HOME > BOOK >

『新世紀「ひとむれ」――北海道家庭学校の子ども達』

仁原 正幹 20191220 生活書院,316p.

Tweet
last update: 20200206

このHP経由で購入すると寄付されます

『新世紀「ひとむれ」――北海道家庭学校の子ども達』


■仁原 正幹 20191220 『新世紀「ひとむれ」――北海道家庭学校の子ども達』,生活書院,316p. ISBN-10: 4865001077 ISBN-13: 978-4865001075 2200+ [amazon][kinokuniya]

■内容

amazon

「BOOK」データベースより

新世紀の児童自立支援施設のありかたを模索する日々の中から、子ども達への願い、職員への想い、児童虐待や発達障害などを背景とする今日の社会的養護のさまざまな問題、児童福祉のこれからについて綴った、第九代校長による思索の結晶。


■目次

1 平成26年度
2 平成27年度
3 平成28年度
4 平成29年度
5 平成30年度
6 平成31年度


■著者略歴

本書奥付より

仁原 正幹(にはら・まさき)

昭和29(1954)年、北海道富良野市生まれ。
京都大学教育学部卒業。
北海道立向陽学院長、北海道中央児童相談所長などを経て、
平成26(2014)年4月から社会福祉法人北海道家庭学校・校長。


■引用



■書評・紹介



■言及





*作成:岩ア 弘泰
UP: 20200206 REV:
身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)