HOME >

構築/構築主義



 *このファイルの作成:田中 慶子立命館大学大学院先端総合学術研究科)※

■文献リスト

◆「構築主義社会問題論の文献」
 作成・公開:中河伸俊(富山大学人文学部教員→大阪府立大学)
 http://homepage2.nifty.com/tipitina/biblio.html

■文献(アルファベット順)

赤川 学 20010220 「言説分析と構築主義」,上野千鶴子編[2001:063-083]
天田 城介 200111 「構築主義の困難――自己と他者の〈語る〉場所」,『現代社会理論研究』11:1-158(発行:現代社会理論研究会)
 http://www.josukeamada.com/bk/bpp16.htm
天田 城介 20041231 「抗うことはいかにして可能か?――構築主義の困難の只中で」,『社会学評論』55-3(219):223-243
 http://www.josukeamada.com/bk/bpp25.htm
◆Becker ,Howard S.,1963,Outsiders: Studies in the Sociology Of Deviance,New York,The Free Press.(=1978,村上直之訳『アウトサイダーズ』新泉社)
◆Bertaux, Daniel 1997 Les Re'citis de vie,Perspective ethnosociologique,NATHAN.=2003 小林多寿子訳,『ライフストーリー――エスノ社会学的パースペクティヴ』,ミネルヴァ書房
◆Collins,Randall.,1982,SOCIOLOGICAL INSIGHT:An Introduction to Nonobvious Sociology, Oxford University Press.(=1992,井上俊・磯部卓三訳『脱常識の社会学』岩波書店)
◆土井隆義,北澤毅,中河伸俊,2001,『社会構築主義のスペクトラム――パースペクティブの現在と可能性』ナカニシヤ出版
◆Gubrium,Jaber F and Holstein,James A.,1990,What Is Family? ,Mayfield Publishing Company.(=1997, 鮎川潤・中河伸俊・湯川純幸訳『家族とは何か――その言説と現実』新曜社)
Goffman,Erving.,1963, Stigma:Notes on the Management of Spoiled Identity,prentice-Hall.(=1980,石黒毅訳『スティグマの社会学――烙印を押されたアイデンティティ』せりか書房)
◆Hacking,Ian 1999 The Social Construction of What?,Harvard University Press,=20061222 出口 康夫・久米 暁 訳 『何が社会的に構成されるのか』,岩波書店,369p. ISBN-10:4000241591 ISBN-13:978-4000241595 \3570 [amazon]
◆Holstein,James A and Gubrium,Jaber F.,1995,THE ACTIVE INTERVIEW,Sage Publications.(=2004,兼子 一・倉石 一郎・矢原 隆行・山田 富秋『アクティヴ・インタビュー――相互行為としての社会調査』せりか書房)
◆飯田 祐子 20010220 「文学とジェンダー分析」,上野千鶴子編[2001:085-107]
◆伊野 真一 20010220 「構築されるセクシュアリティ――クィア理論と構築主義」,上野千鶴子編[2001:189-211]
樫村 愛子 20041231 「現代社会における構築主義の困難――精神分析理論からの再構築可能性」,『社会学評論』55-3(219):189-208
加藤 秀一 20010220 「構築主義と身体の臨界」,上野編[2001:159-188]
加藤 秀一 20041231 「生まれないほうが良かった」という思想をめぐって――Wrongful life 訴訟と「生命倫理」の臨界」,『社会学評論』55-3(219):298-313
北田 暁大 20010220 「<構築されざるもの>の権利をめぐって――歴史的構築主義と実在論」,上野編[2001:255-273]
北田 暁大 20041231 「「ポスト構築主義」としての「プレ構築主義」――WeberとPopperの歴史方法論を中心に」,『社会学評論』55-3(219):281-297
小泉 義之 20041231 「社会構築主義における批判と臨床」,『社会学評論』55-3(219):209-222
◆草柳千早,2004,『「曖昧な生きづらさ」と社会――クレイム申し立ての社会学』世界思想社
