HOME>

若年非正規労働者による労働組合のニュースなど  2002年

2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 200701-06 200707-12

製作:橋口昌治* 2007.07-



■1029
□パート・派遣にも育休を 女性ら、権利求める動き(朝日新聞)

 パートや派遣など有期雇用で働く女性たちに、産休や育児休業を求める動きが出ています。この夏以降、育休を申請したら拒否され雇用契約も更新されなかっ たとして、地位確認と損害賠償を求める訴訟や人権侵害救済申し立てが相次ぎました。背景には、短期契約を繰り返し更新する日本の有期雇用の特殊性があるよ うです。(竹信三恵子)
 
 千葉市内に住む折原由紀子さん(27)は24日、育休と休業後の復職を求めて、日本弁護士連合会に人権侵害救済の申し立てを行った。
 千葉市の福祉事務所の1年契約の非常勤手話通訳者として98年4月に就職し、契約更新されてきた。00年10月に結婚したとき、上司から「非常勤には産 休や育休はない」と言われた。正規職員は産休のほか、「地方公務員の育児休業等に関する法律」で育休も3歳まで取れるが、非常勤は適用外。職場には10年 以上働いている非常勤もいた。「実態は継続雇用なのに」と疑問を抱き、市内の福祉事務所で働く手話通訳者7人でつくるユニオンの仲間と01年5月、産休・ 育休を認めるよう市に要求書を出した。
 3カ月後に妊娠が判明した。2度の申請で産休は認められ、今年3月26日まで取った。しかし、3月末の契約終了時に更新はなく、退職。育休が認められれ ば雇用保険から出たはずの育児休業手当もない。払い続けた雇用保険料はどこかの正社員の手当に回るだけだ。
 「出産で継続更新が難しくなる今の仕組みでは女性は働き続けられない」と痛感し、申し立てに踏み切った。
 千葉市職員課では「契約更新がなかったのは、単に契約期間が切れたからで、育休の申請とは関係ない」と話す。
 民間の職場に適用される「育児・介護休業法」でも、有期雇用者は対象外だ。確かに1年の有期雇用に1年間の育休を適用するのは矛盾だ。しかし、厚生労働 省の01年の実態調査によれば、パート労働者の86%が契約を更新したことがあり、平均更新回数は7・8回と、実質的な長期雇用者が少なくない。厚労省は 今年4月施行の改正育児・介護休業法の指針に、「反復更新して実質が正規労働者と同じ働き方なら有期雇用者も育児休業の対象になりうる」と盛り込んだ。こ うした規定がない公務パートに比べ、一歩進んだ措置だ。
 7月上旬、社団法人「日欧産業協力センター」を相手取って提訴した英国人サラ・ルイーズ・ハッセルさん(38)は、この指針をもとに地位確認と600万 円の損害賠償などを求め、現在係争中だ。96年から1年契約の職員として総支配人のアシスタントや広報誌の編集に携わり、01年まで5回契約を更新した。
 ハッセルさんによると、2人目の子供までは産休だけ取った。01年12月に3人目を出産、体がきついので育休を求めたところ、「有期雇用者に育児休業の 適用はない」と断られ、今年6月末の契約終了時に更新がなかったという。
 センター側代理人は「ハッセルさんの仕事は一時的なもので、指針の対象外」と主張。更新打ち切りは、昨夏に総支配人がフランス人から英語のできるアイル ランド人に代わり、仕事がなくなったためと説明する。
 
