ボランティア 「気仙沼巡回療養支援隊」に参加
毎日新聞 2011/04/22 東京朝刊
http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110422ddm035040027000c.html
◆2011/04/21 東日本大震災:精神障害者、つらい避難生活 ストレスでトラブルも
毎日新聞 2011/04/21 東京夕刊
http://mainichi.jp/life/today/news/20110421dde041040028000c.html
◆2011/04/21 長期的な支援必要 精華の福祉法人が呼びかけ
京都新聞 2011/04/21
http://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20110421000049
◆2011/04/21 [震災生活ドキュメント]視覚障害者、ご近所が支援
読売新聞 2011/04/21
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=39743
◆2011/04/21 大阪市大と岩手県立大、避難生活支援へ
読売新聞 2011/04/21
http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/news/20110421-OYT8T00377.htm
◆2011/04/21 ツイッターから復興へ「食べるラー油」即座に完売
スポーツニッポン 2011/04/21
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2011/04/21/kiji/K20110421000669870.html
◆2011/04/21 社説:「東日本大震災」防災意識 どう継承していくかが課題だ
愛媛新聞 2011/04/21
http://www.ehime-np.co.jp/rensai/shasetsu/ren017201104212558.html



 
>TOP

◆東日本大震災:仙台市の賃貸あっせん、民間「仮設」に黄信号 応募1000件成立無し
毎日新聞 2011/04/30 東京夕刊
http://mainichi.jp/life/housing/news/20110430dde041040010000c.html
「◇優先対象の独居高齢者や障害者、断る家主続出
 仙台市が東日本大震災の被災者が入居する仮設住宅として募集した民間賃貸住宅への入居が難航している。4月中旬の締め切りまでに被災者の応募は1000件以上に上ったが、正式に入居が決まったケースはいまだゼロ。市が最優先とした独居老人や障害者の入居が、貸主の反対などでつまずいた。「思ったように進まない」と市も困惑しており、応募者のプレハブ仮設住宅への入居も視野に入れ始めた。【高橋宗男】
 市は仮設住宅の第1次入居申し込みに当たり、以前からのコミュニティーを重視した団体申し込みの対象をプレハブ仮設や公営住宅とした。このためコミュニティーにはこだわらない単独世帯での申し込み対象を民間賃貸住宅とし、1040件の申し込みがあった。
 市は▽年齢▽障害の程度▽妊産婦や乳幼児の有無−−などから優先順位を決め、不動産取引の業界団体にニーズにあった物件の提示を依頼。
 しかし「認知症になった場合は市が保証人になるのか」といった物件所有者からの問い合わせが相次ぎ、入居が断られるケースが続出した。業界団体は「ケアできる家族がいない場合は大家さんも受け入れにくい」と、高齢者や障害者の入居が進まない背景を説明する。
 ◇ニーズと開
 また、応募者の8割が世帯向きの物件を希望しているのに対し、供給予定の約2500軒のうち世帯向きは2割程度の500軒と不足している。さらに応募者の希望地域は震災前の住居に近い同市宮城野区、若林区に集中しているが、両区にはほとんど物件がない状況という。
 4月7日深夜に震度6強を観測した余震で宮城野区内の賃貸住宅が大きな被害を受け、新たな賃貸住宅を探す人が多く出たことも影響し、希望者のニーズと現状には大きな開きがある。
 市は県に対するプレハブ仮設の建設戸数要望を1000戸から2500戸に増やしており「第1次募集で賃貸住宅を希望した世帯の中からプレハブ仮設希望に変更する世帯が出てくるだろう」と予想している。」(全文)


 
>TOP

◆生活情報/掲示板/仙台市教委、図書館順次再開・予約など可能に
河北新報 2011/04/30
http://www.kahoku.co.jp/news/2011/04/20110430t73033.htm
「○仙台市教委は、市図書館を順次再開すると発表した。5月3日からは図書資料の貸し出し上限を7冊に増やし、インターネットや本館窓口で予約もできるようになる。他の図書館からの資料取り寄せやリクエストも、同日から可能。休館日は月曜と祝日の翌日、第4木曜日(太白図書館八本松分室を除く)。
 再開状況は次の通り。
 市民図書館(青葉区) 5月3日再開。開館時間は午前10時〜午後6時。4月30日まで建物西側に臨時窓口を設置▽太白図書館(太白区) 5月10日再開。開館時間は平日午前10時〜午後6時。土曜、日曜、祝日午前10時〜午後5時▽太白図書館八本松分室(太白区) 4月27日再開。当面、水曜、土曜正午〜午後4時の開館▽宮城野図書館(宮城野区) 4月28日から正面玄関前に臨時窓口を設置。開館時間は午前10時〜午後4時。 
 ○多賀城市こども福祉課は5月中旬までの平日午前9時〜午後5時、市内6カ所の保育所で乳幼児用ミルクを無償配布している。被災者なら多賀城市民以外にも配布する。配布場所(市外局番022)は鶴ケ谷保育所(363)1856、志引保育所(368)9887、あかね保育所(368)9154、笠神保育所(365)6962、八幡保育所(367)5200、浮島保育所(368)0440。連絡先は022(368)1141(内線183、184)
 ○医療用かつらメーカーのカトリ(東京)は、乳がんなどが原因で毛髪を失った被災地の女性に、かつらや付け眉毛を無料で送る。デザイン、色、サイズなどは相談に応じる。連絡先は03(5623)3003。
 ○仙台市急患センター(若林区舟丁)は5月2日から、小児科の月―木曜日の深夜帯(午後11時〜翌午前7時)の診療を再開し、通常通りの診療体制に戻す。内科の深夜帯は引き続き、休診する。連絡先は022(266)6561。
 ○日本てんかん協会は29日、仙台市宮城野区幸町の宮城県障害者福祉センター内に「東日本大震災・現地支援センター」を開設した。てんかんに関する医療、制度、日常生活、就労などの電話相談を受け付ける。連絡先は080(1668)3950。
 ○ネット検索大手のヤフーは、誰がどの避難所にいるのかなど、被災者情報をパソコンだけでなく携帯電話からも検索できる「公式避難場所名簿検索」を開始した。岩手、宮城、福島県の各自治体が公開している避難所名簿を元にしたサービス。同社では「避難所の人員構成も分かるので、支援活動にも役立つはず」としている。
 ○仙台弁護士会は5月6日まで、電話による無料法律相談を受け付けている。午前10時〜午後4時(5月2、6日は午後7時まで)。連絡先は0120(216)151。30日と5月1日には弁護士が宮城県内の避難所に出向いて一斉相談を行う。各避難所の開催時間も同じ電話番号で案内する。
 ○宮城県亘理町は震災ごみの受け入れを5月31日まで延長する。同町割山採取場でブロック、瓦、木製家具、家電製品を毎日受け入れる。午前9時〜午後3時半。業者に運搬を依頼する場合も排出者本人が現地まで同伴すること。連絡先は町民生活課0223(34)1113。
 ○ビーフアンドラムニュージーランド(東京)は5月1日正午から宮城県七ケ浜町の七ケ浜国際村で、2日午前11時からは郡山市のビッグパレットふくしまで、ニュージーランド牧草牛のバーベキューを行う。「栄養が不足しがちな被災者に、ニュージーランド牛を食べて元気になってもらいたい」と同社。七ケ浜町では400人分、郡山市では1600人分を調理する。
 ○ちんどん塩釜CM社は5月3日、ホテルグランドパレス塩釜向かい市営駐車場で「塩竈元気になるフェスタ」を開催。午前9時〜午後3時。ちんどん流し、ステージ余興などを行う。飲食屋台、フリーマーケットの出店者を募集している。連絡先は阪東流塩竈総本部022(362)5206。
 ○仙台国税局管内の各税務署は5月8日まで、被災による所得税や自動車重量税などの軽減・免除の相談を電話で受け付ける。午前8時半〜午後5時。住所地や避難先の最寄りの税務署に電話すれば電話相談センターにつながる。
 宮城県内の税務署の電話番号は次の通り。
 仙台北022(222)8121▽仙台中022(783)7831▽仙台南022(306)8001▽石巻0225(22)4151▽塩釜022(362)2151▽古川0229(22)1711▽気仙沼0226(22)6780▽大河原0224(52)2202▽築館0228(22)2261▽佐沼0220(22)2501
 ○東北運輸局は5月8日までの大型連休中、被災した自動車の抹消登録などに関する相談を電話で受け付けている。時間は午前9時〜午後6時。連絡先は022(207)3770。
 ○はたけなか製麺(白石市)は5月3日午前9時半〜午後2時、同市大手町の本社工場で「第5回はたけなか感謝祭」を開催する。工場見学や温麺(うーめん)の無料食べ放題などを開設。会場に募金箱を置き、集まった寄付金は商品の売上金の一部とともに被災地に送る。連絡先は同社0224(25)0111。
 ○税務、経理などの実務情報サービスの提供を手掛ける株式会社税務研究会(東京)は震災にかかわる税制上の対応を解説する緊急説明会を5月下旬、仙台市など東北4市で開く。財務省主税局、総務省自治税務局の担当官が解説する。無料。連絡先は研究会東北支局022(222)3858。日程と会場は次の通り。
 5月24日=郡山市・郡山ビューホテル(午前10時)、仙台市・ウェスティンホテル仙台(午後2時)▽26日=盛岡市・ホテルメトロポリタン盛岡(午前10時)、青森市・ホテル青森(午後2時半)
 ○東北学院大落語研究会の部員・OB有志は5月4日午後1時半から、仙台市青葉区本町、シエロ仙台ビル7階のいきちかセミナールームで「復興応援! チャリティー落語会」を開く。入場無料。投げ銭は震災の義援金にする。連絡先は桜井さん080(5470)7427。
 ○仙台市は30日、津波で生じたがれきの撤去に関する問い合わせに対応する専用ダイヤルを開設。受付は土、日曜、祝日を含む午前9時〜午後5時。連絡先は022(722)9788。
 ○仙台市は30日、多言語による震災関連情報の発信や外国人からの電話相談を担ってきた市災害多言語支援センターの活動を終了。5月1日以降、青葉区の仙台国際センター交流コーナーで同様の支援を継続する。交流コーナーの対応言語は日本語、英語、中国語、韓国語で、利用時間は午前9時〜午後8時。情報提供・相談対応ダイヤルは022(224)1919。
 ○ワーナー・マイカルなどは5月7日、サッカーJ1仙台のアウェー、セレッソ大阪戦のパブリックビューイング(PV)を宮城県内の被災地2カ所で行う。ワーナー・マイカル・シネマズ名取エアリ(名取市)では当日午前8時半から整理券約130枚、ワーナー・マイカル・シネマズ新石巻(石巻市)では午前9時から、約360枚を先着順で配布。午後6時半時開場。入場無料。22日の山形戦でも同様に実施する。連絡先は022(381)0708(名取エアリ)、0225(92)0711(新石巻)。」(全文)


 
>TOP

◆希望新聞:東日本大震災 ミニニュース 神戸で震災バザー
毎日新聞 2011/04/30 地方版
http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110430ddm035040037000c.html
「NPO法人神戸ライフ・ケアー協会は5月2日、「東日本大震災応援バザー」を同協会(神戸市東灘区御影中町2)で、午前10時半から午後5時まで開く。商品販売を希望していた岩手県陸前高田市の知的障害者通所施設「あすなろホーム」に、協会が希望新聞紙上で協力を名乗り出ていた。ホームが作ったユズのパウンドケーキ(500円)、リンゴのケーキ(150円)、おからクッキー(200円)などを扱う。売り上げは全額あすなろホームに渡す。バザーは毎月1回開く予定。」(全文)

 
>TOP

◆余録:災害弱者
毎日新聞 2011/04/30 地方版
http://mainichi.jp/select/opinion/yoroku/news/20110430k0000m070109000c.html
「震災後しばらくして一本の電話が小欄にかかった。「村長が被災した知的障害のある子どもを助けたい、と」。電話の主は岡山県倉敷市郊外の「たけのこ村」の万年やりくり助役、藤岡博昭さん(83)だ。ともすれば被災地で埋もれがちな側面に気づかせてくれた▲地図にない村は、中学校で養護学級を担当していた藤岡さんが34年前、「一杯の水を与えられるよりも、自分たちで井戸を掘ろう」と教職を辞め知的障害者の自立を目指して開いた。障害者と健常者が励ましあって畑を耕し、備前焼や埴輪(はにわ)を制作して自給自足している▲開村のきっかけはドルショックに石油ショックが重なり、「能率が悪い」と、はがき一枚の通告で教え子たちが次々と勤め先を解雇されたことに始まる。災厄で真っ先にしわ寄せを受けるのは、こうした弱者である▲「大震災でお父さん、お母さんがなくなられた人。ぼくたちのたけのこ村へ来てください」。障害のある藤枝一朗村長(40)の呼びかけを小紙の「希望新聞」が伝えている。藤岡さんは希望があれば、いつでも迎えに行くつもりだ▲東日本大震災から50日。先の見えない過酷な避難所の生活だ。とりわけ、障害者やお年寄り、子どもなど災害弱者に寄り添いたい。「ろうそくの小さな炎に手をかざし風を和らげ炎がゆっくりと大きくなるのを見守るように」。被災地を歩いた精神科医の野田正彰さんが共感の大切さを説いている▲たけのこ村の村民は竹の子が硬い土を突き破って伸びるように生きてきた。そのたくましさは根っこでしっかりつながっているからに違いない。村の電話は086・426・0820。」(全文)

 
>TOP

◆【東日本大震災】節電で障害者困惑 暗い駅、止まったエスカレーター(2/2ページ)
産経ニュース 2011/04/29 地方版
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110429/dst11042923100031-n2.htm
「視覚障害者だけではない。身体障害者にとっても“いつもの経路”が使えないのは大きな不安だ。  筋ジストロフィーを患い、足に障害のある東京都世田谷区の女性(43)は「なるべく外に出ないようにしている。出かけるとしても1人では無理」と打ち明ける。転倒したら1人で起きあがることができないからだ。  エスカレーターの停止で混雑した階段は他人にぶつかる可能性を考えると怖くて下りられない。女性は「案内板にも停止場所を記してほしい」と、具体的な節電場所の情報を求める。  東京メトロは、具体的な節電対策は各駅の判断に任せており、一律の対応は難しいという。ただ、案内板の点灯などバリアフリーの対応も順次進めるとしており、「できるだけ不便を取り除きたい」と話す。  バリアフリーに詳しい慶応大学の中野泰志教授(障害心理学)は「節電は仕方ないが、障害者にとっては我慢できるできないの話ではなく、生死にかかわること。不便を感じても言いだしにくい雰囲気になっている。公共機関では、照明のついた安心安全なルートを確保すべきだ」と話している。」(全文)

 
>TOP

◆【東日本大震災】節電で障害者困惑 暗い駅、止まったエスカレーター(1/2ページ)
産経ニュース 2011/04/29 地方版
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110429/dst11042923100031-n1.htm
「東日本大震災の影響で節電ムード一色になるなか、障害者に不安が広がっている。エスカレーターの停止で通い慣れた道がつかえなかったり、照明が消えた暗い道で転倒したりするためだ。大規模停電回避に必須の節電だが、外出を控えるようになった人もおり、バリアフリーへの配慮が求められている。(油原聡子)  「目印にしていた案内板や自販機の照明が消えると方向感覚を失ってしまう。いつも使う階段がどこにあるかもわからなくなる」  こう訴えるのは、「網膜色素変性症」の患者らでつくる団体の会長を務める金沢真理さん。この病気の主な症状に、暗いところでものが見えなくなる夜盲症(とり目)がある。  普段は問題がなくても、暗くなって目印が失われると、エスカレーター停止のロープに気づかずひっかかったり、階段に気づかずに転倒したりするという。実際に骨折した人もいる。  地下鉄などでは案内板の照明も消されているため、乗り換えや改札がわからなくなることも。障害者や高齢者の使用が想定されるエレベーターの案内板の照明まで消されている駅もあり、視覚障害者からは「駅の改札や階段を使うのが怖い」という声が上がる。」(全文)

 
>TOP

◆東日本大震災:県、借り上げ家賃負担 避難所生活困難な世帯−−来月から /福島
毎日新聞 2011/04/29 地方版
http://mainichi.jp/area/fukushima/news/20110429ddlk07040159000c.html
「県は28日、避難所や公営住宅ではなく自主的に民間住宅を借りて生活している避難者に対し、5月1日以降に県が住宅を借り上げて家賃を全額負担する特例措置をとると発表した。介護が必要な高齢者や障害者を抱える家庭が避難所を出て生活しているケースがあり、支援を求める声が上がっていた。
 通常の借り上げ住宅は県が物件を探して入居者を募集するが、今回は既に入居した世帯から申請を受け付け、他の借り上げ住宅や仮設住宅と同程度の条件と認められれば、県と家主との契約に切り替える。
 対象は、家賃6万円以下で耐震性のある賃貸住宅。住宅の全壊や原発事故で避難した被災者のうち、介護が必要な者や乳幼児への対応で避難所生活が困難と市町村が認めた世帯。期間は原則1年で、やむを得ない場合のみ2年まで延長する。県土木部は「3、4月にさかのぼって補助してほしいとの声もあるが、避難所にいる人との公平性からは難しい」としている。【関雄輔】」(全文)


 
>TOP

◆火災予防審:高齢者の災害対策諮問 2年後めどに提言 /東京
毎日新聞 2011/04/29 地方版
http://mainichi.jp/area/tokyo/news/20110429ddlk13010250000c.html
「東京消防庁の新井雄治・消防総監は28日、同庁で開かれた第20期火災予防審議会(会長=菅原進一・東京理科大教授)で、災害時の高齢者の安全対策を諮問した。審議会が首都圏直下型地震などを想定し、2年後をめどに提言をまとめる。
 具体的な諮問内容は(1)高齢社会の到来を踏まえた高層建築物の防火安全対策(2)高齢者や障害者ら災害時要援護者の被害軽減策。
 同庁によると、都内には4階建て以上の建物が約15万棟ある。5年後には都内の人口の4人に1人が65歳以上となる見込みで、エレベーターが使用できない災害時の避難方法や、被害を未然に防ぐための消防機関の役割などを求めた。
 新井総監は「東日本大震災の地震と津波を検証してあらゆる対策を立てたい」とあいさつし、菅原会長は「要救護者の被害をいかに軽減するかが我々の使命」と呼びかけた。【内橋寿明】〔都内版〕」(全文)


 
>TOP

◆【三重】被災時、精神障害の子のケアは 福祉避難所の準備が大切
中日新聞 2011/04/29
http://www.chunichi.co.jp/article/mie/20110429/CK2011042902000127.html
「 東日本大震災の被災地で、ストレスをためやすい精神障害や情緒障害の子どものケアが課題となっている。震災後、宮城県に派遣された児童精神科専門病院・三重県立小児心療センターあすなろ学園(津市)のスタッフは、障害者らが安心して暮らせる福祉避難所の必要性を訴える。
 同学園の医師と職員ら4人は19〜24日、県の「心のケアチーム」の一員として宮城県石巻市で活動した。避難所を巡回し、震災のショックや避難生活の負担で心的外傷後ストレス障害(PTSD)などに苦しむ被災者の支援に当たった。
 全国から保健師らが集まり態勢は十分だったが、スタッフが気になったのは精神障害の子どものようす。精神保健福祉士の資格を持つ同学園医療部主幹の山下亨さん(51)は見知らぬ人同士が肩を寄せ合う避難所を「ざわざわしていて、適応能力が低い子どもには厳しい環境だった」と振り返る。
 自閉症などの子どもはストレスをうまく伝えることができない。山下さんは「発達障害の男の子が人との接触を避けようと、体育館の隅でずっと音楽を聴いていた。声を掛けたが、逃げられてしまった」と被災地での苦い経験を思い返す。
 一方、石巻市は民間の社会福祉法人などの協力を受け、精神障害者らを対象とした福祉避難所も開設した。視察すると家族が和室などでそれぞれのペースで避難生活を送っていた。「特性を理解してくれる人と過ごすことで本人も両親も心が休まる」と実感した山下さんは「震災時は三重にも福祉避難所が必要になる。日ごろから準備しておくことが大切だ」と話した。
◇県「対応これから」
 三重県内での福祉避難所の指定状況について、県は「各市町の状況を正確に把握していないが、これから手を付けなければならない分野」と対応の遅れを認める。
 県地震対策室によると、精神障害の子どもを含む在宅の災害弱者の受け入れ先をどう確保するかが課題となる。担当者は「障害者や介護が必要な高齢者にとって大切な取り組み。今後は民間の福祉施設との連携も求められる」と話している。(鈴木龍司)」(全文)


 
>TOP

◆行政ニュース : 震災予算、介護保険制度に275億円――厚労省第一次補正予算案
ケアマネジメント 2011/04/29
http://www.caremanagement.jp/news+article.storyid+8766.htm
「厚生労働省は4月22日、2011年度厚生労働省第一次補正予算案の概要を公表した。
それによると、東日本大震災に係る復旧支援として1兆8,407億円(一般会計7,791億円、特別会計1兆616億円)を計上しており、その内訳は以下のとおり。
1)被災者への支援 5,971億円
2)被災地の復旧支援及び電力確保対策 1,306億円
3)雇用・労働関係の支援 1兆1,130億円
1)被災者への支援の中には、医療・介護・障害福祉の利用料負担・保険料軽減措置に1,142億円、医療保険制度に864億円、介護保険制度に275億円、障害福祉サービス 2.1億円が割かれている。さらに被災した高齢者、障害者、児童への生活支援等にも98億円の予算を配分した。
介護保険制度275億円の具体的な内容として、以下の2点が挙げられている。
・被災した被保険者について、介護保険の保険料、利用者負担額や食費・居住費の自己負担額の減免等を行う場合に、保険者等の負担を軽減するための財政支援を行う。
・ 今回の震災により影響を受けた保険者等が、円滑に業務を実施できるようにするための支援を行う。
2)被災地の復旧支援のなかには、医療施設等の災害復旧として906億円が計上されており、その中に社会福祉施設等の災害復旧として815億円が含まれている。
具体的には、被災した介護施設等の復旧に係る施設整備に対する国庫補助率を引き上げ、所要の国庫補助を行うもので、国庫補助率を、現状1/2 から 2/3(例:認知症高齢者グループホームなど) へ、介護老人保健施設などは現状1/3を 1/2へ引き上げるとしている。
・2011年度厚生労働省第一次補正予算案の概要」(全文)


 
>TOP

◆【埼玉】GWは被災地へ ボランティア続々
東京新聞 2011/04/29
http://www.tokyo-np.co.jp/article/saitama/20110429/CK2011042902000074.html
「ゴールデンウイークを迎え、県内から東日本大震災の被災地に向かうボランティアの出発が本格化している。現地では津波や、家屋解体による粉じんが深刻化しており、主催者は市民の参加にはマスクやゴーグル、くぎを踏み抜かない安全靴や底の厚い長靴などの持参を呼び掛けている。  富士見市は二十九日から「災害ボランティアバスパック」を三回計画。第一次隊は星野信吾市長と市職員ら四十八人で、二十九日夜に出発。三十日に宮城県東松島市で家屋清掃などを行う。第二次隊(五月十三、十四日)と第三次隊(同二十七、二十八日)には公募市民ら三十人が参加する。  ふじみ野市は永田喜雄副市長ら市職員と清掃会社三社の計三十六人が二十八日夜、市役所を出発。バスには現地の要請で肉や野菜などの生鮮食品が積み込まれた。二十九日朝から市職員は同県石巻市で家屋清掃を行い、清掃会社の清掃車三台は家屋ごみの仮置き場への運搬を行う。  東松山市地域自立支援協議会は、障害者や要介護高齢者が避難する石巻市の避難所四カ所で五月三〜五日、炊き出しやレクリエーションを行う。参加するのは東松山市内の施設職員や市民ら約四十人。同協議会の曽根直樹地域福祉課長は「現地の福祉施設は人手がなく、食事もカロリーが足りない状態。『レクリエーションまではとても手が回らない』と要請を受けた」と話した。(中里宏)」(全文)

 
>TOP

◆福祉施設の避難手引書作成求める 土砂災害備え県が説明会
福井新聞 2011年04月29日
http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/society/27829.html
「土砂災害時に福祉施設利用者の安全を確保しようと福井県は、土砂災害の恐れがある区域内の福祉施設を対象に、利用者の避難マニュアル作成の手引書とひな型を作り、28日福井、敦賀両市で説明会を開いた。マニュアルを作成した上で避難訓練を繰り返し行い、防災意識を高めるよう施設管理者らに求めた。
 県はがけ崩れや土石流、地滑りの恐れがある「土砂災害警戒区域」に県内の約1万1500カ所を指定している。区域内に立地する保育所や老人施設、障害者施設などの「災害時要援護者関連施設」は163ある。
 土砂災害時の避難マニュアル作成に法律上の義務付けはないが、2009年7月に山口県防府市で起きた土石流で特別養護老人ホームの利用者7人が死亡したことを教訓に、同県をはじめ全国で作成が進められている。
 福井市の県国際交流会館で開かれた説明会には、嶺北の福祉施設管理者や市町防災担当者約110人が出席した。県の担当者が「気象情報の入手先を明記すると便利」「“空振り”を覚悟で早めの避難が大切」と助言し「年度内に作成して避難訓練を積んでほしい」と求めた。
 福井市宿布町で知的障害児者施設を運営する足羽福祉会職員の大谷省二さんは「火事や地震を想定した避難マニュアルはあるが、土砂災害のマニュアルはなかった。障害児者の避難誘導は時間がかかるので、すぐに作成して訓練し、非常時に備えたい」と話していた。」(全文)


