HOME > BOOK >

『戦後日本における女性障害者への強制的な不妊手術』

利光 恵子 著・松原 洋子 監修 20160331 立命館大学生存学研究センター,130p.

Tweet
last update:2016/04/15

このHP経由で購入すると寄付されます


利光 恵子 著・松原 洋子 監修 20160331 『戦後日本における女性障害者への強制的な不妊手術』,立命館大学生存学研究センター,130p. ※

『生存をめぐる規範と秩序』表紙画像(クリックすると大きな画像で見ることができます)
製作:株式会社 田中プリント

 *現在、在庫切れです。
ご希望の方にはPDFデータを提供できますので、生存学研究センターにご連絡ください。
 生存学研究センター事務局 E-mail: ars-vive@st.ritsumei.ac.jp
 PDFデータの提供にあたり、著作権保護と不法な利用を防ぐため、あらかじめ以下の条件についてご了承ください。
 *第三者にメール等で転送しない
*インターネット上に掲載・配信をしない

 

■目次

まえがき 松原 洋子 1
はじめに 3

1. 優生保護法のもとでの強制的な不妊手術の概要
 1-1. 優生手術(不妊手術)の規定 5
 1-2. 優生手術の歴史的経緯 6
 1-3. 強制的な不妊手術の三つの類型 9

2. 本人の同意を要さない不妊手術――飯塚淳子さん(仮名)の場合
 2-1. 1960年代の宮城県における優生手術 15
 2-2. 不妊手術を受けるにいたった経緯と被害の概要 19
 2-3. 飯塚淳子さん(仮名)の語り 23
  2-3-1. 幼少期から中学生まで――貧困家庭の中で 24
  2-3-2. K学園への入所 28
  2-3-3. 職親に預けられる 29
  2-3-4. 不妊手術を受ける 31
  2-3-5. 不妊手術のその後 35
 2-4. 小括 37
 
3. 卵巣への放射線照射による不妊化措置――佐々木千津子さんの場合
 3-1. 放射線照射による不妊化措置をめぐる議論 43
 3-2. 放射線照射を受けるにいたった経緯と被害の概要 46
 3-3. 佐々木千津子さんの経験 49
  3-3-1. 幼少期 51
  3-3-2. 初潮が始まる 52
  3-3-3. 思春期 54
  3-3-4. 姉の破談をきっかけに 54
  3-3-5. 痛くもかゆくもない手術――卵巣への放射線照射 56
  3-3-6. 更生施設への入所 57
  3-3-7. 好きな人と子ども 60
  3-3-8. 療護施設へ 61
  3-3-9. 施設を飛び出す 62
  3-3-10. 自立生活の中で――生と性 64
  3-3-11. 身体の不調 65
  3-3-12. 赤ちゃんのこと、母になること 67
  3-3-13. 優生手術について 69
  3-3-14. 広島市民病院との話し合い 74
  3-3-15. ビデオ『忘れてほしゅうない――隠されてきた強制不妊手術』の製作 76
  3-3-16. 親ばか 77
 3-4. 小括 79
 
4. 施設での子宮摘出の推奨――村中拓美さん(仮名)と福田文恵さんの場合
 4-1. 女性障害者の施設入所と子宮摘出をめぐる問題 87
 4-2. 子宮摘出手術を受けるにいたった経緯と被害の概要 90
 4-3. 村中拓美さん(仮名)の語り 92
  4-3-1. 子宮摘出にいたるまで 93
  4-3-2. 子宮摘出のあとで 96
  4-3-3. 施設の中での女性障害者の性 98
  4-3-4. 療護施設から自立生活へ 102
  4-3-5. 障害がある女性の身体 104
  4-3-6. 産むこと、産まないこと、産めないこと 106
 4-4. 福田文恵さんの語り 110
  4-4-1. 施設の中での子宮摘出の勧め 111
  4-4-2. 月経の手当のための猛練習と初潮 112
  4-4-3. 村中さんの子宮摘出――ある噂 114
 4-5. 小括 116

おわりに 121
引用文献 124

■引用

■書評・紹介

■言及



*作成:中倉 智徳
UP:20160329 REV:20160405, 0414, 0415
身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)