HOME > 災害と障害者・病者:東日本大震災 >

東日本大震災 障害者関連報道 2011年4月 2(11日〜20日)

3月4月 1(1〜10日)4月 2(11〜20日)4月 3(21〜30日)5月6月7月8月9月10月11月12月
災害と障害者・病者:東日本大震災

作成:有松 玲 last update:20110629
*以下については別頁にも記事掲載されています。
人工透析  ◆ALS

◆テレビ報道

◆救援活動の写真 https://picasaweb.google.com/107166457718666569802
 「マスコミや各団体の広報等に活用できるように下記のURLに救援活動の写真をUPすることにしました。ご自由にダウンロードしてお使いください。」とのことです。

新聞記事見出し

◆2011/04/20 兵庫県保健師が在宅訪問活動 宮城・気仙沼 
神戸新聞 2011/04/20
http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/0003982337.shtml
◆2011/04/20 東日本大震災:倉敷のNPO法人「たけのこ村」、被災した障害者に呼びかけ /岡山
毎日新聞 2011/04/20 地方版
http://mainichi.jp/area/okayama/news/20110420ddlk33040665000c.html
◆2011/04/20 「日本医師会災害対策本部会議 拡大会議─現地と話す─」を開催 日医と被災県含む7県医師会がテレビ会議で意見交換
日医ニュース 2011/04/20
http://www.med.or.jp/nichinews/n230420a.html
◆2011/04/20 東日本大震災:首都圏から 計画停電の足立区 区職員の機転、救った命
毎日新聞 2011/04/20
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20110420dde003040033000c.html
◆2011/04/20 東日本大震災:福島第1原発事故 「屋内退避」の南相馬、NPOが施設再開
毎日新聞 2011/04/20
http://mainichi.jp/life/health/fukushi/news/20110420dde003040065000c.html
◆2011/04/20 東日本大震災:視覚障害者に支援届かず 宮城、情報保護で
毎日新聞 2011/04/20
http://mainichi.jp/select/today/news/20110420k0000e040064000c.html
◆2011/04/20 節電で”災害弱者”が被る「不都合」
asahi.com WEBRONZA 2011/04/20
http://webronza.asahi.com/politics/2011041900006.html?ref=left
◆2011/04/20 福島第1原発:南相馬の障害者施設再開
毎日新聞 2011/04/20
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110420k0000e040029000c.html
◆2011/04/20 「災害関連死防ぎたい」 社会福祉法人・中辻理事長
大阪日日新聞 2011/04/20
http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/110420/20110420018.html
◆2011/04/20 社説 津波対策/東北を全国の防災モデルに
世界日報 2011/04/20
http://www.worldtimes.co.jp/syasetu/sh110420.htm
◆2011/04/20 仮設住宅に介護拠点併設へ 被災9県に計100カ所超
朝日新聞 2011/04/20
http://www.asahi.com/national/update/0419/TKY201104190511.html
◆2011/04/20 【東京】区営や民間賃貸 練馬区住宅提供 あすから募集
東京新聞 2011/04/20
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyo/20110420/CK2011042002000020.html
◆2011/04/20 東日本大震災:仮設住宅地に介護拠点 9県に計100カ所設置−−厚労省方針
毎日新聞 2011/04/20 東京朝刊
http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110420ddm041040092000c.html
◆2011/04/20 希望新聞:東日本大震災 ボランティア 障害者救援本部を設立 長期の支援態勢、必要
毎日新聞 2011/04/20 東京朝刊
http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110420ddm035040159000c.html
◆2011/04/20 自分の命は自分で守る
読売新聞 2011/04/20 和歌山
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/wakayama/news/20110419-OYT8T01216.htm
◆2011/04/20 都、原発周辺からの避難者入居300戸を追加募集
日本経済新聞 2011/04/20
http://www.nikkei.com/news/local/article/g=96958A9C889DE0E5E2E7E0EAE5E2E3EBE2E6E0E2E3E39EEAE1E2E2E2;n=9694E3E4E3E0E0E2E2EBE0E0E4E7
◆2011/04/19 仮設住宅に通所介護などの複合拠点併設を- 厚労省が被災県に事務連絡
キャリアブレイン 2011/04/19
http://www.cabrain.net/news/article/newsId/33742.html
◆2011/04/19 20〜30キロ圏、苦心の診療 長期入院・透析できず
asahi.com 2011/04/19
http://www.asahi.com/health/news/TKY201104180522.html
◆2011/04/19 東電「原発事故収束まで6〜9カ月」
asahi.com 2011/04/19 MY TOWN埼玉
http://mytown.asahi.com/saitama/news.php?k_id=11000001104190001
◆2011/04/19 仮設住宅に介護・相談拠点=被災9県に100カ所超−厚労省
時事ドットコム 2011/04/19
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2011041900597
◆2011/04/19 被災地の仮設住宅に介護拠点設置へ
TBS 2011/04/19
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4704237.html
◆2011/04/19 東日本大震災 厚労省、被災地の100カ所以上の仮設住宅地に介護拠点設置方針
FNN 2011/04/19
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00197746.html
◆2011/04/19 仮設住宅地に介護拠点、孤独死防ぐ
読売新聞 2011/04/19
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=39663
◆2011/04/19 【東京】被災者向け住宅 練馬区も提供 21日から募集
東京新聞 2011/04/19
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyo/20110419/CK2011041902000020.html
◆2011/04/19 練馬区、震災被災者らに住宅100戸提供 家財道具も用意
日本経済新聞 2011/04/19
http://www.nikkei.com/news/local/article/g=96958A9C889DE0E4EBEAE4E4EAE2E3EAE2E6E0E2E3E39EEAE1E2E2E2;n=9694E3E4E3E0E0E2E2EBE0E0E4E7
◆2011/04/19 被災の地から 透析避難:下 患者700人、新潟・東京へ
asahi.com 2011/04/19
http://www.asahi.com/health/ikiru/TKY201104190213.html
◆2011/04/18 被災者の預金の払い戻しについて
ケアマネジメント 2011/04/18
http://www.caremanagement.jp/news+article.storyid+8723.htm
◆2011/04/18 被災者対象に入居者募集 21日まで、春日部市
埼玉新聞 2011/04/18
http://www.saitama-np.co.jp/news04/18/08.html
◆2011/04/18 東日本大震災:派遣・応援 /広島
毎日新聞 2011/04/18 地方版
http://mainichi.jp/area/hiroshima/news/20110418ddlk34040505000c.html
◆2011/04/18 被災者対象に入居者募集 21日まで、春日部市
埼玉新聞 2011/04/18
http://www.saitama-np.co.jp/news04/18/08.html
◆2011/04/18 停電が命の危機に直結 被災地の在宅重度障害者
asahi.com 2011/04/18
http://www.asahi.com/health/news/TKY201104160424.html
◆2011/04/18 【東日本大震災】障害者雇用助成金などの支給要件 一部緩和へ
障害者雇用インフォメーション 2011/04/18
http://www.challenged-info.com/news_r3T62yXoX.html?right
◆2011/04/17 震災と社会保障―支え合いを考える好機に(社説)
asahi.com 2011/04/17
http://www.asahi.com/paper/editorial20110417.html
◆2011/04/17 被災の地から 透析避難:上 原発事故で治療の危機
asahi.com 2011/04/17
http://www.asahi.com/health/ikiru/TKY201104170086.html
◆2011/04/17 生活再建へ第一歩 いわきの被災者、雇用促
福島放送 2011/04/17
http://www.kfb.co.jp/news/index.cgi?n=2011041710
◆2011/04/17 サポート情報:雇用・労働 17日現在
毎日新聞 2011/04/17
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20110418k0000m040017000c.html
◆2011/04/17 東日本大震災:「生活の安定が課題」 支援ネットならが報告会−−奈良 /奈良
毎日新聞 2011/04/17 地方版
http://mainichi.jp/area/nara/news/20110417ddlk29040398000c.html
◆2011/04/17 支える人々(5)NPO法人くもりのち晴れ(大崎市)スタッフ・佐藤晴さん
河北新報 2011/04/17
http://www.kahoku.co.jp/spe/spe_sys1069/20110417_10.htm
◆2011/04/17 大震災 支援の輪
asahi.com 2011/04/17 MY TOWN石川
http://mytown.asahi.com/ishikawa/news.php?k_id=18000001104170002
◆2011/04/17 【滋賀】知的障害者ら給食袋作り寄託 被災地の子どもに
中日新聞 2011/04/17
http://www.chunichi.co.jp/article/shiga/20110417/CK2011041702000119.html
◆2011/04/17 【東日本大震災】視覚障害者の支援 長期的で多角的に
産経関西 2011/04/17
http://www.sankei-kansai.com/2011/04/17/20110417-051861.php
◆2011/04/17 福島の知的障害施設を丸ごと受け入れ 高崎・のぞみの園
asahi.com 2011/04/17 MY TOWN群馬
http://mytown.asahi.com/areanews/gunma/TKY201104160364.html
◆2011/04/16 東日本大震災:避難所の外、届かぬ支援 アパート暮らし、法に明文なく
毎日新聞 2011/04/16 東京夕刊
http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110416dde041040009000c.html
◆2011/04/16 東日本大震災:浅漬けで再起誓う…工場全壊の障害者施設
毎日新聞 2011/04/16
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20110416k0000e040050000c.html
◆2011/04/16 東日本大震災:「精神面のケアを」 医療活動の医師らが報告 /大阪
毎日新聞 2011/04/16 地方版
http://mainichi.jp/area/osaka/news/20110416ddlk27040352000c.html
◆2011/04/16 東日本大震災:岩手・宮城の32施設が使用不能
毎日新聞 2011/04/16
http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110416k0000e040047000c.html
◆2011/04/16 生活情報/自治体情報
河北新報 2011/04/16
http://www.kahoku.co.jp/news/2011/04/20110416t13035.htm
◆2011/04/16 被災者の県内への避難者 一時1000人前後
信濃毎日新聞 2011/04/16
http://www.shinmai.co.jp/news/20110416/KT110415FTI090028000022.htm
◆2011/04/16 高知県が被災地に「心のケアチーム」を派遣
医療人材ネット 2011/04/16
http://iryojinzai.net/664.html
◆2011/04/16 被災者の心のケアへ 県が精神科医ら派遣 広島
産経ニュース 2011/04/16
http://sankei.jp.msn.com/region/news/110416/hrs11041602080002-n1.htm
◆2011/04/15 【東日本大震災】経腸栄養剤供給は5月後半から改善
薬事日報 2011/04/15
http://www.yakuji.co.jp/entry22753.html
◆2011/04/15 東日本大震災:介護事業所被災 通院、入浴困難に 「しわ寄せ」懸念の声
毎日新聞 2011/04/15 東京夕刊
http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110415dde041040046000c.html
◆2011/04/15 東日本大震災:県の公営住宅2次募集で申し込み519件/神奈川
カナコロ 2011/04/15
http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1104150033/
◆2011/04/15 介護職員の被災地派遣、登録者の7.5%- 厚労省
キャリアブレイン 2011/04/15
http://www.cabrain.net/news/article/newsId/33689.html
◆2011/04/15 停電で在宅医療混乱
読売新聞 2011/04/15
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/yamagata/news/20110414-OYT8T01121.htm
◆2011/04/15 きょうの相:京都弁護士会、被災者に無料電話相談 三重利典弁護士に聞く /京都
毎日新聞 2011/04/15 地方版
http://mainichi.jp/area/kyoto/news/20110415ddlk26040389000c.html
◆2011/04/15 東日本大震災:被災者、支援者の精神面ケアを 現地派遣の精神科医ら報告 /石川
毎日新聞 2011/04/15 地方版
http://mainichi.jp/area/ishikawa/news/20110415ddlk17040537000c.html
◆2011/04/15 東日本大震災:岩手で「心のケア」 県、医師ら2カ月半派遣 /高知
毎日新聞 2011/04/15 地方版
http://mainichi.jp/area/kochi/news/20110415ddlk39040488000c.html
◆2011/04/15 東日本大震災:老人ホームや身障者施設、募金集め被災地へ−−行橋 /福岡
毎日新聞 2011/04/15 地方版
http://mainichi.jp/area/fukuoka/news/20110415ddlk40040501000c.html
◆2011/04/15 あれから…:東日本大震災から1カ月/4 福島からの避難者、妊婦 /栃木
毎日新聞 2011/04/15 地方版
http://mainichi.jp/area/tochigi/news/20110415ddlk09040143000c.html
◆2011/04/15 東日本大震災:一時提供住宅、あすから入居−−いわき市 /福島
毎日新聞 2011/04/15 地方版
http://mainichi.jp/area/fukushima/news/20110415ddlk07040222000c.html
◆2011/04/15 東日本大震災:岩手沿岸 被災地を取材して 聞いた言葉、受け止めたい=久野華代
毎日新聞 2011/04/15 地方版
http://mainichi.jp/hokkaido/shakai/news/20110415ddlk01040094000c.html
◆2011/04/15 被災地の医療再建へ
しんぶん赤旗 2011/04/15
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2011-04-15/2011041514_01_1.html
◆2011/04/15 希望新聞:東日本大震災 ミニニュース 車椅子や義肢を修理
毎日新聞 2011/04/15 東京朝刊
http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110415ddm035040058000c.html
◆2011/04/15 東日本大震災:社福法人に1350万、補助金支払いへ−−岩手県
毎日新聞 2011/04/15 東京朝刊
http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110415ddm041040113000c.html
◆2011/04/15 被災地支援、光のNPO奮闘
読売新聞 2011/04/15
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/yamaguchi/news/20110414-OYT8T01044.htm
◆2011/04/14 原発30キロ圏、精神医療に危機
読売新聞 2011/04/14
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=39534
◆2011/04/14 東日本大震災:社福法人に1350万円支払い 岩手県と国
毎日新聞 2011/04/14
http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110415k0000m040069000c.html
◆2011/04/14 東日本大震災:少しでも役に… 尼崎の障害者団体、17日から街頭募金 /兵庫
毎日新聞 2011/04/14
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110414-00000245-mailo-l28
◆2011/04/14 希望新聞:東日本大震災 遠くの被災地より NPO福祉ネット星が丘、徳岡八重子さん
毎日新聞 2011/04/14 東京朝刊
http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110414ddm035040195000c.html
◆2011/04/14 東日本大震災:被災障害者の自己負担免除
毎日新聞 2011/04/14 東京朝刊
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20110414ddm002040062000c.html
◆2011/04/13 支援の輪
asahi.com 2011/04/13 マイタウン愛媛
http://mytown.asahi.com/ehime/news.php?k_id=39000001104130001
◆2011/04/13 高齢・障害者施設ごと受け入れ、原発事故避難指示地域拡大視野に計画/横浜市
カナコロ 2011/04/13
http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1104130056/
◆2011/04/13 救おう被災聴覚障害者 県ろうあ協会などが支援団体
岩手日報 2011/04/13
http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20110413_17
◆2011/04/13 千歳いずみ学園の開発さん 被災地の障害者支援であす岩手へ出発
苫小牧民報 2011/04/13
http://www.tomamin.co.jp/2011c/c11041304.html
◆2011/04/13 避難所出ても生活費不安 雇用促進住宅や仮設入居者
岩手日報 2011/04/13
http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20110413_12
◆2011/04/13 しらかば帳:原発事故 /長野
毎日新聞 2011/04/13 地方版
http://mainichi.jp/area/nagano/news/20110413ddlk20070039000c.html
◆2011/04/13 障害児預かり生活支援 NPO、震災間もなくサービス再開
河北新報 2011/04/13
http://www.kahoku.co.jp/news/2011/04/20110413t13044.htm
◆2011/04/13 「役に立ててよかった」 県一般ボランティアが報告 福井
産経新聞 2011/04/13
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110413-00000034-san-l18
◆2011/04/13 手作り品で被災地支援 山科の障害者施設利用者ら
京都新聞 2011/04/13
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110413-00000011-kyt-l26
◆2011/04/13 車から電源、停電乗り切る 釜石の重症心身障害者
岩手日報 2011/04/13
http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20110413_13
◆2011/04/13 登別の月とらいおんが宮城の福祉会の商品販売を手助け
室蘭民報 2011/04/13
http://www.muromin.mnw.jp/murominn-web/back/2011/04/13/20110413m_05.html
◆2011/04/13 「在宅被災者」の孤立深まる 高齢・障害者に支援急いで 茨城・神栖 6700戸断水
しんぶん赤旗 2011/04/13
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2011-04-13/2011041314_01_1.html
◆2011/04/13 支援情報Q&A〈25〉里親 自閉症
読売新聞 2011/04/13
http://www.yomiuri.co.jp/osaka/feature/kansai1300412497075_02/news/20110413-OYT8T00116.htm?from=yoltop
◆2011/04/13 家にこもるお年寄りにもお届け 支援メンバー被災地報告
asahi.com MYTOWN岡山 2011/04/13
http://mytown.asahi.com/areanews/okayama/OSK201104120143.html
◆2011/04/13 災害弱者、避難に不安 個別計画、策定わずか
asahi.com MYTOWN鳥取 2011/04/13
http://mytown.asahi.com/areanews/tottori/OSK201104120149.html
◆2011/04/13 災害対策 予算組み直し捻出 港区、一部事業を先送り
東京新聞 2011/04/13
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyo/20110413/CK2011041302000052.html
◆2011/04/13 東日本大震災 成年後見制度、大災害想定せず 現状把握など公的支援を(1/3ページ)
産経ニュース 2011/04/13
http://sankei.jp.msn.com/life/news/110413/trd11041307420010-n1.htm
◆2011/04/13 東日本大震災 成年後見制度、大災害想定せず 現状把握など公的支援を(2/3ページ)
産経ニュース 2011/04/13
http://sankei.jp.msn.com/life/news/110413/trd11041307420010-n2.htm
◆2011/04/13 東日本大震災 成年後見制度、大災害想定せず 現状把握など公的支援を(3/3ページ)
産経ニュース 2011/04/13
http://sankei.jp.msn.com/life/news/110413/trd11041307420010-n3.htm
◆2011/04/13 被災地の障害者 雇用相談へ窓口
NHKニュース 2011/04/13
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110413/t10015274431000.html
◆2011/04/13 高速道路各社、被災者対象に障害者割引の有効期限を延長
レスポンス 2011/04/13
http://response.jp/article/2011/04/13/154767.html
◆2011/04/13 東日本大震災:津波で補助金停止 陸前高田の障害者施設
毎日新聞 2011/04/13
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20110413k0000m040144000c.html
◆2011/04/13 社説:計画的避難 安心できる場とケアを
毎日新聞 2011/04/13
http://mainichi.jp/select/opinion/editorial/news/20110413k0000m070131000c.html
◆2011/04/12 福祉ネットワーク「震災関連情報」
NHK教育 2011/04/12 午後8時から午後8時29分
http://www.nhk.or.jp/heart-net/fnet/
◆2011/04/12 被災地の在宅医療「長期の支援が必要」−【震災1か月】
医療介護CBニュース 2011/04/12
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110412-00000010-cbn-soci
◆2011/04/12 「障害ある子ども抱え、避難所に避難できない」 きょうされんボランティア報告8
京都民報 2011/04/12
http://www.kyoto-minpo.net/archives/2011/04/12/post_7780.php
◆2011/04/12 (48)後見人 災害弱者の支えに
YOMIURI ONLINE 2011/04/12
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=39406
◆2011/04/12 東日本大震災:被災障害者の電話相談開設 郡山で市民団体 /福島
毎日新聞 2011/04/12 地方版
http://mainichi.jp/area/fukushima/news/20110412ddlk07040167000c.html
◆2011/04/12 【東日本大震災1カ月 今何ができる】(2)ボランティア 離れていても…ネットで情報発信
産経ニュース 2011/04/12
http://sankei.jp.msn.com/life/news/110412/trd11041207260003-n1.htm
◆2011/04/12 東日本大震災被災自治体等に762億円特例交付
IBTimes 2011/04/12
http://jp.ibtimes.com/articles/17347/20110410/1302436800.htm
◆2011/04/12 希望新聞・岩手:東日本大震災 お役立ち情報 /岩手
毎日新聞 2011/04/12 地方版
http://mainichi.jp/area/iwate/news/20110412ddlk03040062000c.html
◆2011/04/12 東日本大震災:在宅障害者に支援届かず 所持金もわずか
毎日新聞 2011/04/12
http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110412k0000e040031000c.html
◆2011/04/12 病院・福祉施設の復旧費、国の補助率上げ 厚労省検討
日本経済新聞 2011/04/12
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/tokyotama/news/20110412-OYT8T00019.htm
◆2011/04/12 帰宅困難者対策に課題
読売新聞 2011/04/12
◆2011/04/11 福祉ネットワーク「震災関連情報」
NHK教育 2011/04/11 午後8時から午後8時29分
http://www.nhk.or.jp/heart-net/fnet/info/1104/110411.html
◆2011/04/11 <東日本大震災>主な問い合わせ先…11日現在
毎日新聞 2011/04/11
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110411-00000137-mai-soci
◆2011/04/11 【震災関連情報】ISFnet、被災者を優先採用へ、復興支援で雇用拡大
BCN 2011/04/11
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110411-00000018-bcn-sci
◆2011/04/11 介護、看護資格者の「予備役制度」創設を−災害時にらみNPOが要望
医療介護CBニュース 2011/04/11
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110411-00000009-cbn-soci
◆2011/04/11 被災家族「1日も早く作業所再開して」 きょうされんボランティア報告7
京都民報 2011/04/11
http://www.kyoto-minpo.net/archives/2011/04/11/post_7778.php
◆2011/04/11 「生活拠点を築きたい」と被災者、公営住宅2次募集始まる/神奈川
カナコロ 2011/04/11
http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1104110044/
◆2011/04/11 【東日本大震災】障害者らの不安解消 補聴器、眼鏡などの物資提供進む
産経ニュース 2011/04/11
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110411/dst11041121210080-n1.htm
◆2011/04/11 高齢・障害者雇用支援機構
中小企業ビジネス支援サイト 2011/04/11
http://j-net21.smrj.go.jp/headline/report/112392.shtml
◆2011/04/11 避難所の発達障害児ケア 神戸の団体など助言
神戸新聞 2011/04/11
http://www.kobe-np.co.jp/news/kurashi/0003948954.shtml
◆2011/04/11 【特集】東日本大震災 阪神・淡路の経験糧に 宮城で兵庫のボランティア
神戸新聞 2011/04/11
http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/0003948827.shtml
◆2011/04/11 ハザードマップの改訂版 釧路
北海道新聞 2011/04/11
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/chiiki3/285180.html
◆2011/04/11 社説 「東日本大震災」悲しみの1ヵ月 「救国」ではなく「救民」を
愛媛新聞 2011/04/11
http://www.ehime-np.co.jp/rensai/shasetsu/ren017201104112354.html
◆2011/04/11 希望新聞:東日本大震災 がんばろう
毎日新聞 2011/04/11
http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110411ddm035040010000c.html
◆2011/04/11 思い願い誓い重く 宮城沿岸避難者本社アンケート
河北新報 2011/04/11
http://www.kahoku.co.jp/news/2011/04/20110411t13027.htm



 
>TOP

◆兵庫県保健師が在宅訪問活動 宮城・気仙沼 
(神戸新聞 2011年4月20日)
http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/0003982337.shtml
「東日本大震災で津波に襲われた宮城県気仙沼市などで、兵庫県内から派遣された保健師や看護師が、被害が比較的軽微だった自宅などで過ごす高齢者や妊産婦、障害者100+ 件らを巡回し、健康維持の支援を続けている。発生から1カ月以上が過ぎ、体調の急変は少なくなったが、話し相手がおらず、孤立を深める事例が目立つ。保健師らは、被災体験や悲しみを語り始めた人たちの声に、じっと耳を傾ける。
 「あの日、孫はうちに来ていたんです」。今月15日、孫の20代男性を津波で亡くした同市の80代女性が、遺骨が置かれた自宅で話し始めた。血圧を測っていた保健師で、兵庫県丹波健康福祉事務所の佐野静子さん(56)と豊岡健康福祉事務所の井上典子さん(46)は、手を止めてうなずき返す。女性は震災後、胃腸の病気が悪化して一時入院したが、体調が安定したため帰宅していた。
 地震発生時、孫は自動車整備士の資格が取れたことを報告に来ていたという。その後、女性宅を出て、波にのまれたらしい。「孫を引き留めておけば…」。女性はおえつを漏らしながら2時間、話し続けた。
 気仙沼市では、兵庫県内の保健師や看護師が加わり、被害が大きかった地域で高血圧や糖尿病などがある高齢者らの全戸訪問を実施。地元の医療機関が被災する中、薬が切れたり骨折したりしても受診できなかった人を見つけ、現地で支援する医師らにつなげた。  現在はストレスで眠れなくなったり、物資が少なくても我慢したりする人が多いという。佐野さんは「一緒に暮らす家族も気持ちをため込んでいる。ゆっくりと話を聞くだけでも健康維持に役立つはず」と指摘する。
 兵庫県は、6人の保健師を約1週間交代で同市と宮城県石巻市、南三陸町に派遣。兵庫県看護協会の看護師も気仙沼市で巡回している。(本紙取材班・岩崎昂志)(2011/04/21 07:18)」(全文)


 
>TOP

◆東日本大震災:倉敷のNPO法人「たけのこ村」、被災した障害者に呼びかけ /岡山 (毎日新聞 2011年4月20日 地方版)
http://mainichi.jp/area/okayama/news/20110420ddlk33040665000c.html
「◇「迎えに行きたい」
 「大震災でお父さん、お母さんがなくなられた人。ぼくたちのたけのこ村へ来てください」−−。倉敷市玉島道口のNPO法人「たけのこ村」の藤枝一朗村長(40)は、東日本大震災に被災した知的障害者や障害児に呼びかけている。たけのこ村は公的援助に頼らず、自立を目指し、障害者3人を含む8人が共同生活している。日々畑を耕し、備前焼や埴輪(はにわ)を製作する生活を送る。
 助役として村を支える藤岡博昭さん(83)は「村長らは『助けたい』と話した。障害者としてつらい思いを知っているからだろう」と話す。藤岡さんには特殊学級の教師だったオイルショック(73年)の頃、教え子が「能率が悪い」と会社を解雇された経験がある。
 たけのこ村で暮らす水野忠幸さん(58)は「阪神大震災の時も何かできたらいいなと感じた。被災した障害者のみなさんと一緒に暮らしたい」。藤枝村長も「農業や備前焼を作っていると楽しい。みなさんを迎える優しい人たちが待っている」。藤岡さんは「希望者がいれば迎えに行きたい」と笑顔を見せた。
 たけのこ村の連絡先は電話086・426・0820か電話086・523・5840。【石井尚】」(全文)


 
>TOP

◆「日本医師会災害対策本部会議 拡大会議─現地と話す─」を開催 日医と被災県含む7県医師会がテレビ会議で意見交換
(日医ニュース 2011年04月20日)
http://www.med.or.jp/nichinews/n230420a.html
「「日本医師会災害対策本部会議 拡大会議─現地と話す─」が3月22・29の両日,日医会館で開催された.
 会議では,日医の災害対策本部と被災県を含む七県(青森・岩手・宮城・秋田・山形・福島・茨城)の各県医師会等をテレビ会議の回線でつなぎ,日医の常勤役員が現地との情報交換を行った.
 二十二日の会議が横倉義武副会長の司会で開会.
 初めに,今回の東北地方太平洋沖地震により亡くなった会員を含む多くの方々に対し,全員で黙祷を捧げた.
 冒頭,原中勝征会長は,「今後は,日医として,被災地各県医師会からの細かい要望等を聞きながら,長期化が予想される救援活動に対し,各地域の先生方と力を合わせ,住民のために努力していく」と述べ,協力を要請した.
被災県の惨状が明らかに
 つづいて,「各県からの報告」として,齊藤勝青森県医師会長,石川育成岩手県医師会長,伊東潤造宮城県医師会長,谷雄三福島県医師会長,齋藤浩茨城県医師会長,坂本哲也秋田県医師会副会長,有海躬行山形県医師会長が,それぞれの被害状況の概要等を説明した.
 「青森県」では人的被害はそれほど多くなかった.「岩手県」では会員八名が行方不明(本会議中に,一名の死亡を確認)で,三百七十九カ所の避難所に四万五千六百八十七名が避難している.十九日に届いた医薬品等については感謝しており,県と協力しつつ各地に配送したが,まだ足りない状況である.「宮城県」では会員九名の死亡が確認され,千百七十カ所の避難所に二十三万六千名が避難している.石巻・気仙沼などは惨憺(たん)たる状況で,停電・断水が続き困窮している.「福島県」では太平洋沿岸が津波により壊滅状態で,連絡のとれない会員が三〇%以上いる.「茨城県」では全県下の医療機関でインフラの破壊が起こったが,既にかなり復旧した.百一カ所の避難所に三千五百名が避難している.「秋田県」では,被災県ではあるが,隣県である岩手県を中心に,継続した支援を行うためのシステムを構築している.「山形県」では県の健康福祉部と協議し,災害拠点病院等の施設を中心に,人工透析・療養患者を含め,県外からの被災者三千七百三十二名を受け入れている.
 また,岩手・宮城・福島・茨城の各県からは,「日本医師会災害医療チーム」(JMAT:Japan Medical Association Team)の活動に対して,多くの感謝の声が寄せられていることが報告されたほか,メンタルヘルスや慢性疾患の悪化予防など,避難住民の健康管理への継続した支援が求められた.
 さらに,「日本医師会からの報告」として,(一)JMATの活動状況や,「避難所などにおけるトリアージカード」(石川広己常任理事),(二)検案担当医の派遣(高杉敬久常任理事),(三)医薬品搬送(藤川謙二常任理事)―について,それぞれ説明が行われた.  その後の「意見交換」では,「避難所への長期にわたる切れ目のないJMATの派遣をお願いしたい」「インフルエンザ流行に対する検査キットやタミフル等の供給も含めた対策を早急にお願いしたい」など,さまざまな意見や要望が出された.
 日医からは,羽生田俊副会長が,十八日に横倉副会長名で「東北地方太平洋沖地震による被災患者の受入調査」を,岩手・宮城・福島・茨城を除く四十三都道府県医師会に依頼していることを説明し協力を要請した.
 また,中川俊男副会長は,厚生労働省保険局医療課より示された「被災者に係る一部負担金等の取扱い」について,十五日付で通知しているとして,その周知等を依頼した.  さらに,今村聡常任理事は,物品・医薬品等の具体的なニーズや派遣医療チームの活動状況等の情報を県医師会でまとめて要望・連絡して欲しいとし,保坂シゲリ常任理事は,インフルエンザに関して,「行政備蓄分の抗インフルエンザ薬の使用が可能になった旨,厚労省より通達が出ているので,行政と相談して欲しい」と説明した.鈴木邦彦常任理事は,今後の再建支援に向けた基礎資料とするための「病院・有床診療所・診療所の損壊状況調査」への協力を要請した.
 二十九日の会議では,横倉副会長の司会のもと,冒頭,原中会長があいさつを行い,被災者の将来展望が少しでも明るいものとなるよう,引き続き努力していく意向を示した.
 その後,各県医師会からの報告が行われた.
 石川岩手県医師会長は,県の沿岸部に医薬品のサプライセンターを四カ所設置したこと等を報告するとともに,今後,JMATが撤収した後が正念場と考え,内陸部の医師会を中心に,“JMAT岩手”の編成を進めていることを明らかにした.
 伊東宮城県医師会長は,避難所にインフルエンザの流行が見られることから抗インフルエンザ薬や検査キットを配布したことを報告したほか,被災した医療機関の復興が今後の大きな課題になっていると指摘.また,カルテを失ってしまった医療機関に対する診療費の支払いへの対応を求めた.
 谷福島県医師会長は,原発事故の問題が後を引いているとして,政府に対し,正確で一貫した情報提供を要望.今後は,被災した医師への対応,准看学校の生徒・教員への対応も課題になるとした.
 齋藤茨城県医師会長は,県内外からの避難民に対応するため,行政と協力して“茨城県医師会災害復興医療連絡協議会”を開設したことなどを説明.さらに緊急被曝(ひばく)医療に対する会員への周知徹底を求めた.
 齊藤青森県医師会長は,地震発生直後には多くみられた避難民も,現在は減ってきているとしたほか,四月以降もJMAT派遣が継続出来るよう,努力していく意向を示した.
 小山田雍秋田県医師会長は,全会員参加の下で今回の事態に対応していることを説明するとともに,避難所では薬の管理が重要になるとして薬剤師と共に活動することの重要性を強調した.
 有海山形県医師会長は,行政と協力して,被災者を出来るだけ受け入れるよう対応しているとしたほか,今後は息の長い支援をしていくことが大事になるとの考えを示した.
被災地の現状を踏まえた日医の対応
 「日本医師会からの報告」としては,まず,石井正三常任理事から,三十〜三十一日の日程で被災地を訪問(別記事参照)し,得られた情報を基に今後のJMATの派遣体制を考えていきたいとの説明がなされた.
 三上裕司常任理事は,避難所での心のケアが必要になってきたとし,行政の「心のケアチーム」と調整して,日医でも派遣を考えていく意向を示した.さらに,医療機関の復興に関しても福祉医療機構等に申し入れを行っていることを報告した.
 今村(聡)常任理事は,二十八日に開催された民主党「東北関東大震災被災者健康対策チーム」での討議内容を説明.日医からはJMATの状況,被災患者受入可能病院調査(医師会病院・有床診療所)の結果を説明したことを報告した.
 高杉常任理事は,被災県の遺体見分実施状況を説明し,「検視は行政,地元警察,医師会が連携して行わなければうまくいかない」と述べ,引き続きの協力を求めた.
 石川常任理事は,三十,三十一の両日,日刊紙と地方紙に意見広告「全国から多くの医師が被災地に向かっています.」を掲載すること(別記事参照),JMAT派遣者用ビブスを作成したことを説明した.
 鈴木常任理事は,医療費の支払に関して,通常の請求が困難な場合には,阪神・淡路大震災の例にならい,概算請求が可能なことを説明した.」(全文)