 
>TOP

◆お年寄り守る施設を…被災地からの声
日テレニュース24 2011年04月29日
http://news24.jp/articles/2011/04/29/07181875.html
「東日本大震災の被災地では、多くの人たちが避難所などで今も厳しい生活を余儀なくされている。被災地で「いま、つたえたいこと。」を聞いた。
 ◇宮城・亘理町の亘理小学校より
 ・佐藤祝子さん(69)と菊池眞笹子さん(65)「荒浜4丁目の菊池眞笹子です。おうちが流されました。お父さんも亡くなりました。あと、みんな無事だったんですけども、なぜこんなふうになったのかちょっと想像もつかないですね。早く落ち着く場所が欲しいです」
 ◇仙台市宮城野区の「宮城野の里」より
 ・介護福祉士の相馬由里さん(33)「沖縄から3か月の支援で来ました介護福祉士の相馬由里です。1回目の大きな地震では、私は沖縄にいて、ニュースでしか聞いていない中で今回の地震があって、私も同じ被災者の一人になってしまって、職員の方や地元の人たちから『ボランティアなのに被災者にしてごめんね』と言われました。地震を体験して、本当につらくて大変だったということが私自身わかったし、この2日間、真っ暗の中でお年寄りと一緒に生活できたことはそれなりにいい経験でもあったし、逆に必要なこととか欲しいものがわかったと思います。今、欲しいものは、お年寄りを守ってくれるような施設。仮設の老人ホームだったり、仮設のグループホームだったり、お年寄りや障害者、立場の弱い人たちがきちんと守れるような行政の指導をやってほしいと思います」
 ◇宮城・石巻市雄勝町の森林公園より
 ・杉山トクヨさん「今回、皆さんにこういう状態でいろいろお世話になりまして、物資やなんかもいっぱい頂いて本当に感謝しております。一生懸命頑張りますので、どうぞ今後ともよろしくお願いします。ありがとうございました」」(全文)


 
>TOP

◆全行政区に防災組織 糸島市
西日本新聞 2011年04月29日
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/239532
「□住民に結成を働き掛けへ
 東日本大震災を受け、防災体制強化の一環として、糸島市は市内162行政区全てで、本年度中に住民による自主防災組織を立ち上げるよう働き掛ける方針を決めた。28日、市役所であった代表区長会で組織の必要性を説明した。
 同市は市域のかなりの部分が玄海原発(佐賀県玄海町)から半径30キロ圏内に入り、福島第1原発の事故を受けた原子力防災の体制づくりも急務。高齢者や障害者、妊婦、乳幼児といった避難が困難な人の支援が大きな課題となっている。大規模災害時、行政の力には限界があり、「自らの地域は自ら守る」という意識を高める狙いもある。
 自主防災組織は(1)緊急時に連絡、避難などで助け合う隣近所のグループ(20世帯程度)づくり(2)危険箇所の把握(3)避難場所の確保−などを実施。その上で、2012年度は自主的な防災訓練を行うことも視野に入れている。設立にあたっては、専門知識のある防災士のサポートも予定。
 同市では10年度、自主防災組織設立のモデル事業として、県と市が東風小学校区を対象に災害図上訓練などを行い、同校区の7行政区が自主防災組織を結成している。=2011/04/29付 西日本新聞朝刊=」(全文)


 
>TOP

◆相模原市の知的障害者施設が避難手順確認の訓練、「災害弱者」の逃げ遅れ防ごう/神奈川
カナコロ 2011年04月28日
http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1104280053/
「震災時、「災害弱者」と呼ばれる障害者の逃げ遅れを防ごうと、知的障害者施設「くりのみ学園」(相模原市緑区牧野)で28日、入・通所者の安全な避難手順を確認する訓練が行われた。
 訓練は震度7の地震が発生し、施設内で火災が起きたと想定。約50人の入・通所者や職員らが、津久井署、津久井消防署の協力の下、険しい斜面に建つ同施設から、約100メートル離れた平地上の作業場に避難する手順を確認した。
 火災発生の合図を受け、職員らが入・通所者の手を取り、施設外に避難。点呼を行って全員の安全を確認し、職員らが「ゆっくり進んで下さいね」と声を掛けながら、入・通所者を作業場まで誘導した。
 訓練を指揮した古宮忠男・津久井署長は「大きな地震が発生しても、今日のように落ち着いて避難して下さい」と講評した。小俣直志施設長は、避難時には大切なものでも取りに戻ろうとしないことなどを参加者に呼び掛けていた。
 同施設では東日本大震災の発生時、大きなトラブルはなかったが、高齢の入所者の中には落ち着かない様子の人もいたという。小俣さんは「訓練を重ねて、もしものときに備えたい」と話していた。」(全文)


 
>TOP

◆遊山箱:東日本大震災の発生で、県内の聴覚障害者は… /徳島
毎日新聞 2011年04月28日 地方版
http://mainichi.jp/area/tokushima/news/20110428ddlk36070669000c.html
「東日本大震災の発生で、県内の聴覚障害者は「いざという時に避難できるのか」と不安を抱えています。音声による緊急時の情報に反応できない聴覚障害者に向けた情報伝達の仕組みは整っていません。近い将来、高い確率で発生が予想される南海地震への対策が急がれます。
 聴覚障害者の1人は「地震や火事が起きた時の対処方法が分からない」と話します。音が聞こえない場合、どちらの方向に避難すれば良いかなど判断が難しくなります。実際、宮城県内の聴覚障害者の中には、訳も分からず高台へと連れて行かれ、そこで初めて津波を知った人もいるそうです。
 災害時に欠かせないのは周囲のサポートです。避難後も、情報が入ってこなければ、生活に支障が出ます。取材後、少しずつ手話を学び始めました。役に立つか分かりませんが、普段から、思いやりを持つことを心掛けたいと思います。【山本健太】」(全文)


 
>TOP

◆被災者による成年後見制度の利用を- 厚労省が事務連絡
キャリアブレイン 2011/04/28
http://www.cabrain.net/news/article/newsId/33938.html
「厚生労働省は4月27日、東日本大震災に被災し、財産管理などができなくなった高齢者や障害者が出たり、成年後見人らが支援できなくなったりした場合を想定して、被災者による成年後見制度の利用を促す事務連絡を都道府県などにあてて出した。同制度の利用は、高齢者らの財産の不当な処分などを防止する観点から重要だとしている。
 事務連絡では、介護事業者や障害福祉事業者などが取るべき対応を説明している。
 介護事業者などは、認知症や知的障害、精神障害により判断能力が十分でなく、成年後見制度を利用すべき人を見つけた場合に、市町村や地域包括支援センターなどに連絡する。さらに、同制度を利用すべき人の成年後見の申し立てを検討している場合は、地域包括支援センターなどの相談窓口か、家庭裁判所の手続き案内の窓口を紹介してもらう。
 また、成年後見人、保佐人、補助人が被災して活動できていない状況を把握した場合は、市町村か家庭裁判所に連絡する。
 厚労省の担当者は、「既に成年後見制度を利用している高齢者や障害者の預金は、成年後見人らでないと下ろせない。成年後見人らが被災して死亡している場合などに、周囲の迅速な対応が必要になる」と話している。」(全文)


 
>TOP

◆【東日本大震災】高齢者ら災害弱者の被害軽減策を 都が審議会に諮問
産経ニュース 2011年04月28日
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110428/lcl11042815130003-n1.htm
「東日本大震災の発生をうけて、東京都は28日、東京で大震災が発生した際に備えて、高齢者や障害者らの救助など被害軽減策を見直すため、知事の諮問機関「火災予防審議会」に具体策を諮問した。2年以内に答申を受ける見通し。
 東日本大震災では高齢者らが多数被害にあったことから、都では、東京で大規模震災が発生した場合でも、多数の高齢者の情報入手や救助・避難で問題が生じる可能性が高いとして、改めて対策見直しを諮問した。
 都では救助にかかわる東京消防庁の役割について、「消防機関として実施すべき被害の未然防止策や関係機関の連携が必要」としている。
 諮問は28日の火災予防審議会総会で行われ、新井雄治消防総監が「大震災で、さらなる防災の充実が求められている」とあいさつ。審議会の菅原進一会長(東京理科大教授)に諮問書を手渡した。」(全文)


 
>TOP

◆つなごう希望:東日本大震災 続く不安、障害者のサポート急務 /熊本
毎日新聞 2011年04月28日 地方版
http://mainichi.jp/area/kumamoto/news/20110428ddlk43040488000c.html
「<被災者支援>
 ◇専門職派遣呼びかけ 福島県内の避難所訪問「きょうされん」熊本支部会見
 ◇来月10日に活動報告会
 東日本大震災で被災した障害者らの支援活動をしている「きょうされん」熊本支部が27日、県庁で記者会見し「障害者は誰がどこにいるかも分からず、被災直後のような状態が続いている」と、専門職派遣などを呼びかけた。同支部は5月10日午後6時半から、熊本市長嶺南の県身体障害者福祉センターで報告会を開く。【結城かほる】
 福祉事業所などでつくる「きょうされん」は日本障害フォーラム(JDF)の一員として、岩手、宮城、福島3県で被災した障害者や家族を支援し、熊本支部は福島県郡山市の支援センターで活動している。
 4日から10日間現地入りした精神保健福祉士の飯川修二さん(48)は、被災した障害者の実態把握のため福島県内の避難所を訪問して回った。ある避難所では「障害者はいない」と言われたが、館内放送をしたところ精神保健ボランティアから「この避難所に何人もいて、医師や薬の手配をしている」と打ち明けられた。
 飯川さんは「特に精神障害者は差別を恐れたり遠慮したりして避難所でも言いにくい。施設職員や自治体も被災していて実態がつかめない。県外から支援につなげられるネットワークが必要だ」と話した。
 熊本支部事務局長の宮田喜代志さん(52)も現地入りし、国の補助金など福祉事業所は一般企業と組織が異なるため、復興の枠組みを別にする必要があると感じた。「事業所の納入先は地域の企業であり、並行して復興を進めることが必要だ。県内でもいつどんな災害があるか分からず、事業所が被災後に再開するための仕組みを考えなければならない」と話した。
 5月10日の報告会では飯川さんらが現地報告をし、資機材や車など被災した作業所の再開に必要な物資の提供などを呼びかける。」(全文)


 
>TOP

◆東日本大震災:被災障害者支援、個別の困り事に対応を 現地報告でNPO理事 /大阪
毎日新聞 2011年04月28日 地方版
http://mainichi.jp/area/osaka/news/20110428ddlk27040364000c.html
「◇現地報告で訴え
 東日本大震災で被災した障害者の支援活動を行っているNPO法人「ゆめ風基金」(大阪市東淀川区)の報告会が26日、大阪市浪速区であった。集まった約80人の聴衆を前に、同基金の八幡隆司理事(53)が現地での活動を報告した。【細川貴代】
 「ゆめ風基金」は、95年の阪神大震災で被災した障害者を支援するために設立された。救援基金をもとに、各地の災害で被災した障害者支援の活動をしている。
 八幡さんは3月30日から4月24日まで宮城県、岩手県、福島県へ支援に入った。主に仙台市内の事務所を拠点に、地域で生活する障害者の安否確認や相談支援、避難所に身を寄せる障害者におむつや食糧などの物資提供をしてきた。
 八幡さんによると、現地ではヘルパーが不足しており、避難所や地域で生活する障害者の日常生活の支援ができていない。自分で移動できない障害者の病院への送迎手伝いや、事業所のサービス停止で入浴介助のニーズが高まっているという。「避難所や親類宅にいるから安心というのではなく、そこでの生活に困り事はないかと、被災した人にニーズを具体的に問う視点が大切と思う。障害者は困り事があっても、遠慮して打ち明けられないのが現状。被災した障害者に会い、個別のニーズを聞いて支援していく人員がもっと必要です」と訴えた。
 ゆめ風基金では、被災地で障害者の安否確認や生活調査、ヘルパーとして生活支援に携わることのできるボランティアを募集している。最低でも1週間以上の間、現地に滞在できることが条件。問い合わせは同基金(06・6324・7702)。」(全文)


 
>TOP

◆【東日本大震災】被災した視覚障害者、11人安否不明 支援団体調査
産経ニュース 2011年04月28日
http://sankei.jp.msn.com/region/news/110428/myg11042812040005-n1.htm
「東日本大震災で被災した視覚障害者のうち、宮城県内の太平洋沿岸13市町だけで少なくとも11人が安否不明のままで、38人が避難所生活を送っていることが27日、支援団体の調査で分かった。これまでほとんど明らかになっていなかった視覚障害者の被災実態の一端が明らかになったが、調査で所在が分かったのは、13市町の視覚障害者のわずか15%。避難所生活が長期化する中、避難所内で障害を抱えていることを言い出せない人もいるといい、災害弱者に対する支援の在り方が課題となっている。(池田祥子)
 調査したのは、日本盲人福祉委員会がつくる「東日本大震災視覚障害者支援対策本部」。地元の支援団体が持つリストなどをもとに今月6〜23日、13市町に住む視覚障害者の所在を避難所巡回や電話で調べ、273人について確認した。
 この結果、転居を含め262人の安全が確認できたが、11人の安否は不明で、うち2人は死亡したとの情報もあるが確認できていないという。
 対策本部によると、13市町で身体障害者手帳を持つ視覚障害者は1847人にのぼり、今回の調査では全体の85%は所在すら確認できなかった。同本部は「視覚障害者の被災実態は、まだ十分に把握できているとはいえない」としている。
 また、同本部が視覚障害のある被災者に不安に思うことを尋ねたところ、多くが「情報が入らない」と回答。避難所などでの情報伝達は文字情報によるものが多く、生活情報が入りにくい環境にあるという。」(全文)


 
>TOP

◆民間賃貸住宅への直接避難者も補助対象
福島放送 2011年04月28日
http://www.kfb.co.jp/news/index.cgi?n=201104283
「災害救助法に基づく被災者への家賃補助で、県は市町村への申請手続きをせずに民間の賃貸住宅に既に入居した被災者を補助の対象にする。
5月1日から補助を始める。
27日の県議会災害対策本部会議で示した。
対象は住宅の全壊や原発事故の影響などで避難した被災者のうち、高齢者の介護や障害者、乳幼児への対応、子どもの通学などで避難所での生活が困難と市町村が認めた世帯。
昭和56年以降に建設された住宅で、家賃が6万円以内の条件で家賃を全額補助する。
県は仮設住宅の建設促進に向け、用地として民有地を借り上げることも検討する。
公有地を用地に活用しているが、7月末までに1万4千戸、追加で1万戸の合わせて2万4千戸を建設する予定で、公有地だけでは対応できない可能性もあるという。」(全文)


 
>TOP

◆東日本大震災:宮城の障害者作業所、販路開拓へ支援の輪 町田の連絡会が協力 /東京
(毎日新聞 2011年4月28日 地方版)
http://mainichi.jp/area/tokyo/news/20110428ddlk13040276000c.html
「◇再開も製品売り上げ減少、被災地訪問時にSOS
 東日本大震災で被災した宮城県柴田町の社会福祉法人「はらから福祉会」(武田元(はじめ)理事長)が運営する8カ所の障害者の共同作業所は、震災から1カ月を経て、ようやく全面再開にこぎつけたが、新たな難題に直面している。製品の販売先が被災し、販路が確保できず、作業所で働く障害者にとっては十分な賃金が得られない状態が続いている。販路開拓に協力しようと全国各地の障害者関係団体が立ち上がった。【松本惇】
 きっかけは町田市のNPO法人「町田作業所連絡会」の天野貴彦理事長(50)が3月下旬に被災地を訪問し、以前から親交があった武田理事長から「販路開拓に力を貸してほしい」との切実な訴えを聞いたことだった。
 武田理事長が運営する宮城県内の8作業所の施設そのものに大きな被害はなかったが、水道やガスなどが止まったために作業中止に追い込まれた。今月20日ごろまでに全作業所の再開にこぎ着けたが、震災前の販売先が確保できず売り上げが減少した。3月の賃金は2万〜3万円しか払えない作業所もあり、職員がカンパして支えたが、4月以降はさらに厳しい状況が続く。
 窮状を知った天野理事長は30日に町田市の「ぽっぽ町田」(原町田4)でチャリティーイベントを開くことを決めた。岩手、宮城、福島の3県の17作業所が参加し、クッキーやパン、豆腐などを販売する。すでに同NPOが販売価格で品物を買い取り、計約400万円を被災地の作業所に送る。
 さらに天野理事長がブログなどで呼び掛けたところ、堺市の「国際障害者交流センター」が29日、岐阜市の社会福祉法人「いぶき福祉会」が5月15日に同様の販売会を開催することになった。両者の担当者は「遠く離れた場所でも何か支援したいと思った。今後も定期的にやっていきたい」としている。
 天野理事長は「阪神大震災の時は被害が局所的だったため、大阪などの近隣で販路の確保ができたが、今回は被害が広範囲に及ぶため、遠方からの支援が必要。今回のイベント実施でマニュアルを作り、全国に発信していきたい」と話し、全国の共同作業所などでつくる「きょうされん」を通じて周知していきたいとしている。問い合わせは「就労支援センターらいむ」内の天野理事長(042・721・2460)へ。〔都内版〕」(全文)


 
>TOP

◆東日本大震災:市営住宅空き室、避難世帯に提供−−小金井市 /東京
(毎日新聞 2011年4月28日 地方版)
http://mainichi.jp/area/tokyo/news/20110428ddlk13040287000c.html
「小金井市は同市桜町2の8にある市営住宅の空室1戸(3DK)を東日本大震災で被災したか、東京電力福島第1原発事故で避難した世帯(2人以上)に無償で提供する。
 募集は5月9日から11日まで。入居期間は原則6カ月。申し込み多数の場合、乳幼児、妊婦、障害者や高齢者がいる世帯を優遇して抽選する。家賃・敷金は免除するが、生活費などは入居者の負担。申し込み・問い合わせは市役所第二庁舎のまちづくり推進課住宅係(042・387・9861)【森下功】〔都内版〕」(全文)


 
>TOP

◆被災の障害者「孤立」
(朝日新聞 2011年04月28日 MY TOWN熊本)
http://mytown.asahi.com/kumamoto/news.php?k_id=44000001104280003
「東日本大震災で被災した障害者を支援するため、県内の障害者団体の職員が今月上旬、福島第一原発事故の被害が続く福島県に入った。職員が目にしたのは、トラブルや差別を恐れながら不自由な生活を続ける障害者の姿だった。職員らは27日、県庁で記者会見し、被災地で障害者支援が行き届いていない現状を報告した。
  会見したのは、県内の福祉事業所などでつくるきょうされん熊本支部の宮田喜代志事務局長(52)とNPO法人やすらぎ福祉会の飯川修二さん(48)ら。きょうされんが加盟する日本障害フォーラム(東京)が福島県郡山市に置く支援センターを拠点に、避難所や福祉作業所などを回った。
  きょうされん熊本支部の第1陣として、飯川さんが郡山市に入ったのは今月4日。各県から集まった約20人が少人数の班に分かれ、南相馬市やいわき市などの避難所を訪問し、避難生活を送る障害者から要望を聞き取るのが目的だった。
  だが、調査は難航した。「どこの避難所に行っても、『障害者がいなかった』」と飯川さん。地元の行政職員がほかの被災者の対応に追われ、障害者の存在自体を把握していない避難所が多かったという。
  所在が確認できた障害者とその家族は、避難所でひっそりと暮らしていた。飯川さんが郡山市内の避難所で出会った、身体的な障害と知的障害の両方がある息子を持つ母親は「自分たちがいると、迷惑がかかる」とつぶやいた。原発から30キロ圏内の自宅に帰りたいと訴えたという。
  飯川さんらによると、障害への無理解から、精神に障害のある被災者の入所を拒んだ避難所もあり、避難所を避けて自宅にとどまったり、各地を転々としたりする障害者も多い。
  このため、福島県内で被災した障害者の状況は大震災から1カ月後も「被災直後の段階」と宮田さん。今後は生活物資の支援に加えて、障害に応じた相談に対応できる人的な支援が不可欠になるという。
  きょうされん熊本支部は5月10日午後6時半から、熊本市の県身体障害者福祉センターで報告会を開き、被災地の障害者への支援を呼びかける。問い合わせは、同支部(096・284・5877)へ。 」(全文)


 
>TOP

◆要援護者台帳 亀山市が整備
(朝日新聞 2011年04月28日 MY TOWN三重)
http://mytown.asahi.com/mie/news.php?k_id=25000001104280002
「□4264人登録
 亀山市は、災害時に高齢者や障害者ら要援護者を的確に支援できるよう「災害時要援護者台帳」を整備した。市地域防災計画に定めた市内15カ所にある代表避難所の代表者に、台帳の写しを提供し、支援に役立ててもらう。
 台帳に登録できるのは、一人暮らしの65歳以上、世帯全員が65歳以上、身体障害者手帳を交付された障害者らが対象。5467人いるうち4264人が登録したという。
 写しを受けた代表者は災害時に限り、自治会長や自主防災組織の長、市消防団員、民生委員・児童委員らに、この写しを提供できる。安否確認をはじめ避難誘導や救出、情報提供などに役立ててもらう。
 市は、2年前から災害弱者支援のための研究グループをつくり、支援体制確立に取り組んできた。」(全文)


 
>TOP

◆シリーズ大震災 福島から(2)避難所生活で病状悪化
(読売新聞 2011年04月28日)
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=40078
「「できるなら福島県に帰りたい。でも、この体では過酷な避難生活には耐えられない」
 福島第一原発の事故で、避難指示が出た20キロ・メートル圏内にある南相馬市小高区の松本寿美子さん(52)は、脳性まひのため両手両足が不自由で、車いすで生活している。今は新潟県新発田市の民家に身を寄せる。
 避難指示が出た後、実弟ら家族とともに自宅を出た。南相馬市内の避難所の小学校で寝起きするのは、冷たい床にマットと毛布を敷いただけの寒い体育館。持病の股関節や腰の痛みが日に日に増していった。
 障害者用トイレはあったが、一人で使えるよう工夫された自宅のものとは違い、使う時は手助けが必要だった。周囲に遠慮し、トイレの回数を減らそうと、足のむくみを取るため服用してきた利尿剤をやめた。すると、足首は周囲が40センチを超えるほどむくんだ。後でわかったことだが、股関節は外れた状態だった。
 友人を通じて知った福島県田村市のNPO法人「ケアステーションゆうとぴあ」の助けで、3月25日、新潟県へ。自宅が避難区域となったヘルパー一家との生活にほっとしているが、先が見えない不安はつきまとう。
 「健康状態の良くない人には、体育館での生活は大変過ぎる。家に帰れれば何の問題もないのに」と松本さん。避難した体育館には、ほかに5、6人の障害者がいたという。
 20〜30キロ・メートル圏に当たる南相馬市原町区の山田せつ子さん(68)は、脳梗塞で右半身まひがある姉(73)を介護している。一時は屋内退避区域とされ自主避難が求められたが、家を出る気にはなれなかった。「姉を動かしたり避難所暮らしをさせたりしたら、かえって悪くなって死んでしまう」と心配する。
 原発事故で避難を求められた住民の中でも、体の弱った高齢者、病気や障害を抱える人たちは、健康な市民以上の困難に直面している。体調を心配して避難できずにいたり、避難生活で症状が悪化したり。事態が長期化するほど深刻だ。
 県内の避難所を回り、こうした人たちを支援している民間団体「被災地障がい者支援センターふくしま」には、30キロ・メートル圏内の自宅にいる人から「車いすでも暮らせる避難所はどこか教えてほしい」といった相談が寄せられる。しかし、県も個々の避難所がどのような設備を備えているかは把握できていないのが実情だ。
 代表の白石清春さんは「無理な環境での避難生活は命にかかわる。体調の良くない人や体が不自由な人に配慮した避難所を整備してほしい」と訴えている。」(全文)


 
>TOP

◆水難事故:原発事故で避難の11歳女児水死 障害者施設でレク中、海で−−千葉・鴨川
(毎日新聞 2011年04月28日)
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110428ddm041040143000c.html
「27日午前9時半ごろ、千葉県鴨川市太海の海岸から約20メートル沖合で、福島第1原発事故のため避難していた福島県富岡町の障害者施設「東洋学園」の小学6年、久保田菜々さん(11)がおぼれているのを施設職員が発見。漁船に救助されたが、病院で死亡した。
 久保田さんらの避難先だった「県立鴨川青年の家」によると、同日午前中に生徒27人、職員7人が体育館でレクリエーション活動中、いなくなった。体育館そばのがけから10メートル下の海でおぼれていたという。県警鴨川署によると、死因は水死。同学園の猪狩学児童部長は「プール遊びが好きだった。扉のかんぬきを開けて外に出たのかもしれない」と話した。【斎藤有香、米川康】」(全文)


