HOME > BOOK >

『「孤独」は消せる。』

吉藤 健太朗 20170310 サンマーク出版,271p.

Tweet
last update:20170630

このHP経由で購入すると寄付されます


■吉藤 健太朗 20170310 『「孤独」は消せる。』,サンマーク出版,271p.ISBN-10: 476313566X ISBN-13: 978-4763135667 1,400+ [amazon] [kinokuniya]

■内容

(amazonより引用)
 11歳から14歳までの3年半、不登校やひきこもりを経験し、生きることが辛いほどの孤独に苦しめられた吉藤健太朗。
 中1の夏、ふとしたきっかけで出場することになったロボットコンテストで奇跡の優勝を果たす。
 師匠と呼ぶ先生との出会いを経て高校に進学後は、画期的な車椅子の発明から世界最大の高校生の科学大会「Intel ISEF」でみごと栄冠に輝く体験をすることに! ところが……。
 それまでの辛い経験、努力が報われたことや、栄えある受賞の誇らしさを感じながらも、猛烈に湧き上がってくるのは「自分は何のために生きているのか」という強烈な不安感だった。
 黒い白衣に身を包み、分身ロボットの開発やALS患者のコミュニケーション技術の研究で国内外から注目されるロボットコミュニケーターによる、初めて胸の内を綴った書き下ろしノンフィクション。
 人生のいろいろな壁を、常識破りやクレイジーと言われる方法で突破しながら、"理論"ではなく"感覚"でロボットを研究する筆者の思考回路、発想法が詰まった、自分のあらゆる可能性の扉を開きたくなる1冊。

■目次

分身ロボット「OriHime」
1人でやれることは1人で進める
足を使って移動することでわかること
私の白衣はなぜ黒いのか
人と馴染めなかった幼少時代
何でも極めれば文句は言われない
ひきこもりからの脱出
学校は行きたいときに行くもの
師匠への弟子入り
人付き合いの苦手さを得意なことでカバーする
日本最大の科学コンテストに挑戦
世界大会への挑戦と世界の高校生との出会い
「孤独」という問題と向き合う
孤独を癒すとは何なのか?
大切なことは野外活動が教えてくれた
なぜ「擬生命化現象」は起きるのか?
入りたい研究室がないので自分でつくる
たった1人のロボット開発
ALS患者の孤独を解消せよ
強力な応援者の存在に助けられる日々
自分への挑戦 ほか

■引用

■書評・紹介

■言及



*作成:焦 岩
UP: 20170630
身体×世界:関連書籍BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)