HOME > BOOK >

『ソーシャルワーカーになりたい――自己との対話を通した支援の解体新書』

芦沢 茂喜・山岸 倫子 20200610 生活書院,264p.

Tweet
last update: 20200925


このHP経由で購入すると寄付されます

■芦沢 茂喜・山岸 倫子 20200610 『ソーシャルワーカーになりたい――自己との対話を通した支援の解体新書』,生活書院,264p. ISBN-10: 486500114X ISBN-13: 978-4865001143 2000+ [amazon][kinokuniya] ※ msw. l. a02

■内容

紀伊国屋書店HPより

ソーシャルワーカーになるとはどういうことなんだろう?使える資源の量は多くなったけれど、自分達が動かなくても既にあるもの決められたものの中で行う業務となってしまったソーシャルワーク。だからこそ、そこに「人」が介在する意味を問い直したい。自らの実践を解体し対話を重ねる中からソーシャルワークの本質に迫る、ふたりの支援者からのメッセージ。

■著者等紹介

芦沢茂喜[アシザワシゲキ]
ソーシャルワーカー(精神保健福祉士、社会福祉士)。第1号職場適応援助者(ジョブコーチ)。国際医療福祉大学医療福祉学部医療福祉学科卒業。東京都立大学大学院社会科学研究科修士課程(社会福祉学)修了。信州大学大学院社会政策科学研究科修士課程(経済学)修了。山梨県内の民間精神科病院等での勤務を経て、山梨県庁に入庁(福祉職)。中北保健所峡北支所、精神保健福祉センター等を経て、現在は中北保健福祉事務所に勤務

山岸倫子[ヤマギシトモコ]
ソーシャルワーカー(社会福祉士)。静岡大学人文学部社会学科卒業。東京都立大学大学院社会科学研究科修士課程(社会福祉学)修了。東京都立大学大学院社会科学研究科博士課程(社会福祉学)単位取得退学。社会福祉協議会で地域活動支援センター指導員補助、生活保護面接相談員を経験したのち、東京都内の社会福祉法人に勤務。主に生活困窮者自立支援制度に従事するかたわら、大学にて非常勤講師として、福祉についての講義を行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

■目次

まえがき……芦沢 茂喜
I おもいおもわれ、ふりふられ―ソーシャルワーカーになりたい私のものがたり……芦沢 茂喜
第1章 言葉の裏には想いがある
第2章 振り回されるのが仕事
第3章 ポジショニング
第4章 私があるのは、私という道具だけ
第5章 問題だと思っている人がいて、初めて問題になる
第6章 ただその場にいるだけのソーシャルワーカー

II その人の世界に出会う―わたしの「世界」とその人の「世界」の接点で……山岸 倫子
第7章 わたし、育つ
第8章 わたし、出会う
第9章 わたし、冒険する
第10章 わたしと当事者性
第11章 わたし、かかわる
第12章 彼女‐わたし‐社会
おわりに
あとがき……山岸 倫子

■引用



■書評・紹介



■言及





*作成:安田 智博
UP: 20200925 REV:
医療ソーシャル・ワーカー 生活・生存  ◇介助・介護  ◇身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)