 
>TOP

◆希望新聞:東日本大震災・サポート情報 27日現在
(毎日新聞 2011年04月28日)
http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110428ddm035040027000c.html
「◇イベント
 余震などの影響で中止や変更の可能性もある。
 <岩手県>
 遠野ふるさと村 春物語(遠野市) 29日〜5月5日、遠野ふるさと村。かやぶきの曲がり家を移築し、昔ながらの遠野の集落を再現した体験型テーマパーク。期間中、日替わりで獅子踊りや昔話、子どもが乗れるポニー引き馬、郷土食販売などがある。電話0198・64・2300
 がんばろう岩手! 北上展勝地の桜(北上市) 5月5日まで、北上市立公園展勝地。北上川の河畔約2キロにわたって咲く桜並木を中心に、日替わりで観桜茶会や民謡まつりなど多彩なイベントがある。桜のトンネルを走る観光馬車も運行する。北上観光協会 電話0197・65・0300
 子供騎馬武者行列(奥州市) 5月3日午後、水沢地区市街地。駒形神社の例祭で、稚児行列とよろいかぶとの子供騎馬武者が市内を練り歩く。市商業観光課 電話0197・24・2111
 毘沙門まつり全国泣き相撲大会(花巻市) 5月3〜5日、三熊野神社。6カ月〜1歳半の幼児が土俵で向かい合い、先に泣いた方が負けという行事。3日間で約850人が参加する。三熊野神社 電話0198・42・3921
 <宮城県>
 春の洋ラン展in村田(村田町) 5月8日まで、村田町物産交流センター。町内の洋ラン農家が栽培したカトレアなど約2000鉢を展示即売。10〜16時。電話0224・83・5505
 あぶくまの里たけのこ狩り体験(丸森町) 5月3〜8日、丸森町耕野地区。9時50分に耕野ふるさと交流センターに集合し、タケノコ山へ移動。約1時間半のタケノコ狩り体験ができる。タケノコご飯とタケノコ汁の昼食、おみやげ付き。中学生以上1200円、小学生500円。掘ったタケノコは産地価格で購入する必要がある。各日50人限定。事前予約は耕野まちづくりセンター 電話0224・75・2134、開催当日は耕野ふるさと交流センター 電話0224・75・2271
 復興へ頑張ろう! みやぎ おおさきうまいもの市(仙台市青葉区) 5月6日10〜16時、勾当台公園(グリーンハウス勾当台前)。大崎市の生産者10店が出店し、新鮮野菜や漬物、乳製品、アユの塩焼き・加工品などを直売する。おおさきアグリビジネス連絡会事務局 電話0229・91・0763
 <福島県>
 須賀川牡丹園開園(須賀川市) 5月31日まで、8時半〜17時。全国で唯一、国の名勝に指定されている牡丹園で、樹齢200年を超えるボタンなど約7000株を鑑賞できる。期間中、さまざまな催しも。震災を受け、今年度は無料で公開する。須賀川牡丹園保勝会 電話0248・73・2422
 風評被害なんかぶっ飛ばせ! 喜多方六斎軽トラ市(喜多方市) 5月5日9〜15時、市中心部のふれあい通り商店街。軽トラ約20台が集まり、荷台で新鮮な野菜や果物、海産物、工芸品などを直売する。バター作り体験や野だて、バーベキューコーナーも。会津喜多方商工会議所 電話0241・24・3131
 ◇給付・貸付
 ■義援金
 岩手、宮城、福島3県の一部市町村が受給申請の受け付けを始めた。罹災(りさい)証明書の他に預金通帳や印鑑、本人確認が可能な書類などが必要(自治体によって違う)。受け付け中、または開始予定の主な自治体と申請場所は次の通り。
 <岩手県>
 ◆野田村 住民福祉課で受け付け中。
 ◆宮古市 28日=崎山小、鍬ケ崎小、宮古二中▽29日=グリーンピア三陸みやこ、田老総合事務所、重茂漁協▽30日=花輪農村文化伝承館、磯鶏小、河南中▽5月1日=宮古小、山口小、藤原小▽2日=金浜老人福祉センター、宮古市民総合体育館シーアリーナ、愛宕小(いずれも13〜18時)。3日以降は市役所1階が窓口になる。
 ◆大船渡市 28日=リアスホール、大船渡地区公民館、旧花菱縫製工場▽29日=大船渡北小体育館、末崎ふるさとセンター、崎浜公民館▽30日=大船渡北小体育館、末崎ふるさとセンター、宮野多目的集会施設▽5月1日=大船渡中体育館など▽2日=下船渡公民館など▽3日=南笹崎公民館など▽4日=赤崎中井公民館(いずれも9時半〜15時)。市役所は4日から受け付け。
 <宮城県>
 ◆仙台市 市役所本庁舎と各区役所、宮城総合支所、六郷市民センター、七郷市民センターで受け付け中。9時〜16時半。5月までは土日祝日も対応する。4月29、30日、5月1日のみ宮城野体育館、岡田小でも受け付ける。郵送での申請は、市社会課義援金担当へ。
 ◆岩沼市 5月15日まで、市役所6階第1会議室で受け付ける。
 ◆大崎市 社会福祉課、または各総合支所保健福祉課で5月9日から受け付け予定。平日のみ。
 <福島県>
 移転した住民が多く、自治体の窓口のほか、郵送での申請も受け付けている。
 ◆南相馬市 原町三小体育館で9〜17時。窓口は28日まで◆相馬市 市役所分庁舎1階社会福祉課で8時半〜17時◆いわき市 各地区保健福祉センターか各支所で9〜17時◆広野町 町役場湯本支所で8〜18時◆楢葉町 各避難所で受け付け。町外に自主避難中の被災者は災害対策本部電話0242・56・2155へ◆富岡町 各避難所で。町外に自主避難中の被災者は災対本部電話0120・336・466へ◆川内村 ビッグパレットふくしまCホールで9〜17時◆大熊町 郵送などで受け付け◆双葉町 郵送などで受け付け◆浪江町 二本松市役所東和支所の仮町役場災害給付班で8時半〜17時
 ■弔慰金
 災害救助法に基づき、東日本大震災で亡くなった人の遺族に自治体から災害弔慰金が支給される。犠牲者が生計維持者の場合が500万円、その他は250万円。負傷などで重度の障害を受けた被災者にも災害障害見舞金(生計維持者は250万円、その他は125万円)が支給される。受け付け開始が確認できた市町村は次の通り。
 <岩手県>釜石市▽遠野市▽大船渡市(※申請場所は義援金受給と同じ)▽久慈市(被災者総合相談所で受け付け)
 <宮城県>仙台市▽石巻市▽東松島市▽塩釜市▽多賀城市▽七ケ浜町▽山元町▽岩沼市▽名取市▽気仙沼市▽登米市
 <福島県>いわき市
 ◇子ども  ■仮設園舎
 日本ユニセフ協会が宮城県気仙沼市や石巻市、南三陸町など5市町から要請を受け、被災した幼稚園や保育所、学童保育、障害児デイケアの計7施設の再建を検討している。
 宮城県沿岸部の市・町有地で来月中旬にも着工、6〜7月ごろの完成を目指す。1〜2年程度は利用する予定。同協会は仮設園舎の整備のほか学校給食の復旧、教材や文具の寄贈などを進める計画。9月末までに約20億円の予算を組み、うち約16億円は国内外から寄せられた義援金を充てるという。
 ◇住宅
 ■民間借り上げ
 仮設住宅の整備が遅れる中、岩手、宮城、福島の3県は民間住宅を借り上げ、被災者に提供している。
 広さや家賃など一定基準に基づいた住宅を、被災者の希望とマッチング。県が不動産業者と契約し、家賃を負担する(光熱水費は本人負担)。入居は原則2年間。
 被災者が今回の地震後に自ら契約した場合も、一定基準を満たしていれば県との賃貸契約に切り替えることができ、その後の家賃が不要になる。岩手県は切り替え前に本人が支払った家賃も、県がさかのぼって負担する。問い合わせは各市町村へ。
 福島県の一部市町村は、民間借り上げ住宅の募集期限が迫っている。福島市=30日まで電話024・525・3757▽郡山市=5月10日まで 電話024・924・2631▽浪江町=30日まで 電話090・1710・8468
 ■雇用促進住宅
 厚生労働省は、独立行政法人雇用・能力開発機構が所有する雇用促進住宅を、無料で提供している。即入居可能または修繕後に入居可能な物件は、岩手県1920戸▽宮城県618戸▽福島県231戸(21日現在)。家賃、敷金、駐車場は無料で、光熱水費や共益費は本人負担。入居は6カ月ごとに最長2年まで(13年3月末まで)更新できる。問い合わせは各市町村へ。
 ◇医療
 <岩手県>28日に診療を予定している主な医療機関は次の通り(余震、停電などで変更の可能性あり)。県立久慈、県立宮古、県立釜石、県立大船渡、せいてつ記念、国立釜石、釜石のぞみ、三陸、盛岡赤十字、奥州市総合水沢、久慈恵愛、一関、岩泉
 <宮城県>外来受診の対応はほぼ通常どおり。診療を制限している病院は次の通り。診療時間短縮=石巻港湾(9〜12時)、猪苗代(9〜12時、14〜16時)、大友(7〜12時、13時半〜15時半)、気仙沼市立本吉(8時半〜11時半、13時半〜16時)、公立志津川(仮診療所で8時半〜11時、14〜16時)▽かかりつけ患者のみ=仙南中央、仙塩総合、南浜中央(仮診療所で精神科のみ平日9時半〜11時半、前日までに要予約)、石巻市立(仮診療所で9〜11時、13時〜15時半)、気仙沼市立(内科、消化器科。急患には対応)、東北公済宮城野(処方のみで8時〜11時半)▽重症のみ=石巻赤十字▽診療不可=石巻市立雄勝、恵愛
 <福島県>受け入れを制限している主な病院は次の通り。救患受け入れ制限=福島南循環器科、池田記念、公立相馬総合、いわきのすべて(総合磐城共立、福島労災を除く)▽診療科制限=鹿島厚生(内科、外科のみ)、渡辺(内科、外科、整形外科のみ。外科は月火水金、整形外科は月水金)、大町(内科、消化器科、循環器科、整形外科、小児科、口腔外科。外科は金と土午前のみ。いずれもかかりつけ患者優先)、南相馬市立総合(内科、外科)▽かかりつけ患者のみ=星総合(小児科のみ外来診療実施)▽軽症外来と処方箋のみ=小野田
 その他地域の情報は県地域医療課(電話024・521・7221)へ。
 <茨城県>救急医療情報システムで案内 電話029・241・4199
 ◇その他
 ■宅配便
 <ヤマト運輸>「宅急便」は岩手、宮城の沿岸被災地と福島の避難区域を除いて通常通り集荷・配達している。27日には岩手、宮城向けの時間帯指定サービスとヤマト便(大型品・高額品)の取り扱い、3県でのコンビニエンスストア受け付けを再開した。ただし、コンビニエンスストアを配達先に指定しての荷物受け取りはできない。営業所の確認は電話0120・01・9625。
 <日本郵便>「ゆうパック」は3県の一部地域を除いて通常通り配達。福島県で、福島支店など周辺の支店留めのみで受け付ける地域=南相馬市の一部、浪江町、双葉町、富岡町、大熊町、葛尾村、楢葉町の一部
 <佐川急便>3県の一部地域で「営業店留め」で取り扱い。27日、福島県南相馬市鹿島区、原町区での集荷・配達を再開した。営業店留めの地域=岩手県大船渡市、陸前高田市、気仙郡▽宮城県石巻市、東松島市、気仙沼市、牡鹿郡、本吉郡▽福島県南相馬市小高区、双葉郡
 ◇電話帳
 ○行方不明者相談ダイヤル
岩手県警 0120・801・471
宮城県警 022・221・2000(9〜19時)
福島県警 0120・510・186(9〜19時)
 ○交通機関
JR東日本    050・2016・1600(6〜24時)
JAL(国内線) 0570・025・071(7〜20時)
ANA(国内線) 0570・029・222
 ○通信・ライフライン
NTT災害用伝言ダイヤル 171
日本郵便         0120・2328・86
 (平日8〜22時、土日祝9〜22時)
東北電力         0120・175・366
 ○医療
 <放射線被ばく相談>
文部科学省健康相談ホットライン 0120・755・199(9〜21時)
放射線医学総合研究所相談窓口  043・290・4003(9〜21時)
 <人工透析>
岩手県 県健康国保課   019・629・5471
宮城県 仙台社会保険病院 022・275・3111
 (かかりつけ医が対応していない場合のみ)
福島県 県地域医療課窓口 024・521・7221
 <その他>
日本医師会         03・3946・2121
日本糖尿病協会       0120・151・721(平日9〜18時)
被災がん患者ホットライン(国立がん研究センター)
 紹介状あり=03・3547・5130(平日10〜16時)
 紹介状なし=03・3547・5293(平日9〜18時)
てんかん支援ホットライン  054・245・5446
アレルギー支援ネットワーク 052・485・5208
 ○生活支援
日弁連電話相談       0120・366・556(平日10〜15時)
岩手弁護士会        0120・755・745(平日13〜16時)
仙台弁護士会        0120・216・151(平日10〜19時)
福島県弁護士会       024・534・1211(平日14〜16時)
日本司法書士会連合会    0120・445・528(平日10〜16時)
あしなが育英会 被災者専用 0120・77・8565
 (遺児らに特別奨学一時金を支給)
心の相談緊急電話      0120・111・916
 (13〜22時。日本臨床心理士会など)
チャイルドライン      0120・99・7777(月〜土16〜21時)
 (18歳までの子ども向け電話相談)
震災関連の悪質商法110番 0120・214・888
 (10〜16時。国民生活センター。岩手、宮城、福島、茨城4県対象)
 <視聴覚障害者向け>
 「全日本ろうあ連盟」や「全国盲ろう者協会」がウェブサイトで支援情報などを提供。
 ○省庁           ※平日のみ
住宅の補修・再建(国交省)  0120・330・712(月〜土)
行政相談(東北管区行政評価局)0120・511・556
    (茨城行政評価事務所)0120・188・571
金融相談(東北財務局)    022・721・7078
中小企業相談(経産省)    0570・064・350
農林水産業の被害相談(農水省)0120・355・567
年金の相談(日本年金機構)  0120・707・118※
金融機関など           ※平日のみ
岩手銀行               0120・064・626※
七十七銀行              0120・78・1177
東邦銀行               0120・104・157
ゆうちょ銀行             0120・108・420
東北労働金庫             0120・877・562
住宅金融支援機構           0120・086・353
日本政策金融公庫           0120・154・505(土日0120・220・353)
そんがいほけん相談室(日本損保協会) 0120・107・808または03・3255・1306
地震保険契約会社照会センター     0120・501・331※
生命保険相談所(生保協会)      03・3286・2648※
災害地域生保契約照会センター     0120・001・731※
 ■移転した役所と連絡先■
 <岩手県>
 陸前高田市 エコタウン鳴石 0192・59・2111
 釜石市   シープラザ釜石 0193・22・8253
 大槌町   大槌小学校   0193・42・2111
 <宮城県>
 女川町  女川第二小学校         0225・54・3131
 南三陸町 町総合体育館ベイサイドアリーナ 0226・46・2600
 <福島県>
 広野町 FDKモジュールシステムテクノロジーいわき工場 0246・43・1331
 楢葉町 会津美里町本郷庁舎               0242・56・2155
 富岡町 郡山・ビッグパレット              0120・336・466
 川内村 郡山・ビッグパレット              024・946・8828
 大熊町 会津若松市追手町第2庁舎            0242・26・3844
 双葉町 旧埼玉県立騎西高校               0480・73・6880
 浪江町 二本松市東和支所                0243・46・4731
 葛尾村 会津坂下町・川西公民館             0242・83・2651
 ★双葉郡支援センター                  0120・006・865
 福島県双葉郡の上記8町村から避難した住民に連絡を呼び掛けている。8〜22時。
 ■仮設住宅の着工状況■(国土交通省まとめ。27日午前10時現在)
 *市町村は建設地で、他自治体の住民用に使われる場合もある。カッコ内は着工済みの地区数。戸数は着工予定と着工済みの合計。
市町村     地区数      戸数
 <岩手県>
陸前高田市   21( 11)  1274
釜石市     16( 12)  1666
大船渡市    15( 12)  1094
宮古市     24( 17)  1188
久慈市      1(  1)    10
大槌町     15(  9)  1251
山田町     14(  7)   858
岩泉町      3(  3)   143
洋野町      1(  1)     5
田野畑村     2(  2)   144
野田村      1(  1)   128
住田町      3(  3)    93
岩手県計   116( 79)  7854
 <宮城県>
仙台市      8(  6)   722
石巻市     15( 13)  1825
塩釜市      2(  2)   108
気仙沼市    15( 12)  1303
名取市      6(  6)   741
多賀城市     4(  4)   249
岩沼市      3(  3)   374
東松島市     8(  7)   923
亘理町      4(  4)   854
山元町      5(  5)   507
七ケ浜町     4(  4)   313
女川町      3(  3)   289
大郷町      1(  0)    14
美里町      1(  0)    12
南三陸町    10( 10)   770
宮城県計    89( 79)  9004
 <福島県>
国見町      4(  4)   100
桑折町      1(  1)   300
須賀川市     4(  4)   194
三春町      5(  1)   344
鏡石町      5(  0)   100
会津若松市    6(  0)   472
相馬市      9(  9)  1000
新地町      6(  6)   394
白河市      2(  2)   140
矢吹町      3(  3)    85
西郷村      1(  1)    42
いわき市     1(  1)   120
福島市      3(  2)   586
南相馬市    12( 10)   883
会津美里町    1(  0)   250
二本松市     7(  0)   633
郡山市      4(  0)   708
福島県計    74( 44)  6351
 <千葉県>
旭市       2(  2)   200
香取市      1(  1)    30
 <栃木県>
那須烏山市    1(  1)    20
 <長野県>
栄村       2(  2)    40
総計     285(208) 23499」(全文)


 
>TOP

◆これが言いたい:防災とバリアフリーを経済コストで測るな=福島智
毎日新聞 2011年04月28日
http://mainichi.jp/select/opinion/iitai/news/20110428ddm004070030000c.html
「◇被災障害者の危機は人災だ−−東京大先端科学技術研究センター教授・福島智
 空気ボンベを背負い海に潜るスキューバダイビングは、よく知られている。では、地上で暮らしながら、常に「目に見えない海水」に潜った状態で生活している人たちのことをご存じだろうか。重い病のために、酸素吸入器や人工呼吸器を常時使用している人たちのことだ。
 仙台市太白区の土屋雅史さんもその一人で、4年前、全身の筋力が徐々に衰える筋萎縮性側索硬化症(ALS)を発症した。人工呼吸器やたんの吸引器が命綱だ。
 53歳の今、全身で動くのは眼球だけだ。その目の動きでパソコンを操作し、一文字ずつ言葉を刻み、この度の震災体験をつづった。
 「突然大きな横揺れ、すぐ停電。呼吸器の非常アラームがビーッと鳴った」
 土屋さんが普段「潜水」を続けていられるのは、電気によって人工呼吸器などが動いているからだ。しかし停電になれば、頼りはバッテリーだけとなる。いわばバッテリーの残量が、「潜水時」の空気ボンベの残量だ。
 「いきなり吸引器が止まった。40分のバッテリーだ」
 幸い、土屋さんは周囲の人の綱渡りのようながんばりで助かった。他にもきわどい例は多く、今月初めには停電の影響で亡くなった人もいた。
 これらの人たちが経験した生命の危機は、天災ではなく人災に属する。つまり、地震による長期の停電を、現行の福祉・医療施策が想定していなかったからである。
 ところで今、防災や原発の関係者の口から、「想定外」という言葉がよく出される。それを聞きながら、私は「防災とバリアフリー」の共通点を考えた。
 たとえば、障害を持つことは多くの人にとって想定外の出来事だろう。しかし、個人にとって想定外であっても、ある社会の中でどういう障害がどの程度の頻度で発生するのか、その全体的傾向は想定できる。その想定に従い、どんな人が人生のどの時期にどのように特殊な障害を持っても、きちんと生活できるように、最善の社会的取り組みを目指すのが、バリアフリーの基本理念である。
 一方、地震や津波など自然災害も、いつどこでどんな災害が発生するか、正確には想定できない。しかし、歴史的・地理的観点で、どんな規模の災害が発生するか、その全体的傾向は想定できるはずだ。いつどこでどのようにまれな災害が発生しても、最善の社会的取り組みを目指すのが、防災の目標だろう。
     *
 両者には、さらに二つの共通点がある。第一は、防災もバリアフリーも安全と安心、言い換えれば、人の命や夢や希望を守る営みだということであり、第二は、いずれも経済的コストがこれらの取り組みへの制約要因になる点だ。つまり、発生頻度の低い障害や災害であればあるほど、それらへの取り組みは「コスト的に現実的ではない」とされてしまうということである。
 しかし、これはおかしな発想だ。本来命や夢や希望は、コストを計測できない価値である。それを経済的コストとてんびんにかける発想自体、根本的に誤っていないか。
 この度の大震災を経験した日本は、従来の物質的な豊かさとしての経済成長を目指すのではなく、人の命と生活の真の豊かさに力点を置いた、社会・経済・科学技術の発展を目指すべきである。
 3・11を人間中心の社会に向かう新たな日本のルネサンスの契機とすることこそ、生を断ち切られた人々の魂に報いる道なのだと思う。
==============
 「これが言いたい」は毎週木曜日に掲載します
 □人物略歴
 ◇ふくしま・さとし
 9歳で失明、18歳で聴力も失い、盲ろう者となる。専攻は障害学、バリアフリー論。博士(学術)。」(全文)


 
>TOP

◆【東日本大震災】「迷惑かけたくねえ」被災した苦悩の障害者(2/2ページ)
産経ニュース 2011年04月28日
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110428/dst11042802010003-n2.htm
「最も困るのがトイレだ。自宅では一人で行けたが、勝手の分からない避難所では介助が必要となる。日中は美佳さんが連れて行くが、不在になると、避難所の保健師らに頼むことになる。午後10時の消灯後にトイレにいくときは、隣で寝ている昭三さんを起こして連れて行ってもらう。
 息子といえども、気がねはある。「働いて帰ってきて寝てるとこ起こせば、誰でもいい顔はしねえ。なるべぐ迷惑をかけねえように、飲んだり食ったりはしねえんだ」
 曽我さんは50代から視力が徐々に落ち、75歳で全盲となった。震災前までは自宅近くの畑で野菜作りに勤しんでいたが、今は一日中避難所で過ごす窮屈な毎日だ。「家に帰りてえども、みんなの迷惑になるから、ラジオ聞いたり、寝るしかねえな」。寂しそうな様子で語った。」(全文)


 
>TOP

◆【東日本大震災】「迷惑かけたくねえ」被災した苦悩の障害者(1/2ページ)
産経ニュース 2011年04月28日
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110428/dst11042802010003-n1.htm
「震災から50日間近くが経過し、被災地は次第に落ち着きを取り戻しつつあるが、災害弱者へのサポートは十分に行き届いていないのが実情だ。被災者の中でも、とりわけ視覚障害者は厳しい境遇におかれており、対策本部の担当者は「公的機関などによる対策が必要だ」と訴えている。
 「迷惑になったらいけないから…」。50人が避難生活を送る宮城県名取市の下増田小学校の体育館。全盲の曽我作松さん(86)は、遠慮がちに語った。
 段ボールの間仕切りの一角で、長男の昭三さん(58)、美佳さん(40)夫妻、孫3人とともに暮らしている。パーキンソン病を患う妻の三子さん(84)は、過酷な避難所生活を避けるため、茨城県の長女宅へ引き取られた。
 曽我さんや昭三さんらが暮らしていた自宅は、水没した仙台空港の近く。津波は、1階の天井付近まで押し寄せた。
 曽我さんと三子さんは当初、自宅近くのビニールハウスに逃げようとしていたが、美佳さんらが車に乗せて避難。その後、津波が押し寄せ、急死に一生を得た。美佳さんは「あのとき、じいちゃんたちを連れてきて本当に良かった」と振り返る。
 ただ、着の身着のままで逃げ出したため、ほとんど何も持ち出せず、津波で白杖も流された。
 避難所暮らしは1カ月を超えた。曽我さんは「みんな苦労してる中で文句は言えねえ。まだ、家族に助けてもらえるから」と話す。」(全文)


 
>TOP

◆福島第1原発:11歳避難女児が水死 千葉・鴨川
(毎日新聞 2011年4月27日)
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110428k0000m040053000c.html
「27日午前9時半ごろ、千葉県鴨川市太海の海岸から約20メートル沖合で、福島第1原発事故のため避難していた福島県富岡町の障害者施設「東洋学園」の小学6年、久保田菜々さん(11)がおぼれているのを施設職員が発見、救急や漁協に通報した。久保田さんは漁船に救助されたが、搬送先の病院で死亡した。
 久保田さんらの避難先だった「県立鴨川青年の家」によると、同日午前中に生徒27人、職員7人が施設の体育館でレクリエーション活動中、久保田さんがいなくなった。体育館そばのがけから10メートル下の海でおぼれていたという。県警鴨川署によると、死因は水死だという。同学園の猪狩学児童部長は「プール遊びが好きだった。手先が器用で扉のかんぬきを開けて外に出ていったのかもしれない。残念です」と話した。【斎藤有香、米川康】」(全文)


 
>TOP

◆宮城、震災で200人就労できず 教組が高卒生を調査
(47NEWS 2011年04月27日)
http://www.47news.jp/CN/201104/CN2011042701000821.html
「宮城県高等学校・障害児学校教職員組合(宮城高教組)は27日、東日本大震災の影響で今春、県内の高校と特別支援学校を卒業した人のうち、44人が内定を取り消され、160人が入社延期などで自宅待機になっていることを明らかにした。
 宮城高教組の野中康浩書記長は「国も支援して、自治体がしっかり就労の機会をつくってほしい」と訴えている。
 調査は4月上旬、県内26の公立学校の進路担当者に聞き取りをした。就職が決まっていた90人中、17人が内定を取り消され、30人が自宅待機となり半数以上が働けない状態の石巻市の高校や、自宅待機が3カ月から1年にも及び、内定先から「待機している間に別の企業に就職しても構わない」と言われた栗原市の高校の例もあった。
 また日本高等学校教職員組合(日高教)は27日、今春卒業した28道府県474校の高校生たちについて、震災が起きる前に調べた就職内定率が前年同期比で1・5ポイント上昇し、91・7%だったとする調査結果を公表した。
 日高教は「学校現場の努力で改善がみられるが、震災の発生で今後、高校生の雇用に深刻な影響が出る可能性が高い」としている。」(全文)