 
>TOP

◆東日本大震災:首都圏から 計画停電の足立区 区職員の機転、救った命
(毎日新聞 2011年04月20日)
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20110420dde003040033000c.html
「◇人工呼吸器、車から電源確保
 東日本大震災の影響で計画停電が実施された東京都足立区で、在宅の難病患者の人工呼吸器が停止寸前になったため、区職員が自動車のシガーソケットを通してカーバッテリーから電源を取る「非常手段」で急場をしのいだ。東京電力は今後、計画停電を原則不実施としているが、区は夏場の電力不足を危惧。万一に備え、連絡体制の整備や予備バッテリーの補充など準備を進めている。【島田信幸】
 足立区では3月16〜18日と22、23日、一部地域で3時間ずつ計画停電が実施された。難病患者らを支援する区西部福祉事務所は同14日、計画停電に備え、人工呼吸器やたん吸引器、在宅酸素などを必要とする患者のうち、停電に対応できない人の把握を進めた。その結果、予備のバッテリーも酸素ボンベもない筋萎縮性側索硬化症(ALS)の患者が1人いた。
 ALSは呼吸に必要な筋肉が衰える難病。事務所援護係の社会福祉士、野坂卓生さん(39)は「停電は死につながる」と危機感を覚え、すぐに人工呼吸器メーカーに予備バッテリーの在庫を確認したが、メーカーからは「被災地に送ってしまい在庫はない」と回答が返ってきた。奔走するうち、患者の訪問看護を担当する病院から「車のシガーソケットから電気が取れる」と連絡があった。病院側で作動確認してもらったところ利用可能だったため、準備に入った。
 最初の計画停電は同15日の予定だったが直前に中止になった。だが同16日午前9時20分、区から事務所に「計画停電を実施」と電話が入った。突然の連絡に野坂さんは同僚の佐野浩さん(40)と自転車に飛び乗り患者宅に向かった。途中、国道の角で信号機停止に備えて警察官が何人も立っており「本当に停電するんだ」と感じた。患者宅に着くまでに信号が消え始め、ペダルをこぐ勢いが増した。
 約15分後、患者宅に着くと家族は停電にぼうぜんとしていた。人工呼吸器の内部バッテリーが切れるまで、猶予は40分程度。「すぐに車を動かして」。家族を促し、患者宅のワゴン車のシガーソケットに変圧器をセットした。ガソリンが半分程度しかなく「どこまで持つか。非常手段だ」と野坂さんは感じた。
 ガソリンスタンドには列ができていた。給油まで2時間かかり、量も20リットルまでと決めているスタンドもあった。午前9時50分、ワゴン車から通電が始まり、延長コードを使って車の窓から自宅の窓を通して人工呼吸器に電気を送った。午後0時23分、患者宅の電気メーターが動き出し、「停電が終了したんだ」と佐野さんはようやく安心した。
 患者宅では同17日早朝にも計画停電があり、前日午後に届いた予備バッテリーで対応したが、停電開始から1時間半ほどで切れ、結局、患者宅のワゴン車のバッテリーから再び電源を取った。ワゴン車のガソリンは3分の1まで減った。同18日の停電時はホームヘルパーが使っている車を利用した。野坂さんは「ガソリンが底を突かないか気が気でなかった」と振り返る。メーカーから新たな予備バッテリーが届いたのは、この日の夜になってからだった。
 区によると、最初の計画停電となった同16日、東電からの連絡は直前の午前9時20分ごろだったという。事務所の下河辺純子所長(49)は「人工呼吸器は精密機械で、純正バッテリーでないと故障しかねない。区として予備バッテリーの輸入を業者にお願いした。東電には計画停電になるような事態になったら余裕を持った事前連絡をしてほしい」と指摘している。」(全文)


 
>TOP

◆東日本大震災:福島第1原発事故 「屋内退避」の南相馬、NPOが施設再開
(毎日新聞 2011年04月20日 東京夕刊)
http://mainichi.jp/life/health/fukushi/news/20110420dde003040065000c.html
「◇「障害者支え続ける」
 東京電力福島第1原発の事故に伴い、業務が止まっていた福島県南相馬市の障害者施設が再びスタートした。NPO法人「さぽーとセンターぴあ」が運営する通所型の「ぴーなっつ」と「ビーンズ」。一部が屋内退避区域に指定された市内では同様の施設の休止が続いているが、ぴあは県や市に再開を強く働きかけていた。「避難所で暮らせない障害者と家族を支えたい」。スタッフの共通した思いだ。【和田武士】
 「こんにちは! 元気だった?」。今月15日。スタッフの佐藤定広さん(48)は市内の60代の女性方を訪ね、体調を気遣った。女性の20代の次女は3年ほど前まで、ぴあの施設に通っていたが、症状が悪化し、自宅から出られなくなっていた。放射性物質の漏えいが深刻化する中、女性は認知症の義父母も抱えており、避難所生活ができない。  女性と次女を案じる佐藤さんは月に2回ほど女性宅を訪ねる。屋内退避指示が出た後も定期的に食料などを届けている。佐藤さんについて、女性は「心強い存在。ありがたい」と涙を浮かべた。
 市内の障害者を取り巻く環境は、震災と原発事故を境に激変にさらされている。約60人いたぴあの施設利用者の多くが一度は避難所に身を寄せ、原発から20キロ圏内の2人は県外の病院に入院するなどした。このため、ぴあには「いつ再開するのか」と保護者から相談の電話が相次いだ。
 「避難所などいつもと異なる環境での生活は、障害者にさまざまな影響をもたらす。保護者のストレスも気にかかる」。ぴあの代表理事、青田由幸さん(56)はそう懸念し、施設の再開を決断、今月中旬までに十数人を受け入れた。
 だが、震災前に二十数人いたスタッフは避難や退職で6人に減っている。原発の動向も心配だ。それでも青田さんは「万一の緊急時にはスタッフ、利用者全員を避難させられるようにしている。可能な限り、利用者を支え続けたい」と語り、表情を引き締めた。」(全文)


 
>TOP

◆東日本大震災:視覚障害者に支援届かず 宮城、情報保護で
(毎日新聞 2011年04月20日)
http://mainichi.jp/select/today/news/20110420k0000e040064000c.html
「東日本大震災で津波に襲われた宮城県沿岸部の視覚障害者のほとんどが、満足な支援を受けられない状況になっている可能性が高いことが、社会福祉法人「日本盲人福祉委員会」の現地調査で分かった。県が個人情報保護の観点から、支援団体に氏名や住所などを提供していないためで、多くの視覚障害者が震災で失ったつえや音声パソコンなどの補助機器を補充できないまま、避難生活を強いられているとみられる。
 県などによると、石巻市や名取市など沿岸部13市町には全盲などの重度視覚障害者は約1250人。一方、日盲委が把握している視覚障害者は、日本盲導犬協会や旧点字図書館の利用者名簿などから抽出した約280人だけ。震災後、日盲委が設置した東日本大震災視覚障害者支援対策本部が、安否確認や支援の目的で県に障害者リストの提供を求めたが、県は「個人情報なので出せない」と拒んだ。
 対策本部のメンバーは280人のリストを頼りに自宅や病院、300カ所近い避難所を歩き、地震から1カ月以上過ぎてようやく計2人の死者と行方不明者を除くほぼ全員の生存を確認した。この間は安否確認に手間取り、継続的支援や他の障害者の捜索はできなかったという。
 280人の中の一人、全盲で左耳が聞こえない気仙沼市の阿部勇吉さん(85)は家族と避難所にいた。情報源のラジオと補聴器を失い、外界との接点はわずかに聞こえる右耳と家族の言葉に頼るしかない。前立腺がんのためトイレに通うにも介助が必要だが、避難所の職員や看護師は阿部さんに障害があることは知らなかった。
 同市の全盲の女性(53)は独居で、地震後に知人に連れられ避難所にたどり着いた。直後に家は津波で全壊し、つえや文字読み上げ装置など生活必需品すべてが流された。1カ月以上がたった17日にメンバーが訪れるまで、満足な介助を受けられないまま1人で暮らしていた。
 多くの障害者は着の身着のままで避難したといい、必需品の音声パソコンやラジオを失い、必要な情報が得られていないとみられる。県は沿岸部13市町の残り約1000人の支援状況を確認しておらず、生活が改善されない懸念もある。県障害福祉課は「障害者手帳を持つ人すべてに支援が必要とは限らず、必要なら要請があるはず。個人情報に当たるリストは提供できない」としている。
 対策本部宮城県コーディネーターの原田敦史さん(39)は「本来優先すべき社会的弱者の支援が後手に回った阪神大震災の教訓が生かされていない。宮城県は早く情報を提供してほしい」と話している。【鈴木梢】」(全文)


 
>TOP

◆節電で”災害弱者”が被る「不都合」
(asahi.com WEBRONZA 2011年04月20日)
http://webronza.asahi.com/politics/2011041900006.html?ref=left
「福島第一原発の事故で、首都圏を中心に節電が求められている。企業は節電対策が進み、都内の夜は、ビルや飲食店の照明が落とされ、街全体が暗くなった。節電を心がける家庭も急速に増えた。しかし、こうした社会の節電によって、障害者や高齢者、病人、小さな子供をもつ親など、生活に大きな支障を来すようになった人たちも少なくない。節電と”災害弱者”の生活との折り合いをどうつけるのか。※写真は、休止している東京・新橋駅のエスカレーター
節電励行が損ねる「バリアフリー」環境
櫻田淳2011年04月20日
 過日、東京・築地の朝日新聞本社に出向いた折、隣接する都営地下鉄大江戸線築地市場駅の地上行きエスカレーターは、全機が停止していた。筆者は、「おいおい、どうやって地上に出ようか……」と一瞬、迷った。筆者が迷った所以は、重度身体障害の故に階段の昇り降りに難儀を来しているからである。東京都下、筆者が震災の影響を何よりも実感するのは、こうした「エスカレーターが停止した風景」に接した瞬間である。
 たとえば、「バリアフリー新法(高齢者・障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律)」(平成18年12月20日施行)という法律がある。これは、既に制定されていた「交通バリアフリー法(高齢者、身体障害者等の公共交通機関を利用した移動の円滑化の促進に関する法)」と「ハートビル法(高齢者、身体障害者等が円滑に利用できる特定建築物の建築の促進に関する法律)」を統合した体裁の法律であり、具体的には、公共交通機関や公共施設などでエスカレーターやエレベーターの類を設置していくことを趣旨としている。
 とはいえ、筆者の印象では、この法律によって設置された地下鉄構内のエレベーターを利用しているのは、その頻度からすれば、障害を持つ人々や高齢の人々というよりも、「乳幼児をベビー・カーに載せた若い母親」が相当な割合を占めていよう。「バリアフリー新法」は、実質上、「子育て支援」の枠組としても機能しているのである。・・・・・続きを読む(続きは有料会員登録者のみ)」(全文)


 
>TOP

◆福島第1原発:南相馬の障害者施設再開
(毎日新聞 2011年04月20日)
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110420k0000e040029000c.html
「東京電力福島第1原発の事故に伴い、業務が止まっていた福島県南相馬市の障害者施設が再びスタートした。NPO法人「さぽーとセンターぴあ」が運営する通所型の「ぴーなっつ」と「ビーンズ」。一部が屋内退避区域に指定された市内では同様の施設の休止が続いているが、ぴあは県や市に再開を強く働きかけていた。「避難所で暮らせない障害者と家族を支えたい」。スタッフの共通した思いだ。
 「こんにちは! 元気だった?」。今月15日。スタッフの佐藤定広さん(48)は市内の60代の女性方を訪ね、体調を気遣った。女性の20代の次女は3年ほど前まで、ぴあの施設に通っていたが、症状が悪化し、自宅から出られなくなっていた。放射性物質の漏えいが深刻化する中、女性は認知症の義父母も抱えており、避難所生活ができない。
 女性と次女を案じる佐藤さんは月に2回ほど女性宅を訪ねる。屋内退避指示が出た後も定期的に食料などを届けている。佐藤さんについて、女性は「心強い存在。ありがたい」と涙を浮かべた。
 市内の障害者を取り巻く環境は、震災と原発事故を境に激変にさらされている。約60人いたぴあの施設利用者の多くが一度は避難所に身を寄せ、原発から20キロ圏内の2人は県外の病院に入院するなどした。このため、ぴあには「いつ再開するのか」と保護者から相談の電話が相次いだ。
 「避難所などいつもと異なる環境での生活は、障害者にさまざまな影響をもたらす。保護者のストレスも気にかかる」。ぴあの代表理事、青田由幸さん(56)はそう懸念し、施設の再開を決断、今月中旬までに十数人を受け入れた。
 だが、震災前に二十数人いたスタッフは避難や退職で6人に減っている。原発の動向も心配だ。それでも青田さんは「万一の緊急時にはスタッフ、利用者全員を避難させられるようにしている。可能な限り、利用者を支え続けたい」と語り、表情を引き締めた。【和田武士】」(全文)


 
>TOP

◆「災害関連死防ぎたい」 社会福祉法人・中辻理事長
(大阪日日新聞 2011年04月20日)
http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/110420/20110420018.html
「社会福祉法人「神戸福生会」(神戸市兵庫区)の中辻直行理事長(60)は、阪神大震災で介護施設に被災者を受け入れ、その後も「阪神高齢者・障害者ネットワーク」を立ち上げて高齢者らの支援を続けた。昨年11月、胃がんで胃を全摘出し、今も骨髄異形性症候群の治療を受ける。それでも「命ある限り震災弱者の救済にあたりたい」。東日本大震災の被災地へスタッフを送り、できる限りの支援を続ける考えだ。
 東日本大震災で壊滅的な被害を受けている介護施設は多い。被害を受けた介護施設から避難した高齢者と介護職員らは、被害を免れた施設に集中している。
 余震が続き、精神的に不安定になった高齢者が眠れなくなり、夜間に起きたり、徘徊(はいかい)したりするケースも出ている。過密状態で施設に寝泊まりしながら仕事にあたる介護職員の疲れもピークに達している。
 中辻さんは阪神大震災の経験から「介護職員も最初は気が張っているが、ストレスで突然泣き出す職員やパニック状態になるなどの症状が出た。肉体的精神的な限界は2週間で被災当時者のケア職員の休息が必要。地震から1カ月が経過しており、今後は全国からの介護職員の派遣が必要」と話す。
 現在、岩手、宮城、福島の3県へ全国からケア職員が一部派遣されているが、中辻さんが派遣する社会福祉法人「神戸福生会」のスタッフはまだ、現地から許可が出ていないため待機状態という。
 中辻さんが東日本大震災で危惧するのは災害関連死の増加だ。阪神大震災の際、地震発生から約3カ月で高齢者2700人、障害者200人の計2900人以上を保護したが、「すべての高齢者を保護できたわけでない。避難所の劣悪な生活環境の中で健康な高齢者までが肺炎や心疾患、慢性疾患の悪化などで、次々に避難所から救急車で運ばれていった。特に肺炎になる高齢者が多く、“避難所肺炎”という言葉が生まれた」と話す。
 そして、阪神大震災のケースでは避難所で健康を害して2次犠牲者として亡くなった高齢者は被災地全体で500人から1000人と推定されている。
 中辻さんは「このままだと阪神大震災以上の2次犠牲者の高齢者を出してしまう。2、3年、寿命が延びたのはおまけ。東日本大震災の被災地にヘルパーを派遣し、弱者救済のお手伝いをしたい」と話している。」(全文)


 
>TOP

◆社説 津波対策/東北を全国の防災モデルに
(世界日報 2011年04月20日)
http://www.worldtimes.co.jp/syasetu/sh110420.htm
「東日本大震災による岩手、宮城、福島3県の死者のうち、死因の9割超が津波による水死だったことが分かった。津波は東京電力福島第1原子力発電所の事故にもつながった。近い将来に予想される大地震では、津波の被害も大きいとみられる。今後の復興で、東北が全国の防災モデルとなるような街づくりを期待したい。
水死が全体の9割超
 警察庁によると、11日までに検視を終えた死者1万3135人のうち、水死が1万2143人で全体の92・4%に上った。津波が震災の被害をいかに大きくしたかが分かる。
 東北地方の太平洋側はこれまでも津波で大きな被害を出してきた。1896年の明治三陸地震や1933年の昭和三陸地震でも、地震後の津波によって多くの犠牲者が出た。しかし、東日本大震災は死者・行方不明者が2万7000人以上で明治三陸地震の約2万2000人を上回ったほか、陸地斜面を駆け上がった津波の高さ「遡上高」も38・9メートルを記録するなど国内最悪の規模となった。
 今回の津波は福島第1原発の事故も引き起こした。地震や津波で電源が失われ、原子炉冷却機能が停止したのが原因だ。東電は5・7メートルを想定して原発を建設したが、実際は15メートルの津波に襲われた。明治三陸地震の際も到達高度15メートル以上の津波が記録されており、東電の想定は甘かったと言わざるを得ない。
 全国の原発も10メートル以下を想定している。今回の事故を受け、電源車配備や非常用ディーゼル発電機の代替電源確保などが進み、全電源喪失を想定した訓練も行われているが、適切な津波の想定に基づく一層の安全強化策が必要だ。
 三陸海岸には世界有数の規模を誇る防波堤があった。だが、震災では岩手、宮城、福島の海岸堤防300キロのうち、約190キロが全半壊した。堤防による津波対策には限界があろう。
 菅直人首相は復興に向け「災害に強い街づくり」を掲げ、津波対策のため住宅地を高台や内陸に移す案を示している。鉄筋コンクリート造りの中高層ビルを津波発生時の緊急避難場所に指定する方針の自治体もある。英知を結集し、復興の青写真の中で津波対策をしっかりと位置付け、全国のモデルとなるような防災地域をつくってほしい。
 また冒頭の調査では、年齢が判明した死者1万1108人のうち、60歳以上の死者は計7241人で全体の65・2%を占める。自宅にいて逃げ遅れたケースが少なくないとみられ、高齢者や障害者のような災害弱者の対策も大きな課題だ。
 東北に限らず、東海、東南海、南海地震などは近い将来に発生する確率が高いとされ、津波の被害も大きいと予測されている。今回の教訓を将来に伝えていく工夫も必要だ。
地域の特性見極めよ
 東日本大震災では津波が被害を大きくしたが、95年の阪神・淡路大震災では死者の約8割が家屋の倒壊などによる圧死・窒息死だった。首都直下地震では火災が被害を広げるとみられている。地域ごとの特性を見極め、それぞれに適した対策が求められる。」(全文)


 
>TOP

◆仮設住宅に介護拠点併設へ 被災9県に計100カ所超
(朝日新聞 2011年04月20日)
http://www.asahi.com/national/update/0419/TKY201104190511.html
「東日本大震災の被災者向けの仮設住宅に、介護保険サービスなどを受けられる介護拠点施設が併設される。厚生労働省が19日、被災9県に通知。合計100カ所以上の整備を目指す。国が仮設住宅にこうした拠点づくりを促すのは初めてで、設置費や運営費は、全額国費で賄う方針だ。
 介護が必要な高齢者や障害者らが仮設住宅で暮らすには、日常生活を支える態勢づくりが不可欠だ。対象は青森、岩手、宮城、福島、茨城、栃木、千葉、新潟、長野の9県。1カ所あたりの設置・運営費は約2千万円と試算し、第1次補正予算案に盛り込む被災者の生活支援対策費(約70億円)の一部を充てる。
 拠点では、デイサービスや訪問介護・看護など介護保険サービスが受けられる。さらに配食サービスや見守り、心のケアにつなぐ相談員も配置されることになりそうだ。
 また、地域住民のニーズにあわせて、ボランティアの活動拠点や、子どもを含めた交流スペースにするなど自治体が自由に設計できるようにする。運営は、自治体が地元の社会福祉法人などに委託。津波で事業所が流失した法人などの委託を促すことで、雇用対策にする狙いもある。
 今回、厚労省が参考にしたのは、2004年の中越地震で新潟県が仮設住宅の集会所に設置した介護などのサービスセンター。この時と同様に約500戸に一つの拠点を設ければ、全体で100カ所以上の整備が必要になると見積もった。」(全文)


 
>TOP

◆【東京】区営や民間賃貸 練馬区住宅提供 あすから募集
(東京新聞 2011年04月20日)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyo/20110420/CK2011042002000020.html
「東日本大震災の被災者向けに、練馬区は区営住宅や民間の賃貸住宅など約百戸を用意し、十月末まで無料で貸す。二十一〜二十三日に入居希望者を募る。
 区内に避難している乳幼児や障害者、高齢者のいる二人以上の世帯を最優先する。二十五日に抽選し、四月下旬以降に入居予定。問い合わせは専用ダイヤル=電0120(984)964=へ。」(募集)


 
>TOP

◆東日本大震災:仮設住宅地に介護拠点 9県に計100カ所設置−−厚労省方針
(毎日新聞 2011年04月20日 東京朝刊)
http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110420ddm041040092000c.html
「厚生労働省は19日、東日本大震災の被災地の宮城、岩手、福島など9県の仮設住宅のある地域に、介護サービスの拠点を設けることを決めた。高齢者や障害者を孤立させず、福祉サービスを充実させる狙い。今年度の1次補正予算に70億円を盛り込み、500世帯に1カ所、計100カ所程度を想定している。国が大規模災害を受け、こうした拠点作りに乗り出すのは初めて。
 設置されるのは3県のほか、災害救助法が適用される青森、茨城、栃木、千葉、新潟、長野の6県。運営は自治体が社会福祉法人などに委託する。
 訪問介護や訪問看護、デイサービスなどの福祉サービスの拠点となるほか、自治体の判断で、住民向けの生活相談やボランティアの活動拠点、障害児や子供らの交流スペースなどにも活用できるようにする。
 災害救助法は50戸を超える仮設住宅のある地域に集会所を作ることができると定めている。予算は岩手、宮城、福島県に10億〜15億円と手厚く配分する。【野倉恵】」(全文)


 
>TOP

◆希望新聞:東日本大震災 ボランティア 障害者救援本部を設立 長期の支援態勢、必要
(毎日新聞 2011年04月20日 東京朝刊)
http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110420ddm035040159000c.html
「障害者団体の全国自立生活センター協議会(JIL)などが設立した東日本大震災障害者救援本部(東京都)が、仙台市と福島県郡山市の2カ所を拠点に、障害者の被災状況を確認し、相談や支援物資を届ける活動を行っている。中西正司代表(JIL常任委員)は「震災の犠牲者や行方不明者の多くは逃げ遅れた高齢者や障害者。まだ余震や津波のおそれもあり、長期の支援態勢を作っていく必要がある」と語る。
 学校の体育館や公民館が使用されている避難所は、廊下と部屋との間の段差や、トイレの使いにくさなど障害者にとって安全な場所とはいえない。「障害が重い人ほど、家族とともに取り残される」(中西さん)といい、被災地の巡回では、在宅の障害者がいることが前提だ。介助が必要な人がいれば、障害者支援の知識を持ったボランティアを派遣。また、地元のヘルパーらが従来行ってきた家庭への巡回のため必要なガソリンを、現地で提供する支援も行ってきた。
 大震災発生から1カ月以上が過ぎ、「避難した親戚の家にいられなくなった」などと行き場を失いかねない障害者もいるという。障害者が自立するには共同作業所などの再開も必要だが、地域によっては難しいケースもある。災害弱者の支援は今後も重要だ。中西さんは「現地に骨をうずめるくらいの気持ちで活動ができる人、団体に協力してほしい」と話す。支援物資の提供やボランティアへの参加などを、「被災地障がい者センターみやぎ」(仙台市)のメール(cil.busshi@gmail.com)で受け付けている。【最上聡】
 □受け入れ中の自治体□
 県外から被災地へのボランティア受け付け状況は次の通り。がれき撤去、泥かきなど。移動手段、食事、宿泊などすべて自分で確保する。くぎを踏むけがが増えており、安全靴か中敷きで補強した長靴の準備を。災害ボランティアセンター(VC)のウェブサイトなどで事前に情報を確認し、むやみな電話は避ける。
 <宮城県>(VCのサイトmsv3151.c−bosai.jp/)
 ◇岩沼市電話080・5949・7541〜2。直接センターへ。8人以上の団体は事前連絡を◇気仙沼市電話080・5949・7475。直接センターへ◇亘理町電話080・5949・7719(8時半〜18時)
 ボランティアを希望する人は、まず基本的な情報を調べ、自分で何ができるか考えよう。
 ○全国社会福祉協議会被災地支援・災害ボランティア情報(www.saigaivc.com/)
 VC一覧のほか、基本的な心構えをまとめている
 ○助けあいジャパン(tasukeaijapan.jp/)
 ボランティアの募集・登録情報を種別、地域別などで掲載
 ○Yahoo!ボランティア(volunteer.yahoo.co.jp/)
 支援活動中の団体などをまとめたほか、震災関連のイベントや募集の検索も
 ○東日本大震災支援全国ネットワーク(www.jpn−civil.net/)
 全国のNPO、NGOなどが多数参加するネットワーク。初心者向け資料やVCの設置状況の地図など」(全文)


 
>TOP

◆自分の命は自分で守る
(読売新聞 2011年04月20日 和歌山)
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/wakayama/news/20110419-OYT8T01216.htm
「防災面の遅れ 洗い直し
県 総合防災課 防災企画班 酒井清崇 班長 (48)
 地震発生を伝える庁舎内のテレビに目をやると、東北地方が大きく長い揺れに襲われていることが画面から伝わってきた。その段階で、県内にも津波警報は発令されるだろうと思ったが、まさか大津波警報が出されるとは思わなかった。
 三陸海岸などへの津波到達が伝えられた頃から、気象庁の東北地方の潮位情報などが更新されなくなり、ただごとではない事態が起きていると感じた。災害対策本部の設置や情報収集に追われながら、和歌山に大津波が押し寄せる可能性を考え、県内の人々が海岸から離れるように祈るばかりだった。
 過去、何度も津波に襲われてきた三陸地方は、世界最大級の防波堤といったハード面でも、防災教育といったソフト面でも、津波対策の先進地域だった。昨年、県内の市町村長を集めて和歌山市内で開催した勉強会では、宮城県栗原市の危機管理監に講師をしてもらった。あれほど津波に備えていた地域が軒並み壊滅的な被害を受けたことに、信じられない思いだった。
 近い将来、発生が予想される東南海・南海地震で、県内は大きな津波被害が出る可能性がある。あれほどの大津波から生き残るにはどうすればいいのか。震災後すぐに、防災面で遅れている点の洗い直しを始めた。
 今、避難誘導の方法や物資の備蓄状況などについて、各市町村の担当者と一緒に確認を進めているが、もっとも重要なのは、県民一人ひとりに「自分の命は自分で守る」という意識を持ってもらうことだ。
 防災計画の策定や、防災訓練などに取り組む総合防災課に4年前に赴任して以来、津波から逃げる訓練や、近所の人が高齢者や障害者の避難を手助けする要援護者避難対策などに取り組んできたが、「私が生きている間にそんな地震来ないでしょう」と言われるなど、反応は鈍いことが多かった。
 今回の大震災で県民の危機感は高まっていると思うが、その一方で、あまりに大きな被害に、「津波に家は流されるので耐震化や家具の固定なんて無駄」「避難所が流されるならどこへ逃げても助からない」といった声もあると聞く。
 家や家具の下敷きになれば、その後襲ってくる津波から逃げることはできないことや、あきらめずに少しでも安全な場所に逃げることが大切だということを、時間がかかっても丁寧に誤解なく伝えたい。
 今後、何年も地震も津波も起きず、県民から「結局、災害なんて起きないやないか」とオオカミ少年扱いされ、批判されてもかまわない。
 今回、被害想定以上のことが起きる可能性を考えておくことの大切さを実感させられ、津波の恐ろしさを改めて認識した。大地震の教訓を学び、今後の県内の防災対策に生かさなければならない。そうしなければ、犠牲になった人たちに失礼だと思っている。(聞き手・落合宏美)(おわり)」(全文)


 
>TOP

◆都、原発周辺からの避難者入居300戸を追加募集
(日本経済新聞 2011年04月20日)
http://www.nikkei.com/news/local/article/g=96958A9C889DE0E5E2E7E0EAE5E2E3EBE2E6E0E2E3E39EEAE1E2E2E2;n=9694E3E4E3E0E0E2E2EBE0E0E4E7
「東京都は東日本大震災の被災者や、福島第1・第2原子力発電所の周辺に住んでいた都営住宅などを追加する。すでに約1300戸で入居者を募集しているが、さらに約300戸分を加える。申込受付期間は今月26〜28日。抽選を経て5月13日から半年程度、家賃・共益費を免除したうえで住宅を供給する。
 都内に避難している人が対象で、中学生以下の子ども、妊婦、障害者、難病患者、高齢者のいる世帯を優先する。寝具やガスコンロ、照明器具など家財も備える。申し込みの受付場所は都庁第2本庁舎1階。
また都は、被災者を無償で受け入れている旧グランドプリンスホテル赤坂(東京・千代田)について、空室があるため改めて入居者を募集する。利用期限は6月末まで。4月21,22日に都庁第2庁舎2階で入居申し込みを受け付ける。」(全文)


