HOME > BOOK >

『知的障害のある子を育てた母の障害観――ICF による質的分析から』

下尾 直子 20180424 生活書院,304p.

Tweet
last update:20180612

このHP経由で購入すると寄付されます


■下尾 直子 20180424 『知的障害のある子を育てた母の障害観――ICF による質的分析から』,生活書院,304p. ISBN-10:4865000798 ISBN-13:978-4865000795 3200+ [amazon][kinokuniya] i01

■内容

出版社HPより

「当事者の母親」ではなく「母親当事者」として、「蹴飛ばされる」のでも「頼られる」のでもない当事者像を確立すること。
「差別する社会との仲介者」として、なによりも「わが子が生きていく社会」を変える一助となること。
 障害児を育てた母親当事者の声をICFのコードにリンクさせることで、「社会モデルでも個人モデルでもないモデル」を表現しうる道具としてのICFを模索し、「脱家族」に対する母親の違和感を「ICFと社会モデル」の相克と重ねて明らかにする。

■著者等紹介

下尾直子[シモオナオコ]
1962年生。日本女子大学文学部社会福祉学科卒業後、(株)ニッポン放送アナウンサー、FMNACK5パーソナリティー。結婚・出産・子育てののち、横浜国立大学大学院教育学研究科障害児教育専攻博士課程前期修了(教育学修士)、日本女子大学大学院人間社会研究科社会福祉学専攻博士課程後期修了(社会福祉学博士)。日本女子大学非常勤講師等を経て、洗足こども短期大学准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

■目次

第1章  研究の背景
    第1節  研究の背景と議論の文脈
    第2節  先行研究
    第3節  目的と意義

第2章  研究の方法
    第1節  研究における問い
    第2節  筆者の立ち位置
    第3節  用語の定義
    第4節  研究の設計と流れ

第3章  障害のある子を育てた母親のグループディスカッション
    第1節  ディスカッション参加者プロフィール
    第2節  グループごとのディスカッションの流れ
    第3節  コード関連図にみる母親の障害観
    第4節  ICFコードリンキング過程及び関連図からの知見

第4章  考察と結論
    第1節  知的障害のある子をもつ母親の障害観
    第2節  社会資源として活かす知的障害のある子をもつ母親の障害観
    第3節  今後への課題と総括
    第4節  総括

補章  先行研究
    第1節  障害児家族研究と親の障害観
    第2節  ICFについての先行研究レビュー

あとがき
引用文献

■引用

■書評・紹介

■言及



*作成:安田 智博
UP:20180612 REV:
知的障害/知的障害者  身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)