 
>TOP

◆福島・富岡町の女児、避難先の海で溺れ死亡
(日テレニュース24 2011年04月27日)
http://news24.jp/articles/2011/04/27/07181752.html
「 千葉・鴨川市で27日朝、福島第一原発事故で福島・富岡町から避難していた11歳の女児が海で溺れて死亡する事故があった。
 警察によると、27日午前9時半頃、鴨川市で「子供が海に落ちて溺れている」と通報があった。駆けつけた漁船が海岸から約300メートル先で子供を発見し、救助したが、その後、病院で死亡が確認された。
 死亡したのは小学6年・久保田菜々さんで、富岡町の障害者施設で暮らしていたが、原発事故の影響で7日から鴨川市に集団避難していたという。久保田さんには知的障害があり、警察は自分で海に入って溺れたとみて、事故の原因を調べている。」(全文)


 
>TOP

◆東日本大震災:県内の一時避難所利用少なく、「ニーズを掘り起こす必要」との声も/神奈川
(カナコロ 2011年04月27日)
http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1104270021/
「東日本大震災で避難している被災者が、一時避難所となった県内の施設で暮らすのは定員に比べてほんのわずかだ。用意した施設をどう有効活用するか、開設する県や市町村も名案が浮かばない。被災地の避難所は災害関連死が相次ぐ。「もっと被災者のニーズを掘り起こす必要がある」との声も出ているが…。
 横浜市の場合、たきがしら会館(磯子区)は定員約300人に対して5世帯16人。野島青少年研修センター(金沢区)は定員約200人のところ、8世帯11人(ともに26日現在)。いずれも稼働率はわずか5%ほどだ。
 県のホームステイ制度も1400人以上が手を挙げたが、受け入れたのはまだ2人の子どもだけだ。
 「これでキャンセルは4人目です」と言うのは市立金沢小の坂本昌彦校長。25日に被災世帯の小学5年の子ども1人が野島青少年研修センターから同校に通う予定だったが、同センターは12月末に閉鎖するため年明けの転校を心配し、センターに1泊だけして他区の民間アパートを探すことにした。4月上旬に入学予定だった3人の子どもは、「小学校まで遠い」ことを理由にセンターへの入居を取りやめた。
 所管の横浜市子ども青少年局によると、同センターは、8人定員の洋室が25部屋あり、広い食堂や浴室、調理室もある。さらに付加価値をつけようと、リサイクル自転車や、就労活動などの情報収集ができるよう公共パソコン1台も導入した。
 「個室があるので日常生活で、ある程度はプライバシーが守られる」と同局。乳児や発達障害43 件の子は避難所での集団生活になじめない場合が多い。同局は「そうした家庭には格好の避難所のはずだが…」と話している。
 施設受け入れの情報提供はホームページのみだ。被災者の住居ニーズを直接聞き取り、それに見合う支援の在り方を工夫することが、なおも必要なようだ。
◇県内で受け入れた被災者数 県のまとめでは、25日現在で659人。うち県や市町村が開設した一時避難所などには207人。公営住宅への入居者は341人。県の制度を利用して一般家庭にホームステイした子どもは2人。高齢者や障害者の社会福祉施設には109人。ホテルや旅館の受け入れは把握されていないが、箱根町は1泊5千円の補助金を出している。隣接都県の受け入れ状況は、東京都889人、山梨県813人、静岡県872人。地元から離れたくない、交通費や生活資金がないなどの理由で、岩手県と宮城県にはいずれも4万人超、福島県では約2万6千人が避難所にとどまり、不便な生活を強いられている。」(全文)


 
>TOP

◆【放射能漏れ】福島原発から避難の小学生が海でおぼれ死亡 千葉・鴨川
(産経ニュース 2011年04月27日)
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110427/dst11042714040011-n1.htm
「27日午前9時半ごろ、千葉県鴨川市太海の県立鴨川青年の家近くの海で、東京電力福島第1原発事故により、福島県から同施設に避難している、小学6年の久保田菜々さん(11)がおぼれているのが見つかった。連絡を受け、駆けつけた漁船が沖合約300メートルで久保田さんを発見、救助したが、間もなく死亡が確認された。県警鴨川署は久保田さんが自分で海に入っておぼれたとみて原因を調べている。
 同署によると、同施設には同原発の周辺市町にある知的障害者や身体障害者の施設利用者と職員計約370人が避難。久保田さんも知的障害を持っていた。
 直前に青年の家の体育館で授業の準備をしていたところ、職員が久保田さんの姿が見えないことに気づき探していた。」(全文)


 
>TOP

◆東日本大震災:「継続的な心のケア必要」 被災地派遣、福岡市職員が報告 /福岡
(毎日新聞 2011年04月27日 地方版)
http://mainichi.jp/area/fukuoka/news/20110427ddlk40040306000c.html
「 東日本大震災の被災地支援で現地に派遣された福岡市職員の報告会が26日、中央区であり、市職員約120人が参加した。震災の情報を共有し、今後の支援や防災計画づくり生かすのが狙い。消防、水道、保健福祉、道路下水道の4局の職員が報告した。
 保健福祉局から県の「心のケアチーム」に参加した職員は3月18日から約1週間、宮城県気仙沼市に入り▽避難所での巡回相談▽精神・知的障害者の家庭訪問▽支援者の心のケア−−に当たった。巡回相談では、2歳の息子と津波にのまれ、息子だけ行方不明となり「泣いている息子が夢に出る」と不眠などを訴える25歳の母親や、泥の中から救出された後、夜泣きが増え母親から離れられなくなった4歳男児らを診た。職員は「被災者らのニーズは時と共に変化する。継続的な心のケアが必要だ」と訴えた。
 一方、放射線の被ばく線量測定のため福島県相馬市で約5000人をスクリーニングした職員は「住民から『20キロ圏内に入ったので服や車の線量を測って』と頼まれた」と明かし、「相馬市民は他の町に行くとスクリーニング証明を求められるが、福岡ではそんなことはしないことを徹底したい」と話した。」(全文)


 
>TOP

◆東日本大震災:県が222事業、中止か縮小 震災に対応 /岩手
(毎日新聞 2011年04月27日 地方版)
http://mainichi.jp/area/iwate/news/20110427ddlk03040031000c.html
「県は25日、東日本大震災に対応するため、11年度一般会計当初予算と6月補正で予定していた222事業を中止か縮小すると発表した。浮いた52億円を復興関連の事業に充てる。さらに71事業の62億円の執行を保留する。
 主な中止事業は県のオンラインシステムの再構築(約7億円)、障害者施設「やさわの園」新改築(約6億円)など。水産関係は縮小で、施設流失で事業ができない分の約2億2000万円を減らし、融資事業などの1億800万円を残した。
 中止・縮小は普及啓発やイベント、実施そのものが困難なもの、今年度分を中止しても影響が小さいものなどを選んだ。
 今回の見直しは、公共事業を含んでおらず、今後内容を精査していく。【清藤天】」(全文)


 
>TOP

◆ひと交差点:手話通訳士・中村秀子さん /北海道
(毎日新聞 2011年04月27日 地方版)
http://mainichi.jp/hokkaido/shakai/news/20110427ddlk01070079000c.html
「◇震災地の聴覚障害者支援
 震災地の聴覚障害者を支援するため、道障がい者保健福祉課の非常勤職員で手話通訳士の中村秀子さん(58)が5日から1週間、宮城県多賀城市に入った。厚生労働省からの要請で、市役所で障害者からの相談を通訳する業務を担当した。
 滞在中に6人の聴覚障害者と出会った。夫を失い、保険証の名義変更に訪れた50代の女性や、浸水した自宅の復旧について相談にきた親子−−。有珠山噴火(00年)の時も通訳として被災地入りしたが、「今回はまるで規模が違っていた」と被害の甚大さに驚く。
 最後に立ち寄った避難所では、身を寄せ合う聴覚障害者の夫婦から、手話で「北海道からご苦労さま」と出迎えられた。被災して間もないのに訪ねてきてくれた人たちをねぎらう東北人の温かさに心を打たれた。「必要とされるなら、他の地域にも支援に行きたい。いつか復興する日が来たら、多賀城市で出会った人たちとも再会を果たしたい」と思いをはせる。【和田浩幸】」(全文)


 
>TOP

◆大震災 福島から(1)介助者いない時に津波
(読売新聞 2011年04月27日)
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=39993
「東日本大震災の津波被害で、一人の難病患者が命を落とした。福島県いわき市の佐藤真亮まさあきさん、享年35歳。全身の筋肉が萎縮する筋ジストロフィーのため、人工呼吸器と車いすが必要な生活だったが、ヘルパーの介助を受け、自立した生活をしようと奮闘。高齢の祖母と自宅で暮らしていた。
 障害者を支援するNPO法人「いわき自立生活センター」で週3日、わずかに動く指先を使い、パソコン入力作業を熱心にこなした。「典型的な東北人」と評される寡黙なタイプだが、ひょうひょうとしたたたずまいで、周りの人を落ち着いた気分にさせてくれた。
 3月11日。いつものように作業を終え、ヘルパーに送られて午後2時過ぎに帰宅。海沿いの国道に面した自宅で横になった。次にヘルパーが来るまで、1時間ほどの一人の時間。ところが、午後2時46分の大地震の後、津波が襲った。
 近くに住む親族が駆けつけ、祖母ともども連れ出そうとしたが、一緒に流された。同センターのメンバーが、九死に一生を得たこの親族から聞いた話では、助けようとした時、佐藤さんは「もう、あきらめましょう」とつぶやいたという。それが最期の言葉になった。
佐藤さんの自宅付近。横転し、焼けこげた乗用車が津波のすさまじさを物語る(福島県いわき市で)
 これを知ったセンターの仲間は、涙にくれながらも「真亮くんらしいね」とうなずき合った。重い病気と闘ってきただけに、20代のころから、どこか達観した、悟ったような雰囲気を持っていたからだ。
 生活に全面的な介助が必要な佐藤さんにとって、1週間(168時間)のうちヘルパーのいない時間は、合わせてわずか4時間半。理事長の長谷川秀雄さん(56)は「不運としか言いようがない。少し時間がずれていれば、助けられたかもしれないのに」と悔やむ。
 原発事故の影響で、同センターの利用者ら約30人は東京に避難。被災直後の断水、原発事故の影響による物資やガソリンの不足で苦労した。政府がいわき市全域を屋内退避の対象外としたことを受け、4月17日に無事戻った。
 長谷川さんたちは、今回の被災体験を教訓に、集団避難の行動計画を作ることにした。地震と原発事故が重なった時、最重度の障害者のために必要な備えを検証し直し、明文化する。震災2か月後の5月11日、この計画に基づいた避難訓練を行う予定だ。
 病気や障害を抱えた人たちの被災の現場を、福島県から報告する。」(全文)


 
>TOP

◆2011/04/27 知的障害者バンド 被災支援ライブ
(asahi.com 2011年04月27日 MY TOWN群馬)
http://mytown.asahi.com/gunma/news.php?k_id=10000001104270001
「東日本大震災の被災者を支援したいと、知的障害者のエレキバンド「ネバーエンディングストーリー」が24日、下仁田町馬山の「道の駅しもにた」で支援ライブを行った。集まった募金は26日、福島県の知的障害者を受け入れている高崎市の国立施設「のぞみの園」に寄付された。
 ギターやベースを手に真剣な表情を見せたり、時折互いに目を合わせてほほえんだり。道の駅の舞台に立ったのは助っ人2人をふくめて男女8人。1時間ほどかけて、「故郷」や「大きな古時計」など20曲を演奏した。
 バンドは、下仁田町や富岡市の作業所で楽器を習っている知的障害者たちが数年前に結成した。富岡市の「ドレミ音楽教室」の西村卓実さんが指導し、生涯学習センターなどで定期的にライブを開いている。
 この日のライブは、震災被災者の支援のために募金箱を置こうと企画。西村さんは新聞記事で「のぞみの園」が福島県の知的障害者67人を受け入れていることを知り、募金の寄付先を同園にした。
 「同じ障害を持った人で何かできないか、と思った。募金は使い道がはっきり分かっているところに使ってもらった方がいい」と西村さんは話す。
 3万6246円の募金が集まった。ベースを弾いた神宮由佳さん(24)は「集まったお金を届けたい。もしできたら曲も弾いて、元気を届けられたらいいな」と笑顔で話した。」(全文)


 
>TOP

◆県内公共施設やインフラ被害1268億円 医療・福祉は200億
(茨城新聞 2011年04月27日)
http://www.ibaraki-np.co.jp/news/news.php?f_jun=13038246989796
「東日本大震災による県内施設などの被害額に関し、県は26日、県土木部と市町村が管理する施設やインフラの被害が1268億円、県内医療・福祉関連施設の被害が約200億円に上ることを明らかにした。インフラなどの被害は道路や河川、港湾、公園などで計2860カ所。医療・福祉関連施設は185病院のうち9割以上が建物に被害を受けた。いずれもこれまでの調査結果で、さらに被害額が変動する可能性があるという。同日開かれた県議会の土木、保健福祉両委員会で、それぞれ報告された。
□インフラ
県土木部がまとめた公共施設の被害額は、道路86億円▽河川160億円▽港湾329億円▽下水道32億円▽公園21億円▽県営住宅18億円-で計646億円(11日現在)。市町村分は622億円(3月31日現在)だった。
県は5月上旬にも各施設の被害額について災害復旧事業の国庫負担を申請する。今後の調査で、さらに被害額の大幅な変動も見込まれる。復旧内容や工法などを決める国の災害査定は同月中旬ごろからになる見通し。
県管理の国道と県道は震災当初133カ所が通行止めとなり、復旧工事を急いでいる。25日現在、通行止めが続くのは27カ所で、このうち12カ所は橋が被害を受けている。
港湾は埠頭(ふとう)の護岸が崩れ、後背地が液状化して沈下や陥没するなどの被害が出たが、復旧が進み茨城、鹿島両港の計64カ所のうち15カ所で船舶の受け入れが可能となっている。
河川は189カ所、海岸は27カ所でそれぞれ被害を受けた。河川は5月末の出水期前に応急対応を完了する方針で、本復旧工事は出水期が終わる秋以降になる見通し。
公園は13カ所が被害。水戸市の偕楽園が29日に一部開放されるほか、神栖市の港公園は園内の地割れや陥没などが激しく全域閉園が続いている。
これまでに県は、各施設の早期復旧に多額の財政負担が必要になることから、国に対し特別立法などにより災害復旧事業を全額国庫負担とし、同事業の対象範囲を拡大するよう求めてきた。
□医療・福祉
一方、県医療対策課の集計によると、県内185病院のうち約92・4%に当たる171病院が建物に何らかの被害を受けた。被害は天井ボード崩落や内外壁のひび割れ、水道配管の破損など。被害総額は少なくとも約127億円に上るという。
さらに、磁気共鳴画像診断装置(MRI)などの医療設備機器も損傷した病院は74あり、総額は把握しているだけで約10億4千万円に上った。救急告示病院93のうち、17病院は今も診療の一部制限を受けている。同課は「被害金額は不明としている施設もあり、今後さらに増える可能性がある。早急復旧に向け、国庫補助制度などを活用して財政支援したい」としている。
このほか、老人、児童・母子、障害者などの福祉施設の被害施設数は491あり、総額は約58億円になる見込み。県長寿福祉課によると、老人施設の被害は240施設で28億2千万円。うち特別養護老人ホームは185施設中90施設で総額約11億円の被害を受けた。
児童・母子施設は167施設で約23億円の被害。県子ども家庭課によると、9カ所の保育所は園舎が使用不能で近隣の公共施設や他の保育所での保育を余儀なくされ、建て替えを含めて検討せざるを得ない状況という。
障害者施設は80カ所で約6億6千万円、救護施設などは4カ所で約1千万円の被害だった。」(全文)


 
>TOP

◆兵庫県腎疾患対策 透析患者向けに500万円寄付 
(神戸新聞 2011/04/26)
http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/0004001124.shtml
「兵庫県腎疾患対策協会(対策協)は25日、東日本大震災で被災した透析患者らを支援するため、県透析医会を通じて500万円を日本透析医会に寄付した。
 対策協の守殿貞夫会長(神戸赤十字病院長)は「16年前の阪神・淡路大震災では多くの人に助けてもらった。今度は私たちがお返しを」と話し、県透析医会の宮本孝前会長に目録を手渡した。
 被災地では患者が数少ない透析施設に集中し、通常4時間の透析が2時間半しか受けられないケースもあるという。宮本前会長は「不十分な透析が長期間続くと患者の体調が悪くなる。寄付金を患者、施設のために役立てたい」と話した。(吉本晃司)」(全文)


 
>TOP

◆障害者作業所:道化師チームが30日に公演 被災地支援も
(毎日新聞 2011年04月26日)
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20110427k0000m040182000c.html
「神戸市北区の障害者作業所「ぐりぃと」の利用者でつくる道化師チーム「土曜日の天使達」が30日午後2時から、東灘区民センターうはらホール(同市東灘区)で「めったにみられへんSHOW」を公演する。東日本大震災の影響で中止も考えたが「同じ被災地の神戸から元気を届けよう」と開催を決定した。収益金は被災地の障害者に義援金として送る。
 「ぐりぃと」を運営する社会福祉法人「かがやき神戸」は99年、阪神大震災への義援金を利用し設立。知的障害者らが地域の掃除などをしている。「土曜日の天使達」は障害者の豊かな表現力を発信していこうと06年に結成、19〜63歳の男女11人が年間35回の公演を行っている。
 昨年は、プロの出演者と一緒に「めったにみられへんSHOW」を開催。2回目の今年の開催に向けて練習に励んでいた矢先に東日本大震災が発生した。阪神大震災を経験しているメンバーの中には、津波や火災の映像を見て体調を崩した人もいた。「被災地を思うとこのまま開催してもいいのだろうか」という考えも頭をよぎった。しかし、「今度は私たちが恩返しをしたい」と練習を再開した。
 演目は、クラウンと呼ばれる道化師の一種の誕生秘話などを物語形式でおもしろおかしく演じる。当日は、カラフルな衣装と化粧で観客を楽しませる。5年前から「土曜日の天使達」に参加している高坂智子さん(27)は「頑張っているところを見せたい」。和田悠貴さん(24)は「被災地まで元気を届けたい」と意気込んでいる。
 チケットは一般2500円、障害者1500円。問い合わせは「かがやき神戸」(078・582・5544)。【米山淳】」(全文)


 
>TOP

◆震災の行方不明者、3カ月で死亡推定に 法案を閣議決定
(asahi.com 2011年04月26日)
http://www.asahi.com/national/update/0426/TKY201104260372.html
「菅内閣は26日、津波などで行方不明の場合は死亡推定までの期間を短縮する法案を閣議決定した。東日本大震災の被災者を支援する特別立法の一環。遺族年金や労災保険の遺族補償の支給を早める狙い。行方不明者の家族からの申請を前提に、現行の「災害から1年」を「3カ月」にする。
 このほか、被災したサラリーマンの年金や医療の保険料減免、現在最大360日となっている失業手当の支給を60日間延長することなども、法案に盛り込まれている。自営業者らが加入する国民年金や国民健康保険の保険料は、現行法で減免が可能。
 また、被災地で医療や福祉を提供する体制の復旧を急ぐため、公的医療機関や認知症の高齢者を対象としたグループホーム、障害者支援施設などの整備に対する国庫補助の割合を、2分の1から3分の2に引き上げる。」(全文)


 
>TOP

◆岩手県、復興財源114億円捻出 11年度、知事「国体は難しい」
(日本経済新聞 2011年04月26日)
URL
「岩手県は25日、2011年度に予定していた293事業を中止したり執行を保留したりして約114億円を捻出し、東日本大震災の復旧・復興に当てると発表した。公共事業も見直しを進めているため、金額はさらに膨らむ可能性がある。岩手県では直接の被害額が8000億円以上となる見通しで、財源や人的資源を震災対応に集中する。
 事業の中止や事業費を削減したのは222事業で約52億円に上る。障害者支援施設「やさわの園」(花巻市)は、老朽化に伴って今年度から建て替え工事に入る予定で約5億円を計上していたが、着工を来年度以降に先送りする。県のコンピューターシステムは新システムの基本設計などに向けて約7億円を計上していたが実施を見送る。
 事業執行を保留にして、関係機関と再調整する分は71事業で約62億円。次世代の衛星を使った通信設備の整備費などは対応を改めて検討する。
 16年に開催予定だった「いわて国体」の関係事業も見直した。選手強化のための施設や競技関連施設の整備は取りやめて、約6億円を震災からの復旧に振り向ける。達増拓也知事は同日の記者会見で国体開催について「現状では難しい」との認識を示した。
 岩手県は大型連休明けから、県内各市町村に国体開催の是非に関する意向を聞いたうえで、県教育委員会や県体育協会と協議して、県の方針を決める予定。日本体育協会なども調整して最終的に判断する。ただ、このままでは開催に向けた準備が事実上中断することになるため、予定通り開催するのは難しくなる可能性が大きい。
 岩手県は同日、震災対応に一般会計で2255億円の11年度補正予算案を発表した。沿岸の被災企業に工場の再建費用の一部を補助するため2億円を盛り込んだほか、店舗や工場の修繕費補助に6億円を計上した。」(全文)


 
>TOP

◆「空き部屋使って」1500件=申し出殺到、少ない利用−「多様ニーズに対応」
(時事ドットコム 2011年04月26日)
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201104/2011042600031
「東日本大震災の被災者に、空き部屋や空き家を無償で貸したいとの申し出が多数寄せられている。神奈川県では2週間たたずに約1500件集まったが、入居したのは2人のみ。別の仲介団体でも利用は少ないが、「障害のある人やペット連れなど多様なニーズに対応できる」と民間住宅の利点を強調している。
 神奈川県は、被災した小中高校生をホームステイとして受け入れる家庭を募集。3月末までの13日間で、県の予想を大幅に上回る1486件の申し出があった。  だが、被災者からの問い合わせはわずか5件で、25日までに入居したのは福島からの高校生と小学生1人ずつ。県の担当者は「仕事などで地元に残る親も、子どもを安定した環境で生活させたいはず。見知らぬ家庭への同居に気兼ねするのだろうか」と首をひねる。
 第一総合研究所(東京都中央区)は3月19日、空き家や空き部屋を被災者に橋渡しするインターネットサイト「震災ホームステイ」を立ち上げた。1カ月間で申し出は全国から1266件あり、入居希望は160件、うち入居決定に至ったのは50世帯だった。
 「住み慣れた土地や集団生活を離れることへの不安もある」。同社の橘民義代表取締役は、利用が進まない一因をそう分析しつつ、「民間住宅は公営や仮設と比べ、障害のある人や子どもの多い家庭、ペット連れといった、集団生活が難しい『少数派』の受け皿になれるのが強み」と指摘。「バリアフリー」「ペットOK」の物件も目立つという。
 福島県浪江町から一家6人で避難し、親類宅を転々としていた主婦山本はるみさん(43)もその一人だ。犬も一緒だったため公営住宅は見送り、サイトの仲介で埼玉県川口市のマンションに入居。「家主との関係に不安もあったが、とてもいい人だった。無償で使え感謝している」と話した。
 一方、山本さんは「周囲の友人はこうした制度を全く知らなかった」と指摘。橘さんも周知不足を課題に挙げており、「被災地での広報も始める」としている。」(全文)


 
>TOP

◆福島―市役所・交通・通信など ライフライン情報25日
(asahi.com 2011年04月26日)
http://www.asahi.com/national/update/0426/TKY201104250687.html
「□市役所
 ○南相馬市 福島市出張所を福島市役所9階東側展望ロビーに開設した。職員2人を配置し、生活再建見舞金の支給、仮設住宅入居の申請、被災証明書、罹災(りさい)証明書の申請など避難者支援に必要な業務を行う。受付は市役所開庁日の9時〜16時半。電話は26日からで、024・531・9311、9312の2本。FAXも26日からで、024・531・9315。
□交通
 ○JR東日本 常磐線のいわき―上野(東京)の特急列車の再開は28日ごろの見通し。
□通信
 ○NTT東日本 震災用の特設無料公衆電話を猪苗代町のファミリーインばんだいばんだいに1回線、郡山市の郡山養護学校に2回線、須賀川市の須賀川アリーナに1回線、田村市の船引就業改善センターに2回線を新設。田村市総合体育館は10回線から11回線に増設した。会津美里町の新鶴体育館とあやめ荘、棚倉町の杜川小、猪苗代町総合体育館は撤去した。
□住宅
 ○南相馬市 住宅が全壊して住めなくなった、または30キロ圏内の居住地から避難した世帯を対象に、福島市内100戸、郡山市内30戸の借り上げ住宅の入居募集を始めた。5月6日まで。申し込み順ではなく、妊婦や3歳未満の子どもがいる世帯、重度障害者や高齢者を優先して市が決める。期間は入居日から1年間。
 希望者は電話(0244・23・7630、同7633)かファクス(0244・23・7595)で市の受付窓口に連絡するか、避難所の担当職員に申請書を提出する。市民文化会館(ゆめはっと)の特設会場でも受け付ける。問い合わせは市建築住宅課(0244・24・5253)または鹿島区建設課(0244・46・2116)へ。 」(全文)


