>HOME >災害と障害者・病者:東日本大震災

東日本大震災 障害者関連報道 2011年4月1〜10日

3月4月 1(1〜10日)4月 2(11〜20日)4月 3(21〜30日)5月6月7月8月9月10月11月12月
災害と障害者・病者:東日本大震災

作成:有松 玲 last update:20120329
*以下については別頁にも記事掲載されています。
人工透析  ◆ALS

◆テレビ報道
◇2011年4月11日  □福祉ネットワーク「震災関連情報」 NHK教育 午後8時から午後8時29分
  番組ホームページ:http://www.nhk.or.jp/heart-net/fnet/
◇2011年4月12日  □福祉ネットワーク「震災関連情報」 NHK教育 午後8時から午後8時29分
  番組ホームページ:http://www.nhk.or.jp/heart-net/fnet/

◆救援活動の写真 https://picasaweb.google.com/107166457718666569802
 「マスコミや各団体の広報等に活用できるように下記のURLに救援活動の写真をUPすることにしました。ご自由にダウンロードしてお使いください。」とのことです。

新聞記事見出し

◆2011/04/10 車9台流された作業所に支援物資届ける きょうされんボランティ報告6
京都民報 2011/04/10
http://www.kyoto-minpo.net/archives/2011/04/10/post_7757.php
◆2011/04/10 復興、有権者どう判断 きょう県議選投票
朝日新聞 MY TOWN青森 2011/04/10
http://mytown.asahi.com/aomori/news.php?k_id=02000731104100001
◆2011/04/10 命 助かった後で 震災あす1カ月
朝日新聞 MY TOWN北海道 2011/04/10
http://mytown.asahi.com/hokkaido/news.php?k_id=01000001104100008
◆2011/04/10 東日本大震災:元気よく被災者支援 障害者の店、街頭で募金活動 /福岡
毎日新聞 2011/04/10 地方版
http://mainichi.jp/area/fukuoka/news/20110410ddlk40040216000c.html
◆2011/04/10 防災:明日に備える 防災スピーカー 避難指示に有効性 /兵庫
毎日新聞 2011/04/10 地方版)
http://mainichi.jp/area/hyogo/news/20110410ddlk28040234000c.html
◆2011/04/10 東日本大震災:被災障害者を支援 東淀川のNPOを窓口に設立 /大阪
毎日新聞 2011/04/10 地方版
http://mainichi.jp/area/osaka/news/20110410ddlk27040236000c.html
◆2011/04/10 社説 大震災1カ月 被災者支援 再建の道共に歩みたい(4月10日)
北海道新聞 2011/04/10
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/editorial/284918.html
◆2011/04/10 避難者の生活悩み事、聞きます 弁護士ら協力 加須
朝日新聞 MY TOWN埼玉 2011/04/10
http://mytown.asahi.com/areanews/saitama/TKY201104090480.html
◆2011/04/10 ボランティア 備え必要
朝日新聞 MY TOWN佐賀 2011/04/10
http://mytown.asahi.com/saga/news.php?k_id=42000001104090005
◆2011/04/10 河北春秋
河北新報 2011/04/10
http://www.kahoku.co.jp/column/syunju/20110410_01.htm
◆2011/04/10 陸前高田で仮設住宅入居開始 36戸、被災地で初めて
河北新報 2011/04/10
http://www.kahoku.co.jp/news/2011/04/20110410t33037.htm
◆2011/04/10 ふんばる 3.11大震災/試練、みんなで越える
河北新報 2011/04/10
http://www.kahoku.co.jp/news/2011/04/20110410t13017.htm
◆2011/04/10 陸前高田市で仮設住宅入居開始「ほっとした」
スポニチ 2011/04/10
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2011/04/10/kiji/K20110410000598500.html
◆2011/04/09 一般被災者4人が入所 利用ゼロの透析患者用避難所…インテックス大阪
YOMIURI ONLINE(関西発) 2011/04/09
http://osaka.yomiuri.co.jp/e-news/20110409-OYO1T00196.htm
◆2011/04/09 被災の地から 人工透析:中 治療回数減り、不安に
asahi.com(朝日新聞)「患者を生きる」 2011/04/09
http://www.asahi.com/health/ikiru/TKY201104090216.html
◆2011/04/09 生産ライン再び中断 県南部の各種工場
岩手日報 2011/04/09
http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20110409_6
◆2011/04/09 <サポート情報>主な問い合わせ先…9日現在
毎日新聞 2011/04/09
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110409-00000068-mai-soci
◆2011/04/09 東日本大震災:障害者団体が救援本部 大阪で募金活動も
毎日新聞 2011/04/09
http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110410k0000m040094000c.html
◆2011/04/09 「政府の責任で障害ある人の確実な避難を」要望書提出 きょうされんボランティア報告5
京都民報 2011/04/09
http://www.kyoto-minpo.net/archives/2011/04/09/post_7756.php
◆2011/04/09 東日本大震災:「餓死しかねない」在宅被災者、物資乏しく−−七ケ浜町 /宮城
毎日新聞 2011/04/09
http://mainichi.jp/area/miyagi/news/20110409ddlk04040363000c.html
◆2011/04/09 仮設住宅 初の入居
東京新聞 2011/04/09
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2011040990134208.html
◆2011/04/09 陸前高田市、仮設住宅への入居が始まる
読売新聞 2011/04/09
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110409-OYT1T00376.htm
◆2011/04/09 仮設住宅に入居始まる 被災地で初、陸前高田市
中国新聞 2011/04/09
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp201104090143.html
◆2011/04/09 仮設住宅に入居始まる 陸前高田市
沖縄タイムス 2011/04/09
http://www.okinawatimes.co.jp/article/2011-04-09_16483/
◆2011/04/09 陸前高田、仮設住宅への入居開始 被災地初、新生活へ
共同通信 2011/04/09
http://www.47news.jp/CN/201104/CN2011040901000322.html
◆2011/04/09 東日本大震災:公営住宅抽選会、倍率4.1倍/埼玉
毎日新聞 2011/04/09 地方版
http://mainichi.jp/area/saitama/news/20110409ddlk11040304000c.html
◆2011/04/09 県知事選:「避難所ルート提示を」、津波対策見直し求める/神奈川
カナコロ 2011/04/09
http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1104090004/
◆2011/04/09 道は介護職員を岩手に派遣 きょうから
北海道新聞 2011/04/09
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/284696.html
◆2011/04/09 東日本大震災:ボランティア、励まし励まされ 知的障害者、民家で泥かき
毎日新聞 2011/04/09
http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110409ddm041040215000c.html
◆2011/04/09 停電で酸素吸入器停止か 尾花沢・女性死亡
河北新報 2011/04/09
http://www.kahoku.co.jp/news/2011/04/20110409t53010.htm
◆2011/04/08 被災の地から 人工透析:上 治療中、激しい横揺れ
asahi.com(朝日新聞)「患者を生きる」 2011/04/08
http://www.asahi.com/health/ikiru/TKY201104080211.html
◆2011/04/08 災害拠点病院対策急ぐ 東海3県 耐震化率6割台
YOMIURI ONLINE(中部発) 2011/04/08
http://chubu.yomiuri.co.jp/news_top/110408_1.htm
◆2011/04/08 転院で入院料報酬減額せず 人工透析治療で厚労省
共同通信(47news) 2011/04/08
http://www.47news.jp/CN/201104/CN2011040801001273.html
◆2011/04/08 被災地派遣の介護職員、482人に−前週比154人増・厚労省調査
医療介護CBニュース 2011/04/08
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110408-00000010-cbn-soci
◆2011/04/08 24時間態勢、職員に疲労感 山田の障害者施設
岩手日報 2011/04/08
http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20110408_20
◆2011/04/08 東日本大震災:知的障害者がボランティア 岩手県宮古市で
毎日新聞 2011/04/08
http://mainichi.jp/select/today/news/20110409k0000m040039000c.html
◆2011/04/08 東日本大震災:障害者に心のケアを 避難所生活が長期化−−宮古・山田町 /岩手
毎日新聞 2011/04/08
http://mainichi.jp/area/iwate/news/20110408ddlk03040017000c.html
◆2011/04/08 東日本大震災:各部局長集め連絡会議開く 県、消防や医師派遣 /石川
毎日新聞 2011/04/08
http://mainichi.jp/area/ishikawa/news/20110408ddlk17040635000c.html
◆2011/04/08 生活情報/支援
河北新報 2011/04/08
http://www.kahoku.co.jp/news/2011/04/20110408t75056.htm
◆2011/04/08 東日本大震災:私たちにできること 精神科医・香山リカさん
毎日新聞 2011/04/08
http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110408dde003040023000c.html
◆2011/04/08 「災害弱者」 乳幼児の親、意識的備えを
京都新聞 2011/04/08 新聞掲載 04/06
http://www.kyoto-np.co.jp/kp/rensai/syuzainote/2011/110406.html
◆2011/04/08 【放送】東日本大震災で発揮されたテレビとラジオの「力」
朝日新聞 2011/04/08
http://www.asahi.com/digital/mediareport/TKY201104070281.html
◆2011/04/08 ひょうご東西南北:東日本大震災 県弁護士会、被災者支援法の拡充求める /兵庫
毎日新聞 2011/04/08
http://mainichi.jp/area/hyogo/news/20110408ddlk28040294000c.html
◆2011/04/08 東日本大震災:障害者ら再建誓う 就労3店舗失うも全員無事、徐々に復帰 /宮城
毎日新聞 2011/04/08
http://mainichi.jp/area/miyagi/news/20110408ddlk04040077000c.html
◆2011/04/08 防災ハンドブック:安否確認や避難所運営 柘植の協議会が発行−−伊賀 /三重
毎日新聞 2011/04/08
http://mainichi.jp/area/mie/news/20110408ddlk24040304000c.html
◆2011/04/08 希望新聞・岩手:東日本大震災 お役立ち情報 /岩手
毎日新聞 2011/04/08
http://mainichi.jp/area/iwate/news/20110408ddlk03040019000c.html
◆2011/04/08 要支援者に専門ケアを 京阪神のNPOがプロジェクト
京都新聞 2011/04/08
http://www.kyoto-np.co.jp/local/article/20110408000035
◆2011/04/08 東日本大震災:「災害弱者」を守るために 在宅障害者/口の中のケア /北海道
毎日新聞 2011/04/08
http://mainichi.jp/hokkaido/shakai/news/20110408ddlk01040225000c.html
◆2011/04/08 大震災と災害弱者
ことばマガジン 2011/04/08
http://astand.asahi.com/magazine/kotoba/jinken/2011033100015.html?iref=chumoku
◆2011/04/08 新地町、仮設住宅440戸を建設予定 申し込み開始
朝日新聞 MYTOWN福島 2011/04/08
http://mytown.asahi.com/areanews/fukushima/TKY201104070506.html
◆2011/04/08 PCAT被災地へ ニーズ吸い上げ支援に 長期的な取り組み 寄付金募る
タウンニュース 2011/04/08
http://www.townnews.co.jp/0602/2011/04/08/101429.html
◆2011/04/07 人工透析患者の最後の砦として役割発揮、一方で病棟が被害受け建て替えが必要に―東日本大震災、その時、医療機関は《2》仙台社会保険病院(1)〜(4)
東洋経済オンライン 2011/04/07
http://www.toyokeizai.net/business/society/detail/AC/0ae40973f2449556dad937ea3aab9184/
http://www.toyokeizai.net/business/society/detail/AC/0ae40973f2449556dad937ea3aab9184/page/2/
http://www.toyokeizai.net/business/society/detail/AC/0ae40973f2449556dad937ea3aab9184/page/3/
http://www.toyokeizai.net/business/society/detail/AC/0ae40973f2449556dad937ea3aab9184/page/4/
◆2011/04/07 避難転々 鴨川で新生活
東京新聞 2011/04/07
http://www.tokyo-np.co.jp/article/chiba/20110407/CK2011040702000054.html?ref=rank
◆2011/04/07 岩手県、障がい者向けの臨時窓口設置に乗り出す
障がい者の働く場ニュース 2011/04/07
http://www.hatarakuba-info.com/news_2tojWWFA2.html
◆2011/04/07 【東日本大震災】慣れぬ都会暮らしを応援 新宿で被災者の生活相談会
産経ニュース 2011/04/07
http://sankei.jp.msn.com/region/news/110407/tky11040721240022-n1.htm
◆2011/04/07 【東日本大震災】避難所で「手話」通じず…災害弱者支えたネットメディア(1/2ページ)
産経ニュース 2011/04/07
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/110407/its11040720220011-n1.htm
◆2011/04/07 【東日本大震災】避難所で「手話」通じず…災害弱者支えたネットメディア(2/2ページ)
産経ニュース 2011/04/07
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/110407/its11040720220011-n2.htm
◆2011/04/07 20キロ圏内から利用者・職員79人が避難 きょうされんボランティア報告3
京都民報 2011/04/07
http://www.kyoto-minpo.net/archives/2011/04/07/2079.php
◆2011/04/07 だれもが使えるウェブコンクール、「災害情報とアクセシビリティ」テーマの講座を4/25開催
Web担当者Forum 2011/04/07
http://web-tan.forum.impressrd.jp/n/2011/04/07/10073
◆2011/04/07 被災・原発風評で障害者の職場も打撃
読売新聞 2011/04/07
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=39250
◆2011/04/07 障害者や患者支援、HPで情報 立命大研究拠点が集約
京都新聞 2011/04/07
http://www.kyoto-np.co.jp/education/article/20110407000078
◆2011/04/07 聴覚障がい者に情報届かず 支援は本格化
障がい者の働く場ニュース 2011/04/07
http://www.hatarakuba-info.com/news_2qygvbLMo.html
◆2011/04/07 東日本大震災:心身ケア、保健師フル回転 避難所で健康相談 医師の診断も /埼玉
毎日新聞 2011/04/07
http://mainichi.jp/area/saitama/news/20110407ddlk11040267000c.html
◆2011/04/07 品川区、被災者向けに区民住宅22戸を提供−倍率は約6.7倍に
品川経済新聞 2011/04/07
http://shinagawa.keizai.biz/headline/1259/
◆2011/04/07 被災障害者の支援拠点開設 きょうされんボランティア報告2
京都民報 2011/04/07
http://www.kyoto-minpo.net/archives/2011/04/07/post_7747.php
◆2011/04/07 【社会部発】「震災弱者」支える地域の絆
産経ニュース 2011/04/07
http://sankei.jp.msn.com/life/news/110407/trd11040709430009-n1.htm
◆2011/04/07 希望新聞:東日本大震災・サポート情報 6日現在
毎日新聞 2011/04/07
http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110407ddm035040017000c.html
◆2011/04/07 ソースかつ丼で避難者応援
信濃毎日新聞 2011/04/07
http://www.shinmai.co.jp/news/20110407/m-5.htm
◆2011/04/07 福島第1原発:認知症の母、避難先で凍死 家族行き場なく
毎日新聞 2011/04/07
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20110407k0000m040161000c.html
◆2011/04/07 節電で「バリアフリーの灯」を消すな 外出への不安感は「消費萎縮」も加速させる(1/3ページ)
日経ビジネス 2011/04/07
http://business.nikkeibp.co.jp/article/money/20110404/219304/?rt=nocnt
◆2011/04/07 節電で「バリアフリーの灯」を消すな 外出への不安感は「消費萎縮」も加速させる(2/3ページ)
日経ビジネス 2011/04/07
http://business.nikkeibp.co.jp/article/money/20110404/219304/?P=2
◆2011/04/07 節電で「バリアフリーの灯」を消すな 外出への不安感は「消費萎縮」も加速させる(3/3ページ)
日経ビジネス 2011/04/07
http://business.nikkeibp.co.jp/article/money/20110404/219304/?P=3
◆2011/04/07 〈伝えたい―阪神から〉交流保つ仕組みを(1/2ページ)
朝日新聞 2011/04/07
http://www.asahi.com/national/update/0407/OSK201104060137.html
◆2011/04/07 物資配布・障害者/高齢者施設の問題 『被災地で求められること』 市内社会福祉法人 救援物資続々輸送
タウンニュース 2011/04/07
http://www.townnews.co.jp/0304/2011/04/07/100985.html
◆2011/04/07 人工呼吸器使用の「歩む会」  地震時、停電でヒヤリ
タウンニュース 2011/04/07
http://www.townnews.co.jp/0108/2011/04/07/100998.html
◆2011/04/06 透析患者避難所一般の被災者も…インテックス大阪
YOMIURI ONLINE(関西発) 2011/04/06
http://osaka.yomiuri.co.jp/e-news/20110406-OYO1T00308.htm
◆2011/04/06 経腸栄養剤最大2割不足の見込み――震災の影響で
ケアマネジメント オンライン 2011/04/06
http://www.caremanagement.jp/news+article.storyid+8680.htm
◆2011/04/06 【東日本大震災】経腸栄養剤が5月まで不足‐過剰在庫控え在宅療養患者に優先使用
薬事日報 2011/04/06
http://www.yakuji.co.jp/entry22628.html
◆2011/04/06 現場から:つながり /神奈川
毎日新聞 2011/04/06
http://mainichi.jp/area/kanagawa/genbakara/news/20110406ddlk14070239000c.html
◆2011/04/06 避難所生活の障害者へケア届かず 県、実態把握急ぐ
岩手日報 2011/04/06
http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20110406_15
◆2011/04/06 いわき市で一時提供住宅の申し込み8日まで
KFB福島放送 2011/04/06
http://www.kfb.co.jp/news/index.cgi?n=201104068
◆2011/04/06 仮設住宅の初抽選 陸前高田市、一般枠に応募50倍超
岩手日報 2011/04/06
http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20110406_9
◆2011/04/06 つなごう希望:東日本大震災 広がる支援の輪、さらに /山口
毎日新聞 2011/04/06
http://mainichi.jp/area/yamaguchi/news/20110406ddlk35040329000c.html
◆2011/04/06 京都の障がい者が被災地の障がい者のため募金呼びかける
障がい者の働く場ニュース 2011/04/06
http://www.hatarakuba-info.com/news_2fb2IaavS.html?right
◆2011/04/06 東日本大震災:被災者に公営住宅575戸、11日から県が2次募集/神奈川
カナコロ 2011/04/06
http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1104060009/
◆2011/04/06 東日本大震災:仮設住宅、倍率53倍−−陸前高田で抽選会 /岩手
毎日新聞 2011/04/06
http://mainichi.jp/area/iwate/news/20110406ddlk03040014000c.html
◆2011/04/06 東日本大震災:がれきから一家の遺体 歩けぬ男性、乳幼児ら5人−−気仙沼 /宮城
毎日新聞 2011/04/06
http://mainichi.jp/area/miyagi/news/20110406ddlk04040080000c.html
◆2011/04/06 東日本大震災:大崎の授産施設、在庫食品を無償提供 先月3日間、避難所に /宮城
毎日新聞 2011/04/06
http://mainichi.jp/area/miyagi/news/20110406ddlk04040053000c.html
◆2011/04/06 希望新聞:東日本大震災・サポート情報 5日現在
毎日新聞 2011/04/06
http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110406ddm035040037000c.html
◆2011/04/06 仮設住宅入居36戸決定 申請1160世帯抽選 陸前高田
河北新報 2011/04/06
http://www.kahoku.co.jp/news/2011/04/20110406t33021.htm
◆2011/04/06 被災地の介助態勢が不安…
読売新聞 2011/04/06
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/tokyo23/news/20110406-OYT8T00073.htm
◆2011/04/06 病院などの自家発電整備を助成へ
NHKニュース 2011/04/06
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110406/t10015123891000.html
◆2011/04/06 【主張】仮設住宅 安らげる住まいを大至急
産経ニュース 2011/04/06
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110406/dst11040603440007-n1.htm
◆2011/04/06 訪問入浴会社が支援 宮城県石巻市に向け 青森
産経ニュース 2011/04/06
http://sankei.jp.msn.com/region/news/110406/aom11040602160000-n1.htm
◆2011/04/06 救援・ボランティア情報 : 厚労省、被災者向けに「生活支援ニュース」発行、避難所等への配布開始
新建ハウジング 2011/04/06
http://www.s-housing.jp/modules/news6/article.php?storyid=257
◆2011/04/05 東日本大震災 最後までみんな一緒 がれきから一家の遺体
毎日新聞 2011/04/05
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110405-00000012-maip-soci
◆2011/04/05 <サポート情報>仮設住宅…5日現在
毎日新聞 2011/04/05
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110405-00000132-mai-soci
◆2011/04/05 <サポート情報>主な問い合わせ先
毎日新聞 2011/04/05
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110405-00000149-mai-soci
◆2011/04/05 <サポート情報>厚労省「生活支援ニュース」発行
毎日新聞 2011/04/05
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110405-00000157-mai-soci
◆2011/04/05 36%、1万人が高齢者 県が避難所調査
岩手日報 2011/04/05
http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20110405_13
◆2011/04/05 初の仮設住宅入居抽選会 36戸に1160世帯応募
朝日新聞 2011/04/05
http://www.asahi.com/national/update/0405/TKY201104050270.html
◆2011/04/05 原発事故のストレス抱える被災者 福島県郡山市・ボランティア活動報告
京都民報 2011/04/05
http://www.kyoto-minpo.net/archives/2011/04/05/post_7742.php
◆2011/04/05 東日本大震災:避難者支援、官民共同で アリーナで支援活動の団体提言/埼玉
毎日新聞 2011/04/05
http://mainichi.jp/area/saitama/news/20110405ddlk11040288000c.html
◆2011/04/05 陸前高田市で仮設住宅抽選会=岩手
時事ドットコム 2011/04/05
http://www.jiji.com/jc/p?id=20110405123334-0687259
◆2011/04/05 東日本大震災 岩手・陸前高田市で最初の仮設住宅完成 抽せん会で36世帯の入居決まる
フジニュースネットワーク 2011/04/05
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00196675.html
◆2011/04/05 【東日本大震災】仮設住宅、初の抽選 岩手・陸前高田で36戸
産経ニュース 2011/04/05
http://sankei.jp.msn.com/region/news/110405/iwt11040511380004-n1.htm
◆2011/04/05 被災地初の仮設住宅抽選 陸前高田、応募30倍
共同通信 2011/04/05
http://www.47news.jp/CN/201104/CN2011040501000307.html
◆2011/04/05 東日本大震災:仮設住宅の倍率53倍 陸前高田で抽選
毎日新聞 2011/04/05
http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110405k0000e040039000c.html
◆2011/04/05 最初の仮設住宅36戸、倍率は32倍 陸前高田
朝日新聞 2011/04/05
http://www.asahi.com/national/update/0404/TKY201104040490.html
◆2011/04/05 苦難の被災障害者
東京新聞 2011/04/05
画像
◆2011/04/05 仮設求め窓口に列 東松島市、申請受け付け
河北新報 2011/04/05
http://www.kahoku.co.jp/news/2011/04/20110405t13032.htm
◆2011/04/05 東日本大震災:認知症、届かぬケア…ある女性の死 長引く避難、町を転々
毎日新聞 2011/04/05
http://mainichi.jp/life/health/fukushi/news/20110405ddm003040113000c.html
◆2011/04/05 官民共同対策本部を要望  知事に避難者支援の弁護士ら
読売新聞 2011/04/05
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/saitama/news/20110404-OYT8T01153.htm
◆2011/04/05 避難所に900人超の障害者
NHK 2011/04/05
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110405/t10015100711000.html
◆2011/04/04 東日本大震災:福島の透析患者、半月ぶりに帰郷 地元の病院の水道復旧受けて /新潟
毎日jp(毎日新聞) 2011/04/04
http://mainichi.jp/area/niigata/news/20110404ddlk15040094000c.html
◆2011/04/04 東日本大震災 神戸のNPO、9日に現地入り
産経新聞 2011/04/04
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110404-00000018-san-l28
◆2011/04/04 東日本大震災:津波被災地から ダウン症36歳長男と避難所生活−−旭 /千葉
毎日新聞 2011/04/04
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110404-00000048-mailo-l12
◆2011/04/04 被災地に派遣の介護職員、3日でほぼ倍増−厚労省調査
医療介護CBニュース 2011/04/04
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110404-00000002-cbn-soci
◆2011/04/04 被災地医療 在宅療養、こんな時こそ支えたい…仙台の看護師
読売新聞 2011/04/04
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=39071
◆2011/04/04 生活情報/支援
河北新報 2011/04/04
http://www.kahoku.co.jp/news/2011/04/20110404t75003.htm
◆2011/04/04 東日本大震災:避難の要援護者、蔵王町が受け入れ 名取の3家族7人 /宮城
毎日新聞 2011/04/04
http://mainichi.jp/area/miyagi/news/20110404ddlk04040048000c.html
◆2011/04/04 原発30キロ圏内自力移動困難159人
福島放送 2011/04/04
http://www.kfb.co.jp/news/index.cgi?n=2011040415
◆2011/04/04 福島の被災者5人死亡 群馬の避難先で、持病が悪化
日本経済新聞 2011/04/04
http://www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C93819695E2E6E2E1EB8DE2E6E2E6E0E2E3E39191E3E2E2E2;at=DGXZZO0195583008122009000000
◆2011/04/04 聴覚障害者 情報届かない…厚労省、手話通訳士派遣へ
読売新聞 2011/04/04
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=39048
◆2011/04/04 東日本大震災:「医薬品、足りない」 障害者ら2団体、現状訴え /京都
毎日新聞 2011/04/04
http://mainichi.jp/area/kyoto/news/20110404ddlk26040286000c.html
◆2011/04/04 東日本大震災:障害者向け臨時窓口、県開設へ 陸前高田など3カ所 /岩手
毎日新聞 2011/04/04
http://mainichi.jp/area/iwate/news/20110404ddlk03040010000c.html
◆2011/04/04 県が障害者相談支援センター 3市町に5日開設
岩手日報 2011/04/04
http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20110404_13
◆2011/04/04 聴覚障害者に届かない情報…津波にも気付かず
読売新聞 2011/04/04
http://headlines.yahoo.co.jp/smartphone/hl?a=20110404-00000176-yom-soci
◆2011/04/03 【東日本大震災】福島県が壁新聞で生活支援情報 全避難所に掲示
産経新聞 2011/04/03
http://sankei.jp.msn.com/life/news/110403/trd11040320530016-n1.htm
◆2011/04/03 街頭演説「防災」に集中
読売新聞 愛媛 2011/04/03
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/ehime/news/20110402-OYT8T00817.htm
◆2011/04/03 被災地のALS患者支援イベントを開催
読売新聞 2011/04/03
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/tokyo23/news/20110403-OYT8T00052.htm
◆2011/04/03 孫正義社長が100億円寄付/3日の動き
日刊スポーツ 2011/04/03
http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp0-20110404-756368.html
◆2011/04/03 前向きに生きて 東日本大震災被災者にメッセージ 
神戸新聞 2011/04/03
http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/0003921502.shtml
◆2011/04/03 「被災地の障害者に支援を」 京都の障害者が募金
京都民放 2011/04/03
http://www.kyoto-minpo.net/archives/2011/04/03/post_7733.php
◆2011/04/03 仮設住宅を公開、岩手・陸前高田 4月中旬から入居
共同通信 2011/04/03
http://www.47news.jp/CN/201104/CN2011040301000377.html
◆2011/04/03 十勝で計328世帯受け入れ可能
十勝毎日新聞 2011/04/03
http://www.tokachi.co.jp/news/201104/20110403-0008620.php
◆2011/04/03 東日本大震災:被災の障害者に援助を 静岡の3団体が街頭募金 /静岡
毎日新聞 2011/04/03
http://mainichi.jp/area/shizuoka/news/20110403ddlk22040055000c.html
◆2011/04/03 被災地保育園に支援を  田村議員に 国「特例措置作る」  厚労委
しんぶん赤旗 2011/04/03
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2011-04-03/2011040304_03_0.html
◆2011/04/03 三田から今できること 被災地支援へ市民ら集会
神戸新聞 2011/04/03
http://www.kobe-np.co.jp/news/hanshin/0003917829.shtml
◆2011/04/03 津波の対策急務、災害弱者の避難課題 統一地方選を前に
朝日新聞 2011/04/03
http://mytown.asahi.com/areanews/kagawa/OSK201104020095.html
◆2011/04/03 生活情報/支援
河北新報 2011/04/03
http://www.kahoku.co.jp/news/2011/04/20110403t15008.htm
◆2011/04/03 生活情報/自治体情報
河北新報 2011/04/03
http://www.kahoku.co.jp/news/2011/04/20110403t15010.htm
◆2011/04/03 在宅被災者、孤立続く 支援停滞、共助が不可欠
河北新報 2011/04/03
http://www.kahoku.co.jp/news/2011/04/20110403t13034.htm
◆2011/04/02 被災したALS患者に支援を 患者団体が街頭募金
共同通信 2011/04/02 http://www.47news.jp/CN/201104/CN2011040201000708.html
◆2011/04/02 東日本大震災:外来の透析、再開 患者「ホッとした」−−岩手・陸前高田の病院
毎日新聞 2011/04/02 http://mainichi.jp/life/health/medical/news/20110402ddm041040113000c.html
◆2011/04/02 上野のパンダは原発避難者も癒やした
日刊スポーツ 2011/04/02 http://www.nikkansports.com/general/news/p-gn-tp0-20110402-755854.html
◆2011/04/02 被災患者受け入れ医療機関 診療報酬のしくみ見直しを 支援するほど不利益に
しんぶん赤旗 2011/04/02 http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2011-04-02/2011040214_01_1.html
◆2011/04/02 避難所生活の人工透析患者、2人死亡
読売新聞 2011/04/02 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110402-OYT1T00309.htm?from=main6
◆2011/04/02 18歳漁協内定取り消し
読売新聞 2011/04/02 http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/iwate/news/20110402-OYT8T00147.htm
◆2011/04/02 【東日本大震災】大熊町から高槻市に避難した阿部緑さん 4月から市営住宅で新生活 親代わりと慕う女性の安否を気遣う(1/2ページ)
産経新聞 2011/04/02 http://sankei.jp.msn.com/region/news/110402/osk11040218560005-n1.htm
◆2011/04/02 【東日本大震災】大熊町から高槻市に避難した阿部緑さん 4月から市営住宅で新生活 親代わりと慕う女性の安否を気遣う(2/2ページ)
産経新聞 2011/04/02 http://sankei.jp.msn.com/region/news/110402/osk11040218560005-n2.htm
◆2011/04/02 視覚障害者のため、義援金コンサート 23日大阪・北区で
産経新聞 2011/04/02
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110402-00000015-san-l27
◆2011/04/02 復興再生ビジョン―希望への一歩 構想しよう
朝日新聞 2011/04/02
http://www.asahi.com/paper/editorial20110402.html
◆2011/04/02 生活情報/支援
河北新報 2011/04/02
http://www.kahoku.co.jp/news/2011/04/20110402t15041.htm
◆2011/04/02 仙台市、仮設436戸の概要公表
河北新報 2011/04/02
http://www.kahoku.co.jp/news/2011/04/20110402t11051.htm
◆2011/04/02 希望新聞:東日本大震災 遠くの被災地より 嘉田眞典さん
毎日新聞 2011/04/02
http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110402ddm012040043000c.html
◆2011/04/02 希望新聞:東日本大震災・サポート情報 1日現在
毎日新聞 2011/04/02
http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110402ddm035040006000c.html
◆2011/04/02 障害者苦難の避難 いわきから横浜、長野へ一時石狩にも
北海道新聞 2011/04/02
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/282940.html
◆2011/04/02 【静岡】被災者に無償住居を 善意の仲介に民間活躍
中日新聞 2011/04/02
http://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/20110402/CK2011040202000128.html
◆2011/04/02 障害者支え合い 仙台市の団体、会議用品など配達
日本経済新聞 2011/04/02
http://www.nikkei.com/life/news/article/g=96958A9C93819695E1E3E2E6868DE2E0E2E6E0E2E3E39180E2E2E2E2;da=96958A88889DE2E0E3EAEAE7E6E2E0E3E3E0E0E2E2EBE2E2E2E2E2E2
◆2011/04/02 被災地の盲導犬、実態知って…支援の募金設置
読売新聞 2011/04/02
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=38978
◆2011/04/02 14温泉で被災者受け入れ可能
十勝毎日新聞 2011/04/02
http://www.tokachi.co.jp/news/201104/20110402-0008608.php
◆2011/04/02 被災者の住宅希望、近隣・首都圏に集中 供給不足も
朝日新聞 2011/04/02
http://www.asahi.com/national/update/0401/TKY201104010201.html
◆2011/04/02 東日本大震災:視覚障害者の被災 実態把握できず
毎日新聞 2011/04/02
http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110403k0000m040044000c.html
◆2011/04/02 福祉避難所40か所、高齢者・障害者ら受け入れ
読売新聞 2011/04/02
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110402-OYT1T00745.htm?from=navr
◆2011/04/01 47トピックス 軽ワゴンに7人で生活 障害児を抱える被災者
47news 2011/04/01
http://www.47news.jp/47topics/e/205931.php
◆2011/04/01 DPIメールマガジン
DPI 2011/04/01
http://archive.mag2.com/0000070263/index.html
◆2011/04/01 【東日本大震災】港区が災害対策職員住宅入居者を募集
産経新聞 2011/04/01
http://sankei.jp.msn.com/region/news/110401/tky11040123320021-n1.htm
◆2011/04/01 きらっといきる
 「東北関東大震災で被災された障害者に、今、必要な支援は何か。現地の声を届け、阪神・淡路大震災を経験した障害者たちと考える。」
NHK教育 2011/04/01
 http://www.nhk.or.jp/kira/
◆2011/04/01 避難渋滞、津波被害を拡大 促しても車降りる人少数
朝日新聞 2011/04/01
http://www.asahi.com/national/update/0401/TKY201104010283.html
◆2011/04/01 寝たきり35人と残る 30キロ圏内の病院「ただ逃げろの政府方針は無責任」
スポーツニッポン 2011/04/01
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2011/04/01/kiji/K20110401000542340.html
◆2011/04/01 クッキー販売、収益を義援金に 山科の福祉施設
京都新聞 2011/04/01
http://www.kyoto-np.co.jp/kyoto/article/20110401000032
◆2011/04/01 東日本大震災:被災地の子供へ手作りパズル−−相模原の障害者作業所 /神奈川
毎日新聞 2011/04/01
http://mainichi.jp/area/kanagawa/news/20110401ddlk14040297000c.html
◆2011/04/01 心の病 支援のはざま 避難の夫婦に不安
産経新聞 2011/04/01
http://www.okinawatimes.co.jp/article/2011-04-01_16121/
◆2011/04/01 【東日本大震災】福祉作業所がよりどころに 障害者、外国人が避難 岩手
産経新聞 2011/04/01
http://sankei.jp.msn.com/life/news/110401/trd11040108520011-n1.htm
◆2011/04/01 「障害者に希望与えたい」  甲斐市・大久保さん 弱視フットサル日本代表に 国際舞台控え練習に熱 
山梨日日新聞 2011/04/01
http://www.sannichi.co.jp/local/news/2011/04/01/5.html
◆2011/04/01 歌声で市民に勇気与えたい 仙台・チャリティーコンサート
河北新報 2011/04/01
http://www.kahoku.co.jp/news/2011/04/20110401t15034.htm
◆2011/04/01 宮城・南三陸、集団避難 1120人県内4市町へ
河北新報 2011/04/01
http://www.kahoku.co.jp/news/2011/04/20110401t13053.htm
◆2011/04/01 東日本大震災:災害、弱者により重く 大船渡ルポ
毎日新聞 2011/04/01
http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110401k0000m040191000c.html
◆2011/04/01 雇用促進住宅の入居者を募集 一関市・4日から
岩手日報 2011/04/01
http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20110401_9
◆2011/04/01 東日本大震災:「生きている」実感 障害者長女らのパン、被災者へ−−宮城・石巻
毎日新聞 2011/04/01
http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110401dde041040012000c.html
◆2011/04/01 サポート情報:精神保健福祉 1日現在
毎日新聞 2011/04/01
http://mainichi.jp/life/health/medical/news/20110402k0000m040021000c.html
◆2011/04/01 東日本大震災:慶大発ベンチャーの蓄電池、被災地などで活躍/神奈川
カナコロ 2011/04/01
http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1103310055/



 
>TOP

◆車9台流された作業所に支援物資届ける きょうされんボランティ報告6
(京都民報 2011年04月10日)
http://www.kyoto-minpo.net/archives/2011/04/10/post_7757.php
「きょうされん京都支部からボランティア派遣され、福島県郡山市内で障害者の安否確認や生活支援に取り組んでいる、粟野賢さん(27)=長岡京市・障害者福祉サービス事業所あらぐさ=の現地報告を紹介します。
 今日は避難所回りを一旦中断し、相馬市方面といわき市への支援物質の運搬作業をしました。
 いわき市方面組は、9台あった車が全て津波に流されたという作業所に、熊本県の作業所から寄付された車1台と、水や食料、トイレットペーパーなどの日用品を届けに行きました。
 いわき市に入り沿岸部へ向かうと、津波の被害の状況が目に入ってきました。家々の1階部分は窓も扉もなく瓦礫が散乱し、流された車が転がっているという状況でした。
 作業所の職員さんは、「まさか自分たちがこんな目に遭うとは思わなかった。多くの方に支援してもらってありがたい」と涙を流しておられました。「車がなくて困っている」という声があれば、熊本からでも車が届けられるという支援の輪、つながりの強さに感動しました。写真は、作業所の裏に流れてきた車とプレハブです。」(全文)


 
>TOP

◆復興、有権者どう判断 きょう県議選投票
(朝日新聞 MY TOWN青森 2011年04月10日)
http://mytown.asahi.com/aomori/news.php?k_id=02000731104100001
「県議選(定数48)は10日投開票される。無投票だった7選挙区を除き、9選挙区で59人が40議席を争っている。焦点は、県政下で24議席を占める与党第1党の自民と、11議席の野党民主の消長だ。国政と県政のねじれの中、有権者がどのような判断を下すか注目される。投票は10日午前7時から午後8時まで(一部で投票繰り上げ)、県内746カ所の投票所である。開票作業は午後8時半以降、選挙区ごとに順次始まり、午後11時半ごろには大勢が判明する見込み。
 3月11日の東日本大震災の直後の県議選となり、青森市区や八戸市区では自粛ムードが広がる異例の選挙戦となった。
 7日深夜の最大余震では県内全域が10時間以上停電した。県民の生活が平常に戻り切れないなか、震災からの復興や原発をめぐる問題も有権者の選択にどう影響するのかも興味深い。
◇各党こう戦った◇
 3月11日の東日本大震災を受け、選挙運動を自粛する動きも見られた今回の県議選。震災からの復興が道半ばで、有権者の関心もなかなか選挙には向かないといわれるなか、各陣営はどう戦ってきたのか。主な政党の幹部に、これまでの戦いぶりと手応えを聞いた。
《民主》復興で国に直言を強調
 山内崇・県連幹事長 県が推進する産業政策「クリスタルバレイ構想」の矛盾点やそれに代わる中小企業支援策など、一貫して主張してきたことに有権者が熱心に耳を傾けてくれた。今の県政に疑問を持つ人は多いと実感し、手応えも感じた。震災復興策についても、国政与党として現場の声を直接、国に伝える姿勢も強調できた。現有議席死守は最低ライン。推薦も含めた候補の全員当選が目標。自信はある。
《自民》地域主導の復興訴えた
 神山久志・県連幹事長 震災の直接被害を受けなかった津軽地方でも観光や工業などの分野で2次被害が広がるなか、復興がテーマといういつもと違う選挙だった。復興は国主導でなく、地元の問題をよく知る地域主導で行うべきで、県政与党の自民党県議にこそ復興を実現させる力があると訴えた。手応えは十分感じている。6月の知事選で三村知事の3選を実現するためにも、現有議席からさらに上乗せしたい。
《公明》支え合う社会構築主張
 山谷秀造・県本部副代表 震災で高齢者や障害者ら災害弱者への情報伝達の課題が浮かび上がり、支え合う社会の構築が大切と訴え続けた。子を持つ親の不安を取り除くため、学校の耐震化に党をあげて取り組むとも強調した。選挙カーの自粛で十分な街頭演説が出来ないやりにくさはあったが、被災者に寄り添う気持ちは有権者の共感を呼ぶことができたと思う。三村知事を支える県政与党として現職2人を当選させたい。
《共産》原発からの転換に共感
 堀幸光・県委員長 大地震、津波、原発事故に対する不安に、有権者が「今のままの県政でいいのか」という疑問を抱いた選挙だ。選挙活動の自粛など異例ずくめの選挙のなか、震災復興や原発からの転換など県民の安全を守る政治を正面から訴えてきた。日に日に有権者から共感や期待の声が寄せられてきた。青森市、弘前市、八戸市の4議席獲得が目標。勢いに乗って議席に結びつく戦いに持ち込めた。
《社民》雇用と原発問題を柱に
 三上武志・県連合幹事長 雇用の場づくりに加え、原発の問題を柱に訴えてきた。「負の遺産に頼らないエネルギーに変えよう。それが政治の責任」と。有権者から逆に考えを聞かれることもあったほどで、手応えはある。福島瑞穂党首が9日に応援に来てくれたのも、原発も核燃料サイクル施設も米軍基地もある青森県で議席は失えないとの思いがあったから。終盤に追い上げも進んでおり、自信を持って投票日を迎えられる。 」(全文)


 
>TOP

◆命 助かった後で 震災あす1カ月
(朝日新聞 MY TOWN北海道 2011年04月10日)
http://mytown.asahi.com/hokkaido/news.php?k_id=01000001104100008
「写真=先月22日には、被災地で人工透析治療を受けることができなくなった患者を道内で受け入れた=千歳市の航空自衛隊千歳基地、上田幸一撮影
東日本大震災から11日で1カ月。この未曽有の大災害は、東北や関東地方のみならず、道内の住民にも今なお大きな影響を与え続けている。命は助かったものの苦境にあえぐ男性。新天地で新たな一歩を踏み出した女性。それぞれの立場で迎えた1カ月は――。
   ◇
□漁船失った釧路の3兄弟 「今後の生活見えぬ」  「命があっただけでも良かったけれど、今後の生活はどうなるのか分からない」。宮城県気仙沼港で大震災に遭ったものの、奇跡的に助かった釧路市東部漁協所属のマグロはえ縄漁船「第11みのる丸」(19トン)の加藤充則(よしのり)船長(46)は、不安な気持ちを語った。
 あの日――。兄の昇さん(51)、弟の朗さん(44)とみのる丸に乗り、気仙沼港から沖に出ようとしたところ、大震災で生じた大津波に押し返された。大型船と衝突したが、運良く港の造船所に流れ着き、兄弟3人で高台に避難。発生から1週間後の先月18日、釧路の自宅に戻った。
 だが、みのる丸の行方は不明のまま。避難の途中で沖に流れていく船が遠くに見えたが、その後に気仙沼の知人に尋ねても、目撃情報はない。「古い船で衝突もあったから沈んだのだろう」とあきらめている。
 船舶保険が支払われても、購入時の借金があり、手元に残らない。船を新造したり漁具を新規購入したりする余裕もないという。
 3年半前、父の實(みのる)さんが77歳で急死。それを契機に、工場などに勤めていた昇さん、朗さんが充則さんを手伝うようになった。だが、父から受け継いだ船はなくなり、水揚げの拠点としていた気仙沼港も復旧の見通しが立たない。
 3人は現在、それぞれ職を探す毎日だ。祖父の代から受け継ぐ地元での昆布漁の権利は持っているが、これで生活が成り立つかは分からない。これから始まるサケ・マス、サンマ漁のシーズンに知り合いの船に乗ることも考えているが、決めきれないのも事実だ。
 「船に乗れればいいけれど、おっかない気持ちもある。不況で、この年齢になってからは難しいが、陸の仕事を探したい」。充則さんは話している。
(古源盛一)
   ◇
□故郷の仙台から函館へ避難 復興願い新社会人に
 仙台市で被災した女性が、避難先の函館市で職を得て、新社会人としてのスタートを切った。家族と離れ、見知らぬ土地での新たな生活に不安は募るが、願いは一刻も早い愛する故郷の復興だ。
 仙台市太白区の女性(22)は3月11日のあの時、大学の卒業式を目前にして、JR仙台駅近くでアルバイト中だった。激しい揺れに近くの駐車場に逃げた。自宅は無事だったが、避難所で二晩を過ごした。親類の借家にも避難した。
 余震に加えて、福島第一原発の事故の影響も心配だった。家族で話し合い、母親の知人を頼りに函館市に避難することになった。バスと電車を乗り継ぎ、3月21日に母親らと3人で市営競輪場の選手宿舎に落ち着いた。仕事がある父は仙台に残った。
 仙台は「田舎と都会の魅力の両方がある大好きな街」だ。テレビで見る被害の様子と、自分の記憶にある風景が重ならない。それがつらい。自分だけ逃げていると思うと気持ちが重くなるが、仙台に戻っても仕事はない。知人のつてで、函館パークホテルの試験を受け入社が決まった。
 「アパートを借りて自立したい。給料で物資をたくさん仙台に届けたい」
 故郷に思いを寄せながらも、早く仕事を覚えたいと忙しく動き回る毎日だ。
(加賀谷直人)
□公営住宅や医療機関 被災者受け入れ進む
 この1カ月で、被災者の受け入れ態勢は、道内でも着実に進んできた。
 道のまとめでは、被災者受け入れの態勢を整えた公営住宅は、道営が212戸、144の市町村営が計1856戸にのぼる。これらのうち7日現在で、道営53戸に計176人、市町村営118戸に計366人が入居している。
 被災地の病人や高齢者、障害者たちの受け入れ準備も進めた。内科や外科、産科など計403の医療機関は、計3158のベッドを確保した。高齢者施設は448カ所(受け入れ可能人数1879人)、障害者施設は228カ所(同734人)、母子家庭や孤児などの受け入れ施設は147カ所(358人)。
 これまでに宮城県の81人の患者が、人工透析治療のために道内の病院に入院した。また災害派遣医療チーム(北海道DMAT)の医師らは、被災地の4人の負傷者を受け入れた。
 道は先月の道議会で成立した今年度補正予算に、被災地まで出向いて被災者を受け入れる支援策を盛り込んだ。集落や避難所単位で道内に集団で避難する人たちが対象だ。3月22日以降、岩手、宮城、福島の3県庁に道の支援策をまとめた資料を配っているが、打診はないという。
 一方、道民から寄せられた支援物資は、順次、被災地に送り届けられている。
 道のまとめでは、7日現在で、市町村や企業から寄せられた毛布約2万6千枚、水約1万4千箱、タオル3万3千本、カップ麺やレトルト食品など食料約1万7千箱などを宮城県内に送った。道民個人から寄せられたものでは、インスタントラーメンのような食料品、トイレットペーパーなどの生活用品について、4トントラック5台分の分量を被災3県に送った。
 道民個人からの支援物資は、道庁本庁や各振興局で22日まで受け付けている。 」(全文)


 
>TOP

◆東日本大震災:元気よく被災者支援 障害者の店、街頭で募金活動 /福岡
(毎日新聞 2011年4月10日 地方版)
http://mainichi.jp/area/fukuoka/news/20110410ddlk40040216000c.html
「◇「自分たちにできることを」
 障害のある人たちが作った食品や工芸品を販売するアンテナショップ「一丁目の元気」(小倉北区京町)が9日、東日本大震災の被災者を支援しようと店舗前で募金を呼びかけた。パンなどの新作を売り出す恒例「一丁目の元気フェア」に合わせ実施した。【銭場裕司】
 運営するNPO法人「北九州小規模連」の中村佳奈理事によると、被災地で連絡が取れない作業所もあったため「自分たちにできることをしよう」と実施を決めた。
 街頭に立ったのは小倉北区の障害者福祉事業所「ねむの木」の通所者ら。募金活動は初めてだったが、元気よく募金を呼びかけた。
 参加した男性(21)は「緊張したけど、やって良かった」と笑顔を見せていた。
〔北九州版〕」(全文)


 
>TOP

◆防災:明日に備える 防災スピーカー 避難指示に有効性 /兵庫
(毎日新聞 2011年4月10日 地方版)
http://mainichi.jp/area/hyogo/news/20110410ddlk28040234000c.html
「◇西宮市内全域に142基
 3月11日、東日本を襲った未曽有の大震災。同日午後3時半、兵庫県南部に津波注意報が出されると、西宮市沿岸部に設置された防災スピーカー(防災行政無線)から、住民に注意を呼びかける放送が繰り返された。「海岸付近の方は海辺に近寄らないでください」。同市が08年度から進めてきたスピーカーの整備が昨年度で完了し、市内全域に142基が設置された。震災が見せつけた地震や津波の脅威。危険への注意喚起や避難指示に有効な情報伝達手段として、今改めてその有効性が注目されている。【浜名晋一】
 同市は阪神大震災の教訓を踏まえ、災害発生時には、迅速で正確な情報の伝達が重要と判断。総額5億円をかけ、スピーカーの整備を順次進めてきた。海、山、川の自然に恵まれた同市だが、その分、津波、がけ崩れ、洪水と想定される災害の種類も多い。同市は震度5弱以上の地震や津波を予測・観測▽津波注意報、津波警報、大津波警報の発表▽避難勧告・指示の発令−−などの場合について、放送を行うと規定。東日本大震災時の津波の他、昨年2月のチリ大地震に伴う津波注意報でも、放送された。
 地震や津波発生の場合、市役所内の無線室に配備した全国瞬時警報システム(Jアラート)が信号を受信して、自動的に放送を開始。小中学校や公園に設置したスピーカーを通じて、住民に注意喚起や避難指示を行う。災害の種類や被害が予想される地域により、作動するスピーカーの数を調整し、放送の対象区域を選択することも可能だ。
 スピーカーで流される情報は、地域のFM放送局「さくらFM(78・7メガヘルツ)」にも伝えられ、緊急的に割り込み放送を行うこともある。高齢者や障害者の福祉施設には、さくらFMのみ受信可能で、非常時に自動的に電源が入る緊急告知FMラジオ180台を配備するなど、「災害弱者」にも、目を配っている。
 また、スピーカーは地域で実施される防災訓練にも利用されている。今年度は22カ所で訓練放送を実施。スピーカーの認知度と防災意識の向上に一役買っている。
 同市沿岸部の今津地区の住民で作る今津自主防災会の浅尾文昭会長(61)は、防災行政無線について、事前に講習を受けていたことが、役に立ったと回想する。東日本大震災時、同地区のスピーカーが津波への注意を呼びかけたのに対し、落ち着いて対応することができたという。浅尾さんは「震災で防災スピーカーの大切さが分かった」と話す。
 多くの人々が避難所生活を余儀なくされている今回の震災。同市防災対策グループは、スピーカーによる被災者の安否や生活情報の放送の他、電光掲示板を併せて設置し、文字情報を伝えることを、今後の課題として挙げる。同グループの中西実グループ長(51)は「スピーカーは絶対不可欠の情報伝達手段だと改めて思った。災害との闘いは時間との闘い。一刻も早く必要な情報を届けたい」と話している。」(全文)


 
>TOP

◆東日本大震災:被災障害者を支援 東淀川のNPOを窓口に設立 /大阪
(毎日新聞 2011年4月10日 地方版)
http://mainichi.jp/area/osaka/news/20110410ddlk27040236000c.html

「◇「救援本部」が募金活動
 東日本大震災で被災した障害者を支援しようと、全国の障害者団体でつくる「東北関東大震災障害者救援本部」(事務局=全国自立生活センター協議会、中西正司代表)が設立された。窓口となるNPO法人「ゆめ風基金」(大阪市東淀川区、牧口一二代表理事)のメンバーが9日、大阪市中央区の繁華街で募金を呼びかけた。
 救援本部は、福島県郡山市と仙台市の2カ所の自立生活センター内を拠点に、障害者の被災状況確認や避難所に行けない障害者へ物資を届ける活動などを行っている。
 「ゆめ風基金」は、95年の阪神大震災を契機に発足。救援金を基に、被災した障害者の支援にあたってきた。今回も理事の八幡隆司さん(53)が仙台市内に入り、在宅や避難所で過ごす障害者の相談にのったり、作業所再開へ支援をしている。八幡さんは「長期的な支援をしたい」と話している。
 救援金は、郵便振替(00980−7−40043)で「ゆめ風基金」へ。通信欄に「とうほく」と明記する。問い合わせは、ゆめ風基金事務局(06・6324・7702)。【細川貴代】」(全文)


 
>TOP

◆社説 大震災1カ月 被災者支援 再建の道共に歩みたい(4月10日)
(北海道新聞 2011年04月10日)
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/editorial/284918.html
「死者は1万2千人を超えた。遺体の収容もままならず、安否のわからない人も多い。避難生活もすでに我慢の限界を超えている。
 家も仕事場も失い、この先どう暮らしていけばいいのかと多くの人が不安にかられている。被災地を励まし、希望をもたらす、よりきめ細かな対策が求められる。
 避難所の多くは学校や公民館などだが、環境は悪くなる一方だ。
 入浴も満足にできず、プライバシーも保てない。ストレスがたまり、避難者同士のいさかいも出ている。
 体調を崩してもすぐに医師にかかれない。震災直後の衝撃から時間がたつにつれ、心的外傷後ストレス障害(PTSD)も懸念される。
 頼みの仮設住宅は東北3県で6万2千戸を目指すが、着工はまだ7%だ。建設用地の確保が難しく、資材も工場被災などで不足している。
 やむをえず、宮城県南三陸町のように多数の住民が県内の小学校などに移った自治体もある。
 各地の公営住宅に入居した人も少なくない。受け入れた自治体では、入居者が情報面などで古里とつながりを保つ工夫をしてもらいたい。
 だがそれも、無期限というわけにはいくまい。戻る手だてを早急に考えねばならない。被災地の学校グラウンドを、一時的に建設場所として利用できないものか。子供たちと入居者の接触という利点もある。
 旅館やホテルの提供が全国から寄せられている。期限付きだが避難所より身も心も安まるのではないか。
 行政は町外への移動にあたっては被災者個々の事情や希望にできる限り配慮しつつ、対応してほしい。
 職を失った人や、内定が取り消された若者の働き場所の確保も課題だ。専用窓口を設けたハローワークもあるようだが、地域の復旧・復興に結びつく仕事も生みだしたい。  被災地の行政機能の回復も待ったなしだ。復旧・復興に向けて今後の作業は膨大な量になる。震災発生以来、不眠不休で走り回ってきた自治体職員の過労はピークにある。倒れた職員もいる。休息が必要だ。
 全国の自治体は、これまで以上に職員の継続的な派遣に努力してほしい。県が仕事の一部を代行することも検討していいのではないか。
 自衛隊や警察、医療、福祉・介護の関係者らが疲労にもめげず献身的に活動している。ボランティアの受け入れ態勢も徐々に整ってきた。
 これからは、再起に向けて立ち直るすべを被災者にどう持ってもらうかが大切になる。長い道のりだが、共に苦難を分かち合い、支え合う思いを行動に変えていきたい。」(全文)


