HOME > BOOK >

『見捨てられる〈いのち〉を考える――京都ALS嘱託殺人と人工呼吸器トリアージから』

安藤 泰至・島薗 進 編/川口 有美子・大谷 いづみ・児玉 真美 20211025 晶文社,264p.

Tweet
last update: 20211122

このHP経由で購入すると寄付されます


■安藤 泰至・島薗 進 編/川口 有美子大谷 いづみ児玉 真美 20211025 『見捨てられる〈いのち〉を考える――京都ALS嘱託殺人と人工呼吸器トリアージから』,晶文社,264p.ISBN-10:4794972806 ISBN-13:978-4794972804 1800+ [amazon][kinokuniya] ※ et-2020k. v03. als. be. et

『見捨てられる〈いのち〉を考える――京都ALS嘱託殺人と人工呼吸器トリアージから』表紙イメージ

■内容

紀伊国屋書店HPより

生きるべきひと/死んでいいひと、もう選別は始まっている……
安楽死と尊厳死、そして優生思想をめぐって緊迫していく現況に警鐘を鳴らす

2020年7月、ALS(筋萎縮性側索硬化症)の女性患者に薬物を投与したとして、
ふたりの医師が嘱託殺人の容疑で逮捕された。
同じ年、コロナ禍で医療が逼迫するなか、
人工呼吸器をどの患者に優先して使うべきかの議論が紛糾。
医療がひとの生命を縮めうるという事実に、私たちは直面せざるを得なくなった。

研究者として当事者として支援者として、
死生学や生命倫理に長らく携わってきた著者たちが緊急セミナーで結集。
安楽死・尊厳死、そして優生思想をめぐり、先走っていく世論に警鐘を鳴らす。


■目次


■書評・紹介



■言及




*作成:安田 智博
UP: 20211122 REV:
京都府におけるALS女性嘱託殺人事件  ◇人工呼吸器  ◇ALS  ◇生命倫理  ◇安楽死・尊厳死  ◇身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)