 
>TOP

◆つなごう希望:東日本大震災・宮崎から 障害者団体メンバー、宮崎で街頭募金 /宮崎
(毎日新聞 2011年04月26日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110426-00000268-mailo-l45
「◇被災した障害者に支援を−−宮崎山形屋前
 東日本大震災で被災した障害者を支援しようと、宮崎市青葉町のNPO法人「障害者自立応援センターYAH!DOみやざき」など障害者団体のメンバーが募金を呼びかけている。24日は約20人が同市の宮崎山形屋前で街頭募金活動をした。
 呼びかけているのは身体、精神、視覚の障害がある人々でつくる県内3団体。募金は東北関東大震災障害者救援本部(東京都)を通じて被災地に送り、障害がある被災者のための吸引機やオムツなどの物資支援、避難費用などに充てる。
 24日は、災害時に障害者がどのような支援を必要とするかをまとめた「ご近所に障害者や高齢者の方はおられませんか?」とのチラシも配布。「壁をつたって歩きやすいように避難所の壁側を通路とする」「トイレを我慢させない」などの注意点を記した。YAH!DOみやざきの永山昌彦代表は「大変な状況にある仲間を応援できたら」と話す。
 今後も週末を中心に街頭募金を続ける。問い合わせは、YAH!DOみやざき0985・31・4800。【川上珠実】」(全文)


 
>TOP

◆東日本大震災:被災障害者支援の講演会に派遣予定者ら150人 美浜・日福大 /愛知
(毎日新聞 2011年04月26日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110426-00000031-mailo-l23
「被災地の障害者施設などで救援活動に携わった福祉関係者による公開講演会が22日夜、美浜町の日本福祉大で開かれた。同大災害ボランティアセンターは29日から10日間、学生ら20人を宮城県へ派遣することにしており、参加予定者を含む約150人が熱心に耳を傾けた。
 講師は、同大OBで名古屋市中村区の社会福祉法人やまびこ福祉会で共同作業所施設長を務める松原伸二さん。1日から10日間、宮城県の被災障害者の支援に当たった体験をもとに、「東日本大震災と障がいのある人たちの暮らし」と題して話した。
 松原さんは「支援物資は集積されているが、個別の必要な人に必要なものを配布する手だてが不足している」と報告、ボランティアをしようとする人に「助けになりたいという熱意は大切だが、自分の満足と達成感を求めてはいけない。被災者のストレス、負担、迷惑にならないなどの心得が必要だ」とアドバイスした。【三鬼治】」(全文)


 
>TOP

◆福島第1原発 苦渋の90人放置 南西4キロの双葉病院
(毎日新聞 2011年04月26日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110426-00000005-maip-soci
「東京電力福島第1原発の南西約4キロにある双葉病院(福島県大熊町)の患者らが、原発事故を受けた避難中や避難後に死亡した問題で、死者は患者ら約440人中約45人に上る見通しであることが分かった。県は病院に一時90人が放置された点などを調査しているが、災害で医療機関や施設の患者ら全員の緊急避難が困難になる事態は国も想定しておらず、今後も同様の問題が起きる恐れがある。避難の経緯で何があったのか。【藤田剛、茶谷亮、蓬田正志】
【東日本大震災 図説集】各地の被災状況がわかる
 ◇バスで6時間
 県などによると、同病院には東日本大震災発生当時、約340人の入院患者がおり、近くにある系列の介護老人保健施設にも約100人の入所者がいた。津波などの被害はなかったが、電気や水道は使えなくなった。
 震災翌日の3月12日、原発の10キロ圏内に避難指示が出された。病院と施設の自力歩行できる患者ら209人と多くの職員が避難したが、寝たきりの患者らはできない。鈴木市郎院長によると同日、県へ救助を要請した。
 14日早朝。被ばくの有無を調べるスクリーニング検査の会場となっている福島県南相馬市の保健福祉事務所に官邸からファクスが届いた。「要救助者リスト」の中に双葉病院の名があった。
 ほどなく、陸上自衛隊が救出した同病院の患者ら約130人がバスで到着。大半が寝たきりや認知症の高齢者で、具合も悪そうだった。同行の病院職員はおらずカルテもない。副所長の笹原賢司医師(45)は不安を覚えつつスクリーニングをした。午後2時、患者らはバスでいわき市の避難所に向かった。
 いわき市までの直線距離は約70キロだが、バスは途中にある原発を避けて大きく迂回(うかい)。いわき光洋高校に着いたのは約6時間後で、田代公啓校長はがくぜんとした。車中で2人が死亡し、他の患者の多くも点滴を外して失禁していた。同校に医療設備はなく、患者の名も分からなかった。
 体育館にシートや畳を敷き、校内の机を担架にして2時間がかりで患者を運び込んだ。同校に応援に来ていた看護師はカーテンを裁断してオムツにした。15日未明、2人が息絶えた。「助けてください」。校長は地元FMで支援を求めた。
 ◇3日間絶食
 鈴木院長によると、そのころ病院には患者ら約90人と院長ら病院職員4人、警察官、自衛官が残っていた。原発事故は深刻化し、陸自も救出に来ない。自衛官は原発の爆発後、「戻らなければいけない」と病院を離れたという。15日午前1時ごろには警察官から「逃げるしかない」と言われ、患者を残して隣の川内村に避難。同6時にも爆発音があり、警察官から「戻るのはあきらめた方がいい」と諭されたという。県警幹部の一人は「最初の救出の後、自衛隊がまた来るという話があったので待っていたが、来なかった(から退避した)と聞いている」と話した。
 一方、原発近くのオフサイトセンターでは陸自の幹部が焦っていた。救出担当部隊から「双葉病院にはまだお年寄りがいる」と連絡があったのに、行政の職員は「県警から避難は完了したと聞いている」の一点張りだったからだ。15日午前に病院に行くと、院内各所に寝たきりの患者がおり、異臭に包まれていた。幹部は「少なくとも患者一人一人の名前が分かり、カルテがあれば、もっと救える命があったはず」と話す。
 陸自に救出された約90人は同県伊達市や福島市の避難所に向かったが、その前後に計10人が死亡。福島赤十字病院によると、患者は3日間何も食べられずに脱水症状を起こしていた。
 ◇冷え切る体
 いわき光洋高校の患者らはその後、会津地方の病院などを目指した。うち21人が乗ったバスは15日に県立会津総合病院に到着。多くの人の体は冷え切っており、看護師の一人は「危ない人がいる」と叫んだ。同日夜以降、死亡する人が相次ぎ、4月11日までに計6人が亡くなった。
 4人を受け入れた会津若松市内の老健施設でも、当初は看護師が「ばっちゃん、生きてっか」と呼びかけても反応がないほど衰弱していた。1カ月ほどして双葉病院の職員が訪れ、「見捨てたわけではない。連れて行けなかったんです」と原発事故の混乱を口にした。患者の一人は「では、なぜ今まで迎えに来なかった」と怒った。
 ◇みとられず
 4月6日、県警は双葉病院で患者4人の遺体を発見した。遺族の佐藤和彦さん(47)=富岡町=は福島署川俣分庁舎の駐車場で父久吾さん(87)の遺体と対面し、「誰にもみとられずに死んでいったのか」と涙が出た。
 父の行方を捜して避難先の東京から連日、避難所などを訪ねていた。署で会った鈴木院長が差し出した死亡診断書は「3月14日午前5時12分死亡、死因は肺がん」。「本当にがんだけが理由か。なぜ、院内に放置したのか」と尋ねたが、「すいません」と言うだけで詳しい説明はなかった。大半の職員が避難した後、父はどんな状況で死んだのか。佐藤さんは「真実が知りたい」と訴える。関係者によると、死者はこのほかにも相次ぎ、計約45人に上るという。
 ◇対策の想定外
 国は新潟県中越地震などで高齢者らの逃げ遅れが相次いだことを受け05年、自力で避難できない高齢者ら「災害時要援護者」の避難支援ガイドラインを策定、市町村に要援護者のリストアップや避難支援計画の作成を求めた。大熊町は09年4月に同計画を作った。  だが、想定しているのは在宅の高齢者や障害者。病院や福祉施設の患者・入所者が一斉に施設外への避難を強いられたケースは異例で、「入院患者や入所者は施設で対応してもらうのが基本」(内閣府)だった。大熊町の担当者も「病院側と連絡が取れず、県や自衛隊とも情報共有できなかった。入院患者は想定外だった」と話す。
 双葉病院の鈴木市郎院長は3月17、21日の取材に「原発の爆発があり、病院に戻れなかった。患者を放置したわけではない」と話した。その後は病院関係者を通じ「内部で調査が終わってから話したい」としている。」(全文)


 
>TOP

◆校舎を変えれば自主性が育つ!? 高校の指針改定
(msn産経ニュース 2011年4月25日)
http://sankei.jp.msn.com/life/news/110425/edc11042515150001-n1.htm
「文部科学省はこのほど、「高等学校施設整備指針」」を改定しました。高校の新しい学習指導要領が、2013(平成25)年度入学生から学年進行で実施されることに対応したものです。理科教育や情報教育のための施設づくりのほか、自ら学ぶ主体性を養うための自習室の整備、コミュニケーション能力を育成するためのラウンジなどの空間を、校内に設けるよう求めています。校舎の設計が、これから大きく変わりそうです。
高校の施設をつくるのは都道府県教育委員会や学校法人などですが、設計の際の留意事項など学校施設のガイドラインを、文科省は施設整備指針という形で定めています。今回の改定では、新指導要領の掲げる「生きる力」を養うという理念を、施設にも反映するために、「自主性を養う空間の充実」を、大きなポイントの一つとしています。
具体的には、生徒が自主的に学習できるよう、図書室、学習センター、自習室などの機能を充実させることを求めています。さらに、自習室などの整備と同時に、生徒同士が討論したり、学習成果を発表したりできるような、「言語活動」のための場を設けることが必要であるとしています。一人で静かに受験勉強するという従来の自習室や図書室などとは、だいぶイメージが違うようです。
また、注目されるのは、学校を「多様なコミュニケーションを促す場」ととらえて、校内にさまざまな交流空間を配置することが重要であると強調している点です。たとえば、「生徒が休憩時間や食事等の際に、多様な生活場面を自ら選択できる」ように、ラウンジや談話コーナー、食事に利用できるスペースを校内に設けるとしています。自主性やコミュニケーション能力を養うにはまず施設環境から、ということでしょうか。
同時に、談話コーナーやラウンジなどは、生徒同士のほか、教職員と生徒の間のコミュニケーションを図る場とすることも大切であるとしています。このような校舎設計が取り入れられれば、学年やクラスが違う生徒とは顔を合わせる機会がほとんどないという学校生活が、大きく変わるかもしれません。
時代の変化に対応した改善としては、キャリア教育・職業教育に関する施設の充実も求めています。具体的には、大学教員が高校生に講義したりする「高大連携」のための施設や、民間企業や専門機関などから人材を受け入れてキャリア教育や職業教育を行うための施設を整備する必要があるとしています。また、地域住民や保護者などが学校ボランティアとしてさまざまな活動や授業への参画ができるような施設づくりも、計画することが必要だとしています。
このほか、東日本大震災で学校施設も大きな被害を受けたり、住民の避難場所となったりしていることに対応して、早急に学校施設の耐震化を図るとともに、避難してくる高齢者や障害者を想定した、施設のバリアフリー化を進める必要があるとしています。
<参考>
「高等学校施設整備指針の改訂等について」及び「特別支援学校施設整備指針の改訂等について」の取りまとめについて」(全文)


 
>TOP

◆石巻中央公民館(宮城)/カレンダーで頭の体操
(河北新報 2011年4月25日)
http://www.kahoku.co.jp/spe/spe_sys1065/20110425_01.htm
「<住所> 石巻市日和が丘1丁目2の7
<避難者数> 140人(24日午前10時現在)
<避難地区> 石巻市門脇、中央など
 「避難生活を送っていると、日付や曜日の感覚がなくなってくる」
 こんな声を聞いて始めたのが「ひめくり」ならぬ「日重ね」カレンダー。3月30日に始め、1日も欠かさず、廊下や各部屋に掲示している。
 考案したのは、避難住民の世話係を務める石巻市生涯学習課の坂本忠厚さん(50)。「お年寄りが、ちょっとした頭の体操もできるカレンダーにしよう」と凝らした工夫が好評だ。
 日付と曜日を記した脇には「ふるさと」「赤とんぼ」など唱歌の歌詞のほか、石川啄木や与謝野晶子の短歌を載せる。
 もともと小学校で国語を教えていた坂本さん。短歌の意味を聞かれ、その場で「ミニ授業」が始まることもある。
 中島理子さん(61)は「こんな年齢になっても、まだまだ勉強することは多い」と毎日、カレンダーで勉強に励む。
 坂本さんは「こちらも頑張って話題を仕込みます」と笑顔を見せる。避難住民に、日々の小さな楽しみを提供しようと張り切っている。
  ◇  ◇
○阿部明子さん(36)=東松島市大曲土手下南
 津波で亡くなった長男海晴(9)のジャージー上下を捜している。震災当日に東松島市の大曲小にあったのは確認しているが、翌日にはなくなっていた。誰かが着て行ったようだ。唯一の遺品。心当たりの方は避難所まで連絡してほしい。
○阿部真寿美さん(29)=石巻市門脇1丁目
 冬物の寝具しか持っていない。最近は暖かくなり、朝起きると汗をかいていることがある。これからの季節、寝具や衣服をどうすればいいのか心配になってきた。冬物の置き場所も確保しないといけない。
○吉田幸枝さん(68)=石巻市門脇1丁目
 誰かが洗濯機を寄贈してくれた。おかげで毎日1人1回洗濯ができ、大変助かっている。梅雨時は部屋干しになり、湿気などの衛生面が心配だ。
○佐藤裕之さん(55)=石巻市中央2丁目
 右半身に障害があり、装身具を着けて歩いている。今後、仮設住宅に移ったとき、近くに歩いて買い物できる場所があるかどうかが心配だ。周辺環境まで分からないと仮設住宅には移れない。
○山内竜夫さん(58)=石巻市門脇1丁目
 自宅の電気と上水道がまだ使えない。がれきも家の前の道路に山積み。泥は乾燥すると土ぼこりが舞う。いつまでこんな状況が続くのか。
○長島誠一さん(66)=石巻市中央1丁目
 津波で、営んでいた和洋菓子店に車が5、6台突っ込んだまま。所有者の分からない車もあり、途方に暮れている。行政の復興計画がどうなるか見通しが立たないと、営業を再開していいかどうかも分からない。
○江田正樹さん(58)=石巻市湊大門崎
 運転免許証や預金通帳の再発行に手間取っている。本人確認に必要な書類が多い上、車がない人は歩いて手続きに行くのも一苦労。もっと簡便な方法はないものか。」(全文)


 
>TOP

◆被災地へ、私が支えに NPO、県産間伐材で杖作り
(asahi.com 2011年4月25日 MY TOWN滋賀)
http://mytown.asahi.com/areanews/shiga/OSK201104240060.html
「東日本大震災で被災し、各地の避難所で生活している足の不自由な高齢者や障害者らのため、滋賀県産の間伐材で杖をつくる運動を長浜市余呉町の整体師斎藤邦雄さん(68)らが始めた。米原市で里山保全に取り組むNPO法人「やまんばの会」や草津市のガールスカウトのメンバーらも協力し、これまでに約200本を被災地へ送ったという。
 斎藤さんは阪神大震災があった1995年1月、神戸市東灘区のマンションで被災した。自宅にある施術所を訪れた客の話からあることに気づいた。「他人に迷惑をかけたくない」という思いからか、高齢者は移動や外出を控え、次第に動かなくなる傾向にあった。
 現在、旅行会社と協力し、健康と観光が結びついた「ヘルスツーリズム」の普及に取り組む斎藤さんは今回の地震を目の当たりにして「健康維持のためにも体を動かなさいといけない」という思いを強くした。
 がれきで埋まった道も杖があれば心強いだろうと、3月末に知人3人に声をかけて杖づくりを始めた。斎藤さんの自宅を作業場に、木の皮をはいでヤスリをかけ、滑り止めのゴムを付けた後、穴を開けてひもを通した。すべて手作業で出来上がった杖には「私が支えになりますよ」「あなたの一歩が日本の一歩」などとメッセージを書き添え、仙台市の被災者に届けられた。
 「共に歩んでいこうという思いがこもっている杖です」と斎藤さん。杖づくりに賛同してくれる仲間を募っている。問い合わせは斎藤さん(090・3708・3777、kunikuni@zc.ztv.ne.jp)へ。(浅野有美)」(全文)


 
>TOP

◆御坊市が津波対策で 緊急避難場所調査
(紀州新聞 2011年4月25日)
http://www1.ocn.ne.jp/~ks-press/110424.html
「避難可能な3階以上の建物を調査
(写真は旧御坊町)
 御坊市は、東日本大震災を受け、東海・東南海・南海地震の津波浸水予想地域の旧御坊町、湯川町を対象に住民の緊急避難場所にする施設調査を始めた。最悪の場合、旧御坊町と北塩屋地区のほぼ全域が1メートル以下から最大8メートル前後まで浸水すると予想しているが、旧御坊町は高台など避難場所が少なく、民間所有を含めて鉄筋コンクリート造り、鉄骨造りで3階建て以上の建物をピックアップし、避難場所の選定や避難タワー建設など施設整備を検討する。
 想定外の大津波で甚大な被害を出した東日本大震災を教訓に、柏木市長が「よりきめ細やかに具体的に住民が避難できる場所を検討しなければいけない」と市民課に指示を出し、生活安全・防災担当室を中心に旧御坊町、湯川町内で鉄筋コンクリート造り、鉄骨造りで3階建て以上の建物を地図上にピックアップ。対象の建物は公共施設、民間所有あわせて約200施設で、うち、旧御坊町内は約160施設ある。
 公共施設では福祉センター、商工会館、御坊小、日高川ハイツ、日高病院、日高高校など、民間施設ではきのくに信用金庫、NTTなどがあり、今後、職員がひとつひとつの施設を現地調査し、建築年度や建物の高さ、強度、緊急避難場所として利用できるかなどを調べ、避難施設を選定する。避難施設が民間所有者の場合は事前に折衝し、適切に避難できるように契約する。あわせて避難可能だが、外付けの階段のない民間施設は階段を設置できるか、設置できるなら公費補助を出すかなども具体的に検討する。
 選定した避難場所にどの程度の住民が収容可能かを調べ、そこに入りきれない人や近くに避難場所のない地域についてはどう対応するかも検討していく。名新地区に予定している避難タワーについても市長は「中途半端なものをつくっても意味がない」と、高さや強度、設置場所などの再検討を指示しており、津波から逃げ切れる対策について知恵を絞る考え。津波対策では「とにかく早く浸水地域外に逃げる」のが基本で避難場所はあくまでも高齢者や障害者ら弱者、逃げ遅れた人の緊急的な場所との意識付けも必要になる。
 市では平成17年に東海・東南海・南海地震が同時発生した最悪の場合(マグニチュード8・6、満潮時)を想定した津波ハザードマップ(津波浸水予想図)1万3000部つくり、市内全戸に配布。国の中央防災会議の想定を上回る最悪の場合を想定し、最大浸水深予想では旧御坊町内と北塩屋地区のほぼ全域が1メートル以下から最大8メートル前後まで浸水するなど広範囲にわたり、特に日高川河口に近い名屋西など名新地区が大きな被害を受けると予想している。」(全文)


 
>TOP

◆障害者声なきSOS 宮城で家族の死者・不明26人に
(河北新報 2011年4月25日)
http://www.kahoku.co.jp/news/2011/04/20110425t13008.htm
「東日本大震災は、日常的な支援が欠かせない障害者から、頼りとする肉親を奪った。自ら「SOS」を発することすらできない障害者の生活を、どう立て直せばいいのか。混乱の中で障害のある人たちの保護に奔走する特別支援学校や福祉施設の苦悩も深い。
◎福祉施設は壊滅的被害 迅速復興へ規制緩和を
 塩釜市など2市1町で障害者支援施設9カ所を運営する社会福祉法人「嶋福祉会」は、施設5カ所が被害を受けた。
 このうち多賀城市の通所自立支援施設「さくらんぼ」(利用者20人)は、砂押川と仙台港の両方から津波が直撃して全壊。幸い人的被害はなく、4月から市の老人福祉センターを借りて就労支援事業だけは再開できた。
 借用期間は9月末まで。それまでに新たな活動拠点を確保しなければならない。通所者の利便性を考えて理事長の石田真さん(45)は「元の場所の近くに施設を構えたい」と話す。
 だが、市域の3分の1は津波の被害に遭っており、100平方メートル近い賃貸物件を見つけるのは難しい。元の場所に自前で施設を建て直せば、費用は1000万円近くかかるとみられる。
 2010年7月に開設した特別養護老人ホームの借入金2億円も残っている。この特養ホームも水没してしまい、再建資金の見通しは全く立たない。震災に伴う公的支援について石田さんは「農林水産業や企業だけでなく、福祉分野にも援助してほしい」と訴える。
 福祉施設は、医務室や食堂などの設置基準が全国一律に定められている。石田さんは「迅速な復興のためには、被災地特区で規制を緩和するべきだ」と強調する。
 障害者の就労支援を続けようにも、震災前から請け負っていた工場など清掃作業の受注先そのものが被災してしまった。辛うじて市施設の清掃と廃品回収だけは続けているが、毎月43万円あった売り上げは、以前の1割にまで減った。
 作業に従事した障害者に支払ってきた月々2万円の賃金は、その半分を出すことさえおぼつかない。
 当座の仕事として浸水住宅のクリーニングを始めたが、5人の職員は法人が運営するグループホームの宿直をこなしながら、日曜日も交代で働いている。
 「津波で怖い思いをして、避難所を転々とした震災直後より、日々良くなっているよ」。こう障害者を励ます職員の負担は、日ごとに増している。
(足立裕子)
◎支援学校よりどころに 2次避難へ ストレス懸念
 石巻市では宮城県石巻支援学校(児童生徒148人)が震災後、障害のある子どもたちや家族のよりどころとなった。
 避難所での生活が難しい子どもも多く、震災当日だけで5家族が避難。その後、一時は在校生の10家族を含む約80人が学校に身を寄せた。自閉症の子どもがいて約1週間、車で避難生活を送った末に学校にたどり着いた家族もいたという。
 学校も避難先に困っている家族を積極的に受け入れる方針を打ち出した。子どもの障害などに合わせて7教室を生活スペースに提供。教職員が2時間おきに巡回した。
 飲食店パートの熊谷宏美さん(34)は、手足が不自由な小学部5年の長男司君(10)と2人暮らし。自宅に大きな被害はなかったが、2010年10月に心臓の手術を受け、司君を背負って長時間、配給や買い物の列に並ぶことができない。震災後3日ほどは水も食料も入手できず、学校に避難したという。
 震災後、司君は何度か高熱を出すなどしたが、ようやく避難生活に慣れたという。熊谷さんは「周りに知っている人がいると安心するようだ。笑顔を見せる回数も増えた」と安堵(あんど)の表情を浮かべる。
 ライフラインの復旧が進み、学校に身を寄せているのは現在、在校生の5家族を含む計26人にまで減った。学生ボランティアの支援や避難家族による自治運営も始まった。  教職員の仕事は避難者の世話から、5月12日の授業再開に向けた準備に力点が移りつつある。20日には、子どもたちがストレスを感じることなく避難者全員で移動できる2次避難先の提供を市に要望した。
 桜田博校長は「避難者にはさまざまな事情があり、2次避難にも特別な配慮が求められる。自治体とともに、在校生、避難者それぞれが不安を感じずに済む方策を探っていきたい」と話している。(門田一徳)
◎犠牲 通所の4人に迎え来ず
 心身障害者の作業所などを運営する名取市の社会福祉法人「みのり会」では、サービスを利用する障害者4人の保護者が津波の犠牲になった。
 理事の笠井晃さん(59)は「親なしには生きていけない人ばかり。将来を考えるとつらく、胸が苦しくなる」と表情を曇らせる。
 震災当日、名取市沿岸部の施設では、約40人が廃油回収などの作業に取り組んでいた。地震後、全員が市民体育館に避難し、それぞれ親の迎えを待ったが、4人に迎えは来なかった。職員が手分けして捜した末、いずれも保護者が津波の犠牲になったことが分かった。
 笠井さんは「何も考えられないくらいショックだった。抱き締めてあげることしかできなかった」と語る。
 4人の障害の程度はさまざまで、親を亡くした事実への反応も異なるという。重度の知的障害がある女性(23)は父母、祖父母、弟が津波に流された。そのことを理解できず、時々「お父さんは?」と聞く。
 軽度知的障害者の小林新吾さん(39)は、唯一の肉親だった母親の葬儀で、手を合わせながら泣いた。「ありがとうございました あとはゆっくりねむってください」。手紙をひつぎに入れた。
 みのり会に入所施設はなく、4人を長期間保護するのは難しい。重度の2人は4月中旬、宮城県大和町の障害者支援施設に入所した。小林さんら2人も5月中に岩沼市のグループホームに移る予定だ。
 「できれば、いつの日か呼び戻したい」。笠井さんは今、地元を離れた重度の2人が入居できる介護施設を建設したいと思っている。
 「親を失った上、友達とも離れなければならないのはかわいそう。慣れ親しんだ古里に、安住の地を提供してあげたい」(神田一道)」(全文)