 
>TOP

◆避難者の生活悩み事、聞きます 弁護士ら協力 加須
(朝日新聞 MY TOWN埼玉 2011年04月10日)
http://mytown.asahi.com/areanews/saitama/TKY201104090480.html
「福島県双葉町の町民が避難している旧県立騎西高校(加須市)で9日、弁護士や司法書士らが協力する相談コーナーが開設された。ボランティア団体「震災支援ネットワーク埼玉」が週3回、生活全般に関する悩み事への助言で避難者を支援する。
 コーナーに来た女性(73)は「公営住宅に申し込んだが抽選に外れ、この先どうしたらいいか相談する」。このほか、「免許証を置いてきて、身分を証明するものがない」「車を購入したいが、車庫証明をどうしたらいいか」などの質問があったという。
 同団体は、さいたま市のさいたまスーパーアリーナでも同様の支援をし、高齢者や障害者に関する質問も含め、12日間に1349件の相談があったという。
 同団体の猪股正弁護士は「無料でやっている。気軽に相談してほしい」と呼びかける。避難の長期化が予想される中、「生活費が底をつく」「義援金の交付は?」「原発の被害の補償は?」といった相談が増える可能性も念頭に支援を続けるという。相談コーナーは毎週火、木、土曜日の午後1時〜5時に開かれる。」(全文)


 
>TOP

◆ボランティア 備え必要
(朝日新聞 MY TOWN佐賀 2011年04月10日)
http://mytown.asahi.com/saga/news.php?k_id=42000001104090005
「自治体の災害復旧計画はボランティアの参加を前提にしており、日本の災害対策はボランティアの活動抜きには語れない。だが、素人ではだめで、それなりの心構えはもちろん必要だ。
 発生直後には興奮して、むやみに現地に行こうとする人もいるが、行けば何とかなるだろうというのは甘い。食料、水、移動や宿泊は自己負担が原則。体調や安全の管理も自分で。望んだ仕事ができるとは限らず、生活習慣の差に戸惑うことも、ボランティア同士が対立することもある。
 ボランティアには冷静な対応が求められる。救援活動に関する基礎知識を、普段から身につけておく必要がある。社会福祉協議会などのボランティア講座に参加して勉強してほしい。
 ボランティアは、現地に災害ボランティアセンターが立ち上がり、被災者のニーズを取りまとめてから、各地に振り分けられる。それまでの間は、衛生活動や物資供給などの分野で、被災自治体が事前に各種団体と結んだ協力協定に基づいた活動に限定される。いざという時にすぐ結べるものではないので、自治体で備えておく必要がある。
 講座に参加すると、その仕組みも分かるし、ボランティアのネットワークにも組み込んでもらえるため、個人で活動するより安全だ。阪神大震災では、ばらばらに集まったボランティアをブローカーが黙って私企業の後片付けに連れて行くこともあった。ボランティアに行く側としての調整能力を高めることは、佐賀が被災し、受け入れる側になったときにも役立つ。
 その際、それぞれの要望をいかに公平にボランティアセンターに伝えるかが大切だ。高齢者や障害者、乳児など特別な配慮が必要な人はどこにいるか、自宅に残っている人はいないか。地域のネットワークも日頃から築いておいてほしい。(聞き手・谷川季実子)」(全文)


 
>TOP

◆河北春秋
(河北新報 2011年04月10日)
http://www.kahoku.co.jp/column/syunju/20110410_01.htm

「避難所の生活は誰にとってもつらく厳しい。障害のある人やその家族であれば、なおさらだろう。一般の避難所では施設が不十分だし、ほかの住民に迷惑を掛けているのではないかと、家族は肩身が狭い▽秋田市の障害者の親でつくる「そよ風の会」代表を務める田中陽子さん(60)は新聞で被災した障害者と家族の記事を読むたびに、いたたまれなくなる。とても人ごととは思えないからだ。
 ▽会には自閉傾向の強い子を持つ親が多い。環境の違う避難所でストレスが余計に掛かり、情緒が不安定になりがちな息子や娘をつい想像してしまう。時に発作を起こすので家族の不安が目に見える▽田中さんは34歳の娘のことを考え、災害などに備え水や食料などを自宅に備蓄している。しかし、今回の大震災は想像をはるかに超えた。薬がこんなに不足するものなのか、と学ぶことは多い
 ▽会では、非常時でも障害者が安心して暮らせる地域づくりに向け、行政に働き掛けている。同時に仙台市のボランティア団体を通して、同じ境遇の人たちに段ボール箱4個分のおむつや下着、栄養剤などを送った▽「障害者の親は常にいっぱいいっぱい。でも、自分がそうなったらと考えると、支援しないわけにいかない」。これからも被災した仲間に「思い」を届けるつもりだ。」(全文)


 
>TOP

◆陸前高田で仮設住宅入居開始 36戸、被災地で初めて
(河北新報 2011年04月10日)
http://www.kahoku.co.jp/news/2011/04/20110410t33037.htm
「津波により壊滅的な被害を受けた岩手県陸前高田市で9日、被災地で初めて仮設住宅への入居が始まった。入居が決まった住民は冷たい雨の中、避難所になっている第一中の校庭に建てられた36戸に次々と荷物を運び込んだ。
 完成した仮設住宅は台所、トイレ、風呂付きの2DKタイプ(約30平方メートル)で、半数の18戸は高齢者や障害者、母子世帯向け。日本赤十字が贈った冷蔵庫や洗濯機、テレビなどの家電も各戸に備えられている。
 家族4人で避難所から引っ越しした主婦熊谷栄子さん(35)は「まだ不安は残るが、仮設住宅での生活を再スタートと思って頑張る」と話した。
 今回入居が始まった36戸は、3月19日に着工。5日の抽選会には1160世帯が応募し、競争率は32倍だった。
 市は希望する住民全員分の仮設住宅を用意する方針で、市内3カ所に現在、計約200戸を建設している。今後も建設を続けていく。
 被災3県の仮設住宅の目標戸数は、避難者数が最も多い宮城が3万戸で、岩手1万8000戸、福島1万4000戸の計6万2000戸となっている。
 これに対し、7日現在の着工戸数は宮城1632戸、岩手1549戸、福島1156戸の計4337戸となっており、目標の1割にも達していない。」(全文)


 
>TOP

◆ふんばる 3.11大震災/試練、みんなで越える
(河北新報 2011年04月10日)
http://www.kahoku.co.jp/news/2011/04/20110410t13017.htm
「◎災害弱者抱え試行錯誤
障害ある家族支える嶋田寿さん(58)=仙台市 
 「おやじや悟たちは、いつまでここにいられるのだろうか」。仙台市宮城野区蒲生の嶋田寿さん(58)は、先の見えない日々に不安を募らせている。
 自宅で同居していた父房寿さん(90)、妻雅子さん(56)、次男悟さん(32)の3人が、障害者向けの「福祉避難所」に指定された同区大梶の区の障害者施設にいる。
 悟さんは水頭症で3歳ごろから知的な発達が止まり、脳性まひで手足が不自由だ。房寿さんは2年前からアルツハイマーの症状が表れている。
 嶋田さんは電気料金徴収の仕事をしながら、2人を日中、施設に預け、雅子さんと共働きをしてきた。が、雅子さんも昨年11月、脳梗塞で倒れた。左半身まひなどの障害が残り、職場復帰を目指してのリハビリを支えるさなか、3月11日の震災が起きた。  福祉避難所では、職員やヘルパーが24時間、被災者を見守ってくれる。「車椅子や手すり付きトイレなど設備も整っていて、安心した」と嶋田さん。しかし、ここは一時の避難所でしかない。
 自宅のある蒲生地区は海岸に近く、地震後、津波が襲来した。房寿さんと悟さんはそれぞれ離れた施設で無事だった。家にいた雅子さんは地震の後、車で近くの小学校に避難し、大津波警報でさらに高台に逃れた。
 市中心部にいた嶋田さんは、自分の車で施設を巡って父と次男を乗せ、被災を免れた同区中野の長男浩さん(34)一家のアパートへ避難した。翌12日になって、雅子さんも自力でたどり着いた。
 嶋田さんらはそのままアパートに身を寄せた。しかし、障害のある家族には慣れない環境だった。
 「トイレや階段に手すりやスロープがなく、体重80キロの悟を介助するのは一苦労だった。悟も日ごと表情をなくしていった」。高齢の房寿さんも停電で暖房がない部屋で体調を崩した。
 福祉避難所は、雅子さんが相談した区役所窓口の紹介で、すぐ受け入れてもらった。  嶋田さんは塩釜市にある職場の断水が続き、徴収先の会社などの被災も相次いだことで、仕事がない状態になった。だが、「今は家族が優先」と、浩さんの手伝いで自宅の片付けに通った。
 「みんなでいつまでも暮らせるように」とバリアフリーで造った家は、1階に泥がたまり、床や壁に真っ黒にこびりつき、「すぐ住める状態ではない」。悟さん、房寿さんが通った施設も送迎サービス中止で、まだ受け入れ状態にはない。
 利用できそうな福祉関係の制度も探した。国の「災害時要援護者の避難支援ガイドライン」はあるものの、主眼は避難誘導。災害弱者の生活再建を支える仕組みは未整備だ。
 幸い、嶋田さんの職場は今月5日に再開した。一方で悟さんの体調は優れず、一時、医師や看護師がいる別の施設に移った。
 しばらくは家族ばらばらな状況が続く。でも、決して諦めない。「悟の障害も家族で乗り越えてきた」。今度の試練も家族みんなで乗り越えるつもりだ。(佐久間緑)」(全文)

 
>TOP

◆陸前高田市で仮設住宅入居開始「ほっとした」
(スポニチ 2011年4月10日)
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2011/04/10/kiji/K20110410000598500.html
「東日本大震災による津波で壊滅的な被害を受けた岩手県陸前高田市で9日、被災地で初めて仮設住宅への入居が始まった。
 入居が始まった仮設住宅は、高台にある市立第一中学校の校庭に建設された36戸。冷たい雨が降る中、避難所から布団や毛布を部屋に運び入れた建設業黄川田浩さん(52)は「ようやく自立して暮らせる。早く入れてよかった。建設業なんで、復興の手伝いをしたい」と話した。
 仮設住宅の部屋は2DKの約30平方メートル。半数の18戸は高齢者や障害者、母子世帯向けで、台所やトイレのほか、日赤から贈られた洗濯機や冷蔵庫などの家電も備え付けられている。
 5日の抽選会には1160組が応募。平均30倍超の高倍率となった。
 内装工の夫熊谷拓也さん(36)と一緒に衣類などを運び込んだ妻栄子さん(35)は、水道の蛇口をひねり「水が出た。ほっとします」と笑顔。一方で「まだ避難所には仮設に入れない人も多いんです。複雑な気持ちです」と話した。
 岩手、宮城、福島の被災3県では約6万2000戸の仮設住宅の設置を目標としているが、合板などの製造会社が被災したのに加えて急激な需要増で資材不足に陥っているほか、高台などへの用地確保に手間取り9日までに着工したのは約1割の6200戸余りにとどまっている。
 陸前高田市は、希望する住民全員分の仮設住宅を用意する方針で、ほかに3カ所で計約200戸を建設中。仮設住宅の入居期間は2年間。及川清八さん(77)夫妻は「期間中に新しい家を探すめどを付けたい」。妻と子供2人の4人で入居した熊谷栄規さん(43)は「居酒屋を経営していたが津波で流されて無職になってしまった。次のステップは仕事を探すこと」と語った。」(全文)


 
>TOP

◆一般被災者4人が入所 利用ゼロの透析患者用避難所…インテックス大阪
(YOMIURI ONLINE 関西発 2011年04月09日)
http://osaka.yomiuri.co.jp/e-news/20110409-OYO1T00196.htm
「大阪市が東日本大震災で被災した人工透析患者のために見本市会場「インテックス大阪」(住之江区)に設けた一時避難所に8日、宮城、福島、千葉各県の被災者計4人が入所した。4人はいずれも一般の被災者。避難所は先月28日に開設されたが利用はなく、5日から対象者を透析患者以外にも広げていた。4人には屋内展示場(約2万平方メートル)を高さ2メートル以上の間仕切りで区切ったスペースが提供された。仙台市の介護ヘルパー、三浦健一郎さん(36)は、市内の介護施設で勤務中に被災した。自宅は被害を免れたが、水道やガスが復旧せず、物不足も深刻なことから避難を決意したといい、「早く仕事を探し、落ち着きたい」と話していた。」(全文)


 
>TOP

◆被災の地から 人工透析:中 治療回数減り、不安に
(asahi.com/朝日新聞「患者を生きる」 2011年04月09日)
http://www.asahi.com/health/ikiru/TKY201104090216.html
「腎臓が悪く、岩手県宮古市の後藤泌尿器科皮膚科医院で人工透析を受けていた箱石孝子さん(45)は、そこで地震に遭った。3月13日、母の金森イク子さん(69)と再会できた。一緒に医院近くの小学校で避難所暮らしをするようになった。箱石さんは宮古市の南隣の山田町に住み、宮古の医院に通っていた。イク子さんは娘の近くに住み、町内で唯一透析ができる後藤医院に通っていた。そこで地震に遭った。宮古の医院の院長、後藤康文(ごとうやすぶみ)さん(73)の弟尚(たかし)さん(64)が院長を務めるのが、山田の後藤医院だった。後藤医院は建物や機器に被害がなかったものの、断水と停電で透析を中断した。患者は近くの山田南小学校に避難した。津波でずぶぬれの人、全身傷だらけの人が次々に山田南小に運ばれてきた。居合わせた尚さんと看護師たちが傷口を縫った。津波で体が冷えた人のために、保健室のストーブで点滴パックを温め、湯たんぽにした。一方、康文さんの宮古の医院は大地震の翌日に透析を再開できた。地震と津波をにらんで、自家発電機と燃料の重油タンク、1.7トンの貯水槽を備えてあったのが功を奏した。機器の一部が故障し、重油を1階のタンクから発電機のある5階に運ぶため、男性看護師が交代で10リットルのポリ容器を両手に階段を往復した。康文さんは旅行会社に掛け合って送迎バスを手配し、イク子さんら山田の患者を受け入れた。市に頼んで毎日水を補充してもらった。それでも、限られた水と電力ですべての患者が透析を受けるには、一人あたりの透析時間を短くし、回数を減らさなければならなかった。箱石さんも、4時間の透析が3時間に、1日おきが3日おきになった。医院の1階にあった薬は津波ですべて流され、しばらく手に入らなかった。箱石さんは血中のカリウムを減らす薬などを毎日10種類近く飲んでいた。以前、血中のカリウムが増えすぎたせいで、体がつらくて立てなくなったことがある。「またああなったらどうしよう」。避難所で安静にし、体調をどうにか落ち着けた。だが、まぶたは腫れ、顔がむくんだ。イク子さんも全身がむくみ、ふだんに増して伏せがちになった。」(全文)


 
>TOP

◆生産ライン再び中断 県南部の各種工場
(岩手日報 2011年04月09日)
http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20110409_6
「地震による7日深夜の停電で、県南部に集積する各種生産工場は操業の中断を余儀なくされた。大震災から約1カ月を迎え製造を一時休止していた企業に再稼働の動きが出ていただけに出ばなをくじかれた格好だ。
 高密度集積回路(LSI)製造の富士通セミコンダクター岩手工場(金ケ崎町)は震災で3日に製造を一部再開したばかりだった。本格的な復旧に向け、停電を一番に警戒していただけに、同社は「次の再開は電力が回復し、装置を調査してみないと何とも言えない」(パブリックリレーションズ部)と困惑。インフラ環境の早期の安定を願う。
 経腸栄養剤、医療食開発・製造のイーエヌ大塚製薬(花巻市)も製造ラインがストップ。物流の改善で製品の配送態勢も整いつつあっただけに、同社の石井淳経営企画室長は「医薬品は安全性の確保が大切。再開は週明けになるだろう」と語る。
 東芝の半導体子会社の岩手東芝エレクトロニクス(北上市)は11日から一部ラインで生産を再開するとしていたが、7日の地震で建物に軽微な被害が見つかり、東芝は計画を見直す方針。情報機器製造の新興製作所(花巻市)は8日、花巻工場の操業を休止し、社員を自宅待機とした。」(全文)


 
>TOP

◆<サポート情報>主な問い合わせ先…9日現在
(毎日新聞 2011年04月09日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110409-00000068-mai-soci
「◇行方不明者相談ダイヤル        
岩手県警 0120・801・471
宮城県警 022・221・2000
福島県警 0120・510・186
 ◇ライフラインなど           
NTT災害用伝言ダイヤル 171
東北電力 0120・175・366
 ◇医療                 
<放射線被ばく相談>
▽文部科学省健康相談ホットライン 0120・755・199(9〜21時)
▽放射線医学総合研究所相談窓口
 090・5582・3521▽090・4836・9386▽080・2078・3308など計6回線で対応(9〜21時)
<人工透析>
▽岩手県 人工透析相談窓口 019・629・5471
▽宮城県 仙台社会保険病院 022・275・3111
(かかりつけ医が対応していない場合のみ)
▽福島県 県地域医療課窓口 024・521・7221
<その他>
日本医師会    03・3946・2121
てんかん支援ホットライン  054・245・5446
アレルギー支援ネットワーク 052・485・5208
 ◇生活支援               
あしなが育英会 0120・77・8565
(遺児らに特別奨学一時金を支給)
心の相談緊急電話 0120・111・916
(13〜22時。日本臨床心理士会など)
多文化共生マネージャー全国協議会
 ▽英語     080・3503・9306
(他に中国語、スペイン語などの窓口あり)
震災関連の悪質商法110番0120・214・888(10〜16時。国民生活センター。岩手、宮城、福島3県対象)
<視聴覚障害者向け>
 「全日本ろうあ連盟」や「全国盲ろう者協会」がウェブサイトで支援情報などを提供。
 ◇省庁                 
行政相談(東北管区行政評価局)0120・511・556
    (茨城行政評価事務所)0120・188・571
金融相談(東北財務局)    022・721・7078
中小企業電話相談(経産省) 0570・064・350
農林水産業の被害相談(農水省)0120・355・567
 ◇金融機関など             
岩手銀行     0120・064・626
七十七銀行    0120・78・1177
東邦銀行     0120・104・157
ゆうちょ銀行   0120・108・420
東北労働金庫   022・723・1111
住宅金融支援機構 0120・086・353
日本政策金融公庫 0120・220・353
そんがいほけん相談室(日本損保協会)
0120・107・808または03・3255・1306
 ◇交通機関               
JR東日本    050・2016・1600
JAL(国内線)  0570・025・071
ANA(国内線)  0570・029・222」(全文)


 
>TOP

◆東日本大震災:障害者団体が救援本部 大阪で募金活動も
(毎日新聞 2011年04月09日)
http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110410k0000m040094000c.html
「東日本大震災で被災した障害者を支援しようと、全国の障害者団体でつくる「東北関東大震災障害者救援本部」(事務局=全国自立生活センター協議会、中西正司代表)が設立された。窓口となるNPO法人「ゆめ風基金」(大阪市東淀川区、牧口一二代表理事)のメンバーが9日、大阪市中央区の繁華街で募金を呼びかけた。
 救援本部は、福島県郡山市と仙台市の2カ所の自立生活センター内を拠点に、障害者の被災状況確認や避難所に行けない障害者へ物資を届ける活動などを行っている。
 「ゆめ風基金」は、95年の阪神大震災を契機に発足。救援金を基に、被災した障害者の支援にあたってきた。今回も理事の八幡隆司さん(53)が仙台市内に入り、在宅や避難所で過ごす障害者の相談にのったり、作業所再開へ支援をしている。八幡さんは「長期的な支援をしたい」と話している。
 救援金は、郵便振替(00980−7−40043)で「ゆめ風基金」へ。通信欄に「とうほく」と明記する。問い合わせは、ゆめ風基金事務局(06・6324・7702)。【細川貴代】」(全文)


 
>TOP

◆「政府の責任で障害ある人の確実な避難を」要望書提出 きょうされんボランティア報告5
(京都民報 2011年04月09日)
http://www.kyoto-minpo.net/archives/2011/04/09/post_7756.php
「きょうされん京都支部からボランティア派遣され、福島県郡山市内で障害者の安否確認や生活支援に取り組んでいる、粟野賢さん(27)=長岡京市・障害者福祉サービス事業所あらぐさ=の現地報告を紹介します。
 今日(9日)は「JDF(日本障害フォーラム)被災地障がい者支援センターふくしま」を訪れた蓮舫・消費者担当相に現場からの要望書を手渡しました。
 要望書は、この間の安否確認や避難所訪問の中で寄せられた声をまとめたものです。移動が困難な障害のある人を含め自主避難勧告地域の住民に対して政府が責任を持って避難場所へ連れいていくことや障害者手帳や自立支援法関連のサービス契約書がなくても避難先で同様のサービスが受けられるようにすることのほか、▽在宅障害者の安否確認のため、政府権限で市町村から名簿を提出させる▽同センターのような支援組織への助成制度の確立▽自主避難勧告地域が拡大した場合の迅速な避難行動予定や避難場所の決定▽障害者の災害対策を盛り込むなど障害者基本法の見直し―の6項目を求めています。」(全文)


 
>TOP

◆東日本大震災:「餓死しかねない」在宅被災者、物資乏しく−−七ケ浜町 /宮城
(毎日新聞 2011年4月9日)
http://mainichi.jp/area/miyagi/news/20110409ddlk04040363000c.html
「震災発生から4週間がたち、避難所から自宅へ戻った被災者が物資不足で困窮している。救援物資は避難所に優先的に配分され、在宅被災者向けの量が少ない。さらに物資があっても配分する人手が足りず、各世帯までなかなか届かない。在宅被災者からは「餓死しかねない」という声も上がっている。【黒川晋史、林田雅浩】
 「ようやく宅配便が再開したから、食料、薬品、衣類、何でもいいから送ってほしい」。津波に襲われた七ケ浜町在住で先月末まで小学校講師だった小野寺聡さん(35)は、福岡県田川市の知人に頼んだ。
 小野寺さんは当時勤務していた名取市立閖上(ゆりあげ)小学校で被災し、一昼夜を学校で過ごした。父(64)、母(63)と暮らす自宅は海から700メートル離れた高台にあり、一家と住宅はかろうじて難を逃れたが、近くの石油コンビナートが爆発、炎上したため、震災3日目から町内の避難所へ。約1週間後に自宅へ戻り、生活再建に向け一歩を踏み出したはずだった。
 ところが、2日に1回届けられる食料は、ごくわずかのパン、カップラーメン、飲料水。避難所では配られている他の生活物資は一切もらえない。小野寺さんは車を津波に流され、町外に買い物に行くのも容易ではなく、全国にいる知人から送ってもらうなどしてなんとか食料、薬品、衣料を調達し、近所に分けてしのいでいる状態だ。
 小野寺さん方の周辺でも、プライバシーのない避難所暮らしに疲れたり、留守宅の空き巣被害を心配して、避難住民らが徐々に自宅に戻り始めているが、同じような困窮に直面している。
 同町吉田浜地区に住む50代の女性は、海から数十メートル離れた自宅が奇跡的に残った。周囲にがれきが積もる我が家に戻ったが、上下水道とも使えず、洗濯もままならない。「避難所で配られる下着も自宅にいるともらえず、衛生面が気にかかる。家を失った人のことを考えたらぜいたくは言えないけれど、毎日困っています」
 一方、町の救援物資保管場所となっている室内ゲートボール場には、大量の段ボールが山積みに。避難所で町職員と物資配給業務に携わった小野寺さんは「在宅被災者に物資が回ってこないのは、分配する人手が足りないからだ。仕方ない面もあるが、町の配る救援物資に頼っていたら餓死しかねない」と危機感をあらわにする。
 町地域福祉課によると、町に届いた救援物資は避難所に優先的に配分し、残りは町内16地区の公民館などへ運ばれる。各世帯への分配方法や頻度は各地区長や民生委員に任されているが、同課は「分配役の方も日々の生活に苦労しているのに、『ああしろ、こうしろ』と指示はしにくい」と話す。
 小野寺さんは、自宅に戻ったものの体が弱って外に出られなくなった高齢者の現状などを町が把握しきれていないのも懸念材料として指摘。「避難所から出て、支援が後回しになっている人が厳しい災害弱者になっている現状を知ってほしい」と訴える。」(全文)


 
>TOP

◆仮設住宅 初の入居
(東京新聞 2011年04月09日)
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2011040990134208.html
「東日本大震災による津波で壊滅的な被害を受けた岩手県陸前高田市で九日、被災地では初めてとなる仮設住宅への入居が始まった。岩手、宮城、福島の被災三県では約六万二千戸の仮設住宅の設置を目標としているが、九日までに着工したのは約一割の六千二百戸余りにとどまっている。各県は今後、建設を加速させる。
 入居が始まった仮設住宅は、高台にある市立第一中学校の校庭に建設された三十六戸。冷たい雨が降る中、避難所に滞在していた住民が洋服を詰めたバッグや段ボールなどを次々と両手に抱えながら運び込んだ。
 仮設住宅の部屋は2DKの約三十平方メートル。半数の十八戸は高齢者や障害者、母子世帯向けで、台所やトイレのほか、日赤から贈られた洗濯機や冷蔵庫などの家電も備え付けられている。
 五日の抽選会には千百六十組が応募。平均三十倍超の高倍率となる一方、当選後に入居を辞退したケースもあった。
 陸前高田市は希望する住民全員分の仮設住宅を用意する方針で、ほかに三カ所で計約二百戸を建設中。」(全文)


 
>TOP

◆陸前高田市、仮設住宅への入居が始まる
(読売新聞 2011年04月09日)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110409-OYT1T00376.htm
「東日本大震災の津波で壊滅的な被害を受けた岩手県陸前高田市で9日、被災地では初めてとなる仮設住宅への入居が始まった。
 雨の中でのプレハブの仮住まいへの引っ越しとなったが、作業の合間には笑顔もこぼれた。岩手、宮城両県で計4万8000戸の仮設住宅を建設する計画だ。
 岩手県沿岸の避難者は約4万7000人に上り、同県は必要な仮設住宅戸数を約1万8000戸と推計。9月までに全戸の完成を目指す。
 宮城県は、既に着工した2455戸と今後の着工分を合わせ、県内13市町に計4385戸を1か月程度で完成させたい考えで、最終的には約3万戸が必要と見込み、今月下旬から仮設住宅への入居が始まる見通し。
 入居が始まったのは、陸前高田市の避難所にもなっている市立第一中学校の敷地内に建設された36戸。29平方メートルのプレハブ2DKで風呂、トイレ、エアコン付き。入居は原則2年間。
 同市は母子家庭や70歳以上の高齢者、障害者のいる家庭を優先し、一般世帯と優先世帯をそれぞれ18戸募集。計1160件の応募者の中から、抽選で36世帯を選んだ。」(全文)


 
>TOP

◆仮設住宅に入居始まる 被災地で初、陸前高田市
(中国新聞 2011年04月09日)
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp201104090143.html
「東日本大震災による津波で壊滅的な被害を受けた岩手県陸前高田市で9日午前、被災地では初めてとなる仮設住宅への入居が始まった。
 高台にある市立第一中学校の校庭に建設された36戸の一部に、雨が降る中、避難所に滞在していた住民がバッグや段ボールなどを次々と運び込み、新生活をスタートさせた。
 仮設住宅の部屋は2DKの約30平方メートル。半数の18戸は高齢者や障害者、母子世帯向けで、各住宅には台所やトイレなどのほか、日本赤十字社から寄贈された洗濯機や冷蔵庫などの家電も備え付けられている。
 5日に行われた抽選会には総数で1160組が応募。平均30倍超の高倍率となった一方、当選後に入居を辞退したケースもあった。
 陸前高田市は、希望する住民全員について仮設住宅を用意する方針で、第一中学校のほかにも3カ所で計約200戸を建設中。今後も増やしてゆく予定だ。」(全文)


 
>TOP

◆仮設住宅に入居始まる 陸前高田市
(沖縄タイムス 2011年04月09日)
http://www.okinawatimes.co.jp/article/2011-04-09_16483/
「東日本大震災による津波で壊滅的な被害を受けた岩手県陸前高田市で9日午前、被災地では初めてとなる仮設住宅への入居が始まった。
 高台にある市立第一中学校の校庭に建設された36戸の一部に、雨が降る中、避難所に滞在していた住民がバッグや段ボールなどを次々と運び込み、新生活をスタートさせた。
 仮設住宅の部屋は2DKの約30平方メートル。半数の18戸は高齢者や障害者、母子世帯向けで、各住宅には台所やトイレなどのほか、日本赤十字社から寄贈された洗濯機や冷蔵庫などの家電も備え付けられている。」(全文)


 
>TOP

◆陸前高田、仮設住宅への入居開始 被災地初、新生活へ
(共同通信 2011年04月09日)
http://www.47news.jp/CN/201104/CN2011040901000322.html
「東日本大震災による津波で壊滅的な被害を受けた岩手県陸前高田市で9日、被災地では初めてとなる仮設住宅への入居が始まった。岩手、宮城、福島の被災3県では約6万2千戸の仮設住宅の設置を目標としているが、9日までに着工したのは約1割の6200戸余りにとどまっている。各県は今後、仮設住宅の建設を加速させる。
 入居が始まった仮設住宅は、高台にある市立第一中学校の校庭に建設された36戸。冷たい雨が降る中、避難所に滞在していた住民が洋服を詰めたバッグや段ボールなどを次々と両手に抱えながら運び込んだ。
 仮設住宅の部屋は2DKの約30平方メートル。半数の18戸は高齢者や障害者、母子世帯向けで、台所やトイレのほか、日赤から贈られた洗濯機や冷蔵庫などの家電も備え付けられている。
 5日の抽選会には1160組が応募。平均30倍超の高倍率となる一方、当選後に入居を辞退したケースもあった。
 陸前高田市は、希望する住民全員分の仮設住宅を用意する方針で、ほかに3カ所で計約200戸を建設中。今後も建設を続けていく。
 妻と子ども2人の4人で入居した熊谷栄規さん(43)は「うれしい。居酒屋を経営していたが津波で流されて無職になってしまった。次のステップは仕事を探すこと」と喜びを語った。
 同市の須賀佐重喜建設部長は「戸数は少ないが、皆さんに喜んでいただき、ほっとしている。自立して生活できる場所を必要としている方々にはなるべく早く提供したい」と話している。
 仮設住宅の目標戸数は避難者数が最多の宮城県が3万戸、岩手県が1万8千戸、福島県が1万4千戸。これに対し、9日までの着工戸数は宮城県2455戸、岩手県2500戸、福島県1282戸となっている。」(全文)


 
>TOP

◆東日本大震災:公営住宅抽選会、倍率4.1倍/埼玉
(毎日新聞 2011年04月09日 地方版)
http://mainichi.jp/area/saitama/news/20110409ddlk11040304000c.html
「県住宅供給公社は8日、県内の公営住宅への入居を希望する東日本大震災の避難者の入居抽選会を実施した。応募戸数159戸に対し649世帯が申し込み、単純倍率は4.1倍だった。
 県内40団地に、1年以内で無償(高熱水費は自費)で入居できる。未就学児や65歳以上の高齢者、妊婦、障害者がいる世帯は3倍の当選確率になる優遇措置がとられた。」(全文)


 
>TOP

◆県知事選:「避難所ルート提示を」、津波対策見直し求める/神奈川
(カナコロ 2011年4月9日)
http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1104090004/
「「いつ津波に襲われるか分からないので、警報が解除されるまでは安心できない」。東日本大震災が発生した3月11日、警報に伴い開設された横須賀市内の避難所では、くたびれた様子の住民が次々と不安を訴えた。その数は、ピーク時には2500人を超えた。
 相模湾・三浦半島に大津波警報、東京湾内湾に津波警報が発令された今回の震災。県内では平塚や小田原、三浦市などが避難所を設置し、高さ1・6メートルの津波が観測された横須賀市も、浸水の危険があるとされる地域の住民約2500世帯に避難勧告を出した。
 大津波の恐ろしさをまざまざと見せつけられ、沿岸地域の住民や自治体は津波対策を見直す必要性を強く感じている。
 「津波の危険性を呼び掛けるだけでなく、回避するための対処法を具体的に示してほしい」。相模湾に面する横須賀市長井地区の連合町内会会長、原忠さん(75)は指摘する。
 市の「津波ハザードマップ」には浸水の恐れがある市内5地区の浸水予測図や避難所が載っているが、具体的な避難経路は記されていない。避難所までの距離が遠く、たどり着くまで時間を要する地域もあれば、指定された避難所を目指すと津波に向かうことになり、かえって危険が及ぶ地域もある。足腰や視力が弱く、素早く避難できないお年寄りや障害者の存在も忘れてはならない。
 原さんは「避難所として活用できる高台の施設が他にもないか再検証し、最短でたどり着けるルートを提示してほしい」。それが住民の安心につながると訴える。併せて「行政の指示に頼らず、自分自身で津波の危険性を察知し避難する力が必要」と住民に対する課題も指摘した。
 市も「市民へのさらなる意識啓発が不可欠」とし、県が「所期の目標は達成できた」として2010年度限りで終了した、市町村への「地震防災対策緊急支援事業」の補助金継続を強く求めている。県は阪神大震災を受けて1996年度から10年度までに各市町村に総額約300億円を支援。横須賀市も例年約1億円を受け、ハザードマップの作成や自治会への防災資機材、訓練費用などに充ててきた。
 相模湾沿岸の県内13市町は先月、最大8メートル弱などとした津波の想定規模を再検証するよう県に求めた。横須賀市は「住民の不安を解消するために、各市町村の要望に耳を傾けながら県全体で具体的な対策を練っていく必要がある」と主張する。」(全文)


 
>TOP

◆道は介護職員を岩手に派遣 きょうから
(北海道新聞 2011年4月9日)
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/284696.html
「道は9日、東日本大震災で被災して、介護職員不足に悩む岩手県の障害者支援施設に向けて、道内の障害者施設に勤務する介護職員6人を派遣する。
 同県からの派遣要請に基づいて、道内の施設に協力を求めた。今月末まで6人ずつ5日間ごとの交代で、計24人を派遣する。
 派遣先は、同県山田町の知的障害者の入所施設「はまなす学園」で、同町内の避難所に集団で避難している。入所者39人の中には、ほぼ寝たきりの人がいる上、慣れない避難所生活で体調不良を訴える人も多いという。
 9日に派遣される、自閉症者支援センター「石山センター」(札幌市南区)職員の広瀬雄気さん(32)は「入所者は強い不安を感じているはずだ。一生懸命介助して、不安を和らげてもらいたい」と話している。」(全文)


 
>TOP

◆東日本大震災:ボランティア、励まし励まされ 知的障害者、民家で泥かき
(毎日新聞 2011年4月9日)
http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110409ddm041040215000c.html
「◇宮古
 東日本大震災で被災し、失業するなどした知的障害者らが、岩手県宮古市で津波被害を受けた商店や民家の泥かきのボランティアを続けている。宮古市周辺では既に約30人の障害者が震災の影響で解雇されたという厳しい環境の中、避難所からボランティアに出向く障害者もいる。「将来に不安はあるけど、何もしないより人のために体を動かす方が気持ちがいい」と話す。【牧野宏美】
 国から委託を受け、宮古市、山田町、岩泉町、田野畑村の4市町村の障害者の就職や生活支援を行っている社会福祉法人「若竹会」(宮古市)によると、震災後、「解雇通知された」「職場の再開のめどがたたない」などの相談が多数寄せられている。グループホームなどが流され、住まいと仕事を同時に失った人も少なくない。しかし、「何もしないと生活のリズムが崩れ、落ち込んでしまう恐れがある」と、若竹会が失業した障害者らに声をかけ、震災の約10日後からボランティアを始めた。
 電子部品工場に勤めていた女性(22)は職場が流され、グループホームも半壊。福祉施設に身を寄せている。「施設にずっといてもすることがなく、しんどい。仕事が見つかって、前と同じ暮らしができるか不安」と話す一方、「泥かきは疲れるけど、やりがいはある」とほほ笑んだ。家が全壊し、全盲の父、知的障害の母、弟と避難所で暮らす職業訓練中の女性(20)は「避難所ではよく眠れない。花屋さんで働きたいと思っていたが、仕事が見つからないのではと心配。でも泥かきをしてありがとうと言われると気分が良くなります」と話した。
 若竹会の担当職員、湊直司さん(53)によると、障害者らは8日も元気に集まり、7日の余震を「きのうのは大きかったね」「怖かったね」と口々に話し合っていたという。湊さんは「仲間と顔を合わせてボランティア活動をすることで不安を乗り越えられるのではないか」と話した。」(全文)


 
>TOP

◆停電で酸素吸入器停止か 尾花沢・女性死亡
(河北新報 2011年4月9日)
http://www.kahoku.co.jp/news/2011/04/20110409t53010.htm
「7日深夜に起きた東日本大震災の余震後、山形県尾花沢市六沢、無職高橋弘子さん(63)が心肺停止状態で見つかり、死亡が確認された。装着していた酸素吸入器が、余震による停電で止まったためとみられる。重度障害者支援の不備は大震災後も指摘されていたが、教訓は生かされなかった。
 山形県は8日、在宅の療養者や高齢者など要援護者への見回り支援を強化するよう求める文書を各市町村に送付した。
 尾花沢署などによると、高橋さんは気管支の疾患があり、7〜8年前から酸素吸入器を使用していた。8日早朝、高橋さんの異変に気づいた母親(86)からの連絡で、近くに住む親類が119番した。
 高橋さん方周辺は地震直後から8日午前8時すぎまで停電が続き、発見当時、吸入器は止まっていた。死亡推定時刻は8日午前0時で、尾花沢署は停電で吸入器が停止し、死亡した可能性が高いとみている。
 近所の人によると、高橋さんは大震災発生時は入院中で、1週間ほど前に退院して自宅に戻ったという。
 尾花沢市は大震災後、停電時に消防署で人工呼吸器を充電できることを難病指定の在宅患者らに伝えたが、高橋さんら指定外の患者には伝達していなかった。市健康福祉課は「今回のような事態が起きないよう災害時の要支援者を把握し、情報の周知を徹底したい」と話した。
 東北電力は人工呼吸器が必要な患者を支店・営業所単位で事前に登録し、停電時に小型発電機を貸し出している。しかし、山形支店によると、地元の営業所は高橋さんの呼吸器使用を把握していなかった。
 山形支店は「このような事態が生じたことを肝に銘じ、お客さまの事情に関する情報収集を強化したい」と話している。」(全文)


 
>TOP

◆被災の地から 人工透析:上 治療中、激しい横揺れ
(asahi.com/朝日新聞「患者を生きる」 2011年4月8日)
http://www.asahi.com/health/ikiru/TKY201104080211.html
「左腕を消毒し、看護師が人工透析の注射針を取りにその場を離れた直後だった。激しい横揺れに、ベッドから振り落とされそうになった。岩手県宮古市の中心部にある、後藤泌尿器科皮膚科医院。3月11日、2階の透析室にいた箱石孝子(はこいしたかこ)さん(45)はとっさにうつぶせになり、ベッドの枠を握った。揺れが収まり、津波に備えて4階に駆け上がると、濁流とともに車が2台、流れていくのが見えた。南隣の山田町の海沿いに自宅と職場がある。週3回、車で30分あまりかけて透析に通っていた。車が流され、道もふさがり帰れない。夜は病院の3階で患者ら約200人と過ごした。未明、サイレンが鳴った。近くの建物から火が出て、爆発音がした。パジャマと携帯電話を入れた手提げをつかみ、サンダル履きのおばあさんに肩を貸しつつ、外へ。300メートルほど先の宮古小学校の体育館に逃れた。壁際を空けてもらい、患者同士、身を寄せた。地震、津波、火事と立て続けに起き、透析もできず、家族の安否も分からない。「どうなるんだろう」。横になっても寝付けなかった。18年ほど前。血尿が出るようになった。尿に大量のたんぱくが出るネフローゼ症候群と診断された。薬を飲んでも良くならず、8年前に人工透析を始めた。腎臓は血液中の余計な水分や老廃物を体外に出す役目がある。その機能が落ち、透析をしないと命が危ない。透析には機器を動かす電力と大量の水がいる。街中が停電と断水になったが、後藤泌尿器科皮膚科医院には自家発電機と貯水槽がある。箱石さんは翌日には透析を受けることができた。医院は、透析ができなくなった山田町の患者も受け入れることにした。3月13日、バスでやってきた十数人の患者の中に、母の金森(かなもり)イク子さん(69)がいた。母も腎臓が悪く、町内の医院で透析中に被災していた。自宅と近くの母のアパートは津波で流された。宮古市と山田町の死者は計900人を超える。行方不明者は宮古で1300人、山田では数もわからない。母と再会した箱石さんは「たまたま透析があって病院にいたから助かった」と思った。(下司佳代子)」(全文)


 
>TOP

◆災害拠点病院対策急ぐ 東海3県 耐震化率6割台
(YOMIURI ONLINE 中部発 2011年4月8日)
http://chubu.yomiuri.co.jp/news_top/110408_1.htm
「薬剤備蓄増量 機器上層階に移動
 東日本大震災で多くの病院が被災したことを受け、東海地方の災害拠点病院では、医療機器を上層階に移したり、薬剤の備蓄量を増やしたりするなど対策に乗り出した。ただ、災害拠点病院にもかかわらず、耐震化率は6割台にとどまり、医師不足のために通常でも救急医療体制が困難な病院もある。東海、東南海地震に備え、病院からは国や自治体の積極的な支援を求める声が上がっている。厚生労働省が昨年1月に公表した調査結果によると、東海地方の災害拠点病院と救命救急センターの耐震化率は、愛知県が65%、岐阜県が67%、三重県は60%だった。耐震化が進まない理由を、同省医政局指導課は「全国に災害拠点病院を整備するため、耐震化が不十分な病院にも頼らざるを得なかった。ただ、交付金を設けており、耐震化は着実に進んでいる」と説明する。愛知厚生連海南病院(愛知県弥富市)は今年3月、古い耐震基準で建てられた診療棟などの建て替えに着工した。総額約114億円の工費は、国の交付金をもとにした県の補助金と金融機関の融資で賄う。村田昌史事務長は「経営に余裕がない中、補助金が後押しになった」と認める。だが、愛知県内の別の災害拠点病院の関係者は「うちの病院は高層で、建て替えや改修に多額の費用がかかる。補助金があってもなかなか踏み切れない」と打ち明ける。一方、備蓄薬剤や燃料などの購入費は病院側の負担になっている。3日程度の薬剤や食料を備蓄している山田赤十字病院(三重県伊勢市)は、備蓄の増量を検討し始めた。服部和人総務課長は「今回のように広域で被害が起きたり、浸水で孤立したりすると、3日以内に支援を受けられるとは限らない。どれだけ持ちこたえられるかが重要だ」と話す。愛知医科大学病院(愛知県長久手町)も、「備蓄品の種類や量が現状のままでよいのか検討する」としている。 名古屋港に近い社会保険中京病院(名古屋市南区)は、将来の建て替え時に、高度医療に欠かせない磁気共鳴画像装置(MRI)などを現在の1階から2階以上に移す計画だ。「MRIが浸水すれば病院機能を失う」(山田茂一事務局次長)との危機感からだ。医師不足という構造的な問題を抱える拠点病院もある。尾鷲総合病院(三重県尾鷲市)は病棟が耐震化され、高台にあるため被災の不安は少ないが、徳井良成・総務課係長は「救急医療を担当する医師はピーク時の半分の15人で、現状でもギリギリの状態。まず医師不足を解消してほしい」と注文をつける。
 野口宏・藤田保健衛生大学教授の話 「災害拠点病院が備蓄する物資の品目や量、医師の確保などは病院任せになっている。高い公共性から見れば、国や自治体は、財政支援を含め、より積極的に関わるべきではないか」
 災害拠点病院
  阪神大震災を教訓に、災害時も機能する病院を確保しようと、厚生労働省が1996年から整備を始めた。重傷を負った被災者の救命医療を行うのが目的で、手術室や人工透析室などがあることが指定の要件。簡易ベッドや自家発電機などを備蓄しなくてはならない。東海3県では、愛知県で33か所、岐阜県6か所、三重県10か所が指定されている。」(全文)


 
>TOP

◆転院で入院料報酬減額せず 人工透析治療で厚労省
(共同通信/47news 2011年4月8日)
http://www.47news.jp/CN/201104/CN2011040801001273.html
「厚生労働省は8日、東日本大震災で被災地から避難した透析患者を好意で受け入れた医療機関などに支払われる入院料の診療報酬の減額措置については、実施しない方針を決めた。震災が起きた3月11日にさかのぼって適用する。透析患者の診療報酬は通常、患者が入院先の病院とは別の医療機関で外来治療を受けた場合、入院料の診療報酬を原則3割減額している。しかし「好意で多数の患者を受け入れた医療機関にとって、減収は負担が大きい」として医療機関側から弾力運用を求める声が上がっていた。被災地の病院の透析器が壊れるなどして治療ができなくなり、別の病院で処置せざるを得ない場合についても診療報酬は減額されない。」(全文)


 
>TOP

◆被災地派遣の介護職員、482人に−前週比154人増・厚労省調査
(医療介護CBニュース 2011年4月8日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110408-00000010-cbn-soci
「厚生労働省は4月8日、東日本大震災で被災した社会福祉施設などに派遣された介護職員の人数が、同日現在で前週比154人増の482人になったと発表した。
 派遣先の内訳は、岩手県に142人(53人増)、宮城県に221人(75人増)、福島県に119人(26人増)だった。派遣は都道府県間の調整によるもので、派遣可能な介護職員などの人数は8180人(54人増)に上る。
 また、社会福祉施設などが受け入れた被災地の高齢者や障害者らは1470人(332人増、県内移動を含む)。内訳は岩手県から227人(114人増)、宮城県から952人(15人増)、福島県から291人(203人増)だった。
 被災した岩手、宮城、福島の3県以外の地域にある社会福祉施設などでは、被災地の高齢者や障害者ら5万3192人(812人増)分の受け皿が整った。内訳は、高齢者関係施設3万6179人(622人増)、障害者関係施設8946人(190人増)、児童関係施設7148人(増減なし)、保護施設919人(同)。高齢者関係施設のうち、特別養護老人ホームは1万2251人(316人増)、老人保健施設は6003人(99人増)だった。」(全文)


 
>TOP

◆24時間態勢、職員に疲労感 山田の障害者施設
(岩手日報 2011年4月8日)
http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20110408_20
「山田町船越の陸中海岸青少年の家で、町内の施設に入所していた知的障害者約50人が避難生活を送っている。他の避難者と生活区域を分けるなどの工夫で徐々に「非常時の生活」にも慣れ始めているが、24時間態勢で支える職員には疲労感も漂う。
 青少年の家には社会福祉法人親和会(山崎幸男理事長)が運営する障害者支援施設「はまなす学園」と障害者ケアホーム「希望」の入所者、他の被災者ら約200人が身を寄せている。同町船越にある両施設とも津波で破壊されたが、入所者や職員は間一髪命を取り留めた。入所者らは震災2日目の3月12日から青少年の家で避難生活を送っている。 
 しかし、体育館で他の被災者と一緒に寝泊まりすると、極度のストレス状況から夜間に大声を上げたり、徘徊(はいかい)することもあったという。
 現在は他の被災者と居住スペースを分けて生活。他の被災者とのトラブルは回避されている。県やNPOなどから食料や衣料の配給もあり、満足とは言えないが、最低限の生活を送っている。
 多くの障害者は避難所生活に慣れてきたが、いつもと違う生活環境にストレスも抱える。余震におびえパニック状態になる人もあり、20人弱の職員は24時間態勢で業務に当たっている。
 家が被災し、避難所暮らしの保護者も多く、家族が障害者を支えるまでにはまだ至っていない。県社会福祉協議会の手配でボランティアの支援を受けているが、職員の負担は大きい。
 はまなす学園の芳賀幸一施設長は「百年に一度の災害。利用者を守っていくのが使命と考え、団結して支援に当たる」と力を振り絞り、障害者をサポートしている。」(全文)


 
>TOP

◆東日本大震災:知的障害者がボランティア 岩手県宮古市で
(毎日新聞 2011年4月8日)
http://mainichi.jp/select/today/news/20110409k0000m040039000c.html
「東日本大震災で被災し、失業するなどした知的障害者らが、岩手県宮古市で津波被害を受けた商店や民家の泥かきのボランティアを続けている。宮古市周辺では既に約30人の障害者が震災の影響で解雇されたという厳しい環境の中、避難所からボランティアに出向く障害者もいる。「将来に不安はあるけど、何もしないより人のために体を動かす方が気持ちがいい」と話す。
 国から委託を受け、宮古市、山田町、岩泉町、田野畑村の4市町村の障害者の就職や生活支援を行っている社会福祉法人「若竹会」(宮古市)によると、震災後、「解雇通知された」「職場の再開のめどがたたない」などの相談が多数寄せられている。グループホームなどが流され、住まいと仕事を同時に失った人も少なくない。しかし、「何もしないと生活のリズムが崩れ、落ち込んでしまう恐れがある」と、若竹会が失業した障害者らに声をかけ、震災の約10日後から約20人が宮古市の高齢者の住宅や商店でたまった泥をかき出したり、泥をかぶった食器を洗ったりするボランティアを始めた。
 電子部品工場に勤めていた女性(22)は職場が流され、グループホームも半壊。福祉施設に身を寄せている。「施設にずっといてもすることがなく、しんどい。仕事が見つかって、前と同じ暮らしができるか不安」と話す一方、「泥かきは疲れるけど、やりがいはある」とほほ笑んだ。
 家が全壊し、全盲の父、知的障害の母、弟と避難所で暮らす職業訓練中の女性(20)は「避難所ではよく眠れない。花屋さんで働きたいと思っていたが、仕事が見つからないのではと心配。でも泥かきをしてありがとうと言われると気分が良くなります」と話した。
 若竹会の担当職員、湊直司さん(53)によると、障害者らは8日も元気に集まり、7日の余震を「きのうのは大きかったね」「怖かったね」と口々に話し合っていたという。湊さんは「仲間と顔を合わせてボランティア活動をすることで不安を乗り越えられるのではないか」と話した。「地域が復興しないと、再就職も難しい。復興に少しでも役立つことができれば」と話している。【牧野宏美】」(全文)


 
>TOP

◆東日本大震災:障害者に心のケアを 避難所生活が長期化−−宮古・山田町 /岩手
(毎日新聞 2011年4月8日)
http://mainichi.jp/area/iwate/news/20110408ddlk03040017000c.html
「◇地域にとどまるケース、実態把握急務
 東日本大震災では、知的障害者らが暮らす施設も大きな被害を受け、避難所などでの不自由な生活を余儀なくされている。24時間付き添う職員自身も家族や家を失うなどの事情を抱え、疲れはピークに達している。これらの施設を支援しようと、障害者団体などが人や物資を送り、実態把握に動き出している。宮古市、山田町への支援活動に同行した。【牧野宏美】
 4月2日、早朝。盛岡市内の障害者施設から物資を積んだトラック3台が出発した。県社会福祉協議会(社福協)が中心となり、宮古市・山田町、陸前高田市・大船渡市、釜石市・大槌町の3方面に分かれ、3月19日から週2回、被災した障害者施設を回っている。  山田町の避難所「県立陸中海岸青少年の家」。沿岸部にあった知的障害者の入所施設「はまなす学園」が全壊し、施設ごと避難している。当初は18〜83歳の入所者50人、職員約20人が入ったが、その後、入所者11人が家族の元に帰った。
 学園によると、震災時は入浴の時間帯。職員の指示で一部の入所者は裸のまま車に乗り込み、裏山の高台に急いだ。寒さをしのぐため、キャンプ場のバンガローの窓を割って入り、毛布を巻いて一晩過ごしたという。幸い全員無事だったが、避難所生活は長期化する見込みだ。
 避難所の薄暗い廊下を、職員に付き添われた入所者がゆっくりと歩いていく。施設長の芳賀幸一さん(48)は「初めての場所だと、トイレにも毎回職員が付いて行かなければならない。障害者支援の難しさを痛感している」とため息をついた。
 研修室用の30畳ほどのスペースに、入所者と職員が寝泊まりする。芳賀さんは「狭い場所で断水が続き、感染症などの健康面、精神面とも心配。興奮して大声を出したり、動き回る人もいる。長期化すると、より不安定になってくるので心のケアも必要になる」と話した。気分転換できるよう、物資を運んだスタッフに、オセロゲームやパズルを要望した。
 約120人が入所する宮古市の知的障害者施設「わかたけ学園」。ライフラインはほぼ復旧したが、通信状況が悪く、今も入所者の保護者の安否確認が進まない。施設長の山崎実さん(57)によると、入所者は「(家族は)いつ迎えに来るの」「おうち、どうなったの」と何度も聞いてくるという。
 入所者以外に被災した障害者約20人を受け入れているが、山崎さんは「定員はほぼいっぱいで、これ以上の受け入れは難しい。働いていた障害者の再就職も考えないといけないが、厳しいだろう」と話す。
 田老地区で家を流された知的障害の男性(48)は、80歳を超える父親と2人暮らしだったが、父親が世話をできなくなり、学園に預けられた。男性は「地震怖かった。お父さんいなくてさみしい」と話した。
 県によると、4月6日現在、県内304の障害者施設のうち全壊が16、損傷が50施設。障害者が2人死亡、15人が行方不明で、職員6人も行方不明だ。
 一方、地域で暮らす障害者の被害や避難状況の把握は遅れている。家族や家を失い、避難所に移ったものの、トラブルになるなどして適応できず、内陸部の施設に移った人は少なくとも4人。宮古市で地域の障害者の相談支援にあたる担当者は「避難所にいることができず、親族の家でも断られ、行き場のない精神障害者もいる。誰の支援も受けられず孤立した障害者が多くいるようだ。早く実態を把握しなければ」と焦りを募らせる。
 晴天に恵まれ、日中の気温が10度を超えたこの日、知的障害児約30人が暮らす宮古市の「はまゆり学園」に菓子を届けると、子どもたちがグラウンドで野球をしていた。震災後しばらく停電や断水が続き、ストレスで子どもたちに自傷行為などもみられたが、ライフラインの復旧でだいぶ落ち着いたという。1週間前にも訪れた県社福協障がい者福祉協議会の久保田博会長(59)は「表情が明らかに良くなった。課題は多いが子どもたちの笑顔に救われた」と空を仰いだ。」(全文)


