HOME > 障害者とメディア >

アール・ブリュット/アウトサイダー・アート
Art Brut/outsider art


Tweet
last update: 20100122


Art and Margins研究会 (2009年度グローバルCOEプログラム「生存学」創成拠点院生プロジェクト

■このページは、「アール・ブリュット/アウトサイダー・アートArt Brut/outsider art」についての諸々の情報を集積しています
■本ページ内容の概略は以下の通りです
・「アール・ブリュット/アウトサイダー・アート」についての論及
…「アール・ブリュット/アウトサイダー・アート」の定義について文献から抜粋したもの
・「アール・ブリュット/アウトサイダー・アート」関連項目・人
…生存学創成拠点内HPにある関連する事項・人へのリンク集
・「アール・ブリュット/アウトサイダー・アート」関連リンク集
…生存学創成拠点HP外の関連するリンク集
・「アール・ブリュット/アウトサイダー・アート」文献・記事
…参考文献表(生存学創成拠点HP内に紹介ファイルがあるものにはリンクが貼ってあります)。関連する記事・文章などの掲載もあります。
・その他
・アール・ブリュット/アウトサイダーアートArt brut/Outsiderart 年表 [別頁]
>TOP


■アール・ブリュット/アウトサイダー・アートArt Brut/outsider artとは
◆1993 『パラレル・ヴィジョン : 20世紀美術とアウトサイダー・アート Parallel v isions : modern artists and outsider art』, pp.11-12.
 文化的な芸術よりは、アール・ブリュットこそ好まれるべきだという、デュビュッフェの開拓者的な主張の数十年後に、ロジャー・カーディナルは、アール・ブリュットをさらに厳密に定義しようと試みた。そして、1972年に刊行した著書の中で、アウトサイダー・アートという用語を確定した。カーディナルは、セイモア・ローズンへの手紙の中で、適語を探し求める彼の旅について詳述している。 「創造者の社会的もしくは精神的な状態を暗示する、多くの用語が用いられてきた。孤立した美術、異端の美術、局外者の美術、民俗美術、幻視する美術、霊感による美術、分裂病的美術。私たちが識別しようとするすべての創造者が、社会的、心理的カテゴリーに直ちに当てはまるとは限らないように、これでは不十分に思える。作り手の異常さや風変わりな点を強調するような仕方で、作品を分類することは、関心の的を美的なインパクトから作者への経歴へと逸らしてしまいがちであると、私は強く感じている……。芸術的独立性という要素こそ最も重要とみる人もいる。自ら学んだ美術、独習者の美術、教育によらない美術、特異性の美術、独創的な美術、“すべて彼自身のもの(ウォンプラー)”、”アウトローの美術(シュレーダー)”、疎外された美術、”反=文化的位置”(デュビュッフェ)、無垢の美術(かつて私がもてあそんだタイトル)、解放された美術、逸脱した美術、なにものにも介在されない美術、先例や伝統を欠いた美術(1979年の”アウトサイダー”展のサブタイトル)。――けれども、これらのどれ一つとして十分に鋭く射抜いてはいないのである」。



■関連事項
障害者とアート
障害者とメディア
アール・ブリュット/アウトサイダーアートArt brut/Outsiderart 年表

■人
池田雅広
篠木 涼
渡邉 あい子




■リンク
RAWVISION
http://www.rawvision.com/index.html
1989年創刊のアウトサイダーアート雑誌です。

"What is Outsider Art"
http://www.rawvision.com/outsiderart/whatisoa.html
RAWVISION誌によるアウトサイダー・アートの説明を読むことができます。

Intuit The Center for Intuitive and Outsider Art
http://www.art.org/index.html
「直観的アウトサイダーアート」を紹介するNPOです。


■文献
塩田 純一 他 編 1993 『日本のアウトサイダー・アート : パラレル・ヴィジョンー20世紀美術とアウトサイダー・アート 』, 世田谷美術館, 41p.
展覧会カタログ ; 会期・会場: 1993年9月30日-12月12日:世田谷美術館 ; 主催: 世田谷美術館, 朝日新聞社

1993 『パラレル・ヴィジョン : 20世紀美術とアウトサイダー・アート Parallel v isions : modern artists and outsider art』, 世田谷美術館
展覧会カタログ ; 会期・会場: 1993年9月30日-12月12日:世田谷美術 館 ; 出品作家: フェルディナン・シュヴァル, ハインリヒ・ヘルマン・メーベス, カール・ブレンデルほか

モーリス・タックマン, キャロル・S. エリエル編 19931017 『パラレル・ヴィジョン―20世紀美術とアウトサイダー・アート』, 淡交社, 333p. ISBN:4473013014 ¥5607  [amazon]

兵庫県立近代美術館 編 1998 『ほとばしる表現力 : 「アウトサイダー・アート」の断面 = Overflowing power of expression : aspect of "outsider art"』, 朝日新聞社, 59p.
展覧会カタログ ; 会期・会場: 1998年11月28日-1999年1月17日:兵庫 県立近代美術館 ; 出品作家: 小幡正雄, 富塚純光, 米山雅祥 [ほか] ; 主 催: 兵庫県立近代美術館, 朝日新聞社 ; 主要参考文献: p59 ; 作家略歴あり

求龍堂 200010 『アウトサイダー・アート』, 求龍堂, 165p. ISBN:4763000365 ¥ 3045  [amazon]
「ザ・ギンザアートスペース」でのアウトサイダー・アートの展覧会 (1991-) の10周年を記念し、展覧会で紹介された作家を中心にまとめたもの ; おもに図 ; 参考文献: p162-163 ; 折り込図1枚

服部 正 20030920  『アウトサイダー・アート―現代美術が忘れた「芸術」』, 光文社, 237p. ISBN:4334032141 ¥ 777  [amazon]

200312 「バリアフリー・アート : 特集」『美術画報』No.41, 朝日アートコミュニケーション, 255p. ISBN: 4434039598   [amazon]

高浜市やきものの里かわら美術館企画・編集 2005 『アウトサイダー・アート展 : 描かずにはいられない表現者たち : 高浜市やきものの里かわら美術館企画展』, 96p.
展覧会図録 ; 会期: 2005年7月23日(土)-9月4日(日) ; 参考文献: p9 4-95

はた よしこ 20080131 『アウトサイダー・アートの世界―東と西のアール・ブリュット 』, 紀伊國屋書店, 175p. ISBN:4314010371 ¥2520  [amazon]

宮脇 豊 編著 200804 『Singular visions ― アウトサイダ−・ア−トの極致』, ギャルリ−宮脇, 95p. ISBN:499024351X ¥2625  [amazon]
展覧会カタログ ; 会期・会場: 2008年4月1日-5月15日 ギャルリー宮脇

ドリ・ハダー著 鈴木 望訳 20090306 『ミンガリング・マイクの妄想レコードの世界 アウトサイダーソウルアート』, ルース・インターアクションズ, 191p. ISBN:4860203321 ¥3360  [amazon]

藤田 治彦 編 20090604 『芸術と福祉‐アーティストとしての人間』, 大阪大学出版会, 293p. ISBN:4872592506 ¥2310  [amazon]





UP: 20090910 篠木 涼 REV:20091030, 1106, 1203, 20100122

障害者とアート  ◇障害者とメディア  ◇情報・コミュニケーション/と障害者
TOP HOME (http://www.arsvi.com)