 
>TOP

◆東日本大震災:食物アレルギー対応遅れ 被災の患者、命に危険も
(毎日新聞 2011年04月24日 東京朝刊)
http://mainichi.jp/life/food/news/20110424ddm001040055000c.html
「◇「食品備蓄」30% 「受け入れ態勢」8%−−66自治体
 東日本大震災の被災地で、食物アレルギーに対応した食料の備蓄や受け入れ態勢が整備されていないため、患者らが命の危険にさらされるケースが相次いでいる。毎日新聞が都道府県と政令市計66自治体に取材したところ、対応食品の備蓄があるのは20自治体(30%)で、アレルギー用粉ミルクの備蓄は15自治体(23%)しかない。受け入れ態勢が整備済みなのは5自治体(8%)だった。阪神大震災や新潟県中越沖地震でも問題化したが、教訓が生かされていない形だ。
 岩手県陸前高田市で母親(45)と2人で暮らす女子高校生(17)は小麦と貝類にアレルギーがあり、小麦を含む食品で呼吸困難になったこともある。
 津波で家を流され病院に避難したが、届けられる食品はパンやカップめんなど食べられないものばかりだった。何日か待ったが状況は変わらず、「これしか食べるものがない」と無理にパンを食べたところ、全身に皮膚炎の症状が出た。医師に薬をもらったが、かゆくて寝られず、シーツは血だらけに。別の避難所の親戚におにぎりを分けてもらうなどして食いつないだ。
 ようやく状況が好転したのは先月下旬。避難所に「アレルギーの人、いませんか」という声が響いた。患者団体「盛岡アレルギーっ子サークル・ミルク」(盛岡市、藤田美枝代表)のメンバーが食品を届けに来たのだ。現在は仮設住宅に移り、症状も安定した。母親は「避難所では『これは食べられない』と言える雰囲気ではなかった。わがままととられるのも怖かった。行政にもアレルギー対応食品への認識があれば助かるのに」と嘆いた。
 同県釜石市の佐々木昌子さんは、ダウン症の長女結有(ゆうゆ)さん(7)と自閉症の長男凱(がい)君(5)がおり、凱君は小麦と卵にアレルギーがある。佐々木さんは車で寺に避難し、そこで車を津波に流された。手近にあったアレルギー対応食品を持って避難したが、すぐに尽きた。凱君は常に動き回るため避難所になじめないことから同市内にある夫の実家に移ったが、車がなく買い出しもできない。2人の子を抱えて疲労が極限に達したころ、知人から同団体の活動を聞き、対応食の援助を受けた。佐々木さんは「行政はあてにならない」とあきらめの表情だった。
 食物アレルギーは発疹などの症状が表れ、重篤な場合は死に至ることもある。例えば小麦に強いアレルギーがある場合、普通のしょうゆを使った食品も食べられない。厚生労働省の研究班が05年にまとめた調査によると、食物アレルギーがある人の推計割合は乳児期が10%、3歳児で約5%、全体では1〜2%という。【林由紀子、樋岡徹也、福永方人】
 □ことば
 ◇アレルギー対応食品
 食物アレルギーを持つ人のために原因となる原材料を除去した食品。食品衛生法が表示を義務づけている「特定原材料」7品目(卵、乳、小麦、ソバ、落花生、エビ、カニ)や、表示が推奨されている18品目(大豆など)が含まれていない食品が該当。災害備蓄用には湯や水を注ぐだけで調理できる米飯(アルファ米)のうち、こうした原材料が使われていないものが一般的。」(全文)


 
>TOP

◆被災の地から 心の病:下 医師に打ち明け症状和らぐ
(asahi.com 2011年4月24日)
http://www.asahi.com/health/ikiru/TKY201104240052.html
「福島第一原発から20キロ圏内に住む30代の男性は、大地震から一夜明けた3月12日早朝、事故を伝えるサイレンで、家具が散乱した家を飛び出した。
 勤め先は原発関連の下請け。会社と連絡をとりやすいよう、同僚がいるはずの避難所に向かった。「2、3日で戻れる」。そんな予想は外れた。
 70人がひしめく教室ほどの広さの避難所で周囲に遠慮し体を折り曲げて寝た。毎食おにぎり1個。トイレはやがて壊れた。
 5年ほど前、統合失調症と診断された。被災後も薬をきちんと飲み続けたが、再び音が気になり始めた。周囲のいびきが耳につく。叫びたい衝動を抑えた。余震のたび、サイレンの音がよみがえる。気分が落ち込んで毛布にくるまるが、寝付けずに寝ころぶだけの日々。
 避難所のある地域に屋内退避指示が出た15日、福島県二本松市の避難所に移った。別れて避難していた両親とも合流した。でも、眠れぬ日が3日続き、疲れ果てて4日目に眠る生活が続いた。会社からの指示は待機のまま。呼び出しに備えて3月末、職場に近い同県いわき市の避難所に移った。
 避難所のテレビで原発事故の映像が流れると、飛び出したくなった。「僕は地域や会社に育てられた。恩返しするときなのに」と悔しさと焦りが募った。
 仕事にいつ戻れるか。住まいは。課題に見通しがたたない。「病気が悪化しているのでは」。不安が強まった。
 4月上旬の巡回で初めて男性に会った心のケアチームの精神科医、緑川大介医師は男性の話に1時間近く耳を傾けた。「たいへんな状況で不安が強まり、眠れなくなるのは正常な反応です」。薬を続け、朝の光を浴びるよう助言した。
 被災前、症状はコントロールされていたが、震災や避難生活のストレスで音への敏感さが増した。状況が改善されれば大丈夫。緑川医師はそう説明した。
 「話を聞いてもらえて安心できました」。男性は心の状態を確かめることができたと感じた。緑川医師と出会い、不安が和らぎ、眠れぬ夜も減ってきた。今できるのは仕事の再開に向け体調を整えること。日が昇るころに避難所を出て、桜が咲く町を歩き続けた。(林義則)」(全文)


 
>TOP

◆ETV特集 「福祉の真価が問われている〜障害者 震災1か月の記録〜」
(NHK教育 2011年4月24日 午後10時〜)
http://www.nhk.or.jp/etv21c/backnum/new.html
「写真・左:高齢者の安否確認をする包括支援センター職員
写真・右:車いすの女性を津波から救った夫婦
写真・左:一家5人で避難所暮らしを続ける家族
写真・右:避難所で足を引きずりながらトイレに向かう男性
東日本大震災では犠牲者の半数以上が65歳の高齢者で、これに障害者を加えた「災害弱者」の割合は非常に高いことがわかってきた。「有事こそ真価が問われる」という言葉の通り、震災に直面した災害弱者は日本の福祉の現状を赤裸々に映し出すことになった。
未曽有の大津波に襲われた彼らの生死を分けたものは何だったのか。自らの力で判断したり移動することが出来ない「災害弱者」たちは、どのように避難したのか。宮城県の被災地である石巻、多賀城、仙台などで生き残った被災者を取材したところ、日頃からの近隣住民との“つながり”の有無が鍵になったことが浮かび上がってきた。知的障害をもつ息子を抱えることが出来ず、逃げ遅れた母親を救ったのは毎日挨拶を交わしていた近所の男性だった。
辛くも生き延びることが出来たものの、最も深刻なダメージを受け、それが最も長期化すると予想されているのも彼らだ。避難所で排尿も自由に出来ず、体を動かすこともままならない。その結果持病が悪化し、身体機能が落ちてしまうケースが後を絶たないのだ。
番組では震災発生から表には出てこない災害弱者たちがどのように命をつないできたのかを克明に追い、福祉の真価を見つめ直す。」(全文)


 
>TOP

◆東日本大震災:緊急時の情報伝達方法を 不安抱える聴覚障害者 /徳島
(毎日新聞 2011年4月24日 地方版)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110424-00000181-mailo-l36
「◇早急な仕組み作り、県に要望も
 東日本大震災の発生で、不安を抱えているのが県内の聴覚障害者だ。音声による緊急時の情報に反応できない聴覚障害者向けに、情報伝達の仕組みは整っていないのが現状。県聴覚障害者福祉協会の平光江理事長は「いざという時の情報がないと、当たり前に生活もできない」と早急な仕組み作りの必要性を訴える。【山本健太】
 聴覚障害者は、避難のサイレンが鳴っても聞こえず、被災地で有効活用されたラジオなどの音声情報も伝わらない。協会によると、3月の震災発生時、宮城県内の聴覚障害者の中には、腕を引かれるままに高台へと連れて行かれ、そこで初めて津波が来たと知らされた人もいたという。
 手話ができる人が周囲にいるとは限らないが、その場合も筆談や口の動きで言葉を読み取る口話が効果的といい、平理事長は「難を逃れた後も支えは必要で、聴覚障害者への対応について多くの人の理解が進むことが重要」と指摘する。
 一方で、災害時に向けた取り組みを独自に進める動きもある。聴覚障害者らを支援するNPOが運営する施設「地域活動支援センターやまもも」(徳島市)では、消防署の職員を招いた初の防災訓練を今月14日に実施し、約20人が震災時の対処方法や消火器の使い方を学んだ。
 施設では、「避難勧告」「避難指示」などの言葉の意味の違いを説明した文書を掲示し、緊急災害放送が流れた際に光の点滅で放送を知らせる機械も導入する予定。戎浩司施設長は「報道で言葉が出てきても、意味までは文字で流れてこない」と話す。
 協会によると、県内の自治体で普段から聴覚障害者向けに窓口を置いているのは約4割だけで、行政との関係は希薄という。このため、協会は、災害時の対策や行政との関係強化に関する要望をまとめ、近く県に提出することを検討している。」(全文)


 
>TOP

◆復興途上の選択:’11統一選 視覚障害者用公報を 点字・音声、2市のみ /茨城
(毎日新聞 2011年4月24日 地方版)
http://mainichi.jp/area/ibaraki/news/20110424ddlk08010006000c.html
「◇自治体任せでは限界の声
 統一地方選後半戦となる2市村長選、11市議選、2町議選は24日投開票される。選挙を実施する15市町村のうち、視覚障害者のための選挙公報を作成しているのは、点字版を準備した牛久市と、音声版を発行した行方市の2市にとどまった。今回は東日本大震災後の選挙カー自粛などを受け、各候補者の政策を示す選挙公報はこれまで以上に重要な資料。点字版などが配布されなかった自治体の視覚障害者からは「居住地格差が生じないよう(点訳や音声化を)義務化してほしい」という声が強まっている。【杣谷健太】
 総務省は今年2月、各都道府県選管委員長に対し、選挙公報の点字版作成などを求める通達を出した。しかし、発行の判断は市町村任せ。2市は07年の前回統一地方選でも視覚障害者用の選挙公報を発行しているが、その後、発行自治体は増えていない。
 常総市選管は「配慮はすべきだと思うが、時間的余裕がない」と現実的に困難だとの認識を示した。他の自治体も候補者確定から告示まで「準備する期間が短すぎる」という。  牛久市では、「牛久点訳の会 すばる」と選挙公報の点訳を任せる契約を交わしている。同会は、部員約15人で1日8時間、点訳を行った。点訳歴約20年の岸久美子さん(59)は「思い込みで間違いも出るので、他人の目を通さないといけない。4回程度校正を行った」と話す。35部作成するのに4日かかったという。
 22歳ごろに視神経が萎縮する病気で失明した高嶋諭さん(33)=牛久市在住=は「候補者の考えや今後4年間でどういうことをやるのかわからないと投票する意味がない」と投票先を決めるために点字版の選挙公報は欠かせないという。他の自治体では点字版がないことに対し「私たちは投票しなくていいということか。差別だ」と語気を強めた。
 筑波技術大の長岡英司教授=千葉県我孫子市在住=は「選挙権は人権。国が(選挙公報の点字版作成などを)義務化しないと改善されない」と各自治体に任せる現状では改善は難しいと指摘している。」(全文)


 
>TOP

◆災害救助法 最大限活用を 知られていない「国が食費負担」
(しんぶん赤旗 2011年4月24日)
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2011-04-24/2011042401_02_1.html

「服や食器も支給対象
 1日おにぎり3個とパン1個の食事、くみ取りの遅れで流せないトイレ。東日本大震災と原発事故の避難生活は長期化し、衛生上、健康上、深刻な事態が広がっています。被災市町村が財政の不安から十分な手だてを講じられない実態もみえてきています。被災者救助への国の責任を定めた災害救助法を最大限活用することが求められます。
 災害救助法は、被災者救助の費用を国と都道府県で負担すると定めており、市町村の財政負担は生じません。政府は都道府県負担分も「極小化する」(厚労省災害救助・救援対策室)方針です。
炊き出し費用も
 市町村による炊き出しや食品の支給も災害救助法の対象です。避難所の被災者に限らず、住宅に被害を受けて炊事のできない被災者も対象になります。
 国が定める食費の一般基準は1人1日1010円。災害救助法適用のあらゆる救助について、一般基準で対応できない場合は、それを超える特別基準を県が設定できます。阪神・淡路大震災時には、日本共産党が被災者とともに当時の一般基準850円に基づく劣悪な食事内容を示して世論と運動を起こし、兵庫県に1200円の特別基準を設定させました。
 ところが東日本大震災のある被災市の担当者は、避難所の食事のほとんどは費用のかからない救援物資だと語りました。「外注を考えた場合、財政サイドと話し合う必要がある」といい、財政負担への懸念から被災者に十分な食事が届いていませんでした。市から確実に配られたのは被災1カ月後も1日おにぎり3個とパン1個でした。救援物資の範囲内で野菜ジュースやカップめんなどが出ました。
市町村に周知を
 災害救助法の運用について、被災市町村への周知が不十分な現状もあるとみられます。
 被災地を回った医師は、たんぱく質や野菜が避難所の食事に不足しがちだと指摘します。
 日本共産党の田村智子参院議員は19日の厚生労働委員会でこうした実態を示し、災害救助法の周知徹底と事態の改善を求めました。
 厚労省の大塚耕平副大臣は、被災者に炊き出しや食品の支給を行った自治体に財政負担は生じないことを認め、県の要請でボランティアが行った炊き出しも国庫負担の対象になると答弁しました。
災害救助法の対象となる救助
 被災者への食品の支給のほか、次のようなものに災害救助法が適用され、ほとんど全額が国庫負担となります。被災地外の都道府県が被災者を受け入れて支援した場合も、災害救助法が適用されます。
避難所のトイレ設置
 バキュームカーによるくみ取りが遅れ、排尿しても水を流さず、使用後のトイレットペーパーをごみ袋に入れている避難所もあります。感染症が爆発的に広がる恐れが指摘されています。災害救助法に基づく避難所のし尿の収集、運搬、処理の費用は、災害廃棄物処理事業の特例措置として「事実上地方の負担はゼロ」(樋高剛環境大臣政務官)になります。
生活必需品の支給
 生活必需品をそろえられずに仮設住宅に入居できない被災者がいます。被服、寝具、炊事用具、食器、光熱水費などの生活必需品の支給は対象です。
仮設住宅の設置
 新たに建てるものだけでなく、公営住宅、UR賃貸住宅、民間アパートの空き部屋の借り上げなども対象です。
福祉避難所の設置
 体育館などの避難所での生活が難しい高齢者、障害者、妊婦、新生児などの要援護者のために、福祉避難所を設置することも対象です。介助員の給与、介護ベッド、ポータブルトイレ、おむつの費用など、必要な支援の実費が対象となります。避難所の一部に設置することも可能です。
医療・助産
 避難所に救護班を置いた場合などの医師や助産師の給与、薬剤費、治療材料費、衛生材料費など。
学用品の支給
 教科書、教材、文房具、通学用品。
住宅の応急修理
 修理用原材料費、労務費、材料輸送費など。
埋葬
 棺、骨つぼなど。
障害物の除去
 必要な機械・器具の借り上げ費、輸送費、職員の賃金など。」(全文)

 
>TOP

◆【栃木】栃木で第二の人生を 那須に避難 福島のケアマネ女性
(東京新聞 2011年4月24日)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tochigi/20110424/CK2011042402000065.html
「東日本大震災に伴って福島県の自宅を離れ、一家三人で那須町の避難所に身を寄せる同県浪江町のケアマネジャー、立川正恵さん(38)が、那須町に新居を購入。仕事も見つけ出し、新たな人生を踏み出した。立川さんは「栃木の人の優しさに触れ、ここで生きていこうと誓った。今度は私が少しでも皆さんの役に立ちたい」と力を込めた。 (小倉貞俊)
 立川さんは震災発生後に、母トク子さん(80)、長男強太君(13)と福島市などの避難所を転々としながら車で南下。三月十九日、那須町の避難所にたどり着いた。
 福島第一原発事故の放射能汚染により、帰宅のめどが全く立たない日々が続いた。重い内臓疾患を持つトク子さん、発達障害のある強太君を抱え、立川さんは先行きの見えない不安に頭を悩ませていた。
 そんな立川さんの気持ちを前向きにさせたのは、地元の人たちの温かさだった。親身な町職員、毎日のように避難所に激励に来る町長、熱心なボランティアたち−。
 「なぜそんなに優しくしてくれるの」。そう問い掛ける立川さんに対し、町民たちは異口同音に「全国の人に助けられた(一九九八年の)那須水害の時の恩返しだ」と話した。
 県内の避難所は月末で閉鎖になるため、避難者の多くは旅館やホテルに移り、福島に戻れる日を待っている。ただ、立川さんは「いつまでも避難者でいてはいけない」と自立を決意。畑仕事が生きがいだったトク子さんのために、畑付きの家を購入した。
 寝込みがちだったトク子さんは見違えるほど元気になり「くわやかまはどうすっぺな」と歩き回るように。「家に帰りたい」と不安定な様子だった強太君も、近くの中学校に転入し、明るさを取り戻した。
 二十五日に再就職先の福祉施設に初出勤する立川さん。「幸せな再スタートが切れるのは、人と縁に恵まれたおかげ。私も恩返しができれば」。そう言ってほほ笑んだ。」(全文)


 
>TOP

◆石巻、仮設入居29日開始 26日公開抽選会
(河北新報 2011年4月24日)
http://www.kahoku.co.jp/news/2011/04/20110424t13015.htm
「石巻市は、宮城県から28日に引き渡される同市向陽町の第1次分仮設住宅(137戸)の入居を、29日に開始する方針を明らかにした。26日に市役所で公開抽選会を開く。
 市建築課によると、仮設住宅に入居した後も地域コミュニティーを維持できるよう、市が決めた地域のみが抽選の対象となる。今回は、応募があった6731世帯のうち、石巻市南浜町、門脇町、雲雀野町、門脇、大街道、築山、三ツ股、中浦、新舘、中屋敷で家屋が全壊したり流失したりした1616世帯が対象。
 第1次分137戸のうち7割程度を、乳幼児がいる世帯などへの優先枠とした。対象は(1)妊産婦(2)3歳未満(3)65歳以上(4)障害者のいずれかがいる世帯。
 石巻市で計画されている第2次〜第5次着工分の仮設住宅数は1681戸。4月末に同市大橋と万石浦で計104戸が完成。渡波や鮎川など9地区で建設を進める。半島部などでは適地が少ないため、他地区への集団移転を求めることも検討する。
 同市の桜田公二建設部長は「民有地を含め、設置場所の選定を急ぎたい」と話した。」(全文)


 
>TOP

◆節電で暗い駅、障害者ら困惑「バリアフリーと両立を」
(日本経済新聞 2011年4月24日 電子版)
URL
「東日本大震災による電力不足を受けて企業などが取り組む節電対策が、障害者らへのバリアフリーに思わぬ影響を及ぼしている。エスカレーターが止まり苦労したり、照明が暗い階段で危ない思いをしたり……。節電の長期化は避けられない情勢だが、機械的な部分消灯に障害者団体は「障害者らに配慮し、バリアフリーを両立して」と訴えている。
「節電で照明を消されると階段や障害物に気付きにくい。危うく転倒しかけたこともある」…」(続きは会員登録)


 
>TOP

◆被災の地から 心の病:上 過敏な音への不安が再発
(asahi.com 2011年4月23日)
http://www.asahi.com/health/ikiru/TKY201104230195.html
「避難所で座り込んでいた30代の男性が、立ち上がって駆け寄ってきた。
 「音が気になって眠れない。仕事で地域に恩返ししたいのに待機が続き、家にも戻れない。不安でしょうがない」
 せきを切ったように話した。
 大地震から1カ月たった4月上旬。福島県いわき市の避難所を精神科医や看護師らの「心のケアチーム」が訪ね、避難者に声をかけ始めた時だった。
 男性の自宅は福島第一原発から20キロ以内にあり、戻ることができない。大阪府豊中市のさわ病院から駆け付けチームの現地リーダーを務める緑川大介(みどりかわ・だいすけ)医師に、切々と不安を訴えた。
 津波で家族や家を失い、原発事故で将来の見通しも立たない。心に傷を負ったそんな人たちが県内の避難所に大勢いた。県立医大を中心としたチームが被災者の話を聞いて回った。
 男性が最初に心の不調を感じたのは5年ほど前。原発の機械工事を請け負う会社に勤めていた。猛勉強で臨んだ資格試験に失敗し、自信を失った。仕事のストレスがたまっていった。
 上司のせき払いが、気になり始めた。引き出しの乱暴な開け閉めの音が、自分への不機嫌さの表れに思えた。音の原因を消し去りたくて叫びたくなる衝動を、必死に抑えた。
 「おまえは役に立っていない」。そんなつぶやきが聞こえた気がして、あわてて上司を振り返り、気のせいだとわかった。
 自分で「なにかおかしい」と思った。勤務先の産業医に紹介されて受診した地元の病院で、統合失調症と診断された。
 処方薬で眠れるようになり、音への過敏な反応もなくなった。仕事と勉強に身が入るようになり、資格試験に次々と合格した。「一生付き合っていこう」。そう決めて仕事に打ち込む生活が、震災で一変した。
 外出先からたどり着いた自宅は、窓ガラスが破れ、倒れた家具で埋まっていた。余震の音で眠れぬ夜を明かした翌朝、街頭の拡声機からサイレンが鳴り響いた。「原発で事故がありました。避難してください」
 「こんなの初めてだべ」。叫ぶ父にせかされて、毛布と飲料水を手に車に飛び乗った。薬の処方歴が記された手帳と薬を手放さなかった。(林義則)」(全文)


 
>TOP

◆東日本大震災:停電中、医療機器電源に苦労 福祉施設への対応後手−−仙台
(毎日新聞 2011年4月23日 東京夕刊)
http://mainichi.jp/select/science/news/20110423dde041040011000c.html
「東日本大震災の被災地では停電の中、人工呼吸器などの医療機器の電源確保に苦労する社会福祉施設が相次いだ。極度の燃料不足に陥り、自家発電用の燃料供給は医療機関が優先され、福祉施設への対応は後手に回ったためだ。仙台市太白区の難病ホスピス「太白ありのまま舎」の職員は「ガソリンを求めて市内をさまよい、かろうじて命をつないだ」と証言する。福祉施設の防災対策は見直しが迫られている。
 太白ありのまま舎は、全身の筋肉が衰えていく筋ジストロフィーなどの難病患者が医療ケアを受けながら自立生活を送る全国初の難病ホスピス。震災当時は59人が入所し、うち3人が人工呼吸器や細いチューブで鼻に酸素を送る酸素濃縮器で命をつないでいた。
 3月11日の巨大地震後に停電し、保管していた軽油で自家発電機を稼働させたが12時間で切れた。呼吸器などは電源が必要だ。車のシガーソケットから電源を取っても電力が足りなかった。向かいの消防署にガソリン式の発電機を借りたが、6時間ごとに燃料を補充しなければならない。
 ◇「命危ない」訴え
 職員は地震翌日から携行缶を持って、市内のガソリンスタンドにできた長蛇の列に並んだ。だが、順番が来る前に販売終了になることもしばしば。職員の川尻誠さん(37)はやむを得ず緊急車両専用のガソリンスタンドに並び「命が危ないんです」と訴え、10リットルを購入した。3月15日に電気が復旧するまで、こうした綱渡りが続いた。
 仙台市災害対策本部の担当者は「医療機関には優先して燃料を手配していたが、福祉施設まで行き届いていたかどうかは分からない」と語る。宮城県にも医療機器を扱う特別養護老人ホームや老人保健施設から自家発電機用の燃料供給を求める要望が相次いだ。しかし、県長寿社会政策課は「福祉施設には対応できなかったのが事実」と打ち明ける。
 太白ありのまま舎の白江浩施設長は「助けを求めれば行政は何とかしてくれるという考えがあった。安定した医療ケアを続けるためにも防災対策を考え直さないといけない」と語った。【比嘉洋】」(全文)


 
>TOP

◆障害者自立への道模索 岩沼「しおかぜ」仙台「つどいの家」
(河北新報 2011年04月23日)
http://www.kahoku.co.jp/news/2011/04/20110423t13050.htm
「 障害者の自立や地域生活の実現を理念に掲げてきた福祉事業所の多くが、東日本大震災の影響で苦しい運営を強いられている。施設の倒壊や浸水で、以前の活動が困難な状況に。それでも関係者は「障害者を家庭や入所施設に引きこもらせてはいけない」と、再起に向け奮闘している。
 津波に襲われた岩沼市早股地区。定員30人の障害福祉サービス事業所「しおかぜ」の農場は、泥で埋まった。
 20日午前、利用者は農場で泥のかき出しや片付けに追われていた。岩沼市の高橋和幸さん(34)は「畑の仕事は好き。元の通りやりたい」と額の汗をぬぐった。
 しおかぜによると、地元農家から借りている休耕田を含む農場計70アールは津波後、塩分濃度や酸性度が上昇。土壌を徹底して改良しなければ使えないという。
 「障害があっても日中は働く、という理念で運営している。自立、自活に向けた作業は必要だ」と施設長の永井一人さん(42)。まずは、プランターを使った花栽培の再開へ動きだした。
 仙台市泉区の知的障害者通所更生施設「仙台つどいの家」は、建物の一部の天井が崩落、敷地に無数の亀裂ができるなど大きな被害を受けた。
 「ここで再建できるかどうか、安全性や金銭面で不安がある。地域に親しまれ、離れがたいのだが」。下郡山和子施設長(72)は頭を抱える。
 辛うじて無事だったパン工房で、利用者がパン作りに精を出す。青葉区の男性(34)は「この地域はパンを買ってくれる人が多い。ここがいい」と言う。利用者41人のうち、既に一部は別の施設に移った。
 下郡山さんは35年以上、障害者の地域生活の実現に取り組んできた。「行き場を失わせるわけにはいかない」と、自らを奮い立たせ、再建の道を探っている。(片桐大介)」(全文)