 
>TOP

◆東日本大震災:各部局長集め連絡会議開く 県、消防や医師派遣 /石川
(毎日新聞 2011年4月8日)
http://mainichi.jp/area/ishikawa/news/20110408ddlk17040635000c.html
「県は7日、各部局長らを集めた東日本大震災の連絡会議を開いた。6日までに消防や医師ら延べ4619人を派遣、被災地から県内への避難者は13市町で計513人に上ることなどが報告された。
 県内の受け入れ状況は、公営住宅で79戸、民間宿泊施設13カ所など。公立学校では計61人の児童生徒の受け入れが決まり、要請があれば少年自然の家など教育施設の活用も検討する。今後は「生活の手引き」を作成して配布し、心の健康相談なども実施する。
 被災地に対しては、事務職員4人や介護施設の職員2人、技術職員36人などの派遣を予定。高齢者や障害者の県内施設への受け入れも準備する他、事前登録が500人を超えたボランティアの活動を調整するため、先遣隊も派遣している。【近藤希実】」(全文)


 
>TOP

◆生活情報/支援
(河北新報 2011年4月8日)
http://www.kahoku.co.jp/news/2011/04/20110408t75056.htm
「○青森県六ケ所村は日本原燃から提供された社宅48戸(3LDK)を最長2年間、無償で貸し出す。光熱水費は6カ月間無料。村内への避難者には1世帯当たり3万円のほか、家族1人につき2万円の見舞金を1回支給する。申込期限は28日。連絡先は六ケ所村役場0175(72)2111。
 ○全国学習塾協会は、全国の学習塾に呼び掛け「被災児童生徒支援塾」を募集。被災児童生徒が一時的な避難や転居をした先の支援塾で、授業料や教材費の減免などを受けられる支援をする。東京を除く災害救助法適用地域の被災者が対象。各塾で受け入れ条件が異なるため、保護者は内容を確認の上で契約することが必要。手続きの仕方や、支援塾の一覧、条件などは同協会のホームページ http://www.jja.or.jp/ に掲載。連絡先は同協会03(5996)8511。平日午前9時半〜午後5時半。
 ○横手市平鹿町醍醐の醍醐クリニック(無江昭子院長)は、隣接する醍醐ポッポ館(旧平鹿町児童館)で被災者の一時避難を受け入れる。20人ほど収容可能。自炊できることが条件。居住・食材を1カ月無料提供する。車で約10分の場所に温泉がある。連絡先は0182(25)3090。ファクス0182(25)3099。  ○NPO法人国際自然大学校の日光霧降校(栃木県日光市所野)は、被災した5家族ほどをコテージで1カ月〜1年間受け入れる。母子家庭をはじめ、小さな子どもや障害のある人がいる家庭が優先。キッチン、風呂、トイレ、寝具、一部家電製品を備える。宿泊費、光熱費などは無料。食費は実費負担。常勤スタッフらがおり、子どもの教育支援や学校への送迎などもする。連絡先は0288(50)1175。
 ○司法書士法人あるくリーガルセンター(主事務所・福岡市)は被災した司法書士の就業を支援する。宮城、青森、岩手、福島各県で、震災による被害により業務継続に支障が出た人が対象。福岡市で実務研修後、同法人やネットワーク内の法人に勤務する。移動費を含めた生活再建の支度金、研修中の報酬や社宅も用意する。連絡先は092(283)2260。」(全文)


 
>TOP

◆東日本大震災:私たちにできること 精神科医・香山リカさん
(毎日新聞 2011年4月8日)
http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110408dde003040023000c.html
「◇あわてず、余力蓄えて まずは自分を保つこと
 ◇精神障害者への支援を
 3月23〜24日にかけて宮城県の被災地に入りました。被災者にとって衣食住と安全の確保がまず優先で、心のケアが必要になるのは少し先になるだろうと感じました。今私にできることは、東京などにいながら不安を感じる人たちを支援することです。
 私の所に通院してくる患者さんの多くは、原発事故や放射能汚染への不安、被災者のために何もできないという罪悪感、繰り返し流されるテレビの悲惨な映像によるトラウマなどから、涙が止まらないといった症状を訴えています。
 被害を目の当たりにして「ボランティアにいかねば」と焦燥感にとらわれたり、過剰に節電したり、自分の生活が苦しいのに義援金を送らねばと浮足立つ人も見受けられます。
 被災地外の人は、自分をしっかりと保つことが被災地支援にもつながります。いつもと違うことをして精神バランスを崩してしまっては、支援どころではなくなります。
 今すぐボランティアに行けなくても1年、3年、5年後に人手やお金が必要になることがあるはずです。あわてふためくのではなく、余力を蓄えておくことが大切です。2番手、3番手でもいいじゃないですか。自分の力が必要とされる時が必ずきます。
 一方被災者は、今は気を張っていて自分の身に起きたことに実感を持てないかもしれませんが、3〜6カ月後にはPTSD(心的外傷後ストレス障害)が表面化するでしょう。避難所から戸別の住居に移り、1人でいる時間が増えるころ、ケアの必要性が高まります。その時には私も現地に入ってケアに当たりたいと思っています。
 また現地の精神科医によると、被災して精神障害の治療を継続できなくなった人への支援が行き届いていないことが問題だそうです。一見健康そうなので見過ごされがちですが、精神障害者を災害弱者と認識してほしいと思います。【聞き手・山寺香】」(全文)


 
>TOP

◆「災害弱者」 乳幼児の親、意識的備えを
(京都新聞 2011年4月8日 新聞掲載 4月6日)
http://www.kyoto-np.co.jp/kp/rensai/syuzainote/2011/110406.html
「文化報道部・岡本早苗
 地震や風水害などの際、「災害弱者」と呼ばれる人たちは、避難にさまざまな困難が予想される。東日本大震災後、暮らし面「どう守る」で乳幼児連れの避難を取材した。保育者と保護者の連絡態勢を取材する中、ついうなずいてしまったのが京都市内の幼稚園長の言葉。「京都は自然災害が少なく、台風による休園でさえ、めったにないでしょう。考えないといけないとは思ってるんですけどねぇ」。のんびりとした口調に引き込まれたのもつかの間、幼稚園の電話は1回線、連絡事項は保護者の電話連絡網で流すと聞き心配になった。非常時にそれで間に合うだろうか。
 記者自身、今回の地震後に初めて、非常持ち出し品をかばんに詰めた。1歳の娘に必要な紙おむつ、食べられそうなレトルト食品や缶詰、水を詰めたかばんを背負って驚いた。「重い」。取材中、「子どもを抱っこしたら水や食料を持つ余力はない」と話した母親の言葉を実感した。
 災害時、必要な情報を得て避難するのに支援を要する人を「災害時要援護者」、いわゆる「災害弱者」と呼び、高齢者や障害者、外国人、乳幼児、妊産婦らを指す。しかし、2006年に内閣府が定めた「災害時要援護者の避難支援ガイドライン」は、主に高齢者や障害者を想定。乳幼児について具体的な検討は行われていない。親か、親に代わる大人がついているから安心ということだろうが、乳幼児を抱えた大人自身が災害弱者といえるのではなかろうか。
 京都市伏見区の桜木保育園には、災害用備蓄倉庫がある。中には粉ミルク17缶、各サイズの紙おむつ計10袋、お尻ふき16袋、アルファ米5箱、乾パン5箱、カセットこんろ3台などが詰まっていた。広域避難場所となっている小栗栖中は直線距離で約600メートル。外環状線を横断しなければならず、0歳から5歳児までの園児を安全に連れて行くのは並大抵ではない。被災状況によっては園内にとどまることも視野に入れ、常に物資を保管しているのだという。
 記事では、災害時に備えて確認しておくこととして、「保育園や幼稚園の避難先はどこか」「電話以外の連絡先を知っているか」を挙げた。04年の新潟県中越地震後、乳幼児の保育施設の実態調査をしたセコムIS研究所によると、災害で親と保育者のコミュニケーション不足が浮き彫りになった。災害時優先電話が設置されていた保育園からは発信できたが、1回線しかなかったため全員に連絡するのに時間がかかったという。災害用伝言ダイヤル「171」や携帯電話の「災害用伝言板」を活用するなど、あらかじめルールを決めておけば親も保育者も無駄な労力を使わなくてすむ、と指摘する。
 すべての命が尊いのは言うまでもないが、被災で亡くなった方の名簿に0歳や2歳の名前を見ると胸が痛む。そうした幼子の傍らにはきっと、小さな命を懸命に守ろうとした大人の姿があったはずだ。
 いつ起こるか分からない、起こらないかも知れない災害に備えるのは面倒だ。しかし、乳幼児を抱える大人は災害弱者であるという認識を持ち、小さな命を守るためにできることをしておきたい。
[京都新聞 2011年4月6日掲載]」(全文)


 
>TOP

◆【放送】東日本大震災で発揮されたテレビとラジオの「力」
(朝日新聞 2011年4月8日)
http://www.asahi.com/digital/mediareport/TKY201104070281.html
「地震や津波という自然現象は、人に影響を与えて、はじめて災害となる。適切な情報の伝達は、人への影響を少なくする。1995年の阪神・淡路大震災と今回の東日本大震災では、人々を取り巻くメディア環境が大きく変わっている。震災が発生して僅か8日目(執筆時点)、福島第一原発事故の行方が予断を許さない状況下で、何かを語ることは不適切かもしれないが、デジタルメディア時代の災害情報について考えるための素材をここに書き留めておきたい。
○独立した報道による検証と翻訳の大切さ
 枝野幸男官房長官の地震発生直後の会見で印象的なことは、政府の発表と独自の判断で行動するマスコミを信じて行動してほしいと強調していた点だ。災害時にはしばしば無責任な噂が流れる。今回も当初、千葉県市原市のコスモ石油製油所の火災から有害物質が流れ出ているというチェーンメールが出回った(なお、製油所に隣接するチッソ石油化学の劣化ウラン保管施設に延焼のおそれとの連絡が、同社から文部科学省に対して3月11日に入っている。関連性が後日、検証されるべきだ)。
 政府による発表が、政府から独立した報道機関で常に検証されているという事実と、それへの一般の人々の信頼があることは、このような噂を打ち消すために極めて重要だ。この基本的な信頼感が失われた場合、社会はその紐帯を失うことになる。
 地震発生(3月11日)から2日半の民放テレビは特別編成を組み、震災にかかわる報道を続けた。全体としては冷静な口調で事態を伝えていた。NHKは1週間にわたり特別編成。伝達のプロとして、複雑かつ専門的な事象を普通の人に理解されるかたちで適切に「翻訳」して伝えることができていた。日ごろはセンセーショナルに流れて、批判されることの多いテレビだが、危機において抑制的な姿勢を保っていた。
 「翻訳」で大いに役立ったのが、コメンテーターとして動員された専門家だ。「翻訳」が可能だったのは、政府や電力会社が発表する専門的な情報を評価できる専門家がいて、彼らを動員しうる体制をテレビがもっていたからだ。特に福島原発で発生した事故については多くのチャンネルで原子力工学の専門家による解説を聞くことができた。ただし、これらの専門家はいずれも原子力エネルギーの推進にあたってきた当事者でもある。その当事者性への批判的視点も本来は必要であったろう。
○隠蔽や対応の遅れ テレビ映像が防ぐ
 災害の際に市民が求め、必要とする情報は、発災からの時間の経過によって、また、被災地からの距離によって変化する。平塚千尋は阪神・淡路大震災を分析して、それを地震情報、行動指針情報、被害情報、安否情報、緊急生活情報、交通情報、ライフライン生活情報、医療情報、救援情報、一般生活情報、行政手続き情報、復興情報に分けている(『災害情報とメディア』リベルタ出版)。
 これらの情報について、テレビ、ラジオ、新聞、ネット上の各種サイト、ブログ、SNS、ツイッターなどにはそれぞれ得手と不得手がある。今回の大災害は、日本のメディアの配置図を浮かび上がらせた。詳しい分析は別途、行われるべきだが、ここでラジオとテレビが果たした役割について記録しておく。
 停電した地域でラジオは唯一の情報入手手段になる。音楽とトーク、リスナーからのメールなどで構成される番組は機動的な対応が可能で、人々の気持ちをつなぐために、被災した人や救援に赴く人の肉声と、人々を励ます音楽が有用だ。デジタルメディア時代に、ラジオをどのように残していくかという議論の再考が必要だ。なお、ネット上でラジオ放送を再送信しているラジコが13日17時から地域制限を外し、インターネット環境があれば、全国どこからでも聞くことが可能になった。
 テレビは刻一刻と変わる情勢を、大規模な独自の取材をもとに同時的に伝えた。特にNNN系列が設置していたカメラが福島第一原発1号機の水素爆発(12日)を捉えて伝えたことは、政府の公式発表が遅れたこと(一時的な隠蔽)を考慮に入れれば、重大な意味をもった。その映像は、15日からは政府にも提供が開始されているようだ。ただし、取材目的で設置された映像を政府にそのまま提供していることは本来、報道の原則に反する。留意が必要だ。
 その後、NHKも半径30キロ圏の飛行禁止空域が設定された第一原発上空ギリギリから空撮映像を伝え続けている。ヘリコプターからの取材を含めて、大規模な取材陣を動員しうるテレビ局がなかったら、混乱する情勢のなかで被害状況の把握はもっと遅くなり、公的機関の対応も遅れただろう。  引き続く余震(1週間で震度4以上が58回)のなかで、地震の揺れが来る前に警告を発する緊急地震速報の放送も重要だった。発災後1週間が過ぎた19日、ほとんどのテレビ局がほぼ通常編成に戻った。地震、津波、原子力という3つの災害が継続するなかで違和感もある編成のあり方も問われている。
 地上デジタル放送によるデータ放送で、計画停電や交通の情報などを提供していることは、インターネットに接続できない高齢者世帯などに基本的な情報を提供することに役立っている。聴覚障害者向けにリアルタイムの字幕付与が相当量行われたことも記録にとどめておきたい。
 海外の報道機関からこの震災に対する日本人の冷静な対応を賞賛する声がある。ここでは放送についてだけ記したが、日本の高度なメディアシステム全体が、この未曾有の災害に対応している最中だ。不十分な点が多いとしても、総体として、災害を減少させ、パニックや混乱の発生を抑制していることに目を向けておきたい。(「ジャーナリズム」11年4月号掲載)
   ◇
本橋春紀(もとはし・はるき)
放送団体勤務。1962年東京生まれ。成蹊大学卒。日本大学芸術学部放送学科非常勤講師も務める。共著に『メディアリテラシー・ワークショップ』(東京大学出版会)、『包囲されたメディア―表現・報道の自由と規制三法』(現代書館)。」(全文)


 
>TOP

◆ひょうご東西南北:東日本大震災 県弁護士会、被災者支援法の拡充求める /兵庫
(毎日新聞 2011年4月8日)
http://mainichi.jp/area/hyogo/news/20110408ddlk28040294000c.html
「県弁護士会(笹野哲郎会長)は7日、東日本大震災の復旧・復興に向けた緊急提言をまとめ、政府や各政党に送付した。阪神大震災で得た教訓や被災地の現状を踏まえ、被災者生活再建支援法の拡充など被災者支援を柱に掲げた。
 同法は阪神大震災を契機に成立し、自然災害で自宅が全半壊した被災者に1世帯当たり最大300万円が支給される。提言では大規模半壊に至らない半壊家屋や工場など事業用建物にも支給対象を広げるよう法改正を求めた。
 また▽災害救助法に基づく現金支給の実施▽震災発生から1カ月以内の義援金配布▽障害見舞金の支給対象を障害者手帳3級まで拡大▽固定資産税などの免除−−のほか、二重ローンの免除・軽減などを提言。財源については「被災地・被災者に多くの負担が生じることのないよう」十分な検討、配慮を求めた。【重石岳史】
〔神戸版〕」(全文)


 
>TOP

◆東日本大震災:障害者ら再建誓う 就労3店舗失うも全員無事、徐々に復帰 /宮城
(毎日新聞 2011年4月8日)
http://mainichi.jp/area/miyagi/news/20110408ddlk04040077000c.html
「障害者の就労施設を運営する角田市の社会福祉法人・臥牛三敬会「虹の園」(湯村利憲理事長)は、東日本大震災による大津波で、山元町の団子店「つつみ屋山下駅前店」と、いずれもピザ屋の「ぱぴハウス2号店」(山元町)と「ぱぴハウス3号店」(多賀城市)の3店舗を失った。利用者と職員は全員無事だったが、店舗運営が軌道に乗っていただけに関係者のショックは大きい。それでも利用者らは「開店以来、住民に愛され親しまれてきた店。時間はかかるが必ず再建する」と立ち上がろうとしている。
 臥牛三敬会は「可能な限り地域で生活を送る」として、角田市、多賀城市、川崎町、山元町などで11店舗を運営。障害のある利用者175人が職員とともにピザ、菓子製造、企業の下請け作業などさまざまな仕事に取り組んでいる。
 だが、大津波で沿岸部の山元町磯地区にあった店舗は流された。JR山下駅前と多賀城市にあった店舗は2階まで冠水し、冷蔵庫や厨房(ちゅうぼう)器具、テーブルなどすべて使えなくなった。このため3店舗は3月12日で閉店した。
 海岸まで約50メートル離れた場所にあった「ぱぴハウス2号店」(山元町磯地区)を担当していた職員の太田忠義さん(39)は「地震発生と同時に防災拡声器で10メートルの大津波が発生したと聞き、利用者らと近くの高台に避難し、屋外で一夜を過ごした。店は跡形もなくなった」と振り返る。
 同町山下の「つつみ屋山下駅前店」の担当職員の湯村敦子さん(56)も「隣の商店主も津波で亡くなったと聞いている。海岸から1キロ程度も離れているのに車や流木が次々に押し流されてきた。車で町中心部の国道6号に向かって無我夢中で逃げました」とこわ張った表情で話した。
 3店舗で働いていた利用者と職員は計約20人。いずれの店舗も開店5〜7年目に入り、利用者も仕事に慣れていた。大震災で就労の場を失われた利用者は、自宅待機の日々が続いた。
 各自治体や関係者の協力で、送迎用バスの燃料確保や原材料の調達のめどがつき、自宅で待機していた利用者も角田市の施設などで働けるようになった。
 湯村理事長は「人的被害がなかったのが不幸中の幸い。3店舗を失い、振り出しに戻った。震災前の店を思い出すと寂しさが込み上がりますが、再構築の歩みを進めていきたい」と話した。【豊田英夫】」(全文)


 
>TOP

◆防災ハンドブック:安否確認や避難所運営 柘植の協議会が発行−−伊賀 /三重
(毎日新聞 2011年4月8日)
http://mainichi.jp/area/mie/news/20110408ddlk24040304000c.html
「伊賀市の柘植地域まちづくり協議会(岡本武和会長)の自主防災実行委員会が、大規模災害での近隣住民の安否確認方法や、避難所の運営方法についてまとめた「防災(減災)ハンドブック」を発行した。1500部印刷し、柘植地区(1381世帯)に全戸配布する。
 同協議会は06年に「災害時安否確認マニュアル」を制定。1人暮らしの高齢者や障害者など災害時要援護者の情報も集め、避難訓練も実施している。3月には、学校の体育館などで避難所を開設するケースを想定して「避難所初動マニュアル」も策定。自主的な避難所運営に必要な知識をハンドブックにまとめた。
 マニュアルでは、避難施設の安全確認や避難者名簿の作成といった初期に必要な作業をリストアップ。食料調達や水の管理、防犯など、避難所の長期運営に必要な役割は分担するよう求めている。A4判カラーで18ページ。市総合危機管理室や市社会福祉協議会の協力も受けた。
 市の地域活動支援事業の補助金を活用。ヘルメットなども作った。同協議会は「他地域の見本になるものができたと自負している。訓練にも活用して改善につなげたい」としている。【伝田賢史】
〔伊賀版〕」(全文)


 
>TOP

◆希望新聞・岩手:東日本大震災 お役立ち情報 /岩手
(毎日新聞 2011年4月8日)
http://mainichi.jp/area/iwate/news/20110408ddlk03040019000c.html
「◇相談窓口
 ▽県警・行方不明者相談ダイヤル 相談者の持つ不明者の氏名、年齢、特徴などの情報を照合。安否判明後連絡する。24時間対応(0120・801・471)。
 ◇合同相談会
 久慈商工会議所は8日午前10時〜午後4時、久慈市十八日町の同商議所で合同相談会を開く。被災した中小企業者が対象で、日本政策金融公庫八戸支店、県信用保証協会二戸支所、久慈公共職業安定所の各担当者が、融資や雇用、特例措置などについて相談に応じる。久慈商議所(0194・52・1000)。
 ◇ホームステイ
 大阪府は被災した子供たちのホームステイ希望者を募集している。18歳以下の小中高校生らが対象。1学期〜1年間、府内の一般家庭で受け入れ、近くの学校に通ってもらう。受け入れ家庭には定期的に聞き取りをし、必要に応じて心のケアなどのサポートをする。原則として被災者の費用負担はなく、食事や生活用品などは受け入れ家庭が提供する。問い合わせは府子育て支援課(06・6944・7108)。
 ◇障害児相談
 県は被災地で暮らす障害児についての相談窓口を県立療育センターに設置。月曜〜土曜日午前8時〜午後8時に受け付ける。30日まで。電話(080・1698・7882)。常時受付の電子メールはhattatu00@i-ryouiku.jp。
 ◇暮らし相談
 ボランティア団体「これからのくらし応援団」は9日からの毎週土曜に、宮古市栄町の法テラス宮古で、被災者の今後の暮らしなどに対する相談会を開く。消費生活専門相談員の資格を持った支援員が生活再建の相談などに応じ、必要なら関係機関への紹介・調整などをする。時間は1人1時間程度。無料。先着10人まで。午前10時〜午後3時。くらし応援団(080・1122・3311)。
 ◇スーパー
 マイヤは8日、出張販売所を大船渡市大船渡町砂子前、おさかなセンター三陸に開く。午前10時〜午後6時。震災で市内3店舗が被災、営業停止していた。
 ◇自動車相談
 東北陸運局岩手運輸支局は8日、震災被害を受けた自動車について、廃車などの手続き相談や無料点検をする「移動自動車相談所」を大船渡市内2カ所で開く。花菱縫製避難所(三陸町越喜来杉下)で午前10時半〜正午、末崎地区公民館避難所(末崎町平林)で午後1時半〜3時。」(全文)


 
>TOP

◆要支援者に専門ケアを 京阪神のNPOがプロジェクト
(京都新聞 2011年4月8日)
http://www.kyoto-np.co.jp/local/article/20110408000035
「東日本大震災で被災した障害や精神疾患のある人、高齢者ら要支援者を支えようと、京阪神のNPOなどが「被災者をNPOとつないで支える合同プロジェクト」(通称つなプロ、事務局・京都市中京区)を始めた。宮城県の避難所の約半数を調べたところ、統合失調症の男性が孤立している例や、高齢者しかいない避難所の例があったという。要支援者とケアの専門家を結びつけようと態勢づくりを急いでいる。
 京阪神から9団体が参加し、東京都、仙台市の団体も加わっている。要支援者がどの避難所にいて、どんなケアが必要なのかを具体的に把握し、専門家などに「つなぐ」ことを目指す。
 3月末から4月2日にかけて宮城県の避難所約260カ所を調査し、高齢者、児童、妊婦、アレルギー患者、障害者などの人数や状態、衛生環境について聞き取った。調査は京阪神と東京の学生ボランティアなど70人が担当し、現在も約100人が手分けして残りの避難所を回っているという。  全国のNPOや専門家と連携し、必要な支援メニューをそろえる作業も始めた。手始めに、摂食障害のある人のための相談員を金沢市から被災地に派遣する。発達障害の子どもの学習支援をしている団体などにも協力を呼び掛けている。
 つなプロの事務局長を務めるNPO法人「ユースビジョン」(京都市中京区)代表、赤澤清孝さん(36)は「避難所から死者や生活に困る人を出したくない。NPOの専門性と人脈を生かし、きめ細やかな支援をしていきたい」と専門的なケアのできる人を広く募っている。
 問い合わせは、つなプロの小林健司さん携帯電話080(3303)3234。
     ◇
 京都市下京区の公益財団法人「京都地域創造基金」は、つなプロの活動を応援するため「つなプロ基金」を設けた。寄付は▽銀行振込=京都信用金庫本店 普通2047135▽郵便振替=ゆうちょ銀行 口座00940−3−304687へ。口座名はいずれも「つなプロ基金」。問い合わせは同基金TEL075(354)8792。」(全文)


 
>TOP

◆東日本大震災:「災害弱者」を守るために 在宅障害者/口の中のケア /北海道
(毎日新聞 2011年4月8日)
http://mainichi.jp/hokkaido/shakai/news/20110408ddlk01040225000c.html
「東日本大震災の被災者の避難生活が長期化する中、高齢者や障害者ら「災害弱者」へのケアが重要さを増している。道内から医療や介護の支援に派遣され帰還した専門家に、現地で起きている問題を聞いた。
◇在宅障害者、孤立危機 札幌のNPO法人、一軒一軒訪ね
 在宅の災害弱者に物資が届いていない−−。札幌市東区のNPO法人「ホップ障害者地域生活支援センター」のスタッフ、滝桃子さん(28)は、災害弱者が支援の手からこぼれ、孤立しがちな現状を目の当たりにした。
 滝さんは地震半月後の3月26日から4日間、宮城県石巻市でボランティア活動に従事した。介護が必要な高齢者や障害者向けの「福祉避難所」は市内に約30カ所設けられ、そこにはケアに必要な物資が定期的に運び込まれる。一方で、避難所に行くことができず、自宅に残っている人たちもいた。
 市職員らは在宅の被災者を把握するため、拡声機を使って町中を巡回していた。しかし物資を届けるまでは手が回らない。自宅を出られない障害者らは、支援の網の目から漏れてしまうケースもあると聞き、ボランティアが一軒一軒訪ねた。物資をもらうために、余震が続く中、障害を抱える子供だけを数時間家に残して親が受け取りに行っていた家庭もあった。
 避難所も混乱していた。全国から介護の専門家が派遣されていたが、誰をどこに配置するかの仕切り役がいない。何をしていいか分からず、右往左往する介護職員もいた。滝さんらは被災者や先着のボランティアに「何か困っていることはありませんか」と聞くことから始めた。  福祉避難所では「薬を取りに帰りたい」「家を片づけたい」という高齢者の送迎をしたが、車椅子のまま乗降できるリフト付きの福祉車は1台だけ。余裕を持って要望に応えられなかったという。
 滝さんは「今の段階で行政がすべてやるのは無理。集まった人手を生かすために、民間のボランティアに支援の指揮を任せるのもいいのでは」と話している。【佐藤心哉】
◇口の中のケア、大切に 栗山の歯科衛生士、高齢者を心配
 栗山町在住の歯科衛生士、千葉洋子さん(32)は2、3の両日、宮城県気仙沼市へ高齢者らの医療支援で派遣された。「避難所の人たちの歯や口腔(こうくう)のケアが見落とされがちになっている」と改善の必要性を訴える。
 千葉さんは資格取得前に陸上自衛隊に6年間在籍し、3月末までは夕張市立診療所で働いていた。同診療所を経営する医療法人「夕張希望の杜」の村上智彦理事長らが、震災を機に「支える医療研究所」を設立して派遣メンバーを募ったため、この要請に応じた。  気仙沼市内には派遣された時点で歯科治療が可能な施設が2カ所しかなく、2日間でお年寄りら20人の入れ歯の調整や応急手当てを手伝った。現地では歯ブラシが支給され、口の中が清潔に保たれている人が多かったが、虫歯などの痛みを我慢している人もいたという。口の中で雑菌が繁殖すると肺炎などにかかりやすくなるため「ケアの大切さを、もっと自覚してくれれば」と心配する。
 被災地では歯科医を含む医療スタッフの不足が続き、疲労の蓄積も問題化している。千葉さんは「機会があれば何度でも被災地に行って役に立ちたい」と話す。【吉田競】」(全文)


 
>TOP

◆大震災と災害弱者
(ことばマガジン 2011年4月8日)
http://astand.asahi.com/magazine/kotoba/jinken/2011033100015.html?iref=chumoku
「□大震災と災害弱者
 3月11日に日本を襲った大震災。次々と被災地の状況が報じられるなかで、気になっていたのは「災害弱者」と呼ばれる人たちのことです。1995年の阪神大震災のときとも比べながら、朝日新聞の記事を調べてみました。
避難先で介助を受けながら食卓に向かう目の不自由な男性=3月20日午後、宮城県南三陸町歌津
 震災直後の紙面では、人工呼吸器や人工透析を利用しているなど直ちに命にかかわる人たちのことは触れられていますが、特別に災害弱者を取り上げた記事は見あたりません。被災者全員が何らかの困難を抱えており、取材する記者たちも、当初は全体の状況に目が奪われていたのだろうと思います。その後、移動や情報の入手にとりわけハンディがある障害者や高齢者にも徐々に目が向けられていきます。
 東日本大震災の報道で、高齢者支援について取り上げたのは6日後(3月17日)の「お年寄りを守れ」、障害者についての記事は、10日後(3月21日)の「障害者 忘れないで」でした。これらは、避難所でどのような配慮が必要かといったことについて書いた実用的なものですが、支援するNPO事務局長の「障害者はすべての被災者のカナリア的な存在。彼らが過ごしやすい環境はほかの被災者も過ごしやすいはずだ。周りの人々が想像力を働かせ、助け合ってほしい」という言葉が印象に残りました。21日の山形版にも「災害弱者どう守る」が出ています。
 続いて、22日の「自閉症の子、わかって 周囲に遠慮、車中泊1週間」で、当事者と家族の様子や思いを取り上げています。普段と違う場所や騒音に弱い自閉症の人は、パニックを起こす場合もあり、家族が避難所に入るのをためらうといった事情を説明し、理解を求める記事でした。
 東京新聞も「ピアノの調べ被災者癒やす 自閉症の中2が毎朝演奏」(3月26日)、「自閉症の子抱え孤立」(3月27日)という記事を載せていました。女川の避難所でピアノを弾く橋本雅生君の姿は、NHKのニュース番組でも取り上げられました。
 16年前の阪神大震災では、被災地の自閉症の子について書かれた記事は、朝日新聞には見あたりませんでした。阪神大震災前の1年間、震災後の1年間を朝日新聞の記事データベースで検索すると、自閉症について触れた記事はおおよそ60〜70件でした。これに対し、昨年3月からの1年間では、190件と3倍近くに。自閉症に対する社会や記者の関心が高まっていると言ってもよいのではないでしょうか。
 朝日新聞以外では、岩手県宮古市の知的障害者施設を取り上げた「障害者にストレス 宮古の施設」(毎日新聞3月18日夕刊)が、比較的早かったのではないかと思います。その後は、「孤立する特養」(東京新聞3月20日)、「長期停電で呼吸器ダウン 仙台のALS患者土屋さん一家」(毎日新聞23日夕刊)、「全盲男性『ヘルパーを』 東松島の避難所」(毎日新聞3月28日)、「災害弱者を守って 福島の介護施設、千葉で丸ごと受け入れ」(日経新聞3月28日夕刊)などが目につきました。
 阪神大震災のとき、朝日新聞は、発生から2日後の1995年1月19日に、被災した特別養護老人ホームのルポを載せました。1月21日夕刊には「避難所へも行けず 情報得られない視覚障害者」。被災者を記者が訪ね、「物の位置を体で覚えているため、避難所に行くよりも安全」と壊れた自宅に残ったものの、援助物資が届かず困っているという話を伝えました。
 また、95年2月13日から4回の連載「ルポ・避難所の老人たち」は、若い人たちが新しい生活を求めて歩き始めるなか、すべてを失って立ちすくむお年寄りの姿を描き出しています。
 今回の大震災と阪神大震災のときの朝日新聞の報道を比べると、災害弱者の声を直接伝えるという点では、阪神のときの方が出足が早かったように思えます。都市部を中心とする直下型の震災であった「阪神」と、広範囲にわたって津波に襲われた「東日本」との違いでしょうか。・・・・・続きを読む(続きは月額会員登録が必要)」(全文)


 
>TOP

◆新地町、仮設住宅440戸を建設予定 申し込み開始
(朝日新聞 MYTOWN福島 2011年4月8日)
http://mytown.asahi.com/areanews/fukushima/TKY201104070506.html
「 新地町で7日、仮設住宅の入居申し込みが始まった。総合公園陸上競技場で3月27日に着工し、5月上旬までに約110戸が完成する予定。5月中旬には勤労青少年ホーム西地区に約80戸ができるなど、7月上旬までに6カ所に計約440戸を建設する予定だ。
 7日は避難所となっている町の保健センターで説明会を開き、入居申し込みを受け付けた。10日まで町内の各避難所で説明会を開く予定で、申し込みは15日まで。町民以外も申し込めるが、震災時に町に住民登録していた人や、75歳以上のお年寄り、障害者、妊婦、乳幼児がいる世帯などが優先入居となる。期間は2年で、家賃は無料。
 問い合わせは町都市計画課(0244・62・2113)へ。」(全文)


 
>TOP

◆PCAT被災地へ ニーズ吸い上げ支援に 長期的な取り組み 寄付金募る
(タウンニュース 2011年4月8日)
http://www.townnews.co.jp/0602/2011/04/08/101429.html
「保健・医療・福祉の連携により生活を支える医療を目指す「日本プライマリ・ケア連合学会(東京都千代田区・前沢政次理事長)」では、東日本大震災をうけ被災地支援のプロジェクト(PCAT)を立ち上げ、医療チームの派遣を開始している。
 このプロジェクトは、被災地の中長期的な支援を目的としており、地域復興への参画も視野に入れる。地元の開業医やへき地の診療所の代診チーム、また避難所の健康調査および医療支援のチームを派遣する。要介護者や老人、妊婦、障害者らの支援の必要性など、現場のニーズを吸い上げる日々の活動内容が、同プロジェクトのホームページで公開されている。これらの派遣による支援活動は、当面6カ月を予定。
 同プロジェクトでは、長期的な支援となるため、寄付金を募っている。詳細はインターネットで「日本プライマリ・ケア連合学会」と検索し、確認できる。」(全文)


 
>TOP

◆人工透析患者の最後の砦として役割発揮、一方で病棟が被害受け建て替えが必要に―東日本大震災、その時、医療機関は《2》仙台社会保険病院(1)〜(4)
(東洋経済オンライン 2011年4月7日)
http://www.toyokeizai.net/business/society/detail/AC/0ae40973f2449556dad937ea3aab9184/
http://www.toyokeizai.net/business/society/detail/AC/0ae40973f2449556dad937ea3aab9184/page/2/
http://www.toyokeizai.net/business/society/detail/AC/0ae40973f2449556dad937ea3aab9184/page/3/
http://www.toyokeizai.net/business/society/detail/AC/0ae40973f2449556dad937ea3aab9184/page/4/
(1)「東日本大震災では多くの病院や診療所が被災したため、かかりつけの医療機関で人工透析を受けることのできない慢性腎不全患者が続出。「透析難民」が大きな問題になりかけた。そうした中で、震災翌日の3月12日朝から「24時間体制で透析を行っています」「すべての患者さんを受け入れます」とラジオを通じて呼びかけたのが、仙台社会保険病院(許可病床数428床)だ。同病院が丸2日(48時間)にわたって、「不眠不休」で透析医療の「最後の砦」の役目を果たすことで、透析患者の難民化は回避された。田熊淑男・仙台社会保険病院病院長および佐藤壽伸・同病院腎疾患臨床研究センター長に、震災発生当時の状況について聞いた。
 ――東日本大震災では、透析患者の生命が危ぶまれました。そうした中で、「腎疾患の総合病院」「最後の砦」としての責務を発揮すべく、不眠不休で治療を続けたと聞きます。
 田熊 震災により、病院の中央部に位置する第2病棟の壁面に穴が開いてしまったため、同病棟にいた入院患者全員を最も築年数の少ない第3病棟および健診センターに分散避難させました。透析室は比較的新しい第3病棟にあったため、入院患者の避難場所にもなりました。そうした中で、震災当日は入院中の患者さんの安全確保と透析施設を初めとする院内設備の点検に当てました。そして、自家発電機や給水車、治療に必要な物品などを確保したうえで、透析機械の試運転を行い、翌12日朝には「透析可能」な状態にこぎ着けました。
 ところがその頃、宮城県内では透析を行うことができない医療機関が続出。医療機関や患者さんからの問い合わせで当院の電話が鳴り続けました。」(全文)

(2)「「可能な限り多くの患者さんを引き受ける」。12日午前9時前の院内ミーティングで私が方針を示したうえで、ラジオを通じて腎疾患の最後の砦である仙台社会保険病院の診療機能が健在であること、また当院が唯一稼働している透析施設であることを知らせました。それを聞いた宮城県内外の医療機関や患者さんから一斉に電話がかかってきました。できるだけたくさんの患者さんを引き受けるべく、12日土曜日から13日日曜日にかけて、延べ8クール、600人近い患者さんの透析を実施しました。透析機械のメンテナンスに必要な3時間を除き、夜通しで透析を続けました。これにより、14日月曜日には、多少時間の遅れはありましたが、月曜日の朝に予定していた患者さんへの透析治療を予定通り行うことができました。ちょうどこの日に、約700人の患者を擁する医療法人宏人会が透析を再開。当院および仙台赤十字病院とともに、仙台市周辺の診療体制を再構築できました。ただしこの頃から、三陸地方から患者さんが自力で当院でやってくるようになり、時間をおかずに原子力発電所の事故が起きた福島県からも一部患者さんが訪れました。
 ――震災後の過酷な状況下で、健康状態を悪化させる患者さんも少なくなかったのでは。
 田熊 現在当院には従来から外来診療で通院していた約120名に加えて、医療機関が被災したために帰る場所のない方や家が被災した方も30数名が通院し透析療法を受けています。さらに他院で透析している患者さんの中から毎日10名前後の方が、震災後体調を崩して当院へ緊急搬送されそのまま入院となっています。
 このことは震災後、2週間の生活がいかに過酷だったかを物語っています。それだけに、透析関連の各種合併症治療とともに、透析条件の再設定や投薬内容の調整、食事内容の改善などを通じて、腎臓臓病患者さんの体調を元に戻すのが現在の私たちの役目です。」(全文)

(3)「佐藤 当院は、宮城県内約5000人および周辺他県約2000人の透析患者さんを始めとした全ての腎臓病患者さんにとっての「最終拠点病院」の役目を担っています。どんな状況下でも、やれることをすべてやるのが当院の方針であり、われわれがギブアップするということは当地の腎臓病医療が崩壊することを意味します。
 このため12日朝、院長の号令の下、全員がその方向を向き、「われわれができなければ後がない」と腹をくくりました。
 ――患者受け入れができた理由は。
 佐藤 第2病棟こそ、駆体に重大な損傷が発生したものの、そのほかの病棟は健在でした。また、自家発電は、照明だけでなく、人工透析も継続できる能力を持っていますし、透析に必要な水も確保できました。
 一般の民間病院では、我々が持っているほどの大容量の発電設備を設置することは困難です。給食についても、プロパンガスで熱源を確保しているため、都市ガス供給途絶の影響はありませんでした。震災当日の夜こそ、災害用の備蓄食料品を用いましたが、翌日以降は温かい食事を提供することができました。
 ――難しい局面を抜け出しましたが、今後の課題は。
 田熊 一番の問題は社会保険病院としての存続です。10年前から、移転新築の必要性が指摘されていました。しかし当時、政府管掌健康保険の赤字および経営形態見直しが求められる中で、設備投資計画はご破算になりました。早く第2病棟の建て替えをしたいと要望を出してきましたが、設立母体である全国社会保険協会連合会(全社連)には設備投資の権限はなく、社会保険庁廃止とともに年金・健康保険福祉施設整理機構(RFO)に移管されました。」(全文)

(4)「昨年春以降、社会保険病院の一部については、建て替えや大規模修理が認められるようになりましたが、この場所での建て替えは不可能。そのため、「新築移転を」と訴えてきましたが、耳を傾けてくれるところはありませんでした。民主党政権になり、「地域医療機能推進機構法案」が提出されましたが、衆参ねじれ国会の中で法案成立の見通しがなくなりました。そうしたさなかに地震が直撃したのです。
 ――病棟の稼働率が低下したままだと厳しいですね。
 田熊 現在、第2病棟が被災したことで、428床のうち147床が使用不能になっています。このままでは収入ががた減りし、年間で5億円くらいの赤字が出てしまう。新病院を作るにも、資金が必要。国には修繕や新築のための費用を援助していただけるとありがたい。
(岡田 広行 =東洋経済オンライン)」(全文)


 
>TOP

◆避難転々 鴨川で新生活
(東京新聞 2011年4月7日)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/chiba/20110407/CK2011040702000054.html?ref=rank
「東京電力福島第一原発事故のため、避難先を転々としていた福島県富岡町の社会福祉法人「福島県福祉事業協会」が運営する障害者支援施設「あぶくま更生園」の入所者ら百十四人が五日、鴨川市の県立鴨川青年の家(諸岡研所長)に移動した。七日も同法人系列の知的障害者施設「東洋学園」の入所者九十五人、十一日にも同じ系列施設の入所者六十八人が移る。また、十一日までに各施設の職員九十六人も鴨川市に移って来る予定で、施設機能の大半を移転させるという。(福原康哲)
 同法人は福島県内から重度の知的障害のある子どもや大人を受け入れている施設を二十四カ所運営。そのうち、第一原発と第二原発の五〜十キロ圏内に東洋学園など十四施設を持つ。震災翌日の三月十二日に出た避難指示で、入所者を同県川内村のあぶくま更生園に避難させたが、その日の夜に避難指示が拡大。同村の小学校体育館に入所者二百人近くを移動させた。
 ほかの避難者と一晩過ごしたが、突然の環境変化に落ち着きを失うなどする入所者が続出。十三日には同県田村市の法人が所有する施設に移った。しかし、定員四十人と手狭だったため入所者と職員は不自由な生活を強いられ、新たな移転先を探していた。
 これを知った鴨川市の亀田総合病院(亀田信介院長)が、同市に入所者受け入れのバックアップを要請。さらに、市も県に青年の家の提供を申し入れ、受け入れが実現した。
 青年の家の宿泊定員は三百六十人。避難する施設の入所者だけでも二百七十人を超えるため、青年の家では今年六月までの宿泊予約を断るなどして急きょ間に合わせたという。
 鴨川市では「県教委から青年の家の使用許可をいただき、入所者を受け入れることができた。感謝している」と話している。」(全文)


 
>TOP

◆岩手県、障がい者向けの臨時窓口設置に乗り出す
(障がい者の働く場ニュース 2011年4月7日)
http://www.hatarakuba-info.com/news_2tojWWFA2.html
「各市町村などから福祉担当職員を派遣
岩手県は5日〜29日にかけて、東日本大震災の被災地の障がい者向けの臨時相談窓口「障がい者相談支援センター」を陸前高田市、大槌町、山田町の3か所に開設することを決定した。本来は福祉行政を担うべき市町が大きな損害を受けたことにより、被災した障がい者への配慮が十分にできなかったことから、開設に踏み切った。
 どのような不便を被っているかは「不明」
窓口の開設場所は陸前高田市と大槌町が各仮庁舎、山田町が本庁舎。それぞれに岩手県や他の市町村の福祉担当職員を4名から6名程度派遣する。窓口では障がい者手帳の発行や補装具の手配、聴覚障がい者の意思疎通支援や福祉サービス受給に関する相談などを行う。
相談窓口の開設時間は午前9時半〜午後6時。ちなみに2010年末での障害者手帳所持者は、それぞれ陸前高田市1397人、大槌町1061人、山田町1020人となっているが、被災後にどのような不便を被っているかは今のところ把握できてない。」(全文)


 
>TOP

◆【東日本大震災】慣れぬ都会暮らしを応援 新宿で被災者の生活相談会
(産経ニュース 2011年4月7日)
http://sankei.jp.msn.com/region/news/110407/tky11040721240022-n1.htm
「東日本大震災や東京電力福島第1原発事故で、東京都新宿区の都営住宅、百人町4丁目第四・第五アパートに避難中の約60世帯を対象とした初の総合相談会が7日、同区百人町の特別養護老人ホーム「新宿けやき園」で行われた。被災者は、高齢者や障害者らを抱え、慣れない都会暮らしについて、担当者から真剣な表情で話を聞いていた。
 相談会では、区職員が被災者から日常生活での困り事を聞き取り、区内で受けられる医療や介護サービスのほか、学校の転校手続き方法、生活費貸し付けの申請方法などを説明した。
 区によると、寄せられた相談件数は16世帯から27件。高齢者や障害者サービスについての相談が目立った。
 福島県いわき市の自宅が地震で半壊し、一家で避難中のホームヘルパーの女性(63)は「地震ですべてを失った。夫は障害を抱え、その後の生活をどうなるのか先が見えず、途方にくれている。不安ばかりだったが、近くの作業所のことや今後の仕事、年金のことが見えて少し安心した」と話していた。
 原発事故で避難指示が出ている同県南相馬市から一家5人で避難中の30代の会社員は「親類が10人近く津波で亡くなった。都内に来ても慣れない暮らしで戸惑うことも多かった。今日は近くの子供の医療機関や、高齢の祖母が通える場所を聞けて良かった」と、今後の見通しが分かったと述べた。」(全文)


 
>TOP

◆【東日本大震災】避難所で「手話」通じず…災害弱者支えたネットメディア(1/2ページ)
(産経ニュース 2011年4月7日)
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/110407/its11040720220011-n1.htm
「東日本大震災の被災者には、耳が不自由な人々など、非常時に必要な情報が伝わりにくい“災害弱者”も多く存在する。大半の避難所では手話が通じないのが現状だが、ミニブログのツイッターや動画サイトなどのインターネットメディアがここでも積極的に活用され、孤立しがちな人々を支えている。
 「マイクロシーベルトとはどういう意味ですか」
 「ここでは情報が集まらないので、東京で調べて知らせてくれませんか」
 震災後、「NHK手話ニュース」などに出演歴がある江副悟史(さとし)さん(24)の元には、メールやツイッターなどを通じて、被災地の障害者たちから次々と依頼が寄せられた。
 全日本ろうあ連盟(本部・東京)によると、耳が不自由な人々は地震発生後、著しく情報が少ない環境に置かれた。避難を呼びかける防災無線の内容は聞こえず、避難した先でも大半は手話通訳者がいないため、最新のニュースや生活情報は、周囲に教えてもらうまで分からないという。」(全文)


 
>TOP

◆【東日本大震災】避難所で「手話」通じず…災害弱者支えたネットメディア(2/2ページ)
(産経ニュース 2011年4月7日)
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/110407/its11040720220011-n2.htm
「江副さんは依頼に応えるため、ネットで協力者を募った。集まったろうあ者ら約30人が寄せられた質問を一つ一つ調べ、手話で回答する様子を撮影。その映像を動画投稿サイト「ユーチューブ」に順次投稿した。「DNN(デフ・ニュース・ネットワーク)」と称した一連の動画は、3月14日の配信開始から4月初旬で計350本に達し、携帯電話などからの視聴は13万6千回に上った。被災地からは「助かりました」といった声が続々と届けられた。
 また、原子力発電所の情報では一般ユーザーのボランティア的なサポートも行われ、動画サイト「ニコニコ生放送」で3月16〜18日、21〜24日の計7日間、テレビで手話通訳がない東京電力や原子力安全・保安院の会見などに、手話を付けた映像が配信された。
 自らも耳が不自由な江副さんは「ろうあ者の第1言語は手話で、テレビの字幕では意味を追えない人もいる。震災下でろうあ者がいかに情報を求めているかを今回実感した」と話している。(三宅陽子)」(全文)


 
>TOP

◆20キロ圏内から利用者・職員79人が避難 きょうされんボランティア報告3
(京都民報 2011年4月7日)
http://www.kyoto-minpo.net/archives/2011/04/07/2079.php
「きょうされん京都支部からボランティア派遣され、福島県郡山市内で障害者の安否確認や生活支援に取り組んでいる、粟野賢さん(27)=長岡京市・障害者福祉サービス事業所あらぐさ=の現地報告を紹介します。
 昨日(6日)までに郡山市内の避難所回りを終え、今日(7日)から福島県内各地の市町村の避難所回りを始めました。きょうされん京都支部チームは、郡山市の隣町の三春町の避難所4カ所を訪問しました。
 三春町の避難所はいずれも規模が大きく、現在も100人を超える方が避難されていました(ピーク時は400人〜500人規模の避難所もあったそうです)。訪れた避難所のひとつで、福島第一原発20キロ圏内の富岡町の施設から利用者67人とともに着の身着のままで避難してきたという職員の方々に出会いました。
 施設長さんは、「3月12日午前8時30分に避難勧告があり利用者67人と職員12人で避難を開始しました。当初の避難先の川内村、田村市はどこもいっぱいで、夕方になって三春町に着きました。当初は利用者、職員ともに着の身着のままで、薬も3日分しかなく、衛生面も悪い状態でした。幸いにも近くに診療所があり、とりあえず処方箋を出してもらいました。
 また、皆着替えがなく、支援物資が届くまで施設の経費で皆に1着のみ衣類を買って過ごしました。現在も、男女の部屋を分けるのは壁1枚しかなく、部屋の中は歩くのも大変なほど布団を敷き詰め、雑魚寝状態。衛生面も悪く、風邪もはやりました。何よりも、日中にする作業もなく、生活が停滞して利用者からいい表情が消えてしまいました。何とか早く環境を変えてあげたい」と話していました。この施設は、来週には群馬の国立施設に移る予定です。」(全文)


 
>TOP

◆だれもが使えるウェブコンクール、「災害情報とアクセシビリティ」テーマの講座を4/25開催
(Web担当者Forum 2011年4月7日)
http://web-tan.forum.impressrd.jp/n/2011/04/07/10073
「多くの人が情報にアクセスできる社会をめざして活動する「だれもが使えるウェブコンクール」は、「災害情報とアクセシビリティ」をテーマにした講座を4月25日に東京で開催する。
前半では、災害リスク情報の専門家として、独立行政法人防災科学技術研究所の研究員の長坂俊成氏を招き、今後必要とされる情報のプラットフォームについて講演。被災地にいち早く実際におもむき、情報のプラットフォーム作りに尽力する長坂氏の経験から、今後あるべき災害情報のインフラについて紹介する。
後半のパネルディスカッションでは、視聴覚障害者当事者、ウェブ制作者、アクセシビリティ研究者の立場で、今回の東北地方太平洋沖地震から見えてきた、情報提供プラットフォームとしてのウェブついて討論する。講座の最後では、聴覚障害者との(手話を中心とした)コミュニケーションについて学べるミニコーナーも設けている。
日時:4月25日(月)18:30〜21:00
会場:株式会社クリーク・アンド・リバー社 2階セミナールーム(東京都千代田区麹町2丁目10番9号 C&Rグループビル)
定員:50名
参加費:3,000円
詳細・申し込み:http://daremoga.jp/event/seminar110425.html」(全文)


 
>TOP

◆被災・原発風評で障害者の職場も打撃
(読売新聞 2011年4月7日)
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=39250
「障害者が働く就労支援施設などが東日本大震災で大きな打撃を受けており、厚生労働省は7日までに、障害者施設に対する支援策をまとめた。
 これらの施設は、津波や地震に襲われたうえ、福島県では、福島第一原発の放射能漏れ事故や風評被害で、減産や休業を強いられているためだ。
 例えば、原発から約50キロ離れた福島県二本松市の施設「なごみ第2」。知的障害者ら10人が、県産大豆で豆腐を作っていたが、地震直後から先月24日まで、断水や停電などでほとんど製造できずに休業状態になった。25日に再開したものの、販売先の農協の直売所では、出荷制限などの影響で客足が戻らない。佐藤美穂所長(36)は「花見シーズンが書き入れ時だが、風評被害で、県外から桜を見に来る人はいない。豆腐作りに必要な水の放射能汚染も心配です」と肩を落とす。
 同県郡山市の「共働作業所にんじん舎」は、出荷が制限されているブロッコリー、クキタチナなどの収穫を見合わせている。農家ではないため、農協から「つなぎ融資」なども受けられないという。原発から20キロ圏内の同県楢葉町にある「ふたばの里」も避難中で、豆腐などの製造を休止している。県内には約100か所の就労支援施設があるが、半数は休業や減産を強いられているとみられる。
 このままでは施設の存続も危ぶまれるため、厚労省は、被災地の自治体に対し、要請があれば障害者施設の支援職員の人件費などを支給するように通知した。生産を休止していても障害者の相談活動などを行っていることが条件。ただ、収入が減る障害者の直接的な救済にはならず、施設の全国連絡組織「きょうされん」の藤井克徳常務理事は「障害者への賃金補填など根本的な対策を講じてほしい」と話している。」(全文)


 
>TOP

◆障害者や患者支援、HPで情報 立命大研究拠点が集約
(京都新聞 2011年4月7日)
http://www.kyoto-np.co.jp/education/article/20110407000078
「立命館大のグローバルCOEプログラム「生存学創成拠点」(京都市北区)が、東日本大震災と原発事故で影響を受けている障害者や病気の人たちの現状や支援情報をホームページ(HP)に集約している。リアルタイムの後方支援として、英語や韓国語でも伝えている。
 この拠点は障害や老い、病気などを抱えるそれぞれが共に生きる「生存学」がテーマだ。研究の一環でホームページに障害や病気の資料や参照先をまとめている。震災後、関係する当事者や支援者から情報が多数寄せられ、重要情報を整理して掲載を始めた。
 「人工呼吸器」のページでは、停電時の対応や相談窓口、対処法をまとめた資料、被災地からの報告が並ぶ。当事者団体による義援金の呼び掛けや支援活動の情報がある。
 代表の立岩真也教授と大学院生約10人が担当し、英語と韓国語のページも作成し、約千部発行のメールマガジンで主な最新情報を伝えている。
 立岩教授は「これほどまでの大災害には、さまざまなつながりと支援が必要。最前線で頑張っている人を後方支援できるよう情報を拾い、支援の検証にも役立てたい」と話している。」(全文)


