HOME > BOOK >

『「病いの経験」を聞き取る[新版]』

蘭 由岐子 20170310 生活書院,537p.

Tweet
last update:20170919

このHP経由で購入すると寄付されます


蘭 由岐子(あらやぎ ゆきこ) 20170310 『「病いの経験」を聞き取る[新版]』,生活書院,537p. ISBN-10:486500064X ISBN-13:978-4865000641 1800+ [amazon][kinokuniya] ※ lep

■内容

[amazon]より

内容(「BOOK」データベースより)

療養所内外のハンセン病者が歩んだ生活史と思いを、一人ひとりの「病いの経験」を聞くフィールドワークにたずさわる自らの姿とともに描いた、社会学におけるライフヒストリー研究、質的調査法の画期をなした名著、文庫版となって待望の新版刊行!


著者について

蘭 由岐子(あららぎ・ゆきこ) 1983年奈良女子大学大学院家政学研究科修了。奈良女子大学博士(学術)。九州女子大学専任講師、賢明女子学院短期大学助教授、神戸市看護大学准教授を経て、2012年4月より追手門学院大学社会学部教授。専攻は健康と病いの社会学、質的調査法。 主な著書に、『ハンセン病 日本と世界――病い・差別・いきる』(分担執筆、工作舎、2016年)、『医師と患者のライフストーリー』(分担執筆、ネットワーク医療と人権、2009年)、論文に「ハンセン病者の医療ケアにおける困難をめぐって」(『現代の社会病理』No.28: 21-39、2013年)など

■目次

第I部 ライフヒストリーを聞き取るということ

序章 フィールドに出る、ライフヒストリーを聞き取る――「わたし」の経験
 1 はじめに――ハンセン病・ハンセン病療養所について
 2 なぜ「わたし」はハンセン病療養所入所者の聞き取りをするようになったのか
 3 聞き取りという実践――ハンセン病とかかわる「わたし」の経験
 4 ハンセン病療養所入所者からライフヒストリーを聞き取るということ
 5 課題

第一章 ハンセン病者研究の方法論的視座
 1 ハンセン病者のなにに焦点をあてるか
 2 「病いの経験」と「病いの語り」
 3 ライフヒストリーの方法論


第II部 ハンセン病者の「病いの経験」

第二章 ハンセン病者にとっての「家族」
 1 はじめに
 2 ハンセン病療養所とその入所者の現況
 3 入所者と家族
 4 入所者にとっての「家族」とは

第三章 「悔い」を生きる
 1 ある論評
 2 発病から療養所入所まで
 3 結婚
 4 在郷家族との関係
 5 「後悔すること」の意味

第四章 「正直に」生きる
 1 独特のアイデンティティの表明
 2 中山義和さんというひと
 3 ハンセン病を病むということ、療養所で暮らすということ
 4 中山義和さんのその後

第五章 「六つの名前」を生きる
 1 六つの名前
 2 療養所入所以前――○○チヅ、岩田加代子、大牟田与志、中井良子を生きる
 3 療養所入所後――藤川チヅ、佐藤良子を生きる
 4 戦後――中井良子、佐藤良子、そして藤川チヅを生きる
 5 むすびにかえて

第六章 「社会」に生きる
 1 ハンセン病者のサブカテゴリー
 2 療養所退所者にインタビューするということ
 3 うそをつくのが上手になった人生――島田一成さんのライフヒストリー
 4 不遇な人生――武内太郎さんのライフヒストリー
 5 静かな闘志――沢口明さんのライフヒストリー

第七章 「訴訟期」を生きる
 1 論理ではなく心情――原告にならない理由
 2 原告になることの苦悩――社会復帰者 沢口明さんの経験

第八章 「訴訟期療養所」というフィールドで
 1 ハンセン病訴訟原告勝訴
 2 訴訟期ハンセン病療養所
 3 あるフィールドワーク
 4 フィールドワークを終えて
 5 差別をめぐる位置取り――告発、啓発、忌避、そして、向き合うこと

むすびにかえて
 1 語ることの困難さとその克服
 2 誰がどのように語りを聞くか――語りと社会的コンテクスト
 3 今後の課題

補遺 ハンセン病政策史の概要
 1 戦前のハンセン病予防政策
 2 戦後のハンセン病予防政策
 3 「らい予防法」の内容
 4 「らい予防法」の廃止
 5 「らい予防法」違憲国家賠償請求訴訟提訴と原告勝訴

文献一覧
資料
あとがき
文庫版あとがき
解説 桜井厚
人の生きる死ぬるをみつめる目――蘭由岐子さんのこと 伊藤比呂美

■引用

■書評・紹介

■言及



*作成:岩ア 弘泰
UP:20170919 REV:
ハンセン病 leprosy 身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)