 
>TOP

◆県内に広がる支援/東日本大震災
(四国新聞 2011年04月23日 香川ニュース)
http://www.shikoku-np.co.jp/kagawa_news/social/article.aspx?id=20110423000157
「□県内のパチンコ店81店が加盟する県遊技業協同組合は22日、遊技客から寄せられた263万7817円を四国新聞社を通じて日赤県支部に寄付。各店舗に募金箱を設置し、来店者に協力を呼び掛けた。これまでも3回に分けて寄付しており、累計の金額は812万3539円。募金箱は9月ごろまで設置する予定。
□JR四国グループのめりけんやと、製麺機製造販売の大和製作所、さぬきうどん製造販売の讃匠は23、24の両日、チャリティーイベントを宇多津町浜三番丁のめりけんや・かけはし店周辺で開く。手打ちうどん体験やミニ機関車の乗車コーナー、バザーなどがある。売上金の一部を義援金として寄付するほか、缶詰や飲料水、レトルト食品、食器用洗剤、手袋などの支援物資も受け付ける。両日とも午前10時から午後3時まで。
□県精神保健福祉センターが被災者を対象にした電話とメールによる「こころの相談」を実施。香川県が派遣している保健師らが宮城県の避難所などでチラシを配布し周知する。電話相談は〈087(833)5560〉、メール相談は〈http://www.pref.kagawa.lg.jp/seishinhoken/mokuji/mail/shinsai.php〉。
□高松市は21日、石巻市に被災地用の風呂設備2セットと県民から寄せられた毛布2千枚を提供。県トラック協会のトラックに積み込んで同日出発した。風呂は県内の建築関係者が被災地を風呂で支援する「ZENKON湯プロジェクト」の設備。また、25日からは管理栄養士1人を南三陸町に派遣する。
□高松ボランティア協会が高松市観光通の市総合福祉会館1階に募金箱を設置し、義援金を募っている。義援金は被災した障害者を支援する「ゆめ風基金」を通じ、被災地の障害者団体に送る。
□ベルモニー平安閣グループ(高松市)は5月2日から、納棺作業などをサポートする職員2人を宮城・気仙沼市に派遣する。同グループが加盟する全日本冠婚葬祭互助協会の活動の一環で、期間は1週間程度。グループはこれまで、被災地に向けて棺(ひつぎ)150本と骨つぼ100個を送っている。」(全文)


 
>TOP

◆東日本大震災:成年後見人の安否確認開始…被災地の家裁
(毎日新聞 2011年04月23日)
http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110423k0000e040023000c.html
「東日本大震災で大きな被害を受けた宮城、岩手、福島3県の家裁が、認知症の高齢者や知的・精神障害者に代わって財産管理や介護施設への入所手続きを行う「成年後見人」の安否確認に乗り出した。後見人が死亡したり連絡が取れないような場合は、高齢者や障害者らが孤立してしまうおそれがあり、新たな後見人を選任するなどして対処するという。
 成年後見人は、施設や病院への入所・入院手続きを取り、本人の通帳を管理していることも多い。このため、後見人がいないと被災した本人が迅速に施設や病院に入れなかったり、被災者向けの公的給付を受けることができなくなるケースも予想される。
 家裁は通常、親族らの申し立てを受けて近親者や弁護士らから後見人を選任し、定期的に後見状況の報告を求めている。最高裁家庭局によると、3県で後見を受けている高齢者や障害者は昨年12月時点で▽宮城1605人▽岩手943人▽福島1267人。
 3県の家裁は、後見人自身や後見を受けている本人、親族などに電話などで安否確認を進めている。連絡が取れないケースでは、死亡者や避難者リストの確認も行う。無事が確認されても、本人と離れて避難しているような場合は、別の後見人を追加選任する。認知症や障害の程度がより軽い人を保護する「保佐人」や「補助人」についても安否確認を進めるという。
 最高裁家庭局の担当者は「各家裁とも緊急案件と認識して調査を始めた。被災地で後見を受けられなくなっている人がいたら、裁判所に連絡してほしい」と話している。【伊藤一郎】」(全文)


 
>TOP

◆希望新聞:東日本大震災 Q&A 仮設住宅のバリアフリー化は?
(毎日新聞 2011年04月23日 東京朝刊)
http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110423ddm035040087000c.html
「Q 仮設住宅のバリアフリー化は?
 A 工夫すれば日曜大工程度の技術で改善可能です
 阪神大震災で、兵庫県立福祉のまちづくり工学研究所(当時。現福祉のまちづくり研究所)主任研究員として、避難所や仮設住宅のバリアフリー化に取り組んだ相良二朗・神戸芸術工科大教授(56)に聞きました。
 阪神大震災で建設された仮設住宅には、さまざまな問題がありました。玄関の敷居が高く、約70センチという住宅もありました。
 床の上にユニットバスを置く方式で建てられたため、トイレや風呂に入る際に段差があり、輸入製品のため流しの位置も高かった。手すりの数も足りず、トイレや入浴など高齢者や障害者が自分でできることを減らしてしまう可能性がありました。
 そこでボランティアと仮設住宅を回り、玄関の段差を緩和する階段やユニットバスの踏み台などを設置しました。ベニヤ板などホームセンターで購入できる材料でも強度を保つよう注意すれば、日曜大工程度の技術で作れます。手すりもさほど難しくありません。
 その後、作り方をまとめ、住民に配りました。日々の生活に危険が伴うストレスは大きいと思います。少しの工夫で不便さ、不安を和らげられるのです。
 今回の震災を受け、福祉のまちづくり研究所は、当時配布した図入りの技術資料を同研究所ホームページ(www.assistech.hwc.or.jp/)で公開しています。被災地で参考にしてもらえると思います。【大金紗知子】」(全文)


 
>TOP

◆東北線が全線再開 JR貨物も輸送開始
(岩手日報 2011年4月22日)
http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20110422_3
「JR東北線は21日、一ノ関―仙台、利府―岩切(宮城)間の運転を再開し、東日本大震災以降で初めて全線開通した。JR貨物(東京)も盛岡貨物ターミナル―仙台間が復旧し、中部圏から県内への自動車関連部品の輸送が再開された。今月末には東北新幹線が全線復旧の見通し。東日本の大動脈となる鉄路の回復は、県内経済や被災地復興に弾みをつけそうだ。
 同日の一ノ関駅は駅以南の路線を利用する通勤、通学客らでホームはいつも以上の人出。一関一高の菅原理奈さん(2年)と及川美幸さん(3年)は復旧するまで父母の車で通学しており、「ガソリン代がかさんで大変そうだった。復旧してよかった」と喜ぶ。
 JR東日本によると、東北線は3月11日の本震で線路のゆがみや駅設備の故障など約1700カ所が被災。今月7日の余震では約540カ所が被害を受けた。県内では、15日までに盛岡―一ノ関間で再開したが、一ノ関―仙台間の被害が大きく、復旧が難航していた。同一線路を使用するJR貨物も同日、盛岡貨物ターミナル―仙台間の運行を再開。貨物列車を活用し全国とのコンテナ輸送が可能になり、物流機能の回復にも期待がかかる。
 21日はトヨタ自動車などが名古屋南貨物駅(愛知)から盛岡まで運行する専用列車「トヨタ ロングパス エクスプレス」が午後7時半ごろに盛岡市に到着。31フィートのコンテナを21個連結し、関東自動車工業岩手工場(金ケ崎町)に運ぶ自動車関連部品を輸送した。
 関自岩手工場が部品の供給不足などから稼働率50%程度で操業しているため、専用列車は当面、従来の1日2往復から1往復に縮小して運行される予定。トヨタ本社広報は「今後フル生産になった場合も部品を安定供給できる」と歓迎する。
 震災前に十数個のコンテナを全国に輸送していた経腸栄養剤、医療食開発・製造のイーエヌ大塚製薬(花巻市)は「トラック輸送に比べコスト削減につながる」(人事総務部)と再活用を検討する。
 東北新幹線は今月30日に全線復旧の予定。JR山田線と大船渡線、八戸線の一部は復旧作業中でバスの代替運行で対応している。」(全文)


 
>TOP

◆累計699人の介護職員が被災地に派遣- 活動中の職員は84人・厚労省調査
(キャリアブレイン 2011年4月22日)
http://www.cabrain.net/news/article/newsId/33821.html
「厚生労働省は4月22日、東日本大震災で被災した社会福祉施設などに派遣された介護職員の人数が、同日現在までの累計で、前週比82人増の699人になったと発表した。現地で活動中の職員は前週比14人減の84人になった。
 派遣先の内訳は、岩手県に177人(前週比8人増)、宮城県に391人(62人増)、福島県に131人(12人増)。このうち、岩手県の19人(9人減)、宮城県の48人(5人減)、福島県の17人(増減なし)が、同日時点で実際に活動している。派遣は都道府県間の調整によるもので、派遣可能な介護職員などの人数は8180人(同)に上る。
 また、社会福祉施設などが受け入れた被災地の高齢者や障害者らは1782人(169人増、県内移動を含む)。内訳は岩手県から227人(増減なし)、宮城県から952人(同)、福島県から603人(169人増)だった。
 被災した岩手、宮城、福島の3県以外の地域にある社会福祉施設などでは、被災地の高齢者や障害者ら5万3405人分の受け皿が整っており、内訳も含め、前週比から増減はなかった。内訳は、高齢者関係施設3万6392人、障害者関係施設8946人、児童関係施設7148人、保護施設919人。高齢者関係施設のうち、特別養護老人ホームは1万2379人、老人保健施設は6031人だった。」(全文)


 
>TOP

◆拠点避難所設置へ 小松市、月内にも整備
(富山新聞 2011年4月22日)
http://www.toyama.hokkoku.co.jp/subpage/H20110422104.htm
「 小松市は今月中にも、災害時の避難所80カ所のうち一部を「拠点避難所」に選定して 設備や資材を充実させる方針を固めた。東日本大震災を受け、各拠点避難所に備蓄倉庫を 新設するなど、災害が発生したとしても、被災者に十分な支援ができるように取り組む。 21日、市役所で開かれた市防災体制強化本部会議で申し合わせた。
 拠点避難所は、避難所建物の耐震性などを基準に、10中学校の校下で1カ所ずつ選ぶ 方針。現状の避難所と異なり、小型発電機や貯水槽、し尿処理剤などを新たに設置するこ とを想定している。現在は市内に3カ所しかない備蓄倉庫もコンテナ式で各拠点避難所に 設け、食料などの備蓄物資も市内全体で増やす。
 市は通常の避難所とは別に、高齢者や障害者を受け入れる「福祉避難所」を特別養護老 人ホームなど17カ所に設ける予定で、会議では衛生管理や飲料水の確保のために、消毒 液の保管や非常用手動浄水器の配備なども提案された。
 このほか、スーパーや石油小売業者と災害協定を締結して被災者支援や復旧活動を促進 することや、消防本部や市民病院など災害重要拠点施設5カ所で地下の自家発電機の浸水 対策を実施する案なども示され、引き続き検討していく。
 会議では複数の部署が避難所についての改善案を示したため、和田慎司市長が「縦割り 行政の弊害」と指摘し、連携を密にするように求める場面もあった。」(全文)


 
>TOP

◆東日本大震災:要援護者の定義明確に 福祉救援の課題考える 神戸で支援会議 /兵庫
(毎日新聞 2011年4月22日 地方版)
http://mainichi.jp/area/hyogo/news/20110422ddlk28040509000c.html
「「福祉救援」をテーマに東日本大震災の被災地支援のあり方を考える連絡会議が神戸市中央区の県福祉センターで開かれた。県社会福祉協議会が主催した。被災地の活動報告を踏まえ、現状と課題を話し合った。
 会議には県内の社協やNPOの関係者ら約80人が参加。県内の社協職員約60人が3月18日から宮城県のボランティアセンターや地元の社協に派遣されている。会議では社協職員らが報告した。
 宮城県山元町に入った宝塚市社協の山本信也さん(40)は「災害時要援護者の定義を明確にしなければならない」と指摘した。知的障害者のグループホームでは震災後、数人を自宅に帰したままとなっていた。宮城県石巻市で活動した淡路市社協の凪保憲さん(41)も、要援護者のケアが不十分と述べた。仮設トイレは和式ばかりで消毒液も置かれていなかった。寝床の回りを子どもが走り回り土ぼこりが舞う中の生活に、「高齢者、障害者の把握が十分でなく、個別の支援が必要」と訴えた。
 神戸市社協の長谷部治さん(37)は「ボランティアセンターに行けば『仕事がある』と考える人が多い」という。被災者のニーズ、実態に合わせ、支援が必要となっている。ボランティアの役割が増えてくる泥かきについて、長谷部さんは「泥を見ないで人を見る」との言葉を使い、「がれきはない。すべて思い出や財産。被災者目線の支援を」と強調した。【村上正】」(全文)


 
>TOP

◆国際支援の現場から 東日本大震災での医療援助活動
(asahi.com 2011年4月22日)
http://www.asahi.com/international/shien/TKY201104220198.html
「2011年3月11日、宮城県三陸沖を震源とするマグニチュード9.0の大地震が発生し、巨大津波が東日本沿岸部を襲いました。国境なき医師団(MSF)のチームは、12日から順次被災地に入り、医療援助を続けています。震災から1カ月余り。この間の活動を振り返ってお伝えします。
◇震災発生の翌日には現地入り
 MSFの先発隊は3月12日に東京からヘリコプターなどを使って、宮城県仙台市に入りました。宮城県庁で情報収集をした後、市内の避難所をまわり、主に慢性疾患の患者で、避難の際に薬や処方箋(せん)をなくした方を対象に移動診療にあたりました。当初、1チームが仙台より南の名取市、岩沼市に向かう一方、別のチームは北上し、南三陸町を目指しました。
 その後、現地の状況をみて、仙台から南下したチームも南三陸町に移動することになりました。津波で壊滅的な被害を受けた南三陸町では、海沿いの道路は寸断され、市街地はがれきの山と化していました。ふだんなら町の中心から車で15分程度の地区へ行くにも、破壊された道路を避けながら約2時間もかかりました。こうした状況下で、MSFのチームは南三陸町内の学校や公民館などにできた避難所のほぼすべてをまわりました。  また、同町での移動診療と並行して、さらに別のチームが岩手県の沿岸部の市町村に向かい、医療ニーズの調査にあたりました。その結果、宮古市田老町でも医療援助が必要だとわかりました。避難所でたった一人、活動していた地元の医師を手伝うため、医師を計2人派遣しました。
◇被災地をまわって
 避難所で共通して不足していたのは、歯ブラシや歯磨き粉、ナプキンなどでした。MSFはこうした物資の配布も行いました。また、下着やティッシュペーパーなどの日用品も必要とされていました。
 避難所に身を寄せた人たちの6、7割はお年寄りです。そのため、糖尿病や心臓病などの慢性疾患をもっている人たちが多いのです。例えば、孤立地域にある避難所で生活する慢性腎不全を抱える70歳の男性は、津波の後、血液透析器のある医療機関に行けなくなってしまいました。幸い、この人の状態はそんなに悪くはなかったのですが、地元の医師から処方されていた薬が流されてしまい困っていました。MSFではこうした患者のもとに定期的に通い、薬を提供するなど治療を続けました。
 震災発生直後に現地入りし、その後2週間にわたって活動した道津美岐子看護師は、こう語ります。「私たちが活動していたのは、かなりへき地にある避難所です。どこも規模はあまり大きくなく、避難者はほとんど家族のように親しい隣人同士で、互いに助け合っています。MSFのスタッフも一人ひとりと顔見知りになり、よい関係を築いています」震災発生から4月12日までに、MSFの医療チームは約1700人の患者に対して診察を行いました。
◇心理ケアも実施
 被災してある程度時間が経ってから問題になるのが心理ケアです。津波から必死に逃れて避難所での生活を始めた人たちにとって、最初の数日は緊張状態が続きます。しかし、避難所での生活が「常態化」してくるころに、津波に遭遇した際の恐怖感や、大切な家族や自宅を失った喪失感がこみ上げてくることが多いと言います。
 MSFは震災発生から10日ほど経った時点で、臨床心理士を1人、被災地に派遣しました。その後、6人の臨床心理士が、移動診療チームとともに、避難所で活動しています。MSFの心理ケアチームのコーディネーター、ハ・ヨン・リーは活動について次のように説明します。「医療チームからは、たとえば、家族をなくした高齢者や、震災後、行動に異変が見られる子どもの母親が紹介されます。患者さんが治療を受けるときには臨床心理士も同席して、状況に応じて、一般家庭への訪問も行っています」
☆☆☆ インフォメーション ☆☆☆
◎◎命を救うために、できることは何だろう◎◎ 
国境なき医師団(MSF)の援助活動は、民間の寄付に支えられています。救えるはずの命がこれ以上、失われないために。皆さまの支援をお待ちしています。詳細はこちらからご覧ください。
【いただいた寄付金でできること】
○4,000円で、着の身着のままの家族に飲用水を汲むためのポリタンクと毛布5枚、蚊帳2張りを提供できます。 
○5,000円で、20人のけがをした子どもに、感染から守るための抗生物質を用いた治療ができます。
○10,000円で、けがややけどを負った人の治療のために、医療用包帯を50セット用意できます。
○50,000円で、家を失った人びとが雨露をしのぎ、寝食の場所を確保するためのシェルター資材19世帯分を用意できます。
○80,000円で、500人分の飲用水を供給できるタンクのセットを設置できます。
□「毎月の寄付」□
1日あたり50円、または任意の金額を、1カ月ごとに口座から振り替える継続的な寄付の方法です。安定した資金が確保できるため、緊急事態への迅速な対応や、より長期的な視野に立ったプログラムづくりを可能にする支援方法です。ぜひご参加ください。お申し込みはこちら。
□ファミリーマートでも寄付ができます□
MSFへの寄付が、全国約8200店舗のファミリーマートに設置されている「Famiポート」から、24時間いつでも手軽にできるようになりました。寄付額は1000円、3000円、5000円、10000円からお選びいただけます。手数料はかかりません。「Famiポート募金」はこちら。
※「Famiポート募金」による領収書が必要な場合は、MSFまでお申し付けください。入金確認に約2カ月かかるため、店頭での寄付から2カ月ほど後に下記の電話番号までご連絡ください。
0120−999−199(9:00〜19:00 無休、通話料無料)
□国境なき医師団の活動について知ってください
▽△▽ニュースレター▽△▽
MSFの活動をよりよく知っていただくために、現地からのレポートや写真を掲載したニュースレター『REACT』を1年間無料でお送りしています。1年前までのバックナンバーもPDFでご覧いただけます。お申し込み、閲覧はこちら。
△▽△メールマガジン△▽△
MSFの活動内容や現地の状況を、PC版と携帯版のメールでお届けします(それぞれ月2回程度)。購読は無料です。ぜひPC版、携帯版とも、ご購読ください。お申し込みはこちら。」(全文)


 
>TOP

◆東日本大震災:被災地の障害者支援 きょう近江八幡で県内13団体が募金活動 /滋賀
(毎日新聞 2011年4月22日 地方版)
http://mainichi.jp/area/shiga/news/20110422ddlk25040371000c.html
「◇きょうJR近江八幡駅で
 東日本大震災を受け、県内の障害者関係13団体が22日から、被災地の障害者らを支援する街頭募金を始める。初日は午前10時半からJR近江八幡駅北口で。現地で支援にあたった施設職員らの現地報告もある。
 障害者団体の集まり「日本障害フォーラム」の取り組みで、募金は一般の義援金と異なり、被災地の障害者支援に使われる。
 震災では停電や断水で栄養摂取用の管が使えなかったり、たん吸引ができなくなるケースが続出。大声を上げてしまうため、避難所を出て施設に戻らざるを得なくなった知的障害者もいたという。
 今月4日から1週間、宮城県気仙沼市などで被災施設の実態調査をした東近江市の障害者支援施設「あかね」職員の高橋文明さん(50)は「在宅ケアが福祉の流れだが、災害時には家にいる人を救えなかった。今後の課題になってくる」と話している。【稲生陽】」(全文)


 
>TOP

◆避難所の障害者1987人 本県沿岸、ケアの重要度増す
(岩手日報 2011年4月22日)
http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20110422_11
「東日本大震災で被災した沿岸12市町村の避難所で生活する障害者が合わせて1987人に上ることが21日、県のまとめで分かった。
 県障がい保健福祉課は、3月30日現在の避難所にいる人の名簿と、障害者手帳の発行状況や精神障害で通院し、医療費助成を受けている人の名簿を調べて確認した。
 各自治体の障害者数は釜石市が580人で最多。うち身体障害者が451人を占めた。
 大船渡市は227人、宮古市は193人だった。先行して調査が終わっていた3市町は、陸前高田市397人、大槌町380人、山田町132人だった。
 県は今月5日から被害が大きかった陸前高田、大槌、山田の3市町に相談支援センターを開設。専門職員らを派遣して、避難所や在宅の障害者の相談対応やニーズ把握を行っている。他の9市町村は、地元の職員が対応している。
 避難所生活の長期化に伴い、避難所の障害者の健康管理や精神面のケアの重要度は増している。県は今後、各市町村の避難所の障害者へのケア態勢を確認し、相談支援専門員らの派遣が必要かどうかなど検討を進める。」(全文)


 
>TOP

◆健やかわかやま:被災地へ届け、心 橋本の就労施設、東北の仲間にパン贈る /和歌山
(毎日新聞 2011年4月22日 地方版)
http://mainichi.jp/area/wakayama/news/20110422ddlk30040450000c.html
「◇つながる障害者 「焼きたてパン食べて」−−就労施設「夢あじさい」
 東日本大震災で被災した障害者らに焼きたてパンを食べてもらおうと、橋本市恋野の社会福祉就労施設「夢あじさい」の障害者らが20日、自ら焼いたパンや果物などを被災地の障害者らに贈った。送迎用の車で同日夕出発し21日早朝、現地の障害者らに届けた
。  「夢あじさい」は知的障害者通所施設で、現在44人が農業や押し花名刺作りなどをし、05年10月にパン工房を開設した。大震災のことを知った障害者らは「(被災地の障害者らは)元気にしているだろうか」と心配。岩手県社協の紹介で同県陸前高田市の知的障害者入所更正施設「愛育会・ひかみの園」に連絡をとった。同園には約80人が入所、一般被災者も避難しており、「カップめんなどしかないので、焼きたてパンや新鮮なものが食べたい」と希望したという。
 「夢あじさい」では、障害者ら14人が早朝から焼いたアンパンやメロンパンなど800個、つきたての餅150個を準備。地元の農家や海南市の社会福祉就労施設「かたつむり」から寄せられたイチゴやかんきつ類、バームクーヘンなども一緒に贈った。【上鶴弘志】」(全文)


