HOME >

韓国の障害者



 製作:鄭喜慶立命館大学大学院先端総合学術研究科

■2008/10/23 日韓障害者運動史懇談会 於:立命館大学

■全文掲載
◇ナム=ビョンジュン(南炳俊) 2010/06/10 「障碍者の頼もしい友だちになる」『民衆の声…韓国の代表進歩言論』 翻訳:山口恵美子

■年表

韓国と日本の障害当事者運動年表
韓国の障害者・2007
障害者制度や障害者の動きから見る韓国障害者運動の流れ
軽度障害者による韓国障害者運動の流れと重度障害者運動との合流

■韓国障害者総数

◇2007年3月現在

1989年5範疇である、身体、言語、聴覚、視覚、知的(法律用語は精神遅滞)で登録制が始まった。2000年1月に、第1次 脳病變、発達、精神、腎臓、心臓障害に拡大、2003年7月に 呼吸器、顔面、腸瘻尿瘻、癲癇障害が拡大されて、今は15範疇になる。

韓国人口4千6百万人である。
韓国障害者総数:2,020,560人、男性:1,244,812人、女性:765,748人
1級:192,762人(男性:112,761人、女性:80,001人)、2級:347,054人(男性:204,726人、女性:142,328人) 3級:(男性:229,226人、女性:123,664人)

外部身体機能障害(6 範疇 )
1.肢体:総計 (1,070,433人)1級 (41,108人)2級(86,551人)3級(161,016人)
4級(198,544人)5級(295,683人)6級(287,532人)   
2.脳病變: 総計 (200,060人)1級 (52,673人)2級 (58,971人)3級(47,998人)
4級(18,549人)5級(13,062人)6級(8,807人)
3.視覚: 総計 (200,962人)1級 (31,181人)2級 (8,098人)3級 (11,365人)
4級(10,605人)5級(17,532人)6級(131,181人)
4.聴覚: 総計 (189,349人)1級 (4,716人)2級 (45,992人)3級 (34,139人)
4級(36,529人)5級(36,449人)6級(31,624人)
5.言語: 総計 (14,882人)1級 (123人)2級 (1,661人)3級 (6,355人)
4級(6,734人)5級(5人)6級(4人)
6.顔面: 総計 (1,936人)1級 (58人)2級 (339人)3級 (678人)
4級(859人)5級(1人)6級(1人)

内部器官障害(6 範疇 )
1.腎臓: 総計 (45,484人)1級 (1,917人)2級 (36,077人)3級 (19人)
4級(202人)5級(7,269人)6級(−)
2.心臓: 総計 (14,017人)1級 (689人)2級 (2,693人)3級 (10,507人)
4級(6人)5級(131人)6級(−)
3.呼吸器: 総計 (13,399人)1級 (2,495人)2級 (3,719人)3級 (7,184人)
4級(1人)5級(−)6級(−)
4.肝: 総計 (6,083人)1級 (941人)2級 (1,209人)3級 (1,431人)
4級(66人) 5級(2,436人)6級(−)
5.腸瘻、 尿瘻: 総計 (10,723人)1級 (19人)2級 (194人)3級 (845人)
4級(4,188人)5級(5,476人)6級(−)
6.癲癇: 総計 (8,176人)1級 (160人)2級 (996人)3級 (2,550人)
4級(4,4470人)5級(−)6級(−)

精神的な障害(3 範疇 )
1.知的:総計(137,098人)1級(40,524人)2級(54,194人)3級(42,374人)
4級(2人)5級(−)6級(−)
2.発達(自閉):総計(11,261人)1級(4,264人)2級(4,931人)3級(2,065人)
4級(−)5級(−)6級(1人)
3.精神:総計(77,697人)1級(11,903人)2級(41,429人)3級(24,361人)
4級 (3人)5級(−)6級(1人)

■日本語文献

◆松井 亮輔 1991 「韓国の新障害者雇用制度」,『障害者の福祉』11-7(120):16
◆趙 誠烈 19930925 「韓国の障害者福祉政策の現況」,『福祉労働』60:023-033(特集 アジア太平洋の障害者)」
◆逍 倫□(火火+宝) 19921001 「韓国の障害児福祉の現状」(アジアの子どもたちは,今 9),『月刊福祉』75-12(1992-10):068-069


UP:20080103 REV:20081007
DPI  ◇障害者(の運動)史のための年表  ◇障害学
TOP HOME (http://www.arsvi.com)