HOME > BOOK >

『支援のてまえで――たこの木クラブと多摩の四〇年』

三井 さよ・児玉雄大 編 20200228 生活書院,368p.

Tweet
last update:20201003

このHP経由で購入すると寄付されます


三井 さよ・児玉 雄大 編 20200228 『支援のてまえで――たこの木クラブと多摩の四〇年』,生活書院,368p. ISBN-10: 4865001085 ISBN-13: 978-4865001082 2300+ [amazon][kinokuniya] ※ lc. l. a02002201

『支援のてまえで たこの木クラブと多摩の四〇年』表紙イメージ

■内容

amazonより

内容紹介

暮らしに根差しながらまずはかかわるところから始める、とはどのようなことか。

ものすごい勢いで物事が変化していく支援の現場。
発せられた言葉はあっという間に過去のものになり、日々更新されていく。
でも、だからこそ、多摩の人たちが何をしようとしてきたのかを伝えたい。
昔を懐かしむのでもなく、「いま」をそのまま切り取るのでもない、そうした記録を残したい。

「BOOK」データベースより

暮らしに根差しながらまずはかかわるところから始める、とはどのようなことか。ものすごい勢いで物事が変化していく支援の現場。発せられた言葉はあっという間に過去のものになり、日々更新されていく。でも、だからこそ、多摩の人たちが何をしようとしてきたのかを伝えたい。昔を懐かしむのでもなく、「いま」をそのまま切り取るのでもない、そうした記録を残したい。

■目次

はじめに――たこの木クラブと多摩の前史……三井 さよ
 1 暮らしに根差し、かかわることから始める――たこの木クラブや多摩の特徴
 2 多摩というところ――複数の事業所によるネットワーク
 3 三つの保育園と就学時健康診断反対運動
 コラム たこの木追っかけ日記――たこの木にまつわる諸々のこと@……荒木巧也

第1章 たこの木クラブと多摩の四〇年……三井 さよ
 1 多摩で育まれていた土壌
 2 子ども会活動と地域
 3 食べることと暮らしと
 4 青年たちの課題へ
 5 事業を立ち上げる
 6 制度との緊張関係
 7 引き継ぐものは何か
 コラム たこの木追っかけ日記――たこの木にまつわる諸々のことA……荒木 巧也
 Photo たこの木キャンプ(一九九四 道志川)
第2章 支援は“やりとり”の連続に尽きる……岩橋 誠治
 1 「関係づくり」から「支援」へ
 2 相手があっての支援・その相手とは?
 3 支援をする側/される側――そもそも何を支援している?
 4 わからない相手との関わり
 5 関わり続けるしんどさ
 6 ともに生きるための支援@――制度/支援の利用はレッテル貼りではない
 7 ともに生きるための支援A――たとえ「制度の対象者」と捉えなくても
 8 ともに生きるための支援B――様々な関係を築く中に
 9〈やりとり〉というコミュニケーション
 10 支援は〈やりとり〉の連続に尽きる
 コラム たこの木追っかけ日記――たこの木にまつわる諸々のことB……荒木 巧也
第3章 子ども会から働く場へ?たこの木の三〇年、あしたやの二〇年……和田 幸子
 1 たこの木ひろば開設
 2 働く場つくり準備会からたこの木企画へ
 3 はらっぱ開設――たこの木共働企画へ
 4 あしたや開設――あしたや共働企画へ
 5 共に働くって?――最初の思い
 6 制度利用――作業所の補助金から、障害者自立支援法へ
 7 線引きの問題――支援法内事業に移行して
 8 働くということ
 コラム たこの木追っかけ日記――たこの木にまつわる諸々のことC……荒木 巧也
第4章 支援のその先へ?すいいち企画……児玉 雄大
 1 すいいち企画との出会い
 2 ある日のすいいち企画から
 3 支援しない支援
 4 交戦しない反乱・ゲリラ作戦としてのすいいち企画
 5 支援のその先へ
 コラム たこの木追っかけ日記――たこの木にまつわる諸々のことD……荒木 巧也
 Photo 夏合宿(一九九四 馬頭)
第5章 諦めることを諦める――たこの木クラブのスタッフとしての一〇年間……横田 彰敏(聴き手+構成:三井 さよ)
 1 たこの木クラブで働き始めた頃
 2 当時のたこの木クラブの印象
 3 転機になったのは?
 4 介助者たちの「温度差」
 5 横田さんの立ち位置
 6 岩橋さんはどう見えるか
 7 デタッチメント
 コラム たこの木追っかけ日記――たこの木にまつわる諸々のことE……荒木 巧也
第6章 介助を続けていく……寺本 晃久
 1 オーダーメイドで暮らしをつくる
 2 一緒にいることとその難しさ
特別付録 講演録 「重度の知的障がいのある人の一人暮らしを支える」……岩橋 誠治(編集・ヒビノクラシ舎)
 1 「知的当事者の一人暮らし」と「私たちの一人暮らし」
 2 重度の知的障害者が自らの暮らしをはじめられない理由
 3 重度知的当事者の自立生活支援の系譜と多摩市のたこの木クラブ
 4 「専門性」と「支援のレシピ」
 5 地域移行支援事業に関わって
 6 連続する暮らしの中で支援を連続させていく
 7 地域で暮らすということ
 8 事業所によるヘルパー派遣制度について
 9 キーパーソンを育てる
 10 おしまいに

