HOME > BOOK >

『治療を渡り歩く人びと――ナイジェリアの水上スラムにおける治療ネットワークの民族誌』

玉井 隆 20200325 風響社,300p.

Tweet
last update: 20210315


このHP経由で購入すると寄付されます

玉井 隆 20200325 『治療を渡り歩く人びと――ナイジェリアの水上スラムにおける治療ネットワークの民族誌』,風響社,300p. ISBN-10: 4894891573 ISBN-13: 978-4894891579 5000+ [amazon][kinokuniya] ※ ma. sm. ms

『治療を渡り歩く人びと――ナイジェリアの水上スラムにおける治療ネットワークの民族誌』表紙イメージ

■内容

紀伊国屋書店HPより

生物医療によって制圧されたかに見えるマラリア。だが、エグンの人びとは、より劣悪な故郷ベナンでの治療を求め長駆する。科学的合理性や技術・施設という価値観に背を向け、時に自殺行為ともなる彼らの行動原理とは。フィールドから、正解のない問題として見直す、現代医療の功罪。

■目次

はじめに

序論 生物医療・信頼・治療ネットワーク
  一 研究の枠組み
  二 先行研究の検討
  三 本書の構成と調査の背景
第一章 民族的境界の諸相
  一 マココ地区の位置
  二 マココ地区におけるエグンの歴史
  三 ヨルバに対する忌避
  四 故郷の位置
  五 小結
第二章 エグンの日常的実践
  一 外部からの小規模支援
  二 エグンの自助努力
  三 小結
第三章 マラリア対策とマココ地区における生物医療の展開
  一 マラリア対策の変遷
  二 マココ地区における生物医療の展開
  三 小結
第四章 エグンのマラリア認識
  一 オバ――マラリアと腸チフスの区別
  二 マラリア認識の背景
  三 小結
第五章 治療の探求
  一 マラリア対処の方法
  二 マラリア対処の変化
  三 出産の場所
  四 小結
第六章 エグンとヨルバの狭間
  一 教会を通したかかわり
  二 会社を通したかかわり
  三 ナイジェリアで生まれ育ったエグン
  四 小結
結論 治療を渡り歩く人びと
  一 限界状況における実践
  二 本書の学術的意義
  三 政策的インプリケーション

あとがき
参照文献
索引

■書評・紹介


■言及


■引用





*作成:安田 智博
UP: 20200925 REV: 20210315
医療人類学 医療社会学  ◇医療と社会  ◇身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)