 
>TOP

◆仮設住宅に通所介護などの複合拠点併設を- 厚労省が被災県に事務連絡
(キャリアブレイン 2011/0419日)
http://www.cabrain.net/news/article/newsId/33742.html
「厚生労働省は4月19日、東日本大震災の被災地の仮設住宅に、デイサービスや訪問介護などを含むサポート拠点を併設するよう求める事務連絡を、宮城県など9県にあてて出した。拠点の設置費用や人件費などの運営費用については、国による財政支援が検討されている。
 対象は、青森、岩手、宮城、福島、茨城、栃木、千葉、新潟、長野の9県。
 仮設住宅への併設を求めているのは、▽デイサービス▽居宅介護支援や訪問介護、訪問看護、診療機能などの居宅サービス▽配食などの生活支援サービス▽総合的な相談機能▽高齢者や障害者、子どもが集まる地域交流スペース―などを、地域の実情に応じて複合的に組み込んだ拠点。厚労省の担当者は、「100か所余りが整備される見込み」としている。
 厚労省はサポート拠点の運営主体について、社会福祉法人や民間企業への委託方式などを想定している。また、拠点の運営主体に支払われる介護サービスへの報酬に関しては、「原則としては、介護保険で対応することが想定される」(担当者)としているが、「事業全体の具体的なスキームは決まっていない」(同)という。」(全文)


 
>TOP

◆20〜30キロ圏、苦心の診療 長期入院・透析できず
(asahi.com 2011年04月19日)
http://www.asahi.com/health/news/TKY201104180522.html
「福島第一原発から半径20〜30キロの屋内退避(自主避難要請)区域で、住民に十分な医療を提供できない状態が続いている。避難要請に伴って診療や入院受け入れに制約があるためだ。区域内の医療機関は、避難せずに暮らす患者や避難所から通う患者のため、苦心しながら診療している。
 福島県南相馬市原町区は屋内退避区域にある。政府の自主避難要請で同市の人口は7万1千人から1万人程度にまで減ったが、次第に住民が戻り、要請は有名無実化。現在は3万5千人程度が暮らすとみられる。
 同区内のJR常磐線の原ノ町駅近くの青空会大町病院。週初めの18日、朝から患者の列ができた。外来患者は195人。震災前の半分程度に回復した。
 遠くから通う人もいる。40キロほど離れた同県伊達市の避難所にいる男性(48)は、バスとレンタカーを使って片道2時間かけてやって来た。「不整脈の薬が切れていた。いつもの先生に診てもらうと安心できる」
 同病院では原発事故後、看護師や職員が相次いで自主避難。屋内退避区域になったことで南相馬市内への物流が滞り、薬不足も深刻になった。このため、176人いた入院患者全員に3月21日までに退院か転院してもらい、いったん閉じた。
 戻ってきた住民のために4月4日に外来診療を再開。放射線を防ぐため、原発のある方角の玄関は閉鎖し、反対側の入り口を開けた。通常の薬の配送が止まったため、薬は自衛隊が段ボール箱で届けにくる。
 だが、十分な医療は難しい。政府はこの区域での長期入院の受け入れなどを制限しているため、入院が必要な患者は他病院に送っている。治療に時間がかかる人工透析も再開できない。原発の何らかの緊急時に避難を求められる可能性があるからだ。
 猪又義光院長は「CTやMRIは動いている。医師がいて看護師も戻ってきている。入院患者の受け入れはできるし、ぜひ再開したいのだが……」と嘆く。
 同市の20〜30キロ圏内に20床以上を用意する病院は7病院。うち大町病院を含む5病院が再開した。
 もう一つの拠点病院、渡辺病院。震災後の3月15日から外来の診療はストップし、国の指示で入院患者を避難させ終わった同19日から休業していた。
 渡辺泰章理事長ら5人の医師でシフトを組み、4月4日に診察を再開した。ただ、できるのは簡単な検査と診察だけだ。大町病院と同様、屋内退避区域にあるため、入院患者は受け入れられない。
 1日平均約130人の患者が訪れる。甲状腺を悪くし、2年以上通院している永林圭子さん(56)は「悪化したら入院が必要になるかもしれない。でも、この病院で入院できないとなるとどうしたらいいんだろう」と不安を口にした。
 「入院しての治療ができないのはまともな医療行為ができないということ。地域医療は崩壊している」と渡辺理事長は言う。原町区は政府から緊急時避難準備区域に指定される可能性が高いが、指定されれば入院患者を受け入れられない状態が続く。理事長は「緊急時避難準備区域から外してもらいたい」と訴える。
 南相馬市の入院患者は、北隣の相馬市にある公立相馬総合病院と相馬中央病院に搬送されるケースが多かった。だが、その2病院ともすでにベッド数の8〜9割が使用されているため、長期の入院が必要な南相馬市民の受け入れを断念している。病院関係者は「地元の住民の診療を優先せざるを得ない」からだという。このため、南相馬市からの救急搬送が約60キロ離れた福島市内などの病院に運ばれるケースも目立っている。
 県地域医療課の林君雄主幹は「この地域の医療をどうするか、国の方針が分からず、県も動けない。厳しい状況だ」と話している。
 文部科学省の発表で大町病院付近の放射線量は毎時0.3マイクロシーベルト。原発から約60キロ離れた福島県庁付近(1.2マイクロシーベルト)を下回る。猪又院長は「放射線量は全く心配ない水準。このまま医療を続ける」という。(編集委員・浅井文和、柄谷雅紀、田村隆、木村英昭)」(全文)


 
>TOP

◆東電「原発事故収束まで6〜9カ月」
(asahi.com 2011年04月19日 MY TOWN埼玉)
http://mytown.asahi.com/saitama/news.php?k_id=11000001104190001
「福島第一原発の事故収束まで6〜9カ月とした東京電力の工程表。周辺から避難した人が帰宅できる時期は示されなかった。避難生活はどこまで長期化するのか。その見通しがない中、本格的に職探しを始める人や明日の生活に悩む人がいる。
◇「早く帰りたい」「長期の職場を」 県内避難者らの思い
 「一日も早く帰りたいと思っていたので、本当に残念でならない」。さいたま市の自治人材開発センターに避難している双葉町の男性(59)は、東電が示した工程表を見て、思わずため息が出たという。
 地元ではタクシー運転手をしていたが、土地勘のない埼玉県での運転に自信はなく、再就職は難しいと感じている。「さしあたりの生活費はあるが、避難生活が半年以上に及ぶとさすがに厳しい」。同センターの退去期限も月末に迫り、今後の生活をどうしようか思い悩んでいると話す。
 「しばらく福島に戻れそうにないことがはっきりした。できるだけ長期間働ける職場を探そうと思う」。福島市の小松弘幸さん(26)はこの日、避難先の同センターに張り出された求人のチラシに見入っていた。これまで県内の企業を中心に8社に問い合わせたが、まだ仕事は決まっていないという。
 浪江町の水野裕介さん(26)は「明日、明後日の生活をどうするかで精いっぱい。半月後、九カ月後のことを考える余裕は、今の私たちにはありません」と言い切る。
 自宅は津波で流され、妊娠9カ月の妻や2人の子ども、人工透析を必要とする義父や親戚ら計11人で避難生活を送る。東電の工程表は原発事故の収束見込みに過ぎず、安心・安全に生活できるスケジュールではないとみる。「今は必死で仕事を探すだけです」
 東電に手厳しい意見も少なくない。
 杉戸町の「エコ・スポいずみ」に避難している富岡町の肥料会社経営、南国亮さん(63)は「6カ月や9カ月で帰れるわけがない。東電も政府も信用できない」と話す。
 富岡町を始め、福島第一原発近くの土壌がどの程度放射能に汚染されているのか。その情報がないためだ。「みんな今後の生活設計もできずに悩んでいる。放射能の数値を知れば、あきらめもつくかもしれないが」
 旧騎西高校(加須市)に避難している双葉町の加藤仁市さん(57)も「いつ地元に帰れるか分からず、工程表は判断材料にはならない」と受け止めている。同町の男性(36)は「最終的な補償の全容がわからないと先の計画は立てられない」と話した。」(全文)


 
>TOP

◆仮設住宅に介護・相談拠点=被災9県に100カ所超−厚労省
(時事ドットコム 2011年04月19日)
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2011041900597
「厚生労働省は19日、東日本大震災の被災地の岩手、宮城、福島など9県の仮設住宅地域に、介護サービスを提供したり、生活相談に応じたりするサポート拠点を100カ所以上設置する方針を決めた。今年度第1次補正予算案に関係経費70億円を計上、全額国庫補助での設置を目指す。国が大規模災害を受けて仮設の介護拠点を造るのは初めて。
 仮設住宅で孤立しがちな高齢者らを支えるのが目的で、500世帯に対し1カ所のサポート拠点設置を想定している。同省は同日、9県の福祉担当部局に対し、拠点の積極的な整備を求める通知を出した。
 同省はサポート拠点の機能として、デイサービスや訪問介護、訪問看護といった介護保険サービスに加え、(1)住民向けの総合相談(2)ボランティアの活動拠点(3)障害者や子どもたちが集まれる地域交流スペース−などを例示。各自治体が地域の実情に応じたものを造れるようにする。
 9県は、青森、岩手、宮城、福島、茨城、栃木、千葉、新潟、長野。」(全文)


 
>TOP

◆被災地の仮設住宅に介護拠点設置へ
(TBS 2011年04月19日)
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4704237.html
「細川厚生労働大臣は、東日本大震災の被災地の仮設住宅に、今後、介護などのサービスを行う拠点を設置する方針を明らかにしました。
 「仮設住宅などが造られる所に 、介護・看護のようなサービスステーションを設置する」(細川律夫厚生労働相)
 仮設住宅に介護などの拠点が設置されるのは、岩手、宮城、福島など9県のおよそ100か所です。
 高齢者のデイサービスを行ったり、障害者などが集まるスペースを設置し、仮設住宅に入居した人の孤立化や孤独死を防ぎたいとしています。
 2011年度の第一次補正予算案に70億円を盛り込む方針で、国が費用を出して仮設住宅に介護拠点を設置するのは初めてのことです。」(全文)


 
>TOP

◆東日本大震災 厚労省、被災地の100カ所以上の仮設住宅地に介護拠点設置方針
FNN 2011/04/19
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00197746.html
「東日本大震災の被災地を対象に、厚生労働省は、100カ所以上の仮設住宅地に、デイサービスなどを行う介護拠点を設置する方針を固めた。
厚労省は、被害の大きかった岩手、宮城、福島など、9つの県の仮設住宅地を対象に、あわせて100カ所以上の介護拠点を併設し、介護用のトイレや浴室、調理室を設けたうえで、デイサービスをはじめ、障害者や子どもが集まるスペースなどを提供する。
運営は、社会福祉法人などに委託し、サービス内容は、それぞれの県が地域の実情に応じて決めることになる。
東日本大震災により、13万6,438人が避難生活を余儀なくされていて、厚労省は、こうした拠点の設置で、介護が必要な高齢者などの支援を強化する方針。」(全文)


 
>TOP

◆仮設住宅地に介護拠点、孤独死防ぐ
読売新聞 2011/04/19
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=39663
「9県100か所…厚労省方針
 東日本大震災の被災県を対象に厚生労働省は、少なくとも100か所以上の仮設住宅地に、デイサービスなどを行う介護・保育拠点を併設させる方針を固めた。
 孤独死や寝たきりなどを防ぐためで、19日にも関係9県に通知する。運営は地元の社会福祉法人や社会福祉協議会などに委託することにしている。大規模災害で国が仮設で“公設民営”の介護拠点をつくるのは、これが初めて。
 対象となるのは青森、岩手、宮城、福島、茨城、栃木、千葉、新潟、長野の9県。2011年度第1次補正予算案に70億円を盛り込む方針で、被害の大きい岩手、宮城、福島の3県には10億〜15億円を重点配分する。
 厚労省によると、災害救助法などでは、50戸を超える仮設住宅地には集会所を併設できることになっている。この集会所に、介護用のトイレや浴室、調理室を設けることで、高齢者だけでなく障害者や子ども連れなども集まれるようにする。
 設備費や人件費で1か所あたり年間約2000万円かかるとみられ、これらの費用は全額、国が負担する。サービス内容は、デイサービス、訪問介護・看護、配食サービス、生活相談のほか、障害者や子どもが集まる交流スペースの設置など。被災県が地域の実情に応じて選べるようにする。
 東日本大震災では、現在も13万人以上が避難生活を強いられており、高齢者ら災害弱者が死亡する事例が相次いでいる。介護が必要な高齢者が仮設住宅に移っても、十分な支援がなければ孤独死などを招く恐れも強く、支援拠点の必要性が指摘されていた。
 2004年に起きた新潟県中越地震では、社会福祉法人が長岡市内の仮設住宅地に介護拠点をつくり、高齢者の孤独死の防止や介護予防に成果があった。」(全文)


 
>TOP

◆【東京】被災者向け住宅 練馬区も提供 21日から募集
(東京新聞 2011年04月19)日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyo/20110419/CK2011041902000020.html
「東日本大震災の被災者向けに、練馬区は区営住宅や民間の賃貸住宅など約百戸を用意、十月末まで無料で貸す。二十一〜二十三日に入居希望者を募る。
 区内に避難している乳幼児や障害者、高齢者のいる二人以上の世帯を最優先する。二十五日に抽選し、四月下旬以降に入居予定。問い合わせは専用ダイヤル=電0120(984)964=へ。」(全文)


 
>TOP

◆練馬区、震災被災者らに住宅100戸提供 家財道具も用意
(日本経済新聞 2011年04月19)
http://www.nikkei.com/news/local/article/g=96958A9C889DE0E4EBEAE4E4EAE2E3EAE2E6E0E2E3E39EEAE1E2E2E2;n=9694E3E4E3E0E0E2E2EBE0E0E4E7
「東京都練馬区は大震災の被災者や、避難指示が出された福島第1原子力発電所の周辺住民らに、区営住宅など約100戸を無償で提供する。期間は今年10月末までで、すでに同区内に避難している世帯が対象。受付期間は4月21〜23日で、乳幼児や妊婦、障害者、高齢者のいる世帯に優先して供給する。公開抽選により入居者を決める。
 提供するのは区営住宅のほか、区が民間業者から借り上げる賃貸住宅、区民が無償提供した空家。寝具やテレビなど家財道具も用意する。4月下旬から入居が始める。」(全文)


 
>TOP

◆被災の地から 透析避難:下 患者700人、新潟・東京へ
(asahi.com 2011年04月19日)
http://www.asahi.com/health/ikiru/TKY201104190213.html
「震災6日目の夕方、福島県いわき市の会社員、鈴木正雄さん(56)は、人工透析を受けに行ったかかりつけのいわき泌尿器科病院(現・いわき泌尿器科)で、集団避難の計画を知った。
 地震に福島第一原発の事故が加わり、この病院が大勢の患者に透析を続けるのは難しい。鈴木さん方は原発事故に伴う避難や屋内退避の区域の外。家族と相談し、一人で集団避難に加わることにした。
 3月17日朝、約700人の患者が集まり、約20台のバスで新潟と東京、千葉へ。鈴木さんら約150人が新潟に避難した。
 避難先で鈴木さんは、同病院の系列外の透析施設で透析を受けていた人の話を耳にした。
 震災後、施設側から「明日から透析ができない」と言われ、紹介状と南隣の茨城県方面の施設の一覧表を渡され、自分で探すよう促された――。
 原発周辺の多くの医療機関が混乱していた。断水や余震で給水管が壊れ、患者の状態に応じ透析の中身を最小限に絞ることも。ガソリン不足に加え、職員の被災も深刻だった。
 いわき泌尿器科病院にも地震や津波で自宅を失った職員がいた。原発事故後、妊娠中や幼児、介護が必要な家族がいる看護師らに出勤しなくていいと伝えた。働ける十数人で早朝から翌日未明まで透析を続け、2時間ほどの仮眠で体を休めた。
 震災5日目の夜、職員の疲労がピークに。「もう続けられない」。川口洋(かわぐち・ひろし)院長は関東や新潟の病院に助けを求めた。これが異例の集団避難につながった。
 避難して約1週間後。川口さんはいわきの様子を見に戻った。間もなく常磐道の通行可能区間が延び、水道も復旧する見通しとわかった。避難していた職員らも戻り始めていた。状況を総合すると、患者1人あたり3〜4時間の透析が可能だと判断、戻れる人には希望に応じて戻ってもらうことにした。
 27日、新潟と東京から計84人がまず戻った。会社が再開した鈴木さんは、電話で仕事の連絡をとりながら「早く帰りたい」と思っていた。4月3日の第2陣で帰り、翌日、復帰した。  混乱の中で、命をつなぐ透析を受け続けるのは、自分の力だけでは難しかった。病院への感謝をかみしめる。(寺崎省子)」(全文)


 
>TOP

◆被災者の預金の払い戻しについて
(ケアマネジメント 2011年04月18日)
http://www.caremanagement.jp/news+article.storyid+8723.htm
「厚生労働省は4月14日、介護保険最新情報Vol.190「東日本大震災に伴い障害者(児)及び高齢者が預金通帳を紛失した場合等における預金の払戻しについて」を発出した。今回は老健局からではなく、援護局障害保健福祉部 障害福祉課が全国の都道府県および指定都市、中核市の民生主管部宛ての発出。
東日本大震災では、津波による被害ですべてを流されてしまった被災者が多いため、金融庁から金融機関に対して、預金通帳や印鑑を紛失した場合でも、本人であることが確認できる書類の提示により金融機関は預金の払戻しに応じるとともに、本人であることが確認できる書類を紛失してしまった場合についても、住所、氏名等を聞き、登録内容との一致を確認したうえで払戻しを行うなど、柔軟な対応を行うよう要請されている。
それによると、預金者本人の死亡時や行方不明時に、親・子ども・配偶者などのほうから預金の払出しの求めがあった場合には、必要な要件を満たすことを確認したうえで一定の金額の払出しに応じる。
また、金融機関等は預金証書、通帳を紛失した場合でも預金者であることを確認して払戻しに応ずること。届出の印鑑のない場合には、拇印にて応ずること、事情によっては定期預金、定期積立金等の期限前払い戻しに応ずること、などが盛り込まれている。
今回は、さらに単独で金融機関へ赴くことの困難な障害者(児)及び高齢者の預金の払戻しが円滑に行われるよう適切に支援を呼びかけるもので、こうした事案について相談できる窓口を紹介している。周囲の支援者はぜひ協力されたい。
【被災に伴う金融相談窓口】
1)東北財務局金融相談窓口
住所:宮城県仙台市青葉区本町3-3-1 仙台合同庁舎4F)
専用ダイヤル:022-721-7078
受付:月〜金(祝日を除く)9:00〜17:45
2)青森財務事務所理財課 
電話:017-722-1463
受付:月〜金(祝日を除く)8:30〜17:15
3)盛岡財務事務所理財課
電話:019-625-3353
受付:月〜金(祝日を除く)8:30〜17:15
4)秋田財務事務所理財課
電話:018-862-4193
受付:月〜金(祝日を除く)8:30〜17:15
5)山形財務事務所理財課
電話:024-535-0303
受付:月〜金(祝日を除く)8:30〜17:15
◎金融庁のホームページ」(全文)


 
>TOP

◆被災者対象に入居者募集 21日まで、春日部市
(埼玉新聞 2011年04月18日)
http://www.saitama-np.co.jp/news04/18/08.html
「春日部市は、東日本大震災で被災した人を対象にした借り上げ住宅(15戸分)の入居者を18日〜21日まで募集する。
 この住宅は東京電力幸松社宅(春日部市8丁目)で、春日部駅まで徒歩13分。建物は耐火造り4階建てで、間取りは3DK(面積は76平方メートル)。駐車場もある。
 申請資格者は、同震災で住宅を失った人や東京電力福島第1、第2原発事故による避難者、屋内退避の指示を受けている地域の居住者で、5月9日までに入居可能であること。
 入居期間は2012年3月31日まで。この間、住宅と駐車場の使用は無償提供される。犬や猫などの動物を飼育することはできない。
 受付場所は、市役所4階建築課住宅担当窓口。受付時間は午前8時30分から午後5時まで。抽選は25日午前10時から、市役所第2別館会議室で行われ、公開される。高齢者や障害者、乳幼児や妊婦がいる世帯や同市内に避難している世帯は抽選倍率が優遇される。
 問い合わせは同担当(TEL048・736・1111、内線3619)へ。」(全文)


 
>TOP

◆東日本大震災:派遣・応援 /広島
(毎日新聞 2011年04月18日 地方版)
http://mainichi.jp/area/hiroshima/news/20110418ddlk34040505000c.html
「▽県は18日から、東日本大震災の被災者の心のケアを支援するため、福島県に精神科医らを派遣する。震災から1カ月が経過し、避難所生活の長期化で、精神的被害への対応が重要になってきたため。18日から順次派遣する三つの医療チームに精神科医や保健所長を入れる。また、県は18日から、子どもの心のケアや発達障害児支援のため、こども家庭センターの児童福祉司と児童心理司各1人を宮城県気仙沼市に派遣する。」(全文)


 
>TOP

◆被災者対象に入居者募集 21日まで、春日部市
(埼玉新聞 2011年04月18日)
http://www.saitama-np.co.jp/news04/18/08.html
「春日部市は、東日本大震災で被災した人を対象にした借り上げ住宅(15戸分)の入居者を18日〜21日まで募集する。
 この住宅は東京電力幸松社宅(春日部市8丁目)で、春日部駅まで徒歩13分。建物は耐火造り4階建てで、間取りは3DK(面積は76平方メートル)。駐車場もある。
 申請資格者は、同震災で住宅を失った人や東京電力福島第1、第2原発事故による避難者、屋内退避の指示を受けている地域の居住者で、5月9日までに入居可能であること。
 入居期間は2012年3月31日まで。この間、住宅と駐車場の使用は無償提供される。犬や猫などの動物を飼育することはできない。
 受付場所は、市役所4階建築課住宅担当窓口。受付時間は午前8時30分から午後5時まで。抽選は25日午前10時から、市役所第2別館会議室で行われ、公開される。高齢者や障害者、乳幼児や妊婦がいる世帯や同市内に避難している世帯は抽選倍率が優遇される。
 問い合わせは同担当(TEL048・736・1111、内線3619)へ。」(全文)


 
>TOP

◆停電が命の危機に直結 被災地の在宅重度障害者
(asahi.com 2011年04月18日)
http://www.asahi.com/health/news/TKY201104160424.html
「東日本大震災の余震が続く中、被災地には、停電が命の危機に直結する重度の在宅障害者がいる。避難所での集団生活は難しく、電動のたん吸引器や人工呼吸器が必要な人たちだ。自動車からの電源でしのいだり、緊急入院を余儀なくされたり……。家族や周囲の懸命な介護で乗り切ろうとしている。
 岩手県釜石市甲子町の菊池裕子さん(27)は生後10カ月で過って風呂の残り湯に落ち、脳障害から体が不自由になった。居間のベッドに寝たきり状態で、母の紀子さん(61)がつきっきりで介護してきた。
 流動食の食事や薬を1日3回、鼻から管を通して送り込む。むせてせき込むなど体がこわばる兆候が出るたびに、電動吸引器でたんを吸い出さないと、すぐに呼吸困難になる。
 あの日、大きな揺れで棚のものが次々と落ち、裕子さんはパニック状態に。紀子さんはとっさに裕子さんの上に覆いかぶさり、抱きしめて守った。父の俊二さん(63)は日課のウオーキングで外出していた。急いで帰宅すると、裕子さんはおだやかな顔に戻った。
 しかし、地震と同時に停電。裕子さんの呼吸を見ると、たん吸引の必要が迫っていた。俊二さんは機転を利かせ、玄関前の乗用車のエンジンをかけてシガーソケットから電源を取り、延長コードで吸引器につなぎ、ことなきを得た。
 停電は続いた。残っていたガソリンは3分の1程度。「電気が戻るか、ガソリンがなくなるのが先か」と案じる日々が続いた。窮状を知った親族がガソリンスタンドに並び、今日は3リットル、次の日は10リットルと届けてくれた。
 暗闇の中、ろうそくと懐中電灯で流動食の準備と注入、たん吸引をする夜は6日間続いた。地震から6日目の16日午後5時50分、電気が戻ったときは家族3人、拍手で喜んだ。
 大きな余震がくると裕子さんは取り乱して泣き出すこともあるが、紀子さんは「支えてくれる人がいっぱいいて、ここまでこられた。この子の笑顔は私たちを救ってくれています」と話す。
     ◇
 岩手県陸前高田市立高田第一中学校3年の菅野優希君(14)は脊髄(せきずい)性筋萎縮症。2歳のときに発症した。
 家でも学校でも特注の車イスで元気に走り回るが、筋肉が日々衰えていて、集団生活での寝起きは困難だ。体力が弱く、風邪などもひきやすい。夜は、呼吸困難になるために人工呼吸器を装着する。
 地震初日、優希君は同級生らと体育館に避難。市内はほぼ全域が停電だったため、担任教諭らが救急隊員に事情を説明し、かかりつけでもある県立大船渡病院に緊急入院した。
 今も停電が続く家には戻れず、母の光子さん(37)は自閉症児の弟、小学6年生の星樹(としき)君(11)を連れて毎晩、同じ病室の床に泊まり込んでいる。余震があると興奮気味の星樹君も手足の不自由な兄にご飯を食べさせ、おむつを換え、お風呂で体を洗ってあげる。
 停電の自宅では、夫の雅人さん(47)と義父母が待つが、避難所にいないため支援物資の配給もないし、風呂にも入れない。在宅障害児が帰宅できるめどはない。
 岩手県重症心身障害児(者)を守る会(平野功会長)によると、県内の被災地沿岸部にはこうした在宅重症者は25人、病院や施設に入っている人たちは約80人いるという。(本田雅和)」(全文)


 
>TOP

◆【東日本大震災】障害者雇用助成金などの支給要件 一部緩和へ
(障害者雇用インフォメーション 2011年04月18日)
http://www.challenged-info.com/news_r3T62yXoX.html?right
「東日本大震災による今回の緊急措置
独立行政法人高齢・障害者雇用支援機構(以下:同機構)では、今月6日、障害者雇用に関する各助成金支給要件の一部緩和などについて発表した。同機構では今回の震災で被災した企業や事業所などに対し相談するよう呼びかけている。
申請期限延長や特例で支給が認められる助成金も
今回特例で支給対象となるのは、現在申請中の案件や現時点で支給決定が下りていない案件のうち、震災の被害を受けて使用できなくなった施設や設備など。なお、既に助成対象となっている施設や設備が損壊などの被害を受け、代わりの物件・設備や整備を必要とする場合も支給対象となる。
また、雇用している障害者が被災をしており、勤務ができない状況にありながらも、今後の職場復帰を図るために必要な対応や、業務再開に向けての措置を続けている場合には、その対応・措置に対しても助成対象になる。
申請書類などの喪失やデータの紛失などの被害も大きい。従って決められた申請期限内に手続きが完了していない各請求についても、申請延長が認められている。
当面は被害が甚大な東北5県にて適用
この緊急措置は青森、岩手、宮城、福島、茨城に適用。今後の被災状況により、地域拡大される場合には別途告知される。
問い合わせ・相談は、同機構:障害者助成部 助成管理課(03−5400−1616)まで。」(全文)


 
>TOP

◆震災と社会保障―支え合いを考える好機に(社説)
(asahi.com 2011年04月17日)
http://www.asahi.com/paper/editorial20110417.html
「未曽有の悲劇を、国民全体の支え合いを強化する議論につなげたい。
 被災地では、着の身着のままで避難した人たちの多くが、不十分ながら医療や介護を受けられている。この「当たり前」が維持されているのは、それに従事する人たちの献身的な努力があるからだ。
 家族の安否が確認できないまま、患者に対応し続けた医師や看護師がいる。停電の間、入居者の人工呼吸器を止めないため、自家発電の燃料確保に走り回った施設の職員がいる。
□不可欠な財政基盤
 しかし、献身だけでは長続きしないことも明らかだ。必要な人にサービスが提供される状態を永続させるには、公的な財政基盤が不可欠である。
 日本には、医療や介護の公的保険があり、医療なら3割、介護なら1割の自己負担でサービスを受けられる。今回の被災者の場合、自己負担が免除されており、その費用は補正予算に計上される。
 こうした「当たり前」の社会保障は、私たちが払う保険料と税で支えられている。
 ところが、この仕組みは深刻な問題を抱えている。
 震災前の日本で、津波に擬せられていたのは人口の高齢化と少子化だった。
 支え手が減るなか、支えられる側が増え、社会保障の費用は膨らみ続ける。しかも、かなりの部分を借金で賄い、次世代へツケを回している。
 このままでは「支え合い」を維持できない。そんな危機感から、社会保障と税を一体的に改革しようというのが、政治にとって重要な課題だった。
 その青写真を描く首相官邸の「集中検討会議」は、震災の影響で本格的な検討が遅れていたが、担当の与謝野馨経済財政相は月内には正式な会議を再開させ、当初の予定通り一体改革案を6月中に示す意向だ。
□課題の整理に工夫を
 この動きは評価したい。目下の課題が原発事故への対応や被災者の生活再建であることはもちろんだが、財政悪化、社会保障のほころびという国難が消えたわけではない。むしろ、震災が支え合いの必要性を痛感させた今こそ、受益と負担を考える好機ととらえるべきだ。
 まず、震災と関連づけながら課題を整理するところから議論をスタートしてはどうか。
 被災者の生活を支えるため、医療、年金、介護、失業給付、雇用対策といった現行制度が、どんな役割を果たしているか、あるいは不十分なのか。
 多くの人たちが、すすんで義援金を寄せている。「自助」だけでは困難な状況に陥った被災者を親身に考えてのことだろう。一方で、「共助」のための保険料、「公助」のための税を増やすことに、まだ多くの人が納得していない。なぜなのか。
 震災では、カルテが失われ、「飲んでいた薬がわからない」という患者が少なくなかった。社会保障と個人情報をつなぐ共通番号制があれば、診察の履歴が調べやすく、災害時などでの治療に役立つのではないか。
 負担面でも、震災がもたらした影響を踏まえる必要がある。
 1次補正予算では、基礎年金に充当するはずだった2.5兆円を震災復旧に回す方向だ。
 子ども手当を抜本的に見直すことも検討に上がっている。
 子ども手当は、これまで少なすぎた現役世代への給付を充実する意味合いもあった。削らざるをえないなら、高い所得を得ている高齢者世帯に対する課税強化や年金の支給開始年齢の引き上げなど、国民が広く薄く痛みを分かち合うすべも考えていくべきだろう。
□乗っている船は一つ
 すでに社会保障は一般歳出の半分以上を占めている。必要な財源をどんな形で、どれくらい準備していけばいいのか。
 総額16兆円とも25兆円ともされる復興費用を今後捻出していくには、前提となる国の財政がきちんと健全化できるめどを立てておかなければならない。
 日本経済に対する震災の打撃が大きい現状では、消費税の増税をはじめ、負担増に踏み切る時期については十分に配慮すべきだ。
 だが、すでに金融市場はじりじりと金利上昇圧力が高まっている。財源のあてがないまま野放図に借金が膨らんでいけば、国際経済も巻き込んだ大きな混乱につながりかねない。消費税の使い道を社会保障に限定する目的税化など、国民が納得いく負担のあり方について、議論を詰めておく必要がある。
 震災とともに、人口高齢化の津波も乗り越える。そのためには、与野党が真っ正面から話し合う基盤が必要だ。党が違っても乗っている船は一つなのだ。
 国際社会が日本の政権のマネジメント能力そのものを問題視しつつある局面でもある。危機対応に臨みつつ、山積する重要課題に目配りした政策運営を、改めて菅直人首相に促したい。」(全文)