 
>TOP

◆聴覚障がい者に情報届かず 支援は本格化
(障がい者の働く場ニュース 2011年4月7日)
http://www.hatarakuba-info.com/news_2qygvbLMo.html

「被災者の情報格差を是正
東日本大震災で被災した聴覚障がい者への支援活動が本格化している。厚生労働省は、各都道府県から手話通訳士などを募り始めた。また全日本ろうあ連盟なども手話通訳士を被災地に派遣し、聴覚障がい者の情報格差を是正しようと努めている。
警報機の配備、不十分
宮城県ろうあ協会の手話通訳士を勤める宮沢典子さん(50)は避難所でこういった声を耳にすることが多いという。岩手、宮城、福島の障がい者手帳を持つ身体障害者は約1万9000名ほど。
「話しかけられていることに気付かず、避難所でぶしつけな人だと思われてしまう」。「情報を得ようとずっと周囲を見ていなければならず、疲労がたまる」
全日本ろうあ連盟などによれば、宮城県内には4月3日現在、少なくとも19の避難所で31人以上の聴覚障がい者が避難生活を送っており、さらに同県内の約60人の手話通訳士も被災した人が多いため、手話通訳士として活動できるのはわずか5人ほどという。
厚労省もこうした状況を踏まえ、各都道府県に手話通訳氏の派遣を要請するなどしているほか、ろうあ連盟などから作る東日本大震災聴覚障害者救援中央本部も独自に手話通訳を派遣。
このほか同本部は、避難所でテレビと接続することで手話や字幕の視聴ができる機器の設置を行政に要請している。
仙台市など聴覚障がい者向けの警報機を希望者に配布していたケースもあるが、十分といえないのが現状だ。
宮城に在住するある夫婦は地震発生直後、事態を理解しないまま近くの人に腕を引っ張られるがままに高台へ連れて来られ、その後うしろを振り向いた時に初めて津波が押し寄せていたことを知ったという。」(全文)


 
>TOP

◆東日本大震災:心身ケア、保健師フル回転 避難所で健康相談 医師の診断も /埼玉
(毎日新聞 2011年4月7日)
http://mainichi.jp/area/saitama/news/20110407ddlk11040267000c.html
「東日本大震災や原発事故で福島県などからの避難してきた人に対し、多くの避難所では保健師による健康相談が行なわれている。健康問題の早期発見のため、血液・尿検査、医師の診断を組み合わせた健康診断も始まった。保健師らは「避難生活が3週間を超え、体調を崩す避難者が多い。今後は心と体の健康管理がより重要になる」と話している。
 福島県浪江町などから130人以上が避難している県自治人材開発センター(さいたま市北区)では6日午前、避難者が「最近めまいがする」などと保健師を次々に訪れていた。
 同町職員の鈴木由子さん(39)は「保健師さんが毎日来てくれて助かっています。6歳の息子も嘔吐(おうと)が続きましたが、保健師さんに対応してもらいました」と話した。
 春日部保健所から通う保健師の後藤直子さん(53)によると、風邪や不眠、吐き気の相談が多いほか、自分の被害状況を詳しく話す避難者もいるという。後藤さんは「苦しみや不安を聞いて楽になってもらうのも大事な役割と感じる。今後は心療内科や精神科と連携した心のケアも重要だ」と話した。
 杉戸町保健センター(同市堤根)では同日、避難者の健康診断が行われ、近くの施設などに入所する22人が診断を受けた。身体測定、血圧測定、血液と尿の検査が行われ、ボランティアの内科医と整形外科医による診察もあった。
 福島県楢葉町から避難している菅波トラヲさん(84)は診断を終えると、「血圧が高かった。避難して2週間、血圧の薬を飲んでいないからかしら」と話した。同センターの真田孝一所長(59)は「自分から相談できない人もいる。早めに対処するためにも健康診断が大事だ」と話す。
 一方、県は人工透析を必要としたり、障害を持っている人の避難所を県障害交流センター(さいたま市浦和区)に設置。車で病院へ送迎する仕組みを整えている。」(全文)


 
>TOP

◆品川区、被災者向けに区民住宅22戸を提供−倍率は約6.7倍に
(品川経済新聞 2011年4月7日)
http://shinagawa.keizai.biz/headline/1259/
「品川区は4月4日、東日本大震災の被災者に対して公募した区民住宅の抽選を行った。
 募集期間は3月30日〜4月1日の3日間。提供戸数18戸に対して、8.2倍となる147件の申し込みがあった。高倍率となったため急きょ、民間借り上げ型の区民住宅のオーナーの協力を得て4戸増やし22戸を提供。最終的な倍率は約6.7倍となった。
 対象となったのは、今回の地震と津波により被災し避難した人、福島第1・第2原発の事故に伴う避難指示などが出された地域の居住者。高齢者、障害者、乳幼児、妊婦などのいる世帯は当選確率が3倍に上がる優遇措置が取られた。
 入居期間は当面6カ月間で、4月中旬から順次入居が始まる。家賃や共益費は免除され、光熱水費は自己負担。
 防災まちづくり事業部都市計画課の柏原敦住宅担当課長は「応募が多かった地域は福島県で、3分の1以上を占めいていた。区の住宅は少ないのでどうしても限界がある。民間の住宅をうまく利用し、全国的にも受け入れられる住宅の情報を整理・透明化できれば、もっと被災地の方を受け入れることができるのでは」と話す。」(全文)


 
>TOP

◆被災障害者の支援拠点開設 きょうされんボランティア報告2
(京都民報 2011年4月7日)
http://www.kyoto-minpo.net/archives/2011/04/07/post_7747.php
「きょうされん京都支部からボランティア派遣され、福島県郡山市内で障害者の安否確認や生活支援に取り組んでいる、粟野賢さん(27)=長岡京市・障害者福祉サービス事業所あらぐさ=の現地報告を紹介します。
 今日(6日)は「JDF(日本障害フォーラム)被災地障がい者支援センターふくしま」の開設式が行われました。式には、JDF代表の小川栄一さんや、内閣府障がい者制度改革推進会議室室長の東俊裕さんなど約60人が参加しました。
 支援センターふくしまの代表、白石清春さんが「こんなときこそみんなで手をつなぎ、頑張りましょう」とあいさつ。また、福島原発の事故の影響で、市内に20キロ圏内、30キロ圏内の強制避難、自主避難の地域と30キロ以上の地域がある複雑な問題を抱える南相馬市から、障害者の現状報告がありました。
 今後は、開設したセンターを拠点に、長期にわたって被災した障害者の支援が行われる予定です。」(全文)


 
>TOP

◆【社会部発】「震災弱者」支える地域の絆
(産経ニュース 2011年4月7日)
http://sankei.jp.msn.com/life/news/110407/trd11040709430009-n1.htm
「「最悪だ。いくら捜しても見つからない」。宮城県利府町の遺体安置所で初めて会った会社員、渡部栄治さん(24)は口を開くなり、こう叫んだ。地震が発生してから、仙台市若林区荒浜の自宅で津波に遭ったはずの母、和子さん(44)をずっと捜している。「死体では会いたくない。どこかで生きていてくれたら」。渡部さんの声が耳から離れない。
 大切な母親を失うかもしれないという渡部さんの悲しさや寂しさを記事にした。しかし、ここに書ききれなかった話もある。
 実は軽度の知的障害のある渡部さん自身も震災発生から10日間、就職を支援してきた地元の社会福祉法人の職員と連絡が取れない“行方不明者”だった。
 渡部さんは和子さんと2人暮らしで、昨年、新築したばかりの自宅がある同市荒浜地区は津波で壊滅した。職員は2人の安否確認のため連日、市内の避難所を自転車で走り回ったという。
 通信状況が悪く、携帯電話もつながらない。「栄治君は仕事で家にいないから助かっているとは思っていた。でもお母さんが行方不明だとしたら、混乱した街で栄治君が一人で無事に生きていられるか心配でたまらなかった」と安否確認に走り回った職員は話してくれた。1日の走行距離は50キロを超え、靴を2足履きつぶしたという。
 結局、渡部さんは和子さんの情報を求めて訪れた仙台市役所で、同様に家を流された伯父の会社員、斎藤武雄さん(54)と出会い、保護された。2人とも、斎藤さんの上司の好意で、会社の事務所で寝泊まりさせてもらっている。
 乳児を抱える家族や高齢者、障害者らは、震災で特に深刻な影響を受けることから「震災弱者」と呼ばれるが、渡部さんは支援者や親類にしっかりと支えられていた。
 すべてが津波に流されて、がれきだらけになった被災地に、人々の温かさと絆の強さが残っていた。(平田雄介)」(全文)


 
>TOP

◆希望新聞:東日本大震災・サポート情報 6日現在
(毎日新聞 2011年4月7日)
http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110407ddm035040017000c.html
「◇仮設住宅
 仮設住宅の入居募集や説明会を開いている自治体の受付場所、問い合わせ先は次の通り。高齢者や障害者らがいる世帯を優先する自治体もある。
 <岩手県>
 ◇宮古市 市役所、避難所 電話0193・62・2111◇大船渡市 18日まで市役所、避難所 電話0192・27・3111◇陸前高田市 市仮庁舎、各町地区本部 電話0192・59・2111◇釜石市 市仮庁舎、避難所 電話0193・23・2420◇岩泉町 町役場、避難所 電話0194・22・2111
 <宮城県>
 ◇仙台市 8〜10日、避難所で説明会 電話0120・055・150◇石巻市 8日までと14〜20日、市役所・支所、避難所 電話0225・95・1111◇塩釜市 15日まで市役所 電話022・364・1111◇気仙沼市 7〜11日、避難所で説明会 電話0226・22・6600◇名取市 11日まで市役所 電話022・384・2111◇多賀城市 市役所 電話022・368・1141◇岩沼市 7日まで避難所、8〜15日市役所 電話0223・22・1111◇東松島市 18日まで市役所 電話0225・82・1111◇亘理町 町役場 電話0223・34・0512◇山元町 10日まで町役場、避難所 電話090・8786・5942◇女川町 14日まで女川二小 電話090・1607・1146
 <福島県>
 ◇白河市 20日まで市役所 電話0248・22・1135◇国見町 町役場 電話024・585・2972
 <茨城県>
 ◇北茨城市 22日まで市役所 電話0293・43・1111
 <千葉県>
 ◇旭市 市役所 電話0479・62・5895
 ◇ボランティア
 東北3県への県外からのボランティアの受け入れ状況は以下の通り。特に明記していない限り、作業内容はがれきの撤去や泥かき。被災地への移動手段、現地での食事、宿泊などは原則、自分で確保する。作業中にくぎを踏むなどのけがが増えている。安全靴か、中敷きなどで補強した長靴の用意を。
 <岩手県>
 県ボランティアセンター(電話019・637・7594)が8〜10日、大槌町で作業する人を各日80人募集。電話で事前に申し込む。
 <宮城県>
 ◇塩釜市 電話080・1679・8989 県外のボランティアは9日まで◇南三陸町 電話080・2055・1066または0878 避難所に物資を運ぶ4トントラックとその運転手のみ募集。1日4台。必ず事前に電話で問い合わせを◇石巻市 電話0225・23・6011〜2または6014〜5 無料シャトルバス(仙台駅−石巻専修大学)は10日まで運行予定。毎日先着80人。◇岩沼市 電話080・5949・7541〜2(13〜16時)◇多賀城市 電話022・368・6300◇亘理町 電話080・5949・7719(8時半〜18時)。
 <福島県>
 ◇南相馬市 電話0244・24・1877 物資の仕分けや避難所の片付け。長期間でき、移動手段や食事などが自分で確保できる人。ほかに医師、看護師やパソコンが使える人も募集◇相馬市 電話0244・36・7827 できればスコップ、長靴、ゴム手袋を持参◇矢吹町 電話0248・44・5825 整体師、理・美容師のみ。
 □活動保険
 ボランティア活動保険に加入すると、ボランティア活動中のケガや病気の治療費などが補償される。社会福祉協議会(社協)が運営するボランティアセンター(VC)に登録するボランティア個人や団体が対象。全国の社協窓口で手続きができる。被災地社協の事務負担を軽減するため、全国社会福祉協議会などは被災地に入る前の加入を呼びかけている。補償期間は毎年4月1日から翌年3月31日まで。震災直後に被災地に入った人は、3月末で補償期間が切れているため、再加入の手続きが必要だ。
 ◇入浴
 営業時間などは変更の可能性がある。
 <岩手県>
 新山根温泉べっぴんの湯=久慈市山根町下戸鎖4 電話0194・57・2222▽健康ランド古墳ノ湯=同市長内町35 電話0194・61・3232▽花の湯=釜石市野田町1 電話0193・25・0268▽湯ったり館=宮古市茂市第8地割 電話0193・72・3800▽瀬峯坂温泉宝珠の湯=北上市和賀町岩崎2 電話0197・73・8020▽ラ・フランス温泉館=紫波町小屋敷新在家 電話019・673・8555▽山桜桃の湯=一関市赤荻笹谷 電話0191・33・1118▽花巻温泉郷の日帰り温泉=花巻観光協会 電話0198・22・5557
 <宮城県>
 ◇仙台市 パワー温泉リフレ泉パークタウン店=泉区高森4 電話022・777・2615▽極楽湯仙台南店=太白区西多賀5 電話022・243・4126▽秋保温泉の日帰り入浴=同温泉郷観光案内所 電話022・398・2323◇仙台市外 極楽湯名取店=名取市田高原 電話022・383・1126▽とみや大清水ゆっぽ=富谷町大清水1 電話022・348・0526▽ベルサンピアみやぎ泉=大和町小野前沢 電話022・346・2121▽遠刈田温泉の日帰り温泉=蔵王町観光協会 電話0224・34・2725▽鳴子温泉郷(大崎市)の日帰り温泉=鳴子観光・旅館案内センター 電話0229・83・3441
 <福島県>
 極楽湯福島店=福島市栄町 電話024・534・0026▽飯坂温泉(福島市)の日帰り温泉=飯坂温泉観光協会 電話024・542・4241▽極楽湯福島いわき店=いわき市葉山2 電話0246・76・1926▽いわき湯本温泉の日帰り温泉=いわき湯本温泉旅館協同組合 電話0246・43・3017▽大江戸温泉物語あいづ=会津若松市神指町北四合東神指 電話0242・22・0600▽ゆ処高見=南相馬市原町区高見町2 電話0244・24・5666
 <茨城県>
 鹿島セントラル天然温泉ゆの華=神栖市大野原4 電話0299・90・0261▽中郷温泉通りゃんせ=北茨城市中郷町日棚 電話0293・44・0026
 ◇医療
 <岩手県>
 県立大船渡は救急のみ。県立釜石は外来診療を受け付けるが、検査に制限がある。
 <宮城県>
 ◇仙台市 市急患センター(若林区)は内科、小児科、外科(19時15分〜23時)◇仙台市外 石巻赤十字は救急の重症のみ▽気仙沼市立は内科、脳神経外科を除き通常診療
 <福島県>
 問い合わせは県地域医療課 電話024・521・7221
 <茨城県>
 救急医療情報システムで病院案内 電話029・241・4199
 □妊産婦の相談
 日本産婦人科医会は分娩(ぶんべん)を受け入れている病院をウェブサイト上で公開しているほか、電話相談(電話03・3269・4786)にも応じている。厚生労働省も妊産婦のための各県の相談窓口をウェブサイトで公開している。東北3県の窓口は、▽岩手県(児童家庭課)電話019・629・5470▽宮城県(子育て支援課)電話022・211・2633▽福島県(児童家庭課)電話024・521・7174。
 □1型糖尿病
 血糖値を下げるインスリンが自己免疫によって作れなくなる1型糖尿病患者の支援団体「日本IDDMネットワーク」が、被災地でインスリン製剤や注入器を失った患者の相談に応じている。インスリン製剤の在庫がある医療機関や避難所を紹介するほか、移動が難しい患者については、医療機関などに連絡し、インスリン製剤を届けるなどの対応を依頼する。また、日常の血糖値チェックに使う「自己血糖測定器」を被災によって使えなくなった患者に、測定器を無償で提供している。問い合わせ、申し込みは、いずれも同ネットワークのメール(info@japan-iddm.net)へ。
 ◇その他
 □労働相談
 厚生労働省は9日から、岩手、宮城、福島3県で被害の大きかった地域にあるハローワーク14カ所の利用時間を拡大し、被災者からの相談体制を強化する。5月末までは土・日曜、祝日も10〜17時で開館し、平日も時間を延長して8時半〜19時とする。対象は岩手=釜石、宮古、大船渡、久慈▽宮城=仙台、石巻、塩釜、気仙沼▽福島=福島、平、会津若松、郡山、二本松、相馬の各ハローワーク。
 また、岩手労働局は7日と11、12日、大船渡市内で出張労働相談を行う。相談内容は、被災事業所の雇用維持や雇用保険、未払い賃金の立て替えなど。開設場所は、7日が越喜来中▽11日がハローワーク大船渡▽12日が宮野地区多目的集会施設。いずれも10〜16時。
 宮城労働局も8日、岩沼市役所6階で、雇用や労働問題のほか年金関連の相談にも同時に対応する出張相談「ワンストップ相談会」を開く。10〜16時。
 □写真の修復
 被災して泥をかぶったりした写真も修復できる場合がある。写真店で印画紙に焼きつけたプリント写真は比較的水に強い。変色したり一部が破れた場合でも、デジタル化し、画像処理ソフトで修復する技術が進んでいる。
 ホームページで情報提供 富士フイルムは、ホームページに一般的な対処法を掲載した。アルバムごと泥につかったり重なってくっついた場合は無理にはがさず、一度ぬるま湯に浸してゆっくりはがす、などの手順が説明されている。写真の修整・復元サービスも手がけてきたノウハウを公開した。問い合わせは同社お客様コミュニケーションセンター 電話03・5786・1712。
 学生ボランティア 東北福祉大(仙台市)、工学院大(東京)、神戸学院大(神戸市)でつくる「社会貢献学会」が、写真を無償で修復するボランティアを始めた。現地入りした同学会の船木伸江・神戸学院大准教授が「被災地から離れていてもできる支援方法で、思い出をよみがえらせたい」と考えた。郵送などで受け取った写真を、学生ボランティアが汚れを落とし、スキャナーで読み取って画像処理ソフトで修復し、プリントアウトして返送する。送付先は〒650−8586 神戸市中央区港島1の1の3神戸学院大学B号館3階社会貢献学会「あなたの思い出守り隊」電話078・974・4569。
 写真館が修復支援 長野県須坂市横町の「勝山写真館」の勝山喜明さんは、写真の修復や複製の無償支援を申し出ている。破れたり汚れたプリント写真の修復や、無事だった写真の複製などを可能な範囲で無償サービスする。送付方法や枚数、大きさなどは要打ち合わせ。連絡は勝山写真館 電話026・245・0014(平日9〜18時)。
 □主な問い合わせ先□
 ○行方不明者相談ダイヤル
岩手県警 0120・801・471
宮城県警 022・221・2000
福島県警 0120・510・186
 ○ライフラインなど
NTT災害用伝言ダイヤル 171
東北電力         0120・175・366
 ○医療
 <放射線被ばく相談>
▽文部科学省健康相談ホットライン 0120・755・199(9〜21時)
▽放射線医学総合研究所相談窓口  090・5582・3521▽090・4836・9386▽080・2078・3308など計6回線で対応(9〜21時)
 <人工透析>
▽岩手県 人工透析相談窓口 019・629・5471
▽宮城県 仙台社会保険病院 022・275・3111(かかりつけ医が対応していない場合のみ)
▽福島県 県地域医療課窓口 024・521・7221
 <その他>
日本医師会         03・3946・2121
日本糖尿病協会       0120・151・721
てんかん支援ホットライン  054・245・5446
アレルギー支援ネットワーク 052・485・5208
 ○生活支援
日弁連電話相談        0120・366・556(平日10〜15時)
あしなが育英会        0120・77・8565(遺児らに特別奨学一時金を支給)
心の相談緊急電話       0120・111・916(13〜22時。日本臨床心理士会など)
いのちの電話震災ダイヤル   0120・556・189(4月9日まで毎日8〜22時)
チャイルドライン支援センター 0120・99・7777(月〜土16〜21時)
多文化共生マネージャー全国協議会
 ▽英語 080・3503・9306(他に中国語、スペイン語などの窓口あり)
 <視聴覚障害者向け>
 「全日本ろうあ連盟」や「全国盲ろう者協会」がウェブサイトで支援情報などを提供。
 ○省庁
住宅の補修・再建(国交省開設) 0120・330・712
行政相談(東北管区行政評価局) 0120・511・556
    (茨城行政評価事務所) 0120・188・571
金融相談(東北財務局)     022・721・7078
農林水産業の被害相談(農水省) 0120・355・567
 ○金融機関など
岩手銀行               0120・064・626
七十七銀行              0120・78・1177
東邦銀行               0120・104・157
ゆうちょ銀行             0120・108・420
東北労働金庫             022・723・1111
住宅金融支援機構           0120・086・353
日本政策金融公庫           0120・154・505
そんがいほけん相談室(日本損保協会) 0120・107・808または03・3255・1306
地震保険契約会社照会センター     0120・501・331
生命保険相談所(生保協会)      0120・226・026
災害地域生保契約照会センター     0120・001・731
 ○交通機関
JR東日本    050・2016・1600
JAL(国内線) 0570・025・071
ANA(国内線) 0570・029・222
 ◇移転した役所と連絡先
 <岩手県>
 ▽陸前高田市 エコタウン鳴石 電話0192・59・2111
 ▽釜石市 市教育センター 電話0193・23・2420
 ▽大槌町 町中央公民館 電話080・1851・4911
 <宮城県>
 ▽女川町 女川第二小学校 電話0225・54・3131
 ▽南三陸町 町総合体育館ベイサイドアリーナ 電話0226・46・2600
 <福島県>
 ▽広野町 小野町民体育館 電話0247・72・6246(今月中旬にいわき市へ再移転の方針)
 ▽楢葉町 会津美里町本郷庁舎 電話0242・56・2155
 ▽富岡町 ビッグパレットふくしま 電話024・946・8813
 ▽川内村 ビッグパレットふくしま 電話024・946・8828
 ▽大熊町 会津若松市役所追手町第2庁舎 電話0242・26・3844
 ▽双葉町 埼玉県加須市・旧県立騎西高 電話0480・73・6880
 ▽浪江町 二本松市役所東和支所 電話0243・46・4736〜9
 ▽葛尾村 会津坂下町・川西公民館 電話0242・83・2651
 ◇ツイッターでも随時発信
 ツイッター(@mainichi_kibou)でも、被災した皆さんへのサポート情報や、各地の支援の動きを随時発信しています。これまでのツイートはこちらで検索できます。
 http://bit.ly/frO91P」(全文)


 
>TOP

◆ソースかつ丼で避難者応援
(信濃毎日新聞 2011年4月7日)
http://www.shinmai.co.jp/news/20110407/m-5.htm
「東日本大震災を受け、県の知的障害者総合援護施設「西駒郷」(駒ケ根市、宮田村)に避難している福島県いわき市の知的障害者らに6日まで2日間、ソースかつ丼が振る舞われた。慣れない地で生活を続ける避難者を励まそうと、駒ケ根市のソースかつ丼店「明治亭」が提供した。」(全文)


 
>TOP

◆福島第1原発:認知症の母、避難先で凍死 家族行き場なく
(毎日新聞 2011年4月7日)
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20110407k0000m040161000c.html
「東京電力福島第1原発の事故で避難指示が出された福島県富岡町の認知症の女性(62)が、避難先の新潟県田上町で亡くなった問題で、記者が現場近くから遺品の靴を見つけたことをきっかけに、長女(41)が再発防止につながればと毎日新聞の取材に応じた。認知症の母に加え、90歳近い祖母、耳が聞こえない妹(40)やその娘(2)も一緒に避難所を転々とした生活は困難を極める。富岡町に戻れるめどは立たず、十分なケアを受けられる落ち着き先は今も見つかっていない。【堀智行】
 ◇無線の声届かず
 東日本大震災が起きた3月11日、造園業の父(67)と母、祖母は自宅にいた。「堤が決壊し水没する」との町の指示で町内の中学校へ行き、すぐ警察から再避難を指示された。
 町内に住む妹は娘と原発近くの公園にいたが、難聴の妹に防災無線の声は届かない。妹の夫は知的障害者施設の職員で、入所者の避難に追われ帰宅できなかった。父は何とか妹らと合流したが、5人が乗った車は大渋滞に巻き込まれ、避難所はどこも満員だった。避難や屋内退避の指示範囲拡大に追われるように川内村、田村市、三春町の避難所を渡り歩き、14日に郡山市の避難所にたどり着いた時にガソリンが尽きた。
 転々とするうち、震災前は畑仕事や家事をこなしていた祖母は体中が痛み、動けなくなった。母の認知症も悪化し、避難所で何度も迷子になった。スキューバダイビングなどスポーツ万能だった妹は避難生活を強いられた理由を理解できずパニック状態に。物を投げて大声を出し、娘の世話もできなくなった。
 ◇足りぬガソリン
 避難所を移るたび、登録の際に家族の健康状態を伝えたが保健師の巡回はなく、郡山で1回だけ医師の診察を受けた。「ガソリンがなくて病院にも行けねえ」。父は携帯電話で長女に窮状を訴えた。
 長女は仕事先の仙台市で被災し、20日に南相馬市の自宅へ戻れた。21日、市に家族の受け入れを相談すると、「役所が開くかも分からない。自身の判断で来てください」。
 5人が24日、一家を心配した避難者が工面してくれたガソリンで南相馬に着くと、長女は変わり果てた姿に驚いた。父は被災後のことが思い出せないほど精神的に参っていた。母は屋内退避圏と説明しても、日課の散歩に行きたいとせがんだ。郡山市の避難所でもらった賞味期限切れのパンなどで食いつないだが、26日に新潟県田上町へ避難を決めた。
 ◇娘と最後の散歩
 27日午後4時、田上町に到着。落ち着いた様子で保健師の問診を受けた母に長女は「妹たちと散歩に行っていいよ。必ず一緒に戻ってね」と声をかけた。母は「ありがとう」とうれしそうに出て行った。10分後、戻ったのは妹と娘だけだった。
 28日午前8時半、母は林道の雪の上で遺体で見つかり、靴は履いていなかった。凍死だった。手前数メートルの雪の中に片方の靴が埋まっていた。
 母はいったん、避難所の前に戻ったようだった。長女は「約束通り2人を送り届け、いつも通り夕方の散歩に出たんだと思う。見つかった母の顔は笑っているようだった。富岡町のように田んぼが広がる景色の中を散歩できてうれしかったんだと思う」と話す。
 ◇よみがえる記憶
 妹を診察した医師からは「症状が強く治療に時間がかかる」と説明を受けた。妹の娘は公園に連れて行くと被災時の記憶がよみがえったのか、「怖い」と長女にしがみつき、夜泣きがひどくなった。妹の夫は千葉県に避難した施設の子どものもとを離れられない。避難所生活で症状が悪化しかねないため、医師の指示で新潟県内のホテルに身を寄せた。
 今は長女が4人の面倒を見ているが、いずれ南相馬に戻らなければならず、仙台にいる三女や自分の近くで過ごさせたい。だが、福島県内で受け入れ施設は見つからず、仙台市にも「どこもいっぱいで県外の人のケアまでは難しい」と断られた。
 長女は言う。「症状が悪化しても、医者にも行けず役所も頼れない。そういう人はたくさんいるはず。少しでも目をかけられる状況になってほしい」。国や自治体は実態把握を進めている。」(全文)


 
>TOP

◆節電で「バリアフリーの灯」を消すな 外出への不安感は「消費萎縮」も加速させる(1/3ページ)
(日経ビジネス 2011年4月7日)
http://business.nikkeibp.co.jp/article/money/20110404/219304/?rt=nocnt
「電力不足への対応で徹底した節電対策が進む首都圏で、高齢者や障害のある人、妊産婦、小さな子供を抱える母親たちの間に外出を手控える動きが広がっている。駅や地下通路、商業施設などにおけるエレベーター、エスカレーターの休止、照明や誘導案内サインの消灯が増えていることで、外出することへの不安感が増幅しているのだ。
 「どのエスカレーターが動いているか分からない」「出口や乗り換えが分かりにくく、駅構内で立ち止まってしまう」といった声が多く聞かれる。余震への不安に原発事故への心理的ストレスが加わって、「とても安心して外出できる環境にない」ということだ。
 こうした不安感を生んでいる最大の要因は、現状ではやむを得ないとはいえ、交通機関や商業施設、公共施設などの対応がバラバラで、節電対策の社会的ルールが明確でなく、しかも情報が不足していることである。
 街の暗さと情報不足が、「消費萎縮」を加速させる要因の1つになってしまっている、と言っても過言ではない。
 そこで、1000万〜1500万キロワットもの電力不足が避けられない夏場に向けて、大急ぎで考えなければならないのが、緊急避難的な「節電ルール」をつくり、必要最低限の「バリアフリー動線」を確保することだ。
 総量規制や電力制限令の可能性までが浮上するなど、さらなる電力使用の節減が求められる非常時に、「とてもバリアフリーどころではない」というのが一般的な考えかもしれない。だが、いわゆる生活弱者の安心・安全への目配りがしっかり出来ていることが、実は「消費を下支えする重要なインフラ」であることを忘れてはならない。
ひきこもる障害者・高齢者の実情
 世田谷区在住の40代前半のある知人がこんな話を聞かせてくれた。「近くに住む80歳になる父親は心臓が悪く、都心の大学病院に通院しているのですが、先日行ったとき、いつもは動いているエスカレーターが休止していて、やむを得ず階段を上ったところ、途中で気分が悪くなり、かがみ込んでしまったそうです」。
 これに似たような話は、誰もが身近なところで耳にしているのではないだろうか。
 障害のある人にもない人にも使いやすい共用品・共用サービス(バリアフリー・ユニバーサルデザインの製品・サービス)の普及推進に取り組む市民グループ「共用品ネット」(児山啓一代表)は、3月26日に都内で開いた月例会で東北地方の障害のある被災者への支援活動を協議する一方で、首都圏で暮らす障害者・高齢者が「震災後に困っていること」についての意見を集めた。
 児山代表によると、「やはり駅・交通機関の昇降機の休止に戸惑っている人が多い。エスカレーターの休止は仕方ないにしても、エレベーターの運行は確保してほしいと訴える意見が出た」という。同グループのメンバーには障害者や高齢者も多いため、「そもそも参加者が普段の例会よりかなり少なかった」といい、集まりが悪いこと自体がはからずも外出を敬遠する障害者・高齢者が多い現状を映し出していると見る。
「エレベーターは動いている?」百貨店に問い合わせ
 外出への不安は、小売業界の客足にも微妙な影を落とし始めている。
 例えば、アクティブシニア(元気高齢者)向けの品揃えと店づくりを早くから進め、“シニア一番店”として高齢者層の高い人気を集める東京・新宿の京王百貨店にも、「買い物に行きたいのだが、店内のエレベーターやエスカレーターはきちんと動いているのか」といった問い合わせが来ているという。
 同百貨店では節電対策で館内照明を落としているほか、10基あるエレベーターの半数を休止しているものの、障害者・高齢者・ベビーカーの買い物客らを優先する2基の「ハートフルエレベーター」の運行を確保し、2本ある上下エスカレーターも通常通りに動かしている。それでもこうした問い合わせがあることに、同百貨店では「外出に困ったり、不安を感じたりしているお客様がいかに多いかということの現れでしょう」(総務部広報担当)と困惑を隠さない。 」(全文)


 
>TOP

◆節電で「バリアフリーの灯」を消すな 外出への不安感は「消費萎縮」も加速させる(2/3ページ)
(日経ビジネス 2011年4月7日)
http://business.nikkeibp.co.jp/article/money/20110404/219304/?P=2
「同じ新宿にあるホテルの地下ショッピングセンターに店を構えるステッキ専門店「ステッキのチャップリン」も防衛策に懸命だ。
 山田澄代社長はこう語る。「うちは商売柄、足元に不安があるお客様が多く、安全確保のために店内の照明を落とすことは難しい。その分、バックヤードにある事務所や廊下の蛍光灯を外すなどして節電するので了解してほしいと管理会社にお願いしています」。
 先日も車いすの来店客を館内の多目的トイレまで案内したという。多目的トイレは使用できるが消灯しているので、「1人ではスイッチの位置が分からないかもしれない」と同行したのだ。「今はどこも同じような事情でしょうから、お手伝いを必要とされる人は大変だろうと思います」と、自身も足が不自由な山田社長はため息をつく。
“移動弱者”は今どんなことに困っているか
 それでは、障害者や高齢者は現在の節電対策のどんな点に不安を感じているのか。最大の課題は、「外出中、移動中に何かあったら」という不安感である。主なポイントは2点ある。
 第1が、エレベーターやエスカレーターの休止に伴い、「慣れ親しんだ道順」が寸断されてしまうことへの困惑だ。
 足や目が不自由な障害者や高齢者の中には日頃、自宅から目的地まで安全で歩きやすく、より心身への負担の少ない「最短経路」を覚えて外出する人が多い。そのため、いつも使っている昇降機が止まっていると、ほかの経路を探さなければならなくなる。
 それだけでも大きな重圧になるうえ、たとえ駅ホームの反対側のエスカレーターが動いていたとしても、そこまで長い距離を歩き、上階に上がってからまた同じ距離を戻るか、あきらめて階段を上るか、“究極の選択”を迫られることになる。
 第2が、照明の暗さと、出口や乗り換え口を示す誘導案内サインの消灯への不安感だ。
消灯された誘導サインの例 例えば東京メトロの場合、ホームの階段には出口を示す「A1」「B2」といった黄色地に黒文字の表示と、乗り換え方向を示す濃紺地に路線マークと白抜き文字の路線名を記した表示が掲示されている。その大半が今は消灯されており、視覚障害者や高齢者の中には暗くて読めないという人が多い。特に濃紺地の乗り換え表示については「真下に行ってもほとんど判読できず、初めて行く駅では混乱することもある」と訴える人もいる。
 東京メトロの誘導案内サインは視認性に優れ、公共交通機関のバリアフリー対策のお手本として高く評価されている。だが今回、思いがけない落とし穴があることが分かった。前出の児山・共用品ネット代表が次のように解説してくれた。児山氏の本業は公共サインなどを手掛けるアイ・デザイン代表で、中部国際空港(セントレア)や羽田空港国際線ターミナルの案内サイン制作など多数の実績がある。
 「一般に黒地に白抜き文字の表示は、白地に黒文字よりも視認性が高く、より見やすいとされています。ですが、それには内部照明が灯っている、つまり中から光っているという大前提がある。現在のように内部照明を消すという事態は考慮されていないんです」。ここにも、小さな「想定外」が起きているのである。
バラバラな対応で、利用者が混乱している
 東京メトロでは節電対策の現状について、「長い距離のエスカレーターは動かしているほか、多目的トイレも常に利用できるようにするなどバリアフリーには配慮している。今後も利用者から改善を求められる点があれば、できるだけ改善を図っていきたい」(広報課)としている。
 ただ、実際にどの昇降機を動かし、どの照明を消すかは、「それぞれの駅ごとに判断して実施している」(同)といい、緊急事態で電車の運行本数確保が最優先される中、とてもきめ細やかなバリアフリー対応までは手が回らない事情がうかがえる。やむを得ないことではあるが、こうした現場での個別対応が利用者の混乱や困惑を招いている側面があることは否定できないだろう。 」(全文)


 
>TOP

◆節電で「バリアフリーの灯」を消すな 外出への不安感は「消費萎縮」も加速させる(3/3ページ)
(日経ビジネス 2011年4月7日)
http://business.nikkeibp.co.jp/article/money/20110404/219304/?P=3
「昇降機の休止や照明、誘導サインの消灯は、健常者にとっては我慢できる範囲内であっても、障害のある人、高齢者、妊産婦や小さな子供連れ、東京の交通事情に不案内な旅行客など“移動弱者”にとっては決して軽い問題ではない。ことは「身の安全」にかかわることだからだ。
 今求められるのは、節電対策における社会的ルールをつくり、最低限の「バリアフリー動線」を確保し、利用者の不安感を少しでも和らげる社会的取り組みである。
 交通機関や公共施設、大型商業施設における節電対応として、ある程度の統一性を持たせた「緊急避難的な対応原則」を急ぎ検討する必要がある。
急がれる緊急避難的なルール作り
 そこで、1つの叩き台として、ここでは駅・交通機関における次のような対応を提案したいと思う。
(1)エレベーターは原則として、1基以上の運行を確保する。ただし、消費電力を少しでも減らすため、当面は障害のある人や高齢者、ベビーカーなど乳幼児連れの人の「専用」とし、一般の利用は控えてもらう。
(2)エスカレーターの運行については、一定の休止原則を設け、短いもの(例えば、高低差3メートル以内とか、移動距離10メートル以内とか)は電力需要のピーク時間帯はすべて休止する。ただし、総合病院への最寄り出口など、高齢者や障害者、病人の利用が多い駅・出口のエスカレーターの運行は常に確保する。
 それ以上の長さのものは、施設ごとに最低1系列以上の運行を「上り」「下り」とも確保する。ここで重要なのは、「下り」のエスカレーターの必要性である。健常者には下りの必要性は低いと思われがちだが、バリアフリーの観点から言うと、足や目の不自由な人や妊産婦にとっては「下り階段」のほうが「上り階段」よりも危険性が高い。この点への配慮も忘れてはならない。
(3)誘導案内サインについては、昇降機の運行と合わせて、最低限1本以上の「バリアフリー動線」を確保できるように配慮し、部分的に点灯する。
 具体的には、駅ホームごとに中央階段など最も利用者が多いところだけは点灯する。また、大手町、新宿など乗り入れ路線が多く、構造が複雑な地下街・地下通路については、主要通路の分岐点や最も広い地上出口のサインに絞って点灯する。
(4)車いす用リフトの使用は、通常通りとする。
ハードの不足は「人による対応」でカバーする
(5)以上の昇降機や誘導サインの状況を、交通機関や自治体などのホームページ・広報紙はもとより、あらゆる手段を使って利用者に情報提供し、周知徹底を図る。
 肝心なのは、迅速な「情報提供」である。多くの交通機関や自治体はいわゆる「バリアフリーマップ」を制作しているが、少なくとも主要ターミナル駅については簡単なものでもいいから「節電時のバリアフリー動線マップ」を制作し、必要な人に配布することも必要だろう。
 同時に、駅構内でのアナウンス、ホームや電車内の電光表示を使った情報提供の徹底も重要だ。特に電光表示による情報提供は、聴覚障害のある利用者には必須の対応となる。
(6)さらに言えば、利用者同士の「助け合い」も呼び掛けてほしい。製品や設備といった「ハード」で対応しきれない部分は、「ソフトサービス」、つまり「人による対応」でカバーするのがバリアフリー対策の大原則だ。
 東北地方の被災者が団結して苦しい今を支え合っていることに見習って、忙しい首都圏のビジネスピープルにも困っているお年寄りや障害者を見かけたら、声をかけてほしいと思う。企業・事業者だけでなく、利用者一人ひとりの優しい心遣いが今強く求められている。
 繰り返して言いたい。電力が逼迫する非常時であっても、最低限のバリアフリー動線の確保は、決して社会的優先度の低い課題ではない。生活弱者が「安全・安心」に外出できるようにすることは、遠回りに見えても実は、懸念される消費萎縮を押さえ込む重要な対策なのである。それはまた、考えたくはないが、「次の災害」への必須の備えであることも忘れてはならない。
 今はまだ、東北地方の被災者への心配りや計画停電で事業活動に困難を来している工場や商店への遠慮もあり、障害のある人や高齢者にはなかなか大きな声を上げにくいという事情もある。
 だが、節電対策は長期戦を避けられない。「外出への不安の軽減・解消」の重要性を社会全体が共有し、必要な対策を急ぎ講じなければならない。最初の試練である夏場の需要逼迫期はすぐに来る。 」(全文)


 
>TOP

◆〈伝えたい―阪神から〉交流保つ仕組みを(1/2ページ)
(朝日新聞 2011年4月7日)
http://www.asahi.com/national/update/0407/OSK201104060137.html
「□亀甲つぎこさん(63) ボランティア団体代表
 阪神大震災で、兵庫県宝塚市のわが家は被害はなかったが近所から声がかかり、避難場所を歩き回って、トイレの掃除をしたり、炊き出しをしたりした。半年ぐらい独自に活動して仲間に声を掛け、県の震災復興基金の助成をもとにしたボランティア団体「宝塚東フェニックス・ステーション」をつくった。
 仮設住宅での活動で感じたのは、やはり同じ地域で同じ場所へと移ってほしいということ。家族や家を失い、心に痛手を負った人は、話ができる知人と一緒にいる方がいい。住宅には「ふれあいセンター」のような集会室を作ってほしい。ふらりと立ち寄り、世間話や食事のできる場所。誰かとつながっていると思える空間があるといい。
 そして、24時間態勢の見守りが欲しい。夜になると寂しさや先行きの見えない不安が襲いかかる。当時、夜になると私の家にもいろんな心の叫びの電話があった。「これからガス管をくわえて死にます」という若い女性もいた。すぐに駆けつけて2人で泣いたこともあったし、話を聞いてほしかったという人も多かった。
 自治会組織は不可欠。ペットや騒音、ごみや駐車場などいろんな問題がでてくる。自治会がしっかりすれば、問題解決は早い。行政に何かを働きかけるときも、住民同士の話し合いがうまくいき、生活再建も早くなる。
□息の長い支援を
 仮設住宅の生活も過酷です。冬は寒く、夏は暑い。お風呂は狭くて段差もあった。壁も薄くて生活音は丸聞こえ。お年寄りや障害者にはとても厳しい環境だった。日曜大工のできるボランティアたちが、入り口に入る踏み台や室内の手すり、押し入れ内の棚やげた箱などを作った。住民同士の交流を助ける情報紙の発行も大切なことだった。「ゆずってください」コーナーや餅つき、紙芝居などのイベント紹介はとても読まれた。 」(全文)


 
>TOP

◆物資配布・障害者/高齢者施設の問題 『被災地で求められること』 市内社会福祉法人 救援物資続々輸送
(タウンニュース 2011年4月7日)
http://www.townnews.co.jp/0304/2011/04/07/100985.html
「市内では、震災を受け個々の社会福祉法人が被災地支援活動を続々と行っている。
 社会福祉法人「共働学舎」(小野路町・田中公明常務理事)は、震災から3日後の3月14日、同施設で製造するトイレットペーパー3万個ほか、水など支援物資を自前の大型トラックに積み、茨城県高萩市役所へ届けた。その後続けて18日、26日と大洗町、鉾田市などへ同じくトイレットペーパーやカップラーメン、食料などを届けたほか、宮城県山元町ではスタッフが現地に数日滞在して自衛隊の炊き出しの手伝いなどを行った。
 また、社会福祉法人「ウィズ町田」(木曽町・天野貴彦理事長)では、随時現地へ救援物資を届けると共に、被災地の作業所における被害状況を把握すべく現地で情報収集を行っている。
 18日?19日は宮城県仙台市へ、23日?24日は福島県郡山市・いわき市へ、25日?26日は宮城県仙台市・宮城県から岩手県沿岸へ。そして3月29日からは「宮城支援センター」開設準備のため、仙台市へ。今後はここを拠点とし、職員を一週間ごとに交代させながら、現地での支援活動を行っていく。
『倉庫に積まれた物資』変化する被災地に対応
 現地へ訪れた方に話を聞くと ”支援物資は確かに被災地へ届いているのだ”という。しかしながら、現地での燃料不足は今なお解消されておらず、物資の貯蔵庫から大小数ある各避難所へ届ける手段がない。また、「体育館の中で咳込んでいる人が多かった、次回は薬を多めに持っていったほうが良いかも」「一日おにぎり一個、パン一個の生活。お昼に温かいものを出してあげられないか」など、”足を運ぶ度に被災地の現状は変化していること”を課題にあげ、共働学舎の田中理事長は「被災地の一定の復旧まで、その時々にあった長期的な支援が必要」と話す。
避難所に指定されていない避難民の生活は?
 移動や集団生活が困難な被災地の障害者たちは、大きな民家に一時避難していたり、障害者施設に留まっている場合も多い。岩手県の田老町を訪れたウィズ町田の天野理事長は「高台にあり建物に津波の被害は少なかったあるグループホームの方々は今なお施設内で生活している。避難所に指定されておらず物資も自分たちで確保していかねばならない状況だった。役場も細部まで把握できていない現状だが、物資が届く状況を作らねば」と話していた。
4/30東北大物産展
 市内では4月30日(土)に「東北大物産展」(NPO町田作業所連絡会主催)がぽっぽ町田で開催される。直接被災地へ行かなくても出来る支援はある。地域をあげた”太く長い支援”が求められている。」(全文)


 
>TOP

◆人工呼吸器使用の「歩む会」  地震時、停電でヒヤリ
(タウンニュース 2011年4月7日)
http://www.townnews.co.jp/0108/2011/04/07/100998.html
「3月11日に関東・東北地方を襲った大地震による停電で、小雀町のグループホーム「歩む会」では、入所者が使用していた人工呼吸器があわやバッテリー切れとなる状況だったことが分かった。
 NPO法人「重度身体障害者と共に歩む会」が運営する同施設では、同障害者6人が入所、看護師やヘルパーなどスタッフ約30人が交代で24時間対応している。入所者のうち1人が人工呼吸器を使用していた。
 地震発生後、停電とともに人工呼吸器は内部バッテリーに切り替わったが、約30分しかもたないため、外部バッテリーにつなぐ必要がある。北村叔子(よしこ)・同法人理事長(78)が外部バッテリーに交換したが、これは2本セットで電力供給時間は6時間。北村理事長は予備バッテリーの有無を人工呼吸器メーカーに問い合わせたが在庫はなく、また協力体制を築いていた東京電力も電力復旧の見込みはないとの返答で、発電車を持って行くなどの対応もとれなかったという。幸いにも原宿にある同法人の事務所が停電していなかったため、車でその入所者を事務所まで移動させた。電力が確保できた時点で、バッテリーの残量は半分だった。
 北村理事長は3月18日に当時の状況を市に報告。「外部バッテリーは約18万円と高額。行政からの補助があるといいのだが。今回の経験を受け、将来的には施設を自家発電にすることも考えている」と話した。」(全文)


 
>TOP

◆透析患者避難所一般の被災者も…インテックス大阪
(YOMIURI ONLINE 関西発 2011年4月6日)
http://osaka.yomiuri.co.jp/e-news/20110406-OYO1T00308.htm
「大阪市は、東日本大震災で被災した人工透析患者のために展示場「インテックス大阪」(住之江区)に設けた一時避難所の対象者を5日、一般の被災者にも拡大し、受け付けを始めた。日本透析医会の要請を受け、患者400人とその家族計1000人規模の受け入れを想定し、フロアを間仕切りするなど避難所を準備した。しかし、被災地から遠いことなどから5日時点で利用はなく、同医会も利用見込みを数十人に修正したため、空いたスペースを活用することにした。食事や日用品を提供し、ボランティアも常駐する。問い合わせは午前9時〜午後5時半、市支援総合相談所(06・6208・8841)。」(全文)


 
>TOP

◆経腸栄養剤最大2割不足の見込み――震災の影響で
(ケアマネジメント オンライン 2011年4月6日)
http://www.caremanagement.jp/news+article.storyid+8680.htm
「厚生労働省は4月1日、「経腸栄養剤の適正使用に関するお願いについて」事務連絡を行った。
それによると、東北地方太平洋沖地震の影響により、経腸栄養剤「エンシュア・リキッド」(250mL 缶入)及び「エンシュア・H」(250mL 缶入)(製造販売:明治乳業株式会社(4月1日から株式会社明治)、販売:アボット ジャパン株式会社)については同製剤の缶容器を製造・供給する企業の仙台工場が被災したため、同製剤の製造が一時中断している。
同社は、現在、製造再開に向けた準備(出荷開始は5月下旬予定)、被災の影響のなかった「エンシュア・リキッド」(500mL バッグ入)の増産、海外からの「エンシュア・H」の輸入・販売を進めている。
また、国内で代替医薬品となる「ラコール配合経腸用液」を製造販売しているイーエヌ大塚製薬株式会社においても増産を行っている。こうした対応により、遅くとも6月以降は震災前と同じ量が供給される見込みだが、4月及び5月は、現時点における在庫(約1ヶ月分)を含めても経腸栄養剤(医薬品)全体として、最大2割程度分の不足となる状況が想定されている。
このような状況の下、一時的な供給量減少による患者への影響を最小限とするため、保険医療機関及び保険薬局への周知を促している。
1.医療機関及び薬局においては、経腸栄養剤(医薬品)の通常時を上回る在庫の保持を控えること。
2.経腸栄養剤については薬事法上の医薬品として承認を得ているもののほか、いわゆる医療食としての扱いを受けている類似の製品がある。在宅療養患者等の場合には、いわゆる医療食への切り換えにより自己負担が増大することから、当面、経腸栄養剤(医薬品)については、外科手術後の患者など真に必要な患者への使用を最優先しつつも、入院患者でいわゆる医療食等を用いた食事療養が可能な患者については、出来る限り院内での食事療養費で対応し、在宅患者等へ医薬品を優先的に使用すること。
3.医療機関及び薬局においては、患者への最適な医療を確保しつつも、当面、医薬品の長期処方の自粛あるいは分割調剤の考慮など、必要最小限の最適な処方・調剤を行うこと。」(全文)


 
>TOP

◆【東日本大震災】経腸栄養剤が5月まで不足‐過剰在庫控え在宅療養患者に優先使用
(薬事日報 2011年4月6日)
http://www.yakuji.co.jp/entry22628.html
「経腸栄養剤のエンシュア・リキッドとエンシュア・Hの250mL缶入り製剤(製造販売:明治、販売:アボットジャパン)の製造が、一時中断している。容器を供給する企業の仙台工場が被災したことによるもので、現時点の在庫約1カ月分を含めても、5月までは経腸栄養剤全体で、最大2割程度の不足が想定されるという。
 こうした事態を受け、厚生労働省は1日付で地方厚生局へ事務連絡を発出し、医療機関や薬局に、通常時を上回る在庫の保持を控えるよう促している。当面の間、長期処方の自粛や分割調剤によって、必要最小限の処方・調剤を行う必要性も改めて周知した。
 また、経腸栄養剤には、いやゆる医療食として扱われている類似製品があるが、在宅療養患者らを医療食へ切り替えると、自己負担が増える。そのため、医薬品の経腸栄養剤については、外科手術後など真に必要な患者を最優先とするほか、在宅療養患者へ医薬品を優先的に使用するよう、配慮を要請した。入院中で医療食による食事療養が可能な患者は、できる限り院内での食事療養費で対応するよう求めている。
 エンシュア・リキッドなど、缶入り製剤の出荷再開は5月下旬の見通し。現在、被災の影響を受けなかったバッグ入り製剤の増産、海外からのエンシュア・Hの輸入を進めると共に、国内の代替製剤となるラコール配合経腸用液(製造販売:イーエヌ大塚製薬)も増産している。厚労省によると、遅くとも6月以降は震災前と同量が供給できるという。」(全文)


 
>TOP

◆現場から:つながり /神奈川
(毎日新聞 2011年4月6日)
http://mainichi.jp/area/kanagawa/genbakara/news/20110406ddlk14070239000c.html
「平塚市の比嘉幸憲さん(67)は09年夏から、寝たきりの妻(60)を自宅で介護している。神経系の難病で呼吸器とたんの吸引器が欠かせず、停電が長引けば命にかかわる▽計画停電のニュースが流れた直後、訪問看護施設の担当看護師から連絡を受けた医療機器業者が未明、予備の呼吸器を持ってきた。「看護師さんとは信頼関係があり、慌てることはなかった」と話す▽比嘉さんが利用しているのは「鶴巻訪問看護ステーション」(秦野市)。同施設では、計画停電実施の発表を受けて秦野市に相談、市から発電機7台が患者に貸し出された。統括部長の和田洋子さんは「特に1人暮らしの人が心配」と指示、停電時には職員が患者に順に電話していた▽実施の見送りが続く計画停電だが、夏にはまた電力不足が懸念される。和田さんは「被災地のことを思えば」と電気だけに頼らない方策も考える。非常時こそ、日ごろ培ってきた人と人とのつながり、連携が大きな備えとなる。【松倉佑輔】」(全文)


 
>TOP

◆避難所生活の障害者へケア届かず 県、実態把握急ぐ
(岩手日報 2011年4月6日)
http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20110406_15
「東日本大震災で避難所生活を送る障害者が、必要なケアを受けられずにいる。福祉施設やヘルパーが被災して介護の手が避難所まで届かないケースがあり、大槌町では震災から3週間余たっても入浴できずにいる人がいる。県は5日から、陸前高田、大槌、山田の3市町の障害者の実態調査に乗り出したが、全容を把握するのは容易でない。障害者一人ずつに多様なニーズがあり、きめ細かい対応が急がれる。
 大槌町臼沢地区の避難所にいる山田猛夫さん(63)は5年前に脳出血で倒れ、右半身にまひが残った。自宅が津波で半壊したため、震災当日から避難所で過ごすが、トイレが遠いなど不便な生活が続く。
 中でも入浴できないのが悩みだ。これまで入浴のために通っていた山田町の介護老人保健施設は震災で全壊。陸上自衛隊が開設した風呂に入るには介助が必要だが、男風呂で妻久恵さん(59)が手を貸すわけにもいかない。
 「男の人が介助してくれればいいんだけど…」と久恵さん。猛夫さん自身にも「時間をかければ自分で着替えできるが、周囲に迷惑を掛けてしまう」との気兼ねもあるようだ。
 久恵さんがタオルで体を拭いているが、衛生面や健康面が心配。自宅に入った泥を片付けるために家と避難所を往復する久恵さんは「避難所生活もそろそろ限界。でも自宅に戻るめどは付かない」とため息交じりにつぶやいた。
 3市町はいずれも津波被害が甚大で行政機能が低下しているため、県がケアが必要な障害者を把握しようと実態調査を始めた。大槌町では相談員ら5人が地道に避難所を回り、障害者の近況を尋ねて歩いた。
 同町大ケ口の避難所では、聴覚に障害のある三浦幸子さん(66)に障害手帳の有無や困っている事などを確認した。三浦さんの場合は筆談などで避難住民と交流できているが、他の障害者の中には障害が原因で情報が不足したり孤立している人がいることも懸念される。 
 同町内で調査を進めた藤原伸哉相談支援専門員は「コミュニケーションがうまく取れないとフラストレーションがたまる。体と心のケアが大事だ」と障害者の置かれた実情に危機感を抱く。」(全文)


