HOME > BOOK >

『被災経験の聴きとりから考える――東日本大震災後の日常生活と公的支援』

土屋 葉・岩永 理恵・井口 高志・田宮 遊子 20180228 生活書院,257p.

Tweet
last update:20180315

このHP経由で購入すると寄付されます


土屋 葉・岩永 理恵・井口 高志・田宮 遊子 20180228 『被災経験の聴きとりから考える――東日本大震災後の日常生活と公的支援』,生活書院,257p. ISBN-10:4865000763 ISBN-13:978-4865000764 2500+ [amazon][kinokuniya] ※ d10 i03j

『被災経験の聴きとりから考える――東日本大震災後の日常生活と公的支援』表紙

■内容

amazonより

内容紹介

東日本大震災及び福島原発事故の発生から七年…社会的関心がすでに失われた今だからこそ、 震災が弱者と呼ばれる人びとに与える中長期的な影響を考える!

障害のある人たち、介護を抱えた生活、母子世帯、中壮年ひとり暮らしの男性、 生活保護受給世帯、単身の高齢女性たち… 五年間にわたって調査に入り続け、震災以前からあった脆弱性、「被災のその日」、 そして「今の暮らし」のあり様を丹念に聴きとる中から、支援のあり方を考える、 四人の研究者の「共同」の仕事の成果。

災害研究、社会福祉、社会学、障害学、社会保障、貧困研究に関心のある読者必読の書。


著者について

土屋 葉(つちや・よう)
1973年岐阜県生まれ。愛知大学文学部准教授。
主な著書・論文に、
『障害者家族を生きる』(勁草書房、2002年)、「東日本大震災と障害をもつ人の「生」」(天田城介・渡辺克典編著『大震災の生存学』青弓社、2015年)など。障害学研究会中部部会の一員として編んだものとして『愛知の障害者運動――実践者たちが語る』(現代書館、2015年)がある。

岩永理恵(いわなが・りえ)
1977年東京都生まれ。日本女子大学人間社会学部准教授。
主要著書・論文に、
『生活保護は最低生活をどう構想したか――保護基準と実施要領の歴史分析(現代社会政策のフロンティア)』(ミネルヴァ書房、2011年)、「借り上げ仮設住宅から住宅手当へ――社会的弱者の「被災後」から「平常時」の生活を支える制度の探究」(『貧困研究』14、2015年)「『非日常』と『日常』をつなぐ普遍的な住宅政策を――東日本大震災、阪神・淡路大震災、生活保護から考える」(『世界』2017.7、2017年)など。

井口高志(いぐち・たかし)
1975年山梨県生まれ。奈良女子大学生活環境科学系准教授。
主な著書・論文に、
『認知症家族介護を生きる――新しい認知症ケア時代の臨床社会学』(東信堂、2007年)、「認知症の人の『思い』と支援実践――語りと現実との関係から問い直す臨床社会学」『N: ナラティヴとケア』6、2015年)、「「できること」の場を広げる――若年認知症と折り合いをつける実践の展開が示唆するもの」(『現代思想』43-6、2015年)など。

田宮遊子(たみや・ゆうこ)
1975年東京都生まれ。神戸学院大学経済学部准教授。
主要著書・論文に、
「親の配偶関係別にみたひとり親世帯の子どもの貧困率――世帯構成の変化と社会保障の効果」(『社会保障研究』2-1、2017年)、「高齢期女性の貧困――レスキュー事業利用者からみる生活困窮の実態」(『個人金融』11-3、2016年)、「母子世帯の最低所得保障」(駒村康平編『最低所得保障』岩波書店、2010年)など。


■目次


■引用

■書評・紹介

■言及



*作成:岩ア 弘泰
UP:20180315 REV:
災害と障害者・病者:東日本大震災  ◇生活保護  ◇身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)