 
>TOP

◆被災の地から 透析避難:上 原発事故で治療の危機
(asahi.com 2011年04月17日)
http://www.asahi.com/health/ikiru/TKY201104170086.html
「東京電力福島第一原発から40キロ余り。東日本大震災から5日後の3月16日夕、福島県いわき市のいわき泌尿器科病院(現・いわき泌尿器科)は人工透析を待つ患者でごった返していた。
 原発事故の避難指示区域が半径3キロ、10キロ、20キロと広がり、区域内の系列病院の外来患者63人や、系列外の医療機関の患者も訪れるようになっていた。
 いわき泌尿器科病院に通う同市の鈴木正雄(すずき・まさお)さん(56)が受付に寄ると、「あと4〜5時間かかる」と告げられた。
 透析は機能が悪化した患者の腎臓に代わり、血液から老廃物や余分な水分を除く治療法だ。定期的に受け続けないと体調が悪化し、命にかかわる。透析には専用の機器と資材、電気に加え、大量の水が要る。高齢の患者が多く、車での送迎にはガソリンも欠かせない。
 だが、大地震で断水になり、回復後も余震で給水管が壊れた。ガソリンも不足した。原発事故の不安が加わって状況が刻々と悪くなり、一部の医療スタッフらも避難させた。
 鈴木さんは幼いころから腎臓が悪かった。慢性の腎臓病のため、31歳で透析を始めた。母の腎臓を移植したが、腎臓の機能が悪化。44歳のとき透析を再開した。カーナビ関連会社で働きながら、週3日、仕事を夕方5時で切り上げ、夜10時ごろまで4時間透析を受けてきた。
 3月11日、会社の休憩時間に自動販売機でコーヒーを買おうとしたとき、携帯電話にメールが届いた。緊急地震速報だった。直後に大地震が起きた。
 慌てて外へ出た。仲間と余震が収まるのを待ったが、約1時間後、帰宅するよう言われた。
 その日は透析の日。病院に行くと、「今日はできない。明日来て下さい」と断られた。翌日は昼間に受けられたが、いつもより短い3時間。14日も3時間。「次の16日は夕方5時ごろに来て下さい」と言われた。
 その日、病院で4〜5時間待つよう言われ、途方に暮れていると、「次の透析はないらしい」と他の患者が言った。「透析が受けられなくなったら」。鈴木さんは不安になった。そのとき職員が声を上げた。
 「明日、新潟や東京へ移ります。希望する人は朝8時半に集まってください」(寺崎省子)」(全文)


 
>TOP

◆生活再建へ第一歩 いわきの被災者、雇用促
(福島放送 2011年04月17日)
http://www.kfb.co.jp/news/index.cgi?n=2011041710
「いわき市が窓口となって東日本大震災の被災者に一時提供する住宅のうち、雇用促進住宅の入居が16日に始まった。
 初日は同市内郷高坂町の14階建ての住居(3DK)で9世帯が鍵や必要書類を受け取り、間取りなどを確認した。
 同市久之浜町で食堂を経営していた遠藤義康さん(52)は津波と火災で自宅兼店舗を失い知人宅などを転々とした。
 父(79)、妻(51)、息子3人と入居予定で「生活再建への第一歩。
 もう一度食堂をやりたい」と誓った。
 17日以降も順次、入居手続きが行われる。
 ライフラインが整っていないため実際に生活するには数日かかる見込み。
 入居者には市に寄せられた支援物資からカセットこんろ、コメ、毛布、食料品などの生活必需品と日赤から洗濯機、冷蔵庫、テレビ、炊飯器、電子レンジ、電気ポットが支給される。
 入居申し込みは2681件あり、高齢者や障害者がいる世帯などを優先する。
 雇用促進住宅は最大で781戸、県負担の民間アパートなどは約2千戸を見込んでいる。」(全文)


 
>TOP

◆サポート情報:雇用・労働 17日現在
(毎日新聞 2011年04月17日)
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20110418k0000m040017000c.html
「□未払い賃金立て替え払い制度
 地震や津波被害により事業を続けられなくなった中小企業で働いていた人に対し、国が企業に代わり賃金の一部を立て替え払いする。支払われる額は、未払い賃金の総額の8割。ただし年齢によって88万〜296万円の上限がある。相談や申請先は最寄りの労働基準監督署へ。
 □労働局の出張相談
 宮城労働局は被災した労働者や亡くなった労働者の遺族向けに、労災保険などに関する出張相談を、県内市町の大規模避難所(避難者100人以上)で実施している。
 ▽18日=岩沼市、山元町、気仙沼市▽19日=気仙沼市、仙台市▽20日=気仙沼市、七ケ浜町
 具体的な出張先は同局労災補償課(電話022・299・8843)で確認を。
 □障害者の雇用相談
 被災地域の各障害者職業センターに特別相談窓口を設置し、失業したり自宅待機で不安を抱える人の相談に応じている。受付時間は月〜金曜の8時45分〜17時。
 ▽青森県電話017・774・7123▽岩手県電話019・646・4117▽宮城県電話022・257・5601▽福島県電話024・522・2230▽茨城県電話0296・77・7373」(全文)


 
>TOP

◆東日本大震災:「生活の安定が課題」 支援ネットならが報告会−−奈良 /奈良
(毎日新聞 2011年04月17日 地方版)
http://mainichi.jp/area/nara/news/20110417ddlk29040398000c.html
「◇避難者に日用品など提供
 東日本大震災で県内に避難した被災者を支援する民間組織「奈良災害支援ネット(支援ネットなら)」の活動報告会が16日、奈良市であった。これまでに、14世帯約50人に市民から提供を受けた日用品を届けるなどした。避難者の中には奈良への移住を決めた人もおり、反田博俊代表(57)は「今後は長期的に多様な支援が求められる」と話している。
 支援ネットならは奈良NPOセンターなどが呼びかけ、3月21日に設立。被災者への物資提供や運搬ができる人を協力者として募り、公営住宅に入居した被災者などを支援している。現在、運送業者、国際協力機構(JICA)の元メンバーなど87人が登録。被災者から要望を聞き、提供されたカーテンや照明を取り付けて回り、中古の冷蔵庫、洗濯機なども運んだ。
 避難の長期化に伴い、「今後は被災者の生活の安定を支援する取り組みが必要」(反田代表)。「県から炊飯器もらったが、それだけあっても……」といった生活資金の悩みや、就労希望の声も出ているという。近く車椅子の障害者が避難する予定で、心身のサポートも求められる。同ネットは今後、協力者と避難者、避難者同士の交流の場を設けるなど、被災者を孤立させない取り組みも始めたいとしている。
 協力申し込みや問い合わせは支援ネットなら(0742・21・8211、http://nara-sien.net/)。【山田宏太郎】」(全文)


 
>TOP

◆支える人々(5)NPO法人くもりのち晴れ(大崎市)スタッフ・佐藤晴さん
(河北新報 2011年04月17日)
http://www.kahoku.co.jp/spe/spe_sys1069/20110417_10.htm
「◎被災した発達障害児へのケア/不安感出さず接する
 ―今回の震災が発達障害児に与えた影響は。
 <親の感情に敏感>
 「大崎市と加美町で発達障害児のデイサービスやショートステイ事業を展開しているが、私たちが預かる子どもたちは親の不安や揺らぎを敏感に感じ取っている。地震そのものよりも、地震や今後に対する『大人の不安』を感じ、不安定になっているように見える」
 ―大人は子どもたちにどう接すればいいのか。
 「私たちスタッフも同じように不安。でも、子どもたちと一緒にいるときは不安感を出さないように心掛け、『地震なんて大したことないよ』という顔をしている」
 「例えば停電したときに『どうしよう』と騒ぐのではなく、『仕方ない』と冷静に対処する。それで子どもたちも徐々に落ち着いてくれる。震災で起きてしまったことは変えられない。子どもの障害の有無にかかわらず、周りの大人が現実と折り合いをつけることも大切だと思う」
 ―被災した障害児の家族に伝えたいことは。
 無理せず預けて
 「震災で大変なときだからこそ、無理をしないで信頼できる事業所に子どもを預けてほしい。『子どもをよそに預けるのは無責任』と悩んでいる親もいるかもしれないけれど、そんなことはない。これから暮らしを立て直していく中で、子どもにかかりきりになれないときもあると思う」
 「今、私たちが預かっているのは仙台市や大崎市周辺の子どもが多い。ガソリン不足が解消されたので、要望があれば沿岸部の子どもたちも送迎付きで対応できる」
 ―災害時の障害者支援の課題は。
 <官民の連携必要>
 「今回は障害者、福祉サービスを提供するNPOなど民間団体、行政のネットワークがなく、各団体が個別に行動せざるを得なかった。例えば、発達障害児と家族のための福祉避難所を事前に決め、災害時はNPOなどの専門家がそこに集まり、行政が物資を供給する。そんな枠組みがあれば、もっとスピーディーで効率的な支援ができた」
 「福祉避難所や災害時の人員配置、連絡先、物資供給ルートを盛り込んだ危機管理マニュアルをつくり、市町村を越えて行政と民間が共有することも必要だと思う。日頃から障害者と接する民間団体は一人一人の特徴をよく理解している。うまく活用してほしい」
 ―くもりのち晴れのスタッフも被災した。
 「大崎市内の私の自宅も住めなくなり、事務所に寝泊まりしている。不安や焦りを感じることもある。でも今は福祉のプロとして、子どもたちの暮らしに安定を取り戻したい。スタッフ同士で率直な気持ちを話し合うことが互いを守ることにもつながると思う」(聞き手は藤田杏奴)
 <さとう・はれる> 大崎市出身。東北公益文科大卒。社会福祉士。2008年からスタッフ。発達障害児一時預かりの連絡先は「カムカム2」0229(87)3912。」(全文)


 
>TOP

◆大震災 支援の輪
(asahi.com 2011年04月17日 MY TOWN石川)
http://mytown.asahi.com/ishikawa/news.php?k_id=18000001104170002
「◇県内避難者に「生活の手引」◇
 東日本大震災で被災し、県内に避難してきた人たちの生活を支援するため、県が生活情報や相談先などをまとめた「生活の手引」を作った。各市町で独自に実施している行政サービスの問い合わせ先なども補足。市町を通して避難者に配る。
 手引には、生活費や学費の貸し付けや子どもたちのこころのケア、障害者の支援に関する相談先など、生活に密着した情報を中心に掲載されている。また、保険証が無くても病院で診察を受けられるなどの情報も盛り込まれている。(井手さゆり)」(全文)


 
>TOP

◆【滋賀】知的障害者ら給食袋作り寄託 被災地の子どもに
(中日新聞 2011年04月17日)
http://www.chunichi.co.jp/article/shiga/20110417/CK2011041702000119.html
「知的障害がある人が織物やクッキー作りに取り組む大津市平津の福祉作業所「れもん会社」が、東日本大震災の被災地の子どもに送る給食袋100枚を作り、募集していた市ボランティア連絡協議会に寄託した。
 協議会が県民に呼びかけていた募集事業に支援してもらうばかりでなく人の手助けがしたいと応じた。
 作業所に出入りしているボランティアが、縦28センチ、横20センチのきんちゃく型の袋を作り、7センチ四方のハートマークを付けた。作業所の利用者は袋のひも通しを手伝い、手紙に「応援しています」「直接お手伝いしたい」などメッセージを書いて袋に入れた。
 作業した利用者3人らが、ボランティア連協のある市社会福祉協議会に持ち寄った。作業所の職員は「被災地のために利用者と一緒にできることはないかと思い、製作した。利用者の思いが伝わってほしい」と話した。 (曽布川剛)」(全文)


 
>TOP

◆【東日本大震災】視覚障害者の支援 長期的で多角的に
(産経関西 2011年04月17日)
http://www.sankei-kansai.com/2011/04/17/20110417-051861.php
「視覚障害者関連団体がオールジャパン体制で結集、被災地の視覚障害者を本格的に支援する対策本部が3月下旬、「日本盲人福祉委員会」(本部・東京都)に立ち上がった。その一員で、阪神大震災で視覚障害者支援の対策本部となった日本ライトハウス情報文化センター(大阪市西区)の岩井和彦顧問(61)に、東日本大震災における被災地支援の現状と課題を聞いた。(服部素子)
 早急な安否確認▽必需品の提供▽ボランティアの調整
 まず、「早急にすべきこと」として岩井さんがあげたのは、被災地域に居住する視覚障害者の安否確認。震災から1カ月以上が過ぎたが、まだ所在不明者が多く、優先的な支援が急がれる1人暮らしや障害者のみの世帯の把握も十分とはいえない状況と、岩井さんは話す。このため、関西からも調査のため第2陣8人が岩手県と宮城県に入り、名簿を手に安否確認を進めているという。
 また、被災地の現状としては、避難している視覚障害者でも、多くは何も持たずに避難しているとし、同委員会が、白杖や、音声で時間がわかる盲人用時計、メモを取るための点字板、体温計などの物資の配布を行っていると語った。
 さらに、東京電力福島第1原発事故への不安が増していることに対し、厚生労働省が被災者のために発行している「生活支援ニュース」を、現地の有志がマルチメディアデイジー(パソコン上で文字を音声で読み上げるシステム)で編集、同委員会の調査員が避難所や在宅の視覚障害者に配布している実態も紹介した。
 今回のような大災害では、緊急的支援のほか、長期的、多面的な支援が必要となることも強調。「今後、被災を免れた点字図書館や盲導犬協会を拠点施設に整備し、各団体からスタッフを交代で派遣、常駐化していく」ことや、「障害者とガイドヘルパーなどのボランティアをコーディネートしていく」ことを課題にあげた。
 これらの課題の一方、岩井さんが評価したのは、厚生労働省が全都道府県に、避難所の視聴覚障害者への情報保障とコミュニケーション支援を求め、避難所のトイレや風呂、配給場所を放送やハンドマイクで知らせ、食料や救援物資についても、障害に応じた個別対応により最新の情報を確実に伝えるよう要請したこと。
 「阪神大震災で、われわれが向き合った困難が教訓として生かされ、今回の震災で、障害のある人への情報提供のあり方が変わったことはひとつの成果」と語った。
 日本盲人福祉委員会 盲人福祉の増進を図ることを目的に昭和?年、日本盲人会連合、日本盲人社会福祉施設協議会、全国盲学校長会の3団体により設立(35年から社会福祉法人)。世界盲人連合の日本代表として、盲人団体間での国際交流の日本窓口の役割を担う。
【写真説明】「長期的、多面的な支援が必要」と話す岩井和彦さん=大阪市西区」(全文)


 
>TOP

◆福島の知的障害施設を丸ごと受け入れ 高崎・のぞみの園
(asahi.com 2011年04月17日 MY TOWN群馬)
http://mytown.asahi.com/areanews/gunma/TKY201104160364.html
「避難指示圏内にある福島県富岡町の知的障害者施設の利用者らが15日、高崎市寺尾町の国立重度知的障害者総合施設「のぞみの園」で新たな生活を始めた。
 社会福祉法人「友愛会」系列の施設利用者67人と、職員やその家族46人。
 同会事務局長の寺島利文さん(57)によると、同会は障害者支援施設やグループホーム、授産施設などを運営している。
 東日本大震災が起きた3月11日。自宅から通っていた利用者や職員らも含め、約70人が支援施設で不安な一夜を過ごした。
 「原発が危険です。避難してください」――。
 翌朝、消防団がやってきて避難を促した。ほぼ着の身着のままでマイクロバス2台に分乗し、避難先を探した。いくつかの村を訪ねたが、どこも「いっぱいです」と断られた。
 「一部なら受け入れられるが、その他の人は別の避難先を探してほしい」と告げられたことも。寺島さんは「全員の面倒を見る」ことにこだわった。夕方、やっと福島県三春町の公共施設が受け入れてくれた。
 「避難先探しでは『早い者勝ち』の面があった。障害者は弱い立場なのに」と寺島さん。
 三春町では食事も暖房もあり、その点に不自由はなかった。一方で、大部屋での共同生活でストレスを感じる利用者もいた。福島県の依頼で群馬県が調整した結果、のぞみの園と高崎市の公営住宅が受け入れることになった。
 同園には約350人が入所しているが、空いていた寮を活用したり、施設を改修したりして人数分の受け入れ場所を確保。67人の利用者は寮など3カ所に、職員は近くの雇用促進住宅などに入居した。寺島さんは「これで利用者もリラックスできると思う」と喜ぶ。
 一方で、以前は自宅から通っていた利用者も施設に入るため、夜間に必要な職員数が増えた。1人暮らしをしていた利用者も相部屋になるため、環境が変わることも心配だ。
 「戻れるならいつでも富岡に戻りたい。戻れるめどが立たないのがつらい」
 寺島さんがため息をついた。(新宅あゆみ) 」(全文)


 
>TOP

◆東日本大震災:避難所の外、届かぬ支援 アパート暮らし、法に明文なく
(毎日新聞 2011年04月16日 東京夕刊)
http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110416dde041040009000c.html
「◇仙台・自宅損壊、99歳母ら7人
 東日本大震災による大津波で自宅が被災し、家族のケアなどさまざまな事情で避難所にも身を寄せられない人たちがいる。やむにやまれずアパート暮らしをしているが、現行の災害救助法での支援の網からこぼれるケースが出ている。専門家は「支援が必要な人を助けられない矛盾が生じている」と法の弾力的運用の必要性を指摘している。【高橋宗男】
 「逃げる時に持ち出せたのは懐中電灯二つだけ。収入の道もなくなったし、本当は避難所がいい。でも、ここにいるしかねえ」
 仙台市若林区三本塚北中谷地の電気工事店経営、横田一男さん(73)が言う。震災後は親類宅に身を寄せていたが、今月7日にようやく見つけた同区内のアパートに入居した。3DKに一家7人で暮らしている。
 津波で親類16人が死亡した。家族全員生き延びることができたのは幸運だったと思っている。だが、避難した同区内の小学校で母いちさん(99)は「寒い寒い」と訴えた。両足に靴下を履かせ、さらに軍手をかぶせたが、低体温症なのか、2日目には体を動かせなくなった。
 昨年秋から悪性リンパ腫の治療中だった長男一教さん(45)も体調を崩した。一教さんは、免疫力が通常の半分以下に低下しており、避難所では感染症が大敵だった。妻やへ子さん(69)も心臓が悪く、医師にはできるだけ空気のきれいなところで過ごすよう勧められていた。
 自宅は流失こそ免れたが、家屋は土台から数メートルずれ、敷地内の防風林にひっかかっている。とても住めるような状態ではない。電気工事機器も兼業していた農業用の機械もすべてやられた。
 災害救助法は、避難所での食事や生活必需品の支給を定めている。
 だが、個々の民間賃貸住宅まで支援物資を届けるのは簡単ではなく、横田さん家族はアパートで自費生活を続けている。
 「これからどれだけ医療費がかかることか。余計なお金はかけたくない」と横田さんは話す。アパートの家賃などについて区役所に相談したが、「個人で借りた物件の費用を補填(ほてん)することは現状では無理」と説明されたという。
 同様のケースは各地で出ており、各市町村から相談を受け、宮城県はこうした民間借り上げ住宅について「契約日まで遡及(そきゅう)し、応急仮設住宅として認めるなどの救済措置」を国に求めている。
 災害救助法などで、避難所での生活が困難な障害者などについて「福祉避難所」を設けることが定められており、新潟県中越沖地震など近年の災害発生時には、相応の設備を備えた老人保健施設や公共施設が指定された。だが、今回の大震災では避難者の人数が膨大で、障害者らが民間住宅に入るケースは増えているとみられる。
 兵庫県震災復興研究センター事務局長の出口俊一阪南大講師(災害復興)は横田さん一家のケースについて「借りた住宅を福祉避難所扱いすることはできる」と制度の弾力的運用を勧め、「災害救助法は県知事が適用し、市町村長が実行する。国におうかがいを立てる前に市町村長が実行すべきだ」と話している。」(全文)


 
>TOP

◆東日本大震災:浅漬けで再起誓う…工場全壊の障害者施設
(毎日新聞 2011年04月16日)
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20110416k0000e040050000c.html
「東日本大震災では多くの障害者施設が設備や仕事を失い、苦境に立たされている。岩手県田野畑村の授産施設「ハックの家」(竹下美恵子理事長)は津波でイカ加工工場が全壊し、収入の大半を断たれた。再開のめどは立たず、職員らは経験のない農業に活路を見いだすことにした。そのきっかけは震災後、作業場に受け入れた中国人避難者が作った漬物の味だった。【関雄輔】
 ◇避難の中国人がレシピ
 施設には主に知的障害のある10〜70代の25人が通い、織物製品や菓子、加工食品などを作っている。震災後、竹下理事長の発案で避難所での集団生活が難しい障害者や外国人ら25人を海から離れた作業場に受け入れた。
 その中に勤務先の寮が流された張静霞(ちょう・せいか)さん(33)ら中国人女性6人がいた。言葉はほとんど通じなかったが、次第に一体感が強まり、避難者も料理を振る舞うようになった。張さんらが作ったのが刻んだキュウリをニンニクやネギ、唐辛子などと混ぜた浅漬けで、「ご飯に合う」「初めての味」と大好評だった。
 失った水産加工場から年約1000万円の収入を得ていた。施設の存続が危ぶまれたが、竹下理事長が「漬物を野菜から作って売り出そう」と職員や通所者に声を掛けた。3月末、張さんらはレシピを書き残し再び日本に来ることを約束して帰国した。
 その後、岩手県宮古市の農家から約10アールの畑を借りることが決まった。5月中に種まきなどを始め、秋にはインターネットなどを通じて発売する予定だ。張さんらのレシピを基に試作品の改良を重ねている。通所者で数年前から水産加工場で就労訓練していた金子忠次さん(56)は「働いていないと落ち着かない。協力して頑張りたい」と意気込む。
 竹下理事長は「地震でたくさんのものを失ったが、新たな出会いや人の助けがあって再び歩き出せた。漬物が田野畑村の名物になるよう、気合を入れて前に進みたい」と笑顔を見せた。」(全文)


 
>TOP

◆東日本大震災:「精神面のケアを」 医療活動の医師らが報告 /大阪
(毎日新聞 2011年04月16日 地方版)
http://mainichi.jp/area/osaka/news/20110416ddlk27040352000c.html
「◇スタッフ不足の現状も
 府から東日本大震災の被災地に派遣されて医療活動などにあたった医師らによる報告会が15日、大阪市中央区の大阪赤十字会館であった。被災者のPTSD(心的外傷後ストレス障害)対策のために派遣された医師からは「被災地では元々、コミュニティーのつながりが強く、現在は地域で悲しみを受け止めて支え合おうという雰囲気があるが、今後、精神面でのケアが必要になる」という指摘が上がった。
 府内の医師や保健師ら約170人が報告を聞いた。府立病院機構(大阪市住吉区)の毛利智好医師は岩手県大槌町の診療状況を報告し、「元々過疎化で医師不足だったうえに、津波で医師も犠牲になっている。医療スタッフが不足しており、長期的な支援が必要」と訴えた。
 同機構の野田哲朗医師は同県山田町の住民57人から精神的ストレスなどについての相談を受けた。「津波が襲ってきた時に目の前の人を助けられなかったことへの罪悪感を口にする人が多かった」と指摘した。
 府健康づくり課の診療放射線技師、小田晃之さんは福島県で住民の放射線被ばく量の測定にあたった。住民の中には、いったん避難後、福島第1原発近くの自宅に戻って車や家具を運んできた人もいたという。車からは高レベルの放射線が測定されたケースもあり、「いつ一時帰宅ができるのかを避難者に早く示さないと、次々と避難指示が出ている区域に入る人が出てくる」と話した。【遠藤孝康】」(全文)


 
>TOP

◆東日本大震災:岩手・宮城の32施設が使用不能
(毎日新聞 2011年04月16日)
http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110416k0000e040047000c.html
「岩手、宮城両県にある障害者の「グループホーム」「ケアホーム」のうち、少なくとも32施設が震災で使用できないことが両県への取材でわかった。いずれも障害者が「施設」でなく地域の中で暮らすための場で、関係者は「一日も早く再開できるよう支援してほしい」と訴えている。
 グループホームでは家事などの支援を受けながら、障害者が自分たちで共同生活を送っている。ケアホームはこれに生活支援員というスタッフが付き、食事や入浴介助などの支援も受けられる。
 岩手県によると、震災で県内の計13施設が被災し、うち陸前高田市では市内にある6カ所すべてのケアホームが全滅した。暮らしていた知的障害者28人は全員無事だったが、別の障害者向け施設に避難したり、実家に帰省したりして過ごしている。
 被災したケアホームで暮らしながらクリーニングの仕事をしていた40代女性は別の障害者施設で避難生活を送るが「早く自分の部屋に戻って、仕事をしたい」と漏らす。
 支援スタッフの菅野志保さん(27)も「日中何もできることがなく、避難している施設内でも行き場がない。生活のリズムを失っており、早く居場所を作ってほしい」と訴えている。
 また、宮城県によると、同県内のグループホーム、ケアホーム335施設のうち全壊や使用不能が計26施設に上る。福島県内でも8施設が被災し、いずれも被害は軽微とみられるが、福島第1原発事故の影響で一部の利用者が避難生活をしているという。
 新潟県中越地震(04年)では仮設住宅をグループホームに活用するケースがあった。ただ「日本グループホーム学会」事務局長の室津滋樹さんは「仮設住宅には障害者や高齢者向けの優先枠が設定されているが、一角にまとめてしまうと孤立を招く。仮設住宅でもコミュニティーを形成できるよう、計画的に建設していくべきだ」と指摘している。【蒔田備憲】」(全文)


 
>TOP

◆生活情報/自治体情報
(河北新報 2011年04月16日)
http://www.kahoku.co.jp/news/2011/04/20110416t13035.htm
「○岩沼市 罹災(りさい)証明書の申請は28日まで。市役所2階で午前9時〜午後5時に受け付けている。災害弔慰金、災害障害見舞金、市自然災害見舞金、被災者生活再建支援、住宅応急修理の受け付けを21日〜5月15日に市役所6階で実施する。実施日と対象地区は【21〜24日】相野釜、藤曽根、二野倉、長谷釜、新浜、蒲崎【25〜28日】矢野目、林、早股、寺島【29日〜5月15日】その他の地区、28日までに申請できなかった人。ブロック、コンクリートくず、電気製品などの災害ごみの自己搬入先は南浜中央病院東側。午前9時〜正午、午後1〜4時に受け入れる。連絡先は市災害対策本部0223(22)1111。
 ○多賀城市 仙南・仙塩広域水道の復旧工事の影響で断水が続いている。16日の給水場所は以下の通り。午前8時半〜午後5時が高橋生活センター、高崎宿舎集会所前、高崎中、総合体育館、市川配水池前。午前8時半〜午後7時が上水道部庁舎前。午前8時半〜10時が新田一区防災倉庫前、多賀城小。午前11時〜正午が新田地区公民館、多賀城二中、留ケ谷1号公園、明月ビル前(明月1丁目)。午後2時〜3時が新田新後公園、城南小、八幡地区公民館、安倍重機前(栄2丁目)。午後4時〜5時が山王小、浮島会館、市民プール、県営多賀城八幡住宅(桜木3丁目)、理研食品前(宮内2丁目)。
 ○栗原市 被災者総合相談窓口を市本庁の社会福祉課と市内10カ所の総合支所市民サービス課内にそれぞれ設けた。午前9時〜午後4時。土日祝日も開設する。
 市と仙台弁護士会は24日、被災に関する無料法律相談会を市図書館で開く。午前9時〜午後4時半。相談時間は1件当たり45分とし、予約は不要。
 水道は14日、瀬峰地区全域で復旧した。
 ○登米市 姉妹都市の富山県入善町の米沢政明町長が15日、市役所を訪れ、義援金と見舞金計約377万円を布施孝尚市長に渡した。
 ○宮城県七ケ浜町 被災者支援に関する総合相談窓口を18日開設する。場所は町役場隣の町水道事業所庁舎2階、土日祝日も開く。時間は午前9時〜午後4時。期間は5月31日まで。当初は地区ごとに受け付ける。【18日】湊浜、松ケ浜【19.20日】菖蒲田浜【21.22日】花渕浜【25日】吉田浜、代ケ崎浜。23、24の両日と26日以降は地区指定なし。
 18日から受け付ける第1期分の応急仮設住宅(115戸分)の申し込みは、30日締め切り。連絡先は地域福祉課022(357)7449。
 仙南仙塩広域水道は15日、利府町の漏水箇所で修繕工事が終わった。17日から各家庭に通水予定だが、飲用には水質検査が必要で、町は広報するまで洗濯や風呂などに限って利用するよう呼び掛ける。飲用できるのは18日以降の見込み。
 ○利府町 16日の給水場所は以下の通り。
 午前9時〜午後8時が町役場、午前9時〜午後6時が神谷沢グラウンド、利府西中、菅谷台小、しらかし台中、青山小、花園2丁目集会所、野中二部生活センター、加瀬生活センター、利府三小、赤沼公民館。午前9時〜午後4時半が春日二部集会所。午前10時〜午後3時が青葉台2号公園。午前9時〜午後1時が浜田地区の浦嶋荘、飲食店「やすらぎ」入り口。午後2時〜6時が須賀地区の須賀集会所、民宿「ハーバーハウスかなめ」前。
 ○加美町
 農産物直売所「やくらい土産センター」で16、17の両日、「チャリティーバザー」が開かれる。地元野菜や特製の鍋料理、各家庭から提供された商品などを販売し、売上金を被災地に寄付する。午前10時〜午後2時。連絡先は薬莱振興公社0229(67)3388。」(全文)


 
>TOP

◆被災者の県内への避難者 一時1000人前後
(信濃毎日新聞 2011年04月16日)
http://www.shinmai.co.jp/news/20110416/KT110415FTI090028000022.htm
「東日本大震災の影響で県内に避難してきた人の数が、把握できただけで1千人を超えたことが15日、県危機管理部の集計で分かった。受け入れ態勢が整い地元に戻った人もいるため、同日時点では937人。東北各県のうち、震災被害に加え福島第1原発事故の影響が深刻になっている福島県からの避難者が多く、825人に上る。
 同部によると、旅館・ホテルなどへの避難を除き、県営住宅や市町村営住宅、県内の親戚宅や福祉施設などへの避難者は13日に計1016人と、初めて1千人を突破。14日には1023人まで増えた。15日には、県の知的障害者総合援護施設「西駒郷」(駒ケ根市、上伊那郡宮田村)に避難していた福島県の知的障害者と職員約80人が地元での受け入れ態勢が整い帰省した。
 福島県以外の各県の避難者の内訳は15日時点で、宮城県82人、岩手県が15人など。45市町村が受け入れをしており、最も多いのが長野市の126人。以下、北佐久郡軽井沢町の77人、飯田市の75人と続いている。
 一方、下水内郡栄村から村外に避難しているのは15日時点で153人。受け入れ先は飯山市が147人、長野市が5人、中野市が1人となっている。
 県は、県内10カ所の保健福祉事務所ごとに、県、県社会福祉協議会、県社会福祉士会などでつくる「被災者生活支援チーム」を設置しており、公営住宅への入居や転入学、就業、健康相談などについて、主に関係機関との連絡、調整に当たる。」(全文)