 
>TOP

◆いわき市で一時提供住宅の申し込み8日まで
(KFB福島放送 2011年4月6日)
http://www.kfb.co.jp/news/index.cgi?n=201104068
「いわき市が確保した東日本大震災罹災(りさい)者向けの一時提供住宅の申請締め切りが8日に迫った。
市文化センターと各支所(久之浜を除く)で午前9時から午後7時まで受け付ける。
市によると4日午後7時現在で申請は約2200件。
避難所に滞在し交通手段がないなどの理由で申し込みが困難な世帯は、市職員が7日以降に数日かけて訪問し申請書を回収する。
雇用促進住宅とアパートなど民間借り上げ住宅の計2300戸で家賃は国(雇用振興協会)と県が全額負担する。
入居期間は来年3月31日まで。
対象は自宅が全壊か全焼、流出などの被害にあった世帯。
高齢者のみや重度の障害者、乳幼児と妊婦らがいる世帯を優先して割り当てる方針。
先着順ではない。
今回の申請に間に合わなかった市民らを対象とした2次募集も検討する。
問い合わせは市災害対策本部電話0246(21)3720、または3723、3724へ。」(全文)


 
>TOP

◆仮設住宅の初抽選 陸前高田市、一般枠に応募50倍超
(岩手日報 2011年4月6日)
http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20110406_9
「陸前高田市は5日、県内で最も早く高田・一中の校庭に完成した仮設住宅36戸の入居者抽選を行った。応募総数は1160件で、一般枠は50倍超の高倍率。6日に当選者へ連絡、入居は10日をめどに始まる。
 抽選は市仮庁舎建設課で行われ、戸羽太市長が、高齢者や障害者ら優先枠、一般枠の順で、箱の中から番号を書いた紙を各18枚ずつ引いた。
 仮設住宅は2DK約30平方メートルで2、3人用。申し込みは優先枠(18戸)で200件、一般枠(18戸)で960件あった。
 戸羽市長は「36戸と少ないとはいえ、前進した意義ある一日。早期に建設が進むよう、さらに国や県に呼び掛けていく」と話す。
 5日は米崎小校庭で60戸が着工した。
【写真=仮設住宅の一般枠入居抽選を行う戸羽太市長=陸前高田市高田町】」(全文)


 
>TOP

◆つなごう希望:東日本大震災 広がる支援の輪、さらに /山口
(毎日新聞 2011年4月6日)
http://mainichi.jp/area/yamaguchi/news/20110406ddlk35040329000c.html
「東日本大震災の被災者を励ます下関市民の動きは、5日も温かい広がりを見せた。【尾垣和幸】
 ◇下関市連合自治会、義援金1639万円
 下関市唐戸町のカラトピアで5日、市内の各自治会長らが集う日本赤十字社下関市地区の合同会議があり、同市連合自治会から日赤下関市地区に、被災地に役立ててもらおうと義援金約1639万円が贈呈された。
 既に日赤下関市地区には、市民らから義援金約3200万円が集まっており、これで計約4840万円に上る。永尾遜(ゆづる)・連合自治会長から義援金を受け取った日赤下関市地区長を務める中尾友昭市長は「心からお礼申し上げます」と感謝していた。
 日赤県支部には、これまでに義援金約3億5200万円が寄せられている。また、県支部は宮城県石巻市の避難所などに医師や看護師による救護班を随時派遣している。
 ◇修了式で募金8万6000円 下関南総合支援学校が寄託
 下関市幡生町1、県立下関南総合支援学校(尾崎敬子校長)もこのほど、毎日新聞西部社会事業団に8万6000円を寄託した。
 震災の惨状に心を痛めた生徒会の政田大輔会長(16)、高橋俊一副会長(19)、和田光輝・生徒会委員長(16)らが校内放送で募金を呼びかけた。すると、先月にあった修了式に生徒、教職員らが小遣いなどを持ち寄った。
 同支援学校は旧県立盲学校で、現在45人が在籍。視覚や手足、聴覚に障害があったり、知的障害のある生徒らが学んでいる。
 下関支局を訪ねた和田生徒会委員長、大工宗貴教諭(40)らは「障害のない人たちでも震災はつらいのに、被災した障害者の苦労は並大抵ではない。障害のある私たちだからこそ、その痛みも分かります。何とか役立ててほしい」と三嶋祐一郎支局長に託した。
〔下関版〕」(全文)


 
>TOP

◆京都の障がい者が被災地の障がい者のため募金呼びかける
(障がい者の働く場ニュース 2011年4月6日)
http://www.hatarakuba-info.com/news_2fb2IaavS.html?right
「救援のための募金呼びかける
「障害者自立支援法に異議あり!応益負担に反対する実行委員会」「障害者自立支援法の基本合意の完全実施をめざす京都の会」のメンバーら約60名が4月3日、京都市中京区四条河原町で被災地、被災者の救援のための募金を呼びかけた。
車椅子で募金訴える
車椅子に乗った障がい者らは自らマイクを握って
「被災地の障害者にも支援が必要です。ご協力ください」
などと呼びかけた。募金に応じた中塚紘一郎さん(24)は
「私も障害があり、皆さんの気持ちがよく分かります。微力ですが、今できるのは募金ぐらいです」
と語った。
また、成人した障がい者の地域での生活と労働を支援する「きょうされん」の京都支部は4日から仙台市にある「きょうされん」の現地本部へ4名を派遣する。派遣された4名は、障がい者の作業所や施設、自宅などでの救援活動や安否確認などを行う予定だ。」(全文)


 
>TOP

◆東日本大震災:被災者に公営住宅575戸、11日から県が2次募集/神奈川
(カナコロ 2011年4月6日)
http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1104060009/
「東日本大震災の被災者を受け入れる県内の公営住宅の2次募集が、11日から始まる。住宅が全半壊した人や、原発事故で避難している人が対象で、募集戸数は575戸。市町営住宅も含めて、県が一括して受付窓口となる。14日まで。
 3月の1次募集は、すでに県内に避難してきた人を対象に実施。募集戸数も100戸だった。2次募集では、県外で避難生活を送っている人も申し込みが可能となる。
 入居は重度障害者や65歳以上の高齢者、3歳未満の乳幼児、妊婦などがいる世帯を優先する。まず優先世帯で抽選を行い、残りの住宅で、その他の応募者の抽選をする。
 家賃、敷金、退去時の修繕、連帯保証人は免除。16日までに入居候補者を決め、18日までに通知する。
 県住宅供給公社ビル(横浜市中区)に受付窓口を設けるほか、電話での申し込みも受け付ける。
 応募の詳細は、県住宅計画課電話045(210)5990。」(全文)


 
>TOP

◆東日本大震災:仮設住宅、倍率53倍−−陸前高田で抽選会 /岩手
(毎日新聞 2011年4月6日)
http://mainichi.jp/area/iwate/news/20110406ddlk03040014000c.html
「東日本大震災の被災地で最も早く仮設住宅の建設が始まった陸前高田市で5日、初めて仮設住宅の抽選があった。計36戸のうち一般向けの18戸に960件(倍率53倍)、高齢者や障害者世帯、母子家庭向けの18戸に200件(同11倍)の応募があり、公正さを保つため戸羽太市長がプレハブの仮庁舎でくじを引いた。
 36戸は避難所になっている市立第一中学校の校庭に建設。市は入居資格を確認後、当選者に連絡し、10日をめどに入居が始まる。
 市内8地区で仮設住宅を建設予定で、5月中にすべてを着工させたいとしている。
 戸羽市長は「少しずつ前に進み、安心感を与えられたと感じている。今日が新しいスタートになった。希望する方が早く入居できるよう国や県に呼びかけたい」と話した。【長野宏美】」(全文)


 
>TOP

◆東日本大震災:がれきから一家の遺体 歩けぬ男性、乳幼児ら5人−−気仙沼 /宮城
(毎日新聞 2011年4月6日)
http://mainichi.jp/area/miyagi/news/20110406ddlk04040080000c.html
「東日本大震災で甚大な津波被害を受けた気仙沼市で、車椅子を使う息子や乳幼児らと一緒に車で避難しようとして行方不明になった家族がいる。一家5人は震災発生から20日後の先月31日、自宅近くのがれきの下から車ごと見つかった。遺族らは悲しみに打ちひしがれながらも「最後までみんな一緒にいたのは家族の絆の証し」と自らに言い聞かせている。
 亡くなったのは、気仙沼湾の海岸から約700メートルの同市幸町で美容室を営んでいた白幡南津子さん(60)と、長男で障害者の健治さん(36)、次女久美さん(33)、その長男天芯(てんしん)くん(2)と次男藍丸(らんまる)くん(4カ月)。
 地震直後、一家は協力して健治さんを軽乗用車に運び、子どもたちをおんぶしたりチャイルドシートに乗せて家を出た。車に乗りきれなかった南津子さんの夫守さん(67)と美容室で働いていた長女の小山美和さん(39)はオートバイで2人乗りして出発した。海と川に挟まれた路地で渋滞に遭い、動けずにいた時に津波が両方向から襲い、車とバイクは離れ離れになった。
 津波が引くと、辺りは高さ5メートル近いがれきに覆い尽くされていた。近くの高台から目撃した住民は「津波がいろんな角度から襲い、動けずにいた車や流された住宅が路地に挟まっていった」と証言。親類たちは「歩けない健治を車に残して逃げるような家族ではない」と言い切る。
 仕事先で被災を免れた久美さんの夫竜次さん(39)や高台まで逃げ切った守さんらは「一緒にいるに違いない」と自宅周辺のがれきの山を捜し回った。「返事してくれ」。5人の名前を呼ぶ叫び声が連日、辺りに響いた。
 重機がやっと自宅近くまで入り、車や木片が除去され始めると、5人はやはりその下にいた。よそから流されてきた木造住宅の1階に車ごとはまり込んでいた。遺体の損傷は軽く、逃げた時のままの姿だった。
 守さんによると、健治さんは約10年前にスノーボードの事故で半身不随になったが、数年後から投てき競技に打ち込み、昨秋の全国障害者スポーツ大会では県選手団主将も務めた。
 「健治は車で避難するしかなかった。もし車で逃げる人が少なければ渋滞は起きなかったかもしれないが、あのパニックの中では誰を責めることもできない」と守さんは話す。
 天芯くんと藍丸くんの姉日菜(ひな)さん(11)は小学校にいて無事だった。31日、全員生きて帰ってくると信じていた日菜さんに避難先で父竜次さんが声をかけた。「みんな見つかったよ」。しかし、向かった先は遺体安置所だった。「どうしてここなの?」。日菜さんはそう言って黙り込み、五つ並んだひつぎの前で泣き崩れたという。【丹野恒一】」(全文)


 
>TOP

◆東日本大震災:大崎の授産施設、在庫食品を無償提供 先月3日間、避難所に /宮城
(毎日新聞 2011年4月6日)
http://mainichi.jp/area/miyagi/news/20110406ddlk04040053000c.html
「ギョーザやシューマイなどの製造販売を通じ障害者の自立を支援する大崎市田尻の通所授産施設「すずかけの里」は東日本大震災後の3月14日から3日間、在庫食品を地元の避難所などに無償提供した。被災者からは「支給のおにぎりのおかずとしておいしく食べた」と喜ばれた。
 震災後の停電で施設内の冷凍庫の温度が上昇しているのを、佐々木哲夫施設長(63)が確認。「食品を捨てることになってはいけない。地元への恩返しは今をおいてない」と無償提供を決断した。14日から16日にかけ、プロパンガス式厨房(ちゅうぼう)で職員10人と利用者4人が調理した。断水のため水は給水場から職員が運んだ。
 詰めかけた近所の人に焼きたてを提供する一方、田尻や美里町の避難所など16カ所には配送車で運んだ。提供個数はギョーザ1万個▽シューマイ2000個▽コロッケ1500個▽ゆで卵1500個に及んだ。田尻と美里町の養護老人ホームなどには利用者や職員の給食用食材の肉も提供した。
 ギョーザを焼くのに奮闘した利用者の千葉健悦さん(29)は「おいしいと喜ばれて気持ちよかった」と話す。すずかけの里は3月28日から運営を再開し、商品の在庫増加に力を入れる。佐々木さんは「被災した人たちが仮設住宅に落ち着いた後、ギョーザを現地で焼く巡回差し入れをしていきたい」と次の恩返し構想を描いている。【小原博人】」(全文)


 
>TOP

◆希望新聞:東日本大震災・サポート情報 5日現在
(毎日新聞 2011年4月6日)
http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110406ddm035040037000c.html
「◇医療
 <岩手県>
 県立大船渡は救急のみ。県立釜石は外来診療を受け付けるが、検査に制限がある。
 <宮城県>
 ◇仙台市 市急患センター(若林区)は内科、小児科、外科(19時15分〜23時)◇仙台市外 石巻赤十字は救急の重症のみ▽気仙沼市立は内科、脳神経外科を除き通常診療▽県立がんセンターと県立精神医療センターが通常診療を再開
 <福島県>
 問い合わせは県地域医療課 電話024・521・7221
 <茨城県>
 救急医療情報システムで病院案内 電話029・241・4199
 □腎臓病
 全国腎臓病協議会(全腎協)は、腎臓病患者や透析患者、家族からの無料相談電話を設けている。電話0120・088・393(平日10〜18時、12時半〜13時半を除く)
 □がん
 国立がん研究センターは、被災したがん患者の治療可能な病院紹介などに応じる「被災がん患者ホットライン」を設けている。同センターあての紹介状(診療情報提供書)を準備できる人は電話03・3547・5130(10〜16時)。ない人は電話03・3547・5293(9〜18時)。いずれも平日のみ。同センターのホームページ(HP)では、抗がん剤治療が受けられる東北地方の病院の一覧なども掲載している。
 ◇入浴
 自衛隊による入浴支援の場所は次の通り。タオルは各自で持参。
 <岩手県>津軽石小(13〜22時)▽山田高(10〜21時)▽山田南小(シャワーのみ、13〜21時)▽シープラザ釜石(12〜21時)▽盛小(10時20分〜21時)▽米崎小(8〜21時)▽大槌町ふれあい公園(12〜21時)
 <宮城県>気仙沼小(8〜20時)▽本吉総合体育館(9〜20時)▽南三陸町ベイサイドアリーナ(13〜20時)▽女川総合運動公園(8〜12、13〜17、18〜20時)▽石巻市消防本部グラウンド(10時〜19時半)▽万石浦中(12時〜19時半)▽洞源院サン・ファン館(シャワーのみ、15時〜17時半)▽青葉中(シャワーのみ、14時〜20時半)▽鹿妻小(シャワーのみ、15時〜18時半)▽石巻市中央2市営駐車場(12時半〜16時半)▽大塩市民センター(シャワーのみ、14時〜20時半)▽小野市民センター(シャワーのみ、14時〜20時半)▽航空自衛隊松島基地(男性11〜13時、女性14〜16時)▽多賀城駅前(15時〜未定)▽山下小(13〜23時)▽亘理町中央児童センター(13〜21時)▽逢隈中(13〜21時)
 <福島県>向陽中(12〜21時)▽あづま総合運動公園(女性13〜18時、男性18〜21時)▽田村市総合体育館(12〜22時)▽いわき中央台公民館(10〜20時)▽ビッグパレットふくしま(10〜12、15〜20時)
 ◇仮設住宅
 仮設住宅の入居を募集したり、説明会を開いている自治体の受付場所、問い合わせ先は次の通り。高齢者、障害者らの世帯の入居を優先する自治体もある。
 <岩手県>
 ◇宮古市 市役所、避難所 電話0193・62・2111◇久慈市 市役所 電話0194・52・2120◇陸前高田市 市仮庁舎、各町地区本部 電話0192・59・2111◇釜石市 市仮庁舎、避難所 電話0193・23・2420◇岩泉町 町役場、避難所 電話0194・22・2111
 <宮城県>
 ◇仙台市 8日以降に避難所で説明会 電話0120・055・150◇石巻市 市役所・支所、避難所 電話0225・95・1111◇塩釜市 市役所 電話022・364・1131◇気仙沼市 7〜11日、避難所で説明会 電話0226・22・6600◇名取市 市役所 電話022・384・2111◇多賀城市 市役所 電話022・368・1141◇岩沼市 7日まで避難所、8〜15日市役所 電話0223・22・1111◇東松島市 18日まで市役所・支所 電話0225・82・1111◇亘理町 町役場 電話0223・34・0512◇山元町 10日まで町役場、避難所 電話090・8786・5942◇女川町 災害対策本部 電話0225・54・3131
 <福島県>
 ◇白河市 市役所 電話0248・22・1135◇相馬市 避難所で希望調査 電話0244・37・2148
 <茨城県>
 ◇北茨城市 22日まで市役所 電話0293・43・1111
 <千葉県>
 ◇旭市 市役所 電話0479・62・5895
 ◇住宅
 住宅の補修・再建支援は、災害救助法に基づく「住宅の応急修理制度」と被災者生活再建支援法に基づく「生活再建支援金」が核になる。
 応急修理制度は、住宅が半壊、大規模半壊、全壊で応急修理をすれば居住可能となる場合▽応急修理をすれば避難の必要がない▽仮設住宅を利用しない−−の3条件に該当する世帯が対象。年収制限などもある。修理できるのは、屋根や柱、ガスの配管や衛生設備など、地震によって壊れた緊急度の高い部分のみ。1世帯あたりの限度額は52万円。
 被災者生活再建支援金は全壊、大規模半壊した世帯などが対象で、被害程度に応じた基礎支援金(最高100万円)と再建方法に応じた加算支援金(同200万円)がある。
 受け付けを開始した自治体もある一方、申請に必要な罹災(りさい)証明書の発行に至っていない自治体も少なくない。発行時期など詳細は各市町村へ。
 国土交通省は補修・再建に関する全般的な相談に応じる窓口を設けている。被災地専用のフリーダイヤルがあるほか、対面相談窓口も仙台市と青森県八戸市に設けており、順次拡大する予定。専門の検査員が現地で住宅の無料診断なども行う。電話0120・330・712または電話03・3556・5147(日曜・祝日を除く10〜17時)。
 岩手、宮城、福島各県の建築士事務所協会も、被災住宅の修復、概算費用などに関する相談窓口を設けている。いずれも平日のみで、岩手 電話019・651・0781▽宮城 電話022・223・7330▽福島 電話024・521・4033。
 ◇商業施設
 ダイエー仙台店 6日、全館で営業を再開する。食品や日用品を扱う地上1階と地下1、2階に加え、衣料品、靴・バッグなどを扱う地上2〜8階でも営業を始める。営業時間は9時半〜19時。
 □道の駅
 被害が大きかった沿岸部を中心に、電話で営業が確認できた「道の駅」は次の通り。地元産の野菜や海産物を取り扱っているが、特に海産物は今後の入荷見通しが厳しい。
 <岩手県>
 おおの(洋野町)9〜17時。コメ、野菜や乳製品(電話0194・77・3202)▽くじ(久慈市)9〜19時。野菜や干物、乳製品。ほぼ通常通りの品ぞろえ(電話0194・53・1300)▽のだ(野田村)8時半〜16時半。野菜や干物、団子など(電話0194・78・4171)▽たのはた(田野畑村)9〜18時。あるものを販売(電話0194・34・2111)▽やまだ(山田町)9時半〜17時。ほぼ通常通りの品ぞろえだが、海産物は県外産。軽食も再開した(電話0193・89・7025)
 <宮城県>
 上品の郷(石巻市)9〜17時。野菜など通常の7割程度の品ぞろえ。レストランも再開。併設の温泉施設は9〜15時(電話0225・62・3670)
 <福島県>
 そうま(相馬市)10〜17時。ほぼ通常通りの品ぞろえだが、海産物は県外産。食堂も再開(電話0244・37・3938)
 ◇ボランティア
 <岩手県災害ボランティアセンター>
 8〜10日、大槌町で泥、がれきを撤去するボランティアを募集している。盛岡市内から専用バスで日帰りする。昼食や長靴、ゴム手袋、スコップなどは各自持参。各日定員80人。集合場所は盛岡駅前のマリオス(午前6時半)、ボランティアセンター(同6時50分)。事前申し込みは電話019・637・7594。
 <宮城県災害ボランティアセンター>
 20人以上の団体で自らバスを手配して被災地に入る「ボランティアバスパック」を募集している。食事や宿泊などを「自己完結型」でできるグループが対象。家屋清掃やがれき撤去などの支援で、活動場所は希望を踏まえて県ボランティアセンター(VC)が決める。5月下旬まで受け付け。申し込みは、県VCのサイトから用紙をダウンロードし、ファクス(022・266・3953)する。
    *
 ボランティア活動保険は、加入時期にかかわらず補償期間が年度末(3月31日)で切れており、前年度に保険に加入した人は注意が必要。
 ◇その他
 □薬局・薬店
 ダルマ薬局 フード&ドラッグ沖野店(仙台市若林区)が再開する。宮城県内の58店中、10店(荒巻セントラルプラザ、EBeanS、寺岡、泉パークタウンタピオ、市名坂、手倉田、本塩釜駅前、多賀城町前、白石、石巻中里)以外は営業。
 カワチ薬品 宮城県は古川店が営業再開し、16店中2店(仙台ゆめタウン、美田園)以外で営業。福島県は原町以外の18店で営業している。
 ヤマザワ薬品 宮城県は13店中3店(汐見台、塩釜中の島、中田)以外は営業。
 ツルハドラッグ 福島県の59店中10店(原町、原町西、原町中央、小高、鹿島、富岡、富岡南、大熊、浪江、福島鎌田)以外は営業。
 □主な問い合わせ先□
 ○行方不明者相談ダイヤル
岩手県警 0120・801・471
宮城県警 022・221・2000
福島県警 0120・510・186
 ○ライフラインなど
NTT災害用伝言ダイヤル 171
東北電力         0120・175・366
 ○医療
 <放射線被ばく相談>
▽文部科学省健康相談ホットライン 0120・755・199(9〜21時)
▽放射線医学総合研究所相談窓口  090・5582・3521▽090・4836・9386▽080・2078・3308など計6回線で対応(9〜21時)
 <人工透析>
▽岩手県 人工透析相談窓口 019・629・5471
▽宮城県 仙台社会保険病院 022・275・3111
 (かかりつけ医が対応していない場合のみ)
▽福島県 県地域医療課窓口 024・521・7221
 <その他>
日本医師会         03・3946・2121
日本糖尿病協会       0120・151・721
てんかん支援ホットライン  054・245・5446
アレルギー支援ネットワーク 052・485・5208
 ○生活支援
日弁連電話相談        0120・366・556(平日10〜15時)
あしなが育英会        0120・77・8565
 (遺児らに特別奨学一時金を支給)
心の相談緊急電話       0120・111・916
 (13〜22時。日本臨床心理士会など)
いのちの電話震災ダイヤル   0120・556・189
 (4月9日まで毎日8〜22時)
チャイルドライン支援センター 0120・99・7777(月〜土16〜21時)
多文化共生マネージャー全国協議会
 ▽英語 080・3503・9306
 (他に中国語、スペイン語などの窓口あり)
 <視聴覚障害者向け>
 「全日本ろうあ連盟」や「全国盲ろう者協会」がウェブサイトで支援情報などを提供。
 ○省庁
行政相談(東北管区行政評価局)0120・511・556
    (茨城行政評価事務所)0120・188・571
金融相談(東北財務局)    022・721・7078
農林水産業の被害相談(農水省)0120・355・567
 ○金融機関など
岩手銀行              0120・064・626
七十七銀行             0120・78・1177
東邦銀行              0120・104・157
ゆうちょ銀行            0120・108・420
東北労働金庫            022・723・1111
住宅金融支援機構          0120・086・353
日本政策金融公庫          0120・154・505
そんがいほけん相談室(日本損保協会)0120・107・808または03・3255・1306
地震保険契約会社照会センター    0120・501・331
生命保険相談所(生保協会)     0120・226・026
 ○交通機関
JR東日本   050・2016・1600
JAL(国内線)0570・025・071
ANA(国内線)0570・029・222
 ◇移転した役所と連絡先
 <岩手県>
 ▽陸前高田市
 エコタウン鳴石 電話0192・59・2111
 ▽釜石市
 市教育センター 電話0193・23・2420
 ▽大槌町
 町中央公民館 電話080・1851・4911
 <宮城県>
 ▽女川町
 女川第二小学校 電話0225・54・3131
 ▽南三陸町
 町総合体育館ベイサイドアリーナ 電話0226・46・2600
 <福島県>
 ▽広野町 小野町民体育館 電話0247・72・6246(今月中旬にいわき市へ再移転の方針)
 ▽楢葉町 会津美里町本郷庁舎 電話0242・56・2155
 ▽富岡町 ビッグパレットふくしま 電話024・946・8813
 ▽川内村 ビッグパレットふくしま 電話024・946・8828
 ▽大熊町 会津若松市役所追手町第2庁舎 電話0242・26・3844
 ▽双葉町 埼玉県加須市・旧県立騎西高 電話0480・73・6880
 ▽浪江町 二本松市役所東和支所 電話0243・46・4736〜9
 ▽葛尾村 会津坂下町・川西公民館 電話0242・83・2651
 ◇ツイッターでも随時発信
 ツイッター(@mainichi_kibou)でも、被災した皆さんへのサポート情報や、各地の支援の動きを随時発信しています。これまでのツイートはこちらで検索できます。
 http://bit.ly/frO91P」(全文)


 
>TOP

◆仮設住宅入居36戸決定 申請1160世帯抽選 陸前高田
(河北新報 2011年4月6日)
http://www.kahoku.co.jp/news/2011/04/20110406t33021.htm
「岩手県陸前高田市の第一中グラウンドに先行着工した仮設住宅36戸の抽選が5日、学校給食センター近くに設けられた市役所仮庁舎で行われ、戸羽太市長が箱の中から番号札を36枚引いた。当選した世帯には、市が6日までに携帯電話か避難所に直接出向いて伝える。10日から入居が可能となる。
 市によると、約1800世帯が仮設住宅への入居を申し込んでおり、先行着工の36戸には1160世帯の申し込みがあった。
 今回は高齢者や障害者、母子家庭の優先枠と一般枠が半々の各18戸。優先枠で200世帯、一般枠で960世帯が申し込んでいた。
 戸羽市長は「住民の安心感という点で、少しずつ前進している。できるだけ早く、必要な戸数を建設したい」と話した。」(全文)


 
>TOP

◆被災地の介助態勢が不安…
(読売新聞 2011年4月6日)
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/tokyo23/news/20110406-OYT8T00073.htm
「福島第一原子力発電所事故の影響などで都内には福島県から多くの人が避難しているが、新宿区には、同県いわき市の筋ジストロフィー患者や視覚障害者、そのヘルパーら23人が滞在している。3月中には帰る予定の緊急避難だったが、同市での医療看護態勢の確保に時間がかかって延びており、帰れたとしても「これまでのように生活できるのか」と不安が消えない。(石川純)
 NPO法人「いわき自立生活センター」(いわき市)の利用者7人とヘルパーらで、3月19日から新宿区戸山の会議・宿泊施設「全国身体障害者総合福祉センター」(戸山サンライズ)に避難している。当初は計33人避難してきたが、一部は別の場所に移るなどした。
 避難者の一人、小浜徹也さん(29)は全身の筋肉が弱っていく筋ジストロフィー患者。地震の時は、センターに隣接する事務所で会議中だった。
 大きな揺れで会議室の窓ガラスが割れた。けがはなかったが、自宅アパートのエレベーターは止まり、水も出ない。首から上と手以外動かない小浜さんは、エレベーターを使わないと3階の自室に戻れない。アパートでの生活をあきらめ、センターで寝泊まりを続けたが、慣れないベッドでの生活で体力的にもきつかった。そうした環境の中で、居宅支援や訪問介護を続けていた同センターだが、利用者宅を巡回する車のガソリンが不足し、サービス提供が困難になったところに放射能漏れ事故が重なった。サンライズが受け入れてくれることになり、希望者を募って避難してきた。
 サンライズで避難者たちは1部屋2、3人で過ごしているが、「バリアフリーで避難所生活とは思えない良い環境」と、センター職員の小野和佳さん(28)は感謝している。小浜さんらも同じ思いでいる。
 ただ住み慣れた故郷に早く帰りたいという気持ちは強い。しかし、その実現は一般の人より難しい。24時間介助が必要な障害者らにとって、訪問看護サービスや緊急時にも駆けつけてくれる医師がいないと生活できないからだ。同センターの長谷川秀雄理事長(56)によると、現在、様々な生活機能が復旧しつつあり、ようやく17日に戻る方向で調整を進めている。
 小浜さんは、いわき市で一人暮らしで、通所作業所でパソコンを使って名刺やパンフレットのデザイン、印刷などの仕事をしていた。「早く原発の状況が安定し、再び安心して暮らせるいわきになってほしい」。そう願っている。」(全文)


 
>TOP

◆病院などの自家発電整備を助成へ
(NHKニュース 2011年4月6日)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110406/t10015123891000.html
「政府は、東日本大震災の影響で、東京電力や東北電力の管内では夏場に電力の供給不足が見込まれるとして、病院や高齢者施設などが停電に対応できるよう、自家発電の設備を整備する費用の一部を助成する方針を固めました。
東日本大震災の影響で、東京電力や東北電力の管内では、夏場に冷房需要の増加などで電力の供給不足が見込まれています。このため政府は、病院や高齢者施設などが停電に対応できるよう、非常用の電源として、自家発電の設備を整備する費用の一部を助成する方針を固めました。具体的には、東京電力や東北電力の管内で、電気が必要な医療機器などを多く使っている救急救命センターなどの病院や、特別養護老人ホームといった高齢者施設、それに障害者施設などを対象とすることにしています。このうち、病院に対する助成だけで40億円余りが必要になる見通しです。政府は、今月中に国会に提出する予定の、震災の復旧に向けた今年度の第1次補正予算案に、必要な経費を盛り込むことにしています。」(全文)


 
>TOP

◆【主張】仮設住宅 安らげる住まいを大至急
(産経ニュース 2011年4月6日)
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110406/dst11040603440007-n1.htm
「東日本大震災で自宅を失い、今なお避難所生活を送る被災者は16万人を超える。3週間以上が経過して、プライバシーもない暮らしは精神的にもぎりぎりだ。安らげる地元での仮設住宅建設が何よりも急務である。
 岩手県陸前高田市では仮設住宅の第1号が完成し、5日に抽選が行われた。避難所にあてられた中学校の校庭に、突貫工事で建てられた36戸の2DK住宅で、高齢者や障害者以外の一般入居枠では53倍の高い競争率となった。
 国土交通省は現時点で、岩手、宮城、福島3県などで必要な仮設住宅数を計6万戸と見込んでいる。だが、着工済みか着工が決まった住宅は約5200戸にすぎない。建設の遅れは明らかだ。
 被災者数で今回を下回る16年前の阪神大震災でさえ、ピーク時は4万8千戸の仮設住宅が建設された。はたしてこの数で十分かという疑問もある。政府は被災世帯の実情を見定め、早め早めに手を打つ必要があるだろう。
 避難から3週間たつと、狭い避難所暮らしのストレスが大きな問題となってくる。心を落ち着け、将来の自立の道を探るためにも風呂やトイレ、台所などがある“自分の家”で暮らすことがその第一歩となる。
 深刻な被害を受けたにもかかわらず、被災者の大多数は「引き続き地元で生活したい」との思いが強い。復興の担い手を地元で確保しておく意味でも、仮設住宅の増設は不可欠だ。
 今回の震災で建設のピッチがあがらない理由は、ガソリン不足で候補地選定が思うように進まなかったことが大きい。しかも高台にある学校の校庭や公園など適した場所は限られている。電気や水道が引ける条件さえ満たせば、民間の土地であっても提供してもらうしかない。国や県は率先して説得にあたるべきだ。
 建設資材の確保にも黄信号がともっている。仮設住宅には住宅用ベニヤ板が欠かせない。それが震災の影響で、国内生産の3割程度を担う岩手、宮城両県の工場が操業停止に追い込まれた。
 幸い、工場は中部地方など地震の被害を受けていない地域にもある。業界も増産には積極的に応じる姿勢だ。政府は、民間の協力態勢をフルに引き出す一方で、足りない資材は輸入も含めて迅速に対応すべきである。」(全文)


 
>TOP

◆訪問入浴会社が支援 宮城県石巻市に向け 青森
(産経ニュース 2011年4月6日)
http://sankei.jp.msn.com/region/news/110406/aom11040602160000-n1.htm
「被災地の高齢者、障害者の入浴を支援しようと、青森入浴ケアサービス(青森市)は5日、宮城県石巻市に向け、社員2人を派遣した。
 仙台市の訪問入浴会社の要請を受けて派遣したもので、タオル約60枚、せっけん10キロ、下着類、コメ20キロ、水(2リットル入りペットボトル38本)、消毒液を積んで青森市を出発。
 ヘルパーの小枝祐壱さん(35)は「お風呂に入って心身ともにリラックスしてもらえれば」と話した。
 2人は1週間、現地で活動する。青森入浴ケアサービスでは、今後も社員を派遣する方針。」(全文)


 
>TOP

◆救援・ボランティア情報 : 厚労省、被災者向けに「生活支援ニュース」発行、避難所等への配布開始
(新建ハウジング 2011年4月6日)
http://www.s-housing.jp/modules/news6/article.php?storyid=257
「厚生労働省は東日本大震災の被災者向けに「生活支援ニュース」を発行した。被災地の市町村役場、現地の災害対策本部、一部の避難所などに送付、コミュニケーションツールとしての活用を狙う。
 内容は健康維持や生活支援、仕事探しなどのための情報が中心だが、今後は住まい・暮らしに関する情報も掲載される予定だ。
 当面は週1回程度の頻度で発行していく予定という。
 第1号のPDFデータは以下からダウンロードできる。
 http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000017y57-img/2r98520000017y7w.pdf」(全文)


 
>TOP

◆東日本大震災 最後までみんな一緒 がれきから一家の遺体
(毎日新聞 2011年4月5日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110405-00000012-maip-soci
「 東日本大震災で甚大な津波被害を受けた宮城県気仙沼市で、車椅子を使う息子や乳幼児らと一緒に車で避難しようとして行方不明になった家族がいる。一家5人は震災発生から20日後の先月31日、自宅近くのがれきの下から車ごと見つかった。遺族らは悲しみに打ちひしがれながらも「最後までみんな一緒にいたのは家族の絆の証し」と自らに言い聞かせている。
 亡くなったのは、気仙沼湾の海岸から約700メートルの同市幸町で美容室を営んでいた白幡南津子さん(60)と、長男で障害者の健治さん(36)、次女久美さん(33)、その長男天芯(てんしん)くん(2)と次男藍丸(らんまる)くん(4カ月)。
 地震直後、一家は協力して健治さんを軽乗用車に運び、子どもたちをおんぶしたりチャイルドシートに乗せて家を出た。車に乗りきれなかった南津子さんの夫守さん(67)と美容室で働いていた長女の小山美和さん(39)はオートバイで2人乗りして出発した。海と川に挟まれた路地で渋滞に遭い、動けずにいた時に津波が両方向から襲い、車とバイクは離れ離れになった。
 津波が引くと、辺りは高さ5メートル近いがれきに覆い尽くされていた。近くの高台から目撃した住民は「津波がいろんな角度から襲い、動けずにいた車や流された住宅が路地に挟まっていった」と証言。親類たちは「歩けない健治を車に残して逃げるような家族ではない」と言い切る。
 ◇「返事してくれ」
 仕事先で被災を免れた久美さんの夫竜次さん(39)や高台まで逃げ切った守さんらは「一緒にいるに違いない」と自宅周辺のがれきの山を捜し回った。「返事してくれ」。5人の名前を呼ぶ叫び声が連日、辺りに響いた。
 重機がやっと自宅近くまで入り、車や木片が除去され始めると、5人はやはりその下にいた。よそから流されてきた木造住宅の1階に車ごとはまり込んでいた。遺体の損傷は軽く、逃げた時のままの姿だった。
 守さんによると、健治さんは約10年前にスノーボードの事故で半身不随になったが、数年後から投てき競技に打ち込み、昨秋の全国障害者スポーツ大会では宮城県選手団主将も務めた。
 「健治は車で避難するしかなかった。もし車で逃げる人が少なければ渋滞は起きなかったかもしれないが、あのパニックの中では誰を責めることもできない」と守さんは話す。
 天芯くんと藍丸くんの姉日菜(ひな)さん(11)は小学校にいて無事だった。31日、全員生きて帰ってくると信じていた日菜さんに避難先で父竜次さんが声をかけた。「みんな見つかったよ」。しかし、向かった先は遺体安置所だった。「どうしてここなの?」。日菜さんはそう言って黙り込み、五つ並んだひつぎの前で泣き崩れたという。【丹野恒一】」(全文)


 
>TOP

◆<サポート情報>仮設住宅…5日現在
(毎日新聞 2011年4月5日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110405-00000132-mai-soci
「仮設住宅の入居を募集したり、説明会を開いている自治体の受付場所、問い合わせ先は次の通り。高齢者、障害者らの世帯の入居を優先する自治体もある。
 <岩手県>◆宮古市 市役所、避難所電話0193・62・2111◆久慈市 市役所電話0194・52・2120◆陸前高田市 市仮庁舎、各町地区本部電話0192・59・2111◆釜石市 市仮庁舎、避難所電話0193・23・2420◆岩泉町 町役場、避難所電話0194・22・2111
 <宮城県>◆仙台市 8日以降に避難所で説明会電話0120・055・150◆石巻市 市役所・支所、避難所電話0225・95・1111◆塩釜市 市役所電話022・364・1131◆気仙沼市 7〜11日、避難所で説明会電話0226・22・6600◆名取市 市役所電話022・384・2111◆多賀城市 市役所電話022・368・1141◆岩沼市 7日まで避難所、8〜15日市役所電話0223・22・1111◆東松島市 18日まで市役所・支所電話0225・82・1111◆亘理町 町役場電話0223・34・0512◆山元町 10日まで町役場、避難所電話090・8786・5942◆女川町 災害対策本部電話0225・54・3131
 <福島県>◆白河市 市役所電話0248・22・1135◆相馬市 避難所で希望調査電話0244・37・2148
 <茨城県>◆北茨城市 22日まで市役所電話0293・43・1111
 <千葉県>◆旭市 市役所電話0479・62・5895」(全文)


 
>TOP

◆<サポート情報>主な問い合わせ先
(毎日新聞 2011年4月5日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110405-00000149-mai-soci
「◇行方不明者相談ダイヤル       
  岩手県警 0120・801・471
宮城県警 022・221・2000
福島県警 0120・510・186
 ◇ライフラインなど         
   NTT災害用伝言ダイヤル 171
東北電力 0120・175・366
 ◇医療               
   <放射線被ばく相談>
▽文部科学省健康相談ホットライン 0120・755・199(9〜21時)
▽放射線医学総合研究所相談窓口
 090・5582・3521▽090・4836・9386▽080・2078  ・3308など計6回線で対応(9〜21時)
<人工透析>
▽岩手県 人工透析相談窓口 019・629・5471
▽宮城県 仙台社会保険病院 022・275・3111
(かかりつけ医が対応していない場合のみ)
▽福島県 県地域医療課窓口 024・521・7221
<その他>
日本医師会    03・3946・2121
日本糖尿病協会  0120・151・721
てんかん支援ホットライン  054・245・5446
アレルギー支援ネットワーク 052・485・5208
 ◇生活支援               
日弁連電話相談 0120・366・556(平日10〜15時)
あしなが育英会 0120・77・8565
(遺児らに特別奨学一時金を支給)
心の相談緊急電話 0120・111・916
(13〜22時。日本臨床心理士会など)
いのちの電話震災ダイヤル 0120・556・189
(4月9日まで毎日8〜22時)
チャイルドライン支援センター
      0120・99・7777(月〜土16〜21時)
多文化共生マネージャー全国協議会
 ▽英語     080・3503・9306
(他に中国語、スペイン語などの窓口あり)
<視聴覚障害者向け>
 「全日本ろうあ連盟」や「全国盲ろう者協会」がウェブサイトで支援情報などを提供。
 ◇省庁               
   行政相談(東北管区行政評価局)0120・511・556
    (茨城行政評価事務所)0120・188・571
金融相談(東北財務局)    022・721・7078
農林水産業の被害相談(農水省)0120・355・567
 ◇金融機関など             
岩手銀行     0120・064・626
七十七銀行    0120・78・1177
東邦銀行     0120・104・157
ゆうちょ銀行   0120・108・420
東北労働金庫   022・723・1111
住宅金融支援機構 0120・086・353
日本政策金融公庫 0120・154・505
そんがいほけん相談室(日本損保協会)
0120・107・808または03・3255・1306
地震保険契約会社照会センター0120・501・331
生命保険相談所(生保協会) 0120・226・026
 ◇交通機関               
JR東日本    050・2016・1600
JAL(国内線)  0570・025・071
ANA(国内線)  0570・029・222」(全文)


 
>TOP

◆<サポート情報>厚労省「生活支援ニュース」発行
(毎日新聞 2011年4月5日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110405-00000157-mai-soci
「厚生労働省は5日、被災者に役立ててもらうための「生活支援ニュース」の発行を始めた。岩手、宮城、福島県の人数の多い避難所や市町村役場に週1度程度発行する。掲示用のポスター1部と被災者用50部などをワンセットにして配送する。
 第1号は避難生活で困難に直面している恐れのある視覚障害者や聴覚障害者向けの現地対策本部、被災県の発達障害支援センターの電話番号などを記載。被災者が全国の病院で保険証がなくても無料で受診できることなども併せて記している。」(全文)


 
>TOP

◆36%、1万人が高齢者 県が避難所調査
(岩手日報 2011年4月5日)
http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20110405_13
「東日本大震災で避難所生活を強いられている2万7552人(3月27日現在)のうち、65歳以上の高齢者が36・4%(1万22人)、高血圧などの慢性疾患を持つ人は8・8%(2416人)に上ることが県災害対策本部の調査で分かった。乳児235人のほか妊婦も40人いるが、避難所の設備も十分ではなく、災害弱者へのきめ細かい対応が求められる。
 調査は3月23〜27日まで自衛隊に依頼し、338カ所の避難所の代表者から聞き取りで実施。男女比は男性44・8%、女性55・2%だった。
 年齢構成は3歳未満の「乳児」0・8%(235人)、6歳以下の「幼児」2・1%(577人)、「小学生」4・8%(1328人)、13〜18歳の「学生」5・0%(1370人)、19〜64歳の「大人」50・9%(1万4034人)、65歳以上の「高齢者」36・4%(1万22人)。
 高齢者がいる避難所で仮設トイレだけが31カ所で、うち27カ所は和式トイレしかない。乳児がいる避難所95カ所のうち授乳やおむつ交換スペースがあるのは13カ所だけだった。
 更衣スペースがない避難所も196カ所に上るほか、「7日に1回以上風呂に入れる」との回答は76カ所にとどまるなど、厳しい避難所生活の実態が浮き彫りになった。
 県は洋式トイレの設置を進めるほか、乳児に関しては育児施設の整った避難所などへの移動を進める方針。今後は在宅避難者の実態把握も急がれる。
 県保健福祉企画室の石田啓一企画課長は「仮設住宅に入居できるまで避難生活が長期間に及ぶ可能性が高い。内陸への一時移動を進めるとともに、環境改善に向けて対策を講じたい」としている。」(全文)


 
>TOP

◆初の仮設住宅入居抽選会 36戸に1160世帯応募
(朝日新聞 2011年4月5日)
http://www.asahi.com/national/update/0405/TKY201104050270.html
「東日本大震災の被災地で初めて仮設住宅36戸が完成した岩手県陸前高田市で5日、入居抽選会があった。
 午前10時すぎ、仮設の市庁舎で、戸羽太市長が抽選箱から番号の書かれた紙を引いた。1160世帯が応募していたが、当選者への連絡は翌日にするため、会場には避難者の姿はほとんどなかった。
 戸羽市長は「少しずつ前に来たなと思う。今後も、県に要請して、それぞれの地域のつながりを壊さぬように早く仮設住宅を建てていきたい」と話した。
 仮設住宅は、避難所の市立第一中学校の校庭にあり、18戸は母子家庭や高齢者、障害者を優先する。入居期間は最大2年間で家賃は無料。光熱費や共益費は入居者が負担する。
 この日は市立米崎小学校にも新たな仮設住宅60戸の建設が始まった。市が3月に避難所で行った調査では、1800世帯が仮設住宅への入居を希望している。(贄川俊) 」(全文)


 
>TOP

◆原発事故のストレス抱える被災者 福島県郡山市・ボランティア活動報告
(京都民報 2011年4月5日)
http://www.kyoto-minpo.net/archives/2011/04/05/post_7742.php
「障害者共同作業所などの全国組織「きょうされん」の京都支部は東日本大震災の被災地へ3人のボランティアを派遣しています。福島県郡山市内で障害者の安否確認や生活支援に取り組んでいる、粟野賢さん(27)=長岡京市・障害者福祉サービス事業所あらぐさ=の現地報告を紹介します。
 郡山市はライフラインも復旧し、ガソリンも手に入り、日常を取り戻したように思えます。ところどころ、写真のようにブロック塀が崩れたり、墓石が倒れるなどしています。
 今日から、「被災地障がい者支援センターふくしま」の活動に加わり、障害者の実態調査のため郡山市内の避難所をまわり、聞き取りを行っています。
 郡山市には、福島第一原発の事故の影響で、20キロ〜30キロ圏内の自治体から避難してきた方が多いという状況です。浪江町から避難してきた方は、「地震の直後、浪江町の小学校に避難したが、その2日後に原発事故の影響で郡山にきた。避難所から避難所への移動は大変です。高校生の子どもがいるが、浪江町の学校に戻れる見通しはなく、今後どのような形で授業を再開するのか方針が決まっていません。しかし、行政からは明日には別の避難所に移ってほしいと言われています。せめて、子どもの学校の方針が決まるまで待ってほしい」と話しています。
 地震、津波に加え、原発事故により、いつ地元に戻ることができるのかわからないというストレスが、福島県の被災者が抱える大きな問題となっています。 」(全文)


 
>TOP

◆東日本大震災:避難者支援、官民共同で アリーナで支援活動の団体提言/埼玉
(毎日新聞 2011年4月5日)
http://mainichi.jp/area/saitama/news/20110405ddlk11040288000c.html
「東日本大震災の避難者を多く受け入れてきたさいたまスーパーアリーナ(さいたま市中央区)で、避難者からの相談を受け付けてきたボランティア「震災支援ネットワーク埼玉」(代表・猪股正弁護士)は4日、県に対し避難者の中長期的なケアのため官民共同の対策本部設置などを求める上田清司知事あての要望書を提出した。
 同ネットは生活困窮者への相談活動を続けてきた弁護士、司法書士、社会福祉士、臨床心理士らが集まり、震災後に結成。アリーナのボランティア本部で相談班をを務めた。要望書は3月19日から30日まで1000件を超す相談を踏まえまとめた。
 新たな災害対策本部は、行政と民間の長所を生かすため、弁護士会や司法書士会など行政以外の団体参加も求める。要望書は他に、他業種の専門家を交えた常設の電話相談窓口▽避難所でのプライバシー、健康維持・増進などに配慮した居住環境の確保▽子どもや障害者などにも配慮した生活支援▽心のケア‐‐などを求めた。
 猪股代表は「避難者には、いろんな問題が折り重なっている場合がある。行政だけでは対応に限界がある」と話している。【佐藤丈一】」(全文)


 
>TOP

◆陸前高田市で仮設住宅抽選会=岩手
(時事ドットコム 2011年4月5日)
http://www.jiji.com/jc/p?id=20110405123334-0687259
「陸前高田市で5日、仮設住宅の入居抽選会が開かれた。市立第一中学校校庭に36戸建設され、市によると、入居希望は1160世帯。半数の18戸は高齢者や障害者を優先した。写真は抽選を行う戸羽太市長(中央) 【時事通信社】」(全文)


 
>TOP

◆東日本大震災 岩手・陸前高田市で最初の仮設住宅完成 抽せん会で36世帯の入居決まる
(フジニュースネットワーク 2011年4月5日)
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00196675.html
「岩手・陸前高田市で、最初の仮設住宅が完成し、5日、抽せん会が行われ、36世帯の入居が決まった。
岩手・陸前高田市の市立第一中学校には、36戸の仮設住宅が建てられた。
この仮設住宅への入居者を決める抽せん会が、午前10時に行われ、戸羽 太市長が、1つひとつ抽せん箱からくじを引いた。
今回の応募総数は36戸に対して、1,160世帯の応募があり、倍率は32倍と、非常に高くなっている。
また、抽せんは一般が18戸、高齢者などが18戸となっていて、高齢者や障害者などを優先した抽せんとなっている。
岩手・陸前高田市の戸羽 太市長は「きょうがまた新しいスタート。そういう意味で意義がある1日」と述べた。
被災者は「皆さんが入りきれるよう、できるだけ早く。そうしないと、次の一歩が見えないので」、「ちょっと足りないかなという気持ちはある」などと語った。
この抽せんで選ばれた世帯には、6日に市から電話で連絡が行くことになっていて、10日前後に入居することになっている。 」(全文)


 
>TOP

◆【東日本大震災】仮設住宅、初の抽選 岩手・陸前高田で36戸
(産経ニュース 2011年4月5日)
http://sankei.jp.msn.com/region/news/110405/iwt11040511380004-n1.htm
「東日本大震災で壊滅的な被害を受けた岩手県陸前高田市で5日午前、被災地で初となる仮設住宅の抽選が行われた。建設中の36戸に対する応募総数は1160組で、平均30倍超の高倍率となった。
 この日は市の仮庁舎で戸羽太市長が抽選。
 36戸は避難所となっている市立第一中学校の校庭に建てられ、2DK約30平方メートルで2、3人用。半分の18戸は高齢者や障害者、母子世帯向けで、200組が応募した。残り半分は一般用で、応募は960組で50倍を超えた。
 仮設住宅は8日に建設業者から岩手県に引き渡される。当選者は同日、現地で説明を受け、10日ごろ入居する予定。
 陸前高田市は希望者全員を入居させる方針で、5月までに順次着工し、8月中に建設を終えたいとしている。」(全文)


 
>TOP

◆被災地初の仮設住宅抽選 陸前高田、応募30倍
(共同通信 2011年4月5日)
http://www.47news.jp/CN/201104/CN2011040501000307.html
「東日本大震災で壊滅的な被害を受けた岩手県陸前高田市で5日、被災地で初となる仮設住宅の抽選が行われた。建設中の36戸に対する応募総数は1160組で、平均30倍超の高倍率となった。
 午前10時すぎ、市の仮庁舎で戸羽太市長が番号が書かれた紙片を箱から選び出した。自宅が被災した市長も申し込んだが、今回は当選しても辞退するとしている。当選者は公表されず、本人に直接連絡される。
 戸羽市長は抽選後「一歩一歩前に進んできたなと感じ、市民に少しは安心感を与えられるのかなと思う。できるだけ早く必要な戸数を建てていきたい」と述べた。
 入居を申し込んだ会社員の熊谷和美さん(37)は「今回は倍率が高いのであきらめている。次に当たればいいが、見通しが立たないので内陸部への避難も考えている」と淡々と話した。
 36戸は避難所になっている市立第一中学校の校庭に建てられ、2DK約30平方メートルで2、3人用。半分の18戸は高齢者や障害者、母子世帯向けで、200組が応募した。残り半分は一般用で、応募は960組で50倍を超えた。
 仮設住宅は8日に建設業者から岩手県に引き渡される。当選者は同日、現地で説明を受け、10日ごろ入居する予定。
 陸前高田市は希望者全員を入居させる方針で、5月までに順次着工し、8月中に建設を終えたいとしている。」(全文)


 
>TOP

◆東日本大震災:仮設住宅の倍率53倍 陸前高田で抽選
(毎日新聞 2011年4月5日)
http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110405k0000e040039000c.html
「東日本大震災の被災地で最も早く仮設住宅の建設が始まった岩手県陸前高田市で5日、初めて仮設住宅の抽選があった。計36戸のうち一般向けの18戸に960件(倍率53倍)、高齢者や障害者世帯、母子家庭向けの18戸に200件(同11倍)の応募があり、公正さを保つため戸羽太市長がプレハブの仮庁舎でくじを引いた。
 36戸は避難所になっている市立第一中学校の校庭に建設。市は入居資格を確認後、当選者に連絡し、10日をめどに入居が始まる。市内8地区で仮設住宅を建設予定で、5月中にすべてを着工させたいとしている。
 戸羽市長は「少しずつ前に進み、安心感を与えられたと感じている。今日が新しいスタートになった。希望する方が早く入居できるよう国や県に呼びかけたい」と話した。【長野宏美】」(全文)


 
>TOP

◆最初の仮設住宅36戸、倍率は32倍 陸前高田
(朝日新聞 2011年4月5日)
http://www.asahi.com/national/update/0404/TKY201104040490.html
「東日本大震災の被災地で初めて完成した岩手県陸前高田市の仮設住宅36戸に対し、1160世帯が入居を希望したことが4日わかった。競争率は32倍で、5日に抽選が行われる。入居は10日以降になる見通しだ。
 抽選の対象は市立第一中学校の校庭に完成した仮設住宅。36戸のうち半数の18戸は母子家庭や高齢者、障害者が優先され、残り18戸が一般応募となる。
 市が3月中に避難所で実施した調査では、1800世帯が仮設住宅への入居を希望した。そのうち、今回の36戸を含む高田地区での入居を望んだ人は1160世帯。優先分への応募者は200世帯で倍率は11倍、一般分は960世帯で53倍となった。
 抽選は、戸羽太市長が仮庁舎でくじを引く形で行う。当選者には、入居の要件を満たすか点検した後、電話などで通知する。8日から入居の説明を始め、10日には鍵を渡す。同市は4千戸の建設を計画しており、戸羽市長は「5月には残りの全てを着工できるよう県と調整したい」と話した。(山西厚、平塚学) 」(全文)