おわりに……三井さよ

■著者略歴

amazonより

【編者紹介】

三井さよ(みつい・さよ)
1973年生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科博士課程修了(博士(社会学))。法政大学社会学部教員。
著書に『ケアの社会学??臨床現場との対話』(勁草書房、2004年)、『看護とケア??心揺り動かされる仕事とは』(角川学芸出版、2010年)、『はじめてのケア論』(有斐閣、2018年)など。編書に『ケアとサポートの社会学』(鈴木智之と共編、法政大学 出版局、2007年)、『〈支援〉の社会学』(崎山治男・伊藤智樹・佐藤恵と共編、青弓社、2008年)、『ケアのリアリティ──境界を問いなおす』(鈴木智之と共編、法政大学出版局、2012年)など。雑誌『支援』の編集委員。

児玉雄大(こだま・たけひろ)
1970年生まれ。2015年から障害者の自立生活支援にたずさわる。現在は支援のかたわら、フリースペース「ヒビノクラシ舎」を運営。また、ケータリングユニット「カオスフーズ」のメンバーとしても活動。 編書に『SHALL WE DANCE? 3.11以降の暮らしを考える』(メディア総合研究所、2012年)、共著書に『つながった世界??ぼくのじゃがたら物語』(Pヴァイン、2015年)、『別冊ele-king じゃがたら??おまえはおまえの踊りをおどれ』(Pヴァイン、2020年)など。

【執筆者紹介】

岩橋誠治(いわはし・せいじ)
1963年生まれ。1987年9月、市民団体「たこの木クラブ」設立、同代表。2006年1月、 居宅介護事業所「はてなのたね」設立。2008年7月、NPO法人『ねじり草』設立、同理 事長。「障がいのあるなしに関わらず、誰もが地域で共に生きる」ことを願い、「子どもた ちどうしの関係づくり」をめざすたこの木クラブを設立。子どもたちを切り分ける社会 の課題を担う中で、今日では、成人した障がい当事者の生活全般に渡る支援を行っている。
共著書に『良い支援???知的障害/自閉の人たちの自立生活と支援』(生活書院、2008年)、『ズレてる支援! ??知的障害/自閉の人たちの自立生活と重度訪問介護の 対象拡大』(生活書院、2015年)など。

和田幸子(わだ・ゆきこ)
1949年生まれ。日本社会事業大学在学中に日本脳性マヒ者協会「青い芝の会」のメン バーと出会う。卒業後、保育士、たこの木クラブ専従などを経て、現在、NPO法人あ したや共働企画理事、パート職員。2019年より、知的障害のある女性二人の自立生活 の支援を始める。

横田彰敏(よこた・あきとし)
1967年生まれ。専修大学文学部国文学科卒業後、旅行添乗員、高校入試教材の訪問販売員、建築作業員、ホームヘルパーなどを転々とし、現在、たこの木クラブ職員。

寺本晃久(てらもと・あきひさ)
1973年生まれ。東京都立大学大学院社会科学研究科(社会学)博士課程単位取得退学。 介助者。学生時代に知的障害のある人の当事者活動を知る。2001年から自立生活者の 介助を始め、現在は多摩地区で障害のある人が自立生活・地域生活を送るための介助や そのコーディネートをしている。
共著書に『良い支援???知的障害/自閉の人たちの自立生活と支援』(生活書院、2008年)、『ズレてる支援! ??知的障害/自閉の人たちの自立生活と重度訪問介護の 対象拡大』(生活書院、2015年)など。

荒木巧也(あらき・たかや)
1978年生まれ。中京大学情報科学部卒。障害者入所施設で働いているときに、ピープルファーストや自立生活運動を知り、自立生活の介助者になる。たこの木クラブの派遣事業「はてなのたね」などに所属している。

「BOOK著者紹介情報」より

三井/さよ
1973年生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科博士課程修了(博士(社会学))。法政大学社会学部教員。雑誌『支援』の編集委員

児玉/雄大
1970年生まれ。2015年から障害者の自立生活支援にたずさわる。現在は支援のかたわら、フリースペース「ヒビノクラシ舎」を運営。また、ケータリングユニット「カオスフーズ」のメンバーとしても活動

岩橋/誠治
1963年生まれ。1987年9月、市民団体「たこの木クラブ」設立、同代表。2006年1月、居宅介護事業所「はてなのたね」設立。2008年7月、NPO法人『ねじり草』設立、同理事長。「障がいのあるなしに関わらず、誰もが地域で共に生きる」ことを願い、「子どもたちどうしの関係づくり」をめざすたこの木クラブを設立。子どもたちを切り分ける社会の課題を担う中で、今日では、成人した障がい当事者の生活全般に渡る支援を行っている

和田/幸子
1949年生まれ。日本社会事業大学在学中に日本脳性マヒ者協会「青い芝の会」のメンバーと出会う。卒業後、保育士、たこの木クラブ専従などを経て、現在、NPO法人あしたや共働企画理事、パート職員。2019年より、知的障害のある女性二人の自立生活の支援を始める

横田/彰敏
1967年生まれ。専修大学文学部国文学科卒業後、旅行添乗員、高校入試教材の訪問販売員、建築作業員、ホームヘルパーなどを転々とし、現在、たこの木クラブ職員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

■引用


■書評・紹介


■言及



*作成:今井 浩登
UP: 20200403 REV: 1003(安田 智博)
生活支援/相談支援  ◇生活・生存  ◇社会福祉基礎構造改革/支援費制度/… 〜2002 生活書院の本  ◇身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)