HOME > BOOK >

『ビニール傘』

岸 政彦 20170130 新潮社,124p.

Tweet
last update: 20190131

このHP経由で購入すると寄付されます

『ビニール傘』表紙イメージ

岸 政彦 20170130 『ビニール傘』,新潮社,124p.ISBN-10: 4103507217 ISBN-13: 978-4103507215 1400+ [amazon][kinokuniya]

■内容

共鳴する街の声――。気鋭の社会学者による、初の小説集!
侘しさ、人恋しさ、明日をも知れぬ不安感。大阪の片隅で暮らす、若く貧しい俺と私(「ビニール傘」)。誰にでも脳のなかに小さな部屋があって、なにかつらいことがあるとそこに閉じこもる。巨大な喪失を抱えた男の痛切な心象風景(「背中の月」)。絶望と向き合い、それでも生きようとする人に静かに寄り添う、二つの物語。

内容(「BOOK」データベースより)
共鳴する街の声―。絶望と向き合い、それでも生きようとする人に静かに寄り添う、二つの物語。第156回芥川賞候補作。気鋭の社会学者による、初の小説集!

著者略歴
(「BOOK著者紹介情報」より)
岸/政彦
1967年生まれ。社会学者。著書に『断片的なものの社会学』(紀伊國屋じんぶん大賞2016受賞)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

■目次



■引用



■書評・紹介



■言及





*作成:安田 智博
UP: 20190131 REV:
身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)