 
>TOP

◆高知県が被災地に「心のケアチーム」を派遣
(医療人材ネット 2011年04月16日)
http://iryojinzai.net/664.html
「高知県が13日に発表したところによると、同県は東日本大震災の被災地に「心のケアチーム」を派遣する。精神科医、保険師らによって構成するチームが精神医療の補てん、災害によるストレスに悩む被災住民の心のケアに当たる。
「心のケアチーム」は、4月17日から7月1日にわたって、岩手県下閉伊郡山田町に派遣される。精神科医、保健師・心理士等の専門職、事務職員の4名によって編成される17チーム(合計60名)が入れ替わりで派遣され、期間中切れ目なく支援を行う予定。被災によって機能しなくなった精神医療の補填、精神医療機関の業務支援や、被災した精神障害者・精神疾患患者への対応、災害のストレスによって新たに生じた精神的問題を抱える被災住民についての対応を行う。第一陣は県の精神保健福祉センター、児童相談所の職員で編成し、4月17日から23日の帰着まで活動の予定という。」(全文)


 
>TOP

◆被災者の心のケアへ 県が精神科医ら派遣 広島
(産経ニュース 2011年04月16日)
http://sankei.jp.msn.com/region/news/110416/hrs11041602080002-n1.htm
「被災した住民の心のケアのため、精神科医を加えた県の医療派遣チームが15日、県庁で湯崎英彦知事に出発報告をした。3チームが現地に赴き、長期化する避難生活による精神面の疲労や、心的外傷後ストレス障害(PTSD)などの対応にあたる。
 派遣チームは県立広島病院と中国労災病院、広島大病院の3医療機関。救命救急医、看護師に各チーム1人ずつ精神科医も加わる。保健所で1週間、被災者のメンタルケアを含めた診療を行い、今後必要となる支援ニーズを調査する。
 さらに、宮城県内の児童相談所に、児童福祉司ら2人を派遣。大きな精神的ダメージを受けた子供の心のケアをするほか、発達障害児の在宅訪問にも従事する。またこの日、被災地で支援活動を行った広島市立舟入病院と県立広島病院の医療チームが活動内容を報告した。」(全文)


 
>TOP

◆【東日本大震災】経腸栄養剤供給は5月後半から改善
(薬事日報 2011年04月15日)
http://www.yakuji.co.jp/entry22753.html
「厚生労働省は経腸栄養剤の供給について、4月は引き続き2割程度が不足するものの、5月後半以降は改善し、6月には震災前と同量が供給できる見通しを示した。
 ただ、依然として予断を許さないため、医療機関・薬局での通常時を上回る在庫保持の差し控えや、医療食への切り替え、長期処方の自粛と分割調剤の考慮を改めて求めている。経腸栄養剤と代替可能な医療食については、食品業界の協力で、5月まで昨年の1割以上の増産を予定しているという。
 経腸栄養剤は、容器を製造する企業が被災して、エンシュアの缶入り製剤の製造が中断し、不足が生じている。」(全文)


 
>TOP

◆東日本大震災:介護事業所被災 通院、入浴困難に 「しわ寄せ」懸念の声
(毎日新聞 2011年04月15日 東京夕刊)
http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110415dde041040046000c.html
「震災後、避難所や施設に身を置き、家族やボランティアに見守られながら生活してきた要介護者が多くいる。避難所や施設から仮設住宅への移転が進む中、在宅介護を支えるヘルパー派遣事業所やデイサービス施設が被災した地域で、これまで通りの生活が営めるか。介護関係者からは「弱者にしわ寄せがいかなければいいが」と懸念の声が上がる。
 岩手県山田町の漁業、佐藤勝美さん(62)は、人工透析を受け自力で歩けない要介護3の弟善裕さん(56)と同居していた。津波で自宅は全壊。避難所から弟に週3回の透析を受けさせようとしたが、事業所の車椅子対応の福祉車両がなくなった。町内に10台あった福祉車両は震災後3台に。佐藤さんは弟の車椅子を病院まで約1キロ押し、病院では2階まで背負った。
 今月からは普通タクシーで送迎し病院スタッフに背負ってもらうが、「仮設住宅に入れたとしてもこのまま一緒に暮らせるだろうか」と不安を口にする。
 岩手県大槌町では町社会福祉協議会が全壊し、会長を含む5人が死亡・行方不明。非常勤の介護職全約20人は避難生活を送ったり町外に出たりで契約を解消した。釜石市では断水で長期間入浴できていない在宅の要介護者もいるが、市内に5台あった入浴介護車は被災後1台に。1台を追加で用意したが、市の担当者は「5台必要。一日も早い配備を県などにお願いした」と話す。
 岩手県介護福祉士会は9日、被災地の避難所を視察。「ボランティアのヘルパー4人が明日帰る。継続的な支援がほしい」などの声が聞かれた。現地入りを志願する介護士は全国に250人以上いるため、ボランティア派遣と事業所復興をサポートする計画だ。
 視察した佐藤晋作副会長は「仮設住宅などに移転後、適切なケアができるよう地域の事業所に対して長期間の支援が必要だ」と話している。
 津波で山田町の居宅介護支援事業所を失い仮事務所を設置した阿部秀典さん(50)は「介護サービスを利用していた人や家族が、自宅や職を失っており、弱いお年寄りにしわ寄せがいかなければいいが」と懸念している。【関谷俊介】」(全文)


 
>TOP

◆東日本大震災:県の公営住宅2次募集で申し込み519件/神奈川
(カナコロ 2011年04月15日)
http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1104150033/
「県は15日、東日本大震災の被災者を対象にした県内公営住宅の2次募集に、519件の応募があったと発表した。募集戸数の575戸を下回ったが、地域によっては入居希望が住宅の提供数を上回ることも想定され、その場合は抽選で決めた順位を基に、割り振っていくという。
 入居は、65歳以上の高齢者や3歳未満の乳幼児、重度障害者、妊婦らのいる世帯を優先させる。まず優先家庭で抽選を実施。その後、そのほかの家庭でも抽選を行い、1〜519番まで全家庭の順位を定め、入居先を決めていく。
 17日には、各家庭に対する、入居先の連絡を開始する。」(全文)


 
>TOP

◆介護職員の被災地派遣、登録者の7.5%- 厚労省
(キャリアブレイン 2011年04月15日)
http://www.cabrain.net/news/article/newsId/33689.html
「厚生労働省が把握している東日本大震災の被災地に派遣可能な介護職員など8000人余りに対し、実際に派遣されたのは7.5%に当たる600人程度にとどまることが、4月15日までに分かった。震災発生から1か月が過ぎても、職員派遣が思うように進んでいない実態が明らかになった。
 3月11日に東日本大震災が発生すると、厚労省は15日から、各都道府県を通じて介護施設などに対し、被災した施設や避難所に派遣できる職員の実数把握を始めた。18日以降は派遣可能な人数などを被災県に連絡し、25日から派遣を始めた。
 厚労省の発表によると、派遣可能な介護職員などの人数は8180人(4月15日時点)で、これまでの派遣実績が617人だった。派遣先の内訳は、岩手県に169人、宮城県に329人、福島県に119人。このうち、岩手県の28人、宮城県の53人、福島県の17人が、同日時点で実際に活動している。
 □ニーズ調査の限界も
 厚労省の担当者は、派遣実績が7.5%にとどまっている理由について、「東北地方から離れた地域からの派遣や、2、3日の派遣を希望する介護職員と(長期の派遣を求める)被災施設との調整が難しい場合もあるのではないか」と話している。
 また被災県では、介護施設に対して介護職員の派遣がどの程度必要かはおおよそ把握できているものの、居宅サービスの介護事業所におけるニーズは把握し切れていない。岩手県の担当者は、「インフラが壊れていることもあって、県の職員が出向いてニーズを調査している。しかし、施設などの大きい所は調査したものの、通所介護や訪問介護の事業所はできていない」と明かす。
 □行政に加え、事業者団体や職能団体の力も
 被災県の職員が疲弊する中、厚労省では「場合によっては、ニーズをくみ取るのに漏れがある。普段から事業者に親しみのある事業者団体や職能団体の協力も必要だろう」としており、各団体との連携を強化したい考えだ。
 このほか、社会福祉施設などが受け入れた被災地の高齢者や障害者らは1613人(前週比143人増、県内移動を含む)。内訳は岩手県から227人(増減なし)、宮城県から952人(同)、福島県から434人(143人増)だった。
 被災した岩手、宮城、福島の3県以外にある社会福祉施設などでは、被災地の高齢者や障害者ら5万3405人(213人増)分の受け皿が整った。内訳は、高齢者関係施設3万6392人(213人増)、障害者関係施設8946人(増減なし)、児童関係施設7148人(同)、保護施設919人(同)。高齢者関係施設のうち、特別養護老人ホームは1万2379人(128人増)、老人保健施設は6031人(28人増)となっている。」(全文)


 
>TOP

◆停電で在宅医療混乱
(読売新聞 2011年4月15日)
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/yamagata/news/20110414-OYT8T01121.htm
「東日本大震災で県内は、本震と余震の計2回にわたって全域が停電し、在宅医療の現場は混乱した。これまで経験がない長時間・広範囲の停電で、関係者は人工呼吸器の電源確保や患者の安否確認などに奔走。電話も通じず、緊急時の連絡体制は機能しなかった。さらに、7日深夜の余震後に起きた停電で、酸素吸入をしていた尾花沢市の女性(63)が死亡。関係者に衝撃を与えた。在宅医療の担い手は、震災を教訓に新たな体制やマニュアル作りを進めている。
震災が発生した3月11日は、県内全域が停電。村山保健所(山形市)では、難病で人工呼吸器を使っている管内の成人19人の安否確認ができないでいた。電気で支えている患者の命が危機に立たされていた。
 午後6時に県に連絡して消防の出動を依頼。一軒ずつ訪ねてもらった。その結果、家族が既に救急搬送していたり、数時間持つ予備バッテリーを使用したりしていたことが分かり、午後9時15分、ようやく全員の生存を確認した。
 同保健所では2009年から、人工呼吸器を使う全員に対して、非常時の安否確認方法や連絡先を明示したチェックリストを作成していた。しかし、携帯電話を含め、電話はほとんどつながらず、連絡を取ることができなかった。
 その一方で4月8日、自宅で24時間、酸素吸入をしていた尾花沢市の女性の死亡が判明した。
 女性宅には7日昼、酸素吸入器を取り扱う山形市内の業者が訪問していた。退院から1週間がたち、機械の操作を再確認するためだった。「地震があったばかりだし、停電時の操作を確認しましょう」。業者は非常用ボンベへの切り替え方を丁寧に説明。女性は理解し、問題はないようだった。
 7日深夜、余震が発生。再び県内全域が停電した。発生直後に業者は何度か女性宅に電話したが通じなかった。日付が変わって8日、緊急連絡先の親類に連絡がついたが、女性は既に亡くなっていた。同居する母親も119番をしたが、つながらなかったという。
    ◇
 在宅医療の関係者は一様に、「ここまで長時間、広域の停電は初めて。電話連絡ができないのは想定外だった」と振り返る。
 村山保健所の中條貞子地域保健予防課長は、「非常時は、隣の人などの地域住民と市町村を巻き込んだ対応が必要で、そのためには、普段からの連携が不可欠」と指摘。今後、役割の明示など、非常時の体制を確認していくという。
 一方、県看護協会が運営する6つの訪問看護ステーションでは、新たなマニュアル作りに追われている。
 停電時、辛うじてメールで連絡が取れたことから、メールの活用方法を検討。非常時の家族への指導も強化していくつもりだ。
 県は11日、女性が死亡した事故をふまえ、医療機関や業者に対して、▽人工呼吸器の予備バッテリー、非常用の酸素ボンベの確認▽停電に備えた明かりの準備――などを呼びかける通知を出した。
 県健康福祉企画課の大山敏之副主幹は、「今回の経験を生かして、在宅患者の非常時の安全を図らなければならない」としている。」(全文)


 
>TOP

◆きょうの相:京都弁護士会、被災者に無料電話相談 三重利典弁護士に聞く /京都
(毎日新聞 2011年4月15日 地方版)
http://mainichi.jp/area/kyoto/news/20110415ddlk26040389000c.html
「◇行政とボランティア連携を 孤立しないよう情報提供を
 京都弁護士会は18日、東日本大震災の被災者を対象に無料電話相談を始める。16年前に発生した阪神大震災でも同会は相談を実施。阪神大震災ではどのような問題が生じていたのか。当時、相談に応じた三重利典弁護士(52)に聞いた。【聞き手・古屋敷尚子】
 −−当時は現地にも入ったそうですね
 被災者の相談に応じるため、現地を見て被害の大きさを体感しようと、阪神大震災の発生から5、6日後、友人と神戸市に行った。焼け野原になった長田区、ビルが倒壊した中央区など市内を歩いて回り、被害の大きさの他、地域によって被害内容が全く異なることに驚いた。相談内容も多岐にわたると気を引き締めた。
 −−相談内容はどんなものだったのか
 京都に戻り、発生から約10日後に始まった京都弁護士会の電話無料相談に参加。地震保険や借地権の問題などこれまで対応したことのない内容ばかりだったが、「絶対に他の機関に回すな」を合言葉に、仲間の弁護士と議論をしながら答えを出した。
 「隣の家が倒れかかってきている」との相談には、裁判所が機能する前には「身体に危険が及び、法的責任は問われないから隣の家を壊せ」とアドバイス。機能を取り戻した後は、隣家の持ち主に緊急解体を命じる仮処分を裁判所に申し立てるよう勧めた。
 −−相談を通して感じた問題点は
 相談を開始してすぐ、障害者団体から電話があった。聴覚障害者に避難所が速やかに伝わらず、避難所にたどり着いても食料配布の声が聞こえない。いつ配布があるのか周りの様子をうかがいながら眠れない日々を過ごしていた。発達障害の子供がいる家族の中には、慣れない避難所で騒ぎ、迷惑になるからと車内で過ごし、適切な情報提供を受けられずに孤立していった親子もいた。
 ボランティア団体が独自に避難所を回り、障害者や高齢者の現状把握に努めていたが、行政が個人情報を理由に障害者の情報を団体に提供せず、難航していた。東日本大震災でもこの状況は変わっていないように思う。行政とボランティアが連携してほしい。
 −−障害者や高齢者が孤立しないためにどうすればいいか
 東日本大震災は被害範囲が広く、暮らしていた町で仮設住宅の建設が困難な場所もあると聞く。障害者や高齢者をこれまでの生活圏とは異なる場所に移動させると、コミュニケーションが更にとれなくなる。阪神大震災の時のように仮設住宅で孤独死する可能性もある。
 できるだけ地域住民との関係を断たずに、仮設住宅を造ることを希望する。また、他府県に避難した被災者にも仮設住宅建設の情報などを提供することが大切だ。
 避難してきた被災者に対して長期間、行政が適切に情報を提供し、府民も温かく見守ってほしい。決して被災者が孤立することがないように。
 ◇現地からにも対応
 京都弁護士会が実施する今回の法律相談は主に府内への避難者が対象だが、現地からの電話にも対応する。期間は5月31日まで。受け付けは平日午後1時〜3時半。フリーダイヤル(0120・80・8585)で受け付け後、折り返し弁護士が電話をする。
 被災地と取引のある中小企業者などの相談は弁護士会のひまわりほっとダイヤル(0570・001・240)まで。」(全文)


 
>TOP

◆東日本大震災:被災者、支援者の精神面ケアを 現地派遣の精神科医ら報告 /石川
(毎日新聞 2011年4月15日 地方版)
http://mainichi.jp/area/ishikawa/news/20110415ddlk17040537000c.html
「東日本大震災の被災地で被災者の精神面のケアにあたる県の「こころのケアチーム」の活動中間報告会が13日、金沢市内のホテルであった。現地で活動した医療関係者や今後派遣予定の約100人が参加し、被災者の現状や支援のあり方について耳を傾けた。【宮嶋梓帆】
 チームは精神科医や看護士、手話通訳者らで構成。宮城県石巻市内の避難所を中心に、精神障害や認知症、被災による不眠や心的外傷後ストレス障害(PTSD)を抱える被災者の診療活動を約1週間交代で行っている。
 3月16日から第1班として派遣された県立高松病院の精神保健福祉士、石井了恵さんは「地域の復旧の度合いによって住民の感情の高ぶりも異なる」と報告。現地で復旧作業にあたる自治体職員や医療関係者の抱える精神的疲労についても言及し「遺体の土葬担当者などの疲弊はかなりのもの。支援者のフォローも大きな課題だ」とした。
 3月31日から第4班として派遣された松原病院の精神科医、中本理和さんは、時間の経過につれ、避難所を離れて自宅や親類宅へ戻る被災者が増えていることを報告。「今後は訪問先を自宅などに変えることも必要。心の問題は自覚しにくいため、問題を抱える人をいかに掘り出せるかが課題だ」と話した。」(全文)


 
>TOP

◆東日本大震災:岩手で「心のケア」 県、医師ら2カ月半派遣 /高知
(毎日新聞 2011年4月15日 地方版)
http://mainichi.jp/area/kochi/news/20110415ddlk39040488000c.html
「東日本大震災の被災者を精神医療面で支援する県の「心のケアチーム」が、17日から岩手県山田町に派遣される。7月1日までの2カ月半、災害によるストレスで精神的な問題を抱える被災住民の対応などにあたる。
 県によると、同町では13日現在、死傷者533人、行方不明者378人が確認され、約3500人が町内33カ所で避難している。
 精神科医1人▽保健師・臨床心理士ら専門職2人▽事務職員1人の計4人でチームを組み、5〜7日間派遣。2カ月半で計17チーム(60人)を送り込む。医師や専門職は、公立病院や民間の精神科病院などから参加する。
 支援内容は、不眠などPTSD(心的外傷後ストレス障害)の症状が出た人を対象とした心のケアや、被災した精神障害や精神疾患のある人らへの対応など。
 同課は「大切な方を亡くされるなどして心の傷を負っている被災者らのため、少しでも役に立てたら」と話している。【千脇康平】」(全文)


 
>TOP

◆東日本大震災:老人ホームや身障者施設、募金集め被災地へ−−行橋 /福岡
(毎日新聞 2011年4月15日 地方版)
http://mainichi.jp/area/fukuoka/news/20110415ddlk40040501000c.html
「行橋市行事の有料老人ホーム、アバンを運営するケアウェル(豊瀬尉社長)は募金箱を施設内に置き、被災者支援を呼びかけた。1号館(入所者50人)と2号館(同98人)で合わせて約40万円が集まり、毎日新聞西部社会事業団などを通じて被災地に送る。
 入所者の家族や職員約80人も協力しており、1号館の豊瀬敦館長(37)は「被災地で高齢者施設も被害を受けている。施設復旧につなげてほしい」と語った。
 また、みやこ町節丸の身体障害者療護施設「錦陵の苑」(同51人)を運営する社会福祉法人「豊津福祉会」(安方哲也理事長)と自治会も募金で約70万円を集めており、近く被災地に送るという。池上正二副施設長(60)は「被災した障害者に役立ててもらいたい」と話した。【降旗英峰】
〔京築版〕」(全文)


 
>TOP

◆あれから…:東日本大震災から1カ月/4 福島からの避難者、妊婦 /栃木
(毎日新聞 2011年4月15日 地方版)
http://mainichi.jp/area/tochigi/news/20110415ddlk09040143000c.html
「◇住宅、産科確保したが…先見えず不安募る
 福島県から多くの避難住民を受け入れている栃木県。今月下旬、県営住宅など2次避難所への移転が始まる予定だが、現状では家財道具は自己負担。収入の見通しもなく、生活用品もそろえられない避難者も多いことが予想される。妊娠中のため、一足先に宇都宮市の県営住宅に入居した熊谷雄次さん(26)早也佳さん、(24)夫婦も、何もない部屋で宙に浮いたような暮らしを続けている。
 夫婦は福島第1原発1〜4号機のある福島県大熊町から避難し、妊婦専用として県があっせんした県営住宅で1日から暮らしている。早也佳さんは妊娠10カ月。一応は落ち着いたものの、身寄りのない栃木での生活をどう組み立てていいのか戸惑っている。  夫婦の家は震災で壁がひび割れ。直後は家族や親類たちと町内の中学校の体育館に身を寄せた。その後、原発事故が発生。最低限の衣類だけを持ち出して、家族らと車であてなく避難を始めた。約1週間は避難所を転々としたが、雑魚寝を続けるのは早也佳さんには負担が大き過ぎる。家族と離れ、夫婦2人だけで18日からしばらくは都内の親類宅に間借りし、住む場所を探した。
 都営住宅600戸を利用し避難者を受け入れていると聞きつけ応募した。高齢者や障害者、乳幼児とともに妊婦も優先対象となっていたはずだったが、抽選に漏れた。そこで見つけたのが栃木県の妊婦専用住宅だった。
 県と産婦人科医会から、見知らぬ土地で産婦人科を紹介してもらえ「助かった」と2人は話す。通常は妊娠初期のうちに予約が必要な産科が多い。臨月のおなかを抱えてあちこち病院を探すことは難しい。
 ただ、県から提供されたのは布団とガスコンロ、照明、ベビーベッドだけ。カーテンもなく、底冷えのする部屋には暖房器具もなかったが、2人の勤務先も避難指示地区内にあり、いつ再び収入が得られるか分からない。避難指示が解除されればすぐにでも古里に帰りたい気持ちも強かった。取り急ぎ、テーブルとテレビ、じゅうたんを買ったが「買えばますます戻れなくなる」と感じている。
 県からは担当者が定期的に通ってケアに努め、相談にも応じる。しかしそれでも、「先が見えないのが不安。知らない土地で産むのも不安。何もかも不安だらけ」と早也佳さん。2人の生活の展望は見えないままだ。【泉谷由梨子】」(全文)


 
>TOP

◆東日本大震災:一時提供住宅、あすから入居−−いわき市 /福島
(毎日新聞 2011年4月15日 地方版)
http://mainichi.jp/area/fukushima/news/20110415ddlk07040222000c.html
「いわき市は14日、東日本大震災の被災者向け一時提供住宅の入居を16日に始めると発表した。市が用意する雇用促進住宅と県が用意する民間借り上げ住宅で計2300戸の需要を見込んでいたが、8日に締め切った申し込みは2681件に上った。
 申し込みは市民が2044件、市外からの避難者が637件。高齢者や障害者がいる世帯を優先して順次入居を進める。申し込みがあった分だけ住宅を準備するが、辞退者もあるとみられる。今月中には入居を完了させる方針。
 入居者には市が物資を提供するほか、日本赤十字社から洗濯機などの「生活家電セット」が寄贈される。【和泉清充】」(全文)


 
>TOP

◆東日本大震災:岩手沿岸 被災地を取材して 聞いた言葉、受け止めたい=久野華代
(毎日新聞 2011年4月15日 地方版)
http://mainichi.jp/hokkaido/shakai/news/20110415ddlk01040094000c.html
「増え続ける死者や行方不明者の数に、足がすくんでいた。街が津波に押し流されたせいで、小高い山にはり付いた墓地ばかりが、やたらと目に付いた。
 岩手県沿岸部の取材に入って2日目の3月29日。釜石市の小学校の卒業式で50代くらいの男の先生が涙をぬぐっていた。親戚7人を津波で亡くしたという。それ以上、先生からどんな言葉を引き出せば記事が書けるのか分からなかった。
 「被災者の悲しみを伝える記事が書けないなら、一体私は何をしにここへ来たんだろうか」と思い、体調もおかしくなって寝込んでしまった。情けなかった。「現場を見たい」なんて無邪気にこの仕事を選んだ自分が恥ずかしかった。
 目がさえて眠れない夜。北海道でこれまで取材した人たちを思い出した。事件や事故で家族が犠牲になった人、自分の健康や財産を奪われた人−−。思い出すのもつらい出来事でも、一生懸命に言葉にしてくれた。そうした人たちの心の強さに支えられて、私は記事を書かせてもらってきた。だから、ここでも被害の大きさにとらわれず、一人一人で異なる体験や思いをちゃんと聞かせてもらうしかないと思った。また取材に向かった。
 陸前高田市で会った近江ひろみさんは、勤務先の知的障害者授産施設「あすなろホーム」で避難生活を送っていた。自宅は全壊し、夫と義理の母の行方が分からない。ともに避難生活を送る次男(21)はダウン症の障害がある。
 「遺体安置所を回ったけど、見つけてあげられなかった。『見つかりましたか』と尋ねられるのがつらい」。ひろみさんは、捜しきれないことの罪の意識に苦しんでいた。
 県外にいる長男と長女は、一緒に住まないかと誘ってくれた。だが次男は、隣の大船渡市にある通所施設を気に入っているので、この土地で暮らしたい。幸い、自分の職場も4月4日から再開した。忙しい日常は戻りつつある。
 だが、先を考えれば考えるほど、光より闇の色が濃くなる。見つからない家族のことも、なくなった自宅の思い出も、いまは心の奥にしまっている。でも「仮設住宅に入れたとして、一息ついた瞬間に、つらい気持ちに襲われるんじゃないか」。被災者が取り戻しつつある「日常」とは、それほどはかない。同時に、だからこそ貴いものだと感じる。
 新聞は事件や事故の重大性を記事の大きさで表現する。いま、大震災以外の出来事が、小さく感じられるかもしれない。この大震災だって、時間がたてばどうなるかわからない。でも、一人一人の体験の重さは、そんなものとは無関係だ。私は被害者や被災者の声に耳を傾け、その言葉を受け止め続けていきたいと思う。(北海道報道部)」(全文)


 
>TOP

◆被災地の医療再建へ
(しんぶん赤旗 2011年4月15日)
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2011-04-15/2011041514_01_1.html
「保団連が緊急意見交換会
 全国保険医団体連合会(住江憲勇会長)は14日、国会内で「東日本大震災と地域医療の復興」をテーマに緊急意見交換会を開きました。日本共産党の高橋ちづ子衆院議員、田村智子参院議員をはじめ各党の国会議員、秘書らが出席しました。
 あいさつに立った住江会長は「避難所などでの生活の改善はいまなお遅々として進まず、人災の域に達している」と指摘。喫緊の課題として▽仮設住宅の建設をはじめ早急な生活改善▽仮設住宅や避難所の周辺での仮設診療所の設置を公的助成でしっかり行うこと▽避難所にこれない障害者や要介護者への訪問診療、介護について手だてをとること―など5点を提起しました。
 宮城県松島町にある診療所が浸水し、避難所などで診療にあたっている県保険医協会の井上博之副理事長(歯科医)が被災地の現状を報告しました。
 各地に支援に入った医師や歯科医師、国会議員らも、避難所の衛生状態や食事の内容の問題点、血圧が異常に高い高齢者が増えているなど、現状やとりくみの課題、国が果たすべき役割などについて話しました。
 保団連は同日付で菅首相、細川厚労相、国会議員あてに「東日本大震災における被災者医療と医療提供体制確保に関する要請」を提出しました。」(全文)


 
>TOP

◆希望新聞:東日本大震災 ミニニュース 車椅子や義肢を修理
(毎日新聞 2011年4月15日 東京朝刊)
http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110415ddm035040058000c.html
「「日本義肢協会」(東京都文京区)など福祉用具の関係5団体は「障害者等福祉用具支援本部」を設置した。被災者の車椅子や義肢などの簡単な修理、新調が必要な場合などの申請手続きを支援する。避難所などにスタッフが出張する。
 問い合わせは各県の本部へ。
 <岩手県>
 義肢・装具担当=平賀義肢製作所 電話0198・23・4091、その他の福祉用具担当=サンメディカル 電話019・614・2131、ケアテック 電話019・654・3638
 <宮城県>
 義肢・装具=東北厚生興業 電話022・302・2421、その他の福祉用具=ジェー・シー・アイ 電話022・344・3222
 <福島県>
 義肢・装具=東北補装具製作所 電話024・546・1467、その他の福祉用具=ファミリーケア 電話024・534・8858
 全国本部は社団法人日本義肢協会内 電話03・3811・0697」(全文)


 
>TOP

◆東日本大震災:社福法人に1350万、補助金支払いへ−−岩手県
(毎日新聞 2011年4月15日 東京朝刊)
http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110415ddm041040113000c.html
「岩手県陸前高田市の社会福祉法人「愛育会」の知的障害者ケアホームが津波で流され、県が補助金の支払いを見合わせていた問題で、県は13日、国と県の補助金計1350万円を全額支払うことを決めた。
 愛育会によると、14日に県の担当者が「建物が流失した状態でも書類などで施設の完成を確認できるか国に照会していたが、13日に了解を得られた」と説明。今月中にも全額を支払うという。【蒔田備憲】」(全文)


 
>TOP

◆被災地支援、光のNPO奮闘
(読売新聞 2011年4月15日)
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/yamaguchi/news/20110414-OYT8T01044.htm
「東日本大震災の発生直後、いち早く救援物資の募集を始めるなど、被災地支援に奮闘しているNPO法人がある。訪問介護などを行っている光市の「優喜会」で、発生10日後には避難所に物資を届けた。「できることは何でもしたい」。会は第2弾として、避難所の高齢者や障害者のための介護ボランティア派遣を決めた。(緒方裕明)
 震災直後、優喜会の冨田勝久理事長(37)は新聞やテレビで被災した高齢者らの姿を見て、一日でも早く救援物資を届けようと思い立ち、発生2日後の3月13日から物資を募集。市民らから水やインスタント食品、お年寄り用のおむつなどが次々と寄せられた。
 県や市がようやく救援物資の募集を始めた数日後の同21日には、レンタルした2トントラック2台に物資を積み込み被災地へ出発。冨田理事長らメンバー数人が片道約1400キロ、約23時間を運転して宮城県石巻市で避難所となっていた福祉施設に運び届けた。
 理事長らが避難所で目の当たりにしたのは、明らかに介護が必要と思われる高齢者や障害者らが自力で生活を続けている姿だった。
 光市に戻った優喜会メンバーらは物資提供に続く支援策として、介護のノウハウを持つ会のスタッフを派遣して通院や買い物の際の移動を中心に介護支援を行うことを決めた。現在、スタッフに同行する一般ボランティアを募集するなど準備を進めている。
 現地までの交通費は優喜会が負担し、食糧や日用品などは各自で準備する。申し込みは、電子メール(yu‐kikai@cameo.plala.or.jp)か、ファクス(0833・76・0551)で。
 冨田理事長は「これからは、物より人手が必要な時期。避難所側の受け入れ準備が整えばすぐに派遣できるよう態勢を整えたい」と話している。」(全文)