 
>TOP

◆生活情報/掲示板/宮城労働局、沿岸3市3町で「出張相談」実施
(河北新報 2011年4月22日)
http://www.kahoku.co.jp/news/2011/04/20110422t73028.htm
「○宮城労働局は、被災者を対象とした「ワンストップ出張相談」を沿岸3市3町で行う。震災で離職した被災者の雇用保険受給手続きや、会社が被災して休業、廃止を余儀なくされた場合の雇用保険特例措置などの相談に応じる。年金事務所も窓口を開設する。
 開設場所は次の通り。
 【22日】東松島市商工会鳴瀬支所(同市小野、午前10時〜午後4時)
 【25日】荻浜中(石巻市荻浜、午前11時〜正午)▽荻浜小(同市桃浦、午後1時30分〜2時30分)▽福貴浦会館(同市福貴浦、午前11時〜正午)▽狐崎浜漁村センター(同市狐崎浜、午後1時30分〜2時30分)▽女川高(女川町浦宿浜、午前11時〜午後3時)
 【26日】多賀城市役所6階食堂(午前10時〜午後3時)
 【27日】志津川中(南三陸町志津川、午前11時〜午後3時)
 【28日】中央公民館(七ケ浜町吉田浜、午前10時〜正午)▽七ケ浜国際村(同町花渕浜、午後1時30分〜3時30分)
 ○宮城県中小企業団体中央会は25日から、事業協同組合や商店街振興組合などを対象にした相談会「震災復旧支援移動中央会」を始める。県内11カ所を巡回し、各種支援策を紹介したり、金融に関する相談を受けたりする。連絡先は同中央会022(222)5560。日程と会場は次の通り。いずれも午前10時〜午後4時。
 25日=気仙沼市管工業協同組合(気仙沼市新田、29日も)▽26日=ホテルサンシャイン佐沼(登米市佐沼)▽27日=石巻市労働会館(石巻市泉町、30日も)▽28日=ホテルグランドパレス塩釜(塩釜市尾島町、5月1日も)▽5月2日=古川商工会議所(大崎市古川)▽6日=岩沼市商工会(岩沼市中央)▽9日=県北部地方振興事務所栗原地域事務所(栗原市築館)▽10日=白石商工会議所(白石市本鍛冶小路)
 ○石巻市のみやぎ生協蛇田店は26日、震災に伴い休止していた幼児一時保育サービス「こ〜ぷマミーサポートルーム」を再開する。被災に関する手続きや自宅の復旧作業などの場合も利用可。実施日は火、木、金曜日(祝祭日は除く)の午前9時半〜午後2時半。対象年齢は1〜3歳(対象年齢以外は応相談)。5月31日までは震災復興支援として、預かり料金は30分までが150円、1時間250円。当日2000円以上の買い物レシート提示で1時間無料。定員8人。30分以上の預かりの場合、前日午後3時まで先着順で受け付ける。連絡先は蛇田店サービスカウンター0225(94)0307。
 ○矢本はなぶさ幼稚園(東松島市)は、始業式を5月10日に行う。当日からスクールバスを運行する。入園式は5月11日午前10時から同幼稚園ホールで。保護者が同伴すること。連絡先は0225(83)3423。
 ○石巻市の民間保育園「ピノッチオ」(大橋3丁目)は、被災した6カ月〜6歳の未就学児の無料一時預かりを始めた。期間は3カ月で募集人数は30人程度。保育時間は午前9時〜午後3時で、土曜は正午まで。日曜・祝日は休園。昼食、おやつ付きで送迎可。障害のある児童・生徒の無料一時預かりも行う。連絡先はピノッチオ0225(96)3542。
 ○NPO法人チャイルド・ファンド・ジャパン(東京)は、震災に遭った児童に文房具と応援メッセージを贈る活動を始めた。筆箱、下敷き、ノートなど1万セットに日本、フィリピン、ネパールの子どもが書いたメッセージを添える。小学校単位で受け付け、少量でも対応可能。連絡先は03(3399)8123。
 ○日本手芸普及協会(東京)は、津波などで被災した子どもたちに手作りバッグを贈る。縦30センチ、横40センチ程度の布製。国内外の有志が手作りし、5万枚以上を集めた。避難所や小学校単位のほか、個人でも受け付ける。申し込みは男女児それぞれの希望枚数を書き、ファクス03(3269)8725へ。連絡先は03(5261)5096(平日午前9時〜午後5時)。
 ○熊本ラーメンボランティア隊による炊き出しが22、23の両日、石巻市内で行われる。22日は荻浜中でラーメン約300食、23日は大須小で約500食をそれぞれ無料で提供する。両日とも午前11時半ごろから。材料がなくなり次第終了する。連絡先はケディカ022(777)1351。
 ○宮城県社会保険労務士会の有志は労働や社会保険に関するよろず相談会を23、24の両日、石巻市渡波小で開く。午前10時〜午後5時で予約不要。無料。23日は弁護士が同席する。連絡先は、ひまわり社会保険労務士事務所022(229)6431。
 ○宮城県行政書士会塩釜支部が実施している「被災車両の廃車手続き等に関する無料相談」は、22日の受付時間を午前10時〜正午に変更する。23〜30日は午前10時〜午後3時。場所は塩釜市役所1階。予約不要。連絡先は塩釜市政策課022(364)1111(内線366)。
 ○宮城県助産師会と家族計画国際協力財団(ジョイセフ)は23日午後1〜3時、宮城県山元町の坂元中校庭で「母と子の山元元気市」と題したイベントを行う。山元町周辺の在宅被災者を対象に、衣料、化粧品、シャンプーなどトラック4台分を全て無償で提供する。大きめの袋を持参。雨天決行。連絡先は090(9531)4424。
 ○河北TBCカルチャーセンターは25日、エスパル、メルパルク両教室の3月休講分と4〜6月期納入済み受講料の返金を開始する。窓口はエスパル教室のみで、受付時間は午前11時〜午後4時(日曜を除く)。29日と5月3〜5日の祝日も対応する。
 エスパル教室の講座は5月6日、一部を除いて再開する。メルパルク教室は全講座が引き続き休講。連絡先はエスパル教室022(266)2272。
 ○仙台にもっと図書館をつくる会は、5月21日に仙台市市民活動サポートセンターで予定していた定例総会と竹信三恵子講演会を中止する。連絡先は022(221)4667。
 ○全国13の障害者団体で構成する日本障害フォーラム(JDF)は、仙台市太白区のみやぎ支援センターで、被災した障害者や家族、支援者らの困りごとに応じている。連絡先は080(4373)6077、080(4373)6078。
 ○東北運輸局は閉鎖していた福島運輸支局小名浜庁舎での一部の業務を26日に再開する。船員の雇用保険手続きや航行報告の受理証明、海技免状や船員手帳の交付・再交付申請など。県石巻合同庁舎に仮事務所を開設していた同運輸局石巻海事事務所は同日、石巻市泉町の石巻法務合同庁舎に移転する。小名浜、石巻とも開所時間は午前8時半から午後5時(土日祝日除く)。連絡先は小名浜庁舎090(5180)3734。石巻海事事務所090(5180)3733。」(全文)


 
>TOP

◆東日本大震災:釜石で仮設住宅の引き渡し始まる /岩手
(毎日新聞 2011年4月22日 地方版)
http://mainichi.jp/area/iwate/news/20110422ddlk03040023000c.html
「東日本大震災で自宅を失った被災者向けに県が建設する仮設住宅が釜石市で初めて完成し、21日、入居者への鍵の引き渡しが始まった。24日には家電製品が運び込まれ、入居が本格化する見通し。
 今回の引き渡しは釜井市中妻町3の野球場「昭和園グラウンド」に建設された単身世帯向け30戸、2〜3人向け88戸の計118戸。管理する市は▽自宅が全壊、流失した世帯▽子供や障害者、高齢者がいる世帯−−を優先して入居者を決めた。
 市都市計画課によると、今回の完成分を含め市内で1232戸の建設が決まっている。最終的に約3200戸となる見通しで、用地の選定を急いでいる。釜石市只越町2の自宅が津波で流され、妻と2人で入居する武井正二さん(79)は、避難所や知人宅を転々とした生活を振り返り「窮屈な暮らしだった。足を伸ばして寝られることがうれしい」と笑顔を見せた。【五十嵐和大】」(全文)


 
>TOP

◆サインの旗:震災時に手を貸して 鶴見の視覚障害者支援団体製作 /神奈川
(毎日新聞 2011年4月22日 地方版)
http://mainichi.jp/area/kanagawa/news/20110422ddlk14040155000c.html
「東日本大震災の経験を生かそうと、横浜市鶴見区の視覚障害者支援団体「鶴見ブラインドメイト『ワルツ』」(会員57人)が被災時用の旗を作り、目の不自由な人々に贈った。
 3月11日の大震災発生時、同区は停電が夜まで続いた。「鶴見区視覚障害者福祉協会」(竹田久子会長、38人)の会員には1人暮らしが多く、情報不足で不安を感じた。市内で帰宅難民になった男性会員(61)は「我先の人が多く、白いつえにも冷たかった」と訴えた。
 この体験談を聞いたワルツの会員は「手をかしてください」と手書きした黄色の旗を40枚作った。「手」は目立つように赤字に。被災時にこの旗を掲げ、市民の協力を求める。ワルツは大震災後、区内の公園で視覚障害者を誘導する訓練も実施した。【網谷利一郎】」(全文)


 
>TOP

◆20キロ圏立ち入り禁止 住民本位の姿勢で臨め
(中國新聞 2011年4月22日)
http://www.chugoku-np.co.jp/Syasetu/Sh201104220110.html
「福島第1原発の半径20キロ圏内はきょう午前0時以降、住民の立ち入りが禁止となった。政府が「警戒区域」とするよう関係自治体に指示したためだ。
 これまでの避難指示は強制力がなく、自宅に残ったり、一時的に家財を取りに戻ったりする住民は少なくなかったとされる。
 放射能漏れは一時ほどではなくなっているが、雨が降るなどした際に放射線の濃度が高まる地点がある。「住民の生命や身体への危険を防ぐ」との政府説明に、うなずける面はある。
 無人と化したまちに空き巣が出没し、防犯対策を強める狙いもあったようだ。
 だが震災発生から約40日。「今更なぜ」と住民が戸惑うのも無理はなかろう。政府は強制措置に見合うだけの義務を負ったことになる。住民の理解を得る取り組みから始める必要がある。
 まず、一時帰宅を円滑にスタートできるかだ。3キロ圏内を除く対象地域の住民は約7万2千人。うち世帯ごとの代表1人が自宅に最大2時間滞在できる。一巡するには1〜2カ月かかるという。
 遠方に避難した人とどう連絡を取るのか。住民生活を支える役場が丸ごと県外に移転を迫られたケースもある。滞在時間を延ばしてほしいとの住民の要望も当然、出てくるだろう。
 綿密な放射線の測定が欠かせない。状況次第では、一時帰宅の頻度を増やすことが可能になるかもしれない。同心円状の規制が現実に即しているかの検討も怠るべきではなかろう。
 できるだけ早く古里に戻りたいと多くの住民は切望している。その気持ちを、政府は正面から受け止めてほしい。
 原発事故の収束時期を少しでも早めることに尽きるが、見通すのは困難だ。避難の長期化を覚悟せざるを得ない状況にあろう。  それでも、今のうちになすべきことはある。例えば、がれきも含めた地域全体の放射能汚染をどう除去するか。膨大な作業が予想されるだけに、具体的な準備を進めておくことが望ましい。
 もちろん避難所の住環境改善が急がれる。既に住民の心労はたまっている。帰宅を禁じるのだから、せめて世帯ごとのプライバシーを守るだけの環境を整えられないだろうか。
 弱者保護の観点から、介護の必要な高齢者や障害者を受け入れる福祉避難所の設置や充実は欠かせまい。メンタルケアを含め、子どもたちへのきめ細かい配慮も待ったなしの課題だ。
 家畜を残すのはしのびないなど、さまざまな事情で住民が強制退去に応じない可能性はある。罰則を適用する事態は避けたい。政府が一つ一つの行動で住民本位の姿勢を示し、納得してもらうほかにないだろう。
 これから「計画的避難」を求められる20キロ圏外の地域も注視している。後手後手の対応で住民にしわ寄せが生じる事態は、これ以上繰り返してもらいたくない。」(全文)


 
>TOP

◆希望新聞:東日本大震災 ボランティア 「気仙沼巡回療養支援隊」に参加
(毎日新聞 2011年4月22日 東京朝刊)
http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110422ddm035040027000c.html
「◇「行政と連携して医療の穴なくしたい」
 途上国で医療支援を行うNPO「シェア=国際保健協力市民の会」(東京都)の山本裕子さん(34)=保健師=は、宮城県気仙沼市で被災者宅を訪問して保健医療関連のニーズを把握する活動に参加した。現地の医療機関などが設立した「気仙沼巡回療養支援隊」で、健康相談チームのコーディネーターとして、必要があれば診療チームに被災者を引き継いだ。山本さんは「行政と連携して、保健医療の穴をなくしたい」と話し、近く再び、被災地に入る予定だ。
 災害初期の救急医療を担う災害派遣医療チーム(DMAT)と異なり、シェアは中長期の保健活動を重視している。これまで途上国だけでなく、阪神大震災や新潟県中越地震の被災地に医師や看護師らを派遣し、地元医療機関を支えながら避難所の被災者のケアを側面からサポートした。
 気仙沼市は多くの公共施設が被災し、一時は行政機能もまひした。避難所に行くことのできない高齢者、障害者などの安否確認が重要な課題となり、3月25日に巡回療養支援隊が発足。山本さんはその一員として4月10日から17日まで、地元の保健師や看護師らと、在宅市民の健康状態や生活状況を調査した。
 夜に寝付けなくなった子どもを抱える家庭。ヘルパーが来なくなり、介護が行き届かなくなった高齢者。民生委員が地元事情を詳細に把握しており「地域のきずなを感じた」という。スムーズに診療チームにつなげることで、深刻な事態を防ぐこともできた。シェアはホームページ(share.or.jp)などを通じて、緊急支援金を集めている。【水戸健一】
 □募集している団体□
 被災者のために活動したいという希望がある場合、特定のNPOやNGOの本部に申し込み、オリエンテーションなどを受けて現地に向かう方法もある。ホームページなどでボランティアを募集している主な団体を紹介する。
 ◇ピースボート(電話03・3363・7967)
 宮城県石巻市と東京で活動するボランティアを募集。石巻には最短で1週間滞在し、避難所での手伝いや炊き出し、物資の運搬をする。今後は5月6、13、20日に出発。それぞれ約1週間前に東京で説明会がある。東京でのボランティアは街頭募金や支援物資の仕分けなどで、1日のみの活動も可能。
 ◇ジェン(電話03・5225・9352)
 宮城県石巻市で活動する。泥出しボランティアは日数の制限はない。炊き出しボランティアは1回につき100〜1200食作るので経験者を募集。活動期間は最低1週間。
 ◇レスキューストックヤード
 宮城県七ケ浜町で足湯サービスや家の片付け、被災者のニーズを聞き取る戸別訪問などを行う。名古屋市東区の事務所から現地に入るマイクロバスを定期的に運行。4泊5日で宿泊費込みの参加費は一般7000円、学生4500円。出発日が決まるごとにホームページに記載。
 ◇アジア協会アジア友の会(電話06・6444・0587)
 宮城県南三陸町歌津地区で約10日間、炊き出しや物資の配布、足湯サービスなどを行う。次回は5月9日に大阪をバスで出発する予定。事前に説明会を開く。
 ボランティアを希望する人は、まず基本的な情報を調べ、自分で何ができるか考えよう。
 ○全国社会福祉協議会被災地支援・災害ボランティア情報(www.saigaivc.com/)
 ボランティアセンター(VC)一覧のほか、基本的な心構えをまとめている
 ○助けあいジャパン(tasukeaijapan.jp/)
 ボランティアの募集・登録情報を種別、地域別などで掲載
 ○Yahoo!ボランティア(volunteer.yahoo.co.jp/)
 支援活動中の団体などをまとめたほか、震災関連のイベントや募集の検索も
 ○東日本大震災支援全国ネットワーク(www.jpn−civil.net/)
 全国のNPO、NGOなどが多数参加するネットワーク。初心者向け資料やVCの設置状況の地図など」(全文)


 
>TOP

◆東日本大震災:精神障害者、つらい避難生活 ストレスでトラブルも
(毎日新聞 2011年4月21日 東京夕)
http://mainichi.jp/life/today/news/20110421dde041040028000c.html
「◇情報開示なく、安否確認進まず
 東日本大震災の被災地で、精神障害者も満足な支援を受けられない生活を強いられている。宮城県南三陸町の避難所には、精神障害者のグループホーム「希望が丘」の入居者全員が集団避難。環境の激変で症状が悪化し避難所の運営側とのもめ事も起きた。13の障害者団体で組織された「日本障害フォーラム(JDF)」は、宮城、福島両県の避難所を訪問し安否確認や現状調査をしているが、行政の情報開示がなく実態把握は進んでいない。
 「ストレス解消に外出したい。移動支援など福祉サービスを利用できないか」
 希望が丘のサービス管理責任者の千葉文子さんは17日、避難所の宿泊施設「平成の森」で、調査に訪れたJDFメンバーで埼玉県行田市の福祉施設に勤務する小野寺孝仁さん(47)らに訴えた。小野寺さんは「使えるサービス事業者を探して連絡します」と約束。そして事前の聞き取り調査で要望された演歌のCDとラジカセなどを千葉さんに手渡した。
 避難生活の場は個室だが、8畳間に、入居者5人と近所から避難してきた精神障害のある1人が入り、満足な睡眠が取れない。
 ある男性入居者は、避難生活や実家が浸水したショックで症状が悪化し、攻撃的な振る舞いが目立つようになったという。当番制のトイレ掃除を深夜にしてしまい、運営側との間でトラブルになった。他の入居者の睡眠を妨害することもあり、全員がストレスを抱えているが、千葉さんは「解決策は見つからない」と嘆く。
 精神障害者にとっても避難所生活はつらいが、一方で安否確認は進んでいない。JDFは避難所を訪ね歩き障害者から聞き取り調査を続けており、19日までに訪問した避難所は240カ所。そのうち安否確認や支援できた障害者は140人で、県内沿岸部の障害者手帳所持者5万3511人のうち0・3%に過ぎない。
 JDFは県や各市町村に障害者の情報開示を求めているが、応じたのは東松島市のみ。同市はJDFに、在宅や避難所にいる障害者の情報、安否確認、必要な支援などの聞き取り調査を委任し報告を受けている。
 JDFみやぎ支援センターの小野浩事務局長は、個人情報保護法の制約を緩和するよう、障害者手帳の情報開示を政府などに要望する準備を進めている。「自治体が被災するなど今は普通の状態ではない。国難を乗り越えて命を守るために柔軟に対応すべきだ」と訴えている。
 JDFは、被災地の障害者や家族に対し、安否情報や、必要な支援内容の情報提供を呼び掛けている。問い合わせは、みやぎ支援センター(080・4373・6077)、ふくしま支援センター(024・925・2428)。【泉谷由梨子】」(全文)


 
>TOP

◆長期的な支援必要 精華の福祉法人が呼びかけ印刷
(京都新聞 2011年4月21日)
http://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20110421000049
「京都府精華町の社会福祉法人「相楽福祉会」が東日本大震災で被災した宮城県や福島県の障害者施設への支援活動を続けている。職員を派遣して現地の施設で手助けしたり、食料などを届けており、「今後も長期的な支援が必要」としている。
 相楽福祉会は、奈良県のNPO法人や社会福祉法人など計12団体で「東日本大震災関西障害者応援連絡会」を結成し、事務局を担当している。
 震災直後の3月16日から宮城県内に職員を派遣し、宮城県石巻市の入所更生施設「ひたかみ園」で支援活動を始めた。さらに3月26日からは、福島県いわき市内のグループホームの入居者約70人が一時避難した長野県駒ケ根市、宮田村の障害者施設での支援も担当。今月15日まで入浴や洗たくなどを手伝った。
 現地では、応援連絡会に加わる各団体の職員が数日ずつ滞在して活動する。ひたかみ園では、夜勤を担当して多忙な園の職員に休養してもらった。豚カツの差し入れは、おにぎりや菓子パン中心の食事が続く避難者たちに喜ばれたという。
 相楽福祉会の廣瀬明彦理事長は「ニーズがあれば職員の派遣を続ける。現地の通所施設の製品をこちらで販売したり、個々の生活再建も支えていきたい」と話す。
 応援連絡会の取り組みは、相楽福祉会の機関紙「相楽」の号外に掲載し、これまで2回、各2千部を精華町や木津川市の関係者に配った。住民から活動へのカンパも多く寄せられ、支援の輪が広がっている。カンパなどの問い合わせは相楽作業所TEL0774(93)3277。」(全文)


 
>TOP

◆[震災生活ドキュメント]視覚障害者、ご近所が支援
(読売新聞 2011年4月21日)
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=39743
「避難所へ案内/給水や買い出し
避難所での暮らしを思い出し、点字に記録する高橋さん(左)と妻のさえさん(宮城県塩釜市で)=西内高志撮影
 東日本大震災で被災した住民の中には、視覚障害者もいる。地域の住民に生活を支えられているケースも多いという。視覚障害者の支援団体では情報提供を呼びかけている。
 宮城県塩釜市に住む、ともに全盲の高橋末雄さん(68)とサエさん(68)夫婦は、3月11日、大津波警報を聞き、白杖はくじょうのほかは荷物もほとんど持たずにアパートの外に出た。住民が夫婦の手を引き、近くの小学校の体育館に連れて行ってくれた。
 ここで6日間過ごしたが、問題はトイレ。「つえを使っても邪魔になるし、かと言って、連れて行ってもらうのも気が引けて」と高橋さん。
 見かねた住民が、トイレの近くのスペースを確保してくれた。自治会の会長らが市と交渉してくれ、福祉施設への移動が実現した。地元の災害ボランティアが病院、理髪店などに付き添ってくれた。
 アパートに大きな被害はなく、3月下旬から戻って暮らしている。4月7日の余震で断水と停電が起きたが、災害ボランティアが給水車から水をくんできてくれたり買い物をしてくれたりしたという。
 「余震が多いので心が休まりません。ただ、避難所暮らしでこれまでつきあいのなかった地元の人と知り合いになれた。人生の財産です」
 今回の震災では視覚障害者の被災状況は分かっていない。視覚障害者の団体などでつくる社会福祉法人日本盲人福祉委員会(東京)では3月下旬に支援対策本部を設置。岩手、宮城、福島の3県で、点字図書館の利用者など約2400人について、自宅に電話したり避難所を訪問したりして安否や所在を確認している。白杖や携帯ラジオ、音声時計などを提供し、ほかに必要な支援がないかも確認している。近所づきあいが盛んな地域だけに、地元住民に支えられているケースも多いという。
 ただ、周りの人が視覚障害者だと気づいていないケースもある。また、点字図書館などを利用していない視覚障害者は、被災の状況把握や支援はさらに難しい状況だという。
 同本部事務局長の加藤俊和さんは「目が不自由そうな人がいれば、声をかけてほしい。そのうえで、本人の了解を得て、委員会へ連絡をしてください」と話す。委員会の現地対策本部の連絡先は090・1704・0437。」(全文)


 
>TOP

◆大阪市大と岩手県立大、避難生活支援へ
(読売新聞 2011年4月21日)
http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/news/20110421-OYT8T00377.htm
「大阪市立大は岩手県立大(岩手県滝沢村)と共同で、東日本大震災で被災して避難生活を送る高齢者らの支援に乗り出す。
 大阪市大が阪神大震災の被災者らを対象に続けてきた研究の成果を生かし、公立大同士で連携して暮らしを支える。
 計画では、大阪市大が5月頃に先遣隊を岩手県に出し、福祉施設や避難所にいる高齢者、障害者らの暮らしぶりや受け入れ態勢を確認。その後、社会福祉士や臨床心理士などの人材を育成する生活科学部を中心に研究者や学生らを派遣し、岩手県立大社会福祉学部の研究者らとともに生活を助ける。」(全文)


 
>TOP

◆ツイッターから復興へ「食べるラー油」即座に完売
(スポーツニッポン 2011年4月21日)
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2011/04/21/kiji/K20110421000669870.html
「 宮城県柴田町の障害者就労施設が簡易ブログTwitter(ツイッター)を活用した応援を受け、復興に向けて動き始めた。
 一般就労が困難な障害者が働くための授産施設「はらから福祉会」は、豆腐を中心とした食品を製造している。今回の震災で施設が破壊され、障害者への工賃支払いが危ぶまれていたところ、在庫として抱えている「食べるラー油」を現金化して工賃を作ろうと、東京のNPO「経済活動支援チーム」が支援に動いた。ツイッターによる「食べるラー油を買って被災した福祉会を支援しよう」という呼びかけを開始すると、多くのつぶやきを通じて瞬く間に拡大し、2週間で950万円分の在庫を完売した。
 「経済活動支援チーム」の大石幸紀さん(39)は「Twitterによって一人ひとりの善意がつながり、驚くべきスピートで拡がっていった。皆さんの気持ちが在庫の完売につながり、感謝している」と話した。」(全文)


 
>TOP

◆社説:「東日本大震災」防災意識 どう継承していくかが課題だ
(愛媛新聞 2011年4月21日) http://www.ehime-np.co.jp/rensai/shasetsu/ren017201104212558.html
「数十年以内に起きる恐れのある東海と東南海・南海地震で大きな被害が想定される静岡や和歌山、高知など太平洋岸の6県で、津波への危機意識の乏しさが浮き彫りとなった。
 東日本大震災の発生後、大津波や津波警報で避難指示・勧告が出たにもかかわらず、避難対象者115万9655人のうち、指定場所に避難したのは2・5%、2万8621人どまりだったことが分かった。
 本紙のまとめでは、県内で勧告を出した南予5市町の避難率も6・2%にとどまっている。
 指定以外の場所へ逃れるなど実際の避難者はもっと多いが、防災意識を持続することの難しさと重要性をあらためて思い知らされた。
 市区町村長が災害対策基本法に基づいて出す避難指示・勧告は、いずれも強制力はない。避難率を上げるためには、今回の事例でも指示・勧告が十分に機能しなかった点を多角的に検証しなければならない。
 まず避難指示・勧告が住民まで届いていたのか、周知徹底の確認が求められる。
 また届いてはいたものの、高齢者や障害者など避難したくてもできなかった人がいなかったかを把握しなければならない。
 何より、避難指示・勧告は大げさに出されると思って油断する人が多いのではないか、という懸念がある。和歌山県総合防災課の担当者の指摘だ。
 これについては心構えや危機感といった個人の意識に関わるだけに、指示・勧告をどう生かすかという方法論が問われる。
 昨年2月のチリ大地震津波に伴い愛媛大防災情報研究センターが実施した四国3県の避難実態調査で、避難した最大の理由として「呼び掛け」を挙げた人が3分の1を占め、「勧告が出たから」は10%にすぎなかった。
 避難率の向上には消防団や自主防災組織などによるネットワークの構築が鍵となるという調査結果を思い起こしておきたい。
 東日本大震災でも勧告を出した5市町と自主防災組織を対象に、愛媛大が加わる愛媛地域防災力研究連携協議会が意識調査を始めたという。
 チリ大地震時の教訓が生きたかを含め、問題点がより鮮明に見えてくるに違いない。
 一方で、その後が肝心ともなる。
 大震災で未曽有の被害を目の当たりにし、多くの人が防災意識を呼び覚まされた。だが「のど元過ぎれば熱さ忘れる」である。
 いつ襲って来るのか予測しきれない災害に備え、どう意識をつなぎ、教訓を継承していくかが課題だ。」(全文)

*作成:有松 玲
UP:20110428 REV:20110501,0629
災害と障害者・病者:東日本大震災 
TOP HOME (http://www.arsvi.com)