 
>TOP

◆苦難の被災障害者
(東京新聞 2011年4月5日)
画像
担当者手打ちのため、支援金の寄付先等、誤りがある場合があります。正規の寄付先はこちらから
「さまざまな災害弱者がいる。その典型は障害者だが、障害もまた一色ではない。今回の震災で、目や耳の不自由な人たちは迫る津波にどう対応したのか。バリアフリーと真逆の被災地で手足の不自由な人たちは移動できたのか。停電下で、人工呼吸器をどう動かしたのか。何が新たな課題として浮上してきたのか。東日本大震災に直面した被災障害者らの体験と現在を追った。(篠ケ瀬祐司、佐藤圭)
 東京都新宿区の全国身体障害者総合福祉センター「戸山サンライズ」。ここには現在、福島県いわき市のNPO法人「いわき自立生活センター」を利用する障害者六人が身を寄せている。
 先月十九日、職員や家族ら約二十五人と移ってきた。バリアフリーのツインルームなどが用意され、全国自立生活センター協議会(東京)などが、ボランティアを派遣するなど全面的に支援している。
 戸山サンライズでは一見、平穏な時間が流れているように見えるが、将来への不安はぬぐえない。脳性麻痺で車いす生活を送りながら、スタッフも務める小野和佳さん(二八)は「津波や原発事故がこれほど恐ろしいものとは思いもしなかった」と振り返る。
 同センターでは筋ジストロフィーの三十代男性が津波で亡くなった。センターから帰宅した直後、ヘルパーが訪問するまでの間隙を突かれた。
 九死に一生を得た障害者や職員だったが、目の前には苦難の道が待っていた。建物自体に被害はなかったが、停電や断水で機能不全になった。自宅マンションのエレベーターが停止した小野さんたちは、センターで暮らすしかなかった。
避難所から介助訪問も
 被災した職員はセンターに泊まり込んだり、避難所から障害者の自宅に通って介助を続けた。
 苦境に追い打ちをかけたのが、原発事故による風評被害だった。福島第一原発から五十`離れたいわき市の大半は「避難指示」や「屋内退避指示(自主避難要請)」の区域から外れているが、生活物資やガソリンが一切入ってこなくなった。医療機関も業務を停止し、薬もなくなった。
 全国自立生活センター協議会の計らいで、東京に避難することになったが、車での移動も苦労の連続。小野さんは「不足していたガソリンは自立生活センターのネットワークを使ってかき集めた。長旅は危険だと思ったが、それ以上に厳しい状況だった」と話す。
 センターの利用者が全員、東京にやって来られた訳ではない。約二十人が、個別の事情で地元に残っている。熟練のヘルパーが世話しているが、相変わらず生活物資やガソリンは不足しがち。職員が現在、東京から物資を運んでいる。
 とりあえず、十七日に避難生活にピリオドを打ち、地元に帰る予定だ。小野さんは自らを奮い立たせるように言う。
 「原爆事故はすぐには収束しないだろう。いわきに戻ったら原発の勉強会を開く。自分たちで放射能汚染の被害を防ぐ知識を得なければ・・・」
 障害者はひとくくりにはできない。障害の内容により、困難も異なる。
 体を動かすための神経系が徐々に壊れ、体が動かなくなる進行性の難病筋委縮性側索硬化症(ALS)患者にとって、避難や停電下の生活は命がけだった。移動が難しいうえ、呼吸器やたん吸引器の電源確保が死活問題だからだ。
 日本ALS協会(東京)の金沢公明事務局長の下には、惨状の報告が次々と寄せられている。
 仙台市の患者は停電で呼吸器が使えなくなった後の二日間、自動車のシガレットライターから電気をとったり、家族に手動ポンプで気道に空気を送ってもらったりして、何とか命をつないだ。
 ガソリン式の発電機は騒音が伴うため、避難所やマンションでの使用は難しい。自動車用バッテリーを工夫して使っている患者もいるが、うまく作動する保証はない。金沢さんは「メーカーや公的機関は、バックアップ用の電源確保に力を貸してほしい」と訴える。
 聴覚障害がある人たちは緊急情報から取り残される恐怖を味わった。
 全日本ろうあ連盟(東京)によると、宮城県内の聴覚障害者が車で避難中に突然、見知らぬ人から車外に引っ張り出された。しばらく引きずられるようにして走った後に振り返ると、乗っていた車が津波にのまれるところだったという。
 避難所でもアナウンスが聞こえずに配給が受けられないことや、周囲との意思疎通がうまくいかずに孤立する例がある。携帯電話の充電がどこでできるかなど身近な情報が得られないケースも。同連盟では、避難所に聴覚障害者向けの案内表示を設けるよう、自治体などへの依頼を始めた。
 枝野幸男官房長官の記者会見には震災後、手話通訳がついた。だが官房長官と通訳者の距離があり編集されたニュースでは通訳者が映らない。同連盟では、官房長の近くに通訳者を立たせることや、原子力安全・保安院、東京電力の会見でも通訳者を置くよう要望することにしている。
 精神障害のある人の家族で作る「全国精神保健福祉会連合会(みんなねっと)』(東京)では「大勢の中が苦手な人が多い。短期的には避難所にプライバシーを守れる空間をつくってもらうことが、長期的には巡回訪問などで在宅の人の支援が重要だ」と話す。
 ほかにも、震災直後から透析可能な医療機関の確保が大問題に。自閉症や発達障害などのある子供たちが避難所に入りにくく、家族と車の中で寝泊りを続けたという事例も報告されている。
 全国「精神病」者集団(東京)の山本眞理さんは「避難所から仮設住宅に入居する間、二次避難所(宿泊施設)が必要。その準備を他の団体と要望している」と語る。
 複数の障害者団体が立ち上げた「東北関東大震災障害者救援本部」の広報担当、今村登さんは「避難所がバリアフリー構造ではないために、壊れかけた自宅に戻った人もいる。常に介護が必要な人は本人と家族、ヘルパーが一緒に動かなければならず、迅速な避難も難しい」と指摘する。さらにこう付け加えた。
 「原発事故では、どのレベルで避難しなければならないか、あらかじめ基準を示してほしい。避難先でもヘルパーを確保できるよう、従来の視覚に囚われずにヘルパーが活動できるよう柔軟な対応も不可欠だ。」
デスクメモ
 震災の美談や「わたしにできること」という精神論の連呼にうんざりしている。個別の悲惨や困難、被災地での決してきれいではない現実こそ、直視されるべきだ。障害者らの困難を聞くと、災害前からある偏見や差別が顕在化したケースも少なくない。災いを福に転じる視点を今だからこそ持ちたい。(牧)
障害のある人への支援金の寄付先
郵便振り込みの場合
 郵便振替口座 00140-7-429771 
 東北関東大震災障害者救援プロジェクト
銀行振り込みの場合
 ゆうちょ銀行 店番019 当座0429771
クレジット決済専用アカウント
 www.j-payment.co.jp/lan/bokin/dpijp.html?1
(100円からの寄付が可能)」(全文)


 
>TOP

◆仮設求め窓口に列 東松島市、申請受け付け
(河北新報 2011年4月5日)
http://www.kahoku.co.jp/news/2011/04/20110405t13032.htm
「 宮城県東松島市で4日、東日本大震災の被災者向け仮設住宅の入居申請受け付けが始まった。市内では6000人以上が避難生活を送っており、窓口には一日も早い入居を待ち望む住民の長い行列ができた。
 受け付けは市役所と鳴瀬総合支所で午前8時半に開始。罹災(りさい)証明や災害弔慰金などの申請手続きも同時に行われ、被災者らは職員に書類の記入方法などを聞いていた。
 仮設住宅は1次着工分としてグリーンタウンやもとに112戸、2次分としてひびき工業団地に150戸を建設する。乳幼児や障害者のいる世帯などを優先的に入居させ、定数を超えた場合は抽選を行う。入居開始は5月初旬で、市は計2100戸をめどに戸数を増やす方針だ。
 入居を申し込んだ会社員の菊地武さん(42)は「自宅は全壊し、親戚の家で9人で暮らしている。長くはいられないので、できるだけ早く仮設住宅を建設してほしい」と訴えていた。」(全文)


 
>TOP

◆東日本大震災:認知症、届かぬケア…ある女性の死 長引く避難、町を転々
(毎日新聞 2011年4月5日)
http://mainichi.jp/life/health/fukushi/news/20110405ddm003040113000c.html
「東日本大震災で被災した福島県富岡町の認知症の女性(62)が先月27日、4カ所目の避難先だった新潟県田上町で行方不明となり、翌日に避難所から約2キロ離れた林道で遺体で見つかった。被災後に女性が置かれた状況や背景を追うと、認知症など周囲の支えが必要な人への支援が十分にはできていない現状が浮かぶ。【堀智行、福永方人、樋岡徹也】
 ◇福島から新潟へ
 女性は、夫(67)や次女(40)らと5人で暮らしていた。震災が発生した先月11日、一家で福島県田村市の避難所に入り、12日ごろ隣接する郡山市の避難所へ身を寄せた。
 新潟県警加茂署と田上町などによると、女性は数年前から、認知症の症状が出始めた。落ち着いている時は普段通りに生活でき、毎日飼い犬と家の周囲約2キロを3〜4回散歩していたが、調子が悪いと、今していたことが分からなくなることもあったという。
 避難生活が長引くにつれ、症状が悪化。家族が言い聞かせても、避難所を出入りする際にドアを閉め忘れたりするようになった。迷子になることが心配で、日課の散歩もさせられなくなった。
 「避難所で不安定な生活が続けば、症状がさらに重くなりかねない」と危惧した一家は24日ごろ、ようやく連絡が取れた福島県南相馬市の長女(41)宅へ移った。だが、長女宅は福島第1原発から半径30キロ圏内の屋内退避圏にあったため、外出や食料の購入などが思うようにできない。県外からの被災者を受け入れている場所をインターネットで調べ、26日夜に田上町の避難所に受け入れを打診した。
 田上町の避難所に着いたのは27日午後4時ごろ。認知症と言われることを嫌がっていた女性を気遣い、家族は保健師に女性の健康状態を説明する間、次女や次女の娘と一緒に外出させた。約30分後、施設近くの広場から避難所へ戻ろうとした途中に、女性はいなくなったという。
 翌日午前8時半、避難所から山道を抜けた約2キロ先の林道の雪の上で、捜索していた消防団員が倒れていた女性を発見。死因は凍死だった。沢づたいに伸びる林道には約50センチの積雪があった。女性は発見時、両足とも靴を履いていなかった。
 田上町によると、避難所の担当者は女性が認知症であることを把握しておらず、到着後に保健師が家族から聞いて知ったという。町の担当者は「事前に分かっていれば、もうちょっと対応できたかもしれない」と話す。新潟県は今回の事態を受け、要介護者が避難所に来た際には、保健師が健康状態などをきめ細かく確認し、適切な施設に振り分けることや継続的に見守っていくことを決めた。
 ◇厳しい衛生状態、症状悪化しがち
 被災地内の避難所も状況は厳しい。岩手、宮城両県で医療支援活動に加わった日本赤十字看護大の小原真理子教授は「多くの避難所の衛生状態は被災者全般、特に高齢者にとって酷な状況」と話す。
 岩手県山田町の県立山田高校の避難所では739人の被災者が滞在し、寝たきりの高齢者もいた。オムツを替える際もスペースがないため、自身も被災した保健師や看護師らが毛布で仕切りを作り交換していたという。
 宮城県の女川町立病院の老人保健施設には、要介護者らを対象にした「福祉避難所」が開設されていた。震災前から入居していた高齢者以外に、一般の被災者や被災した高齢者も受け入れ、計68人が滞在。寝たきり状態の高齢者らを数人のスタッフが支えているといい、施設の地域抱括支援担当の看護師は「今後いろんな避難所から高齢者が集まってきたら、今の人数では足りない」と不安そうに話したという。
 一方、石巻赤十字病院(宮城県石巻市)には、避難所から要介護の高齢者らが1日当たり数人のペースで救急搬送されてくる。津波の泥やがれきのくずが舞い上がった粉じんを吸い込むなどして肺炎になるケースが多いという。
 市は看護師や介護ヘルパーを手厚く配置した福祉避難所を1カ所設けているが、一般の避難所にいる要介護者も少なくない。
 同病院の石橋悟・救急部長は「ケアの行き届かない一般の避難所では病気が悪化しやすく、治療後に避難所に戻り、再び搬送される人もいる。福祉避難所を増やしたり、要介護者を集団で市外の環境の良い施設などに移すべきだが、介護職員も被災するなどして十分に確保できないうえ、高齢者は地元を離れたがらない傾向が強く、簡単にはいかない」と苦労を明かす。
 ◇福祉避難所、足りない 一般人と同居、施設も被災
 災害時に要介護者らへの支援が不足することは、95年の阪神大震災で問題化。高齢者らのケアが行き届かずに「災害関連死」が相次いだことを受け、厚生省(当時)は97年、全国の自治体に通知を出して福祉避難所の指定を推奨した。各市町村が老人福祉施設や障害者支援施設などと協定を結び、高齢者や障害者、妊産婦、乳幼児など一般の避難所での生活が困難な被災者に入ってもらう仕組みだ。07年の能登半島地震などで活用された。
 だが、福祉避難所を指定している自治体の割合は地域によって大きな差がある。昨年3月時点で、宮城県は35市町村中14市町村(40%)だったが、岩手県は34市町村中5市町村(15%)、福島県は59市町村中11市町村(19%)にとどまる。
 全国的にも、福祉避難所を指定していた市町村は全体の34%。厚生労働省は「静岡県や香川県など100%近い県もあり、各県の防災に対する意識の差が出ている」と話す。
 岩手県では、被害の甚大な沿岸部で福祉避難所を設置できない状況が続いている。県は「本来は福祉避難所として指定対象となる特別養護老人ホームに一般の人も避難しており、どこも満杯」と頭を抱える。各避難所には要介護者と一般の避難者が混在しているといい、県外から保健師の応援を得て、巡回を強化するなど対策を取っている。
 宮城県では、事前に福祉避難所を確保していた市町村の中にも、震災で損壊し使えない所があり、新たな設置は需要に追いついていない。県は「巡回した保健師から福祉避難所に『移した方がいい』と報告が上がっても、動かせる施設が足りない」と説明する。宮城、岩手、福島3県は、避難所にいる支援が必要な高齢者らの人数や福祉避難所の設置状況について実態把握を進めている段階で、「命が脅かされる人が出てくる恐れがあり、実態を把握して対策につなげたい」(宮城県)としている。」(全文)


 
>TOP

◆官民共同対策本部を要望  知事に避難者支援の弁護士ら
(読売新聞 2011年4月5日)
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/saitama/news/20110404-OYT8T01153.htm
「一時避難所になったさいたま市のさいたまスーパーアリーナで無料相談などの活動を行った「震災支援ネットワーク埼玉」(代表・猪股正弁護士)が4日、上田知事に対し、官民共同の「対策本部」設置を求める要望書を提出した。アリーナでの相談1349件のうち、法律・生活問題が4割以上に達し、精神面の相談も多く、女性に対する嫌がらせに関する訴えもあった。猪股弁護士は「継続的な専門支援が必要。行政に各支援組織のパイプ役を求めたい」と訴えている。
 グループは、東日本大震災の避難者を支援するため、県内の弁護士や臨床心理士らが結成。3月19〜30日にアリーナに相談窓口を開設したところ、雇用保険や住宅ローン、当面の生活資金、預金の引き出しなどに関する法律・生活問題が548件に上った。
 「無気力が続く」「自信を失った」など精神面の相談が489件あったほか、避難所での授乳や子どもの夜泣きに関する悩みなどの女性問題は200件、高齢者・障害者の福祉問題は112件あった。「子どもが体を触られた」「DVを受けた」といった訴えもあったという。別の避難先からアリーナに相談に訪れる避難者も多く、「情報格差がある」との不満もあった。
 猪股弁護士は「ニーズが多様で、短期では解決できない問題が多い」として、県内各避難所への巡回型相談、常設相談窓口などの設置を官民一体で取り組むよう要望。県は「支援のあり方を検討する」としている。
 グループは午前9時〜午後9時、相談を電話(電080・3306・0899)で受け付けている。」(全文)


 
>TOP

◆避難所に900人超の障害者
(NHK 2011年4月5日)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110405/t10015100711000.html
「東日本大震災で岩手県内では、市街地が壊滅的な被害を受けた陸前高田市など3つの市と町の避難所だけで、900人を超える障害者が不自由な生活を余儀なくされていることが分かり、県では、できるだけ早く必要な福祉サービスを提供できるよう対応していきたいとしています。
岩手県は、県内の障害者の被災状況を確認しようと、先月下旬から障害者手帳の交付データと避難所の名簿を照らし合わせて作業を進めてきました。その結果、今回の震災で大きな被害を受けた陸前高田市と大槌町それに山田町の3つの市と町の避難所だけで、合わせて909人の障害者が不自由な生活を余儀なくされていることが分かりました。このうち陸前高田市は397人、大槌町は380人、山田町は132人となっています。岩手県は、今月中旬までに、被災した12の市町村すべてで確認作業を行うということで、県障がい保健福祉課の山崎淳課長は「必要な福祉サービスを早急に提供していきたい」と話しています。」(全文)


 
>TOP

◆東日本大震災:福島の透析患者、半月ぶりに帰郷 地元の病院の水道復旧受けて /新潟
(毎日jp/毎日新聞 2011年4月4日)
http://mainichi.jp/area/niigata/news/20110404ddlk15040094000c.html
「福島県からの緊急要請を受けて新潟、長岡両市に受け入れていた人工透析患者94人が3日、半月ぶりに帰郷した。通院先だった同県いわき市の病院に水が復旧したため。新潟県内に避難していた透析患者151人はこれまで徐々に帰郷しており、入院中の4人を除き、この日でほぼ全員が戻ったことになる。患者らは17日、胎内市に避難。その後、新潟、長岡両市の避難所に移り、通院治療を受けていた。【岡田英】」(全文)


 
>TOP

◆東日本大震災 神戸のNPO、9日に現地入り
(産経新聞 2011年4月4日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110404-00000018-san-l28
「■仙台などで高齢者見守りへ
 阪神大震災で被災した高齢者の見守り活動や、震災によるけがで障害を負った震災障害者の交流活動をしている神戸市のNPO法人「よろず相談室」が、東日本大震災の被災者支援に向けて活動を始める。9日に現地入りし、今後の支援策などを探る。
 同相談室は3日、神戸市内で会合を開き、牧秀一理事長ら6人が仙台市などの被災地を9日に訪問することを報告した。会合では震災で障害を負ったメンバーらが同じ被災者の仲間として「心が折れなければ大丈夫、負けないで」などと東日本の被災者にエールを送った。
 今回の震災では、阪神大震災の教訓から、被災者の孤立を防ぐため、避難所単位の移動などの対応がとられるが、「今後、高齢者の孤立が増えることが予想される」と同相談室。長年の高齢者の訪問活動で蓄積したノウハウを役立てようと被災地に赴き、ニーズを探ることになった。」(全文)


 
>TOP

◆東日本大震災:津波被災地から ダウン症36歳長男と避難所生活−−旭 /千葉
(毎日新聞 2011年4月4日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110404-00000048-mailo-l12
「◇恐怖和らぐ日まで 自宅のグループホーム化、順調な準備も打ち砕かれ
 東日本大震災で被災した旭市の74歳の女性が、ダウン症の36歳の息子と避難所で暮らしている。自分の亡き後も息子が生きていけるよう、自宅をグループホームにしようと準備を進めてきた。だが、計画はあと一歩のところで津波に打ち砕かれた。「必ず私の方が先にこの世を去る。この子はどうなるのか」。女性は途方に暮れている。
 女性は飯岡保健福祉センターで避難生活を送る無職、小野芳子さん(74)。生まれつきの染色体異常によるダウン症で重い障害を持つ長男正和さん(36)と、海辺の木造平屋建ての一軒家に2人で暮らしていた。
 大きな揺れに見舞われた直後、「大丈夫だろう」と避難せず自宅にいた。そこへ津波が押し寄せた。芳子さんはいったんは波にのまれ、必死にもがいて浮き上がり助かった。正和さんは近くの木によじ登り、しがみついて津波が引くのを待った。足の裏には木によじ登った時についた傷痕が残る。
 家は、津波で流されてきた別の建物が衝突して傾き、住めなくなった。正和さんは今も「津波怖い」とうつむいておびえ、海に近づくことができない。
 我が子の面倒を見ながら避難所で送る集団生活は、気苦労が絶えないという。目を離したすきにふらりといなくなる。慌てて捜し回り、連れ戻すその繰り返しだ。今のところトラブルはないが、他に迷惑をかけまいと気を張り詰めた生活が、3週間を超えた。
 だが、知人などを頼って飯岡を離れることは絶対にできないという。「住み慣れたまちを離れるのは、この子にとって人生のすべてをやり直すに等しい。精神的負担が大きすぎる。仮設住宅に入って急場をしのぎ、この子の津波の恐怖が和らぐのを待つことしかできないのです」。芳子さんの表情に、疲労の色が濃い。「せっかく助かった命だが、みなさんに助けていただかないと自力では立ち直れません」
 震災前、自宅を障害者のグループホームにしようと準備を進めていた。「私が先にこの世を去っても、ホームがあれば安心してこの子を託せる」
 順調に準備は進んでいたが、震災で見通しはまったく立っていない。【駒木智一】
 ◇自宅修繕こだわる被災者 「仮設」応募見送りも
 震災被災地の旭市と香取市で県の応急仮設住宅の建設が始まっている。小野さんは仮設住宅への入居を待ちわびてはいるが、真の生活再建の入り口にすぎない。その一方で、自宅再建にこだわり、申し込まなかった被災者もいる。
 「この年で仮設住宅に暮らすなど考えられない。うまくやっていく自信がない」。同じ避難所で暮らす無職の堀田敏氾(としひろ)さん(85)は、未知の生活への不安から仮設住宅への入居申し込みを見送った。震災後、地元の大工に自宅の修繕を頼んだが、作業開始は早くて半年後という。
 仮設住宅が完成すれば、入居しない被災者も避難所から出なければならなくなる見通しだが、堀田さんは身の処し方を決めかねている。周囲の心配をよそに、堀田さんは言う。「大丈夫ですよ。今は傾いているが、修理すればまだ住める。家には自分のすべてが残っているのです」」(全文)


 
>TOP

◆被災地に派遣の介護職員、3日でほぼ倍増−厚労省調査
(医療介護CBニュース 2011年4月4日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110404-00000002-cbn-soci
「厚生労働省は、東日本大震災で被災した社会福祉施設などに派遣された介護職員の人数が、4月1日現在で328人になったと発表した。派遣人数を初めて明らかにした3月29日現在の172人からほぼ倍増した。
 派遣先の内訳は、岩手県に89人、宮城県に146人、福島県に93人だった。派遣は都道府県間の調整によるもので、派遣可能な介護職員などの人数は8126人に上る。
 また、社会福祉施設などが受け入れた被災地の高齢者や障害者らは1138人(県内移動を含む)。内訳は岩手県から113人、宮城県から937人、福島県から88人だった。このほか福島県にある介護施設などの入所者約1500人が、福島第1原子力発電所の事故に伴って退避し、受け入れが既に完了している。
 被災した岩手、宮城、福島の3県以外の地域にある社会福祉施設などでは、被災地の高齢者や障害者ら5万2380人分の受け皿が整った。内訳は、高齢者関係施設3万5557人、障害者関係施設8756人、児童関係施設7148人、保護施設919人。高齢者関係施設のうち、特別養護老人ホームは1万1935人、老人保健施設は5904人だった。厚労省の担当者は、介護保険施設以外では「グループホームでの受け入れが伸びているようだ」と話している。」(全文)


 
>TOP

◆被災地医療 在宅療養、こんな時こそ支えたい…仙台の看護師
(読売新聞 2011年4月4日)
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=39071
「「調子はいかがですか」 仙台市若林区の「あおい訪問看護ステーション」の看護師、小池晴美さん(42)は、ベッドの男性(77)に顔を寄せて話しかけた。
 男性は神経の難病で、昨年秋から自宅ベッドで療養生活を送る。胃に入れた管から水と栄養を補給し、膀胱(ぼうこう)に入れた管から尿を出す。次男(45)による介護と、週2回の訪問看護が頼りだ。
 3月11日の夜、排尿の管が詰まった。訪問看護ステーションへの電話はつながらない。次男は停電で暗闇の町を車で走った。ステーションに着くと、数人の看護師が真っ暗な事務所に待機してくれていた。「訪問看護は私たちにとって命綱です」と次男は話す。
 津波では、利用者1人が行方不明になり、約30人が家屋に被害を受けた。事務員1人は家を流され、利用者4人と看護師1人が避難所に身を寄せている。
 「体調を崩して入院が必要な人が出るのではないかと心配です。こんな時こそ、利用者の元にこまめに足を運び、在宅の療養生活を支えたい」。社長で看護師の小野久恵さん(59)は話す。
 ガソリン不足のなか、移動手段に自転車3台を新たに購入した。血圧計などを詰め込んだ訪問バッグを背に、看護師たちは今日もペダルをこいで町を走る。」(全文)


 
>TOP

◆生活情報/支援
(河北新報 2011年4月4日)
http://www.kahoku.co.jp/news/2011/04/20110404t75003.htm
「●日本ユニセフ協会は、全国から寄せられた絵本や紙芝居、児童書を、被災地や避難者受け入れ地域の幼稚園や保育園、児童福祉施設などに無料で贈る。個人は対象外。希望セット数(1セット50冊)、施設名、郵便番号、住所、電話番号を同協会にメールかファクスで通知。件名に「ちっちゃな図書館希望」と明記。先着順で4月中旬以降に順次発送。連絡先は03(5789)2011、平日午前9時〜午後5時。ファクス03(5789)2036。メールjcuinfo@unicef.or.jp
 ●山形県は震災で自宅を失うか、福島第1原発事故で避難指示を受けた被災者を対象に、県営住宅の入居申し込みを8日まで受け付けている。
 申請は2人以上(被災者同士のルームシェアも含む)で入居でき、入居者に乳幼児か妊婦、障害者、高齢者が1人以上いることが条件。山形市や酒田市などの県営住宅30戸を提供する。郵送申し込みは8日必着。連絡先は山形県建築住宅課023(630)2637。
 ●日本政策金融公庫は被災した中小企業の経営に関する相談窓口を石巻商工会議所(石巻市立町)3階に設置した。受け付けは、月、水、金曜の午前10時半〜午後3時で、融資や返済相談などに応じる。みやぎ北上商工会本所(登米市中田町)にも5日から窓口を設ける。火曜の午前10時〜午後3時。連絡先はいずれも仙台支店022(222)5173。
 ●塩釜青年会議所は3日午前11時から多賀城市町前4の3の6、ミスタードーナツ多賀城店駐車場で生活用品全般を無料配布する。衣類、おむつ(乳児用、大人用)、ミルク、食品、せっけんなど。なくなり次第終了。連絡先は090(7072)4553。
 ●NPO法人アースデイマネー・アソシエーション(東京)は4日、首都圏でホームステイを希望する被災者用に無料送迎バス1台(定員45人)を運行する。石巻市、南三陸町、気仙沼市を回り、東京到着は翌朝。石巻市災害ボランティアセンター(石巻専修大)が午前9時、南三陸町のベイサイドアリーナが正午、気仙沼市総合体育館が午後4時から乗車を受け付け、それぞれ1時間後に出発。
 首都圏を中心に約4000の家庭からホームステイの協力申し入れがあり、1週間から3カ月の受け入れが可能。4月中は9日から毎週土曜日にバスを運行し、首都圏からも無料乗車できる。連絡先は03(3498)6522、090(8346)6898。
 ●石油連盟はホームページに、石油各社が被災地で営業しているガソリンスタンドを掲載している。」(全文)


 
>TOP

◆東日本大震災:避難の要援護者、蔵王町が受け入れ 名取の3家族7人 /宮城
(毎日新聞 2011年4月4日)
http://mainichi.jp/area/miyagi/news/20110404ddlk04040048000c.html
「ホテルや旅館など多数の宿泊施設がある蔵王町が4日から、東日本大震災で被災した高齢者や障害者ら「要援護者」の受け入れを始める。災害救助法に基づく県の要請に応じた措置で、今回は名取市内の避難所にいる3家族7人が対象。
 要援護者は避難所で生活している人のうち、特別な配慮が必要とみなされる人。仮設住宅ができるまでの約2カ月、宿泊・入浴施設や食事を提供する。
 同町遠刈田温泉旅館組合も名取市、岩沼市、亘理町、山元町の被災者を対象に7日まで無料入浴サービスを実施している。問い合わせは町農林観光課(0224・33・2215)。【豊田英夫】」(全文)


 
>TOP

◆原発30キロ圏内自力移動困難159人
(福島放送 2011年4月4日)
http://www.kfb.co.jp/news/index.cgi?n=2011040415
「福島第一原発の20?30キロ圏内で、移動にストレッチャーが必要な「自力困難者」が159人いることが分かった。
3日の県災害対策本部会議で明らかになった。
圏内の「自力困難者」は南相馬市が最も多く111人。
田村市が21人、いわき市が10人、飯舘村が6人、浪江町が4人、葛尾村と川内村が3人、広野町が1人。
「自力困難者」に該当しないが、要介護度1または2の人や障害3級の人は計350人いる。」(全文)


 
>TOP

◆福島の被災者5人死亡 群馬の避難先で、持病が悪化
(日本経済新聞 2011年4月4日)
http://www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C93819695E2E6E2E1EB8DE2E6E2E6E0E2E3E39191E3E2E2E2;at=DGXZZO0195583008122009000000
「群馬県は4日、県内の病院や身体障害者施設に福島県から避難した被災者のうち、これまっ出に5人が死亡したと発表した。いずれも持病の悪化が原因としている。
 群馬県によると、死亡したのは避難前、南相馬市の病院に入院していた73〜102歳の男女4人と、相馬市の障害者市施設に入所していた54歳の女性。3月22日から31日にかけて亡くなった。
 いすれも肺気腫や心疾患などの持病があり、症状が重かった。寝たきりだった102歳の女性は受け入れ翌日に敗血症で死亡。他の4人の死因は心不全だった。
 群馬県健康福祉課は「適切なケアは受けていた。避難のストレスがあったとは想像されるが、直接の死因とは聞いていない」と説明した。
 群馬県内の病院や福祉施設には約180人が避難している。[共同]」(全文)


 
>TOP

◆聴覚障害者 情報届かない…厚労省、手話通訳士派遣へ
(読売新聞 2011年4月4日)
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=39048
「津波発生知らず/避難所で気疲れ  東日本大震災に被災した聴覚障害者を支援する動きが本格化している。厚生労働省は各都道府県から手話通訳士などを募り始めた。全日本ろうあ連盟(東京都新宿区)なども独自に手話通訳士を被災地に派遣し、聴覚障害者の災害時の情報格差を是正するための対策を訴えている。
 「話しかけられていることに気付かず、避難所でぶしつけな人だと思われてしまう」。「情報を得ようとずっと周囲を見ていなければならず、疲労がたまる」――。宮城県ろうあ協会の手話通訳士宮沢典子さん(50)は避難所でこんな声を耳にすることが多いという。
 岩手、宮城、福島県によると、身体障害者手帳を持つ聴覚障害者は3県で計約1万9000人。全日本ろうあ連盟などによると、宮城県内には3日現在少なくとも19避難所に31人の聴覚障害者が避難生活を送っているが、同県内の約60人の手話通訳士も被災した人が多く、活動できるのはわずか5人ほどという。  厚労省はこうした状況を踏まえ、各都道府県に手話通訳士の派遣を要請した。11日から有志を派遣する計画で、岩手県障がい保健福祉課は「必要な場所に手話通訳士が配置されるよう調整したい」としている。
 同連盟などで作る東日本大震災聴覚障害者救援中央本部は、3月下旬から手話通訳士の派遣を始め、現在4人が宮城県で活動している。このほか同本部は、避難所でテレビに取り付けることで手話や字幕の視聴が可能になる機器の設置を行政に要請している。
 ただ、自治体の中には聴覚障害者向けの警報器を用意しているケースもある。仙台市は、沿岸部の聴覚障害者のうち希望者には光と文字で津波を知らせる警報器を住宅内に配備してきたが、十分とは言えないのが現状だ。
 宮城県内のある夫婦は地震発生後、近くの人に腕を引っ張られるがままに高台へ連れて行かれ、後ろを振り向いて初めて津波が押し寄せていたことを知ったという。
 宮沢さんは「津波発生の情報をかなり後になって知った聴覚障害者もいた。中には津波に気づかずに巻き込まれた人もいたかもしれない」と指摘する。
 全日本ろうあ連盟の河原雅浩理事(50)は「聴覚障害者の情報格差を是正するための対策をこれまでずっと訴えてきたが、今回の震災を機に一刻も早く具体的な対策を講じてほしい」と話している。」(全文)


 
>TOP

◆東日本大震災:「医薬品、足りない」 障害者ら2団体、現状訴え /京都
(毎日新聞 2011年4月4日)
http://mainichi.jp/area/kyoto/news/20110404ddlk26040286000c.html
「障害者の意見を反映させた障害者自立支援法の成立を目指す障害者らで作る府内の2団体が3日、東日本大震災の被災者を支援しようと京都市役所前(中京区)で演説を行った。被災地に行った看護師らが高齢者や障害者、子供が置かれている悲惨な状況を説明し、医療や生活の更なる支援の必要性を訴えた。
 看護師の酒井富喜子さん(53)は震災発生の翌日から約1週間、医師らと宮城県塩釜市の病院や避難場所で患者の治療をした。酒井さんは「医薬品が全く足りない。寒い避難場所で持病が悪化して来院するが、ガソリンがなく通院できる手段もない」と報告。「高齢者や障害者、子供など社会的に弱い立場の人を中心に支援しなければ、地震や津波の中で助かった命を失ってしまう」と指摘した。
 団体は演説後、四条河原町で被災者に送る寄付を呼びかけた。【古屋敷尚子】」(全文)

 
>TOP

◆東日本大震災:障害者向け臨時窓口、県開設へ 陸前高田など3カ所 /岩手
(毎日新聞 2011年4月4日)
http://mainichi.jp/area/iwate/news/20110404ddlk03040010000c.html
「県は5〜29日、東日本大震災の被災地にいる障害者向け臨時窓口「障がい者相談支援センター」を陸前高田市、大槌町、山田町の3カ所に開設する。福祉行政を担う市町が大きな被害を受け、被災した障害者に十分に対応できないため、開設を決めた。
 場所は、陸前高田市と大槌町が各仮庁舎、山田町が本庁舎で、それぞれに県やほかの市町村などの福祉担当職員ら4〜6人を派遣する。障害者手帳の再発行や補装具の手配、聴覚障害者への意思疎通支援、福祉サービスの受給に関する相談などを手掛ける。開設時間は午前9時半〜午後6時。
 10年3月末の障害者手帳所持者は▽陸前高田市1397人▽大槌町1061人▽山田町1020人−−で、被災後にどういう不便を被っているかは把握できていない。  被災地で支援を必要とする人数については、避難者名簿との照合を急いでいる。【清藤天】」(全文)


 
>TOP

◆県が障害者相談支援センター 3市町に5日開設
(岩手日報 2011年4月4日)
http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20110404_13
「県は5日から、震災の被害が大きかった陸前高田市など3市町に「障がい者相談支援センター」を開設する。専門職員を派遣し、障害者手帳の再発行などに応じるほか、避難所を巡回して障害者の現状と支援ニーズの把握を行う。開設は29日まで。
 相談支援センターの窓口は▽陸前高田市・市立学校給食センター▽大槌町・中央公民館▽山田町役場―に設ける。3市町の業務を支えるため県や内陸部の市町村職員、障がい者相談支援専門員が、1日4〜6人態勢で相談に当たる。
 窓口と巡回相談では、被災して壊れたつえや車椅子の修理の取り次ぎ、障害福祉サービスを受けるための手続きなどを行う。手話ができる相談員が聴覚障害者に対応する。
 避難所を中心に巡回するが、自宅や親戚宅に避難している場合は職員が出向いて対応することも想定する。
 3市町以外の被災地は各市町村で対応する。
 県障がい保健福祉課の山崎淳障がい福祉担当課長は「ニーズをしっかり把握し、相談には現地で素早い対応をしたい」と話した。
 県は沿岸12市町村の避難所で生活する障害者の人数の調査を進めており、4月中旬をめどにまとめる方針だ。」(全文)


 
>TOP

◆聴覚障害者に届かない情報…津波にも気付かず
(読売新聞 2011年4月4日)
http://headlines.yahoo.co.jp/smartphone/hl?a=20110404-00000176-yom-soci
「 東日本大震災に被災した聴覚障害者を支援する動きが本格化している。
 厚生労働省は各都道府県から手話通訳士などを募り始めた。
 全日本ろうあ連盟(東京都新宿区)なども独自に手話通訳士を被災地に派遣し、聴覚障害者の災害時の情報格差を是正するための対策を訴えている。
 「話しかけられていることに気付かず、避難所でぶしつけな人だと思われてしまう」。「情報を得ようとずっと周囲を見ていなければならず、疲労がたまる」――。宮城県ろうあ協会の手話通訳士宮沢典子さん(50)は避難所でこんな声を耳にすることが多いという。
 岩手、宮城、福島県によると、身体障害者手帳を持つ聴覚障害者は3県で計約1万9000人。全日本ろうあ連盟などによると、宮城県内には3日現在少なくとも19避難所に31人の聴覚障害者が避難生活を送っているが、同県内の約60人の手話通訳士も被災した人が多く、活動できるのはわずか5人ほどという。
 厚労省はこうした状況を踏まえ、各都道府県に手話通訳士の派遣を要請した。11日から有志を派遣する計画で、岩手県障がい保健福祉課は「必要な場所に手話通訳士が配置されるよう調整したい」としている。
 同連盟などで作る東日本大震災聴覚障害者救援中央本部は、3月下旬から手話通訳士の派遣を始め、現在4人が宮城県で活動している。このほか同本部は、避難所でテレビに取り付けることで手話や字幕の視聴が可能になる機器の設置を行政に要請している。
 ただ、自治体の中には聴覚障害者向けの警報器を用意しているケースもある。仙台市は、沿岸部の聴覚障害者のうち希望者には光と文字で津波を知らせる警報器を住宅内に配備してきたが、十分とは言えないのが現状だ。
 宮城県内のある夫婦は地震発生後、近くの人に腕を引っ張られるがままに高台へ連れて行かれ、後ろを振り向いて初めて津波が押し寄せていたことを知ったという。」(全文)


 
>TOP

◆【東日本大震災】福島県が壁新聞で生活支援情報 全避難所に掲示
(産経新聞 2011年4月3日)
http://sankei.jp.msn.com/life/news/110403/trd11040320530016-n1.htm
「福島県は3日、避難所で暮らす住民のために、仮設住宅や医療関連など生活支援の情報を記した「壁新聞」をつくり、県内約270カ所の全避難所に掲示した。県外に避難した県民向けに、山形、栃木、新潟3県の避難所にも張り出す。
 壁新聞は県災害対策本部が作成、A3判1〜2枚で週2回程度の発行を予定している。この日掲示された新聞には、県が進めている旅館、ホテルなどの一時受け入れ態勢や仮設住宅への入居相談、支援金の支給などについて書かれていた。
 避難所となっている福島市の施設では、20年間人工透析を受けている長男(39)と一緒にいる同県南相馬市の主婦、大戸八重子さん(60)が掲示を見て早速、病院紹介の窓口に相談。「今まで遠くの病院に通っていたが、壁新聞のおかげで近くの病院に行けるようになった」と喜んでいた。」(全文)


 
>TOP

◆街頭演説「防災」に集中
(読売新聞 愛媛 2011年4月3日)
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/ehime/news/20110402-OYT8T00817.htm
「初の週末 原発、津波対策熱く
 県議選(10日投開票)で初の週末となった2日、候補者たちの街頭演説などの中身は、東日本大震災を受けた〈防災〉に集中。津波対策や原子力発電所の安全対策など、各地域の課題に合わせた防災施策の実現を訴えた。(浅野友美、梶原善久、大北恭稔)
□市街地対策
 松山市・上浮穴郡選挙区の現職候補は、同市内の県営団地前で街頭演説。今回の大震災で震源から離れた千葉県でも地盤が液状化した状況を示し、「県内の埋め立て地でも同様の事態が起こらないか再確認が必要」と強調した。また、地震で水や電気の供給が止まれば人工透析患者らの治療に支障が出るとし、「(地域防災計画の)医療対策を再検討すべき」と、15分間のうち10分を地震関連に割いた。
 同市内の商業施設前で演説した別の現職候補は、全国最低の校舎耐震化率の改善や、福祉施設、病院の耐震強化を主張。「従来の支持層以外にも訴えを聞いてくれる有権者が広がっている気がする」と話す。
□伊方原発対策
 伊方原発で東京電力福島第一原発のような事故が発生した場合、一部地域は20キロ圏内に入り、避難指示が想定される西予市選挙区。放射性物質の拡散が起きれば基幹産業のミカンや米の栽培なども大打撃を受ける。
 現職候補は街頭などで「従来の安全基準は見直し、非常用電源の確保など徹底した安全対策を求める。津波対策もあり、海岸沿いの国道は“命をつなぐ道路”として県に改修を求める」と約束。
 新人候補は選挙カーから「福島での原因究明を待って徹底的な安全対策を求めていく。原子力に代わるクリーンなエネルギーも考えていくべき」と訴えた。
□津波対策
 宇和海に面し、海岸線に住む有権者も多い宇和島市・北宇和郡選挙区。同市には今回の大震災発生時、津波による避難勧告が出されたが、避難者の少なさに加え、市が避難者数を未把握だったことが問題となった。
 現職候補は「南海、東南海地震が心配だ。危険な場所や避難場所、独居のお年寄りがどこに住んでいるかなど、自主防災組織を含めて身を守るための再確認をしなければならない」と街頭演説。
 新人候補は「災害情報の一斉発信や自治会への避難場所の確認と避難場所の再設置を急ぐ必要がある」と、選挙カーで訴えて回った。
□期日前投票始まる
 県議選の期日前投票が2日、62か所の役所や公民館などで始まり、初日は3453人が投票に訪れた。9日まで111か所で行われる。
 前回は当日有権者の8%に当たる約7万8000人が利用。この日、松山市三番町の同市役所第4別館で投票を済ませた同市朝生田町の無職藤原茂さん(66)は「自分の都合に合わせて投票できるので便利で足を運びやすい。人柄と経験、雇用対策に注目して選んだ」と話した。
□国民新の推薦6人取り消し 県議選
 国民新党が1日夜に発表した統一地方選の推薦取り消しで、県議選では、民主公認候補(7人)で国民新党の推薦を受けた5人全員と、民主推薦の無所属候補(3人)で国民新党の推薦も受けた2人のうち1人が対象となった。」(全文)


 
>TOP

◆被災地のALS患者支援イベントを開催
(読売新聞 2011年4月3日)
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/tokyo23/news/20110403-OYT8T00052.htm
「千代田できょう
 東日本大震災で被災地のALS(筋萎縮性側索硬化症)患者らを支援するチャリティーイベントが3日午後、3331アーツ千代田(千代田区外神田6の11の14)で開かれる。ALS患者でテレビ番組「クイズダービー」で人気解答者だった学習院大名誉教授の篠沢秀夫さんも参加する。
 徐々に体が動かなくなるALS患者らは、症状が進行すると自発的な呼吸が出来ず人工呼吸器に頼る生活を送るようになる。日本ALS協会は地震後、不足していたタンの吸引器のカテーテルやガーゼ、消毒液などを会員らのいる仙台市や郡山市に送ってきた。  イベントでは元ハンブルク交響楽団首席オーボエ奏者の高橋淳氏によるコンサートのほか、ALS患者らが地震体験について語る。
 午後1〜4時。問い合わせは、ALS協会の関係者らで作るNPO法人「ICT救助隊」(03・3727・0479)へ。」(全文)


 
>TOP

◆孫正義社長が100億円寄付/3日の動き
(日刊スポーツ 2011年4月3日)
http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp0-20110404-756368.html
「<東日本大震災:3日の動き>
【23:22】東北地方の交通網は3日、宮城県の小牛田と山形県の新庄を結ぶJR陸羽東線が全線で運転を再開した。同日夜には、JR東北線の宮城県内の名取―岩沼が復旧した。
【22:37】ソフトバンクは3日、孫正義社長が東日本大震災の被災者に向けて義援・支援金100億円を寄付すると発表した。11年度から引退するまでの報酬全額も寄付し、震災孤児らの支援に充てる。
【22:22】環境省の南川秀樹事務次官は3日、福島第1原発事故を受け、2020年までに温室効果ガス排出量を25%削減するとの日本の数値目標は「見直し議論の対象になる」と述べ、再検討はやむを得ないとの認識を示した。
【21:41】厚生労働省は3日、福島県いわき市の露地栽培のシイタケから食品衛生法の暫定基準値を上回る放射性物質を検出したと発表した。新潟県産の農産物から放射性物質は検出されなかった。
【20:47】島根県は3日、松江市で2日朝からの24時間に、大気中のちりから微量のセシウム134を検出したと発表した。県によると国が定めた基準の数十万分の1で、健康被害の恐れはない。
【20:27】文部科学省は3日、福島第1原発から30キロ以上離れた上空をヘリコプターで調査、福島県で通常の10倍以上の放射線量を計測したと発表した。文科省は「より上層へ放射性物資が拡散している」と分析した。
【20:23】東日本大震災で津波被害を受けた岩手県宮古市で、津波が約38メートルの高さに達していたことが3日、東大地震研究所の都司嘉宣准教授の現地調査で分かった。
【19:47】原子力安全委員会は記者会見で、福島第1原発事故について、原子炉の冷却機能を回復させることで放射性物質の放出量が低減するまでに「月単位」の時間がかかるとの見通しを明らかにした。
【19:39】警察庁は、東日本大震災で岩手県警大船渡署の百鳥憂樹巡査(21)の死亡を確認したと発表した。警察官の殉職は19人目で、11人が依然行方不明。 【17:43】枝野幸男官房長官は記者会見で、東京電力福島第1原発事故に関し「事故の検証はできるだけ早く、できるだけ客観性の高い枠組みで進めなければいけない」と述べ、独立性の高い第三者委員会を早期に設置する考えを表明した。
【17:39】原子力安全・保安院によると、吸水性ポリマーの注入後もピットから流出する汚染水の量の減少はみられないという。
【17:38】防衛省によると、岩手、宮城、福島各県の沿岸部で自衛隊と米軍が実施した集中捜索で、午後4時までに11人の遺体が見つかった。
【17:38】経済産業省原子力安全・保安院によると、福島第1原発1〜3号機の原子炉に真水を注入するポンプが正午ごろ、外部電源で動くようになった。
【17:20】経済産業省原子力安全・保安院によると、東京電力は午後、高濃度の汚染水がたまり海に流出しているのが見つかったピットの上流部分に吸水性ポリマーを流し込む作業を実施した。
【17:09】放射性物質の拡散を監視するため関係各県は、農産物の検査を継続した。新潟県の検査によると、同県産のホウレンソウとコマツナ、イチゴ、キュウリの農産物4品目からは放射性ヨウ素、放射性セシウムともに検出されなかった。
【16:59】東北、関東各地で2日午後5時から3日午前9時に観測された各地の最大放射線量は、震災前の平常値を超えている茨城県や東京都などで引き続き低下した。群馬県は平常値に近づいた。
【16:38】午後4時38分ごろ、宮城、福島両県で震度4の地震があった。気象庁によると、震源地は福島県沖、震源の深さは約50キロ。マグニチュード5・3と推定される。 【16:30】横浜市の林文子市長は、仙台市役所で奥山恵美子市長と会談し、東日本大震災からの復興に向け、職員約30人を応援派遣するなどの支援態勢を今後も継続すると確認した。
【16:25】避難生活が続く岩手県陸前高田市で、市立高田一中に建設された仮設住宅が、報道陣に公開された。5日に希望者の抽選をして4月中旬から入居の予定。市や県によると、最初の入居は36戸で、うち18戸は高齢者や障害者に割り当てる
【16:22】上関原発の建設が進む山口県上関町の柏原重海町長(61)は3日までの共同通信のインタビューで、福島第1原発の事故を受け、津波対策など「改善がなければ国民の支持は得られない」と述べ、建設継続のためには安全基準の見直しが必要との考えを示した。
【16:13】先進7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)がワシントンで14日に会合を開き、東日本大震災への対応などを協議することが判明。野田財務相らが出席する。
【11:33】東京電力は、地震発生後に福島第1原発で行方不明になっていた社員2人の遺体が建屋地下で見つかったと発表した。多発性外傷による出血性ショック死だという。(共同)」(全文)


 
>TOP

◆前向きに生きて 東日本大震災被災者にメッセージ 
(神戸新聞 2011年4月3日)
http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/0003921502.shtml
「阪神・淡路大震災で負傷した兵庫県内の「震災障害者」6人が3日、集いの場で東日本大震災の被災者へ励ましのメッセージを送った。震災後に苦労した経験などを語った上で、「心が折れなければ大丈夫。前向きに生きようという気持ちをもって」と呼びかけた。
 阪神・淡路大震災直後から被災地支援を続けるNPO法人「よろず相談室」(神戸市東灘区)が主催。
 長女が倒れたピアノの下敷きになり高次脳機能障害を負った神戸市北区の城戸美智子さん(58)は、当時病院が停電し治療を十分に受けられなかった経験を語り、「病院に入ったから安心ではない。体も心も傷ついた人たちがいることを忘れず、見守ってほしい」と話した。
 阪神・淡路で弟を亡くし、自らも足に障害が残った西宮市の長岡照子さん(84)は「独り身で、つらい気持ちを誰にも打ち明けられずにいた」と振り返り、「震災で障害者100+ 件になったが、ボランティアをすることで立ち直れた。体では応援できないけど心で応援したい」と続けた。
 よろず相談室では8日からメンバーら6人を宮城県に派遣、避難所を巡って高齢者らの声を聞き取る。牧秀一理事長(61)は「孤立している避難所を中心に回り、継続的な支援に取り組みたい」と話している。(大月美佳)」(全文)


 
>TOP

◆「被災地の障害者に支援を」 京都の障害者が募金
(京都民放 2011年4月3日)
http://www.kyoto-minpo.net/archives/2011/04/03/post_7733.php
「「大地震、大津波の被災者、被災地、くじけないで!」と京都の障害者らが3日、四条河原町で救援募金を呼びかけました。「障害者自立支援法に異議あり!応益負担に反対する実行委員会」、「障害者自立支援法の基本合意の完全実施をめざす京都の会」のメンバーら60人が参加しました。
 車いすに乗った障害者らはマイクをにぎり「被災地の障害者にも支援が必要です。ご協力ください」などと呼びかけました。募金に応じた中塚紘一郎さん(24)は「私も障害があり、皆さんの気持ちがよく分かります。微力ですが、今できるのは募金ぐらいです」と話していました。
                             ◇ 
 きょうされん京都支部は4日、仙台市に設置されているきょうされんの現地本部へ4人が救援活動に向かいます。被災地で障害者の作業所や施設、自宅などの救援活動や安否確認などを行う予定です。粟津浩一支部長は「被災地の作業所職員や介護職員らは24時間体制で働いており肉体的にも精神的にも限界だと思う。障害者をサポートできる人材が必要。支援していきたい」と話しています。」(全文)


 
>TOP

◆仮設住宅を公開、岩手・陸前高田 4月中旬から入居
(共同通信 2011年4月3日)
http://www.47news.jp/CN/201104/CN2011040301000377.html
「避難生活が続く岩手県陸前高田市で、市立高田一中に建設された仮設住宅が3日、報道陣に公開された。5日に希望者の抽選をして4月中旬から入居の予定。
 市や県によると、最初の入居は36戸で、うち18戸は高齢者や障害者に割り当てる。各戸は4畳半2間に台所、風呂とトイレ付きで約30平方メートル。エアコンを1台設置し、換気扇を付けた。
 高齢者が多いため、風呂やトイレに手すりがあり、玄関の段差をなくした。入居期限は原則2年。市は4千戸の設置を県に要望している。
 市企画政策課の村上知幸係長は「避難生活が長くなってきた。仮設住宅でゆっくり休んでほしい」と話している。」(全文)


 
>TOP

◆十勝で計328世帯受け入れ可能
(十勝毎日新聞 2011年4月3日)
http://www.tokachi.co.jp/news/201104/20110403-0008620.php
「東日本大震災の被災者を十勝に受け入れる自治体や道の態勢が整ってきた。道のまとめでは市町村営住宅や民間施設などを合わせ、管内19市町村で震災避難者受け入れに向けた取り組みが進む他、生活用品貸与や水道料免除、見舞金支給などを打ち出す自治体も。十勝総合振興局は1日、被災者の管内受け入れや避難後の生活を総合支援する「ワンストップサービス」の相談窓口を設置。就労や修学希望の有無、医療や福祉サービスの必要性など被災者の要望を踏まえて、避難前後の生活全般に関する相談に応じ、懸念される被災者の「心のケア」にも力を注ぐ。
 道のまとめでは、管内19市町村の市町村営住宅や公共施設、民間施設を合わせた受け入れ可能世帯数は328世帯(1日現在)で、「三菱自動車工業の独身寮を借り受けた無料貸与」(音更町)、「ぬかびら源泉郷旅館組合の宿泊施設提供」(上士幌町)など。支援体制も整備が進み、上士幌や大樹、豊頃は電化製品や家具の貸与を実施・検討。本別はJAが農家実習の取り組みを検討している。
 同振興局は被災県の自治体機能の回復に伴い、「今後多くの情報やSOSの声が出てくる」(地域政策課)と判断。道レベルでは相談窓口が設置されているが、よりきめ細かな支援を行うため、地域事情に詳しい地元の総合振興局としても設置を決めた。
 管内に移った被災者に対しては避難者サポート登録制度「ふるさとネット」の運用を3月末から始めているが、1日に設置した相談窓口では管外からの問い合わせに対応。初期対応を重視し、相談の段階で住所や交通手段、一時宿泊先の確保見通しや就労・修学希望の有無、医療の必要性や福祉・高齢・障害などへの要望、避難の経緯などを聞き取り、市町村など関係機関と連携、本人の意向を尊重して避難前後の課題を一つ一つ解決していく考え。
 同課の柏木文彦主幹は「健康や心のケアの問題、文化の違いなど避難者はさまざまな不安を抱えている。必要な機関と打ち合わせを行い、慎重かつスピーディーに対応したい」と話している。
 同総合振興局の相談窓口は地域政策課が担当。受け付けは平日の午前8時45分?午後5時半。問い合わせは電話0155-26-9020、ファクス0155-22-0185、Eメールtokachi.chisei1@pref.hokkaido.lg.jpへ。
管内の主な受け入れ可能施設(一時宿泊含む、単位:世帯)
□帯広市  市営団地など70
□音更町  三菱自工独身寮など72
       十勝川温泉(一時宿泊14業者)
□士幌町  町営団地など29
□上士幌町 町営団地など22
       ぬかびら源泉郷(一時宿泊で50人程度)
□鹿追町  町営住宅など8
□新得町  町営団地など4
□清水町  移住体験住宅2
□芽室町  町営団地など10
□中札内村 村営団地など11
□更別村  村営団地など14
□大樹町  町営団地など34
□広尾町  町営団地など5
□幕別町  町営団地など12
□池田町  町営団地など10
□本別町  町営団地など10
□足寄町  町営団地3
□浦幌町  町営団地10
□豊頃町  町営団地など8
       農業農村サポート研修施設
□陸別町  銀河の森コテージ村など4」(全文)


