HOME > BOOK >

『通訳とはなにか――異文化とのコミュニケーションのために』

近藤 正臣 20150725 生活書院,277p.

Tweet
last update:20171017

このHP経由で購入すると寄付されます


■近藤 正臣 20150725 『通訳とはなにか――異文化とのコミュニケーションのために』,生活書院,277p. ISBN-10:4865000402 ISBN-13:978-4865000405 2200+ [amazon][kinokuniya]

■内容

[amazon]より

内容紹介

「通訳」という作業は、単純な単語の置き換えではない……ならば、いったいどのような原理に基づいて行われるのか、通訳者の本質的な仕事とはなにか……会議の前にはいったいどんな準備をしているのか、通訳ブースの中では何が起きているのか。半世紀以上にわたって通訳という仕事の第一線に立ち続けてきた著者の、集大成とも言える「通訳論」「英語論」誕生! 「通訳とはなにか?」――「そんなの決まってるじゃないか、英語で話しているのを日本語に訳すことだろ。日本語を英語にするのだって、あんなの、英語がペラペラなら誰だってできることだろ」とおっしゃる方は、ぜひとも本書をお読みいただきたい。

内容(「BOOK」データベースより)

「通訳」という作業は、いったいどのような原理に基づいて行われるのか、通訳者の本質的な仕事とはなにか…。半世紀以上にわたって通訳という仕事の第一線に立ち続けてきた著者の、集大成とも言える「通訳論」「英語論」誕生!

著者について

近藤正臣(こんどう・まさおみ)。1942 年愛知県生まれ。国際基督教大学教養学部社会科学科卒、同行政大学院修士課程修了。アメリカ合衆国国務省付き随行通訳者として勤務後、中央公論社、サイマル・インターナショナル、日本コンベンションサービス勤務を経て1976 年より大東文化大学経済学部教授。2011 年に日本通訳学会を設立、初代会長を務める。 現在、大東文化大学名誉教授。同大学大学院経済学研究科にて非常勤講師として「通訳実習A+C」も担当。 主な著書に、『通訳者のしごと』(岩波書店、岩波ジュニア新書、2009)、『通訳をめざす人へ』(共著、法学書院、2012) など多数。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

近藤/正臣
1942年愛知県生まれ。国際基督教大学教養学部社会科学科卒(在学中にアメリカ合衆国国務省付き随行通訳者として勤務)、同行政大学院修士課程修了。中央公論社、サイマル・インターナショナル、日本コンベンションサービス勤務を経て1976年より大東文化大学経済学部で35年間、教鞭をとる。2011年に日本通訳学会を設立、初代会長を務める。2013~14年、カリフォルニア州のモンテレー国際大学院にて、通訳を教える。現在、東京国際大学客員教授。大東文化大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

■目次

第1部 通訳とはなにか―日英通訳者の世界から(通訳とはなにか;通訳の現場/通訳者の仕事)
第2部 異文化コミュニケーションの目指すもの(文化とは?;パラグラフの構造が違う;通訳者はいかに文化の壁を乗り越えるか―日英通訳のひとつの例;異文化間コミュニケーションの意義;アメリカ手話通訳事情視察旅行)
第3部 日本のスピーカーへのお願い(通訳者に期待すべきでないこと;発言者のためのガイドライン)

■引用

■書評・紹介

■言及



*作成:岩ア 弘泰
UP:20171017 REV:
身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)