 
>TOP

◆原発30キロ圏、精神医療に危機
(読売新聞 2011年4月14日)
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=39534
「薬入手困難 外来ボランティア頼み
 福島第一原発の事故で、避難対象となった区域を抱える福島県沿岸部一帯の精神科医療が崩壊の危機にある。国の避難指示に伴う病院閉鎖で、入院できる精神科病床はゼロ。外来診療は各地のボランティア医師らが臨時の精神科を開くなどしてしのぎ、綱渡り状態が続いている。
 原発から20キロ・メートル圏内で避難指示が出た区域や、屋内退避とされた20〜30キロ・メートル圏を含む相双地区では事故後、南相馬市と双葉町で、精神科病院と精神科のある一般病院4施設が閉鎖した。入院患者は各地に転院したが、通院していた患者は治療から取り残された。
 統合失調症など精神疾患の患者は、継続的な投薬が必要な人が多いうえ、診療を受けられない不安感から症状が悪化する場合もある。しかし、病院閉鎖とともに近辺の調剤薬局も閉まって一時は薬を手に入れることも難しくなった。
 南相馬市の北側に接する相馬市では、精神障害者の自立を支援しているNPO法人「ひまわりの家」で、利用者の多くが、薬がなくなって不安定な状態に。同法人は、医療関係者に働きかけるなどし、何とか開けてもらった薬局に薬の調達を依頼。それでも、患者のもとに薬が届くまで、当初は3日もかかった。
 3月29日になってようやく、相馬市の公立相馬総合病院に臨時の精神科外来が開設された。福島市や東京などから来たボランティアの医師10人ほどが交代で診療に当たる。ただ、5月以降も継続できるかは未定。閉鎖している病院が再開するめどもたっていない。
 同法人創設者の村松恵美子さん(61)は「臨時的な対応だけでは、いずれまた患者が取り残されかねない。地域の精神医療の立て直しを急いでほしい」と呼びかけている。」(全文)


 
>TOP

◆東日本大震災:社福法人に1350万円支払い 岩手県と国
(毎日新聞 2011年4月14日)
http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110415k0000m040069000c.html
「岩手県陸前高田市の社会福祉法人「愛育会」の知的障害者ケアホームが津波で流され、県が補助金の支払いを見合わせていた問題で、県は13日、国と県の補助金計1350万円を全額支払うことを決めた。
 愛育会によると、14日に県の担当者が「建物が流失した状態でも書類などで施設の完成を確認できるか国に照会していたが、13日に了解を得られた」と説明。今月中にも全額を支払うという。【蒔田備憲】」(全文)


 
>TOP

◆東日本大震災:少しでも役に… 尼崎の障害者団体、17日から街頭募金 /兵庫
(毎日新聞 2011年04月14日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110414-00000245-mailo-l28
「尼崎市内にある11の障害者団体からなる「市内障害者関連団体連絡会」が17日から、東日本大震災で被災した障害者のため、街頭募金を行う。同連絡会の広瀬徹さん(66)は「トイレや移動手段が限られ、ストレスを抱えている障害者が多いはず。一刻も早く、障害者の元に募金を届けたい」と話す。
 同連絡会によると、停電の影響で人工呼吸器が使えず、命の危険にさらされている筋ジストロフィー患者がいたり、たんを吸引する機器などが行き届いていないなど、被災地の障害者が置かれた状況は深刻だという。
 広瀬さんは阪神大震災の時、避難所を回りポータブルトイレを配布したり、情報を伝えるボランティアを行った。避難所で障害者は、トイレに行きやすいように寒い入り口付近に座っていたり、視覚・聴覚障害者が配給の情報が得られず食料に困っていた光景を目にした。「今回も同じことが起こっているのではないか。少しでも役に立ちたい」とも語っている。
 募金の日程は、17日午前10時=阪急塚口駅南側▽18日午前10時半=阪急園田駅▽19日午前10時40分=阪急武庫之荘駅▽24日午前10時=阪神尼崎駅北側。同連絡会(090・4306・5522)。【大沢瑞季】〔阪神版〕」(全文)


 
>TOP

◆希望新聞:東日本大震災 遠くの被災地より NPO福祉ネット星が丘、徳岡八重子さん
(毎日新聞 2011年04月14日 東京朝刊)
http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110414ddm035040195000c.html
「◇住民に寄り添った支援を−−NPO福祉ネット星が丘ホーム施設長・徳岡八重子さん(59)=神戸市垂水区
 痛感したのは、被災者が避難所から仮設住宅へ、次に災害復興住宅へ移るたびにコミュニティーが壊されるということでした。住宅の抽選に当たった人、外れた人の悲喜こもごもが被災者の心を傷つけました。
 そして分断されたコミュニティーに残されたのは、独居の高齢者たちです。私たちのサービスの利用者でも孤独死がありました。
 「高齢者や障害者が助け合い、安心して暮らせる場が必要」と考えた結果、少人数で共同生活する現在の施設を、民家を改装して設立しました。
 東日本大震災でも避難所にいる皆さんの中には今後、仮設住宅や復興住宅に移る人もいるでしょう。行政は阪神大震災の教訓を生かし、避難所単位で移住できるようにすべきです。孤独死などの悲劇を繰り返さないために、住民に寄り添った支援を行政に望みます。
 被災者の方々は、今は将来のことを考えられないと思います。でも「この街が好きだ」という思いだけは持ち続けてほしい。でないと、新しいまちづくりはできません。みんなが幸せに暮らすにはどうすればいいかを考え、声を上げてください。復興後の神戸でも、そうした地域は住民自治が機能しています。【聞き手・内田幸一】」(全文)


 
>TOP

◆東日本大震災:被災障害者の自己負担免除
(毎日新聞 2011年4月14日 東京朝刊)
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20110414ddm002040062000c.html
「東日本大震災で被災した障害者施設や知的障害児施設の入所者や通所者について、厚生労働省は13日、障害者自立支援法に基づく利用者負担額を全額免除し、食費や光熱費も減免することを決めた。
 対象になるのは、地震や津波のため、家計を支える家族が死亡・行方不明になったり、負傷した人や、自宅が全半壊した人など。同省によると、同法に基づく利用者負担の1カ月の平均額は約5000円。【野倉恵】」(全文)


 
>TOP

◆支援の輪
(asahi.com 2011年04月13日 マイタウン愛媛)
http://mytown.asahi.com/ehime/news.php?k_id=39000001104130001
「◇募る
 ◇県社協がボランティア募集 県社会福祉協議会は5月末まで、災害ボランティアの登録を受け付ける。登録すると、県社協が職員を派遣している宮城県女川町のほか、石巻市、東松島市などからのボランティア募集情報が、県社協から電子メールで届く。希望者は県社協地域福祉班まで、ファクス(089・921・5289) か電子メール(chiiki@ehime−shakyo.or.jp) で申し込む。
 ◇日本ALS協会県支部が経腸栄養剤の提供呼びかけ 筋萎縮性側索硬化症(ALS) の患者と家族らでつくる日本ALS協会県支部(中谷祐子支部長) が、経腸栄養剤「エンシュアリキッド」 の提供を呼びかけている。
  日本ALS協会(東京都千代田区) が、東北大学大学院医学系研究科の青木正志教授から提供依頼を受けた。同協会によると、宮城県石巻市内の病院で不足しているという。同協会の担当者は「神経難病の患者だけでなく、口からごはんを食べられない高齢者にとっても必要。備蓄している人はぜひ提供して欲しい」 と話している。
  提供できる人は、松山市太山寺町2384番地市営太山寺団地3の10の中谷支部長(電話090・6880・9041、ファクス089・979・6506) まで。 」(全文)


 
>TOP

◆高齢・障害者施設ごと受け入れ、原発事故避難指示地域拡大視野に計画/横浜市
(カナコロ 2011年04月13日)
http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1104130056/
「福島第1原発事故に伴う避難指示地域の拡大を視野に入れ、横浜市は13日、高齢者、障害者施設の入所者を職員も含め施設ごと受け入れる態勢を整えたと発表した。福島県災害対策本部に連絡しており、要請があれば1、2週間で車椅子など必要な機材などを備え、年内をめどに受け入れる。
 横浜市内の老人福祉センターなどで施設ごとに50人程度を受け入れる。現段階で特別養護老人ホームや介護老人保健施設も含め、120施設約500人の受け入れが可能という。また、市野島青少年研修センターでは、施設に入所している知的障害者100人程度を受け入れる。
 同行する職員だけでは対応できない場合、市は市内施設の職員らを受け入れ施設に派遣する方針。」(全文)


 
>TOP

◆救おう被災聴覚障害者 県ろうあ協会などが支援団体
(岩手日報 2011年04月13日)
http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20110413_17
「県ろうあ協会など県内8団体はこのほど、「東日本大震災聴覚障がい者支援岩手本部」を立ち上げ、被災地の聴覚障害者の心のケアに本格的に乗り出した。構成団体に所属する聴覚障害者らが被災地を訪れ、補聴器などの物資の支援はもちろん、当事者同士だからこそ分かる悩みや不安について話を聞いて回る。
 同本部は3日、盛岡市盛岡駅西通1丁目のいわて県民情報交流センター(アイーナ)内の県立視聴覚障がい者情報センターに設置。同協会のほか、岩手盲ろう者友の会、県中途失聴・難聴者協会などで構成し、情報交換しながら被災した聴覚障害者の支援に当たる。
 「重要なのは心のケア。表情や細かな体の動きなど、聴覚障害者同士だからこそ分かることがあるんです」。同本部の代表を務める県ろうあ協会の高橋幸子会長は説明する。
 高橋会長らは3月27日、物資を携え5チームに分かれて沿岸被災地を訪問。被災地ではテレビがなかなか見られず、視覚による情報を知りたいなどストレスを抱えている人もいるという。
 ある避難所では、担当の県職員が筆談で対応しても、パニック状態が収まらない人がいた。そこに聴覚障害のある支援者が行って話を聞いたところ、気持ちが落ち着き、笑顔まで見られるようになった。
 高橋会長は「聴覚障害者には、同じ立場の人が行って対応するのが一番いい。何度も足を運び、継続してその人にあった支援を進めていきたい」と話している。」(全文)


 
>TOP

◆千歳いずみ学園の開発さん 被災地の障害者支援であす岩手へ出発
(苫小牧民報 2011年04月13日)
http://www.tomamin.co.jp/2011c/c11041304.html
「岩手県山田町で被災した障害者支援施設はまなす学園の利用者らの生活支援のため、9日から道内の福祉施設職員ら24人が順次、現地に派遣されている。千歳市内からは千歳いずみ学園の開発勲さん(34)が14日に出発し、19日まで支援活動をする。
 岩手県の依頼を受けた道が、道内各施設に協力を求めて行っている。10〜29日に看護師1人を含めた6人ずつ4班が交代で支援する。開発さんは第2班。現地では15〜19日の5日間支援活動に当たる。
 はまなす学園は津波で施設を流失。利用者約50人と職員約30人は、他の被災者と同じく県立陸中海岸青少年の家に避難したが、障害者区分5と重度の知的障害を持った人が多く「嘔吐(おうと)などもひどく、職員は48時間交代で対応している状況と聞いている」。11日からは他の被災者と分かれ、旧ホテル陸中海岸に落ち着いた。支援物資は徐々に充実してきているという。
 自らも被災しながら不眠不休で働く職員を支援するための派遣。15年以上の経験を持つ開発さんは「生活環境が少し変わっただけで調子が悪くなる場合もあり、今回の利用者のプレッシャーは想像もつかない」と言い、現地職員の説明を受けながら、できる限りの手伝いをしていきたい」と話している。」(全文)


 
>TOP

◆避難所出ても生活費不安 雇用促進住宅や仮設入居者
(岩手日報 2011年04月13日)
http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20110413_12
「東日本大震災発生から1カ月が経過し、県内では避難所から雇用促進住宅や市営住宅、仮設住宅などに移る人が出始めている。プライバシーが確保された生活を喜ぶ人が多い一方、生活用品の購入、光熱費や食費など金銭面の負担や生活再建への不安は根強い。災害救助法では仮設住宅の入居者への食料配給などは対象外になっているが、市町村もどこまで支援すべきか頭を悩ませている。
 大船渡市は仮設住宅2200戸以上を県に要望し、市営住宅8戸と雇用促進住宅123戸などを提供。避難所から移った住民の多くは「生活のペースを取り戻せた」と喜ぶ。
 だが、生活用品や食料品などは自ら購入する必要がある。雇用促進住宅の菅原清さん(52)=同市末崎町=は「家電を全部そろえるのは家計的に厳しい。生活の見通しは立っていない」と危機感を抱く。
 同市赤崎町の赤崎漁村センターで避難生活を送る鈴木由香里さん(34)は「子どもが4人いて仮設住宅に移りたいが、生活費の捻出や学校はどうするかなど心配事は尽きない」と話す。
 同市都市計画課の鈴木康司建築住宅係長は「アンケートなどで不都合な点を改善していく。通常の生活を取り戻せるよう万全を尽くす」としている。
 宮古市では、高齢者や障害者を含む世帯などに市営住宅11戸、雇用促進住宅59戸の計70戸を用意。雇用促進住宅への入居が決まった化粧坂昭三さん(72)、糸子さん(65)夫婦は安堵あんどする一方、「先の不安は大きい。何をするにも現金が必要。当面は、電気代や水道代だけでも免除してほしい」と訴える。
 市も入居者にどこまで支援すべきか頭を悩ます。市都市整備部の久保田愛一郎部長は「入居しても避難者に変わりなく、負担は極力軽減しなければいけない。当面1カ月は食料や水をできる限り無料で配りたい」と話す。
 県によると、災害救助法では仮設住宅などへの入居で被災者の救助を終えることになるため、食料などは入居者が確保しなければならないという。県内で整備する仮設住宅約1万8千戸と雇用促進住宅などを合わせて約2万戸には、日本赤十字社から家電製品が贈られる予定。
 仮設住宅の入居を開始した陸前高田市は、全36戸(104人分)に1日3食を配給。熊谷正文市財政課長は「現状を見ると当面は食料配給を継続する必要がある」と話し、しばらくは実情に合わせた対応になりそうだ。」(全文)


 
>TOP

◆しらかば帳:原発事故 /長野
(毎日新聞 2011年04月13日 地方版)
http://mainichi.jp/area/nagano/news/20110413ddlk20070039000c.html
「M9の大地震と大津波による東日本大震災から1カ月が過ぎた。映像や新聞が伝える被災の様子や、深刻な福島第1原発事故……。一生涯にも経験しないような災厄を、一瞬のうちに背負った人々を思うと、心がざわついて仕方がない。
 先月21日、福島県相馬市の障害者支援施設から、小諸市の施設「やまびこ園」に集団で避難入所した重度身体障害の半杭智正さん(59)を先日、見舞った。「私たちは介護が必要。早く受け入れ先が見つかり幸運だった」と表情は明るかった。
 一方で、原発で作業している東電社員や関連会社の作業員の健康被害を気にかける。半杭さんは、友人の下請け作業員から「常に被ばくは覚悟。命を削る作業で、長生きはできない」と聞いていた。年間の被ばく量を数日間で浴び、交代要員も少ない状態での不安、恐怖を思いやる。
 事故の評価はチェルノブイリと同じ最悪のレベル7に変わった。一日も早い収束を願うのみだ。【藤澤正和】」(全文)


 
>TOP

◆障害児預かり生活支援 NPO、震災間もなくサービス再開
(河北新報 2011年04月13日)
http://www.kahoku.co.jp/news/2011/04/20110413t13044.htm
「仙台市宮城野区のNPO法人コスモスクラブは東日本大震災後、被災した障害のある子どもたちを積極的に受け入れ、家庭の生活再建を後押しした。子どもを預けている間に家の片付けや買い物ができるため、保護者から好評を博した。
 コスモスクラブは市鶴谷小の敷地内にあり、障害児を対象に放課後のケアや、長期休暇中の日中の預かりサービスを行ってきた。3月11日の地震で電気やガス、水道がストップし、当面は受け入れを中止する方針だったという。
 佐藤智香子理事長(59)は15日、利用者の親子が鶴谷小の校庭に止めた車で寝泊まりしていることを知る。狭い車内での生活でストレスがたまることを心配した佐藤さんは施設を開放し、親子に2泊してもらった。
 同時に「家の片付けや買い物ができず、困っている親子は多いはず」と考え、3月17日から4月8日まで、午前中から子どもたちを受け入れた。予想通り利用を希望する人は多く、10人前後がクラブに通ったという。
 小学5年の長男(10)が利用する泉区のパート従業員女性(36)は「外出もままならなかったが、クラブの再開で家の片付けや買い物が安心してできた。とても助かった」と振り返った。
 佐藤理事長は「地震で学校が休みとなり、子どものケアで困った保護者が多かった。少しでも役に立ててうれしい」と話している。(末永智弘)」(全文)


 
>TOP

◆「役に立ててよかった」 県一般ボランティアが報告 福井
(産経新聞 2011年04月13日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110413-00000034-san-l18
「県の災害派遣ボランティアで初めて被災地に派遣された一般ボランティア6人が12日帰省した。同行した県職員が、同日県庁で開かれた震災対策・支援本部連絡会議で活動報告した。
 6人は8日から、医療福祉ボランティアとともに派遣され、岩手県陸前高田市を中心に活動。主に支援物資の仕分けや市立広田小学校の清掃、広田地区の側溝の泥上げ、公衆浴場の設営などに取り組んだ。
 県によると、現地の被災状況について参加者らは「絶句するような現実だった」と話していたという。県で回収したアンケートでは「技術に見合った作業ができた」「少しでも役に立ててよかった」との声がほとんどで、実働日数について「長い」と感じた参加者はいなかったとしている。
 県の派遣ボランティア登録者数は12日現在で1700人以上。県は、順次派遣するが、現地では施設スタッフが被災し、老人ホームや障害者施設などの給食サービスが停止しているといい、県男女参画・県民活動課は「需要は時々で変わるが、今は調理のできる人材が求められている。引き続き、多くの方の協力をお願いしたい」と話していた。」(全文)

 
>TOP

◆手作り品で被災地支援 山科の障害者施設利用者ら
(京都新聞 2011年04月13日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110413-00000011-kyt-l26
「東日本大震災の被災地に義援金を贈ろうと、京都市山科区の知的障害者通所施設「新明塾」の利用者たちが手作りの菓子や食器を販売している。12日にも左京区の商店街の露天市に参加し、青空の下で声を張り上げてお客を呼び込んでいた。
 お金の大切さや販売の楽しさを知ろうと同施設は今年1月から毎月1回、左京区の田中京極商店街の露天市で手作り商品の販売を始めた。
 3回目の市を前に震災が発生し、施設利用者から「自分たちに何かできないか」と声が上がった。当初、同施設は売り上げの一部を寄付することを提案したが、利用者からの強い希望で売り上げの全額と、利用者や施設職員の給与の一部も被災地へ贈ることに決めたという。
 先月(22日)に続き、12日にも市に参加した。利用者13人が作ったパウンドケーキやクッキー、陶器のカップや置物といった商品約100点と募金箱を店頭に並べ、通行人に「みんなで作りました」「お願いします」と声をかけ、笑顔で接客していた。
 谷川史朗施設長(47)は「利用者の頑張っている姿を見てもらい、被災地支援にも協力していただいて、人の輪が広がっていってほしい」と話している。
 次回は5月18日(雨天の場合は23日)に開催する。」(全文)


 
>TOP

◆車から電源、停電乗り切る 釜石の重症心身障害者
(岩手日報 2011年04月13日)
http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20110413_13
「東日本大震災に伴う停電は、在宅の重症心身障害者にとって死活問題。濃密な医療的ケアが必要で、電動医療機器が手放せないからだ。釜石市甲子町の菊池裕子さん(27)は、家族や周囲の懸命の支えで、震災発生から6日間の停電を乗り切り、笑顔を取り戻した。
 裕子さんは施設に入所せず、自宅で父俊二さん(63)、母紀子さん(61)との3人暮らし。電動たん吸引器が欠かせない。
 3月11日の地震発生時、俊二さんは日課の散歩中。家にいた紀子さんは、大きな揺れに驚き体をこわばらせた裕子さんに覆いかぶさり、ぎゅっと抱きしめ続けた。
 同市甲子町地区は内陸で津波被害は免れたものの、停電に。走って帰宅した俊二さんが機転を利かせ、車のシガーソケットから電源を確保し、たん吸引器を作動させた。
 車に残っていたガソリンは半分以下。1日たっても、2日たっても停電は続く。裕子さんが体調を崩しても病院に連れて行くのは難しいため、2人は暗闇の中、付きっきりで裕子さんに寄り添った。
 周囲がそんな日々を支えた。ヘルパーや訪問看護師、主治医は自分の家族らが被災しながらも「裕ちゃん、元気?」と訪問。紫波町に住む親戚はガソリンをかき集めてくれた。
 紀子さんは「重症者は周囲の助けがないと生きていけない。裕子は人に恵まれているとつくづく実感した」と感謝。16日夕方、電気がついた時は「思わず拍手しました」。
 4月7日深夜にまた激しい余震。泣き出した裕子さんだったが、両親が寄り添って落ち着きを取り戻し、8日夜まで続いた停電も乗り切った。
 県重症心身障害児(者)を守る会(平野功会長、会員251人)は震災発生後、同会が把握する陸前高田市から宮古市までの在宅重症者25人の安否確認を進め、全員の無事を確認した。
 持ち前の無垢(むく)な笑みを広げる裕子さん。その手を握りしめ、紀子さんは「お世話になっている多くの方々が被災し心が痛む。いつの日か被災地に日常生活が戻り、笑顔が戻ってほしい」と願う。」(全文)


 
>TOP

◆登別の月とらいおんが宮城の福祉会の商品販売を手助け
(室蘭民報 2011年04月13日)
http://www.muromin.mnw.jp/murominn-web/back/2011/04/13/20110413m_05.html
「東日本大震災で被災した施設を支援しようと、障害者就労継続支援施設「月とらいおん」(登別市幸町、辻勲施設長)は、宮城県柴田町の社会福祉法人「はらから福祉会」(武田元理事長)が扱う商品の販売を始めた。「登別から応援したい」と力を込めている。
 「はらから福祉会」は宮城県を中心に授産施設(障害者就労支援施設)とグループホームを運営している。震災で水道や電気などライフラインが寸断された。月とらいおんは取引のある同会を「助けたい」と商品を販売することにした。
 2種類の食べる辣油(らーゆ)と3種類の油揚げ。食べる辣油は「ずんだ豆入り」と「こあみ入り」で1個250円。油揚げは「味噌(みそ)漬け」と「辛味噌」が1枚130円、「味付けいなり」は10枚入り180円。売上金の全額を同会の支援に充てる計画だ。
 月とらいおんも震災で豆乳の仕入れができず、一時スイーツなど主力商品の販売を中止する影響を受けたが、今月から人気の5種類の豆腐商品やプリン、シフォンケーキなどの再販売をスタート。16日午後2時半〜同4時には富士町の市民会館で豆腐やスイーツを販売する。
辻施設長は宮城県の同会に対し「できることは積極的にお手伝いしたい」と話している。
同会の商品は幸町の同施設のほか、幌別町の地域食堂・ゆめみーるでも扱っている。
問い合わせは同施設(電話0143・88局1374番)へ。
(粟田純樹)」(全文)


 
>TOP

◆「在宅被災者」の孤立深まる 高齢・障害者に支援急いで 茨城・神栖 6700戸断水
(しんぶん赤旗 2011年04月13日)
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2011-04-13/2011041314_01_1.html
「約6700戸の断水が続く茨城県神栖(かみす)市。東日本大震災の影響でトイレや風呂を使えない不自由な生活を強いられるなか、高齢者や障害者が孤立を深めています。姿の見えにくい「在宅被災者」への支援が急がれます。
 市営住宅で暮らす男性(80)は、両膝に障害のある妻(71)と老老介護の2人世帯です。
 台車代わりに妻の車いすにポリ容器を乗せて、給水所を往復します。男性も13年前に心臓手術をして身体障害3級です。この1週間、「疲れた。きつい」と口にする機会が増えました。
 妻は「市は障害者が入居していると知りながら、なぜ『大丈夫か』と様子を見に来ないのか。夫が倒れたら2人で死ぬしかない」と訴えます。
 断水の復旧率は76・7%。市の飲料水の2分の1をまかなう鰐川浄水場が地震による液状化で損壊し、仮設管での復旧は4月下旬までかかる見通しです。また2000戸以上で下水道の使用を制限しています。
 市内で高齢者だけの家庭は約2300世帯(うち独居は約1200世帯)なのに対し、高齢者宅への飲料水の配達はボランティアが行う1日10件前後にとどまります。市は「独居高齢者への民生委員の訪問を強めているが、困窮の実態を把握できていない部分はある」(長寿介護課)と説明します。
 「ちょっとそこまで行くのにつかまらせて」と玄関先から声をかけてきたのは、独り暮らしの足が不自由な女性(70)。買い物に行こうと呼んだタクシーのドアまで3メートル。周囲に付き添う人は見当たりません。
 震災後は上下水道が使えないので自炊ができず、女性は市外の親戚が届けるスーパーのお弁当と飲料水で命をつないできました。しかし、それも最近は途絶えがちです。洗濯できないため、食べこぼしのあとがついた服を仕方なく着ています。
疲れた様子で女性が言います。「誰かが避難所の食事を持ってきてくれたら、みんな助かるんだけど」 (本田祐典)」(全文)


 
>TOP

◆支援情報Q&A〈25〉里親 自閉症
(読売新聞 2011年04月13日)
http://www.yomiuri.co.jp/osaka/feature/kansai1300412497075_02/news/20110413-OYT8T00116.htm?from=yoltop
「◇里親になりたい
 Q 両親を亡くした子供の力になりたいです。どうすれば里親になれますか。
 A 全国里親会(東京)によると、養子縁組を前提としない「養育里親」になるには、まず、地元の児童相談所に登録される必要があります。研修の後、自治体の調査を受けます。熱意や、経済的に困窮していないか、などの確認をして、半年ほどかけて里親の認定を受けます。
 東日本大震災の発生後、同会は、約1700世帯の里親が、親を失った子供を受け入れ可能であることを表明しています。ただ、「今回はほとんどの場合、親族や近隣の里親が受け入れ先となるだろう」(清水啓司事務局長)というのが同会の見通しです。その上で「当会など、被災地の子供のために支援金を募っている団体に協力することも、子供の助けになると思います」と、呼びかけておられます。
◇自閉症の人 心配
 Q 被災地では、自閉症の人やご家族がどんな避難生活を送っているのか心配です。
 A 自閉症の人たちは、とっさに人と意思疎通をはかるのが難しく、避難所暮らしをあきらめて、損壊した自宅でご家族と生活するケースもあるようです。
 日本自閉症協会は、災害時に役立つ支援者向けの「自閉症の人たちのための防災ハンドブック」をホームページで公開し、大声を出したり走り回ったりすることがあっても、「わがままではなく障害の特性であることをご理解ください」などと呼びかけています。ご近所に自閉症の方が避難してきた場合には、参考になると思います。
 同協会担当者は「支援者は、自閉症児を育てた経験のある人が好ましい」といいます。ノウハウを持った団体の協力が求められますが、個人でも知識があって長くかかわれる方は、各地の災害ボランティアセンタ」(全文)


 
>TOP

◆家にこもるお年寄りにもお届け 支援メンバー被災地報告
(asahi.com MYTOWN岡山 2011年04月13日)
http://mytown.asahi.com/areanews/okayama/OSK201104120143.html
「水やカップ麺、生活用品など、被災地のために私たちが託した支援物資は、どのように被災者に届いているのか。現地で見届けた支援プロジェクトのメンバーが様子を語った。
 ベネッセホールディングスの福武總一郎会長が呼びかけた「3・11支援プロジェクト@岡山」。岡山市の人材育成塾「岡山政経塾」の塾生が中心となり、カップ麺2千食、みそ90キロ、紙コップ3千個、卵1万5千個などを集めた。
 歯ブラシやおむつ、果物なども積み込んだ10トントラックは、3月29日に岡山市を出発。メンバーは荷物を送り出したあと、電車とレンタカーを乗り継いで被災地に入った。
 仙台では、NPOが連携してつくった「宮城復興支援センター」がアンケート用紙を被災者に配り、回答を元に物資を振り分けていた。
 メンバーの渡辺健太さんが訪ねた内陸部の住宅地には、避難所に行けず、家にこもるお年寄りがたくさんいた。この時期に手に入りにくかった支援物資の卵を届けると、町内会長の男性に「年寄りはスーパーに長時間並べないから、卵は本当に貴重」と喜ばれたという。
 「被災地で必要とされる物資は、流通やライフラインの状況によって刻々と変わると知った」。渡辺さんはそう振り返る。
 メンバーの藤井美子さんは、おむつや卵、歯ブラシを仙台市内の大学に届けた。これもアンケートの回答で要望が多かったもので、ボランティアの大学生たちが次々に届け先に運んでいった。
 「行政が大口で避難所に届ける物資は、自宅を離れにくい高齢者や障害者には届きにくいようで、そこをNPOやボランティアがうまく補っていた。そのノウハウを岡山も学ばなければ」とメンバーの金関圭子さんは話す。
 プロジェクトのトラックは、連携する岡山市の集めた物資も運んだ。市消防局の担当者は「民間には私たちにないノウハウがある。行政と民間が良いところを出し合い、支援に役立てていけたら」という。
 プロジェクトは現地からの新たな要請を受け、今度はたわしやモップなどの清掃用品や、缶切りのいらない缶詰などを募集中。17日まで北区北長瀬表町の岡山ドーム、中区桑野の岡山ふれあいセンターで集め、18日に現地へ送り出す。
 問い合わせは岡山政経塾(086・801・7824)へ。(柏崎歓)」(全文)


 
>TOP

◆災害弱者、避難に不安 個別計画、策定わずか
(asahi.com MYTOWN鳥取 2011年04月13日)
http://mytown.asahi.com/areanews/tottori/OSK201104120149.html
「大災害が起きたとき、高齢者や障害者はすぐに避難することが難しい「災害弱者」になるかもしれない。県内でも各市町村が災害時要援護者の避難対策を進めているが、個人への具体的な支援計画まで策定できている自治体はほとんどない。近隣住民に個人情報を知られたくない要援護者がいることや、高齢化による支援の受け皿不足が課題だ。東日本大震災発生から1カ月が過ぎた。
□個人情報、対策に壁
 災害時要援護者の避難支援対策は各自治体が策定する。対象者の範囲や支援体制を決める「全体計画」と、実際に要援護者一人ひとりについて避難時に必要な人的、物的支援を決める「個別計画」がある。
 個別計画では、地域の民生委員、消防団、自主防災組織、自治会に要援護者の名簿や必要な支援情報を共有してもらい、これらの委員や団員、地域住民が災害時に個々人を担当する支援者になる。
 3月末時点で、個別計画まで策定済みなのは湯梨浜町と鳥取市のみ。鳥取市の場合、支援者まで情報が共有されているのはモデル事業の対象となった地区に限られている。
 計画策定中の自治体は、民生委員や自治会の協力を得て要援護者の情報を集め、必要な支援を検討している。すでに要援護者の情報を把握している自治体も多いが、支援者と情報を共有する段階で苦戦。個人情報を近隣に知られたくないからと、要援護者に断られることもあるという。
 高齢化が進む自治体では、要援護者の増加に支援者数が追いつかないのが現状だ。若桜町の担当者は「仕事がある昼間の人口は高齢者が多く、地域の消防団などだけではまかなえない」。3月末の高齢化率が40.62%だった日野町では、個人での支援が難しく、自治会単位の支援計画を検討している。
 個別計画の策定を終えた湯梨浜町でも、支援者は若者と高齢者の2人体制。担当者は「災害は24時間起こりうる。日中は働きに出ている人が多く、高齢者同士で支援してもらう必要もある」と話している。(西村圭史)
    ◇
 災害時要援護者 高齢者世帯、要介護者、障害者、難病患者、妊婦、5歳未満の乳幼児、日本語に不慣れな外国人といった災害時に1人で避難が難しい住民のこと。このうち、避難対策の対象者の範囲や優先順位は各自治体が決める。政府が2009年度をめどに各市町村で支援の方針を策定するよう呼びかけていた。」(全文)