 ○実態反映した制度必要 更新繰り返す雇用が問題
 訴訟や人権救済申し立ては珍しいが、有期雇用の産休・育休をめぐるトラブルは少なくない。
 首都圏の大手メーカーの研究開発部門で実験補助を務める20代のパート女性は、00年から半年契約の自動更新で働いてきた。今年結婚し、妊娠。就業規則 はパートにも産休・育休を認めるが、上司は「パートは前例がない」と拒否。契約期限が切れたこの秋、契約を打ち切られた。
 東京・小平市では昨年、1年契約で更新する学校事務の嘱託職員(39)に産休が認められた。市教委は「嘱託に産休制度はない」と拒否したが、パート労組 をつくっての交渉が実った。だが、これまで30歳代でも非常勤職員になれたのに、今年から採用年齢が「45歳以上」に引き上げられた。同市では「中高年の 雇用対策を重視した。出産適齢期とは関係ない」と話している。
 総務省の01年の労働力調査(特別調査)では、働く女性のうち非正社員は47%。出産年齢の25歳から34歳でも3割にのぼる。一方、21日発表の厚労 省の「21世紀出生児縦断調査」では、出産で仕事をやめた女性の割合は正社員の49%に対し、パート・アルバイトでは79%だった。
 「首都圏青年ユニオン」の蓑輪明子さんは「かつて有期雇用は子育て後の復職女性が多かったが、今は20代、30代女性の普通の働き方。産休・育休は避け て通れない問題」という。11月23日午後3時から7時まで、同ユニオン(03・5395・5359)で電話相談会を開く。
 「NPO派遣労働ネットワーク」は7月、育休取得者4人の体験をもとにした「育児休業取得マニュアル」を発行した。
 こんな状況でも問題が表面化しにくいのは、契約更新を拒否される不安と、パートに情報が届いていないため、と「女性のワーキングライフを考えるパート研 究会」の酒井和子さんは指摘する。
 今年、近畿管区行政評価局が大阪府内のパート・派遣労働者1390人を対象にした調査では、雇用保険に加入資格のあるパート労働者の81%が、育休があ りうることを知らなかった。
 有期雇用問題に詳しい中野麻美弁護士は「反復契約更新で長期の仕事までが有期雇用契約で行われる日本のあり方自体がおかしい。欧州では、会社の業務が一 時的に増えた時とか、決まった期間しか仕事がない場合の働き方で、最長期間を超えると自動的に無期の雇用になる。継続して仕事があれば有期雇用契約を認め ないなど、実態を反映した法制度に変える必要がある」と話す。


■0910
□INFORMATION(朝日新聞)

 バイト・仕事のなんでも相談会 15日午後3〜7時、首都圏青年ユニオンが開設。電話03・5395・5359。ユニオンのメンバーや弁護士らがフリー ターや派遣・契約社員らの労働相談を受け付ける。無料。予約のうえで、東京都豊島区南大塚2丁目の東京労働会館5階のユニオン事務所での相談にも応じる。


■0703
□NPO・NGO マリオン(朝日新聞)
(…)
 ◆学習イベント「フリーター的ライフサイクルと社会保障」
 27日土曜、午後1時〜5時、東京都中野区中野5丁目のスマイル中野3階、会議室A(中野駅)。1時、今年11月に韓国・ソウルで予定している「日韓非 正規雇用フォーラム2002」についての話し合い。3時、パートやアルバイト、派遣などで働く若者が中心になって、非正規雇用労働者の増加に伴う社会の変 化や社会保障制度について語り合う。300円。先着25人。電話首都圏青年ユニオン(03・5395・5359)。


■0304
□使い捨て20代 正社員じゃなくてもちゃんと働きたい(アエラ)

 好きでフリーターやってんだろ、なんて見られがちな若者たち。
 でも、賃金は低い、スキルも得られない、評価もされない。
 意欲はあっても、カイシャに都合良く使われてしまうこともある。
 (編集部 浜田敬子、外山俊樹<写真>)
 
 働きだして1年、何度会社に給料のことで交渉したか。親の反対を押し切って入ったいまの会社に、できれば給料のことで文句などいいたくない。だが、現実 問題として生活が厳しいのだ。
 ユリさん(23)は映像関連会社でアルバイトとして働いている。仕事はテレビ番組制作のアシスタントディレクター。当然、時には徹夜の編集作業もある し、1日も休めない月もある。でも、残業代も出なければ、ボーナスもない。手取りで月17万円の給料の中から交通費や携帯電話代など必要経費と大学の奨学 金の返済を払うと、とても社会保険料まで自分で払えない。いまでも健康保険は親名義、年金保険料は滞納している。
 
