HOME > BOOK >

『原発災害・避難年表――図表と年表で知る福島原発震災からの道』

原発災害・避難年表編集委員会 編 20180311 すいれん舎,425p.

Tweet
last update:20180321

このHP経由で購入すると寄付されます


■原発災害・避難年表編集委員会 編 20180311 『原発災害・避難年表――図表と年表で知る福島原発震災からの道』,すいれん舎,425p. ISBN-10:4863695322 ISBN-13:978-4863695320 12000+ [amazon][kinokuniya] ※ npp-f

■内容

[amazon]より

内容紹介
I 図表・地図・年表で知る福島原発震災の実相 2014年に刊行された「原子力総合年表」の続編として、その後の被害の実相を図表、地図や年表でわかりやすく配列した。原発問題を理解するのに最適な資料。 II 「個人避難」年表により避難の個別・具体的問題を描く 本書は福島原発震災の避難に焦点をあてており、さまざまな資料を提供している。中でも家族ごとの避難記録を個人年表という形で提供し、避難の個別・具体的な問題点を描き、その実態に迫ろうとした。 III 年表という形式での基礎的事実の提供 国内と世界各国の原子力発電の軌跡 福島原発事故とそれに続く避難問題についての基礎的事実を把握できるよう、年表という形式での基礎的事実を提供した。さらに国内21か所mp原発施設、世界9か国・地域の原子力発電の軌跡を30の年表と地図で収録し、すべての記事項目に出典を明記した。 IV 福島とチェルノブイリの対比資料を多数掲載 「チェルノブイリの歴史・現状は福島の未来なのか」という問題意識のもと、本書は福島原発事故とチェルノブイリ原発事故とのさまざまな図表、地図が多数掲載されて、問題を対比して把握できるようにしている。 V 原子力関係用語集を巻末に収録 放射線に関する単位や原子炉の型に関する用語集のほか、IAEAとは何か、原子力規制委員会、デブリなど原子力関係で使用頻度の高い用語についてわかりやすく解説した用語解説を巻末に収録した。 VI 福島県下全高校の原発問題アンケート 福島県下全高校の理科、国語、社会科の教員に福島原発事故前後の原発問題意識についてアンケート調査した結果をグラフ、表にまとめたほか約200人の個人意見を収録した。


内容(「BOOK」データベースより)
「個人避難」年表により避難の個別・具体的問題を描く。年表という形式での基礎的事実の提供、国内と世界各国の原子力発電の軌跡。福島とチェルノブイリの対比資料を多数掲載。原子力関係用語集を巻末に収録。事項、地名、人名索引を作成、付加。

■目次

第1部 福島原発震災のもたらしたもの(事故の概要;被害の広がり;避難者たちはどう行動したか―個人避難年表;福島・チェルノブイリ事故の比較)

第2部 日本と世界の原子力発電(日本の原子力発電所および関連施設;世界の原子力発電所)

■引用

■書評・紹介

■言及



*作成:岩ア 弘泰
UP:20180321 REV:
福島第一原発事故 身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)