 
>TOP

◆東日本大震災:被災の障害者に援助を 静岡の3団体が街頭募金 /静岡
(毎日新聞 2011年4月3日)
http://mainichi.jp/area/shizuoka/news/20110403ddlk22040055000c.html
「東日本大震災で被災した障害者に送ろうと、障害者団体のメンバーが2日、募金活動を静岡市葵区の街頭で展開した。寄せられた募金は、重い障害があるために避難所での生活がより厳しい人の住まいを手当てしたり、介助者の確保にかかる費用などに充てる。
 静岡障害者自立生活センター(渡辺正直代表)など3団体が実施した。集まった募金は「東北関東大震災障害者救援本部」(東京都)に送る。
 渡辺さんによると、被災地では、電動車椅子の電池など暮らしに欠かせないものを津波で失ったり、介助してくれる人が被災してしまったために、多くの障害者の生活に支障が出ているという。
 2日の活動に参加したのは、障害のある人たちや3団体のスタッフ計20人。葵区呉服町の街頭で支援を訴えると、買い物客や若者らが募金箱にカンパを次々に寄せた。渡辺さんは「仲間のために少しでも役に立ちたい」と話した。
 募金に関する相談、問い合わせは同センター(054・288・6068)。【平林由梨】」(全文)


 
>TOP

◆被災地保育園に支援を  田村議員に 国「特例措置作る」  厚労委
(しんぶん赤旗 2011年4月3日)
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2011-04-03/2011040304_03_0.html
「日本共産党の田村智子議員は3月31日の参院厚生労働委員会で震災被災地の保育所への支援などを求めました。
 田村氏は、厚生労働省が3月中に再開できない保育所への運営費の扱いを示さなかったため、再開できない保育所が保育士を全員解雇する事態が起きていることを示し対応を求めました。
 小宮山洋子厚労副大臣は、「3月中に再開しないと運営費が出ないということはない。保育所職員の雇用保障も含めて阪神大震災の時のような特例措置をつくる」と答えました。
 田村氏はまた、神奈川県や東京都の避難所が「自立」を入所要件としていることをあげ、「障害者や高齢者は受け入れないと宣言しているのと同じではないか」と指摘。大塚耕平厚労副大臣は、「改善を求める」と約束しました。
 田村氏は、企業が雇用調整助成金を活用して雇用を維持する特例措置が青森、岩手、宮城、福島、茨城の5県に限られ、同じ災害救助法指定地域の千葉県や栃木県が対象となっていないことを示し、対象地域を拡大するよう求めました。小宮山副大臣は「ニーズを把握して拡大していくか検討していきたい」と述べました。」(全文)


 
>TOP

◆三田から今できること 被災地支援へ市民ら集会
(神戸新聞 2011年4月3日)
http://www.kobe-np.co.jp/news/hanshin/0003917829.shtml
「東日本大震災で、三田からできる支援を考える集会「被災地の今は? 私たちにできることは? 三田市民のつどい」が2日、三田市まちづくり協働センターで開かれた。被災地ボランティアらの活動報告があり市民ら約100人が参加。「三田からできることはたくさんある」として、長期の支援に取り組むことを確認した。
 NPO法人「場とつながりの研究センター」と市社会福祉協議会が企画した。
 宮城県松島町で、汚れた家具の搬出や泥出し作業を行った関西学院大学の学生たちは「松島町は津波の被害は小さかったが、報道なども少なく、支援の手や物資は足りてない」と、被害の大きさと避難所生活の大変さは比例しないと訴えた。
 炊き出しや避難所住民との交流を行った兵庫ブルーサンダーズの武田翔平選手は「子どもと野球をしたが、心からの笑顔ではなかった」と、被災者の心の傷の深さを振り返った。「現地は思ったよりひどい状況。無知でボランティアに行くことに批判があるが、力になれることはたくさんある」と話した。
 宮城県南三陸町でボランティアセンターの立ち上げに携わったのが、市社会福祉協議会事務局長の谷口弘さん。今後、障害者ケア、心理カウンセラーや避難所慰問など広範囲なボランティアが必要になるとの見通しを語り、「ボランティアが来ると避難所の人たちは元気になる」と強調。一方で「現地に連絡してから訪れて」と付け加えた。
 関西学院大学大学院の杉浦健さん(46)が会場と意見交換しながら総括。「被災地で支援活動できないことに罪悪感を抱く必要はない。三田でも募金の手伝いや、集まった物資の整理、搬送などやれる支援はたくさんある」と訴えた。」(全文)


 
>TOP

◆津波の対策急務、災害弱者の避難課題 統一地方選を前に
(朝日新聞 2011年4月3日)
http://mytown.asahi.com/areanews/kagawa/OSK201104020095.html
「東日本大震災を受け、今回の統一地方選では防災や地震対策が争点の一つに浮かび上がっている。県内でも津波対策や障害者、高齢者の避難方法など、多くの課題が指摘されている。
 震災が起きた3月11日、20センチの津波を記録した高松市。「高潮と津波とではパワーが違う。あれが今回の震災のように津波だったら、さらに大きな被害が出ていたはずだ」。市危機管理課の担当者の脳裏によぎったのは、04年8月の台風16号による高潮被害だ。
 高松市内の約1万6千棟が床上・床下浸水した。高潮による潮位は高松港で2.46メートルと過去最高だった。
 県は高潮被害を受け、2034年までの約30年間で455億円を投じ、海面からの高さ3メートル程度の防潮堤計139キロを整備する計画を立てた。これまでに44キロが整備されている。
 だが、計画はあくまで高潮対策が基本。30年以内に約60%の確率で起きるといわれる「南海地震」では、満潮位を考慮すると最大3.1メートルの津波が想定されているが、県港湾課の担当者は「津波に対するハード対策はこれまで取られてこなかった」と明かす。
 長谷川修一・香川大教授(地質工学)は「津波は水の固まりのぶつかりで破壊力があり、高潮対策では防げない」と指摘。「護岸は液状化の被害を受ける可能性もある。津波の避難訓練や防災教育など、今できることをまずやるべきだ」という。
 地震や津波の際の住民避難にも課題はある。高松市の地域防災計画では、避難情報を防災行政無線や広報車、メール配信などで住民に伝えることになっているが、障害者や高齢者にとっては不安が残る。
 県ろうあ協会の太田裕之常務理事は「災害時にはメールやファクスの利用が難しい。自治会などの人づてが頼りだが、時間の猶予がない中でうまく避難情報を伝えられるのか」。重度の障害があり電動車いすを使う「福祉オンブズ香川」の横山君子事務局長は「避難場所にたどり着けるのか、災害が起きたら取り残されるのではないかと不安を感じる。香川は災害が少ないと言われるが、いつ想定外のことが起きるかわからない。この機会に災害対応のビジョンを示してほしい」と話す。
 県議選では、論戦はスタートしたばかりだ。阪神大震災で被災した経験を持つ高松市選挙区の新顔候補は「災害時にライフラインが安定供給できるような施策に取り組む」などと第一声で訴えた。
 三豊市選挙区の現職候補は「新しい道路や橋を造るより耐震工事へと積極的に取り組んできた」と実績を強調。丸亀市選挙区で無投票当選した一人は「高潮対策などのインフラ整備を停滞させてはならない」と抱負を語った。 」(全文)


 
>TOP

◆生活情報/支援
(河北新報 2011年4月3日)
http://www.kahoku.co.jp/news/2011/04/20110403t15008.htm
「○宮城県古民家再生協会(仙台市)は、東日本大震災で家を失った人に対して、全国の空き古民家(築50年以上)を一定期間無償で貸す活動を始めた。古民家の所有者から貸与された物件を希望者に紹介する。電気代や水道代などは自己負担。3、4の両日、仙台市太白区の長町駅前プラザで相談会を開く。午前10時半〜午後5時。連絡先は協会022(765)8017。
 ○仙台市ガス局と日本ガス協会は3日、被災者支援のため、避難所となっている仙台市若林区の七郷小に移動式簡易シャワー装置を設置する。1ユニットに四つのシャワーブースがあり、同時に利用できる。今後、4ユニットを増設する方針で、関係機関と設置場所を検討している。利用時間は午前10時〜午後5時。
 ○日本ユニセフ協会は、全国から寄せられた絵本や紙芝居、児童書を、被災地や避難者受け入れ地域の幼稚園や保育園、児童福祉施設などに無料で贈る。個人は対象外。希望セット数(1セット50冊)、施設名、郵便番号、住所、電話番号を同協会にメールかファクスで通知。件名に「ちっちゃな図書館希望」と明記。先着順で4月中旬以降に順次発送。連絡先は03(5789)2011、平日午前9時〜午後5時。ファクス03(5789)2036。メールjcuinfo@unicef.or.jp
 ○山形県は震災で自宅を失うか、福島第1原発事故で避難指示を受けた被災者を対象に、県営住宅の入居申し込みを8日まで受け付けている。
 申請は2人以上(被災者同士のルームシェアも含む)で入居でき、入居者に乳幼児か妊婦、障害者、高齢者が1人以上いることが条件。山形市や酒田市などの県営住宅30戸を提供する。郵送申し込みは8日必着。連絡先は山形県建築住宅課023(630)2637。
 ○日本政策金融公庫は被災した中小企業の経営に関する相談窓口を石巻商工会議所(石巻市立町)3階に設置した。受け付けは、月、水、金曜の午前10時半〜午後3時で、融資や返済相談などに応じる。みやぎ北上商工会本所(登米市中田町)にも5日から窓口を設ける。火曜の午前10時〜午後3時。連絡先はいずれも仙台支店022(222)5173。
 ○塩釜青年会議所は3日午前11時から多賀城市町前4の3の6、ミスタードーナツ多賀城店駐車場で生活用品全般を無料配布する。衣類、おむつ(乳児用、大人用)、ミルク、食品、せっけんなど。なくなり次第終了。連絡先は090(7072)4553。
 ○NPO法人アースデイマネー・アソシエーション(東京)は4日、首都圏でホームステイを希望する被災者用に無料送迎バス1台(定員45人)を運行する。石巻市、南三陸町、気仙沼市を回り、東京到着は翌朝。石巻市災害ボランティアセンター(石巻専修大)が午前9時、南三陸町のベイサイドアリーナが正午、気仙沼市総合体育館が午後4時から乗車を受け付け、それぞれ1時間後に出発。
 首都圏を中心に約4000の家庭からホームステイの協力申し入れがあり、1週間から3カ月の受け入れが可能。4月中は9日から毎週土曜日にバスを運行し、首都圏からも無料乗車できる。連絡先は03(3498)6522、090(8346)6898。」(全文)


 
>TOP

◆生活情報/自治体情報
(河北新報 2011年4月3日)
http://www.kahoku.co.jp/news/2011/04/20110403t15010.htm
「○岩沼市 市里の杜駐車場に整備する仮設住宅1次着工分102戸の申し込み受け付けを5〜15日に行う。【5日】午前10時〜午後4時、市農村環境改善センター【6日】午前10時〜午後4時、市総合体育館【7日】午前10時〜午後4時、市民会館【8〜15日】午前8時半から午後5時半、市役所。連絡先は社会福祉課または都市計画課0223(22)1111。
 ○大崎市 応急仮設住宅、福祉避難所の入居申請受け付けを始めた。応急仮設住宅は古川地域のアパートなど300世帯分を用意。入居期間は最長2年、家賃無料、光熱水費や共益費は実費負担。福祉避難所は鳴子温泉の各旅館に300世帯分を用意し、入居期間は2カ月程度。対象は乳幼児や高齢者、障害者がいる世帯。
 いずれの申請も市役所本庁舎北会議室か各総合支所で受け付ける。午前8時半〜午後5時15分(総合支所は土日休み)。連絡先は応急仮設住宅が建築住宅課0229(23)8054、福祉避難所は政策課0229(23)2129。
 ○宮城県亘理町 仙南交通とタケヤ交通は4日から、JR亘理駅西口―逢隈下郡―岩沼駅東口を結ぶ路線バスを共同運行する。料金は亘理―岩沼が片道400円。ダイヤなど連絡先は町災害対策本部090(2255)6382。
 町役場に開設した臨時災害放送局「FMあおぞら」の周波数が2日午後から、79.2メガヘルツに変更された。一部地域から聴きにくいとの苦情があったため。
 ○山元町 町民バス「ぐるりん号」が2日、暫定路線で再開した。山下循環は1日10便、坂元循環は8便。磯、中浜、新浜、笠野、花釜、牛橋各地区は運行しない。当分の間、運賃は無料。2日予定されていた臨時バスの岩沼山元線、岩沼坂元線の運行はJR東北線岩沼―仙台間再開見合わせで3日からになった。連絡先は町企画財政課090(4755)0030。」(全文)


 
>TOP

◆在宅被災者、孤立続く 支援停滞、共助が不可欠
(河北新報 2011年4月3日)
http://www.kahoku.co.jp/news/2011/04/20110403t13034.htm
「何らかの事情で自宅にとどまった結果、支援の網から漏れてしまう。東日本大震災では、こうした「在宅被災者」への配慮も喫緊の課題となっている。食料などの救援物資が避難所に行き渡り始めた一方、高齢者を中心に在宅被災者の孤立が続く。事態の解消に向けた動きもあるが、末端世帯への物資配給は必ずしも順調でない。
◎気仙沼/届かぬ物資、灯油タンクに飲み水…/避難所の陰で困窮
 宮城県気仙沼市滝の入地区。それまでお年寄り世帯を巡回し、食事などの世話をしていた介護ヘルパーの姿は震災後、誰も見ていない。
 見かねた地元の民生委員(66)が、一人暮らしのお年寄り6人に食事を届けるようになった。個人の努力では、1日におにぎり1個かカップ麺1個が精いっぱいだ。
 気仙沼市の在宅被災者は推定1万人以上。市はこうした人たちにも食料が行き渡るよう、各避難所には多めに物資を配給しているが、この民生委員は「申し訳なくて6人分の食料が欲しいとは言えない」と漏らす。
 気仙沼市唐桑町に救援物資を届けに来た瀬下容司さん(34)=栃木県野木町=が目撃した光景は、衝撃的だった。
 「灯油を入れていたポリタンクで飲み水の給水を受ける在宅被災者がいた。あれを飲むのか…」と絶句する瀬下さん。「自宅にとどまった結果、孤立してしまった被災者は、避難所の被災者より困窮している」と感じた。
 お年寄り36人が入所する気仙沼市内のケアハウスは、市から水や物資の供給を断たれた。施設長(58)は「自力で確保してほしいと言われた。避難所から配給の余りをもらって食いつないでいる」と憤る。
 一方で従来から住民の結び付きが強固な地域では、共助の精神が在宅被災者を支える。
 気仙沼市本吉総合支所は、各自治会が所有する車2台に毎日ガソリン5リットルを供給。自治体単位で救援物資の集積場所に食料を受け取りに来てもらっている。
 本吉総合支所管内の津谷大沢自治会では、地域拠点の個人宅に女性らが集まり、整然と救援物資を受け取っていた。
 地域のまとめ役の三浦広文さん(63)は「他の地域に避難した津谷大沢の住民が、食料をもらえず、ここまでもらいに来るケースもある。集落を『小さな避難所』ととらえ、支援の手を伸ばしてほしい」と訴えた。
(高橋鉄男)
◎大崎/災害時の混乱見越し備蓄/備えたリストが威力
 大崎市古川の北部、江合地域の町内会組織「江合親睦会」(1380世帯)は、民生委員や区長を通じて支援が必要な人を把握し、毎年更新してきたリストが威力を発揮。住民パワーで在宅被災者の孤立を防いだ。
 「届けてもらったおにぎりは、どの粒も輝いていて宝石みたいに見えた」
 一人暮らしの佐藤恵子さん(80)は振り返る。食料を確保する当てもなかったが「両親の位牌(いはい)を守らなければ」と自宅にとどまった。親睦会から真っ先におにぎりが届いた。
 震災直後には、親睦会を構成する3地区の防災担当者が、要援護者リストに基づいて一人暮らしのお年寄りや障害者ら約90人の自宅を訪ね、安否の確認を終えている。
 江合地域は電気の復旧に1週間かかった。その間、住民は公会堂で避難所を自主的に運営。毎日2回の炊き出しも要援護者宅への配給を優先した。
 親睦会は「大地震の混乱時は、行政の支援が届くまで2、3日かかる」と想定。水やコメ、発電機、燃料も備蓄していた。実際、市の支援物資が届き始めたのは震災3日目だった。
 民生委員の青柳麻利子さん(57)は「防災訓練などイベントも多い。ここは結び付きの強い地域」と説明する。
 親睦会長の鈴木賢治さん(77)は「区長が中心となり、住民一人一人が得意分野で活躍してくれた」と語った。(藤田杏奴)
◎岩沼・多賀城/マンパワー・連携/行政の重要課題
 物資の配給にめどが立った市町村では、避難所に偏りがちだった食料などを在宅被災者にも届けようという動きが出ている。ただ、マンパワーや連携不足で、狙い通りに進んでいないケースもあるようだ。
 岩沼市は震災発生から約1週間後、自宅にとどまった被災者に物資の配給を始めた。市内の各行政区にパンやトイレットペーパーを届け、区長を通じて配った。
 現在は「住民の買い出しが可能になってきた」と判断。津波による被害が大きい市東部地区のみで各戸配布を続けている。市は「救援物資に余裕があったため、何とか在宅被災者にも回すことができた」と説明する。
 多賀城市も、病気やけがで避難所に行けない住民に水や乾パンの配布を試みた。だが、量が少なかった上、搬送の中継を託した消防団から先で物資のリレーが機能せず、在宅被災者に届かないケースが相次いだ。
 多賀城市八幡の自宅で暮らす平塚松子さん(78)は「足が不自由で避難所に行くことも、給水に並ぶこともできない。知人が持ってきてくれたおにぎりや水でしのいでいる。物資が公平に行き渡るようにしてほしい」と話す。
 市も「在宅被災者への物資供給は今後の重要な課題」と認識し、「住民から依頼があれば、行政区長を通じて配布する」という。(若林雅人)」(全文)


 
>TOP

◆被災したALS患者に支援を 患者団体が街頭募金
(共同通信 2011年4月2日)
http://www.47news.jp/CN/201104/CN2011040201000708.html
「東日本大震災で被災した、全身の筋肉が動かなくなる難病の筋萎縮性側索硬化症(ALS)の患者らを支援しようと、患者、家族や支援者でつくる「日本ALS協会」(東京)は2日、東京・銀座で街頭募金を行い、寝たきりの患者らが支援を訴えた。
 同協会によると、特に被害の大きかった岩手、宮城、福島の3県にALS患者は約420人おり、うち少なくとも4人が行方不明になっている。
 首都圏には東京電力の計画停電で対応に苦労している患者もいる。同協会の橋本操副会長は「震災後、流動食やカテーテル、ガーゼ、たん吸引のチューブを洗浄するための精製水などが不足している。施設に避難した患者への介護支援も必要だ」と話した。」(全文)

 
>TOP

◆東日本大震災:外来の透析、再開 患者「ホッとした」−−岩手・陸前高田の病院
(毎日新聞 2011年4月2日)
http://mainichi.jp/life/health/medical/news/20110402ddm041040113000c.html
「東日本大震災で被災した岩手県陸前高田市の「松原クリニック」で1日、外来の人工透析治療が再開された。病院が用意した送迎バスが避難所や患者の自宅を巡回し、受け入れを始めた。避難生活に加え、遠方での治療を余儀なくされてきた患者からは「透析は生活の一部。再開されてホッとした」と安堵(あんど)の声が聞かれた。
 震災前は併設の介護老人保健施設の入所者と入院患者計17人を含め、約70人が透析治療を受けていた。停電や断水、ガソリン不足の影響で、同県大船渡市にある系列診療所で透析したり、家族と離れ北海道や盛岡の病院に移る患者も。
 人工透析は週3回、1回約4時間の実施が望ましく、1週間受けないと命にかかわるという。自宅が浸水し、近くの中学校に避難している陸前高田市の無職、高橋正雄さん(62)は「これまでなんとか大船渡で治療を受けてきたが、ホッとした」。看護課長の吉田京子さんは「慣れ親しんだ環境で治療を受けてもらうことで、明るい気持ちになって」と話していた。【長野宏美】」(全文)


 
>TOP

◆上野のパンダは原発避難者も癒やした
(日刊スポーツ 2011年4月2日)
http://www.nikkansports.com/general/news/p-gn-tp0-20110402-755854.html
「東日本大震災の影響で3月17日から臨時休園していた、東京・上野動物園が1日に開園し、2月21日に来日したジャイアントパンダのリーリー(雄)とシンシン(雌)が一般公開された。この日は東北、関東の各地から東京に避難してきた被災者も訪れ、パンダをはじめとした愛らしい動物たちを見て、避難生活で蓄積した疲労、ストレスを癒やした。中でも福島第1原発の事故後、風評被害などで苦しむ福島県いわき市の被災者は、苦しい現状を吐露しつつ、動物と触れ合えたことを喜んだ。
 いわき市から東京に避難してきた67歳の女性は、2頭のパンダが待つパンダ舎に向かう行列に並ぼうと、走る孫の背中を見詰めながら声を絞り出した。「津波と地震に原発、風評…。いわきはボロボロ。でも少し気晴らしになります」。11日に津波で家が流され、15日に37歳の長男と孫2人の4人で、車で東京に避難してきた。長男の嫁は、いわき市内に残っているという。
 避難した最大の理由は、原発の風評被害などで薬剤がいわき市内に入ってこなくなり、腎臓病を患う長男の人工透析ができなくなったからだ。避難後は都内の大学院に進学した次男(28)が住む中野区の部屋で、家族5人肩を寄せ合って生活し、長男は週3回、横浜・みなとみらい地区の病院に通っている。女性は「13日までは人工透析が出来たんですが、薬が入ってこないし医者も看護師も少ない。水道も断水でダメ。ただこちらに来ても、みなとみらいに週3回通うのは実費。滞在費も少ないのに、ここにいるんです」と、医療の危機的な状況を指摘した。
 いわき市は一部地域が屋内待避の対象になっている。女性は園内に入るなり活発に歩き出した孫を見て「子ども2人は、外に出られないから苦労していた。国は何を、どうしてくれるのか」と訴えた。
 また、同じいわき市から埼玉県内の娘宅に避難している男性(64)は「うちは原発から40キロくらい離れているけれど、放射能への不安がある。でも、ずっと娘の家にいたし、帰らないといけない。帰る前に4歳の孫の孝行をしにきました」と話した。茨城県水戸市から、5歳の息子と2歳の娘を連れて都内の実家に避難してきた女性(34)も「原発が怖い。ストレスがたまっていたので、動物園でいい気分転換が出来ました」と話した。先が見えない原発への不安が高まる中、パンダをはじめとした動物たちは、被災者の「心のオアシス」になったようだ。【村上幸将】」(全文)


 
>TOP

◆被災患者受け入れ医療機関 診療報酬のしくみ見直しを 支援するほど不利益に
(しんぶん赤旗 2011年4月2日)
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2011-04-02/2011040214_01_1.html
「各地の医療機関で東日本大震災の被災地からの患者の受け入れが進められるなか、受け入れた病院に不利益をしいる診療報酬のしくみが問題になっています。被災者支援の長期化がいわれるもと、改善を求める声があがっています。
 東京都北区にある王子生協病院。震災で透析の機器に支障をきたした茨城県内の病院から、3月13〜14日に急きょ6人の患者を受け入れました。
 王子生協病院の透析のベッドは2床あります。しかし、透析室が狭く、元々入院していた患者の透析で手いっぱいの状況。6人は入院しながら、同じ法人の生協北診療所の外来透析に週3日通って透析を受けることになりました。
 ここで問題になったのが、昨年4月の診療報酬の改定で実施されたしくみです。入院中の患者がさらに専門的な医療が必要になるなど他の医療機関を外来受診せざるをえない場合、入院している病院に払われる入院基本料が3割ないし7割減額されます。
 同病院の酒井孝志副事務長は、「当病院の場合、患者さんが外来を受診した日の入院基本料(1日1万5500円)は3割削られます。どの医療機関もやりくりして被災者を最大限受け入れています。被災者を受け入れれば、病院経営にも響いてしまうというのは、一体どういうことでしょうか」と疑問を投げかけます。
 この問題では、全国保険医団体連合会や東京保険医協会などが「入院中の患者の他医療機関受診の規制の凍結」を、首相と厚生労働相に求めています。
 日本共産党の田村智子参院議員は3月24日の厚生労働委員会でこの問題をとりあげ、政府に是正を求めました。また、被災地で療養病床に急性期の患者を受け入れざるを得ない場合、かかった医療費ではなく定額分しか病院に払われず、病院の持ち出しになる場合があることもあわせて指摘。「積極的に被災者の支援をおこなうほど医療機関が不利益を受ける事態がおき始めています。減額につながる規制を緊急に見直すべきだ」と強く求めました。」(全文)


 
>TOP

◆避難所生活の人工透析患者、2人死亡
(読売新聞 2011年4月2日)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110402-OYT1T00309.htm?from=main6
「東日本大震災の被害を受けた宮城県で、避難所生活を送っていた人工透析患者2人が死亡していたことがわかった。
 透析を十分に受けられなかったことなどが理由とみられる。被災地では、不十分な透析やストレスで、体調を崩す患者がさらに増える恐れがあり、環境の整った医療機関への患者搬送を促すなど、早急な対応が求められている。
 宮城県の75歳の男性は、3月15日、避難所で横になっている時に、突然呼吸が止まった。同県塩釜市の坂総合病院に運ばれた時には心肺停止状態だった。男性は、地震前に透析を受けてから4日たっていた。同病院救急科の佐々木隆徳医師は「透析中断の影響で、血液中のカリウム値が非常に高かった。水分不足など過酷な避難生活が影響し、不整脈が引き起こされた」とみる。16日には、人工透析を中断して6日たった84歳の男性が、避難所で胸の苦しさを訴えて同病院に運ばれた。心臓の状態が悪く、18日に亡くなった。
 同病院では、緊急透析を受けて助かったものの、心不全など危険な状態に陥ったケースが2例あった。震災関連死に詳しい神戸協同病院(神戸市)の上田耕蔵院長は「過酷な避難生活で、他の病院でも同様の死者が出た可能性が高い」と指摘する。」(全文)


 
>TOP

◆18歳漁協内定取り消し
(読売新聞 2011年4月2日)
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/iwate/news/20110402-OYT8T00147.htm
「宮古市でこの春、高校を卒業した細越(ほそごし)慎さん(18)は、地元の漁協に就職が内定し、4月から社会人として第一歩を踏み出すことになっていた。だが、津波で漁業が壊滅的被害を受け、内定は、描いていた人生の未来図とともに立ち消えとなった。両親を支えるためにも「稼がないと」。一家で暮らす避難所で、焦りだけが日に日に募る。
 生まれ育った家は、三陸海岸近くにあった。祖父(74)は最近まで漁に出ていた。
 細越さんは県立宮古水産高校海洋技術科で学び、宮古漁協でサケの孵化(ふか)や放流など職業体験を積んだ。手塩にかけて育てたサケが4年後に戻ってくる。そんな仕事にロマンを感じ、就職を志願。希望がかなった、はずだった。
 津波で自宅が流された。ゆくゆくは祖父から譲ってもらおうと考えていた漁船も。家族7人で避難所に移った。3月22日。ともに漁協に就職が内定していた仲間から、携帯電話に1本のメールが届いた。「内定取り消しなんだってね」。信じられず、母校に確認した。確かに、取り消しの通知が来ていると聞かされた。
 宮古漁協は高台にあり、津波を逃れたが、漁港の市場は壊滅。市内の水産関係約80社のうち、8割近くが損壊などの被害に遭い、漁業再開の見通しも立っていない。細越さんら高校新卒の4人と臨時職員1人の内定が取り消された。漁協の得田博・市場部総務部長は「本当は新入職員の手を借りたい。でも、教育する余裕もなく、やむを得なかった」と話す。
 母(41)は人工透析を受けており、避難所から車に乗せて、2日おきに病院に連れて行く。トラック運転手の父(41)も決して健康ではない。弟(14)はまだ中学生。「何もしないわけにいかない。少しでも、お金を家に入れないと」
 自分の置かれた立場はわかっているが、「内定復活」の期待を消し去ることができないまま、新年度を迎えた。「漁協の状況は理解できる。ただ、復興すれば雇ってくれるのか、もう無理なのか。判断材料がほしい」と思う。」(全文)


 
>TOP

◆【東日本大震災】大熊町から高槻市に避難した阿部緑さん 4月から市営住宅で新生活 親代わりと慕う女性の安否を気遣う(1/2ページ)
(産経新聞 2011年4月2日)
http://sankei.jp.msn.com/region/news/110402/osk11040218560005-n1.htm
「東日本大震災で被災し、大阪府高槻市に避難してきた福島県大熊町の阿部緑さん(62)が、4月から市営住宅で新生活を始めた。週に3回の人工透析が必要なため30年近く住んだ町を離れたが、思いはいつも被災地に。避難所に残る知人らを電話やメールで励ましながら、親のように慕い連絡が取れないままとなっている女性(85)の行方を案じている。
 大熊町は東京電力福島第1原発があり、原発関連で生計を立てる住民が多い。亡くなった夫も東電の下請け会社に勤め、その縁で町民となった。「原発のおかげで仕事があり水道などの公共料金も安かった。複雑だよね。まさか、こんなことになるとは」とつぶやく。
 あの日、町の高齢者施設で親代わりとも思う女性と一緒にいた。突然の激しい揺れに、支え合うように抱き合った。窓に目をやると家々の瓦が次々と落ちてゆくのが見え、震えた。
 自宅に戻ると、中は足の踏み場もないほどメチャクチャ。着の身着のまま、薬だけを持ち出し近くの公民館へ向かい、余震におびえながら真っ暗な中で一晩を過ごした。
 翌日には移動することになり、約50キロ離れた三春町の中学校体育館へ。疲労困憊(こんぱい)に追い打ちをかけるような福島第1原発1号機の爆発を知り、近所の人と「もう、しばらくは帰れないよね」とささやき合った。
 人工透析を受けられる病院は見つかった。福島を離れるつもりはなかったが、高槻市に住む妹家族が心配し航空券を確保。妹宅に身を寄せた後、4月から市営住宅に入居した。」(全文)


 
>TOP

◆【東日本大震災】大熊町から高槻市に避難した阿部緑さん 4月から市営住宅で新生活 親代わりと慕う女性の安否を気遣う(2/2ページ)
(産経新聞 2011年4月2日)
http://sankei.jp.msn.com/region/news/110402/osk11040218560005-n2.htm
「新しい暮らしのスタート。しかし、冷蔵庫や洗濯機などの家電製品は避難指示が解除されたときを思い、購入を迷う。自分だけ安全な場所に身を置いていていいのかと心苦しさも感じている。
 福島県に残った人たちとつながり、少しでも力になりたいと願う日々。避難所暮らしで透析を十分に受けられていない知人を電話で励まし、妻と子供が行方不明の病院関係者から届いた「無念です」のメールに涙が止まらなかった。
 そして、何より気がかりなのは、地震発生時に一緒にいた1人暮らしの女性。当時は自宅まで車で送り届けたが、その後、連絡がとれないまま。めいがインターネットで避難者名簿を調べてくれたが、どこの避難所にも名前がない。
 「私にとっては親とも思えるような人。このまま別れたのでは心残り。無事を確認して、もう一度会いたい」」(全文)


 
>TOP

◆視覚障害者のため、義援金コンサート 23日大阪・北区で
(産経新聞 2011年4月2日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110402-00000015-san-l27
「視覚障害者のための総合福祉施設「日本ライトハウス」(大阪市鶴見区)が23日、大阪市北区のザ・シンフォニーホールで「チャリティーコンサート」を開く。収益金の一部は、東日本大震災で被災した視覚障害者に義援金として届けられる。「より多くの人に来場してほしい」と呼びかけている。
 毎年春、盲導犬育成事業のためにコンサートを開いてきた。今回は会場に募金箱を設置し義援金を募る。
 出演はオルガン・チェンバロの武久源造さん、フルートの高木綾子さん、澤和樹さん指揮で、千里フィルハーモニア・大阪がバッハの「ブランデンブルグ協奏曲第5番」などを演奏する。3500円。開場午後5時半。チケットの申し込み、問い合わせは、日本ライトハウス募金事業部((電)06・6968・1030)へ。 」(全文)


 
>TOP

◆復興再生ビジョン―希望への一歩 構想しよう
(朝日新聞 2011年4月2日)
http://www.asahi.com/paper/editorial20110402.html
「「その日を境に、ほとんどすべての事が変わってしまう日がある。何百万人もの生活は再び同じものとはならなかった」。経済学者ガルブレイスが大恐慌を書いた著書にある言葉だ。
 私たちにとっておそらく、2011年3月11日は、それ以前と、それ以後とを隔てる時代の分水嶺(ぶんすいれい)になるだろう。
 よりよい明日への一歩を刻めたか、これまで通りその場しのぎに終始したか。どちらを選択するかが、いま問われている。
□津波減災する郷土に
 傷ついた街を復旧し、日々の生活を取り戻さねばならない。
 同時に復旧・復興政策の根本になるビジョンを作り、国民、とりわけ被災者に明確に開示し、共感と同意が得られれば、実現に向けて資源、人材、お金を集中させることが必要だ。
 ビジョンの柱は何か。戦後最大の災害を経験したいま、単なる原形復旧では済まされない。大津波は今後も繰り返し襲ってこないとも限らない。いざ起きても、被害を出来る限り小さくできる郷土に作り替える。そのことに尽きる。
 三陸から福島、茨城、千葉にいたる太平洋沿岸は豊かな海産資源に恵まれ、その港と、市場や加工場と、住居が一体化していた。そこを津波に襲われた。
 この地域は過去に何度も津波災害に襲われている。死者約2万2千人を数えた明治三陸大津波(1896年)や、さらにその37年後、同約3千人の昭和三陸津波が発生している。
 これらの津波災害はある教訓を示す。海に近接した暮らしは平時は便利だが、いったん災害が起きれば、仕事も自宅も、そして、自分や家族の命をも同時に奪いかねない弱点である。
 復興にあたって、弱点は出来るだけ小さくする努力を重ねたい。例えば仕事と生活の場を極力分け、住居は高台に置く「職住分離」を原則に考えたい。
 また地域の避難の拠点になる学校、病院、福祉施設などが津波に被災しないよう、設置場所には細心の注意を払いたい。
□主役は自治体と住民
 もう一つのビジョンの核は、高齢化に備えた街だ。高齢者を災害弱者にしない、安心して暮らせるような街づくりを目指したい。
 一人一人の高齢者が分散して暮らすのではなく、一定の地域に集中して住み、病院通いや買い物などが気楽に出来る街を作りたい。そのモデルになる中核都市を東北各地に作れないか。
 同時に、再生には若くて新しい力が必要だ。街づくりや農林水産業の復活のため、担い手になる若年労働者が参入できるよう、全国に呼びかけ、彼らが定着できる手だてを考えたい。
 民主党も復興基本法案の取りまとめを急いでいる。再生を目指すため、平時にはない取り組みが必要だし、それら諸事業を束ねる法制度が欠かせない。
 私たちのビジョンとの共通点も多いが、留意すべき点、注文すべき点も指摘したい。
 私たちは、政策作りと実行の主役は地域の事情に精通した被災自治体であると考える。従って基本法も、被災自治体と住民にとって、自ら立ち上がろうとする闘志と、創意工夫の英知をもり立てるものであるべきだ。
 復興事業を進める上で、調整役になる受け皿組織が必要だ。
 この組織は自治体はじめ、中央省庁、民間から人材を集め、構想作りから、具体的な政策立案、予算要求などを担ってもらう。縦割り行政の弊害を廃し、強みと得意技を融合する。
 ただし組織は復興までの期限あるものとすべきだ。例えば5年間などの時限を区切り、新たな利権の温床にはさせない。
□財源みんなで支える
 再生に必要な費用は、国民全体で支えなければならない。
 まずは所得税や法人税の一時増税が必要だ。さらには震災復興を目的に現行消費税に上乗せして課税する方法も考えたい。
 すぐに増税はできないにせよそうした方針を政府が宣言すれば、税財源を担保にした国債を増発しても国債は急落すまい。
 民主党内に震災国債を発行し「日銀引き受け」をさせようとする意見がある。しかし、国債の消化は市場に委ねるべきで、引き受けは財政の信頼を損なわせる。日銀の独立性も傷つき、通貨価値の下落、インフレの温床になる愚策であり反対だ。
 復興財源を賄うため、一般会計とは別の会計を創設したい。復興専用財源として透明化を図り、予算決算を国会がチェックすることで納税者の納得性も高まろう。無論、期限を区切る。
 今回のビジョンは一例に過ぎない。災害の詳細が分かるにつれ、足りない点、見直す点も出てこよう。
 震災から間もなく、爪痕はなお深い。先のことを語るのは早すぎるとの批判もあろう。
 ただ、あるべき姿を今から構想し始めることが希望ある未来への一歩と信じたい。これを議論の出発点として、今後、様々な提言をしていきたい。 」(全文)


 
>TOP

◆生活情報/支援
(河北新報 2011年4月2日)
http://www.kahoku.co.jp/news/2011/04/20110402t15041.htm
「○宮城県土木部は被災者や被災地支援活動に対する各種使用料・手数料の減免措置を決めた。
 内容と担当課は次の通り。
 被災者への県営住宅家賃・県営住宅駐車場使用料の減免=住宅供給公社県営住宅課022(222)1403▽被災建築物の復旧に関わる建築確認等の手数料の減免=建築宅地課建築指導班022(211)3243▽流水占用料、海岸占用料等の返還=河川課水政班022(211)3172▽支援物資運搬船などへの港湾施設等に関する使用料、水域等占用料、入港料の減免=港湾課港政班022(211)3212。
 ○NPO法人仙台夜まわりグループは2日正午から、仙台市青葉区五橋の五橋公園で炊き出しを行う。鶏入りみそ汁、ご飯、漬物の約500食を無料で提供する。支援物資の衣類や食料品も配布する。連絡先は090(9423)5697。
 ○温泉付き別荘地「蔵王山水苑」(宮城県蔵王町)は苑内の別荘や共有施設に被災者を受け入れる。定住者がいる別荘にはホームステイのような形で滞在してもらう。共有施設には数カ月の滞在が可能。空き別荘の活用も考えており、所有者らと調整中。連絡先は0224(34)2341。
 ○隣人塾(仙台市)は、被災した中高生と高校既卒生に、無料で個別学習指導を行う。進学先の学校や予備校が再開できず待機状態になっている新中高生と浪人生、休校が続いて学習が進められない在校生が対象。4月末まで1人につき2時間の授業を4回行う。青葉区中央の同塾で。電話やメールを使った指導もある。約40人まで受け入れ可能。連絡先は090(6104)3555。
 ○GANBARO↑MIYAGI宮城復興支援センター(仙台市)は2日、宮城県内4カ所で炊き出しを行う。正午から行うのは3カ所で、ベイサイドアリーナ(南三陸町)が2000人分、亦楽小(七ケ浜町)が300人分、南小泉中(仙台市)が200人分。午後5時からは蒲町中(同)で300人分を用意する。シュートボクシング協会(東京)などの協力を得て実施する。連絡先は022(256)2231。
 ○日本食肉協会東北・北海道ブロックは3日正午から、気仙沼市総合体育館で、カレーライス2000食分の炊き出しを行う。同日夜には、石巻市災害対策本部にレトルトカレーと米をそれぞれ2000食分届ける。連絡先は090(1497)4217。
 ○不動産サイト「東京ROOMS23区」を運営するITNetコミュニケーションズ(東京)はアパートなどの物件探しのため東京と被災地(宮城、岩手、福島、茨城)を往復する無料マイクロバスを運行している。進学や就職、避難などで東京に引っ越す被災者が対象。利用者の希望に沿って運行日程などを決める。東京で不動産業者への送迎にも可能な限り応じる。住所、氏名、年齢、連絡先、事情や希望を書いて電子メールsupport@rooms23.jpへ申し込む。連絡先は03(5308)2370。
 ○東北財務局(仙台市)は、仙台市青葉区の藤崎一番町館6階に被災者向けの金融相談窓口を新設した。預金、融資、証券、生命・損害保険などの相談に応じる。4月は祝日を除く月、金、日曜の原則午前10時〜午後3時に受け付ける。連絡先は022(721)7078。
 ○中小企業基盤整備機構は1日、福島市に「中小企業震災復興・原子力災害対策経営支援センター」を開設した。事業所の復旧や移転、風評被害対策などの相談を受け付ける。設置場所はコラッセふくしま5階。連絡先は090(5763)6355。
 ○山形県は震災で自宅を失うか、福島第1原発事故で避難指示を受けた被災者を対象に、県営住宅の入居申し込みを8日まで受け付けている。
 申請は2人以上(被災者同士のルームシェアも含む)で入居でき、入居者に乳幼児か妊婦、障害者、高齢者が1人以上いることが条件。山形市や酒田市などの県営住宅30戸を提供する。同じ住宅に複数の申し込みがあった場合は抽選。郵送申し込みの場合は8日午後5時必着。連絡先は山形県建築住宅課023(630)2637。
☆公的サポート〜ひと口メモ/生活再建支援制度
 自然災害で居住していた住宅が全壊するなど、生活基盤に著しい被害を受けた世帯に対し、被災者生活再建支援法に基づき、被害程度と再建方法に応じた支援金を支給する。
 支援金は、「基礎支援金」として(1)住宅全壊世帯(2)住宅が半壊または敷地に被害が生じ、住宅を解体した世帯(3)住宅に住めない状態が長期間継続している世帯―に100万円、大規模な補修が必要な世帯に50万円が支払われる。
 さらに、住宅を建設・購入する際は200万円、補修は100万円、公営住宅以外の賃借は50万円が「加算支援金」として支給される。世帯人数が1人の場合は、各該当金額の4分の3になる。
 申請窓口は各市町村。基礎支援金は、罹災(りさい)証明書や住民票などを添付し、災害発生日から13カ月以内に申請する。加算支援金は、住宅の購入や賃借の契約書などが必要。申請期間は発生日から37カ月以内。」(全文)


 
>TOP

◆仙台市、仮設436戸の概要公表
(河北新報 2011年4月2日)
http://www.kahoku.co.jp/news/2011/04/20110402t11051.htm
「仙台市は1日、住宅を失った被災者に、県が現時点で提供できる見通しがついた市内の仮設住宅436戸の概要を公表した。
 提供される住宅のタイプと戸数は、太白区のあすと長町地区で建設が始まった第1次着工のプレハブ住宅119戸(1DK24戸、2DK71戸、3K24戸)と、第2次着工分の114戸。
 このほか、上原(青葉区)、西中田(太白区)など市営住宅78戸(1DK〜3DK)、将監住宅(泉区)、折立住宅(青葉区)など県営住宅35戸(2K〜4DK)、若林区南小泉のJR東日本社宅90戸を予定している。
 市は近日中に各避難所を回って説明会を開き、募集要項を配布。5月上旬の入居開始を目指す。高齢者、障害者、乳幼児や妊産婦がいる世帯を優先する。地域コミュニティー単位での入居もできるよう配慮する。
 市は宮城野区の仙台港背後地、若林区荒井の両土地区画整理事業地にもプレハブ住宅を整備するよう、県に要請している。民間賃貸住宅は県が業界団体と調整している。
 市は1日、仮設住宅に関するコールセンターを開設した。連絡先はフリーダイヤル(0120)055150=午前8時半〜午後5時=。」(全文)


 
>TOP

◆希望新聞:東日本大震災 遠くの被災地より 嘉田眞典さん
(毎日新聞 2011年4月2日)
http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110402ddm012040043000c.html
「◇「聞こえない人がいる」配慮を−−阪神大震災で聴覚障害持つ被災者を救援した県立聴覚障害者情報センター所長・嘉田眞典さん(46)=兵庫県三田市
 阪神大震災発生の5日後、聴覚障害者救援対策本部をつくりました。被災した聴覚障害者のなかには、通信手段として重要なファクスが壊れたり、補聴器をなくした人がいました。避難所でも物資配給などの情報を入手できず、周囲の人とのコミュニケーションもうまくできていないことが分かりました。
 聴覚障害者は被災者全体の中でも少数のため、直面している困難になかなか気付いてもらえません。私たちのような当事者が立ち上がることが重要です。
 聴覚障害者のニーズに応えるには手話通訳者の支援が必要でしたが、神戸では手話通訳者自身も被災した人が多く、私たちは兵庫県と交渉し、全国の手話通訳者に協力を要請してもらいました。多くの手話通訳者が神戸に来て、区役所の窓口に座ってくれました。
 また、私たちは、聴覚障害者への情報運搬役になりました。罹災(りさい)証明のもらい方や仮設住宅の募集など、大切な情報を手作り新聞にまとめ、聴覚障害者の家に配ったり、避難所に掲示しました。中には文章を読むのが苦手な人もいますので、絵を入れたり、文章を短くするよう心掛けました。
 東日本大震災で被災した聴覚障害者の中には、避難所にいる人も多いと思います。周囲の人が情報を紙に書いたり、身ぶり手ぶりで伝えてほしい。行政の人も、他の被災者の人も「聞こえない人がここにいる」と配慮してくれると助かるのです。【聞き手・川口裕之】」(全文)


 
>TOP

◆希望新聞:東日本大震災・サポート情報 1日現在
(毎日新聞 2011年4月2日)
http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110402ddm035040006000c.html
「◇入浴
 営業時間などは通常とは違う場合がある。
 <岩手県>
 新山根温泉べっぴんの湯=久慈市山根町下戸鎖4の5の1電話0194・57・2222▽健康ランド古墳ノ湯=同市長内町35の113の3電話0194・61・3232▽花の湯=釜石市野田町1の1の34電話0193・25・0268
 <宮城県>
 ◇仙台市
 パワー温泉リフレ泉パークタウン店=泉区高森4の2の608電話022・777・2615(前日から翌日分の整理券配布)▽極楽湯仙台南店=太白区西多賀5の24の1電話022・243・4126▽汗蒸幕のゆ=泉区市名坂南前67の1電話022・776・7077
 ◇仙台市外
 極楽湯名取店=名取市田高原463電話022・383・1126▽とみや大清水ゆっぽ=富谷町大清水1の32の3電話022・348・0526▽ベルサンピアみやぎ泉=大和町小野前沢31の1電話022・346・2121▽遠刈田温泉の日帰り温泉=蔵王町観光協会電話0224・34・2725▽鳴子温泉郷(大崎市)の日帰り温泉=鳴子観光・旅館案内センター電話0229・83・3441
 ◇給水
 復旧状況や給水に関する主な自治体の窓口は以下の通り。給水を受けるポリタンクなどの容器は持参する。
 <岩手県>
 宮古市上下水道事業所電話0193・63・1115▽大船渡市水道事業所電話0192・27・3111
 <宮城県>
 仙台市水道局コールセンター電話022・748・1111▽気仙沼市ガス水道部電話0226・23・9900▽石巻市・東松島市(石巻地方広域水道企業団)電話0225・95・6711▽多賀城市上水道部電話022・368・1141▽塩釜市水道部電話022・364・1411、1412▽名取市水道事業所電話022・384・2111▽松島町災害対策本部電話022・354・5701▽利府町上下水道課電話022・767・2111▽富谷町災害対策本部電話022・358・3111▽亘理町安全対策班電話0223・34・1111▽七ケ浜町水道事業所電話022・357・7456▽山元町上下水道事業所電話0223・37・1120▽蔵王町上下水道課電話0224・33・3000
 <福島県>
 相馬市・新地町(相馬地方広域水道企業団災害対策本部)電話0244・35・1020▽南相馬市水道課電話0244・24・5271▽いわき市水道局電話0246・22・9310
 <茨城県>
 神栖市水道課電話0299・90・1164
 ◇炊き出し
 <いわて生活協同組合>
 牛丼計1万食を避難所で配る。牛肉は全国肉牛事業協同組合から提供された720キロ。
 2日は3250食を2市の計17カ所で。【大船渡市】昼食=大船渡中、大船渡北小、リアスホール▽夕食=赤崎地区公民館漁村センター、蛸の浦地区公民館など【宮古市】昼食=愛宕小▽夕食=鍬ケ崎小、浄土ケ浜パークホテルなど。
 3日は山田町、9日は大槌町、10日は陸前高田市で。
 2日には陸前高田市広田地区で食料品などの移動販売も実施。12時過ぎ〜16時ごろ。電話019・687・1321。
(2、3日)
 ◇医療
 <岩手県>
 県立大船渡、県立釜石は救急のみ
 <宮城県>
 ◇仙台市
 県庁前赤十字社診療テントの開設は3日まで
 ◇仙台市外
 石巻赤十字は救急の重症のみ▽気仙沼市立は救急のみ
 <福島県>
 問い合わせは県地域医療課電話024・521・7221
 <茨城県>
 救急医療情報システムで病院案内電話029・241・4199
 ◇福祉
 □精神保健
 NPO法人「地域精神保健福祉機構」(コンボ)などは被災地の精神科のある病院の状況サイト(http://assertivecommunitytreatment.jp/ph/)と、通所施設など精神保健福祉活動の状況サイト(http://www.comhbo.net/cr/)を運営中。現地関係者に書きこんでもらう形式で、情報の更新を求めている。被災地の精神医療情報はあまり発信されておらず、薬の確保や支援活動の現状をつかむのが目的だ。
 サイトは東北6県と関東の一部を県別に閲覧できる。病院情報は病院関係者、精神保健福祉活動は保健師や精神障害者の支援団体による書き込みが進み、患者も参考にできる。診察中の病院は地図に記され吹き出し状のマークをクリックすると電話番号が表示される。
 ◇住
 国土交通省が被災した住宅の補修・再建に関する全般的な相談に応じる窓口を設けた。被災地(青森、岩手、宮城、福島、群馬、栃木、茨城、千葉、新潟、長野の各県)専用のフリーダイヤルのほか、被災主要都市に対面相談窓口をつくる。専門の検査員が現地で住宅の無料診断なども行う。窓口は仙台市と青森県八戸市に1日に開設。岩手、茨城、福島各県へも順次拡大する。対面相談の予約もフリーダイヤルで受け付ける。電話0120・330・712または電話03・3556・5147(日曜・祝日をのぞく10〜17時)。
 岩手、宮城、福島各県の建築士事務所協会も、被災住宅の修復、概算費用に関する無料相談窓口を設けている。いずれも平日のみで、岩手電話019・651・0781▽宮城電話022・223・7330▽福島電話024・521・4033。
 ◇その他
 □メガネ
 メガネ・パリミキ(中尾文彦社長)は、メガネやコンタクトレンズをなくした被災者向けに避難所巡回を行っている。視力を測定し、既製品から比較的合った眼鏡(近視、遠視、老眼)を選んで無償提供。基礎化粧品(クレンジング、化粧水等)も配っている。4月以降の巡回予定は以下の通り。
 <岩手県>
 ◇山田町
 4日=山田南小(11〜17時)
 ◇宮古市
 2日=津軽石小・中(11時〜13時半)赤前小(14時半〜16時半)▽3日=愛宕小(11〜14時)宮古北高(15〜17時)▽13日=鍬ケ崎小(11時〜13時半)宮古二中(14時半〜16時半)
 ◇陸前高田市
 2日=下矢作多目的研修センター(11時〜12時半)和野会館(13時半〜14時半)サンビレッジ高田(15時45分〜16時45分)▽3日=米崎小(11時〜13時半)▽松峰公民館(13時半〜14時半)▽華蔵寺(15時45分〜16時45分)▽15日=長部町小(11時〜13時半)広田小(14時半〜16時半)
 ◇大槌町
 6日=安渡小(11時〜13時半)寺野弓道場(14時半〜16時半)▽11日=吉里吉里小(11〜13時)吉祥寺(14〜15時)大槌町役場かみよ稲穂館(16〜17時)
 ◇釜石市
 7日=中妻体育館(11時〜13時半)釜石中(14時半〜16時半)8日=尾崎小(13〜16時)
 <宮城県>
 ◇石巻市
 2日=中里小(10時半)開北小(14時)
 ◇亘理町
 4日=亘理小(10時半)逢隈小(15時)▽5日=吉田小(10時半)亘理中(15時)▽6日=亘理高(10時半)逢隈中(15時)
 <福島県>
 ◇二本松市
 2日=戸沢住民センター体育館(11時)新殿地区体育館(終了後)
 今後の予定はお客様センター電話0120・199・101。
 □労働相談
 全国のハローワークは「震災特別相談窓口」を設けている。仕事や賃金、内定取り消しなどの相談に応じるほか、社宅・寮付きの仕事なども紹介。労働局や労働基準監督署の「緊急相談窓口」は、地震に伴う休業、労働保険や労災補償などの対面相談に応じている。岩手労働局は総合労働相談コーナー電話0120・980・783(9〜17時)、宮城労働局は助成・雇用保険電話022・299・8061、賃金・解雇・労災保険など電話022・299・8838(9〜16時)。福島労働局は被災者ホットライン電話0120・536・088(9〜16時)。
 □中小企業相談
 中小企業庁は、3月から開設していた「中小企業電話相談ナビダイヤル」(電話0570・064・350、9時〜17時半)を継続する。最寄りの経済産業局中小企業課につながり、資金繰りなどの相談に応じる。融資や保証に関する相談は、日本政策金融公庫のフリーダイヤルで国民生活事業電話0120・220・353、中小企業事業0120・327・790(ともに9〜17時)。平日は電話0120・154・505(9〜19時)。
 □金融機関
 今週末、被災者への預金払い戻しなど臨時の対応をする店舗。
 ◇郵便局(ゆうちょ銀行
 遠野▽久慈▽ゆうちょ盛岡▽仙台中央▽鹿島▽小名浜▽いわき鹿島▽高久▽ゆうちょいわき▽ゆうちょ福島−−の10店で2、3日10〜14時。車両型の移動郵便局15台も岩手、宮城県内に11〜14時に配置予定。
 ◇JFマリンバンク
 JF岩手信漁連本店=2、3日10〜14時▽JFみやぎ本所、塩釜総合支所、気仙沼地区支所、七ケ浜支所=2、3日9〜15時▽JFいわき市漁協=2日のみ9〜12時、JF相馬双葉漁協=2、3日10〜14時
 □教育支援
 大手予備校は、保護者が亡くなった▽家屋が居住不可能▽避難生活が長期になる見通し−−の入学希望者の入学金や授業料の最大全額を免除する。入寮希望者は実費を除いた寮費を全額免除。罹災(りさい)証明書のコピーなどが必要。
 駿台予備学校は30日締め切りだが、被災状況によって相談に応じる。同校電話0120・55・2418。河合塾は福島第1原発周辺から避難した場合でも市町村の罹災証明書があれば対象。8月31日締め切り。問い合わせは入塾を希望する各校舎へ。代々木ゼミナールは5月31日締め切り。問い合わせは入学を希望する各校舎へ。
 ◇移転し役所と連絡先
 <岩手県>
 ▽陸前高田市
 市学校給食センター北側仮庁舎 電話042・529・0094
 ▽釜石市
 市教育センター 電話0193・23・2420
 ▽大槌町
 町中央公民館 電話080・1851・4911
 <宮城県>
 ▽女川町
 女川第二小学校 電話0225・54・3261
 ▽南三陸町
 町総合体育館ベイサイドアリーナ 電話0226・47・1131
 <福島県>
 ▽広野町
 小野町民体育館 電話0247・72・6246
 ▽楢葉町
 会津美里町本郷庁舎 電話0242・56・2155
 ▽富岡町
 ビッグパレットふくしま 電話024・946・8813
 ▽川内村
 ビッグパレットふくしま 電話024・946・8828
 ▽大熊町
 田村市総合体育館(4日まで) 電話0247・82・1549
 ※5日から会津若松市役所追手町第2庁舎
 ▽双葉町
 埼玉県加須市・旧県立騎西高 電話0480・73・6880
 ▽浪江町
 二本松市役所東和支所 電話0243・46・4736〜9
 ▽葛尾村
 会津坂下町・川西公民館 電話0242・83・2651
 □主な問い合わせ先□
 ○行方不明者相談ダイヤル
岩手県警 0120・801・471
宮城県警 022・221・2000
福島県警 0120・510・186
 ○ライフラインなど
NTT災害用伝言ダイヤル 171
東北電力         0120・175・366
 ○医療
 <放射線被ばく相談>
▽文部科学省健康相談ホットライン 0120・755・199(9〜21時)
▽放射線医学総合研究所相談窓口  090・5582・3521▽090・4836・9386▽080・2078・3308など計6回線で対応(9〜21時)
 <人工透析>
 ▽岩手県
 人工透析相談窓口 019・629・5471
 ▽宮城県
 仙台社会保険病院 022・275・3111(かかりつけ医が対応していない場合のみ)
 ▽福島県
 県地域医療課窓口 024・521・7221
 <その他>
日本医師会         03・3946・2121
日本糖尿病協会       0120・151・721
てんかん支援ホットライン  054・245・5446
アレルギー支援ネットワーク 052・485・5208
 ○生活支援
日弁連電話相談        0120・366・556(平日10〜15時)
あしなが育英会        0120・77・8565(遺児らに特別奨学一時金を支給)
心の相談緊急電話       0120・111・916(13〜22時。日本臨床心理士会など)
いのちの電話震災ダイヤル   0120・556・189(4月9日まで毎日8〜22時)
チャイルドライン支援センター 0120・99・7777(月〜土16〜21時)
多文化共生マネージャー全国協議会
 ▽英語 080・3503・9306(他に中国語、スペイン語などの窓口あり)
 <視聴覚障害者向け>
 「全日本ろうあ連盟」や「全国盲ろう者協会」がウェブサイトで支援情報などを提供。
 ○省庁
行政相談(東北管区行政評価局) 0120・511・556
    (茨城行政評価事務所) 0120・188・571
金融相談(東北財務局)     022・721・7078
農林水産業の被害相談(農水省) 0120・355・567
 ○金融機関など
岩手銀行               0120・064・626
七十七銀行              0120・78・1177
東邦銀行               0120・104・157
ゆうちょ銀行             0120・108・420
東北労働金庫             022・723・1111
住宅金融支援機構           0120・086・353
日本政策金融公庫           0120・154・505
そんがいほけん相談室(日本損保協会) 0120・107・808または03・3255・1306
 ○交通機関
JR東日本    050・2016・1600
JAL(国内線) 0570・025・071
ANA(国内線) 0570・029・222
 ◇ツイッターでも随時発信
 ツイッター(@mainichi_kibou)でも、被災した皆さんへのサポート情報や、各地の支援の動きを随時発信しています。これまでのツイートはこちらで検索できます。
 http://bit.ly/frO91P」(全文)