 ○より賃金安く期間短く
 1年半にもわたる就職活動をしたが、有名私大の新卒といえども、最終的には大手商社の契約社員と、このアルバイトの口しかなかった。どうしても映像の仕 事をしたいと、細かい待遇などの条件は聞かずに就職してしまった。給料だけ「17万」と聞いて、「そこそこだな」。学生の身にはそう思えたのだ。頭のどこ かに、契約社員ぐらいにはしてもらえるだろう、と思ってもいた。実際、社内を見てもアルバイトは自分だけ。
 だから、会社には、
 「このままでは生活できないから、せめて契約社員にして交通費などの手当をつけてくれるか、バイトとして時給制にしてほしい」
 何度か交渉した。だが、プロデューサーはひと言。
 「予算、厳しくてねえ」
 契約社員の話も、するとも、しないとも明言しない。20代の先輩契約社員が「賞与があるという契約だったのに」と抗議すると、
 「賞与は月々の給料に入ってるんだ」
 最近はすぐに母と口論してしまう。この春、60歳で退職する母親が、4万円近いマンションの管理費をユリさんに払ってほしい、と言い出したからだ。いつ も口論の最後には、
 「あなたが留年なんかするから、そんな就職しかなかった」
 と就職問題を蒸し返される。管理費が払えなければ、現実問題として、引っ越しも考えなくてはならないかもしれない。
 正社員としての就職は相変わらず厳しい。完全失業率が5%を超し、中でも15歳から24歳男性の失業率はこの1年、10%以上を記録し続けている。そん な中、仕方なくアルバイトや契約社員、派遣社員といった非正規雇用の働き方を選ぶ20代は増える一方だ。しかも最近、非正規雇用の中での条件の悪化が目立 つ。
 派遣労働ネットワークの調査によると、首都圏の平均時給は94年に1704円だったのが、いまは
 「限りなく千円に近づいていて、パートと差がなくなっている」(理事長の中野麻美弁護士)
 専門的な業務を請け負う派遣社員でさえ、この低賃金。低額化はアルバイトや契約社員にも広がり、サービス残業も増えている。
 契約の期間も短縮化している。いま派遣では「1カ月」単位の契約が増えつつあり、中には「1日契約」というケースもある。ネットワークの電話相談では、 期間中の突然の契約解除や条件の不利な変更が最も多い。
 
 ○派遣1カ月で突然クビ
 「それもコストがかかるからとか、業績が悪いとか、理由が不透明です。先日は、6カ月契約の1カ月目で時給が引き下げられ、期間も短縮された、という相 談があった」(中野弁護士)
 失業率の数字の背後には、いつ使い捨てにされ、失業するかわからない半失業者が限りなく広がっているというわけだ。
 タカシさん(29)は、編集長に3人まとめて呼ばれたときから、なんとなく嫌な予感はしていた。全員が契約社員だったからだ。果たしてその予感は当たっ た。
 「人員が多すぎると、経理から言われた。申し訳ないが、もう契約社員としては雇えない」
 突然のクビ宣告。1年更新の契約期間はまだ半年も残っていた。中堅出版社の月刊誌編集部で働きだして3年目。多いときには月に7本の特集を担当し、いつ も締め切り前にはきっちり仕上げた。正社員以上に働いているという自負もあった。部数が低迷しているのは知っていたが、こんな仕打ちをされるとは……。
 最後に編集長はこう言った。
 「まだ若いんだから何とかなるよ。転職もできるしさ」
 簡単に言うなよ! そのひと言で怒りがふつふつとわいた。
 怒りと不安――。辞めさせられてからの1年間、タカシさんの中には二つの感情が交錯した。
 ある出版社の中途採用の試験では最終面接までいった。和やかに話していたのに、前の会社を辞めた経緯を話した途端、役員の顔が変わった。
 「なぜ契約だったの?」
 「なぜ打ち切られたの?」
 好きで契約社員を選んだわけではない。正社員でも契約でも、とにかく編集者としてスタートラインに立つことが先決だ、と思っていたのに。結局、この会社 は落ちた。理由は定かではないが、「契約」という言葉に反応された、そう感じざるを得ない。
 結局、知人に紹介された小規模出版社に再就職した。ほかにも探せば職はあったかもしれないけど、
 「精神的に余裕がなくて。自分が『やれるんだ』という自信もなくなっていたし。こんなことが重なるとやる気が先細っていき、自分への不安感だけが膨らん でいく。やっと立ち直れたところです」
 「使い捨て」は20代だけではない。30代前半にまで広がっている。
 アキオさん(33)の場合、わずか1カ月で「クビ」になった。派遣社員として働いたのは、大手銀行の関連会社の総務部門。理由として思い当たるのは、 ちょっとした社員との口論だった。
 
