HOME > BOOK >

『ルポ 闘う情状弁護へ――「知的・発達障害と更生支援」、その新しい潮流』

佐藤 幹夫 20200319 論創社,304p.

Tweet
last update:20200406

このHP経由で購入すると寄付されます


佐藤 幹夫 20200319 『ルポ 闘う情状弁護へ――「知的・発達障害と更生支援」、その新しい潮流』,論創社,304p. ISBN-10:4846019039 ISBN-13: 978-4846019037 2400+ [amazon][kinokuniya] ※ ds

■内容

amazonより

内容紹介

司法は「障害」をどう裁いてきたか。

2012年に大阪市で起きた「実姉殺人事件」と2017年津久井やまゆり園の「優生思想テロ」は連動している、とした著者の7年間にわたる〈法廷ドキュメンタリー〉の集大成。障害と犯罪と司法に新視点を導入する!
私の最大のテーマは、「障害/健常」などという分断の必要のない社会、そんな言葉自体がなくても暮らしていける社会がどうすれば可能なのかというものです。そんなことは非現実的な夢想にすぎない、と“リアリスト”を自称する人たちからは嘲笑されるでしょうが、ともあれ、自分自身の著作が背理であり、この背理をどうクリアしていくか。そのこともまた重要な課題でした。(「はじめに」より)

「BOOK」データベースより

2012年に大阪市で起きた「実姉殺人事件」と2017年の津久井やまゆり園の「優生思想テロ事件」は連動している、とした著者の7年間にわたる“法廷ドキュメンタリー”の集大成。障害と犯罪と司法に新視点を導入する!

■目次


■著者略歴

amazonより

著者について

佐藤幹夫(さとう・みきお)
1953年生まれ。秋田県出身。養護学校の教員を20年以上勤める。その後フリージャーナリストとして活動。批評誌『飢餓陣営』の主宰者として、思想・文学・心理学など幅広い分野で評論活動も行う。

著書に『自閉症裁判』(朝日文庫)、『一七歳の自閉症裁判』(岩波現代文庫)、『知的障害と裁き ドキュメント千葉東金事件』(岩波書店)、『ルポ認知症ケア最前線』I(岩波新書)、『ルポ高齢者ケア 都市の戦略、地方の再生』(ちくま新書)、『評伝島成郎』(筑摩書房)など多数。

「BOOK著者紹介情報」より

佐藤/幹夫
1953年生まれ。秋田県出身。養護学校の教員を20年以上勤める。その後フリージャーナリストとして活動。批評誌『飢餓陣営』の主宰者として、思想・文学・心理学など幅広い分野で評論活動も行う。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

■引用


■書評・紹介


■言及



*作成:今井 浩登
UP:20200406 REV:
障害学(Disability Studies) 身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)