 
>TOP

◆障害者苦難の避難 いわきから横浜、長野へ一時石狩にも
(北海道新聞 2011年4月2日)
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/282940.html
「福島第1原発から約50キロの福島県いわき市内の社会福祉施設の障害者が石狩市に一時身を寄せるなど、県外に集団で移った。「これほど遠距離の障害者の集団避難は極めて異例」と専門家。別の施設では職員が避難し、高齢者が十分な介護を受けられない事態も起きた。未曽有の震災は「災害弱者」を苦しめている。(報道本部 細川伸哉)
 集団避難したのは、社会福祉法人「いわき福音協会」(海野洋理事長)が運営するいわき市内のグループホームなどで暮らす知的障害者約150人。
 同協会は断水や停電で障害者がホームで自立して生活するのは困難と判断。福島第1原発事故の「屋内退避指示区域」(半径30キロ)が、さらに広がった場合も考慮したという。
 避難は大きく3陣に分かれ、第1陣は4〜9歳の子供を含む障害者5人と職員ら8人が3月16日までに、別の職員の実家がある石狩市厚田区へ。第2、第3陣各70人はそれぞれ、24日までに横浜市など神奈川県内と長野県駒ケ根市の施設へ避難し、石狩市の8人も29日に横浜市の施設に合流した。
 同協会の藁谷(わらがい)健一事務局長は「今回の避難先は日ごろからつながりがあり、協力が得られた」と話す。
 移動手段は飛行機やバス、船などで、障害者の集団行動は苦労の連続だった。同行した職員の星美枝子さん(41)は「長年、施設で暮らす障害者は健常者のように親類宅などに身を寄せることが難しい」と説明。藁谷事務局長は「避難の理由が理解できない障害者に何度も繰り返し説明しながら移動した」と振り返る。
 一時石狩市に避難していた障害者100+ 件の女性は「早くいわき市に帰りたい」と話すが、同協会は「避難期間は原発の状況次第」という。
 一方、いわき市内の特別養護老人ホームでは震災直後、介護職員36人のうち3分の2と一時的に連絡がとれなくなり、高齢者の介護に手が回らなくなった。このため、入所者80人のうち約30人を同ホームを経営する病院や家族宅に避難させ、残った約50人の介護は3分の1の職員が泊まり込みで対応した。
 連絡が取れなくなった職員は放射線の影響を恐れ、子供と市外に避難したり、保育園の休園で自宅を離れられない、などの事情があった。現在は自宅が被災した1人を除く全員が職場に復帰し、入所者も戻ったが、災害時の職員の確保という大きな課題が残った。
 災害弱者の避難対策を研究している同志社大の立木茂雄教授(福祉防災学)は「たとえ遠距離でも集団で安全な場所に移れたことは避難の成功例といえる。また、職員が職場に来ることができないケースは他の大災害でも見られ、こうした状況も予測した上で災害時の対応を考えておく必要がある」と話している。 」(全文)


 
>TOP

◆【静岡】被災者に無償住居を 善意の仲介に民間活躍
(中日新聞 2011年4月2日)
http://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/20110402/CK2011040202000128.html
「行政 トラブル恐れ二の足
 被災者に無償提供できる住宅情報を集めたホームページ
 東日本大震災で家屋や家族を失った被災者のために、アパートの空き部屋や自宅の一室を無償で提供したいという善意が静岡県内にも広がっている。だが両者を仲介する手段が少なく、県内の自治体は後々のトラブルを恐れてか、窓口を設置しているのは一部。代わりに民間団体が役割を担っている。 (報道部・原田遼)
 「一時の義援金ではなく、長い期間で支援をしたい」。浜松市北区の不動産管理業の男性(69)は友人3人と被災者支援を提案。4人でアパート6部屋を借り上げ、1年間、被災者に無償で使ってもらおうと考えた。
 だが男性が窓口となってくれるように県や浜松市に電話をかけたところ「対応していない」と、相談に乗ってくれなかったという。結局4人は住居の提供を断念し、義援金の支援に切り替えた。
 県内で民間住宅の提供の仲介をしているのは3月末までに三島市、掛川市など6市町。提供の希望者の情報を集め、被災者から問い合わせがあった場合に紹介をしている。
 県住まいづくり課は「住居の無償提供の申し出は県にも届いている。仲介ができるかは調整中」とした上で、「トラブルが発生した際の対応」を課題に挙げた。
 仲介には一定の責任が生じる。契約内容、退去時期、ペットや障害者の有無などをめぐり、家主と被災者で後々トラブルが起きることも予想される。善意につけ込んだ被災者のなりすましもありえる。
 県外でも京都市や広島県などで民間住宅の仲介をしているが、対応を決めかねている自治体がほとんどだ。
 その代わりに活躍しているのが業界団体やNPO。静岡県宅地建物取引業協会(静岡市)は先月18日、会員の業者に呼び掛け、被災者に仲介料無料で対応できる物件を募集。ホームページで家賃有り、無しを含めた約800件の情報を公開している。
 NPO活動の調査、研究をする第一総合研究所(東京都)は全国から無償で提供できる住宅情報を集めた専用ホームページ「震災ホームステイ」を19日に開設。3月末までに静岡県を含めた全国から約480件の登録があり、間取りや入居可能期間、家主との同居の有無、ペット連れの可否など細かく条件を掲載。社員が電話で家主、被災者に互いの希望に添うかどうかを確認した上で引き合わせ、24件で入居の希望があった。
 橘民義代表は「仲介には気を付けても、トラブルのリスクはある。だがそれよりも緊急性を優先した」と、強調。「行政が窓口となるより、個人個人の細かい希望に沿った支援ができる」と、民間で行う意義を話した。」(全文)


 
>TOP

◆障害者支え合い 仙台市の団体、会議用品など配達
(日本経済新聞 2011年4月2日)
http://www.nikkei.com/life/news/article/g=96958A9C93819695E1E3E2E6868DE2E0E2E6E0E2E3E39180E2E2E2E2;da=96958A88889DE2E0E3EAEAE7E6E2E0E3E3E0E0E2E2EBE2E2E2E2E2E2
「東日本大震災で被災した障害者に、現地では手に入りにくい介護、衛生用品などの救援物資を届けるため、仙台市の身体障害者団体「CILたすけっと」が活躍している。陣頭指揮を執る副代表、杉山裕信さん(44)も脳性まひのため移動の際は車いすを使う。「支援の手が届かない障害者を生まないため、障害者ならではの視点で支援したい」と力を込める。
 家電製品や食器類が散乱する部屋の中で、足に障害があり、身動きが取れなく…(会員登録)なった仙台市太白区の50代女性から1本の電話が3月末、「たすけっと」の事務所にかかった。杉山さんら4人が水6リットルと栄養用品等を持って現場に急行すると、女性は「ヘルパーさんも被災して、買い物にも行けなかった。ありがとう」と目を潤ませた。
 「たすけっと」は身体障害者15人を含む30人の団体。被災地への物資の配達を17日から始め、31日までに宮城県内約110カ所に物資を届けた。物資は全国の障害者団体から届けられたほか、メンバーが病院などを回って集めたものだ。
 杉山さんが配達を始めたのは、震災直後に養護学校時代の同級生の安否確認をしたのがきっかけ。「自宅を片付けられない」「避難所におむつが届かない」「エレベーターが止まり、家に帰れない」と次々と窮状を訴えた。「障害者を支える人たちが被災し、障害者が生きるための生活がままならなくなった」と話す。
 同じころ、交友関係にあった全国の障害者団体から介護用おむつなどの介護用品、消毒液などの衛生商品などの救援物資が次々と届いた。家が崩れ、事務所に避難したメンバーらを指揮して、被災地の役場などにチラシを貼って回ることを決めた。
 ほどなく被災地からの電話が鳴り続け、不眠不休で物資を配送する日々。当初は避難所からの要望が多かったが、徐々に自宅で被災した障害者からの依頼も届き始めた。杉山さんは「避難所から自宅に戻っても、ヘルパーなどの支援が得られない状態は当分変わらない。これからが本番」とスタッフに発破をかける。
 「避難所で肩身の狭い思いを続けたり、トイレの悩みを人に言えなかったり、自分たちだからこそ、行った先で気づいてあげられることもある」。事務所に積み上がった介護用おむつの前で、杉山さんは力強くはなした。」(全文)


 
>TOP

◆被災地の盲導犬、実態知って…支援の募金設置
(読売新聞 2011年4月2日)
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=38978
「東日本大震災で大津波にのみこまれた日本盲導犬協会のPR犬が行方不明になり、関係者たちは行方を案じながら「被災地の視覚障害者と盲導犬について知ってほしい」と1日、「盲導犬ハート募金」を設立した。(宮沢輝夫)
 PR犬はオスのラブラドール・レトリバーで名はヴィンスという。ボランティアで飼育していた宮城県名取市閖上、主婦橋浦洋子さん(60)は、あの日自宅で避難しようとしていた時、ごう音とともに津波に流された。気がつくと家ごと約700メートル流されていた。屋根裏で一晩過ごして救助されたが、同じ家にいた初孫の直人ちゃん(7か月)は遺体で発見された。次女の由里子さん(27)や義母のたへさん(88)、そしてヴィンスは行方不明のままだ。
 ヴィンスは日本盲導犬協会の仙台訓練センターを拠点に活躍していた。地震前日の3月10日で5歳になったばかり。今春、日本獣医生命科学大に進学する川崎市多摩区の本沢まい香さん(18)は、近所にヴィンスを1歳まで育てたパピーウオーカーの小池とも子さん(58)がいた縁で獣医師を目指すようになったといい、「飼い主に忠実で責任感が強いあの子が誇り」と話す。
 日本盲導犬協会によると、岩手、宮城、福島県などの被災地域では視覚障害者と盲導犬55組が暮らし、うち4組が福祉施設などで避難生活を送っている。このほか仙台訓練センターの盲導犬候補の幼犬などは横浜市などへ避難している。
 盲導犬は普段、交差点や段差の前で立ち止まったり、道路の端に寄って歩いたりして視覚障害者の安全を確保する。しかし、被災地では道路の形状が変わり、歩道に車が放置されるなど障害物も多い。信号機が停止した場所も多いため、視覚障害者と盲導犬の心身への負担は大きくなるという。
 このため、同協会は被災地の盲導犬利用者のもとに訓練士を派遣するほか、避難所での視覚障害者の実態調査をする予定だ。1日に設置した募金はその資金に充てるという。同協会は「ヴィンスは東北地方の盲導犬のシンボル的な存在。今こそその働きぶりを見習わなくては」と話している。
 盲導犬ハート募金の振込口座や領収証の発行方法など詳細は日本盲導犬協会のホームページなどで掲載。問い合わせは、同協会普及推進事業部チャリティデスク(0800・100・3911)。」(全文)


 
>TOP

◆14温泉で被災者受け入れ可能
(十勝毎日新聞 2011年4月2日)
http://www.tokachi.co.jp/news/201104/20110402-0008608.php
「【音更】町が独自に取り組む、東日本大震災被災者の一時宿泊支援事業の内容が固まった。十勝川温泉観光協会に加盟する14宿泊施設が同事業への参加を決定。被災者が町内の受け入れ場所に入居するまでの準備支援と、心身の休養を目的に、これら宿泊施設の利用について1泊(3食付き)5000円分を町が補助する。被災者は原則無料で利用できる。実施は今月から来年3月末まで。
 音更では、町が町内にテストコースを持つ三菱自動車工業(東京)の協力で、雄飛が丘の独身寮70室を被災者に無償で提供しており、3月28日に福島第1原発の周辺町から2家族7人が入居した。また、NPO法人が身体障害者2人を介護の家族と一緒に受け入れる準備を整えている他、個人から住宅提供の申し出もある。町内の実家に身を寄せている被災者の情報もある。
 一時宿泊支援事業は、これら町内で受け入れた被災者に、世界でもまれなモール温泉がある町として、一時避難の合間に環境の整った宿泊施設を無償で提供し、心身を癒やしてもらう狙い。
 宿泊する場合、罹災(りさい)証明書など被災地から来たことが分かる証明を町防災係に届け出て、町が「被災者受け入れ対象者証明書」を発行。被災者がこれを宿泊施設に提示すると、原則1泊3食が無償になる。宿泊施設側で設定した被災者向けプランを上回るサービスは有料。利用できる日数は、受け入れ場所に入居する前の準備期間として最初の月が4日、翌月以降は月1日とし、最大15日まで。
 町は町内で受け入れる被災者を、同独身寮の70人と民間受け入れ50人の計120人と想定。1日当たり5000円の15日分として900万円を、町十勝川温泉観光協会を通じて助成する。
 道も同様の被災者向け宿泊助成を実施するが、地域全体で1000人以上の収容を確保することや、公営住宅への入居が前提など条件が合わず、同協会としては町が独自に進めていた事業と連携、支援していくことを決めた。」(全文)


 
>TOP

◆被災者の住宅希望、近隣・首都圏に集中 供給不足も
(朝日新聞 2011年4月2日)
http://www.asahi.com/national/update/0401/TKY201104010201.html
「政府や自治体による東日本大震災の被災者に向けた公的住宅の無償提供で、需要が近隣の東北地方や首都圏に集中している。すでに募集を始めた首都圏では、供給戸数が足りない事態も起こり始めている。
 無償提供される住宅数は1日現在、全国で計4万4千戸。
 都市再生機構(UR)は東京、神奈川、千葉、埼玉、茨城の首都圏の1都4県で半年間、無償で入居できる780戸を用意した。しかし、募集は3月22日の開始から1週間で終了。国が優先的に入居させるよう求めている高齢者や乳幼児、妊婦、障害者らを含む世帯からの申し込みだけで、すべての空き室が埋まった。
 URの担当者は「被災地からの近さや交通の便の良さ、関東に親族がいるといった理由が考えられる。首都圏での提供戸数を増やせないか検討している」と話す。
 都道府県が窓口となる公営住宅でも、600戸に1622世帯が応募した東京都のほか、神奈川県でも100戸の募集に471世帯が応募した。8日に抽選を予定している埼玉県でも159戸の募集にすでに279世帯から申し込みが寄せられている。
 4万4千戸の内訳は、自治体の公営住宅約1万9千戸▽URの賃貸住宅約2600戸▽国家公務員の宿舎約9500戸▽雇用促進住宅約1万3千戸。地域別でみると、東北6県は計2129戸と少ない。ほかに関東1都6県が9079戸。関西2府4県が9270戸、東海3県が4040戸などとなっている。
 避難者の数は1日現在でも17万人を超えている。 」(全文)


 
>TOP

◆東日本大震災:視覚障害者の被災 実態把握できず
(毎日新聞 2011年4月2日)
http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110403k0000m040044000c.html
「東日本大震災の津波で大きな被害を受けた岩手県沿岸部で、視覚障害者の実態把握がはかどらず、関係者らは危機感を強めている。身体障害者手帳を持つ視覚障害者は沿岸12市町村だけで約1200人。避難生活で支援が不可欠だが、同県視覚障害者福祉協会などによると、行政も実態をほとんど把握していないのが現状という。
 同協会によると、沿岸部に居住する会員74人のうち、3月末までに50人の無事を確認した。しかし、会員以外の大半の人は安否すら確認できないという。
 同月下旬に同県宮古市で避難所を8カ所回るなどして調査した視覚障害者向けのラジオ局・JBS日本福祉放送の川越利信・事業本部長によると、確認できたのは身障者手帳を持つ178人のうち11人で、同会会員以外は3人にとどまった。市役所も被災したため、職員も障害者のデータを取り出せない状況だった。
 デイサービス施設には、避難所で保健師に発見されて移ってきた男性(78)がいた。「トイレが仮設のため介助してもらうのに気を使う」とこぼし、「目が見えない人間は周りに迷惑を掛けるだけ」と話したという。街は歩道に傾いた建物がせり出し、がれきもあるため、障害者が自由に移動できる状態ではなかった。
 川越さんは阪神大震災の際、約1200人のボランティアらと点字図書館などの利用者情報を基に障害者を探し出し、生活物資の提供などに取り組んだ。
 今回も関西の支援団体などと「東日本大震災視覚障害被災者支援ネットワーク」(大阪市)を設置。「被災エリアの広さも現状把握を困難にしている要因」と分析し、今後は被災地で活動する各団体とネットワークを組むなどの方法を模索しながら現地入りして安否確認を続ける方針だ。【内田幸一】」(全文)


 
>TOP

◆福祉避難所40か所、高齢者・障害者ら受け入れ
(読売新聞 2011年4月2日)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110402-OYT1T00745.htm?from=navr
「東日本大震災で、被災した高齢者、障害者、妊婦らが避難生活を送る「福祉避難所」について、岩手、宮城県内を中心に、少なくとも6自治体が約40か所に開設していることが2日、分かった。
 家族らを含む約290人が入所、一般の避難所では支障のある災害弱者の支援拠点となっている。
 在宅の要介護高齢者らを対象に、専門の介助員を配置した福祉避難所は、福祉施設のほか、一般の避難所の一角などに、都道府県や市町村が開設する。1995年の阪神大震災の際、高齢者などのケアが不十分で、「災害関連死」が相次いだのを教訓に創設された。
 地震直後から、30か所の福祉避難所を順次開設した仙台市では、一般の避難所で看護師や保健師らが援護が必要と判断した人など計250人を受け入れてきた。現在、約120人が生活している。市内の宮城野障害者福祉センターに設置された福祉避難所には、認知症の高齢者、身体・知的障害を持つ人ら13人が避難。寝室としている部屋には、床での生活が困難な人のため4台のベッドを入れたほか、体を動かす機会が減り、心身の機能が落ちる「生活不活発病」の予防のため、食堂ホールで絵を描いたり、折り紙をしたりして日中を過ごす。介護事業者などからの支援も受け、看護・介護の専門職で夜勤体制を組む。」(全文)


 
>TOP

◆47トピックス 軽ワゴンに7人で生活 障害児を抱える被災者
47news 2011年4月1日
http://www.47news.jp/47topics/e/205931.php
「軽ワゴンに7人で生活 障害児を抱える被災者
 「絶望感だった」。数えるほどの建物の他は一面にがれきが散乱し、夜には火災で空がオレンジ色に染まった。のどかだった故郷は、巨大津波にのみ込まれ廃虚と化した。
 東日本大震災で壊滅的な被害を受けた宮城県南三陸町。堤防からわずか約20メートルの町営住宅に住んでいた大工の佐々木洋志(ささき・ようし)さん(41)一家は、着の身着のままで高台に車で逃げ、家族は全員無事だった。津波は自宅3階にまで押し寄せ、部屋の天井ははがれ落ち、足の踏み場もない。家は住める状況ではなく、避難所の駐車場で車中生活を続ける。
 三男の陣(じん)君(3)は、薬が効かず治療が難しい難治性てんかんを患う。避難生活で発作が多くなり、一時は自衛隊のヘリで仙台市の病院まで搬送された。「泣いたり叫んだりするので迷惑はかけられない」と両親は疲弊した被災者を気遣い、避難所には入らないことに決めた。
 車は小さな軽ワゴン。震災発生直後は嫁いだ長女と孫も含め、最大7人が膝を曲げたまま毛布もない車内で夜を明かした。ガソリンを節約するためエンジンはめったにかけず、結露が凍り付くほどの寒さで熟睡できない。
 住む場所も、大工道具も津波で失った。それでも「育った町だからやっぱり愛着がある。一日も早く仕事を再開して家族を守っていく」と洋志さん。家族と一からまたこの土地で暮らしていく。(写真と文 矢辺拓郎・共同通信写真映像記者)
軽ワゴンの中で毛布を重ね、寒い夜に備える佐々木洋志さん(右端)ら家族=3月29日、宮城県南三陸町
被災した町営住宅前で母親の香さんに抱かれる三男の陣君=3月29日、宮城県南三陸町
高台から壊滅的な被害を受けた宮城県南三陸町を眺める佐々木さん一家=3月29日
バケツリレーでトイレ用の水をプールから運ぶ佐々木洋志さん=3月29日、宮城県南三陸町
冷え込む朝、佐々木洋志さんの吐く息も白い=3月29日、宮城県南三陸町
避難所で風船をふくらます次女の結乃ちゃん。子どもたちも震災後にストレスがたまっている=3月29日、宮城県南三陸町
2011/04/20 15:58」(全文)


 
>TOP

◆DPI日本会議メールマガジン第287号 (DPI日本会議 2011年4月1日) http://archive.mag2.com/0000070263/index.html
「1)3月24日にJDFの緊急要望書第2弾が
 2)3月25日・26日には、都内のCILが中心となって新宿と渋谷で街頭募金活動を行いました。
 3)福島県郡山市では避難所から自宅へ戻った方のために、CILふちゅうのスタッフと、地元ボランティアで家の中の片づけを行いました。
4)滋賀県ぽてとファームのメンバーがいわき市を訪れた際の動画が、YouTubeで公開されています。
5) 東北関東障害者救援本部の専用口座が開設されました。」(見出しのみ)


 
>TOP

◆【東日本大震災】港区が災害対策職員住宅入居者を募集
(産経新聞 2011年4月1日)
http://sankei.jp.msn.com/region/news/110401/tky11040123320021-n1.htm
「東京都港区は1日、東日本大震災の被災者を対象に、災害対策職員住宅4戸の入居者を募集すると発表した。入居期間は9月末まで。
 岩手、宮城、福島の3県から同区内に避難している2人以上の世帯で、家族に65歳以上の高齢者、障害者、人工透析患者、妊婦、乳幼児のいずれかがいるか、6人以上の世帯が条件。
 受け付けは11〜13日。問い合わせは区防災課(電)03・3578・2158。」(全文)


 
>TOP

◆きらっといきる
 「東北関東大震災で被災された障害者に、今、必要な支援は何か。現地の声を届け、阪神・淡路大震災を経験した障害者たちと考える。」
NHK教育 2011/04/01
 http://www.nhk.or.jp/kira/
「」(全文)

 
>TOP

◆避難渋滞、津波被害を拡大 促しても車降りる人少数
(朝日新聞 2011年4月1日)
http://www.asahi.com/national/update/0401/TKY201104010283.html
「東日本大震災の地震の直後、被災各地で渋滞が起こり、車列ごと津波に流されていたことが、生存者らの証言で分かった。車による避難は渋滞を招いて被害を拡大させるという防災関係者の懸念が、車社会を襲った初の大津波災害で現実となった。
 宮城県警によると、津波の被害の大きかった宮城県名取市では地震直後、海岸線に並行して延びる県道の渋滞が確認されている。
 同市に隣接する仙台市若林区の渡辺静男さん(59)は、避難場所の小学校へ駆け足で向かう途中、信号の消えた県道交差点で車が立ち往生しているのを見た。警察官は車をたたいて避難を呼びかけたが、車を捨てて逃げる人の姿は見なかった。小学校に駆け込むと同時に津波が到来。校舎は3階まで水没し、車列が濁流に流されていたという。
 同県石巻市や気仙沼市、岩手県釜石市でも、被災者が渋滞を目撃したり体験したりしている。
 釜石市では、国土交通省の港湾事務所付近の国道が渋滞した。職員によると、同事務所の屋上に避難するよう、同僚が拡声機で車列に向かって叫んだが、応じた人は少数だったという。
 知人の車で避難しようとした気仙沼市の渡部せつ子さん(82)は、渋滞中に濁流にのまれた。車ごと家に乗り上げ助かったが、「車から離れるなんて思い付かなかった」と語る。近所にある魚市場の高さ約10メートルの屋上に避難した約600人は津波の被害を免れた。
 災害時の心理に詳しい東北大の邑本(むらもと)俊亮(としあき)教授は「緊急事態で人は正常な判断力を失い、最初の判断を変えづらくなる。渋滞に巻き込まれても、車を降りる決断は難しいだろう」と言う。
 一方、福島県相馬市の佐藤勇一さん(61)は、車で命拾いした。住んでいた集落はほぼ壊滅。自宅から最も近い高台へは1キロ以上あり、「病気の妻と徒歩で逃げたら、間違いなく死んでいた」という。
 震災では、宮城県だけで約14万6千台の自動車が津波で流された。邑本さんは「避難弱者に車を譲り、自力で逃げられる人は車に頼らないことで、被害は減らせるはず。そんな行動を促す社会教育が急務だ」と話す。(乗京真知、長野剛、荒海謙一) 」(全文)


 
>TOP

◆寝たきり35人と残る 30キロ圏内の病院「ただ逃げろの政府方針は無責任」
(スポーツニッポン 2011年4月1日)
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2011/04/01/kiji/K20110401000542340.html
「福島第1原発から20〜30キロ圏内にある福島県広野町の高野病院は、政府が3月25日に自主避難を促し、他の病院が退避した後も医師らがとどまり、寝たきり患者35人の治療を続けている。「わたしたちが最後のとりで」と事務長の高野己保さん。放射線量を毎日測って安全を確かめながら、患者の命に寄り添っている。
 厚生労働省はこの区域に屋内退避指示が出て以降、入院患者らの災害弱者を圏外へ優先的に移送。高野病院でも入院患者108人中54人が他県に逃れた。他に家族に引き取られた人や地震後に亡くなった人がいて、本人や家族の意向で残ることを希望したのが35人。いずれも容体は重く、動かせば生命の危険がある。人工呼吸器を付けた人もいるという。
 「患者さんがいる限り、医療を続けたい。スタッフは不眠不休でケアしている」と高野さんは話す。残った職員は約30人。地震後、いったん避難した看護師や介護スタッフも「患者さんがいるから」と続々と戻ってきた。中には原発に近い自宅に戻れず、避難所から通う職員もいる。
 町は人影が消えて商店は閉まり、物流は途絶えた。だが近所のスーパーの社長が逃げる前に「店内の商品は自由に使って」と鍵を渡してくれた。自衛隊も物資を運んでくれる。それでも「いつまでお世話になれるのか」と高野さんの不安は募る。町は役場機能ごと福島県小野町に移転し、町職員が放射線量を測る線量計を置いていった。
 「自主避難といっても、ただ『逃げろ』と言う政府の方針は無責任。納得できない」と高野さんは憤る。「このままではこの町も、ここの医療も崩壊してしまう。国には町の姿をちゃんと見に来てほしい」と訴えた。」(全文)


 
>TOP

◆クッキー販売、収益を義援金に 山科の福祉施設
(京都新聞 2011年4月1日)
http://www.kyoto-np.co.jp/kyoto/article/20110401000032
「 東日本大震災の被災地を支援したい、と京都市山科区勧修寺の精神障害者福祉施設「からしだね館」がクッキーを販売している。収益金や応援メッセージを被災地に送ろうと、同館利用者たちが箱の印刷からクッキー作りまで全行程に携わる。同館では「気持ちは思っているだけでは伝わらない。自分の言葉で思いを伝えてほしい」と呼びかけている。  震災後、同館利用者から「自分たちにできることはないか」と声があがり、職員と相談して計画した。利用者約20人が同館の印刷機を使って、「想いつながれ」と記した箱を印刷したり、クッキーを作ったりと作業に励む。
 同館のカフェ「トライアングル」で、1箱500円で販売し、材料費を差し引いた400円を義援金にあてる。箱のハートマークの面がメッセージカードになっており、購入者に被災地への応援メッセージを記して同館へ郵送もしくは持参してもらい、被災地へ送るという。
 同館の鍋島愛信主任(45)は「被災地は自分たちの一部という思いを届けたい。孤立することほどさみしいことはない。メッセージでみんながつながっていることを伝えていきたい」と話している。
 同館TEL075(574)4455。」(全文)


 
>TOP

◆東日本大震災:被災地の子供へ手作りパズル−−相模原の障害者作業所 /神奈川
(毎日新聞 2011年4月1日)
http://mainichi.jp/area/kanagawa/news/20110401ddlk14040297000c.html
「 ◇それぞれの支援 給料から義援金も
 障害者の地域作業所「ウディーショップきこり」(相模原市中央区相生)で働く重度の知的障害者ら15人が、大震災で被災した仲間たちを救援しようと立ち上がった。わずかな給料から義援金として1人100円をカンパ。互いに助け合う心とともに、生きる希望の灯をかざした。【高橋和夫】
 「きこり」の活動を資金面で支えるグループ「力こぶ」=発起人・磯部節子さん(66)=67人も、「きこり」支援に充てる予定だった210万円を被災地に振り向ける。復旧の進展状況を見て、障害者の代表と一緒に岩手、宮城、福島3県の障害者作業所を訪れ、復興資金として贈る。
 きこりは87年に開設された。09年からNPOの運営となり、地域清掃など社会奉仕活動にも参加してきた。
 現在働くのは市内から通う20〜42歳の男女。職員2人が活動をサポートし、障害者らは動物をかたどった木片のはがきやジグソーパズルなど主に木工作品を製作、販売している。
 作業は平日午前9時〜午後4時で昼食をはさんで働く。月給は07年まで1万円以上あったが、景気低迷で売り上げが減り、3月の給与は一律6000円。
 大震災が起きて、入所者の田口恵美さん(40)や原芳明さん(23)らは、テレビなどで見る惨状に心を痛めた。計画停電が実施されると、みんなが「節電」を口にした。「頑張ってほしい」と被災者を気遣う田口さんらが職員と話し合い、「みんなで支え合おう」と給料日の3月25日、15人が100円ずつの義援金を出し合った。被災地の子供たちに自分たちの木工作品で遊んでもらおうと、アンパンマンのパズルを製作し、義援金と共に届ける。」(全文)


 
>TOP

◆心の病 支援のはざま 避難の夫婦に不安
(産経新聞 2011年4月1日)
http://www.okinawatimes.co.jp/article/2011-04-01_16121/
「 生活保護を受け精神疾患のある福島県いわき市の夫婦が東日本大震災後、那覇市に避難してきている。共に自立支援医療を受け、夫は障害者手帳を持つ。震災のショックで倒れた妻を励まし、心休まる沖縄になんとかたどり着いたが、生活保護(生保)や、特定の医療機関でしか使えない自立支援医療は避難先でも受け続けられるのか、行政の対応は後手で不安は尽きない。行政側には柔軟で迅速な対応が求められている。(與那覇里子)
 夫(35)はうつ病を患っている。妻(32)はパニック障害、対人恐怖症などがあり、24歳から6年間、療養のため石垣市の八重山病院に通っていた。二人は2月に入籍したばかり。震災のあった2日後の13日には妻の夢だったウエディングドレス姿で、写真を撮る予定だった。「明後日が楽しみだね」と自宅で話していた直後、大きな揺れがきた。
 自宅は、東京電力福島第1原発から20キロの避難指示地域。余震と変わりゆくまちの姿に、妻は過呼吸が止まらず、倒れてしまった。夫は「安全な場所に行こう」と決意。15日に沖縄へ着いた。
 だが、大きな壁が立ちはだかった。「生保は給付されるのか、病院は受診できるのか」。今、手元には、お金は少なく、薬もない。
◇   ◇
 生保は、住んでいる地域の福祉事務所に申請し、受給する。自立支援医療は他の都道府県の医療機関に変更する場合、市町村への届け出が必要だ。生保の受給者は、福祉事務所発行の医療券で受診する。
 しかし、被災者が県外に避難したことで、これらの適用は難しい状況だ。
 二人が那覇市役所に相談したところ「生活保護費は、いわき市から引き続き給付される」と説明された。また、精神科や心療内科のない那覇市立病院を紹介。「総合案内か、医師に医療機関を紹介してもらってほしい。役所で民間の医療機関は紹介できない」と言われた。
 自立支援医療と医療券に関しては、厚労省が震災の起きた3月11日付で「病院の窓口で氏名、生年月日、住所が確認できれば、指定外の医療機関でも受診できる」という事務連絡文書を出している。だが、県内の医療関係者、利用者への周知は行き届いていない。また、同29日には被災者の生保対応について周知徹底するよう文書で再度促した。
 生保はどちらの福祉事務所で受給できるのか、厚労省の担当者は「被災地に戻れるか否かがポイント」と話す。一時的な避難では被災地の自治体で、移住の意志があったり、建物が崩壊して長期間、帰れない場合は、避難先が支給する。「ケース・バイ・ケース」だ。
 二人は「居させてもらっているだけでありがたい。いつまでここに居るのか、いつになったら帰れるのか、病状もあるので分からない。不安でたまらない」と窮状を訴えている。
[ことば]
 自立支援医療 精神医療を受け続ける必要のある患者が、市町村に申請し、指定された「指定自立支援医療機関」でのみ診療を受けることができる。自己負担額は、生活保護受給世帯が0円、それ以外は1割程度に軽減される。」(全文)


 
>TOP

◆【東日本大震災】福祉作業所がよりどころに 障害者、外国人が避難 岩手
(産経新聞 2011年4月1日)
http://sankei.jp.msn.com/life/news/110401/trd11040108520011-n1.htm
「岩手県田野畑村の福祉作業所「ハックの家」に震災後、言葉や障害の壁で避難所の集団生活が難しい人や外国人が身を寄せている。 普段は身体や知的障害者約25人が通い、就労訓練をする。震災後は利用者の大半が帰宅したため、竹下美恵子理事長(66)が声をかけた。
 「身障者用のトイレがあり助かる」と、自宅が流された田子内辰美さん(51)。人工肛門の母、トシヨさん(80)は排せつに時間がかかり、トイレが混む避難所の生活は難しい。勤務先の寮が流された中国人6人も避難した。言葉の壁も「表情やしぐさを読み取ることは慣れているから」と竹下さん。
 当初は不足した食料も、大阪府など各地の友人から物資が届き、夕食の雰囲気も明るくなった。夫が経営する就労訓練先の水産加工場が津波で壊滅し先行きは厳しいが、竹下さんは施設再開に向け動きだしている。」(全文)


 
>TOP

◆「障害者に希望与えたい」  甲斐市・大久保さん 弱視フットサル日本代表に 国際舞台控え練習に熱 
(山梨日日新聞 2011年4月1日)
http://www.sannichi.co.jp/local/news/2011/04/01/5.html
「 甲斐市の会社員大久保邦彦さん(31)が、3日から10日まで、トルコで開かれる視覚障害者を対象にした国際スポーツ大会の5人制サッカー(弱視フットサル)の日本代表に選出された。中学生のころから視野が狭くなる症状がある大久保さんは「視覚障害者が希望を持てるようなプレーをしたい」と、国際舞台へのデビューへ向けて練習に励んでいる。
 小学校からサッカーを始めた大久保さんは、中学時代に医師から「網膜色素変性症」と診断された。視野が狭まり、暗所で物が見えにくくなるといい、現在は視界が「健常者が筒をのぞき込んだような状態」(大久保さん)。
 視力は一定程度保たれているため、高校卒業後は一般社会人チームや同級生を中心に立ち上げたフットサルチームに所属してプレーを継続。一方で、数年前に弱視者を対象にしたフットサルがあることを知り、新たに都内のチームに参加するなどしてきた。
 日本障害者スポーツ協会によると、大久保さんが出場する国際スポーツ大会は、国際視覚障害者スポーツ連盟(IBSA)が主催。おおむね4年に1度開かれていて、ブラジルで行われた前回大会には、陸上や柔道、水泳などの種目に63カ国計約1600人が参加した。
 5人制サッカーは全盲者を対象にした「B1」と弱視者らを対象にした「B2/B3」に分けられる。大久保さんは日本が初めて参加する「B2/B3」の代表として選考会に参加し、計10人の選手に選抜された。3月5、6の両日には都内で代表チームの練習と壮行試合に参加した。
 大久保さんは「ブラインドサッカーや弱視フットサルなど、視覚障害者もサッカーを続けることができるということを知ってほしい。国際大会でプレーすることで少しでも競技人口の拡大につながってくれたらうれしい」と話している。」(全文)


 
>TOP

◆歌声で市民に勇気与えたい 仙台・チャリティーコンサート
(河北新報 2011年4月1日)
http://www.kahoku.co.jp/news/2011/04/20110401t15034.htm
「東日本大震災で被災した市民を勇気づけようと、仙台市などで活動する合唱団が、復興チャリティーコンサートを2日から毎週土、日に青葉区一番町で開く。6月末まで続ける予定で、関係者は「厳しい暮らしに直面する人の心を、美しい音楽で癒やしたい」と話している。
 企画したのは、障害の有無にかかわらず親しめる芸術イベントを開催している市民グループ「アート・インクルージョン実行委員会」と、NPO法人「ほっぷの森」。
 第1回(2、3日)は、宮城三女高OG合唱団が日本の童謡や唱歌、フィンランド民謡、ポップス、歌謡曲などを歌う。募った義援金は被災者支援に使う。両日とも、午後1時半〜2時が仙台三越前。2時半〜3時、フォーラス前。3時半〜4時が藤崎本館前。
 その後も、小中高校や社会人団体など、宮城県内のさまざまな合唱団が登場する予定。
 ほっぷの森の白木福次郎理事長は「困難と向き合っている郷土の復興に向けて一歩一歩前進していきたい。合唱を通じて勇気を感じてもらいたい」と話している。
 チャリティーコンサートは、ほっぷの森が運営する太白区長町の障害者就労レストラン「長町遊楽庵びすた〜り」でも開催。宮城県内の音楽家が毎週火・水・木・金の午後0時半に出演する(4月12〜15日は休み)。
 連絡先はアート・インクルージョン実行委員会090(3123)6363。」(全文)

 
>TOP

◆宮城・南三陸、集団避難 1120人県内4市町へ
(河北新報 2011年4月1日)
http://www.kahoku.co.jp/news/2011/04/20110401t13053.htm
「宮城県南三陸町は31日、町外に集団避難する住民の名簿とそれぞれの避難先を発表した。県内3市1町の10カ所に、希望者の約8割にあたる1120人を集団避難させる。出発は4月3日午前10時の予定。希望者のうち328人は今回、避難先の受け入れ枠を超えるなどして対象から漏れた。
 避難先として決まったのは、大崎市鳴子温泉に570人、栗原市の6カ所に282人、登米市の2カ所に235人、加美町に33人。山形市など2市2町の13施設は希望者が少なかったため、今回は避難先にすることを見送った。
 集団避難の意向調査は3月26日から29日に実施。避難住民約9500人のうち5124人が回答し、1448人が集団避難を希望し、約3700人は希望しなかった。
 町は避難先を決めるに当たり、集落単位での避難を最優先し、中瀬町、細浦の2集落が対象となった。他は先着順とした。
 町は今回、希望したのに集団避難できなかった人や辞退した人、未回答の人の計約4000人を対象に2次募集を行う。
 ◎希望通り集落ごと、この先どうすれば 明暗分かれる
 宮城県南三陸町が町外への集団避難の対象者と避難先を発表した31日、新しい避難先が決まった住民は生活再建への思いを新たにする一方、対象から漏れて避難所生活を続ける住民は先行きへの不安を募らせた。
 同町志津川の中瀬町行政区は避難世帯の9割がまとまって、登米市東和町の旧鱒淵小への集団避難を希望。集落単位の移動を勧めていた町は優先的に、同行政区117人の避難を決めた。
 住民をとりまとめた佐藤徳郎区長(59)は「南三陸町から近く、希望が通ってうれしい。住民が協力し合い、自分たちでできることは自分たちでしていきたい」と話す。同行政区が避難生活を送る入谷小でも、住民は避難所の運営に、積極的に関わっている。
 震災で同行政区は197戸のほとんどが津波で流され、残った住居はわずか7戸にとどまる。佐藤区長は「行政区のみんなで一緒に町に戻ってきたい。復興まで頑張る覚悟はある」と力を込めた。
 希望した新天地での再起がかなわなかった避難者もいた。同町志津川の宮川安正さん(72)は「本当に残念。これから先、どうすればいいのか」とうなだれた。
 自宅は津波に流され、夫婦で町総合体育館に身を寄せる。宮川さんと妻弘子さん(65)は栗原市の施設への避難を望み、意向調査票を提出。しかし、名簿に希望した施設は記されてなかった。
 肩を落とす宮川さん。弘子さんは持病を抱え栗原市の病院に通う。知的障害がある長男(42)は気仙沼市の施設で暮らす。病院と施設に足を運びやすい位置に、切望した栗原市の施設があった。
 宮川さんは「家庭の事情をくんでほしかった。2次募集に懸けるかどうか検討したい」と話した。(渡辺龍、水野良将)」(全文)


 
>TOP

◆東日本大震災:災害、弱者により重く 大船渡ルポ
(毎日新聞 2011年4月1日)
http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110401k0000m040191000c.html
「「1日に何回も流れる放送が聞こえない」。200人前後が避難していた岩手県大船渡市の中学校体育館で、福祉施設職員、下野モト子さん(77)は言った。
 下野さんは両耳が難聴で、人工内耳を付けているが、それだけでは意味をつかめない。話し手の唇の動きと、内耳に響く音を組み合わせて話の内容を理解する。
 食事時間や救援物資の到着など、避難所での生活情報は市職員が館内放送で伝える。だが、下野さんの耳には不明瞭な音が響くだけだ。他人が並ぶのを見て、とりあえず自分も並び、前後の人に、並んでいる理由を聞いて教えてもらう。その繰り返しだ。
 津波被害は免れたが、地震で自宅玄関が壊れた。1人住まいの不安から避難所に来た。仙台市にいる娘には携帯電話のメールがなかなか届かなかった。臨時公衆電話が設置されたが、難聴の下野さんには使えない。娘とメールでやりとりできるようになったのは、被災から約1週間後だった。
 同じ避難所には、田村トモ子さん(70)と長男(45)も身を寄せていた。長男は知的障害がある。市内の福祉施設に通ってパンを焼いていたが、震災で自宅が壊れ、生活環境は激変した。大勢の人々が出入りする避難所での暮らしで、心のバランスが崩れた。館内を歩き回り、しばしば大声を出す。その度に周囲の目が気になる。「息子が迷惑になっていないか気が気でないが、福祉施設が被災したのでこの避難所で過ごすしかない」
 だが、ケアがあれば田村さんの不安も和らぐ。避難から数日後、施設の職員がケアに訪れてくれるようになり、長男が落ち着きを取り戻したからだ。
 取材を終えて避難所を出ようとした時、救援物資が入り口に届いた。バケツリレーの要領で運ぶため、被災者の列ができた。その数十メートルの列に田村さんの長男も自ら加わった。
 災害は弱者により重くのしかかる。95年の阪神大震災や04年の新潟県中越地震では、障害者や家族が避難所で孤立し、倒壊した自宅に戻って暮らした人たちもいたと聞いた。
 隣から隣へ。物資がつまった段ボールを黙々とリレーする田村さんの長男の姿に、胸を打たれた。【西部報道部・平元英治】」(全文)


 
>TOP

◆雇用促進住宅の入居者を募集 一関市・4日から
(岩手日報 2011年4月1日)
http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20110401_9
「一関市は4日から、東日本大震災の被災者を対象に雇用促進住宅100戸の入居者を募集する。住宅は同市千厩町の梅田宿舎。
 高齢者、障害者、母子・父子世帯が優先で、入居開始は4月上旬を予定。最長で2年間入居できる。申し込みは、同市支援本部(0191・21・8160)へ。同市役所本庁1階総合案内でも受け付ける。午前9時〜午後5時。」(全文)


 
>TOP

◆東日本大震災:「生きている」実感 障害者長女らのパン、被災者へ−−宮城・石巻
(毎日新聞 2011年4月1日)
http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110401dde041040012000c.html
「◇避難所暮らしの男性、励みは「ありがとう」
 「ありがとうって言われると生きている実感がわく」。東日本大震災の津波で自宅を失った宮城県石巻市の佐藤伊左夫さん(73)は、避難所で寝泊まりしながら、昼間は救援物資が届きにくい小さな避難所を回ってパンを配るボランティアに精を出す。パンは知的障害のある長女らが施設で作っている。親子で生きる張り合いを見つけようと懸命だ。【奥山智己】
 佐藤さんは妻みさ子さん(70)と自宅の2階にいて被災した。隣の家が津波に押されてきて激しくぶつかり、柱と床が傾いて屋根もつぶれたが、幸い2階まで水は来なかった。3日間飲まず食わずで過ごし、水位が下がった4日目に自衛隊に救出された。
 同居する長女の直美さん(42)は、通っている市内の知的障害者施設「サンネットなごみ」の仲間と施設のイベントに参加していた。バスに乗って高台に逃げ、難を逃れた。
 施設は普段、パン作りなどを通じて障害者の就労を支援している。建物に大きな被害はなく、障害者の避難所として開放された。地震から3日目には活動を再開。1日1000個のパンを焼き、18リットルのポリタンク4本分の甘酒を造る。直美さんは、施設で寝泊まりしながら頑張っている。
 佐藤さん夫婦は救出された後、施設を運営する市内の社会福祉法人のグループホームに避難。理事長に「手伝ってほしい」と言われ、17日から佐藤さんが配給のボランティアに加わった。
 避難所に着くと、施設の障害者と一緒にパンにクリームを塗って被災者に渡す。避難している高齢者や子どもたちから「おいしい」「遠くまで来てもらってありがとう」と言われると、自然と笑みがこぼれる。
 しかし、いったんグループホームに戻ると不安にさいなまれる。長女に知的障害があると分かってから絶えず心にあった「自分たちが死んだら、この子はどうなるのか」という思い。津波に自宅と財産を奪われ、追い打ちをかけられた。自宅から運び出せたのは、衣類や布団だけだ。27日から市の仮設住宅の申し込みが始まったが、「2年くらいで出なければならない」と言われると手続きをためらう。
 パンに切り込みを入れる包丁を握っている時だけは「何も考えず夢中になれる」という。不安を押しとどめるように、佐藤さんはその日、その日をボランティア活動に没頭して過ごす。」(全文)


 
>TOP

◆サポート情報:精神保健福祉 1日現在
(毎日新聞 2011年4月1日)
http://mainichi.jp/life/health/medical/news/20110402k0000m040021000c.html
「NPO法人「地域精神保健福祉機構」などは被災地の精神科のある病院の状況サイト(http://assertivecommunitytreatment.jp/ph/)と、通所施設など精神保健福祉活動の状況サイト(http://www.comhbo.net/cr/)を運営中。現地関係者に書きこんでもらう形式で、情報の更新を求めている。被災地の精神医療情報はあまり発信されておらず、薬の確保や支援活動の現状をつかむのが目的だ。
 サイトは東北6県と関東の一部を県別に閲覧できる。病院情報は病院関係者、精神保健福祉活動は保健師や精神障害者の支援団体による書き込みが進み、患者も参考にできる。診察中の病院は地図に記され、吹き出し状のマークをクリックすると電話番号が表示される。」(全文)


 
>TOP

◆東日本大震災:慶大発ベンチャーの蓄電池、被災地などで活躍/神奈川
(カナコロ 2011年4月1日)
http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1103310055/
「世界で初めて大型リチウムイオン電池を使った蓄電池が、東日本大震災の被災地で活躍している。慶応大発ベンチャー企業のエリーパワー(東京都品川区)が非常用電源装置として昨年製品化した。被災地には8台を提供。計画停電が行われている首都圏でも自治体や公的機関などからの需要が増えている。
 地震発生から3日後、非常用電源「パワーイレ」が宮城県名取市の災害対策本部や避難所に設置された。停電で使えなかったラジオからニュースが流れ、薄暗い室内にLED電球が点灯した。
 車で現地に届けた社員小田佳さん(29)は「誰もが電気を求めていた。蓄電池を届けた意義は大きい」と話す。排ガスや騒音が出ないため、現在は昼間に発電機を回して作った電力を蓄え、夜の照明用電源などとして使われているという。
 法人向けの非常用電源として昨年6月に製品化したばかり。高性能なリチウムイオン電池を16個搭載し、電力量は計毎時2キロワット。最大千ワットの消費電力に対応する。LED電球を使った投光照明なら2晩点灯させられる。
 計画停電が始まった首都圏でも需要が高まっている。エリーパワーが工場を置いている川崎市はリースで100台規模の導入を決定。「特別養護老人ホームや障害者施設など、非常用電源が必要なところに緊急的に貸し出したい」(市危機管理室)としている。
 同社によると、他の自治体や医療、介護、金融機関などからも導入の打診がある。個人からの問い合わせも増えていることから、今秋から一般家庭向けの販売を視野に検討を始めた。
 エリーパワーは、電気自動車(EV)など向けの大型リチウムイオン電池を量産することで低価格化を実現させようと、2006年に設立された。慶大教授だった吉田博一社長(73)は「エネルギー自給率の低い日本では、蓄電により消費電力を平準化する効果は大きい」としており、今後1年間で1万台の販売を目標に掲げる。川崎工場では近く新型電池の生産ラインが稼働し、現在の年産15万個態勢を拡充。来年秋ごろには100万個の電池の量産態勢が整うという。」(全文)

*作成:有松 玲
UP:20110423 REV:20110402,03,04,05,06,07,08,09,11,21, 20120329
災害と障害者・病者:東日本大震災 

TOP HOME (http://www.arsvi.com)