 ○「事前面接」で期間短縮
 「ちょっといいですか?」
 30代の男性社員から声を掛けられたのが始まり。備品のある倉庫のカギを持ち出すときにノートに記名しなかったと叱責された。すぐに謝ったが、執拗に、
 「なぜ忘れたんだ」
 と責めたてられる。思わず、
 「人間だれでも忘れることはあるだろう!」
 と怒鳴ってしまった。この間、2、3分。3日後、派遣会社から電話があった。
 「明後日からもう会社に行かなくていいですから」
 納得いかなかった。無断欠勤も遅刻もせず仕事はしていたのに。
 32歳まで、ある大手企業で社会保険関係の事務をしていたが、翻訳家になるという夢のために派遣を選んだ。実務経験に加え、英語はTOEIC740点、 退職後に受けた職業訓練でパソコンのワード、エクセルなど「武器」も備えた。男性専門の派遣会社に登録、すぐに2社から話があった。
 派遣会社からは、「6カ月契約、その後は正社員になる機会もある」と言われた。だが、本来は法律で禁止されている企業との「事前面接」に呼ばれたとき、 1カ月契約にしてほしい、と持ちかけられた。理由はなるべく早く正社員にしたいから、と説明され、逆に期待もし、了承した。
 「要は会社の文化に合うかの体のいい試用期間だった。でも派遣は決められた業務のためにプロとしてスキルを売りにしているのに」
 パートやアルバイト、派遣の労働条件改善のために設立された「首都圏青年ユニオン」の名取学委員長も怒りを隠さず、こう話す。
 「雇う側のモラルの低下が著しい。人はいくらでもいるんだ、ぐらいの感覚で、1年2年で消耗させて、長く使う気がない。これでは能力や意欲のある人で も、仕事を続けるのは難しい。特にサービス業では同じ職場で1年と続かない人が多くなっている」
 先の中野弁護士もこう話す。
 「職業上のキャリアは、その人の持つ技能や資格を一定の職場で、一定期間、人間関係を作りながら仕事してこそ初めて作られるもの。若い人たちにその機会 が保障されないと、本来持っているパワーさえ根こそぎ奪ってしまう」
 ことに、バブル崩壊後の就職氷河期世代は、「仕事があるだけマシ」と自分を納得させ、曖昧な不安は抱えながらも、世の中、不況なんだからと諦めてしま う。
 