 
>TOP

◆災害対策 予算組み直し捻出 港区、一部事業を先送り
(東京新聞 2011年04月13日)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyo/20110413/CK2011041302000052.html
「港区は十二日、東日本大震災を受けた新たな災害対策を講じるため、先月の区議会本会議で議決された約千百五十三億円の本年度一般会計予算について、一部事業を先送りするなど組み直し、災害対策費の財源に充てると発表した。
 区は災害緊急対策として、復興支援のほか帰宅困難者対策、高層マンションの防災対策充実、防災対策総合条例の検討など十一項目を打ち出した。しかし、厳しい財政状況を踏まえ、基金取り崩しはせず、事業の先送りによって財源を捻出する。
 見直すのは施設づくり計画全般。保育園や高齢者施設の建設など、「子育て支援」「高齢者支援」「障害者支援」にかかわるものは、なるべく先送りしないように配慮する。
 災害対策の予算規模については、区は「これから庁内で議論して決める」としている。(中山高志)」(全文)


 
>TOP

◆東日本大震災 成年後見制度、大災害想定せず 現状把握など公的支援を(1/3ページ)
(産経ニュース 2011年04月13日)
http://sankei.jp.msn.com/life/news/110413/trd11041307420010-n1.htm
「東日本大震災で、被災地の弱者保護が大きな課題となっている。判断能力が不十分な認知症の人や障害者などを法律や生活面で見守る「成年後見制度」では、世話をしていた後見人も被災するなどして、制度が利用できなくなった被後見人が多数いるとみられる。専門家は「現状把握を急ぐなど、公的な支援が必要」と指摘する。(草下健夫)

 ◇避難先で離れ離れ
 「『被後見人の安否確認と安全確保を最優先してほしい』と会員に指示している。ただ、避難してどこに行ったか把握できていないといったケースは多いのではないか」
 後見人を引き受ける司法書士らで構成する公益社団法人「成年後見センター・リーガルサポート」の矢頭範之専務理事は、震災の影響の大きさを説明する。
 「預かっていた金融機関の通帳などの書類や記録を含め、事務所ごと津波で流されてしまったケースはどうするか。福島県では、後見人が避難して事務所に戻れないといった状況もあるようだ」」(全文)


 
>TOP

◆東日本大震災 成年後見制度、大災害想定せず 現状把握など公的支援を(2/3ページ)
(産経ニュース 2011年04月13日)
http://sankei.jp.msn.com/life/news/110413/trd11041307420010-n2.htm
「同法人では、複数の後見を引き受けていた岩手県の会員1人が死亡したため、家庭裁判所が後任の後見人を選任することになる。矢頭専務理事は「時間をかけず、応急的にでも速やかに選任してもらえないものか」と憂慮する。最高裁判所の統計によると、平成21年に選任された後見人は、子供や兄弟、配偶者など親族が63・5%に上り、残りは司法書士や弁護士、社会福祉士などだ。
 こうした親族後見人について、矢頭専務理事は「震災で状況がどうなっているか一番心配される。(リーガルサポートや弁護士会のような)組織が情報を持たないため、家庭裁判所が何らかの形で安否確認や、後見人が活動できているかどうかの確認ができないとなると心配だ」と指摘する。
 ◇緊急対応が不可欠
 成年後見制度に詳しい中央大学法学部の新井誠教授も「被災地で亡くなった後見人や被後見人がどれだけいるかなど、まずは現状把握を」と強調する。
 これに対し、最高裁判所は「何事も申し立てが前提となっており、裁判所から積極的に動く制度になっていない。亡くなった原因が震災なのかを把握するすべはない」(広報課)とし、被災地の実態把握はできないとの見解を示す。」(全文)


 
>TOP

◆東日本大震災 成年後見制度、大災害想定せず 現状把握など公的支援を(3/3ページ)
(産経ニュース 2011年04月13日)
http://sankei.jp.msn.com/life/news/110413/trd11041307420010-n3.htm
「こうした見解について、新井教授は「あまりにも官僚的。裁判所が後見人を認容しているのだから、活動できない状況に対して責任があるはずだ」と批判する。そのうえで、「今こそ生活、医療、介護、福祉といった身上監護が大切で、後見人が亡くなった場合、誰かが代わりに速やかなサポートをすることが必要。震災孤児の未成年後見と合わせ、行政に特別チームを作り時限立法などで緊急対応するなど、公的支援が欠かせない」と提言する。  新井教授によると、成年後見制度は今回のような大規模災害を想定していない。この制度がこうした試練にさらされるのは世界的にも初めてで、海外の関係者も注目しているという。

【用語解説】成年後見制度
 判断能力が不十分な人に対し、後見人が財産管理や契約などの法律、生活面を支える制度。後見人は介護サービスの契約を代理したり、悪質商法、振り込め詐欺、親族内の財産トラブルなどから本人を守ったりする。本人または親族、身寄りのない場合は市町村長が、家庭裁判所に「申立」をし、家裁が後見人を選ぶ。通例では、親族が後見人になると無償だが、第三者では費用がかかる。制度のうち、「法定後見」では本人の判断能力の低い順に「後見」「保佐」「補助」の3類型がある。健康なうちに、信頼する後見人と契約しておく「任意後見」もある。」(全文)


 
>TOP

◆被災地の障害者 雇用相談へ窓口
(NHKニュース 2011年04月13日)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110413/t10015274431000.html
「被災地では、仕事をしていた多くの障害者が失業したり、自宅待機を命じられたりしていることから、厚生労働省は、各地の障害者職業センターに専用の相談窓口を設けました。
厚生労働省によりますと、被災地の障害者職業センターには仕事を失ったり、自宅待機を命じられたりして生活への不安を訴える障害者からの相談が、今月に入って50件余り寄せられているということです。このため各地の障害者職業センターは、相談に応じる専用の電話やFAX、それにメールによる相談の窓口を設けました。受付はいずれも平日の午前8時45分から午後5時までで、就職相談や職業訓練などの相談のほか、事業者からの雇用相談も受け付けています。厚生労働省は「事業主は雇用調整助成金を活用するなどして、障害者の雇用を守ってほしい」と呼びかけています。▽岩手県の相談窓口は電話が019−646ー4117、FAXが019−646−6860、メールアドレスがiwate-ctr@jeed.or.jpです。▽宮城県は電話が022−257ー5601、FAXが022−257−5675、メールアドレスがmiyagi-ctr@jeed.or.jpです。▽福島県は電話が024−522ー2230、FAXが024−522−2261、メールアドレスがfukushima-ctr@jeed.or.jpです。」(全文)


 
>TOP

◆高速道路各社、被災者対象に障害者割引の有効期限を延長
(レスポンス 2011年04月13日)
http://response.jp/article/2011/04/13/154767.html
「高速道路各社は、東日本大震災の被災者で「有料道路の障害者割引制度」を受けている人の割引有効期限を延長する特別措置を実施する。
この特別措置は、東日本大震災で被災し、有料道路における障害者割引の有効期限更新手続きができない利用者に対して、申し出により身体障害者手帳・療育手帳に記載の有効期限に関わらず、2011年8月31日までの期間、割引を適用するもの。
対象者は、岩手県、宮城県、福島県、青森県、茨城県、栃木県、千葉県の福祉事務所等から、身体障害者(療育)手帳の交付を受け、東日本大震災以前から有料道路における障害者割引に登録している人。
手帳呈示により障害者割引を利用している人は、手帳呈示の際、料金所係員に東大震災により更新手続きができない旨を申し出ることで適用される。ETCの場合は、有料道路ETC割引登録係に電話で申し込むことが必要となる。
同措置は、割引有効期限を延長するもので、手帳の記載事項(登録車両など)を確認できない場合や、登録車以外の車での利用の場合は対象とならない。また、レンタカー、タクシー、軽トラック、借用自動車、車検時の代車等も対象外となる。《編集部》」(全文)


 
>TOP

◆東日本大震災:津波で補助金停止 陸前高田の障害者施設
(毎日新聞 2011年04月13日)
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20110413k0000m040144000c.html
「岩手県陸前高田市の社会福祉法人「愛育会」の知的障害者ケアホームが津波で流され、県が「建物の完成が確認できない」と補助金の支払いを見合わせていることが分かった。国と県の補助金計1350万円を見込んで建設され、完成したばかりだった。法人側は「建物はできていた」と反発し、厚生労働省も県に柔軟な対応を求めている。
 同ホームは、障害者が必要な支援を受けながら自立した生活を送る。定員6人で、計7部屋の平屋建てが2月10日に完成し、4月1日にオープン予定だった。しかし3月11日の津波で建物は流され、コンクリートの土台だけになった。
 愛育会によると、建設費約2150万円の6割余りを国と県の補助金で賄う予定で、既に建築会社への支払いは済ませた。しかし震災後、県に補助金の請求をしたところ「支払いできるか分からない」と言われたという。菅野正明理事は「建物を失ったうえ、補助金も受け取れず、負債を抱えるだけになってしまう。どうしたらいいのか」と話す。
 県障がい保健福祉課によると、補助金を支払うには、県の職員が登記簿などで完成を確認したうえ、現地確認が必要になる。現地確認は15日に予定していたが、建物全体が流されていたため「ルール上は支払えない可能性がある」(担当者)と判断したという。
 一方、厚生労働省障害福祉課の担当者は「建物の登記簿などで客観的に建設完了が認められれば全額支払いできる。県は対応策を調査したうえで回答すべきだ」と話している。地域で暮らす障害者の家族らでつくる「日本グループホーム学会」の室津滋樹事務局長は「被災地ではほかにも同様のケースがあると考えられる。自治体は前例に縛られることなく対応してほしい」と求めている。【蒔田備憲】」(全文)


 
>TOP

◆社説:計画的避難 安心できる場とケアを
(毎日新聞 2011年04月13日)
http://mainichi.jp/select/opinion/editorial/news/20110413k0000m070131000c.html
「どのくらい危険なのか、避難すべきなのかどうか……。被災から1カ月過ぎてもよくわからない福島第1原発の近隣住民たちの不安はいかばかりだろう。
 政府は半径20キロ圏外で放射線の累積線量が年間20ミリシーベルトに達する恐れのある5市町村(一部を除く)を「計画的避難区域」に指定し1カ月以内に住民に避難させると発表した。また、20〜30キロ圏のうち計画的避難区域に指定されなかった地域を「緊急時避難準備区域」に指定、緊急の避難が難しい子どもや妊産婦、要介護者らにはこの地域への立ち入り自粛を求めるという。原発からの距離で一律に屋内退避指示を出していたのに比べ、放射線量や風向き、地形などを考慮した点は改善が認められる。ただ、現実はそう簡単ではない。
 原発から半径20〜30キロ圏内では「屋内退避指示」が出た当初、ほとんどが圏外の避難所へ移ったが、現在は自宅に戻った人が多いという。避難所で落ち着かない障害児や幼児がしかられ、ストレスで異常行動を見せるようになった。要介護のお年寄りの状態が悪くなった。持病の薬がなくて発作を起こした。家族もうつ状態になった。そうした理由でやむを得ず戻ってきたというのだ。
 しかし、開いている商店はほとんどなく、外からの物流業者やボランティアも30キロ圏内に入る人は少なく、ガソリンや食べ物、薬の不足は深刻だ。「配給所に2時間ならんでジャガイモ3個もらえた」「役所の職員も疲れ切っているので悪くて頼めない」。そんな住民たちの声を聞いて、支援に入った医師は「診察時に食料を運んだ」という。「過食、視線の焦点が定まらないなど心配な症状を見せる子たちがいるが、親も余裕がなくて気づかない」。心理士は子どもの心の危機に現地からSOSを発する。
 緊急時避難準備区域では保育所や幼稚園を休園にし、いざという時に圏外避難できる準備を住民に求めるというが、もともと避難所にいられないから自宅に戻ってきた人々なのだ。安心できる避難先がなければ、いくら立ち入り自粛を求められても動けないのは目に見えている。このままでは「計画的避難区域」に指定された5市町村でも、お年寄りや障害者らが最後に残されるだろう。
 原発の放射性物質放出がいつ収まるのか、低レベル放射能が長期的にどのような影響をもたらすのか予測が難しく、地元自治体も混乱している中で、政府が住民の安全を守る措置に苦慮するのはわかる。ただ、避難指示によって住民が地域からいなくなれば、取り残される人はますます困窮する。まずは必要なケアや安心できる場所が必要だ。」(全文)


 
>TOP

◆福祉ネットワーク「震災関連情報」
NHK教育 2011/04/12 午後8時から午後8時29分
http://www.nhk.or.jp/heart-net/fnet/info/1104/110412.html
「内容
東日本を襲った巨大地震から1か月。福祉ネットワークでは地震直後から、被災した障害者や高齢者たちの状況を伝えてきた。一部では支援や復旧の動きが見え始めたものの、多くの人たちはまだ、今後の生活をどうしていくのか、先の見えない不安の中にいる。
今回の番組では、2日間連続で、福祉ネットワークが取材を通じて把握した障害者、高齢者の被災の全体像などを伝えながら、被災状況もまだわからない中で、被災者たちが今直面する不安を伝える。
先月24日、福島県いわき市で、さまざまな支援を受けて自立した生活を送っていた、障害者74人が、長野県へと集団避難をした。今後どのように生活を再建していくのか、ふるさとへの強い思いの中で揺れる障害者の姿を見つめる。
出演者
金子 勝さん(慶應義塾大学 教授)
VTR出演:社会福祉法人いわき福音協会の支援を受け、暮らしていらっしゃる障<害がある方々
電話出演:山田 優さん(長野県福祉事業団 アドバイザー)、郡 信子さん(特定非営利法人さぽーとセンターぴあ 施設長)
VTRナレーション:河野多紀
関連情報
【番組でご紹介した支援窓口】
○全国社会就労センター協議会 
郵便振替口座 00120−8−628368
口座名義 義捐金口 社会福祉法人 全国社会福祉協議会
○きょうされん
郵便振替口座 00100−7−86225
口座名義 きょうされん自然災害支援基金口」(全文)


 
>TOP

◆被災地の在宅医療「長期の支援が必要」−【震災1か月】
(医療介護CBニュース 2011年04月12日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110412-00000010-cbn-soci
「東日本大震災は在宅医療の現場にも深いダメージを与えた。その“爪あと”の深さを探った。
□在宅で増えた褥瘡
 保健・医療・福祉の連携により生活を支える医療を目指す「日本プライマリ・ケア連合学会」は3月18日以降、宮城県気仙沼市などの被災地に医師を派遣し、在宅医療の支援活動に当たっている。医師の草場鉄周氏もその一人だ。草場氏は、4月7日から10日までの間、巡回療養支援隊の一員として活動した。
 活動中、特に目に付いたのは、「震災後、新たな褥瘡ができてしまう患者が多かった点」だと言う。
 草場氏によると、気仙沼市滞在中は、1日に3―5人の患者を診察してきたが、診察した患者全員に褥瘡が確認される日も珍しくなかったという。9日に担当した要介護5の男性(77)も、そんな患者の一人だった。この男性の場合、震災発生後、市内の病院に入院している間に、鶏卵大の褥瘡が腰にできてしまった。
 看護師と協力し、壊死した組織を丁寧に切り取るなどの処置を施す草場氏。すべての処置を終えるまでに1時間余りがかかった。男性の症状について、草場氏は「皮膚が壊死し、皮下組織まで見える3度だが、(傷口から骨が見える)4度に近づいている」とし、完治までには「うまくいって2か月、場合によっては半年かかる」と見立てた。
□停電が原因
 なぜ震災発生後、褥瘡ができる患者が増えているのか―。日本プライマリ・ケア連合学会のメンバーで、気仙沼市内で2日から支援活動に携わってきた医師の内山良氏は、震災に伴う停電が最大の原因と指摘する。
「停電中、電動ベッドは動かないし、エアマットも使えない。つまり、患者はクッションもない硬いいすにずっと座り続ける状態になる。この状態だと、数時間で褥瘡ができてしまう場合もある」
 中には、骨が見えるステージ4の褥瘡ができ、緊急入院を余儀なくされた患者もいたという。こうした状況を受け、日本プライマリ・ケア連合学会では、今後半年間は、被災地の在宅医療に対する支援活動を続ける予定だ。
「地元の在宅医療が完全に復興するまで、年単位の時間が必要だろう。その間は支援を継続する必要があるのではないか」(内山氏)
□相次ぐ余震で関連死も
 震災に伴う停電が在宅医療に及ぼした影響は、褥瘡の増加だけではない。患者の生命にかかわる事態を引き起こす時もある。人工呼吸器やたんの吸引の機械が動かなくなる場合だ。
 実際、坂総合病院(宮城県塩釜市)では、109人いた在宅医療の患者のうち、津波で亡くなった人は1人だったが、停電でたんの吸引の機械が動かなくなり、死亡した患者が2人確認された。山形県尾花沢市でも、7日の余震に伴う停電で、酸素吸入器が使えなくなった63歳の女性が死亡している。
 気象庁は、マグニチュード7クラスの大型の余震が今後も一定期間発生するとの見通しを示している。つまり、「在宅医療の現場における地震関連死」は、今後も発生する可能性があるのだ。
 さらに、坂総合病院の看護師・高橋真由美氏は、在宅医療が復興し始めた地域に、重症患者が集中する可能性を問題視する。実際、同病院では、他地域から移って来た脊髄損傷やALS(筋萎縮性側索硬化症)など重症患者の往診を始める予定だという。
 高橋氏は「重症の患者の場合、処置や治療に時間がかかる。今後、こうした患者がどんどん増え続ければ、以前から往診していた患者への治療が手薄になる可能性も否定できない。そうした状況を防ぐためにも、在宅医療に対する息が長い支援が必要ではないか」と話している。」(全文)


 
>TOP

◆「障害ある子ども抱え、避難所に避難できない」 きょうされんボランティア報告8
(京都民報 2011年04月12日)
http://www.kyoto-minpo.net/archives/2011/04/12/post_7780.php
「きょうされん京都支部からボランティア派遣され、福島県郡山市内で障害者の安否確認や生活支援に取り組んでいる、粟野賢さん(27)=長岡京市・障害者福祉サービス事業所あらぐさ=の現地報告を紹介します。
 11日夕の大きな余震の後、一日中揺れているのではないかと感じる程余震が頻発しています。今日(12日)のいわき市方面での活動も中止になりました。今日は沿岸部地域の南相馬市の避難所回りです。同市は津波で大きな被害を受けたうえに原発事故という複雑な問題を抱えています。
 今日訪れた避難所で、昨日「食料がなくて困っている」という気になる電話があったという情報が入りました。避難所の方の協力でその方と連絡が取れました。
 その方は、「障害のある2人の子どもがおり、避難所に入るのが難しいので親戚や知人の家を転々としている。夫は震災で失業して収入がなくなり、今は貯蓄を切り崩して生活している。避難所の物資を分けてもらえないかと電話した。社会福祉課から10万円貸し付けしてもらえるそうだが、返せるあてもないので、借りるとかえってしんどくなりそう」と話しました。また、「子どもたちも長い避難生活でパニックを起こしている。日中の居場所がほしい。他にも同じ境遇の家族がいる」とも話していました。
 避難所に避難していない、出来ない方たちの抱える問題を把握することの難しさを感じました。」(全文)


 
>TOP

◆(48)後見人 災害弱者の支えに
(YOMIURI ONLINE 2011年04月12日)
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=39406
「かつてない規模の震災被害が発生しました。被災された方は、大変つらい、大きな苦しみの中にあると思います。高齢者や、障害をもった人たちは、「災害弱者」といわれ、避難も、生活再建も遅れがちです。
 それだけに、認知症などで判断能力が減退した人には、成年後見制度を活用して総合的な支援をする必要があります。
 成年後見制度のうち、法定後見制度では、判断能力減退の程度が軽い人には「補助」、重い人には「保佐」、失ってしまった人には「後見」が開始され、それぞれ、補助人、保佐人、成年後見人がついて支援します。
 成年後見人などは、本人に代わって財産を管理し、適切な福祉や医療サービスなどを選び、そのための契約をします。生活再建支援のための様々な制度の利用の申請もできます。リフォームなどで本人がうっかり納得できない契約を結んでしまった時には、取り消すこともできます。従って支援のキーパーソンとなることができるわけです。
 多くは親族がなりますが、身寄りがない場合などは、家庭裁判所が弁護士、社会福祉士、司法書士などの中から選びます。
 成年後見人などがついていれば、災害時でも速やかに支援を受けることができます。被災地以外でも、判断能力が減退した人の保護や支援のために積極的な利用が検討されるべきです。(赤沼康弘、弁護士)」(全文)


 
>TOP

◆東日本大震災:被災障害者の電話相談開設 郡山で市民団体 /福島
(毎日新聞 2011年04月12日 地方版)
http://mainichi.jp/area/fukushima/news/20110412ddlk07040167000c.html
「被災した障害者の電話相談に乗ろうと、市民団体が「被災地障がい者支援センターふくしま」を開設した。
 NPOや社会福祉法人で作る「日本障害者フォーラム」が今回の震災を受けて郡山市で運営している。
 避難所で車椅子がない▽常備薬が不足しているので医療機関を教えてほしい▽知的障害を持ち避難所でパニック障害を引き起こすので施設を紹介してほしい−−などの相談を受け付ける。普段から障害者の相談に乗る専門職員が受け付ける。当面は無休。問い合わせは、024・925・2428(午前10時〜午後4時)。【種市房子】」(全文)


 
>TOP

◆【東日本大震災1カ月 今何ができる】(2)ボランティア 離れていても…ネットで情報発信
(産経ニュース 2011年04月12日)
http://sankei.jp.msn.com/life/news/110412/trd11041207260003-n1.htm
「多くのボランティアが全国から集まり、「ボランティア元年」と称された阪神大震災から16年。東日本大震災で直後に現地に向かったのは、経験者が中心だった。しかし、現地に行けなくてもインターネットという新たなインフラを活用し、自身ができる活動を始めた人もいる。こうした新たなボランティアは、従来型ボランティアとともに被災地を支えている。(森本昌彦、道丸摩耶)
遠隔地から支援
 未経験者には難しい発生直後のボランティアだが、今回の震災では遠くから被災地を助ける“遠隔ボランティア”が奏功した。
 被災地の混乱する医療や物資不足をいち早く伝え、的確な支援につなげたのが、地震直後に医師らが立ち上げたメーリングリスト(ML)「地震医療ネット」だ。被災地で働く医師や応援に入った関係者が、病院の被災状況から医薬品の在庫、衛生状態まで多くの情報をメールで流した。
 それに対する解決策も集まった。発起人の東大医科学研究所の上昌広特任教授(42)は「現地で治療できない患者をどこにどうやって運ぶか。医薬品をどうやって現地に届けるか。MLで企業や支援団体とつながり、人工透析患者や介護施設を集団移送することができた」と振り返る。」(全文)


 
>TOP

◆東日本大震災被災自治体等に762億円特例交付
(IBTimes 2011年04月12日)
http://jp.ibtimes.com/articles/17347/20110410/1302436800.htm
「政府は岩手、福島、宮城など東日本大震災の被災自治体に対し、総額762億2800万円の特別交付税の特例交付を決め、8日、交付した。
 特例交付はこの日、片山善博総務大臣が閣議で報告、現金交付することとなった。交付の内訳は災害対策に係る12月交付分の算定対象経費の一部として504億円。行政機能の維持、こどもや高齢者など災害弱者に対する福祉サービス、就学支援、救助・消防活動、衛生管理など被災者支援にかかる応急対応経費に199億円。被災地域の応援に要した経費に59億円となっている。
 交付を受けたのは青森、岩手、宮城、福島、茨城、栃木、千葉の7県と県内の災害救助法適用対象となった190市町村。これらの自治体に交付された総額は704億4300万円。これらの被災地域に一定以上の応援を行った自治体に57億8600万円が交付された。」(全文)


 
>TOP

◆希望新聞・岩手:東日本大震災 お役立ち情報 /岩手
(毎日新聞 2011年4月12日 地方版)
http://mainichi.jp/area/iwate/news/20110412ddlk03040062000c.html
「◇相談窓口
 ▽県警・行方不明者相談ダイヤル 相談者の持つ不明者の氏名、年齢、特徴などの情報を照合。安否判明後連絡する。24時間対応(0120・801・471)。
 ◇障害児相談
 県は被災地で暮らす障害児についての相談窓口を県立療育センターに設置。月〜土曜午前8時〜午後8時に受け付ける。30日まで。電話(080・1698・7882)。常時受け付けの電子メールはhattatu00@i-ryouiku.jp。
 ◇ホームステイ
 大阪府は被災した子供たちのホームステイ希望者を募集している。18歳以下の小中高校生らが対象。1学期から1年間、府内の一般家庭で受け入れ、近くの学校に通ってもらう。受け入れ家庭には定期的に聞き取りをし、必要に応じて心のケアなどのサポートをする。原則として被災者の費用負担はなく、食事や生活用品などは受け入れ家庭が提供する。問い合わせは府子育て支援課(06・6944・7108)。
 ◇労働者・事業者向け相談窓口
 ▽岩手労働局雇用均等震災特別相談窓口 震災に伴う解雇などの相談を受ける。平日午前8時半〜午後5時15分。希望により他の時間帯や出張相談も可。(019・604・3010)▽県社会保険労務士会 震災や津波に関連した休失業手当の受給、労災申請、社会保険料納付などについて対応。平日午後1〜4時、電話または来所(要予約)で。(0800・800・5675)
 ◇運転免許再交付
 県警は、運転免許証を失った被災者を対象にした再交付申請の臨時窓口を延長して開設する。再交付手数料(3650円)は免除。顔写真や印鑑、健康保険証など本人確認の書類がない場合も受理する。盛岡運転免許センター(019・606・1251)。会場と開設日(午前10時〜午後1時)は県立山田高=12、14日(再交付予定21日)▽釜石地区合同庁舎=13日(20日)▽陸前高田市立第一中=13日(19日)」(全文)


 
>TOP

◆東日本大震災:在宅障害者に支援届かず 所持金もわずか
(毎日新聞 2011年4月12日)
http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110412k0000e040031000c.html
「震災から1カ月たつが、被災地の在宅障害者には、いまだ支援が届いていない実態がある。知的障害のある長女(29)らと宮城県石巻市向陽町の市営住宅に暮らす馬場きり子さん(69)は両足が不自由で震災後、両手でつえをついて買い物や給水に出かけている。救援物資は足りず、所持金も残りわずか。月に何度か様子を見に訪ねてきていた市職員も震災後は現れない。馬場さんは「誰かに声をかけてほしい」と悲鳴を上げている。
 馬場さんはもともと両足に障害があるうえ、2月21日に自転車に乗っていて乗用車との交通事故に遭い、右足骨折で全治6週間の重傷を負い、市内の病院に運ばれた。3月11日、入院先で地震に襲われた。ベッドが激しく動き、柵につかまって必死に耐えた。
 障害者施設に通う長女とは即日連絡がついた。安否が分からなかった同居の次男が震災2日目、病室に現れ、自宅がかろうじて津波被害を逃れたことを知らせてくれた。次男は「食べる物がないから避難所に行ったが、『初日に来た人以外はだめ』と入れてくれなかった」と言う。馬場さんはまもなく退院し、娘も施設が浸水で使えなくなったため自宅に戻った。避難所に頼れない3人の在宅避難生活が始まった。
 自治会を通じた救援物資はごくわずか。知人が分けてくれる米や飲料水を加えても、とても足りない。自転車なら片道10分ほどのスーパーや給水所まで40分かけて歩き、長女に荷物を持ってもらって帰る。
 収入は馬場さんと長女の障害者年金だが、足の治療費がかさみ、15日の振込予定日まで残り1万円しかない。生活相談に乗ってくれていた市の職員も震災後はまったく訪れず、窮状を訴える相手もいない。
 馬場さんは以前から進んでやっていた自宅前のごみ収集所の整理を、今も毎日続けている。「つらい時ほど頑張らなくては」と思うからだ。被災した家具や衣類などが捨てられ、収集所には大量のごみが積もる。馬場さんは、それらを黙々と片付ける。
 心の支えは家族の存在だ。10日午後、神奈川県平塚市の長男家族から救援物資が届いた。玄関先で段ボール箱を開くと、衣類や食料とともに、6歳の孫が書いた手紙が入っていた。小学校に上がったばかりの女の子だ。
 「いちねんせいになりました。たくさんべんきょうして、ともだちたくさんつくるよ。またあそびにいくからまっててね。おげんきで」
 馬場さんは「支えてくれる人もいる。でも地域からは、私たちは見放されている。誰かに声をかけてほしい」と訴える。【黒川晋史】」(全文)


 
>TOP

◆病院・福祉施設の復旧費、国の補助率上げ 厚労省検討
(日本経済新聞 2011年04月12日)
「厚生労働省は東日本大震災の復旧のための特別立法で、医療機関や社会福祉施設、保健所、火葬場、水道などの復旧費に対する国の補助率を引き上げる方針を固めた。現在の2分の1を3分の2程度にする方向で民主党と調整する。
 宮城、福島、岩手、茨城などの被災地では地震や津波で建物が損壊したり、浸水で医療機器が故障したりするなどで機能不全に陥った病院も多い。児童福祉や障害者福祉、老人関連の施設もボイラーなどの機器類が故障したり、天井が落下したりするなど損壊した施設が200を超えた。
 宮城県では27ある火葬場の一部が損傷などで使えなくなり、山形県などに協力を求めたり、土葬を進めたりするなど対応に苦慮している。
 厚労省は被災地の医療・福祉などを早期に立て直すため、国の補助率を引き上げる必要があると判断した。特別立法では介護保険や障害者施設などの利用者負担額の減免なども盛り込む。13日にも民主党の厚生労働部門会議に示す。」(全文)


 
>TOP

◆帰宅困難者対策に課題
(読売新聞 2011年4月12日)
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/tokyotama/news/20110412-OYT8T00019.htm
「トイレ確保 避難所案内 民間の協力不可欠
東日本大震災の影響で帰宅できなくなり、毛布にくるまって寒さをしのぐ人々(3月12日午前0時2分、立川市の柴崎体育館で) 多摩地区で最大震度5弱を記録した東日本大震災。予想されていたように、ターミナル駅には多くの帰宅困難者があふれた。ただ、首都直下ではなかったために被害は少なく、発生時間も昼間だったことから自治体職員も集めやすかった。今回の震災で“難民”となったのは立川、八王子、町田の3市が把握するだけで約6000人。多摩直下地震の場合は多摩地区で46万人と想定されており、次に備えるため、何が課題かを追った。(漆間晃、三浦岩男、中居広起)
◇立川駅
 JRや多摩都市モノレール、立川市、周辺商業施設などの関係者は3月24日、帰宅困難者対策の第1回協議会を開こうとしていた矢先だった。市によると、約2600人が帰宅困難に陥った。
 従来の計画では避難所として、国営昭和記念公園を含む4か所を活用する方針だったが、うち1か所は「駅から遠すぎる」という理由で急きょ使わないことに。新たに柴崎体育館、市民会館を開放して対応した。
 市防災課によると、協議会の発足が遅れたのは、高齢者や障害者ら災害時の要援護者の名簿作成や、無線機の入れ替えの手続きなどを優先していたためと説明する。栗原寛課長は「立川が被災した場合、帰宅困難者の対応はどうしても後回しになってしまう。そのため、駅周辺の事業者の協力が不可欠と再認識した」と述べ、6月をめどに仕切り直しの協議会を開くという。
◇八王子駅
 「月並みだが、訓練の大切さを思い知った」と話すのは、約1800人が市内の施設で夜を明かした八王子市の加藤雅己・防災課長。同市では昨年5月、JR八王子駅長を座長に、鉄道会社や周辺商店街などを網羅した協議会を設け、帰宅困難者対策を進めてきた。昨年11月には3000人を動員した訓練もした。
 それでも、想定外のことが起きた。トラブルの第1はトイレ不足。訓練では百貨店などのトイレが使えることを前提にしていたが、普段の客を上回る人々が詰めかけた商業施設は防犯上の理由から次々と店を閉めてしまい、市の担当者を青ざめさせた。
 新宿など主要駅の閉鎖が続く中、困窮した状況を察したJR八王子駅が、逆に改札内トイレを開放した。一部の商業施設も追随し、営業休止のままトイレを開放した。「担当者レベルで互いに顔を知り、連絡を取り合えた。そうでなくては臨機応変の対応は不可能だった」と、加藤課長は振り返る。
◇町田駅
 町田駅では、2009年に帰宅困難者対応を担う「防災協力会」が結成され、帰宅困難者対策では多摩地区の先進地として知られる。今回、約1600人を二つの施設に収容し、大きなトラブルはなかった。乳幼児を抱えた人をソファのある部屋に入れるなど優先順位をつけた対応もできた。
 出色なのは今後に備え、帰宅困難者約200人にアンケートを実施したこと。その結果によると、1次避難場所がどこかを、72%が町田駅の案内、19%が市職員の誘導で知った。「駅に案内係を多く配置してほしい」「連絡のため、携帯電話を頻繁に使うので、携帯電話の充電コーナーを設けてほしい」といった要望も寄せられ、今後、対応を検討する。
 工学院大の久田義昭教授(地震防災学)の話 「直下型地震が起きれば、行政は、けが人の救護や消火活動を優先し、帰宅困難者の対策まで手が回らなくなってしまう。主要な駅ごとに駅周辺の民間の力を結集し、直下型地震を前提に、弱者を優先した、きめ細かいルールを策定することが求められている」」(全文)


