HOME > BOOK >

『ノー・タイム・トゥ・ルーズ エボラとエイズと国際政治』

ピーター・ピオット著 宮田一雄・大村朋子・樽井正義訳 20150330 慶応義塾大学出版会, 464p+10p.

Tweet

last update:20170214

このHP経由で購入すると寄付されます

『ノー・タイム・トゥ・ルーズ エボラとエイズと国際政治』表紙画像


ピーター・ピオット著 宮田一雄・大村朋子・樽井正義訳 20150330 『ノー・タイム・トゥ・ルーズ エボラとエイズと国際政治』,慶応義塾大学出版会, 464p+10p. ISBN-10: 4766421973 ISBN-13:978-4766421972 2,916 [amazon]

■内容

内容(慶応義塾大学出版会HPより)
アフリカの熱帯雨林から国際政治のジャングルへ−−
1976年、ベルギーの若き医師ピーター・ピオットは、恐ろしい感染症を引き起こしていた未知のウイルスを調べるためアフリカ・ザイール(現コンゴ民主共和国)に赴いた。死と隣り合わせの任務のなかで、この「エボラ」がどう広がったのかを突き止めるべく現地の文化や風習に深く身を浸した彼は、感染症との闘いに一生をかけようと決意する。 その6年後、彼は再びザイールの地を踏む。もう一つの新たな流行病、「エイズ」の感染が広がろうとしていたためだ。世界的に流行が拡大した80年代から、彼は国際的なエイズ対策を先導する役割を担い始める。
その後、UNAIDS(国連合同エイズ計画)の初代事務局長として、国際的な協力体制を築くためネルソン・マンデラ、フィデル・カストロ、温家宝ら世界の名だたる指導者たちと、あるときは盟友関係を結び、あるときはタフな交渉に臨んでいく。国際機関の非効率や官僚的対応に苦しみながらも少しずつ歩を進めていくその過程には常に、有名無名の人びととの力強く、そして広範な「連携」があった−−。
21世紀を迎える激動の時代に、世界の仕組みを変える。ユーモアを交えながらもストレートに、そしてスリリングに綴られる三十余年の回想録は、今日もなお世界で猛威をふるう感染症と、個人そして社会がどう対峙すべきか、多くの示唆を与えてくれる。

■目次

序文

第1部
第1章 青い魔法瓶の中のウイルス
第2章 ついに冒険の旅へ
第3章 ヤンブクの宣教会
第4章 エボラ
第5章 流行の噂とヘリコプター
第6章 国際調査団
第2部
第7章 エボラから性感染症へ
第8章 アメリカ、そして帰国
第9章 ナイロビ
第3部
第10章 新たな流行病
第11章 プロジェクトSIDA
第12章 ヤンブク、再び
第13章 流行の拡大
第14章 衛兵の交代
第4部
第15章 国際官僚として
第16章 水の中のサメ
第17章 基礎を固める
第18章 カメレオンの教訓と素晴らしい連携
第19章 転換点
第20章 いのちの値段
第21章 エイズの軍資金
第22章 終わっていない課題

終章
謝辞
訳者解説 宮田一雄
『NO TIME TO LOSE』日本語版刊行に寄せて 黒川 清・BTスリングスビー
訳者謝辞
索引


*作成:斉藤 龍一郎
UP: 20170214
斉藤 龍一郎  ◇身体×世界:関連書籍  ◇BOOK 
TOP HOME (http://www.arsvi.com)