HOME > BOOK >

『発達障害がある人のナラティヴを聴く――「あなた」の物語から学ぶ私たちのあり方』

山本 智子 20160430 ミネルヴァ書房,199p.

Tweet
last update:20161219

このHP経由で購入すると寄付されます


■山本 智子 20160430 『発達障害がある人のナラティヴを聴く――「あなた」の物語から学ぶ私たちのあり方』,ミネルヴァ書房,199p. ISBN-10: ISBN-13:978-4623076789 2500+ [amazon][kinokuniya] ※ d/m

■内容

[amazon]より

 発達障害者の支援の現場では、当事者自身の思いや生きにくさが理解されず、支援者の側の論理や枠組みが(自覚の無いままに)優先されていることが多い。本書は、当事者自身の生きている世界を理解するために必要なことについて考察する。また、詳細なインタビューの中で聴き取った多くの当事者の語りを紹介し、彼らとともに生きる私たちのあり方を問い直すための一助とする。

■目次

第1部 ナラティヴを聴くことの意味―「あなた」と「私たち」それぞれに新たな知見や認識を生じさせるプロセス
 第1章 当事者である「あなた」をとらえる視点― 多様な意味を見落とさないために
 第2章 語られなかった「私たち」のあり方
 第3章 「あなた」の内側から立ち上がる「理論(説明モデル)」を聴く

第2部 実践の中のナラティヴ―現場から立ち上がってくる小さな「理論」
 第4章 障がいという言葉に対する「違和感」― 一つの価値観・秩序が優先される世の中で
 第5章 就労に向けての支援に生じた行き違い―「あなたのため」は誰のため?
 第6章 「傷つく言葉」「救われる言葉」は関係性の中で現れる
 第7章 発達障害がある人の「ネガティヴ・フィルター」―ネガティヴな眼差しや扱いを取り込む
 第8章 「あなた」から私たちに伝えたい思い  第9章 発修障害支援におけるオルタナティヴな物語 ― 当事者が当事者を支援するときにみえてきたもの

■引用

■書評・紹介

■言及



*作成:岩ア 弘泰
UP:20161219 REV:
精神障害/精神医療 身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)