◆May,Tim.,2001,SOCIAL RESEARCH 3rd edition, Open University Press.(=2005,中野正大監訳『社会調査の考え方――論点と方法』世界思想社)
三島 亜紀子 20050617 『児童虐待と動物虐待』,青弓社,青弓社ライブラリー38,214p. ISBN: 4787232452 1680 [amazon][boople] ※ b
永田 えり子 20041231 「紙上討論会への誘い」,『社会学評論』55-3(219):168-171
◆中河 伸俊,1999,『社会問題の社会学――構築主義アプローチの新展開』世界思想社
◆中河 伸俊 20041231 「構築主義とエンピリカル・リサーチャビリティ」,『社会学評論』55-3(219):244-259
◆中河 伸俊・北澤 毅・土井 隆義 編 20010515 『社会構築主義のスペクトラム――パースペクティブの現在と可能性』,ナカニシヤ出版,228p. ISBN:4-88848-644-1 2500 [boople][amazon] ※,
◆中根 光敏,1997,『社会学者は2度ベルを鳴らす――閉塞する社会/熔解する自己』松籟社
◆中谷 文美 20010220 「<文化>?<女>?――民族誌をめぐる本質主義と構築主義」,上野千鶴子編[2001:109-137]
野口 裕二 20010220 「臨床のナラティブ」,上野千鶴子編[2001:043-062]
◆大場 絵里・中根 光敏,1991,「社会問題の社会学の構築をめざして」『ソシオロジ』36-2
◆荻野 美穂 20010220 「歴史学における構築主義」,上野千鶴子編[2001:139-158]
◆―――――  2002 『ジェンダー化される身体』,勁草書房 ※
◆桜井 厚 編,2003,『ライフストーリーとジェンダー』せりか書房
◆Scheff,Thomas J.,1966,BEING MENTALLY ILL:A Sociological Theory,Aldine Publishing Company/Chicago. (=1979,市川孝一・真田孝昭訳『狂気の烙印――精神病の社会学』誠信書房)
◆千田 有紀 20010220 「構築主義の系譜学」,上野千鶴子編[2001:001-041]
◆Specter,Malcom and Jhon I.kitsuse.,1977,Constructing Social Problems,Cummings Publishing Company.(=鮎川潤・森俊太・村上直之・中河伸俊訳『社会問題の構築――ラベリング理論をこえて』マルジュ社)
◆平 英美・中河 伸俊 編 200604 『構築主義の社会学――実在論争を超えて 新版』,世界思想社,369p., ISBN-10: 4790711773 ISBN-13: 978-4790711773 2415 [amazon]
竹村 和子 20010220 「「資本主義はもはや異性愛主義を必要としていない」のか――「同一性の原理」をめぐってバトラーとフレイザーが言わなかったこと」,上野編[2001:213-253]
 cf.Butler, Judith Fraser, Nancy
竹村 和子 20041231 「修辞的介入と暴力への対峙――<社会的なもの>はいかに<政治的なもの>になるか」,『社会学評論』55-3(219):172-188
◆立岩 真也 20041231 「社会的――言葉の誤用について」『社会学評論』55-3(219):331-347→立岩[2006:256-281]*
◆立岩 真也 20060710 『希望について』,青土社,309+23p. ISBN:4791762797 2310 [boople][amazon] ※,
◆Troyer,Ronald J and Markle,Gerald E.,1983,CIGARETTES:THE BATTLE OVER SMOKING,Rugters.(=1992,鮎川潤・中河伸俊訳『タバコの社会学――紫煙をめぐる攻防戦』世界思想社)
上野 千鶴子 20010220 「はじめに」,上野千鶴子編[2001:i-iv]
◆上野 千鶴子 20010220 「構築主義とは何か――あとがきに代えて」,上野千鶴子編[2001:275-305]
◆上野 千鶴子 編 20010220 『構築主義とは何か』,勁草書房,305p. 2800 ※
 http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/db2000/0102uc.htm
好井 裕明 20041231 「差別を語るということ」,『社会学評論』55-3(219):314-330


 □雑誌特集

『社会学評論』55-3(219)
特集:差異/差別/起源/装置


UP:20060824 REV:20070314 20080814, 20090506(近藤 宏), 20110930(岩田 京子)
社会学  ◇生存学創成拠点
TOP HOME (http://www.arsvi.com)