 ○HPできた途端に交代
 まさにそんな状態のミキさん(27)はいま、いったん地方の実家に帰ることを考えている。
 「最近、大学受験で上京してきたときのことを思い出すんです。泊まったホテルからは、高層ビルで夜遅くまで働く人たちが見えた。私もいつかって思ってた んですけど。どこで間違っちゃったのか」
 いまも夢中で仕事をしたいという夢は捨て切れない。専門職につきたいと食品学の大学院に進んだが、論文や実験などに忙殺され、就職活動もままならなかっ た。いまの中堅食品メーカーの契約社員の職はハローワークで見つけた。
 仕事は「企画開発」という名の雑用。月給21万円から、という条件のはずが、面接に行くと、それは残業代込みという話だった。その後、残業代が認められ なくなり、いまは月々15万円ほどがやっと。
 「もっと仕事をしたいのにさせてもらえないことがつらい。勉強させてください、という意味でこの給料でも耐えているのに。でも、仕事があるだけいいんで しょうか。贅沢な悩みなんでしょうか」
 なぜ、東京にいる必要があるのか。私のやりたかったことはなんだったのか。春にはやってくる契約の更新は、しないつもりだ。
 逆に「虫のいい」使い捨てをされたのはレイコさん(26)だ。
 大手アパレルメーカーに派遣された1年前、その職場にはパソコンに精通している人は皆無。ワードとエクセルが使える程度のレイコさんに会社のHPの立ち 上げという大役が回ってきた。当然、知識もない。社内人脈もない。
 見よう見真似で、モデルやカメラマンの選定から、商品撮影、HPの制作に奔走した。商品知識を得るために社内各部署に勉強しにも行った。毎日帰宅は終電 になり「派遣なのに」と思わないわけでもなかったが、やり甲斐もあった。
 HPが完成した途端、担当を外された。新担当者は正社員の30代の女性。誰もが知っている大手企業のHPを作ったとして、履歴書に「ウエブプロデュー サー」と書けるようになりはしたが、
 「使い捨てです。自分でお金のためと割り切って派遣を選んだのに、ジレンマや悔しさを感じます」
 
 ○バイト組合作り交渉
 女性ユニオンの谷恵子副執行委員長は、こう話す。
 「20代は社会経験も未熟で、情報も知識もないから、理不尽な扱いを受けても、どう対処したらいいかわからない。1人で悩まないで、行政機関やユニオン などに電話をしてみてほしい」
 小山恒二さん(24)は大手飲食チェーンの、繁華街にある店舗でアルバイトをしている。昨夏のある日、店内に張られたたった1枚の紙で、フランチャイズ 方式だった店が、オーナーの事情で会社の直営になると告げられた。
 それまでは週に5、6日、朝6時から午後3時まで働き月20万円の収入を得ていた。直営後、新たに店にやってきた社員らは、小山さんら古参のバイトの時 間数を有無を言わせず削り、新たなバイトを雇った。理由を聞くと、
 「こっちにも事情があるんだ」
 のひと言で終わり。食い下がると、髪が長いだの、ピアスをしているだの……。特定の個人の、シフトの希望を提出する用紙が破り捨てられていることもあっ た。
 「フリーター生活は気楽に考えられているけど、時間数を勝手に削られたら、それは即生活ができなくなることを意味する。そうやって、前からのバイトを辞 めさせたいとしか思えなかった」
 収入は月5万円減った。職場を変えるのは簡単だが、4年も働いた店には思い入れも愛着もある。バイトの休日に、派遣で営業の仕事をして、生活を保ってい る。
 昨秋、バイト仲間10人で組合を発足させた。本社と交渉をするうちに、嫌がらせは収まった。結局、この店舗は閉鎖することになるが、他店への異動も前向 きに考えてもらえそうだ。
 「アルバイトだって、1人の働く人間。それをわかってほしい」
 (文中、カタカナ名は仮名)
 
 【写真説明】
 やりたい仕事のためなら、多少収入が低くとも。だが、その代償として、1人暮らししたくとも「パラシン」生活を余儀なくされる
 契約でもアルバイトでもない、仕事単位で雇う「業務請負」で働くケースも増えている。企業は責任を負う雇用契約は結ばない方向へ


■0115
□INFORMATION(朝日新聞)

 バイト・仕事のなんでも相談会 20日午後3時〜7時、東京都豊島区南大塚2丁目の首都圏青年ユニオン(電話03・5395・5359)で組合員や弁護 士らが無料相談に応じる。同ユニオンはフリーターやアルバイト、パート、派遣、契約などで働く人が一人でも入れる労働組合。


UP:20070710
◇労働 http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/d/w001.htm
TOP HOME (http://www.arsvi.com)