 
>TOP

◆福祉ネットワーク「震災関連情報」
NHK教育 2011/04/11 午後8時から午後8時29分
http://www.nhk.or.jp/heart-net/fnet/info/1104/110411.html
「内容
東日本を襲った巨大地震から1か月。福祉ネットワークでは地震直後から、被災した障害者や高齢者たちの状況を伝えてきた。一部では支援や復旧の動きが見え始めたものの、多くの人たちはまだ、今後の生活をどうしていくのか、先の見えない不安の中にいる。
今回の番組では、2日間連続で、福祉ネットワークが取材を通じて把握した障害者、高齢者の被災の全体像などを伝えながら、被災状況もまだわからない中で、被災者たちが今直面する不安を伝える。
1日目は、これまでさまざまな支援を受けながら地域での暮らしを送ることができていた、障害のある子どもたちが、今どんな不安に直面しているのかをリポートする。
出演者
柳田 邦男さん(ノンフィクション作家)
語り:河野多紀
関連情報
【VTR出演】
・石巻の避難所で生活を余儀なくされている重度障害の女の子と家族
・発達障害専門家派遣チーム
・みやぎ発達障害サポートネット「虹っ子」
・震災の恐怖から家にひきこもりがちな女の子と家族
【相談窓口】
○岩手県
岩手県では、4月5日から30日まで、災害時緊急相談窓口を設置しました。
岩手県立療育センターが窓口です。
[知的障害や発達障害があるお子さんの場合]
電話:080−1698−7882
[身体障害があるお子さんの場合]
電話:080−1673−0916
○宮城県
[発達障害のあるお子さんの場合]
宮城県発達障害者支援センター「えくぼ」
電話:022−376−5306
[その他の障害のあるお子さんの場合]
宮城県中央児童相談所
電話:022−224−1532
仙台市内にお住まいの方は、どの障害でも仙台市発達相談支援センター「アーチル」が窓口です。
電話:022−375−0110
○福島県
[発達障害のあるお子さんの場合]
福島県発達障がい者支援センター
電話:024−951−0352
[その他の障害のあるお子さん]
福島県中央児童相談所
電話:024−534−510」(全文)


 
>TOP

◆<東日本大震災>主な問い合わせ先…11日現在
(毎日新聞 2011年04月11日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110411-00000137-mai-soci
「○行方不明者相談ダイヤル          
岩手県警 0120・801・471
宮城県警 022・221・2000
福島県警 0120・510・186
○交通機関                 
JR東日本    050・2016・1600
JAL(国内線)  0570・025・071
ANA(国内線)  0570・029・222
○通信・ライフライン            
NTT災害用伝言ダイヤル 171
日本郵便 0120・2328・26
東北電力 0120・175・366
○医療                   
<放射線被ばく相談>
▽文部科学省健康相談ホットライン 0120・755・199(9〜21時)
▽放射線医学総合研究所相談窓口
        043・290・4003(9〜21時)
<人工透析>
▽岩手県 人工透析相談窓口 019・629・5471
▽宮城県 仙台社会保険病院 022・275・3111
(かかりつけ医が対応していない場合のみ)
▽福島県 県地域医療課窓口 024・521・7221
<その他>
日本医師会    03・3946・2121
日本糖尿病協会  0120・151・721
被災がん患者ホットライン(国立がん研究センター)
   紹介状あり=03・3547・5130(10〜16時)
   紹介状なし=03・3547・5293(9〜18時)
てんかん支援ホットライン  054・245・5446
アレルギー支援ネットワーク 052・485・5208
○生活支援                 
日弁連電話相談 0120・366・556(平日10〜15時)
岩手弁護士会 019・604・7333(平日13〜16時)
仙台弁護士会 0120・216・151(平日10〜16時)
福島県弁護士会 024・534・1211(平日14〜16時)
あしなが育英会 被災者専用0120・77・8565
(遺児らに特別奨学一時金を支給)
心の相談緊急電話 0120・111・916
(13〜22時。日本臨床心理士会など)
チャイルドライン支援センター
      0120・99・7777(月〜土16〜21時)
多文化共生マネージャー全国協議会
 ▽英語     080・3503・9306
(他に中国語、スペイン語などの窓口あり)
震災関連の悪質商法110番0120・214・888(10〜16時。国民生活センター。岩手、宮城、福島3県対象)
<視聴覚障害者向け>
 「全日本ろうあ連盟」や「全国盲ろう者協会」がウェブサイトで支援情報などを提供。
○省庁                   
住宅の補修・再建(国交省開設)0120・330・712
行政相談(東北管区行政評価局)0120・511・556
    (茨城行政評価事務所)0120・188・571
金融相談(東北財務局)    022・721・7078
中小企業相談(経産省)   0570・064・350
農林水産業の被害相談(農水省)0120・355・567
年金の相談(日本年金機構) 0120・707・118
○金融機関など               
岩手銀行     0120・064・626
七十七銀行    0120・78・1177
東邦銀行     0120・104・157
ゆうちょ銀行   0120・108・420
東北労働金庫   022・723・1111
住宅金融支援機構 0120・086・353
日本政策金融公庫 0120・154・505
そんがいほけん相談室(日本損保協会)
0120・107・808または03・3255・1306
地震保険契約会社照会センター0120・501・331
生命保険相談所(生保協会) 0120・226・026
災害地域生保契約照会センター0120・001・731」(全文)


 
>TOP

◆【震災関連情報】ISFnet、被災者を優先採用へ、復興支援で雇用拡大
(BCN 2011年04月11日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110411-00000018-bcn-sci
「アイエスエフネット(渡邉幸義社長)は、4月11日、東日本大震災の被災者を支援するため、採用優遇措置を実施すると発表した。
 同社は「雇用の創造」をテーマに、就労困難者の雇用拡充策に取り組んでいる。東日本大震災でも、義援金口座の開設や物資の支援などに加え、「働く場を失った方への雇用の場を提供することが、復興につながる何よりの支援」と、採用優遇措置を講じることにした。
 今回の措置による採用人数は100人。職種はエンジニアと営業で、専攻学科や経験の有無は不問。家族での応募もできる。選考時は、履歴書や職務経歴書に必要はなく、私服での面談も可。入社日は、今年中であれば希望の入社日を選択できる。
 採用になると、家族で入寮(要寮費)ができ、1年間働いて地元へ戻る契約社員と正社員を本人の希望で選択できる。採用時には、入社2か月後に3日間の有給を付与。家族で東北地方から引っ越しする場合は、同社の費用負担を増額する。
 アイエスエフネットは、2000年の設立以来、障害者や知的障害者、躁鬱病者、ひきこもりなど、就労困難者を多数採用している。(谷畑良胤)」(全文)


 
>TOP

◆介護、看護資格者の「予備役制度」創設を−災害時にらみNPOが要望
(医療介護CBニュース 2011年04月11日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110411-00000009-cbn-soci
「NPO法人「高齢社会をよくする女性の会」(樋口恵子理事長)は4月11日、介護福祉士やホームヘルパー、看護師などの有資格者で、普段は医療・介護現場で働いていない人を、災害時に非常呼集できる「予備役制度」の創設を求める要望書を細川律夫厚生労働相あてに提出した。
 要望書の中で同会は、「人間の生命を支えるライフラインの担い手」である介護職員が災害時に確保されないと、高齢者や障害者など多くの生命が失われると指摘。普段は資格を生かして働いていない介護職や看護師、保健師の有資格者が、災害時に非常呼集に応じて救援に駆け付ける予備役制度の創設を求めている。介護職予備役は年数回の研修を受け、災害時には各職能団体が招集するイメージ。
 また、コミュニティーの再生を図るために、仮設住宅群の中心部に宿泊や居住を含む介護サービスを提供できる「ケアセンター」を設置し、震災で失業した人を職員として雇用することも求めている。担当者は、同センターに保育所などを隣接して、「多世代共住型の仮設住宅(コミュニティー)にすべきだ」と話している。
 このほか、被災地での要介護認定の迅速化を法的に定めるなど、介護保険制度を災害にすぐ対応できるようにするための仕組みづくりも求めている。」(全文)


 
>TOP

◆被災家族「1日も早く作業所再開して」 きょうされんボランティア報告7
(京都民報 2011年04月11日)
http://www.kyoto-minpo.net/archives/2011/04/11/post_7778.php
「きょうされん京都支部からボランティア派遣され、福島県郡山市内で障害者の安否確認や生活支援に取り組んでいる、粟野賢さん(27)=長岡京市・障害者福祉サービス事業所あらぐさ=の現地報告を紹介します。
 今日(11日)は沿岸部にあるに新地町の避難所を回りました。同町は福島県と宮城県の境にあり、津波で大きな被害を受けました。町の沿岸部は壊滅状態で、ほとんどの地域が立ち入り禁止です。“本当にここに町があったのか?”と不思議な感覚に陥るほどです。避難所となっている保健センターにも津波の運んだ砂が残っていました。
 知的障害を持つ男性とともに同センターに避難している家族は、「いつもトイレを1人で出来ているが、避難所は仮設トイレなので心配。毎回ついていっています。『早く家に帰りたい』と言って落ち着かなくなり、流された家を見せて納得してもらいました。今は1日でも早く作業所を再開してほしい。仕事がなくても、見守りだけでもいい」と話していました。その方の通われている作業所の職員さんは、なんとか早く再開出来るようにと利用者の方の家庭訪問をされていました。」(全文)


 
>TOP

◆「生活拠点を築きたい」と被災者、公営住宅2次募集始まる/神奈川
(カナコロ 2011年04月11日)
http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1104110044/
「東日本大震災の被災者を対象にした県内の公営住宅の2次募集が11日始まり、多くの入居希望者が受付窓口の置かれた県住宅供給公社(横浜市中区)を訪れた。電話などを合わせ、初日の応募は256件。14日まで募集し、抽選で入居者を決定する。
 市町営住宅も含めて県が一括して募集。用意したのは575戸で、65歳以上の高齢者や3歳未満の乳幼児、重度障害者、妊婦らがいる家庭を優先する。
 福島第1原発から5キロの地点に住む大熊町の男性(37)は、一家7人で横浜市都筑区の親戚宅に避難。長女が同区内の小学校に入学したこともあり、「生活の拠点を築きたい」と申し込みを決めた。
 ただ、抽選で住宅が当たっても、「家財道具が一切なく、自宅に取りに戻ることもできない。長女の新品のランドセルも置いたまま」という。「家族全員無事なのが、何より。がんばりたい」と前を向いた。
 問い合わせは、県住宅計画課電話045(210)5990。」(全文)


 
>TOP

◆【東日本大震災】障害者らの不安解消 補聴器、眼鏡などの物資提供進む
(産経ニュース 2011年04月11日)
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110411/dst11041121210080-n1.htm
「東日本大震災の被災地に、補聴器や眼鏡、杖(つえ)といった物資の提供が進んでいる。いずれも障害者や高齢者にとっては生活必需品だが、地震と津波の混乱で家から持ち出せなかったり、紛失してしまった人も多い。物資には、利便性の向上という目的だけでなく「震災前の生活に近づけることで、避難生活の不安を和らげてほしい」との願いも込められている。
 「津波から逃げるときに水がかかり、故障してしまった」「もうすぐ電池が切れてしまいそう」
 補聴器メーカーで作る社団法人「日本補聴器工業会」(東京都千代田区)には連日、避難生活を送る聴覚障害者からの相談が寄せられている。
 同会によると、精密機器である補聴器は水に弱く、雨で故障することもあるだけでなく、避難する際に紛失してしまった人も少なくない。電池の寿命は補聴器のタイプによって異なるが、10日から1カ月ほど。予備電池を持たずに逃げた人が多く、今後、電池切れで使えなくなるケースが続出するとみられる。
 補聴器が使えなくなれば、避難生活への影響も大きい。補聴器に詳しい第一生命経済研究所の水野映子主任研究員によると、平成7年の阪神大震災でも、聴覚障害者が防災無線が聞こえないために逃げ遅れたり、避難所で食事の配給を受け損ねたりした例があったという。水野主任研究員は「聴覚障害者は外見で区別がつかない。情報が得られないだけでなく、周囲と意思疎通ができないことで、精神的にも負担を募らせてしまう」と懸念する。
 このため、日本補聴器工業会では会員メーカー14社の製品を使用する被災者を対象に、紛失した補聴器の代替品や電池の無償提供に乗り出した。各メーカーの保管する顧客情報を基に修理や調整も行う。
 一方、老眼鏡約2万4千本を被災地へ送ったのは、福井県眼鏡協会。同県には全国の眼鏡メーカーの約95%が集中する。協会では約30社から集めた新品の老眼鏡を自治体やボランティア団体に託し、避難所に届けてもらった。「電気が復旧していない地域では、活字情報に頼ることになる。新聞などを見る際に役立ててほしい」と協会の坂野喜一専務理事。「ものが見えることは、避難生活の不安を取り除くことにもつながる」とも話す。
 視覚障害者用の白い杖で国内約6割の製造シェアを持つNPO法人「六星」(浜松市)は、約150本を被災地の盲学校などに発送。杖は視覚障害者7人が4日間かけて製造したもので、狭い避難所での生活に合わせ、長さは88〜120センチと通常より短い。同法人の斯波千秋理事長(62)は「視覚障害者のシンボルである白い杖を持つことで、避難生活を手助けしてくれる人も増えるはず」と期待を寄せている。」(全文)


 
>TOP

◆高齢・障害者雇用支援機構
(中小企業ビジネス支援サイト 2011年04月11日)
http://j-net21.smrj.go.jp/headline/report/112392.shtml
「青森、岩手、宮城、福島、茨城、栃木及び千葉の7県にある地域障害者職業センターに「特別相談窓口」を設置し、被災により雇用している障害者の雇用管理に不安を抱える事業主からの相談及び在職中の障害者からの雇用継続に係る相談に対応しています。
 東日本大震災に係る地域障害者職業センターにおける「特別相談窓口」設置についてのお知らせhttp://www.jeed.or.jp/information/info110404-01.html
」(全文)


 
>TOP

◆避難所の発達障害児ケア 神戸の団体など助言
(神戸新聞 2011年04月11日)
http://www.kobe-np.co.jp/news/kurashi/0003948954.shtml
「緊張やストレスが高まると、自閉症や注意欠陥多動性障害(ADHD)などの発達障害がある子どもは、突然大声を上げるなどの行動を取る傾向がある。東日本大震災の被災地では、他の避難住民への気兼ねから、発達障害児の家族は避難所に入らないという報道もある。災害時、当事者や家族にはどんな配慮が必要なのか。(黒川裕生)
 発達障害は脳の一部に先天的な機能障害が生じることが原因とされ、知的な遅れがある場合とない場合がある。特徴は人によって異なるが、コミュニケーションが苦手で、言葉を額面通り受け取ったりその場の雰囲気を読むことが難しかったりするケースが多い。
 障害者や妊婦、介護が必要な高齢者ら「災害弱者」は、避難所生活で健常者以上に困難がつきまとう。国は、災害弱者が優先的に避難する「福祉避難所」について2008年にガイドラインをまとめたが、発達障害児・者については明確な言及はない。障害者手帳を持たない人も多く、自治体の防災計画などからも外れがちという。
 震災後、日本自閉症協会は避難所での注意点などをホームページで呼び掛けている。協会によると、自閉症や自閉症に近い症状の人は、具合が悪く横になっている人がいる→静かにしなければならない、共同生活では譲り合う→迷惑にならないよういつもよりも我慢するといったあえて口にする必要のない事柄を理解するのが難しい。急に走り出したり、大声を出したりするなどの行動も予想されるという。「わがまま」ではなく「障害の特徴」だが、十分に知られていないため親が非難されることもある。
 協会は、避難所では間仕切りを設ける▽絵や身ぶりを使い、伝わるまで根気よく話し掛ける▽子どもから目を離せない親のために食料などの配給は個別で‐などの助言をしている。
 神戸市を拠点に活動する「JAM(発達に気がかりのある子をもつ親と子のサポートの会)」のメンバーも被災地の発達障害児を案じる。副代表の藤尾さおりさん(39)=同市北区=の長男タケル君(13)は自閉症。突然大声を上げたり、片時も止まらず動き回ったりする。「この子を抱えての避難所での生活など想像もできない。目を離すとどこかに行ってしまうという不安もあり、気が気でないと思う。知的や精神、身体の障害と違い、福祉の支援を十分に受けられないのではないか」と心配する。
 他のメンバーからは、状況の変化に慣れるまで個別のスペースがほしい▽障害を示すワッペンがあれば理解が得られる▽避難所を取りまとめる立場の人が周囲に障害の特性を伝える‐などの提案が出た。
 JAM代表の重松るみさん(62)=同市北区=は「『大変ね』というねぎらいの一言で救われる親もいます。発達障害児の家族には優しい気持ちで接してくれれば」と呼び掛ける。」(全文)


 
>TOP

◆【特集】東日本大震災 阪神・淡路の経験糧に 宮城で兵庫のボランティア 
(神戸新聞 2011年04月11日)
http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/0003948827.shtml
「被災地では避難生活が1カ月に及び、被災者の体調や心理面のケアが求められている。避難所では、16年前の阪神・淡路大震災を機に立ち上がった兵庫県の各ボランティア団体が、経験を生かした生活支援をしている。
 NPO法人「阪神高齢者・障害者支援ネットワーク」(神戸市西区)は、宮城県気仙沼市の面瀬中学校を拠点に、高齢者や障害者の健康チェックを24時間態勢で続ける。10日に現地入りした黒田裕子理事長は「被災者を孤立させず、安心して生活してもらうことが大事。1年間は見守っていきたい」と話す。
 地震の10日後、気仙沼市の小泉中学校に入り、仮設シャワー室を設置したNPO法人「ひまわりの夢企画」(神戸市垂水区)。泊まり込みで活動する荒井勣代表は、「阪神・淡路の経験から何に困っているか分かる」と洗濯機を持ち込んだ。
 神戸市内のボランティア団体でつくる「チーム神戸」の金田真須美代表は、石巻市の湊小学校で高齢者の見守りや子どもの遊び相手を担う。「避難者はかなり疲れている。ボランティアも足りない。どんどん来て」と呼びかけている。
(本紙取材班・岸本達也、岩崎昂志)」(全文)


 
>TOP

◆ハザードマップの改訂版 釧路
(北海道新聞 2011年04月11日)
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/chiiki3/285180.html
「【釧路】釧路市は地震・津波の際の避難先を示す市民向けハザードマップ(災害予測地図)に、車いすの人に対応した施設かどうかの情報を加えた改訂版を作成。4月から配布を始めた。(小坂洋右)
 およそ500年の間隔で起きてきたとされる大地震に備えたもの。2007年度作成の初版では区別はしていなかったが、昨年2月に起きたチリ大地震の避難態勢を検証する過程で車いすの人がトイレが使えず困った事例が報告されたため、目で見て分かる形に作り直した。
 避難先に指定されている公共施設や学校、町内会館などに照会した結果、音別地区を除く津波緊急一時避難施設26カ所のうち車いす用トイレが完備した施設は16カ所。指定避難施設では184カ所中97カ所あり、それぞれピンク色にして地図に落とした。車いす対応マップの作成は、釧根管内では初めて。
 また、避難が長引く場合にケアが必要な高齢者や障害者、妊婦などを専用スペースに収容する「福祉避難所」も新たに明記。市生涯学習センターや鳥取コミュニティセンターなど中心市街地には4カ所が指定されている。

 市は「色分けはしなかったものの、緊急一時施設となっている市内の7ホテルも、車いす対応と考えてもらっていい」(総務課)としている。
 釧路市車いすの会の渥美利之副会長(72)は「利用できる施設がどこにあるか、分かりやすく、ありがたい。ただ、マップを見ると対応のあるなしに地域的な偏りが見られるので、今後は解消していってほしい」と要望も加えた。
 4千部印刷し、市役所窓口などで配布。問い合わせは(電)0154・31・4207。」(全文)


 
>TOP

◆社説 「東日本大震災」悲しみの1ヵ月 「救国」ではなく「救民」を
(愛媛新聞 2011年04月11日)
http://www.ehime-np.co.jp/rensai/shasetsu/ren017201104112354.html
「地震から1カ月もたてば復興のつち音が響いていてもおかしくないはずだ。しかし、その音は弱々しい。被災地の疲労は極限に達している。見えない明日への不安に押しつぶされようとしている。
 観測史上最大の地震と巨大津波が東日本を襲ってからきょうで1カ月。1万を超す人の行方が知れず、いまだ被害の全容がつかめない。
 肉親や知己を失い、仕事を奪われた人が大勢いる。15万人以上が避難生活を送る中、7日深夜に宮城県沖で強い余震が起きた。震災は現在進行形であり、復興への道のりの険しさを思い知らされる。
 東北を襲うのは原発事故との複合災害だ。福島第1原発は事態の収束にめどがたたない。程度はどうあれ、人為による陸と海の放射能汚染は続く。科学を過信し、安全への研究と備えをおろそかにした代償はあまりに大きすぎる。
 災害は社会の病巣を瞬時に浮かび上がらせてしまう。
 大きな被害を受けたのは地方だ。支援物資の停滞、復旧作業の難航は、被災の広さだけが原因ではない。地方は過疎と高齢化に悩まされ、地域社会の機能が弱り、住民も行政も産業も震災前から疲弊しきっていた。窮状の足元をみるかのように原発マネーを投下し、中央が従属を強いたがゆえの過ちは見落とせない。
 「震災被害は平等に訪れない」という言葉がある。
 住む場所や家、社会的な立場が生死の明暗さえ分ける。阪神大震災の教訓だ。甚大な被害を受けるのは貧困層であり、高齢者や障害者、子どもたちだった。今、東北の避難所で心身を痛めるのも、命を落とすのも弱い者からだ。
 災害弱者とは社会的弱者である。あらゆる格差は震災前から放置されてきたものだ。政治の役割は大きいはずなのに、いたずらに利害対立をあおるばかりだった。震災後の「政治休戦」も名ばかりで、機能不全を脱せずにいる。
 政治は被災者の悲しみを受け止め切れているか。
 災害救援学を興した関西学院大教授の野田正彰さんは、本紙への寄稿で「個々の悲しみを聴き取り、個々の信頼を取り戻せる社会をつくらなければならない」と訴えた。
 社会が今こそ、悲しみの本質を理解し、信頼性を高めなければ、声高に叫ばれる「一つになろう」のスローガンはまやかしになってしまう。
 地域の再生なしに復興はありえない。政府がきょうにも設置する復興構想会議には大胆な視座が求められる。東京一極集中を是正し、新たな東北の姿を地域とともに描くべきだ。大量生産と大量消費から、身の丈に合った持続可能な社会へ。分かち合い、個々の幸福が追求できる社会へ。「救国」ではなく「救民」を掲げてもらいたい。」(全文)


 
>TOP

◆希望新聞:東日本大震災 がんばろう
(毎日新聞 2011年4月11日)
http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110411ddm035040010000c.html
「○岡山県倉敷市のNPO法人「たけのこ村」助役の藤岡博昭さん(83)
 たけのこ村は障害者と健常者が農業をし、陶芸をしながら共同生活を送る村です。「一杯の水を与えられるより井戸を掘ろう」と公的な援助に頼らず、自立を目指しています。
 東日本大震災の状況がテレビで流れたとき、知的障害を持つ藤枝一朗村長(40)が「助けたい」と言いました。今まで自分たちが障害者としてつらい思いをしてきたからだと思います。災害時に障害者への援助は後回しになりがちです。藤枝村長は被災地の障害者に向け「大震災でお父さん、お母さんがなくなられた人。ぼくたちのたけのこ村へ来てください」と呼びかけています。
 希望者がいれば現地に迎えにいきます。たけのこ村電話086・426・0820か電話086・523・5840まで連絡をください。」(全文)


 
>TOP

◆思い願い誓い重く 宮城沿岸避難者本社アンケート
(河北新報 2011年04月11日)
http://www.kahoku.co.jp/news/2011/04/20110411t13027.htm
「河北新報社が、東日本大震災の津波で大きな被害を受けた宮城県沿岸部の避難者に実施したアンケートでは、津波対策の課題が指摘され、今後の備えについても貴重な意見が寄せられた。家族や自宅、地域に対するさまざまな思い、将来への不安もつづられた。
<複雑 自宅あった場所再び住みたいか>
 「自宅のあった場所に再び住みたいか」との質問に寄せられた多くの回答からは、津波への恐怖と家や地域への愛着との間で揺れる避難者の思いが読み取れる。
 回答した394人のうち、半数近い189人が「住みたくない」を選んだ。住民の多くは、地盤沈下や防潮林、防潮堤の崩壊など、震災によって住環境が危険にさらされている。
 石巻市の末永光平さん(65)は「地盤沈下で、自宅近くまで海水が流れ込んでいる」と明かす。亘理町の男性(69)は「堤防が切れ、自宅があった場所から海が見える。台風が来たら不安だ」という。
 石巻市の吉田恵美さん(36)は「子どものころから見慣れた海が、思い出も友人も奪い去ったことが、一生、心から消えないだろう」とつづる。
 津波の恐怖を体験しても、なお「住みたい」と訴える住民は87人。いずれも家や地域への強い愛着をにじませた。
 山元町のイチゴ農家渡辺庚午郎さん(81)は「農地がある。先祖の墓も守りたい」と一日も早い農地の整備を望む。多賀城市の半沢孝史さん(38)は「先祖代々受け継がれてきた家なので守っていきたい」とする。
 現時点で「決めかねている」住民は90人。「分からない」とした28人と共に、悩みは深い。
 山元町の女性(20)は「地域の方々もいい人で住みやすかったけど、また津波が来たらと思うと怖い」と答え、南三陸町の男性は「自分は町が好きだが、この先どうなるのか」と将来の不安を記した。
<教訓 避難場所・行動自治体の対策>
 アンケートからは住民の避難行動と同時に、避難場所の問題点が浮かんできた。今回の大津波で濁流に迫られたり、のみ込まれたりした避難場所も少なくなく、指定避難場所の選定を含めた自治体の防災の在り方に、避難者は厳しい見方をしている。
 大津波の際にいた場所は、「高台や高い建物などの避難場所」が36.5%で最も多く、次いで「自宅や勤務先、学校、訪問先など」31.9%、「避難場所に向かう途中」15.7%、「移動中」8.9%だった。
 「避難場所」と答えた人に、安全が確保されていたかどうか聞いたところ、「安全だった」は50.6%にとどまった。「安全だったが、津波が迫り、身の危険を感じた」が27.7%に達したほか、「津波が押し寄せ、危険だった」も18.3%に上った。
指定避難場所の再考を求める声も複数寄せられた。仙台市の男性(38)は「避難所に指定されている小中学校のそばに、津波の被害予想区域の看板があった。実際に避難して亡くなった方もいた」と指摘。同市の大友進さん(65)は「地震と津波で避難場所は別に考えるべきだ」と提案する。
 地震や津波に対する自治体の備えについて「対策は不十分」が50.3%で最も多く、次いで「対策は十分だったが、役に立たなかった」26.7%、「対策は十分」8.4%だった。
 避難者からは「今回の津波被害を踏まえた防災計画を策定すべきだ」「強い堤防を造ってほしい」など、一層充実した防災対策を望む声が寄せられた。
 一方、住民の避難行動にも課題があった。震源が近い地震による津波の避難は、高齢者や障害者ら要援護者を車で搬送するケースを除き、自分の足で高台に逃げるのが原則とされる。一般的に道路は津波の通り道となりやすく、渋滞した場合は津波から逃げられないためだ。
 避難場所に逃げた人に、移動の手段を尋ねたところ、車が164人で全体の6割を占め、徒歩や駆け足は87人。バイクや自転車10人、家族や住民の介助6人だった。
<不安 要望>
 被害を受けた家の再建や修復、仕事、生活費、子どもの教育…。アンケートでは、今後の展望を描けず、多くの不安や課題を抱える被災者の姿があらためて浮かんだ。
 避難所生活が続く被災者にとって、安定した暮らしの場の確保は切実な願いだ。
 東松島市の女性(18)は「早く避難所から出て暮らしたい。仮設住宅、アパートなど入れる所を知りたい」と望む。女川町の木村佳代子さん(62)は「高齢者、年金生活者が多いので、町営のアパートを建ててほしい」と求めた。
 全てを失い、途方に暮れる子育て世代の被災者も多い。
 仙台市の女性(36)は「家が流された上、夫は仕事も失った。残ったのは18年もある住宅ローンだけ。3人子どもがいる。どうしたらよいか分からない」と窮状を訴える。
 家や車のローンを抱えながら子育てをする多賀城市の小幡利津子さん(39)は「先が見えず不安だらけ。助けて」と切実な声を寄せた。
 国は住宅全壊1世帯に35万円などの義援金配分を決めたが、生活費などの支援は喫緊の課題だ。南三陸町の男性(57)は「一時金がないとどうしようもない。次の生活が考えられない」、東松島市の女性(42)も「ある程度の家財をそろえるための支援を」と訴える。
 行政の対応や情報不足への不満の声も相次いだ。「市の情報をもっと多く、早く出してほしい」(石巻市の男性)「町の情報発信がなく、ここは被害がないと思っている友人もいる」(山元町の男性)「仙台市は対応が非常に遅い。被災者は震災当日から時が止まったままだ。一歩外に出ると普段通りの生活にみんな戻っていて、焦りを感じる」(仙台市の女性)
 行政に対しては、まちづくり計画や将来像の早期の作成、提示を求める声も目立った。」(全文)

*作成:有松 玲
UP:20110501 REV:20110412,14,18,19,20,21,22,23,25,27,28,0501,0629
災害と障害者・病者:東日本大震災 
TOP HOME (http://www.arsvi.com)