HOME > BOOK >

『広がる隣人との距離ーー制度の狭間で見えなくなる困窮』

花園大学人権教育研究センター 編 20180320 批評社,222p.

Tweet
last update:20240122

このHP経由で購入すると寄付されます


■花園大学人権教育研究センター 編 20180320 『広がる隣人との距離ーー制度の狭間で見えなくなる困窮』,批評社,222p. ISBN-10:4826506775 ISBN-13:978-4826506779 1800+ [amazon][kinokuniya] ※ 

■内容

紹介


著者略歴


■目次

釜ヶ崎から日本の貧困を考える
普通の弁護士がお金にならない原発裁判をやる理由
仏教を基盤とした病者の看取り ビハーラ活動と臨床宗教師研修
大阪府社会貢献事業の現状と課題ー制度のはざまに寄り添う社会福祉法人によるレスキュー事業
つまづきの石ー曹洞宗の差別事象をふり返る
マス・メディアのモラル・パニック
子どもの育ちと障害にかかわる権利保障

■引用


■書評・紹介


■言及



*作成:今井 浩登
UP:20240122 REV:
身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)